(1/14更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2017年1月14日(土) 

★1/14追加情報
映画『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』
上映中~終映日未定 シネ・リーブル梅田(JR大阪駅 梅田駅)
★1/12追加情報
●1月14日(土) 14:00~16:00 リバティおおさか(大阪人権博物館)研修室((JR環状線「芦原橋駅」)
アフガニスタン難民の話しを聞こう!
■1月14日(土) 午後07:00~08:50 NHK BS1
BS1スペシャル「原爆投下 知られざる作戦を追う」


【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報


『追憶』 (日本/2015年/76分)
1944年、海岸線は血に染まり、1万を超える命を奪い去った。
南太平洋パラオ諸島に浮かぶ美しき小さな島、ペリリュー島。
忘却の彼方に浮かぶペリリュー島の記憶が、平和への思いを紡ぎ出す――
第二次世界大戦終結から70年を迎えた2015年4月9日、天皇・皇后両陛下がパラオ共和国ペリリュー島で戦没者を追悼された。日本軍約1万人が戦死したペリリュー島に建てられた「西太平洋戦没者の碑」に、日本から持参された白菊の花束を手向け、深々と一礼された後、海の上はるか先に望むアンガウル島の戦没者にも拝礼された。
1944年9月15日から11月24日、ペリリュー島では70日に及ぶ激戦の末、日本軍、米国軍合せて1万2千におよぶを超す命がこの地に散った。
現代に残された資料映像、多角的な証言から綴る、ペリリュー島の「追憶」――
本作は米国防総省、米海兵隊歴史部、米国立公文書館に保存されている膨大な映像と、日本の自衛隊第8師団、NHKに残る貴重な資料により、ペリリュー島の真実が描き出される。これほどまでの膨大な日米双方からの資料映像が見られる作品はいままでに前例がなく、歴史的にも大変意味のある作品となっている。かつて血に染まった海岸線は美しい姿を取り戻したが、弾薬、戦車、司令部跡、島の至る所には戦争の痕跡が時代を越えて鎮座している。資料映像と現在のペリリュー島の風景で綴る映像により、70日間に及ぶペリリュー島の戦いの記憶が蘇る。
ペリリュー島の戦いを生き抜いた元日本兵、アメリカの元海兵隊兵士、島民の貴重なインタビューにより、そこで、その時、何が起き、「指揮官は、兵士は、民間人は、何を思ったか」と言う視点を通して日米に甚大な惨劇を生んだ戦場の島を見つめる。
公式サイト:http://www.tsuiokutegami.net/
●1/14(土)~1/27(金) シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
上映日程
1/14(土)・1/15(日) 10:15(~11:33終)
1/16(月)~1/27(金) 14:30(~15:51終)
http://www.theater-seven.com/2017/movie_tsuioku.html



『弁護人』 (2013年/韓国/127分)
国家を敵に回しても、無罪を勝ち取る!
高卒から弁護士になったソン・ウソク。学歴もコネもないウソクはまだ誰も手を付けていなかった不動産登記業務に目を付け、釜山一の税務弁護士へとのし上がっていく。ある日、馴染みのクッパ屋の息子・ジヌが公安当局に突然逮捕され、音信不通だと知る。自分の担当分野ではなかったが、ジヌの母親・スネからの懇願を受け、拘置所へ出向くが、面会すら出来ない。ようやく会えたジヌは、すっかり痩せ細り、顔や身体には無数の痣がある衝撃的な姿だった。ウソクは拘置所での取り調べに不信感を抱き、ジヌの無実を証明しようと立ち上がる――。
韓国のノ・ムヒョン元大統領が弁護士時代に担当した冤罪事件をモチーフにした社会派ドラマ『弁護人』。国家権力による国民への暴力を描く映画『弁護人』は、決してヨソの国の話ではありません。
公式サイト:http://www.bengonin.ayapro.ne.jp/
●1/14(土)~1/27(金) シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
上映日程
1/14(土)~1/20(金) 12:00(~14:12終)
1/21(土)~1/27(金) 14:20(~16:29終)
http://www.theater-seven.com/2017/movie_bengonin.html



NEW
『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』 (105分 ドイツ 監督:ラース・クラウメ)
アイヒマンを捕獲せよ!歴史的な大作戦の裏に隠された驚くべき真実
第2次世界大戦後、海外へと逃亡したナチスの戦犯アドルフ・アイヒマンの捕獲作戦を実現へと導いたドイツ人の検事長フリッツ・バウアーにスポットを当て、バウアーがいかにしてアイヒマンを発見し、追い詰めていったのかを描いた実録ドラマ。
1950年代後半のドイツ・フランクフルト。ナチスによる戦争犯罪の告発に執念を燃やす検事長フリッツ・バウアーのもとに、数百万人のユダヤ人を強制収容所送りにしたアドルフ・アイヒマンの潜伏先に関する情報が寄せられる。ナチス残党が巣食うドイツの捜査機関を避け、イスラエルの諜報機関モサドと接触したバウアーは、アイヒマンを追い詰めていくが、同じ頃、バウアーの失脚を狙う者たちが策略をめぐらせていた。
●1/?(土)~終映日未定 シネ・リーブル梅田(JR大阪駅・地下鉄御堂筋線梅田駅・阪急梅田駅から徒歩約9分 http://www.ttcg.jp/cinelibre_umeda/access/
1/14(土)~1/20(金) 10:30/13:45/16:10/18:15 (~20:05終映)
http://www.ttcg.jp/cinelibre_umeda/nowshowing#f4192



●1月14日(土) 午後1時半~伏見港公園(京阪中書島駅徒歩3分) 2時~スタート
ふしみ原発ゼロパレード
コース:伏見港公園→中書島駅→龍馬通商店街→納屋町商店街→大手筋→御香宮
2017年は酉年。鶏鳴狗盗の如き今の政権にトサカにきている方も多いと思います。鶏口となるも牛後となるなかれ。たとえ煩いと思われたとしても社会の空気に流されて黙って従っているだけなんて真っ平御免ですよ。っていうか、政治の主役は私たちなんだから、鶏口ってのも謙遜だと、それくらいの気持ちで良いんじゃないですか。
どうですか? また、今年もみなさんとパレードでお逢いしたいとおもいます。よろしくお願いします。
http://nonukesfushimi.blog.fc2.com/blog-entry-303.html



●1月14日(土) 18:00~大阪市立総合生涯学習センター第1会議室(大阪駅前第2ビル5階)(大阪駅より徒歩 5分 http://osakademanabu.com/umeda/
核のごみキャンペーン関西定例会
内容:高レベル廃棄物、いかにあるべきか
http://ksueda.eco.coocan.jp/event.html



●1月14日(土) 14:00~16:30 宝塚市立東公民館セミナー室(阪急電鉄宝塚線「山本駅」徒歩5分 http://www.t-clip.info/culture_spot/index.cfm?ID=4
損害賠償・廃炉費の後出し請求書
講師:長沢啓行
参加費:300円
主催:原発の危険性を考える宝塚の会
http://ksueda.eco.coocan.jp/event.html



●1月14日(土) 13:30~16:30 ヒロセビル会議室(地下鉄「烏丸御池」改札口から3分 京都市中京区烏丸二条下る)
「電力会社の会計を考える会」学習会
原子力発電と会計制度…関電の有価証券報告書を主たる資料として継続的な学習会を開催し、電力事業経営の概況について理解し、批判するための力をお互いに身につけていく場とする。
講師:金森 絵里 先生(立命館大学教授,参考書『原子力発電と会計制度』)
前半「決算書の読み方の基礎」
後半「電力事業会計の特徴,電力システム改革と電力事業会計」
参加費:1000円。ただし、必ず事前登録をお願いします。
主催:電力会社の会計を考える会(世話人 アイリーン・美緒子・スミス/原 強)
連絡先:コンシューマーズ京都 tel075-251-1001 FAX075-251-1003
メール:syodanrenアットmc2.seikyou.ne.jp



●1月14日(土) 17:00~19:30 明日都浜大津4F大津市ふれあいプラザ中会議室(京阪浜大津駅徒歩3分 http://www.fukusi-otsu.or.jp/contents.php?id=22
檻の中のライオン@大津(滋賀)
ゲスト:嘉田由紀子・前滋賀県知事
「わかりやすい!」と評判の話題の名著「檻の中のライオン」の著者、広島の弁護士、楾 大樹(はんどう たいき)さんを お招きして、憲法についてのお話し会を開催いたします。後半では、前滋賀県知事の嘉田由紀子さんと楾弁護士の対談を行います。何が飛び出すかお楽しみに!
楾弁護士のライオン=権力、檻=憲法を例にパペット(人形)を使っての大熱演は、全国各地で「はじめて憲法が理解できた。」「より理解が深まった。」と大好評です。「憲法改正」が議論されている今こそ、まずは憲法について、一緒に学びませんか?お友達とお誘いあわせの上、是非お越しください。皆さまのご来場、心よりお待ちいたしております♪
定員:30名
主催:未来政治塾 
共催:チームしが
問合せ先:yagi@we-love-kusatsu.net
https://www.facebook.com/events/1234500396629742/



辺野古新基地問題
●1月14日(土) 15時30分~(毎週土曜日)JR大阪駅南バスターミナル
「辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動」
辺野古の海が埋め立てられないように活動しています。
お時間の許す範囲で、少しでも皆様のご参加お待ちしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/henoko_osaka



辺野古新基地問題
●1月14日(土) 13:00~14:00 神戸マルイ前
HENOKO NO! 沖縄に基地はいらない 
   辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動

沖縄県民に対する不正を止めるために、共に声を上げて下さい。
ツイター・FaceBookで情報発信中{辺野古・神戸}で検索して下さい。
土曜の午後はいつもの時間、いつもの場所で、はじめての方、ちょっとだけ参加、見学、大歓迎。
https://twitter.com/kobekodo/



辺野古新基地問題
●1月14日(土) 毎週土曜日17:00~18:30ごろ 京都市 三条河原町交差点(三条河原町商店街のアーケード前スペース)
沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、
     普天間基地の撤去を求める京都行動

アピール、チラシ配り、新基地建設に反対する署名集めなどなど
http://kyoto-action.jugem.jp/?pid=1
https://twitter.com/ALALALED/status/551165696185344000



朝鮮半島情勢
●1月14日(土) 16:30~大成閣(地下鉄「心斎橋駅」徒歩2分 http://taiseikaku.jp/access/index.html
医協西日本本部新春講演会
「2017年の朝鮮半島情勢を展望する」

講師:康宗憲(カンヂョンホン)さん(韓国問題研究所代表)
参加費:500円 会員・学生無料 要申込み
主 催:在日本朝鮮人医学協会西日本本部 090-3997-4091
※新年会 参加費:開業医1万円・勤務医6000円・学生2000円・その他4000円
http://chosonsinbo.com/jp/2017/01/il-1080/



障害児教育
●1月14日(土) 13:00~大阪PLP会館・4F中会議室(地下鉄堺筋線 扇町駅4番出口より徒歩3分、JR環状線 天満駅より南へ徒歩5分 http://plp-kaikan.net/access/a_index.html
堀智晴さん講演会「障害児教育の実践に学び考えてきたこと」
~奥野・山口アベック戒告処分5周年記念講演
タイムスケジュール
 13:00~総会
 13:40~裁判報告
 14:30~講演
主 催:奥野さんを支える叫ぶ石の会 支援学校の君が代不起立応援団
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0114.pdf
http://www17.plala.or.jp/kyodo/



資本論
●1月14日(土) 10時~11時半 京都市下京いきいき市民活動センター第2会議室(JR京都駅(北側)塩小路通りを東に約15分 京都市下京区上之町38番地 http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/cmsfiles/contents/0000099/99788/simogyo-map.GIF
「資本論」を読む会・京都
第3章 貨幣または商品流通。
参加費:100円
問合せ:(090-5241-5052)
http://www.kinyobi.co.jp/event/20161223_002198.php



映画上映会
●1月14日(土) 10:00~スマイルひろば 13:30~尼崎市女性センタートレピエ 18:00~尼崎市立すこやかプラザ  
『さとにきたらええやん』無料上映会@あまがさき
いつでも行けて、なんでも話せて、だれでも受け入れてくれる。「ただいま~」って言うたら、「おかえり~」って言うてくれる、そんなみんなの居場所。
子どもや親子が安心して通える、泊まれる、たよれる居場所。みんな笑顔でおれる居場所。尼崎にもそんな居場所つくりたい人、集合やでえ~!あまにきたらええやん!
<3か所で上映します!>
・10:00~12:00 スマイルひろば(尼崎市立地域総合センター神崎内)(神崎町14-22 http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/map/institution/01_052.html
https://www.facebook.com/events/585439368310497/
・13:30~15:30 尼崎市女性センタートレピエ(阪急神戸線武庫之荘駅南出口南へ240m http://www.amagasaki-trepied.com/
https://www.facebook.com/events/853368568132350/
・18:00~20:00 尼崎市立すこやかプラザ(フェスタ立花南館5F)(JR神戸線 立花駅改札を出て南へ徒歩3分 http://sukoyakaplaza.la.coocan.jp/sukoyaka_access.html
お問合せ:事務局(おぐら)06-6439-6500(NPO法人スマイルひろば) info@amasmile.main.jp
主催:『さとにきたらええやん』@あまがさき上映実行委員会(NPO法人スマイルひろば、尼崎市女性団体協議会、認定NPO法人子どものみらい尼崎)
後援:尼崎市教育委員会(申請中)社会福祉法人尼崎市社会福祉協議会(申請中)
https://www.facebook.com/events/585439368310497/



映画上映会
●1月14日(土) ①14:00~②19:00~南溟寺「もやい」(泉大津駅 http://www.mapion.co.jp/address/27206/32::6:7/ 泉大津市神明町6-15)
『風の波紋』新春特別自主上映会
経済の成長によって、私たちは幸せになるのではない。みんなが食べて生きていける。お互いが助け合う。こういう当たり前のことが前提であるということがわかった日本の現在。考えてほしい。見てほしい。感じてほしい映画である。
公式HP http://kazenohamon.com/
※各上映後 小林茂監督によるトーク開催
主催・問合せ:真宗大谷派 南溟寺
TEL:0725-32-3970 FAX:0725-31-0237
E-mail:bekki-koshyo★i.softbank.jp
※メールでお問合せの際は★を@にかえて、お問合せください
※料金や予約状況など詳細は、主催者まで
http://www.freeml.com/kdml/10424



映画上映会
●1月14日(土) 12:00~京都キャンパスプラザ(4階第二講義室)(ビックカメラ前、JR京都駅ビル駐車場西側 http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access
『東学農民革命』関西上映会&前田憲二監督講演会<京都会場>
タイムスケジュール
 12:00~映画上映(1回目)
 14:00~前田憲二監督講演会
 15:30~映画上映(2回目)
チケット:前売2000円、当日2500円
主 催:NPO法人丹波マンガン記念館 映画「東学農民革命」上映委員会
http://kakukyodo.jp/shukai.htm



NEW
●1月14日(土) 14:00~16:00 リバティおおさか(大阪人権博物館)研修室(JR環状線「芦原橋駅」下車、南へ約600メートル http://www.liberty.or.jp/guidance/index.html )
アフガニスタン難民の話しを聞こう!
京都市在住のアフガニスタン難民のRさんは、現在同志社大学の4回生です。彼は日本に難民申請を行いましたが「難民不認定」になりました。現在「難民不認定取り消し裁判」を行っています。
30代の彼は生まれてからのほとんどを紛争の中で育ちました。講演では・彼の生い立ち・どうして難民になったのか。・日本に来てからの様子 などを話していただきます。
彼が安心してすごせる社会になるために私たちが何ができるか考えましょう。
参加費:500円(他に人権博物館の入場料(大人500円 65歳以上・大・高生300円)が必要です)高校生以下100円
主催:RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)アフガン孤児支援ラーラ会 大阪人権博物館
問い合わせ:リバティ大阪 TEL:06(6561)5891(代表)FAX:06(6561)5995 RAFIQ rafiqtomodati@yahoo.co.jp 
*Rさんの裁判の本人尋問が1月19日にありますので、こちらの方も是非傍聴して、市民の関心の高さを裁判所に示しましょう。1月19日 13:30~ 2~3時間 大阪地方裁判所 本館8F 806号法廷
http://rafiq.jp/date/2016/16nanminten.html#kanren



■1月14日(土) (再放送)午前0時10分~0時59分(13日深夜)
NHKスペシャル
ばっちゃん ~子どもたちが立ち直る居場所~

去年、刑法犯罪で検挙された少年・少女は3万8921人。このうち再犯者の割合は36.4%と18年連続で増え、過去最高を記録した。格差の拡大や深刻化する貧困に伴い、子ども達が過ちを犯すリスクは高まる一方だが、ひとたび道を踏み外せば、ネット上に実名や写真がさらされ集中砲火を浴びるなど、つまずいた子ども達を支え、見守り、立ち直らせる社会の力は、以前にも増して脆弱になっている。こうした中、そんな子ども達に寄り添い、その立ち直りを支えてきた女性が広島にいる。“ばっちゃん”こと、元保護司の中本忠子(チカコ)さん82歳。6年前に保護司を引退した後も、自宅を開放し、親身になって相談にのっている。集まってくるのは、貧しさのあまり家で食事をとれない少年や、母親から虐待され続ける少女など様々。直面する問題は、現代社会が抱えるゆがみやひずみそのものだが、どんな絶望的な状況にある子ども達も、中本さんと触れあううちになぜか立ち直りの機会を見いだしていく。番組では、子ども達が中本さんとの交流を通して人生を取り戻していく過程をドキュメントする。
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20170107



NEW
■1月14日(土) 午後07:00~08:50 NHK BS1
BS1スペシャル「原爆投下 知られざる作戦を追う」
1945年8月、人類の上に投下された原子爆弾。広島と長崎では、その年だけで21万人以上の命が奪われた。アメリカで原爆投下は、当時のトルーマン大統領が「多くの命を救うため」に決断したとされる。しかし、軍や政権の極秘資料から、実は明確な決断はなかった可能性が浮かび上がってきた。投下の意思決定は、誰がどのように行ったのか。今回、私たちは原爆開発の指揮官の肉声などを徹底検証、原爆投下71年目の真相に迫る。
【アナウンサー】出山知樹,【語り】伊東敏恵
http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2017-01-14/11/28741/3115146/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Akko

Author:Akko
清志郎大好き。
旅行大好き。
ドイツ大好き。
でも最近忙しくて、旅行に行けません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR