FC2ブログ

(6/25更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2019年6月24日(月)~28日(金)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-502.html




●6月24日(月) 15:00~大阪地方裁判所 202号大法廷(地下鉄淀屋橋より北東へ8分 大阪市役所の北側、橋を渡り直すぐ http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/)
国相手の大飯原発止めよう裁判 第30回法廷 
◇14:30~傍聴券の抽選(大阪地裁 別館玄関前。14:30までに集合してください)
原子力規制委員会は、5月29日に、関電の大飯・高浜・美浜原発の現行のサイト内火山灰最大層厚10cmは過小であることを認め、「安全機能を損なわない基本設計ないし基本的設計方針を有するものであるといえない」として、許可基準規則に「不適合」だと断定しました。
しかし他方で、原発の停止は求めず、設置変更許可の申請期限を 12 月末とし、審査開始はそれ以降となり、その後の改造工事や手順書の変更については期限すらなく、危険な原発は違反状態で動き続けています。原発の基本設計が規則に違反していることを認めているのに、原発の停止を認めないことは、原子力規制の基本を踏み外したものだと言わざるを得ません。
6月24日の法廷では、改めてこの火山灰問題で、大飯原発の早期の運転停止を求めます。また、裁判所の争点整理に合わせて、基準地震動の「ばらつき」問題、制御棒挿入が間に合わない問題等についても、新たに書面を提出し主張していきます。
◇法廷終了後に報告・交流会 大阪弁護士会館1205号室(17:30頃まで)
・当日の法廷のやり取りや書面について、弁護団から説明を受け、議論します。
・交流会では、安定ヨウ素剤配布の年齢制限反対、30km圏内でも事前配布を求める活動について、さらに、6月21日の使用済燃料の乾式貯蔵反対等の政府交渉の報告、また同日の関電株主総会の参加報告等を予定しています。
多くの皆さんの参加で傍聴席を埋めましょう。ぜひご参加ください。
http://www.jca.apc.org/mihama/ooisaiban/ooisaiban_gyouso_room.htm



■6月24日(月) 午後10:50~11:20 NHK総合
ノーナレ「画面の向こうからー」
ある晩、番組関係者のもとにメールが届いた。「こんばんは」「たすけてください」。送り主は一人のベトナム人女性。技能実習生として縫製工場で働いているという。雇い主の目をかいくぐり、次々と送られてくる動画。そこには劣悪な住環境の中、休みもほとんどなく、低賃金で長時間の労働を強いられる日常が映し出されていた。ある日、工場を抜け出した女性にカメラは密着。その訴えは、絶望的な現実を変えることができるのか。
https://www4.nhk.or.jp/P4253/x/2019-06-24/21/31077/2257052/



●6月25日(火) 18:30~エルおおさか研修室2(本館5階)(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
「堺市長選に学び どう参院選に市民運動は 活かすのか」つどい
注目された堺市長選挙は、6月9日を投開票日にしてたた かわれました。この選挙に、「大阪都構想」住民投票を容認し た自民党府連を離党し、「堺を守る」決意を固め、たたかわれ た野村友昭さんは123771票を獲得し、当選した維新候 補に1.4万票差に迫る希望がもてる結果をつくりだされました。 野村さんが決意して3週間という短い期間に、「たったひと りの挑戦を、みんなの希望に」と「チームSAKAI」が支え奮闘。「未来前進プロジェクト」「ファクトチェック」が維新候補のウソとデマに反撃しながら、「政令市だからできたこと」を打ち出して市民に訴えました。「チームSAKAI」と連携する「市民1000人委員会」は、「一 部の政治家や政党が連れてくる人物ではなく、市民が主体となって新しいリーダーを見いだし、応援していくべき時」と、全市7行政区で市民が自発的活動を展開し、野村候補と連携した選挙戦を展開しました。「市民と野党の共闘」「市民連合」の運動と今後の取り組み に活かせる実践的な教訓があります。ぜひ、ご参加いただい て参議院選挙での運動視点を考えようではありませんか。
*「チームSAKAI」あるいは「市民1000人委員会」 から「ファクトチェック」活動と政策と運動などの報 告いただきます。乞うご期待!
参加費:500円(会場費カンパ)
主催:野党統一候補の実現めざす大阪アピール(電話06-6966-9003)
https://www.facebook.com/osakaappeal/photos/a.480091379009239/981946308823741/?type=3&theater



●6月25日(火) 13:00~15:00 PLP会館(JR天満駅・地下鉄扇町駅徒歩5分 http://plp-kaikan.net/access/a_index.html) 
G20大阪市民サミット 分科会「地域から世界へ」
SDGsと夢洲万博 夢洲のリスクとポテンシャル

参加費無料
主催:G20大阪市民サミット実行員会
https://jimmin.com/events/event/%ef%bd%8720大阪市民サミット%e3%80%80分科会「地域から世界へ」/



●6月25日(火) 18:00~神戸学生青年センターホール(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/
憲法9条を考える学習会
2本の映画鑑賞と影山あさ子監督との質疑応答

『琉球弧の軍事化の進展』
◎SAVE HENOKO
◎宮古島からのSOS
入場無料
主催:神戸大学教職員旧教職員九条の会
http://www.kenpou-hyougo.sakura.ne.jp/osirase.html



●6月25日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



●6月25日(火) 昼休み12:00~京都大学吉田南キャンパス総人広場 雨天順延
【タテカンフェス2019!!】
https://jimmin.com/events/event/タテカンフェス%ef%bc%81%ef%bc%812019/



■6月25日(火) 午後09:00~10:00 NHK BSプレミアム
アナザーストーリーズ「エイズの衝撃~スターの告白が世界を変えた~」
エイズ、これほど世界に衝撃をもたらした病気があっただろうか?80年代初頭、当時は治療の手立てがなく、しかもゲイ特有の病気と誤解されたことで患者は偏見にさらされた。ところが85年、ハリウッドきってのスター、ロック・ハドソンがエイズを告白したことで、世間の認識を大きく変えていくことになる。そこには、差別と偏見に敢然と立ち向かった人々の知られざるドラマが。ある者は愛のために、ある者は誇りのために…
https://www4.nhk.or.jp/anotherstories/x/2019-06-25/10/31390/1453124/



■6月25日(火) 午後10:00~10:54 テレビ大阪、テレビ東京系列
ガイアの夜明け【人生が変わる働き方(1) 残業ゼロ!“幸せ食堂”物語】
長時間労働、低賃金…“ブラック”と言われる外食業界。そんな中、新たな働き方を提案する新勢力が台頭している。京都にあるステーキ丼が売りの店「佰食屋」。連日行列ができ、県外からも客が押し寄せるほどの人気だ。この佰食屋が注目を集めるのは、“美味しいから”だけではない。実は、社員の“残業ゼロ”“好きな日に休める”などを実現しているのだ。その最大の理由は「1日100食限定」。
売り上げを増やすことを追求せず、あえて客に提供する数を限定することで、働き方改革を可能にしたのだ。そして、オーナーの中村朱美さんは、新たなビジネスモデルを模索していた。それは、「1日6時間労働」で「年収600万円」を目指すというもの。かつてない取り組みの行方は?令和時代の外食産業のあり方を占う。
https://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/



ネットで確認できていません。
●6月26日(水) 18:00~21:00 クロスパル・第4会議室(高槻市立総合市民交流センター)(JR高槻駅中央改札口を右へ出て京都方面線路沿い http://loco.yahoo.co.jp/place/g-6msUDgCskbU/)
内部被ばくってなあに 水戸喜世子さんを囲んで放射線の学習会
連絡先:人権平和高槻市民交流会アス・ネット



●6月26日(水) 12:00~おおい町大島半島(南浦バス待合所、南浦区会館付近の広場)
定期検査で止まっていた大飯原発3号機再々稼働阻止!大飯原発ゲート前抗議行動
集合場所から「おおい町内デモ」に出発。デモ終点で集会。
集会終了後、原発ゲート前に移動し、抗議行動をおこないます(17:00頃まで)
※京都,大阪,滋賀から配車の予定(8:30頃出発)
主催:原発うごかすな!実行委員会@関西・福井
連絡:木原(090-1965-7102 kiharas-chemアットzeus.eonet.ne.jp[アット→@]
https://blog.goo.ne.jp/takahamakarakanden



●6月26日(水) 午後6時30分~大阪民医連会議室(創建本町ビル2階)(堺筋本町 http://www.oskmin.com/about/map.html
自然エネルギー 連続講座 第2講 系統連系の仕組みと送電線網の現状 
講師:速水 二郎さん(関西電力OB)
参加費:800円(学生:無料)
事前申込要
主催:原発をなくし、自然エネルギーを推進する大阪連絡会(原発ゼロの会・大阪)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1127.pdf



●6月26日(水) 午前10時30分~12時 神戸学生青年センターホール(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/
食料環境セミナー 日本の食料の未来のために
「 Bio creatorsのCSAへの取り組み 」

講師:ナチュラリズムファーム 大皿 一寿さん
参加費:600円 
※託児(無料)があります。必要な方は前々日までに予約してください。 
主催 : (公財)神戸学生青年センター
http://ksyc.jp/seminar/ss201904-07/
http://ksyc.jp/seminar/ss201904-07/



●6月26日(水) 14時~17時 神戸市勤労会館4階特別会議室(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html
安保関連法廃止!市民の集い 勉強会第41回
「神戸市外国人差別の解消と多文化共生社会の実現に関する条例」可決についての経過報告

報告者:佐野二三雄さん
テーマ:反ヘイトの意見書を神戸市が採択する運動
予約不要・参加費無料 どなたでも参加歓迎します。但し、定員20名の部屋ですので、定員オーバーの際には、お立ちいただくこともありますこと、ご了承ください。
http://www.labornetjp.org/EventItem/1557294923912staff01



■6月26日(水)(再放送) 午後01:05~01:35 NHK Eテレ
ハートネットTV「失われた学び 取り戻す日々~沖縄・自主夜間中学校~」
地上戦で住民の4分の1を失った沖縄。6月23日、今年も慰霊の日を迎える。那覇市に、学齢期を過ぎたお年寄りが学ぶ自主夜間中学がある。生徒のほとんどは、戦後の混乱や貧困で教育を受けられなかった人たちだ。共通するのは学ぶことへの強い意志、そして失われた青春を学びを通して取り戻そうとする姿。人はなぜ学ぶのか?学ぶことで人生はどう変わるのか。生徒たちの語りに耳を傾け、人生百年時代の“学び”を考える。
https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/heart-net/1046/



■6月27日(木)(再放送) 深夜午前00:00~00:45 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー選「白人至上主義の裏側~オルト・ライト潜入記~」
隠しカメラを手に、アメリカで台頭する新右翼「オルト・ライト」の内側に潜入。統率された組織力と豊かな資金力・・・トランプ政権を支える過激団体の戦慄の内幕をルポ。
シャーローツビルで白人至上主義のネオナチ集団と市民団体が衝突し、女性1人が死亡…スウェーデン人のパトリック・ヘルマンソンは、その現場にいた。人権団体の要請でオルト・ライトのメンバーとなり、幹部候補生としてロンドンからアメリカへ…生命の危険をおして1年ちかく、過激思想とフェイクニュースを拡散させる団体の活動実態を記録した。世界各国で注目を集めるスクープ・ドキュメント。
https://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=181026



■6月27日(木)(再放送) 深夜午前00:00~01:00 NHK Eテレ
ETV特集「バリバイ一家の願い~“クルド難民”家族の12年~」
埼玉県に暮らすクルド人一家。トルコで迫害に遭ったとして日本に逃れたものの、難民として認定されず、正規の在留資格がない。祖国にも帰れず先の見えない日々に父は自死。息子は入管施設に2年以上収容され、母の心配は募る。昨年息子は収容を解かれたが、長期の収容は息子や家族の心に傷を残す。今年4月から、外国人労働者の受け入れを拡大した日本。一方で難民認定率は1%未満だ。希望を失うまいとする一家の日々に密着した。
https://www4.nhk.or.jp/etv21c/x/2019-06-26/31/32822/2259662/



●6月27日(木) 午後6時半~京都大学 吉田キャンパス 法経本館1階東側 法経第7教室(http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/
【6・27 現代日本のナウシカ=高山佳奈子京大教授による日本の政治と憲法を考える講演会】
「日本国憲法の歴史的・国際的意義と現代の立法過程」

講師:高山佳奈子さん(京都大学大学院 法学研究科教授)
(プロフィール)本年5月3日、東京での憲法集会において、宮崎駿原作のコスプレ・ナウシカ姿でスピーチ。「教育の充実も合区解消も緊急事態対応も現行法でできることです。今、変えるべきは憲法ではありません。政権です。」とアピール。
資料代:500円(学生無料)
主催:安倍9条改憲NO!左京市民アクション
https://www.facebook.com/events/365002614142051/



●6月27日(木) 18時~19時 阪急宝塚線「服部天神」駅前
安倍首相と松井知事に森友学園問題の責任を取らせるためのマイクアピールとビラ撒き
主催:森友学園問題を考える会



●6月27日(木) 19:00~21:00 猪飼野セッパラム文庫(天王寺区細工谷2-14-8 090-9882-1663 近鉄「上本町六丁目駅」8分・地下鉄「谷町9丁目駅」10分、ドンキホーテ上本町店から東へ、セブンイレブンを右へ約100m、左側3軒目 http://www.mapion.co.jp/m2/34.66158997553531,135.5232413888889,16
「映像で見る朝鮮韓国在日」第43回上映会  
資料上映:東京・愛媛の朝鮮学校を見る
・「イギョラ!! もうひとつのキックオフ 在日朝鮮高校サッカー部の青春」(テレビ朝日『テレメンタリー’94』、1994年、25分)東京朝鮮中高級学校
・「ウリハッキョ 民族のともしび」(テレビ愛媛、2002年、48分)四国朝鮮初中級学校 
参考:第12回FNSドキュメンタリー大賞ノミネート作品 
https://www.fujitv.co.jp/…/fnsa…/backnumber/12th/03-326.html
村口敏也(2004)『ウリハッキョ?民族のともしび』創風社出版
参加無料(カンパお願い)【要予約】masipon@nifty.com
主催:猪飼野セッパラム文庫
https://www.freeml.com/kdml/11996



●6月27日(木) 18:30~神戸市勤労会館(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html
第42回アジア労働者交流集会in神戸~韓国から活動家を迎えて~
資料代:¥1000
主催:アジア労働者交流集会in神戸実行委員会
連絡:「TEL851-2760(神戸学生青年センター)
http://www.ksyc.jp/asial/20190627nkobe_ver2.pdf



●6月27日(木) 18:30~大阪クリスチャンセンター(地下鉄玉造駅①5分・JR玉造駅10分 http://www.osakachristiancenter.or.jp/map.html)
問い直そう 税金は何のためにあるの おおさか・中央区 第13回みんなの自治体学校
講演:鶴田 廣巳(関西大学名誉教授 財政学者)
参加協力費(資料代含む):500円
主催:おおさか・中央区 第13回みんなの自治体学校開催実行委員会
連絡TEL:06-6354-7220
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0627.pdf



■6月27日(木) 午後10:00~10:30 NHK総合
クローズアップ現代+ 外国人留学生が餌食に!? “30万人計画”の影で
「実態はまるで派遣会社ですよ・・・」。外国人留学生を受け入れる学校関係者が、カメラの前で暴露した。留学生を囲い込み、日本語はほぼ教えず、地元企業へと紹介。法律上限の週28時間以上働かせ、地域ぐるみで留学生が“食い物”にされているというのだ。背景にあるのが、国が掲げた「留学生30万人計画」。日本語学校で借金を抱えた学生が専門学校・大学へと移り、授業にも出ず失踪状態で働き続ける現実も―。実態を独自取材。
https://www.nhk.or.jp/gendai/schedule/



●6月28日(金) 関西電力本社前(「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:00頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:00 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●6月28日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●6月28日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●6月28日(金) 18:40~京都駅西のビックカメラ横の東塩小路公園 18:45~デモスタート
京都キンカン行動~ぐるっと一周関電デモ
コース:西洞院通から塩小路通,烏丸通を北上し新町通を下がる
「危険な原発ぜーんぶなくせ!再稼働は論外」と訴え続け、毎週欠かさず、実施は全国的に見ても最高回数です。
「原発もはや不良産業」「採算取れない」
「原発頼れば会社が傾く」「関西電力、ひとごとちゃうぞ」
東芝を見るまでもなく、経営的にもホントは会社のお荷物。この7月から関電の「原発担当」は大阪と福井に絞られていくようで京都支店の場所は「送配電部門」になるとのことです。
「大事故起きたら京都がつぶれる」
各地で、比較的大きな地震が起こっています。日本の21世紀は間違いなく、「大地動乱の時代」。いま、私たちの警告と抗議、「大事故起こる前に、原発ヤメロ」の声を大きく起こしていく時と思います。
これまでキンカン行動に一度でもかかわった方、初めての方もずっと来られている方もこのタイミングでぜひデモに参加し、盛り上げてください。鳴り物大歓迎!盛り上げたいので、拡散、大歓迎です。
https://www.facebook.com/events/717238185358482/



●6月28日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&パレード



●6月28日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に!



●6月28日(金) 13:00~天保山公園(地下鉄中央線・大阪港駅から歩5分)15:00頃~デモ
サヨナラ安倍!サヨナラトランプ!G20大阪NO!デモ
6月21日、日本を訪問した韓国の活動家であるイ・キョンジャさんが福岡空港で入国を拒否されました。
イ・キョンジャさんは、各地で予定されていたさまざまな日韓連帯集会への参加と同時に、大阪G20サミットに反対する韓国民衆の声を伝えるために来日しようとしましたが、福岡空港入管は、来日目的の立証がないという意味不明の理由で彼女の入国を拒否しました。(詳細は、アジア共同行動日本連の抗議声明を参照のこと)
3時間にわたる空港でのしつような調査(カバンなど持ち物を全部取り出しての捜索を含む)の過程で、「G20サミット反対の集会やデモに参加するのか」と高圧的に問いただし、また彼女のSNSアカウントから活動歴や係争中の裁判などについての情報を抜き出して説明を強要するなど、今回の入国拒否がG20サミットのための政治弾圧であり、前もって彼女の情報を収集した上での計画的な弾圧であったことがうかがわれます。
彼女は、ただちに法務大臣への異議申し立てを行ないましたが、不当にも翌日却下され、22日午前12時25分、
「きわめて悔しい」いう言葉を残して韓国へと強制的に送り返されました。
私たちG20サミットに反対する市民は、このような入国拒否弾圧を全力で糾弾します。それは移動の自由や思想信条の自由を侵害するものであり、このような弾圧をともなって強行されるG20サミットの反民衆的な本質を物語るものです。
弾圧は闘いを鍛えるといいます。行動でもって今回の入国拒否弾圧への反撃に立ち上がりましょう。
海外の仲間とともにG20サミット反対集会とデモの大成功を勝ち取りましょう!
主 催:G20大阪NO!アクション・ウィーク実行委員会
連 絡:TEL06-7777-4935(市民共同オフィスSORA)
https://jimmin.com/events/event/サヨナラ%E3%80%80安倍%EF%BC%81%E3%80%80サヨナラ%E3%80%80トランプ%EF%BC%81%EF%BD%8720大阪/



●6月28日(金) 19:00~扇町公園南西広場(扇町・JR天満) 19:30~梅田へデモ
戦争と民営化に絶対反対! 国際連帯で戦争をとめよう!G20大阪サミット粉砕!6・28扇町集会
主催 関西労働組合交流センター
https://jimmin.com/events/event/戦争と民営化に絶対反対%ef%bc%81-国際連帯で戦争をとめ/



●6月28日(金) 午後6時半~エルおおさか5階 研修室2(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
金 光男さん講演集会『朝鮮半島と日本-非核・平和の未来を読む』
・午後6時半~2019年 平和と生活をむすぶ会総会
・午後7時~講演会
 講師:金 光男さん(在日韓国研究所代表) 
参加費:700円 
主催:平和と生活をむすぶ会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0628-2.pdf



●6月28日(金) 午後6時半~8時半 高槻市立総合市民交流センター(クロスパル高槻)4階第4会議室(JR高槻駅中央改札口を右へ出て京都方面線路沿い http://loco.yahoo.co.jp/place/g-6msUDgCskbU/)
~男女共同参画社会基本法施行20周年~ジェンダー平等は実現しているの?
報告1「男女共同参画社会基本法とは」小松 満貴子さん
報告2「男女共同参画計画の変遷」二木 洋子さん
資料代:500円(学生200円)
主催:高槻ジェンダー研究ネットワーク
連絡:TEL072-681-1372(富田)
https://wan.or.jp/calendar/detail/5561



●6月28日(金) 18:25~19:55 同志社大学今出川キャンパス 至誠館(S)1番教室地下鉄烏丸線今出川駅3番出口を出て、右手に京都御所を見ながら東へ徒歩約5分 https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/imadegawa.html
日本と朝鮮の友好を願う2019年度同志社大学日朝関係史講座
戦後日本における植民地支配責任論の系譜(仮)

講師:板垣竜太さん(同志社大学教員)
参加費:無料(どなたでもご参加できます)
主催:同志社大学KOREA文化研究会
https://www.facebook.com/460572927408385/photos/pcb.1521077471357920/1521077434691257/?type=3&theater



●6月28日(金) 午後6時半~8時 神戸学生青年センター(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/
神戸学生青年センター・朝鮮史セミナー(全3回)
「兵庫のコリアンの歴史の一断面―三宮、湊川、武庫川―」(仮題)

「湊川のコリアンスラム」(仮題)
講師:本岡拓哉さん(立正大学嘱託職員)
本岡さんは『「不法」なる空間にいきる:占拠と立ち退きをめぐる戦後都市史』(大月書店、2019.4)をまとめられました。この本は表題のとおり多面的に「占領と立ち退き」をめぐる問題を論じています。具体的には広島太田川などとともに、神戸新湊川のケースが取り上げられています。セミナーでは、新湊川「大橋の朝鮮人部落」の生成と拡大、消滅、その後の居住者の動向が描かれています。この新湊川のコリアンに焦点をあててお話しいただきます。
参加費:600円
主催:公益財団法人 神戸学生青年センター
TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878
http://ksyc.jp/seminar/ts-201906-107/



●6月28日(金) 18:00~19:30 関西学院大学大阪梅田キャンパス10階(阪急「梅田」駅 茶屋町口から徒歩5分 https://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/index.html
一般公開講義「多言語主義・多文化共生」
第12回「ドイツの排外主義と政治教育」

講師:中川慎二
参加無料
主催:関西学院大学大学院言語コミュニケーション文化研究科
受付締切日:6/21 ※定員に空きがある場合は、申込期間終了後も受付をすることがあります。
申込方法:Eメールにてお申込みください。
申込詳細:https://www.kwansei.ac.jp/g_language/event/2019/event_20190412_012801.html
お問い合わせ:関西学院大学大学院 言語コミュニケーション文化研究科
TEL: 0798-54-6180
https://www.kwansei.ac.jp/g_language/event/2019/event_20190412_012801.html



●6月28日(金) 19:00~20:40 神戸生活創造センターセミナー室A(JR神戸駅南出口徒歩3分 神戸高速鉄道「高速神戸駅」東改札徒歩7分 地下鉄「ハーバーランド駅」徒歩5分 クリスタルビル5階 http://www.sozoc.pref.hyogo.jp/access.html
ドキュメンタリで広がる世界 映像で観る平和の道
2019年度第二回上映会
「行こかメリケン、帰ろかジャパン-ハワイ官約移民100年」(テレビ山口1985年)
主催:KOBE ピースiネット
https://www.facebook.com/kobepeaceinet/photos/a.1853453008300462/2198143277164765/


脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2019年6月23日(日)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-502.html




●6月23日(日) 16:00~18:00 三ノ宮マルイ前舗道
神戸三宮マルイ前アクション!
さよなら原発KOBEアクションの名物イベント♪
月に一度(だいたい)の路上アクションでは、歌あり詩ありスピーチあり、ときには踊りあり(^○^)
表現の仕方は、ひとそれぞれ。
ときには飛び入りで参加し、一緒に歌ったり、スピーチされる方もいらっしゃいます。
あなたも一緒に三宮の中心で「原発いらない」を叫んで(つぶやくだけでもいいよ(??????))みませんか?
生きてるだけで、誰もが表現者? みなさんの声を聞きにきてくださいね♪
出演:決まり次第、このページで紹介
出演希望の方は、ご連絡ください。(進行の都合上、出来るだけ事前に申し込み頂けると助かります。1組の持ち時間は、出演者数によりますが5~10分目安になっています。よろしくお願いします)
主催:さよなら原発KOBEアクション
https://www.facebook.com/events/2280452852042319/



●6月23日(日) 14:00~17:00 クレオ大阪中央(四天王寺前夕陽ヶ丘駅(地下鉄谷町線) 1・2番出口北東へ徒歩約3分 http://www.creo-osaka.or.jp/chuou/access.html
【男女共同参画セミナー】現代社会ゼミ 
福島の女性たちのいま~復興に向けたリーダーシップ~

東日本大震災による原子力発電所事故により全村避難の対象となった福島県飯舘村の女性たちをはじめ福島の女性たちが、困難とどう向き合い、復興に向けてリーダーシップを発揮しているか伺います。
講師:千葉悦子(福島県男女共生センター「女と男の未来館」館長)ほか
・リレートーク 16時~17時
 テーマ「復興支援の今 関西から出来る事」
 森松明希子さん(東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表 ほか)
対 象:テーマに関心のある方
定 員:50名
受講料:無料
申込締切日:2019年6月13日(木) ※応募は先着順となります。締切日を過ぎても定員に満たない場合は受け付けます。
問合せ先:クレオ大阪中央
電話:06-6770-7200 Fax:06-6770-7705
一時保育 一時保育(1歳0ヶ月~就学前)を希望の方は、申込時に子どもの氏名(ひらがな)と年齢(○年○月生まれ)をお書きください。
保育料は1歳~2歳11ヶ月・一人800円、3歳~就学前・一人500円です。講座・イベント日に納入していただきます。
手話通訳 あり。手話通訳の必要な方はその旨をお書きください。
その他 受講動機をお書きください
※メール・FAXでのお申込の方には受講の可否を返信します。
主催・共催 主催:大阪市立男女共同参画センター中央館 指定管理者:大阪市男女共同参画推進事業体(代表者:大阪市男女いきいき財団)
お申込み・詳細はコチラ
http://www.creo-osaka.or.jp/webapp/AppMain.php?koza_preview=4130&port=50111&from_kan=05
http://sandori2014.blog.fc2.com/page-1.html



●6月23日(日) 14:00~16:30 高槻市立市民交流センター(クロスパル高槻)7F第6会議室(JR高槻駅中央改札口を右へ出て京都方面線路沿い http://loco.yahoo.co.jp/place/g-6msUDgCskbU/)
反原発自治体議員・市民連盟 関西ブロック第3回総会・記念講演
<第1部>
14:00~総 会 
 活動報告・活動方針・質問やご意見(一般の方も参加可)
<第2部>
14:30~記念講演会 
「老朽原発を止めるために、その諸問題を考える」
 講師:長沢 啓行さん(大阪府立大学名誉教授、若狭ネット資料情報室長)
15:30~ 質疑応答。原発現地からの報告
・若狭現地の取組み…木原壯林さん(若狭の原発を考える会)
・隣接自治体から…是永 宙さん(滋賀県高島市議会議員),田中陽介さん(滋賀県野洲市議会議員)
・島根原発現地,上関原発現地からのメッセージ
・主催…反原発自治体議員・市民連盟 関西ブロック,090-6062-3764
https://jimmin.com/events/event/反原発自治体議員・市民連盟関西ブロック第%ef%bc%93回/



●6月23日(日) 11時半~16時半 大阪市立住まい情報センター3階ホール(地下鉄「天神橋筋6丁目」駅下車すぐ③号出口より連絡)
世界難民の日関西集会
あなたは周りの人を大切にしていますか? 

昨年、日本を訪れた外国人は過去最高の約3,119万人で、多くの観光客が行き交う風景が日常となりました。観光以外でも、日本には多くの外国人が私たちと共に暮らしています。現在、在留外国人は約273万人、外国人労働者は約146万人に達し、さらにこの4月から「出入国管理及び難民認定法」の改正によって在留資格が拡大され、今後ますます日本には多くの在留外国人が増えていくと予想されます。日本は事実上「移民国家」であるにも関わらず、外国人に対する人権意識は低いままです。ましてや、国際条約によって保護すべき難民については、日本では基本的人権すら守られていません。2018年、日本へ保護を求めた難民認定申請者は10,493人でしたが、認定はわずか42人でした。「移民」も「難民」も私たちと同じ人間です。まずは彼らの置かれている状況を知り、「人が“ひと”として当たり前に暮らせる社会」となるにはどうしたらよいのか、一緒に考えてみませんか。
資料代:一般1000円、学生500円
主 催:2019世界難民の日関西集会実行委員会(06-6335-4440)
協 力:難民ナウ!
お問い合わせ:RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク) refugeekansai@gmail.com
http://www.kinyobi.co.jp/event/20190614_002828.php



●6月23日(日) 15:30~17:30 立命館大学衣笠キャンパス 創思館カンファレンスルーム(http://www.ritsumei.ac.jp/accessmap/kinugasa/)
映画上映会『売買ボーイズ』(76分/日本/2017/日本語(英語字幕))
ゲスト講演者:イアン・トーマス・アッシュ(製作総指揮)
ストーリー
男の子たちが売るセックスを買うのは…?
ウリ専と共に…それは、男性にセックスを売る主にストレートの男の子…。彼らが如何にして雇われたか、その職務や生活状況、彼らの体験が今、明らかとなる。東京・新宿二丁目を舞台に、売春行為は江戸時代より今日へと続く。
映画情報:http://boysforsale.com
主催:立命館大学国際言語文化研究所ジェンダー研究会
お問い合わせ Tel 075-465-8164 E-mail genbun@st.ritsumei.ac.jp
http://www.ritsumei.ac.jp/research/iilcs/event/conference/archive.html/?toshi=2019



●6月23日(日) 13:00~新町北公園集合(オリックス劇場(旧厚生年金会館)前)(地下鉄御堂筋線/四つ橋線・本町駅23番出口) 終了後、デモ
サヨナラ安倍!サヨナラトランプ!G20大阪NO!デモ
6月28-29日に大阪・インテックス大阪でG20サミットが開催されます。日本で初めて開催される2019年G20サミットにあたって、私たちは世界の人々と連帯して、私たちの未来を構想し、実現に向かって着実な一歩を踏み出すための取り組みを呼びかけます。
主 催:G20大阪NO!アクション・ウィーク実行委員会



●6月23日(日) 15:00~サンスクエア堺(JR阪和線「堺市」駅徒歩3分 http://www.sck.or.jp/access.html
堺市長選挙・振り返りのつどい
政令市解体の「都構想」と、これまで市民が築き上げてきた公共サービス切り捨てを許さず一層の充実を訴えた野村ともあきさんが、当初の劣勢をはね返し、猛烈に追い上げ、きわどい接戦にまで迫る結果となりました。
これは「チーム堺」に結集した広範な市民の共同の力であり、フェイクを許さず愚直に真実を訴えた論戦の力です。
市民1000人委員会は、突然の市長辞職という事態に対し自主的に起ち上がった市民グループです。市民主導で新しい市政リーダーを選ぼうと、候補者が決まらない4月下旬から活動をスタートさせ、野村さんが候補者となってからはチーム堺の一員として各地域で奮闘しました。その活動を互いに振り返り、成果と弱点を確かめ合うと共に、維新市政下での私たち市民の活動の方向性を探るために、市長選挙・振り返りのつどいを開きます。
https://www.facebook.com/events/386328671976905/



●6月23日(日) 13:00~15:30 子どもセンターあさひ(大阪市旭区高殿6丁目17-10)
檻の中のライオンin大阪 旭区
中学校向けの公民の資料集にも採用された『檻の中のライオン』の著者、楾大樹弁護士による、憲法を「檻」・権力を「ライオン」にたとえ、パペットを使ったわかりやすい憲法のお話。憲法の役割について考えよう!
講 師:楾(はんどう)大樹弁護士
参加費:会員・学生800円 一般1,000円(憲法条文クリアファイル付き)
定 員:60名(先着順)
対 象:大人
申 込:要事前申込 https://www.kokuchpro.com/event/oriraiosaka2019/
申込・問合せ先:NPO法人子どもセンターあさひ 
(tel 06-6951-0055 E-mail:asahi@kodomo-center.org )
*保育はありません。キッズ同伴席(先着5名)をご希望の方は、申し込み時に「キッズ同伴席希望」と添えて下さい。
~講師プロフィール~
ひろしま市民法律事務所所長・弁護士
今いちばんわかりやすい憲法入門書として話題の『檻の中のライオン 憲法がわかる46のおはなし』(中学校公民資料集に大きく掲載)、『けんぽう絵本 おりとライオン』著者。
https://www.facebook.com/events/329980747705297/?ti=icl



●6月23日(日) 18:00~20:30 兵庫県中央労働センター201号室(神戸市営地下鉄「県庁前駅」西出口から西へ徒歩5~7分 http://hyogo-churou.com/publics/index/24/
いま子どもにも大人にも伝えたい!憲法のはなし 檻の中のライオン
講 師:楾(はんどう)大樹弁護士
講師プロフィール
ひろしま市民法律事務所所長・弁護士 今一番わかりやすい憲法入門書として話題の、『檻の中のライオン』『けんぽう絵本おりとライオン』著者
企画内容
中学校向けの公民資料集に掲載された『檻ライ』の楾(はんどう)弁護士が神戸に来たる!大人向け“学習会”憲法のおはなし『檻の中のライオン』
「“憲法”は誰が守るためのルール?」に答えられますか?
夏の選挙では「憲法改正」が大きなテーマになります。改正には<国民投票>が必要で、<私>の一票にかかっています。でも...そもそも“憲法”って何?“憲法”ってむずかしそう...。改正すると子ども達の未来はどう変わるの?
と、今さら人に聞けないことはありませんか?そこで今回の学習会では、わかりやす~い意法のおはなしが好評の、楾(はんどう)弁護士をお招きし、皆さんと一緒に憲法をもっと身近に感じられたらと思います。
参加費:学生1000円 一般l500円(オリジナル憲法条文クリアファイルプレゼント)
定員:60名(先着順)
☆事前の申し込みが必要です。お申し込みは下記のメールアドレスまで、人数、お名前、ご連絡先をご記入ください。大人同伴の子ども無料。
主催:憲法カフェCLUE mail→kenpocafeclue@yahoo.co.jp
共催:明日の白由を守る若手弁護士の会兵庫支部(あすわか兵庫)/市民社会フォーラム
http://shiminshakai.net/post/6115



●6月23日(日) 14:00~大津市・福賢寺本堂(京阪島ノ関駅から徒歩3分 https://www.navitime.co.jp/poi?spt=00011.060005
DVD「赤紙配達人」上映
ギター演奏と歌(芝川源一郎さん、淳さん)
問合せ:077-522-0303(福賢寺)
https://shigaminpo.com/event.shtml



●6月23日(日) 14時~ここぴあホール(イオンタウン湖南 https://www.aeontown.co.jp/konan/access/
沖縄スパイ戦史上映会
監督:三上智恵、大矢英代
第92回キネマ旬報ベストテン文化映画第一位、日本映画ペンクラブ賞018年文化映画部門ベスト1など各賞を受賞
ふたりのジャーナリストが迫った沖縄戦の最も深い闇。少年ゲリラ兵、戦争マラリア、スパイ虐殺・・・そして、ついに明かされる陸軍中野学校の「秘密戦」とは?
主催:コープしが ひろば活動「シニアピース倶楽部」
協力:いちゃり場・沖縄の会(沖縄県人会)
問い合わせ:0748-72-5813(高間)
https://sites.google.com/site/syamahi9j/zi-he-jiu-tiaono-huinyusu

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2019年6月22日(土)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報


『主戦場』The Main Battleground of the Comfort Women Issue
ようこそ、 「慰安婦問題」論争の渦中 バトルグラウンド へ
ひっくり返るのは歴史か それともあなたの常識か
あなたが「ネトウヨ」でもない限り、彼らをひどく憤らせた日系アメリカ人YouTuber のミキ・デザキを、おそらくご存知ないだろう。ネトウヨからの度重なる脅迫にも臆せず、彼らの主張にむしろ好奇心を掻き立てられたデザキは、日本人の多くが「もう蒸し返して欲しくない」と感じている慰安婦問題の渦中に自ら飛び込んでいった。
慰安婦たちは「性奴隷」だったのか?「強制連行」は本当にあったのか? なぜ元慰安婦たちの証言はブレるのか? そして、日本政府の謝罪と法的責任とは……?
次々と浮上する疑問を胸にデザキは、櫻井よしこ(ジャーナリスト)、ケント・ギルバート(弁護士/タレント)、渡辺美奈(「女たちの戦争と平和資料館」事務局長)、吉見義明(歴史学者)など、日・米・韓のこの論争の中心人物たちを訪ね回った。さらに、おびただしい量のニュース映像と記事の検証と分析を織り込み、イデオロギー的にも対立する主張の数々を小気味よく反証させ合いながら、精緻かつスタイリッシュに一本のドキュメンタリーに凝縮していく。そうして完成したのが、映画監督ミキ・デザキのこの驚くべきデビュー作、『主戦場』だ。
映画はこれまで信じられてきたいくつかの「物語」にメスを入れ、いまだ燻り続ける論争の裏に隠された“あるカラクリ”を明らかにしていくのだが..それは、本作が必見である理由のごくごく一部に過ぎない。
さて、主戦場へようこそ。
●4/27~第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
6/23(日)
 ①15:20 シアターセブン(5階)
 ②19:30 シアターセブン(5階)
6/24(月)~28(金)
 10:00第七藝術劇場(6階)
 ①15:20 シアターセブン(5階)
 ②19:30 シアターセブン(5階)
6/29(土)
 10:00 第七藝術劇場(6階)
 12:20 シアターセブン(5階)
6/30(日)
 10:00 第七藝術劇場(6階)
 13:45 シアターセブン(5階)
7/1(月)~4(木)
 10:00 第七藝術劇場(6階)
 ①13:45 シアターセブン(5階)
 ②19:00 シアターセブン(5階)
7/5(金)
 10:00 第七藝術劇場(6階)
 13:45 シアターセブン(5階)
http://www.nanagei.com/movie/data/1341.html



『誰がために憲法はある』
芸人・松元ヒロの一人語り「憲法くん」を演じる
名優・渡辺美佐子の鎮魂の旅
「憲法くん」とは、井上ひさし、永六輔、立川談志も絶賛したお笑い芸人・松元ヒロが20年以上、日本国憲法の大切さを伝えるためユーモラスに演じ続けている一人語りである。「憲法くん」はこう言う。「わたしというのは、戦争が終わった後、こんなに恐ろしくて悲しいことは、二度とあってはならない、という思いから生まれた、理想だったのではありませんか」。そして、「わたしの初心、わたしの魂は、憲法の前文に書かれています」と憲法前文を一気に暗唱する。憲法に対する深い愛と洞察が込められたこの「憲法くん」を語るのは、「戦争を知る世代として、再び戦争の悲劇がこの国に起こらないように、この役を魂を込めて演じました」という、今年87歳になる名優・渡辺美佐子。文字で読む憲法と違い、本作で朗読される日本国憲法前文は、心の奥深くに突き刺さる。
原爆朗読劇を続けるベテラン女優陣が語る戦後、未来へ託す思いとは――
渡辺美佐子は初恋の人を疎開先の広島の原爆で亡くしたことを戦後35年目の1980年になって知った。彼の死を知った渡辺は中心メンバーとなり、現在まで33年間、鎮魂の想いを込めてベテラン女優たちと原爆朗読劇の公演を続け全国各地を回っている。しかし、その朗読劇は今年で幕を閉じる。本作では渡辺をはじめ、女優たちがこの活動を通じて抱くそれぞれの思いを映し出す。
監督は『大地を受け継ぐ』(2015)で原発事故により汚染された土地で農作物を作り続ける農家と、そこを訪れる学生たちの姿を真摯に見つめたドキュメンタリーを手掛けた井上淳一。同作でもタッグを組んだ弁護士の馬奈木厳太郎とともに、「憲法とは何か?なぜできたのか?」という原点を見つめ直すことができる作品を完成させた。子どもから大人まですべての人が日本国憲法について考えるきっかけを与えてくれる必見のドキュメンタリー!
●4/27~シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
6/22(土)~24(月) 13:30(~14:44終)
6/25(火)・26(水) 11:00(~12:14終)
6/27(木)・28(金) 13:30(~14:44終)
http://www.theater-seven.com/2019/mv_s0068.html



『沈黙 立ち上がる慰安婦』
ハルモニ(おばあさん)たちは半世紀の沈黙を破って、立ち上がった
―私たちは15、16、17歳の花のような年頃に、日本軍によって強制的に連行され、数年にわたり将兵らの恐るべき性暴力に蹂躙された被害者たちです。私たちは日本政府が要求に応えない限り、生きて国には帰りません―
今年90歳になる李玉先(イ・オクソン)さんは、韓国・俗離山の村に一人で暮らし毎朝お寺に通う仏教徒だ。17歳で北満州の慰安所に監禁された李さんは、戦後50年を経てその沈黙を破り立ち上がった。1994年、14人のハルモニと共に日本政府に謝罪と個人補償を求めて来日。「法的責任は解決済み」とする日本政府に対し、被害者だけが集まり直接交渉を開始した。ハルモニたちは3年にわたり再三来日し、日本軍の犯罪を証言し名誉と尊厳の回復を訴えた。その闘いに在日朝鮮人2世の女性監督が寄り添い、彼女たちの恨(ハン)を映像に記録した。あれから20余年、闘いの主人公の多くが亡くなった今、2015年日韓両政府が合意した「解決」は果たして当事者の問いに答えているのだろうか―。90年代に当事者たちの苦闘を共にした監督朴壽南(パク・スナム)が密着記録と李さんの人生をつむぎ、生き証人たちの沈黙を未来に伝える。
●6/22(土)~シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
■6/22(土)12:30の回上映後 トークショー開催予定
 登壇予定者:朴壽南(パク・スナム)監督
6/22(土)~28(金) 12:30(~14:32終)
http://www.theater-seven.com/2019/mv_s0067.html



『人生フルーツ』
人生は、だんだん美しくなる。
むかし、ある建築家が言いました。
家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない。
愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てた家。四季折々、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実が、妻・英子さんの手で美味しいごちそうにかわります。刺繍や編み物から機織りまで、なんでもこなす英子さん。ふたりは、たがいの名を「さん付け」で呼び合います。長年連れ添った夫婦の暮らしは、細やかな気遣いと工夫に満ちていました。そう、「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」とは、モダニズムの巨匠ル・コルビュジエの言葉です。
かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきました。1960年代、風の通り道になる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウン計画。けれど、経済優先の時代はそれを許さず、完成したのは理想とはほど遠い無機質な大規模団地。修一さんは、それまでの仕事から距離を置き、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめました─。あれから50年、ふたりは、コツコツ、ていねいに、時をためてきました。そして、90歳になった修一さんに新たな仕事の依頼がやってきます。
本作は東海テレビドキュメンタリー劇場第10弾。ナレーションをつとめるのは女優・樹木希林。ふたりの来し方と暮らしから、この国がある時代に諦めてしまった本当の豊かさへの深い思索の旅が、ゆっくりとはじまります。
●6/23(日)~シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
6/23(日)・24(月) 15:20(~16:56終)
6/25(火)・26(水) 休映
6/27(木)・28(金) 15:20(~16:56終)
6/29(土)~7/27(土)の上映はありません
7/28(日)~8/2(金) 13:30(~16:06終)
★7/30(火)は、乳幼児・子ども連れ歓迎 親子上映回です。「親子連れ上映会」の詳細、ご注意などは下記をご覧ください。
http://www.theater-seven.com/2017/movie_jinsei-fruits.html



■6月22日(土)(再放送) 午前05:40~05:50 NHK総合
NHK映像ファイル あの人に会いたい「アンコール 大田昌秀(元沖縄県知事)」
大田さんは大正14年、沖縄・久米島生まれ。沖縄師範学校在学中に鉄血勤皇隊に動員され、沖縄戦を経験。九死に一生を得るが、多くの学友を失った。同期125人のうち生き残ったのはわずか37人。戦後は研究者として沖縄戦と戦後史を研究。平成2年には沖縄県知事となり、普天間基地の移設問題など、米軍基地の整理・縮小に取り組んだ。また、沖縄戦などで亡くなったすべての人々の名前を刻んだ「平和の礎」の建立に尽力した。
https://www4.nhk.or.jp/anohito/x/2019-06-22/21/28935/1995633/



●6月22日(土) 14:00~16:30 神戸市教育会館(JR元町駅東改札を北側へ徒歩10分 http://www.kobekhall.com/akusesu/)
原発賠償ひょうご訴訟主催 原告勉強会
原発賠償ひょうご訴訟原告勉強会があります。これからの本人尋問対策として必須の勉強会です。
内容と講師説明
本人尋問にむけて
講師:宇都宮大学 髙橋若菜准教授
高橋若菜先生は6月5日の新潟の訴訟で損害論の専門家証人として尋問台に立ちました。原告の被害に共通性が大きいことから、陳述書を量的に分析した結果をお話されました。
※関西訴訟・京都訴訟の原告・サポーターも事前申し込みで参加可能です。
 人数把握のため、事前申し込みお願いします。
※終了後は恒例の懇親会があります。17時ごろから(元町駅近く) 是非ご参加ください。
連絡先:原発事故被災者支援兵 庫弁護団 担当津久井
電話 0798-68-3161 メール tukui1@nifty.com
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-2212.html



●6月22日(土) 14:00~16:30 上宮川文化センター3階ホール(苜屋市上宮川町10番5号、JR芦屋駅から南東に5分 http://www.city.ashiya.lg.jp/kamibun/documents/akusesu.pdf
芦屋九条の会」14周年記念のつどい
平和の光と戦争の陰~わが街の秘められた戦後史から考える~

坪井兵輔さん講演会(阪南大学国際コミュニケーション学部准教授)
沖縄は戦後も米軍基地があることで、事件・事故が絶えません。新基地埋め立ての県民投票も実施しなければなりませんでした。私たちが住む阪神間は、軍事とはまったく無縁だったのでしょうか?
六甲山頂にあった米軍レーダーはよく知られていますが、私たちの街のことは意外に知らないことが多かったりします。70余年戦争をしないできた平和な日本を未来に繋げるために、過去・現在を知ることからはじめてみませんか。
参加協力費:500 円(大半生以下・庫がい者無料)
手話通訳あり
坪井兵輔さんプロフィール:1971年大阪府生まれ。1995年大阪の民間放送局入社。報道カメラマン、ラジオ報道記者、日TV制作局ディレクターを経てTV報道ドキュメンタリー専属ディレクター。2017年より現職。
主な作品に
「家族づくり~里親と子どもたちの一年」(日本放送文化大賞準グランプリ、地方の時代映像祭優秀賞)
「知られざる最前線~神戸が担ってきた日米同盟~」(坂田ジャーナリズム基金賞)
「よみがえる最前線~神戸と「核と日米同盟」(ギャラクシー賞)
「見えない基地~京丹後・米軍レーダー基地を追う」(平和・協同ジャーナリスト基金賞)
「獄中13年~軍事独裁政権に立ち向かった留学生の青春」(芸術祭参加、アジア・太平洋放送連盟賞)など。
近著に『歌は分断を越えて~在日2世のツプラノ歌手・金桂仙』新泉社(2019年2月)
主催:芦屋「九条の会」
連絡先:片岡 090-7118-2312
後援:芦屋市・芦屋市教育委員会
http://ashiya9.web.fc2.com/information.html
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=682791968832288&id=151588621952628



●6月22日(土) 14:00~15:45 円山野外音楽堂 終了後、パレード(「東山駅」徒歩13分 京阪「祇園四条駅」徒歩約10分 阪急「河原町駅」徒歩15分 https://maruyama-park-bandstand.jimdo.com/アクセス-1/)
基地のない平和な沖縄・日本・東アジアを!6・22京都集会
ゲスト:元山仁士郎さん(「辺野古」県民投票の会代表、一橋大学大学院修士課程)
発言:永井友昭さん(米軍基地建設を憂う宇川有志の会)  
音楽:川口真由美さんとおもちゃ楽団 参加費:無料(カンパをお願い致します) 
政府は完成の目途もなく辺野古新基地建設を強行し、大浦湾に土砂投入し続けています。沖縄県民だけでなく日本中で抗議の声が沸き起こっています。6/22、私たちは県民投票を推進した元山仁志郎さんを招き、県民投票で民意が示されるまでの闘いと今後どう発展させるのかお話をお聞きし、京都での辺野古基地建設反対・沖縄連帯運動を強めたいと企画しています。Xバンドレーダー基地・京丹後から永井友昭さんが報告します。川口真由美さんとおもちゃ楽団の音楽もあります。円山公園野外音楽堂での6・22京都沖縄連帯集会へのご参加を呼びかけます。
主催:京都沖縄連帯集会実行委員会
連絡先:事務局(京都第一法律事務所内)
TEL:075-211-4411 FAX:075-255-2507
https://www.facebook.com/events/715371345546209/



●6月22日(土) 13時30分~16時 関西大学第1学舎B101教室(「関大前」 http://www.kansai-u.ac.jp/global/guide/mapsenri.html
軍産共同いらない!市民と科学者のつどい
参加費無料
主催:軍学共同いらない!市民と科学者の会・大阪(事務局団体:大阪革新懇、日本科学者会議大阪支部、大阪平和委員会)
連絡先:06-6765-2840
http://osk-heiwa.org/siryou-box/gazou-data/190622gungaku-kyoudou-hantai-tudoi4-02.jpg



●6月22日(土) 14:30~16:30 ラボール京都4階第1会議室(京都労働者総合会館)(阪急西院駅東へ徒歩5分 http://laborkyoto.jp/access_map.php
【市民環境研究所総会記念講演会】
「どうなる?日本 どうする!日本」

講師:孫崎享氏(元外務省勤務、2009年まで防衛大学教授)
戦後の歴史から学ぶことを通して 市民は安倍政治に どのように対峙していけばいいか
入場無料
※当日14:00より会場受付にて整理券を配布します。
※市民研会員優先とし、定員(70名)に達した場合入場をお断りする場合もあります。
主催:NPO法人 市民環境研究所
問合せ:NPO法人 市民環境研究所  075-711-4832 pie@zpost.plala.or.jp
http://www13.plala.or.jp/npo-pie/190622.pdf



●6月22日(土) 14:00~毎日放M館地下1階AVルーム(ロフトの北隣、大阪市北区茶屋町17-1 毎日放送M館1階の受付にスタッフがおります))
藤田早苗講演会
~国際社会から見た、日本のメディア、ヘイト、ジェンダー、貧困~

講師:藤田早苗(英国エセックス大学ヒューマンライツセンターフェロー)
資料代:カンパ制(学生無料)
主催:藤田早苗講演会実行委員会
連絡:MBS文箭(ぶんや) 25bun64bun@ezweb.ne.jp
https://hyogen-tsutaeru.jimdo.com/



●6月22日(土) 13:30~15:30 龍谷大学(深草キャンパス)22号館101教室(JR奈良線「稲荷」駅南西へ徒歩約8分,京阪本線「深草」駅西へ徒歩約3分,地下鉄烏丸線「くいな橋」駅東へ徒歩約7分 http://www.ryukoku.ac.jp/about/campus_traffic/traffic/t_fukakusa.html
丹羽宇一郎講演会
テーマ:日本をどのような国にするか

主催:丹羽宇一郎講演会実行委員会
連絡先:龍谷大学 細川研究室
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/jsa-k/topics.html



●6月22日(土) 16:30~18:30 NSビル9階(1Fにスターバックスのあるビルです 谷町4丁目 1A番 出口・谷町筋沿いを北へ3分 天満橋 3番出口・谷町筋沿いを南へ5分 http://www.mapion.co.jp/address/27128/38:2:2:6/)
大阪に未来はあるか!? 公共政策ラボセミナー
講師:フリージャーナリスト 吉富 有治 
   第18代大阪市長 平松 邦夫
参加費:一般 1000円 公共政策ラボ会員 700円
主催:公共政策ラボ
https://www.kokuchpro.com/event/PPL0622/



●6月22日(土) 13時30分~16時40分 富田林市消防署 3階会議室(富田林西口徒歩約8分  https://www.navitime.co.jp/maps/poi?code=00004-27102200011
第2回 河内わくわくまちづくりカフェ「住民要求と維新政治を考える
記念講演:薬師院 仁志(帝塚山学院大学教授・社会学)
参加費:300円 
主催:中・南河内自治体学校実行委員会
連絡:TEL06-6354-7220
http://jimmin.com/events/event/第2回%e3%80%80河内わくわくまちづくりカフェ%e3%80%80「住民要/



●6月22日(土) 14:30~17:30 大阪市立中央会館ホール(地下鉄長堀橋駅徒歩5分 http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016607.html
10・8山崎博昭プロジェクト第2ステージに向けて 発起人・賛同人会議in関西
議題:ビデオ上映/活動報告/第2ステージ趣旨説明/若手研究者報告/ 意見交換/今後の予定/第2ステージ発起人挨拶 ほか
当プロジェクトは、第2ステージの活動を開始するに当たり、新に発起人と賛同人に加わっていただいた皆様だけでなく、当プロジェクトに関心をお持ちいただいている多くの皆様にお集まりいただいて、第2ステージの趣旨についてご理解いただくとともに、活発な意見交換を行い、世代を超えて未来に向かって、より深く豊かな活動を行っていきたいと考えます。多くの皆様のご参加をお願いする次第です。
参加費:無料
◎終了後に二次会
主催:10・8山崎博昭プロジェクト
http://jimmin.com/events/event/10・8山崎博昭プロジェクト第%ef%bc%92ステージに向けて/



●6月22日(土) 13時~16時45分 尼崎市中小企業センター(阪神電車「尼崎」駅より徒歩約5分 http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/map/1000375/1000391/1000476.html
アスベスト被害の救済と根絶をめざす尼崎集会
入場無料 
主催:中皮腫・アスベスト疾患 患者と家族の会/同 尼崎支部/尼崎労働者安全衛生センター
連絡:TEL06-4950-6653
http://jimmin.com/events/event/アスベスト被害の救済と根絶をめざす尼崎集会/



●6月22日(土) 13:00~16:30 大阪弁護士会館2階ホール(京阪「なにわ橋駅」出口1徒歩約5分 地下鉄・京阪「淀屋橋駅」1号出口から徒歩約10分 地下鉄・京阪「北浜駅」26号階段から徒歩約7分 http://www.osakaben.or.jp/06-access/
シンポジウム「死刑廃止を考える日」
参加無料
主催:大阪弁護士会 共催:日本弁護士連合会
連絡:TEL06-6364-1227
http://jimmin.com/events/event/シンポジウム「死刑廃止を考える日」/



●6月22日(土) 15時30分~(毎週土曜日)JR大阪駅南バスターミナル
「辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動」
辺野古の海が埋め立てられないように活動しています。
お時間の許す範囲で、少しでも皆様のご参加お待ちしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/henoko_osaka



●6月22日(土) 13:00~14:00 神戸マルイ前
HENOKO NO! 沖縄に基地はいらない 
   辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動

沖縄県民に対する不正を止めるために、共に声を上げて下さい。
ツイター・FaceBookで情報発信中{辺野古・神戸}で検索して下さい。
土曜の午後はいつもの時間、いつもの場所で、はじめての方、ちょっとだけ参加、見学、大歓迎。
https://twitter.com/kobekodo/



●6月22日(土) 17:00~18:30ごろ 京都市 三条河原町交差点(三条河原町商店街のアーケード前スペース)
沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、
     普天間基地の撤去を求める京都行動

アピール、チラシ配り、新基地建設に反対する署名集めなどなどhttp://kyoto-action.jugem.jp/?pid=1
https://twitter.com/ALALALED/status/551165696185344000



●6月22日(土)(毎週土曜日) 13:30~14:30 大阪府警本部前(谷町四丁目5分 http://www.police.pref.osaka.jp/15topics/fukei_map_1.html
労働組合つぶしの大弾圧を許さない 大阪府警本部前抗議行動
主催:労働組合つぶしの大弾圧を許さない実行委員会



●6月22日(土)(毎週土曜日) 10:30~大津警察署前(JR・京阪膳所駅前下車、琵琶湖に向かい徒歩10分国道に出たら左へ http://www.pref.shiga.lg.jp/map/kurashi/34.html
労働組合つぶしの大弾圧を許さない 大津警察署前抗議行動
40分抗議、その後oh!me(西武)前で市民向け宣伝正午終了
主催:労働組合つぶしの大弾圧に反対する実行委員会
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=643923079362743&id=100012351695780



●6月22日(土) 14:00~16:30 ドーンセンター4階 大会議室3(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
学習会 複合差別という判決を勝ち取ってー在日コリアン女性の闘いに学ぶ
講師:李信恵(り しね) フリーライター
   元百合子(もと ゆりこ) 国際人権法研究者
女性は均質な集団ではなく、様々なマイノリティに属し、ジェンダー差別に加えて民族、国籍、障害などの差別を受けている人が少なくありません。国連の人種差別撤廃委員会は、人種差別が男性に対するよりも女性に深刻な影響を及ぼしていることを指摘しています。女性差別撤廃委員会も各国に対して、複合差別の状況を調査し、対応策を講じるように求めています。
しかし、日本ではマイノリティ女性たちの生活状況、人権状況の調査すら行われていません。
凄まじいヘイトスピーチとハラスメントの標的にされながら、自ら裁判を起こして社会に問題提起した李信恵さんは、2017年に日本の裁判史上初めてその不法行為を複合差別と認める判決を勝ち取りました。このことは様々なマイノリティ女性の差別と抑圧からの解放への大きな一歩として位置づけられるでしょう。
今回の学習会ではその闘いに学ぶとともに、複合差別についての理解をより深める場にしたいと考えます。
そのために、専門家として裁判所に複合差別を認めるように意見書を書かれた元百合子さんからもお話を聴きます。ぜひご参加ください。
資料代:¥500 要事前申込
問合せ・申込先:ヒューライツ大阪
Eメール webmail[a]hurights.or.jp TEL 06-6543-7003 FAX 06-6543-7004
共催:アプロ・未来を創造する在日コリアン女性ネットワーク/アジア・太平洋人権情報センター(ヒューマンライツ大阪)
https://www.hurights.or.jp/japan/new-project/2019/04/post-51.html



●6月22日(土) 13:30~15:30 コープこうべ生活文化センター(JR「住吉駅」下車 東へ約8分 https://www.kobe.coop.or.jp/kouza/info/centre.php
国際理解講座②
「ISは終わったのか」取材映像で見るシリア・イラクの女性や子どもたちは今

過激派組織ISはシリア、イラクの支配地域のほとんどを失ったと報道されていますが、人々に平和は訪れたのでしょうか。ISの最大拠点だったシリア・ラッカと、ISに激しい迫害を受けたイラクの少数宗教ヤズディについて、昨年ノーベル平和賞を受賞したナディア・ムラドさんの故郷等、取材映像と写真を通してお話いただきます。
主催者: 兵庫県ユニセフ協会
https://www.facebook.com/events/849118858783398/



●6月22日(土) 18:00~19:30 関西学院大学大阪梅田キャンパス10階(阪急「梅田」駅 茶屋町口から徒歩5分 https://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/index.html
一般公開講義「多言語主義・多文化共生」
第11回「琉球の脱植民地化としての遺骨返還運動」

講師:松島泰勝
参加無料
主催:関西学院大学大学院言語コミュニケーション文化研究科
受付締切日:6/14 ※定員に空きがある場合は、申込期間終了後も受付をすることがあります。
申込方法:Eメールにてお申込みください。
申込詳細:https://www.kwansei.ac.jp/g_language/event/2019/event_20190412_012801.html
お問い合わせ:関西学院大学大学院 言語コミュニケーション文化研究科
TEL: 0798-54-6180
https://www.kwansei.ac.jp/g_language/event/2019/event_20190412_012801.html



●6月22日(土) 18:00~20:00 猪飼野セッパラム文庫(天王寺区細工谷2-14-8 090-9882-1663 近鉄「上本町六丁目駅」8分・地下鉄「谷町9丁目駅」10分、ドンキホーテ上本町店から東へ、セブンイレブンを右へ約100m、左側3軒目 http://www.mapion.co.jp/m2/34.66158997553531,135.5232413888889,16
コリアン・マイノリティ研究会第186回月例研究会
「平壌冷麺(ピョンヤンレンミョン)と朝鮮歌謡(チョソンカヨ)とともに—朝鮮民主主義人民共和国(チョソンミンヂュヂュイインミンコンファグク)(DPRK)を訪れて—」  

溝口いさむさん(朝鮮半島研究家・東アジア歌謡曲研究家)
 現場主義をモットーに朝鮮半島の歴史や文化と向き合い、訪ね歩く生活が始まって10年以上。2017年から毎年、朝鮮民主主義人民共和国へ行った。朝鮮半島情勢は日々様々な動きがあり、特に昨年の「南北首脳会談」をはじめとする融和へ向けた一連の動きは少し前まで想像すら出来なかった事象だった。
 私は中学生の頃に朝鮮のCDを偶然入手してから朝鮮歌謡を聴くようになり、純粋に朝鮮という国を知りたいと思い日本で出版された多くの関連本を読みふける少年時代を送った。また2001年に初めて韓国を旅行してから韓国歌謡のとりこになり、同時に日本による植民地統治の歴史が今なお横たわっているという事実を知らされたのも同じような時期だった。歌を理解するには必然的に歴史的背景が関わってくる。幸運なことに南北双方の歌謡曲を全く同時期に吸収することができた。
 しかし、日本では2002年以降、「拉致」「核ミサイル開発」「食糧不足」等々といった悪いイメージばかりが枚挙に暇がないほど拡散され、連日のマスコミによる一方的な報道も重なったことで、未だに国民世論の多くは「北朝鮮」に対する嫌悪感、恐怖心、懐疑心に満ち溢れているという実感だ。過剰なマスコミ報道の只中において、実際に行って見てみようと思い、2008年に南側から開城と金剛山を訪れたのが最初だ。その後、再び行きたいという思いは特段なかったが、ここ数年の経済発展や人々の暮らしの変化の速さは目を見張るものがあった。そんな中、元々無類の平壌冷麺好きでもあった私は「平壌冷麺食べ比べ旅行」の広告を見つけ、参加者は私1人でしたが2017年に再度訪問。すっかり様変わりした首都平壌や地方都市を周った。そして昨年と今年も訪れ、様々な場所を廻りながら、1枚でも多くの日常風景をカメラに収めようと努めた。
 1人のにわか研究家として、日本では良くも悪くも朝鮮に関する大量の情報が入って
くるが、政治的な面ばかりでなく、歴史的・文化的な事柄を踏まえて訪れることで、1
人の旅行客としてもより視野を広げて見聞出来たような気がする。 
※現地で撮影した写真をスライドで紹介する。
参加費:800円・会員600円・学生以下無料【要予約】masipon@nifty.com
終了後、懇親会
主催:コリアン・マイノリティ研究会(猪飼野セッパラム文庫内)
https://sepparam-bunko.jimdo.com



●6月22日(土) 17:30~19:00 梅田HEPFIVE前
安倍はやめろ!街頭集会 梅田解放区
主催:梅田解放区
http://jimmin.com/events/event/安倍はやめろ%ef%bc%81街頭集会%e3%80%80梅田解放区-2/



■6月22日(土) 午後11:00~00:00 NHK Eテレ
ETV特集「バリバイ一家の願い~“クルド難民”家族の12年~」
埼玉県に暮らすクルド人一家。トルコで迫害に遭ったとして日本に逃れたものの、難民として認定されず、正規の在留資格がない。祖国にも帰れず先の見えない日々に父は自死。息子は入管施設に2年以上収容され、母の心配は募る。昨年息子は収容を解かれたが、長期の収容は息子や家族の心に傷を残す。今年4月から、外国人労働者の受け入れを拡大した日本。一方で難民認定率は1%未満だ。希望を失うまいとする一家の日々に密着した。
https://www4.nhk.or.jp/etv21c/x/2019-06-22/31/29131/2259662/

(6/20更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2019年6月17日(月)~21日(金)

★6/18追加情報
●6月19日(水) 19:00~加賀屋福祉センター(大阪市住之江区)
住吉市民病院廃止問題、6.19緊急報告集会
★6/20追加情報
●6月21日(金) 午後6時30分~京都教育文化センター103号室(京阪神宮丸太町駅)
地質の達人から命の守り方を教わろう!京都の地質から見る地震 あなたの備えは大丈夫?
●6月21日(金) 午後6時30分~国労大阪会館(天満駅)
現代帝国主義論研究会第200回学習会


【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-499.html




■6月17日(月)(再放送) 午前09:00~10:50 NHK BS1
BS1スペシャル「北朝鮮への“帰国事業”知られざる外交戦・60年後の告白」
1959年、北朝鮮への帰国事業はどのように始まったのか。世界各国の機密文書が開示され、舞台裏で、日朝両政府だけでなく、冷戦下の米ソ、韓国がし烈な外交戦を繰り広げていたことが明らかになった。いま、脱北した在日コリアンや日本人妻が重い口を開き始めている。これまで「つらい状況にあった」と語られてきた北朝鮮での生活が時の政策や国際情勢に翻弄され続けてきた事実が浮かび上がってきた。帰国事業の真相に迫る。
https://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2019-06-17/11/34343/3115630/



●6月17日(月) オープン18:00 スタート19:30 「やさい食堂堀江座」 (西元町駅から約100m https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280102/28035445/dtlmap/)
中島久美子 大島を語る会(全3回)
【3回目】~拡がる繋がり編~

この回はゲストをお招きします!
今回、語る「大島」とは香川県の高松港から北東へ8キロのところにある約61ヘクタールの小さな島。島のほぼ全域がハンセン病の療養施設「国立療養所大島青松園」となっています。
私が初めて訪れたのは2010年の夏。瀬戸内国際芸術祭の会場のひとつとして。ハンセン病のことは何も知らず…。
日本では1996(平成8)年までハンセン病を発症すると療養所へ強制的に隔離する法律がありました。「退所」の規定は無く一度、入所すると亡くなった後も故郷へ帰ることは出来ず、療養所内の納骨堂に納められました。治療法が確立していない、医学的知識に乏しい時代には、病気が進行すると顔や手足といった見える部位に変形をきたすため、歴史的にも世界的にも差別されてきた病気です。家族と縁を切られ世間から虐げられ、療養所内では治療とは名ばかりで人権を無視しした生活を余儀なくされました。
私たちが暮らす社会の中で生まれてくる数々の問題、ハンセン病隔離政策が残したものもそうです。人が人と向き合えなくなったときに生じた歪みやズレが二度と修復されない傷跡となっていく。個々の人間が大きな過ちの渦に埋れていく。いつでもどんな場でも、「ここに人が暮らしている」それを「感じる」こと。「知る」だけでは無く。感じるものが無ければ人は動きません。
私は入所者の方々にお話を聞かせていただき、その生き様に触れ心動かされて今日まで大島に通っています。
今回、私が2010年から今までに撮影した大島の写真をご覧いただきながら、入所者の方々とのお話をお伝えしたいと思います。そして、より大島を感じていただきたく、大島産の食材や入所者の方の記憶を辿り作られた「大島を感じるお菓子」をご提供したいと思っています。
お菓子を提供してくださるのは「おかしのはなし」の泉麻衣子さん。泉さんは名古屋造形大学のやさしい美術プロジェクトのメンバーとして2008年〜2013年まで大島に滞在。入所者の方々から聞き取りをし、かつて島で作られていたお菓子「ろっぽうやき」を復刻。島で採れた野菜や果物で作るメニューを提供する「カフェシヨル」を運営されていました。
全3回のお話会です。
1回だけでも、2回でも、もちろん全回参加も大歓迎です。各回で、お話の内容とご提供するお菓子は変わります。
【料金】各回1,000円(大島を感じるお菓子付き)
☆堀江座さんメニューの1オーダーをお願いします。
☆お菓子の準備がありますので、各回10日前までにご予約をお願いいたします。
お問い合わせ:「やさい食堂堀江座」電話:080-7041-5711 又は、中島久美子まで
中島久美子 rinko7893☆gmail.com(☆を@に変更お願いします)
https://www.facebook.com/events/1534209833379577/



●6月17日(月) 19:00~20:00 京橋駅JRと京阪の間
安倍政権に反対するビラまき・シールアンケート
呼びかけ:リブ・イン・ピース☆9+25
http://www.liveinpeace925.com/schedule/schedule.htm



●6月17日(月) 19:00~20:00 大阪なんば高島屋前
香港の自由と民主主義を守る行動
#香港加油
#No Extradition To China
http://jimmin.com/events/event/香港の自由と民主主義を守る行動/



●6月18日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



■6月18日(火) 午後10:00~10:54 テレビ大阪、テレビ東京系列
ガイアの夜明け【追跡“もったいない”革命!】
年間2842万トンの食品が捨てられているとされる、日本。そのうち646万トンは、まだ食べられるのに廃棄されているという。深刻な「食品ロス」の問題は、様々な種類の食品にわたる。 なんとか解決へ向けた取り組みを加速させようと、回転寿司チェーンが動き出した。新たに繰り出した商品は「ハンバーガー」? 一方、野菜などの青果でも、これまでにない取り組みが…。
各企業が、それぞれの立場からこれまでにない「食品ロス」解決への方法を編みだそうとしていた。その努力は、日本に新たな時代をもたらす一歩となるのか。現場の人たちの挑戦を追った。
https://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/



●6月19日(水) 18:30~20:30 ヒューマンライツ大阪 セミナー室(地下鉄四つ橋線「本町駅」27番出口右側すぐ 1階に和菓子屋「高砂堂」があり、右側入り口すぐエレベーターあり https://www.hurights.or.jp/japan/access.html )
第4回じんけんカタリバ 国際社会からみた日本を知るーメディア・ジェンダー・貧困
講師:藤田早苗さん
参加費:¥300 定員25名
【主催・申込先】 (一財)アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)
Eメール :webmail@hurights.or.jp 、TEL:06-6543-7003、FAX: 06-6543-7004
チラシPDF⇒6.19第4回じんけんカタリバちらし.pdf
主催:アジア・太平洋人権情報センター(ヒューマンライツ大阪)
連絡:TEL06-6543-7003
https://www.hurights.or.jp/japan/new-project/2019/04/4-1.html



●6月19日(水) 8:30~17:00 大阪地方裁判所前公園(地下鉄淀屋橋より北東へ8分 大阪市役所の北側、橋を渡り直すぐ http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/)
6・19 労働組合つぶしの大弾圧を許さない緊急座り込み集会
連帯ユニオン関生支部(全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部)が、警察権力による異常な弾圧を受けています。労働組合として全く正当な組合活動に対して、「威力業務妨害」などをこじつけ。多くの組合員が不当逮捕されています。憲法や労働組合法も無視した、あまりにもひどい暴挙です。このようなことが許されるのであれば、労働者の権利を守る一切の活動ができなくなってしまいます。
これは労働組合への弾圧というだけにはとどまりません。憲法破壊の安倍政権による市民監視と弾圧は、民主主義を破壊しています。この弾圧は、共謀罪適用の先駆けともいえるものであり、市民みんなの問題です。
不当弾圧は許さない!仲間を今すぐ返せ!みなさん、ぜひご参加ください!
★同日、10:00~17:00 大阪地裁にて「大阪第1次弾圧」の公判が行われます。
同時に平和フォーラムを中心とした各労組、団体の代表団が「大阪府警」「大阪地方裁判所」に対し全国の支援者から寄せられた「要請署名」の提出を行います。8:30 に公園に集合し、その後、傍聴券の抽選に入ります。抽選終了後9:45 より座り込み集会を開始します。公判および、署名提出終了後16:00 から報告集会を行います。
主 催:労働組合つぶしの大弾圧を許さない実行委員会
連絡先:全港湾関西地方大阪支部気付 電話:06-6575-3131
https://jimmin.com/events/event/6・19労働組合つぶしの大弾圧を許さない緊急座り/



NEW
●6月19日(水) 19:00~加賀屋福祉センター(大阪市住之江区東加賀屋2丁目14−16 https://www.navitime.co.jp/poi?spt=00011.060298995)
住吉市民病院廃止問題、6.19緊急報告集会
2019 年4月大阪市は、「住吉市民病院跡地に整備する新病院の基本構想(案)」に係るパブリ ック・コメントの実施結果を発表しました。出された声の多数は、市民病院跡地に小児科、産科ともにベッドの確保を求める声でした。しかし大阪市が決定は、市民の声が反映され たものにはなっていません。
市民の会は、緊急にこの状況を知らせ、これからの運動について、みなさんんと考えるため報告集会を開催することにしました。ぜひ、ご参加いただきますよう宜しくお願いします。
https://www.facebook.com/events/1923741587732396/



■6月19日(水)  午後08:00~08:30 NHK Eテレ
ハートネットTV「失われた学び 取り戻す日々~沖縄・自主夜間中学校~」
地上戦で住民の4分の1を失った沖縄。6月23日、今年も慰霊の日を迎える。那覇市に、学齢期を過ぎたお年寄りが学ぶ自主夜間中学がある。生徒のほとんどは、戦後の混乱や貧困で教育を受けられなかった人たちだ。共通するのは学ぶことへの強い意志、そして失われた青春を学びを通して取り戻そうとする姿。人はなぜ学ぶのか?学ぶことで人生はどう変わるのか。生徒たちの語りに耳を傾け、人生百年時代の“学び”を考える。
https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/heart-net/1046/



●6月20日(木) 14時~16時半くらい ジュゴン保護キャンペーンセンター関西事務所(最寄駅~JR・京阪・地下鉄「京橋」駅より徒歩10分ほど http://www.sdcc.jp/other/office-map.html
じゅごん茶話会
お茶とお菓子で ゆる~りとゆんたく(おしゃべり)しています。学んで、語り合って、考えて、できることに取り組んでいきたい!辺野古の最新情報をお伝えします。DVDを観たりもします。また、ジュゴンの折り紙を折ったりピースリボンにメッセージを書いたりその時にできることをしています。
ご要望があれば、ジュゴンのミニマスコット作りもできます。材料の準備がありますので、事前に連絡いただければ助かります。
参加費:200円
問合せ:ジュゴン保護キャンペーンセンター関西事務所
TEL/FAX:06-6353-0514 メール info@sdcc.jp 当日 090-5882-3629(いけがわ)
http://www.sdcc.jp/plan/dugong-sawakai.html



●6月20日(木) 18:00~20:00 京都府部落解放センター 4階ホール(烏丸通紫明東南角・地下鉄「鞍馬口」駅下車・北へ徒歩5分 http://www.suishinkyoukai.jp/center/#map
第75回戦争への道を許さない京都・おんなの集い
声を上げ、政治を変える時~変えるべくは憲法ではなく安倍政権~

プログラム
ビデオメッセージ: 仲村みお さん
(琉球新報社記者から沖縄市議・県議を歴任社民党女性・平和・人権政策委員長)
お話: 大椿ゆうこ さん(大阪教育合同労組執行委員、社民党労働・女性・多様性政策委員長)
お話: 服部良一 さん(元衆議院議員)
資料代:500円
主催:戦争への道を許さない京都・おんなの集い連絡会
連絡先:090-5672-1597 白井
共催:平和憲法の会・京都
連絡先:070-6689-8445 事務局



■6月20日(木)(再放送) 午後05:00~05:45 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー「独裁者の妻たち:台所の虐殺者?」
“家庭を守る良妻賢母”を売りにした妻が、実は民族大虐殺に加担していた!?元ルワンダ大統領やムッソリーニ、ポル・ポト夫人ら、独裁者の妻たちを描くシリーズの1本。
フツ族のアガート・ハビャリマナは、大統領官邸で野菜を作り、家畜の世話をしながら8人の子を育てた。「政治には無関係」と語るが、親族を要職に就け、ツチ族への弾圧も黙認したと告発されている。取材班は、フランス亡命中の夫人を直撃。息子や娘たちの横で、身の潔白を訴える夫人の隠れた素顔に迫る。ヒトラーの愛人エヴァ・ブラウンや、サダム・フセインやカダフィの妻たちの例も織り交ぜ、独裁者の妻たちの裏と表の顔を探る。
https://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=190411



●6月21日(金) 8:30~10:00 株主総会会場「大阪国際交流センター」前(地下鉄四天王寺前夕陽ヶ丘駅 http://www.ih-osaka.or.jp/access/
関電株主総会 原発反対アピール
呼びかけ:とめよう原発!!関西ネットワーク
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0621-2.jpg



●6月21日(金) 10:30~15:00(途中からの参加、途中退室も可能です) 大阪市立社会福祉センター(近鉄「大阪上本町」⑪東へ徒歩3分 地下鉄「谷町九丁目」⑧徒歩10分 http://shafuku-center.jp/shisetsu.html
【避難者交流会Cafe IMONIKAI】
毎月大阪で、たとえ参加者が少なくても、必要としている避難者がいる限り、細く長く必要な形でつづけています。2012年夏~毎月1回、一日お部屋を開放し、自由に避難者が集える「場」を参加者みんなで作ります。サンドリメンバーも、毎回、一度も欠かさず通っている避難者たちがいます。
とても自由な雰囲気で、避難者が震災のこと、避難のこと・・・本当の思いを各々自由に話せる、3.11避難当事者がホッとできる素敵な「場所」です。
初めての方も安心してご参加下さい。何も話さなくても、聞くだけの方もおられます。色々な情報も得られますし、また、避難者の思いも、ご支援の方々に伝えることも出来ますし、本当にオススメ出来る交流会の一つです。ご都合のつく方は是非ご参加ください。
参加対象者:3.11避難者&3.11避難者に心をお寄せくださる方ならどなたでも大歓迎☆
参加費:無料 ※飲み物は各自でご用意ください 差し入れ大歓迎♪
お申込み:特に不要です。
お問合せ:sandori2014@gmail.com 
サンドリ【3.11避難者交流カフェイモニカイ】係
主催:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (略称:サンドリ)
協力:大阪市ボランティア・市民活動センター(大阪市社会福祉協議会)
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-2202.html



●6月21日(金) 関西電力本社前(「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:00頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:00 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●6月21日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●6月21日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●6月21日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&パレード



●6月21日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に!



●6月21日(金) 18:00~大阪城公園(「世界連邦平和像」前) 19:00~デモ出発
どこまでも追及!森友学園問題 怒りのデモを!第28回
主催:「森友学園」疑獄を許すな!実行委員会
連絡:FAX06-6304-8431
http://jimmin.com/events/event/どこまでも追及%ef%bc%81森友学園問題%e3%80%80怒りのデモを%ef%bc%81/



●6月21日(金) 18:30~21:00 ドーンセンター4F大会議室1(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
アベ・維新のハラスメント政治を終わらせよう 私たちはあきらめない
「フェミニズム研究のバッシングを許さない フェミ科研費裁判の目的と意義」
講師:伊田久美子さん(大阪府立大学名誉教授、認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク副理事長、フェミ科研費裁判原告)
資料代:800円(障がい者/学生400円)
主催:おんな・こどもをなめんなよ!の会
連絡先:jyoshinamenna@yahoo.co.jp



●6月21日(金) 18:30~守山駅前コミュニティホール 第1ホール(JR守山駅直結、セルバ守山3階)
市民と野党の共闘勝利!総がかり行動・しが 結成総会
滋賀県内野党のあいさつや野党統一候補の決意表明など予定
記念講演:「野党共闘のブランディング」(滋賀大学教授・中野桂さん)
呼びかけ団体:「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民の会しが」、「戦争をさせない1000人委員会・しが」、「憲法を守る滋賀共同センター」
連絡先:090-2280-1394(對月さん)、090-8821-5367(木戸さん)
https://shigaminpo.com/event.shtml



●6月21日(金) 18:25~19:55 同志社大学今出川キャンパス 至誠館(S)1番教室(地下鉄烏丸線今出川駅3番出口を出て、右手に京都御所を見ながら東へ徒歩約5分 https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/imadegawa.html
同志社大学2019年度「日朝関係史講座」 
“Small Great Power”としての朝鮮民主主義人民共和国(仮)

講師:森類臣さん(立命館大学コリア研究センター客員研究員)
参加費:無料(どなたでもご参加できます)
主催:同志社大学KOREA文化研究会
https://www.facebook.com/460572927408385/photos/pcb.1521077471357920/1521077434691257/?type=3&theater



●6月21日(金) 午後6時半~8時半 大阪府保険医協会М&Dホール(地下鉄・JR 難波下車 26-A 出口あがる https://osaka-hk.org/events/locations/mdホール)
介護保険と障害福祉サービス学習会
基調報告:きょうされん大阪支部 雨田信幸事務局長
障害福祉サービスは、低所得者は自己負担なしにサービスが利用できますが、65 歳になると「介護保険優先」 とされ、介護保険サービスに移行され、原則 1 割の自己負担が強制され、サービスも制限されるという問題が 起きています。 しかし、この「介護保険優先」を一律に適用することは違法であり許されません。2018年12月、 広島高裁岡山支部は、65歳になった障害者に対し障害福祉サービスを打ち切り、自己負担のある介護保険サ ービスを強制したことが「違法」とする判決を出しました。 この画期的な判決を学び、各自治体で、65歳になっても障害福祉サービスが自由に利用できるようにするた めにはどうすればよいのかを考える学習会です。
主催:大阪社会保障推進協議会/障連協/きょうされん大阪支部
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0621.pdf



●6月21日(金) 18:00~19:30 関西学院大学大阪梅田キャンパス10階(阪急「梅田」駅 茶屋町口から徒歩5分 https://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/index.html
一般公開講義「多言語主義・多文化共生」
第10回「日本の外国人労働者の実態と必要とされる移民政策」
講師:李洙任
参加無料
主催:関西学院大学大学院言語コミュニケーション文化研究科
受付締切日:6/14 ※定員に空きがある場合は、申込期間終了後も受付をすることがあります。
申込方法:Eメールにてお申込みください。
申込詳細:https://www.kwansei.ac.jp/g_language/event/2019/event_20190412_012801.html
お問い合わせ:関西学院大学大学院 言語コミュニケーション文化研究科
TEL: 0798-54-6180
https://www.kwansei.ac.jp/g_language/event/2019/event_20190412_012801.html



NEW
●6月21日(金) 午後6時30分~京都教育文化センター103号室(京阪神宮丸太町駅5番 http://www.kenn.co.jp/kaijo/kyo_bunk.htm
達人に聞くシリーズ3
地質の達人から命の守り方を教わろう!京都の地質から見る地震 あなたの備えは大丈夫?

お話:紺谷 吉弘さん(国土問題研究所運営理事、宇治・城陽・久御山の防災を考える市民の会事務局長)
コーディネーター:守田敏也さん(ジャーナリスト)
私たちは、防災問題が政治信条の違いを超えて力をあわせ解決すべき重要問題と位置づけ、この間、各界の方にお話を聞いてきました。「達人に聞く」シリーズとして「森の達人」「川の達人」「防災の達人」に聞く会を開いてきました。 今回、地質が専門の紺谷氏をお迎えし、突然やってくる地震にどう備えるのか、お話をお聞きします。多くのみなさんの参加を呼びかけます。
主催:左京・まちの交流ひろば 世話人 守田敏也 蒔田直子 佐々木佳継 光永敦彦 
連絡先:075−706−7265
https://www.facebook.com/events/510275466177556/



NEW
●6月21日(金) 午後6時30分~国労大阪会館(天満駅出口から徒歩約2分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/map/)
現代帝国主義論研究会第200回学習会(第29テキスト・第1回)
*テキスト 不破哲三『「資本論」のなかの未来社会論』(新日本出版社)
*学習箇所 第1篇「資本主義の『必然的没落』の法則性をつかむ」
*報告者 前田純一



■6月22日(土)(再放送) 深夜午前00:40~02:20 NHK BS1
BS1スペシャル「戦慄の記録 インパール 完全版」
「前編・こうして作戦は実行された」「日本軍は、1944年3月、連合軍の拠点があったインドのインパールの攻略を目指す。インドとミャンマーの国境地帯には川幅600メートルにも及ぶ大河や2000メートル級の山々が連なる。短期決戦をもくろんだため武器や食料の補給は度外視されていた。インパールを目指した9万の将兵を待っていたのはイギリス軍の圧倒的な戦力、そして極度の物資不足から来る“飢え”だった。
https://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2019-06-21/11/34346/3115297/



■6月22日(土)(再放送) 午前05:40~05:50 NHK総合
NHK映像ファイル あの人に会いたい「アンコール 大田昌秀(元沖縄県知事)」
大田さんは大正14年、沖縄・久米島生まれ。沖縄師範学校在学中に鉄血勤皇隊に動員され、沖縄戦を経験。九死に一生を得るが、多くの学友を失った。同期125人のうち生き残ったのはわずか37人。戦後は研究者として沖縄戦と戦後史を研究。平成2年には沖縄県知事となり、普天間基地の移設問題など、米軍基地の整理・縮小に取り組んだ。また、沖縄戦などで亡くなったすべての人々の名前を刻んだ「平和の礎」の建立に尽力した。
https://www4.nhk.or.jp/anohito/x/2019-06-22/21/28935/1995633/


脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2019年6月16日(日)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-499.html




●6月16日(日) 14:20~20:30 クレオ大阪中央(四天王寺前夕陽ヶ丘駅(地下鉄谷町線) 1・2番出口北東へ徒歩約3分 http://www.creo-osaka.or.jp/chuou/access.html
「1/10 Fukushima をきいてみる」無料上映会
伝える事の難しさを痛感しつつ昨年スタートした大阪無料上映会
今回は天王寺区に場所を変え、お昼の部に2014年度版、夜の部は最新の2018年度版をご用意しての開催となります。難しい問題の答えはありませんが、Fukushimaの事を考える機会は与えてくれる映像で、一人でも多くの方にきて・みて・きいていただければ嬉しく思います。また当日、ご都合がつかなくてもいいね、シェア(拡散)で応援いただければ嬉しく思います。
【お問い合わせ先】
yuanさん nagatsukaeiji@gmail.com 
https://www.facebook.com/events/315177905819438/



●6月16日(日)  12:00(カフェオープン)12:00~16:30 モモの家(阪急吹田駅から歩いて5分 JR吹田駅から歩いて12分 http://www.momo-family.org/?page_id=9
第一回しえんほうシネマ @モモの家
しえんほうシネマの1回目
鎌仲ひとみさんによる映像の上映と、それぞれの現場を知る守田敏也さんのお話、そして会場に集まるみなさんとゆっくり語らう時間をとりたいと思います。おいしくてやさしいカフェや、安全安心なお野菜の販売もあります。
参加費:2000円+カンパ 学生以下 無料
福島第一原発事故からの避難者さん 1000円
(カンパは「しえんほうシネマ」の運営費になります)
【お問合せ・申し込み先】
まつむらしほ sihomura@gmail.com 080-1522-9817
※お申込みがなくても、参加できます。
https://happy.ap.teacup.com/applet/momonoie/msgcate15/archive



●6月16日(日) 13時半開始~16時頃 京都大学吉田キャンパス吉田南構内 総合人間学部棟 1102教室(「出町柳」駅から徒歩15分 「神宮丸太町」駅から徒歩10分 市バス:201号、206号系統ほか「京大正門前」バス停下車)
アジェンダ・プロジェクト京都 学習講演会
<原発事故で失った「豊かな暮らし」~福島県浪江町から避難して~>

お話:菅野みずえさん(福島県浪江町から兵庫県三木市に避難)
今年の1月末、浪江町から兵庫県三木市に避難されている菅野みずえさんの、浪江町の帰還困難区域にあるご自宅を訪ねました。みずえさんのご自宅は、築180年の大きな木造の家で、かつては畑もする穏やかな「豊かな」暮らしでした。しかし一生懸命改築をしたわずか8か月後に原発事故が起き、みずえさんは事故直後の2011年3月15日、地震で道路も破壊されている中で、強制避難を強いられました。
事故から8年たった今でも、みずえさんが自宅に帰るには、被ばくを覚悟し、防護服を着て、スクリーニングも受けなければなりません。
「突然暮らしを奪われる」ことがどういうことなのか。あれほどの事故の後で、原発が運転を続けていて、私たちはどうしていったらいいのか。みずえさんのお話を聞いて、みんなで考えてみませんか?
※講演会終了後、交流会を行います。(別途200円 お茶お菓子付)
資料代: 一般 700円 学生・高校生以下 無料(共催団体各種会員、生活困窮者等 500円)
主催:アジェンダ・プロジェクト京都
共催:京都大学社会科学研究会 ピース☆ナビ 市民環境研究所
連絡先:TEL: 075-822-5035 agenda@tc4.so-net.ne.jp
https://www.facebook.com/events/1987696138019914/



●6月16日(日) 2時~(※第12回総会:2字~2時15分)エル大阪視聴覚室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
「とめよう改憲!おおさかネットワーク」第12回年次総会&公開講演会
大軍拡は、戦争への道!~武器の爆買いより暮らしにまわせ~

「自衛隊の“災害救助”から憲法を考える」
講師:島本慈子(しまもと・やすこ)さん
プロフィール:ジャーナリスト。1951年大阪生まれ。雑誌編集部を経て、2001年フリーに。著書に「倒壊-大震災で住宅ローンはどうなったか」(筑摩書房)「ルポ 解雇」「戦争で死ぬ、ということ」(岩波新書)など多数
資料代:800円(学生半額・介助者無料)
主催:とめよう改憲!おおさかネットワーク
https://www.facebook.com/events/535086227021212/



●6月16日(日) 14時~17時 あすてっぷKOBEセミナー室1(JR神戸駅北へ7分 http://www.city.kobe.lg.jp/life/community/cooperation/asuteppu/
兵庫県弁護士9条の会第14回定期総会記念講演(公開講演)
「辺野古新基地建設は頓挫する!(仮題)」

講師:北上田毅さん(土木技師・沖縄平和市民連絡会)
先般の沖縄県民投票では、辺野古新基地建設反対の圧倒的な民意が示されたにもかかわらず、安倍政権は遮二無二建設工事を進めようとしています。しかし基地の予定地には、政府がひた隠す基地建設工事を阻む「不都合な真実」がありました。それを突き止めたのが北上田さんです。北上田さんの作成した軟弱地盤の図表は、国会での政府に対する追及にも利用されました。
どうして「軟弱地盤」がわかったか? なぜ新基地建設は頓挫するのか? このまま工事を進めるとどうなるか? 
土木技術者でもあり、辺野古の海上抗議行動でも活躍されている北上田さんに分かりやすく解説してもらいます。ふるってご参加下さい。
・14:00~16:00 記念講演
・16:00~議案討議
・17:10~懇親会(懇親会費:6000円)
参加協力費:500円 記念講演はどなたでも参加できます。
要申し込み:6月10日までにお名前、連絡先を下記までFAXしてください。←市民デモhyogoより FAXしなくても入れるとのこと。後日の情報です。
FAX:078-361-9990
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=677395796038572&id=151588621952628&__xts__


●6月16日(日) 2時~エル大阪・6階大会議室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
2019年【グループZAZA・連続講座】
今、国家とは何かを問う―沖縄、そして釜ヶ崎

【グループZAZA・連続講座】において考えたいこと・・・
(遠藤比呂通弁護士から頂いたメッセージです)
連続講座においてグループZAZAの先生方とともに考えたいのは、「国家とは何か」という問い掛けについてです。辺野古において国は沖縄県民の存在を無視し、沖縄を「ただの領土としか考えていない」のではないかというのが、2018年8月に逝去した翁長知事の怒りでした。 
一人翁長知事だけでなく、国歌と国旗に対峙せざるをえなかったグループZAZAの先生方もまた、入学式・卒業式の場で、日の丸・君が代を押しつけられる生徒の存在が全く無視されているのではないかと問わざるを得なかった教師であったはずです。
第1講では、国家とは、政治部門や裁判所などの国家機関、教育委員会、学校管理職などの権力のことだけをいうのではなく、法秩序の正当性を支える個々人の良心、特に時の権力に反対する市民の抵抗もまた、不可欠の重要部分であることを確認します。
☆遠藤比呂通弁護士の紹介:遠藤比呂通(ひろみち)弁護士は1960年生まれ。東京大学法学部助手、東北大学法学部助教授を経て、1998年から西成で法律事務所を開設されています。『希望への権利―釜が崎で憲法を生きる』(岩波書店、2013年)、『人権という幻―対話と尊厳の憲法学』(勁草書房、2011年)、『市民と憲法訴訟』(信山社、2007年)、『自由とは何か』(日本評論社、1993年)等の著書があります。
資料代:\500
http://www.labornetjp.org/EventItem/1556445930276matuzawa



●6月16日(日) 13:30~16:00 エル大阪501号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
「職場のセクハラ、どうする?どうなる?どうしたい?」※女性限定の企画です。
コーディネーター:笠井弘子さん(きょうとユニオン委員長、働く女性の権利センター・いこ☆る運営委員)
#MeToo運動がひろがっています。性暴力被害者である伊藤詩織さんへの理不尽な名誉棄損提訴に対して怒りと支援輪が広がっています。しかし一方で、加害者への無罪判決が相次いでいて、司法は何を裁いているのか、疑問の声が寄せられています。今年はILOで「仕事の世界における暴力とハラスメントを禁止する条約」がいよいよ成立に向かいます。日本で、実効あるセクハラ禁止規定のある法律改正を求めていかなくてはなりません。
私たちが取り組んだセクハラ事件裁判が解決して2年。女性が働きやすい職場をみんなで作るために、いろいろ話し合うつどいを計画しました。
そもそも、なんでセクハラってなくならないの?なくせるの?どんな職場つくりたいの?いろんな角度から考えてみたいと思います。現実、その原因、解決の方向など、木になぞらえて話し合うワークショップで意見を出し合いましょう。心につまってること、いっぱい話してみて、少し前に進めるかもしれませんね。気軽に参加してください。お待ちしています。
主催:なかまユニオン・セクシャルハラスメントNO!プロジェクト
連絡先:06-6242-8130
http://cache.yahoofs.jp/search/cache?c=nJF11iOs6fsJ&p=%E3%80%8C%E8%81%B7%E5%A0%B4%E3%81%AE%E3%82%BB%E3%82%AF%E3%83%8F%E3%83%A9%E3%80%81%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%99%E3%82%8B%EF%BC%9F%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%AA%E3%82%8B%EF%BC%9F%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%84%EF%BC%9F%E3%80%8D+%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%EF%BC%9A%E7%AC%A0%E4%BA%95%E5%BC%98%E5%AD%90%E3%81%95%E3%82%93%EF%BC%88%E3%81%8D%E3%82%87%E3%81%86%E3%81%A8%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%82%AA%E3%83%B3%E5%A7%94%E5%93%A1%E9%95%B7%E3%80%81%E5%83%8D%E3%81%8F%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%81%AE%E6%A8%A9%E5%88%A9%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%81%84%E3%81%93%E2%98%86%E3%82%8B%E9%81%8B%E5%96%B6%E5%A7%94%E5%93%A1%EF%BC%89+%E4%B8%BB%E5%82%AC%EF%BC%9A%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%BE%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88NO%EF%BC%81%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88&u=www.nakama-union.org%2F%3Fp%3D1661



■6月16日(日) 午後10:00~11:50 NHK BS1
BS1スペシャル「北朝鮮への“帰国事業”知られざる外交戦・60年後の告白」
1959年、北朝鮮への帰国事業はどのように始まったのか。世界各国の機密文書が開示され、舞台裏で、日朝両政府だけでなく、冷戦下の米ソ、韓国がし烈な外交戦を繰り広げていたことが明らかになった。いま、脱北した在日コリアンや日本人妻が重い口を開き始めている。これまで「つらい状況にあった」と語られてきた北朝鮮での生活が時の政策や国際情勢に翻弄され続けてきた事実が浮かび上がってきた。帰国事業の真相に迫る。
https://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2019-06-16/11/24619/3115630/


脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2019年6月15日(土)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報


『ニジノキセキ』
見つけた。七番目の光―。 「4.24」を知っていますか?
「4.24」とは何だったのか? 「4.24」の精神とは何なのか?――その答えを見つけるために、兵庫県青商会が企画・制作したドキュメンタリー映画「ニジノキセキ」。カメラを手にとった時には想像もしなかった困難と新時代の流れに直面しながら「ウリハッキョ」という「キセキ」を更に輝かせようと闘い続けた同胞たちは未来に何を見たのか?そして大きく育っていく学生たちの姿に誰もが希望という言葉を口にするのは何故か?70年の時を超え、「ウリハッキョ」のおかれた現状を伝えるとともに、何より、七色に輝く「ウリハッキョ」の「いま」を、未来へ、世界へ向けて届けます。
・「ウリハッキョ(朝鮮学校)」、「4.24阪神教育闘争」とは?
1945年8月、日本の敗戦とともに植民地支配からの解放を迎えた在日朝鮮人たちが、奪われた言葉と歴史、文化を子どもたちに教えるため、各地で開校した「国語(朝鮮語)講習所」をルーツとし、現在では幼稚園から大学までの教育体系を備え、日本全国に65講設置されている朝鮮学校。親しみを込めて「ウリハッキョ(私たちの学校)」と呼ばれる一方で、常に日本社会の差別と弾圧、そしてたたかいの歴史を歩んできた。1948年、GHQと日本政府は朝鮮人学校閉鎖令とともに警官隊による閉鎖を全国で強行。特に2名の死者まで出した阪神地域での激しい学校閉鎖反対・権利擁護闘争において、神戸市では閉鎖令を撤回する勝利を収める。その日が4月24日であったことから、在日朝鮮人はこの「4.24(サイサ)阪神教育闘争」を、民族教育を守る歴史と精神の象徴として継承し続けている。
●6/1~第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
6/15~6/21 18:35(~20:05終)
http://www.nanagei.com/movie/data/1357.html



『主戦場』The Main Battleground of the Comfort Women Issue
ようこそ、 「慰安婦問題」論争の渦中 バトルグラウンド へ
ひっくり返るのは歴史か それともあなたの常識か
あなたが「ネトウヨ」でもない限り、彼らをひどく憤らせた日系アメリカ人YouTuber のミキ・デザキを、おそらくご存知ないだろう。ネトウヨからの度重なる脅迫にも臆せず、彼らの主張にむしろ好奇心を掻き立てられたデザキは、日本人の多くが「もう蒸し返して欲しくない」と感じている慰安婦問題の渦中に自ら飛び込んでいった。
慰安婦たちは「性奴隷」だったのか?「強制連行」は本当にあったのか? なぜ元慰安婦たちの証言はブレるのか? そして、日本政府の謝罪と法的責任とは……?
次々と浮上する疑問を胸にデザキは、櫻井よしこ(ジャーナリスト)、ケント・ギルバート(弁護士/タレント)、渡辺美奈(「女たちの戦争と平和資料館」事務局長)、吉見義明(歴史学者)など、日・米・韓のこの論争の中心人物たちを訪ね回った。さらに、おびただしい量のニュース映像と記事の検証と分析を織り込み、イデオロギー的にも対立する主張の数々を小気味よく反証させ合いながら、精緻かつスタイリッシュに一本のドキュメンタリーに凝縮していく。そうして完成したのが、映画監督ミキ・デザキのこの驚くべきデビュー作、『主戦場』だ。
映画はこれまで信じられてきたいくつかの「物語」にメスを入れ、いまだ燻り続ける論争の裏に隠された“あるカラクリ”を明らかにしていくのだが..それは、本作が必見である理由のごくごく一部に過ぎない。
さて、主戦場へようこそ。
●4/27~第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
6/15(土)
 13:35(~15:42終)シアターセブン(5階)
 16:05(~18:15終)第七藝術劇場(6階)
6/16(日)~18(火)
 13:35(~15:42終)シアターセブン(5階)
 16:05(~18:15終)第七藝術劇場(6階)
 19:25(~21:32終)シアターセブン(5階)
6/19(水)~21(金)
 13:35(~15:42終)シアターセブン(5階)
 16:05(~18:15終)第七藝術劇場(6階)
http://www.nanagei.com/movie/data/1341.html



『誰がために憲法はある』
芸人・松元ヒロの一人語り「憲法くん」を演じる
名優・渡辺美佐子の鎮魂の旅
「憲法くん」とは、井上ひさし、永六輔、立川談志も絶賛したお笑い芸人・松元ヒロが20年以上、日本国憲法の大切さを伝えるためユーモラスに演じ続けている一人語りである。「憲法くん」はこう言う。「わたしというのは、戦争が終わった後、こんなに恐ろしくて悲しいことは、二度とあってはならない、という思いから生まれた、理想だったのではありませんか」。そして、「わたしの初心、わたしの魂は、憲法の前文に書かれています」と憲法前文を一気に暗唱する。憲法に対する深い愛と洞察が込められたこの「憲法くん」を語るのは、「戦争を知る世代として、再び戦争の悲劇がこの国に起こらないように、この役を魂を込めて演じました」という、今年87歳になる名優・渡辺美佐子。文字で読む憲法と違い、本作で朗読される日本国憲法前文は、心の奥深くに突き刺さる。
原爆朗読劇を続けるベテラン女優陣が語る戦後、未来へ託す思いとは――
渡辺美佐子は初恋の人を疎開先の広島の原爆で亡くしたことを戦後35年目の1980年になって知った。彼の死を知った渡辺は中心メンバーとなり、現在まで33年間、鎮魂の想いを込めてベテラン女優たちと原爆朗読劇の公演を続け全国各地を回っている。しかし、その朗読劇は今年で幕を閉じる。本作では渡辺をはじめ、女優たちがこの活動を通じて抱くそれぞれの思いを映し出す。
監督は『大地を受け継ぐ』(2015)で原発事故により汚染された土地で農作物を作り続ける農家と、そこを訪れる学生たちの姿を真摯に見つめたドキュメンタリーを手掛けた井上淳一。同作でもタッグを組んだ弁護士の馬奈木厳太郎とともに、「憲法とは何か?なぜできたのか?」という原点を見つめ直すことができる作品を完成させた。子どもから大人まですべての人が日本国憲法について考えるきっかけを与えてくれる必見のドキュメンタリー!
●4/27~シアターセブン (阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
6/15(土) 休映
6/16(日) 12:00(~13:14終)
6/17(月)~21(金) 休映
6/22(土)~24(月) 13:30(~14:44終)
6/25(火)・26(水) 11:00(~12:14終)
6/27(木)・28(金) 13:30(~14:44終)
http://www.theater-seven.com/2019/mv_s0068.html



『武蔵野』~江戸の循環農業が息づく~
森を育み、森に生かされ、森と歩む
どんなに時代が変わっても、変えてはならないことがある
「日本農業遺産」の農村の輝きを、映像美と共に伝えるドキュメンタリー映画
埼玉県南西部に日本最大の平地林がある。大都市近郊にこれほど広大な平地林が残されている場所は世界中でも他にはない。ここは360年程前の江戸時代、農家が木を植え、先祖代々手入れを続け、落ち葉を集めて堆肥を作り、毎年畑に施して、やせた原野を肥沃な大地に生まれ変わらせた江戸の開拓村。世界中の土を調査した土壌学者も目を見張る優れた畑の土で、森にはたくさんの生物が生息し、四季折々、美しい景観が人々を和ませる。
しかし首都圏に近いため、開発の波が押し寄せ、徐々に姿を消しつつある。そんな中、貴重な平地林を未来につなげたいと、市民が農家の応援に駆け付ける。工芸作家たちも間伐材で家具や日用雑貨を製作して森の価値を発信している。
毎年変わることなく繰り返されてきた森の恵みを活かす伝統の循環農法こそ持続可能な農業だと、若い後継者たちも積極的に取り組む。その価値が認められ、大都市圏で唯一、日本農業遺産に認定された。
●6/15~6/21 12:00(~13:55終) 第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
http://www.nanagei.com/movie/data/1247.html



●6月15日(土) 14:00~神内(こうない)かんなび公園(阪急京都線「上牧」駅から、歩いてすぐ ※当日は、駅に案内人が立ちます。) 14:40~パレード出発
関電八木会長 原発やめて下さいパレード
呼びかけ:原発ゼロ 上牧行動 脱原発高槻アクション とめよう原発!!関西ネットワーク
http://chikakos.sakura.ne.jp/sblo_files/chikakos/image/parade190615yellow.png



●6月15日(土) 14:00~大商連会館(地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造駅」徒歩5分 大阪市中央区玉造2-28-4(エレベータ無)06-6768-3065 )
ノーモア・ヒバクシャ近畿訴訟全面勝利めざすつどい
《記念講演》『始まりは京都原爆症小西訴訟・・私達が得た成果と今後の課題』 
講師:弁護士 久米弘子さん(ノーモア・ヒバクシャ近畿訴訟弁護団)
特別報告「核兵器のない世界へ~被爆者の想い」
報告者:森 容香さん(枚方市原爆被害者の会会長)
~文化行事~ 島唄を平和の力に
島唄文化を考える会 牧 志徳さん・奥ちひろさん 
参加費無料
共催:ノーモア・ヒバクシャ訴訟近畿弁護団 ノーモア・ヒバクシャ訴訟支援近畿連絡会
連絡先:
原爆訴訟支援ネット・兵庫 電話078-393-1801 FAX078-393-1802
原爆訴訟を支援する大阪の会 電話06-6765-2552 FAX06-6765-2837
京都原爆訴訟支援ネット 電話075-811-3203 FAX075-811-3213
http://www.osk-gensuikyo.jp/down-data/news/1905-903.pdf



●6月15日(土) 午後6時~8時15分 クロスパル高槻3F第1会議室(JR高槻駅中央改札口を右へ出て京都方面線路沿い http://loco.yahoo.co.jp/place/g-6msUDgCskbU/)
8年たったいま、もう一度考えよう!~ 保養のこれまでとこれから ~
お話:宇野田陽子さん(「ゆっくりすっぺ in 関西」代表)
あの2011年3・11東日本大震災?福島第1原発大事故から8年がたちました。直後から、原発事故被災地に住む子どもたちを被ばくの危険から少しでも守るために、全国各地で市民の手による「保養キャンプ」が始まり、その多くはいまも続けられています。8年経って、「福島は復興している」「放射能の心配はなくなった」といわれ、不安を語ることや賠償を求めることを「わがまま」という人たちもいます。
しかし震災と原発事故の被害を受けた地域の人々に出会うと、今もさまざまな問題が山積していることに気づかされます。こうした状況を、どうとらえたらよいのでしょうか。福島で起きていることは、日本全体に広がっている格差や差別、排除の風潮とも関係がありそうです。8年たった今だからこそ、そのような視点から福島について、またこれからの「保養」の意味と役割について語り合いませんか?これまで保養に関わってこられた方はもちろん、「保養って…?」という方も大歓迎です!
主催:たかつき保養キャンププロジェクト
http://takatsukicamp.blog.fc2.com/blog-category-13.html



●6月15日(土)※毎月第3土曜日 13時~14時30分 大阪弁護士会館 904号室(京阪「なにわ橋駅」出口1徒歩約5分 地下鉄・京阪「淀屋橋駅」1号出口から徒歩約10分 地下鉄・京阪「北浜駅」26号階段から徒歩約7分 http://www.osakaben.or.jp/06-access/) (このあと、情報共有、原告定例会、サポーター事務局会議があります)
KANSAIサポーターズ訴訟学習会
今回のテーマ「水俣病裁判から学ぶ ~すべての被害者救済を求めて~」
今回は、水俣病裁判闘争について、関西訴訟弁護団であり、ノーモア・ミナマタ第2次訴訟弁護団でもある 中島宏治先生に お話を伺います。国の間違った政策や企業の利益重視主義から、日本でも大きな公害被害があった歴史があります。ふつうに暮らしていた人たちが、そのような被害を受けたとき、どのようにして被害救済を求めて闘ったか・・・そこには私たちの原発賠償訴訟にも共通するものがあります。
参加費:原告の方々や避難者の方 無料
サポーター(テキスト代として)200円
ご予約・お問合せ:kansaisapo☆gmail.com (←☆を@に置き換えて下さい)
上記に参加者される方の氏名をお書きの上、お申込みください。
当日の連絡先 → 070-5658-9566
https://www.facebook.com/kansaisupporters/photos/a.255562091272675/1277259885769552/?type=3&theater



※ネットで確認できません。
●6月15日(土) 13:30~15:30 東神戸診療所4F(三宮駅東へ徒歩約15分 http://higashikobe.org/index.html
郷地秀夫先生「内部被ばくを理解できる放射線障害の基礎講座 第6回」
(基礎講座第5回からの報告)
74年前に長崎原爆で死亡した人の臓器から、今も放射線が出ている
内部被曝の画期的研究として、 長崎大学の 七條和子氏らによる約 10 年にわたる研論文を紹介されました。 6人の被爆者の解剖・臓器標本(戦後すぐに米国 が持ち帰ったが 1 973 年に返還された) 2 12 個に 3 ,570 本のα線が確認されました。放射性粒子は、爆心地の近くにも大量に降り注ぎ、全臓器に沈着しました。 膀胱、前立腺、肝臓、骨、気管支軟骨、肺に沈着した Pu239 のα線 の軌跡を、スライドで見ました。原爆は、悪魔の兵器で 。郷地秀夫医師は、 長年原爆症認定集団訴訟、 被爆二世の健康診断、兵庫県下の福島原発事故被災者検診、診療に関わってこられました 。郷地秀夫医師による 「放射線障害」の連続講座です。どなたでも気軽にご参加ください。
・15:30~16:30 交流会
資料代:300 円
連絡先:中村典子 TEL 090 7759 5964
Email michikobe6 gmail.com
主催:兵庫県被爆二世の会



●6月15日(土) 午後1時半集合 伏見港公園(京阪中書島駅下車、徒歩3分)2時~パレードスタート
ふしみ原発ゼロパレード
コース:伏見港公園→中書島駅→龍馬通商店街→納屋町商店街→大手筋→御香宮
状況からすると15日にはやっぱり近畿も梅雨入りしているらしいので、これまた例年恒例になりつつありますが、レイングッズでのアピール大歓迎ということで。カエルさんもウェルカムよぉ???
小雨決行。ふつうの雨でも歩きます(濡れるのイヤな方は商店街のアーケード参加という選択がおススメ)。荒天時は中止(^^)。でも、やっぱり晴れの下で歩くのが一番いいな。(ワガママですか?)
連絡先:京都南法律事務所
http://nonukesfushimi.blog.fc2.com/blog-entry-377.html



※ネットで確認できません。
●6月15日(土) 11時~12時11分 コープイン京都(地下鉄四条駅 京都市中京区柳馬場蛸薬師上ル Tel075-256-6600)
第8回 反原発を語る会
・11:00~12:00 映画『モルゲン、明日』上映(坂田雅子 監督・撮影)
 主催:京都 避難・移住の会 環境問題研究会 現代医学研究所(090-4034-5381)
 参加費:500円
・14:00~15:30 講演会「フクシマ核事故から考えた事」
 講師:山崎知行氏
・15:30~16:30 質疑応答 討論 他
山崎知行先生は和歌山県で内科、小児科等の医院を開業している方です。学生時代より岩村先生の門下で、ネパールetc.で医療支援活動をして来た方です。チェルノブイリ事故後は4回現地を訪問し調査に当たられると共に、福島にも度々訪問調査をしているそうです。今回は「フクシマ核事故から考えた事」というテーマで話題提供していただき討論していただきたいと思います。日本では私達の反原発運動にも拘わらず行政的には脱原発の動きすら出ていません。最近になって政府はテロ対策が不充分と指摘されて、あわてている状態です。私達の運動が何故もり上らないのか、なぜ行政や政治を動かせないのか等々について考えてみたいと思っております。
・17:30~19:30 パーテイ 川合 仁氏主催
※川合先生のご厚意で午後の講演、夜のパーティーは無料です。準備の都合上、どの部(映画、講演、パーティー)に参加されるかをメールで連絡いただけるとありがたいです(もちろん飛び入り参加も大歓迎です)。



●6月15日(土) 14:30~上映 かぜのね(京阪・叡電「出町柳駅」出口⑥より徒歩1分 https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260302/26013319/dtlmap/)
【1/10 Fukushima をきいてみる 2013年度版】京都上映会
今年も上映会、します!昨年、10月に大阪(2017年度版)、京都(2013年度版と2017年度版)で上映しました。
あれからよく思います。故郷って何なんだろう、と。ただ生まれた場所というだけではない。日々の自分の形をつくる、小さい、細かい粒がぎゅっと集まって存在する場所。
でも、あの日あの時、あってはならない事が起こり、あってはならない状況にされてしまった故郷があって。大好きな人たちと、離れる覚悟をした人たち、大好きな人たちとの時間を守るため、とどまることを決めた人たちがいて。たくさん人がいなくなって、見慣れた景色はほとんどなくなって。2020年を目指す復興は、どんなカタチをしているのだろう。そのとき、人々はどんな故郷を見るのか。どんなことを思うのか。
被災者や避難者の人数とか、賠償金の金額とか、偉い学者の話すこととか、そういうのだけではなく話し手さんたちのひとつひとつの言葉、息づかい、視線の先に、大事なものの存在があることを感じてほしい。と、思うのです。
この映画の上映会には、必ず監督が登壇し、映画への想いを語ります。監督もとても素敵な方です。ぜひ、上映後の感想のシェア会にもご参加ください。
参加費:カンパ込みとして、1ドリンク1,000円いただきます。
連絡先:義岡翼(かぜのねには問い合わせないでください)
Tel 080-1472-3763 メール cha-5-mon@docomo.ne.jp
翌日6/16は、ヤンさんが大阪で2014年度版、2018年度版を上映します!
https://www.facebook.com/events/315177905819438/?ti=cl
***映画公式サイトより抜粋***
東京で生活する人は、いま何が福島で起きているのかを知りません。
情報は断絶され、『順調に復興が進んでいます』という耳当たりのいいお知らせしか届かないからです。インターネットや報道番組に頼らず、足を使って話を聞きに行けば、伝えられない現実が見えてくるはず。「除染の『常識』って?」「子育ての不安って?」「帰還困難って?」。。。
このドキュメンタリーは、福島の現在を知りたいと思う福島県出身の女優・佐藤みゆきの素直な思いに焦点を当てながら、実際に佐藤が出会い、見て、触れて、知る様々な出来事を、会話形式で綴るドキュメンタリー映画です。10年間で辿る福島の変化を、取材を積み重ねながら見守る予定です。
ドキュメンタリーを通して佐藤とともに福島の現状を観客に伝え、「本当の復興とは何か」を考えてもらうきっかけとしたいと思います。
https://www.facebook.com/events/331767874197464/



●6月15日(土) 14:00~神戸三宮・東遊園地(三宮・花時計前駅C8出口から徒歩約3分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-bDhEbP1TmB2/?utm_source=dd_spot)~三宮センター街
「共謀罪法に反対する」街頭パレード
※雨天決行
主催:兵庫県弁護士会
http://jimmin.com/events/event/いわゆる共謀罪法に反対する街頭パレード-2/



●6月15日(土) 16:30~大阪市大正区民ホール(バス停「大正区役所前」すぐ https://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016616.html
玉城デニー沖縄県知事と語る会
 ~誇りある豊かさ、沖縄を!~

会 費:3000円(パーティー形式)
呼びかけ:大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良 沖縄県人会 玉城デニーを励ます会・近畿
http://kakukyodo.jp/shukai.htm
http://jimmin.com/events/event/玉城デニー沖縄県知事と語る会/



●6月15日(土) 14時~滋賀弁護士会館(JR大津駅より徒歩1分 http://www.shigaben.or.jp/about/access.html)
2019沖縄連帯県民のつどい
衆議院沖縄3区補選でオール沖縄の屋良朝博氏が初当選。三度のNOの審判を下した県民の大勝利です。「辺野古に新基地をつくらせない」という沖縄県民の決意に応えて、滋賀で連帯の闘いを大きく発展させましょう。
「辺野古新基地は止められる」
お話し:真栄里 保さん(沖縄統一連幹事・豊見城市会議員)
主催:革新の会しが、安保破棄滋賀県実行委員会
連絡先:FAX 077-543-5204
https://blog.goo.ne.jp/uo4/e/eff7856a9b9dc207f09c8c1001852a26



●6月15日(土) 11時~12時半 堺市立東図書館(南海高野線北野田駅、アミナス4階 https://iko-yo.net/facilities/549
沖縄の慰霊の日を考える幻燈上映会
沖縄戦の歴史の跡を雄弁に物語る戦争遺構をスライドで見る
講師:柴田正己
参加無料
主催:明治建築研究会(090-4289-1492)
http://www.kinyobi.co.jp/event/20190607_002822.php



●6月15日(土) 15時30分~(毎週土曜日)JR大阪駅南バスターミナル
「辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動」
辺野古の海が埋め立てられないように活動しています。
お時間の許す範囲で、少しでも皆様のご参加お待ちしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/henoko_osaka



●6月15日(土) 13:00~14:00 神戸マルイ前
HENOKO NO! 沖縄に基地はいらない 
   辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動

沖縄県民に対する不正を止めるために、共に声を上げて下さい。
ツイター・FaceBookで情報発信中{辺野古・神戸}で検索して下さい。
土曜の午後はいつもの時間、いつもの場所で、はじめての方、ちょっとだけ参加、見学、大歓迎。
https://twitter.com/kobekodo/



●6月15日(土) 17:00~18:30ごろ 京都市 三条河原町交差点(三条河原町商店街のアーケード前スペース)
沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、
     普天間基地の撤去を求める京都行動

アピール、チラシ配り、新基地建設に反対する署名集めなどなどhttp://kyoto-action.jugem.jp/?pid=1
https://twitter.com/ALALALED/status/551165696185344000



●6月15日(土)(毎週土曜日) 13:30~14:30 大阪府警本部前(谷町四丁目5分 http://www.police.pref.osaka.jp/15topics/fukei_map_1.html
労働組合つぶしの大弾圧を許さない 大阪府警本部前抗議行動
主催:労働組合つぶしの大弾圧を許さない実行委員会



●6月15日(土)(毎週土曜日) 10:30~大津警察署前(JR・京阪膳所駅前下車、琵琶湖に向かい徒歩10分国道に出たら左へ http://www.pref.shiga.lg.jp/map/kurashi/34.html
労働組合つぶしの大弾圧を許さない 大津警察署前抗議行動
40分抗議、その後oh!me(西武)前で市民向け宣伝正午終了
主催:労働組合つぶしの大弾圧に反対する実行委員会
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=643923079362743&id=100012351695780



●6月15日(土) 18:30~20:30 高槻市立総合市民交流センター(クロスパル高槻)4階第4会議室(JR高槻駅中央改札口を右へ出て京都方面線路沿い http://loco.yahoo.co.jp/place/g-6msUDgCskbU/)
より良い教科書の採択を!夢や希望をかなえる教科書で学んでほしい
講師:相可文代さん(元中学校社会科教員、こどもたちに渡すな!あぶない教科書大阪の会)
資料代:400円 
主催:教科書問題を考える会・高槻
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0615-2.pdf



●6月15日(土) 11:00~12:00 JR弁天町中央大通ガード下
カジノ誘致反対!夢洲・カジノ街宣行動!
夢洲開発の問題、カジノ誘致に反対する街頭宣伝・署名行動です。
行動 ビラ配布・カジノ反対署名・マイク宣伝
主催:どないする大阪の未来ネット
https://www.facebook.com/donaisuruosakanet/photos/a.1302906303121613/2312523178826582/



●6月15日(土) 14時開演~16時半 茨木市立男女共生センター(ローズWAM ワムホール)(阪急茨木市駅西へ約500メートル JR茨木駅東へ約800メートル http://www.city.ibaraki.osaka.jp/shisetsu/siyakusyo/wam_s.html )
フクシマ・オキナワとつながる希望のミュージカルコメディ
『ガマ人間あらわる』茨木公演

3年にわたる福島・沖縄現地取材と交流の中から生み出された「月桃の花」歌舞団の最新作、『ガマ人間あらわる』。
原発、戦争、労働破壊・・・命の使い捨て社会を笑い飛ばす希望のミュージカルコメディです。
チケット:前売:高校生以下500円 25歳以下・障がい者・非正規1000円 一般2000円(当日料金は各500円増しです。) 原発事故避難者の方は前売・当日とも500円
前売りチケット予約ご希望の方は、下記まで連絡ください。
tel:080-3113-2304(山本) または、06-6885-8475(「月桃の花」歌舞団)
Mail:info@gkabudan.jp
【オープニング】
エイサー(「月桃の花」歌舞団)
【どんなミュージカル?】
北のシマで生まれ育った島野のぞみ(24)は東京で働く座間味素直(29)と遠距離恋愛中だ。某年3月11日のぞみは妊娠に気づく。同じ日「このシマ電力第一原発」が爆発事故を起こし放射能をまき散らす。逃げた先の南のシマの素直の実家には、東京の「追い出し部屋」からの避難者だという安倍剛が場違いなスーツ姿で座っていて・・・。次々に二人を襲う試練。そこに、希望はあるか?原発、戦争、労働破壊…命を脅かすできごとに心を痛める人へ、希望のある未来を探す人へ、この時代を生きるすべての人へ贈ります!!ガマワールドへ、ようこそ!!
【福島・沖縄公演での参加者の感想】
・「生きる」ということが大切なんだなと実感しました。(福島 15歳)
・福島県民として むずかしいテーマと思いながらも避けては通れない現実を見つめ、未来に向かって生活していかなければと思います。(福島)
・福島と沖縄を結ぶ共通の怒りを舞台にぶつけたと思いました。演奏も効果的でした。(沖縄)
「フクシマ・オキナワとつながるミュージカルコメディ ガマ人間あらわる」の詳細はこちらをご覧ください。
http://gkabudan.jp/musical/musical_tour2018/#20180512_fukushima
これまで「ガマ人間あらわる」を取り上げた新聞の一部をUPしました。
http://gkabudan.jp/musical/media/
主催:憲法いかそう茨木市民の会「月桃の花」歌舞団
https://www.facebook.com/kansaisupporters/posts/1280412298787644?__xts__[0]=68.ARBGu_xEbxzFU_PbfOKPYBhv3_5hqi47KYz5mqmZn4DIgKoVTJ-KCXGVBhQdyGibjPRRhlf8xdlXamQhxSrHjDhwTI-yJo_naGxsok9x-ttuAmJuok2IvNwKiBLzNosps6qV2bnS45R0xpcf4x7nEcPgncv3i7bgmlKkIHwiRVTSGdi9D0TOqcpWEi4e4vBL5RThpdnUXzkucI_ju0_HIRJbL5xsReTPvEa5dtIO2bT1ajS06uZj7faUGEHDyND-zl3HBqtGnBN_sNeknKQEdk92TTQYR6EM-UsUPuqNjg7VROFOrLoW3sCCRPcaAxK4PFMechl1LwCCxYiBt9A9-Ij5sg&__tn__=-R



●6月15日(土) 15:15~18:30 キャンパスプラザ京都4階 第3講義室(ビックカメラ前、JR京都駅ビル駐車場西側 http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access
JCLU(自由人権協会)京都2019年度総会記念講演
『愛と法』上映&講演会『同性婚から考える、いろんな家族、カラフルな社会』

講師:弁護士 南和行さん(大阪弁護士会)
映画『愛と法』は、大阪の下町で法律事務所を営む弁護士夫夫である、カズとフミという二人の弁護士のカラフルな日常を描いたドキュメンタリーです。上映後、南和行弁護士(カズ)による講演会を開催します。たくさんの方のご参加をお待ちしております! どなたでもご参加いただけます。会場後方はお子様同伴可です。映画『愛と法』については、こちらをご覧ください。
映画公式サイト:http://aitohou-movie.com/
料金:1000円(JCLU京都会員、学生、司法修習生、第71期の法曹士は無料)
主催:自由人権協会京都
お申し込みはグーグルフォームにてお願いします。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfTEPcF9LnyHv3dlw24iKoKJosAcVp62Yhi-OjNTTkXyGbpNw/viewform
https://jclu-kyoto.jimdofree.com/20190510/

(6/12更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2019年6月10日(月)~14日(金)

★6/12追加情報
●6月13日(木) 19:00~北区民センター(地下鉄堺筋線「扇町」/JR環状線「天満」)
テ-マ「社会を変える! を考える。~政治から日本の歴史と未来を読む~」
東京新聞記者 望月衣塑子 × 思想家 内田樹 × 大阪日日新聞記者 相澤冬樹トーク&サイン会

●6月14日(金) 19:00~21:00 キャンパスプラザ京都第2講義室(JR京都駅ビル駐車場西側)
暮らしたい社会を描くレッスンスペシャル「政治を暮らしに引き戻そう~取り戻したいのは食、水、命~」


【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-496.html




■6月10日(月)(再放送) 午後11:45~00:45 NHK BSプレミアム
アナザーストーリーズ「大統領候補が消えた!~金大中拉致“スパイ”たちの攻防」
韓国の大統領候補だった金大中。東京でこつ然と姿を消し、5日後、韓国・ソウルの自宅に現れた。身体には殴られたり縛られたりした跡が残る痛々しい姿で記者会見を行った。事件の背後で暗躍したのは、様々な諜報活動を行い、人々から恐れられていた韓国の中央情報部・KCIAだった。
1973年8月8日、東京・九段下のホテルから、突如、韓国の大統領候補がさらわれた!煙のように消えたのは、のちにノーベル平和賞を受賞する金大中。やがて犯行は、韓国の情報機関KCIAの仕業と判明する!彼らは何を狙ったのか?事件をどう決着させるのか?日韓の外交問題が勃発する中、“スパイ活動”に従事した当事者が初めてのロングインタビューに応じた。謎めいた攻防戦の舞台裏を明かすアナザーストーリー!
https://www4.nhk.or.jp/anotherstories/x/2019-06-10/10/19643/1453122/



●6月11日(火) 14:46~15:46 京都駅前、関西電力京都支店前
脱原発11日行動
毎月11日に関電京都支店前にて,街頭アピール,ときにデモも。
主催:使い捨て時代を考える会
https://houteisien.wordpress.com/kyoto/



●6月11日(火) 17:00~中村池公園(大阪府河内長野市、河内長野駅から徒歩5分 https://www.mapion.co.jp/phonebook/M04010/27216/KP709719/)17:30~デモ出発 河内長野駅解散
第30回なくせ原発!河内長野デモ
主催:なくせ原発!河内長野デモ実行委員会
https://twitter.com/hnhk1/status/1137644391680446465



●6月11日(火) 10:30~彦根市立図書館前広場(JR彦根駅から徒歩13分 https://map.goo.ne.jp/place/25001511351/
原発いらんねん ひこね おしゃべりウォーク
連絡先:090-5673-6952(岡田さん)
https://shigaminpo.com/event.shtml



●6月11日(火) 11:00~16:00 モモの家(阪急吹田駅から歩いて5分 JR吹田駅から歩いて12分 http://www.momo-family.org/?page_id=9
かえるCafe 
東日本大震災で避難してこられたみなさん そして心をよせる関西のみなさん
ほっとして 出会って 語りあって つながろう
飲み物:300円
Menu: 有機栽培コーヒー 黒煎り玄米コーヒーなど
※避難者さんは交通費半額補助します
※お昼ご飯を一緒に食べる方はれんらくしてね!⇒ y48umiko@docomo.ne.jp
http://happy.ap.teacup.com/momonoie/



●6月11日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



■6月11日(火) 午後10:00~10:30 NHK総合
クローズアップ現代+ 性のバイアス取り払えますか?
同性愛者や心と体の性が一致しないトランスジェンダーなど、LGBTの人たちは、日本で左利きの人と同じくらいいるといわれている。しかし、男はこう、女はこうといった、社会に根付いた「バイアス」によって、生きづらさを感じている。それをどう取り払い、生きやすい社会を作れるのか?対応に動き始めた日本の企業や学校、先進的な取り組みが進むスウェーデンの幼稚園や介護施設などを取材。LGBTの人たちをどう受け入れるのか、考える。
https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4291/index.html



■6月12日(水) 深夜午前00:00~00:45 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー「リーマン告発者の10年」
2008年の破たんにより、世界的な金融危機をもたらしたリーマン・ブラザーズ。その不正を内部告発して、職場を追われた社員たちが歩んだ10年間の苦悩の日々を描く。
リーマン・ブラザーズが破たん前に行っていた無謀な融資や違法な商習慣を内部告発した社員たちは、いずれも職場を追われた。元管理職の男性はオートバイで放浪生活を送りながら、人生を見つめ直す日々を送っている。また告発を機に解雇された社員の中には、得体の知れない恫喝や脅迫に怯えながら10年間を過ごしてきた人も。今、告発者たちは、訴訟チームを結成し、不正を暴く取り組みを続けている。告発者それぞれの10年を描く
https://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=190612



■6月12日(水)(再放送) 深夜午前00:35~01:25 NHK総合
NHKスペシャル「天安門事件 運命を決めた50日」
中国政府の発表で「反革命動乱で319人が死亡した」とされている天安門事件。
30年たった今も、中国では事件に触れることはタブー視されていて、民主化を求める丸腰の市民を、なぜ、どのように武力で鎮圧したのか、詳細はわからないままだ。
今回、NHKはその真相に迫ろうと、中国や世界各地に当事者を訪ね、新たな史料を探し出した。そこから見えてきたのは、事件の前から周到に配置されていた軍の姿や、政権内部の権力闘争の一端だった。さらに、西側各国の外交文書からは、欧米の指導者が改革開放を進める中国との経済関係を重視し、表向きは非難しながら、水面下で緊張関係の回避を図ろうとしていた実態も浮かび上がってきた。
天安門事件による民主化の挫折は、中国の人々に深い傷を残し、その後共産党が強権的な一党支配を進める素地を作ったと言われる。番組では、大国・中国の運命を決めた50日間を再検証し、天安門事件めぐる数々の謎に迫る。
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20190609



■6月12日(水) 午後10:00~10:30 NHK総合
クローズアップ現代+ “ノープラ”生活やってみた 脱プラスチック依存の挑戦
当事者視点で問題解決の糸口を考えるシリーズ。今回は、プラスチックを使わない“ノープラ”生活だ。年間800万トンが海洋に流出し、汚染が深刻化しているプラスチックごみ問題。今月のG20大阪サミットの主要議題にもなり関心が高まっている。日本は1人当たりの排出量、輸出量ともに世界ワースト2位。なぜこれほど多くのプラごみを出すのか、汚名返上には何が必要か。それを明らかにするためディレクターが“ノープラ”生活に挑む。先進的な取り組みを行う先達たちを取材して代替策も模索。EUなどがリサイクルを超え、一部使用禁止にも踏み込むなか、日本が取るべき対策を探り、便利さと環境負荷のバランスを考える。
https://www.nhk.or.jp/gendai/schedule/



■6月13日(木)(再放送) 深夜午前00:00~01:00 NHK Eテレ
ETV特集「性犯罪をやめたい」
もう性犯罪をやめたい。そう願う人たちが集まる精神科クリニックが横浜にある。ここでは、性犯罪を何度も繰り返す人たちを性嗜好(しこう)障害として治療し、性犯罪の再発を防ぐためのプログラムが行われている。今回、半年にわたる密着ロケが許された。痴漢、盗撮、のぞき、強制性交等…さまざまな性犯罪で逮捕歴のある人たちの声に耳を傾けると、彼らの犯行パターン、思考回路、そして社会に潜む意外な盲点が見えてきた。
https://www4.nhk.or.jp/etv21c/x/2019-06-12/31/21676/2259647/



■6月13日(木) 深夜午前00:59~01:59 MBS毎日放送
ドキュメンタリープラス「ジェフリー不動産~空き家を貸してもらうまで」
鹿児島で大学教授をしているジェフリーさんは、地域創生やまちづくりが専門。番組ではジェフリーさんが、過疎化に悩む地域の空き家に新しい住人を探す活動に密着し、その過程で、かつてその家に住んでいた人たちの家への愛情や思い入れ、新しい住人を迎え入れる過疎地域の難しさなどの背景が浮かび上がる。
ナビゲーターの武田梨奈は、ジェフリーさんが仲介した家でジェフリーさんと番組を制作した武藤ディレクターと会い、武田が印象に残ったシーンやジェフリーさんが考える過疎化の問題、武藤ディレクターが番組を通して伝えたかったメッセージなどについて話を聞く。
https://www.mbs.jp/pgm2013/1559746808.shtml



●6月13日(木) 14:30~大阪高裁 本庁舎201号法廷(地下鉄淀屋橋より北東へ8分 大阪市役所の北側、橋を渡り直すぐ http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/)
原発賠償京都訴訟控訴審 第3回期日 
・12:30~13:15
 宣伝・チラシ配布行動 京阪淀屋橋、大阪市役所周辺
・13:45~13:55
 抽選券を交付 別館正面玄関前
・14:30~開廷
http://fukushimakyoto.namaste.jp/shien_kyoto/
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-2205.html



●6月13日(木) 18:00~エル大阪 南館5階ホール(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
第10期 沖縄意見広告運動 報告集会
東アジアの平和へ 沖縄に犠牲強いる「この国のあり方」民主主義を問う

「東アジア・朝鮮半島の平和構築と米軍基地」
講師:イ・ヨンチェ 
ゲスト:川口真由美 豊岡マッシー
資料代:¥800
主催:沖縄意見運動
連絡:06-6328-5677
http://jimmin.com/events/event/第10期-沖縄意見広告運動-東西報告集会「東アジア/



●6月13日(木) 19:00~21:00 京都大学文学部2階第7講義室(https://www.bun.kyoto-u.ac.jp/about/access/
人骨問題を考える連続学習会@京都大学 第2回学習会
「収集と権力:京都帝大人類研究室の「南島」調査」

報告:板垣竜太(同志社大学)第3回学習会
7月19日(金)18:30~20:30 京都大学文学部第7講義室
(報告)永原陽子(京都大学)「略奪と返還:ドイツ=アフリカ間の植民地遺骨」
第4回学習会
10月5日(土)午後 未定
(基調報告)大津幸夫(京都大収蔵の遺骨返還を求める奄美三島連絡協議会代表)
入場無料
主催:「人骨問題を考える連続学習会@京都大学」実行委員会
連絡:TEL075-753-3034(京都大学駒込研究室)
http://jimmin.com/events/event/人骨問題を考える連続学習会%e3%80%80%ef%bc%a0京都大学/



NEW
●6月13日(木) 19:00~北区民センター(地下鉄堺筋線「扇町」2号-B出口北へ3分/JR環状線「天満」西へ3分 北区役所隣 http://www.osakacommunity.jp/kita/b1_hall.html)
テ-マ「社会を変える! を考える。~政治から日本の歴史と未来を読む~」
東京新聞記者 望月衣塑子 × 思想家 内田樹 × 大阪日日新聞記者 相澤冬樹
トーク&サイン会

書店主の挨拶 隆祥館書店 二村知子 
司会進行 KKベストセラ-ズ 原田富美子
参加費:2.800円 (内訳:入場料1,180円+『「安部晋三」大研究』1620円 )
    トークライブのみ:1,500円 ( ※ いずれも税込・振込手数料別 )    
※ 恐縮ですが、定員を超えるお申し込みになった場合、当店で本をお買い上げ になったお客様を優先させていただきます。
※ 当日の場合:参加費200円アップになります(要予約・事前購入制とさせていただきます。申込み順)
申込み・お問合せ: 隆祥館書店 TEL:06-6768-1023
Eメ-ル:ryushokan@eos.ocn.ne.jp
共催:隆祥館書店 KKベストセラ-ズ
https://atta2.weblogs.jp/ryushokan/2019/05/2019613-東京新聞記者-望月衣塑子-思想家-内田樹大阪日日新聞記者-相澤冬樹-トークサイン会-企.html



■6月13日(木) 午後10:00~10:45 NHK Eテレ
フランケンシュタインの誘惑E+ #11「強制終了 人工知能を予言した男」
今や我々の日常の中で活躍を始めている人工知能(AI)。今回は70年も前にこの人工知能を予言したイギリスの天才数学者アラン・チューリング! 第2次世界大戦中、解読不可能と言われたナチス・ドイツの暗号機エニグマを破り連合国を勝利に導いた。しかしその業績は軍事機密ゆえに戦後も封印され、チューリングが同性愛者として逮捕されたこともあって長く評価されなかった。彼の構想した人工知能、その先に何があるのか?
https://www4.nhk.or.jp/P3442/x/2019-06-13/31/21783/1760011/



●6月14日(金) 午後1時~3時西宮市男女共同参画センター・ウエーブ413号室(阪急西宮北口駅、南西出口から徒歩3分の プレラ にしのみや 4階 https://www.nishi.or.jp/access/sonotashisetsu/danjokyodo/danjokyodocenter.html
3.11避難者と避難者に心を寄せてくださる皆さまのためのFree English Cafe&情報交換会
Free English Cafe with Nuclear Evacuees and Friends
*1人20分以内(1~20分)の原子力災害・避難・核関連話題シェアタイム。
参加費:無料 軽食持ち込み可の会場となりました!
    ∴差し入れ大歓迎です(^^)
    (重要)ゴミは各自でお持ち帰りくださいm(_ _)m
参加対象者:3.11避難者と心を寄せてくださるFriends
お申込み:特に不要です
お問合せ:sandori2014@gmail.com
主催:母子避難者に寄り添う会
共催:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (略称:サンドリ)
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-2203.html



●6月14日(金) 関西電力本社前(「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:00頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:00 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●6月14日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●6月14日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●6月14日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&パレード



●6月14日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に!



NEW
●6月14日(金) 19:00~21:00 キャンパスプラザ京都第2講義室(ビックカメラ前、JR京都駅ビル駐車場西側 http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access
暮らしたい社会を描くレッスンスペシャル
「政治を暮らしに引き戻そう~取り戻したいのは食、水、命~」

ゲスト:参議院議員・川田龍平氏
    国際ジャーナリスト・堤未果氏
ナビゲーター:藤原辰史氏
種子法廃止、種苗法改正、水道法改正、そしてTPP発効。。。
ベストセラーとなった堤未果さんの著書「日本が売られる」には、目を覆いたくなるようなこの国の現状が「これでもか」とルポされていて、日本中に衝撃が走りました。
我が家の食卓も、蛇口から出る水も、私の健康も、私の老後も、どこかの誰かが儲けるためのカモなの???
いつの間に人生まるごと搾取されるような事態に陥ってしまったの?
政治は今、一体なにをしているの?
ずっと気になってきたあれこれ、政治の現場のほんとの姿、お聞きしましょう。
現実を知って、それから暮らしたい社会を思い描き、現実的に出来ることから動き始めましょう。
ゲストは国際ジャーナリストの堤未果さんと、「いのちを守る」を掲げる参議院議員の川田龍平さんです!
ナビゲーターは、今回も藤原辰史さんにお願いします。
参加費:1000円
主催・ご予約・お問い合わせ:井﨑敦子と草の根プロジェクト
フェイスブックまたは下記フォームにメールをお願いいたします。
https://izaki-atsuko.net/お問合せ/ 
タイムテーブル:
19:00~19:40 堤未果さん講演 「日本が売られる」のその後
19:45~20:45 川田龍平さん、堤未果さん、藤原辰史さんディスカッション
20:45~21:00 会場からの質疑応答
進行:井﨑敦子
https://www.facebook.com/events/362307881068711/
http://izaki-atsuko.net/2019/05/12/%ef%bc%96月%ef%bc%91%ef%bc%94日暮らしたい社会を描くレッスン「政治/



●6月14日(金) 18:25~19:55 同志社大学今出川キャンパス至誠館(S)1教室(地下鉄烏丸線今出川駅3番出口を出て、右手に京都御所を見ながら東へ徒歩約5分 https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/imadegawa.html
同志社大学2019年度「日朝関係史講座」 
「日本軍性奴隷制問題から現代社会をみつめる」

講師:方清子(パンチョンヂャ・日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク共同代表)
※講演テーマと講師、日程に関しては、変更する可能性があります。また、後期の日程は、講座にてお知らせいたします。
参加無料
主催:同志社大学KOREA文化研究会 
https://www.facebook.com/460572927408385/photos/pcb.1521077471357920/1521077434691257/?type=3&theater



●6月14日(金) 午後6時半~8時 神戸学生青年センター(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/
神戸学生青年センター・朝鮮史セミナー(全3回)
「兵庫のコリアンの歴史の一断面―三宮、湊川、武庫川―」
「三宮―闇市からの復興」

講師:村上しほりさん
著書『 神戸 闇市からの復興―占領下にせめぎあう都市空間』(慶応義塾大学出版会、2018.11)
参加費:600円
http://ksyc.jp/seminar/ts-201906-107/
http://ksyc.jp/wp-content/uploads/2019/04/ts-201906-07-1.pdf



●6月14日(金) 18:00~19:30 関西学院大学大阪梅田キャンパス10階(阪急「梅田」駅 茶屋町口から徒歩5分 https://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/index.html
一般公開講義「多言語主義・多文化共生」
(第9回)「日本のエスニック・マイノリティ・ビジネス」

講師:李洙任
参加無料
主催:関西学院大学大学院言語コミュニケーション文化研究科
申込方法:Eメール kg-genkomi@kwansei.ac.jp
申込詳細:https://www.kwansei.ac.jp/g_language/event/2019/event_20190412_012801.html
※Eメールにてお申込みいただけない場合は、上記内容をFAX(0798-54-6190)にて送信してください。電話によるお申込みは、聞き間違い等の防止のため受け付けておりませんのであしからずご了承ください。
※受付締切日:6/7 定員に空きがある場合は、申込期間終了後も受付をすることがあります。
※申込後のキャンセルおよび無断欠席はお控えください。やむを得ずキャンセルされる場合は、必ず事前にご連絡ください。
<お問い合わせ>
関西学院大学大学院 言語コミュニケーション文化研究科 TEL: 0798-54-6180
https://www.kwansei.ac.jp/g_language/event/2019/event_20190412_012801.html



●6月14日(金) 午後7時~午後8時30分 大阪市立西区民センター1階ホール(地下鉄千日前線・長堀鶴見緑地線「西長堀」 http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016612.html
児童虐待防止啓発講演会 虐待の淵を生き抜いて
講師:島田妙子氏 
大阪市立西区民センターでは、(一財)児童虐待防止機構オレンジCAPO理事長 島田妙子氏を講師に迎え、児童虐待防止啓発講演会「虐待の淵を生き抜いて ~ 子ども達の笑顔を守るために私たちにできること ~ 」を開催いたします。
虐待の淵を生き抜いて…という言葉がテーマとなっておりますこの講演は、
文字通り、4歳の時、ご両親の離婚でお兄様と児童養護施設に入所され、7歳で父親の再婚でご実家に戻られた後からは継母、実父からの壮絶な虐待が始まり、何度も命を落とされかけた…そんなご経験がおありになることからのテーマです。
2010年、心の支えでいらしたお兄様がご他界、それをきっかけにお兄様のご意志を引き継がれ、「大人の心を助ける」講演会を積極的に行われていらっしゃいます。
そういうお気持ちの中で慈しみお育てになった島田氏ご子息、島田誠也氏の作品展「SEIYAの世界」を同じく西区民センター1階ホールで開催(入場無料)いたしますので、展示会開催中の6月4日~6月30日までお時間のご都合がよろしい時にご観覧ください。
入場無料 手話通訳 どなたでもご参加いただけます。 
主催:大阪市立西区民センター
https://osaka-nishikumincenter.jp/archives/18114


脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2019年6月9日(日)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-496.html



■6月9日(日) 午前04:55~05:25 ABCテレビ、テレビ朝日系列
テレメンタリー2019「再審漂流 証拠隠しとやまぬ抗告」
1979年に鹿児島県で起きた「大崎事件」。殺人などの疑いで逮捕された原口アヤ子さんは無実を訴え、裁判のやり直しを求めている。再審請求では、無罪につながる証拠が新たに見つかり、再審開始決定が出されるケースがある。弁護団は、2回目の請求で検察と警察に対して、未提出の証拠を開示するよう求めたが「見当たらない」などと回答。鹿児島地方裁判所も勧告や命令を一切行わなかった。
ところが、のちに存在することが判明。真実の究明や救済を遠ざける再審制度の問題点やあり方を考える。
https://www.tv-asahi.co.jp/telementary/



●6月9日(日) 13:00~あすてっぷKOBE2階(「大倉山駅」3分 神戸高速鉄道「高速神戸駅」3分 JR「神戸駅」7分 神戸市営地下鉄「ハーバーランド駅」7分 http://www.city.kobe.lg.jp/life/community/cooperation/asuteppu/
緊急集会!NHKを支配するの誰か!
『官邸支配とNHK人事の怪』

お話:永田 浩三さん(元NHKプロデューサー) 根本 仁さん(元NHKディレクター)
主催:NHKとメディアを考える会(兵庫)
参加費:¥1000
連絡:090-5054-7171
http://jimmin.com/events/event/緊急集会%ef%bc%81安倍官邸と%ef%bd%8e%ef%bd%88%ef%bd%8b人事の怪/
http://www.kenpou-hyougo.sakura.ne.jp/osirase.html



●6月9日(日) 16:00~大阪市立生野区民センター大ホール(JR環状線「桃谷」徒歩15分 http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016633.html
春の憲法大学習会
講演:中野 晃一さん(上智大学教授・立憲デモクラシーの会) 安倍改憲阻止の新たな市民運動の展開
参加協力費:500円 学生・障がい者:無料 
主催:大阪憲法会議・共同センター
http://jimmin.com/events/event/春の憲法大学習会/
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0609-1.pdf


●6月9日(日) 午後1時半~4時半 国労会館3階中会議室(天満駅出口徒歩約2分 扇町駅4出口徒歩約4分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/
リブインピース@カフェ 天皇代替わりと安倍政権
何のため? 誰のため? 象徴天皇制の危険性
http://www.liveinpeace925.com/schedule/schedule.htm



●6月9日(日) 14:00~大阪市立住まい情報センター(地下鉄「天神橋筋6丁目」駅下車すぐ③号出口より連絡)
東アジアに平和を!武力なき平和のための2019 ZENKOスピーキングツアー
ゲスト
【韓国】ノ・ミュンギュさん
韓国・済州島で、海軍基地建設阻止闘争や第2空港軍事化に反対する市民運動家。平和大行進など多彩な活動を展開されています。
【沖縄】奥間 政則さん
沖縄県国頭郡大宜味村在住、1級土木施工管理技士。土木技術者として過去に行った海洋土木の経験を活かして沖縄防衛局の資料を分析し、科学的根拠に基づいた情報を武器に政府と闘っています。
前売り500円(当日600円)
https://www.facebook.com/events/2022131778095637/



●6月9日(日) 14時~守口市西部コミュニティセンター(太子橋今市 土居 https://www.moriguchi-cc.jp/seibu/access
学習会『押し付けの教科書はイヤだ~小学校教科書採択にそなえて~』
守口市で、来年度使用の小学校の教科書採択にそなえた学習会を開催します。講師は、子どもたちに渡すな!危ない教科書大阪の会の相可文代さんです。小学校の道徳や社会の教科書には、多くの問題をはらんでします。地元の小学生たちに「よりましな教科書」をとどけるために、皆さんとともに学習したいと思います。興味がおありの方は是非ご参加ください。
講師:相可文代さん(子どもたちに渡すな!あぶない教科書 大阪の会)
参加費:300円
主催:もりナビ(守口から平和と民主主義を考える会)
問い合わせ:090-3724-9646(おかだ)



●6月9日(日) 14:00~コンサート 京都大学YMCA地塩寮(市バス「京大正門前」徒歩7分、京阪「神宮丸太町駅」徒歩17分 https://www.its-mo.com/detail/ZIDX_BLD-7-22-50-58-2912297/access/
【6・9 左京ピースコンサート】河野康弘 ピアノ&トーク
14:00~コンサート
16:00 車座憲法ミーティング
ピアノ演奏&トーク:河野康弘さん(ジャズピアニスト)
(プロフィール)
1975年矢沢栄吉バンドでプロデビュー。リチャード・デイビス(B)、マル・ウォルドン(P)他と共演。「ダイナミックなプレイ」と「素朴な語り」、スタンダードから童謡までジャンル、年配を超えて洋楽の楽しさ素晴らしさを感じてもらうこと、環境・平和を自身のテーマとして活動を続けている。2012年2月・東京から放射能避難・京都に拠点を移す。核のない世界を目指して活動中。
料金:500円(定員50人+α)
※休憩時間:ビール、ワイン、お茶をお楽しみ下さい
主催:安倍9条改憲NO!左京市民アクション
京都市左京区田中里の前町21石川ビル305 市民環境研究所内
Tel:075-711-4832 E-mail:tosibando@yahoo.co.jp
https://www.facebook.com/events/298736054408302/



●6月9日(日) 15:00~隆祥館書店8階 多目的ホ-ル(地下鉄谷町6丁目駅7番出入口向かい)(大阪市中央区安堂寺町1丁目3~4 安堂寺Rタワー1F)
『歴史戦と思想戦――歴史問題の読み解き方』出版記念イベント
〝歴史修正主義とどう向き合うか

戦史・紛争史研究家 山崎雅弘 × 思想家 内田樹
司会 二村知子
今回は、戦史・紛争史研究家の山崎雅弘さんが『歴史戦と思想戦――歴史問題の読み解き方』(集英社発刊)を上梓されるにあたり、思想家の内田樹さんと山崎雅弘さんにお越しいただけることになりました。
近年、書店の店頭でも、「南京虐殺の嘘」「従軍慰安婦のデタラメ」などといったタイトルの本が目立つようになりました。このように、南京虐殺や従軍慰安婦などを否定する「歴史修正主義」が台頭してきています。こうした言説の中には、一見、もっともらしい主張もあり、ともすると何が本当なのか分かりにくくなっています。
歴史の解釈にある程度の幅があるのは、ある意味、健全な社会である証拠でもありますが、いま揺らいでいるのは、その根幹に当たる「歴史との向き合い方」そのものなのです。こうした状況の中、私たちはこの問題にどのように接していけばよいのでしょうか。戦史・紛争史研究家の山崎雅弘さんと思想家の内田樹さんが語り合います。
この機会にぜひ!!
【プロフィール】
山崎雅弘(やまざきまさひろ)
1967年大阪府生まれ。戦史・紛争史研究家。『日本会議 戦前回帰への情念』(集英社新書)で、日本会議の実態を明らかにし、注目を浴びる。主な著書に、『「天皇機関説」事件』(集英社新書)『1937年の日本人』(朝日新聞出版)『[増補版]戦前回帰』(朝日文庫)ほか多数。ツイッターアカウントは、@mas__yamazaki
内田樹(うちだたつる)
1950年東京都生まれ。東京大学文学部仏文科卒。神戸女学院大学名誉教授。専門はフランス現代思想。武道と哲学の私塾・凱風館を主宰。ユダヤ、教育、アメリカ、中国、メディアなど幅広いテーマを論じる。『私家版・ユダヤ文化論』(文春新書)で第六回小秀雄賞受賞、『日本辺境論』(新潮新書)で第三回新書大賞を受賞。近著は『善く死ぬための身体論』(成瀬雅春氏との共著・集英社新書)。
参加費: 2.500円 (参加費1502円+『歴史戦と思想戦――歴史問題の読み解き
方』998円)
トークライブのみ:2,500円  当日の場合:参加費500円アップになります。(要予約・事前購入制とさせていただきます。申込み順)
*振込先 三井住友銀行上町支店(普通)1353923
カ)リュウショウカンショテン
申込み・お問合せ: 隆祥館書店 TEL:06-6768-1023 
Eメ-ル: ryushokan@eos.ocn.ne.jp 
主催:隆祥館書店       
後援:集英社 
https://www.facebook.com/events/327797771263961/
http://atta2.weblogs.jp/ryushokan/ 



■6月10日(月)  深夜午前00:55~01:50 読売テレビ、日本テレビ系列
NNNドキュメント「裁判員裁判10年 ~死刑判決はなぜ覆るのか~」
市民の出した死刑判決が相次いで覆されている。国民が被告人の刑を決める裁判員裁判が始まって10年。市民感覚を反映させようとスタートしたが、プロの裁判官が、裁判員が考えた死刑は、「違う」と判断しているのだ。「制度は意味がない」と遺族は憤る。刑罰を決めるのは「国民の良識」なのか「公平性」なのか。死刑と判断した裁判員や、死刑を認めなかった最高裁の裁判長ら、当事者の貴重な証言から、制度の意味を問い直す。
http://www.ntv.co.jp/document/

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2019年6月8日(土) 

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報


『ニジノキセキ』
見つけた。七番目の光―。 「4.24」を知っていますか?
「4.24」とは何だったのか? 「4.24」の精神とは何なのか?――その答えを見つけるために、兵庫県青商会が企画・制作したドキュメンタリー映画「ニジノキセキ」。カメラを手にとった時には想像もしなかった困難と新時代の流れに直面しながら「ウリハッキョ」という「キセキ」を更に輝かせようと闘い続けた同胞たちは未来に何を見たのか?そして大きく育っていく学生たちの姿に誰もが希望という言葉を口にするのは何故か?70年の時を超え、「ウリハッキョ」のおかれた現状を伝えるとともに、何より、七色に輝く「ウリハッキョ」の「いま」を、未来へ、世界へ向けて届けます。
・「ウリハッキョ(朝鮮学校)」、「4.24阪神教育闘争」とは?
1945年8月、日本の敗戦とともに植民地支配からの解放を迎えた在日朝鮮人たちが、奪われた言葉と歴史、文化を子どもたちに教えるため、各地で開校した「国語(朝鮮語)講習所」をルーツとし、現在では幼稚園から大学までの教育体系を備え、日本全国に65講設置されている朝鮮学校。親しみを込めて「ウリハッキョ(私たちの学校)」と呼ばれる一方で、常に日本社会の差別と弾圧、そしてたたかいの歴史を歩んできた。1948年、GHQと日本政府は朝鮮人学校閉鎖令とともに警官隊による閉鎖を全国で強行。特に2名の死者まで出した阪神地域での激しい学校閉鎖反対・権利擁護闘争において、神戸市では閉鎖令を撤回する勝利を収める。その日が4月24日であったことから、在日朝鮮人はこの「4.24(サイサ)阪神教育闘争」を、民族教育を守る歴史と精神の象徴として継承し続けている。
●6/1~第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
6/8~6/14 14:05(~15:35終)
http://www.nanagei.com/movie/data/1357.html



『主戦場』The Main Battleground of the Comfort Women Issue
ようこそ、 「慰安婦問題」論争の渦中 バトルグラウンド へ
ひっくり返るのは歴史か それともあなたの常識か
あなたが「ネトウヨ」でもない限り、彼らをひどく憤らせた日系アメリカ人YouTuber のミキ・デザキを、おそらくご存知ないだろう。ネトウヨからの度重なる脅迫にも臆せず、彼らの主張にむしろ好奇心を掻き立てられたデザキは、日本人の多くが「もう蒸し返して欲しくない」と感じている慰安婦問題の渦中に自ら飛び込んでいった。
慰安婦たちは「性奴隷」だったのか?「強制連行」は本当にあったのか? なぜ元慰安婦たちの証言はブレるのか? そして、日本政府の謝罪と法的責任とは……?
次々と浮上する疑問を胸にデザキは、櫻井よしこ(ジャーナリスト)、ケント・ギルバート(弁護士/タレント)、渡辺美奈(「女たちの戦争と平和資料館」事務局長)、吉見義明(歴史学者)など、日・米・韓のこの論争の中心人物たちを訪ね回った。さらに、おびただしい量のニュース映像と記事の検証と分析を織り込み、イデオロギー的にも対立する主張の数々を小気味よく反証させ合いながら、精緻かつスタイリッシュに一本のドキュメンタリーに凝縮していく。そうして完成したのが、映画監督ミキ・デザキのこの驚くべきデビュー作、『主戦場』だ。
映画はこれまで信じられてきたいくつかの「物語」にメスを入れ、いまだ燻り続ける論争の裏に隠された“あるカラクリ”を明らかにしていくのだが..それは、本作が必見である理由のごくごく一部に過ぎない。
さて、主戦場へようこそ。
●4/27~第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
6/8(土)
 20:10(~22:15終)第七藝術劇場(6階)
6/9(日)~14(金)
 12:30(~14:37終)シアターセブン(5階)
 15:00(~17:07終)シアターセブン(5階)
 20:10(~22:15終)第七藝術劇場(6階)
6/15(土)
 13:35(~15:42終)シアターセブン(5階)
 16:05(~18:15終)第七藝術劇場(6階)
6/16(日)~18(火)
 13:35(~15:42終)シアターセブン(5階)
 16:05(~18:15終)第七藝術劇場(6階)
 19:25(~21:32終)シアターセブン(5階)
6/19(水)~21(金)
 13:35(~15:42終)シアターセブン(5階)
 16:05(~18:15終)第七藝術劇場(6階)
http://www.nanagei.com/movie/data/1341.html



『誰がために憲法はある』
芸人・松元ヒロの一人語り「憲法くん」を演じる
名優・渡辺美佐子の鎮魂の旅
「憲法くん」とは、井上ひさし、永六輔、立川談志も絶賛したお笑い芸人・松元ヒロが20年以上、日本国憲法の大切さを伝えるためユーモラスに演じ続けている一人語りである。「憲法くん」はこう言う。「わたしというのは、戦争が終わった後、こんなに恐ろしくて悲しいことは、二度とあってはならない、という思いから生まれた、理想だったのではありませんか」。そして、「わたしの初心、わたしの魂は、憲法の前文に書かれています」と憲法前文を一気に暗唱する。憲法に対する深い愛と洞察が込められたこの「憲法くん」を語るのは、「戦争を知る世代として、再び戦争の悲劇がこの国に起こらないように、この役を魂を込めて演じました」という、今年87歳になる名優・渡辺美佐子。文字で読む憲法と違い、本作で朗読される日本国憲法前文は、心の奥深くに突き刺さる。
原爆朗読劇を続けるベテラン女優陣が語る戦後、未来へ託す思いとは――
渡辺美佐子は初恋の人を疎開先の広島の原爆で亡くしたことを戦後35年目の1980年になって知った。彼の死を知った渡辺は中心メンバーとなり、現在まで33年間、鎮魂の想いを込めてベテラン女優たちと原爆朗読劇の公演を続け全国各地を回っている。しかし、その朗読劇は今年で幕を閉じる。本作では渡辺をはじめ、女優たちがこの活動を通じて抱くそれぞれの思いを映し出す。
監督は『大地を受け継ぐ』(2015)で原発事故により汚染された土地で農作物を作り続ける農家と、そこを訪れる学生たちの姿を真摯に見つめたドキュメンタリーを手掛けた井上淳一。同作でもタッグを組んだ弁護士の馬奈木厳太郎とともに、「憲法とは何か?なぜできたのか?」という原点を見つめ直すことができる作品を完成させた。子どもから大人まですべての人が日本国憲法について考えるきっかけを与えてくれる必見のドキュメンタリー!
●4/27~シアターセブン (阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
6/7(金)・8(土) 休映
6/9(日)~12(水) 10:30(~11:44終)
6/13(木) 休映
6/14(金) 10:30(~11:44終)
http://www.theater-seven.com/2019/mv_s0068.html



●6月8日(土) 15時~国労会館3階中会議室(JR天満駅・扇町駅徒歩5分 https://www.its-mo.com/detail/ZIDX_BLD-7-22-50-27-8459760/access/)16時~デモ出発
帰還をさせるな、避難をさせろ!放射能は広がっている!
「3.11福島原発事故の避難者と仲間たち・6/8梅田デモ」避難者のアピール
主催:「Go West, Come West!!! 3.11東北・関東 放射能汚染からの避難者と仲間たち」
連絡先:090-4003-1386 gowest@gowest-comewest
http://www.labornetjp.org/EventItem/1557789780819staff01
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0608-2.pdf



●6月8日(土) 14:00~16:30 京都大学理学研究科セミナーハウス(市バス 京大農学部前下車、北部門を北250m西100m左側 http://map.cs-kyoto.net/Hokubu-map.jpg
科学カフェ京都 第163回定例会
『チェルノブイリとフクシマ』――災害で国や国際社会はどう動いたのか――

話題提供:木村 真三 先生(専門:放射線衛生学,獨協医科大学国際疫学研究室福島分室長・准教授)
会費無料 予約不要
問合せ:糸岡(075-462-2720)
例会案内ほかは科学カフェ京都の公式ホームページ(→こちら)へ
http://cs-kyoto.net/schedule/slide.html



●6月8日(土) 午後2時~午後4時30分 大阪弁護士会館2階ホール(京阪「なにわ橋駅」出口1徒歩約5分 地下鉄・京阪「淀屋橋駅」1号出口から徒歩約10分 地下鉄・京阪「北浜駅」26号階段から徒歩約7分 http://www.osakaben.or.jp/06-access/
緊急事態条項って何?憲法9条と関係があるの?
講師:伊藤 真氏(伊藤塾塾長、弁護士、 日弁連憲法問題対策本部副本部長)
参加費:無料 要事前申込 一時保育(完全予約制)、手話通訳、文字通訳あり
主催:大阪弁護士会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0608-3.pdf



●6月8日(土) 14:00~17:00 神戸学生青年センター会議室A(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/
高作先生と学ぶ会2019
テーマ:解題『米軍基地問題の基層と表層』

講 師:高作正博さん(関西大学法学部教授)
参加費:一般 1,000円 若もの 500円
共 催:(公財)神戸学生青年センター&「高作先生と学ぶ会」
お問い合わせ:TEL078-851-2760
http://ksyc.jp/seminar/takasaku201905-09/



●6月8日(土) 13:30~16:30 登録会館大ホール(烏丸御池駅 1番出口 徒歩1分 https://bit.ly/2HcBTLk
9条改憲に反対し、安倍政権の退陣を求める 第2回京都アピール市民集会
お話:池内了(名古屋大学名誉教授)テーマ「平和には武器はいらない!」/猿田佐世(「新外交イニシアティブ」代表、弁護士(日本・ニューヨーク州))テーマ「安倍政権の外交政策を検証するー安保・沖縄基地問題を中心に」/安斎育郎(立命館大学名誉教授)テーマ「安斎の視角─選挙・原発・核兵器&元号」
定員:180名
参加費:500円
主催:9条改憲に反対し、安倍内閣の退陣を求める京都アピール実行委員会
連絡先:市民共同法律事務所(中島・諸富)
TEL 075-256-3320 FAX 075-256-2198 携帯:080-3788-5447(中川)
https://jimmin.com/events/event/9条改憲に反対し、安倍政権の退陣を求める%e3%80%80第2回/



●6月8日(土) 14:30~とよなか男女共同参画推進センターすてっぷ 視聴覚室(阪急宝塚線豊中駅すぐ エトレ豊中5F http://www.toyonaka-step.jp/02_use_guidance/access.html
日本軍性奴隷制問題 国際社会はどう見ている?!
お 話:前田朗さん(東京造形大学教授)
主 催:日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク



●6月8日(土) 14:00~16:00 ライティホール(大阪府立図書館ホール)(近鉄けいはんな線「荒本駅」下車 北西へ約400m①番出口を出て、中央大通り沿いに大阪方面へ進み、2つ目の信号を右折。東大阪市役所北側 http://www.lighty-hall.com/access/
演劇とトークで考える、東大阪の教科書問題
第一部:「テキスト闇教育」上演(作:くるみざわしん) 
第二部:トーク「東大阪教科書運動の今」
資料代:1500円(当日、前売りとも)
主 催:オール東大阪市民大集会実行委員会
https://www.facebook.com/hikarinoryouchi/photos/pcb.2410390232358998/2410387459025942/



●6月8日(土) 13時00分~13時45分 なかもず駅前広場(地下鉄御堂筋線最終駅、南海高野線など)
市民共同大街頭宣伝・・みんなで語ろう堺の未来
Navigator
 池田かずさ さん(シンガーソングライター)
Speakers
 高橋 保さん (元 堺副市長)
 橋本智子さん (弁護士)
 平松邦夫さん (元大阪市長)
 薬師院仁志さん(学者)
*皆さん、 大結集しましょう
https://www.facebook.com/events/399323497334013/



●6月8日(土) 18時半~大阪市北区民センター(地下鉄堺筋線「扇町」駅 2号-B出口北へ3分 地下鉄堺筋線・谷町線「天神橋筋6丁目」駅 JR環状線「天満」駅 西へ3分 http://www.osakacommunity.jp/kita/b1_hall.html
ドキュメンタリーを視て語るつどい
廃炉最大の壁デブリの正体に迫る「廃炉への道2019 核燃料デブリとの闘いが始まった」
放射性ゴミ処理の実態に迫る「除染ゴミが軒先や庭に今なお10万か所以上!撤去出来ない訳」と
自衛隊の知られざる歩みを読み解く「自衛隊変貌の30年~幹部たちの告白」を上映
参加費:300円
主催:映像で現代を語る会(090-5151-9763中森)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0608-1.pdf



●6月8日(土) 13時30分~16時30分 ドーンセンター(大阪府立男女共同参画・青少年センター)(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
連続セミナー陪審制度を学ぶ 第20弾
世界がびっくり!これで大丈夫か「日本の刑事司法」第2回

「取調べに弁護人は立ち会わないの? ~カルロス・ゴーン事件を参考に~」
講師:斉藤 司氏(龍谷大学教授) 
会費:1000円(学生は半額) 事前申込み不要 
主催:陪審制度を復活する会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0914.pdf



●6月8日(土) 14時~滋賀県立男女共同参画センター(G-NETしが) 大ホール(JR近江八幡駅南口より 約500m(約10分)近江八幡駅南口から近江バス 『男女共同参画センター前』下車 https://www.pref.shiga.lg.jp/g-net/about/103674.html
市民と野党の共闘で参議院選挙に勝利し安倍政治を終わらせる
6・8 滋賀県民集会

第1部 基調講演「安倍暴走政権と闘う」 佐高 信さん
第2部 統一候補・県内立憲野党の決意表明、諸団体アピール
参加費:500円
https://nonukesiga.exblog.jp/27605658/



●6月8日(土) 14:00~16:00 サンシティビル8階(ジュンク堂書店三宮駅前店の一つ上の階)(JR三ノ宮駅 ポートライナー「三宮駅」東徒歩3分 阪神/阪急神戸線「神戸三宮駅」東徒歩5分 https://honto.jp/store/detail_1570002_14HB320.html
ジュンク堂三宮駅前店トークイベント「経済にデモクラシーを取り戻すために」
『「反緊縮!」宣言』(亜紀書房) 刊行記念

松尾匡×梶谷懐×西郷南海子
この度、日本ではじめて「反緊縮」という言葉をタイトルに掲げた書籍『「反緊縮!」宣言』(亜紀書房、5月23日発売)が刊行されます。
 では、ここでいう「反緊縮」とは一体どういうものなのでしょうか? 一言でいえば「反緊縮」とは、「政府が積極的に財政支出をして、人びとの暮らしを支えていくこと」を指しています。これに対して、「緊縮」とは「政府が財政支出を抑制し、財政の立て直しを図ることによって、人びとの暮らしを貧しくしていくこと」を指していますが、今年の10月に予定されている消費増税は、典型的な緊縮政策だと言えるでしょう。
近年の欧州ではこの「反緊縮」という言葉を掲げて、長年の新自由主義政策によって苦しめられた人々の生活不安の声を拾い上げ、私たちの日々の暮らしに直結する経済の領域にも「民主主義(Democracy)」を求める運動が広がっています。
 『「反緊縮!」宣言』の刊行を記念して、本トークイベントでは、こうした反緊縮運動の理念を紹介するとともに、欧州とは異なるアジア(特に日本)にこの反緊縮の理念を根付かせていくにはどうしたらいいのか、そして経済に「民主主義」を求めるとはどういったことかについてお話をしていきたいと思います。」
主 催 ジュンク堂書店三宮駅前店
協 賛 亜紀書房/明石書店/薔薇マークキャンペーン/ひとびとの経済政策研究会/市民社会フォーラム
https://rosemark.jp/2019/05/26/05/



●6月8日(土) 14:00~宝塚氏市立西公民館 3階セミナー室(小林駅 www.city.takarazuka.hyogo.jp/about/1014688/shisetsu/kyoikukanren/1010939/1004611.html

日本と韓国・朝鮮の歴史をひもとく 康宗憲さんを招いて講演会
参加費:¥600
主催:朝鮮問題を考える宝塚市民の会/朝鮮学校を支える宝塚市民の会
連絡:TEL090-1480-8764
http://jimmin.com/events/event/日本と韓国・朝鮮の歴史をひもとく%e3%80%80康宗憲さん/



●6月8日(土) 14時~16時半 日本キリスト教団宝塚教会(阪急逆瀬川駅8分 https://www.homemate-research-religious-building.com/dtl/15091705725/
新宮市100年の歴史から学ぶ 受け継がれてきた「平和・博愛・自由・人権」の想い
参加費:500円
講師:中上和年さん 三鬼典親さん
※総会後に講演
参加費:500円
主催:宝塚宗教者・市民平和会議(090-1909-0203)
http://www.kinyobi.co.jp/event/20190531_002817.php



●6月8日(土) 13:00~兵庫県学校厚生会館2階ホール(JR「元町」・阪神「元町」駅東口から北へ徒歩2分 神戸市営地下鉄「県庁前」駅から南東へ徒歩5分 阪急「三宮」駅西口から、西へ徒歩7分 https://www.kouseikai.or.jp/public/fukushi/kaikan/kaigishitsu/access.html
犯罪被害者の支援を考えるシンポジウム
お話:斎藤 実 弁護士 黒井 新 弁護士
主催:実行委員会
後援:兵庫県・神戸市・兵庫県弁護士会
連絡:079-227-7705
http://www.kenpou-hyougo.sakura.ne.jp/osirase.html



●6月8日(土) 4:30~ロームシアター(旧京都会館)前(京都市営地下鉄東西線「東山」駅下車1番出口より徒歩約10分 https://rohmtheatrekyoto.jp/access/
6・8 沢田研二 京都コンサート会場前3000万人署名 大行動
一気に2000人が通る場所で 派手に署名をよびかけます。全市からの参加をよびかけます。
呼びかけ:安倍9条改憲No!左京市民アクション
https://www.facebook.com/events/357229365151539/



●6月8日(土) 13:00~18:00 HOURZ ROOMーアワーズルームー(大阪市西区江戸堀1-4-21 日宝肥後中央ビル2F2号)
国会トーク 国会の推しキャラについて語ろう
解説:飯田和敏(立命館大学映像学部教授)
入場料:大人¥500 学生無料 ソフトドリンクALL¥500
主催:肉球WEST(肉球新党関西支部)
http://jimmin.com/events/event/国会トーク%e3%80%80国会の推しキャラについて語ろう/



●6月8日(土) 18:30~ハートピア京都 大会議室(3F)(地下鉄「丸太町」5番出口すぐ/市バス・京都バス・JRバス「烏丸丸太町」下車 烏丸丸太町下ル東側 075-222-1777 http://www.heartpia-kyoto.jp/access/access.html
東アジアに平和を!
武力なき平和のための2019AENKOスピーキングツアー京都集会

「東アジアに平和を! 武力なき平和のための2019ZENKOスピーキングツアー」が始まりました。6月1日札幌を皮切りに東京、那覇、広島を巡り、8日(土)京都、9日(日)大阪にやってきます。韓国の済州島で軍事基地撤去に取り組むノ・ミンギュさん、沖縄で新基地建設阻止に取り組む奥間正則さんをお招きし、東アジアに平和を築くための講演と交流を行います。お近くの会場にぜひご参加をお願いします♪
韓国・済州島で軍事基地撤去の闘い ノ・ミンギュさん
沖縄・辺野古、高江で新基地建設阻止の闘い 奥間政則さん
http://www.zenko-peace.com/201906tour



●6月8日(土) 18:30~21:00 正恩寺(大阪市淀川区加島1-49-20 https://www.gojosaiten.com/osaka/tcd27123_001map.html
正恩寺 あじさいコンサ―ト
新住職を迎え、新しい歴史を刻み始めた正恩寺。これまであまりお寺に縁のなかった人も、気軽に来れる寺をめざしています。4年前には門徒によるお寺バンドの結成、毎年9月にはお月見コンサー、ボジョレーヌーボーを楽しむ会、憲法カフェ、終活のお話など、イベントを開催してきました。
今回は更に初のイベントとして、あじさいコンサートをやります!本堂での、ちょっと大人なライブです?
出演者:ミヤーモ  O Brother  正恩寺バンド
どなたでも参加できます。
入場無料です。申し込みはいりません。
アルコール、おつまみ販売します。
是非、正恩寺に紫陽花と音楽を味わいにいらっしゃいませんか?
https://www.facebook.com/events/398300574101860/



■6月8日(土) 午後11:00~00:00 NHK Eテレ
ETV特集「性犯罪をやめたい」
もう性犯罪をやめたい。そう願う人たちが集まる精神科クリニックが横浜にある。ここでは、性犯罪を何度も繰り返す人たちを性嗜好(しこう)障害として治療し、性犯罪の再発を防ぐためのプログラムが行われている。今回、半年にわたる密着ロケが許された。痴漢、盗撮、のぞき、強制性交等…さまざまな性犯罪で逮捕歴のある人たちの声に耳を傾けると、彼らの犯行パターン、思考回路、そして社会に潜む意外な盲点が見えてきた。
https://www4.nhk.or.jp/etv21c/x/2019-06-08/31/17833/2259647/



■6月9日(日)(再放送)深夜午前00:50~02:30 NHK BS1
BS1スペシャル「緊急被ばく医療の闘い~誰が命を救うのか~」
福島第一原発の事故発生直後、福島に入っていった医師たちがいた。「安全神話」のもと原発事故時の医療の準備はほとんどなく、国の指揮命令系統は混乱に陥っていた。そんな中、汚染された住民の対応、爆発で負傷した自衛隊員の治療など、最前線で奔走した医師たちには、命をめぐる重い判断がゆだねられた。独自に入手した、数千に及ぶ医師たち自身の撮影による写真と映像から、当時の医療現場のすさまじい実態を明らかにする。
https://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2019-06-08/11/18808/3115571/



6/6(木)18時半~戦争あかん!ロックアクション♪御堂筋デモ🎶@新町北公園

トランプのご機嫌取りに、F35ステルス戦闘機105機の爆買い!?
リスクの高い投資に年金基金をつっこんで、年金が払えなくなる!?
選挙が終わったら、FTAでアメリカに大幅譲歩!?
日本の農業崩壊!?
そして野党から突っ込まれる予算委員会は、野党の要請を無視して開催すらしない。
いったいどこの民主国家でこんなことが許されるのでしょう?

こんな政治になれたらあかん。諦めたらあかんでしょ!
心に染みいる音楽とコールで、道行く人たちに私たちの声を届けよう! 
安倍政権を終わらせよう!

●6月6日(木) 18:30~新町北公園(オリックス(旧厚生年金会館)前)(地下鉄四つ橋② 西大橋② 本町23) 19:10~デモ出発

戦争あかん!ロックアクション♪御堂筋デモ🎶

★サウンド隊大募集! 

主催:戦争あかん!ロックアクション


20190606デモ



プロフィール

Akko

Author:Akko
清志郎大好き。
旅行大好き。
ドイツ大好き。
でも最近忙しくて、旅行に行けません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR