(10/13更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 10月10日(月)~14日(金)

★10/11追加情報
●10月14日(金) 19:30~21:00 メディアスタジオSANA(地下鉄玉造駅 )
「高江ヘリパッド建設の狙いとは?-辺野古新基地と一体となったやんばるの森を侵略の拠点に―」
★10/11追加情報
●10月13日(木)~15日(土) 午前10時~午後5時 中央コミュニティセンター(旧・中央公民館)(地下鉄守口駅)
守口第5回「原爆と戦争展」
●10/14(金)までのイベント情報を追加しました。
★10/10追加情報
●10月10日(月祝) 午後1時半~3時半 高槻現代劇場文化ホール2階第2展示室(高槻市駅) 
戦争体験を聞く会
★10/9追加情報
●10/13(木)までのイベント情報を追加しました。



【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-26.html




反 戦
●10月10日(月祝) PM2:00~エルシアター(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html) PM4:15~デモ 西梅田公園まで
戦争あかん!基地いらん!2016関西のつどい
許すな!南スーダン派兵、とめよう!辺野古・高江基地建設、絶対反対!憲法改悪
糸数慶子さん「辺野古・高江基地建設を許さない!」
(参議院議員3期目。平和バスガイドのさきがけとして活躍後、沖縄県議会議員を経て現職。)
成澤宗男さん「安倍政権と日本会議の改憲策動をとめよう!」
(「週刊金曜日」編集部員。同誌に多数執筆。16年6月発刊の「日本会議と神社本庁」編集。)
安倍政権は、内戦激化の南スーダンにおける自衛隊の武力行使活動の拡大など、戦争法の具体化をもくろんでいます。とめなければ、自衛隊が殺し殺されることになるのは必至です。沖縄県民の圧倒的な反対の声を踏みにじって、辺野古・高江米軍基地建設を強行しています。県民の怒りはますます燃え上っています。
さらに、3分の2超の改憲議席を悪用し、極右改憲勢力「日本会議」とともに、平和・人権・民主主義破壊の憲法改悪案の国会発議、国民投票を推し進めんとしています。
 この秋、沖縄、全国、アジアそして世界の人々と固く連帯して、戦争あかん!基地いらん!の声を大きく響かせましょう!
参加資料代:500円
主催:戦争あかん!基地いらん!関西のつどい実行委員会/大阪平和人権センター/戦争をさせない1000人委員会・大阪
連絡先:戦争あかん!基地いらん!関西のつどい実行委員会(TEL06-6364-0123/FAX06-6364-5247 中北法律事務所気付)大阪平和人権センター(TEL06-6351-0793/FAX06-6358-1639)戦争をさせない1000人委員会・大阪
https://www.facebook.com/events/197948100639276/
http://www17.plala.or.jp/kyodo/home1.html



憲 法
●10月10日(月祝) 14:00~すずらんホール(大ホール)(鈴蘭台 http://www.kobe-bunka.jp/facilities/kita/
第11回北区9条のつどい
テレビが伝えない憲法の話~あなたにとっての憲法を今こそ考えよう~

講演:木村草太さん(憲法学者・首都大学東京教授)
神戸では初?となる今注目度抜群の木村草太さんの講演会ですので、問い合わせも連日入るなど大変注目度が高まっています。
当日券もございますので、どうぞ皆さまお越しください。
参加協力費:500円(高校生以下、障がい者は無料)
https://www.dropbox.com/s/9gikd6qzy8yp6lj/2016%E3%81%A4%E3%81%A9%E3%81%84A4_0812.pdf?dl=0



ファシズム
●10月10日(月祝) 14:00~ エルおおさか(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
第3回グループZAZA連続講座 ファシズムとボランティア~自発性から総動員へ~ 
池田浩士さん講演会
ボランティアからホロコーストへ -ヒトラーの経済再建はどう達成され、何を生んだか?-

池田浩士さんから届いている講演内容の案内を紹介します。
「ヒトラーは、本当に失業をなくし、経済危機を解決しました。では、大失業状況が解消して、失業率が2%程度になったとき、ドイツ社会はどのような現実に直面したか?
――多くの人びとがヒトラーやナチスという名前と結び付けて知っている戦慄すべき惨劇は、このことと無関係ではなかったのです。私たちが肯定的なプラスのイメージを抱いてしか思い描かない自発的な社会貢献は、歴史のなかで、別の顔も持っていました。
この事実を忘れないために、ドイツで「労働奉仕」と呼ばれた社会的活動、元来「自発的」であったものをナチスが義務として制度化したこの活動を、それに参加した若者たちの証言をも参考にしながら、具体的に掘り起こしてみたいと思います。「自発性」や「主体性」を動員して制度化し義務化することは、ファシズム的な社会の常道であることにも、注目しなければならないでしょう。
資料代:500円 
主催:グループZAZA
http://blog.goo.ne.jp/zaza0924/e/76cc8de41e7cb1cdfd8650de9e057502



居住の権利

●10月10日(月祝) 13:30~宝塚市西公民館(阪急小林駅)
シンポ
被災者のニーズに合わせた「居住の権利」を求めて

パネリスト:塩崎 賢明氏(神大名誉教授) 広川 恵一氏(内科クリニック院長) 津久井 進氏(弁護士) 市川 英恵さん
コーディネーター:吉田 維一(弁護士)
連絡:078-382-0121
主催:借上復興住宅弁護団と原発避難者弁護団
http://www.k2.dion.ne.jp/~kenpouhg/osirase.html



戦争遺跡めぐり
●10月10日(月祝) 9:00~妙法華院前集合(神戸高速「新開地」駅西口を上がり、南へすぐ)
第15回戦争遺跡めぐり
-兵庫区に残る戦争の遺跡を訪ねて-

コース:厳島神社→極楽寺→柳原天神→兵庫大仏→真光寺→薬仙寺→清盛塚→大輪田橋
12時30分頃解散(最寄り駅:地下鉄海岸線「中央市場駅」)
主催:兵庫の「語りつごう戦争」展の会
お申込み・お合わせは 090-5886-6048(上野さん)FAX:078-577-7651
http://www.nicchu-hyogokenren.net/blog/peace/5141


NEW
戦 争
●10月10日(月祝) 午後1時半~3時半 高槻現代劇場文化ホール2階第2展示室(高槻市駅出口(南側)出口から徒歩約7分 高槻駅南口出口から徒歩約10分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-4wrMhmbSm4E/?utm_source=dd_spot) 
戦争体験を聞く会
戦後71年、戦争を体験された方がどんどん少なくなっています。戦争中にどのような体験をされたのか、聞かせていただき、戦争とは何か、平和の大切さを考えようと、お二人の方から戦争体験をお話しいただきます。また、沖縄戦体験者の証言、遺品、高校生の調査研究の展示も行います。
入場無料
<同時開催>
「証言・遺品・高校生の調査研究で知る沖縄戦展」
10月9日(日)~10日(月祝) 午前10時~午後6時
展示内容
・証言で知る沖縄戦
・遺品が語る沖縄戦
・高校生が伝える沖縄戦
・上映コーナー(沖縄戦に関するDVD)
入場無料
https://www.facebook.com/peace2015ts



●10月11日(火) 11:00~16:00 モモの家(阪急吹田駅から歩いて5分 JR吹田駅から歩いて12分 http://www.momo-family.org/?page_id=9
かえるCafe (毎月第2・4火曜日に開きます)
東日本大震災で避難してこられたみなさん そして心をよせる関西のみなさん
ほっとして 出会って 語りあって つながろう
草木染や手仕事などもやってます。
飲み物:300円
Menu:デトックス茶 有機栽培コーヒー 黒煎り玄米コーヒーなど
※避難者さんは交通費半額補助します
http://happy.ap.teacup.com/momonoie/



●10月11日(火) 午後6時~午後8時 阪急上牧駅駅前広場
原発ゼロ上牧行動
アピール、ビラまき、ポスティング
ストリートオルガンの音楽に合わせて、楽しくアクション。
http://takatukigomi.sblo.jp/article/177113355.html



●10月11日(火) 午後6時30分~現代医学研究所(川合診療所)(京阪三条東北角のだん王法林寺から東へ約50m田中ビル2階)
環境問題研究会10月例会
テーマ:福島原発事故と小児甲状腺がんの多発

話題提供:大倉弘之さん(京都工芸繊維大学)
問合せ:研究会に関するお問い合わせは、事務局まで。
事務局:石田紀郎 TEL: 075-711-4832 090-1968-8004
https://houteisien.wordpress.com/kyoto/



朝鮮学校無償化
●10月11日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



セクハラ裁判
●10月11日(火) 13:20~(12:50ロビー集合)神戸地裁228法廷(大倉山(兵庫県)駅 徒歩2分 http://goo.gl/kJHVgH
マリーマーブル・セクハラ裁判
期日終了後、あすてっぷセミナー3にて報告集会、終了後社長宅~社前デモ
呼びかけ:なかまユニオン・阪神分会
http://www.mdsweb.jp/doc/1439/1439_45t.html



●10月12日(水) 13時30分~神戸地裁ロビー集合 午後2時~神戸地裁大法廷(101号法廷)(大倉山(兵庫県)駅 徒歩2分 http://goo.gl/kJHVgH
兵庫原発国賠訴訟
※閉廷後報告集会
法廷の前に、原告の皆さんや弁護士の皆さんがJR神戸駅の前で宣伝も行われて、今回も書面のやり取りのみですが、まだ法廷は満員になっておらず、ぜひ皆さん来てください。昨年11月の口頭弁論では、東電と電事連が、福島原発に17mの津波が来たことを2002年の段階で予測しており、この資料を出せと裁判所も命じたのに、東電は拒否しており、こんなデタラメな企業を許せません。法廷後、報告集会もあります。
連絡先:神戸合同法律事務所 078-371-0171
http://pokapoka-hyogo.weebly.com/3500921028123982608531243



●10月13日(木) 12:45~大阪地方裁判所・本館南側玄関集合集合(13時迄並んだ方に抽選券配布)13:30~大阪地方裁判所(地下鉄淀屋橋より北東へ8分 大阪市役所の北側、橋を渡り直すぐ http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/)
《原賠訴訟関西第11回裁判》
※抽選に外れた方は、弁護士会館201・202にて模擬裁判を予定しています
◆報告集会 14:00頃~大阪弁護士会館2階201・202号室 16:30頃終了予定
当日のタイムスケジュール
11:00~淀屋橋にて宣伝行動 地下鉄御堂筋線/京阪「淀屋橋」駅1番出口出たところに集合。12:00終了予定
12:45~大阪地方裁判所・本館南側玄関集合
12:45~13:00 大阪地方裁判所・本館南側玄関前 整理券配布(13:00抽選予定)
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1099.html



●10月13日(木) 14:30~大阪高裁別館7F74号法廷(地下鉄淀屋橋より北東へ8分 大阪市役所の北側、橋を渡り直すぐ http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/)
高浜3,4号機に関する抗告審審尋期日1回目
※申立人以外は入廷できません。
◆報告集会 15:20~大阪中央公会堂3F小会議室
井戸謙一弁護士(原告弁護団長)
※開始時間は変わる可能性があります。
呼びかけ:司法の独立・三権分立の実情を見届ける会
連絡:0740-22-4176 kaiyosha@mbf.nifty.com
また、記者会見後、報告集会となる予定です。
https://calendar.google.com/calendar/render?eid=MGZsNWVmbWx2Z3Z0ZGM3MzJuczc2NTExbjAgbm9udWtlc3NoaWdhQG0&ctz=Asia/Tokyo&sf=true&output=xml#eventpage_6



●10月13日(木) 大阪高裁抗告審判報告集会(大阪中央公会堂)のあと関電本店前 
関電本店抗議
呼びかけ:原発ゼロ上牧行動
http://takatukigomi.sblo.jp/article/177125378.html



●10月13日(木) 16時~19時 滋賀県庁正面噴水前(JR大津駅から徒歩5分 大津市京町四丁目1番1号 http://www.pref.shiga.lg.jp/guide/chosha/index.html
滋賀県庁前すわりこみ
http://nonukesiga.exblog.jp/23523990/



軍事研究
●10月13日(木) 18:30~20:30 龍谷大学深草キャンパス22号館 101教室(京阪「深草」駅西へ徒歩約3分 地下鉄「くいな橋」駅東へ徒歩約7分 JR奈良線「稲荷」駅南西へ徒歩約8分 http://www.ryukoku.ac.jp/about/campus_traffic/traffic/t_fukakusa.html
講演「軍事研究に動員される科学でよいのか」~平和主義が脅かされる学術~
講師:池内 了さん(総合研究大学院大学名誉教授)
※近著に「科学者と戦争」(岩波新書2016年6月)
主催:龍谷大学教職員組合、日本科学者会議龍谷大学分会、安全保障関連法廃止!市民・学者・学生・弁護士の共同行動@Fushimi
参加費無料(どなたでもご参加できます)
連絡先:龍谷大学政策学部・大田直史研究室 075-645-2335 naoota@policy.ryukoku.ac.jp
京都南法律事務所(溝江)075-604-2133
龍谷大学 細川 e-mail:hosokawa@biz.ryukoku.ac.jp Tel/Fax:075(645)8634
http://www.jsa.gr.jp/kyoto/index.html



日韓関係
●10月13日(木)  18時30分~神戸学生青年センター(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/
特別講演会
竹島問題と日韓両国の市民社会

講 師:アレクサンダー・ブフ 先生(ニュージーランド ウェリントン・ヴィクトリア大学。専門は国際関係学。日本のナショナルアイデンティティーおよび外交政策について多くの研究業績を持つ。近年の中心的研究テーマは北東アジアの領土問題)
この度、NPO法人汎太平洋フォーラムでは、ウェリントン・ヴィクトリア大学(ニュージーランド)よりアレクサンダー・ブフ先生をお招きし、「竹島問題と日韓両国の市民社会」というテーマで講演会を開催することとなりました。奮ってご参加ください。
使用言語:日本語
参 加 費:無料
お問い合わせ先:神戸学生青年センター
Tel 078-851-2760 Fax 078-821-5878
主催:公益財団法人 神戸学生青年センター,NPO法人 汎太平洋フォーラム



NEW
原爆 戦争
●10月13日(木)~15日(土) 午前10時~午後5時 中央コミュニティセンター(旧・中央公民館)(地下鉄守口駅すぐ http://www.city.moriguchi.osaka.jp/kakukanoannai/shiminseikatsubu/komyunitesuishinka/communitycenter/1457668315468.html
守口第5回「原爆と戦争展」
日本の現状をもたらした第二次世界大戦の真実を伝える
関連パネル・資料展示、被爆・戦争 体験談など
問い合わせ:守口原爆と戦争展を成功させる会 TEL 06-6991-4925
主催:守口原爆と戦争展を成功させる会
共催:守口市原爆被害者の会
後援:守口市教育委員会
http://www.city.moriguchi.osaka.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/4/281034-35.pdf#search=%27%E5%AE%88%E5%8F%A3+%E5%8E%9F%E7%88%86%E3%81%A8%E6%88%A6%E4%BA%89%E5%B1%95+%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%27



●10月14日(金) 関西電力本社前(JR「大阪駅」阪神・阪急「梅田駅」徒歩約15~20分 「北新地駅」徒歩10分「淀屋橋駅」徒歩約10分 「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:30頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:30 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●10月14日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●10月14日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●10月14日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&三宮駅までのパレード



●10月14日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に! 
だんだん薄暗くなってきました。ヒカリモノ有効です。脱原発の願いを込めて 音楽・アート大歓迎。手作り看板・鳴り物持参で。
福島のこども達のための街頭カンパもやってます!なんちゃってマスゲームも?再稼動許さないの声をもっと!
https://www.facebook.com/events/1810678472479748/



このほか大阪茨木市、羽曳野市、寝屋川市、京都、兵庫、滋賀、奈良、三重、和歌山など各地の関電支店前やその他の場所で全国一斉金曜行動が行われています。
全国の金曜抗議行動をまとめたサイトはこちら。
 ↓ ↓ ↓ 
全国金曜抗議一覧  
http://demojhks.seesaa.net/article/296349527.html



沖縄米軍基地問題
●10月14日(金) 18:30~エルおおさか5視聴覚室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
目取真俊さん講演会
~今も続いている沖縄戦~

目取真俊さんは1960年、沖縄県今帰仁村生まれ。97年、「水滴」 で第117回芥川賞を受賞、沖縄戦や基地問題をテーマに「沖縄」を描 くとともに、名護市辺野古の新基地建設、東村高江のヘリパッド建設に 対する抗議行動の現場に立っています。この夏、約2年間中断していた 工事が強硬に再開された高江の闘いを中心に、いま、沖縄で何が起きて いるのか、現状を報告していただきます。
主 催:関西・沖縄戦を考える会
参加費:1000円
http://okinawasen.main.jp/



NEW
高江ヘリパッド建設
●10月14日(金) 19:30~21:00 メディアスタジオSANA(地下鉄玉造駅1出口徒歩5分 大阪女学院北側 http://peacetv.bex.jp/mediastudio/map.html
「高江ヘリパッド建設の狙いとは?-辺野古新基地と一体となったやんばるの森を侵略の拠点に―」
安倍政権は「先送りは許されない」と年内に高江ヘリパッド建設完成のために暴力の限りを尽くして強硬工事を行っています。憲法改悪をし、海外への侵略拠点としての沖縄基地建設恐慌の狙いを明らかにし、人殺しのための基地建設をさせない闘いを本土でも広げましょう。
参加費:500円 学生・障がい者・失業者 300円(飲み物付き) 
主催:イラク平和テレビ局inJapan 090-3966-0604(森) http://peacetv.jp/



ファシズム
●10月14日(金) 18時半~西宮市民交流センター(阪急「西宮北口」東南5分 http://shimin-koryu.net/access/
日本ドイツ現代史研究会 記念講演会
「ファシズムの再来を防ぐため ~ドイツ現代史から学ぶ」

講演:木戸衛一 大阪大学准教授(ドイツ現代史)
(プロフィール:大阪大学大学院国際公共政策研究科准教授 専攻はドイツ現代政治。 著書に『ドイツ左翼党の挑戦』『ベルリン過去・現在・未来』『ラディカルに平和を問う』など)
日本ドイツ現代史研究会は、安倍政権の戦争攻撃の強まりと、おおさか維新や排外主義グループの跳梁の中で、改めて1930年代の歴史を学びファシズムの再来を阻止するため、16年5月から活動を始めました。講談社現代新書の石田勇治『ヒトラーとナチ・ドイツ』をテキストに、4回の報告・研究会と、「ドイツ左派はなぜナチスに敗北したのか」についての報告・討論会を行いました。参加者は阪神間を中心に大阪から神戸まで広がり、この課題への関心の高さと取り組みの重大性をあらためて確認しました。
そのため、ひとまずドイツ1917年~30年代の学習・研究の締めくくりとして、ドイツ現代政治を専門とする木戸衛一大阪大准教授の記念講演会を10月14日(金)に開催します。
内容は、ナチス・ヒトラーの政権奪取に至る過程で、反撃のチャンスはなかったのか。安倍政治や維新や小池などとの類似点と相違点はどうか。そして現代ドイツを含む西欧・アメリカ・日本での新たなナショナリズム・排外主義の台頭にうち勝つ道をさぐる講演会です。質疑応答にも十分時間をとり、問題意識を深めていきたいと思いますので、多くの皆さんの参加を求めます。
参加費:1000円
http://hanshin204.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/1016-7709.html



ピース・セミナー
●10月14日(金) 19時~神戸市勤労会館308(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html
第14回ピース・セミナー
講師:高作正博関西大学法学部教授
参加費:各500円
http://www.portnet.ne.jp/~nsphyogo/topics.html



未来のための歴史パネル展
●10月14日(金)~16日(日) 11時~19時 西宮市フレンテ4階国際交流センターギャラリー(を中心に講演会、イベント、DVD上映などは隣接会場で)(JR西宮駅南側すぐ http://www.frente-nishinomiya.com/access/index.html)※延長する場合は17日(月)まで 
未来のためのパネル展(みれぱ)・西宮
戦後71年になります。憲法下、戦争をしない国として立憲政治の道を走ってきました。しかし、その体性の中から復古主義的考え方が醸成されてきた道でもありました。教育基本法の改悪で愛国主義的教育の持ち込み、教科書での歴史修正主義の擡頭。村山談話の軽視、過去のアジアへの侵略戦争と植民地支配を正当化することから、過去の戦争を自衛戦争であったとするよう考え方の流布がされてきています。
そして、今では中国・朝鮮を敵視し、危機感を煽り、軍事強化をし、再び富国強兵の道へと進もうとしています。
ここで、過去の戦争の反省に立って、過ちはくりかえさないために、歴史修正主義を排し、アジアとの関係史を学びなおす機会として、「未来のための歴史パネル展」を開催します。
この「未来のための歴史パネル展」が多くの人々に鑑賞され、再び日本とアジアとの関係史、特に朝鮮との関係史が正しく定着することを願います。
ぜひ立ち寄って鑑賞をし、交流を深めていただけたらありがたいところです。
・14日は11時~19時まで 15日・16日は10時~19時まで
入場無料
主催:歴史パネル展・西宮実行委員会 nohatespeech.nishinomiya@gamail.com



韓国の若者運動
●10月14日(金) 18時30分~20時45分 エルおおさか南館5階ホール(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
ASU-NET第25回つどい 結成10周年記念シンポ
高まる韓国の若者運動から何を学ぶか
挨拶 森岡孝二(代表理事)
「ASU-NETの10年と労働NPOの役割」
講演 趙誠柱(チョウ・ソンジュ)さん(韓国ソウル市元労働補佐官)(通訳あり)
「躍動する韓国の若者運動~進む雇用の正規化と最賃引上げ~」
討論:日本の若者団体からの発言
まともな働き方の実現をめざすASU-NET結成から10年。2013年のNPO法人ASU-NETへの移行から3年。私たちはこれまで、非正規雇用問題、貧困問題、ブラック企業問題、過労死問題など、日本の労働社会の重要なテーマを取り上げてきました。政府もまやかしながら、「働き方改革」を唱え、長時間労働の是正や時間外労働の規制を言い始めています。
おりしも隣の韓国では、若者による労働運動が大きな盛り上がりを見せています。最低賃金もここ数年、年6~7%程度引き上げられ、ソウル市では非正規公務員の正規雇用化が大きく進んでいます。
なぜ韓国では若者の労働運動がうねりを上げているのか。日本でどういう運動を構築するのか。ソウル市における自治体レベルの労働政策にかかわり、韓国の若者運動や市民運動に携わってきた若手活動家、趙誠柱(チョウ・ソンジュ)さんをお招きし、講演していただくとともに、日本の市民・若者との交流を通じて国際連帯を深めてゆきたいと思います。
ASU-NET結成10周年の記念すべきつどいです。ふるってご参加ください。
資料代:500円
主催:NPO法人 働き方ASU-NET
お問い合わせ先:TEL:06-6809-4926/FAX:06-6809-4927
http://hatarakikata.net/modules/topics/details.php?bid=701



コリアン・マイノリティ
●10月14日(金) 19:00~21:00「・オリーブガーデン・」(阪急京都線「淡路駅」東出口下車、東へ徒歩5分。カエルの看板が目印です。http://www.mapion.co.jp/m/34.73629721_135.52297499_10/ 06-6328-5969) ※今回は会場が違います。
コリアン・マイノリティ研究会第154回 月例研究会
「在日朝鮮人民族教育の歴史の再検討―大阪市旧東成区の誠心夜学校を中心に―」
宋実成(ソンシルソン)さん(大阪経済法科大学アジア研究所客員研究員)
「在日朝鮮人の民族教育は1945年8月15日の朝鮮解放後に始まった」。
この定説を疑う人はほとんどいない。しかし、それは本当なのか? 実際には否である。在日朝鮮人の民族教育はすでに1920年代後半に始まっており、1930年代半ばには全国各地で活発に繰り広げられていた。
本報告では、1934年から1942年まで大阪市旧東成区で活動していた誠心夜学校(?????)を中心に解放前の民族教育について紹介する。当時の在日朝鮮人の社会、経済、文化、言語的側面をリアリティをもって理解するために、在日1世が使用していた手作りの物品や、夜学で歌われていた歌、漢文を習う際の節回し、当時の流行歌なども紹介する。
報告の最後では、解放前の民族教育と今日の民族教育、すなわち、朝鮮学校や韓国学校、民族学級の教育をリンクさせ、日本人・日本社会が在日朝鮮人の民族教育をなぜ歓迎しないのか、なぜ封じ込め追い込むのかについて、日本社会の構造という観点から検討したい。
参加費:800円・大学生400円(会員200円引き)・高校生以下無料(どなたでもご参加いただけます)
資料準備の都合がありますので、必ずご予約ください。 
終了後、懇親会(有料)
主 催:コリアン・マイノリティ研究会 http://white.ap.teacup.com/korminor/
大阪市天王寺区細工谷2-14-8 猪飼野セッパラム文庫内 
090-9882-1663 masipon★nifty.com
http://www.labornetjp.org/EventItem/1475639209986staff01



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Akko

Author:Akko
清志郎大好き。
旅行大好き。
ドイツ大好き。
でも最近忙しくて、旅行に行けません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR