脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2017年7月15日 (土)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報


『This is a 海兵隊』 (2017年/日本/57分)
『ONE SHOT ONE KILL』 (2011年/日本/68分)
This is a 海兵隊
沖縄にいる海兵隊の次の戦場を 決めるのは、誰なのか。
沖縄の米軍基地の3分の2を占める海兵隊。彼らは沖縄でどんな訓練をし、どこで戦争をするのか。ベトナム戦争からイラク戦争まで、元海兵隊員が語る沖縄での訓練と戦争の現実。
尖閣で何かあった時、海兵隊は果たして、助けに来てくれるのか。前泊博盛、佐藤学、半田滋、屋良朝博ら、研究者、ジャーナリストがその問いに答える。
監督:藤本幸久、影山あさ子
ONE SHOT ONE KILL
人は人を殺せるようには、できていない。では、どうすれば、普通の若者が戦場で人を殺せるようになるのか。
サウスカロライナ州パリスアイランド。米海兵隊ブートキャンプの12週間。
監督:藤本幸久 プロデューサー:影山あさ子
●6/17(土)~未定 シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
7/15(土)・7/16(日) 18:35(~20:45終)
7/17(月・祝) 休映
7/18(火)~7/21(金) 11:40(~13:47終)
http://www.theater-seven.com/2017/movie_morinoeiga.html



『This is a オスプレイ』 (2017年/日本/60分)
オスプレイは、日本中どこでも飛ぶ。
沖縄県民の強い反対の中、2012年10月1日、米海兵隊普天間基地に強行配備されたオスプレイ。危惧されていたとおり、2016年12月13日、沖縄県名護市安部の海岸に墜落した。オスプレイはなぜ落ちたのか。
米軍北部訓練場に、全国から1000名の機動隊を動員して新たに作られたオスプレイ用のヘリパッド。ヘリパッドに取り囲まれた東村・高江の暮らしは、今、どうなっているのか。沖縄だけの問題ではない、オスプレイについて迫る。
監督:藤本幸久、影山あさ子
●6/17(土)~未定 シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
7/15(土)・7/16(日) 17:00(~18:05終)
7/17(月・祝) 休映
7/18(火)~7/21(金) 14:20(~15:25終)
http://www.theater-seven.com/2017/movie_morinoeiga.html



『残されし大地』 (2016年/ベルギー/76分)
命の大切さ尊さが、深く静かに描かれた傑作ドキュメンタリー
2016年3月にベルギーで起きたブリュッセル連続テロ事件で亡くなった映画音響技師ジル・ローランが、原発事故後の福島に生きる人びとをテーマに製作したドキュメンタリー。福島県第一原発から約12キロ離れた福島県双葉郡富岡町。11年3月11日の福島原子力発電所の事故のあと、町に残された動物を保護し育てるため、富岡町に残ることを決めた松村直登さんは、父とふたりで避難指示解除準備区域の自宅にとどまっている。半谷信一さんは、背後で除染作業が行われる中、穏やかに農作業をする。また、お彼岸の墓参りで仮設住宅から南相馬市の居住制限区域(当時)に一時帰宅した佐藤夫妻は、来年こそ故郷への帰還を先祖に誓うが、その手には放射能計測器があった。故郷に残る者、故郷に戻る者、戻らない者、淡々と進む日常生活の中でそれぞれが語る自然体な言葉から見える、故郷を失った人たちの今とこれからが描かれる。映画は、監督のローランがテロ事件で他界した後、プロデューサーや同僚たちの手によって完成。日本でも「京都国際映画祭2016」で上映された。
●7/15(土)~8/11(金) シネ・ヌーヴォ(地下鉄中央線「九条駅」6号出口徒歩3分/阪神なんば線「九条駅」2番出口徒歩2分 http://cinenouveau.com/access/access.html
上映日程
7/15(土)~7/21(金) 15:00~
7/22(土)~7/28(金) 10:50~
7/29(土)~8/4(金) 13:20~
8/5(土)~8/11(金) 19:25~
※7/29~はヌーヴォXでの上映です
http://cinenouveau.com/sakuhin/nokosareshi.html



●7月7日(金)~16日(日)
核兵器のない世界を、平和行進
7/7・12:00川西市役所→7/8・9:30宝塚市役所→7/9・9:30尼崎市役所→7/10・9:00御影公会堂→7/11・9:00須磨浦公園→7/12・9:30二見市民センター→7/13・9:30高砂市役所→7/14・9:00山電飾磨駅北→7/15・9:00JR本竜野駅前→7/16・9:00赤穂市役所→12:30岡山県へ引き継ぎ
-あなたの一歩が世界を変え、日本を変えます-
連絡:078-341-2818
http://www.k2.dion.ne.jp/~kenpouhg/osirase.html



●7月15日(土) 13時~14時 大阪弁護士会館 904号室(京阪「なにわ橋駅」出口1徒歩約5分 地下鉄・京阪「淀屋橋駅」1号出口から徒歩約10分 地下鉄・京阪「北浜駅」26号階段から徒歩約7分 http://www.osakaben.or.jp/06_access/index.php
訴訟学習会(毎月第3土曜日)
「福島原発事故賠償の課題」吉村良一教授論文を基に
講師:弁護士 中島宏治先生
3月の前橋地裁判決を受けて、『法律時報』7月号では「福島原発事故賠償訴訟の現段階と課題」と題し、4本の論文を掲載して特集を組んでいます。
先日除本先生がサポーターMLで案内して下さっていますが、これから千葉・生業をはじめ、順に判決が出てくる段階にあたって、現段階の課題について押えておくことも大事なことと思います。
そこで今回は、『法律時報』特集記事のうち「総論」にあたる、民法・環境法学者・吉村良一教授の論文を基に、弁護団の中島宏治先生にお話ししていただきます。



自然エネルギー
●7月15日(土) 午後1:15~3:30 ドーンセンター大会議室(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
自然エネルギー市民の会「学習・講演会」
講演「再エネ普及・新段階でのドイツの対応と日本の課題」
  
 和田 武(自然エネルギー市民の会代表、元立命館大学教授)
報告「市民・地域共同発電所に関する全国調査結果」 
 豊田陽介(自然エネルギー市民の会運営委員、気候ネットワーク主任研究員)
参加費:資料代として、自然エネルギー市民の会会員500円、一般1000円
参加申込:メール返信で自然エネルギー市民の会(中村)まで
※自然エネルギー市民の会会員の方は、「学習・講演会」終了後に自然エネルギー市民の会第13回通常総会を行います。
 


憲 法
●7月15日(土) 14:00~17:00 神戸学生青年センター(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/ ) 
[高作先生と学ぶ会]2017年度
安保法制定後の憲法問題(仮題)

講 師 :関西大学法学部教授 高作正博さん
開催場所:神戸青年学生センター会議室A
参加費:一般1,000円 若もの500円
共催:(公財)神戸学生青年センター・「高作先生と学ぶ会」
http://ksyc.jp/seminar/takasaku201704-07/



軍事研究
●7月15日(土) 13時半~いきがい工房(阪急高槻市駅の南すぐ。太田第二ビル1階 https://ikigaikoubou.jimdo.com/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9-%E3%81%8A%E5%95%8F%E5%90%88/
朴木佳緒留講演会「軍事研究と大学のいま」
会費:1200円(茶菓子付き)
要予約
保育あり(要予約)
連絡:SEAN Tel072-669-7411



イラク
●7月15日(土) 14:00~16:00 南御堂難波別院同朋会館(地下鉄御堂筋線・中央線「本町駅」13号出口南2分 http://minamimido.jp/?page_id=9
命に国境はない 高遠菜穂子さんイラク最新報告会
参加費:500円
主 催:大阪宗教者9条ネットワーク
問い合わせ先:090-5257-2492 ogura@jiin.com(事務局小倉雅昭)
http://shiminshakai.net/post/2438



沖縄基地問題
●7月15日(土) 14:30~16:30 大阪弁護士会館2階会議室(京阪「なにわ橋駅」出口1徒歩約5分 地下鉄・京阪「淀屋橋駅」1号出口から徒歩約10分 地下鉄・京阪「北浜駅」26号階段から徒歩約7分 http://www.osakaben.or.jp/06_access/index.php
大阪弁護士会憲法市民講座
「沖縄はどこへ向かうのか~憲法の観点から基地問題を読み解く~」

講師:高木吉朗弁護士(沖縄弁護士会所属)
参加費無料
申込方法:以下必要事項を記入のうえ、FAXにてお申込ください
(大阪弁護士会 委員会部司法課宛 FAX送信先:06-6364-7477)
氏名・電話番号・FAX・参加人数・このイベントをどこで知りましたか
主催:大阪弁護士会
問い合わせ先:大阪弁護士会 委員会部司法課 田中(TEL:06-6364-1681)
http://www.osakaben.or.jp/event/2017/2017_0715.php



辺野古新基地問題
●7月15日(土) 15時30分~(毎週土曜日)JR大阪駅南バスターミナル
「辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動」
辺野古の海が埋め立てられないように活動しています。
お時間の許す範囲で、少しでも皆様のご参加お待ちしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/henoko_osaka



辺野古新基地問題
●7月15日(土) 13:00~14:00 神戸マルイ前
HENOKO NO! 沖縄に基地はいらない 
   辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動

沖縄県民に対する不正を止めるために、共に声を上げて下さい。
ツイター・FaceBookで情報発信中{辺野古・神戸}で検索して下さい。
土曜の午後はいつもの時間、いつもの場所で、はじめての方、ちょっとだけ参加、見学、大歓迎。
https://twitter.com/kobekodo/



辺野古新基地問題
●7月15日(土) 毎週土曜日17:00~18:30ごろ 京都市 三条河原町交差点(三条河原町商店街のアーケード前スペース)
沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、
     普天間基地の撤去を求める京都行動

アピール、チラシ配り、新基地建設に反対する署名集めなどなど
http://kyoto-action.jugem.jp/?pid=1
https://twitter.com/ALALALED/status/551165696185344000



座り込み
●7月15日(土) 18~21時、HEPファイブ前
梅田座り込み解放区
毎週土曜夜開催!安倍退陣!戦争、沖縄基地、原発、貧困、差別全てに反対。毎月第4土曜18~19時は『3.11関東からの避難者たち』主催の街宣になりました。私達も参加し、19時からは主催します。あわせて参加を
https://twitter.com/umedasitin/status/885132570509197313



森友問題と教育
●7月15日(土) 13:30~16:00 枚方市民会館第3集会室(京阪電車「枚方市駅」徒歩5分 https://www.hirakata-shimin.jp/access/
「森友問題と教育」2017年度Dサポーターズ総会
参加費:¥500
主催:Dサポーターズー教育の自由を取り戻す会ー
連絡:TEL080-5240-9261(福山昌也)
http://jimmin.com/2017/03/24/post-1340/



労働問題
●7月15日(土) 13:30~エルおおさか(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
第206回研究会「柔軟な」働き方 テレワ-ク労働の現在
報告者:佐藤 彰男さん(龍谷大学社会学部教員)
コメンテーター:高野 剛さん(立命館大学経済学部教員)
安倍政権による「働き方改革実現会議」は、9つのテーマを掲げていますが、そのひとつに「多様な働き方」の実現として、「テレワーク/副業・兼業など柔軟な働き方」というのがあります。通勤の負担がなく、時間や場所にとらわれない柔軟な働き方、未来型の労働、理想的な働き方と推進をうたっています。
 ところが今回ご報告していただく佐藤彰男氏は、『テレワーク/「未来型労働」の現実』(岩波新書)を著し、テレワークが必ずしも政府の推奨するような理想的な働き方ではなく、長時間労働を強いるとか労働法制の規制がかりにくいなど、様々な矛盾を指摘しています。そうした現実の矛盾から、テレワークが果たして未来型労働になりうるのか、お話していただきます。
 また、在宅ワークの活用による就職困難者への就労支援の実態を研究されている立命館大学の高野剛さんにコメントをお願いしています。ご参集ください。
会場費:500円 会員無料
https://www.facebook.com/events/192418137892236/?fref=ts



平和・人権・環境
●7月15日(土) 18時~小田公民館ホール(JR尼崎駅北口北東へ徒歩約5分 ヴェール尼崎1・2階 http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/map/institution/05_009.html
フォーラム平和・人権・環境あまがさき講演会
講演:朴 一(大阪市立大学経済学部教授)
http://hanshin204.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/930-681d.html



ネパール
●7月15日(土) 13:00~17:00 中央区センター第4会議室(地下鉄堺筋線・中央線「堺筋本町」 http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016605.html
ダリット・部落差別 IMADRプロジェクト第2回研究会   
「ネパールにおけるカースト制度とダリット差別」

  山本愛さん(公益財団法人とよなか国際交流協会)
「西ネパールにおける不可触性・ジェンダー・暴力」
  藤倉康子さん(京都大学人文科学研究所)
資料代:500円
主 催:ダリット・部落差別 IMADRプロジェクト event★imadr.org
http://imadr.net/projectfordalitandburaku_2017/



ライブ
●7月15日(土) 14:00~15:30 ラッシュ・ライフ蔵カフェ(地下鉄「県庁前駅」西③より4分。「四の宮神社」横の道。生田文化会館の前)
朗読会
朝鮮の詩の朗読(日本語で)ハーモニカで朝鮮の曲を交えて
 朴明子(パクミョンヂャ)さん
奄美の口伝 唄 三味線と共に
 荻原かの子さん(語り)・川原ちささん(三味線)
交流コーナーあり
料 金:500円+ドリンク注文
(こじんまりした所なのでできれば御予約を)
ご予約:078-599-6659 または090-6986-7403(朴さん)
http://www.freeml.com/kdml/10804/latest



教 育 
●7月15日(土) 13:30開場 16:00 大谷大学講堂(地下鉄烏丸線北大路駅から徒歩5分)
大谷大学シンポジウム
Be Real “寄りそう教育”―次の世代へのメッセージ―

子どもが好き、という気持ちだけで教育はできるのか。多様化、複雑化するこれからの時代を担う子どもたちに対して、私たちは何ができるのでしょうか。子どもたちの「こころ」を育てる真の教育について考えます。
【プログラム】
・基調講演:住田裕子さん(弁護士)
・パネルディスカッション
住田裕子さん、友澤和子(朝日新聞出版「大学ランキング」元編集長)、関口敏美、冨岡量秀(大谷大学教授)が出演。
次世代を担う子どもたちの「こころ」を育む真の教育について考えます。
費用:無料(会場までの交通費は各自でご負担ください)
定員:300名(事前申込制・応募多数の場合は抽選)
締切:7月6日(木) ←過ぎてます…問い合わせてみてください。
申し込み:シンポジウムの詳細とお申し込みはこちらから:
http://news.asahi.com/c/aj5VaezPthmrzCab
主催:大谷大学
共催:朝日新聞社メディアビジネス局
後援:京都府、京都府教育委員会、京都市、京都市教育委員会、滋賀県、滋賀県教育委員会、大阪府教育委員会、大阪市、大阪市教育委員会
お問い合わせ:朝日新聞大阪本社メディアビジネス局「大谷大学7月シンポジウム」係 TEL.06-6201-8302(平日10:00~17:00)
http://news.asahi.com/c/aj5VaezPthmrzCab



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Akko

Author:Akko
清志郎大好き。
旅行大好き。
ドイツ大好き。
でも最近忙しくて、旅行に行けません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR