(10/25更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 10月24日(月)~ 28日(金)

★10/25追加情報
●10月25(火) 18:30~20:30 ハートピア京都(丸太町)
京都反原発めだかの学校・学習会~福島・南相馬・伊達・郡山そして東京・横浜~
土ホコリの放射能を測って分かること=データと写真で知る福島の現状=



【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-34.html




松井知事糾弾
●10月24日(月) 15:00~大阪府庁前(谷町四丁目[1-A](8分)天満橋[3](9分)http://bb-building.net/tatemono/osaka/136.html
大阪府庁・松井知事糾弾!大阪府警本部申入れ行動!
15:00~大阪府庁前抗議行動
16:30~大阪府警本部申入れ行動
https://www.facebook.com/groups/1519664045019565/permalink/1695213024131332/



君が代不規律問題
●10月24日(月) 13時10分~大阪高裁202号大法廷(地下鉄淀屋橋より北東へ8分 大阪市役所の北側、橋を渡り直すぐ http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/)
奥野さん「君が代」不起立減給処分取消訴訟控訴審判決
202は90人の傍聴席がある法廷で、裁判所建物西側入口を入って正面の階段をあがった2階です。メディアの注目が高まっていることから大法廷に変更されたものと思われます。その状況下で、傍聴席に空席が目立っては残念ですので、お近くの皆様、可能な限りの傍聴をお願いいたします。
また、当初は予定していなかった横断幕を掲げての行進を行うことにしました。
・12時30分 裁判所の東にある大阪弁護士会館1階ロビーに集合
・12時45分 裁判所南側歩道の東端から中央入口前まで行進
こちらにもできればご参加ください。
◇報告集会 判決後すぐ 大阪弁護士会館5階510号室 4時頃まで
◇記者会見 2時~裁判所内司法記者クラブで
(大変狭い場所での立ち見になりますが、記者会見の様子を見ていただくことは可能です。)
http://blog.goo.ne.jp/zaza0924/e/345cacc1fb414acca7b8577dbeadc503



資本主義
●10月24日(月) 18:00~21:00 モモの家(阪急吹田駅から歩いて5分 JR吹田駅から歩いて12分 http://www.momo-family.org/?page_id=9
『おかねについて語らう会?しほんしゅぎってなんだったっけか?』
しほんしゅぎってだれのため?おかねについての素朴な語らいの場が5年ぶりに始まります。安心安全な場で、みんなで自由に語り合うことで、真実や未来があらわれてくるかも!?
参加費:1000円(学生以下 500円)
※ご飯代:500円(希望される方は事前にご連絡ください。)
お問合せ・申し込み先:
〈 名前 〉モモのがまぐち
〈 TEL 〉080-1522-9817(松村)
〈 E-MAIL 〉momonogamaguchi@gmail.com
http://cc-suilen.blogspot.jp/2016/09/1024.html



●10月25(火) 11:00~16:00 モモの家(阪急吹田駅から歩いて5分 JR吹田駅から歩いて12分 http://www.momo-family.org/?page_id=9
かえるCafe (毎月第2・4火曜日に開きます)
東日本大震災で避難してこられたみなさん そして心をよせる関西のみなさん
ほっとして 出会って 語りあって つながろう
草木染や手仕事などもやってます。
飲み物:300円
Menu:デトックス茶 有機栽培コーヒー 黒煎り玄米コーヒーなど
※避難者さんは交通費半額補助します
http://happy.ap.teacup.com/applet/momonoie/msgcate15/archive



●10月25(火) 午後6時~午後8時 阪急上牧駅駅前広場
原発ゼロ上牧行動
アピール、ビラまき、ポスティング
ストリートオルガンの音楽に合わせて、楽しくアクション。
http://takatukigomi.sblo.jp/article/81958387.html



●10月25(火) 19:00~21:00 モモの家(阪急吹田駅から歩いて5分 JR吹田駅から歩いて12分 http://www.momo-family.org/?page_id=9
しえんほうカフェ
「原発事故子ども・被災者支援法」に関わるあれこれ。そこから見えるもの、新しい発見、これからできること。支援法に関連するさまざまな話を交換するゆるやかな茶会です。
参加費800円
申込み モモの家 office@momo-family.org  (できれば事前に参加連絡ください)
http://happy.ap.teacup.com/applet/momonoie/msgcate15/archive



NEW
●10月25(火) 18:30~20:30 ハートピア京都京都府立総合社会福祉会館(地下鉄「丸太町」5番出口すぐ/市バス・京都バス・JRバス「烏丸丸太町」下車 烏丸丸太町下ル東側 075-222-1777 http://www.heartpia-kyoto.jp/access/access.html
京都反原発めだかの学校・学習会
~福島・南相馬・伊達・郡山そして東京・横浜~
土ホコリの放射能を測って分かること
=データと写真で知る福島の現状=

お話:河野益近さん(元京都大学大学院工学研究科原始核工学専攻・教務職員)
5年半前、福島第一原発から撒き散らかされた半減期の長い放射性物質ももちろん土ホコリに含まれ、風に飛ばされ、水に流され散らばったり、スミに集まり泥に濃縮したり、折角除染したところに、乾燥して山風に乗って振り注いだりと、その動向は複雑だろうと思われます。
福島のそして東京の土ホコリの放射能を測定されて分かることを写真を添えてお話し頂きます。
河野益近さんは、ご存じの方も多いと思いますが、松葉の放射能汚染を測定され日本全国に広がる汚染の実態を明らかにされています。松葉だけでなく様々なものの放射能汚染調査に取り組んでこられました。丹念に丹念に測定され、測定のエキスパートです。その緻密なデータと多くの現地の写真から、原発事故被害者への賠償・支援打ち切り、帰還の強要が迫られる現実、またあまり気に止められない「離れた」東京・横浜、そのおかれた「現状」を説いて頂きます。
福島原発事故を忘れようとしてはいけません。ご参加をお待ちしております。
参加費:500円
連絡先:075ー602ー1183(20時~23時) 
http://www.freeml.com/kdml/10235/latest



朝鮮学校無償化
●10月25(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



●10月26日(水) 16時~関西電力本社(JR「大阪駅」阪神・阪急「梅田駅」徒歩約15~20分 「北新地駅」徒歩10分「淀屋橋駅」徒歩約10分 「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
反原子力デー関西電力への申入れ行動
連絡:若狭ネット クボ 072-939-5660



限界集落
●10月26日(水) 午前10時30分~12時 神戸学生青年センター(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/
「限界集落の再生の取り組みについて~宍粟市一宮町千町~」
NPOひょうご農業クラブ 理事長 増田 大成さん
都市への人口流出の勢いが止まらず、限界集落が増え続けている。その一方、環境を重視する生活スタイルへ移行する人も増えつつあり、限界集落に人が戻り、農業や地場産業が復活してきている地域もでてきた。農村と都市の人的、文化的交流の促進事業・安全な農産物づくりの推進事業などをおこし、宍粟市一宮町で「あこがれ千町の会」を発足された増田大成さん。千町を通した観点から日本の食・農・村の問題に向かい合い、限界集落再生の実践に取り組んでこられたお話を伺います。
http://ksyc.jp/seminar/food/



●10月27日(木) 18:00~20:00 CIVI研修センター新大阪東 7F E705(JR「新大阪」駅下車 東口から50m http://www.civi-c.co.jp/access.html#higashi
第5回低線量被曝と健康被害を考える集い
報告1.「甲状腺がん検出状況の報告と100ミリシーベルト閾値の問題」
津田 敏秀 (岡山大学大学院環境生命科学研究科)
報告2.「福島を含む汚染都県における周産期死亡の増加」
(医療問題研究会)
議論:参加者と
************************************************
岡山大学の津田先生は、国際環境疫学会が発行する“Epidemiology(疫学分野のトップジャーナル)”に福島県の小児甲状腺がん多発を疫学的に分析した論文を発表され、昨年10月オンライン上で先行公開されて、本年5月に正式掲載され、今話題になっています。小児甲状腺がんの多発は「スクリーニング効果」ではなく、「被ばくによる過剰発生」であると結論づけておられます。
論文が掲載に至るには、専門家たちの厳しい査読を経ており、甲状腺がんの異常多発という事実が、質の高い科学的根拠として国際的に評価されたことを意味しています。 今、福島における甲状腺がんの多発が
世界中に知られ、昨年からこの問題が、世界最大の環境汚染などを専門とする国際環境疫学会(ISEE)で議論され、甲状腺がん異常多発を認める意見が疫学の専門家で圧倒的多数になっています。
最近は、「第5回放射線と健康についての福島国際専門家会議」(本年9月)や、甲状腺がん多発に関する「批判論文」も幾つか出ています。しかし、その内容は、甲状腺がん発見の地域差の検討やチェルノブイリの患者の年齢比較などにおいて科学的内容に大きな問題点を持つものになっています。当日の集いでは、甲状腺がん多発、低線量被ばくの危険性=100ミリシーベルト閾値の問題などに関して、科学的根拠に基ずく医療的議論、論争を通じて真実を明らかにしていきたいと思っております。
そして、福島原発事故後の広範な健康被害の増加を考えていきます。本年9月に、原発事故後の放射線被曝が強い福島とその近隣5県で周産期死亡が明らかに増加しているとする医学論文が、Medicine(インターネット専門の医学雑誌)に掲載され、今話題になっています。甲状腺がんだけでない障害も既に生じていることを明白にしたこと。被ばくによる障害が、福島県以外の東北関東、さらに、東京・埼玉・千葉にも広がっていることも示したこと、で大きな意味があります。
(医療問題研究会の以下のサイトで概略、論文(PDFで閲覧)がご覧になれます。
福島原発事故と関連して周産期死亡が増加したとの論文が医学雑誌『Medicine』に掲載されました
http://ebm-jp.com/2016/10/media2016002/
今年で5年目を迎える「低線量被曝と健康被害を考える集い」ですが、多くの人々にご参加をいただきながら、公衆衛生医療を担うものとして問題を深める作業を行い、一歩でも解決に向かう活動を行いたいと考えています。ご意見、そして、ご参加いただけることを心より願っています。
医療者と共に、一般市民の方もご参加いただけます。
なお、当日は、公衆衛生学会-自由集会-主催の運営となります点をご了解ください。
代表世話人:津田 敏秀(岡山大学大学院環境生命科学研究科)
連絡先:「第5回低線量被曝と健康被害を考える集い」実行委員会
たかまつこどもクリニック 高松 勇
FAX 06-6167-8902,meeting0522@gmail.com
http://takatsuki-sokuteisyo.blog.so-net.ne.jp/



●10月27日(木) 滋賀県庁正面噴水前(JR大津駅から徒歩5分 大津市京町四丁目1番1号 http://www.pref.shiga.lg.jp/guide/chosha/index.html
滋賀県庁前すわりこみ
http://nonukesiga.exblog.jp/23553217/



TPP
●10月27日(木)  18:30~よつ葉ビル5F会議室(阪急茨木市駅 https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1114856868610530&set=p.1114856868610530&type=3&theater)
緊急!TPP講演会
講師:山田正彦さん(元農水大臣)
もうすぐ、日本の国会で批准されようとしているTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)ですが、決して良いことばかりではないようです。むしろ私たちの生活を脅かすようなものであることが心配されています。農業は破壊的影響を受けることになり、食糧自給率は40%から13%に落ち込み、食品の安全基準が国際化していくことで食や品質の低下を招く可能性が高くなり、安心して食事ができる環境が失われていくと言われています。また、TPPに参加したら日本の保健医療制度は崩壊し、儲かるのは製薬会社と保険会社だけだという話もあります。
山田さんのお話しを通じて、国会で批准されようとしているTPPによって何が変わろうとしているのか、一緒に勉強してみませんか? 多くのみなさんの参加を呼びかけます。
北大阪商工協同組合(連絡先:事務局06-6858-5702)
https://www.facebook.com/events/550170638521621/



避難計画
●10月27日(木) 10:00~12:00 京田辺市社会福祉センター第1研修室(http://www.mapion.co.jp/m2/34.81305013,135.77233207,16/poi=22630668152)
コープ自然派京都連続学習会(第2回)
自分の町の避難計画を分析してみよう
参加費(1講座):450円
定員:50名(*定員に達した場合は先着順)
申込み締切日:10月25日(火)(当日参加も可)
主催:コープ自然派京都
https://houteisien.wordpress.com/kyoto/



沖縄・高江
●10月27日(木) 6時30分~シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
Voice of TAKAE
~沖縄・高江に暮らす石原岳さんに聞く~

沖縄本島北部の東村高江で米軍ヘリパッドの建設工事が強行されています。集落を取り囲むように計画された6カ所のヘリパッドのうち2カ所は完成、昼夜の区別なくオスプレイの離発着訓練が繰り返され、住民の暮らしを脅かしています。
にもかかわらず、国は残る4カ所を何がなんでも今年中に完成させようと、大阪府警など県外の機動隊も動員して強引に工事を進めています。高江の住民たちは、計画が明らかになった当初から反対の意思を明らかにし、2007年7月からは、やむにやまれず座り込みを始めました。その一人、石原岳さんをお招きし、トークライブを開きます。高江でいま何が起きているのか。住民の思いとは――。率直に語っていただきます。
参加費:800円
問合せ先:文箭(ぶんや)25bun64bun@ezweb.ne.jp 09037131179 栗原 kuryuniraikun@gmail.com 09077680264
http://civilesociety.jugem.jp/?eid=34656



●10月28日(金) 関西電力本社前(JR「大阪駅」阪神・阪急「梅田駅」徒歩約15~20分 「北新地駅」徒歩10分「淀屋橋駅」徒歩約10分 「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:30頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:30 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●10月28日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●10月28日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●10月28日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&三宮駅までのパレード
●10月28日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に! 
だんだん薄暗くなってきました。ヒカリモノ有効です。 脱原発の願いを込めて 音楽・アート大歓迎 手作り看板・鳴り物持参で。 福島のこども達のための街頭カンパもやってます! なんちゃってマスゲームも? 再稼動許さないの声をもっと!
https://www.facebook.com/events/910150712419161/



このほか大阪茨木市、羽曳野市、寝屋川市、京都、兵庫、滋賀、奈良、三重、和歌山など各地の関電支店前やその他の場所で全国一斉金曜行動が行われています。
全国の金曜抗議行動をまとめたサイトはこちら。
 ↓ ↓ ↓ 
全国金曜抗議一覧  
http://demojhks.seesaa.net/article/296349527.html



●10月28日(金) 10:00~12:00 じばさんびる 6階 601会議室「姫路・西はりま地場産業センター」(JR姫路 http://www.jibasan.or.jp/conference/access.html
※専用駐車場はありません、近隣の有料駐車場をご利用ください。
もし原発事故がおこったら
原発銀座とよばれている若狭から100㎞にあたる姫路、80kmの神戸は、もし原発事故が起きたら2時間で放射能がやってきます。おそらく行政からの指導や情報はないでしょう。また、再稼働された伊方原発で何かあれば、逃げるところも食べるものもなくなってしまいます。どう備えておけばいいのか、守田さんに教わりましょう。
不安が吹き飛ぶ、優しく心強い講義内容になっています。ぜひお越しください!
【講師プロフィール】守田敏也(もりた・としや)さん
同志社大学社会的共通資本研究センター客員フェローなどを経て、現在フリーライターとして取材活動を続けながら、社会的共通資本に関する研究を進めている。3.11以降は原発事故問題に取り組み、各地で放射線防護の講演を行っている。
著書:「内部被曝」「原発からの命の守り方」他
定 員:70名
参加費:300円( 一般450円)
持ち物:筆記用具
応募締切:10月26日(水)
http://www.shizenha.ne.jp/hyogo/detail/5/index.html?articleId=19869



野党共闘
●10月28日(金) 18:30~中央区民センター(地下鉄堺筋本町駅3号出口徒歩5分 http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016605.html
関西市民連合 第1回シンポジウム
「新たな市民運動と野党共闘の可能性」

講師:中野 晃一氏(上智大学教授)
安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める関西市民連合は、来る10月28日(金)に、上智大学教授の中野晃一氏をお招きし、「新たな市民運動と野党共闘の可能性」と題して、第1回目のシンポジウムを行うこととなりました。
昨年夏、安保法制の廃案を求めて、全国各地で多くの新たな市民運動が立ち上がりました。様々な属性を持ち、多様な日常を送る市民達が担い手となったこれらの市民運動は、安保法制の強行採決以降も、この夏の参議院選挙での野党の共闘を求めて運動を続けてきました。その結果、32の全ての1人区で野党統一候補を実現させ、市民が選挙運動にも主体的に積極的に参画するなかで、11の1人区で野党統一候補が勝利するなど、一定の成果を収めました。一方で、関西においては、滋賀、奈良、和歌山の3つの1人区で野党統一候補が実現し、いずれの選挙区でも、共闘する野党4党(民進、共産、生活、社民)の比例票を上回る得票となりましたが、当選には至りませんでした。
一連の経過と参院選の結果に基づき、市民運動や野党共闘について、様々な評価や課題が語られています。年明けの解散総選挙の可能性も語られる中、関西においても、私たちが掲げる「安保法制の廃止」と「立憲主義の回復」及び「個人の尊厳を擁護する政治の実現」に向けて、日常のなかでどのような活動を続けていけばいいのか、模索が続いています。
そこで、この間、新たな市民運動と野党共闘の只中で過ごしてこられた中野晃一氏に、昨年夏以来の市民運動の新たな潮流とその果たしてきた役割、及び7月の参院選の結果を踏まえた、野党共闘の今後の展望と私たち市民の役割について、お話を頂きます。
多様な市民の政治参加が、昨年夏以来の政治状況に一定の影響力を及ぼしてきたことは間違いありません。この動きを止めず、より充実させ、私たち自身の手で未来を切り開くため、ぜひ一緒に考えましょう!大勢のご参加を、お待ちしております。
入場料:【一般】1,000円【学生】500円【高校生以下】無料
https://www.facebook.com/events/944738665651624/



戦争法
●10月28日(金) PM6時半~エルおおさか・南館1023号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
10・28自衛隊は南スーダンに行くな!
~「戦争法」違憲訴訟二次提訴緊急集会

戦争と混乱を糧に成長するアメリカに加担する安倍政権は、新たな火種を自衛隊を使って撒き散らそうとしている。安保関連法の成立による南スーダンへの自衛隊の強行派遣は、そこで何かが起こればそれは踏みとどまることとのできない軍事優先の時代を迎え、NO!と言えない時代の来訪を予測させる。
今、新たな任務として追加された「駆け付け警護」こそは「保護」の名の下にアジア諸国に日本軍を派遣した論理そのものであり、新たな戦前の始まりに他ならない。
訴訟における喫緊の問題である「自衛隊の派遣差し止め」請求について、泥憲和さんから問題提起を受け、考える。
お話し:泥憲和さん(元自衛官)
資料代:800円
主催:「戦争法」違憲訴訟の会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1028.pdf
http://www17.plala.or.jp/kyodo/annai1.html



済州島4.3事件
●10月28日(金) 18:25~19:55 同志社大学今出川校地至誠館1教室(「今出川」駅から徒歩1分 https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/imadegawa.html
2016年度同志社大学「日朝関係史講座」
「済州島4.3事件から見る『分断』」
伊地知紀子さん(大阪市立大学)
参加無料(どなたでも参加可)
主催:同志社KOREA文化研究会 doshisha_koribun@yahoo.co.jp
http://www.jkcf.or.jp/calendar/modules/piCal1/index.php?smode=Daily&event_id=0000025867&caldate=2016-10-14



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Akko

Author:Akko
清志郎大好き。
旅行大好き。
ドイツ大好き。
でも最近忙しくて、旅行に行けません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR