FC2ブログ

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2018年7月1日(日) 

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-339.html




●7月1日(日) 13:30~16:30 高槻市立会館 総合市民交流センター(クロスパル高槻)5階・視聴覚室(JR高槻駅中央改札口を右へ出て京都方面線路沿い http://loco.yahoo.co.jp/place/g-6msUDgCskbU/)
第1回「非核・平和のひろば -ノーモア・ヒバクシャ 核廃絶を-」
「被爆二世運動と核廃絶」

講師:崎山昇さん(全国被爆二世団体連絡協議会会長)
日本の原水禁・平和運動、ヒバクシャ運動は、ヒロシマ・ナガサキ・ビキニのヒバク体験をもとに、"核と人類は共存できない""ノーモア・ヒバクシャ""核兵器廃絶"を国内外で訴え、活動を続けてきました。このような日本の運動は、世界の運動と連帯して、核軍縮と核禁止、緊張緩和と世界平和、核被害者救済と人権確立の進展に貢献してきました。私たちは、これら日本の運動を継承し発展させ、次世代につないでいかなければなりません。
 今こそ、多様な考えを持つ人たちが集まり、ノーモア・ヒバクシャを掲げて行動の輪を拡げ、核兵器禁止から核廃絶をめざす日本の非核・平和の活動を強め、発展させるべき時ではないでしょうか。
 一人ひとりの自覚と責任のもとに「ひろば」に集まり、学び、意見を交換し、行動しましょう!
崎山さんは、みずから被爆二世として、その援護と人権の確立、核兵器廃絶をめざす運動の先頭に立って活動しておられます。被爆二世の運動の歴史と現在の課題についてお話しいただき、ヒバクシャ運動や原水禁運動を次世代につなぎ、連帯を強めましょう。
◇とりくみの提案
・核兵器禁止条約と朝鮮半島の非核化
・「ヒバクシャ国際署名」活動への参加
・非核三原則の法制化や核兵器禁止条約の署名・批准を求める行動
・2020年の被爆75周年とNPT再検討会議に向けての非核・平和の取り組みなど
◇意見交換
資料代:800円 参加申込不要
連絡先:稲岡 TEL.072-336-7201 定森 sdmrk@mx5.canvas.ne.jp
http://www.labornetjp.org/EventItem/1528882216336matuzawa/event_view



市民と野党
●7月1日(日) 14:00~15:00 梅田HEP前
市民と野党で共に闘う☆安倍政権は退陣へ!!
「働かせ方改革」強行可決に抗議!!

残業代ゼロ、働かせ放題の法案が、強行可決されました。
労働者の人権は無視。あり得ない悪法です。成立したからといって、諦めるわけにはいきません。
抗議の声を上げ続けましょう!
弁 士:
共産党:宮本たけし 社民党:福島みずほ 自由党:渡辺義彦
新社会党:山下けいき 緑の党:高橋 登 立憲民主党(調整中)
このほか、弁護士、労働組合よりアピールをいただきます。
主催:みんなで選挙☆ミナセン大阪
https://www.facebook.com/minasenosaka/posts/1839796036328677



市民と野党
●7月1日(日) 11:00~阪急川西能勢口駅前 アステ歩道橋(10:00~プレイベント)
輝け憲法 平和が一番!市民+野党の大集会 夏物語 in 川西
嘘やごまかしを繰り返す安倍首相に、改憲を語る資格はあるのかな? 平和憲法を活かした、未来に希望のもてる公正で豊かな社会を一緒に作っていきたいね。「輝け憲法 平和が一番! 市民+野党の大集会 夏物語 in 川西」は、そんな声をもとに市民と野党が一緒になって作っていく“楽しいイベント”と“熱い集会”です。
10:00~プレイベント
11:00~演説会
10時からは、バルーンアートや憲法クイズ、わくわくライブがあります。
・ライブには、圧倒的な歌唱力で、大きな憲法集会でも歌を披露されている長野たかしさん&森川あやこさん。地元川西で三線片手に沖縄を唄うくでけんさん。
・バルーンアートは不器用でも、それなりに素敵な作品が作れますよ!
・憲法○Xクイズであなたの知憲度を測定?!楽しく憲法を身につけましょう。
11時から12時半までは、野党共闘の大演説会です。
現職、元職の国会議員が、訴えます。
・兵庫で頑張っている、立憲民主党の桜井周さん
・森友問題を追及している、日本共産党の宮本たけしさん
・安倍総理の天敵?!、社会民主党の福島みずほさん
・保守からリベラル、長い政治活動でも庶民目線の、自由党の“なべさん”とこ渡辺義彦さん
という豪華メンバーです。国民民主党にも依頼中です。
https://www.facebook.com/events/174613526528956/



市民と野党
●7月1日(日) 16:00~宝塚ゆめ広場(阪急宝塚駅前)(15:30~プレイベント)
市民+野党 大集会in宝塚「輝け憲法 平和が一番!
15:30~プレイベント
16:00~大演説会 
 野党のアピール:桜井周、宮本岳志、福島みずほ、渡辺義彦
雨天決行
主催:市民と野党の大集会in宝塚実行委員会(090-1909-0203)



安倍退陣
●7月1日(日) 17:30~梅田HEP5前
安倍はやめろ!高プロ、TPP強行採決反対!梅田解放区
国会延長で7月は毎週日曜夕方開催! 7月1、8、15、22日17時半~19時@梅田HEP5前 街の反応が良化中!ぜひ大勢の参加を。TPPと過労死法案の強行採決を許さない!残るカジノ、水道民営化も止めよう!東アジアの平和に安倍政権と全ての軍拡はいらない!
https://www.facebook.com/events/2570480069844002/



情報公開
●7月1日(日) 13:30~16:30 元町映画館2階イベントスペース(JR・阪神電車「元町」駅西口より、南西へ徒歩6分/神戸高速鉄道「花隈」駅東口より南東へ徒歩6分/神戸市営地下鉄海岸線「みなと元町」駅2出口より北へ1分 神戸市中央区元町通4-1-12(元町商店街) http://www.motoei.com/access.htm) 
第220回学習会
市民ができる政府監視―情報開示請求の意義

講演①「公文書管理・情報公開の現状と課題」
 講演:三木由希子さん(特定非営利活動法人情報公開クリアリングハウス理事長)
講演②「情報公開訴訟でこじ開けた内閣官房報償費(機密費)の実態」
 講師:上脇博之さん(政治資金オンブズマン共同代表、神戸学院大教授)
民主主義社会にあっては情報公開を求める権利は私たちの基本的権利です。
しかしながら、森友・加計、自衛隊日報などなど、「健全な民主主義の根幹を支える国民共有の知的資源」(公文書管理法)である公文書等の隠蔽・改竄・捏造はあとをたちません。さらに、メディアはほとんど報道すらしていない内閣官房報償費(機密費)の情報開示も最高裁判決でその重い扉がこじ開けられたばかりです。このままでは日本は民主主義国家ではなく独裁国家となりかねないですが、日本の民主主義を再生させるには主権者たる私たちが権利を行使することこそが独裁を防ぐ力となります。
今回は、特定非営利活動法人情報公開クリアリングハウス理事長の三木由希子さんに公文書の管理と情報公開の現状と改善策について、政治資金オンブズマン共同代表の上脇博之さんに機密費の情報開示の取り組みについて、お話しいただき対談と質疑を行います。
参加費:1000円
申し込み:civilesocietyforum@gmail.com
※お申込みなしでどなたでもご参加できますが、人数把握のためご連絡くださればありがたいです。
http://shiminshakai.net/post/3449



ZAD運動
●7月1日(日) 午後2時~同志社大学今出川キャンパス良心館3階RY301(地下鉄烏丸線今出川駅3番出口を出て、右手に京都御所を見ながら東へ徒歩約5分 http://www.dwc.doshisha.ac.jp/access/imadegawa/
グローバル・ジャスティス研究会・7月の企画
シンポジウム☆フランスZAD運動に見る新しい共同への模索

1月17日、フランスのフィリップ首相はナント近郊ノートルダム・デランドの新国際空港建設計画を中止すると発表しました。計画発表から50年、建設用地では住民や全国から集まった活動家たちがいくつもの小さな共同体を作り、農業や芸術などの生活を営みながら新しいコミュニティの形を模索してきました。
「ZAD」と呼ばれるこの運動はその後欧州各地にも広がり、環境破壊を招く資本や権力による巨大開発に抗い、資本主義そのものに対抗する「もう1つの生き方」を示してきました。
報告1)
ZAD運動の背景と意味(空港反対運動・現地での体験から)
根岸恵子さん (ATTAC Japan首都圏)
報告2)
リニア新幹線に未来はあるのか?
春日直樹さん(リニア市民ネット大阪)
コメント)
フランス社会運動の最新事情
菊池恵介さん(同志社大学教員)
ZADの運動の背景・最新情報・写真などをFacebookのイベントページに掲載していますので是非ご覧ください。
https://www.facebook.com/events/241403189944857/244544762964033/?notif_t=admin_plan_mall_activity¬if_id=1528682827241917



共生共貧
●7月1日(日) 13時半開始~16時頃 京都大学吉田キャンパス吉田南構内 総合人間学部棟1102(市バス201、206系統などで「京大正門前」下車 京阪「出町柳」駅、「神宮丸太町」駅下車徒歩10数分 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_ys.html 地図の84番の建物の1階)
アジェンダ・プロジェクト 学習講演会企画
「共生共貧」による平和な世を―金主主義社会の破綻を前にして―

講師: 槌田 劭 さん(使い捨て時代を考える会・相談役)
経済成長が行き詰まり、社会の閉塞感が強まる中で、安倍政権は「戦争する国」づくりにまい進しています。かつての日本の軍国主義のもとでは、戦争や死ぬことを美化する教育が行われ、家族や恋人が戦死して帰ってきても、泣いてはいけないとされました。個々人が自分の気持ちとはかけ離れた、非人間的な行動を強いられ、社会総体が戦争に突き進んでいきました。戦後は軍国主義に代わって、成長経済至上の金主主義の社会となり、いのちを忘れた公害時代をもたらした。すべてが金銭的利害の打算で、自民一強独裁が50年、政治の私物化と腐敗が進みました。
金主主義はいずれ破たんする。その破局が人権侵害と飢えの未来につながります。戦争への道ともなるでしょう。悲惨な未来を避けるために、何が求められているのでしょうか。
槌田さんは1970年代から「使い捨て時代を考える会」を発足させ、平和運動として、脱原発や、農民と消費者が手を携える有機農業運動にとりくんでこられました。
二度と戦争を起こさないために必要なことは何なのか?私たちはどうやって共に平和に生きることができるのか?
槌田劭さんのお話を聞いて、じっくり考えてみませんか?
<講師プロフィール: 槌田 劭(つちだ たかし)さん>
1935年、京都市生れ。1958年に京都大学理学部化学科卒業、同大学院を経て米国へ留学。1967年、京都大学工学部助教授。1973年に伊方原発訴訟に住民側証人・炉心担当として参加。裁判を通して科学技術社会に疑問を持ち京都大学を辞職、1979年より2004年まで京都精華大学環境社会学教員。1973年に「使い捨て時代を考える会」、1975年に
「安全農産供給センター」を設立し、現在相談役。様々な実践活動を通して、〝現代〟を考え、未来の可能性を模索している。
参加費: 一般 600円(アジェンダ・プロジェクト各種会員、使い捨て時代を考える会会員、学生、生活困窮者は400円)
※講演会終了後、別室で交流会を行います。16時半~18時頃 200円(お茶・お菓子つき)
主催:アジェンダ・プロジェクト京都 京都大学社会科学研究会ピース☆ナビ
後援:NPO法人 使い捨て時代を考える会
連絡先:電話 070-6689-8445(担当 藤井)
ホームページ:http://www3.to/agenda/
ブログ:http://agenda-kyoto.ldblog.jp/
https://www.facebook.com/events/1957340341242660/



LGBT
●7月1日(日) 15:30~在日韓国基督教会館 <KCC会館>(地下鉄今里駅10分 https://www.mapion.co.jp/m2/34.66154532,135.54164079,16
映画「ウィークエンズ」上映会
韓国のゲイコーラスグループの姿を捉えたドキュメンタリー『ウィークエンズ』 大阪初上映です。大阪では<7月1日と、7月16日の>2回の期日で上映会を開催します。上映1回目は和気あいあいとアットホームな雰囲気の中で、上映2回目は清々しく美しい会場での上映です。ぜひこの機会をお見逃しなく!
予告動画:https://vimeo.com/264171214
・映画上映のあとは17:20~頃からトークショウを行います。
トークゲスト
尾辻かな子(衆議院議員) 植田祐介(WEEKENDS日本語翻訳者)
入場料:1,500円(高校生以下1,000円)※事前申し込みは不要です。
・トークショウのあとは18:15~頃から懇親会をやります!
懇親会参加費:1,000円(アルコール類はキャッシュオン形式)
生野区のソウルフードを用意してお待ちしています♪
主催:ダイバーシティパレード https://www.diversityfes.com/
映画「WEEKENDS」
韓国のゲイコーラスグループの姿を捉えたドキュメンタリー『ウィークエンズ』 大阪初上映
歌うことが好きなソウルのゲイたちが集まるG-Voice。毎週末、ともに支え合いながら練習に励む。恋愛やカミングアウト、友情についてうたい、たまにはふざけたり泣いたり。そしてときにはセクシーに。保守的な政権下での差別や偏見にも屈せず彼らは、政治的な関心を強め、労働組合との交流など活動の幅をひろめていく。練習後や飲み会などで行われるインタビューでは、メンバーが韓国でゲイとして育った経験や生きることについて赤裸々に語り、コーラスの仲間との信頼の強さもうかがえる。劇中で10周年を迎えるG-voiceはオリジナル曲や活動を通し、現代の韓国のゲイたちの苦悩や喜びを明らかにしていく。
https://www.facebook.com/events/979576758886968/



立て看
●7月1日(日) 12:00~17:00 京都大学熊野寮東門(京阪電鉄神宮丸太町駅(丸太町通りを東に徒歩5分) https://kumano-ryo.jimdo.com/
KUMAN タテカン描くまん!無料フリーペイント
7月1日(日)に熊野寮の東門で近所の子とフリ一ペイント&署名集めします。
毎年5月の「くまのまつり」(2日間で近隣から延べ1,000人くらい来るお祭り)で以前からやってたんですが、今年は寮生による寺子屋企画「KUMAN」とのコラボ?でやります。【6.18時点署名数 計625】
主催:京大のタテカン文化を守る署名 呼びかけ人・長谷川慎也 連絡TEL080-1286-7445
https://twitter.com/tatekan_mamoru/status/1008723066757701632



■7月1日(日)(再放送)午後01:00~02:50 NHK BS1
BS1スペシャル「父を捜して~日系オランダ人 終わらない戦争~」
「日系オランダ人」たちの日本人の父親探しが、戦後72年の今も続いている。太平洋戦争中、日本軍政下のインドネシアで日本軍兵士・軍属と現地の蘭印系女性との間に多くの子どもが生まれた。しかし、終戦後、父は日本に送還され、母子はオランダへ移住した。多くは「日本人の子」であることを長く知らされずにきた。真実を告げられ、父親探しを始めた人々。自らの人生の意味を問う「戦争の落とし子」たちの姿を見つめていく。
http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2018-07-01/11/14315/2204241/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Akko

Author:Akko
清志郎大好き。
旅行大好き。
ドイツ大好き。
でも最近忙しくて、旅行に行けません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR