FC2ブログ

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2018年9月9日(日) 

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-374.html



●9月9日(日) 西宮市勤労会館ホール(阪神西宮駅より徒歩5分/阪急今津駅より徒歩8分 https://maps.google.co.jp/maps?q=34.736244,135.345064
証言ドキュメンタリー「福島は語る」西宮上映会 *短縮版(2時間51分)
(土井敏邦監督トークあり)
原発事故から既に8年目になります。国は、汚染の実態や健康被害の事実を隠し、事故は、もう終わったかのように帰還を進めています。さらに、私たちのような放射能測定を続けることや低線量被ばくの危険を語ることを、福島「差別」や風評被害を助長し、福島県民を苦しめているというキャンペーンを行っています。
このような中で、この「福島は語る」というドキュメンタリー映画に出会いました。原発事故は、人々の生活も人権も生きがいも全て丸ごと奪ってしまうという現実が、私たちの胸に突き刺さってきます。原発事故は、人災であり放射能汚染という何世代にもわたる最悪の公害を引き起こしました。国はすべての被災者を長期にわたって賠償・補償していく責任があります。原発事故がもたらした真実をもう一度とらえなおすために、是非この映画をご覧いただきたいと思います。
<監督からのメッセージ>
原発事故から7年が過ぎました。日本は、2020年の東京オリンピックに向けて浮き足立ち、福島のことは「終わったこと」と片づけようとしているように感じます。しかし、原発事故によって人生を変えられてしまった十数万人の被災者たちの心の傷は疼き続けています。100人近い被災者たちから集めた証言を丹念にまとめました。その“福島の声”を、忘却しつつある日本社会に届けたいと願い、この映画を制作しました。ぜひ、多くの方々に彼らの声を広げてください。(ジャーナリスト、記録映画監督 土井敏邦)
【タイムスケジュール】
・10時30分開場 展示企画(測定結果から見る汚染の実態・福島の今など)
・12時30分~1回目上映
・15時30分~監督トーク&だるま森+えりこさんの歌と演奏・測定所紹介
・17時30分~2回目上映
入場料:一般1000円 学生(中学生以上)500円
主催:阪神・市民放射能測定所(〒662-0916 西宮市戸田町5-21 つむぎの家内) 
TEL 050-5317-4016 FAX:0798-34-2315  
https://www.facebook.com/events/211608882998097/permalink/234846224007696/
https://www.facebook.com/証言ドキュメンタリー福島は語る上映会-1680227978713091/



●9月9日(日) 14:00~16:30 神戸市勤労会館 404号室(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html
ひょうご訴訟原告勉強会
来たるべく本人尋問に備えて、模擬尋問を弁護士の先生が用意してくれてます。 先に一部勝訴判決を勝ち取った京都訴訟からは原告共同代表の萩原ゆきみさんが来てくださり、本人尋問に臨むにあったって、アドバイスを、していただく予定です。原告勉強会ですが、お手伝いも兼ねて、サポーターの方の参加も呼びかけてます。
(事前申込)
勉強会の後は毎回恒例の懇親会も近くの居酒屋であります。
参加される方は、原告は担当弁護士に、サポーターの方は松本rrikka.san5pum@gmail.comまで
https://www.facebook.com/209871206025633/photos/a.209880322691388/699575360388546/?type=3&theater



●9月9日(日) 13時30分~16時30分 京都市男女共同参画センター ウィングス京都 ビデオシアター(定員30名)(地下鉄烏丸御池駅 (5番出口) または地下鉄四条駅・阪急烏丸駅(20番出口)徒歩約5分 https://www.wings-kyoto.jp/ )
区域外避難者の声を聴く会IN京都
この意見交換会は、原発事故によって区域外から避難された方を対象としています。参加される方は、できるだけ事前に申し込みをしてください。もちろん当日参加もOK です。
東日本大震災・福島第一原発事故から7年半が経とうとしています。住み慣れた故郷を離れて避難生活を送るなかで、いくつもの困難があったことと思います。
避難の協同センターは、区域外避難者を中心に、住宅問題をはじめ避難者の生活問題全般にわたる支援の仕組みをつくろうと2016年7月に設立しました。住宅・健康・就労・子育て・生活相談や生活サポート資源を活用した支援、孤立化防止と支えあいの場づくり、国に対し「避難の権利」保障のための総合的な支援策を、自治体に対し貧困・孤立化を防ぐ施策を求めてきました。
福島県は、来年3月末で区域外避難者の民間賃貸家賃補助制度を終了する方針を示しています。生活の基本である「住まいの不安」がさらに強まる事が懸念されます。避難者に対する新たな被害を発生させないようにしなければならないと考えています。避難の協同センターでは、4月以降、東京・新潟・福島各地域で「避難者の声を聴く会」を開催、並行して原発事故子ども被災者支援法国会議員連盟と協同し、政府や福島県との「話し合い」をすすめてきました。
急なお知らせで申し訳ありませんが、今回は福島県生活拠点課担当者をお呼びして、京都で開催する事としました。来年3月末での「民間賃貸家賃補助制度」終了を中心とした「住まいの不安」にどのように対応していくかなど説明を頂くと共に、避難されている皆さんの声を直接伝え、意見交換する場といたします。お茶とお菓子もご用意してお待ちしています。お気軽にお越しください。
申し込み先:e-mail : rentai@s3.dion.ne.jp 電話:090-8232-1664
主催:避難の協同センター setodaisaku7@gmail.com 090-1437-3502(瀬戸)
共催:うつくしま☆ふくしまin京都 rentai@s3.dion.ne.jp 090-8232-1664(奥森)
http://fukushimakyoto.namaste.jp/event/180909kansai.html



メディア
●9月9日(日) 14時~16時半 エルおおさか606号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
グループZAZA連続講座
メディアの現場から「なぜ『反骨』を書くのか、その今日的意義を考える」

講師:中村尚徳さん(朝日新聞)
中村尚徳記者は『反骨の記録』を朝日新聞夕刊に2016年4月19日から6月24日まで42回にわたって連載されました。中江兆民、与謝野晶子、幸徳秋水、大石誠之助、宮武外骨、黒島伝治ら侵略戦争に反対した人々や米騒動等民衆の闘いを知らせ復権するものでした。これら『反骨』の闘いの歴史から学び、安倍政権の愛国主義、国家主義の教育や憲法改悪・再びの戦争に対してNOをつきつける闘いの道を考えたいと思います。
参加費:500円
※第4回も、朝日新聞・中村尚徳記者の講演です。ご予定下さい。
 10月8日(月)南館734号室   
「『反骨の記録』から考える憲法問題―改憲に抗うために」
主催:グループZAZA(090-6067-0560)
https://blog.goo.ne.jp/zaza0924/e/7e5cdca22f0eefcf8e1c6445f732cf89




朝鮮半島
●9月9日(日) 午後2時~新長田勤労市民センター大会議室(3階)(JR・地下鉄新長田駅南西5分、東急プラザビル3階  http://www.mapion.co.jp/m2/34.65648126,135.14462034,16/poi=0786432431-002
2018西神戸憲法集会
朝鮮半島をめぐる動きと北東アジアの平和

講師:宋世一(ソン・セイル)さん《在日本韓国民主統一連合副議長》
ピョンチャンオリンピックではためいた朝鮮半島の統一旗、その後南北首脳の抱擁に朝鮮半島の平和的統一が近づいていると多くの人が考えたことでしょう。朝鮮戦争終結に向けて努力がなされていますが、日本政府は北への制裁一辺倒の政治を続けており、平和へ向けた動きのカヤの外と言われています。米国防総省は 6 月に、米韓合同軍事演習を「無期限に中止する」と発表し、朝鮮半島の非核化・平和協定締結に向けた動きが活発です。今、北東アジアの平和に必要なことは対話です。日本も積極的に対話をすすめる外交をすべきではないでしょうか。朝鮮半島の平和的統一の意義、現状、そして日本はどうあるべきか、韓国社会の民主化と祖国統一をめざして活動を続けてきた宋世一(ソン・セイル)さんのお話をぜひ、お聞きください。
参加費:800円(学生無料)
主催:憲法を生かす会・西神戸連絡会
連絡先:090-2289-6481(小谷)
https://www.freeml.com/kdml/11505/latest



辺野古新基地建設
●9月9日(日) 午後1時半~4時半 西成区民センター(地下鉄四ツ橋線「岸里」下車すぐ 地下鉄堺筋線、南海本線・高野線「天下茶屋」下車 徒歩5分 http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016683.html)
リブインピース@カフェ「『本土』からも声を上げよう 辺野古基地建設阻止!」
主催:リブ・イン・ピース☆9+25
http://www.liveinpeace925.com/schedule/schedule.htm



消費税
●9月9日(日) 13:30~本町カーニープレイス7F(本町駅 23番出口 徒歩0分 https://www.kaigishitu.com/detail/13404/
消費増税STOP!消費税10%中止!デモOSAKA「プレ学習会」
講師:井上伸(福祉国家構想研究会)
主催:消費税10%中止デモ実行委員会
http://bund.jp/?event=26618



消費税
●9月9日(日) 16:00~新阿波座公園(https://www.navitime.co.jp/poi?spt=02402.281559)16:30~デモ出発
消費増税STOP!消費税10%中止!デモOSAKA
主催:消費税10%中止デモ実行委員会
http://bund.jp/?event=26618



ドキュメンタリー上映会
●9月9日(日) 18時半~大阪市北区民センター(地下鉄堺筋線「扇町」2号-B出口北へ3分/JR環状線「天満」西へ3分 北区役所隣 http://www.osakacommunity.jp/kita/b1_hall.html)
ドキュメンタリーを視て語るつどい 
韓国民衆の蜂起「その時、市民は軍と闘った 韓国の夜明け光州事件」と
日本陸軍の無謀な侵略作戦「戦慄の記録 インパール」を上映。
参加費:300円
主催:映像で現代を語る会(090-5151-9763中森)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0909.pdf



都市整備
●9月9日(日) 13:30~16:30 神戸市勤労会館 308号室(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html
シンポジウム「三宮再整備」構想を考える
- みんなで考えるまちづくり!本当に今の構想で大丈夫? -

今、神戸市は30年後を見据えて「三ノ宮再整備」を進めようとしています。皆さんはご存知ですか?本当に市民が願う再整備なのでしょうか?まちづくりの専門家と神戸市会議員をお招きして、市民の常識と市民の立場で学び、考えるシンポジウムです。ぜひ、ご参加いただけますよう、ご案内いたします。
パネラー:松本 誠(市民まちづくり研究所 所長)竹山 清明(建築家)あわはら 富夫(神戸市議会議員 / 新社会党)平野 章三(神戸市議会議員 / 無所属)森本 真(神戸市議会議員 / 日本共産党)1名予定(神戸市議会議員 / 共創・国民民主)
資料代:500円
主催:神戸再生フォーラム、神戸をほんまの文化都市にする会、神戸をよくする会、モトコーを守る会
問い合わせ先:Mail: frs@kcc.zaq.ne.jp Tel: 090-6667-0830
http://civilesociety.jugem.jp/?eid=38866



関西新空港
●9月9日(日) 13時~泉南市岡田浦浜(岡田漁協となり)
関西新空港反対!泉州現地集会
主催:泉州沖に空港をつくらせない住民連絡会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0909-1.pdf



政 治
●9月9日(日) 10:00~ひとまち交流館 1、2会議室 (京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html)
福山さんを囲んで 京都のこと、原発のこと、これからのこと
参加費¥300
主催:下京原発ゼロネット/新日本婦人の会下京支部
https://jimmin.com/events/event/福山さんを囲んで%e3%80%80京都のこと、原発のこと、こ/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村


【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-374.html



●9月9日(日) 西宮市勤労会館ホール(阪神西宮駅より徒歩5分/阪急今津駅より徒歩8分 https://maps.google.co.jp/maps?q=34.736244,135.345064
証言ドキュメンタリー「福島は語る」西宮上映会 *短縮版(2時間51分)
(土井敏邦監督トークあり)
原発事故から既に8年目になります。国は、汚染の実態や健康被害の事実を隠し、事故は、もう終わったかのように帰還を進めています。さらに、私たちのような放射能測定を続けることや低線量被ばくの危険を語ることを、福島「差別」や風評被害を助長し、福島県民を苦しめているというキャンペーンを行っています。
このような中で、この「福島は語る」というドキュメンタリー映画に出会いました。原発事故は、人々の生活も人権も生きがいも全て丸ごと奪ってしまうという現実が、私たちの胸に突き刺さってきます。原発事故は、人災であり放射能汚染という何世代にもわたる最悪の公害を引き起こしました。国はすべての被災者を長期にわたって賠償・補償していく責任があります。原発事故がもたらした真実をもう一度とらえなおすために、是非この映画をご覧いただきたいと思います。
<監督からのメッセージ>
原発事故から7年が過ぎました。日本は、2020年の東京オリンピックに向けて浮き足立ち、福島のことは「終わったこと」と片づけようとしているように感じます。しかし、原発事故によって人生を変えられてしまった十数万人の被災者たちの心の傷は疼き続けています。100人近い被災者たちから集めた証言を丹念にまとめました。その“福島の声”を、忘却しつつある日本社会に届けたいと願い、この映画を制作しました。ぜひ、多くの方々に彼らの声を広げてください。(ジャーナリスト、記録映画監督 土井敏邦)
【タイムスケジュール】
・10時30分開場 展示企画(測定結果から見る汚染の実態・福島の今など)
・12時30分~1回目上映
・15時30分~監督トーク&だるま森+えりこさんの歌と演奏・測定所紹介
・17時30分~2回目上映
入場料:一般1000円 学生(中学生以上)500円
主催:阪神・市民放射能測定所(〒662-0916 西宮市戸田町5-21 つむぎの家内) 
TEL 050-5317-4016 FAX:0798-34-2315  
https://www.facebook.com/events/211608882998097/permalink/234846224007696/
https://www.facebook.com/証言ドキュメンタリー福島は語る上映会-1680227978713091/



●9月9日(日) 14:00~16:30 神戸市勤労会館 404号室(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html
ひょうご訴訟原告勉強会
来たるべく本人尋問に備えて、模擬尋問を弁護士の先生が用意してくれてます。 先に一部勝訴判決を勝ち取った京都訴訟からは原告共同代表の萩原ゆきみさんが来てくださり、本人尋問に臨むにあったって、アドバイスを、していただく予定です。原告勉強会ですが、お手伝いも兼ねて、サポーターの方の参加も呼びかけてます。
(事前申込)
勉強会の後は毎回恒例の懇親会も近くの居酒屋であります。
参加される方は、原告は担当弁護士に、サポーターの方は松本rrikka.san5pum@gmail.comまで
https://www.facebook.com/209871206025633/photos/a.209880322691388/699575360388546/?type=3&theater



●9月9日(日) 13時30分~16時30分 京都市男女共同参画センター ウィングス京都 ビデオシアター(定員30名)(地下鉄烏丸御池駅 (5番出口) または地下鉄四条駅・阪急烏丸駅(20番出口)徒歩約5分 https://www.wings-kyoto.jp/ )
区域外避難者の声を聴く会IN京都
この意見交換会は、原発事故によって区域外から避難された方を対象としています。参加される方は、できるだけ事前に申し込みをしてください。もちろん当日参加もOK です。
東日本大震災・福島第一原発事故から7年半が経とうとしています。住み慣れた故郷を離れて避難生活を送るなかで、いくつもの困難があったことと思います。
避難の協同センターは、区域外避難者を中心に、住宅問題をはじめ避難者の生活問題全般にわたる支援の仕組みをつくろうと2016年7月に設立しました。住宅・健康・就労・子育て・生活相談や生活サポート資源を活用した支援、孤立化防止と支えあいの場づくり、国に対し「避難の権利」保障のための総合的な支援策を、自治体に対し貧困・孤立化を防ぐ施策を求めてきました。
福島県は、来年3月末で区域外避難者の民間賃貸家賃補助制度を終了する方針を示しています。生活の基本である「住まいの不安」がさらに強まる事が懸念されます。避難者に対する新たな被害を発生させないようにしなければならないと考えています。避難の協同センターでは、4月以降、東京・新潟・福島各地域で「避難者の声を聴く会」を開催、並行して原発事故子ども被災者支援法国会議員連盟と協同し、政府や福島県との「話し合い」をすすめてきました。
急なお知らせで申し訳ありませんが、今回は福島県生活拠点課担当者をお呼びして、京都で開催する事としました。来年3月末での「民間賃貸家賃補助制度」終了を中心とした「住まいの不安」にどのように対応していくかなど説明を頂くと共に、避難されている皆さんの声を直接伝え、意見交換する場といたします。お茶とお菓子もご用意してお待ちしています。お気軽にお越しください。
申し込み先:e-mail : rentai@s3.dion.ne.jp 電話:090-8232-1664
主催:避難の協同センター setodaisaku7@gmail.com 090-1437-3502(瀬戸)
共催:うつくしま☆ふくしまin京都 rentai@s3.dion.ne.jp 090-8232-1664(奥森)
http://fukushimakyoto.namaste.jp/event/180909kansai.html



メディア
●9月9日(日) 14時~16時半 エルおおさか606号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
グループZAZA連続講座
メディアの現場から「なぜ『反骨』を書くのか、その今日的意義を考える」

講師:中村尚徳さん(朝日新聞)
中村尚徳記者は『反骨の記録』を朝日新聞夕刊に2016年4月19日から6月24日まで42回にわたって連載されました。中江兆民、与謝野晶子、幸徳秋水、大石誠之助、宮武外骨、黒島伝治ら侵略戦争に反対した人々や米騒動等民衆の闘いを知らせ復権するものでした。これら『反骨』の闘いの歴史から学び、安倍政権の愛国主義、国家主義の教育や憲法改悪・再びの戦争に対してNOをつきつける闘いの道を考えたいと思います。
参加費:500円
※第4回も、朝日新聞・中村尚徳記者の講演です。ご予定下さい。
 10月8日(月)南館734号室   
「『反骨の記録』から考える憲法問題―改憲に抗うために」
主催:グループZAZA(090-6067-0560)
https://blog.goo.ne.jp/zaza0924/e/7e5cdca22f0eefcf8e1c6445f732cf89




朝鮮半島
●9月9日(日) 午後2時~新長田勤労市民センター大会議室(3階)(JR・地下鉄新長田駅南西5分、東急プラザビル3階  http://www.mapion.co.jp/m2/34.65648126,135.14462034,16/poi=0786432431-002
2018西神戸憲法集会
朝鮮半島をめぐる動きと北東アジアの平和

講師:宋世一(ソン・セイル)さん《在日本韓国民主統一連合副議長》
ピョンチャンオリンピックではためいた朝鮮半島の統一旗、その後南北首脳の抱擁に朝鮮半島の平和的統一が近づいていると多くの人が考えたことでしょう。朝鮮戦争終結に向けて努力がなされていますが、日本政府は北への制裁一辺倒の政治を続けており、平和へ向けた動きのカヤの外と言われています。米国防総省は 6 月に、米韓合同軍事演習を「無期限に中止する」と発表し、朝鮮半島の非核化・平和協定締結に向けた動きが活発です。今、北東アジアの平和に必要なことは対話です。日本も積極的に対話をすすめる外交をすべきではないでしょうか。朝鮮半島の平和的統一の意義、現状、そして日本はどうあるべきか、韓国社会の民主化と祖国統一をめざして活動を続けてきた宋世一(ソン・セイル)さんのお話をぜひ、お聞きください。
参加費:800円(学生無料)
主催:憲法を生かす会・西神戸連絡会
連絡先:090-2289-6481(小谷)
https://www.freeml.com/kdml/11505/latest



辺野古新基地建設
●9月9日(日) 午後1時半~4時半 西成区民センター(地下鉄四ツ橋線「岸里」下車すぐ 地下鉄堺筋線、南海本線・高野線「天下茶屋」下車 徒歩5分 http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016683.html)
リブインピース@カフェ「『本土』からも声を上げよう 辺野古基地建設阻止!」
主催:リブ・イン・ピース☆9+25
http://www.liveinpeace925.com/schedule/schedule.htm



消費税
●9月9日(日) 13:30~本町カーニープレイス7F(本町駅 23番出口 徒歩0分 https://www.kaigishitu.com/detail/13404/
消費増税STOP!消費税10%中止!デモOSAKA「プレ学習会」
講師:井上伸(福祉国家構想研究会)
主催:消費税10%中止デモ実行委員会
http://bund.jp/?event=26618



消費税
●9月9日(日) 16:00~新阿波座公園(https://www.navitime.co.jp/poi?spt=02402.281559)16:30~デモ出発
消費増税STOP!消費税10%中止!デモOSAKA
主催:消費税10%中止デモ実行委員会
http://bund.jp/?event=26618



ドキュメンタリー上映会
●9月9日(日) 18時半~大阪市北区民センター(地下鉄堺筋線「扇町」2号-B出口北へ3分/JR環状線「天満」西へ3分 北区役所隣 http://www.osakacommunity.jp/kita/b1_hall.html)
ドキュメンタリーを視て語るつどい 
韓国民衆の蜂起「その時、市民は軍と闘った 韓国の夜明け光州事件」と
日本陸軍の無謀な侵略作戦「戦慄の記録 インパール」を上映。
参加費:300円
主催:映像で現代を語る会(090-5151-9763中森)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0909.pdf



都市整備
●9月9日(日) 13:30~16:30 神戸市勤労会館 308号室(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html
シンポジウム「三宮再整備」構想を考える
- みんなで考えるまちづくり!本当に今の構想で大丈夫? -

今、神戸市は30年後を見据えて「三ノ宮再整備」を進めようとしています。皆さんはご存知ですか?本当に市民が願う再整備なのでしょうか?まちづくりの専門家と神戸市会議員をお招きして、市民の常識と市民の立場で学び、考えるシンポジウムです。ぜひ、ご参加いただけますよう、ご案内いたします。
パネラー:松本 誠(市民まちづくり研究所 所長)竹山 清明(建築家)あわはら 富夫(神戸市議会議員 / 新社会党)平野 章三(神戸市議会議員 / 無所属)森本 真(神戸市議会議員 / 日本共産党)1名予定(神戸市議会議員 / 共創・国民民主)
資料代:500円
主催:神戸再生フォーラム、神戸をほんまの文化都市にする会、神戸をよくする会、モトコーを守る会
問い合わせ先:Mail: frs@kcc.zaq.ne.jp Tel: 090-6667-0830
http://civilesociety.jugem.jp/?eid=38866



関西新空港
●9月9日(日) 13時~泉南市岡田浦浜(岡田漁協となり)
関西新空港反対!泉州現地集会
主催:泉州沖に空港をつくらせない住民連絡会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0909-1.pdf



政 治
●9月9日(日) 10:00~ひとまち交流館 1、2会議室 (京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html)
福山さんを囲んで 京都のこと、原発のこと、これからのこと
参加費¥300
主催:下京原発ゼロネット/新日本婦人の会下京支部
https://jimmin.com/events/event/福山さんを囲んで%e3%80%80京都のこと、原発のこと、こ/


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Akko

Author:Akko
清志郎大好き。
旅行大好き。
ドイツ大好き。
でも最近忙しくて、旅行に行けません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR