脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 8月29日(月)~

★9/1追加情報
●9/2(金)までのイベント情報を追加しました。
その他追加情報いろいろあります。 NEWをチェック!



【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-2.html




対テロ戦争
●8月29日(月)~9月9日(金) 12:00~21:00 やさい食堂・堀江座2F(阪神西元町駅東口を南へすぐ)*日曜日閉廊
花爆カフェ~911から15年を迎えるまえに~
2001年9月11日のアメリカ同時多発テロを発端に始まった「対テロ戦争」。
ますます拡がっていく戦禍。この世界を巻き込む「戦争」が始まって、もうすぐ15年を迎えるこの夏、とっても小さいけれど、Love and Peace な時間と空間を、あなたとともに過ごしたいとの思いで、企画してみました。
◆花と爆弾~もう、戦争の暴力はやめようよ~挿絵原画展
在廊日:8月29日(月)、9月2日(金)、5日(月)、9日(金)15:00~21:00 
この他の日についても、ご希望により19時より在廊
主催:「花と爆弾-もう、戦争の暴力はやめようよ-」
お問い合わせ:小橋かおる kaorukobashi@hotmail.com
http://whatsnew-on-flowersandbombs.blogspot.jp/2016/07/829992016.html



シリア、アフガン
●8月30日(火) 18時半~20時半 豊中人権まちづくりセンター(阪急宝塚線豊中駅 http://www.city.toyonaka.osaka.jp/shisetsu/sonota/toyo_center/index.html
講演|戦火の子どもたちに学んだこと~シリア、アフガン戦争は今~ 
講師:西谷文和
アフガン戦争から 15 年、イラク戦争から 13 年、シリア内戦から 5 年が経過しました。中東 各地は内戦や紛争、テロによって、未だに不安定な状態にあります。特にシリアでは、政府 軍と反体制派との武力衝突によって、多くの死者や難民を出し続けています。しかし、こう した情勢について日本で報道されることはほとんどありません。 内戦がここまで泥沼化するのはなぜか?テロリストが生まれる背景はどこにあるのか?本当 にテロリストだけが悪者なのか?中東各地で取材を続けているイラクの子どもを救う会代表 の西谷文和さんから、イラクやシリアの様子とともに「イスラム国」の正体についてもお話 いただきます。戦争のない平和な社会の実現のために“私たちがすべきこと”や“できること” について、一緒に考えてみませんか?
定 員:50名 ( 当日会場にて受付。 事前申込も可能)
参加無料
◇同時開催:パネル展 「 忘れない豊中空襲 」
8月22日(月)~31日(水) 午前9時~午後5時まで(日曜日はお休み)
企画・運営:(一財)とよなか人権文化まちづくり協会
TEL:06-6841-5300 FAX:06-6841-6655
MAIL:jinken@tcct.zaq.ne.jp
http://www.tcct.zaq.ne.jp/jinken/koza/koza2016/2016.8.30nishitani.pdf
http://www.kinyobi.co.jp/event/20160826_002093.php



南スーダン
●8月30日(火) 午後6時半~エルおおさか南館71(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
ATTAC関西 南スーダン問題学習会
南スーダンの紛争:自衛隊は何のために派遣されたのか?
「南スーダンの紛争の背景と解決への道」

お話:茂住 衛さん(アフリカ日本協議会)
自衛隊がPKOに参加している南スーダンで、停戦が破られ、戦闘が再開しています。
日本政府は「PKO参加5原則は崩れて」いないとして、自衛隊の駐留を継続すると明言していますが、戦闘は自衛隊の活動地域にも近づいています。
また、現地の日本人の国外退去のために陸上自衛隊、航空自衛隊が出動しようとしています。
紛争の歴史的経過や社会経済的背景を知ることを通じて、武力以外の方法で平和を実現できないのか。いっしょに考えたいと思います。
資料代:500円
http://attackansai.blog.eonet.jp/default/2016/07/attac-b009.html



朝鮮学校補助金問題
●8月30日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



在 日

●8月30日(火) 18:30~21:00 猪飼野セッパラム文庫(近鉄上本町六丁目駅から8分・地下鉄谷町九丁目駅から10分・鶴橋駅から15分 ドンキホーテ上本町店から東へ、セブンイレブン角を右へ約100m、左側3軒目 ※道に迷われる前にお電話ください。)
猪飼野セッパラム文庫「映像で見る朝鮮韓国在日」第10回上映会  
「猪飼野~在日コリアンの軌跡~」 (NHK戦後史証言プロジェクト『日本人は何をめざしてきたのか』第4回、2013年7月27日、90分) 
ゲスト:高用哲(コヨンチョル)さん(同法保護者連絡会代表)番組に出演
内容:日本で在日コリアンが最も集住する大阪市生野区。かつて「猪飼野」と呼ばれた地域には、戦前、日本の植民地だった朝鮮半島南部、主にチェヂュ島から渡ってきた人とその子孫が多く住む。戦後、彼らは、南北分断、帰国運動など東アジアの激動に翻弄され、差別や偏見に苦しみながら日本で生きてきた。民族教育を求める声は、阪神教育闘争などを乗り越えて、どのように進められてきたのか。そして、地元の日本人は、こうした在日社会とどう向き合ってきたのか。在日2世から3世へと移り、日本に帰化する人も増えている今、在日コリアンの街、旧猪飼野地域の戦後史を見つめ、日本人が多様な民族や文化とどう関わってきたのかを問いかける。 
入場無料・定員15名・要予約
主催:猪飼野セッパラム文庫 
http://white.ap.teacup.com/korminor/



大阪湾スナメリ観察
●8月30日(火) 19時~21時 大阪府環境情報プラザ研修室(地下鉄森ノ宮駅5番出口 JR森ノ宮駅北口300メートル http://www.kannousuiken-osaka.or.jp/shisetsu/plaza/access/index.html
大阪湾スナメリ観察応援隊 勉強会
!!大阪湾にクジラやイルカの仲間がいるって知っていますか?!!
大阪湾は古来より、水が淀み穏やかなところから「茅渟(ちぬ)の海」と呼ばれました。そこには小魚やチリメンジャコなどが多く見られ、それらを餌とする魚がいて、と食物連鎖が繰り返され、そしてその頂点に立つのが、小型のクジラ、スナメリです。
私たち大阪自然環境保全協会は、大阪湾のチリメンジャコを大切にする思いから「チリモン図鑑」を作り、自然環境保護・保全を呼び掛けてきました。そうした活動の中、大阪湾に希少ながら生息するスナメリに心惹かれ、観察し見守っていくグループとして集まったのが「大阪湾スナメリ観察応援隊」です。しかし、そのスナメリの生態はいまだ謎だらけ。もっと知りたい!学びたい!!そんな気持ちで、今回、大阪湾のスナメリを研究されている方を講師にお招きし、お話を聞かせていただくこととしました。
ぜひこの勉強会を通じて、多くの方に大阪湾の豊かな自然や生物多様性を知り、大阪湾とスナメリに興味を持っていただけたなら、そして私たちスナメリ観察応援隊の仲間になっていただければ、と願っています。
講師:近藤 茂則 先生(大阪ECO動物海洋専門学校)
演題:ここまでわかった大阪湾のスナメリ
定員:30名(先着順)
参加費:300円
主催:公益社団法人 大阪自然環境保全協会 大阪湾スナメリ観察応援隊
申し込み&問い合わせ:E-mail:sunameri2016@gmail.com FAX:06-6881-8103
https://www.facebook.com/events/579620175561158/
http://www.nature.or.jp/observation/group/sunameri.html



南スーダン
●8月31日(水) 18:30~ひと・まち交流館京都第4会議室 (京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html)
南スーダンの紛争 日本の私たちにできることは?
南スーダンの紛争の背景と解決への道

お話:茂住 衛さん(アフリカ日本協議会)
自衛隊がPKOに参加している南スーダンで、停戦が破られ、戦闘が再開しています。
日本政府は「PKO参加5原則は崩れて」いないとして、自衛隊の駐留を継続すると明言していますが、戦闘は自衛隊の活動地域にも近づいています。また、現地の日本人の国外退去のために陸上自衛隊、航空自衛隊が出動しようとしています。紛争の歴史的経過や社会経済的背景を知ることを通じて、武力以外の方法で平和を実現できないのか。いっしょに考えたいと思います。
参加費:資料代として500円(割引希望の方は受付でお申し出ください)
主催:グローバル・ジャスティス研究会
(参考資料)専門家が指摘!
「南スーダンにいる自衛隊が戦争に巻き込まれかねない」
http://wpb.shueisha.co.jp/2016/08/22/70504/
https://www.facebook.com/events/178108125937352/
http://attackansai.blog.eonet.jp/default/2016/07/post-db4a.html



ピースおおさか
●8月31日(水) PM6:30~大阪国労会館1Fホール(天満駅出口から徒歩約2分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/map/)
8・31ピースおおさかリニューアル裁判報告会
~再び子どもたちを戦場に送らないために~
「裁判の概要 なぜ裁判を起こしたのか」
竹 本 昇(リニューアル裁判 原告)
「裁判の争点と展望」 大前治弁護士(京橋法律事務所)
「判所へ提出した意見書」 裁判支援者 他
資料代:500円 300円(学生・非正規・しょうがい者など)
主催:ピースリニューアル裁判を支える会 ピースおおさかの危機を考える連絡会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0831-1.pdf
http://www17.plala.or.jp/kyodo/annai1.html



大阪市大不当解雇問題
●8月31日(水) 11時~大阪地方裁判所(本館809)(地下鉄淀屋橋より北東へ8分 大阪市役所の北側、橋を渡り直すぐ http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/)
【大阪市大不当解雇問題】第一回期日 
裁判傍聴のお願いと集会報告
第一回目の期日が決まりました。ぜひ傍聴をお願いします。
http://rootless.org/botiboti/blog/blog-entry-2102



NEW
●9月1日(木) 16時~19時 滋賀県庁正面噴水前(JR大津駅から徒歩5分 大津市京町四丁目1番1号 http://www.pref.shiga.lg.jp/guide/chosha/index.html
滋賀県庁前すわりこみ短時間でも結構です。座り込みにご参加ください。お待ちしてます♪
http://nonukesiga.exblog.jp/23440005/



NEW
●9月1日(木) 17:30~18:00 京都タワー前
タワー前リレートーク
広げよう戦争法廃止の声!
https://www.facebook.com/demokyoto/photos/a.1403240299917422.1073741830.1402425196665599/1760743137500468/?type=3&theater


NEW
冤罪
●9月1日(木) 18:00~20:00 東本願寺しんらん交流館(東本願寺北川)2F大谷ホール
「死刑を止めよう」宗教者ネットワーク 第23回死刑廃止セミナー
「えん罪救済センターを立ち上げてぼう大な情報分析から浮かび上がるえん罪」
稲葉光行さん(えん罪救済センター代表、立命館大学教授)
主催:「死刑を止めよう」宗教者ネットワーク 京都から死刑制度の廃止を目指す弁護士の会 死刑廃止を求める「京都にんじんの会」
http://whatsnew-on-flowersandbombs.blogspot.jp/2016/07/829992016.html



●9月2日(金) 関西電力本社前(JR「大阪駅」阪神・阪急「梅田駅」徒歩約15~20分 「北新地駅」徒歩10分「淀屋橋駅」徒歩約10分 「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:30頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:30 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●9月2日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●9月2日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●9月2日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&三宮駅までのパレード



●9月2日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に!  台風一過? 脱原発の願いを込めて 音楽・アート大歓迎。手作り看板・鳴り物持参で。
福島のこども達のための街頭カンパもやってます!
なんちゃってマスゲームも? 再稼動許さないの声をもっと!
https://www.facebook.com/events/297461413954077/



このほか大阪茨木市、羽曳野市、寝屋川市、京都、兵庫、滋賀、奈良、三重、和歌山など各地の関電支店前やその他の場所で全国一斉金曜行動が行われています。
全国の金曜抗議行動をまとめたサイトはこちら。
 ↓ ↓ ↓ 
全国金曜抗議一覧  
http://demojhks.seesaa.net/article/296349527.html



●9月2日(金)~4日(日) 13:00~龍谷大学深草学舎 和顔(わげん)館地下2階B201室(JR奈良線「稲荷」駅南西へ徒歩約8分・京阪本線「深草」駅西へ徒歩約3分・京都市営地下鉄烏丸線「くいな橋」駅東へ徒歩約7分 http://www.ryukoku.ac.jp/about/campus_traffic/traffic/t_fukakusa.html)
日本科学者会議第21回総合学術研究集会(9/2~9/4)
◇9/2(金)
13:00~13:30 開会式
13:30~18:00 全体集会
18:30~20:30 市民向け講座
講演は有料(1日券=当日受付現金支払いのみ,一般:1,500 円)
https://www.facebook.com/events/157822341287936/



自民党改憲草案
●9月2日(金) 19:30~21:00 メディアスタジオSANA(地下鉄玉造駅1出口徒歩5分大阪女学院北側)http://peacetv.bex.jp/mediastudio/map.html
自民党改憲草案 国防軍とは何か?
参加費:500円 学生・障がい者・失業者 300円(飲み物付き) 
主催:イラク平和テレビ局inJapan  090-3966-0604(森) http://peacetv.jp/



議 員
●9月2日(金) 9:30~21:30 amare(あまり)塚口さんさんタウン3番館6F(阪急塚口駅徒歩すぐ http://www.sunsuntown.com/access/access.html
オトナテラコヤ
議員をはかるモノサシのつくり方

「オトナテラコヤ」は、気軽に、楽しく、さまざまなことを学べる「大人のための寺子屋」です。
今回は、兵庫県議会の政務活動費問題で、改革の先頭に立ってきた兵庫県議の丸尾牧さんに、「政務活動費の改革の成果」と議員通信簿を題材にして「議員をはかるモノサシのつくり方」について話をしていただきます。
「あまがさき市民、みんなが先生」をキーワードに、デザイン、建築、アート、法律、政治、金融、経済、環境、ものづくり、海外情勢、宗教、地域コミュニティ、ファシリテーション、ICTなど、テーマは講師によってさまざま。なかなか学べなかったことを、関心に沿って学びましょう。
普段触れることのないテーマに触れることで、インスピレーションが生まれることもあるかもしれません。
もちろん、尼崎市外の方や初めての方、ご年配の方やfacebookをされていない方の参加も大歓迎。車椅子の方もエレベーターがありますので、お越しいただけます(会場の入り口には少し段差がありますが、お手伝いいたします)。また、基本的に筆談可能です。どうぞ、安心してご参加くださいませ。
内 容
議員通信簿を題材にして、「議員をはかるモノサシのつくり方」について考えてみます。
ゲスト講師: 丸尾牧(まるお まき)
兵庫県議。1964年10月生まれ。兵庫県尼崎市出身在住。市尼高卒業、大阪産業大学工学部交通機械工学科卒業(整備士資格を取得)。大学在学時に千葉敦子氏『がん闘病記』を読み、自分の生き方について深く考える。有吉佐和子著『複合汚染』を読み、環境問題や食のあり方に関心を持ち始める。大学在学中にオートバイで北海道1周。アメリカ、イギリスで短期ホームスティ。24歳で有機野菜を販売する八百屋「ポパイ」を開業。28歳の時に市議会議員全員が不正出張を行う市議会不正出張問題が起こり、議会解散運動等に参加。市議会議員選挙に立候補し当選。2期目当選後、市民オンブズ尼崎立ち上げに尽力。市議4期。42歳で県議選に挑戦し当選。現在3期目。
参加費:500円(別途ワンドリンクオーダー制)
定員:20名
http://amagasakiengawa.com/#event
https://www.facebook.com/amagasakiamare/
http://amagasakiengawa.com/amare/


NEW
■9月3日(土) (再放送)午前0時10分~1時04分(2日深夜)
NHKスペシャル 決断なき原爆投下 ~米大統領 71年目の真実~
「原爆投下は戦争を早く終わらせ、数百万の米兵の命を救うため、2発が必要だとしてトルーマンが決断した」。
アメリカでは原爆投下は、大統領が明確な意思のもとに決断した“意義ある作戦だった”という捉え方が今も一般的だ。その定説が今、歴史家たちによって見直されようとしている。
アメリカではこれまで軍の責任を問うような研究は、退役軍人らの反発を受けるため、歴史家たちが避けてきたが、多くが世を去る中、検証が不十分だった軍内部の資料や、政権との親書が解析され、意思決定をめぐる新事実が次々と明らかになっている。
最新の研究からは、原爆投下を巡る決断は、終始、軍の主導で進められ、トルーマン大統領は、それに追随していく他なかったこと、そして、広島・長崎の「市街地」への投下には気付いていなかった可能性が浮かび上がっている。それにも関わらず大統領は、戦後しばらくたってから、原爆投下を「必要だと考え自らが指示した」とアナウンスしていたのだ。
今回、NHKでは投下作戦に加わった10人を超える元軍人の証言、原爆開発の指揮官・陸軍グローブズ将軍らの肉声を録音したテープを相次いで発見した。そして、証言を裏付けるため、軍の内部資料や、各地に散逸していた政権中枢の極秘文書を読み解いた。
「トルーマン大統領は、実は何も決断していなかった…」
アメリカを代表する歴史家の多くがいま口を揃えて声にし始めた新事実。71年目の夏、その検証と共に独自取材によって21万人の命を奪い去った原爆投下の知られざる真実に迫る。
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20160806



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Akko

Author:Akko
清志郎大好き。
旅行大好き。
ドイツ大好き。
でも最近忙しくて、旅行に行けません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR