(11/7更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・奈良 11月7日(月)~11日(金)

★11/7追加情報
●11/11(金)までのイベント情報を掲載しました。



【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-42.html




現代史
●11月7日(月) 18時半~西宮市民交流センター(阪急「西宮北口」南東5分 http://shimin-koryu.net/access/) 
日本ドイツ現代史研 第二期講座 
今回より日本近現代史
 
テキストは加藤陽子『それでも日本人は「戦争」を選んだ』(新潮文庫)
http://hanshin204.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/11-5b02.html



難 民
●11月7日(月) 18:00~20:00 龍谷大学大阪梅田キャンパス(ヒルトンプラザウエスト14階)
インドに居住する亡命チベット人の課題:
チベット人と結婚することで学んだ難民の生きにくさ

講師:榎木美樹さん(名古屋市立大学准教授)
参加費:500円
主 催:外国人政策懇話会 gaikokujin09★gmail.com
http://www.freeml.com/kdml/10257/latest



ライブ
●11月7日(月) 20:00~Blues & Live Bar LOOSE(豊中市庄内西町2-7-31 B1 06-6331-3641)
朴保(パクポー)ライブ
21世紀、最後の分断国家になってしまった朝鮮半島。日本もソ連とアメリカに占領されていたら、東西真っ二つに分かれていたと思います。誰が国を分けてしまったのか?
大きな歴史から見れば、日本と朝鮮は良い関係が続いた時代の方が長いと言えるでしょう。アジア、そしてグローバル世界の中で、この日本から隣の国の人たちへ、自分の事として考えられるように、未来へ橋を架けましょう。新曲「丸五市場」聞きに来て下さい。 朴保 http://www.pakpoe.com/
朴保(vo,g) Sassy Tomo(key)
料 金:2000円(+オーダー)
http://www.freeml.com/kdml/10257/latest



■11月8日(火) 午前2時00分~2時58分(7日深夜) NHK総合
NHKスペシャル
被曝(ひばく)の森 ~原発事故 5年目の記録~

★文化庁芸術祭参加番組
福島第一原発事故によって、今なお7万人もの住民が避難して生まれた広大な無人地帯。5年の歳月で、世界に類を見ない生態系の激変が起きている。植物が街や農地を覆いつくすほどに成長。イノシシの群れが白昼堂々と街を歩き、ネズミやアライグマが無人の家に侵入して荒らすなど「野生の王国」化が進む。降り注いだ放射性物質は、特に“森”に多く残留していることが判明。食物連鎖を通じて放射性物質が動植物に取り込まれている実態も明らかになっている。
“被曝の森”で何が起きているのか。世界中の科学者が地道な調査を続けている。NHKも独自に開発した動物装着カメラや高精度4K映像などで共同調査を実施。動物行動学、放射線医学、チェルノブイリで研究してきた海外の研究者など数十チームによって放射性物質による汚染実態や被曝影響の調査も進む。
原発事故が生んだ“被曝の森”いまどうなっているのか?科学者たちの調査から分かってきた事実に、四季の移ろいや帰還を模索する住民の姿を織り交ぜ、5年目の知られざる姿を描く。
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20160306
http://www6.nhk.or.jp/special/program/index.html



●11月8日(火) 18:30~20:15 17時半~整理券配布 ひと・まち交流館京都 大会議室 (京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html)
小泉純一郎講演会
一日本人としての思い

フクシマがすべての原点 3.11東日本大震災における救援活動「ト モダチ作戦」に従事していた米軍兵士 たちが、原発事故によって被曝した。 米兵のおかれた過酷な現状を知り、支 援活動に立ち上がった小泉氏の、一人 の日本人としての発言は、私たち一人 ひとりに投げかけられた課題でもある。 フクシマで、生きる手立てと場所を奪 われた被災者と米兵たちに思いを致し、 過去を乗り越え、次の世代のために、 私たちが為すべきことを共に考える。
入場/無料 
※定員(250名)に達した場合、入場をお断りする場合もあります
※会場内でカンパにご協力ください
主催:NPO法人 市民環境研究所  後援:城南総合研究所
問合せ:NPO法人 市民環境研究所 075-711-4832 [e-mail]pie@zpost.plala.or.jp
http://www13.plala.or.jp/npo-pie/20161108.compressed.pdf



●11月8日(火) 11:00~16:00 モモの家(阪急吹田駅から歩いて5分 JR吹田駅から歩いて12分 http://www.momo-family.org/?page_id=9
かえるCafe (毎月第2・4火曜日に開きます)
東日本大震災で避難してこられたみなさん そして心をよせる関西のみなさん
ほっとして 出会って 語りあって つながろう
草木染や手仕事などもやってます。
飲み物:300円
Menu:デトックス茶 有機栽培コーヒー 黒煎り玄米コーヒーなど
※避難者さんは交通費半額補助します
http://happy.ap.teacup.com/momonoie/



●11月8日(火) 午後6時~午後8時 阪急上牧駅駅前広場
原発ゼロ上牧行動(雨天中止)
アピール、ビラまき、コール、ポスティング、ストリートオルガン
多彩なアクションですが、参加の人数が減ってきて大変なんです。少しの時間でも参加していただければ嬉しいです。
http://takatukigomi.sblo.jp/article/177525801.html



沖縄
●11月8日(火) 18:30~20:30 京都大学文学部第2講義室(本部構内の5番と8番のあいだの建物の1階です)(http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/
ひろば 本を読む会
「日常の暮らしのなかで戦争と平和について考えるには」

この勉強会は、京都大学の学生・教職員だけでなく、市民にも開かれた「ひろば」として開催されます。
いま、沖縄の辺野古や高江で行われていることが、もし京都で起こったら、どうなるだろうか――ニュース番組を見ながら、そんなふうに考えることがあります。「日本の貴重な歴史遺産の上空をオスプレイが飛ぶなんて、許せない!」という怒りの声が全国で湧きおこり、政府は計画の撤回に追い込まれるかもしれません。辺野古の海や「やんばるの森」にも、そこに住む人びとの暮らしがあり、壊してはならない貴重な自然があります。では、なぜ、軍事基地の建設が強行されるのでしょうか。
戦後の沖縄の〈野生のデモクラシー〉の歩みを民衆の視点から描く歴史書を手がかりにして、わたしたちの民主主義の「いま」について考えます。
テキスト:森宣雄『沖縄戦後民衆史』岩波書店、2016年
※参加される方は、各自でご用意ください。
講師はたてず、専門家はいない、という前提で、各自が自分の読み方にもとづいて、感じたこと、思ったこと、考えたことを述べ合い、互いに耳をかたむけ合う、そんな集まりです。
すでに「ひろば」を体験された方も、はじめての方も、どうぞご遠慮なくご参加ください。
http://www.kyotounivfreedom.com/news/20161108/



朝鮮学校無償化
●11月8日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



ライブ
●11月8日(火) 19:00~カフェ ナドゥリ(JR「新長田駅」南東すぐ https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280110/28040666/dtlmap/
朴保ライブ@ナドゥリ
チケット:前売り2500円・当日3000円(いずれも+1ドリンクオーダー)
定員:30名・要予約
http://www.freeml.com/kdml/10257/latest



●11月9日(水) 午後1時~3時終了予定 大阪市役所地下1階会議室(地下鉄淀屋橋①)
原発事故避難者への住宅支援継続要望
9月28日に大阪市に提出した「緊急要望書」(添付)『原発事故避難者への住宅支援継続を求めます。 パブコメ開始前から、住宅支援打ち切りを 当事者に通知するなど許せません。避難当事者の訴えを聞き、要望を受け入れるよう』の回答が、大阪市都市計画部管理課から届きました。(添付) これについて大阪市との協議日程が決まりましたのでお知らせします。
避難指示区域外避難者の住宅支援打ち切りは避難元の依頼がないのでできないという、大阪市の姿勢は変わりません。当面する住宅についての具体的な要請も、協議していきたいと考えています。?ぜひ避難者の方、支援者の方、ご参加ください。
12時30分に1階ロビーに集合し 、 打ち合わせ をしたいと思います。よろしくお願い致します。参加できる方は、なるべく下記アドレスにメール連絡を入れてください。
連絡:dpjvr410@kawachi.zaq.ne.jp
呼びかけ:子どもたちに未来をわたしたい・大阪の会
https://kodomomirai.theblog.me/posts/1551161



シュタイナー
●11月9日(水) 10:00~京田辺市中央公民館3・4研修室(JR「京田辺駅」近鉄「新田辺駅」より京阪バス・奈良交通バス 66A/66B/102系統「京田辺市役所」バス停 下車 徒歩1分 近鉄「興戸駅」JR「京田辺駅」から徒歩約15分、JR「同志社前駅」近鉄「新田辺駅」より徒歩約20分〈車の方〉府道八幡木津線(府道22号線)「京田辺市役所東交差点」より西へ100m 無料駐車場有 http://www.tanabe-be.tanabe.kyoto.jp/info/chuou/map.html)
対談イベント「シュタイナーの時代意識と今」「魂の成長と地球の未来」
シュタイナーの時代意識と今~つながるすべてのいのちのために~

小林直生 X 冨田貴史 対談イベント
10:00 - 11:00 30分ずつお話
11:00 - 12:00 お二人の対談
12:00 - 12:30 ランチタイム
12:30 -13:00 質疑応答
ルドルフ シュタイナー*は、宇宙という大きな観点から人間を観察し、 たくさんの示唆を残しました。彼は電気、磁気に次ぎ、更に奇跡的な方法で文明に影響する第三の力として原子力のことを予言したと言われ、地球の未来についても言及しています。
未来を担う子どもたちへよい環境を手渡していくために、 私たちはどうあるべきなのでしょう。シュタイナーの観点と社会状勢にお詳しい二人のエキスパートにそのヒントをたずねます。
参加費:前売り1,600円・当日2,000円  東日本からの避難移住者の方1,200円
・冨貴工房の手作り塩を使ったフレンチレストラン ルスティクによる焼き菓子と三年番茶(自然農法栽培 神農茶)が付いています。
・フラワリッシュのマクロビオティック菜食の弁当(800円)をご希望の場合はお申し込み時にご予約ください(11月2日申込締切/当日キャンセル不可)。
・会場ではお二人の著書、冨貴工房の特製品などのご紹介も予定しています。
・参加費の一部(5%)を京田辺シュタイナー学校に寄付させていただきます。
主催:対談「シュタイナーの時代意識と今」実行委員会
お問合わせ・お申し込み:メールかFacebook、こくちーずサイトでお願いします。お名前・お申し込み人数、お弁当を希望の場合はご注文個数をお知らせください。
(内容は大人向けですのでお子様の同席はできません。前売り申込扱いは前日まで、お弁当は11月2日申込締切です。)
jidaiishikitoima@excite.co.jp こくちーずhttp://kokucheese.com/event/index/427440/
お支払い方法:当日受付にて承ります。
*ルドルフ シュタイナー(1861-1925): 旧オーストラリア帝国(現クロアチア)に生まれる。ウィーン工科大学で自然科学、数学、哲学を学ぶ。哲学博士。21歳で「ゲーテ自然科学論文集」の編集を担当。20世紀に入ってからロシアの神秘思想家H.ブラヴァッキーの創始した神智学運動に加わり、その後アントロポゾフィー(人智学)協会を設立。人智学に基づいてシュタイナー教育、医学、治癒教育、薬学、芸術、農学、社会有機体三分節化運動などで業績を残した。
プロフィール
小林直生 こばやし なおき
日大芸術学部文芸学科卒、1975年高橋巖と出逢い人智学を学ぶ。1978年ドイツ留学、キリスト者共同体自由大学で学び、1985年全課程修了、キリスト者共同体司祭に就任。2015年12月キリスト者共同体の司祭を現役引退。専門分野は人智学、ドイツ精神史、美術史、日本霊学研究、神秘学、オカルト的鉱物学。著書『シュタイナーの時代意識と原子力』、『死ぬことと生きること』、『宝石と四季のお祭り』他、訳書多数。
冨田貴史 とみた たかふみ
大阪中津にて養生のための衣食(茜染め、麻褌、味噌、鉄火味噌など)を自給する冨貴工房を営む。ソニーミュージック~専門学校講師を経て、全国各地で年間300本以上のイベント・ワークショップを続けている。ワークショップのテーマは暦、養生、手仕事など。ライアーの演奏を楽しむ。疎開保養「海旅Camp」主催団体「21st century ship 海旅団」代表代行。『原発事故子ども・被災者支援法』を活かす市民ネットワーク代表。著書『わたしにつながるいのちのために』、『春夏秋冬土用で過ごす』等。
https://www.facebook.com/jidaiishikitoima/



TPP
●11月9日(水) 18:30~19:30 京橋京阪-Jr連絡広場 
【11.9 ストップ!tpp緊急行動】街宣@京橋
こんなめちゃくちゃな国会運営、あり?? 11/4、与野党一致でパリ協定承認の予定…が、TPP採決を優先。「日本がTPPを主導する」と安倍政権は言いますが、各国ともTPPの議論は後回し。伊勢志摩サミットで、安倍総理が日本がパリ協定を主導すると国際約束したも同然の中の、あり得ない優先順位です。
「強行採決するかどうかは佐藤勉さんが決める」と言われた佐藤氏を省いて採決。「なんで勝手に開くんだ」と佐藤氏が怒るという、あり得ない手続き無視。そもそも、TPP特別委での議論は始まったばかり。日本の経済や社会、私たちの生活を根本から変える危険があるTPPの全貌は全く分かっていません。アメリカ国内でも、大統領選の焦点になるほど、市民の反対が強まっているTPP。米国での一番の反対理由は、TPPで自分たちの「仕事がなくなる」と分かっているから。今日本だけが前のめりに批准しても、足下を見られ、更に今後譲歩を求められるだけ。逆に米議会の「承認プロセス」発動の口実を与えることにもなり、今後の交渉に、デメリットしかありません。内容も分からないまま、衆議院通過、参議院の審議入りなど許されません。みんなで声をあげよう!
主催:ほんまにええの?TPP大阪ネットワーク ストップ!TPP緊急行動・関西
https://www.facebook.com/events/998079713647359/



憲 法
●11月9日(水)  19:00~中津ぱぶり家(阪急中津7分 http://www.mapion.co.jp/m2/34.71103857,135.49299894,16/from_address=27127:36:3:18:18
芦部『憲法』読書会
毎回だいたい1章ずつ読み進めています。今回は第9章の途中「(2)取材の自由」(第5版では177頁)から読む予定です。
【概要】
芦部信喜『憲法』岩波書店の読書会です。最新版は高橋和之先生が補訂した2015年出版の第6版ですが、1999年の新版補訂版以降は原則として芦部先生の本文に違いはないため、新版補訂版以降の版であれば、どの版であったとしても読書会に参加いただく上で大きな支障はありません。古い版で参加される人も、高橋先生が補訂された部分は新しい版を持っている人に読んでもらえばいいでしょう。新品で買えば3500円近くしますが、古本で探せば108円で手に入ることもあります。
とりあえず会そのものは森本(中津ぱぶり家の中の人)が主宰することにします。ただし、仕事、他の予定で手一杯になってきたので、基本的には私がいなくても、中津ぱぶり家の鍵を持っている人を含めて参加者が2人以上いれば会が存続するようなものとしてやっていけたらと考えています。
その時々の参加者が何を望んでいるかにもよりますが、参加者の中に詳しい人がいたら、詳しい参加者にリードしてもらったり、逆に詳しくない参加者が詳しい参加者に疑問をぶつけてみたりしながら進めていけたらいいかもしれません。
【中途参加について】
第2回目以降からの参加も可能です。途中から読みはじめても内容を理解するのに極端な困難は生じないでしょう。ただし、本書の内容を十分に理解するためには最初から最後まで通読することが肝要でしょうから、せっかく勉強会に参加するのでしたら、すでに勉強会でやってしまった箇所もできるだけ読むようにしてもらえたらなと思います。
参加費・参加方法:参加費 500円(学割300円)
予約不要、フリードリンク
お問い合わせ先など:morimotoseiichi[s]gmail.com([s]を@に置き換え)
https://www.facebook.com/events/1845210629049908/



在日コリアン 障がいしゃ
●11月9日(水) 13:30~富田林消防署4階視聴覚室(近鉄南大阪線、河内長野行き「富田林西口」市役所方面へ 徒歩8分 http://www.city.tondabayashi.osaka.jp/public/section/syoubouhp/access/newpage3.html
人権教育・啓発講演会「キム・ホンソンという生き方」
~在日コリアンとして、障がいじゃとして~

講師: 金洪仙(キムホンソン)さん
主催:一般社団法人富田林市人権教育・啓発推進センター
https://www.facebook.com/events/692352530932413/



●11月10日(木) 16時~19時 滋賀県庁正面噴水前(JR大津駅から徒歩5分 大津市京町四丁目1番1号 http://www.pref.shiga.lg.jp/guide/chosha/index.html
滋賀県庁前すわりこみ
http://nonukesiga.exblog.jp/23581427/



経済的徴兵制
●11月10日(木) 18:30~ひと・まち交流館京都3階第5会議室 (京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html)
【布施祐仁さん講演会@京都】
自衛隊と“経済的徴兵制” 戦地に送られるのは誰か
講師:布施祐仁さん(ジャーナリスト)
自衛隊員の命と人権を守る京都の会は、安保関連法の国会審議が進む中で、法律の当事者の声が聞かされずに大儀をすり替えて自衛隊の任務拡大が推し進められてことに疑問を持ち、学習会や講演会を重ねてきました。国が再び過った道へ進むことのないよう自衛隊員の命と人権が軽く扱われることに対し多くの市民と一緒に考え行動していきたいと考えています。
著書「経済的徴兵制」(集英社新書) で、アメリカやドイツで進む経済的徴兵制の現状や自衛隊の求人に関する資料などを示しながら、現実的な視点で鋭く切り込んだ布施祐仁さん。自衛隊員が命をかけて守るべき「大義」がいつの間にかすり替えられてしまった今、私たちはどうしたらよいのでしょうか。社会的に選択肢を奪われた若者たちを守るために多くの方と一緒に考えたいと思います。
参加無料 (会場内でカンオパのお願いがあり)
主催:自衛隊員の命と人権を守る京都の会
お問合せ先:jinkensongen@gmail.com
https://www.facebook.com/events/699197630243602/



朝鮮学校無償化
●11月10日(木) 18:30~19:30 ヨドバシカメラ梅田前
2nd action 大阪統一行動 
朝鮮学校のためのヨドバシカメラ梅田前街宣行動
http://gildong.hatenablog.com/entry/2016/10/22/102638



過労死
●11月10日(木) 13:30~16:30 奈良商工会議所 大ホール(近鉄奈良駅(1番出口)より、徒歩約1分 https://www.nara-cci.or.jp/access/
過労死等防止対策推進シンポジウム
プログラム
[記念講演]
「過労死を防ぐために、考えてほしいこと」
小野木 康雄 氏(産経新聞大阪本社 記者)
[過労死遺族の想い]
[過労死問題をテーマにした落語]
「エンマの願い」桂 福車
定員:100名
主催:厚生労働省 後援:奈良県
協力:過労死等防止対策推進全国センター 全国過労死を考える家族の会 過労死弁護団全国連絡会議 働くもののいのちと健康を守る奈良県センター
https://www.p-unique.co.jp/karoushiboushisympo/



●11月11日(金) 13時~17時30分(途中入退場・可) SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 梅田お客様サービスプラザ(三井住友銀行為替窓口を思い切ってくぐってみたらその奥に会場ありです!)
Free English Cafe
3.11避難者と避難者に心を寄せてくださる皆さまへ。Free English Cafe のご案内です。ご関心のある方々をご招待いたします。英会話のスキルUPにご活用ください(^^)
タイムテーブル:
1:00-3:00 Free English Cafe with Evacuees and Friends
3:00-5:30 自由学習・情報交換のための交流会  
※English Cafe は講義無しで、できるだけ自由 chatting や、できれば discussion ができましたら・・・
参加費:無 料
 コーヒー、お茶、お水のフリードリンク、セルフサービスです♪
参加対象者:3.11避難者と心を寄せてくださるFriends
お申込み:特に不要です(定員15名)
お問合せ:sandori2014@gmail.com サンドリ【英語で話し隊】係
主催:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (略称:サンドリ)
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1292.html



●11月11日(金) 関西電力本社前(JR「大阪駅」阪神・阪急「梅田駅」徒歩約15~20分 「北新地駅」徒歩10分「淀屋橋駅」徒歩約10分 「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:30頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:30 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●11月11日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●11月11日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●11月11日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&三宮駅までのパレード



●11月11日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に! 
だんだん薄暗くなってきました。ヒカリモノ有効です。 脱原発の願いを込めて 音楽・アート大歓迎 手作り看板・鳴り物持参で。 福島のこども達のための街頭カンパもやってます! なんちゃってマスゲームも? 再稼動許さないの声をもっと!
https://www.facebook.com/events/1196172263762040/



このほか大阪茨木市、羽曳野市、寝屋川市、京都、兵庫、滋賀、奈良、三重、和歌山など各地の関電支店前やその他の場所で全国一斉金曜行動が行われています。
全国の金曜抗議行動をまとめたサイトはこちら。
 ↓ ↓ ↓ 
全国金曜抗議一覧  
http://demojhks.seesaa.net/article/296349527.html



自民党改憲草案
●11月11日(金) 19時~神戸市勤労会館403(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html) 
第15回ピース・セミナー「自民党改憲草案を切る」
講師:高作正博関西大学法学部教授
参加費:各500円
https://www.facebook.com/godo.shuppan/posts/1080420628744795



君が代強制
●11月11日(金) 18:30~日本基督教団 東梅田教会(http://www1.odn.ne.jp/higashiumeda/access.index.html
君が代強制反対キリスト者の集い大阪2016
2016戦争と教会/信仰者

講演:「熱河宣教と君が代」(仮題)
講師:野田正彰さん 
証言:奥野 泰孝さん(芦屋福音教会会員 大阪府立支援学校教員 処分撤回求め提訴)
今回、「戦争と教会/信仰者」と銘打ち、教会や宗教者も戦争に絡め取られていった過去を見据え、戦争と国家支配になびかない信仰と良心を問う集いにしたいと思います。
講演は野田正彰さんです。キリスト教教会が戦時中にすすめた「熱河宣教」(日本軍の中国占領地における伝道活動)の調査を行った立場から、そこから見えてくる宗教者の落とし穴について、お話しを進めていただく予定です。
これは、単に宗教・宗教者だけの問題ではなく、現在の事態の厳しさと選択の難しさに直面する全ての人にとって重要な警鐘になると思います。
また君が代不起立被処分者の奥野泰孝さんからは、処分撤回の裁判の一審判決を踏まえての証言をしていただきます。ぜひともご参加下さるようお願い申し上げます。
野田正彰さん 
1944年生まれ。北海道大学医学部卒業。長浜赤十字病院精神科部長、大学教員を歴任。専攻は比較文化精神医学。著書『戦争と罪責』(1998年 岩波書店)では、中国侵略での残虐行為の責任に向き合おうとしない日本人の欠落と抑圧を、『教師は二度、教師になる~君が代処分で喪ったもの~』(2009年、太郎次郎社エディタス)では、処分された教職員の精神とそのダメージを描いた。2006年、中国河北省での調査で、戦時中の日本のキリスト者による占領地旧熱河省に対する宣教活動(熱河宣教)の実態を明らかにした。
http://rehoboth.jp/bbs/board.php?board=board16&command=body&no=515



過労死
●11月11日(金) 14:00~16:45 コングレコンベンションセンター ルーム1.2.3(JR「大阪駅」「梅田駅」3分 グランフロント大阪 北館 B2F)
過労死等防止対策推進シンポジウム
プログラム
[基調講演]
「職場のメンタルヘルスの現状と、改善への方策について」
 天笠 崇 氏(代々木病院精神科医師、(公財)社会医学研究センター代表理事)
[報告1]
「過労死防止法施行から2年」 岩城 穣 氏(過労死防止全国センター事務局長)
[報告2]
「過労死防止に向けた大阪労働局の取組」
 前村 充 氏(大阪労働局 労働基準部 監督課長)
[過労死問題をテーマにした落語]
「エンマの願い」 桂 福車
定員:250名
主催:厚生労働省 後援:大阪府
協力:過労死防止大阪センター 大阪過労死を考える家族の会 大阪過労死問題連絡会
https://www.p-unique.co.jp/karoushiboushisympo/



難民問題
●11月11日(金) 19:00~21:00 たかとりコミュニティセンター(JR鷹取 http://tcc117.jp/tcc/access.html
「多文化」「多言語」まちはイキイキきらめき講座 第2回
「いま隣にある“難民問題”」宗田勝也さん(難民ナウ!代表)
先週からスタートしました「まちイキ講座」の第2弾!!
今回のスピーカーは「京都三条ラジオカフェ」にて『難民ナウ!』という番組を主宰する宗田勝也さん。
「難民はヨーロッパだけじゃない、実は私たちの住むところにだって難民として生きている人たちがいる。」私たちの生活にあらたな発見と気づきを得られる講座です。
お気軽にご参加ください。
参加無料・資料代500円・要申込み
主 催:(特活)多言語センターFACIL facil-kids★tcc117.jp
https://www.facebook.com/events/1859504797613670/



演 劇
●11月11日(金)~13日(日) 一心寺シアター倶楽(「天王寺駅」「恵美須町駅」「四天王寺前夕陽ヶ丘駅」徒歩 8分 http://isshinji.net/kura/access.html
「夜明け前のカチャーシー」
劇団大阪では、沖縄を舞台にした戯曲を何作品か上演してきました。今回は「夜明け前のカチャーシー」を35年ぶりに上演いたします。1972年5月15日の本土復帰をはさむ2カ月間の沖縄を舞台に、劇団創立10周年記念として寺島アキ子さんに書き下ろしていただいた作品です。平和憲法のもとでの本土復帰を望む多くの人々の願いは踏みつぶされ、現在にいたる沖縄。多くの在日米軍基地の存在は、暮らしや生命を脅かしています。鉄の暴風といわれた沖縄戦、そして沖縄の歩んだ道を背景に、さまざまな困難を乗り越え、生きる人々を描きます。 ご来場を心よりお待ちしております。
11日(金)19時A
12日(土)13時B★満席です 17時A
13日(日)11時A 15時B
チケット:一般前売 3,000円 学生前売・当日とも 2,000円
予約・お問合せ:080-3115-1538までお願いいたします 
劇団大阪 https://www.facebook.com/go.go.osaka/
https://www.facebook.com/go.go.osaka/photos/a.663878307020022.1073741828.661297273944792/1227268837347630/?type=3&theater



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Akko

Author:Akko
清志郎大好き。
旅行大好き。
ドイツ大好き。
でも最近忙しくて、旅行に行けません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR