脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2016年11月13日(日) 

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-46.html




●11月13日(日) 午後1時半~伏見港公園(京阪中書島駅下車、徒歩3分) 2時~パレードスタート
ふしみ原発ゼロパレード
コース:伏見港公園→中書島駅→龍馬通商店街→納屋町商店街→大手筋→御香宮
11月のテーマカラーは紅葉と定めて「赤や黄色の 色さまざまに こいもうすいも 織る錦」でございます。きらびやかに参りましょう。もちろんふしみパレードは楽器鳴り物大歓迎。途中参加途中離脱大歓迎。手ぶらで参加も大歓迎デス。
http://nonukesfushimi.blog.fc2.com/blog-entry-297.html



●11月13日(日) 13:00開場~16:45 京都市呉竹文化センター 2階 第1・2・3会議室(近鉄・京阪丹波橋駅西口出口すぐ)
いのちと避難生活をまもる第6回京都公聴会
原発避難者のみなし仮設住宅の打ち切りを考える

原発事故による避難指示区域域外からの避難者に対するみなし仮設住宅(以下、避難住宅)が来年3月末で打ち切られようとしています。福島県が発表した民間賃貸住宅家賃補助を柱とした「新たな支援策」は、「収入要件」があるため、一部の避難者しか対象となりません。また、対象となったとしても、補助額は1年目1/2(上限3万円)、2年目1/3(上限2万円)と低く、2年間で終了します。一人親世帯や所得の低い世帯は、支援策の終了後、家賃全額を負担することができないため、避難住宅が打ち切られても民間住宅に移ることができません。多くの避難者は、現在住んでいる公営住宅等に住み続けることを希望しています。しかし、「原発事故子ども被災者支援法」に基づく住宅支援は、事故当時に福島県の浜通り・中通りに住んでいた世帯だけが、優先入居の対象となっているにすぎません。優先枠が少なければ、公営住宅へ入居することはきわめて困難です。
この間、私たちは福島県や避難先自治体と話し合いを重ねてきました。また、府内の地方議会に対して、「避難住宅の無償提供の延長」を求める請願を行ってきました。しかし、現状では国と福島県による避難住宅の打ち切りを撤回させることができておりません。このままではどこにも住むところを確保できずに、路頭に迷う避難者が出かねません。まさに、多くの区域外避難者が命を脅かされているのです。以上のことから、避難住宅の打ち切りの問題点を考える民間公聴会を開催します。行政関係者や地方議員へも参加を呼びかけています。みなさま、お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。
プログラム(予定)案
13:30 開会/福島県、京都府・市交渉の報告
14:00 避難者の訴え 15:00
講演:みなし仮設打ち切りの法的問題点(仮題)
講師:井戸謙一さん(滋賀県弁護士会)
16:00 質疑・討議
参加費 一般700円・避難者300円
主催:うつくしま☆ふくしまin京都-避難者と支援者のネットワーク
e-mail:rentai@s3.dion.ne.jp Tel:090-8232-1664 (奥森、夜間のみ)Fax:0774-21-1798
https://houteisien.wordpress.com/kyoto/



●11月13日(日) 13:30~16:00 西京区役所(2F大会議室)(京区役所前(29・69系統)下車すぐ 千代原口(29・69・73系統)徒歩約3分 平和台町(73系統)徒歩約5分 阪急上桂駅徒歩約15分 http://www.city.kyoto.lg.jp/nisikyo/page/0000034734.html
西京原発ゼロネット 第9回集い
お話:市川章人さん「これからの原発どうなるの?」
連絡先:由良ひろみ(日本共産党西京区福祉まちづくり委員長)
https://houteisien.wordpress.com/kyoto/



●11月13日(日) 午後1:30~4:30 ピアザ淡海 207会議室(JR膳所駅から歩12分 京阪電車石場駅から歩5分 http://www.piazza-omi.jp/access/index.html) 
琵琶湖が危ない-老朽原発美浜3号も廃炉に!
11・13琵琶湖集会

ゲスト:弁護士 鹿島啓一さん(高浜1・2号老朽原発廃炉裁判等の弁護団)
当日の内容(予定)
【1部】老朽原発は廃炉に
・高浜1・2号老朽原発裁判の紹介等 弁護士 鹿島啓一さん
・美浜3号は断層の巣の中-地震動は過小評価/電気ケーブルは130年使用しても安全?
 小山英之さん(美浜の会代表)
【2部】避難計画では住民の安全は守れない
 福井・京都での防災訓練監視の報告/京都・滋賀の保育所等アンケート結果/福井県若狭町での安定ヨウ素剤事前配布を求める活動
【3部】各地の運動の交流と廃炉署名集約、今後の取り組み
・福井/京都北部/滋賀/岐阜/名古屋/首都圏等から
・避難者から(浪江町から避難されている菅野みずえさん)
・署名提出や今後の活動について議論
参加費:700円
http://nonukesiga.exblog.jp/23599031/



高江・辺野古
●11月13日(日) 14:00~大阪市中央区民センター(地下鉄堺筋線・中央線「堺筋本町」 http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016605.html
高江・辺野古を守ろう!チャンプルウォーク
映画「高江-森が泣いている」上映会
高江・辺野古報告
集会終了後、難波高島屋前まで歩きましょう。
資料代:500円(学生300円)
主 催:STOP!辺野古新基地建設!大阪アクション
https://twitter.com/jg9u08w8wjtjt/status/794859366662873089



自衛隊
●11月13日(日) 15:00~自衛隊桂駐屯地・官舎周辺(JR桂川 http://www.mod.go.jp/gsdf/station/ma/katsura.html
自衛隊員のいのちを全力で守る!スタンディング・アピール
主催:戦争法廃止をめざす西・右京共同センター
連絡先:312-2257(右京民商)
http://www.geocities.jp/njwaukyo/



TPP
●11月13日(日) 午後2時~日吉生涯学習センター「遊YOUひよし」(山陰線鍼灸医療大学前下車すぐ http://spogaku.pref.kyoto.lg.jp/institution/863.html
山田正彦(元農林水産大臣)講演会
連絡先:高屋晧(事務局長)0771-42-3803 090-1953-5003
主催:TPPストップ口丹連絡会
連絡先:高屋晧(事務局長)0771-42-3803 090-1953-5003
主催:TPPストップ口丹連絡会
http://conter-tpp-kyoto.com/index.html



新自由主義的グローバル化
●11月13日(日) 午後2時~同志社大学烏丸キャンパス志高館SK118教室(「今出川」駅徒歩5分 https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/imadegawa/karasuma.html?shikokan_building#campusmap
2016/11/13 SF(世界社会フォーラム)2016報告 + パネルディスカッション
「新自由主義的グローバル化の現段階 - 対抗運動の到達点と課題」

第1部☆WSF2016(8月・9~13日モントリオール)報告
寺本勉さん(ATTAC関西グループ)秋本陽子さん(ATTAC Japan国際ネットワーク委員会)菊池恵介さん(同志社大学大学院グローバルスタディーズ研究科・准教授)
2001年ブラジル・ポルトアレグレ市で始まった世界社会フォーラムは、新自由主義的グローバリゼーションに対抗する世界のさまざまな運動が結集し、「もうひとつの世界は可能だ」を合言葉にネットワークを作り上げてきました。今回は初めての北米での開催。日本からも十数人が参加しました。その成果、WSFの今後、ホットな報告をご期待ください。
第2部☆講演とパネル・ディスカッション<英日通訳付き>
ウォルデン・ベロさん(京都大学東南アジア研究所客員研究員、元フィリピン下院議員)
菊池恵介さん(同志社大学大学院グローバルスタディーズ研究科・准教授)
極右勢力の台頭と英国のEU離脱問題に揺れるヨーロッパ、米国の前代未聞の大統領選挙、中国の台頭で変貌するアジア、南米左派政権の危機。私たちはどこに向かっているのか? 特別ゲストのウォルデン・ベロさんと、当研究会の6月の企画(難民問題)にも報告をしていただいた菊池恵介さんに、新自由主義に対抗する世界の運動が現在直面している課題について語っていただきます。
参加費:無料
ウォルデン・ベロさんはフィリピンのマルコス独裁体制との闘争に参加し、その中で世界銀行・IMFのマルコス政権との深いかかわりを暴露。その後も国際金融機関が「南」の諸国の貧困や政治的抑圧に深く関わっていることを精力的に批判してきました。「フォーカス・オン・ザ・グローバル・サウス」の代表として、APECやWTOに反対する運動でも、理論・運動の両面で中心的な役割を果たしてきました。2010-15年に市民政党アクバヤンの代表として下院議員。中国との間の南シナ海(フィリピンでは「西フィリピン海」)問題、気候変動問題、金融問題など、広範な問題についての鋭い発言で注目されてきました。
問い合わせ:080-2742-2590(佐々木)まで
https://www.facebook.com/events/1199679800108278/



冤 罪
●11月13日(日) 14時~16時半 京都弁護士会館地階大ホール(地下鉄丸太町駅から徒歩7分・バス停「裁判所前」から徒歩1分他 https://www.kyotoben.or.jp/access.cfm
京都・当番弁護士を支える市民の会18周年記念集会
なぜ、冤罪事件はなくならないのか~東住吉事件から考える~

お話:青木惠子さん(東住吉事件冤罪被害者)青砥洋司さん(弁護士、大阪弁護士会)
1995年7月に大阪市住吉区内で火災が発生し、ちょうど入浴中だった当時小学6年の女児が焼死しました。これを放火殺人事件として立件したのが、いわゆる「東住吉事件」です。この事件では、被害者の母である青木惠子さんとその内縁の夫であった朴龍晧さんが、保険金目的で娘の殺人と放火などをしたとされ、「自白」により逮捕・起訴されました。お二人は公判で無実を主張しましたが、10年余りに及ぶ裁判を経て,お二人とも無期懲役が確定し、服役を余儀なくされてしまいました。
しかし、唯一の証拠である「自白」は暴行・威嚇・誘導などによってもたらされ、そもそも信用性は著しく低いものです。また、車庫付近からの出火は放火によるのでは客観的事実と符合せず、自動車からのガソリン漏れによる出火の可能性が当初から指摘されていました。その後、再審弁護団の検証と実験などの弁護活動によって、2013年の大阪地裁再審開始決定等を経て、今年4月から再審公判が開始されるに至り、その結果、この8月10日には再審無罪判決が出されました。
今回は、本件元被告人で冤罪被害者である青木惠子さんをお招きして、再審弁護人の一員である青砥弁護士と共に、本事件の経過を振り返りながら、取調べ状況や接見指定の実態などをお話ししていただきます。
冤罪の原因などについて、参加者の皆さんとともに考えていきたいと思います。
参加無料・申込不要
主催:京都弁護士会/当番弁護士を支える市民の会
https://www.kyotoben.or.jp/event.cfm#1091
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1113-1.pdf



追 悼
●11月13日(日) 14時~社会福祉法人ピースクラブ4階ホール(大国町5番出口 http://www.ab.auone-net.jp/~peace_c/99_blank.html
「矢島祥子と共に歩む集い」
https://www.facebook.com/daisukisatchan/posts/1260543790634350



アンニョンフェスタ
●11月13日(日) 9:00~15:00 北大阪朝鮮初中級学校(阪急京都線「上新庄駅」・地下鉄今里筋線「瑞光4丁目駅」東淀川区大隅1-5-19)
北大阪国際交流アンニョンフェスタ2016
一般公開授業・模擬店・フリマ・舞台・モンゴルのゲル・民族衣装試着
キムチ漬け体験コーナー(1000円、先着20名様)ほか
入場無料 
主 催:実行委員会 kitaosaka6328★yahoo.co.jp
https://www.facebook.com/ongyoku/photos/a.278149842317030.1073741826.276909395774408/917025425096132/?type=3&theater



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Akko

Author:Akko
清志郎大好き。
旅行大好き。
ドイツ大好き。
でも最近忙しくて、旅行に行けません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR