脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2016年11月26日(土) 

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報



『クワイ河に虹をかけた男』
たった一人の戦後処理。
“握手できるただひとりの日本人”── 永瀬隆
元陸軍通訳が戦後の人生を捧げた泰緬鉄道への償い
アジア太平洋戦争下、岡山出身の永瀬隆は、当時、タイとビルマを結ぶ泰緬鉄道建設のタイ側の拠点に陸軍通訳として派遣される。多くの連合国軍捕虜やアジア人が動員された建設工事で、彼は強制労働、拷問、伝染病死など悲劇の全容を目の当たりにする。戦後、鉄道建設犠牲者の慰霊と、復員時に日本軍12万人全員にタイ政府が「米と砂糖」を支給してくれた恩義に報いようと、一般人の海外渡航が自由化された1964年から妻の佳子と二人三脚で巡礼を始める。1976年にはクワイ河鉄橋で元捕虜と旧日本軍関係者の和解の再会事業を成功させ、86年にはクワイ河平和基金を創設するなど、「ナガセ」の名は欧米でも知られる存在となる。タイ訪問を135回も続けた彼が目指した“和解”とは──
『レイルウェイ 運命の旅路』(2013) でも登場する実在の人物を地元放送局記者が20年間追い続けた注目作
クワイ河鉄橋は『戦場にかける橋』(1957) で一躍有名となり、本作にも登場し永瀬とも面識のあったイギリス人捕虜エリック・ロマックスの自伝映画『レイルウェイ 運命の旅路』(2013) では、俳優の真田広之が永瀬を演じている。本作では1994年2月の82回目のタイ巡礼を皮切りに、地元の瀬戸内海放送記者・満田康弘が永瀬隆の晩年20年間を追い続けた。様々な葛藤を抱えながらも贖罪と和解の活動を続けた永瀬を追った地元放送局の注目作が、戦後71年目の2016年、劇場版となって公開される。
●11/19~12/23 第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
11/26~12/2 15:00(~17:05終)
12/3~12/9 15:25(~17:30終)
12/10~12/16 10:00(~12:05終)
12/17~12/23 10:00(~12:05終)
http://www.nanagei.com/movie/data/1095.html
http://www.nanagei.com/movie/schedule.html



●11月26日(土) 13時半~17時 キャンパスプラザ京都第一講義室(ビックカメラ前、JR京都駅ビル駐車場西側 http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access
第4回測定所まつりin京都~放射線による健康被害~
・講演その1
西尾正道(にしおまさみち)さん:北海道がんセンター名誉院長
講演『長寿命放射性元素 体内取込み症候群について』
西尾さんは医療のスペシャリストとして長年がん治療の最前線で活躍されてきました。
日本政府の施策の根拠であるICRP(国際放射線防護委員会)の問題点を鋭く指摘されており、被曝の人体への影響を過少評価する理論であることを示されています。
そして、放射性物質が微粒子として存在しており、体内に入っていくことの恐るべき危険性について、医学の深い経験と知識をふまえてわかりやすくお話をされています。今回は特別に京都で講演していただけることになりました。
・講演その2
森国悦(もりくによし)さん:医療問題研究会
『甲状腺がん異常多発とこれからの広範な障害の増加を考える』
森さんは現在の医療の問題点に警鐘を鳴らされている『医療問題研究会』のメンバーとして、福島原発事故以降の健康被害を取り上げ、訴えてこられました。そして、甲状腺がんの異常多発と周産期死亡率の顕著な増加についてデータを分析され、放射線被害の影響を示されています。今後の懸念される事態について語っていただきます。
参加費:一般1000円 会員700円
申し込み:受付をスムーズに行うため、こくちーずを予約用に使わせていただきます。下記ページから申し込んでください。
http://kokucheese.com/event/index/435790/
主催:京都・市民放射能測定所
E-mail:shimin_sokutei@yahoo.co.jp
http://nukecheck.namaste.jp/  http://crmskyoto.exblog.jp/
問い合わせ:佐藤和利(070-5664-2713夜間のみ satokazu@wave.plala.or.jp)
http://crmskyoto.exblog.jp/26132143/



●11月26日(土) 午後1時30分~3時30分 神戸大学学生ボランティア支援室内ミーティングルーム(JR六甲道駅、阪急六甲駅より神戸市バス16または106系統六甲ケーブル下行き乗車、「神大国際文化学部前」下車 http://www.org.kobe-u.ac.jp/svsc/access.html
未来の子どもたちのためにできること…それは私たちが<ふよう土>になること
福島は今、どうなっているのでしょうか。東日本大震災から5年以上が経った今も、現地では、思いもよらない深刻な影響が続いています。そんな中、300年以上続く温泉旅館の当主として被災し、新しい生き方を始めた人がいます。
講師:里見喜生(さとみよしお)さん
福島県いわき湯本温泉旅館古滝屋16代目。2011年11月『NPOふよう土2100』を設立し、障害を持つ子どもとその家族の支援活動や原子力災害の影響を様々に考察するスタディツアーなどに取り組む。いわき市の有志とともに『おてんとSUN企業組合』を立ち上げ、綿花栽培販売、手作り太陽光、有機農業を通し、衣食住の自立を提案。観光業を卒業し、<未来づくり業>を目指す。
http://npo-fuyodo2100.org/ http://www.furutakiya.com/
参加費:500円(避難者・学生無料)
申込先:神戸大学学生ボランティア支援室(氏名・連絡先電話番号明記ください)
メール hq-vol@lab.kobe-u.ac.jp 電話 078-803-6256
共催:福島の子どもを招きたい!明石プロジェクト(たこ焼きキャンプ)
原発事故で被災した子どもたちの保養キャンプに取り組んでいます。http://outdoor.geocities.jp/takoyakicamp/index.html http://takocamp.exblog.jp/
神戸大学学生ボランティア支援室 http://www.org.kobe-u.ac.jp/svsc/index.html
http://www.kobe-u.ac.jp/NEWS/event/2016_11_26_01.html



●11月26日(土) 14時~16時 守山駅前コミュニティーホール(=セルバ守山 守山駅琵琶湖側の直結ビル3階)
「チェルノブイリでみた廃墟と福島」~高浜原発を止めた力は何か~
講師:杉原秀典さん(彦根・愛知・犬上 原発のない者会をつくる会 事務局長)
資料代:500円 事前申し込みは不要です。
事故後30年のチェルノブイリで、地域や人々の暮らし、健康はどうなっているのか福島と重ねてみます。さらに、高浜原発を止めた力は何か、具体的に考えてみます。
お問い合わせ:原発ゼロの会・守山 2016年 
tel:090-5687-0075(西山)
http://www.city.moriyama.shiga.jp/hisho/koho_28/documents/h281115_14.pdf#search=%27%E3%80%8C%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%96%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%81%A7%E3%81%BF%E3%81%9F%E5%BB%83%E5%A2%9F%E3%81%A8%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E3%80%8D%EF%BD%9E%E9%AB%98%E6%B5%9C%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%82%92%E6%AD%A2%E3%82%81%E3%81%9F%E5%8A%9B%E3%81%AF%E4%BD%95%E3%81%8B%EF%BD%9E%27



●11月26日(土) 14時~16時 文化パルク城陽(近鉄京都線寺田駅 http://www.bunkaparcjoyo.net/access_p.html
乗換はお済ですか? 電力自由化は再エネ普及のチャンス!
講師:朴勝俊
主催:市民共同発電をひろげる城陽の会(0774-55-4190)WF T
http://www.kinyobi.co.jp/event/20161118_002166.php



憲法 原発
●11月26日(土) 9:30~11:40 守山コミュニティホール第一ホール(守山駅前 https://publicmap.jp/spot/2061346797
第一回 政策討論会 憲法のこと/原発のこと
◇◇「憲法のこと」◇◇
戦後70年、戦争をしなかった国を支えたものは。
―自民党(の改憲草案)は憲法をどう変えようというのか。
問題提起:玉木昌美弁護士(市民の会しがの副代表)
◇◇「原発のこと」◇◇
子どもたちにびわ湖を残して -廃墟のチェルノブイリから-
問題提起:杉原秀典氏(彦根・愛知・犬上の原発のない社会をつくる会共同代表)
それぞれ問題提起をしていただいたあと、市民が求める政策についてみなさんと語り合います。市民の会しがでは、今後も、第二回、三回と開催して大切な問題を取り上げどのように政策に反映させていくのがよいか、みなさんで語り合いたいと考えています。
?主催:安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民の会しが
*予約はいりません
お問い合わせ:090-4036-4510(ひやま)?
http://shiminnokaishiga.wixsite.com/home



憲 法
●11月26日(土) 2時~国労大阪会館(天満駅出口徒歩約2分 扇町駅4出口徒歩約4分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/
2016秋の憲法集会
―武力で平和はつくれない!憲法改悪をとめよう

講演:青木理さん(ジャーナリスト)「安倍改憲と日本会議の正体」
アピール:
・子どもたちに渡すな!あぶない教科書大阪の会 相可文代さん 道徳の教科化が意味するもの―戦争をする国の愛国兵士の育成を許すな!
・新聞うずみ火 矢野宏さん 安倍政権の『壊憲暴走』を支えるメディア
・「ピースおおさか」の危機を考える連絡会 井上淳さん「ピースおおさか」リニューアル裁判について
資料代:1000円(学生以下半額・介護者無料)※同額チケットも用意しております。
主催:とめよう改憲!おおさかネットワーク
http://ikensosyo.org/2016/09/22/%e3%80%8c%e3%81%a8%e3%82%81%e3%82%88%e3%81%86%e6%94%b9%e6%86%b2%ef%bc%81%e3%81%8a%e3%81%8a%e3%81%95%e3%81%8b%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%80%8d%e4%b8%bb%e5%82%ac%e3%81%a7/
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1126.pdf



社会運動
●11月26日(土) 13:30~大阪駅前第3ビル17階・TOG会議室(https://party.youbride.jp/shop/detail/72
上野 千鶴子さん講演とインタビュー
「2015夏 日本は変わったか」

「2015年夏は、日本の社会運動史に残るだろう。あれは、一体何だったのか? わたしたちは何をなしたのか? 一緒に考えてみたい。」
―この国家どうする―1967年10月8日、ベトナム戦争に反対する第一次羽田闘争で山﨑博昭が亡くなって、今年で49年目。2017年に50周年を迎えます。...名乗れよ、歳月! ますます戦争ができる国へと舵を切った日本! 過去から現在、そして未来へ、反戦の炎を絶やさないために。どなたでも参加できます。どうぞ講演会にお出かけください。
プロフィール:上野 千鶴子(うえの・ちづこ)
社会学者。1948年富山県に生まれる。京都大学大学院博士課程修了。現在東京大学名誉教授、立命館大学特別招聘教授、NPO法人ウィメンズアクションネットワーク(WAN)理事長。専攻は、家族社会学、ジェンダー研究、女性学、近年は介護とケアに研究領域を拡大。著書に、『家父長制と資本制』、『近代家族の成立と終焉』、『おひとりさまの老後』、『ケアの社会学』、『おひとりさまの最期』など多数。
インタビユアー:西村秀樹(にしむら・ひでき)
元毎日放送記者、近畿大学人権問題研究所客員教授。同志社大学社会学部非常勤講師。著書多数。
参加費:1,000円 定員300名
主催:『10・8山﨑博昭プロジェクト』問い合わせ、北本法律事務所 ファックス06-6365-
https://wan.or.jp/calendar/detail/3953



沖縄米軍基地問題
●11月26日(土) 午後2時~5時 市民学習会議室(NSビル9階 1Fにスターバックスのあるビルです 谷町4丁目 1A番 出口・谷町筋沿いを北へ3分 天満橋 3番出口・谷町筋沿いを南へ5分 http://www.mapion.co.jp/address/27128/38:2:2:6/)
ジャーナリスト講座②
「今、沖縄で起きていること」

お話:謝花直美さん(沖縄タイムス編集委員)
沖縄戦、辺野古と高江での新基地建設、大阪府警の機動隊員による「土人」発言の波紋などについて語っていただきます。
マスコミを目指す学生さん向けのエントリーシートの書き方は午後3時50分から。朝日新聞記者の三木淳さんが指導してくれます。
料金:1コマ1000円(障害者700円)
http://uzumibi.net/



沖縄高江
●11月26日(土) 18:30~能勢町生涯学習センター(淨るりシアター横、図書館の上)(阪急電鉄「梅田」から「川西能勢口」で能勢電鉄乗り換え、「山下」下車(約60分)「山下」から阪急バス「能勢町役場前」下車(約30分)http://www.town.nose.osaka.jp/dbps_data/_material_/localhost/img/map/mapomote.pdf
「高江ー森が泣いている」上映会
・映画上映
・「高江の今」高江報告会
日本の0.6%の国土に74%の米軍基地がひしめく沖縄県に、新たなヘリパッドが作られようとしています。
沖縄県の民意は、選挙という正当な民主主義によって、軍事基地はいらないと、示しました。
しかし、今の国家権力はその民意を潰そうとしています。
大手マスコミもほとんど報道しない、この現実を映画と実際に行ってきた人の報告で、感じて下さい。
https://www.facebook.com/events/1030575823721110/



辺野古新基地問題
●11月26日(土) 15時30分~(毎週土曜日)JR大阪駅南バスターミナル
「辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動」
辺野古の海が埋め立てられないように活動しています。
お時間の許す範囲で、少しでも皆様のご参加お待ちしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/henoko_osaka



辺野古新基地問題
●11月26日(土) 13:00~14:00 神戸マルイ前
HENOKO NO! 沖縄に基地はいらない 
   辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動

沖縄県民に対する不正を止めるために、共に声を上げて下さい。
ツイター・FaceBookで情報発信中{辺野古・神戸}で検索して下さい。
土曜の午後はいつもの時間、いつもの場所で、はじめての方、ちょっとだけ参加、見学、大歓迎。
https://twitter.com/kobekodo/



辺野古新基地問題
●11月26日(土) 毎週土曜日17:00~18:30ごろ 京都市 三条河原町交差点(三条河原町商店街のアーケード前スペース)
沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、
     普天間基地の撤去を求める京都行動

アピール、チラシ配り、新基地建設に反対する署名集めなどなど
http://kyoto-action.jugem.jp/?pid=1
https://twitter.com/ALALALED/status/551165696185344000



政 治
●11月26日(土) 14時~大阪市立社会福祉センター(近鉄大阪上本町 http://www.shafuku-center.jp/shisetsu.html
自由党大阪府連大会
全国に先駆けて、自由党大阪府連大会を行います。小沢一郎代表もかけつけます。
党員、サポーターの方はもちろん、自由党にご注目いただいている方はぜひお越し下さい。
※終了時間は延びる可能性があります
申し込み:https://mailform.mface.jp/frms/meigetsusha/s3pyrcvv9rpe
https://www.facebook.com/events/328157494223706/
http://seikatu-forum.blog.jp/archives/67501042.html



政 治
●11月26日(土) 14時~16時半 兵庫県弁護士会館4階講堂(JR神戸駅北東へ8分。高速神戸駅北東へ6分。地下鉄大倉山駅南東へ4分。湊川神社の東、神戸地方裁判所の東隣 http://www.hyogoben.or.jp/access/index.html
主権者教育を考える~政治的中立性をめぐって~集会
主権者教育という言葉をご存じでしょうか。18歳選挙権の 導入を機に注目を浴び初め、最近ではメデイアにもよく登 場するようになりました。文部科学省も推進しています。 学校教育の中でしっかりと主権者になるための知識や能 力を身につけさせようというものです。 他方で、政治家が学校現場に対して「政治的中立性」に違反 するとして、授業内容に介入するようなケースも出てきて います。生徒に政治を教えることと、学校の「政治的中立 性」とはどのような関係にあるのでしょうか。 この国で本物の主権者を育てていくためにはどのような 教育が必要なのでしょうか。 皆さん、一緒に考えてみませんか。
第一部:基調講演 
 新藤宗幸氏(後藤・安田記念東京都市研究所理事長)
第二部: パネルディスカッション
 寺田ともかさん(元シールズ関西)稲次寛氏(高校教師)他
申込不要・入場無料・先着180名
主催:兵庫県弁護士会 078-341-7061
http://www.hyogoben.or.jp/topics/pdf/161126symposium.pdf#search=%27%E4%B8%BB%E6%A8%A9%E8%80%85%E6%95%99%E8%82%B2%E3%82%92%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B%EF%BD%9E%E6%94%BF%E6%B2%BB%E7%9A%84%E4%B8%AD%E7%AB%8B%E6%80%A7%E3%82%92%E3%82%81%E3%81%90%E3%81%A3%E3%81%A6%EF%BD%9E%E9%9B%86%E4%BC%9A%27



勤労奉仕
●11月26日(土) 14:00~エルおおさか709号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
グループZAZA・2016連続講座 池田浩士さん講演会第4回
天皇制日本の「勤労奉仕」と「総活躍社会」――自発性の動員と強制、そして一億国民が戦争を支える。
戦前・戦中の教師は、「国家社会の『主体』」になって、天皇制教育を誠心誠意、担って、子どもたちを天皇の兵士に仕立て、数多の教え子を侵略戦争の戦場に送り出しました。
そして、侵略戦争の激化にともない、子どもたちを「勤労動員」にも送りこみました。
今また、「日の丸」を掲げた学校で、卒業式の「君が代」を命令され、あるいは「率先垂範」して起立斉唱することによって、「国家社会の『主体』」になって、侵略戦争の加担者となっては大変です。
池田浩士さんの講演を聞いて、「歴史を見つめなおす」ことで私たちと子どもたちの未来をつくり出す道を考えたいと思います。
http://blog.goo.ne.jp/zaza0924/e/cb2b804dc9acfab615c9ccab0bd7060a



東北アジアの平和
●11月26日(土) 13:30~16:30 新長田勤労市民センター講習室1(新長田 http://www.mapion.co.jp/m2/34.65648126,135.14462034,16/poi=22830565471
連続講座「東北アジアの平和をつくる-中国・朝鮮脅威論に答える!-」
第2回「日韓が真の隣人になるために」

講師:康宗憲(カンヂョンホン)さん
参加費:1000円 学生・避難者半額
主 催:対話で平和を!日朝関係を考える神戸ネットワーク&KOBE ピース i ネット
協力:神戸学生青年センター
問合せ先:高橋090-3652-8652 saltshop@kobe.zaq.
http://www.freeml.com/kdml/10326/latest



ヘイトスピーチ
●11月26日(土) 午後2時~尼崎市中小企業センター 5階 504(阪神 尼崎駅 北東へ4分 http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/map/institution/01_045.html)
【ヘイトスピーチのない社会】
自治体と市民の課題について考えよう

講師:郭 辰雄(コリアNGOセンター 代表理事)
http://www.event-search.info/events/WNhDmAqYB6OOXH/



歴史修正主義
●11月26日(土) 17:00~19:00 猪飼野セッパラム文庫(近鉄「大阪上本町駅」8分・地下鉄「谷町九丁目駅」環状線「桃谷駅」10分、「鶴橋駅」15分 ドンキホーテ上本町店から東へ、セブンイレブン角を右へ約100m、左側3軒目 ※道に迷われる前にお電話ください。http://www.mapion.co.jp/m2/34.66158997553531,135.5232413888889,16
コリアン・マイノリティ研究会第155回月例研究会
「今、なぜ「未来のための歴史パネル展」を取り組むのか―歴史修正主義に抗して―」

講師:岡本朝也さん(「未来のための歴史パネル展」共同代表)
数年前から、日本各地で歴史修正主義のパネル展が多く開催されるようになった。それらの展示は日本の植民地支配や侵略、加害や残虐行為を否定する内容をもち、ヘイトスピーチやヘイトデモとも多くの共通点を有している。「未来のための歴史パネル展」(通称「みれぱ!」)はこうした展示に対するカウンター活動の一環として企画された。しかし、その実現までには、多くの実務上、思想上の困難を克服する必要があった。たとえば、マイノリティとマジョリティが共存する社会における語る主体の位置づけ、多様性と一つの歴史記述が他のそれより「良い」という価値観の両立、個人化された社会における「正義」のありかた…。これらの課題といかにして向き合い、時に克服し損ねてきたか。本報告では過去2年間の経験の共有を試みたい。また、今後の展開の可能性と課題についても、多くの示唆や気付きを得たいと考えている。
※当日はパネルをまとめた「みれぱ」冊子も500円で販売する。
参加費:800円・大学生400円(会員200円引き)・中高生無料(どなたでもご参加いた
だけます)
予約:資料準備の都合がありますので、必ずご予約ください。
※終了後、懇親会(有料)
主催:コリアン・マイノリティ研究会 http://white.ap.teacup.com/korminor/
連絡:090-9882-1663 masipon@nifty.com
http://white.ap.teacup.com/korminor/



縮小社会
●11月26日(土) 13時30分~京都大学 文学部新棟 第3講義室(http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/ の8)
【縮小社会】第36回研究会
「エネルギー・科学技術特集」

講演1.13:30-14:30 「化石燃料の枯渇がもたらす経済成長の終焉(著:久保田宏ほか)」の紹介 五十嵐敏郎
講演2.14:30-15:15 「「7つの疑惑」シリーズ その1のエネルギー編」 中西香
講演3.15:25-16:10 「ロボット、人口知能」 尾崎雄三
講演4.16:10-16:55 「生殖補助医療が抱える新たな倫理問題」 入澤仁美
全体討論 17:00-17:30
※懇親会 17:45-19:30(2000円)
参加登録:会のホームページの案内より登録願います。または、下記より
http://confreg.ate-mahoroba.jp/confreg?conf_idstr=z2rz1vLeGL2iTrN80krn0iYe901
参加費:会員は無料、非会員は500円
主催:一般社団法人 縮小社会研究会 代表理事 松久 寛 
e-mail: matsuhisa@shukusho.org
http://shukusho.org/



難民・移住者支援
●11月26日(土) 14:00~16:00 神戸市勤労会館会議室307(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html
2016年度 NGO神戸外国人救援ネット支援者向けセミナー
第4回「難民・移住者支援とシナピスの取り組み」

講師:ビスカルド篤子さん
参加費:500円 要申込み 
締め切り:11月23日←過ぎてます…。問い合わせてください。
主 催:NGO神戸外国人救援ネット http://gqnet.webcrow.jp/
http://gqnet.webcrow.jp/



精神障害
●11月26日(土) 18:30~岸和田市立福祉総合センター(南海岸和田駅 http://www.syakyo.or.jp/asset/00032/tanaka/mapnew.pdf
「生きさせろ!」vol.6 連続公開討論会
「精神障害者として地域に生きる」

大野忠雄:中卒集団就職のち釜ヶ崎日雇い労働、措置入院、四股拘束で隔離室へ。退院後「青い鳥」結成メンバーとなる
https://www.facebook.com/events/1112827195474839/



資本論
●11月26日(土)  10時~11時半 下京いきいき市民活動センター第3会議室(JR京都駅(北側)塩小路通りを東に約15分 京都市下京区上之町38番地 http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/cmsfiles/contents/0000099/99788/simogyo-map.GIF
「資本論」を読む会 京都。100円。第1章商品。「資本論」を読む会
連絡:090-5241-5052
http://www.kinyobi.co.jp/event/20161118_002166.php



■11月27日(日) 早朝4:30~(土曜深夜)テレビ朝日
「山の上の療養所 ~元ハンセン病患者たちの1年~」
山の上の療養所に暮らす 小鹿美佐雄さん
「入所者がいなくなったら、それで療養所は終わるんだ」
元ハンセン病患者たちの“終の棲家”を守るため、独自の道を歩み始めた国立ハンセン病療養所がある。静岡県御殿場市の国立駿河療養所は、入所者の減少と医師の不足を解消するため、元隔離施設である療養所を一般開放することを決めた。しかし、そこには多くの壁があった。
山の上の療養所に暮らす元ハンセン病患者たちの1年間を見つめた-
ナレーター:南沢奈央 制作:静岡朝日テレビ
http://www.tv-asahi.co.jp/telementary/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Akko

Author:Akko
清志郎大好き。
旅行大好き。
ドイツ大好き。
でも最近忙しくて、旅行に行けません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR