FC2ブログ

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2018年3月4日(日)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-284.html




●3月4日(日) 午後2時~高槻市役所前(阪急高槻市駅 JR高槻駅 http://www.kyotopicture.com/takatsuki/takatsuki_map.html
「3.11 福島を忘れない 原発ゼロ 高槻deパレード」
デモコース:市役所前〜関電高槻営業所〜松阪屋前で流れ解散予定
主催:パレード実行委員会
問合せ:パレード実行委員会 坂元 072-669-1120
www.labornetjp.org/EventItem/1516942365981staff01



●3月4日(日) 13:30~16:30 大阪府社会福祉会館5階503号室(「谷町六丁目」駅2号出口徒歩約10分(会場に近い「4号出口」は工事で閉鎖中のため、「2号出口」から)http://www.fine-osaka.jp/syakaifukusi/map.html
学習・討論会
和歌山に使用済燃料の中間貯蔵施設はいらない!

報告:松浦雅代(脱原発わかやま)
関西電力は、原発の使用済燃料の中間貯蔵施設について、今年中に計画地点を公表すると表明しています。昨年11月末に、福井県知事が大飯原発3・4号の再稼働同意と引き換えに、中間貯蔵施設の福井県外立地を関電に強く要請したためです。
使用済燃料を海上輸送するため、中間貯蔵施設は港湾施設を必要としています。青森県むつ市の中間貯蔵施設に運ぶ案は、むつ市長によって1月7日に強く拒絶されました。日本海沿岸の宮津市、舞鶴市を含む京都府及び兵庫県の3市町すべて(豊岡市、香美町、新温泉町)はすでに受け入れ拒否の姿勢を明確にしています。
このような中、和歌山県白浜町日置川が候補地として急浮上しています(町村合併で、日置川町は白浜町に)。白浜町長は、昨年12月の町議会で、関電や国から申し出があれば「話は聞くことになる」と答弁し、他の市町とは姿勢が異なります。ここには約40年前に関電が原発新規立地のために入手した土地があり、さらに新たな土地を日置川河口周辺で入手しています。関電は駐在員をこれまでの2名から4名に増やし、さまざまな活動を行っています。
この動きに対し、和歌山県内では学習会がもたれ、「脱原発わかやま」等が2月23日に白浜町長に申し入れを行う予定になっています。このような状況を和歌山の松浦さんに報告してもらいます。
中間貯蔵施設が実は永久の核のゴミ捨て場になること、南海トラフ地震・津波による危険性があること等について学習します。温泉やパンダ等で人気の観光地白浜町を核のコミ捨て場にしてはなりません。和歌山の人たちと連携して、関西での活動について討論します。
ぜひ多数ご参加ください。
参加費:一般500円 避難者・大学生以下300円
主催:避難計画を案ずる関西連絡会
連絡先団体:グリーン・アクション/原発なしで暮らしたい丹波の会/脱原発はりまアクション/原発防災を考える兵庫の会/美浜の会
http://www.jca.apc.org/mihama/annai/annai_20180304.htm



●3月4日(日) 10時~12時 LAGセンター(JR京橋駅北口東へ徒歩5分 https://map.yahoo.co.jp/maps?lat=34.69825121&lon=135.53801506&ac=27118&az=4.1.6.21&z=16&id=&fa=pa&ei=utf8&p=%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%BA%9C%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%B8%82%E5%9F%8E%E6%9D%B1%E5%8C%BA%E8%92%B2%E7%94%9F1%E4%B8%81%E7%9B%AE6-21#
【3/4反原発交流会】
①映像で学習 「トモダチ作戦」ロナルドレーガン兵士の放射能被曝と裁判
②学習 原発損害賠償裁判の判決文を読む
③伊方自治体交渉の報告と関電大飯原発3号機再稼働に対する行動
④福島訪問団の企画(5月予定)について
⑤3月フクシマは叫ぶ写真展(大阪市城東区・クレオ大阪東) ほか
国は日立の英国原発事業に対し1兆1千億円の融資を行うと発表し、そこまでするのかと私たちを驚かせましたが、3月13日には関西電力が大飯原発3号機を再稼働させることが明らかになりました。
他方で国や東電は「原発事故による健康被害はない」と言い続け、福島だけで小児甲状腺ガンが194人と、ますます異常多発している事態が進んでいます。そのような状況の中で、今月は福島原発事故の放射能で健康被害を負った「トモダチ作戦」の兵士らの裁判の学習を始めます。本「漂流するトモダチ」を参考に、米兵らが受けた放射能の健康被害と裁判の意義を確認します。
また、3月には3つの原発賠償裁判で判決が出ます。既に出た判決文を読み、裁判の争点も学びたいと思います。ぜひご参加ください。
主催:平和と民主主義をめざす全国交歓会・関電前プロジェクト 放射能健康診断100万人署名全国実行委員会
連絡先:小山070-5653-7886 秋野090-1588-6351
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp/2018-02-19



日本の軍産複合体
●3月4日(日)  14時~下京いきいき市民活動センター集会室(3階)(JR京都駅(北側)塩小路通りを東に約15分 京都市下京区上之町38番地 http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/cmsfiles/contents/0000099/99788/simogyo-map.GIF
<グローバル・ジャスティス研究会 3月の企画>
ここまで来ている日本の軍産複合体
敵基地攻撃兵器の導入? 「ミサイル防衛」? 本当に戦争する気?

お話:杉原浩司さん 武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)代表
2018年度の防衛予算(案)は5兆1911億円! 6年連続増で過去最高を更新しようとしています。補正予算にも防衛関連で2345億円が計上されました(・・・不思議なことに、防衛費を増やす時は「財源をどうする?」という議論が出ません)。
予算案には敵基地攻撃兵器の導入費が盛り込まれました。これは憲法9条の理念にも、「専守防衛」の考え方にも反しています。これまでに積み重ねられてきた解釈改憲の総仕上げであり、明文改憲を先取りするものです。その先には空母や電子攻撃機の保有・・・歯止めがありません。
グアムやハワイに向けたミサイルの迎撃を主目的とする「イージス・アショア」(1基で1000億円以上を2基)の導入も大問題です。私たちの安全に役立たないだけでなく、相手国からの核攻撃の第一級の標的となります。レーダーの強力な電磁波による住民への悪影響も懸念されます。
そもそも「ミサイル防衛」は在日米軍の圧倒的な攻撃力と一体のもので、先制攻撃を前提として、それへの反撃を無力化するものです。
歯止めのない軍拡をどうすれば止められるのか? 北東アジアを軍産複合体のくびきから解き放ち、持続可能な平和をつくり出すために何ができるのか? 一緒に考えたいと思います。
<講師プロフィール>
1965年生まれ。軍学共同反対連絡会などに参加。共著に『亡国の武器輸出~防衛装備移転三原則は何をもたらすか』(合同出版)、『武器輸出大国ニッポンでいいのか』(あけび書房)。『宇宙開発戦争』(作品社)に「日本語版解説」を執筆。
参加費:700円
主催:グローバル・ジャスティス研究会
お問い合わせ:080-2742-2590 (ささき)
https://www.facebook.com/events/148721682502435/



相模原やまゆり園事件
●3月4日(日) 13:30~16:00 岸和田市立福祉総合センター(南海岸和田駅近く http://www.syakyo.or.jp/asset/00032/tanaka/mapnew.pdf
「だれが決めるん?命のおもさ―相模原やまゆり園事件から考える」
田中智子・佛教大准教授、原昌平・読売新聞編集委員、神下豊夢・障害者競技選手、障害者の親や関係者のリレートークなど。
参加費無料、申込不要。
主催:岸和田市肢体不自由児者父母の会
https://twitter.com/HARASHOHEI/statuses/966573759623655424



ピースおおさか
●3月4日(日) 13:20~16:30 PLP会館4F小B室(地下鉄堺筋線 扇町駅4番出口より徒歩3分、JR環状線 天満駅より南へ徒歩5分 http://plp-kaikan.net/access/a_index.html
報告集会
「ピースおおさか裁判闘争~設置理念に則ったピースおおさかを取り戻そう~」

大阪市・大阪府・(財団)ピースおおさかは、情報の公開を拒否し、ピースおおさかを改悪リニューアルしました。各々3者に対する損害賠償請求の控訴審で、大阪市・大阪府には勝訴し、(財団)ピースおおさかには敗訴しました。3つの控訴審、3人の裁判長の判決の趣旨は次のとおりです。
①大阪市の控訴審(2017年9月1日)=「高い公共性を有する。職員が4人であっても、意見や批判を受けないことを目的に情報を非公開にすることは違法」。
②大阪府の控訴審(2017年11月30日)=「設立目的に照らして高い公共的性格を有する。情報を公開することによって監修委員が発言や意思決定が阻害されたという具体的主張立証なく、証拠上、見いだせない。業務に支障が出たと認められず、証拠も無し。非公開は違法」
③(財団)ピースおおさかの控訴審(2018年2月16日)
=「情報を公開すると、監修委員や理事が脅迫行為を受ける。公開すると多くの意見が寄せられ職員が忙殺されて、リニューアルオープンが遅れるから非公開は合法」
以上の判決ですが、③の判決について、脅迫云々はねつ造。当初から市民の意見を封殺して強行したリニューアルであるため論理として不成立。改悪リニューアルに対して、表現の自由としての抗議行動を非公開の理由にすることは不当です。
報告「司法の果たした役割(裁判の内容と社会的意義)」大前治さん(弁護士)
講演
「ピース改悪リニューアル裁判闘争の歴史的」斉藤日出治さん
「「(仮)設置理念のピースを取り戻す会」準備会立上げに向けて」竹本昇さん
参加費:500円
※交流会にも、ぜひご参加ください。 
主催:ピースおおさかの危機を考える連絡会・ピースおおさか裁判を支える会
https://www.freeml.com/kdml/11218/latest



パレスチナ
●3月4日(日) 13:00~17:30 京都大学吉田南総合館南棟地下・共南01教室(http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_ys.html
『パレスチナの民族浄化』刊行記念シンポジウ
日本におけるナクバ研究の深化に向けて 
司会:岡真理(京都大学大学院人間・環境学研究科) 
【第1部】:パレスチナ研究と「民族浄化」
[訳者報告]
・早尾貴紀(東京経済大学経済学部)
・田浪亜央江(広島市立大学国際学部)
[問題提起・1]
・高橋宗瑠(元国連人権高等弁務官事務所パレスチナ副代表)
・金城美幸(日本学術振興会特別研究員RPD)
【第2部】:異なる視点/他地域からの介入
[問題提起・2]
・鈴木隆洋(同志社大学グローバルスタディーズ研究科博士後期課程)
・松野明久(大阪大学大学院国際公共政策研究科)
・安岡健一(大阪大学大学院文学研究科)
訳者からのコメント フロア・セッション
参加無料
主催:関西パレスチナ研究会 京都大学大学院人間・環境学研究科 岡真理研究室 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所中東イスラーム研究拠点(人間文化研究機構「現代中東地域研究」事業)パレスチナの平和を考える会
https://asnet-utokyo.jp/news/external/4072



冤 罪
●3月4日(日) 14:00~16:30 立命館大学いばらぎキャンパス 立命観いばらぎフューチャープラザB棟3階コロキアム(JR「茨木」駅 http://www.ritsumei.ac.jp/accessmap/oic/
公開シンポジウム 
冤罪を知ろう~濡れ衣で刑務所暮らし29年~布川事件のえん罪被害者 桜井昌司さんに聞

資料代:¥300(学生無料)
共催:立命館大学人間科学研究所「えん罪救済センター」プロジェクト/甲南大学KONANプレミアプロジェクト
連絡:E-mail setsuen.students@gmsil.com
https://jimmin.com/events/event/公開シンポジウム%e3%80%80冤罪を知ろう%ef%bd%9e濡れ衣で刑務/



在日フィリピン人
●3月4日(日) 16:00~19:00 大阪国際交流センター2階小ホール
関西で暮らすフィリピン人の今とこれからを考える
三木幸美/高橋ベン/ケイト・スリット/カルロスマリアレイナルースデスィデリ(龍谷大学教授)
入場無料
主催:Philippin Community Coordinnation Council(PCCC)
連絡:TEL090-3624-0810
https://jimmin.com/events/event/関西で暮らすフィリピン人の今とこれからを考え/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Akko

Author:Akko
清志郎大好き。
旅行大好き。
ドイツ大好き。
でも最近忙しくて、旅行に行けません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR