FC2ブログ

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2018年2月18日(日)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-278.html




■2月18日(日) (再放送)深夜午前00:00~00:30 NHK Eテレ
シリーズ 欲望の経済史~日本戦後編~1▽焼け跡に残った戦時体制 終戦~50s
焼け跡から立ち上がり復興に向けてひた走り短期間で豊かさを実現したとされる日本の戦後、そして50年代。財閥解体、農地改革、傾斜生産方式、ハイパーインフレ、ドッジライン、東京タワーしゅん工…さまざまなトピックスがあったがその背後にあった物語とは?戦後経済のあり方には実は「戦時体制」が大きく影響していたと野口は言う。野口の指摘をきっかけにさまざまな角度から戦後まもなく走り出した日本経済の光と影を再考する
http://www4.nhk.or.jp/P4384/x/2018-02-17/31/27924/1726007/



●2月18日(日) 午後1時半~4時 尼崎女性センタートレピエ(阪急神戸線武庫之荘駅南出口南へ240m http://www.amagasaki-trepied.com/
映画「日本と再生」inあまがさき 上映会とトーク
トーク:泉佐野電力 柿本 香さん「自治体が電力会社を作ったわけ」
上映協力金:500円 高校生以下・介助者 無料 託児室あり(予約をお願いします)
主催:「日本と再生」上映実行委員会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0218.pdf



●2月18日(日) 14時~16時 三宮マルイ前
マルイ前アクション
主催:さよなら原発神戸アクション



●2月18日(日) 14:00~16:00 京都・市民放射能測定所,丹波橋測定室(京阪本線・近鉄 丹波橋駅「東口」徒歩1分 http://nukecheck.namaste.jp/pdf/accessmap.pdf
『トリチウムを放出していいの? 原発事故の汚染水を海に捨てたら、深刻な健康被害が大発生!』
講師:渡辺悦司さん(政治経済学・経済史学会会員 市民と科学者の内部被曝問題研究会会員)
みなさん、ご存知ですか? 福島第一原発事故で大量に発生した汚染水。 それが溜まりに溜まって、タンクの山を築いています。それを「処理」したから海に捨てよう と、「原子力規制委員会」が強力に推進してい るんです。
ちょっと待った!実はその汚染水には、処理不可能な「トリチウム」という怖い、恐ろしい放射性核種が入ってるんです。渡辺さんに講師をお願いし、トリチウムとは何か、その危険性、健康被害の実態について勉強会を開きますので、ぜひ参加してください。
参加費:会員500円,一般700円
※丹波橋測定室のスペースの関係で参加は受付順15名様といたします。
特別企画をセット:持ち込み検体の無料測定します!(保存可能なもの限定)
みなさん!放射能汚染が気になる食品はありませんか?一度測定してみたいと思いませんか?2月18日の学習会に参加する時に持ってきてください。今回は学習会参加の方の検体を無料で測定します。
≪今回募集する検体について≫
①預かって測定しますので、保存可能なもの。
②量は1リットル(最低500ミリリットル)
③容器に詰められる状態のもの(野菜ならみじん切り等にしたもの)ぜひ、よろしくお願いします。
申し込み先:丹波橋測定室 shimin_sokuteiアットyahoo.co.jp
または佐藤まで 070-5664-2713 satokazuアットwave.plala.or.jp
http://nukecheck.namaste.jp/pdf/180218gakusyukai.pdf



日米地位協定
●2月18日(日) 13:30~西区民センターなでしこホール(神戸市営地下鉄「西神中央」徒歩3分 https://map.goo.ne.jp/place/28001051186/map/
西神ニュータウン9条の会 11周年記念のつどい
『沖縄から“日本”が見える』~憲法と日米地位協定~
講師:前泊 博盛さん(沖縄国際大大学院教授)
講師プロフィール:前泊博盛 沖縄国際大大学院教授
1960年沖縄宮古島生まれ。27年間、琉球新報社の記者、編集委員、論説委員長などを歴任。「日米地位協定」キャンペーン報道で日本ジャーナリスト会議賞大賞など受賞。著書:『沖縄と米軍基地』(角川書店)『日米地位協定入門』(創元社)等多数。
参加費:1000円(前売900円 高校生以下無料)
主催:西神ニュータウン9条の会
協賛: 憲法9条の会・岩岡、9条の会がくえん、憲法九条を守る玉津の会、私たちの街(桜ヶ丘・押部谷)の九条の会、伊川谷九条の会
連絡:090-7480-3128
http://inami9.exblog.jp/29079285/



南 京
●2月18日(日) 13:30~栗東芸術文化会館・さきら(栗東駅東口より約400m(徒歩5分)https://www.sakira-ritto.net/access/index.html) 
太平門消えた1300人-80年目の南京 記憶をつなぐ
松岡環ドキュメンタリー映画最新作と監督のお話
南京攻略戦には約20万人の日本軍が南京に向かった。「太平門に於ける守備の一中隊長が処理せしもの約1300」(第16師団中島今朝吾師団長日記)などに太平門の集団虐殺が記されている。しかし現在まで研究者の間でまったく取り上げられてこなかった。私はたった一人の生存者がいたことを突き止めた。その人は小王(シャオワン)と太平門の住民から呼ばれていた。
参加協力券:1000円(当日1200円)
主催:南京の映画をみる会
問い合わせ:090-7113-3122
https://sites.google.com/site/syamahi9j/zi-he-jiu-tiaono-huinyusu



憲法カフェ
●2月18日(日) 14:30~16:30 京田辺市中部住民センターせせらぎ2F 大研修室(京田辺 https://www.navitime.co.jp/maps/poi?code=00011-061037629
京田辺に「檻の中のライオン」がやってくる!はんどう先生と一緒に憲法を学ぼう!
&同時開催!こどもクッキングde食育♪
全国各地で大人気!の「檻の中のライオン」が、京田辺にもやって来ます。
憲法について、今一番わかりやすい説明書と評判の「檻の中のライオン」を書かれた弁護士楾 大樹(はんどう たいき)さんを京田辺にお招きしました。中学校の公民資料集にも掲載される「檻の中のライオン」で、憲法について一緒に学んでみませんか?学校の勉強や受験にも役立ちそう!親子で学ぶのもいいですね。パペットも使った憲法についてのお話は、とってもわかりやすいと大好評ですよ。
参加費:大人(高校生以上)500円(檻の中のライオンオリジナルクリアファイル付)子ども無料(クリアファイルが必要な場合は200円)
参加申込:フェイスブックの参加ボタンを押していただくか、下記申込先までご連絡ください。
子どもさんもご一緒にどうぞ。お話は小学校高学年ぐらいから聞けます。
こども向け同時開催イベントや交流会もあります。(下記参照)
☆同時開催イベント☆♪子どもクッキング♪ 14:30~16:30
パパやママは勉強中!子どもたちだけでごはんを作ろう!
京田辺市中部住民センターせせらぎ2F 調理室(大研修室の向かい)
参加費:無料
持ち物:エプロン、三角巾、布巾
参加申込:下記申込先までご連絡ください。
大研修室では「檻の中のライオン」がやってくる!はんどう先生と一緒に憲法を学ぼう!開催中ですが、子どもたちにも楽しんでもらいたい!という思いから、こどもクッキングを開催します。パパやママと離れても大丈夫なお子さんや、お勉強はまだ少し早いかなというお子さんは調理室に集合!栄養師さんやボランティアさんと一緒に、ごはんを作りましょう!テーマは「晩ごはん」。メニューはお楽しみに!
栄養師さんのお話は食育につながりますよ。イベント終了後に、こどもたちが作ってくれた晩ごはんをいただきながら、交流会をしたいと思います。この日の晩ごはんは子どもたちにお任せ!
*アレルギーをお持ちの場合は、予めお伝えください。
☆交流会 イベント終了後16:30ごろ~17:30ごろ
参加費:大人100円、こども無料(1人分必要な場合は100円)
こどもクッキングで、子どもたちが作ってくれた晩ごはんをいただきながら、ワイワイ交流しましょう!
(晩ごはんの準備がありますので、参加ご希望の方は、下記申込先までお申し込みください。)
定員:40名(先着順)
主催:しんふじん京田辺支部
お申し込み・問合せ先:
E-mail:nanohanakyotanabe@gmail.com TEL:090-2110-7448(森垣
https://www.facebook.com/events/332735700562367/ 



憲法カフェ
●2月18日(日) 10:30~12:30 木津川市加茂文化センター(JR加茂駅下車 西口より南西へ徒歩5分
(木津川市役所加茂支所南隣り)http://nem-shiteikanri.jp/shisetsu/ajisai/access/index.html
檻の中のライオンin木津川
講師:楾 大樹
『檻の中のライオン~憲法がわかる46のおはなし』の著者、弁護士の楾大樹さんを広島よりお招きします。
そもそも「なんで憲法があるの?」
可愛いパペットと一緒に考えていると大人も子どももワクワクしてくる、そんな憲法のお話です。
『檻の中のライオン』は憲法の入門書として小学校でたくさん採用されている他、中学校向け副教材の公民資料集にも大きく掲載されています。
受験にも役立つ憲法の知識。子どもたちと一緒に生きていく知恵を学びませんか?楽しい2時間はきっとあっという間です。どうぞお気軽にいらしてください。
重版を重ねる『檻の中のライオン』情報です↓
http://www.kamogawa.co.jp/kensaku/syoseki/a/0842.html
尚、当日は 本、ファイルなどの物販もあります。素敵なサインもしていただけますので、この機会にぜひ。
参加希望の方は『参加予定』を押していただけると助かります。
参加費:1000円(檻ライクリアファイルつき) 申込み不要
問い合わせ:lionorino7k@gmail.comまで
https://www.facebook.com/events/907265606096338/



最低賃金
●2月18日(日) 10:00~12:00 ひと・まち交流館京都 第3会議室(3階) (京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html)
「みんなの社会構想 読書会」第6回
社会の不公正に声をあげ続ける「エキタス」
最低賃金UPの運動に取り組む彼らの声を読む
《1月~2月 テキスト》
「エキタス 生活苦しいやヤツ声あげろ」(エキタス+今野晴貴・雨宮処凜 著) 
頑張ればみんな報われた時代が過去のものとなり、先行きが見えない今。努力が足りないから、稼げない。楽しみを求める人は、贅沢。倒れた人は、不摂生。ホームレスの人は、怠けている。そのようなバッシングの土壌がなぜできてしまったのでしょうか?みんなが閉塞感や節約生活から解放され心豊かに生きていくためにはどうしたらよいのでしょうか。当面、月1回、原則として『第3日曜日の朝』本を題材に交流します。お気軽にご参加ください。立て直しが可能な今こそ、未来の社会構想を始めましょう。
グローバル・ジャスティス研究会有志
https://www.facebook.com/events/1610766765711963



小林多喜二
●2月18日(日) 13:30~クレオ大阪東ホール(京橋駅 (JR線) 南口から南へ約600m http://www.creo-osaka.or.jp/east/access.html
2018年大阪多喜二祭
第一部 記念講演:岩崎 明日香さん「多喜二の文学と生き方が切り拓くもの(仮題)」  
第二部:音楽で綴る「現代につなぐレクイエム}
資料代:1000円
問い合わせ先:大阪多喜二祭実行委員会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0218-1.pdf



選 挙
●2月18日(日) 13:30~16:00 神戸市・垂水勤労市民センター3F講習室(JR・山陽電鉄垂水駅北東徒歩3分 https://www.kobe-kinrou.jp/shisetsu/tarumi/index.html
【座間宮ガレイ選挙講座】
内容:選挙講座(兵庫選挙区、近畿自由党などについて)
1時間の講座と1時間30分の質疑応答
参加費:2000円
募集:30人(事前申込制)
申込:下記へメールでお名前と参加人数をお知らせ下さい。
kashimajuku@hi-net.zaq.ne.jp(加島)
主催:自由党兵庫県連準備会
https://ja.eventeri.com/g/event-/17573058



パレスチナ
●2月18日(日) 14;00~16:00 天人Bar朱夏(地下鉄中崎町 https://www.mapion.co.jp/m2/34.70697262,135.50417866,16
ガリコ美恵子『反核の闘士ヴァヌヌと私のイスラエル体験記』
出版記念及びパレスチナのドキュメント映画『ナジャハ』上映会
参加費・無料
映画:『ナジャハ』ビリン村のフォトグラファー、ハイサム・アル・ハティーブ製作(日本初公開)字幕日本語と英語
主催:ガリコの一時帰国を歓迎し、彼女と語る会
連絡先:072-987-8797 (正路玲子)
https://jimmin.com/events/event/ガリコ美恵子『反核の闘士ヴェヌヌと私のイスラ/



■2月18日(日) 深夜午前24:55~25:25 読売テレビ、日本テレビ系列
NNNドキュメント「あたいはやっちょらん 大崎事件 再審制度は誰のもの?」
1979年、鹿児島県大崎町で男性が牛小屋の堆肥の中から遺体で見つかった。逮捕されたのは義姉の原口アヤ子さん(90)。共犯とされた親族3人の自白が決め手だったが、出所後「自白は強要されたものだ。」と主張した。無実を訴えて38年。鹿児島地裁は2度もやり直し裁判、再審を認める決定を出したが、検察側の不服申し立てに阻まれ、裁判は始まっていない。「罪のない人の救済」が目的の再審制度は、誰のものなのか?
http://www.ntv.co.jp/document/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Akko

Author:Akko
清志郎大好き。
旅行大好き。
ドイツ大好き。
でも最近忙しくて、旅行に行けません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR