FC2ブログ

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2019年5月19日(日)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-486.html




■5月19日(日) 午前05:00~05:30 MBS毎日放送、TBS系列
JNNドキュメンタリー ザ・フォーカス 宝の海をあきらめない
有明海の漁業者たちが、今、追いつめられている。
最大の苦難は国による諫早湾干拓事業によって「宝の海」有明海の環境がすっかり変わってしまったことにある。潮流が変化し、排水門から排出される汚れた水は赤潮を発生させる。漁獲は減少の一途。かつて宝の海の象徴だった高級二枚貝タイラギは休漁が続く。諫早干拓に近い佐賀県西南部のノリもダメージが大きい。以前と違い年ごとに大きく変化する不安定な海の状態に、漁業者は安心して漁を行えない状況だ。
漁業者たちは宝の海の再生を目指して、干拓事業によって閉鎖された潮受け堤防の開門を求め、多くの裁判で闘っている。一度は開門を認める確定判決が出たもののそれは履行されることなく、ここ最近の司法は非開門の流れに転じている。しかし国寄りの司法判断は、問題解決にはほど遠い。
また昨年、有明海沿いの佐賀空港に自衛隊オスプレイを配備する計画の受け入れを佐賀県が表明した。これも漁に多大な影響を与えることが懸念され、諫早干拓で公共事業への不信を受け付けられた漁業者達に不安が広がる。国は100億円の着陸料を支払うことで県と合意し、県はそれを漁業振興基金に充てるとして漁業者の懐柔を狙う。
有明海に生きる漁業者は、今大きな岐路に立たされている。不安定な海の状態に後継者は育っていない。海が枯れるのと同時に、貴重な漁業技術の数々も消えようとしている。だが、宝の海のかつての豊かさを知る漁業者は、海を諦めることは出来ない。 有明海の未来を思う、漁業者の姿を追う。
https://www.mbs.jp/p/thefocus/



■5月19日(日)(再放送) 午前08:00~08:50 NHK BS1
BS1スペシャル「鳴門の第九 歌声がつなぐ日独の100年」
徳島県鳴門市は、100年前、アジアで最初にベートーベン「第九」が演奏された場所。演奏したのは、収容所にいたドイツ兵捕虜たち。以来、第九を通して日本とドイツの人たちの間に交流が生まれてきた。初演から100年を迎えた今年、鳴門で盛大な第九のコンサートが行われた。力強い歌声とともに、今なお続く日独の知られざる絆の物語を伝える。(初回放送:BS1 2018年8月4日)
https://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2019-05-19/11/11766/3115459/



●5月19日(日) 13:00~関西電力本店前(大阪市北区中之島)集会後、デモ 
老朽原発うごかすな!関電包囲全国集会
~高浜1・2、美浜3号機は期限切れ~

・集会後、徒歩でうつぼ公園へ移動
・15:15~うつぼ公園からデモ出発(御堂筋デモ、難波まで)
・16:45~終了
主催:原発うごかすな!実行委員会@関西・福井
呼びかけ
(1) オール福井反原発連絡会(原子力発電に反対する福井県民会議、サヨナラ原発福井ネットワーク、福井から原発を止める裁判の会、原発住民運動福井・嶺南センター、原発問題住民運動福井県連絡会)
(2)ふるさとを守る高浜・おおいの会
(3)若狭の原発を考える会
連絡先:林(オール福井反原発連絡会)090-8263-6104 東山(ふるさとを守る高浜・おおいの会)0770-72-3705 木原(若狭の原発を考える会)090-1965-7102
https://blog.goo.ne.jp/takahamakarakanden



●5月19日(日) 13時30分~17時終了 パタゴニア京都3階セミナールーム(河原町通り北 烏丸と河原町の中間 https://www.patagonia.jp/patagonia-kyoto-japan/store_164344596.html
『京都・市民放射能測定所 開設7周年のつどい』
講演①『低線量被ばくの影響について』
 講師:本行忠志さん(大阪大学医学部教授)
講演②『周産期死亡の増加、先天性障害の分析から』
 講師:入江紀夫さん(医療問題研究会)
測定所会員総会(総括・方針・会計)
測定所り取み報告①『測定結果のまとめ』
測定所取り組み報告②『韓国の原発フィールドワーク報告』など。
参加費:会員・避難者500円 一般700円
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-2185.html



●5月19日(日) 14:40~宝塚市立男女共同参画センターⅠAB(JR/阪急宝塚駅直結 宝塚ソリオ2 4階)
市民の力でエネルギー転換を!ミニ講座と映画上映会
14:40~15:10  
『ベランダ発電ってどんなもの?』
お話:平田賀彦さん (豊中市民エネルギーの会)
15:15~16:30 《映画》『モルゲン、明日へ』
参加費:500円 
当日参加歓迎
主催:NPO法人新エネルギーをすすめる宝塚の会
https://www.facebook.com/events/2131787460275767/



●5月19日(日) 11時~13時 能勢口、アステ前歩道橋
守れ!憲法 平和が一番 スタンディングin川西
第一部:市民スタンディング 
 うたごえ、憲法シール投票、憲法クイズ
第二部:スピーチ
 憲護派国会議員さん
 平和派県会議員さん
 市民派市会議員さん
連絡:090-7097-9059
主催:全国市民アクション川西実行委員会
http://www.kenpou-hyougo.sakura.ne.jp/osirase.html



●5月19日(日) 11:00~大津市・皇子が丘公園入口(大津っ子まつり会場前。京阪大津京駅山側)
女性のレッドアクションin大津「平和だいすき!みんななかよし」
ヒバクシャ署名と憲法署名を集めます 雨天中止
連絡先:077-525-5384(新婦人大津支部)
https://shigaminpo.com/event.shtml



●5月19日(日) 14:00~大津市・ピアザ淡海 207会議室(京阪電車石場駅徒歩約5分 JR膳所駅徒歩約12分 http://www.piazza-omi.jp/access/index.html
第三回市民と野党のホンネの意見交換会
ゲスト:野党の皆さん(立憲民主党、国民民主党、日本共産党、社会民主党)
参加費無料
主催:市民と政治をつなぐ@大津・高島の会
https://shigaminpo.com/event.shtml



●5月19日(日) 15:30~16:30 百万遍
左京みんなのデモ2019
https://www.facebook.com/events/341978233174918/



●5月19日(日) 13時30分~16時30分 ドーンセンター5F 特別会議室(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
パレスチナの平和を考える会
猫塚義夫さん・清末愛砂さん パレスチナ最新報告2019

イスラエル占領下の被害状況と医療支援
パレスチナ・ガザ地区では、昨年3月末より、イスラエル建国によって追われた故郷への帰還を求めるデモが行われ、これまでにイスラエル軍によって200人以上が殺害され、約2万人が負傷させられています。
11年以上にわたる封鎖政策下にあるガザ地区、そしてイスラエルの占領・入植政策による収奪が続く西岸地区の人びとは、教育や就業・医療の機会を著しく奪われ続けています。
こうした人為的な人道危機の中で暮らす人びとを支えるために北海道パレスチナ医療奉仕団は、毎年パレスチナを訪ね、医療支援を行ってきました。
本報告会では、今年3月末から4月上旬にかけてパレスチナ各地を訪ね、医療活動や交流活動をされてきた猫塚義夫さん(医療奉仕団団長)と清末愛砂さん(室蘭工業大学教員)に最新の現地状況を報告していただきます。
参加費:1000円(学生700円)※事前予約は必要ありません
主催:パレスチナの平和を考える会
連絡:Email: palestine.forum@…
Tel: 06-7777-4935(市民共同オフィスSORA、月~土 13:30~17:30)
主催:パレスチナの平和を考える会
http://palestine-forum.org/event/20190519.html



●5月19日(日) 13:00~多目的スペース「かぜのね」(出町柳から徒歩1分 https://www.kazenone.org/access.php
ムリバイカル記憶の日―スタンディング
スリランカ、7万人の犠牲の真実究明を!

・13:00~ミニ学習会 多目的「かぜのね」(出町柳から徒歩1分)
・14:30~15:00 スタンディング:賀茂大橋東詰(今出川通り)
*雨天の場合はスタンディングは中止、代わりにミニ学習会の最後に写真を撮影して世界に配信しますので14時までに「かぜのね」に来てください
2009年5月18日、スリランカでは内戦が終結し、「平和が戻った」と言われています。今では、何ごともなかったかのように多くの日本人旅行客がこの「東洋と西洋が交差するインド洋に浮かぶ楽園の島」(スリランカ観光情報局)を訪れ、両国の文化交流も盛んです。でも、あまり知られていないけれど、目を背けてはならない事実があります。スリランカの内戦では少数民族であるタミルの人々に対する政府軍による集団殺戮が繰り返されました。多くのタミルの人たちが居住地を追われました。それは米国や英国によってそそのかされ、「テロとの戦争のため」として国際社会も沈黙してきました。内戦終結後も、シンハリ人による入植や開発、同化政策によってタミルの民族としての生存が危機に直面しています。
私たちは3年前から、タミルの人々の民族としての権利の尊重、対話による紛争解決を訴えるスリランカの活動家との交流を重ねてきました。京都の街頭での偶然の出会いから始まった小さな交流ですが、その中で私たちはこれが今日の世界の基地問題や平和と人権の問題とつながっているという思いを強めてきました。
スリランカ国内では5月18日を「戦勝記念日」として政府の行事(軍のパレードなど)が行われますが、離散したタミルの人たちはこの日を、タミルの集団殺戮を記
憶し圧倒的な暴力によって圧殺されたタミルの人たちの闘いを記憶・継承するための「ムリバイカルの記憶の日」(ムリバイカルは集団殺戮が行われた村の1つ)として、世界各地での行動を呼びかけています。
昨年に続き日本でも「ムリバイカルの記憶の日」の行動を5月19日(日)出町柳駅前で行います。ぜひご参加ください。京都以外の地域のみなさん、各地で、1人からでも行動できます。スタンディング用プラカードをダウンロードしてお使いください。
参加費:300円
主催:グローバルジャスティス研究会
連絡:075-721-4522 メール: info@kazenone.org
https://www.facebook.com/events/1740516109329708/



●5月19日(日) 15:00~16:30 ジュンク堂書店 難波店3階カウンター前特設会(なんば https://honto.jp/store/detail_1570052_14HB320.html
『沖縄の米軍基地を「本土」で引き取る!』(コモンズ)刊行記念トークイベント
「これ以上沖縄には基地は要らない!それほど基地が必要なら持って帰ってほしい、引き取って欲しい」という沖縄からの切実な声を受けてスタートした基地引き取り運動。 当初から、その賛否をめぐって「右」からも「左」からも多くの議論を呼んできました。云わく「地政学的に沖縄が最適である」、云わく「“本土”に基地がきたら日米安保が固定化される」、云わく「基地被害が拡散される」等々。 そしていま、日本政府が「粛々と」大浦湾の埋立てを進めるなか、「引き取り」は何を目指すのか。 この度の出版を記念して、大阪および福岡で関わってきた3名による刺激的な議論をお送りします。
・金城馨(きんじょう かおる)
沖縄県コザ市(現沖縄市)生まれ。1歳で兵庫県尼崎市に家族で移り住む。85年大正区に沖縄関係の書籍を集めた「関西沖縄文庫」を開設。著書に『沖縄人として日本人を生きる』(2019年解放出版社)。
・里村和歌子(さとむら わかこ)
愛知県生まれ。主婦。本土に沖縄の米軍基地を引き取る福岡の会(FIRBO)代表。本書編集委員。
・松本亜季(まつもと あき)
松原市出身。2015年3月に沖縄差別を解消するために沖縄の米軍基地を大阪に引き取る行動(引き取る行動・大阪)を立ち上げる。
入場料無料(定員30名)
主催:ジュンク堂書店 難波店 協賛:コモンズ
連絡:TEL 06-4396-4771
https://jimmin.com/events/event/%E3%80%8E%E6%B2%96%E7%B8%84%E3%81%AE%E7%B1%B3%E8%BB%8D%E5%9F%BA%E5%9C%B0%E3%82%92%E3%80%8C%E6%9C%AC%E5%9C%9F%E3%80%8D%E3%81%A7%E5%BC%95%E3%81%8D%E5%8F%96%E3%82%8B%EF%BC%81%E3%80%8F%EF%BC%88%E3%82%B3/



●5月19日(日) 11:00~円山公園内テレビ塔前 11:30スタート 京都市役所までパレード
第2回リカバリー・パレード「回復の祭典」in 京都
こころの病、依存症、生きづらさなどから回復の道を歩んでいる本人と家族、友人、支援者、賛同者が、回復の喜びを祝うパレードを行います。私たちは、回復が可能であることを自分たちの声と姿で社会にアピールします。
◆アフターフォーラム 14:00~カトリック河原町教会
主催:リカバリー・パレード関西実行委員会
協賛:ダイドードリンコ(株)
連絡:0774-51-6597(木津川ダルク) recoveryparade_kansai@yahoo.co.jp
https://recoveryparade-kansai.jimdo.com/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Akko

Author:Akko
清志郎大好き。
旅行大好き。
ドイツ大好き。
でも最近忙しくて、旅行に行けません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR