FC2ブログ

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2018年4月7日(土)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報


『ニッポン国VS泉南石綿村』
ニッポン国から棄てられた民が国に問いただす――ウチらの命、なんぼなん?
『ゆきゆきて、神軍』から31 年、ドキュメンタリーの鬼才・原一男が挑んだ
「大阪・泉南アスベスト国賠訴訟」、8 年間の全記録
初めて国に勝った泉南の一握りの原告たち
しかし、勝っても勝っても地裁、高裁、最高裁へと国は逃げ続ける
あまりにも優しすぎる原告たち
「なぜもっと怒らないのか!」原一男の檄が飛ぶ
圧巻の215 分から目をそらさず、泉南の叫びを聞き逃すなかれ!
2006 年、大阪・泉南地域の石綿(アスベスト)工場の元労働者とその家族が、損害賠償を求め国を訴えた。明治の終わりから石綿産業で栄えた泉南は、最盛期は200 以上の工場が密集し「石綿村」と呼ばれていた。石綿は肺に吸い込むと、長い潜伏期間の末、肺ガンや中皮腫を発症する。国は70 年前から調査を行い、健康被害を把握していたにもかかわらず、経済発展を優先し規制や対策を怠った。その結果、原告の多くは肺を患い、発症という“静かな時限爆弾”の爆発に怯え暮らしていた。
原は弁護団の活動や、自らも石綿工場を経営していた「市民の会」の柚岡一禎の調査に同行し、裁判闘争や原告らの人間模様を8 年にわたって記録する。原告の多くは地方出身者や在日朝鮮人であり、劣悪な労働条件の下、対策も知らされぬまま身ひとつで働いていた。
裁判に勝って、ささやかな幸せを願う原告たち。しかし国は控訴を繰り返し、長引く裁判は彼らの身体を確実に蝕んでいく……
『ゆきゆきて、神軍』から31 年。全世界が待望した原一男監督の最新作『ニッポン国VS泉南石綿村』は完成するやいなや、世界中の映画祭から上映のオファーが相次ぎ、いち早く上映された釜山国際映画祭と山形国際ドキュメンタリー映画祭では、それぞれ最優秀ドキュメンタリー賞と市民賞を受賞し、その評価が高まっている。
●3/31~第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
4/7~4/13 10:00(~13:50終)
http://www.nanagei.com/movie/data/1192.html
●3/31~シネ・ヌーヴォー(地下鉄・阪神九条駅 www.cinenouveau.com/access/access.html)
タイムスケジュール
http://www.cinenouveau.com/schedule/schedule2.html



『ゆきゆきて、神軍』
(1987年/122分/35ミリ 監督・撮影:原一男)
87年の日本映画界を震撼させた驚愕の作品。天皇の戦争責任に迫る過激なアナーキスト・奥崎謙三を追った衝撃のドキュメンタリー。
神戸市で妻とバッテリー商を営む奥崎謙三は、たったひとりの「神軍平等兵」として、”神軍”の旗たなびく車に乗り、今日も日本列島を疾駆する。生き残った元兵士たちの口から戦後36年目にしてはじめて、驚くべき事件の真実と戦争の実態が明かされる・・・。平和ニッポンを鮮やかに過激に撃ち抜いた原一男渾身の大ヒット・ドキュメンタリー。
●4/7~シネ・ヌーヴォー(地下鉄・阪神九条駅 www.cinenouveau.com/access/access.html)
www.cinenouveau.com/sakuhin/harakazuo/harakazuo.html
タイムスケジュール 
http://www.cinenouveau.com/schedule/schedule2.html



『獄友』 監督 金聖雄
やってないのに、殺人犯。人生のほとんどを獄中で過ごした男たち。彼らは言う
「不運だったけど、不幸ではない」。
「また冤罪映画!?」と思う人もいるだろう。しかしどうしても描かなければならないものがある。
彼らは人生のほとんどを獄中で過ごした。いわれの無い罪を着させられ、嘘の自白を強要され、獄中で親の死を知らされた。奪われた尊い時間は決して取り戻すことができない。しかし、絶望の縁にいたはずの彼らは声を揃えて言うのだ。「"不運"だったけど、"不幸"ではない、我が人生に悔いなし」と。
彼らにとって"獄中"は生活の場であり、学びの場であり、仕事場であった。まさに青春を過ごした場所なのだ。「冤罪被害」という理不尽きわまりない仕打ちを受けながら、無実が証明されることを信じ懸命に生きたのだ。時に涙し、怒り、絶望し、狂い、そして笑いながら...。
自分たちのことを「獄友(ごくとも)」と呼び、お互いを支え合うようになった。獄中での毎日を懐かしそうに語り、笑い飛ばす。そこには同じ「冤罪被害者」という立場だからこそわかり合える特別な時間があった。
私が獄友たちと出会い、娑婆での日々にカメラを向け始めてから7年。失われた「青春」を取り戻すように生きる獄友たちの姿を追い続けた。奪われた時間の中で、彼らは何を失い、何を得たのか。獄友の生きざまから司法の闇、人間の尊厳、命の重さを感じずにはいられない。
●4/7~第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html) 
■4/7(土) 14:15の回上映後 トークイベント開催予定
 桜井昌司さん(布川事件)、金聖雄監督
4/7~4/13 14:15(~16:15終)
4/14~4/20 10:00(~12:00終) 16:30(~18:30終)
4/21~4/27 10:00(~12:00終)
http://www.nanagei.com/movie/data/1217.html



『人生フルーツ』
人生は、だんだん美しくなる。
むかし、ある建築家が言いました。
家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない。
愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てた家。四季折々、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実が、妻・英子さんの手で美味しいごちそうにかわります。刺繍や編み物から機織りまで、なんでもこなす英子さん。ふたりは、たがいの名を「さん付け」で呼び合います。長年連れ添った夫婦の暮らしは、細やかな気遣いと工夫に満ちていました。そう、「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」とは、モダニズムの巨匠ル・コルビュジエの言葉です。
かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきました。1960年代、風の通り道になる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウン計画。けれど、経済優先の時代はそれを許さず、完成したのは理想とはほど遠い無機質な大規模団地。修一さんは、それまでの仕事から距離を置き、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめました─。あれから50年、ふたりは、コツコツ、ていねいに、時をためてきました。そして、90歳になった修一さんに新たな仕事の依頼がやってきます。
本作は東海テレビドキュメンタリー劇場第10弾。ナレーションをつとめるのは女優・樹木希林。ふたりの来し方と暮らしから、この国がある時代に諦めてしまった本当の豊かさへの深い思索の旅が、ゆっくりとはじまります。
●3/3(土)~終映日未定 シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
4/7(土)・8(日) 休映
4/9(月)~13(金) 12:20(~13:56終)
http://www.theater-seven.com/2017/movie_jinsei-fruits.html



●4月7日(土) 18:00~20:30 大阪市総合生涯学習センター 第5研修室(大阪駅前第2ビル5F)(大阪駅より徒歩 5分 http://osakademanabu.com/umeda/
日立の原発輸出を納税者負担で!?
~イギリス ウィルヴァー・ニューイッド原発でゆれる小さな島の住民たちは

報告:深草亜悠美/FoE Japan
日立製作所の子会社がイギリスで原発事業を計画しています。日本の銀行の要求で、日本政府100%出資の日本貿易保険による融資補償がつけられることも報じられています。  地元の脱原発団体のディランさんは「原発は危険で、健康や環境を脅かすものだと思っています。また建設には莫大なコストがかかることから公的資金の投入なしにはプロジェクトは進まないでしょう」と話しました。 現地調査を踏まえた報告会を開催します。みなさん、ぜひご参加ください。
韓国調査報告もあり「ムン・ジェイン大統領の脱原発方針」
報告:満田夏花
共催:国際環境NGO FoE Japan 、ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン
協賛: グリーン・アクション、美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会
https://www.facebook.com/events/147386905928881/



●4月7日(土) 13:30~16:00 ウィングス京都 セミナー室B(地下鉄烏丸御池駅(5番出口)または地下鉄四条駅・阪急烏丸駅(20番出口)下車徒歩約5分 http://www.wings-kyoto.jp/about-wings/access/
報告会 in 京都 福島の今とエネルギーの未来
プログラム(予定):
福島原発事故の被害とエネルギー政策の最新情報(満田夏花)
福島の親子のための保養~ぽかぽかプロジェクトから見えてきたこと(矢野恵理子)
国民負担で進められる!?
日本の原発輸出と世界の潮流(深草亜悠美)
参加費:500円(FoE Japan、グリーン・アクションの会員および学生は無料) 
主催:国際環境NGO FoE Japan
協力:グリーン・アクション
2011年の東京電力福島第一原発事故から7年たちました。いまも被害は継続しています。2017年3月に自主避難者への住宅提供が打ち切られ、FoE Japanが事務局を務める「避難の協同センター」には、今でも数々のSOSの電話、メールが入っています。中には貧困に陥り、生活保護を受給せざるをえない人もいます。
福島県の子どもたちの甲状腺がんまたは疑いは194人に達し、このうち159人の子どもたちが手術を受けました(2017年12月25日福島県発表)。福島県が設置した委員会でも、「事故前の有病数からくらべて数十倍 多く発生している」としています。
7年たった今でも「保養」のニーズは高く、FoE Japanの保養プロジェクトである「福島ぽかぽかプロジェクト」では帰還した家族などの参加も増えています。
一方、福島原発事故後、エネルギーをとりまく世界の環境はがらりと変わり、脱原発に舵をとる国もふえてきています。福島の今、エネルギーの未来、FoEの取り組みなどについて報告します。ぜひご参加ください
https://www.facebook.com/events/1831153323849486/



憲 法
●4月7日(土) 14:00~16:00 川西アステ6Fホール(阪急「川西能勢口」南1分)
輝け憲法、平和が一番!市民大集会
講演:落合恵子(作家)
参加費¥1000(前売り)当日¥1200 大学生・障がい者¥500円(前売り)当日¥600 高校生以下無料
主催:安倍9条改憲NO!全国市民アクション川西実行委員会
https://jimmin.com/events/event/輝け憲法、平和が一番%ef%bc%81市民大集会%e3%80%80落合恵子さ/



憲 法
●4月7日(土) 11:00~12:00 滋賀弁護士会館4階大会議室(JR大津駅より徒歩1分 http://www.shigaben.or.jp/about/access.html)
あらためて憲法を考えよう 「憲法」連続市民学習会
第4回 国会議員は誰を代表するのか~国民主権と選挙制度~

講師:武永淳滋賀大学准教授
みなさんは,憲法をきちんと読んだことはありますか?
最近,憲法を変えようという議論が高まっています。なんとなく,雰囲気だけの議論をするのではなく,憲法の理念をきちんと理解した上で,自分の意見を持ちたいものです。滋賀弁護士会では,最近話題となっているいくつかの話題を,憲法の基本的な理念から学ぶ,市民向けの連続学習会を開催します。
料金無料 申込不要(定員 各回先着100名様)
お好きな回だけのご参加でもOKです。
http://www.shigaben.or.jp/schedule/20180224-20180407.html



安倍退陣
●4月7日(土) 14:00~15:00頃 御堂筋・道頓堀橋(東側)(地下鉄なんば14番出口を北へすぐ)
第一回 女性にっとワーク@おおさか バイバイ安倍さん 街かどアピール
なんで安倍さん、やめへんねん?なのに憲法変えるって?うちらの声でやめさせよう!
平和がええやん 自分らしく生きたいねん なんでやねん この生きづらさ ひとりと違うで つながろう 
私たちは誰もがありのままで認め合い、差別のない社会をめざしています。そのために憲法を活かす政治を求めます。
ゆるやかにつながり、楽しく声をあげていきましょう。
安倍政治にレッドカードをつきつけたいです。街の人々に目立つように、赤や明るい色の服装でお越しくださるとうれしいです。
女性ではない方の参加も大歓迎!
LGBTQセクシャルマイノリティーあるいは、私達の主張に賛同される方々の参加、大歓迎です。
https://www.facebook.com/events/2128472350716895/



安倍退陣
●4月7日(土) 11:30~花時計前 12:00~デモ出発
森友疑惑徹底追及!内閣総辞職を!怒りの昼デモ@神戸
デモコース:花時計前~三宮商店街~元町商店街
13:00頃 終了予定
※デモのタイトルは「怒りの昼デモ」ですが、明るく行進したいと思います!
主催:平和と民主主義をめざす全国交歓会・兵庫
連絡:090-3975-0670 松谷 gamabuiあっとnifty.com
http://zenkoh.blog.fc2.com/blog-entry-9.html



安倍退陣
●4月7日(土) 13:30~三条河川敷 14:00~デモ出発→円山公園まで
安倍ヤメロデモ 



辺野古新基地問題
●4月7日(土) 15時30分~(毎週土曜日)JR大阪駅南バスターミナル
「辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動」
辺野古の海が埋め立てられないように活動しています。
お時間の許す範囲で、少しでも皆様のご参加お待ちしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/henoko_osaka



辺野古新基地問題
●4月7日(土) 13:00~14:00 神戸マルイ前
HENOKO NO! 沖縄に基地はいらない 
   辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動

沖縄県民に対する不正を止めるために、共に声を上げて下さい。
ツイター・FaceBookで情報発信中{辺野古・神戸}で検索して下さい。
土曜の午後はいつもの時間、いつもの場所で、はじめての方、ちょっとだけ参加、見学、大歓迎。
https://twitter.com/kobekodo/



辺野古新基地問題
●4月7日(土) 毎週土曜日17:00~18:30ごろ 京都市 三条河原町交差点(三条河原町商店街のアーケード前スペース)
沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、
     普天間基地の撤去を求める京都行動

アピール、チラシ配り、新基地建設に反対する署名集めなどなど
http://kyoto-action.jugem.jp/?pid=1
https://twitter.com/ALALALED/status/551165696185344000



名護市長選
●4月7日(土) 14:30~17:00 神戸市勤労会館403室(50人収容可)(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html
討論会「名護市長選を振り返って~沖縄の選挙に本土の私たちはどう関わるか」
1月28日~2月4日の名護市長選応援に現地に行かれた方々のお話を聞き、今後の私たちの関わり方を話し合います。
参加費:無料
主催:辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動
http://www.labornetjp.org/EventItem/1522531807316staff01



●4月7日(土) 13:30~ 16:50 ドーンセンター大会議室3(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
働き方改革をジェンダー視点で斬る
~人間らしい働き方と生活( ディーセントワーク)は実現するのか

講師:大脇雅子(弁護士)田宮遊子(神戸学院大学准教授)
資料代¥1000(学生・非正規は¥700)
主催者:フォーラム 労働・社会政策・ジェンダー
連絡先:tnforum2013renraku★gmail.com(★ は@に)
https://wan.or.jp/calendar/detail/4999



ドキュメンタリー上映会
●4月7日(土) 18時半~大阪市北区民センター(地下鉄堺筋線「扇町」2号-B出口北へ3分/JR環状線「天満」西へ3分 北区役所隣 http://www.osakacommunity.jp/kita/b1_hall.html)
ドキュメンタリーを視て語るつどい 
反EUや移民排斥を掲げ支持を伸ばす理由とは
「極右の誘惑~フランスルペン支持者の本音」(BS世界のドキュメント)
仮想通貨とはどんな仕組み?「いまさら聞けない!仮想通貨」(BS-TBS)
「核のゴミ問題相次いだ説明会~再開を急ぐのはなぜか?」
会場費:300円
主催:映像で現代を語る会(090-5151-9763中森)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0407.pdf



パレスチナ
●4月7日(土) 午後2時~4時半(開場:1時半)ドーンセンター5階 セミナー室2(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
南アフリカの市民社会から見たパレスチナ~反アパルトヘイト運動から
対イスラエルBDS(ボイコット・資本引揚げ・制裁)運動へ

南アフリカで対イスラエルBDS(ボイコット・資本引揚げ・制裁)運動を中心にパレスチナ連帯運動を展開しているBDS南アフリカのバシーラ・スルティさんをお招きして、大阪と東京で講演会を行うことになりました。BDS運動は、2018年度のノーベル平和賞にノミネートされるなど、パレスチナ問題を解決する「鍵」として、国際的にも注目を集めています。関心のある方はぜひお越しください。
講師:バシーラ・スルティ(BDS南アフリカ)
※英日通訳あり。
現在、イスラエルに対するボイコット(Boycott)と資本引揚げ(Divestment)、制裁(Sanctions)を求めるBDS運動が世界中に広がり、パレスチナをめぐる政治に大きな影響を与えています。この運動は、アパルトヘイト(人種隔離政策)期の南アフリカに対するボイコット運動をモデルとして2005年にパレスチナの市民社会の呼びかけによって始まりました。
ポスト・アパルトヘイト期の南アフリカは、パレスチナ連帯運動が最も活発な地域であり、国際的なBDS運動を牽引してきました。同国のデズモンド・ツツ司教は、ボイコット運動をはじめとした非暴力運動による国際的支援がなければ、アパルトヘイトを廃絶することはできなかったと述べ、BDS運動を支持しています。
今回、「BDS南アフリカ」のメンバーであるバシーラ・スルティさんをお招きして同国におけるパレスチナ連帯運動の現状と、その歴史的・社会的背景について話を伺いたいと思います。
主催:BDS japan準備会、パレスチナの平和を考える会
連絡先:palestine.forum@gmail.com
参加費:800円(学生500円)
http://kansaingo.net/11783/



資本論
●4月7日(土) 19時~21時、西宮市立勤労会館第1会議室(阪神西宮駅より徒歩5分/阪急今津駅より徒歩8分 https://maps.google.co.jp/maps?q=34.736244,135.345064
今こそ『資本論』を読もう!
第1章第3節「価値形態または交換価値 C一般的価値形態 D貨幣形態」
参加費:300円
主催:資本論を読む会(078-753-3829阿部)
http://www.kinyobi.co.jp/event/20180330_002531.php



テレビ番組
               4月7日(土)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【災】こころの時代~宗教・人生~ アンコール 「ほっとけない ただ共に
   ある」(再)
13:00~14:00 NHKEテレ
※“人を支える”とは何か?という問いに向き合い続け熊本地震の支援活動
を続ける僧侶・鈴木隆太さんに話を聞く
──────────────────────────────────
【他】NHKスペシャル 「“失踪社会”~追跡 若年行方不明者3万人~」
21:00~21:49 NHK総合
※これまでの“家出”とは異なり若者が次々と姿を消していく新たな“失踪
社会”の実態
──────────────────────────────────
【他】ETV特集 「極夜~角幡唯介 はるかなる記憶の彼方へ~」
23:00~00:00 NHKEテレ
※厳冬の北極圏で何か月も太陽が昇らない「極夜」を一人で旅をした探検家
・角幡唯介の壮絶な旅の記録
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Akko

Author:Akko
清志郎大好き。
旅行大好き。
ドイツ大好き。
でも最近忙しくて、旅行に行けません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR