FC2ブログ

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2018年10月28日(日)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報


●10月28日(日) 13:30~16:30 ドーンセンター(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
核のゴミ捨て場「中間貯蔵」はいらない!関西集会
和歌山県白浜町日置川に使用済燃料の中間貯蔵施設をつくろうとするたくらみに対し、それに抵抗する動きが広がっています。7月29日に「核のゴミはいらん日置川の会」が結成され、8月に白浜町の他の地区でも会が結成されました。これまで「関電の話は聞く」と答弁していた白浜町長も、ついに9月議会の冒頭で、「申入れがあったとしても協議をする考えはない」と表明せざるを得ませんでした。
10月28日の集会では日置川の会を結成した冷水さんに、日置川の過疎の実情や「子どもや孫を守るため」に会を結成したその思いなどを語っていただきます。
関西電力は昨年11月に福井県知事の要請に応じて、今年(2018年)中に、福井県外で中間貯蔵の候補地を公表すると約束しました。集会時点ではその期限までに2カ月を残すだけとなります。
8月終盤になって、まず高浜町長がついでおおい町長が、原発敷地内に乾式貯蔵施設をつくる選択肢もあるとわざわざ表明しました。このような発言は撤回すべきです。
この状況も含む福井県内の問題について、高浜町の東山さんに語っていただきます。その話の中から、福井県において直面している諸課題をくみ取り、議論を通じて運動の方向を見出していきましょう。関西での取り組みも交流します。
この集会を通じて、和歌山・関西・福井の運動は連携を強め、
・中間貯蔵施設を白浜にもどこにも造らせない強い意思を表明し、関電の動きをけん制しよう。
・関電の福井県知事への約束違反状態をつくりだし、まずは大飯原発の、さらに高浜原発、美浜原発の運転をとめよう。核のゴミ・使用済燃料のこれ以上の発生をとめよう。
ゲスト:冷水喜久夫さん(核のゴミはいらん日置川の会事務局長 脱原発わかやま代表)、東山幸弘さん(ふるさとを守る高浜・おおいの会)
参加費:一般500円,大学生以下・避難者200円
主催:避難計画を案ずる関西連絡会
連絡先団体:グリーン・アクション/原発なしで暮らしたい丹波の会/脱原発はりまアクション/原発防災を考える兵庫の会/美浜の会
http://greenaction-japan.org/jp/2018/10/2547



●10月28日(日) 12:10~14:10 龍谷大学深草キャンパス(JR奈良線「稲荷」駅南西へ徒歩約8分,京阪本線「深草」駅西へ徒歩約3分,地下鉄烏丸線「くいな橋」駅東へ徒歩約7分 http://www.ryukoku.ac.jp/about/campus_traffic/traffic/t_fukakusa.html
「核」取材報告会
日米同盟と核 「トモダチ作戦 もう一つのフクシマ~~空母レーガン乗組員の被曝裁判」

講師:田井中 雅人さん(朝日新聞・核と人類取材センター)。
主催:日本平和学会2018年度秋季研究集会「グローバルヒバクシャ」分科会
参加費:非会員500円
https://houteisien.wordpress.com/kyoto/



●10月28日(日) 15:00~17:00 日本キリスト教団 室町教会(地下鉄烏丸線,丸太町駅2番出口から徒歩2分 http://muromachi-church.org/?page_id=35
日本キリスト教団 京都教区 社会セミナー
「若狭の原発を止めるため 電力を消費する市民に何ができるか?」

講師:中嶌哲演さん(小浜明通寺住職,福井から原発を止める裁判の会 代表)
https://houteisien.wordpress.com/kyoto/



安倍政治
●10月28日(日) 14:00~新長田勤労市民センター3階大会議室(JR・地下鉄新長田駅南西5分、東急プラザビル3階 http://www.mapion.co.jp/m2/34.65648126,135.14462034,16/poi=0786432431-002
市民と野党の長田共同アクション講演会
『安倍政治の行きづまりと日本社会のこれから』~アメリカいいなり政治の矛盾と限界~

講師:白井 聡さん(政治学者)
資料代:¥500
連絡:078-631-2106
https://jimmin.com/events/event/市民と野党の長田共同アクション講演会/



平和憲法
●10月28日(日) 14時~17時 大阪南YMCA(JR天王寺駅北口より東へ5分 http://www.oospo.net/ymca-minami/access
「平和憲法とこの国の自立を考える」勉強会
会費:500円
主催:いのちと平和 090-3974-1166(弓場)



当番弁護士
●10月28日(日) 13:30~16:30 京都弁護士会館地下大ホール(地下鉄丸太町駅から徒歩7分・バス停「裁判所前」から徒歩1分他 https://www.kyotoben.or.jp/access.cfm
京都・当番弁護士を支える市民の会20周年記念集会
「当番弁護」は何を変えたか

お話:山田 悦子さん(甲山事件冤罪被害者)徳田 靖之さん(弁護士・大分県弁護士会)遠山 大輔さん(弁護士・京都弁護士会)
参加費無料 申込み不要 主催:京都弁護士会/京都・当番弁護士を支える市民の会
https://www.kyotoben.or.jp/event.cfm#1311



選 挙
●10月28日(日) 13:30~16:30 兵庫県勤労市民センター講習室(JR兵庫3分 http://www.navitime.co.jp/poi?spt=00005.303077
連帯兵庫みなせん 公開討論会 2019年は選挙Year 市民の政治参加をどう広げるか
パネリスト:岡本仁宏(関西学院大学教授) 弘川欣絵(弁護士) 松本 誠(市民まちづくり研究所長)
参加資料代¥500
主催:連帯兵庫みなせん(平和と立憲主義、いのちと暮らしを守る市民選挙・連帯兵庫)
連絡:TEL078-691-4593(出口)
https://jimmin.com/events/event/連帯兵庫みなせん%e3%80%80公開討論会%e3%80%802019年は選挙year-市民/



フェスタ
●10月28日(日) 午前10時~午後3時 長居公園内 南児童遊園(長居 http://www.nagaipark.com/access/#map
戦争はいやや!核なんかいらへん! FESTIVAL 2018
主催:反核フェスティバル実行委員会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1028-1.pdf



ライブ&トーク
●10月28日(日) 16:00~マルコハウス(桃谷駅262m https://tabelog.com/osaka/A2701/A270203/27062893/dtlmap/
パギやんライブ&トーク こんな時代に誰がした?!
木戸銭:前売¥2000 当日¥2500(ドリンク別)
主催:マルコハウス
連絡:TEL06-6718-1612
https://jimmin.com/events/event/パギやんライブ%ef%bc%86トーク%e3%80%80こんな時代に誰がした/



コンサート
●10月28日(日) 14:00~クレオ大阪東ホール(京橋駅 (JR線) 南口から南へ約600m http://www.creo-osaka.or.jp/east/access.html
平和・統一フェスタ2018
一部:文化公演 
二部:アンサンブル チケット 
前売り/1,000円 当日/1,500円 高校生以下無料
主催:平和・統一フェスタ2018実行委員会
osaka.korea-htr.org/img/plan181028.pdf




■10月29日(月) 深夜午前00:50~01:50 MBS毎日放送
映像'18「生きなおし~元ヤクザが取り組む施設の日々~」
大阪市福島区。多くの人が行き交う商店街の近くに自立支援施設「良心塾」がある。ここは、刑務所や少年院で過ごした人たちが、自立して生活できるように支援する目的で2015年12月に開設された施設だ。現在、10代~20代の男性が共同生活をしており、近くには女子寮もある。みな、出所後に親族から引き取りを拒否され、行き場を失った人たちばかり。「大人は信用してない。自分は生きてる価値などない」というのが彼らの口癖だ。
「良心塾」は公的支援を受けず、施設を運営している黒川洋司さん(46)を中心に、ボランティアで賄っている。黒川さんは幼い頃に両親が離婚。母親に育てられた。中学卒業後は暴走族に入り、19歳で暴力団に。21歳の時に辞めたものの、その後、傷害事件で逮捕されたことがある。そんな黒川さんを変えたのは、「自分のすべてを心から認めてくれていた」母親の病気による急死だった。そして残りの人生で人の役に立つことを誓う。
「“親”のような役割を果たし、支えてくれる人がひとりいれば、必ず人生は変えられる」との思いから、5年前から活動をはじめ、これまで17人の身元引受人になってきた。「生きてることに意味がある、ひとりひとりに何か役割がある。元ヤクザの自分だからこそ、伝えられることがある」と信じて…。 再犯防止のために自立支援施設で、若者の更生に取り組む黒川さんと入居者たちの模索の日々に密着する。
https://www.mbs.jp/eizou/
https://www.mbs.jp/timetable/



■10月29日(月)(再放送) 深夜午前02:50~03:50 MBS毎日放送
文化庁芸術祭出品作品 映像'18「職場で死なせない~過労死家族の終わらぬ闘い~」
名古屋市に住む内野博子さん(48)は昨年、「名古屋過労死を考える家族の会」代表に就任した。2002年、当時トヨタ自動車の正社員だった夫の健一さん(当時30歳)は夜勤残業中に倒れ急死した。その死が長時間労働が原因の過労死だとして、労災申請を認めてもらうまで、孤独な闘いを6年近くも続けなければならなかった。 安倍政権が今国会の最重要テーマと位置づけ、労働法改正に取り組む「働き方改革」。
労働者がそれぞれの事情に応じた多様な働き方を選択できる社会を実現しようとするもので、長時間労働の是正、多様で柔軟な働き方の実現、雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保等のための措置を講ずる法案の成立を目指す。「長時間労働を1か月上限100時間未満とする」一方、「裁量労働制の拡大」や「高度プロフェッショナル制度の創設」など、労働時間にとらわれない働き方の導入は、結果的に長時間労働につながることが
懸念される。 番組では、内野さんの日常を見つめながら「働き方改革」を働く者の立場から考える。
https://www.mbs.jp/eizou/backno/180527.shtml
https://www.mbs.jp/timetable/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村







コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Akko

Author:Akko
清志郎大好き。
旅行大好き。
ドイツ大好き。
でも最近忙しくて、旅行に行けません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR