FC2ブログ

8/4(日)13時半~「どうなる米朝 どうする日本~朝鮮半島のいま~」@エルおおさか

8月のロックアクションは6日ではなく、4日(日)です!
映画「1987 ある闘いの真実」に登場した、とらわれの元ジャーナリスト、イ・ブヨンさんを講師にお呼びします!
20190804ブログ用

トランプ大統領が6月30日板門店を訪れ、第3回米朝会談が実現した。朝鮮戦争が未だ休戦状態の中、米朝韓の三首脳が38度線でがっちり握手したことの歴史的な意義は大きい。
金正恩国務委員長をホワイトハウスに招待するという。実務者協議が再開され、非核平和が確実に前進することを心から期待したい。
東アジアの平和の」主体は我々市民・国民、今私たちができること、やらねばならないこと、一緒に考え議議論しましょう。

●8月4日(日) 13:30~16:30 エルおおさか南館ホール(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m)

8.4ロックアクション講演会
「どうなる米朝 どうする日本~朝鮮半島のいま~」


●講演1「朝鮮半島情勢と韓国の役割、日本にのぞむこと」
  講師:李 富栄(イ・ブヨン)さん(東アジア平和会議運営委員長、元ウリ党議長)

☆李 富栄(イ・ブヨン)さん紹介☆
1986年5月の「仁川事態」で逮捕され、永登浦刑務所に収監される。収監中、ソウル大学生パク・ジョンチョルの拷問死の真相を刑務官から知らされ、真実を綴った極秘の手紙を同志である看守にたくす。この手紙が光州抗争7周年ミサでカトリックの神父により公表され、やがて韓国全土を巻き込んだ6月民主化抗争へとつながっていった。
映画「1987 ある闘いの真実」に登場した、とらわれの元ジャーナリストのモデルになった方です。

●講演2「今求められる日朝、日韓関係のあるべき姿」
  講師:岡本 厚さん(雑誌「世界」元編集長) 

●講師お二人によるシンポジウム 
 コーディネーター:服部良一さん

参加費:1000円(学生・障がい者/半額 介助者/無料)
主催:戦争あかん!ロックアクション ヨンデネット大阪
協賛:大阪平和人権センター しないさせない戦争協力関西ネットワーク 東アジア青年交流プロジェクト


20190804.jpg

(8/1更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2019年7月29日(月)~8月2日(金)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-519.html




■7月29日(月) 深夜午前00:50~01:50 MBS毎日放送
「映像’19「ある徴用工の手記より~日韓の間に何が起きているのか~」
太平洋戦争末期の1944年9月。日本国は当時、日本の植民地だった朝鮮半島にも国民徴用令による戦時徴用を開始した。徴用とは国家が何らかの目的のために国民を強制的に動員することを言う。その年の11月に朝鮮で徴用された鄭忠海(チョン・チュンヘ)さんは、妻と幼い子供をソウル近郊の家に残し、同胞とともに内地(日本)へ連行された。日本の敗戦まで生き延びた鄭さんは、苦難の末に帰国。
連行当時の心情を綴った日記が広島在住の日本人翻訳家・井下(いのした)春子さんの目に留まり、1990年『朝鮮人徴用工の手記』というタイトルで日本で出版された。 徴用された時、日本ではすでに空襲が始まっていた。「我々はアメリカ機の攻撃に遭いに行くのか」と、鄭さんは日記に綴っている。
この日記をもとに、徴用工の姿を明らかにするとともに、朝鮮人強制動員の歴史を日本の公文書で振り返りつつ、日韓請求協定締結の経緯や内容をわわかりやすく説明。韓国大法院判決が出てからの動きや、韓国で新日鉄住金訴訟の95歳の唯一の生存原告、李春植(イ・チュンシュク)さん(95)の話も交え、古くて新しい「徴用工」問題に迫る。
https://www.mbs.jp/eizou/



●7月29日(月) 15:00~磯路中央公園(弁天町 https://www.navitime.co.jp/parking/around/?spt=02108.4644
非核・平和行進2019
主催:全国金属機械労働組合 港合同
連絡:TEl06-6583-4858
https://jimmin.com/events/event/非核・平和行進2019/



●7月29日(月) 18:30~21:00 大阪市北区民センター(第1会議室)(地下鉄堺筋線「扇町」2号-B出口北へ3分/JR環状線「天満」西へ3分 北区役所隣 http://www.osakacommunity.jp/kita/b1_hall.html)
<第28回 世直し研究会>
朝鮮通信使と雨森芳洲~多文化共生をめざして




■7月29日(月) 午後10:50~11:20 NHK総合
ノーナレ「川崎サウスサイドラップ」
人口150万都市・川崎。京浜工業地帯に面した南部は労働者の町として知られる。生活保護を受ける世帯も多く、複雑な家庭環境で育った子ども少なくない。そんな自分たちの境遇をラップで歌う若者が増えている。「親いるならいい、両方そろわないのが俺らだぜ」「涙の数だけ強くなれるなら俺はとっくに最強だぜ」。駅前で、公園で、飲み屋で無数のラップが刻まれている。川崎サウスサイド(南部)日々を独特の映像で描く。
https://www4.nhk.or.jp/P4253/x/2019-07-29/21/23742/2257094/



●7月30日(火) 18:30~20:55 エルおおさか南ホール(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
DSAが大阪にやってくる!社会主義の実現を!改憲許すな!安倍政権を倒そう!
7・30国際連帯集会
自ら社会主義者であるとする米国上院議員 バーニー ・ サンダース 氏 が、大統領候補 として名を連ね 、善戦し たことはよく知られています。
今、アメリカで 大きな変化が生まれています。 多くの青年が社会主義に共感し、DSA(アメリカ民主主義的社会主義者)に加入。 今年の中間選挙で は、DSAのオカシオコルテス 氏 (ニューヨーク)とラシーダ・トレイブ 氏 (ミシガン州)が連邦下院議員に当選 。 5万5千人の政治勢力 へと急成長しています 。
DSAは、メディケア・フォー・オール(すべての人のための医療)や 公立大学無償化 、すべての人の平等な権利、労働運動の活性化を求め 、 社会主義に向かう方向を示しています。 また『 ドアノッカーズ(戸別訪問活動家)』によって地域 対話を強力に進め ています。
国際連帯の力で、グローバル資本の利益のため の戦争と貧困を拡大する新自由主義路線の転換を実現し、安倍政権を倒しましょう!
プログラム
 基調報告:佐藤和義(MDS委員長)
 講演 『民主的社会主義をめざして』
 講師:ビル・イェィツさん(DSA国際委員 アジア・オセアニア作業グループ)
 質疑・応答 (意見交換)
 『月桃の花』歌舞団エイサー
 2019ZENKO報告と提案 ・週刊MDSより
 まとめと行動提起
資料代:500円
主催:MDS(民主主義的社会主義運動) http://www.mdsweb.jp/
090-8536-3170
協賛:平和と民主主義をめざす全国交歓会 ZENKO ttp://www.zenko-peace.com/



●7月30日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



●7月30日(火) 11時30分~京都地裁
フェミ科研費裁判【第2回口頭弁論】
※傍聴整理券交付は10:20~10:30頃(15分間)とお知らせしていましたが、暑い外で並ばなくていいようにとの裁判所の配慮により、抽選券(リストバンド)配布は、10:00~10:45となりました。リストバンドを受け取ると裁判所内でお待ちいただけます。抽選結果は裁判所の中と外の両方に張り出されます。
※閉廷後、すぐに京都弁護士会地下会議室にて支援集会を開催します。(おそらく12時には開始します。場所は京都地裁のすぐ裏です)。内容は、以下の通り盛りだくさんです。こちらにもぜひご参集ください。
・今回の法廷で出る杉田被告側の認否について原告側弁護士から詳しく解説します。
・映画『主戦場』のデザキ監督がこの作品に登場している藤岡信勝、ケント・ギルバート氏らから提訴されました。私たちの裁判とこの裁判とにつながる政治的状況について、中野晃一さん(上智大学)にお話しいただきます。
・傍聴に来てくださった方からのメッセージ
https://www.facebook.com/femikakenhi/photos/rpp.1198057953687974/1300965556730546/?type=3&theater
https://www.facebook.com/femikakenhi/



■7月30日(火) 午後10:00~10:30 NHK総合
クローズアップ現代+
「“顔見知り”からの性暴力 ~被害者の苦しみ 知ってますか?~」

「性暴力の実態を知ってほしい」。被害者たちが声をあげる中、取材班は名古屋市の性暴力救援センターに2か月間密着。日々舞い込む相談の8割以上は、友人、同僚、身内など“顔見知り”からの被害だ。加害者が身近な人ゆえに、被害者は抵抗できず、周囲に打ち明けても理解されず、自分を責め、何重にも苦しみ続ける実態が見えてきた。誰の身近でも起こり得る現実を伝える。
https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4315/index.html



●7月31日(水) 午前10時~午後5時 ※午前9時までに大阪民医連前に集合(創建本町ビル2階)(堺筋本町 http://www.oskmin.com/about/map.html
自然エネルギー 現地視察・見学会 第1回
大阪府・大阪市の「地産地消推進プラン」を現地に見る 
参加費:500円(学生:無料)事前申込要
交通費(マイクロバス代):2,500円
主催:原発をなくし、自然エネルギーを推進する大阪連絡会(原発ゼロの会・大阪)
www17.plala.or.jp/kyodo/1127.pdf



■7月31日(水)(再放送) 午後05:00~05:50 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー▽ムクウェゲ医師の闘い~性暴力の犠牲者を癒やす~
打ち続く内戦でレイプ被害に遭った数多くの女性たちを、身体・精神の両面で支援してきたコンゴの医師・ムクウェゲ。ノーベル平和賞候補にも名前が挙がる医師の闘いを描く。
コンゴのルワンダに隣接する地域では、内戦によって引き起こされた住民の虐殺や女性に対する残虐な性犯罪が横行。妊娠できなくなったり、エイズに感染するケースも多いという。被害者の治療と支援を続ける産婦人科医・ムクウェゲは、国際社会に向けて窮状を訴えるなどの活動をしたことによって政府や武装勢力の標的にされ、一時は亡命も余儀なくされた。現在は再び現地で活動を続けるムクウェゲと、紛争地の非情な現実を追った。
https://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=160824



■7月31日(水)(再放送) 午後07:00~07:30 NHK BSプレミアム
ニッポン印象派「軍艦島」
世界文化遺産、長崎の「軍艦島」に4Kカメラで分け入る。建ち並ぶ高層アパート、学校、病院、炭鉱施設。室内には懐かしい昭和の品々が。時間が止まった廃墟の町を巡る旅
日本が誇る絶景を4K高精細カメラで切り取るシリーズ「ニッポン印象派」。2015年に世界文化遺産に登録された長崎市の端島、通称「軍艦島」。往時には世界一の人口密度で炭鉱関係者が暮らした廃墟の島に分け入る。島を埋め尽くす日本最古の高層アパート群。7階建てマンモス校舎の小中学校。病院に炭鉱施設。室内には当時の暮らしのままに家具や電化製品が残る。時間が止まった海上の町を巡るセンチメンタル・ジャーニー。
https://www4.nhk.or.jp/P4668/x/2019-07-31/10/24567/2409409/



■8月1日(木)(再放送) 深夜午前00:00~01:00 NHK Eテレ
ETV特集「豪雨に沈んだ 幸せのまちに」
豪雨に襲われた町で…どう生きるのか。去年7月の西日本豪雨で51人の命が奪われた岡山県倉敷市真備町。1年前、激しい豪雨によって川の堤防が決壊し、町は濁流に飲み込まれた。多くの家が水に沈み、多くの人たちの日常が奪い去られた…。なぜこれほどの甚大な被害が起きたのか?その背景には、時代の渦に巻き込まれた町の成り立ちと、その裏で置き去りにされ続けてきた、ある計画があった…。
https://www4.nhk.or.jp/etv21c/x/2019-07-31/31/25279/2259674/



●8月1日(木) 午後4時~7時 滋賀県庁正面噴水前(JR大津駅から徒歩5分 大津市京町四丁目1番1号 http://www.pref.shiga.lg.jp/guide/chosha/index.html
滋賀県庁前すわりこみ
https://nonukesiga.exblog.jp/27706774/



●8月1日(木) 18:30~エルおおさか709号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
2018年シーサーネット年次総会&特別講演会
宮古島・南西諸島への自衛隊配備をとめよう!
※最初の30分間は年次総会となります。
お話:清水早子さん(ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会・事務局長)
参加費:800円 
主催:しないさせない戦争協力関西ネットワーク
連絡:TEL06-6364-0123(中北法律事務所)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0801.pdf



●8月1日(木) 19:30~京都府立府民ホール Alti(今出川駅 http://www.alti.org/sub/traffic.html
トモダチ・ユニット特別公演『悲しみの星条旗』
アメリカ海軍原子力空母ロナルド・レーガン。東日本大震災の支援「トモダチ作戦」に参加した当時のアメリカ兵の被ばく。彼らの悲劇に心を寄せ、気鋭の演劇人がユニットを組み彼らの勇気ある行動を再現。
脚本:くるみざわしん(光の領地)
※小学生未満の入場不可
入場料:一般2,000円,アルティメイト会員1,800円。学生1,000円,アルティメイト会員900円
8月2日(金) 14時~、19時~
連絡:Mail・unitomodachi@gmail.com
主催:トモダチ・ユニット
https://houteisien.wordpress.com/kyoto/



●8月1日(木)・2日(金) 19:00~京都大学西部講堂(https://eplus.jp/sf/venue/6060070
ひとりの役者とひとりの演奏者による光と闇をめぐる時間
『ホシハ チカニ オドル』Stage 45&46
芝居・身体表現 大槻オサム  作曲・演奏 谷本 仰
終演後、出演者とゲストを交えての感想シェアの場を設けます。
上演時間約80分・シェアタイム約30分
ゲストトーカー
8/1 朴実(パク・シル)さん(音楽家/東九条マダン元実行委員長/京都・東九条CAN フォーラム代表)
8/2 ひびのまことさん(関西クィア映画祭、天皇制社会日本に抵抗するクィア有志)
闇の中の対話たち
1999年9月30日、東海村。美しく青く輝く光が、人間を包み貫く。JCO臨界事故の光は、DNAを損壊し、細胞の再生機能を破壊し、身体を崩壊させた。しかし、それは人間そのものの崩壊だったのか。
1986年4月26日、チェルノブイリ。被曝して死んだ原発労働者たち。ひとりは現場で行方不明となったままだという。その遺体は、放射能を閉じ込めるために4号炉を覆って作られた分厚いコンクリートの「石棺」の中、大量の放射能に汚染されたまま26年間、放置されているのだろう。消火作業に従事し、被曝死した労働者たちの遺体も、コンクリートと鉛の棺に封印されて埋められた。
高レベルの核廃棄物として処理された身体たちは、しかし、物言わぬ躯(ムクロ)なのか。
1945年8月6日ヒロシマ、8月9日ナガサキ。原爆。1954年3月1日ビキニ礁沖。水爆。
1991-92年、2003年バグダッド。劣化ウラン弾。光によって生み出されてきた、闇たち。
しかし闇に目を凝らすとき、そこから何かが生まれ出ようとして蠢くのが見える、ような気がするのだ。それは閉じた瞼の裏に映し出される光の文様のように、人間の脳が生み出す幻影か。それとも、闇に慣れ始めた目が、そこにあるのに見えなかったものをついに見るようになったのか。
闇に耳を傾けるとき、そこに微かなモノオトが聞こえてくる、ような気がするのだ。それは無音の中で鳴り響く耳鳴りなのか。それとも、光の轟音にかき消されて聞こえなかった、静かな細い、天使の幽かな羽音か。
この作品を、闇を世界へと照らし返す鏡の、闇を響かせる器の、興(おこ)された者たちと共に酌み交わすモノガタリの杯の、ヒトツとしたい。そう願いながら、目を凝らし耳を澄まそうと思う。
この出来事の場で出会う「あなた」との、静かな、いくつものDialogueによって、「あちら」でも「こちら」でもない、「もうひとつの世界」を呼び起こしたい。 Tremolo Angelos
いのち奪われ、もの言うことを許されなかった人々。彼ら彼女らの言葉や祈り、叫びや歌、踊り。
それらが星となって夜空の闇に輝いているなら、それらをつないで星座を見出し、まったく新しい物語を聴き取ることができるはずだ。
劇中音楽集(CD-R)
『ホシハ チカニ オドル』劇中で演奏する谷本仰の音楽をスタジオ録音で1枚にまとめたサウンドトラックです。全14曲。私たちが公演を続けられるよう、購入によりご支援頂けますようお願いします。公演会場では1500円にて販売。通信販売はプラス送料をお願いしてます。
tanise@har.bbiq.jp(ピカラック)まで枚数、郵送先の住所/氏名/電話番号 を明記でお申し込みください。振込口座を返信いたします。
お問い合せ/ご予約:tanise@har.bbiq.jp(ピカラック) 080-1711-5074(タニセ)
一般前売 ・予約 2500円(当日3000円)
学生(中~大学・専門)予約 1500円 小学生前売・予約 1000円(未就学児無料)
※Again予約=今までどこかの会場でホシチカを観たことのある方は、その時の会場名・時期を書いてご予約頂けたら500円割引になります。 
協力:マタヒバチ/京都大学西部講堂連絡協議会/村上理恵/ 他
https://www.facebook.com/events/477381146367930



■8月1日(木)(再放送) 午後10:00~10:45 NHK Eテレ
フランケンシュタインの誘惑E+・選 #2「原爆誕生 科学者たちの罪と罰」
科学史に埋もれた闇の事件セレクション!今回は、原爆を生んだ巨大プロジェクト“マンハッタン計画”の科学者たち。「ナチスに先を越されてはならない」とアインシュタインが手紙を書いて始まった開発は、ドイツ降伏後も続いた。広島・長崎への原爆投下は、なぜ止められなかったのか?科学者たちを率いた「原爆の父」ロバート・オッペンハイマーを中心に、貴重な証言を交え、核兵器開発に携わった科学者たちの「罪と罰」に迫る!
https://www4.nhk.or.jp/P3442/x/2019-08-01/31/25390/1760002/



■8月1日(木) 午後10:00~10:30 NHK総合
クローズアップ現代+ “ひきこもり死” 中高年・親亡き後の現実
内閣府は今年、中高年のひきこもりの数を推計61万人と初めて発表。NHKが独自に取材したところ、親の死後、ひきこもりの子どもが餓死するなど、深刻なケースが全国で相次いでいることが判明した。一方で家族はひきこもりの存在を隠そうとしたり、自治体など周辺からの介入が難しい現実も見えてきている。親の介護や退職など様々な事情で社会とのつながりを失い、その果てに死にいたるまで追い込まれる人たちの現実を伝える。
https://www.nhk.or.jp/gendai/schedule/



■8月1日(木) 27時05分~28時 関西テレビ、フジテレビ系列
第28回FNSドキュメンタリー大賞 ノミネート作品
消された記録 消えない真実

確かな「罪の手ざわり」戦争体験者の肉声
広島と長崎に投下された原爆。東京や福岡での大規模な空襲。そして、敗戦後の大陸からの引き揚げ。
それぞれの日本人が異なる場所で体験した「忘れ得ぬ記憶」は、戦争体験者の心の奥底に今もこびりつき、いびつなわだちとなって固まっている。戦後70年余、戦争体験者の肉声を聞く機会が年々減少していく中で、その貴重な証言をしっかりと記録し、後世に伝えたい。
戦争は過去の「歴史」ではない
日々、ニュース取材をしている中でお話を聞き、戦争体験者の肉声や直言を、無駄な演出や着色を加えずに、そのまま伝えたいと思った。それが、テレビという媒体の「使命」であると感じた。
米兵捕虜の生体解剖に関わった医師。極秘の堕胎施設で働いていた看護師。中国大陸で使用する毒ガスを砲弾に詰めていた女性。
「消したい記憶、消えない真実」
確かな罪の手触りを感じながら、人生を歩んできた戦争体験者の証言を通して戦争がもたらすものは一体、何なのか。
民間人はどのように戦争に巻き込まれていくのか。戦争は、過去の「歴史」ではない。
映像を通して実感として感じ、想像力を刺激することを目指した。
https://www.fujitv.co.jp/fnsaward/28th/tnc.html



●8月2日(金) 18:15~20:30 大阪市総合生涯学習センター・第3会議室(大阪駅前第2ビル5・6階 http://osakademanabu.com/umeda/access
「放射線副読本」交流会(関西)
主 催:地球救出アクション97 ヒバク反対キャンペーン
連絡:稲岡美奈子 072-336-7201 minako-i@estate.ocn.ne.jp
hibakuhantai.sakura.ne.jp/20190802tirasi.pdf



●8月2日(金) 関西電力本社前(「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:00頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:00 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●8月2日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●8月2日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●8月2日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&パレード



●8月2日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に!



●8月2日(金) 17:30~19:00 大阪地方検察庁前歩道(阪神電車福島駅1番出口より南へ徒歩5分 http://www.kensatsu.go.jp/kakuchou/osaka/page1000060.html) 
「森友問題」緊急行動  
7月24日、選挙がおわったとたんに、「森友問題」で刑事告発していた佐川元長官と10人を不起訴、大阪地検は捜査終了へと読売新聞と共同通信で報じられました。当日、木村真豊中市議の呼びかけで、急きょ約10名で大阪地検前で抗議行動を行い、面談を求めましたが、特捜部は「この報道は知らなかった」と追及を避けています。
不起訴になれば、膨大な証拠資料はすべ廃棄され、「森友問題」はまったくなかったことにされてしまいます。そんなことは絶対に許せません。そこで、「不起訴なんて許せない!!」の声を大阪地検前であげます。ぜひ多くの方のご参加をお願いいたします!!
主催:森友学園問題を考える会



●8月2日(金) 午後4時から~大阪市城東区民ホール(城東区役所内)(長堀鶴見緑地線・今里筋線「蒲生四丁目駅」1番・7番出口 徒歩約5分 京阪電鉄「野江駅」徒歩約8分 JRおおさか東線「JR野江駅」徒歩約9分 https://www.osakacommunity.jp/joto/access.html
夜間中学校を増やそう、充実しよう!シンポジウム 近畿
主催:全国夜間中学研究会 夜間中学等義務教育拡充議員連盟
http://www17.plala.or.jp/kyodo/



●8月2日(金) 午後7時~8時30分 尼崎市立地域総合センター上ノ島 本館 集会室2(阪急神戸線「塚口」駅北東へ・JR宝塚線「猪名寺」駅南西へ徒歩約10分 https://sogo-center-tsukaguchi.jp/access
かみのしまピース21 講演会『沖縄と民主主義 考えあいたいこと』
講師:森 哲二さん(自治労兵庫県本部)
定員:80名(どなたでも参加できます)
参加費:無料
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0802.pdf



●8月2日(金) 18時~21時 キャンパスプラザ京都(6階会議室)(ビックカメラ前、JR京都駅ビル駐車場西側  http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access
2019年地方選挙・参議院選挙と野党共闘の展望
〈報告者〉
広原盛明(元京都府立大学学長)
テーマ:2019年参院選を省みて~野党共闘はオールマイティか?~
大西広(慶応大学教授・東京1区市民連合事務局長)
テーマ:大阪での自共共闘と薔薇マーク・キャンペーンの問題について
〈司会者〉
碓井敏正(りぼんネット世話人代表・京都橘大学名誉教授)
資料代:500円
誰でも参加できる、自由な意見交換の場です。終了後懇親会を予定しています。
主催 りぼんネット rebornnet21@gmail.com
http://civilesociety.jugem.jp/?cid=39

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良 2019年7月28日(日)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-519.html




●7月28日(日) 14:30~17:00 京都循環経済研究所(京都市中京区烏丸通二条下る西側 ヒロセビル4F)
「電力会社の会計を考える会」連続学習会(第15回)関西電力決算書の問題点
参加費:500円 資料準備の都合がありますので必ず事前申込みをお願いします。
主催:電力会社の会計を考える会(世話人:アイリーン・美緒子・スミス/原 強)
連絡先:075-255-2503 メール:JRCCアットmb6.seikyou.ne.jp
https://houteisien.wordpress.com/kyoto/



●7月28日(日) 午後1時半~4時 県立男女共同参画センター視聴覚室(近江八幡駅 ttps://www.homemate-research-hall.com/dtl/00000000000000347923/)
総会記念講演「プロのカメラマンが見た 3・11で止まった町 福島の記憶」
講師:飛田晋秀氏(福島県田村郡三春町出身・在住)
資料代:500円
主催:脱原発をめざす東びわこ市民の会
http://www.shigahochi.co.jp/info.php?type=article&id=A0029557



●7月28日(日) 10:00~奈良県人権センター(京終駅 https://www.chinmasa.com/spot/result29201/cate0722/detail788693/
核と人類は共存できない~奈良からつながる市民の集い~
講師:米沢鐵志さん
主 催:特定非営利活動法人市民ひろばなら小草
http://kakukyodo.jp/shukai.htm



●7月28日(日) 15:00~隆祥館書店8階 多目的ホ-ル(大阪市中央区安堂寺町1-3-4 谷町6丁目⑦番出口向かい)
『朝鮮戦争に「参戦」した日本』発刊記念
元毎日放送・報道部記者 西村秀樹さんによるト-クイベント
敗戦後の日本が経済復興に成功したのは、大国によって朝鮮半島が北と南に分かれて戦争をさせられた朝鮮戦争による特需でした。一方、日本は平和憲法のもと、不戦の誓いを立てたと、ほとんどの日本人が思っていますが、現実は違います。この戦争に日本は実質的に参戦し、戦死者も出しています。
本書は米国の兵站基地とされた日本において、戦争を止めようとして闘った人々の記録でもあります。1952年に約1000人が反戦平和を叫んで吹田操車場 になだれ込み、111人が起訴されますが、裁判の結果、全員が無罪になります。 何があったのか、大阪での事件でもあり、私は興味を持ちました。
米朝首脳会談後の今こそ、「朝鮮戦争と日本」を知ることが大切だと思い、西村さんをお呼びするイベントを企画しました。この機会にぜひ!
著者:プロフィ-ル  西村 秀樹(ニシムラ ヒデキ)
西村秀樹2
1951年、名古屋市生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業、毎日放送入社。おもに報道局で放送記者を務める。JNN報道特集「妻たちの7年・第十八富士山丸事件」 「北朝鮮の軍と豆満江」、
映像90「範(くびき)の女・朝鮮人従軍慰安婦」など の番組を担当。
北朝鮮には‘82年の金日成主席生誕70周年行事の取材以来6回、済 州島から豆満江まで朝鮮半島をほぼ南北に縦断して取材を敢行した。2011年から 近畿大学人権問題研究所客員教授。現在は同志社大学・立命館大学の非常勤講師、日本ペンクラブ平和委員会副委員長。
【著書】 『北朝鮮・闇からの生還~富士山丸スパイ事件の真相』光文社、
 1994 『北朝鮮抑留―第十八富士山丸事件の真相』岩波現代文庫、
 2004 『大阪で闘った 朝鮮戦争~吹田枚方事件の青春群像』岩波書店、
 2004 本書は、さらに15年の年月をかけた追加取材を得て、これを、大幅に加筆したもの
参加費:3700円(内訳ト-ク1,000円+『『朝鮮戦争に「参戦」した日本』 2,700円)
    当日の場合:参加費500円アップになります。(要予約・事前購入制とさせていただきます。申込み順)
振込先:三井住友銀行上町支店(普通)1353923 カ)リュウショウカンショテン
申込み・お問合せ:隆祥館書店 TEL:06-6768-1023
Eメ-ル:ryushokan@eos.ocn.ne.jp
主催:隆祥館書店 後援:三一書房
http://jimmin.com/events/event/朝鮮戦争に「参戦」した日本』発刊記念-元毎日放/



●7月28日(日) 18時~20時30分 内本町コミュニティーセンター大集会室(JR吹田駅南へ徒歩7分 https://www.city.suita.osaka.jp/home/soshiki/div-shimin/shiminjichi/_70909/000405.html
日米地位協定とは何か?
 ~NOと言えない日本ー何故~

講師:服部良一さん(元 衆議院議員)
資料代:500円
主催:憲法9条を守りいかす吹田の会
http://jimmin.com/events/event/憲法9条を守りいかす吹田の会%e3%80%80記念講演会%e3%80%80日米/



●7月28日(日) 18:00~百万遍南角(京都大学石垣前)
覚醒のドラムデモ
主催:百万遍クロスロード
連絡E-mail million-cross-road@protonmail.com
http://jimmin.com/events/event/覚醒のドラムデモ/



●7月28日(日) 16:00~18:00 西元町・きらら広場(神戸市中央区相生町1-1)
障害者を殺すな 7.28神戸デモーやまゆり園事件を忘れない
呼びかけ:リメンバー7.26神戸アクション
http://jimmin.com/events/event/障害者を殺すな%e3%80%807-28神戸デモーやまゆり園事件を/



●7月28日(日) 14:00~17:00 あしや喜楽苑(芦屋市潮見町31-1 https://www.google.com/maps/place/34°42'58.3%22N+135°18'22.3%22E/@34.7161867,135.3040014,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d34.7161867!4d135.3061901)
第二次「小田実を読む」第二回 特別記念講演(小田実十三回忌)
大橋毅彦さんが語る「歴史・土地・人間-小田実『河』を読む醍醐味」

講師:大橋毅彦(日本近現代文学専攻・関西学院大学文学部教授)
資料代:1,000円
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0728.pdf



●7月28日(日) 14:00~大阪韓国人会館1F多目的室(地下鉄谷町線「中崎町」駅2番出口から徒歩3分 http://www.mindan-osaka.org/kaikan/
ピビンバ寄席 銀瓶VSパギやん
木戸銭 前売¥2500 当日¥3000
協力:在日本大韓民国民団大阪府本部
連絡:TEL06-6741-8012
http://jimmin.com/events/event/ピビンバ寄席%e3%80%80銀瓶%ef%bd%96%ef%bd%93パギやん/



■7月28日(日)(再放送) 午後02:00~02:50 NHK BS1
BS1スペシャル「ラップと知事選 沖縄 若者たちの声」
若者の本音を知るため、ラップに耳を傾ける。9月30日に行われた沖縄県知事選挙では、浮動票を占める若年層がカギを握ると言われた。その本音を探るため、ラッパーたちを取材。基地の町に生きる思い、幼少期の貧困体験、戦争に対する考えをどんな歌詞にするのか?「ここで生きる俺が言うことは確か」と、等身大の自分を歌う若者たち。一見、政治には無関心。だがそこには地元を思い将来をしっかりと考えるすがすがしい姿があった
https://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2019-07-28/11/30596/3115530/



■7月28日(日)(再放送) 午後03:00~04:50 NHK BS1
BS1スペシャル「北朝鮮への“帰国事業”知られざる外交戦・60年後の告白」
1959年、北朝鮮への帰国事業はどのように始まったのか。世界各国の機密文書が開示され、舞台裏で、日朝両政府だけでなく、冷戦下の米ソ、韓国がし烈な外交戦を繰り広げていたことが明らかになった。いま、脱北した在日コリアンや日本人妻が重い口を開き始めている。これまで「つらい状況にあった」と語られてきた北朝鮮での生活が時の政策や国際情勢に翻弄され続けてきた事実が浮かび上がってきた。帰国事業の真相に迫る。
https://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2019-07-28/11/28574/3115630/


脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2019年7月27日(土) 

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報


『主戦場』The Main Battleground of the Comfort Women Issue
ようこそ、 「慰安婦問題」論争の渦中 バトルグラウンド へ
ひっくり返るのは歴史か それともあなたの常識か
あなたが「ネトウヨ」でもない限り、彼らをひどく憤らせた日系アメリカ人YouTuber のミキ・デザキを、おそらくご存知ないだろう。ネトウヨからの度重なる脅迫にも臆せず、彼らの主張にむしろ好奇心を掻き立てられたデザキは、日本人の多くが「もう蒸し返して欲しくない」と感じている慰安婦問題の渦中に自ら飛び込んでいった。
慰安婦たちは「性奴隷」だったのか?「強制連行」は本当にあったのか? なぜ元慰安婦たちの証言はブレるのか? そして、日本政府の謝罪と法的責任とは……?
次々と浮上する疑問を胸にデザキは、櫻井よしこ(ジャーナリスト)、ケント・ギルバート(弁護士/タレント)、渡辺美奈(「女たちの戦争と平和資料館」事務局長)、吉見義明(歴史学者)など、日・米・韓のこの論争の中心人物たちを訪ね回った。さらに、おびただしい量のニュース映像と記事の検証と分析を織り込み、イデオロギー的にも対立する主張の数々を小気味よく反証させ合いながら、精緻かつスタイリッシュに一本のドキュメンタリーに凝縮していく。そうして完成したのが、映画監督ミキ・デザキのこの驚くべきデビュー作、『主戦場』だ。
映画はこれまで信じられてきたいくつかの「物語」にメスを入れ、いまだ燻り続ける論争の裏に隠された“あるカラクリ”を明らかにしていくのだが..それは、本作が必見である理由のごくごく一部に過ぎない。
さて、主戦場へようこそ。
●4/27~第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
7/27(土)・28(日)
 12:15~第七藝術劇場(6階)
 20:45~シアターセブン(5階)
7/29(月)~8/2(金)
 12:15~第七藝術劇場(6階)
 18:50~シアターセブン(5階)
http://www.nanagei.com/movie/data/1341.html



『作兵衛さんと日本を掘る』
未来へ突き抜ける。炭鉱力。ゴットン。
1964 年、オリンピックの喧騒を遠くに感じていた労働者の見た風景は、 2020年、変わっているのだろうか?
作者の山本作兵衛さん(1892-1984)は、福岡県の筑豊炭田で、幼い頃から働いた生粋の炭坑夫だ。自らが体験した労働や生活を子や孫に伝えたいと、60歳も半ばを過ぎてから本格的に絵筆を握った。専門的な絵の教育は一度も受けていない。そして2000枚とも言われる絵を残した。
作兵衛さんが炭鉱の記録画を描き始めたのは、石炭から石油へというエネルギー革命で、国策により炭鉱が次々と消えていくさなかであった。その裏では原子力発電への準備が進んでいた。作兵衛さんは後の自伝で「底の方は少しも変わらなかった」と記している。その言葉から半世紀。作兵衛さんが見続けた「底」は今も変わらず、私たちの足元に存るのではないか?
作兵衛さんの残した記憶と向き合い、その絵さながらに働いた元おんな坑夫の人生や作兵衛さんを知る人々の証言を通じ、この国の過去と現在、未来を掘る! ゴットン!
●7/20~第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
7/27~8/2 10:00(~11:55終)
http://www.nanagei.com/movie/data/1360.html



『金子文子と朴烈(パクヨル)』
朴と共に死ねるなら、私は満足しよう-----
青春を懸けて掴み取ろうとした、愛、そして革命。
社会の底辺で見つけた、美しくも狂おしい魂の叫び――。
1923年、東京。社会主義者たちが集う有楽町のおでん屋で働く金子文子は、「犬ころ」という詩に心を奪われる。この詩を書いたのは朝鮮人アナキストの朴烈。出会ってすぐに朴烈の強靭な意志とその孤独さに共鳴した文子は、唯一無二の同志、そして恋人として共に生きる事を決めた。ふたりの発案により日本人や在日朝鮮人による「不逞社」が結成された。しかし同年9月1日、日本列島を襲った関東大震災により、ふたりの運命は大きなうねりに巻き込まれていく。 内務大臣・水野錬太郎を筆頭に、日本政府は、関東大震災の人々の不安を鎮めるため、朝鮮人や社会主義者らを無差別に総検束。朴烈、文子たちも検束された。社会のどん底で生きてきたふたりは、社会を変える為、そして自分たちの誇りの為に、獄中で闘う事を決意。ふたりの闘いは韓国にも広まり、多くの支持者を得ると同時に、日本の内閣を混乱に陥れていた。そして国家を根底から揺るがす歴史的な裁判に身を投じていく事になるふたりには、過酷な運命が待ち受けていた…。
公式サイト:http://www.fumiko-yeol.com
●7.20(土)~8.2(金) シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
7/27(土)~8/2(金) 時間未定
http://www.theater-seven.com/2019/mv_s0084.html



『人生フルーツ』(2016年/日本/91分/東海テレビ放送 配給)
人生は、だんだん美しくなる。
むかし、ある建築家が言いました。
家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない。
愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てた家。四季折々、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実が、妻・英子さんの手で美味しいごちそうにかわります。刺繍や編み物から機織りまで、なんでもこなす英子さん。ふたりは、たがいの名を「さん付け」で呼び合います。長年連れ添った夫婦の暮らしは、細やかな気遣いと工夫に満ちていました。そう、「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」とは、モダニズムの巨匠ル・コルビュジエの言葉です。
かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきました。1960年代、風の通り道になる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウン計画。けれど、経済優先の時代はそれを許さず、完成したのは理想とはほど遠い無機質な大規模団地。修一さんは、それまでの仕事から距離を置き、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめました─。あれから50年、ふたりは、コツコツ、ていねいに、時をためてきました。そして、90歳になった修一さんに新たな仕事の依頼がやってきます。
本作は東海テレビドキュメンタリー劇場第10弾。ナレーションをつとめるのは女優・樹木希林。ふたりの来し方と暮らしから、この国がある時代に諦めてしまった本当の豊かさへの深い思索の旅が、ゆっくりとはじまります。
●7/28(日)~8/2(金) 13:30(~16:06終) シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
★7/30(火)は、乳幼児・子ども連れ歓迎 親子上映回です
http://www.theater-seven.com/2017/movie_jinsei-fruits.html



『蘇れ 生命の力~小児科医 真弓定夫~』(2017年/日本/95分)
すべての“力”は あなたの中にある
失われゆく生命の力 自然の叡智 ~ 生涯をかけて伝え続けた人達がいた
真弓小児科。小さな診療所に「名医」との評判を聞きつけた人々が全国から訪れる。院内にはクスリも注射もない。 代わりに、時間をかけて生活習慣のアドバイスをする。。 「病気を治しているのは、医者ではない。自然治癒力だ」
失われつつある生命の力。真弓は問う。「忘れてはいないだろうか?私達は自然に生かされている、いち“動物”である」
真弓に出会って、生き方まで変わってしまったという親子も少なくない。現代社会の中に埋もれていく叡智を、生涯をかけて伝え続ける小児科医 真弓定夫、そして各界で同じように生命の力を信じ、歩き続ける人々を追いかけたドキュメンタリー。
『みつばちと地球とわたし~ひとつぶの命に秘められた 大きな環(わ)のお話~』(2018年/日本/97分)
みつばちをめぐって今、地球がひとつになる
どの命だって地球を支える大切な一つ みつばちと人がともに紡ぐ未来
養蜂家の船橋康貴さん、元々は環境系の会社の社長だった。伝えても伝えても、環境は良くならず、人々の心や体から自然が失われ、疲弊していく。ある日、みつばちに出会って雷に打たれたように。みつばちが幸せに生きられる地球は、人も幸せに生きられる地球。アポなし飛び込みでパリ・オペラ座と姉妹連携したり、地元愛知で街づくりをしたり、船橋さんの挑戦が始まった。
みつばちは教えてくれる。自然の一部として生きる幸せを、そして命が命を生かしているということを。 みつばちと、みつばちをめぐって生まれていく大きな環の物語を描いたドキュメンタリー
●7/27(土)~シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
7/27(土)~30(火)
 14:10(~15:50終)蘇れ 生命の力
 16:10(~17:52終)みつばちと地球とわたし
7/31(水)~8/2(金)
 14:10(~15:52終)みつばちと地球とわたし
 16:10(~17:50終)蘇れ 生命の力
http://www.theater-seven.com/2019/mv_s0082.html



●7月27日(土) 14:00~16:30 国労会館大阪1階 多目的ホール(天満駅出口から徒歩約2分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/map/)
写真家・飛田晋秀さん講演会
福島の記憶 ~3.11で止まった町~

ほとんど報道されなくなった原発事故被災地、福島の姿を知ろう
原発の再稼働、核のゴミの中間貯蔵・原発サイト内貯蔵に反対し、避難計画の実効性を問う活動を続けている関西の団体・個人の連絡会「避難計画を案ずる関西連絡会」が、新刊写真集『福島の記憶 ―3・11で止まった町』を出版した写真家・飛田晋秀さんを招き講演会を行います。ぜひご参加ください。以下は、その詳細です。
東電福島第一原発事故9年目、久しぶりにニュースになった福島は東京オリンピック聖火リレーの出発地というものでした。しかし、5万人を超える人々がいまだに避難生活を強いられています。
関西に住む私たちがなかなか目にすることのできない事実、東電や国、帰還を煽る人たちが隠したいものを写真家飛田晋秀さんに写真とともに語って頂きます。写真は主に汚染の厳しい浜通りのものです。新刊写真集『福島の記憶 ―3・11で止まった町』に載せられなかった写真も多く紹介して頂きます。
また、高線量の帰還困難地域、浪江町津島地区から関西に避難している菅野みずえさんの報告もあります。みなさまのご参加をお待ちしています。
参加費: 800円
主催: 避難計画を案ずる関西連絡会
【講師プロフィール】
福島県田村郡三春町在住。元々日本の職人さんの撮影を専門とするプロカメラマン。3・11後「事故を風化させない、状況をありのままに伝えなければ」との強い思いから原発事故被災地を撮影し、各地で写真展・講演会を行っている。
http://www.jca.apc.org/mihama/annai/flyer190727.pdf



●7月27日(土) 13:30~JR膳所駅前
第79回 脱原発市民ウオークin滋賀 
https://www.facebook.com/anti.war.committee.shiga/posts/1087778581610663?__xts__[0]=68.ARDuB_YGFa-4CIZRqsKVxIu4MSl2rs86PvUiQ528M0Q3fJFHoyl5sCxhIPErgbrIS53hjVo4Pq3tOiACZ7DRpkEP2GULaGrnMkOax9meDfMrkn5spyp7rlccy1DWBTADU-Anif-ILoDqdgO4D08nvl3-VqCW9YdXCkr1FkI0a5M8EU7p-lhZi6c3Jyh49fwZkZrP0MiX_rIAa31Kqw6ams4PZ0DAytUyTg5U8V02vOB_D57HlLEA0FndcjX_j1qqn1qmhxpJKSTYiauHN87EgkxtcRXGhOf2R20CLg5x76U5AMbn14DoPiSb0cL_WDL3MEAnez2nUpQG9bFNIBykVv3PG0iQbC9PJ54WhaZ649JUJUqWm1K7LD9qzONERwi52LIjMlY10LCswJDQbo6nMHwhD9dNJK9tl9rJkLGKn1OovGvgElZvbEpG6pIdXkndaTPToh6CXnWkj8NYSROwR1mSW0kXkOT4NfiBr026-QmFecr7oifvkDvn7g&__tn__=-R



●7月27日(土) 14:00~17:00 鶴見緑地内 なにわECOスクエア 研修スペース(大阪市鶴見区緑地公園2-135 http://urx.space/wsN0
ワークショップ「大阪万博」を考える 市民からのアセスメント提案
大阪湾の夢洲は、多くの水鳥が飛来することで知られ、大阪府の生物多様性ホットスポットAランクに選定されている地域。廃棄物の埋立地として、そして生物多様性のホットスポットとして、両立をはかりつつ緩やかに埋め立てが進められながら干潟や砂浜緑地の再生も行われていくはずだった夢洲が、今、土を購入してまで急速に埋め立てられており、未来予想図にも生物多様性の視点はうかがうことができません。「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマに掲げている万博は、本当に私たちの「身近な自然を愛し、守り育てたい」という願いと相いれるものなのでしょうか。 国際目標である持続可能な開発目標(SDGs)のもとで「持続可能な社会の構築」という観点からのアセスメントが万博計画に伴うならば、より妥当な開催場所、あるいは万博内容などの選択がありうるのではないかと私たちは考え、 夢洲に関わる環境アセスメントについてより良いアセスメントを市民から提案しようとNPO地域づくり工房と共に動いてきました。より良い未来へとつながる万博を開催するためにも、多くの意見、多くの方のご参加を、心よりお待ちしております。
参加費無料
申し込みフォーム:http://urx2.nu/3NaV
https://www.facebook.com/events/428156644580586/



●7月27日(土) 14:00~エルおおさか大会議室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
グループZAZA・連続講座「今、国家とは何かを問う」
講師:遠藤比呂通(弁護士)
第2回「今、平和とは何かを問う-ダグ・ハマーショルドの祈り」
・9月14日(土)
 第3回「今、国民とは何かを問う-柳の技に琴を掛ける」
・11月2日(土)
 第4回「今、国家とは何かを問う-はてしない波を渡りつくして」
主 催:グループZAZA 090-6067-0560
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1102.pdf



●7月27日(土) 13:30~ドーンセンター セミナー室2(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
安倍9条改憲と進む軍事力強化
講師:高作 正博(関西大学教授)
14:00~当会沖縄派遣団報告
参加費:¥800(学生¥500)
主催:「憲法9条の会・関西」
https://jimmin.com/events/event/安倍9条改憲と進む軍事力強化/



●7月27日(土) 午後2時~4時 京都弁護士会 地階大ホール(地下鉄丸太町駅から徒歩7分・バス停「裁判所前」から徒歩1分他 https://www.kyotoben.or.jp/access.cfm
市民集会「自衛隊の実態から探る 自衛隊加憲論の問題点」
2018年3月、自由民主党は、憲法9条1項2項を残しつつ「自衛隊」を書き加えるという憲法改正の条文イメージ(たたき台素案)を発表しました。これについて、従来の解釈は変更せず「自衛隊」を書き加えるだけとの説明がなされていますが、本当にそうでしょうか。
自衛隊の文民統制の研究を積み重ねてこられた纐纈厚(こうけつあつし)氏を講師にお招きして、自衛隊の実態について歴史的に説き起こしていただき、憲法に「自衛隊」を書き加えることにどのような問題があるのか、市民のみなさんとともに考えたいと思います。
講師:纐纈 厚(こうけつ あつし)氏
参加費無料/申込不要/先着150名
プロフィール:1951年岐阜県生れ。一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。現在、明治大学特任教授(研究知財戦略機構)。前山口大学理事兼副学長、山口大学名誉教授、政治学博士。近現代日本政治史・現代政治社会論、対アジア関係史専攻。
<本講演に関連する著作>
『文民統制 自衛隊はどこへ行くのか』(岩波書店、2005年)
『集団的自衛権容認の深層』(日本評論社、2014年)
『暴走する自衛隊』(筑摩書房・新書、2016年)
『逆走する安倍政治』(日本評論社、2016年)
『自衛隊加憲とは何か』(日本機関紙出版センター、2019年)など多数
https://www.kyotoben.or.jp/siritai/menu/1page_hyouji.cfm?s=gyouji#10000018



●7月27日(土) 14:00~15:30 大阪YWCA 本館(梅田駅徒歩10分、大阪駅徒歩12分、扇町駅、中崎町駅より徒歩7分 http://osaka.ywca.or.jp/access/umeda.html
今、改めて考えよう 天皇制と元号
「平成から令和に… 今こそ知りたい 「天皇制」のはなし 最近よく耳にする「天皇制」」

講師:福家 祟洋 (京都大学, 人文科学研究所, 准教授)
参加費:¥800
主催:公益財団法人大阪YWCA 平和環境部委員会
連絡:TEL06-6361-0838
https://jimmin.com/events/event/今、改めて考えよう%e3%80%80天皇制と元号/



●7月27日(土) 15:00~16:00 神戸三宮マルイ前
狭山再審を求める定期アクション
https://jimmin.com/events/event/狭山再審を求める定期アクション/



●7月27日(土) 14:00~17:00 高槻市立文化会館(高槻現代劇場)集会室202号(高槻市駅出口(南側)出口から徒歩約7分 高槻駅南口出口から徒歩約10分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-4wrMhmbSm4E/?utm_source=dd_spot
ルネサンス研究所・関西【7月定例研究会】
テーマ「商品とお金の弁証法的精神分析」

報告:榎原 均
参加費:¥500
主催:ルネサンス研究所・関西
https://www.runekenkansai.com/



●7月27日(土) 15:00~塚口南地域学習館(阪急電車「塚口」駅下車 森公園東 http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/map/1000380/1000419/1000833.html
阪神社会運動情報資料センター移転4周年 
7・27報告・交流と納涼の集い

15:00~報告会 塚口南地域学習館 
17:00~交流会 阪神社会運動情報資料センター(南東へ1分)
交流会費:¥1000
主催:阪神社会運動情報資料センター
https://jimmin.com/events/event/阪神社会運動情報資料センター%e3%80%80移転4周年%e3%80%807・27/



●7月27日(土) 18:00~天満天神繁昌亭(JR東西線「大阪天満宮」、Osaka Metro「南森町」https://www.hanjotei.jp/access/
銀瓶のピビンバ寄席 77杯目 笑福亭銀瓶
木戸銭:一般前売¥2500 大学・高校生¥2000 小中学生¥1500 当日¥3000
主催:天満天神繁昌亭
連絡:TEL06-6352-4874
https://jimmin.com/events/event/銀瓶のピビンバ寄席%e3%80%8077杯目%e3%80%80笑福亭銀瓶/



●7月27日(土) 17:30~19:00 梅田HEPFIVE前
安倍はやめろ!街頭集会 梅田解放区  
・8月10日(土)
・8月24日(土)
・9月14日(土)
主催:梅田解放区
https://jimmin.com/events/event/安倍はやめろ%ef%bc%81街頭集会%e3%80%80梅田解放区-2/



●7月27日(土) 10時~11時半、京都市下京いきいき市民活動センター第2会議室(JR京都駅(北側)塩小路通りを東に約15分 京都市下京区上之町38番地 http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/cmsfiles/contents/0000099/99788/simogyo-map.GIF
「資本論」を読む会・京都
8章5節。
参加費:200円
主催:「資本論」を読む会・京都(090-5241-5052)
http://www.kinyobi.co.jp/event/20190719_002850.php



●7月27日(土) 16:30~19:30 猪飼野セッパラム文庫(天王寺区細工谷2-14-8 090-9882-1663 近鉄「上本町六丁目駅」8分・地下鉄「谷町9丁目駅」10分、ドンキホーテ上本町店から東へ、セブンイレブンを右へ約100m、左側3軒目 http://www.mapion.co.jp/m2/34.66158997553531,135.5232413888889,16
コリアン・マイノリティ研究会第187回月例研究会
「日本における3・1運動の記憶と記念」

講師:外村大(東京大学・韓国学研究センター長)
外村ゼミ院生による“研究テーマミニ報告”
参加費:800円【要予約】
主催:コリアン・マイノリティ研究会 https://sepparam-bunko.jimdo.com
https://asnet-utokyo.jp/news/external/5625



■7月27日(土)(再放送) 午後02:00~03:00 NHK Eテレ
ETV特集 アンコール「Love 1948-2018~多様な性をめぐる戦後史」
多様な性を肯定するイベント「東京レインボープライド」は今年、過去最多15万人が参加。参加者の一人、大塚隆史さん(70)は40年前カミングアウトという概念を呼び掛けた「現在のLGBTブームのきっかけを作った一人」だ。彼の人生を縦軸に、性の多様性をめぐる戦後史を、カワイイブームの元祖・内藤ルネや、日本初の商業ゲイ雑誌『薔薇族』創刊者の伊藤文學、カルーセル麻紀やブルボンヌなどの証言を手がかりに見つめる。
https://www4.nhk.or.jp/etv21c/x/2019-07-27/31/22059/2259633/



■7月27日(土) 午後11:00~00:00 NHK Eテレ
ETV特集「豪雨が襲った幸せのまちで~岡山倉敷・真備町はなぜ被災したのか」
豪雨に襲われた町で…どう生きるのか。去年7月の西日本豪雨で51人の命が奪われた岡山県倉敷市真備町。1年前、激しい豪雨によって川の堤防が決壊し、町は濁流に飲み込まれた。多くの家が水に沈み、多くの人たちの日常が奪い去られた…。なぜこれほどの甚大な被害が起きたのか?その背景には、時代の渦に巻き込まれた町の成り立ちと、その裏で置き去りにされ続けてきた、ある計画があった…。
https://www4.nhk.or.jp/etv21c/x/2019-07-27/31/22097/2259674/

(7/23更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2019年7月22日(月)~26日(金)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-515.html




●7月22日(月) 14:00~16:00 大阪産業労働資料館(エル・ライブラリー)(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
大阪自由大学連続講座 新・大阪学事始
「大阪社会運動史」-大正から戦前の昭和期ー

解説:谷合佳代子(エル・ライブラリー館長)・黒川伊織(特別研究員)
参加費:各¥1000 要申込 定員15人
主催:大阪自由大学 協力:エル・ライブラリー
連絡:TEL080-9740-0101
https://jimmin.com/events/event/%E5%A4%A7%E9%98%AA%E8%87%AA%E7%94%B1%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E9%80%A3%E7%B6%9A%E8%AC%9B%E5%BA%A7%E3%80%80%E6%96%B0%E3%83%BB%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%AD%A6%E4%BA%8B%E5%A7%8B%E3%80%80%E3%80%8C%E5%A4%A7%E9%98%AA/



■7月22日(月)(再放送) 午後03:08~04:00 NHK総合
逆転人生「ヤマユリ咲き誇るゴミ処理場」
埼玉・所沢のダイオキシン問題。その後に起きた奇跡の逆転劇を紹介する。所沢の野菜がダイオキシンに汚染されているという報道をきっかけに、住民から立ち退きを迫られた産廃処理場社長・石坂典子さん。焼却炉を解体する大改革に打ってでたが、住民運動は収束しなかった。しかしゴミの清掃や里山保全活動を始めると、次第に住民との関係が好転。やがてヤマユリが咲き、ホタルが飛び交う産廃処理場に生まれ変わった。
https://www4.nhk.or.jp/gyakuten-j/x/2019-07-22/21/18197/1795014/



●7月23日(火) 18:30~20:30 ウィングス京都 セミナー室A・B(地下鉄烏丸御池駅(5番出口)または地下鉄四条駅・阪急烏丸駅(20番出口)下車徒歩約5分 http://www.wings-kyoto.jp/about-wings/access/
憲法28条(労働三権)破壊を許さない!7.23京滋集会
・史上空前の労働組合弾圧!
・許しがたいでっち上げ逮捕、起訴、長期拘留!
・産業政策闘争潰し、労使協調、企業内労組への封じ込めだ!
・憲法28条破壊、共謀罪の先取攻撃、民主主義破壊を許さない! 
・憲法破壊の独裁政治を許さない! 闘いに立ち上がろう!
憲法破壊は9条だけではありません。連帯関生支部への大弾圧にしめされるように憲法28条対する攻撃も強まっています。私たちは憲法28条破壊にたいする反撃は、労働運動だけでは闘えないと考えています。連帯関生支部への大弾圧との闘いは、憲法28条を守る闘い、憲法を守る広範な人々の闘い、と結合して勝利に向け前進すると考えています。 
講 演:位田浩弁護士(武建一委員長主任弁護人)
主 催:ユニオンネットワーク・京都
    労働組合つぶしの大弾圧を許さない!京滋実行委
    (公社)ラボール京都学園
連絡先:電話:0774・43・8721 FAX 0774・44・3102
https://jimmin.com/events/event/%E6%86%B2%E6%B3%9528%E6%9D%A1%EF%BC%88%E5%8A%B4%E5%83%8D%E4%B8%89%E6%A8%A9%EF%BC%89%E7%A0%B4%E5%A3%8A%E3%82%92%E8%A8%B1%E3%81%95%E3%81%AA%E3%81%84%EF%BC%817-23%E4%BA%AC%E6%BB%8B%E9%9B%86%E4%BC%9A/



●7月23日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



●7月24日(水) 14:00~201号法廷(大法廷)(少なくとも13:30前には集合)(地下鉄淀屋橋より北東へ8分 大阪市役所の北側、橋を渡り直すぐ http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/)
中国人強制連行 大阪・花岡 国賠訴訟 控訴審第一回口頭弁論
新たな闘いがはじまります!!中国から、「花岡」原告などが来日予定
一審とは違い、「高裁」での弁論は数回に限られます(通常は1~2回程度)。私たちはこの少ない機会を有効に捉え、「本人陳述」と「学者証言」を裁判所に認めさせる為に、今全力で準備をしています。「4/27西松判決」を覆す主戦場は「最高裁」になると思われますが、「最高裁」における“判断”の基準はそれまでに出された証拠、弁論を基に行われます。その為にも、今回の高裁での弁論が決定的に重要となります。
「不当判決」を許さないという大きな“世論”の力が必要です。
控訴審 第一回口頭弁論の傍聴に是非ともお越しください!
裁判後、いつものように「弁護士会館(1203号室)」(裁判所東隣り)にて「報告集会」が行われます。
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0724.pdf



●7月24日(水) 14:00~16:30 エル・おおさか(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
省エネアドバイザー養成講座
大阪府地球温暖化防止活動推進センター((一財)大阪府みどり公社)では、大阪府から委託を受け、各地域で省エネ相談会を実施することになりました。その相談会でご協力いただく「省エネアドバイザー」を養成する講座を開催します。ご興味のある方はお気軽にご参加ください!
1) 上手に伝えるコツを知ろう
お知り合いやイベントに来られたお客様に、環境や省エネについて関心を持っていただきたい。
その思いを伝えるには、どこに気を付ければよいかをお話しします。
<講師>公益社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会
消費生活アドバイザー/うちエコ診断士 村上 なつき 氏
2) 簡易エコライフ診断ソフトを使った省エネアドバイス
省エネ相談会では、簡単なエコ記入シートと、診断書が作れる「簡易診断ソフト」を使って、府民の皆さまに省エネの話をします。どうしたら省エネについて考え、行動してもらえるのか、工夫の仕方を学びます。
<講師>有限会社ひのでやエコライフ研究所 取締役 鈴木 靖文 氏
3) 大阪の省エネについて
大阪府域の地域特性を踏まえた省エネ情報や省エネ行動の効果等についてご紹介します。
日時:7月24日(水)、29日(月)、30日(火) 
   ※どの日程も内容は同じです。いずれかにご参加ください。
主催:大阪府
対象:大阪府地球温暖化防止活動推進員、うちエコ診断士、環境活動に興味のある方など
申し込み:所定の項目をご記入のうえ、下記申込先までE-mailまたはFAXでお申し込みください。
締切:参加する講座の前日
定員:①先着20名、②先着30名、③先着20名
※定員を超過した場合のみ、ご連絡いたします。
※ご記入いただいた情報は、本イベントに関する各種連絡・情報提供に利用させていただきます。
申し込み:E-mail center@osaka-midori.jp / FAX 06-6266-8665
問合せ:大阪府地球温暖化防止活動推進センター(一般財団法人大阪府みどり公社 環境チーム)
TEL:06-6266-1271
※ 省エネアドバイザーの登録について
養成講座を受講して、大阪府知事より大阪府地球温暖化防止活動推進員の委嘱を受けた方は、当センターが実施する省エネ相談会で「省エネアドバイザー」として活躍していただくことができます(旅費・日当を支給)。この機会にぜひお申し込み下さい。なお、省エネ相談会でご協力いただくことは必須ではありません。
※ 大阪府地球温暖化防止活動推進員への応募方法について(随時受付中)
募集案内は大阪府ホームページにてご確認ください。
http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/28079/00000000/youseitirashi.pdf



●7月24日(水) 午前10時30分~12時 神戸学生青年センターホール(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/
[食料環境セミナー]日本の食料の未来のために
「 有機農業オーガニックとSDGs 」

講師:(株)プラスリジョン代表取締役 福井 佑美子さん
参加費:600円 
※託児(無料)があります。
必要な方は前々日までに予約してください。 
主催 : (公財)神戸学生青年センター
http://ksyc.jp/seminar/ss201904-07/



■7月24日(水) 午後10:00~10:54 テレビ大阪、テレビ東京系列
「未来世紀ジパング ~日本人の知らない韓国~」
今、様々な面で日本とうまくいっていない韓国。国民の間でもさぞ“反日”が進んでいるかと思えば、そうでない一面も。また、経済状況もよくない韓国の若者たちの“希望”と“夢”。また日韓間関係が“史上最悪”言われるようになった理由も解説。
https://www.tv-tokyo.co.jp/zipangu/



●7月26日(金) 関西電力本社前(「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:00頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:00 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●7月26日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●7月26日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●7月26日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&パレード



●7月26日(金) 17時20分開始~18時00分 関電姫路支社前→JR姫路駅前
「関電さん原発止めて350回目姫路行動」
・前半:関電姫路支社前抗議行動 17時20分開始~18時00分
リレースピーチ、ヒューマンチェ-ん、歌など。終了後、歩いて駅まで移動します。
〒670-8577 兵庫県姫路市十二所前町117番地
http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/himeji/index.html
関電姫路支社は、JR姫路駅から歩いて、約10分少しです。
・後半:JR姫路駅前宣伝活動  18時15分~19時20分頃終了    
リレースピーチ、歌、詩の朗読など 並行して、チラシ配布、署名活動も。
また、フラシッュモブスタイルでの訴えなどもします。
主催:脱原発はりまアクション



●7月26日(金) 13時半~16時半、ひと・まち交流館京都(京阪清水五条駅)
相模原殺傷事件から3年|なにが問題か? あなたはどうする? 
講師:隅河内司ほか。
ドキュメンタリー映画『夜明け前 呉秀三と無名の精神障害者の100年』上映
参加無料
主催:実行委(090-1960-9922)



●7月26日(金) 18:30~エルおおさか5階(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
朝鮮戦争・休戦協定締結66周年 シンガポール共同声明と板門店宣言の履行による東アジアの恒久平和の実現をめざす7・26大阪集会
講師:康宗憲さん
資料代:¥1000
主催:7・26大阪集会実行委員会
連絡:TEL06-6583-5549(全日建連帯労組近畿地方本部)
http://jimmin.com/events/event/朝鮮戦争・休戦協定締結66周年%e3%80%80シンガポール共同/



●7月26日(金) 18:30~大阪府社会福祉会館503教室(谷町六丁目駅④ 谷町九丁目駅② http://www.fine-osaka.jp/syakaifukusi/map.html
良心的ケアマネ学習会
主 催:介護・福祉総がかり行動
連絡:TEL06-6583-4880(NPOみなと気付 大野)
http://kakukyodo.jp/shukai.htm

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2019年7月21日(日)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-515.html




■7月21日(日) 午前10:05~10:53 NHK総合
明日へ つなげよう 証言記録▽津波と放射能に襲われた母校~福島県初の震災遺構~
今年3月、福島県初の震災遺構に決まった浪江町の請戸小学校。あの日、82名の児童は全員無事に避難。ところが翌日、原発事故が発生し長い避難生活を余儀なくされた。町は、津波と原発による複合災害の教訓を伝える遺構として保存を決定。しかし当時の在校生の中には、保存を望みながらも原発事故をどう受け止めるべきか戸惑う若者もいる。母校をどのように残し何を伝えていくのか。震災遺構に託された住民それぞれの思いをたどる
https://www.nhk.or.jp/ashita/bangumi/



●7月21日(日) 10時~12時 茨木福祉文化会館201号室(JR茨木駅・阪急茨木市駅から約700メートル http://www2.wagamachi-guide.com/ibanavi/map.asp?mpsw=500&mpsh=400&uid=107&mpx=135%2E5711305&mpy=34%2E8140335&mps=2500&dtp=1&lid=3
「食はいのちの源!測って安心!おいしくいただきましょう」 
講師:時枝功さん(高槻市民放射能測定所代表)
数日前、TOKIOが出演するキャンペーン「食べて福島を応援しよう!」の新バージョンをNHKニュースで観ました。桃もトマトもキューリもピチピチ元気、美味しさ弾ける、笑顔いっぱいのキャンペーン。結構な時間をとっての内容でした。一方、6月の高槻市民放射能測定所のブログに「JR大阪駅の売店で買ったスイートポテトの測定結果は0.9ベクレル/kg」でした。
主原料のさつまいもは茨城産。たまたま当たったのかどうかはわかりません。気にする人もいれば気にしない人もいます。残念ながら放射能は五感では感じられません。しかし測ることで見えてくるものがあります。誰もが安全で安心な食べ物を美味しくいただきたいものです。測定所の役割の大きさを感じるこの頃です。
今回は測定所の代表である時枝さんに、どのように測定しているのか、開設からの6年を振り返っての思いなど日頃の悩みや希望を話してもらいます。みなさんご参加ください。
参加費:300円
http://kansapo.jugem.jp/?eid=467



●7月21日(日) 15時~17時 日本キリスト教団神戸教会(阪急神戸高速線 花隈駅 徒歩2分 神戸市営地下鉄山手線 県庁前駅 徒歩2分 JR神戸線三ノ宮駅 徒歩10分 https://loco.yahoo.co.jp/place/g-vzdOjJAM2_-/?utm_source=dd_spot&sc_e=sydd_spt_slo_n_p_ttl&lsbe=1 神戸市中央区花隈町9-16 078-341-2598)
「そこにいのちがあるから~福島からのメッセージ~」
会津放射能情報センター代表 片岡輝美さん
東京電力福島第一原子力発電所事故から8年、福島の復興が大きく報じられる影で進められているのは「被害者の見えない化」。この事実に向き合い、核事故後に問われている生き方をご一緒に考えましょう。
入場無料、申し込み不要
問合せ先:神戸教会、会津放射能情報センター
主催:会津放射能情報センター
https://www.aizu-center.org/



●7月21日(日) 14時~16時 M&Dホール(JR難波駅から3分、地下鉄なんば駅から5分 https://osaka-hk.org/access
第30回 反核医師・医学者のつどいin京都
プレ企画 安倍政権とメディア-民主主義とは何か-

講師:望月衣塑子さん(東京新聞社会部記者)
事前申込要 
主催:保団連近畿ブロック・近畿反核医師懇談会
連絡:TEL06-6568-7731(大阪府歯科保健医協会)
https://jimmin.com/events/event/第30回-反核医師・医学者のつどいin京都-プレ企画-%e3%80%80/



ネットで確認できません。
●7月21日(日) 14時~16時半 垂水勤労市民センター講習室(定員32名)(JR垂水駅 https://www.mapion.co.jp/m2/34.63026554,135.05686785,16/poi=0000TCRH_001pa
高橋ひでのりと市政を考える会・第1回議会報告会&講演会
・神戸市会第2回定例市会報告 
・参議院選挙に関連して
・講演「神戸市の外国人施策について」 
 講師:觜本郁さん(NGO神戸外国人救援ネット)



●7月21日(日) 15:30~16:30 近江八幡駅南口前
狭山再審を求める定期アクション
https://jimmin.com/events/event/狭山再審を求める定期アクション/

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2019年7月20日(土)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報


『主戦場』The Main Battleground of the Comfort Women Issue
ようこそ、 「慰安婦問題」論争の渦中 バトルグラウンド へ
ひっくり返るのは歴史か それともあなたの常識か
あなたが「ネトウヨ」でもない限り、彼らをひどく憤らせた日系アメリカ人YouTuber のミキ・デザキを、おそらくご存知ないだろう。ネトウヨからの度重なる脅迫にも臆せず、彼らの主張にむしろ好奇心を掻き立てられたデザキは、日本人の多くが「もう蒸し返して欲しくない」と感じている慰安婦問題の渦中に自ら飛び込んでいった。
慰安婦たちは「性奴隷」だったのか?「強制連行」は本当にあったのか? なぜ元慰安婦たちの証言はブレるのか? そして、日本政府の謝罪と法的責任とは……?
次々と浮上する疑問を胸にデザキは、櫻井よしこ(ジャーナリスト)、ケント・ギルバート(弁護士/タレント)、渡辺美奈(「女たちの戦争と平和資料館」事務局長)、吉見義明(歴史学者)など、日・米・韓のこの論争の中心人物たちを訪ね回った。さらに、おびただしい量のニュース映像と記事の検証と分析を織り込み、イデオロギー的にも対立する主張の数々を小気味よく反証させ合いながら、精緻かつスタイリッシュに一本のドキュメンタリーに凝縮していく。そうして完成したのが、映画監督ミキ・デザキのこの驚くべきデビュー作、『主戦場』だ。
映画はこれまで信じられてきたいくつかの「物語」にメスを入れ、いまだ燻り続ける論争の裏に隠された“あるカラクリ”を明らかにしていくのだが..それは、本作が必見である理由のごくごく一部に過ぎない。
さて、主戦場へようこそ。
●4/27~第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
7/20(土) 両館とも休映
7/21(日)~23(火)
 ①10:00~シアターセブン(5階)
 ②14:50~シアターセブン(5階)
7/24(水)~26(金)
 ①14:50~シアターセブン(5階)
 ②19:30~シアターセブン(5階)
7/27(土)・28(日)
 12:15~第七藝術劇場(6階)
 20:45~シアターセブン(5階)
7/29(月)~8/2(金)
 12:15~第七藝術劇場(6階)
 18:50~シアターセブン(5階)
http://www.nanagei.com/movie/data/1341.html



『シード ~生命の糧~』
人類史上で最も急速に 種子の多様性が失われている
種子の多様性を守るために私たちのすべき選択とは?
種は私たちにとって命そのもの。しかし、前世紀中に野菜の種子の実の94%が消滅。気候変動や、世界の種子市場を多国籍企業の独占が大きな要因だ。市場には遺伝子組換え作物(GMO)が登場し、多くの国々で農家が種子を保存し翌年蒔くことが禁止されるようになった。結果、人類史上最速で種子の多様性が失われている。そんな現在、世界中で立ち上がった種の守り人たちがいる。「種子は私たちの子孫」とトウモロコシの種を守り続けるアメリカの先住民。人類の終末に備え、最大300万種の種を貯蔵できるシードバンク、スヴァールバル世界種子貯蔵庫に種子を保存する人々。ヴァンダナ・シヴァ、ジェーン・グドールなど著名な活動家と種子の多様性を守る方法を探る。
公式サイト :http://unitedpeople.jp/seed/
●7/13~第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
7/20~7/26 13:00(~14:40終)
http://www.nanagei.com/movie/data/1368.html



『作兵衛さんと日本を掘る』
未来へ突き抜ける。炭鉱力。ゴットン。
1964 年、オリンピックの喧騒を遠くに感じていた労働者の見た風景は、 2020年、変わっているのだろうか?
作者の山本作兵衛さん(1892-1984)は、福岡県の筑豊炭田で、幼い頃から働いた生粋の炭坑夫だ。自らが体験した労働や生活を子や孫に伝えたいと、60歳も半ばを過ぎてから本格的に絵筆を握った。専門的な絵の教育は一度も受けていない。そして2000枚とも言われる絵を残した。
作兵衛さんが炭鉱の記録画を描き始めたのは、石炭から石油へというエネルギー革命で、国策により炭鉱が次々と消えていくさなかであった。その裏では原子力発電への準備が進んでいた。作兵衛さんは後の自伝で「底の方は少しも変わらなかった」と記している。その言葉から半世紀。作兵衛さんが見続けた「底」は今も変わらず、私たちの足元に存るのではないか?
作兵衛さんの残した記憶と向き合い、その絵さながらに働いた元おんな坑夫の人生や作兵衛さんを知る人々の証言を通じ、この国の過去と現在、未来を掘る! ゴットン!
●7/20~第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
■7/20(土) ②15:00の回 トークショー予定
 登壇予定者:熊谷博子監督
7/20~7/26 10:20(~12:20終)15:00(~17:00終)
7/27~8/2 10:00(~11:55終)
http://www.nanagei.com/movie/data/1360.html



『金子文子と朴烈(パクヨル) 』
朴と共に死ねるなら、私は満足しよう-----
青春を懸けて掴み取ろうとした、愛、そして革命。
社会の底辺で見つけた、美しくも狂おしい魂の叫び――。
1923年、東京。社会主義者たちが集う有楽町のおでん屋で働く金子文子は、「犬ころ」という詩に心を奪われる。この詩を書いたのは朝鮮人アナキストの朴烈。出会ってすぐに朴烈の強靭な意志とその孤独さに共鳴した文子は、唯一無二の同志、そして恋人として共に生きる事を決めた。ふたりの発案により日本人や在日朝鮮人による「不逞社」が結成された。しかし同年9月1日、日本列島を襲った関東大震災により、ふたりの運命は大きなうねりに巻き込まれていく。 内務大臣・水野錬太郎を筆頭に、日本政府は、関東大震災の人々の不安を鎮めるため、朝鮮人や社会主義者らを無差別に総検束。朴烈、文子たちも検束された。社会のどん底で生きてきたふたりは、社会を変える為、そして自分たちの誇りの為に、獄中で闘う事を決意。ふたりの闘いは韓国にも広まり、多くの支持者を得ると同時に、日本の内閣を混乱に陥れていた。そして国家を根底から揺るがす歴史的な裁判に身を投じていく事になるふたりには、過酷な運命が待ち受けていた…。
公式サイト:http://www.fumiko-yeol.com
●7.20(土)~8.2(金) シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
7/20(土)~26(金) 12:20(~14:34終)
7/27(土)~8/2(金) 時間未定
http://www.theater-seven.com/2019/mv_s0084.html



●7月20日(土) 13時~14時30分(このあと、情報共有、原告定例会、サポーター事務局会議があります)大阪弁護士会館 904号室(京阪「なにわ橋駅」出口1徒歩約5分 地下鉄・京阪「淀屋橋駅」1号出口から徒歩約10分 地下鉄・京阪「北浜駅」26号階段から徒歩約7分 http://www.osakaben.or.jp/06-access/
KANSAIサポーターズ訴訟学習会
「放射能測定から見えること ~みんなのデータサイト・大沼淳一さんをお招きして~」

KANSAIサポーターズでは、毎月第3土曜日に訴訟学習会を開催しています。
昨年暮れにみんなのデータサイトから「図説・17都県放射能測定マップ+読み解き集」が出版されました。今回は執筆者の一人である大沼淳一さんをお招きして、放射能測定の基礎から今の行政対応の問題点までお話していただきます。なお、『図説・17都県放射能測定マップ+読み解き集』をお持ちの方は、当日ご持参ください。
講師:大沼淳一さん
プロフィール:未来につなげる・東海ネット市民放射能測定センター(通称C?ラボ)運営委員。1944年、仙台市生まれ。名古屋大学大学院理学研究科分子生物学専攻博士課程中退。元愛知県環境調査センター主任研究員、高木仁三郎市民科学基金助成金顧問、内部被曝問題研究会理事、金城学院大学非常勤講師。「みんなのデータサイト」に参加している全国の市民放射能測定所の測定器の精度を検証する「基準玄米」プロジェクトの責任者。
参加費:原告の方々や避難者の方無料  サポーター(テキスト代として)200円
ご予約・お問合せ:kansaisapo☆gmail.com (←☆を@に置き換えて下さい)
上記に参加者される方の氏名をお書きの上、お申込みください。
当日の連絡先 → 070-5658-9566
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-2223.html



●7月20日(土) 13:30~16:30 こどもみらい館第1研修室B(地下鉄丸太町駅下車徒歩5分 https://map.goo.ne.jp/place/26003170358/map/
シンポジウム「福島原発事故は本当に甲状腺がんと無関係か?評価部会報告批判」
福島県の甲状腺検査評価部会は、6月3日、あれこれの理由を並べて、原発事故と小児甲状腺がんとの関連を認めないとする中間報告を発表しました。さまざまな角度からこれを検討し批判するため本シンポジウムを企画しました。ぜひご参加ください。
シンポジスト(五十音順)
 大倉 弘之 さん (京都工芸繊維大学名誉教授)
  「原発事故による放射能の影響を否定することはできない」
 宗川 吉汪 さん (科学者会議京都支部原発問題研究会)
  「原発事故の核心は放射能被ばくへの恐怖である」
 福島 敦子 さん (原発賠償京都訴訟原告団共同代表)
  「首都圏河川底質中の放射性セシウムの挙動解析」
 山田 耕作 さん (京都大学名誉教授)
  「小児甲状腺がんの発症率の地域差は被曝線量に比例する」
 渡辺 悦司 さん (市民と科学者の内部被曝問題研究会会員)
 「福島事故ヨウ素131放出量?政府推計の9?17倍」
司会:奥森 祥陽 さん(京都・市民放射能測定所代表)
参加費:500円
主催:シンポジウム実行委員会
連絡先:日本科学者会議京都支部 075-256-3132
    京都・市民放射能測定所 090-8232-1664
http://maruttonishi.blog.fc2.com/blog-entry-1350.html



●7月20日(土) 13時30分~16時30分 大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
連続セミナー陪審制度を学ぶ 第20弾 
世界がびっくり!これで大丈夫か「日本の刑事司法」第3回
「冤罪を晴らすのってそんなに難しいの? ~日野町事件のこれまでと今後~」 

講師:伊賀 興一氏(大阪弁護士会・日野町事件弁護団団長)
会費:1000円(学生は半額) 事前申込み不要 
主催:陪審制度を復活する会
http://www.labornetjp.org/EventItem/1562917520827matuzawa



●7月20日(土) 17:00~豊中市野田中央第2公園(https://www.navitime.co.jp/maps/poi?code=02022-1184534)18:00~デモ
ウヤムヤ反対!森友問題追及!怒りのデモを!
主催:「森友学園」疑獄を許すな!実行委員会
http://jimmin.com/events/event/ウヤムヤ反対%ef%bc%81森友問題追及%ef%bc%81怒りのデモを%ef%bc%81/



●7月20日(土) 14時~16時半 大阪弁護士会館10F(京阪「なにわ橋駅」出口1徒歩約5分 地下鉄・京阪「淀屋橋駅」1号出口から徒歩約10分 地下鉄・京阪「北浜駅」26号階段から徒歩約7分 http://www.osakaben.or.jp/06-access/
和歌山カレー事件から21年
◇第1部 弁護団報告 和歌山カレー事件再審請求と民事訴訟の いま そして これから パートⅤ
昨年秋以降、大阪高裁での三者協議は開かれていません。今年1月半ばに弁護団からの書面は提出が終わり、請求した再鑑定などについての、裁判所の判断待ちの状態です(2019.3末現在)。 また一昨年春に提訴した、中井泉・山内博両鑑定人に対する民事訴訟は、現在ラウンドテーブルが継続していますが、3月下旬までに双方の主張の提出が終わり、5月末には今後の予定が決まりそうです。このような現状なので、この集会では、その後どうなったのかを報告していただきます。
◇第2部 河合潤教授による特別講義
河合教授からは、「ヒ素」と「鉛」のデータの読み間違いについての、意見書が提出されています。えっ、どういうこと???? なにそれ?っていう話なのですが、そこんとこをやさしくレクチャーしていただきます。 
挨拶:鈴木邦男さん(林眞須美さんを支援する会代表)
資料代:800円 事前申込不要 
主催:和歌山カレー事件を考える人々の集い
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0720.pdf



●7月20日(土) 18:00~20:00 猪飼野セッパラム文庫(天王寺区細工谷2-14-8 090-9882-1663 近鉄「上本町六丁目駅」8分・地下鉄「谷町9丁目駅」10分、ドンキホーテ上本町店から東へ、セブンイレブンを右へ約100m、左側3軒目 http://www.mapion.co.jp/m2/34.66158997553531,135.5232413888889,16
「映像で見る朝鮮韓国在日」第44回上映会
資料上映:猪飼野の街の変遷を見る
「フサさんの住む街―支えあい共に生きる」『NHKプライム10』(1993年放映、44分)
「ハルモニ(おばあさん)~民族・家族の絆の中で」(制作:ドーンビデオメイト、2001
年、17分)
参加無料(カンパお願い)【要予約】
http://www.labornetjp.org/EventItem/1563326364982staff01



●7月20日(土) ※時間は前後することがあります。
大椿ゆうこ街宣
8:00     PLP会館出発 ※本人不在
9:00-9:30  南森町 ※本人不在
10:30-11:00 JR天王寺東口 ※本人不在
12:00-12:30 千日前 ※本人不在
15:30-16:30 阪急曽根 本人参加
「森友は終わってない、うそつき政治を許さない大街宣」
18:00-    JR尼崎駅 本人参加
18:00-18:30 梅田ヘップファイブ前 ※本人不在
19:00-20:00 梅田周辺(詳細はSNSにて)最終街宣
(愛知)
10:00-   名古屋市栄町 本人参加
11:30-   名古屋駅前「トヨタは内部留保はき出せ」 本人参加
https://www.facebook.com/ohtsubaki/photos/pcb.2808653245831422/2808654112498002/?type=3&theater



●7月20日(土) ※時間は前後することがあります。
たつみコータロー街宣
10:00
街頭演説 スーパーマーケットバロー淡路店前
10:30
街頭演説 コーナンセンイシティー新大阪店前
10:50
街頭演説 イオンタウン淀川三国店前
12:30
街頭演説 柏里西公園東側
12:50
街頭演説 ライフ御幣島店前
13:10
街頭演説 市営出来島第二住宅前
13:30
街頭演説 佃コーポ6号棟前
14:05
街頭演説 三菱UFJ銀行 四貫島支店前
14:50
街頭演説 千鳥橋みどり公園前
16:00
街頭演説 JR大阪駅御堂筋南口with志位和夫
16:25
街頭演説 ヨドバシカメラ東側with志位和夫
17:00
街頭演説 梅田ヘップファイブ前with志位和夫
17:50
街頭演説 なんばパークス前with志位和夫
18:05
オタロード流しwith志位和夫
19:30
打ち上げ 天王寺ミオ前with志位和夫
最新の情報はこちら:http://www.tatsumi-kotaro-jump.com/schedule/#6244
https://twitter.com/kotarotatsumi/status/1152196482264551424



■7月21日(日) 午前06:10~06:45 NHK総合
目撃!にっぽん「荒海にかけた青春~外国人技能実習生の日々~」
松葉ガニやカレイなどを狙う沖合底引き網漁。鳥取県の主要産業だが、不眠不休の過酷な労働のため担い手不足が進んでいる。いまその現場を支えているのは、インドネシア人技能実習生たちだ。6月、実習期間を終え、帰国することになった若者たち。しかし、ある若者は仕事中の事故で指を失い、船長になる夢を断念。またある若者は転覆事故で命を失った…。彼らが夢見た日本の現実とは?技能実習に青春を捧げた若者たちの記録。
https://www4.nhk.or.jp/mokugeki-nippon/x/2019-07-21/21/17409/1077352/

(7/18更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2019年7月15日(月休)~19日(金)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-512.html




●7月15日(月休) 午後1:30~4:30 国労大阪会館(天満駅出口から徒歩約2分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/map/)
天皇代替わり反対! 大嘗祭・京都主基斎田反対!
7・15学習集会

天皇代替わり―30年前から今を考える
映像で見る大分県主基斎田(すきさいでん)抜穂(ぬきほ)の儀への知事参列を違憲とする訴訟
講師:島田雅美さん(天皇問題を考える市民ネットワーク)
参加費:1000円(経済的に厳しい方は受付へ) 
主催:参戦と天皇制に反対する連続行動
http://www.labornetjp.org/EventItem/1562661721983matuzawa



●7月15日(月休) 14:30~日本基督教団奈良教会(近鉄奈良駅から歩7分。奈良女子大学生寮の東側 https://church.ne.jp/nara/
パレスチナ・キリスト者からの言葉
~村山牧師がかみ砕く!パレスチナ問題とは何か?何が核心か?~

主 催:奈良県伝道会・社会部
http://amnesty-jpn45g.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-a62965.html



●7月15日(月休) 13:30~15:30頃 山本コミュニティーセンター(大阪府八尾市山本町1丁目8-11  河内山本駅から徒歩2分 高安駅から徒歩13分 https://map.goo.ne.jp/place/27000820437/map/
憲法カフェ
テーマ:9条改憲
講師:藤井恭子 弁護士
主催:八尾退女教https://calendar.google.com/calendar/event?eid=M3VtbnJscHZibTBsZWZiOHZwc2Zoc2hhbzQga29iYXlhc2hpMjU2OTRAbQ&ctz=Asia/Tokyo



●7月15日(月休) ※変更になる可能性があります。
たつみコータロー街宣
9:00
街頭演説 酉島第2市営住宅(旧府営住宅)
9:25
街頭演説 ユニバーサル駅前マンション(島屋6丁目)
11:00
街頭演説 大正区役所前with二見伸明公明党元副委員長
13:30
練り歩き 駒川商店街南口スタート
14:35
街頭演説 駒川商店街北口with二見伸明公明党元副委員長
16:00
街頭演説 近鉄「布施」駅前with市田忠義副委員長
18:30
演説会 平野区民センターwith市田忠義党副委員長
19:00
演説会 生野区民センター
最新の情報はこちら:http://www.tatsumi-kotaro-jump.com/schedule/#6244
https://twitter.com/kotarotatsumi/status/1150362536547508225



●7月16日(火) 18:30~20:30 ハートピア京都 京都府立総合社会福祉会館 (地下鉄「丸太町」5番出口すぐ/市バス・京都バス・JRバス「烏丸丸太町」下車 烏丸丸太町下ル東側 075-222-1777 http://www.heartpia-kyoto.jp/access/access.html
京都反原発めだかの学校・学習会
「福島原発事故、今ある事実を「土ホコリ」」に知る!

お話し:河野益近さん
参加費:500円
連絡先:070-5433-1603(めだかの学校)
https://jimmin.com/events/event/京都反原発めだかの学校・学習会%e3%80%80福島原発事故/



●7月17日(水) 10:30~15:00(途中からの参加、途中退室も可能です) 大阪市立社会福祉センター(近鉄「大阪上本町」⑪東へ徒歩3分 地下鉄「谷町九丁目」⑧徒歩10分 http://shafuku-center.jp/shisetsu.html
【避難者交流会Cafe IMONIKAIのご案内】
参加対象者:3.11避難者&3.11避難者に心をお寄せくださる方ならどなたでも大歓迎☆
3.11および福島原発事故避難者の「居場所」です。タブー一切なし、何でも話して大丈夫です。話すこと、会話することで、つながることで、見えてくること、困りごとの解決への糸口も見つかったりするなど色々・・・当日お目にかかれる皆さま方、応援くださる皆さま方、どうぞよろしくお願いしますm(__)m
参加者全員が3.11避難者のために出来るボランティア参加です(^^)
主に、初めて参加の方や避難してきて間もない方へ、先に避難してきて参考になったことなど、避難者にとってのお役立ち情報などの提供など、出来る範囲で背伸びせず、出来る事を担ってただけましたらと思っています。
参加費:無 料 差し入れ大歓迎♪
※飲み物は各自でご用意ください
お申込み:特に不要です。
今後の予定: 8月19日(月),9月17日(火)、10月15日(火)、11月19日(火)
お問合せ:sandori2014@gmail.com 
     サンドリ【3.11避難者交流カフェイモニカイ】係
主 催:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (略称:サンドリ)
協 力:大阪市ボランティア・市民活動センター(大阪市社会福祉協議会)
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-2218.html



●7月17日(水) 午後7時~小田北生涯学習プラザ(旧小田公民館)(JR尼崎駅北口北東へ徒歩約5分 ヴェール尼崎1・2階 http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/map/institution/05_009.html
バラマキは始まっている?
福島原発事故由来の放射能汚染土の今とこれから

講師:末田 一秀さん(はんげんぱつ新聞編集委員)
環境省は汚染土を全国の公共事業で使おうとすでに実証事業を始めている。問題点は何か、どこまで進んでいるか。末田さんに聞きます。
主催:さいなら原発尼崎住民の会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0717-1.pdf



●7月17日(水) 開場15:00~バザー展示 開演17:00~すばるホール(大阪府富田林桜が丘2-8 近鉄長野線「川西駅」から徒歩8分。http://subaruhall.org/info/access.html
Swing MASA Don't Kill Concert By Swing MASA
座席指定;3500円(先着200名 5/30まで)前売り;2000円 当日券;4000円
出 演
Swing MASA & Osaka Jazz Womyns
アンサンブルサビーナ
佐渡山豊
桜井昌司
夜明けのさっちゃんズ
ネットバンド etc. 多数
主催:7.17 Don't Kill Concert実行委員会
問合せ:090 9870 1260 swingmasa@me.com
https://www.facebook.com/events/2323594627884080/



●7月17日(水) ※時間は前後することがあります。
大椿ゆうこ街宣
8:00 千里中央モノレール2階通路
9:00 阪急箕面駅
11:00 阪急茨木駅東口
12:30 JR高槻駅南口
14:00 京阪枚方市駅南口
15:30 京阪交野市駅西側イズミヤ前
17:00 京阪寝屋川市駅中央バスロータリー
18:30 京阪古川橋駅ダイエー前
https://www.facebook.com/ohtsubaki/photos/a.2576542399042509/2802896826407064/?type=3&theater



●7月17日(水) ※時間は前後することがあります。
たつみコータロー街宣
12:00
街頭演説 阪急「南千里」駅 まるたす広場
12:40
街頭演説 JR「吹田」駅イオン前with小林節(慶應義塾大学名誉教授)
13:20
街頭演説 江坂エスコタウン
14:30
街頭演説 阪急「豊中」駅人工広場南側前with小林節(慶應義塾大学名誉教授)
17:15
街頭演説 阪急「石橋」駅西口
17:40
街頭演説 阪急「池田」駅ダイエー前
19:00
演説会 大東キラリエホールwith小林節(慶應義塾大学名誉教授)
最新の情報はこちら:http://www.tatsumi-kotaro-jump.com/schedule/#6244
https://twitter.com/kotarotatsumi/status/1151110206526377985



●7月18日(木) 14時~神戸地裁101号法廷(神戸駅徒歩5分 大倉山(兵庫県)駅徒歩2分 http://www.courts.go.jp/kobe/about/syozai1/kobemain/index.html
原発賠償ひょうご訴訟30回期日
12時30分~13時 JR神戸駅北側で街頭宣伝
13時15分~裁判所前集合
     原告・弁護団行進
     手荷物検査を経て入場
14時~神戸地裁101号法廷
◆報告集会
あすてっぷKOBE セミナー室1



●7月18日(木) 19:00~20:30 県私学会館206号(JR・阪神元町駅東口徒歩2分 阪急三宮駅徒歩7分、花隈駅徒歩7分 地下鉄県庁前駅徒歩3分 http://www.hyogo-shigaku.or.jp/map.html
選挙に行こう!安倍暴走政治にストップを 憲法を生かす市民の集い in神戸
講師:弘川よしえ(弁護士)
参加費:¥500
主催:憲法を生かす会ひょうごネット
連絡tel078-361-3655
http://jimmin.com/events/event/選挙に行こう%ef%bc%81安倍暴走政治にストップを%e3%80%80憲法/



●7月18日(木) 午後2時~大阪地裁堺支部(南海高野線堺東駅西口から徒歩5分 堺市役所西隣 http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/sakaisibu/)
フジ住宅ヘイトハラスメント第個15回口頭弁論
※傍聴抽選は午後1時15分~
https://moonkh.wixsite.com/hateharassment



●7月18日(木) ※時間は前後することがあります。
たつみコータロー街宣
5:30
朝宣伝 京橋駅連絡通路
10:30
街頭演説 阪急「淡路」駅東口
11:00
街頭演説 阪急「上新庄」駅南口
11:40
街頭演説 東淀川区役所
14:30
街頭演説 京橋駅 真実の口(京橋商店街入口)
15:00
街頭演説 京橋駅連絡通路with池内さおり
17:00
街頭演説 JR「高槻」駅南側陸橋上with小林節(慶應義塾大学名誉教授) 石川康宏(神戸女学院大学教授)
18:00
街頭演説 JR大阪駅御堂筋口with池内さおり
最新の情報はこちら:http://www.tatsumi-kotaro-jump.com/schedule/#6244
https://twitter.com/kotarotatsumi/status/1151446864476004352



●7月19日(金) 関西電力本社前(「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:00頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:00 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●7月19日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●7月19日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●7月19日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&パレード



●7月19日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に!



●7月19日(金) 19:00~20:45 神戸生活創造センター セミナー室(JR神戸駅南出口徒歩3分 神戸高速鉄道「高速神戸駅」東改札徒歩7分 地下鉄「ハーバーランド駅」徒歩5分 クリスタルビル5階 http://www.sozoc.pref.hyogo.jp/access.html
ドキュメンタリから広がる世界 2019年度第三回つどい
・・・親子・家族の平和を考える
家族づくり~子どもたちと里親の1年~

【主催者メッセージ】
親子、家族間の問題・事件が新聞紙上を賑わしています。一方、7人に1人の子どもが貧困状態にあると言われています。「貧困」は物質的なものに限らず、多くのものを子どもたちから奪います。今、この国の子どもたちが安心して暮らせていないことを思い知らされます。
様々な事情で家族と暮らせない子どもを引き取って育てる、里親活動を続けて40年になるご夫婦が大阪におられます。子どもたちがご夫婦のもとに初めてやって来て見せる姿、待ち望んだ実の親から連絡を受けたり、親のもとに(試しで)帰った日に見せる子どもたちの姿に私たちは、人が人として成長していくために必要なものが何なのかと考えさせられます。
そして、それを与えてあげられていない大人・社会の現実に胸が痛みます。子どもたちが人として豊かに育ってこそ、明日の平和な社会が望めるでしょう。ドキュメンタリーを通じて一緒に、子どもたちのこと、子どもたちをめぐる家族・社会・私たちのことを考えられたら嬉しいです。 
*神戸生活創造センター移転のため、上映会・つどいは今回が最後になります。
主催:KOBE ピースiネット



●7月19日(金) 18:30~20:30 京都大学文学部第7講義室(http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/
人骨問題を考える連続学習会@京都大学 
第3回学習会「収集と権力:京都帝大人類研究室の「南島」調査」

報告:永原陽子(京都大学)「略奪と返還:ドイツ=アフリカ間の植民地遺骨」
入場無料
主催:「人骨問題を考える連続学習会@京都大学」実行委員会
連絡:TEL075-753-3034(京都大学駒込研究室)
http://jimmin.com/events/event/人骨問題を考える連続学習会%e3%80%80%ef%bc%a0京都大学/



●7月19日(金)
大椿ゆうこ街宣
7:00~8:30 JR桃谷駅 朝立ち
10:30~11:00 南海堺東駅前
11:30~12:00 梅田ヨドバシ前(with福島みずほ)
12:15~13:00 梅田HEP5前(with福島みずほ)
14:00~14:30 天満橋交差点(※本人不在)
15:30~16:00 上本町交差点(※本人不在)
17:00~17:30 JR鶴橋ガード下(※本人不在)
18:30~京橋連絡通路
 『 ロスジェネ・非正規街宣 』☆(※本人不在)
★大椿ゆうこ候補者「東京」街宣
1)17:30~18:15東京電力本社前、
「外国人技能実習生に廃炉作業をさせるな!」
「原発作業員の孫請け・ひ孫請けをやめろ!」
2)19:00~20:00新橋SL前
https://www.facebook.com/ohtsubaki/photos/a.2576542399042509/2806082369421843/?type=3&theater



●7月19日(金) ※時間は前後することがあります。
たつみコータロー街宣
5:30
朝宣伝 JR「大阪」駅御堂筋南口
10:00
街頭演説 阪急「庄内」駅西側
10:30
街頭演説 阪急「服部天神」駅東側 
11:00
街頭演説 阪急「曽根」駅東側
14:20
街頭演説 阪急「北千里」駅前ロータリー
15:15
街頭演説 西山田1丁目A4横
16:10
街頭演説 阪急「千里山」駅東口
16:40
街頭演説 JR「吹田」駅北口
17:30
街頭演説 吹田市役所門前
18:30
街頭演説 富国生命ビル前
最新の情報はこちら:http://www.tatsumi-kotaro-jump.com/schedule/#6244
https://twitter.com/kotarotatsumi/status/1151840639027306496



脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2019年7月14日(日)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-512.html




■7月14日(日) 午前06:10~06:45 NHK総合
目撃!にっぽん「ニッポンで生きていく~東京・八王子 夜間学級の若者たち~」
義務教育を受けられなかった人のために作られた夜間中学。いま、通う人の7割は外国籍の人だ。日本で生きていくため、さまざまな事情を抱えながら、懸命に学ぶ姿を見つめた。
子どもたちが下校した後、夜の教室で開かれる夜間中学。いま、そこに通う人の7割は外国籍の人たちだ。どんな人が、どんな思いを抱いて学んでいるのか…。私たちは、東京・八王子の夜間学級に密着した。突然、親に呼び寄せられ、異国の地で暮らす孤独。故郷への仕送りも行い、クタクタになりながら働く日々。幼い頃から離ればなれだった親との葛藤…。日本で生きていこうと、様々な事情を抱えながら、夢に向かう姿を見つめた。
https://www4.nhk.or.jp/mokugeki-nippon/x/2019-07-14/21/11791/1077351/



●7月14日(日) 14:30~16:30 エルおおさか南ホール(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
小林圭二さんを偲ぶ会
参加費:¥1000
呼びかけ人:今中哲二(京都大学研究員)大島秀利(毎日新聞編集委員)中嶌哲演(反原発福井県民会議共同代表委員)新開純也(反戦反貧困反差別世話人共同代表)池島芙紀子(ストップ・ザ・もんじゅ代表)
連絡:TEL072-843-1904(ストップ・ザ・もんじゅ)
http://jimmin.com/events/event/小林圭二さんを偲ぶ会/



●7月14日(日) 13:00~16:30 姫路文学館北館講堂(http://www.himejibungakukan.jp/riyou/access/
子どものいのちを守る西日本集会
井戸謙一弁護団長裁判報告・原告報告
資料代:¥500
主催:「子ども脱被ばく裁判」を支える会・西日本
連絡:TEL090-3611-0162(後藤)
http://jimmin.com/events/event/子どものいのちを守る西日本集会/



●7月14日(日) ※変更になる可能性があります。
たつみコータロー街宣
11:00
演説会 西淀川区姫里小学校
13:00
街頭演説 天王寺ミオ前 with 志位和夫党委員長
14:30
街頭演説 あべのキューズモール前 with 香山りか・岡野八代
15:30
街頭演説 なんば高島屋前 with 香山りか・岡野八代
17:00
街頭演説 京阪「守口市」駅前
18:00
演説会 淀川区民センター
18:30
演説会 西成区民センター
19:00
演説会 港区民ホール
最新の情報はこちら http://www.tatsumi-kotaro-jump.com/schedule/#6247
https://twitter.com/kotarotatsumi/status/1149994493862481920



●7月14日(日) 14時~JR石山駅2階デッキ
タイトル:かだ由紀子勝利集会
応援弁士:市民連合・清水雅彦さん(日体大教授・憲法学、九条の会世話人)
*安倍9条改憲に反対し、立憲主義を回復し安倍政治を終わらせることを願う、滋賀県内のすべての団体、グループ、個人の参加を呼び掛けます。職場・地域で誘いあってご参加ください。
主催:総がかり行動・しが
問い合わせ:戦争をさせない1000人委員会・しが(077-524-9970)憲法を守る滋賀共同センター(077-521-2536)
https://sites.google.com/site/syamahi9j/zi-he-jiu-tiaono-huinyusu



■7月14日(日) 午後10:00~11:50 NHK BS1 
BS1スペシャル▽欲望の資本主義 欲望の貨幣論▽やめられない止まらない…特別編
仮想通貨、GAFA…、技術が市場を変えていく今、欲望の形も変わる?お金が無くなる?希望と不安が交錯する中、動きが加速化する。「貨幣論」他多くの著作を生み、資本主義の抱えるパラドックに半世紀にわたって挑み続けてきた日本を代表する経済学者・岩井克人の言説を軸に、ノーベル経済学賞受賞のスティグリッツ、ティロール、異端のセドラチェク、ハラリ、ガブリエルらの知性も加わり展開するスリリングな異色ドキュメント。
https://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2019-07-14/11/16349/2225682/

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2019年7月13日(土)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報


『主戦場』The Main Battleground of the Comfort Women Issue
ようこそ、 「慰安婦問題」論争の渦中 バトルグラウンド へ
ひっくり返るのは歴史か それともあなたの常識か
あなたが「ネトウヨ」でもない限り、彼らをひどく憤らせた日系アメリカ人YouTuber のミキ・デザキを、おそらくご存知ないだろう。ネトウヨからの度重なる脅迫にも臆せず、彼らの主張にむしろ好奇心を掻き立てられたデザキは、日本人の多くが「もう蒸し返して欲しくない」と感じている慰安婦問題の渦中に自ら飛び込んでいった。
慰安婦たちは「性奴隷」だったのか?「強制連行」は本当にあったのか? なぜ元慰安婦たちの証言はブレるのか? そして、日本政府の謝罪と法的責任とは……?
次々と浮上する疑問を胸にデザキは、櫻井よしこ(ジャーナリスト)、ケント・ギルバート(弁護士/タレント)、渡辺美奈(「女たちの戦争と平和資料館」事務局長)、吉見義明(歴史学者)など、日・米・韓のこの論争の中心人物たちを訪ね回った。さらに、おびただしい量のニュース映像と記事の検証と分析を織り込み、イデオロギー的にも対立する主張の数々を小気味よく反証させ合いながら、精緻かつスタイリッシュに一本のドキュメンタリーに凝縮していく。そうして完成したのが、映画監督ミキ・デザキのこの驚くべきデビュー作、『主戦場』だ。
映画はこれまで信じられてきたいくつかの「物語」にメスを入れ、いまだ燻り続ける論争の裏に隠された“あるカラクリ”を明らかにしていくのだが..それは、本作が必見である理由のごくごく一部に過ぎない。
さて、主戦場へようこそ。
●4/27~第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
7/13(土)
 10:20~シアターセブン(5階)
 17:45~第七藝術劇場(6階)
7/14(日)
 17:10~第七藝術劇場(6階)
7/15(月祝)~18(木)
 11:40~シアターセブン(5階)
 17:10~第七藝術劇場(6階)
7/19(金)
 10:20~シアターセブン(5階)
 17:10~第七藝術劇場(6階)
7/20(土) 両館とも休映
7/21(日)~23(火)
 ①10:00~シアターセブン(5階)
 ②14:50~シアターセブン(5階)
7/24(水)~26(金)
 ①14:50~シアターセブン(5階)
 ②19:30~シアターセブン(5階)
7/27(土)・28(日)
 12:15~第七藝術劇場(6階)
 20:45~シアターセブン(5階)
7/29(月)~8/2(金)
 12:15~第七藝術劇場(6階)
 18:50~シアターセブン(5階)
http://www.nanagei.com/movie/data/1341.html



『シード ~生命の糧~』
人類史上で最も急速に 種子の多様性が失われている
種子の多様性を守るために私たちのすべき選択とは?
種は私たちにとって命そのもの。しかし、前世紀中に野菜の種子の実の94%が消滅。気候変動や、世界の種子市場を多国籍企業の独占が大きな要因だ。市場には遺伝子組換え作物(GMO)が登場し、多くの国々で農家が種子を保存し翌年蒔くことが禁止されるようになった。結果、人類史上最速で種子の多様性が失われている。そんな現在、世界中で立ち上がった種の守り人たちがいる。「種子は私たちの子孫」とトウモロコシの種を守り続けるアメリカの先住民。人類の終末に備え、最大300万種の種を貯蔵できるシードバンク、スヴァールバル世界種子貯蔵庫に種子を保存する人々。ヴァンダナ・シヴァ、ジェーン・グドールなど著名な活動家と種子の多様性を守る方法を探る。
公式サイト :http://unitedpeople.jp/seed/
●7/13~第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
7/13(土) 13:00(~14:40終)
7/14(日)~19(金) 12:25(~14:05終)
7/20~7/26 13:00(~14:40終)
http://www.nanagei.com/movie/data/1368.html



『金子文子と朴烈(パクヨル) 』
朴と共に死ねるなら、私は満足しよう-----
青春を懸けて掴み取ろうとした、愛、そして革命。
社会の底辺で見つけた、美しくも狂おしい魂の叫び――。
1923年、東京。社会主義者たちが集う有楽町のおでん屋で働く金子文子は、「犬ころ」という詩に心を奪われる。この詩を書いたのは朝鮮人アナキストの朴烈。出会ってすぐに朴烈の強靭な意志とその孤独さに共鳴した文子は、唯一無二の同志、そして恋人として共に生きる事を決めた。ふたりの発案により日本人や在日朝鮮人による「不逞社」が結成された。しかし同年9月1日、日本列島を襲った関東大震災により、ふたりの運命は大きなうねりに巻き込まれていく。 内務大臣・水野錬太郎を筆頭に、日本政府は、関東大震災の人々の不安を鎮めるため、朝鮮人や社会主義者らを無差別に総検束。朴烈、文子たちも検束された。社会のどん底で生きてきたふたりは、社会を変える為、そして自分たちの誇りの為に、獄中で闘う事を決意。ふたりの闘いは韓国にも広まり、多くの支持者を得ると同時に、日本の内閣を混乱に陥れていた。そして国家を根底から揺るがす歴史的な裁判に身を投じていく事になるふたりには、過酷な運命が待ち受けていた…。
公式サイト:http://www.fumiko-yeol.com
●7/13~第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
7/13(土) 15:00(~17:15終)
7/14(日)~19(金) 14:25(~16:40終)
http://www.nanagei.com/movie/data/1369.html



●7月13日(土) 午後4時半~伏見港公園(京阪中書島駅下車、徒歩3分) 5時スタート
ふしみ原発ゼロパレード
コース:伏見港公園→中書島駅→龍馬通商店街→納屋町商店街→大手筋→御香宮
7~9月は暑い時間を避けて夕方のパレードになります。時間が変わるのでお気をつけくださいね。
http://nonukesfushimi.blog.fc2.com/blog-entry-379.html



●7月13日(土) 14:00~16:30 神戸生活創造センター・セミナー室B(JR神戸駅南出口徒歩3分 神戸高速鉄道「高速神戸駅」東改札徒歩7分 地下鉄「ハーバーランド駅」徒歩5分 クリスタルビル5階 http://www.sozoc.pref.hyogo.jp/access.html
今野寿美雄さん講演会
あれからまた一年…、父が語る8年目の福島

リアルダキシメルオモイ
あれからまた1年・・・。オリンピック開催を来年に控え・・・。
聖火リレーは、帰れなくなった今野さんの故郷・浪江町も通ります。
そして「専門家」で作る「甲状腺評価部会」はついに、2014年から2015年の二巡目検査で見つかった小児甲状腺がん71例を、「通常よりも数十倍多いが、原発事故による放射線被ばくとの関連性はない」とする報告書を出すに至りました。102例見つかった一巡目の報告書では、30年40年後のがんを検査で早く見つけてしまったといいながら、なぜその後の検査でまた見つかったのか?の答えはないまま・・・。そんな今、今野さんに父としての胸の内を語っていただきたいと思います。
【今野寿美雄さんのプロフィール】
1964 年、浪江町生まれ。3.11 事故の前までは福島や女川、東海の原発、JAEA もんじゅなど原子力関連の現場で電気設備や機器の建設・点検作業などにあたっていた。被災後は全町避難となった浪江町には住めず、福島市に避難。それまでの仕事をやめて、現在は被災地の支援活動、「子ども脱被ばく裁判」原告団代表、他の原発関係訴訟の支援者として活動中。
*参加費無料、カンパ歓迎!
http://sayogenkobe.blog.fc2.com/blog-entry-188.html
https://www.facebook.com/events/865637853806259/



●7月13日(土) 9時30分~12時 午後 9時30分~12時( 11時~12時は 日本語交流)西宮市男女共同参画センター・ウエーブ 413号室(阪急西宮北口駅南口から約100m。「プレラにしのみや」4階 http://www.nishi.or.jp/contents/00022864000400096.html
3.11避難者と避難者に心を寄せてくださる皆さまのためのFree English Cafe&情報交換会
普段のイングリッシュ・カフェは金曜日午後が多いのですが、この機会に是非、はじめての方もお久しぶりの方も金曜日は都合が悪い方もどうぞふるってご参加されてみて下さい(^^)
*1人20分以内(1~20分)の原子力災害・避難・核関連話題シェアタイム。
参加費:無料 軽食持ち込み可の会場となりました!
∴差し入れ大歓迎です(^^)(重要)ゴミは各自でお持ち帰りくださいm(_ _)m    
参加対象者:3.11避難者と心を寄せてくださるFriends
お申込み:特に不要です
お問合せ:sandori2014@gmail.com
主催:母子避難者に寄り添う会
共催:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (略称:サンドリ)
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-2204.html



●7月13日(土) 10:00~すてっぷホールとよなか男女共同参画推進センター(阪急宝塚線豊中駅すぐ エトレ豊中5F http://www.toyonaka-step.jp/02_use_guidance/access.html
ナビ(蝶)に平和と希望をのせて 
日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク10年、そしてこれから

10:00~映画「アポロジー」上映 
13:00~Ⅰ部 ユン・ミヒャンさん講演(韓国・日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯代表) キル・ウォノク ハルモニ ミニコンサート(日本軍「慰安婦」サバイバー)
15:15~Ⅱ部 公演 ハンマウム(農楽隊) 志遠(チウォン) たこちゃんきょこちゃん(デュオ) 若者たちの本音トーク 
17:15 Ⅲ部 交流会 
映画「アポロジー」は日本軍性奴隷制被害者である韓国のキル・ウォノク ハルモニ、中国のチャオ ダーニャン、フィリピンのロラ アデーラの生活を6年間にわたって見つめ続けたドキュメンタリー映画です。2016年に「カナダ10大映画」に選定されたほか、全世界のユース映画祭で上映され、高い評価を受けた作品です。この映画を日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク結成10周年にあたって観ていただきたいと思い、上映会を企画しました。心を込めた努力の結晶である映画「アポロジー」を通じて、この間題をよく知り、被害者の立場に立った解決を実現し、記憶していきましよう。映画に登場する3名の被害者のうちロラ アデーラ、チャオ ダーニャンはすでに亡くなられ、生存者はキル ウォノク ハルモニおひとりになられました。この度、私たちはキル・ウォノク ハルモニをお迎えすることになりました。映画と合わせてぜひ10周年集会にもお集まりください。
映画の入場料:1000円 Ⅰ部Ⅱ部Ⅲ部の参加費 2000円 参加申込要(定員80名)
主催:日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク
http://www.labornetjp.org/EventItem/1557918484271matuzawa



●7月13日(土) 14:00~17:00 神戸学生青年センター・ホール(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/
高作先生と学ぶ会2019
テーマ:憲法と条約の人権保障システム

講 師:高作正博さん(関西大学法学部教授)
参加費:一般 1,000円  若もの 500円
共 催:(公財)神戸学生青年センター&「高作先生と学ぶ会」
お問い合わせ:TEL078-851-2760
http://ksyc.jp/seminar/takasaku201905-09/



●7月13日(土) 午後6時40分~ひとまち交流館・京都 (京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html)
北上田さん講演会
辺野古に基地は作れない!  これだけの理由

 知事選で沖縄県民の民意が鮮明となったにもかかわらず、安倍政権は専制政治に走っています。政府は2018年12月14日、埋め立て工事の土砂投入を強行。近くの海上では、基地建設に反対する市民らがカヌーを出して抗議活動を行い、米軍キャンプ・シュワブのゲート前にも多くの住民が集まりました。
 「本当に沖縄を馬鹿にしたやり方だ。シュワブの3カ所のゲートでは、市民の激しい抗議に警察だけでは手に負えないと考えたのか、米軍の警備兵たちがライフル銃を持って立っている」
政府に対して、違法な土砂投入の中止を強く求めてきた玉城デニ―沖縄県知事は、会見で語気を強めてこう語りました。「国が県の要求を一顧だにすることなく、土砂投入を強行したことに対し、激しい憤りを禁じ得ない」
沖縄の強い反対を押し切って最初に土砂が投入されたのは、辺野古崎突端の南側の浅瀬。約6・3ヘクタールで、埋立て区域全体の約4%にすぎません。
基地建設に反対する土木技術者の奥間政則さんがこう話します。
「もともと沖縄防衛局が作業ヤードにするため、先行埋め立てを計画していた区域。面積は小さくても作業ヤードを確保して、資材をどんどん運んで効率的に埋め立てを進めようとしている。反対運動をあきらめさせようとしているのでしょうが、そう思い通りにはさせません」
「琉球セメント」は、安倍首相のお膝元・山口の「宇部興産」(宇部市)の関連会社!
沖縄防衛局は2018年12月3 日午前から名護市安和にある民間会社の桟橋で、土砂を搬出用の船に積み込む作業を始めました。海側をテントで目隠しし、さらに軍事用のカミソリ有刺鉄線を張り巡らして。
「琉球セメント」は、安倍首相のお膝元である山口の「宇部興産」(宇部市)の関連会社です。
「宇部興産」といえば、安倍首相の祖父・岸信介元首相の長男である岸信和氏が16年間勤務した密接な関係。
軟弱地盤が基地建設を阻む!!
沖縄県名護市辺野古の米軍新基地建設で、埋め立て海域の軟弱地盤が最も深いところで海面から九十メートルにまで達していることが、防衛省の報告書で分かっています。
 世界でも深さ九十メートルまで地盤改良した実績はないのです。防衛省は砂の杭(くい)を最大七十メートル程度まで打ち込む改良工事により、基地は建設可能としていますが、専門家は「軟弱地盤が残れば、完成後も長期にわたって地盤沈下が続く恐れがある」と指摘。沈下防止のため多額の費用が継続的に生じるのです。
防衛局は、地盤改良のため砂の杭を地中に打って地盤を固める工法を検討していますが、工法自体は一般的だとしても、海面から杭を打ち込む深さについて「国内で六十五メートル、海外では七十メートル」までしか実績がないというのです。報告書でも、現有する作業船の能力から、杭打ちの深さを最大七十メートル程度としています。
~以上は簡単な説明です。ぜひ、講演会に参加され認識を深めていただければありがたいです。
https://www.facebook.com/events/328162931448079/



●7月13日(土) 17:30~19:00 梅田HEPFIVE前
安倍はやめろ!街頭集会 梅田解放区  
主催:梅田解放区
http://jimmin.com/events/event/安倍はやめろ%ef%bc%81街頭集会%e3%80%80梅田解放区-2/



●7月13日(土)・14日(日) 15:00~18:00 京大吉田寮食堂
香港200万人デモの今、京都大学吉田寮にて緊急上映『乱世備忘』(128分)
上映後トーク
・1日目 伯川星矢X松本哉
・2日目 深尾葉子X松本哉
入場:¥500+カンパ
主催:『乱世備忘』吉田寮上映準備会
http://jimmin.com/events/event/香港200万人デモの今、京都大学吉田寮にて緊急上/



●7月13日(土) 14:00~同志社大学今出川キャンパス(地下鉄烏丸線今出川駅3番出口を出て、右手に京都御所を見ながら東へ徒歩約5分 https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/imadegawa.html)※時間に関しては変更する可能性あり。
特別講演『3.1独立運動の歴史的意義と現在の日朝関係について』(仮)
講師:愼蒼宇さん(法政大学教員)
   鄭栄桓さん(明治学院大学教員)
対象:どなたでも参加可能
料金:無料
同志社KOREA文化研究会 李宗海 E-mail. doshisha_koribun@yahoo.co.jp
https://jimmin.com/events/event/日朝関係史講座%ef%bc%93%ef%bc%90周年記念%ef%bc%863-1独立運動%ef%bc%91%ef%bc%90%ef%bc%90/



●7月13日(土) ※変更になる可能性があります。
大椿ゆうこ大阪街宣
11:00-11:30 梅田NU茶屋町
    阪急茶屋町口・かっぱ横町東側 
13:30-14:00天王寺キューズモール前
    天王寺駅13番出口 りそな銀行前を南へ50m 
16:30-17:00アメ村三角公園
    御堂筋線心斎橋7番出口 南西
    四つ橋線四つ橋5番出口 南東 
19:00-19:30なんば高島屋前
各地でツバキ旋風巻き起こしいざ地元大阪に。7・13あなたは労働者の奮起を目撃する。
https://twitter.com/ohtsubaki/status/1149488224898699264



●7月13日(土) ※変更になる可能性があります。
たつみコータロー街宣
11:00
演説会 東成区民センター小ホール
13:00
練り歩き 天神橋筋商店街(JR天満駅→南森町)
14:45
市民街宣 JR大阪駅御堂筋南口 
17:00
街頭演説 JR高槻駅北側ロータリー
19:00
演説会 栂文化会館(堺市)
http://www.tatsumi-kotaro-jump.com/schedule/#6244


■7月13日(土)(再放送) 午後04:00~04:50 NHK BS1
BS1スペシャル「消えた祖父の謎を追う~“アメリカの敵”となった日本移民~」
アメリカの写真家レジーナ・ブーンさん。祖父は日本人だったが、真珠湾攻撃の当日に米政府に拘束され、その行方は謎に包まれたままになっていた。レジーナさんは、5年前から調査を続け、国の公文書館で祖父についての内部文書を数多く発見。祖父が「アメリカの敵」と見なされ、終戦後も監視されて縁もゆかりもない土地で死亡していたことがわかった。戦争に翻弄された日本移民の足取りを明らかにするレジーナさんの旅を追う。
https://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2019-07-13/11/12093/3115570/



■7月13日(土) 午後09:00~09:50 NHK総合
NHKスペシャル「夢をつかみに来たけれど~ルポ・外国人労働者146万人時代」
東京港区にある浄土宗寺院「日新窟」。ベトナム人僧侶タムチーのもとには、母国からやってきた技能実習生や留学生などからさまざまな相談が寄せられる。更に、日本で命を落としたベトナム人の供養の依頼も。これまでに荼毘(だび)に付した遺体は100体を超える。番組では「日新窟」にカメラを据え、ドキュメント。国が、改正入管法の施行によって、更なる外国人労働者の受け入れ拡大を目指す今、彼らのリアルな現実を描く。
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20190713



プロフィール

Akko

Author:Akko
清志郎大好き。
旅行大好き。
ドイツ大好き。
でも最近忙しくて、旅行に行けません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR