FC2ブログ

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2017年11月5日(日)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-226.html




●11月5日(日) 13:00~福井県国際交流会館(福井市宝永3丁目1-1 https://www.f-i-a.or.jp/ja/plaza/access/
もんじゅ廃炉!核燃サイクルを止める全国集会
第1部 もんじゅ勝利宣言集会
・13:00~ 
 主催者挨拶・中嶌哲演(反原発福井県民会議)
 もんじゅ闘争の歴史 ビデオによる
 もんじゅ裁判で分かった危険性・海渡雄一
 もんじゅの廃炉過程とその問題点、
 廃炉へ向けての提言・伴英幸(原子力資料情報室)
・14:10~勝利宣言
第2部「核燃サイクルを止める」シンポジウム
・14:20~
 コーディネーター:藤本泰成(原水禁事務局長)
 パネラー:海渡雄一(新もんじゅ訴訟弁護団)山田清彦(核燃サイクル阻止原告団事務局長)池島芙紀子(ストップ・ザ・もんじゅ代表)
・15:55~明日への闘いに向けて(閉会の挨拶)
・16:00~終了
主 催:もんじゅを廃炉へ!全国集会実行委員会
呼びかけ団体:原子力発電に反対する福井県民会議、原水爆禁止日本国民会議 原子力資料情報室、ストップ・ザ・もんじゅ 反原発運動全国連絡会 脱原発若狭湾共闘会議
連絡先:原子力発電に反対する福井県民会議
℡ 0776-25-7784 fax 0776-27-5773 メール fukuiheiwa@major.ne.jp
http://www.labornetjp.org/EventItem/1505972852186matuzawa



●11月5日(日) 13時半~16時、京都府:文化パルク城陽(近鉄京都線寺田駅「東口」南(奈良方向)へ線路沿いを450m(徒歩約10分) http://www.bunkaparcjoyo.net/access.html
再エネ・省エネ講演会
イモで発電!ホントに?

参加費:無料
講師:鈴木高広。市民共同発電をひろげる城陽の会(0774-55-4190)
http://www.kinyobi.co.jp/event/20171027_002423.php



緊急事態条項
●11月5日(日) 14:00~尼崎小田公民館大ホール(JR尼崎駅北口北東へ徒歩約5分 ヴェール尼崎1・2階 http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/map/institution/05_009.html
憲法に緊急事態条項は必要か
安部首相が改憲を公言している中、全国で災害がおこり、また北朝鮮からのミサイルからの避難訓練も各地で行われています。憲法に緊急事態条項は必要か?全国の被災地の被災地復興支援に尽力されている永井幸寿先生に伺います。
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1105-2.jpg



ジャーナリズム
●11月5日(日) 午後2時~PLP会館(JR天満駅・地下鉄扇町駅徒歩5分 http://www.mapion.co.jp/m/34.698775_135.5148611_8/v=m5:%EF%BC%B0%EF%BC%AC%EF%BC%B0%E4%BC%9A%E9%A4%A8/
ジャーナリスト講座
金平茂紀さん講演会「報道現場から見た安倍政権」

講師にTBS「報道特集」キャスターの金平茂紀さんを迎え、「報道現場から見た安倍政権」(仮題)と題して語っていただきます。今回は「日本ジャーナリスト会議・関西支部」(JCJ関西)との共催です。金平さんは1977年TBS入社。91~94年までモスクワ支局長としてソ連の崩壊などを取材。帰国後、「筑紫哲也 NEWS23」の編集長に就任し、8年間務めた。2002年よりワシントン支局長、05年よりTBS報道局長、08年にはTBSアメリカ総局長に就任。帰国後、「報道特集」のメインキャスターとして活躍中。
資料代:読者・JCJ会員1000円(一般1200円)学生・障害者700円
https://globalethics.wordpress.com/2017/09/25/%e6%96%b0%e8%81%9e%e3%81%86%e3%81%9a%e3%81%bf%e7%81%ab%e9%80%9a%e4%bf%a1076/



縮小社会
●11月5日(日) 14:00~16:00 兵庫県学校厚生会館3階西会議室(元町駅東口から北へ2分) 
第6回連続市民講座 第四講座
「縮小」を拡大させよう!

成長路線はすでに行き詰まっています。化石燃料の枯渇、環境の悪化は警告されて久しいですが、その対策は将来の科学技術の進歩に期待するとして、成長路線を走ってきました。毎年何%という指数関数的成長を続けるには、資源も土地も何%づつ増え続けなければなりません。たとえ2%の成長でも100年後には7.2倍、200年後には52倍になります。それは不可能であり、破滅に至るのです。
講師:松久寛さん(一般社団法人縮小社会研究会 代表理事・京都大学名誉教授)
「縮小社会への道」
16:00~懇親会(マイカップのご持参をお願いします)
参加費:500円
https://www.facebook.com/events/161220431132461/



フェスタ
●11月5日(日) 11~16時 毛馬桜ノ宮公園(桜宮橋北側/各駅より徒歩10分 JR環状線「桜ノ宮」東西線「大阪城北詰」地下鉄谷町線「天満橋」京阪「天満橋」)
11・5団結まつり
安倍政権は即時退陣!改憲NO! 沖縄・南西諸島に基地はいらない! 東アジアの平和をみんなでつくろう!
今年も団結まつりに取組みます。朝鮮「危機」を利用して脅威をあおり、沖縄新基地建設や南西諸島への自衛隊配備・増強、戦争・改憲への道を突き進む安倍政権を倒しましょう!衆院選を野党と市民の力を合わせて改憲派2/3を阻止して勝利し、みんなの力で東アジアの平和をつくり出すために団結まつりを成功させましょう!
【団結まつりに参加されるゲストの方々】
楚南有香子さん
(沖縄宮古島・てぃだぬふぁ島の子の平和な未来をつくる会)
ユ・ミヒさん
(韓国・軍縮平和日韓連帯行動)
チェ・ムンホさん
(韓国・希望連帯労組CMM支部)
アン・ヨンシンさん
(韓国・教育市民運動・楽しい想像)
李 信恵さん
(フリージャーナリスト)
林 学さん
(学校法人 大阪朝鮮学園総務部長)
斉藤征二さん
(元敦賀原発下請け労働者)
参加協力券:500円
主催:ZENKO(平和と民主主義をめざす全国交歓会)関西
連絡先:090-8162-3004(川島)
http://www.zenko-peace.com/archives/5777



米軍Xバンドレーダー基地
●11月5日(日) 13:20~丹後文化会館(https://www.navitime.co.jp/poi?spt=00004.26104900018
米軍基地いらんちゃフェスタin丹後2017
主催:米軍基地建設を憂う宇川有志の会 米軍基地建設反対丹後連絡会
協賛:米軍基地いらない京都府民の会 米軍Xバンドレーダー基地反対・近畿連絡会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1105-3.pdf



フェスタ
●11月5日(日) 大阪クリスチャンセンター・ホール(JR・地下鉄玉造駅下車5分 http://www.osakachristiancenter.or.jp/map.html
ワンコリアフェスティバル2017
入場無料
主催:ワンコリアフェスティバル 
http://hana.wwonekorea.com/



在 日
●11月5日(日) 午後2時~カフェ ナドゥリ (Cafe Nadwuri) (JR新長田駅から徒歩3分 https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280110/28040666/dtlmap/
「金相洙の人生を孫たちに伝えたいのです」
長田在日大学
お話し:金相洙(キムサンス)さん。長田区在住。86才。男性。
現在、長田区六間道(ろっけんみち)に住んでおられる金相洙(キムサンス)さんは1931年生まれの2世。今年86歳です。苅藻通りのトンコルモクで生まれ、小さい頃に大阪へ。建国の1期生で、高校は住吉高校。大阪理工科大学(いまの近畿大学)を卒業しました。
教育勅語をめぐって教師から殴打されたこと、学徒動員で飛行場建設にトロッコで土の運搬をさせられたことなど、小学生の頃の記憶もいまだ鮮明です。
1971年、40歳を過ぎてから初めて父母の国を訪れます。浦項製鉄所の厚板工場の製作、現場設置を依頼されたためでした。日本からとび職人も連れて行ったそうです。10年間、現地法人の工場長として製鋼工場の着工やコークス棟、高炉棟などの建設にも従事し、ロッテホテル本館や南山タワーの回転展望台などの建設にも携わりました。その後、日本に戻りしばらく新長田に住んでいましたが、また技術と経験を買われ、さらに10年、合計20年間、韓国で仕事をして来られました。日本に戻ってからは、JR朝霧駅舎、大阪市立中央図書館、NHK大阪本館大ホール、大阪府警本部本館などの建設にも関わったそうです。
祖国の発展のための基幹産業に貢献できたこと、子どもたちに韓国語を学ぶ機会を与えられたことがとても感激できることだと言います。しかしなぜ日本生まれの2世の自分が2度にわたって20年も韓国で仕事をし、生活するようになったのか。―「やっぱり(今でも)差別はあんねん、排他的やねん」―日本社会で生きてきた中での「反発心」が「祖国に対する愛国心の増幅」につながったと思うと。
80歳を過ぎていろんなことが蘇り、自問、反省の繰り返しだそうです。分断国家の民族を生きているが「子どもたちに夢と希望を与えたい、孫、ひ孫の世代のために在日の生きてきた時代、自分の人生の歩みを話したい」と言っておられます。
長田在日大学~まちの記憶と時代の証言シリーズ、ぜひお越しください。
参加費:500円
※終了後、懇親会(会費千円~2千円程度)
問合せ先:神戸コリア教育文化センター(090-3671-1370キムシニョン)
https://www.facebook.com/events/127665547880704/



ロシア革命
●11月5日(日) 14:00~17:00 淡路地域福祉・生活支援センター(阪急京都線「淡路」駅西口より徒歩5分 http://www.jesupport.co.jp/awajishien_gmap.html
第3回「ロシア革命100年を考える」連続講座(最終回)
ロシア革命100年によせて(大賀正行)一部抜粋・・
学生の頃ロシア革命記念集会に参加した時、弁士の日本共産党参議院議員の鈴木市蔵氏から次の話を聞いてものすごく感動したことを思い出す。
レ-ニンは言った「10月25日の4周年がやってくる。この偉大な日がわれわれから遠くなればなるほどロシアのプロレタリア革命の意義はいっそう明らかになる。」
これは1921年10月14日(ロシア歴、西暦11/7)「10月革命4周年によせて」の冒頭の一節である。
ゴルバチョフは、1987年11月2日、革命70周年において「同志の皆さん!もしもロシアに大革命がなかったら、世界はわれわれがいま見ているような世界ではなかっただろう」
「強い者、カネのある者の権利は、侵略戦争と同様に、国際関係の慣行規範だった」「ソビエト権力はこうした秩序に反対する闘争を開始した。」と高らかに述べていた。
https://www.facebook.com/events/303560790122903/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Akko

Author:Akko
清志郎大好き。
旅行大好き。
ドイツ大好き。
でも最近忙しくて、旅行に行けません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR