FC2ブログ

(11/2更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2017年10月30日(月)~11月3日(金休)

★11/2追加情報
11/3(金)までのイベント情報を掲載しました。



【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-223.html




コリアン・マイノリティ
●10月30日(月) 19:00~猪飼野セッパラム文庫(天王寺区細工谷2-14-8 090-9882-1663 近鉄「上本町六丁目駅」8分・地下鉄「谷町9丁目駅」10分、ドンキホーテ上本町店から東へ、セブンイレブンを右へ約100m、左側3軒目 http://www.mapion.co.jp/m2/34.66158997553531,135.5232413888889,16
コリアン・マイノリティ研究会第166回月例研究会 
「戦後補償運動における<戦後責任>のあり方
―「戦後責任を問う・関釜裁判を支援する会」の活動から―

講師:堀詩織さん(大阪大学大学院)
参加費:800円・要予約
主 催:コリアン・マイノリティ研究会 http://white.ap.teacup.com/korminor/
https://sepparam-bunko.jimdo.com/



ボリビア
●10月30日(月) 18:30~同志社大学烏丸キャンパス志高館SK110(地下鉄烏丸線 今出川駅 1番出口(エレベーターは3番出口)6分 https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/karasuma.html
パブロ・ソロンさん(ボリビア元国連大使)講演会
ママザーアースの危機 本.当の豊かさへの大転換 ボリビアからの提案

講師:パブロ・ソロンさん (ボリビア元国連大使)    
マリー・ルーさん (グローバル森林連合)
先祖から受け継いだ自分たちの大地・森・水と共同体を守り続けている南米の小さな国、ボリビア。マザーアース(母なる地球)の権利の考え方を国際社会に提起してきました。 発展を追い求め資源開発を進めてきた私たち。手つかずの自然な大地・森・海がどれほど残っているでしょうか。本当の豊かさとは何なのでしょうか。
入場無料
主催:10・30パブロ・ソロン/マリー・ルー講演会京都実行委員会
問い合せ:グローバル・ジャスティス研究会 080-2742-2590ささき
https://www.facebook.com/events/176175446291913/



民衆思想
●10月30日(月) 18:30~大阪経済大学E61教室(阪急京都線「上新庄」・地下鉄「瑞光四丁目」 http://www.osaka-ue.ac.jp/profile/access/areamap/index.html
花崎皋平さん講演会 民衆思想とその方法について
参加費¥500(学生は無料)
共催:大阪哲学学校 季刊「唯物論研究」刊行会 地域・アソシエーション研究所 北摂ワーカーズ若者労働者協同組合
連絡:TEL090-3626-7007(平崎)
https://jimmin.com/events/event/%e8%8a%b1%e5%b4%8e%e7%9a%8b%e5%b9%b3%e3%81%95%e3%82%93%e8%ac%9b%e6%bc%94%e4%bc%9a%e3%80%80%e6%b0%91%e8%a1%86%e6%80%9d%e6%83%b3%e3%81%a8%e3%81%9d%e3%81%ae%e6%96%b9%e6%b3%95%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84/



■10月30日(月) 午後10:00~10:25 NHK総合
「クローズアップ現代+問われる“プルトニウム大国”日本~日米 知られざる課題~」
核兵器の材料になることから国際的に厳しく管理されているプルトニウム。日本は、原発で使い終わった核燃料からプルトニウムを取り出し、資源として再利用する「核燃料サイクル」を核兵器保有国以外で唯一、推進している。保有量は現在、約47トン。原爆に換算して約6000発分に相当し、いま、日米原子力協定で日本がプルトニウムを取り出すことに同意したアメリカから懸念の声が上がっている。プルトニウムが増加の一途を辿って「核テロ」のリスクを高めるとともに、他国が日本を前例にプルトニウム保有に乗り出すことを警戒しているのだ。来月5日にはトランプ大統領が来日するなど緊密な関係を維持する日米。両国の間にある知られざる課題に迫る。
http://www.nhk.or.jp/gendai/schedule/



●10月31日(火) 10:30~15:00 大阪市立社会福祉センター(近鉄「大阪上本町」⑪東へ徒歩3分 地下鉄「谷町九丁目」⑧徒歩10分 http://shafuku-center.jp/shisetsu.html
3.11避難者情報交換・意見交流会Cafe IMONIKAI
毎月大阪で、たとえ参加者が少なくても、必要としている避難者がいる限り、細く長く必要な形でつづけています。2012年夏~毎月1回、一日お部屋を開放し、自由に避難者が集える「場」を参加者みんなで作ります。サンドリメンバーも、毎回、一度も欠かさず通っている避難者たちがいます。
とても自由な雰囲気で、避難者が震災のこと、避難のこと・・・本当の思いを各々自由に話せる3.11避難当事者がホッとできる素敵な「場所」です。初めての方も安心してご参加下さい。何も話さなくても、聞くだけの方もおられます。色々な情報も得られますし、また、避難者の思いも、ご支援の方々に伝えることも出来ますし、本当にオススメ出来る交流会の一つです。ご都合のつく方は是非ご参加ください。(途中からの参加、途中退室も可能です)
※飲み物は各自でご用意ください
参加費:無料 差し入れ大歓迎♪
参加対象者:3.11避難者&3.11避難者に心をお寄せくださる方ならどなたでも大歓迎☆子連れOK
お申込み:特に不要です。
今後の予定:11/29(水)12/20(水)1月26日(金)2月21日(水)
お問合せ:sandori2014@gmail.com 
     サンドリ【3.11避難者交流カフェイモニカイ】係
主 催:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (略称:サンドリ)
協 力:大阪市ボランティア・市民活動センター(大阪市社会福祉協議会)



北朝鮮情勢
●10月31日(火) 19:00~20:30 おおさかシニアネット(地下鉄本町駅より徒歩1分 http://www.osn.or.jp/about/shozaichi.html
大阪自由大学「東アジア講座」特別講演会
「北朝鮮情勢を考える」

講師:平井久志さん(ジャーナリスト、共同通信客員論説委員)
定員:40人、参加費1000円(資料代)
申し込み:大阪自由大学事務局
e.mail: kansaiforum@gmail.com
http://kansai.main.jp



水問題
●10月31日(火) 午後6時半~エルおおさか5階研修室2(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
10・31パブロ・ソロン/マリー・ルー講演会(大阪)
ボリビアから世界へ~「水への権利」「マザーアースの権利」(国連決議)

(南米・アマゾン)ボリビアは先住民族出身の大統領の下で、「ビビール・ビエン(良く生きる)」、「マザーアースの権利」の考え方を国際社会に提起してきました。政府が開発主義に舵を切ってしまった今も、地域では住民・先住民たちは自分たちの森と水と共同体を守りつづけています。小国ながら全世界の未来に関わるメッセージを発し続けているボリビアの経験に学び、日本の今を考えるヒントにするため企画しました。
▽パブロ・ソロンさん
元ボリビア多民族国・国連大使(09年1月~11年6月)
「水に関わる人権」、「国際マザーアースデー」、「自然との調和」などの決議の採択に尽力。世界社会フォーラムなどでクライメート・ジャスティス(公正な気候変動対策を)の運動を呼びかけ。現在、ソロン財団代表。
▽マリー・ルーさん
グローバル森林連合フォーカス・オン・ザ・グローバルサウス(新自由主義に反対する研究・運動団体)、ビア・カンペシナ(国際的な農民団体)などのNGOでWTO反対、食料主権の運動のコーディネーターとして活躍。
現在はボリビア在住。
・水はみんなのもの!
民営化をはね返したコチャバンバ市民
(1999年10月~2000年4月)
ボリビア中央部・コチャバンバ市(当時、人口52万人)の市民たちは水道公社の民営化(米・英の多国籍企業の合弁企業の子会社に事業権を売却)に反対し、「水はみんなのもの!」の合言葉で99年10月に「水と生命を守る連合」を結成。ゼネスト、広場占拠、自主的住民投票、戒厳令や軍による弾圧(17歳の青年が射殺された)への抗議の高まりの中で政府は民営化を撤回、戒厳令を解除、国民に謝罪した。この闘いはボリビアだけでなく、世界的な民営化反対の闘いのシンボルとなり、左派政権の誕生(06年)のきっかけとなった。
・「良く生きる」-画期的な憲法(09年制定)
アンデスの先住民族の宇宙観を表す「良く生きる」。経済成長第一ではなく、自然との調和こそが大事という考え方が憲法にも書き込まれました。
・水への権利を国連総会で決議
国連総会決議:「飲み水と衛生へのアクセスは人権」第108回総会、2010年7月28日に採択(提案国を代表して)
パブロ・ソロン・ボリビア国連大使の発言(抜粋)
『毎年350万人が、水系感染症で亡くなっています。・・・飲料水へのアクセスが出来ないため死亡する子どもたちの数は、エイズ、マラリア、併合天然痘で死亡する数を超えています。・・・女性たちは家庭で使用するためにまる1日かけて水を収集し、それを家に運ぶのに2億時間以上費やしています。」
決議の要旨「国家および国際機関が、すべての人に安全で、清浄で、簡単に手に入る、十分な水と衛生設備を提供するための努力を強化するために、特に発展途上国に対して資金、能力、技術移転を提供することを求める』。
賛成122カ国(「南」の諸国の大部分のほか、フランス、ドイツ、ベルギー等)、反対なし、棄権41カ国(米国、日本など)
・開発主義への抵抗続く–ボリビアの今
 エルバラとエルチェペテの水力発電プロジェクト
 TIPNIS横断道路建設
グローバル森林連合とは
グローバル森林連合は、森の生態系と伝統的知識の保護と回復を目的に2000年に設立され、58カ国、86のNGOや先住民族団体が参加している。森を守ってきた先住民族、地域のコミュニティー、女性の権利に重点を置いて調査、教育、キャンペーンなどを展開している。「森林伐採と森林劣化の問題は、その本当の原因に対処することによって解決できる。それには木材や土地への需要を減らし、文化的価値、先住民の居住地、コミュニティーの保護区域を尊重することが含まれる」(同連合のウェブより)
カンパ:1000円
主催:10・31パブロ・ソロン/マリー・ルー講演会実行委員会
☆呼びかけ:AMネット/ATTAC関西グループ
☆連絡先:AMネットamnetosaka@yahoo.co.jp
https://www.facebook.com/events/509837159371197/



朝鮮高級学校無償化
●10月31日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



●11月1日(水) 14:00~京都地裁(地下鉄烏丸線 丸太町駅1・3・5番出口から徒歩5分 https://www.mapion.co.jp/m2/35.01671285,135.76452292,16/poi=L26101016100000000001)
大飯原発差止訴訟 第17回口頭弁論
傍聴席の抽選:13:20~13:35です。
新聞では,大飯原発1,2号機は廃炉と報道されています。しかし,大飯原発3,4号機の再稼働は確実に来年早々に迫っていますし,美浜4号機の新設も検討されています。原発をなくすために,市民の声を高めていくときです。(最近,関電社員と思われる傍聴が増えています)(傍聴席を,脱原発の市民で埋め尽くしましょう)
原告の意見陳述…松本美津男さん(京都障害児者の生活と権利を守る連絡会[京障連])が,避難の問題について陳述します。
弁護団からの準備書面…原発事故の際のヒューマンエラー。
原発裁判に関する原子力規制委員会の「考え方」に対する反論。
全体的なタイムテーブル
・12:10…弁護士会館の前に集合。
・12:15…裁判所の周辺のデモに出発。30分程度。
・13:20…裁判所による傍聴券の抽選リストバンド配布開始。正面玄関前。
・13:35…裁判所による傍聴席の抽選リストバンド配付終了。直ちに抽選。
抽選にもれた方,入廷を希望されず模擬法廷に参加される方は、14:00までに弁護士会館・地階大ホールの模擬法廷へどうぞ。
・14:00…開廷,弁論開始。
同時刻に弁護士会館・地階大ホールで模擬法廷を開始。
・15:00ごろ…閉廷後,弁護士会館・地階大ホールで報告集会。30分程度。
http://nonukes-kyoto.net/?p=1746



●11月1日(水) 14時30分~17時 県立生活創造センター・ クスタルタワー5階 セミナー室(JR「神戸駅」南出口を出て徒歩3分 神戸高速鉄道「高速神戸駅」東改札を出て徒歩7分 神戸市営地下鉄「ハーバーランド駅」から徒歩5分 http://www.sozoc.pref.hyogo.jp/access.html)
2017年3月末避難指示解除になった区域の状況
2017年3月末避難指示解除になった区域の状況を、石東さんと中井さんが視察をされてきました。今回は、その現地の情報報告をするため、下記の日程で報告会が開催されます。
被災地視察報告会:石東直子 ・ 中井忠
参加費:無料 先着 40人
連絡先:中井 忠 090-6665-7633
https://www.facebook.com/hinanhyogo/photos/a.694045674090221.1073741828.693626287465493/852789464882507/?type=3&theater



日本軍「慰安婦」問題
●11月1日(水) 19時~20時 梅田ヨドバシカメラ前歩道東南角
日本軍「慰安婦」問題の解決を求める大阪駅前水曜集会
歌や踊りを交え、道行く人々に「慰安婦」問題の真の解決について訴えます。
主催:日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク



戦争と憲法
●11月1日(水) 10:00~12:00 兵庫県私学会館302号室(JR・阪神元町駅東口徒歩2分 阪急三宮駅徒歩7分、花隈駅徒歩7分 地下鉄県庁前駅徒歩3分 http://www.hyogo-shigaku.or.jp/map.html
「わたしたちのくらしと戦争と憲法」
講師:久保田貢さん(愛知県立大学社会福祉学部准教授 社会教育学専門
あなたにとって「憲法」ってどんなイメージでしょうか。学生時代に公民で習った。日本の一番上にある法律。自分とは関係がない世界。などなど、難しく思われていませんか。憲法の学習会を開催するにあたり、私たち組合員理事はいろいろな学習会に出かけました。すると「憲法」のことって、知らないことばかり!こんなに私たちの生活とつながっているのか!と驚きました。私たちが学んで一番わかりやすく、そして憲法のイメージが変わった久保田先生の学習会を開催します。久保田先生のお話は、あなたの未来にきっと役立ちます。ご参加お待ちしています!
【プロフィール】
愛知県立大学教員。専門は社会科教育学・平和教育・教師教育学。著書として、『教室で語りあった戦争責任』(単著、かもがわ出版、1997年)、 『近現代史生き生き 発表・紙上討論の授業』(単著、日本書籍、1999年) 、『共同でつくる総合学習の理論』(共著、フォーラム・A、1999年) 、『ジュニアのための戦後史入門』(共著、平和文化、1999年) 、『日の丸・君が代にどう立ちむかうか』(共著、大月書店、2001年)、『日本国憲法に出会う授業 ― 子どもたちはどう学んだか』(共著、かもがわ出版、2005年)がある。
参加費:組合員300円 / 一般500円
定 員:100名
託 児:400円(一般600円)
※1歳半以上のお子様は必ず申込みください。
※1歳半未満のお子さま会場同伴可。
※託児申込締切10/20(金)
持ち物:筆記用具
応募締切:10/30(月)※延長しました
主催:コープ自然派兵庫 理事会【イベントID:18171118】
http://www.shizenha.ne.jp/hyogo/detail/5/index.html?articleId=21716



●11月2日(木) 18:30~エルおおさか南72号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
あいむひぁ大阪の学習会
『福島原発事故を考えよう!』

http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1680.html



●11月2日(木) 16時~19時 滋賀県庁正面噴水前(JR大津駅から徒歩5分 大津市京町四丁目1番1号 http://www.pref.shiga.lg.jp/guide/chosha/index.html
滋賀県庁前すわりこみ
http://nonukesiga.exblog.jp/26019797/



過労死
●11月2日(木) 14:00~コングレコンベンションセンター ルーム1.2.3(グランフロント大阪 北館 B2F)
過労死等防止対策推進シンポジウム 大阪会場
[報告 Ⅰ]「大阪労働局の過労死防止の取組」
  大阪労働局 労働基準部 監督課 課長 綿貫 直
[基調講演]「過労死とハラスメント」
 大和田 敢太 氏(滋賀大学名誉教授)
[報告 Ⅱ]「過労死防止法制定から3年、取組と現状」
 森岡 孝二 氏(関西大学名誉教授)
[過労死遺族からの訴え] 大阪過労死を考える家族の会
参加:無料 事前申込 ※会場の都合上、事前の申し込みをお願いします。(定員に満たない場合は、当日参加も可能です)
申し込み:Web又はFAXでお願いします。
https://www.p-unique.co.jp/karoushiboushisympo/
FAX番号 052-915-1523
https://p-unique.co.jp/karoushiboushisympo/pdf/osaka.pdf



災 害
●11月2日(木) 16:30~18:00 京都文教大学 弘誓館104教室(宇治市槙島)
「熊本地震における避難所と、障がい者を受け入れたインクルーシブな運営」
講師:花田昌宣(熊本学園大学社会福祉学部教授・水俣学研究センター長)
http://www.freeml.com/kdml/11041



マルクス
●11月2日(木) 午後6時30分~国労会館(天満駅出口徒歩約2分 扇町駅4出口徒歩約4分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/
現代帝国主義論研究会第181回学習会(第26テキスト・第4回)
*新テキスト 佐々木隆治『カール・マルクス-「資本主義」と闘った社会思想家』
*学習箇所 第2章 資本主義の見方を変える[1848~1867年]―マルクスの経済学批判
『資本論』の見方⑤ー恐慌はなぜ起こるのか ⑥資本主義の起源とその運命
*報告者 宮本茂さん



■11月2日(木) 午後10:00~10:45 NHK Eテレ
モーガン・フリーマン 時空を超えて「貧富の差をもたらすものは何か?」
貧富の差が生じる要因について、世界中の研究者たちが解明に躍起になっているという。ある科学者は遺伝子の研究を通じてその要因を探そうとし、別の科学者は環境による要因を研究している。中には数式を使って、なぜ所得に格差ができるのかを調べている物理学者もいる。そして、貧富の差をなくすために、社会で効果を発揮する“あること”について調べる専門家もいる。独自の視点で貧富の差について考察する。
http://www4.nhk.or.jp/P3452/x/2017-11-02/31/29451/1988035/



●11月3日(金休) 関西電力本社前(「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:00頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:30 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●11月3日(金休) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●11月3日(金休) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●11月3日(金休) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&三宮駅までのパレード



憲 法
●11月3日(金休) 13:30~中之島公園 芝生広場(剣崎広場)
9条改憲を許さない! 戦争も、核兵器も、辺野古新基地もいらない 
アベ政治を終わらせよう!おおさか 総がかり集会
13:30~文化行事 長野たかし&森川あやこミニ・コンサート 
14:00~府民集会 中之島公園 芝生広場(剣崎広場) 
集会後パレード
主催:おおさか総がかり集会実行委員会
http://www.so-gakari-osaka.net/
https://www.facebook.com/events/1630649256991876/



憲 法
●11月3日(金休) 午後13時30分~16時30分 神戸市立西区民センター2「なでしこホール」(「西神中央駅」徒歩3分 https://www.mapion.co.jp/m2/34.71769082,135.01892598,16/poi=0000KNK1_001pa
11・3神戸憲法集会
「憲法施行70年、いま日本国憲法は」
・文化行事「ゆがふバンド」による歌と演奏
・講演:梶本修史さん(兵庫県原水協事務局長)「新しい歴史をひらく核兵器禁止条約」
 (休憩)
・講演:小沢隆一さん(東京慈恵会医科大学教授)「今、憲法9条を守ることの意義」
会場代・資料代:1000円(学生500円)
http://blog.livedoor.jp/nihonkokukenpou/archives/51870087.html



憲 法
●11月3日(金休) 112時~京大博物館前(バス停百万遍(ひゃくまんべん)徒歩約2分 http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/guide.php
左京・憲法ウォーク
10時~出町柳駅で署名集め(11時まで)
12時~京大博物館前 集合・出発⇒デモ
   京大博物館~円山公園
13時半~円山音楽堂で憲法記念集会へ合流
https://www.facebook.com/events/128211207939842/



憲 法
●11月3日(金休) 午後1時30分~円山野外音楽堂(祇園・円山公園内)
安倍9条改憲NO! 11・3憲法集会in京都 
講演:山内 敏弘さん(憲法学者 九条の会・憲法9条京都の会世話人)
雨天決行 参加費無料(当日、会場カンパをお願いしています)
憲法ウォーク 午後3時過ぎ出発 祇園石段下~市役所前
共同開催:憲法9条京都の会 安倍9条改憲NO!全国市民アクション・京都
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1103-1.pdf



コスタリカ
●11月3日(金休) 13:30~16:30 ピアザ淡海・滋賀県民交流センター3F大会議室(京阪石場駅徒歩約5分 JR膳所駅徒歩約12分 http://www.piazza-omi.jp/access/index.html
映画「コスタリカの奇跡」上映会と伊藤千尋さん講演会
第1部 映画上映(短縮版 57分)
第2部 伊藤千尋さん講演(講演60分、質疑応答30分)
「真の平和国家を実現しよう~コスタリカ国民の奮闘に学ぶ~」
戦争をさせない1000人委員会しがより、この秋に企画している憲法集会のお知らせです。今回は、6月に日本での封切りがありました映画、「コスタリカの奇跡」の上映会および、元朝日新聞ロサンゼルス支局長、国際ジャーナリストの伊藤千尋さんをお招きしての同時講演会になります。
 日本と同じ平和憲法を持ちながらも、いつわりなく軍隊を放棄した国、コスタリカ。軍事予算をゼロにしたことで、無料の教育、無料の医療を実現し、環境のために国家予算を振り分けてきた結果「地球幸福度指数(HPI)」2016の世界ランキングにおいて140ヶ国中で世界一に輝くという、平和国家としての理想像を実現しています。しかし、ここに至るまでの道のりは、決して平たんではありませんでした。実際に他国からの侵略もありましたし、近隣の超大国アメリカからのあくなき妨害もありました。それでも、国民は理想を追求し、平和憲法を堅持して現在に至っています。そのあたりの国民の奮闘ぶりなどを、現地をよく知る伊藤千尋さんから解説を交えてお話をお伺いします。
今、改憲を声高にさけぶ自民党政権によって日本の平和憲法が危機的状況にさらされるなか、あの手この手と、改憲への布石を打ってくる政府のプロパガンダに翻弄され、私たち国民の間でも平和憲法で侵略を防げるのか?超大国にどうたちうちするのか?というような声を湧き上がっているのも事実です。その時にコスタリカの国民がしたように、一度立ち止まって平和の構築の仕方をみんなで考えてみるのはいかがでしょうか? 平和憲法には本当に力があるのか。70年間自分たちの手にありながら、その真価を見いだせていなかったのはほかならぬ私たちではないだろうか。どうぞそのへんのことをこの映画と講演会でじっくりと考えてみてください。
主催:戦争をさせない1000人委員会・しが
協賛:滋賀県民平和人権運動センター 安保法制の廃止と立憲主義の回復をもとめる市民の会しが
https://loconavi.jp/events/20964



アフガニスタン
●11月3日(金休) 19時~21時、エルおおさか701号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
アフガニスタンの治安の悪化と日本の関わり
継続する「対テロ」戦争の影響 

講師:清末愛砂さん
9・11から丸16年、米軍のアフガン攻撃の記憶は薄れつつあります。しかしアフガンの治安は年々悪化し、民間人の死傷者数も増加の一途です。安倍政権は戦争法を押し通し、今また憲法を改悪し戦争遂行を容易にしようとしています。アフガンの状況と日本のかかわりについて考える機会にしたいと思います。3日はいろいろな催しがあり、お忙しいことと思いますがどうぞご参加ください。
参加費:700円 学生300円
主催:RAWAと連帯する会(090-3656-7409)
http://rawajp.org/?p=900



ジェンダー
●11月3日(金休) 19時~21時 京都自由大学(京都社会文化センター内)(五条 https://kyotofreeuniversity.wordpress.com/%e3%81%8a%e5%95%8f%e3%81%84%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b/
うたごえ運動とジェンダー(仮)
講師:河西秀哉(神戸女学院大学、日本近現代史)
参加費:500円(会員無料、学生・非正規労働者100円)予約不要
連絡先:京都自由大学(事務局)
E-mail : kyotofreeuniv@gmail.com
https://kyotofreeuniversity.wordpress.com/2017-2/



音楽劇
●11月3日(金休)・4日(土) 14:00~17:30~日本バプテスト大阪教会(天王寺 https://obcs.jimdo.com/アクセス/)
七十一日的台湾白百合~明けぬ夜に作白い花
第一章:音楽劇「七十一日的台湾白百合」
第二章:トークライブ ゲスト:蔡焜霖
※親子観覧日 11:00~未就学児のお子様をお連れして観覧できます。そのため、静かな観覧ができないことがある旨ご了承ください。なお、公開リハーサルとしての扱いとなるため、トークライブはございません。
主催:桜人企画
協賛:匠工房  後援:鄭南榕基金会・記念会 
チケット:前売 2,000円 当日 2,500円(学生500円引・小学生無料)*親子観覧日のみ、親子で500円
*バプテスト大阪教会にチケットございます
https://obcs.jimdo.com/%E8%A1%8C%E4%BA%8B/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Akko

Author:Akko
清志郎大好き。
旅行大好き。
ドイツ大好き。
でも最近忙しくて、旅行に行けません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR