脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2017年2月26日(日)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-98.html




●2月26日(日) 12:15~14:30 カトリック堺教会 聖堂(JR・南海高野線三国ヶ丘駅200mhttp://casakai1924.la.coocan.jp/
あの日から6年 小さくされた人に寄り添う
「福島原発事故によって大阪に避難する人の声」

内 容
12:15~14:30 DVD「日本と原発4年後」上映
14:45~被災者 「森松明希子」さんのお話
申込み・参加費:不要
主催:カトリック堺教会社会活動委員会
090-1900-9309 
http://kansapo.jugem.jp/



●2月26日(日) 10時~12時 茨木市福祉文化会館201号室(オークシアター)(JR茨木駅・阪急茨木市駅から約700メートル http://www2.wagamachi-guide.com/ibanavi/map.asp?mpsw=500&mpsh=400&uid=107&mpx=135%2E5711305&mpy=34%2E8140335&mps=2500&dtp=1&lid=3
避難者の声を聴く会
「原発避難者への住宅無償支援の打ち切りは許せません」

お話してくださるのはHさんです。先日のテレビ番組「ちちんぷいぷい」も観ながら支援打ち切りの問題点を話し合いたいと考えています。お時間のある方、ご参加ください。
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1437.html



●2月26日(日) 午後4時~5時 JR高槻駅西武デパート側
脱原発高槻アクション
雨でもやります。
ビラまき、アピール、コール、音楽はストリートオルガン
http://takatukigomi.sblo.jp/article/178624566.html



●2月26日(日) 午後2時~4時 三宮 神戸マルイ前
さよげん神戸 マルイ前アクション
多彩な顔ぶれで、アピール、署名活動などのほか、歌、さまざまなパフォーマンスなどで脱原発を訴えます。
御用とお急ぎの・・ある方もない方も ぜひお立ち寄りを。
http://sayogenkobe.blog.fc2.com/blog-entry-142.html



●2月26日(日) 14時~16時 コープこうべ住吉事務所 7階会議室( JR住吉駅北にすぐ) 神戸市東灘区住吉本町1-3-19 http://www.mapion.co.jp/address/28101/19:1:3:6/
第2回「放射能の影響と避難者のいま」
ゲスト:佐藤 麻由美 氏
聞き手:赤松 由梨(神戸YMCAリーダー会)
参加費:無料
事前申込: ksakata@kobeymca.org までメールでご連絡ください
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1405.html



●2月26日(日) 13:30~17:00 インパクト・ハブ・キョウト(西陣産業創造會舘,旧西陣郵便局2F 市バス 京都駅前(B1,B2 のりば)から 9系統・快速9系統・50系統「堀川中立売」徒歩3分 https://kyoto.impacthub.net/access/
グリーンアクション25周年パーティ&トーク
1991年11月に脱原発の活動を始めてから25年が経ちました。 これまで支えてくださった国内外の多くの方々に感謝いたします。
原発再稼動と核燃料サイクルを止めなければならない、今その真っ最中ではありますが、一瞬立ち止まって振りかえることにより更に効果的な運動に繋げていく機会として、また皆様への感謝の気持ちを込めまして、グリーン・アクションは25周年記念パーティー&トークを開催いたします。
どなたでもご参加いただけます。皆様のご来場をお待ちしております。
2017年も引き続きご指導ご支援の程どうぞよろしくお願いいたします!
・トーク13:30
・パーティー15:00
入場無料 英語/日本語通訳 定員70名(予約可能、グリーン・アクションまで)
グリーン・アクション
E-mail: info@greenaction-japan.org
TEL: 075-701-7223 FAX: 075-702-1952
http://www.wherevent.com/detail/Green-Action-Japan-%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-25%E5%91%A8%E5%B9%B4%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AF



●2月26日(日) 14:00~16:3 京都市呉竹文化センター2階第1会議室(京阪本線「丹波橋駅」・近鉄京都線「丹波橋駅」西口前 http://www.kyoto-ongeibun.jp/kuretake/map.php
「原発事故から6年、避難者は今何を求めているか」
1部14:00~ 活動報告&避難者のお話会
2部15:30~ 避難生活と住まいの相談会
主催:うつくしま☆ふくしまin京都-避難者と支援者のネットワーク
e-mail:rentai@s3.dion.ne.jp tel:090-8232-1664 (奥森、夜間のみ)
http://utukushima.exblog.jp/23661340/
http://utukushima.exblog.jp/



共謀罪
●2月26日(日) 14:00~三宮東遊園地(三宮)
ダメ 共謀罪法案
いわゆる共謀罪法案に反対する街頭パレード

政府が「共謀罪」と同じ趣旨で創設を目指す「テロ等準備罪」について、金田法務大臣は、犯罪を合意(共謀)する手段を限定しない考えを明らかにし、電話やメール、LINEでも合意が成立する可能性を認めています。
この法案が提出され通ってしまったら、広い範囲で会話や通信が捜査対象となり、私たちの私的なやり取りが、常に監視にさらされる社会になってしまうおそれがあります。ぜひみんなで反対の声をあげましょう!
コース:東遊園地~三宮センター街
https://www.facebook.com/asuwaka.hyogo/posts/1394960210566468



自由貿易協定
●2月26日(日)  14:00~16:30 兵庫県保険医協会(元町駅から南 徒歩10分 http://www.hhk.jp/pages/access.php
RCEP会合前日!ジェーン・ケルシーさん特別講演会
アジア太平洋のメガ自由貿易協定の行方と私たちの未来
==RCEP交渉の現状と問題点を語る==

講師:ジェーン・ケルシーさん(ニュージーランド・オークランド大学教授)
特別ゲスト:鳩山由紀夫元首相
演題「アジア太平洋のメガ自由貿易協定に友愛思想の導入を」
他、RCEP会合に合わせ来日する海外NGO、国内豪華ゲストを予定!
「RCEPに対する国際市民会議」の神戸での活動紹介とご案内もいたします。
米国のトランプ大統領の登場によって崩壊したTPP。しかし米国はその中身を二国間協定に持ち込み、日本を含む各国にさらに強い要求をする流れになっています。一方、世界にはTPP以外にも、米国とEUのTTIP、サービス分野の交渉であるTiSAなど、メガFTAが並行して進んでいます。その一つであるRCEPは、ASEAN10カ国と日本、中国、韓国、インド、豪州、NZの6カ国の計16カ国で交渉中の貿易協定です。「中国主導」と言われ米国からも警戒されていますが、果たしてその実態はどのようなものなのでしょうか? 2月27日~3月3日まで神戸で開催される第17回RCEP交渉会合には交渉参加国から600~700名も交渉官が参加し、関税、サービス、投資など幅広い分野で交渉を行いますが、その詳細は「秘密」です。RCEPには経済力や文化、社会、歴史も多様なアジア諸国が参加しており、日本の私たちの暮らしへの影響だけでなく、途上国や新興国の人々にも直接影響を与えかねません。そもそも、アジアの一国である日本は、この地域で経済だけでなく社会・文化面も含めてどのような協力関係を結び、どのような「アジア」を構想すべきなのでしょうか?また現在交渉中のRCEPの中身は、平和で持続可能なアジアの実現に果たして寄与するものなのでしょうか?
RCEP交渉会合直前のこの日、TPPやTiSA,RCEPなどのメガFTAを長年ウォッチし、国際市民社会のメンバーとして活躍するジェーン・ケルシーさんをお招きし、RCEP交渉の現状と問題点についてお聞きします。TPP、TiSAなど他のメガFTAの最新情勢も交えながら、世界の貿易協定の実像を知り、私たちの対案をご一緒に考えましょう。
ウェブサイト:http://rcepinfojp.blogspot.jp/
共催:RCEPに対する国際市民会議 RCEPに対する国際市民会議・神戸実行委員会
参加費:1,000円
http://shiminshakai.net/post/2261



辺野古新基地問題
●2月26日(日) 14:00~エルおおさか南館5階ホール(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html) 16:30~デモ出発
ここヤマトゥから 大阪から辺野古を闘う集い
昨年末、最高裁は「辺野古埋め立て取り消しは違法」との判決を下しました。沖縄の民意を無視するものです。高江では機動隊の暴力によって、オスプレイパッド建設を強行しました。山城博治議長は今も勾留されています。今、沖縄に憲法も人権もありません。
安倍首相は、憲法改悪に積極的な姿勢を示しました。辺野新基地建設と改憲はひとつのものです。だからこそ、ヤマトゥ(本土)の私たちが、 辺野古新基地を止めるために何ができるか、協力して行動を強める時です。集いへのご参加をお待ちしております
主 催:STOP!辺野古新基地建設!大阪アクション
http://blog.goo.ne.jp/stop-henoko-osaka/e/bfe6ce9a77e70b3f1cbbed6b702a7887



辺野古新基地問題
●2月26日(日) 午後2時~午後4時 大津市立堅田公民館第1・第2会議室(JR堅田駅下車徒歩15分 http://map.goo.ne.jp/place/25001573597/
「高江-森が泣いている2」連続上映会
沖縄のオスプレイ墜落事故(昨年12月13日)は、他人事ではありません。オスプレイは既に全国を飛び回っており、自衛隊も購入して配備を拡大しようとしています。2017年予算案ではオスプレイ4機の新規調達に391億円、関連経費に341億円を計上しています。欠陥機オスプレイを飛ばす沖縄・高江、辺野古新基地建設反対、配備撤回の声を広げていきましょう。ぜひ、連続上映会にご参加ください。
①「高江-森が泣いている2上映」午後2時より
②1月27日~29日沖縄連帯行動参加者からの報告と感想交流
※第2回上映会 3月5日(日) 午後2時~午後4時 大津市立勤労福祉センター3階視聴覚室
http://nonukesiga.exblog.jp/23858352/



労働問題
●2月26日(日) 13時半~16時半 国労大阪会館(天満駅出口から徒歩約2分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/map/)
働く者のセミナー
安倍の同一労働同一賃金は看板だけ―差別労働、搾取労働を一掃せよ!

日本の労働者の労働は、過酷で悲惨な状況になっています。2千万人に達する非正規労働者の賃金は正規の6割、ひどい差別賃金です。また、過労死に代表されるように長時間・過密労働がひろがっています。セミナーでは、こうした差別労働、搾取労働の一掃について議論し、闘いの道を探ります。
チューター:林 紘義氏
参加費:300円
主催:働く者のセミナー実行委員会(関西)
http://blog.livedoor.jp/marxdoushikai2016/archives/17377107.html



子どもの問題
●2月26日(日) 13:30~16時 エルおおさか南館7階72(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
子どもとともに生きよう 今、わたしたちにできること 
桜井智恵子さん講演会

子どもに学力・体力をつけ、社会的に自立できるように…よく言われることですが、その能力主義と競争教育が、実は学校をどんどんキツくし、子どもたちを苦しめていないでしょうか。いじめや不登校、問題行動と言われるようなことは、子どもたちの「しんどい」という悲鳴ではないかと思います。
ひるがえって見れば、おとなもまた、経済優先の社会の中で、何でも「自己責任」とがまんを強いられ、「成果主義」で追い立てられています。子どもたちの苦しい状況は、おとな社会のキツさをそのまま映しているようです。
先ごろ、不登校の子どもを「支援」するという法律が国会で成立しましたが、これも、不登校の子どもは学校の外の施設に行かせ、子どもがつらいと感じる学校そのものは変えようとしていません。
子どももおとなもしんどいと感じる学校や社会は変わらなくていいのでしょうか?今必要なのは、子どももおとなももっと生きやすい社会にできないか、市民一人ひとりが考えて動くことでは?という思いで講演会を企画しました。
オンブズパーソンとして子どもたちの話を聞き、またいじめの問題にも関わってこられた桜井智恵子さんにお話いただき、親も教職員も、子どもに関わる方も今関わっていない方も、垣根を越えてともに考えたいと思います。ぜひご参加ください。
<桜井智恵子さんプロフィール>
大阪大谷大学教授。川西市子どもの人権オンブズパーソン、大津の子どもをいじめから守る委員を経て、現在は門真市教育委員。著書に「子どもの声を社会へ」(岩波新書)、「市民社会の家庭教育」(信山社)など。近刊は「戦争への終止符」(共編著・法律文化社)。専門は教育学、思想史。子育てしながら大学生になり学ばれたそうです。
主催:フリースペースひまわり・子ども全国交歓会
連絡先:090-9695-1846(小川) E-mail:oyaibasyo@yahoo.co.jp
ブログ:http://sea.ap.teacup.com/oyaibasyo/
090-7096-4719(高松) E-mail:kodomozennko@yahoo.co.jp
http://westkozen.exblog.jp/25215070



子供の貧困
●2月26日(日) 3時半~Studio Citizen スタジオ シチズン(阪急電鉄千里線「関大前駅」北改札→北東出口→関大を目指して徒歩5分 サンシャイン関大前3階/Tel.06-4860-6756 http://ameblo.jp/griripon/image-12104035947-13489027111.html)
労働と暮らしのセミナー
「大阪が危ない!すべての親子に幸せを」

講師:寺内順子
全国的に貧困問題が深刻な中、大阪は全国的にも貧困世帯の比率がワースト2.8年間の維新政治の中で格差と貧困が深刻化しています。
今回は「大阪が危ない」と「労働と暮らしのセミナー」をジョイントし、朝日放送ラジオのおはようパーソナリテイ道上洋三ですに出演される、大阪社会保障推進協議会事務局長の寺内順子さんをお迎えし、シングルマザーを中心とした親子の貧困、最近相次いでいる子ども食堂の設立や、大阪の行政の貧困対策の問題点について語っていただきます。
参加費:500円 懇親会参加はプラス千円(軽食とソフトドリンク用意、アルコール希望者は実費)
申し込み:当日参加でOKです。
問い合わせ:お店 sutudio_citizen@yahoo.co.jp
主催者 yamashika0217@g.mail.com
プログラムはお店のホームページでも告知予定です。
http://citizen-p.com/event/



相模原事件
●2月26日(日) 14時00分~17時00分 立命館大学大阪茨木キャンパスB棟3階(JR茨木駅5分、阪急南茨木駅10分 http://www.ritsumei.ac.jp/rs/r2020/campus/oic/access/map.html/
津久井やまゆり園事件を考える2・26大阪集会
7月26日、相模原の障害者施設で「障害者は生きていても仕方ない」という動機により約50名の障害者が殺傷される事件が発生しました。このような考え方は社会の中に根付いた障害者に対する差別意識のあらわれであると思います。2016年12月8日、「相模原市の障害者支援施設における事件の検証及び再発防止策検討チーム」は最終報告書をとりまとめ、容疑者に対する措置入院の解除、退院後の監視が不十分であったかのように課題が示されました。そして再発防止の方策として、すべての措置入院者に対して退院後の計画を都道府県が作成し、保健所設置自治体が退院支援を調整することとされました。
プログラム
14:00  開会の挨拶 立岩真也(立命館大学・教授)
14:05  追悼
14:15  基調1 小泉浩子(日本自立生活センター)
14:35  基調2 西定春(社会福祉法人すばる福祉会理事長)
15:50  ミニコンサート はるまきちまき
15:00  講演 原昌平(新聞記者・精神保健福祉士)
15:30  指定発言 ピープルファースト京都、ALSの本人、精神障害の本人
16:00  フロアからの発言
16:30  閉会の挨拶 立岩真也(立命館大学・教授)
司会:長谷川唯(日本学術振興会特別研究員)
講演:原昌平(新聞記者/精神保健福祉士) 
基調:小泉浩子(日本自立生活センター)・西定春(社会福祉法人すばる福祉会)
資料代:500円
主催:津久井やまゆり園事件を考える大阪集会・有志
連絡先:すばる福祉会(西宮市上大市5丁目1-8)
TEL: 0798-53-0122 Email: nishi-s@ml.musubaru.info
当日連絡先:TEL 080-6004-6848(桐原尚之)
共 催:立命館大学生存学研究センター
http://www.ritsumei-arsvi.org/news/read/id/754



堺市長
●2月26日(日) 15:00~Dort(ドルト)堺東(堺東駅から304m https://tabelog.com/osaka/A2705/A270501/27064690/
おさみんCafe~堺大好きな若者と竹山市長のトークイベント~
竹山おさみ堺市長と堺の若者によるトークイベントです。
若者向けイベントといいながら、年齢不問です。
気持ちが若ければ誰でも参加OK!!
第1部 参加型トークショー「竹山市長と一緒に堺を知ろう!」
15:00~16:30
スペシャルコーディネーター
楠 雄二朗/U.K.と竹山市長とのトークセッションを行います。
参加者の皆様からも質問をその場で受け付けます!
第2部 懇親会
17:00~19:00
参加者皆様と懇親を深めていただきます!
ビュッフェ&飲み放題
※2部は会費4000円です。1部のみでは無料です。
※1部~2部の休憩時間には名刺交換会なども企画しております。
※参加資格は2月26日時点で18歳以上の方に限らせていただきます。
https://www.facebook.com/events/300630633673173/



第九条
●2月26日(日) 午後2:00~4:30 阿倍野市民学習センター(地下鉄谷町線「阿倍野」駅7号出口方面からあべのベルタ地下2階通路を通りエスカレーターで3階へ/「天王寺」駅徒歩8分http://osakademanabu.com/abeno/access
映画『第九条』感想会
映画『第九条』を観た感想や、憲法制定史、九条と自衛隊などについての意見交換を行います。 是非お越し下さい。
http://www.liveinpeace925.com/schedule/schedule.htm



長 田
●2月26日(日) 13:00~受付開始 カフェ ナドゥリ(JR新長田駅徒歩3分・新長田駅197m https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280110/28040666/)13:30~フィールドワーク出発
長田在日大学2017~長田区南部を歩く。語る。
朝鮮から、奄美から、そして近年はベトナム人も多く住むようになったまち、長田。そのなかでも兵庫区にまたがる南のほうは万葉集にも「真野」という古地名で詠われ、明治以降には神戸の工業、地場産業が産声を上げ、発展していった地域である。
私たちがそのお人柄から親しみを込めて呼ぶワダカンさん、こと和田幹司さんは、この地で生まれ育った。阪神・淡路大震災で自宅全壊にあいながらも、震災後のまちづくりや地域活動を精力的に担われ、FMわいわいのパーソナリティー、JR新長田駅前での追悼行事「1.17KOBEに灯りをinながた」の実行委員長などを務めておられる。また、震災から22年が経った今でも長田区内の約30か所を半年に1度、定点撮影するなど、震災の記憶と記録を次世代へ伝えようとしている。活動のかたわら、この地域の産業の歩みや古代からの長田の歴史、平家ゆかりの土地柄、震災21年の歩みなど、「真野」に関する3冊の本も出された。
今回の長田在日大学は、ワダカンさんをナビゲーターに昨年11月の「金斗鉉 長田の風景と李朝展」で描かれていた5箇所をご案内していただきながら、朝鮮人と日本人が出会うはるか以前からの長田、そこで暮らしてきた人びととまちの物語をお話ししていただきます。
・13:00~受付開始 (カフェ ナドゥリ)
・13:30~フィールドワーク※出発 (約2時間)
・16:00~お話し (カフェ ナドゥリ)
講師:和田幹司さん
参加費:1000円(どちらかのみ参加の場合は500円)
☆終了後、懇親会を予定しています(参加費実費)
※フィールドワークは天候が悪ければ中止することもあります。
主 催:一般社団法人神戸コリア教育文化センター
https://www.facebook.com/events/166606960503093/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Akko

Author:Akko
清志郎大好き。
旅行大好き。
ドイツ大好き。
でも最近忙しくて、旅行に行けません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR