FC2ブログ

(12/4更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良 2018年12月3日(月)~7日(金) 

★12/4追加情報
●12/7(金)までのイベント情報を追加しました。


【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-413.html




■12月3日(月) 深夜午前01:05~01:35 読売テレビ、日本テレビ系列
NNNドキュメント「オウム真理教 狂気の萌芽 坂本弁護士一家殺害事件30年」
平成元年に起きた坂本弁護士一家殺害事件。オウム真理教が初めて社会へ、その殺意をむき出しにした事件だ。なぜオウムの暴走は始まったのか。その後、警察はいくつもの機会を逃し教団を摘発できなかったのはなぜか。そして相次いだ教団によるテロ事件。麻原彰晃はじめ教団幹部ら13人の死刑が執行された平成最後の年、独自入手した元死刑囚の自首調書や手記、警察の捜査資料から検証する。
http://www.ntv.co.jp/document/



●12月3日(月) 18:30~20:00 同志社大学寒梅館(6F)大会議室
同志社平和の会 第2回学習講演会
「安倍9条改憲論とどう向き合うか」

講師:奥野恒久(龍谷大学教授)
参加費:無料
主催:同志社平和の会 後援:同志社教職員組合連合
連絡:TEL075-781-7121
https://jimmin.com/events/event/同志社平和の会%e3%80%80第%ef%bc%92回学習講演会/



●12月3日(月) 19:00~21:00 元町映画館2Fイベントルーム(JR・阪神電車「元町」駅西口より、南西へ徒歩6分/神戸高速鉄道「花隈」駅東口より南東へ徒歩6分/神戸市営地下鉄海岸線「みなと元町」駅2出口より北へ1分 神戸市中央区元町通4-1-12(元町商店街) http://www.motoei.com/access.htm) 
第230回学習会
元自衛官だからこそ語る自衛隊を憲法に明記してはならない理由 

講 師:井筒高雄さん(元陸自レンジャー隊員)
安倍首相は9月3日、防衛省の自衛隊高級幹部会同での訓示で、「全ての自衛隊員が強い誇りを持って任務を全うできる環境を整えるのは、今を生きる政治家の責任だ。私はその責任をしっかり果たしていく決意だ」と述べ、憲法に自衛隊の存在を明記する改正に取り組む考えを改めて示しました。10月から12月まで開会予定の通常国会でも、安倍首相は憲法改正の自民党案を提出し、早期の発議を目指す方針を明らかにしています。はたして、自衛隊を憲法9条に明記すれば、日本の平和を保障することになるのか? 9条を現実に合わせて現状追認するだけのことなのでしょうか?そして、有事があれば命がけで日本を守る自衛官たちも、憲法に自衛隊を明記することを望んでいるのでしょうか?元自衛官の井筒高雄さんに、改憲発議がされようとする今、自衛隊を憲法に明記することの問題点についてお話しいただきます。
井筒高雄(いづつたかお)さん
1969年、東京都生まれ。88年、陸上自衛隊第31普通科連隊に入隊。
91年にレンジャー隊員に。92年にPKO協力法が成立すると、武器を持っての海外派遣は容認できないとして翌93年に依願退職。
大阪経済法科大学卒業後、2002年から兵庫県加古川市議を2期務める。
元自衛官の立場から戦争のリアル、コスト、PTSD などリスクを 伝える講演活動を行う。
現在、ベテランズ・フォー・ピース・ジャパン(VFP) 共同代表。
共著に『安保法制の落とし穴』(ビジネス社)、単著に『自衛隊はみんなを愛している』(青志社)など
参加費:1000円  
お申込みなしでどなたでもご参加できますが人数把握のためご連絡くださればありがたいです。
メール:civilesocietyforum@gmail.com まで。
shiminshakai.net/post/4784




●12月3日(月) 午後6時30分~神戸学生青年センターホール(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/
「廠窖(しょうこう)事件」(中国)をご存じですか?
 神戸・南京をむすぶ会は今夏、南京と湖南省の廠窖、常徳、長沙を訪ねました。廠窖は、侵攻した日本軍が1943年5月9日~11日の3日間に3万人を虐殺した事件として知られています。中国では南京大虐殺(1937年12月)以外にも、「中南京」「小南京」と言われる虐殺事件が各地で起きています。常徳は、日本軍が731部隊などの作られたペスト菌を散布し多大な被害をもたらしましたが、現地でその幸存者(生存者)、裁判支援者からお話を伺いました。
 廠窖には、2014年日本中国友好協会が訪問し、同兵庫連合会事務局長の上田雅美さんが参加しています。今年12月の南京集会は、「廠窖事件」をテーマとして、以下のとおり<「廠窖事件」をご存知ですか?>をテーマに開きます。ふるってご参加ください。
講 演
①「廠窖事件」の現場を訪ねて 上田雅美(日本中国友好協会兵庫連合会事務局長)
②「廠窖事件」と日本の中国侵略 宮内陽子(神戸・南京をむすぶ会代表)
コメント
 田所明治(日本中国友好協会兵庫連合会、『金曜日』2015.4.10に「「廠窖事件」を知っているか?」を執筆)
参加費:1000円
主催:神戸・南京をむすぶ会
連絡:TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878 e-mail hida@ksyc.jp
https://www.facebook.com/1830122057278922/photos/a.1830123050612156/2047857142172078/?type=3&theater



●12月3日(月) 13:30~草津市立まちづくりセンター202号室(JR草津駅から徒歩5分弱 http://kusatsu-machisen.net/access/
映画「ザ・思いやりパート2~希望と行動編」DVD上映会
共催:滋賀県平和委員会、滋賀県年金者組合、「よい映画を見る会」
連絡:077-552-4812(馬場さん)
https://shigaminpo.com/event.shtml



■12月3日(月)(再放送) 午後11:00~11:50 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー選▽ダス・ライヒ~ヒトラー“死の部隊”~(前編)
前編は、元はヒトラーの親衛隊として発足し、知力・体力に優れた青年を集めて訓練や教育を施し、ドイツ国民の“尊敬の対象”だった「ダス・ライヒ」が、第二次世界大戦の過程でいかに変容していったのかを追う。兵士が集まらなくなりハンガリーからも徴兵。フランスに展開するとレジスタンスの反撃に苦しむ。略奪行為を繰り返すなかで“世界史に残る汚点”オラドゥール・シュル・グラヌ村での女性や子どもの虐殺へといたる…
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=180425



■12月3日(月)(再放送) 午後11:45~00:45 NHK BSプレミアム
アナザーストーリーズ▽ホワイトハウスの陰謀~ウォーターゲート事件46年目真実
1972年6月17日、大統領選挙を前に、アメリカ民主党本部に盗聴器を仕掛けようとした男たちが逮捕された「ウォーターゲート事件」。ニクソン大統領は関与を否定するも、執務室での会話を記録した極秘の録音テープが証拠となり、大統領のウラの顔ともみ消し工作が露呈した。今回、事件の実行犯やもみ消し工作の担当者が、日本メディアの取材に初めて応じ、赤裸々に証言!ホワイトハウスの舞台裏を明かすアナザーストーリー!
http://www4.nhk.or.jp/anotherstories/x/2018-12-03/10/9803/1453108/



●12月4日(火) 13:00~東本願寺・しんらん交流館 2階 大谷ホール(地下鉄五条駅8番出口より徒歩3分 http://jodo-shinshu.info/access/
世界人権宣言70周年記念 差別撤廃・人権確立京都集会
記念公演「日本は”人権後進国”なのかーいま世界で起きていることー」

参加費:¥1000
講師:香山リカ(立教大学教授)
主催:部落解放・人権政策確立要求京都府実行委員会
https://jimmin.com/events/event/世界人権宣言70周年記念%e3%80%80差別撤廃・人権確立京都/



●12月4日(火) 10:00~11:30 八尾市プリズムホール レセプションホール5F(http://prismhall.jp/access
世界人権宣言70周年記念講演会 おばちゃん目線で考えるじんけん ~人権を私ごとに~
講師:谷口真由美さん(大阪国際大学准教授) 入場無料
主催:世界人権宣言八尾市実行委員会(世人やお)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1204.jpg



●12月4日(火) 15:00~舞洲焼却場 
舞洲・焼却場(ごみ処理場)の見学
※集合場所:JR桜島駅・改札出口前 14:15集合
保健所を守る大阪市民の会では、舞洲にあるごみ焼却施設・粗大ご みの破砕設備の見学会を企画しています。環境保護建築でも有名なオ ーストリア・ウィーンの芸術家フリーデンスライヒ・フンデルトヴァ ッサー氏のデザインで、高性能な公害防止設備も備えており、また焼 却時に発生する熱エネルギーから電力を作る余熱利用も行われていま す。皆様の参加お待ちしています。
事前申込要:お申し込みは、Tel もしくは Fax にてお願いします。06-6773-8798(FAX でのお申込み先:06-6354-7228 までお願いします。)
主催:保健所を守る大阪市民の会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1204-1.pdf



●12月4日(火) 18:30~20:30 龍谷大学響都ホール(京都アバンティ9階、京都駅八条口前)
琉球人遺骨の島への帰還を求めて提訴 報告集会
①基調報告
「学知の植民地主義批判-琉球人の自己決定権行使としての遺骨返還」松島泰勝(龍谷大学教員)
②弁護団からの報告
「訴状の説明と各弁護士からの本訴訟に対する思い」
③原告からの発言
「提訴にいたった経緯と決意」
④訴訟支援者からの発言
「本訴訟に対する思いと決意」
参加費:無料 ※事前申し込みは不要です
主催:琉球遺骨返還請求訴訟原告団・琉球遺骨返還請求訴訟支援全国連絡会
お問い合わせ:松島080-6597-4286 
https://www.facebook.com/events/567027817082212/



●12月4日(火) 午後2時開会~4時 キャンパスプラザ京都 5階第一演習室(ビックカメラ前、JR京都駅ビル駐車場西側 http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access
あらゆる年代地域職場で署名を!中高生・青年へ向けて署名を訴えよう
左京市民アクションでは、アベ改憲を阻止するため、懸命に 9 条改憲反対の署名を集めています。その中で青年学生にも署名を進め、先日11月8日の学生向け署名では一人で98筆を集める事が出来ました。自衛隊が憲法に書き加えられてしまったら、必ず若い人たちが犠牲となります。それだけは阻止しなければなりません。そのために、若い人たちに本当のことを知って欲しいと、憲法漫画を作り「何故戦争はなくならないのでしょう」という文章を手渡しながら説明をしています。中学生、高校生たちは「それは大変だ みんなで署名をしよう」 と誘いあって署名をしてくれます。
しかし、私たちの呼びかけに全く反応しない生徒さんたちもいますし、個人情報を書きたくないし署名自体しません、という生徒さんもいます。それでも先日、中学生の団体に署名を呼びかけていたら、引率の先生たちが「署名は慎重によく考えてからにしなさいよ」 とおっしゃったのに、「先生が真っ先に署名しないといけないんとちゃうの?」 と反論している姿を見ました。中学生たちはちゃんと理解しているようです。
私たちは、今この日本で起こっている政治状況を、正確に伝えることが何より大切なことです。交流集会も開催します。若い人たちに説明し署名集めをすることは、意義のあることです。全力を尽くしましょう。
呼びかけ:左京アクション



●12月4日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



■12月4日(火)(再放送) 午後05:00~05:50 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー「アメリカ“刑務所産業”」
アフリカ系アメリカ人として、アカデミー賞で初めて監督賞を受賞したロジャー・ロス・ウイリアムズが手がける。刑期を繰り返した親友の死をきっかけに取材を始めた彼は、黒人を標的にする警察と差別的な判断を下す司法が“刑務所産業”を支えていると指摘。企業が群がる市場規模は9兆円に達し、“受刑者数を多く・刑期を長くする”傾向を生んでいるという。世界の公共放送が参加する「Why Slavery?」シリーズの5本目
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=181126



■12月4日(火)(再放送) 午後11:00~11:50 NHK BS1 
BS世界のドキュメンタリー選▽ダス・ライヒ~ヒトラー “死の部隊”~(後編)
第2SS装甲師団「ダス・ライヒ」へのレジスタンスを物資や戦略面で支えた諜報員の一人が英仏ハーフのバイオレット。夫が戦死し、幼い娘を英国に残して作戦に加わったが、捕らえられ収容所で最期を迎える。ノルマンディー反転攻勢に失敗したダス・ライヒは独仏国境まで撤退。常軌を逸した虐殺行為や、レジスタンスの決死の戦い、収容所の非人道的な生活…発掘映像を修復・カラー化して、リアルな戦争の現実を伝える。
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=180426



■12月5日(水)(再放送) 深夜午前00:40~01:30 NHK総合
NHKスペシャル 平成史 第2回 バブル 終わらない清算~山一証券破綻の深層
シリーズ「平成史スクープドキュメント」。第2回は「バブル崩壊」と「失われた20年」の象徴となった、1997年(平成9年)の山一証券・自主廃業の内幕に迫る。今回、わたしたちは、山一を破綻へと追い込んだ当時の幹部たちへのインタビューに成功。なぜ日本を代表する名門企業のエリートたちは、破綻に至るまで危機を見過ごし、問題を先送りし続けたのか。当事者自身が初めて語る言葉からは、上意下達が絶対視される風潮や当事者意識の欠如など、平成が終わりを迎えようとする今も社会に根深く残る、日本特有の“組織文化”が浮かび上がってきた。さらに、自主廃業の決定に関わった金融当局の担当者たちも初めて証言。金融自由化などグローバルスタンダードへの対応が求められた当時の苦しい胸の内を明かした。山一証券の破綻の教訓とは何なのか、検証する。
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20181202



■12月5日(水)(再放送) 午前09:00~10:50 NHK BS1
「BS1スペシャル「脱北者の終わらない旅~南北融和ムードの中で~」
2018年6月、史上初の米朝首脳会談が開かれ、朝鮮半島の完全非核化と北の体制保証で合意した。南北融和ムードが広がる中、不安を募らせているのが祖国の独裁体制から逃げ、韓国に暮らす脱北者だ。その数3万1千人、融和に水を差す迷惑な存在だとして中傷や脅迫にさらされている。命がけで逃れてきた韓国を離れ、第三国に移住する“脱南”の動きも相次いでいる。韓国で発信を続ける風刺漫画家など、揺れる脱北者の心情を追う。
http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2018-12-05/11/16094/2515671/



●12月5日(水) 19時~20時 梅田ヨドバシカメラ前東南角
日本軍「慰安婦」問題の解決を求める水曜行動
歌や踊りをまじえ、道行く人々に「慰安婦」問題の真の解決について訴えます。
主催:日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク



●12月5日(水) 午後6時30分~国労大阪会館(天満駅出口から徒歩約2分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/map/)
9条改憲阻止・天皇代替わり反対!12・5大阪集会
「改憲」1条と加憲9条 天皇退位と戦争「放棄」

講師:中島 光孝 さん(弁護士)
天皇代替わりの最大の問題は、天皇がこれまで以上に戦争への関与が始まることではないか。中島弁護士に「『改憲』1条と加憲9条 天皇退位と戦争『放棄』」を講演してもらいます。多くの参加を。
安倍晋三政権は、今臨時国会で9条改憲(憲法9条1、2項を維持して自衛隊を明記)の発議を画策したが、報道によると、今国会では断念するようだ。しかし、それは延期にすぎず、改憲の意志は強固である。いうまでもなく、この改憲は、外国派兵において戦闘(人殺し)を制約する憲法9条2項(交戦権の否認)を否定し、大っぴらに交戦するためである。米国の侵略戦争に参戦するにはぜひ必要というわけだ。特定秘密保護法(2013年)、戦争法(2015年)、「共謀罪」法(2017年)など戦争と弾圧の法制度を確立してきた安倍政権は、外国派兵の憲法基盤を盤石(ばんじゃく)にしたいのである。中国や朝鮮民主主義人民共和国との戦争や、中東への出兵を念頭においているのである。
こうした本格的な戦争と戦争国家は天皇制と無関係ではありえない。「明治」の初めから1945年の敗戦までの75年余、日本の対外出兵・事変・戦争はじつに15回にものぼる。天皇の名のもとにアジアの人びと数千万人を殺し暴虐な支配を行ってきたのである。しかし、今まで一度として謝罪も真相究明も賠償も責任者の処罰もしていない。
にもかかわらず、いままた本格的な戦争国家を確立するというのだ。その戦争国家が天皇制と関係がないわけがない。事実、今回の天皇代替わりにあたって、全会一致で可決した天皇退位特例法は、天皇の政治行為を禁止する憲法4条を完全に否定した。天皇に無制限な「権力行使」(「象徴としての務め」=「公的行為」)を認めたのである。天皇明仁の8・8テレビメッセージという現代版「勅語」(命令)がその起点であった。天皇が言葉を発すれば、「挙国一致」でことが動いたのである。じつに恐ろしいことだ。戦争の時代に入ったいま、天皇のこうした権力的な「象徴としての務め」(「公的行為」)が一般化するかもしれない。それは「新たな戦前」を意味しないか。しかも重要なのは、これから新たに
起きることではなく、すでに起きていることだ。天皇明仁は自衛隊の外国派兵に決定的な役割を果してきたのである。
1991年、天皇明仁は、アジアの被侵略国から自衛隊外国派兵の「黙認」をとるため、タイ・マレーシア・インドネシアを訪問した。「謝罪なき謝罪」の天皇外交だ。これでPKO派兵が可能になった。また、2001年「9・11」事件のあと、米国の報復戦争(反テロ世界戦争)に、天皇明仁は小泉首相(当時)と役割分担をして参戦の意志を示した。首相は7項目の派兵内容を表明し、天皇は米大統領に異例の「弔意伝達」を行った。こうしてアフガニスタン戦争への参戦が始まり、イラク戦争への参戦と続くのである。
 そして今回の特例法だ。戦争国家には9条改憲とこの特例法が不可欠なのだ。天皇制戦争国家である。マスコミやリベラル派知識人は「象徴としての務め」(天皇の「権力行使」)に感激し、「平和天皇」論をふりまき、安倍を批判しながら支えている。悪質だ。惑わされてはならない。9条改憲阻止・天皇代替わり反対の闘いを推し進めよう。
参加費(資料代含む):800円(経済的に厳しい方は受付まで)
連絡先:参戦と天皇制に反対する連続行動 関西単一労働組合 Fax 06(6303)0449
主催:参戦と天皇制に反対する連続行動
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1205.pdf



●12月5日(水) 19時~難波屋(西成)(JR環状線「新今宮」8分 地下鉄「動物園前」⑨号出口 5分 https://tabelog.com/osaka/A2701/A270406/27046610/dtlmap/
Swing MASA Jazz Live@難波屋
Swing MASA sax & vocal 桐石日道子 piano Chinatsu drums
ロックアクションのデモには、いつもマサさんのサックスが響き渡っています。ニューヨーク仕込みのマサさんのサックス。その音色はとても優しくて、深くて、聴く人の心に染み込んできます。
日ごろの憂さをしばし忘れて、マサさんの音楽の世界にゆったりとひたってみませんか。
★難波屋恒例の投げ銭ライブ(カンパ制)★
https://www.facebook.com/events/264064380959553/



■12月5日(水) 午後11:00~11:46 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー「ヒトラー・クロニクル」
落ち着きのない“乱暴な”少年で、成績はクラスで最下層。芸術家を目指すが、ときにホームレスに・・・アドルフ・ヒトラーの生まれ育ちに焦点を当てた“草の根の歴史番組”。
900本のフィルムを発掘、未公開の映像が4割という、ヨーロッパで話題の新作シリーズ。オーストリアに生まれ、厳格な父親と息子を溺愛する母親に育てられた後のナチス・ドイツ総統の生涯を、当時の映像や、人々が残した文章で追体験する。志願兵として第一次世界大戦の戦場に向かい、その後、反ユダヤ主義に傾倒し、獄中で「わが闘争」を執筆するに至る足跡とは・・・「1920年代のYouTubeのようだ」との反響も。
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=181205



●12月6日(木) 18:30~新町北公園(オリックス(旧厚生年金会館)前)(四つ橋② 西大橋② 本町23 https://www.mapion.co.jp/m2/34.67799788,135.49510914,16/poi=KP706707)
戦争あかん!ロックアクション♪御堂筋キャンドルパレード♪」
 秘密保護法強行可決から5年―安倍独裁政権に抗議!!!!
わたしたちの命の水を売り渡す「水道民営化」、そしてなし崩しの外国人労働者受け入れ「入管法改正」を、安倍政権は今週中にも強行可決しようとしています。会期を延長して審議時間を取ることすらせず、国民のほとんどが知らないうちにこの悪法を数の力で押し通そうとしています。
もう国会はめちゃくちゃです。安倍の暴走はますますひどくなるばかり。
12/6は秘密保護法強行可決から5年のメモリアルデーですが、もはや秘密保護法がかすんでしまうほど、日本社会全体が破壊されつつあります。
いつものロックアクション、どうやら6日は雨の予報ですが、みなさん集まって抗議の声を上げましょう!
雨でも、もちろんデモは決行。ミュージシャンも、雨の中、生演奏してくれます。
しばらくロックアクションに行ってないな~と言う方も、集まって抗議の声を上げましょう!!
安倍独裁政権に抗議!!!!
♪ サウンド隊大募集!
♪ 音楽:Swing MASAさん 川口真由美さん まっすん
♪韓国のキャンドル集会で使われたキャンドルを持って、みんなで御堂筋を歩こう!
http://himitsulock.hatenablog.com/entry/2018/12/04/013121
https://www.facebook.com/events/1517867418316782/



●12月6日(木) 6時半~大和ビル5階大会議室(近鉄奈良駅①出口より徒歩2分)
非核平和の集い ナチス国家をめざす日本?
講師:木戸 衛一氏(大阪大学大学院国際公共政策研究科教員)
参加費:500円 
主催:非核の政府を求める奈良の会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1206-1.pdf



●12月6日(木) 18:30~ならまちセンター市民ホール(300人)(近鉄奈良 https://www.mapion.co.jp/m2/34.67988745,135.83139896,16/poi=0000NMCS_001pa
中村 敦夫 ひとり語り 奈良公演 線量計が鳴る
チケット(全席自由):1,500円(前売)2,000円(当日)1,000円(避難者、障がい者、中高生)
小学生以下無料
主催:中村敦夫「線量計が鳴る」奈良実行委員会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1207.pdf



■12月6日(木)(再放送) 午後05:00~05:50 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー「プーチンの復讐(しゅう)」(前編)
プーチンはなぜ、アメリカ大統領選挙に工作を仕掛けるまでの反米姿勢に至ったのか? 大統領に就任してからの足跡をつぶさに追いながら、その政治手法の変遷を探る。
アメリカPBSの看板番組「フロントライン」の最新作を二部構成でおくる。前編は、2000年にクレムリンの主となった元KGB職員の対欧米観から物語が始まる。米クリントン元大統領がエリツィンに伝えた警戒感とは? ウクライナ等の民主化運動の陰にプーチンが見た「アメリカの工作」とは? 米政府高官やロシアの政治家、プーチン・ウオッチャーらの多角的な証言で、アメリカへの“復讐”に傾くプーチンの実像に迫る。 
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=180314



■12月6日(木)(再放送) 午後07:00~08:50 NHK BS1 
BS1スペシャル▽隠された日本兵のトラウマ~陸軍病院8002人の“病床日誌”
日中戦争から太平洋戦争の時代、精神障害兵士が送られた国府台陸軍病院。ひそかに保管された8002人の「病床日誌(カルテ)」が研究者よって分析され、日本兵の戦時トラウマの全貌が明らかになった。戦場の衝撃に加え、精神主義による制裁や住民への加害の罪悪感が発病につながっていたことが判明した。番組では発病地の多い中国での治安戦の実態を取材。戦後も社会復帰を阻まれた兵士と、その家族の姿をカルテをもとに追跡する
http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2018-12-06/11/17236/2204258/



■12月6日(木) 午後08:00~09:00 NHK BSプレミアム
昭和の選択「開戦を回避せよ!~近衛文麿・日米交渉の挫折~」
1941年12月8日、太平洋戦争が始まる。なぜ日本は、圧倒的な国力差があるアメリカとの戦争に踏み切ったのか。直前の10月まで内閣を率いた首相・近衛文麿は、開戦を回避すべく日米交渉に奔走、関係改善の糸口となる「日米諒解案」をまとめさせた。しかし、日独伊三国同盟を軸にアメリカを威圧するという外相・松岡洋右の反論にあらがえずこれを放棄。国際情勢を見誤り、絶好の機会を逃してしまう。“外交敗戦”の真相に迫る
http://www4.nhk.or.jp/heroes/x/2018-12-06/10/11558/2473154/



●12月7日(金) 関西電力本社前(「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:00頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:00 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●12月7日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●12月7日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●12月7日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&パレード



●12月7日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に!



●12月7日(金) 19:00~大阪市立旭区民センター小ホール(300席)(千林大宮駅4号南西へ徒歩約10分 京阪森小路駅西へ徒歩約10分 http://asahiwardc-ogbc.jp/map/index.html
中村 敦夫 ひとり語り 大阪公演 線量計が鳴る
料金:1,500円(前売)2,000円(当日)1,000円(避難者、障がい者、中高生)
小学生以下無料
主催:「線量計が鳴る」大阪実行委員会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1207-1.pdf



●12月7日(金) 18:30~20:30 エル大阪 701(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
どないなってんねん、大阪と大学
 ――大学の危機と大阪市大争議からみえてくるもの

・Aさん(大阪市大争議 当該組合員)「法廷闘争の報告と支援の御礼」
・石原俊(明治学院大学教授)「大学ガバナンスの危機的状況」
・櫻田和也(大阪市立大学特任講師)「大阪の大学と非正規労働者の現状」
このかん関西非正規等労働組合では、中小零細企業の労働争議と同時に、大学の雇止め問題にもとりくんできました。そこから見えてきた課題は巨大で、あるべき都市のすがた、しかるべき社会のかたちが、いま深刻に問われています。大学のみならず小学校・幼稚園・保育所などの学校園の統廃合、公共事業の民営化、公園の指定管理、公用地の売却、文科省の汚職、研究不正など。そのたびごとに都合よく、必要ないとされた非正規雇用の切り捨ては、あとをたちません。
こんかいはオペライズモ研究会の協力で、大学の統治のあり方について問題提起をしてきた明治学院大学・石原俊教授をお呼びし、失業問題の専門家で大阪に関する論考も発表してきた大阪市立大学・櫻田和也特任講師とともに、大阪から大学の問題を考える機会にしたいと思います。さまざまな労働現場で悩むみなさんと考える糸口をつかめたらと思いますので、ぜひご参集ください。
※参加費無料・事前申し込み不要
主催・関西非正規等労働組合・ユニオンぼちぼち
http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html



●12月7日(金) 19:00~21:00 あべのロックタウン(あべのキューズモール4F http://rocktown.jp/index.html
大阪の女性たちが政治を変える
どうして、「政治」の世界には、こんなに女性が少ないんだろう。女性が参政権を得た1945年から73年たった今も、女性の国会議員の数は全体の1割~2割です。政治は暮らしと密接に関わっています。できるなら、仕事や家庭などで出会う困難、生活のしづらさを政治の力でよくしたい。男性中心の政治の現場に女性議員が増えることで、より良い視点やアイデアがたくさん生まれるのではないでしょうか。
これまで政治の世界とは無関係だった女性たちが、大阪から、政治を変えようと動き出すことを決意しました!
なぜ、政治の世界に進もうと思ったのか。そしてどんな未来をつくりたいのかトークセッションを行います!みなさん、お越しください!!
出演:かめいし倫子(大阪府) けさまるともこ(東住吉区) 橋本まな(阿倍野区) 西川あり(八尾市)
司会:仲岡しゅん(弁護士)
参加費:1000yen+ワンドリンク
※高校生以下はドリンク代のみ
※キッズスペースあり(事前申し込み不要)
お申し込みはコチラ:https://www.kokuchpro.com/event/osakawomenspower/
主催:「大阪の女性たちが政治を変える」実行委員会
後援:立憲民主党大阪府第二区総支部
https://www.facebook.com/events/1156488564504059/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Akko

Author:Akko
清志郎大好き。
旅行大好き。
ドイツ大好き。
でも最近忙しくて、旅行に行けません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR