FC2ブログ

(2/8更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2018年2月10日(土)

アクセス情報にもミスがあり、訂正しました(^_^;) 他にもミスがあるかもしれません。
みなさん、必ずリンク先の元データの情報を確認してくださいm(_ _)m


★2/8追加情報
3か所も記載ミスがありました…(>_<)。訂正しています。
●2月10日(土)11日(日)  14時~社会福祉法人「ピースクラブ」
釜ケ崎から被ばく労働を考える第4弾!「被ばく労働者の使い捨てを許さない!」
●2月10日(土)11日(日) 10:00~17:00 奈良・市民放射能測定所(医療問題研究会奈良事務所)(近鉄奈良線学園前)
無料測定まつり
●2月10日(土)11日(日) 17:00~元町館「黒の小部屋」(JR・阪神電車「元町」駅) 
市民社会フォーラム第211回学習会 安倍政権のミステリー 森友問題のトリックを解く



【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報



『辺野古ゲート前の人びと』 (2017年/98分)
辺野古ゲート前は色んな人が行き交う人間交差点
何度、強制排除されようと、またゲート前に座り込む
なぜ、ここに座り続けるのか?

辺野古ゲート前は、いろんな人がやってくる。沖縄戦で肉親を失った人、間近で米軍機の墜落事故を体感した人、基地労働者として働いてきた人…集会では、基地との同居を強いられる沖縄県民の痛みが、肉声で語られる。県警機動隊員にも「オジィ、オバァが生き残ったから、あなたたちがいるんだよ」と語りかける。「基地ができたら戦争が来る」ことを知る人たちの共通する願いは、「子どもや孫に、同じ体験をさせたくない」ということ。次の排除が始まるまでの間、三線や替え歌、踊りが厳しい時間の中に、心安らぐひと時を生み出す。
公式サイト:http://america-banzai.blogspot.jp/2017/11/blog-post_14.html
●2018/1/13(土)~シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
2/10(土)・2/11(日) 11:05(~12:48終)
2/12(月)~2/16(金) 14:30(~16:13終)
2/17(土)・2/18(日) 18:30(~20:13終)
2/19(月) 休館日
2/20(火)~2/23(金) 10:55(~12:38終)
http://www.theater-seven.com/2018/mv_henoko-gate.html



『人生フルーツ』
人生は、だんだん美しくなる。
むかし、ある建築家が言いました。
家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない。
愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てた家。四季折々、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実が、妻・英子さんの手で美味しいごちそうにかわります。刺繍や編み物から機織りまで、なんでもこなす英子さん。ふたりは、たがいの名を「さん付け」で呼び合います。長年連れ添った夫婦の暮らしは、細やかな気遣いと工夫に満ちていました。そう、「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」とは、モダニズムの巨匠ル・コルビュジエの言葉です。
かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきました。1960年代、風の通り道になる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウン計画。けれど、経済優先の時代はそれを許さず、完成したのは理想とはほど遠い無機質な大規模団地。修一さんは、それまでの仕事から距離を置き、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめました─。あれから50年、ふたりは、コツコツ、ていねいに、時をためてきました。そして、90歳になった修一さんに新たな仕事の依頼がやってきます。
本作は東海テレビドキュメンタリー劇場第10弾。ナレーションをつとめるのは女優・樹木希林。ふたりの来し方と暮らしから、この国がある時代に諦めてしまった本当の豊かさへの深い思索の旅が、ゆっくりとはじまります。
●2/3~2/18 七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
2/10~2/16 16:30(~18:10終)
2/17・18 16:30(~18:10終)
http://www.nanagei.com/movie/data/1103.html
http://www.nanagei.com/movie/schedule.html


 
■2月10日(土) (再放送)深夜午前01:25~01:50 NHK Eテレ
スーパープレゼンテーション<字幕版>「ボストンの奇跡」
1990年代初め、ボストンは荒れていた。麻薬、暴力団、そしてささいなことでキレる若者たち。街には毎日のように銃声が響き、殺人事件が多発していた。しかし、10年の間にボストン市内での少年犯罪の件数はなんと79%も減少し、街は平和を取り戻した。“ボストン・ミラクル(ボストンの奇跡)”と称されるこの変革の立役者が、牧師、ジェフリー・ブラウンだ。ブラウンが若者たちにしたこととは?胸打たれるプレゼン。
http://www4.nhk.or.jp/superpresentation/x/2018-02-09/31/22978/2514222/



訂正しました!
●2月10日(土)11日(日) 14時~社会福祉法人「ピースクラブ」(大国町 新今宮 http://www.ab.auone-net.jp/~peace_c/99_blank.html
釜ケ崎から被ばく労働を考える第4弾!「被ばく労働者の使い捨てを許さない!」
~福島原発被ばく労災損害賠償裁判(あらかぶ裁判)を支援しよう!

https://twitter.com/hanamama58/status/943835862629937152



●2月10日(土) 13:30~伏見港公園(京阪中書島駅下車、徒歩3分)2:00~パレードスタート
ふしみ「原発ゼロ」パレード
コース :伏見港公園→中書島駅→龍馬通商店街→納屋町商店街→大手筋→御香宮
世界に平和を!人類に明るい未来を!
ごきげんよう、さようなら。
Love and Peace。
http://nonukesfushimi.blog.fc2.com/blog-entry-336.html



●2月10日(土) 12時半~JR天満駅前・天神橋筋商店街 13時半~国労会館(天満駅出口から徒歩約2分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/map/)
「ゴーウエスト(3.11東北・関東 放射能汚染からの避難者と仲間たち)」アピール&学習会
私たちは、1月13日に大阪で批判的な学習会を行いました。「戦略」の柱は、今も被ばくを懸念する海外への露骨な安全宣伝だ。「国内外の日本語学校へ福島県を旅行先にするよう訴える」「『Fukushima』と検索すると、ネガティブな結果が占める。ポジティブな画像が出るよう取り組む」といいます。実際日本語で「避難者」と検索すると、避難の写真はすでに表示されなくなっている。日本の新聞やテレビは削除しているのです。しかし英語で検索するとまだ一斉に表示されます。
学習会では、福島から台湾への母子避難者も報告。「日本政府は、台湾の人気タレントを使って福島や関東へ観光客を呼び込んでいる。ブログを書く台湾の市民に、日本政府から金を出すから風評払拭の記事を書けと勧めている。だが、熱心にやるほど嘘臭く見え、人々は引いている」。
もう一つの柱は国内の学校教育です。「戦略」は「被ばくの遺伝的影響はない。日常的な被ばくと事故の被ばくは同じ。事故の健康影響は、今までも今後もない。放出放射能は、チェルノブイリ事故の7分の1に過ぎない」と断言。これらを子どもの言葉とイラストで教科書に載せ、全国で教え込む。また、福島に修学旅行に来させ、福島産の給食を拡大するものです。
国が一方的に復興予算で進めるこうした暴挙を、学び、声を上げる場を持ちたいと思います。ぜひご参加下さい。
また、3月10日には「避難者と仲間たち全員集合! 大集会&デモ」が長堀橋の大阪市中央会館で行われます。多くの参加をお願いします。
12時半~「放射能被害が拡大中」街頭アピール(JR天満駅前・天神橋筋商店街)
13時半~事前学習・交流会
・台湾への避難者の報告「政府は復興予算で台湾の人々をだましている」
・復興庁「原子力タスクフォース」批判(渡辺悦司さん:市民と科学者の内部被ばく問題研究会)
15時~3.10大集会の拡大準備会議
http://www.gowest-comewest.net/ 



●2月10日(土) 午後2時~午後4時 コープ.イン.京都(阪急烏丸駅13出口徒歩約4分 https://loco.yahoo.co.jp/place/g-Vleel7uJO6-/map/
ノーベル平和賞受賞 I CAN 川崎哲さんが語る@コープ.イン.京都
~核兵器で平和は守れるか~
ピースボート共同代表。核兵器廃絶国際 キャンペーン(ICAN)国際運営委員 として活動し同組織がノーベル平和賞受賞。 2008年から広島・長崎の被爆者と世 界を回る「ヒバクシャ地球一周 証言の航 海」プロジェクト実施。2009~10年、 日豪両政府主導の「核不拡散・核軍縮に 関する国際委員会」でNGOアドバイザー をつとめ。2014年「集団的自衛権問題 研究会」をたちあげ、同代表。核兵器廃絶 のためのNGOネットワーク「アボリション2 000」の活動に1998年より参加、2016年まで調整委員をつとめた。恵泉女 学園大学非常勤講師。その他東京外国語 大学などの非常勤講師。日本平和学会会 員。日本軍縮学会会員・編集委員。
資料代:500円 (学生300円)
http://kyotofu-seikyoren.com/2017/12/180210_hibaku.pdf



●2月10日(土) 18時30分~ドーンセンター 1階パフォーマンススペース(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
東日本大震災7周年企画
ノーベル平和賞受賞アイキャン川崎哲さん(ノーベル平和賞受賞アイキャン)講演会~

核なき世界へ 3.11後を生きる人々とともに 
& 3.11避難者と考える平和ってなぁに?
世界最悪レベルといわれた福島第一原発事故からもうすぐ7年。徹底的な事故の原因究明や反省もあいまいなまま、また、被害者の声もないがしろにされたまま原発再稼働や避難者の帰還政策が進められています。一方、世界的には北朝鮮情勢がますます緊迫してきており、甚大な核被害を危惧する声も次第に高まってきています。そのような中、核兵器禁止条約の実現への貢献が高く評価され、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)が2017年のノーベル平和賞を受賞しました。世界が非核への道を進む大きな第一歩となるでしょう。核なき平和で安心できる暮らしを実現するために、今、私たちは何を考えどう行動するべきなのか、皆さんとともに考えたいと思います。
第 1 部: 川崎 哲 氏 講演会
第 2 部: 3.11避難者と考える平和ってなぁに?
参加費:500円・申し込み不要(先着150名)
主催:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream
お問い合わせ: sandori2014@gmail.com
協力:バレンタインチーム・星の対話プロジェクト
https://www.facebook.com/events/1604987526255361/



●2月10日(土) 14:30~16:30 兵庫県保険医協会6階会議室(元町駅から南 徒歩10分 http://www.hhk.jp/pages/access.php
非核の政府を求める兵庫の会 第32回総会記念講演会
核兵器のない世界へ 何をどのように伝えていくか

講 師:「ヒバクシャ国際署名」キャンペーンリーダー 林田 光弘さん
2017年には核兵器禁止条約が成立し、ICAN(核兵器廃絶キャンペーン)がノーベル平和賞を授賞するなど、「核兵器のない世界」に向けての関心が高まっています。
今こそ唯一の戦争被曝国の日本の私たちは、人道的見地から広島・長崎の被爆者の悲願でもある核兵器廃絶を実現するよう、私たちの政府と国際社会に強く訴えることがいっそう重要になっています。
そのためには核兵器廃絶の意義を多くの人々に共感をもって関心と支持を得られる世論と参加が必要です。
「ヒバクシャ国際署名」キャンペーンリーダーの林田光弘さんに、若者はじめ多くの市民に何をどのようにつたえていくべきか、お話しいただきます。
・林田 光弘(はやしだ・みつひろ)さん
長崎出身、 被爆3世。 明治学院大学大学院に在籍。高校卒業まで長崎で「高校生一万人署名活動」に参加。2009 年には「高校生平和大使」としてスイス・ジュネーブ 国連欧州本部を訪問。2010 年には核兵器廃絶地球市民活動メンバーとして NPT 再検討会議に参加。大学入学後は、原発、特定秘密保護法、安全保障関連法等の問 題に関心を持ち、仲間と「SEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)」を立ち上げ活動する。2015 年にはNPO法人ピースデポの ユースとして NPT 再検討会議に2度目の参加。現在は、 ヒバクシャとともに「核兵器禁止条約」締結を求め活動している。
参加費:「非核の政府を求める兵庫の会」会員無料
    会員以外参加費1000円 どなたでもご参加できます。
お問い合わせ:事務局 電話 078-393-1833 e-mail shin-ok@doc-net.or.jpまで
協賛:市民社会フォーラム
http://shiminshakai.net/post/2937?doing_wp_cron=1518102184.3245460987091064453125



訂正しました!
●2月10日(土)11日(日) 10:00~17:00 奈良・市民放射能測定所(医療問題研究会奈良事務所)(近鉄奈良線学園前 https://www.mapion.co.jp/m2/34.69764609,135.75215445,16
無料測定まつり
主催:奈良・市民放射能測定所
https://www.facebook.com/events/2011969962161348/



●2月10日(土) 18:30~20:30 あんのん舘(阪神西宮 https://www.mapion.co.jp/m2/34.73592101,135.33664241,16
満員御礼・キャンセル待ち 
核兵器を無くすことは出来るのか?
~核兵器禁止条約成立と ICAN ノーベル平和賞の背景から考える~

2017年、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)がノーベル平和賞を受賞しました。ICANは、一つの固定の組織ではなく、世界100か国以上で核兵器廃絶に取り組む約470団体のネットワークです。ICANが評価された力の一つになったのが、広島・長崎の被爆者の呼びかけで始まった「ヒバクシャ国際署名(被爆者が訴える核兵器廃絶に向けた国際署名)」とも言われています。
この署名活動のキャンペーンリーダーとして活動されている林田光弘さんが関西にいらっしゃるということで、「ぜひお話を聞いてみたい!」と、急遽、トークイベントの開催が決まりました。
1992年生まれの林田さんがなぜ、どんな思いでヒバクシャ国際署名の活動に携わっているのか・・・そこに、私の明日からの暮らしにつながる何かがあるのか・・・考えてみるきっかけになればいいなと思います。どうぞお気軽に、お越しください。
・トークゲスト=林田光弘(はやしだみつひろ)さん
明治学院大学大学院生。「ヒバクシャ国際署名」事務局キャンペーンリーダー。1992年長崎県生まれの被爆3世。高校2年生の時、核兵器廃絶を求める署名を国連に届ける「高校生平和大使」を務める。2015年、安保法制反対を訴える学生団体「SEALDs(シールズ:自由と民主主義のための学生緊急行動)」の創設に関わる。2016年、日本被団協の田中熙巳(てるみ)前事務局長の依頼を受け、「ヒバクシャ国際署名」の事務局キャンペーンリーダーに就任。
定員:25名
参加費:1,000円(学生・障がい者・介助者は500円 高校生以下は無料)
お申込み:下記リンク先のフォームからお申込みください
https://goo.gl/forms/OZu41YTNPcUokzlD2
お問合せ:gwomens.h@gmail.com
主催:トランジション西宮
https://www.facebook.com/events/1671191762943229/



●2月10日(土) 14:00~16:30 宝塚市立男女共同参画センター1AB(阪急・JR宝塚駅直結 ソリオ2-4階)
原発の危険性を考えるつどい
「エネルギー選択が私たちの未来を決める~エネルギー基本計画にモノ申す~」

お話:稲岡 美奈子さん(地球救出アクション97代表)
参加費:300円
主催:原発の危険性を考える宝塚の会
http://ksueda.eco.coocan.jp/event.html



●2月10日(土) 13:30~JR膳所駅前集合=JRの新しい改札出て左手(北側:びわ湖側)を地上に降りてから右手の奥の広場(工事中です。階段下)
大飯原発うごかすな!21世紀第66回脱原発 市民ウォークin滋賀
コース=ときめき坂~西武百貨店前~関電滋賀支店~びわ湖
《脱原発市民ウォークin滋賀》は脱原発を願う、さまざまな立場の自由な市民によるデモです。誰でも参加できます。参加のスタイルも自由です。ぜひ足を運ばれ、あなたの意思を自由に表明してください。
主催:21世紀脱原発市民ウォークin滋賀 実行委員会
呼びかけ人:池田進(原発を知る滋賀連絡会 電話077-522-5415)岡田啓子(ふぇみん@滋賀 電話077-524-5743)稲村守(9条ネット・滋賀 電話080-5713-8629)
http://blog.goo.ne.jp/datugenshiga/e/d3667eb00a38a256cd729c0fa32a39cb



●2月10日(土) 18:00~20:00 草津市まちづくりセンター(草津駅徒歩約5分 http://kusatsu-machisen.net/access/
原発ゼロ基本法タウンミーティング
参加費:無料(座席数100名)
主催:立憲民主党
連絡:TEL090-2193-1474(山田実)
https://jimmin.com/events/event/原発ゼロ基本法タウンミーティング/



温暖化
●2月10日(土) 13:30~16:30 ドーンセンター(大阪府立男女共同参画・青少年センター)5階大会議室2(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
行動変容の促進を通じた温暖化防止に向けて
~COP23 の報告とパリ協定の実現のために~

国連気候変動枠組条約第 23 回締約国会議 (COP23)が、2017年11月6日から18日までド イツのボンで開催されました。パリ協定がめざす脱炭素 社会の実現に向け、私たちはどう行動していけばいいで しょうか。 このセミナーでは、COP23 の最新情報と地球温暖 化の現状を聞き、温暖化防止にむけた行動変容の促 進について学びます。皆さま、ぜひご参加ください。
①COP23 の成果と課題(仮題) 高村 ゆかり さん(名古屋大学大学院教授) 長く COP の国際交渉を追っていらっしゃる高村さんから、パリ協定の実現に向けて、ルール ブックの交渉など、議論された内容と世界の動きをご報告いただきます。
②地球温暖化の現状について 高橋 宙 さん(大阪管区気象台気象防災部地球環境・海洋課 課長) 最新データを使って、日本・近畿の気温や降水量の変化、地球温暖化と異常気象などに ついてお話しいただき、さらにどう適応していくかについてお話しいただきます。
③行動変容の促進を通じた家庭部門における温暖化対策の推進について 鶴崎 敬大 さん(株式会社住環境計画研究所 取締役研究所長) 家庭でのエネルギー(電気、ガス、灯油等)消費の推移や構造、省エネ行動の変容 を促進するための取り組みをお話しいただきます。
定員:60 名
参加費:無料  事前申し込み要 
申込先:CASA ホームページ<http://www.bnet.jp/casa/> E-mail: office@casa.bnet.jp
電話:06-6910-6301(平日 午前11時~午後5時) FAX:06-6910-6302
主催:近畿地方環境事務所、認定 NPO 法人地球環境市民会議(CASA)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0210.pdf



改 憲
●2月10日(土) 14:00~堺市産業振興センター(南海高野線・地下鉄「なかもず」駅、徒歩4分 http://www.sakai-ipc.jp/about/access.html
安倍改憲NO!3000万署名ステップアップのつどい
お話し:大内裕和さん(中京大学教授)
主 催:安倍改憲NO!3000万署名 堺市民アクション
https://www.evensi.jp/安倍改憲3000万署名-ステップアップのつどい-堺市産業振興センター/244385675



森友学園問題
訂正しました!
●2月10日(土)11日(日) 17:00~元町館「黒の小部屋」(JR・阪神電車「元町」駅西口より、南西へ徒歩6分/神戸高速鉄道「花隈」駅東口より南東へ徒歩6分/神戸市営地下鉄海岸線「みなと元町」駅2出口より北へ1分 神戸市中央区元町通4-1-12(元町商店街) http://www.motoei.com/access.htm) 
市民社会フォーラム第211回学習会
安倍政権のミステリー 森友問題のトリックを解く
http://shiminshakai.net/post/3014



大阪都構想
●2月10日(土) 13:00~14:30 天王寺ミオ前
大阪市民会議 『大阪市の存続を求める署名』共同街頭宣伝
https://www.facebook.com/events/304587926611921/?active_tab=discussion



コスタリカ
●2月10日(土) 15:45~トランジション西宮シアター(stuido awai(スタジオあわい)(あんのん舘2F)(阪神西宮 https://www.studioawai.net/access
『コスタリカの奇跡~積極的平和国家のつくり方』
1948年に軍隊を廃止。軍事予算を社会福祉に充て、国民の幸福度を最大化する道を選んだコスタリカの奇跡に迫ったドキュメンタリー。 https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=48
プログラム
15:45-17:15  映画「コスタリカの奇跡」上映
17:15-17:45  感想シェア会
申込方法:次のいずれかの方法でお申し込みください
①当イベントページへ参加のコメント
②メール tt.nishinomiya@gmail.com
③トランジション西宮へメッセージ https://www.facebook.com/tt.nishinomiya/
主催・お問い合せ:トランジション西宮
協力:あんのん舘・studio awai
https://tt-nishinomiya.wixsite.com/tn-theater



辺野古新基地問題
●2月10日(土)  15時30分~(毎週土曜日)JR大阪駅南バスターミナル
「辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動」
辺野古の海が埋め立てられないように活動しています。
お時間の許す範囲で、少しでも皆様のご参加お待ちしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/henoko_osaka



辺野古新基地問題
●2月10日(土) 13:00~14:00 神戸マルイ前
HENOKO NO! 沖縄に基地はいらない 
   辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動

沖縄県民に対する不正を止めるために、共に声を上げて下さい。
ツイター・FaceBookで情報発信中{辺野古・神戸}で検索して下さい。
土曜の午後はいつもの時間、いつもの場所で、はじめての方、ちょっとだけ参加、見学、大歓迎。
https://twitter.com/kobekodo/



辺野古新基地問題
●2月10日(土) 毎週土曜日17:00~18:30ごろ 京都市 三条河原町交差点(三条河原町商店街のアーケード前スペース)
沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、
     普天間基地の撤去を求める京都行動

アピール、チラシ配り、新基地建設に反対する署名集めなどなど
http://kyoto-action.jugem.jp/?pid=1
https://twitter.com/ALALALED/status/551165696185344000



子ども・教育
●2月10日(土) 後2時~サンスクエア堺 B棟ホール(JR阪和線「堺市」駅徒歩3分 http://www.sck.or.jp/access.html
子どもと教育を守る 第37回市民大集会
記念講演:古野陽一さん(NPO法人子どもとメディア常務理事)
「親子で考えよう スマホ・ネット・ゲーム」
入場無料 
主催:子どもと教育を守る市民大集会実行委員会 
後援:堺市教育委員会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0210-2.jpg



教 育
●2月10日(土) 15:00~17:00 能登川コミュニティセンター(JR能登川駅西口より徒歩10分 www.city.higashiomi.shiga.jp/0000006302.html)
滋賀教育のつどい 全体講演会
演題:教育の市場化で失われゆく『教師』という仕事
-アメリカの抵抗運動に見る希望の光-
講師:鈴木大裕(土佐町学校・行政コーディネーター)
(内容)全国学力テストの点数にもとづく「結果責任」で学校と教員を徹底管理し、パフォーマンスの低い学校が学習指導要領の法的基準性を根拠に閉校、教員は解雇に追いやられる可能性はないだろうか。すでに市場化されつつある日本の公教育のゆくえと今後の展望を学び考えます
問い合わせ:滋賀教育のつどい実行委員会(077-522-4965)
この企画は「2018子どもの未来をひらく 滋賀『教育のつどい』」の一部です。全体の計画についても2.10の企画についても、詳細は滋賀教育のつどい実行委員会に問い合わせてください
参加費:無料
主催:滋賀教育のつどい実行委員会(077-522-4965)
https://sites.google.com/site/syamahi9j/zi-he-jiu-tiaono-huinyusu



暮らしと政治
●2月10日(土) 10:00~12:00 「うの家」(JR森山駅西口10分 http://www.unoke.jp/access.php
三日月知事と話そう~くらしとせいじカフェ@守山
ひさしぶりに三日月知事の登場です!そう、今年は夏に知事選があります。あれから4年か~早いですね~知事になられての4年間はどうだったのかやこれからの滋賀のビジョンなど知事とゆっくりおはなししましょう~なんでも聞きに来てくださいね。
ほっこりと楽しい座談会です。だれでも気軽にご参加くださーい。子どももお父ちゃんも大歓迎ですよー
参加費:200円 予約不要 子ども連れOK
お茶を用意しますので、マイカップ持参
https://www.facebook.com/events/1972562586394198/



セクハラ告発
●2月10日(土) 14:00~アジェンダ・プロジェクト事務所(京都市南区東九条北松ノ木町37-7 東福寺駅 https://map.yahoo.co.jp/maps?lat=34.97880266&lon=135.76656897&ac=26107&az=262.37.7&z=16&id=&fa=pa&ei=utf8&p=%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%BA%9C%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%B8%82%E5%8D%97%E5%8C%BA%E6%9D%B1%E4%B9%9D%E6%9D%A1%E5%8C%97%E6%9D%BE%E3%83%8E%E6%9C%A8%E7%94%BA37-7
#Me Too(私も)セクハラ告発ムーブメント学習会 
「#MeToo(私も)」セクハラ告発ムーブメントについて
参加費¥200(アジェンダ・プロジェクト会員、定期購読会員は無料、高校生以下も無料)
主催:アジェンダ・プロジェクト京都
連絡TEL090-9998-9245
https://jimmin.com/events/event/%ef%bc%83me-too%ef%bc%88私も%ef%bc%89セクハラ告発ムーブメント学習会%e3%80%80/



外国人技能実習
●2月10日(土) 午後6時30分~ひとまち交流館 京都 第4会議室 (京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html)
グローバル・ジャステス研究会2月の企画
外国人技能実習制度の闇-メイド・イン・ジャパンの陰で
外国人技能実習制度は、開発途上国への技術移転を「目的」に1990年代初頭に国が創設した制度である。商工会や協同組合などが監理団体となって受け入れ、国内の製造業や建設業、農業、漁業などさまざまな分野の企業が、3年を上限に技能実習生を雇用してきた。
2017年時点で、ベトナムや中国などからの約23万人の男女が来日している。技能習得とは名ばかりで、実習生たちの多くは労働者不足にあえぐ中小企業で、違法な長時間労働や、法定最低賃金を大幅に下回るなどの悪条件下で雇用されている。
そうしたなか、国連や米国務省をはじめとする国際社会から、抜本的に改善するよう勧告が繰り返し出されてきた。日本政府は2017年11月、技能実習法を施行し、実習生に対する人権侵害の抑止に着手するともに、介護分野を追加するなど制度の拡大を図っている。はたして、それで技能実習生の人権は守られるのだろうか。技能実習制度をめぐる課題を議論したい。
講師:藤本伸樹さん(一般財団法人アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)研究員)
プロフィール:民間企業勤務を経て、フリーライターとして雑誌などに寄稿。1988年~1994年、フィリピンに滞在。フィリピンから日本へ向かうエンターテイナーや結婚移民、日本の政府開発援助(ODA)に関する日比間の課題を中心に情報発信を行う。日比の市民団体と連携し問題解決に取り組む。2001年から現職。NPO法人移住者と連帯する全国ネットワーク(移住連)の運営委員(国際人権担当)。
資料代:500円(事情により応相談)
主催:グローバル・ジャスティス研究会
問い合わせ:080-2742-2590(ささき)まで
https://www.facebook.com/events/1516582075057672/



資本論
●2月10日(土) 10時~11時半 京都市下京いきいき市民活動センター第2会議室(JR京都駅(北側)塩小路通りを東に約15分 京都市下京区上之町38番地 http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/cmsfiles/contents/0000099/99788/simogyo-map.GIF
「資本論」を読む会
第2篇第4章第1節資本の一般的定式。
参加費:200円
問合せ(090-5241-5052)
http://www.kinyobi.co.jp/event/20180202_002488.php



■2月10日(土) (再放送)午後00:30~01:00 NHK Eテレ
サイエンスZERO「シリーズ原発事故(17)“デブリ”は取り出せるのか?」
40年かかるともいわれる福島第一原発の廃炉。溶けた核燃料が構造物などと混ざり合って出来た「デブリ」の取り出しは最大の難関だ。科学者・エンジニアは計画を達成すべく努力を続けている。去年7月に行われた、原子炉3号機内部の調査の詳細や、デブリ取り出しのためのロボット開発。さらには、日仏共同の国際プロジェクトによる模擬デブリの作成実験と分析の様子など、研究開発の最前線を交え、廃炉作業の「いま」に迫る。
http://www4.nhk.or.jp/zero/x/2018-02-10/31/23026/2136664/



■2月10日(土) 午後07:30~09:00 NHK BSプレミアム
映像の世紀プレミアム 第8集「アメリカ 自由の国の秘密と嘘」
超大国アメリカの理想の裏側を描く。秘密ファイルによって大統領たちに恐れられた初代FBI長官フーバー、フェイクニュースによって戦争をあおった新聞王ハースト、今なお陰謀論がささやかれるケネディ暗殺、テレビ報道によって隠された戦場の実態が明らかとなったベトナム戦争、ホワイトハウスに設置された音声テープによって大統領のうそが暴かれたウォーターゲート事件。秘密とうそに覆われた自由の国のもうひとつの物語である
http://www4.nhk.or.jp/P4235/x/2018-02-10/10/22849/2899065/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Akko

Author:Akko
清志郎大好き。
旅行大好き。
ドイツ大好き。
でも最近忙しくて、旅行に行けません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR