脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2017年10月7日(土)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報



『コスタリカの奇跡~積極的平和国家のつくり方~』 (2016年/アメリカ・コスタリカ/90分)
1948年に軍隊を廃止。軍事予算を社会福祉に充て、国民の幸福度を最大化する道を選んだコスタリカの奇跡に迫ったドキュメンタリー
世界には軍隊なしで国の平和を保ってきた国々がある。そんな数少ない国の一つで、1948年に常備軍を解体した国がコスタリカだ。コスタリカは軍事予算をゼロにしたことで、無料の教育、無料の医療を実現し、環境のために国家予算を振り分けてきた。その結果、地球の健全性や人々の幸福度、そして健康を図る指標「地球幸福度指数(HPI)」2016の世界ランキングにおいて140ヶ国中で世界一に輝いているのがコスタリカである。またラテンアメリカで最も安全とされている国でもある。
『コスタリカの奇跡 ~積極的平和国家のつくり方~』は、1948年から1949年にかけて行われた軍隊廃止の流れを追いながら、コスタリカが教育、医療、環境にどのように投資して行ったのかを詳しく説明する。アメリカでは公的債務、医療、そして軍事費が日増しに増大していっていることとは対照的だ。この映画は軍隊廃止を宣言したホセ・フィゲーレス・フェレールや、ノーベル平和賞を受賞したオスカル・アリアス・サンチェスなどの元大統領や、ジャーナリストや学者などが登場する。世界がモデルにすべき中米コスタリカの壮大で意欲的な国家建設プロジェクトが今明らかになる。
公式サイト:https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=48
●9/9(土)~終映日未定 シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
10/7(土)~10/13(金) 15:05(~16:40終)
10/14(土) 15:40(~17:15終)
10/15(日) 17:55(~19:30終)
10/16(月)~10/20(金) 15:40(~17:15終)
10/21(土)・10/22(日) 16:25(~18:00終)
10/23(月)・10/24(火) 14:00(~15:35終)
10/25(水) 休映
10/26(木) 14:00(~15:35終)
http://www.theater-seven.com/2017/movie_costarica.html



『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー』
一握りの砂も、一坪の土地もアメリカのものではない
筑紫哲也 NEWS23」でキャスターを務め、筑紫哲也氏の薫陶を受けた佐古忠彦初監督作品。
テーマ音楽は作品の主旨に共感した坂本龍一がオリジナル楽曲を書き下ろし。
語りには、名バイプレイヤー、大杉漣が参加。
アメリカ占領下の沖縄で米軍に挑んだ男 瀬長亀次郎のドキュメンタリー映画。
なぜ沖縄の人々は声を上げ続けるのか、その原点はカメジローにあった──。
第二次大戦後、米軍統治下の沖縄で唯一人"弾圧"を恐れず米軍にNOと叫んだ日本人がいた。「不屈」の精神で立ち向かった沖縄のヒーロー瀬長亀次郎。民衆の前に立ち、演説会を開けば毎回何万人も集め、人々を熱狂させた。彼を恐れた米軍は、様々な策略を巡らすが、民衆に支えられて那覇市長、国会議員と立場を変えながら闘い続けた政治家、亀次郎。その知られざる実像と、信念を貫いた抵抗の人生を、稲嶺元沖縄県知事や亀次郎の次女など関係者の証言を通して浮き彫りにしていくドキュメンタリー。
JNNだけが持つ、当時の貴重な資料映像の数々をふんだんに盛り込んだTBSテレビが本気で製作した映画が遂に公開。
2016年TBSテレビで放送されたドキュメンタリー番組が、第54回ギャラクシー賞月間賞を受賞するなど非常に高い評価を得ており、映画化を熱望する声を受けて、追加取材、再編集を行って映画化。沖縄戦を起点に、今につながる基地問題。27年間にわたったアメリカの軍事占領を経て、日本復帰後45年が経っても、なお沖縄に基地が集中するなか、沖縄の人々が声を上げ続ける、その原点…。それは、まさに戦後の沖縄で米軍支配と闘った瀬長亀次郎の生き様にあった。JNNだからこそ保存されていた貴重な未公開映像やインタビュー、そしてアメリカ取材を交えて描き切る。
●9/16~10/20 第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
10/7~10/13 10:00(~11:55終)
10/14~10/20 15:50(~17:40終)
http://www.nanagei.com/movie/data/1173.html
http://www.nanagei.com/movie/schedule.html



ミュージカル
●10月6日(金)~9日(月祝) 大阪ビジネスパーク円形ホール(地下鉄「大阪ビジネスパーク駅」4番徒歩約1分 京阪・JR東西線・環状線「京橋駅」徒歩約8分 http://osaka-musical.webnode.jp/%e5%85%ac%e6%bc%94%e4%ba%88%e5%ae%9a/
大阪憲法ミュージカル「無音のレクイエム」
昭和初期、ところは大阪千日前。活動弁士を夢見る明、作家を目指す貞夫、彼らを応援する美智子。
戦争に翻弄されながら生きる、日米開戦、出征、大阪大空襲・・夢を語ることすら止められた。
無声映画から、歌が、音楽が、笑い声が聞こえてくる。
「悲しかったら泣いたらええ!面白かったら笑ろたらええ!」
あの時戦争前夜に立ち会う。何が起こったのか、何を思ったのか。
10月7日(土)昼の部 開演 13:00
10月7日(土)夜の部 開演 17:00
10月8日(日)昼の部 開演 11:00
10月8日(日)夜の部 開演 15:00
10月9日(祝)昼の部 開演 11:00
10月9日(祝)夜の部 開演 15:00
料金:一般3500円、 大学生・高校生3000円、中学生以下・障がい者2000円(当日券は+500円)全席自由席
【メールでの申し込み方法】
osaka.musical2017@gmail.com
メールのタイトルに「チケット購入」と記載の上、メール本文にて下記内容をお知らせください。
①氏名②公演日程③区分(一般、大学生、高校生、中学生以下、障がい者)④チケット送付先⑤連絡先電話番号
お問い合わせ先:大阪憲法ミュージカル TEL.090-8933-0916 FAX.06-6636-9364
osaka.musical2017@gmail.com
主催:大阪憲法ミュージカル 
プロデュース:劇団往来 協賛:あすわか大阪 
後援:大阪弁護士会、大阪府、大阪府教育委員会、大阪市、大阪市教育委員会
http://www.kangou.gr.jp/news/peace/814/



●10月7日(土) 13時~14時 大阪弁護士会館904号室(京阪「なにわ橋駅」出口1徒歩約5分 地下鉄・京阪「淀屋橋駅」1号出口から徒歩約10分 地下鉄・京阪「北浜駅」26号階段から徒歩約7分 http://www.osakaben.or.jp/06-access/
KANSAIサポーターズ・訴訟学習会
「千葉判決の分析速報」 
(このあと、情報共有、原告定例会、サポーター事務局会議があります)
講師:関西訴訟弁護団
KANSAIサポーターズでは、毎月第3土曜日に訴訟学習会を開催しています。
9月・10月は各地の裁判で判決や結審が続き、9月22日には千葉訴訟の判決が出て、10月10日には生業訴訟の判決が出ることになっていて注目されます。そこで10月の訴訟学習会は、生業訴訟判決前アクションとも連携するため、10月7日(土)に開催し、弁護団の先生に「千葉判決の分析速報」の報告をしてもらいます。
学習会のあと、原告・弁護士・サポーターの間での情報交換の時間、それから原告定例会、サポーター事務局会議(サポーターならどなたでも参加できます)をして、『生業訴訟判決前アクション』(17時〜18時、梅田HEP five前で街宣)に移行します。
この日は生業弁護団から中杉先生も来阪し参加される予定とのこと、みんなで盛り上げましょう!
参加費:原告の方々や避難者の方無料 サポーター(テキスト代として)200円
ご予約・お問合せ:kansaisapo☆gmail.com(☆→@)
上記に参加者される方の氏名をお書きの上、お申込みください。
当日の連絡先:090-8191-7027(久一)
■17時~18時、梅田HEP five前で街宣
『生業訴訟判決前アクション』
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1653.html



安倍政権
●10月7日(土) 18時~野崎町公園(扇町駅、天満駅徒歩5分)18時半~出発 
『安倍も小池もNO!梅田横断デモ―戦争反対!私たちが主役の政治を創ろう!』
 18時~野崎町公園
 18時半~出発 
 19時過ぎ梅田HEP5付近ゴール
 20時過ぎまでHEP前アピール
<安倍政権や小池新党の政治私物化を許さない。今すぐ退陣!>
安倍首相の独裁的な政治手法と戦争への突進は最悪です。9月28日衆院を解散し、総選挙へと突き
進みました。森友、加計学園の問題を臨時国会で野党に追及させないためだけの、前代未聞の自己都合
解散です。私たちは9月30日にこの解散自体を許さないデモを行い、大いに盛り上がりました。「改憲
論者の小池新党もいらない!」を加えて、第二段デモを行います。
安倍は共謀罪を強行採決した途端に国会を閉じ、今回も国会を開くと同時に解散。つまり、代議制の根幹である国会すら無視し、戦争するための専制体制を築こうとしています。政治の私物化は極まりました。急きょ9条改悪や消費増税を強引に争点に掲げつつ、戦争危機を煽って政府に依存させる。選挙に勝てば、「信任を得た」と一気に改憲・増税にひた走る。これが総選挙の狙いです。安倍内閣即時退陣を要求する街頭運動が重要です。
<自民も希望も野党も、最大の焦点は『朝鮮敵視政策をやめさせること』>
 安倍や自民党が政権維持の原動力にしているのは、日本が植民地支配した朝鮮に、今も敵視と戦争挑発を続けることです。Jアラートを慣らし、国連総会で「圧力しかない」と演説。麻生副首相は9月23日に「朝鮮から『武装難民』が押し寄せたら、治安出動か射殺だ」と発言しました。扇動を超えた「虐殺号令」であり戦後最悪の発言です。即刻辞任です。
本来最優先されるべき戦争の阻止と責任追及は、都知事小池百合子の突然の新党結成と、民進党の合流問題で吹き飛ばされました。小池は、今年9月1日に関東大震災の朝鮮人虐殺の慰霊式に対し、追悼文を拒否しました。虐殺の歴史の抹消です。
安倍の戦争行為、麻生の虐殺号令、小池の歴史抹消は、全て朝鮮に対してです。これらのr敵視政策をやめさせ、日本社会を変えるために、今こそ声を上げましょう!
<政治は市民・労働者が主役。私たちが争点を決め、新しい世界を!>
 今回の前原民進党の裏切り・解党は許されません。どれほど多くの人々の苦労が踏みにじられたか。そもそも政治や社会は私たち一人ひとりがつくります。苦しむ民衆の立場と、様々な現場で闘う人々が主役であるべきです。安倍政権や小池新党を倒す街頭行動と、それを通して人々のつながりを強くすることを全国の皆さんに呼びかけます。
韓国では大規模な街頭集会を続け、ついに朴政権を倒しました。世界中で民衆がそうした声を上げています。私たちもデモや毎週土曜日の「梅田解放区」を行います。10.7梅田デモ、毎週土曜の梅田HEP前に集まりましょう!
今、諦めや疲れを超えるために必要なのは、『政治は民衆のもの』と地域や職場から声を上げ、組織的な力と盛り上がりにする事です
今日『未来を変えよう、ここから変えよう』と連呼した時、街の皆が声を合わせた
安倍や小池の偽の希望でなく、国境や格差経済に替わる真の希望世界を私達で創りましょう
★10月14日以降も、毎週土曜日18時~20時、梅田HEP5前で集会開催中!(毎月第2土曜は18時~19時まで)
呼びかけ:梅田解放区
https://www.facebook.com/events/289280521558700/



改 憲
●10月7日(土) 午後2時~京都商工会議所3階行動(京都市バス「烏丸丸太町」下車、または地下鉄「丸太町」南6番出口)
9条京都のつどい2017
講演「安倍9条改憲の危険な狙いを斬る」

講師:渡辺治さん
費用:無料 
主催:憲法9条京都の会
https://www.facebook.com/kyoto.fushimi.kakushinkon/posts/1423900334374452



Xバンドレーダー
●10月7日(土) 13時~15時 東山いきいき市民活動センター集会室(2階)(各駅・停留所より徒歩5分 京阪電鉄「三条」駅[3] [4] [5]号出口  地下鉄東西線「三条京阪」駅 [2] 番出入口  市バス「三条京阪前」下車(5,10,11,12,59系統)「東山三条 」下車(5,12,46,100,201,202系統 http://higashiyamacds.main.jp/access)15時30分~デモ出発(京都市役所前まで)
米軍Xバンドレーダー基地撤去!韓国・沖縄に連帯する10・7京都集会
ゲスト:韓国のTHAAD反対運動から THAAD配備反対金泉対策委員会執行委員長 パク・ヒジュさん(金泉市会議員)
参加費:資料代500円
主催:米軍Xバンドレーダー基地反対・京都連絡会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1007.pdf



憲 法
●10月7日(土) 14:00~豊能町中央公民館
第5回豊能けんぽうCafe ダイオキシンと住民自治Part2
https://www.facebook.com/events/121416865142558/



沖 縄
●10月7日(土) 14時~18時 京大YMCA会館(東一条鞠小路東北角 https://www.google.co.jp/maps/@35.0252455,135.7774846,19.25z
満月まつりin京都 2017
今年も開催します。ご予定下さーい!
森のざわめき ジュゴンの無言 人民の声は 海を渡れ
◎出演:おもちゃ楽団 スズメンバ 玉城忍 オラポポ~orapopo~ ちゅらさんご 河野康弘
◎お話:沖縄現地報告
◎写真展:オスプレイ墜落現場
◎出店者:山岡酒店 キッチンハリーナ
沖縄の辺野古の浜で、中秋の名月にあわせて満月祭りが開催されていました。
美しい音楽と波の音を聞きながら、恵みの海をたたえ、豊かな自然と国境を越えた平和なつながりを願う祭りです。その趣旨に共感し、ここ京都でも、沖縄とつながった同じ秋の空の下で満月祭りを開催したいと企画し、今年で4回目となります。
72年前の第二次世界大戦では凄まじい地上戦があった沖縄。その後も米軍基地は居座り続け、今でも軍や軍関係者によるレイプ殺人事件は絶えず、昨年も悲しい事件が起きてしまいました。オスプレイは墜落しています。その上に、住民の反対を押し切って強行されている新基地建設。壊される自然。踏みにじられる民主主義。沖縄は植民地のような無法地帯となっています。
ただ静かに平穏に暮らしたいだけ。豊かな自然を守りたいだけ。小さな命が当たり前に生きられますように。大事にされますように。そんな祈りを込めたお祭りです。
* 自転車は会場に停めないでください。
* 京阪電鉄・叡山車 「出町柳」駅から徒歩10分
* 京都市バス201・206系統「京大正門前」から徒歩2分
* 京都市バス3・17・203系統「百万遍」から徒歩5分
主催:満月まつりin京都実行委員会
連絡先: mangetsu.kyoto@gmail.com
https://www.facebook.com/events/1440208976027847/



報 道
●10月7日(土) 14時~16時 六甲道勤労市民センター5F会議室E
八木啓代トークライブVol.2
報道を斬る!~森友・加計問題からベネズエラまで~

講師:八木啓代さん(歌手・作家・エッセイスト)
参加協力金:1000円
主催:三木労音
お申し込み:0794-82-9775(三木労音事務局)、090-5886-8364 高橋精巧
メール:info@mikiroon.com
http://mikiroon-blog.blogspot.jp/2017/09/vol2.html



資本論
●10月7日(土) 19時~21時 西宮市立勤労会館第1会議室(JR西宮駅南口徒歩約5分 阪神西宮駅東出口徒歩約6分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-64TsM2qJliw/?utm_source=dd_spot
今こそ『資本論』を読もう
初心者もベテランも途中からでも 
テキスト:第1巻第1分冊。
参加費:300円
主催:資本論を読む会(078-753-3829阿部)
http://www.kinyobi.co.jp/event/20170929_002402.php



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Akko

Author:Akko
清志郎大好き。
旅行大好き。
ドイツ大好き。
でも最近忙しくて、旅行に行けません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR