(1/25更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2017年1月23日(月)~27日(金)

★1/25追加情報
●1/27(金)までのイベント情報を追加しました。
★1/24追加情報
●1/25(水)までのイベント情報を掲載しました。


【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-80.html




憲法カフェ
●1月23日(月) 午前10時~午後2時 AWAI CAF(あわいかふぇ)(南海貝塚駅 貝塚市北町13-12 http://www.finerestaurantfinder.com/restaurant/1628644517352291/AWAI+CAFE)
憲法カフェ@大阪市貝塚市
「憲法と音楽♪」

「憲法改正」ってよく聞くけど、そもそも「憲法」って何?? 難しく聞こえるけれど、本当は私たちの暮らしにダイレクトに関係する「憲法」。そんな憲法を分かりやすく解説してもらいます。まずは知ること、知憲から。
そして今回は「憲法カフェ」+「音楽ミニライブ」のコラボイベントです!!
午前中は憲法を学び、午後からは音楽を聴きながらゆったりとした時間をお過ごし下さい。
【スケジュール】
憲法カフェ 10時~12時 講師:小谷成美弁護士(のぞみ共同法律事務所)
ミニライブ 12時~14時くらいまで
出演アーティスト 
・ヒトリバンケット と いとうゆきこ(ギター弾き語り&トランペット、コーラスなど)
・サマンサ (女性ムビラユニット) 
・ウクレレトリオ 他
参加費:800円(カフェ付き)
申し込み:AWAI CAFE 帯谷(おびたに)090-6558-9024
※当日はパン、カレー、お菓子などの食べ物の販売も予定しています!
http://www.asuno-jiyuu.com/2017/01/blog-post_22.html



在 日
●1月23日(月) 19:00~20:30 猪飼野セッパラム文庫(天王寺区細工谷2-14-8 090-9882-1663 近鉄「上本町六丁目駅」8分・地下鉄「谷町9丁目駅」10分、ドンキホーテ上本町店から東へ、セブンイレブンを右へ約100m、左側3軒目 http://www.mapion.co.jp/m2/34.66158997553531,135.5232413888889,16 ) 
猪飼野セッパラム文庫「映像で見る朝鮮韓国在日」第15回上映会
関西テレビ「ヘップサンダル-大阪・生野の夏-」(1984年放映、49分)
NHK「新・猪飼野物語」(1988年放映、30分)
入場無料・定員15名・要予約
主 催:猪飼野セッパラム文庫 
http://sepparam-bunko.jimdo.com/



●1月24日(火) 11:00~16:00 モモの家(阪急吹田駅から歩いて5分 JR吹田駅から歩いて12分 http://www.momo-family.org/?page_id=9
かえるCafe (毎月第2・4火曜日に開きます)
東日本大震災で避難してこられたみなさん そして心をよせる関西のみなさん
ほっとして 出会って 語りあって つながろう
草木染や手仕事などもやってます。
飲み物:300円
Menu:デトックス茶 有機栽培コーヒー 黒煎り玄米コーヒーなど
※避難者さんは交通費半額補助します
http://happy.ap.teacup.com/momonoie/



●1月24日(火) 午後6時~午後8時 阪急上牧駅駅前広場
原発ゼロ上牧行動(雨天中止)
アピール、ビラまき、コール、ポスティング、ストリートオルガン。
多彩なアクションですが、参加の人数が減ってきて大変なんです。
少しの時間でも参加していただければ嬉しいです。
http://takatukigomi.sblo.jp/article/178242946.html



●1月24日(火) 大阪市立社会福祉センター(地下鉄「谷町九丁目」駅、近鉄「大阪上本町」駅11番出口 http://www.shafuku-center.jp/shisetsu.html)
カフェイモニカイ&避難者ピアサポート@大阪市立社会福祉センター
ゲスト:弘川欣絵弁護士 nara-actionの堀田美恵子さん
☆堀田美恵子さんは、nara-actionの代表として、東日本大震災被災者のための短期支援ハウスをいち早くはじめてくださったり、奈良での避難者交流会を開催してくださったり、保養活動、奈良・市民放射能測定所会員、被災者・避難者にずっと寄り添ってくださっている方です。
☆弘川欣絵先生は、長野総合法律事務所所属 http://nagano-law.com/bengoshi/hirokawa.html
「日本弁護士連合会 難民認定問題特別部会」「明日の自由を守る若手弁護士の会」に参加されている先生です。
*イモニカイは、2部構成になってます
・1部 Cafe IMONIKAI(同室保育)10時30分~13時
・2部 ピアサポート(別室保育)13時~15時
お問い合わせ・申込み先 peimonikai@gmail.com (お名前・連絡先と大体の予定時間もお願いします。)
主催:ドーン避難者ピアサポートの会
協力:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream
http://sandori2014.blog.fc2.com/
ジェンダー平等をめざす藤枝澪子助成
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1386.html



沖縄米軍基地問題
●1月24日(火) 午後5時~6時の(毎月第二水曜日と第四火曜日) 四条河原町マルイ前
『No Base! 沖縄とつながる京都の会』定例街頭宣伝
沖縄の基地問題に多少なりともかかわりをもつと、現地と本土の意識のギャップ、ありていに言えば本土の市民の無関心さをひしひしと感じさせられます。その無関心さの中になんとか分け入って、一人一人の心に、沖縄にもどこにも基地はいらない。日米の軍事的一体化を止めようという想いをつなげていく粘り強い取り組みが求められています。
当会内でも「中学生にもわかるチラシ」という宿題が与えられています。なかなかそのレベルに達してはいませんが、なんとか道行く人に訴え続けていきたいと思っています。
お時間がありましたら、ともに街頭に立って想いを伝えていただければありがたいです。
主催:No Base! 沖縄とつながる京都の会 https://www.facebook.com/okinawakyoto



沖縄米軍基地問題
●1月24日(火) 午後7時30分~Irish Pub Gnome(アイリッシュ パブ ノーム)(京都市役所前駅徒歩5分 https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260202/26005894/dtlmap/ 一之船入町375SSSビルBF1)
【米軍ヘリパッド基地建設に反対する沖縄高江現地からの報告@京都Gnome】
日本政府は自然豊かな沖縄高江の声を無視し、オスプレイも離着陸する米軍ヘリパッド建設工事を他府県から動員した機動隊を使かって強行しており、不当弾圧も続出しています。そのような最中の昨年12月8日から12月10日にかけて、6名の京都在住有志が沖縄高江を訪問し、地域と支援者の人たちとともに基地建設阻止の座り込み闘争に参加しました。今回この有志のうちの5人から、なかなか伝わってこない沖縄高江現地の生の声や姿を、アマチュアカメラマンの撮った写真や動画などプロジェクター映像も織り交ぜながら、京都の皆さんにわかりやすく伝える報告会を開催します。ぜひご参集ください。
参加費:ワンオーダー制
主催:GNOMEサロン
https://www.facebook.com/events/743527122470394/



朝鮮高級学校無償化
●1月24日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



アスベスト
●1月24日(火) 13:30~立花公民館(阪急塚口駅北改札口北西へ徒歩約7分 http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/map/institution/05_011.html
地域・現代学講座「アスベスト問題を知る」第3回 
13:30~14:30
「私の体験について」
講師:アスベスト被害者 塩見幸治
14:30~15:30 
「アスベスト問題の報道について」
講師:毎日新聞大阪支社社会部 編集委員 大島秀利
定 員:40 人(要申込み)
参加費:無料
問合せ:立花公民館  06(6422)6741 
http://www001.upp.so-net.ne.jp/aoce/amagasuki85-1.pdf



●1月25日(水) 午前10時30分~12時 神戸学生青年センターホール(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/
「電力自由化の“トリセツ”」
講師:京都大学大学院地球環境学舎修士課程 加志村 拓さん
2016年4月から電力の小売り自由化がスタートしました。この食料環境セミナーでは直前の1月にこのテーマを取り上げ、その基本的な内容について学びました。2017年からはガスの自由化も見込まれ、各事業者は電気、ガス、通信をセット販売するなど、料金の安さを中心にPRしています。
今回のセミナーでは、ドイツなど欧州の多くの国では義務づけられている電源構成の開示が日本ではまだ努力義務であることから、電源構成の読み方、またパリ協定を受けて迫られてくる地球温暖化の問題に対する環境負荷の考え方などを含めて、電力会社の見極め方についてお話していだきます。これまで独占的に提供してきた一般電気事業者からどこかに変わりたいと思いつつ、まだ決心できていない方も多いと思います。どうぞご参考になさってください。
参加費:600円
※託児(無料)があります。必要な方は前々日までに予約してください。
主 催:(公財)神戸学生青年センター
TEL 078-851-2760  FAX 078-821-5878
http://ksyc.jp/seminar/ss-201612-201703/



●1月25日(水) 10時半~12時 京都市民放射能測定所(京阪本線・近鉄 丹波橋駅「東口」徒歩1分 http://nukecheck.namaste.jp/pdf/accessmap.pdf
『うつくしま☆ふくしまin京都 ほっこりカフェ』
内容 避難ママや支援の皆様とのおしゃべりカフェ。お気軽に参加ください。
参加費:300円 差し入れ歓迎します。
準備の都合もあります。参加の申し込みをお願いします。
連絡・申し込み:egaotunagarou@gmail.com 高木
当日参加も大歓迎です(^o^)
http://maruttonishi.blog.fc2.com/blog-entry-1127.html



憲 法
●1月25日(水) 19:00~ 20:30 中津ぱぶり家(阪急中津5分 中津商店街内 http://www.mapion.co.jp/address/27127/36:3:18:18/ 大阪市北区中津3-18-22)
芦部『憲法』読書会
毎回だいたい1章ずつ読み進めています。ただし章によっては分量が多いため、複数回に分けて読んでいます。今回は第11章の「人身の自由」(第5版では234頁)を読む予定です。
【概要】
芦部信喜『憲法』岩波書店の読書会です。最新版は高橋和之先生が補訂した2015年出版の第6版ですが、1999年の新版補訂版以降は原則として芦部先生の本文に違いはないため、新版補訂版以降の版であれば、どの版であったとしても読書会に参加いただく上で大きな支障はありません。古い版で参加される人も、高橋先生が補訂された部分は新しい版を持っている人に読んでもらえばいいでしょう。新品で買えば3500円近くしますが、古本で探せば108円で手に入ることもあります。
とりあえず会そのものは森本(中津ぱぶり家の中の人)が主宰することにします。ただし、仕事、他の予定で手一杯になってきたので、基本的には私がいなくても、中津ぱぶり家の鍵を持っている人を含めて参加者が2人以上いれば会が存続するようなものとしてやっていけたらと考えています。
その時々の参加者が何を望んでいるかにもよりますが、参加者の中に詳しい人がいたら、詳しい参加者にリードしてもらったり、逆に詳しくない参加者が詳しい参加者に疑問をぶつけてみたりしながら進めていけたらいいかもしれません。
【中途参加について】
第2回目以降からの参加も可能です。途中から読みはじめても内容を理解するのに極端な困難は生じないでしょう。ただし、本書の内容を十分に理解するためには最初から最後まで通読することが肝要でしょうから、せっかく勉強会に参加するのでしたら、すでに勉強会でやってしまった箇所もできるだけ読むようにしてもらえたらなと思います。
参加費・参加方法:参加費 500円(学割300円)
予約不要、フリードリンク
お問い合わせ先など:イベントについてのお問い合わせは下記まで
morimotoseiichi[s]gmail.com([s]を@に置き換え)
中津ぱぶり家についてのお問い合わせは下記まで
nakatsupublica[s]gmail.com([s]を@に置き換え)
https://www.facebook.com/events/1769333696662522/



■1月25日(水) 午後10時~NHK総合
クローズアップ現代
これって“過剰”? ニッポンのサービスが変わる

何度も再配達してくれる宅配便。24時間営業が当たり前のファミレスやコンビニ。「お客様は神様」とし、至れり尽くせりの丁寧なおもてなしで“世界一の便利さ”を生んできた日本のサービス業。でも、そこで働く人たちはヘトヘトに疲弊。そして「実はムダが多くて生産性が低い」という声も。一体どうすればいいの?従来の日本型サービスが“過剰”だったのではないかと“サービス改革”を始めた最前線の現場を取材しました。
http://www.nhk.or.jp/gendai/schedule/#p3923



気候変動
●1月26日(木) 午後6時半~ひとまち交流館 京都第1・2会議室 (京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html)
グローバル・ジャスティス研究会1月の企画
~気候変動・パリ条約と日本の課題

持続可能な世界のために、今しなければならないこと
地球温暖化の抑止のための国際的な取り組みは今、どこまで進んでいるのか? もっとも大きな影響を受ける「南」の国々は公正な気候変動対策(クライメート・ジャスティス)と「システムの変革」を求めています。COP21で合意されたパリ条約の意義、16年にモロッコで開催されたCOP22から見えてきた課題などについて報告していただきます。
講師:田浦健朗さん(気候ネットワーク事務局長)
参加費:資料代として500円(割引希望の方は受付でお申し出ください)
会員募集中(会費は半年500円、1年1000円)
問い合わせ:080-2742-2590(佐々木)まで
http://attackansai.blog.eonet.jp/default/2016/12/post-8cce.html



憲 法
●1月26日(木) 午前10時~正午 尼崎市立小田公民館 学習室2.3(JR尼崎駅北側徒歩5分 http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/map/institution/05_009.html
なるほどザ・けんぽう!
クイズと紙芝居でやさしく学ぶ憲法・人権・平和

憲法は、私たちが人間らしく生きていく上で国によって保障されるべきことが、たくさん書かれています。この機会に憲法について楽しく学びませんか。
受講料:無料
募集定員:30人(先着順)
申込み:電話か直接小田公民館へ
申込み・問合せ先:尼崎市立小田公民館 電話 06-6495-3181 FAX 06-6495-3182
月曜日から土曜日の午前9時から午後5時まで(日曜日・祝日は除く)
http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/kouminkan/106_kouza/34562/039171.html



沖縄米軍基地問題
●1月26日(木) 18:30 ~20:30 京都YWCA(地下鉄丸太町2番出口より北へ5分 2つ目の信号を左折 http://kyoto.ywca.or.jp/access/index.html
カフェ・フリーデン「沖縄を考える」
昨年、沖縄では、高江でのヘリパット強行建設や「辺野古違法確認訴訟」など米軍基地の強化を推進する政府によってさまざまな形の暴力が吹き荒れました。本土のマスメディアはこのような現場での暴力に無関心を決め込み、ネット上では基地に反対する人々を「プロ市民」等と侮蔑する言説が飛び交っています。沖縄について何だか「聞きづらい」・「話しづらい」…そんなあなた、一緒に考えてみませんか。
話題提供者:御前麻里さん、神門佐千子さん、下村泰子さん、勝山久仁子さん(以上、すべて京都YWCA会員)
内 容:最近、沖縄を訪問してきた体験を持つ4人の京都YWCA会員(20~70代)が、沖縄への思いを語ります。辺野古・高江の現場を訪れて感じたことや、5年に一度開催される「世界ウチナーンチュ大会」の盛り上がりについての報告後、Q&Aや意見交流も予定しています。
対 象:どなたでも参加可
参加費:300円 申込み不要
主 催:京都YWCA平和委員会
http://kyoto.ywca.or.jp/event/%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3%E3%80%8C%E6%B2%96%E7%B8%84%E3%82%92%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B%E3%80%8D/



君が代不起立問題
●1月26日(木) 14:30~大阪高等裁判所(地下鉄淀屋橋より北東へ8分 大阪市役所の北側、橋を渡り直すぐ http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/)
「君が代」不起立減給処分取消訴訟控訴審第1回口頭弁論
2011年6月、橋下徹府政のもと、全国でも例をみない条例が施行されました。「君が代」条例ーー卒業式や入学式で教員に「君が代」起立斉唱を義務付けるものでした。そして翌年4月には、3度の不起立で免職とする「処分」条例までもが施行されました。
私は、戒告、減給と処分され、その上、次は免職との警告書も出されました。定年退職後、再任用は拒否され、府立高校教員としての職は奪われました。
2014年1月20日、減給処分取消の訴えを起こしました。最高裁の判例から考えて裁量権の逸脱濫用で勝訴を信じておりましたが、2016年7月6日敗訴し即日控訴しました。
大阪地裁内藤裕之裁判長の判決は、原告として到底承服できるものではありませんでした。判決主文すなわち請求棄却はもちろんなのですが、そこに至るプロセスがあまりにも杜撰であったことに、裁判ってこれほどまでにいい加減なものなのかと驚愕させられました。
何より驚いたのは、審理中である人事委員会戒告処分不服申立について、「人事委員会は戒告処分を承認するとの裁決を行った」と書かれていたことです。私がそれまで描いていた裁判所の最低限のモラルさえないことに正直愕然としました。
内藤裕之裁判長がまだ出ていない人事委員会の裁決を「処分承認」とした判断回路には一体どのような心理が働いていたのでしょうか。私には、どう考えても内藤裕之裁判長には「君が代」不起立は許されないという予断と偏見があったとしか思えません。本来は証拠や証言に基づき事実認定を行うはずの裁判所でこのような予断と偏見による事実誤認があったことは到底許されることではありません。この事実誤認を前提として判決がなされていることを考えると、その一点においても控訴は当然でした。
しかし、私が何より主張したいことは、「君が代」条例とそれに基づく職務命令によって、卒業式が本来の意義(それは何より卒業生の巣立ちの場であるはずなのですが)から離れて、行政の要請により全員が「君が代」を起立斉唱するスタイルを作り出すことに躍起となっている事実なのです。そのことを多くの方々に知って欲しいのです。私はそれが怖いのです。
いよいよ控訴審第1回口頭弁論が近づいてきました。この日は控訴人として冒頭陳述する予定です。みなさまへ、どうか傍聴支援にお越しくださいませ。この裁判は、控訴人こそ私一人ですが、今後の大阪や日本の教育を左右するものだと思っています。大阪「君が代」条例は、個人の尊厳を冒涜するものと信じて止みません。どうかみなさまのお力をお貸しください。よろしくお願いいたします。
https://www.facebook.com/events/393269054353301/



朝鮮学校補助金問題
●1月26日(木) 12:30~裁判所前東南角 13:30~大阪地裁202号法廷(地下鉄淀屋橋より北東へ8分 大阪市役所の北側、橋を渡り直すぐ http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/)
朝鮮学校 大阪補助金裁判判決言渡し
いよいよ1月26日木午後1時半に大阪朝鮮学園が大阪府大阪市に対し補助金を停止したことが違法であると訴えた裁判判決が下ります。12時半に裁判所前東南角に集合し横断幕を持ち、1時より傍聴抽選のため裁判所前に並びます。この裁判は日本が人種差別を正当化し、過去の歴史を無視し、子どもの笑顔と夢を奪うのかが問われる裁判です。ぜひ一人でも多くの方のご参加をお願いいたします。



朝鮮学校補助金問題
●1月26日(木) 18:30~20:30 中央区民センター2階大ホール(地下鉄堺筋線・中央線「堺筋本町」 http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016605.html
大阪補助金裁判判決言渡し報告集会
資料代:500円・高校生以下無料
主 催:無償化連絡会・大阪 http://www.renrakukai-o.net/index.html



フィリピン
●1月26日(木) 19:00~21:00 よつ葉ビル5階(阪急京都線「茨木市駅」南改札から徒歩7分 https://www.mapion.co.jp/m2/34.81291503,135.57687422,16
この傷ついた世界の中で~フィリピン活動家の現場からみた国家と新自由主義
いま、日本を含めた世界各地では、経済格差やマイノリティに対する排除が拡大し、「先のみえないような」混沌と矛盾が深まっています。
昨年、フィリピンではドュテルテ政権が発足しました。現政権による「麻薬戦争」で警察・自警団によって、約6000名の人々が殺害。いまも続いています。しかし、人々から非常に高い支持率を維持。2040年までにフィリピンから貧困をなくすと宣言し、また米軍基地問題はじめ、
日本や中国、アメリカに対して、これまでになかった外交を展開しています。
フィリピン・セブの現場に生きる社会活動家から、現代世界や日本はどのようにみえるのでしょうか?私やあなたの生きる、この社会/世界のいまを考えます。
報告者:Emalyn Magdasal Alivianoさん
社会活動家。国家・企業による人権侵害への対応など、セブ市内の最貧困地域に生きる若者たちと共に社会運動に従事。社会問題を教育機関、国際NGO、セブ市議会などの場で伝えている。
(終了後、交流会予定しています)
定員:40名
参加費:無料
主催:Solidarity of People in Osaka and Cebu (SPOC)
共催:地域アソシエーション研究所
問い合わせ:072-630-5607(担当:下前、山口) spoc_2016@yahoo.co.jp(担当:ラボルテ)
https://www.facebook.com/events/242424476196419/



相模原殺傷事件
●1月26日(木) 13時半~17時 立命館大学国際平和ミュージアム(京都駅よりバス「立命館大学前」)
講演&シンポ なにが問題か? あなたはどうする? 相模原殺傷事件から半年
講師:竹内章郎さん
参加無料
主催:実行委(075-465-5451)
http://www.kinyobi.co.jp/event/20170120_002212.php



■1月26日(木) (再放送)午後6時00分~午後6時50分 NHK BS1
ドキュメンタリーWAVE「希望と絶望のティファナ~トランプ就任 国境の町は今」
トランプ大統領誕生を前に、アメリカと国境を接するメキシコ・ティファナに、貧困と治安悪化にあえぐ中米の国々からの移民希望者が押し寄せている。NPO団体ボーダー・エンジェルが衣服や食料を配るなど人道支援を行っているが追いつかない。厳しい移民政策が始まる前にアメリカに行きたいと、移民希望者の多くは危険な不法入国を試みる。ボーダー・エンジェルに密着し、トランプ大統領の誕生に揺れる国境の町の今を伝える。
http://www4.nhk.or.jp/documentary/x/2017-01-26/11/34857/2263185/



■1月26日(木) 午後9時00分 (再放送)午後09:00~09:50 NHK BS1
BS1スペシャル「美術家たちの太平洋戦争~日本の文化財はこうして守られた~」
世界の観光客が訪れる寺社など日本の文化財。太平洋戦争をどう生き延びたのか、知られざる物語。法隆寺に魅了された米・美術家が中心になり、守るべき日本の文化財リストを在米日本人も協力し、極秘に作成。攻撃計画する米軍に送られた…。戦後も日本の文化財は被害の賠償として奪取される検討が。国際舞台や米政府内での激論に立ち向かったのも美術家だった…戦中戦後の極秘活動を取材。遺族や関係者、米軍機密資料から明らかに。
http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2017-01-26/11/4038/2515630/



■1月26日(木) 午後9時00分~午後10時00分 NHK BSプレミアム
フランケンシュタインの誘惑「“いのち”の優劣 ナチス 知られざる科学者」
科学史に埋もれた闇の事件簿。今回取り上げるのはナチス・ドイツが行った人間の「淘汰」。障害者やユダヤ人ら600万人以上が犠牲となった。その科学的根拠を作り上げた中心人物でありながら、ほとんど知られてこなかった科学者がいる。優秀な人間にのみ存在価値を認める「優生学」を信奉、ユダヤ人を特定する方法を研究し人種鑑定に携わった。弟子を使って強制収容所から大量の血液を送らせた。謎の科学者の、戦慄の人生に迫る!
http://www4.nhk.or.jp/P3442/x/2017-01-26/10/34776/2071009/



●1月27日(金) 関西電力本社前(JR「大阪駅」阪神・阪急「梅田駅」徒歩約15~20分 「北新地駅」徒歩10分「淀屋橋駅」徒歩約10分 「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:30頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:30 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●1月27日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●1月27日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●1月27日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&三宮駅までのパレード



●1月27日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に!
一年中で一番寒い季節です。暖かい格好で、ヒカリモノで元気に!脱原発の願いを込めて 音楽・アート大歓迎。手作り看板・鳴り物持参で。福島のこども達のための街頭カンパもやってます!再稼動許さないの声をもっと!
https://www.facebook.com/events/152965658535408/



このほか大阪茨木市、羽曳野市、寝屋川市、京都、兵庫、滋賀、奈良、三重、和歌山など各地の関電支店前やその他の場所で全国一斉金曜行動が行われています。
全国の金曜抗議行動をまとめたサイトはこちら。
 ↓ ↓ ↓ 
全国金曜抗議一覧  
http://demojhks.seesaa.net/article/296349527.html



●1月27日(金) 10:15~16:30(傍聴席抽選は9:35~9:50) 京都地方裁判所101号法廷(地下鉄烏丸線 丸太町駅1・3・5番出口から徒歩5分 http://www.geocities.jp/genkokusien/kyototisai.htm)
原発賠償京都訴訟 第22回口頭弁論
(専門家証人尋問 原告側 崎山比早子氏)
12:00~13:10休憩
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1359.html



●1月27日(金) 18:30~20:30 シアターセブンBOXⅠ(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
市民社会フォーラム第194回学習会
福島の愉快な闘う農家・三浦広志さん講演会

「都会を離れて福島に住もう」
『福島のおコメは安全ですが、食べてくれなくて結構です。』
の主人公・三浦広志さんが関西に来られる機会に講演会を開催しますので、ぜひお越しください。
『福島のおコメは安全ですが食べてくれなくても結構です』(かたやまいずみ著・かもがわ出版)の主人公・三浦広志さんが、南相馬市再生への取り組みや福島での農業の現状についてお話しします。
【三浦広志(みうら・ひろし)さん】
福島県南相馬市の農家。みうらファミリー農園代表。福島第一原発の炉心から11kmの地点にある5haの農地で専業農家を営み、無農薬・減農薬の米や野菜などを作っていた。学校を卒業した息子さんと農業を始めた矢先に東日本大震災被災。壊滅的な被害を受けながらも、地域の農業の復興をめざして、直後から国・東電・自治体等との交渉を始める。また、NPO法人「野馬土」を設立、産直品の販売、イベント開催など多彩な活動を展開している。
【『福島のおコメは安全ですが、食べてくれなくて結構です。三浦広志の愉快な闘い』】
(かもがわ出版サイトより http://www.kamogawa.co.jp/kensaku/syoseki/ha/0753.html
1000万袋以上のうち、2012年=71、13年=28、14年=0。
3年を経て福島のコメからは、国基準以上のセシウムは検出されなくなった。普通の除染のように土を取り除くと、田んぼから栄養も奪われる。だから、セシウムの多い表土を掘り起こし、稲が吸い込まない下の方に埋め返す、そんな地道な作業のくり返しだ。
福島の農民の努力と厳格な検査の結果、コメの安全性に三浦は自信がある。しかし、「食べてほしい」とは言わない。「安全」の押しつけと反発する心も分かるから。
ただただ安全なコメをつくり、測り続ける。売れないのは国と東電の責任だから、「食べる」「食べない」で国民が分裂してはダメ。売れないことの賠償は国・東電に求める。長い闘いだから楽しくやりたい。三浦のまわりには笑顔と笑い声があふれる。農民・三浦の愉快な闘いの記録。 
参加費:1,000円
協 賛:かもがわ出版
お申込みなしでどなたでもご参加できますが、人数把握のためご連絡くださればありがたいです。
メール:civilesocietyforum@gmail.comまで。
http://civilesociety.jugem.jp/?eid=35132
   


天皇制
●1月27日(金) 午後7時~京都YMCA(中京区・三条柳馬場角 http://kyotoymca.or.jp/?page_id=324)
守ろう憲法と平和 きょうとネット1月例会
テーマ 天皇の生前退位問題とは? そもそも天皇制をどう考える!?
話題提供:大八木賢治さん(きょうとネット会員)寺田 道男さん(きょうとネット会員)
現在の天皇が提起した生前退位問題が様々な立場から議論されています。 
年末のきょうとネットの望年会においても、2・11建国記念の日不承認京都府民のつどいが紹介され、天皇の生前退位問題にも議論が及びました。そこで、天皇の生前退位問題はどのように捉えるべきなのか、そもそも天皇制をどのように考えるのか、あらためて学びたいと思います。
建国記念の日不承認京都府民のつどいに取り組む大八木さんと京都「天皇制を問う」講座実行委員会の寺田さんに、それぞれの立場から話題提供をしていただきますので、多くの皆様のご参加をお願い致します。
http://civilesociety.jugem.jp/?eid=35414



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Akko

Author:Akko
清志郎大好き。
旅行大好き。
ドイツ大好き。
でも最近忙しくて、旅行に行けません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR