FC2ブログ

3/6(水)18時半~3・1朝鮮独立運動100周年を迎えて~ 日本の植民地支配責任から考える東アジアの平和@エルおおさか     

20190306チラシ小

今年の3月1日は朝鮮独立運動から100周年。2月末には第2回米朝会談が予定されるなど平和への対話が進む中、朝鮮半島では板門店の軍事警戒所が閉鎖され、南北両政府共同の式典を初め様々な「3・1」記念行事が開催されます。
日本は1910年日韓併合条約により朝鮮半島を植民地にしました。その9年後の1919年3月1日ソウルで独立宣言書が発表されパゴダ公園から出発したデモは2万人にふくれあがり、日本の軍隊や警察の弾圧にも屈せず朝鮮半島全土では200万人の人々が立ち上がりました。
今日本では、対北バッシングに加え日韓関係も冷え込んでいます。韓大法院の徴用工判決でも、日本政府は個人請求権を認める従来の見解を無視し非難を続けています。しかも朝鮮半島の平和が加速する中で改憲・軍事大国化へ暴走しています。
日本は今こそ過去の歴史に向き合い、過去清算による日朝国交正常化、朝鮮戦争の完全終結・東アジアの非核地帯構想など東アジアの非核・平和に向けて努力して行くことが求められています。 3・1独立運動100周 年の 今、私たちが行動すべきことは何か、ともに考えましょう!

●3月6日(水) 18:30~エル・おおさか南館ホール
~3・1朝鮮独立運動100周年を迎えて~
日本の植民地支配責任から考える東アジアの平和

     
講演:水野 直樹 さん
     (京都大学名誉教授・立命館大学客員教授 専門は朝鮮近代史、東アジア関係史)
緊急報告:金 光男さん「第2回米朝会談」

報告:服部良一さん「3・1ソウル訪問報告」

挨 拶
 中田光信さん
  日本製鉄元徴用工裁判を支援する会
 墨面さん
  中国人強制連行「聯誼会連合」を支える会

参加費:500円(学生・介助者 無料)
主催:戦争あかん!ロックアクション 日朝日韓連帯大阪連絡会議(ヨンデネット大阪) 
協賛団体:大阪平和人権センター しないさせない戦争協力関西ネットワーク 東アジア青年交流プロジェクト




クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2019年3月2日(土)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報


『眠る村』
東海テレビドキュメンタリー 第11弾
本件、未だ解決を見ず
平成の終わり、未だ謎に包まれた 昭和のミステリーを揺り起こす
三重と奈良にまたがる葛尾。昭和36年、村の懇親会で女性5人が死亡した。ぶどう酒に混入した毒物による中毒死。事件から6日後、逮捕された奥西勝が犯行を認める。当時35歳。「妻と愛人との三角関係を清算するためだった」と自白した。すると不思議なことに、村人たちは奥西の犯行を裏付けるかのようにパタリパタリと証言を変えていった。だが迎えた初公判で、奥西は一転無罪を主張。自白は「強要されたものだ」と訴えた。一審は無罪。しかし二審では死刑判決、そして最高裁は上告を棄却。昭和47年、奥西は確定死刑囚となった。事件が起きた公民館は取り壊され、村人は奥西家の墓を掘り返して畑のなかへ追いやった。奥西は独房から再審を求め続けたが、平成27年10月、帰らぬ人となった。享年89歳。八王子医療刑務所で独り、無念の獄死だった。 名張毒ぶどう酒事件....戦後唯一、司法が無罪から逆転死刑判決を下したこの事件。57年が経った今もなお、多くの謎がある。決定的な物証の不在、自白の信憑性、二転三転した関係者の供述。そして、なぜ司法は頑なに再審を拒むのか。その謎に挑むのは、『ヤクザと憲法』『人生フルーツ』の東海テレビ放送。ナレーションはかつて奥西勝を演じた仲代達矢。平成最後の冬に放つ、渾身のミステリー。東海テレビドキュメンタリー劇場第11弾。
●3/2~第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
■3/2(土) 14:10の回上映後 トークショー予定
 登壇予定者:齊藤潤一監督、鎌田麗香監督
3/2~3/8 10:00(~11:40終)
http://www.nanagei.com/movie/data/1313.html



●3月2日(土) 18:00~大阪市生涯学習センター(大阪駅前第2ビル5階)(大阪駅より徒歩 5分 http://osakademanabu.com/umeda/
核のごみキャンペーン関西例会
内容:核のごみをめぐるトピックス
http://ksueda.eco.coocan.jp/event.html



●3月2日(土) 14:00~16:30 兵庫県加古川総合庁舎1階講座研修室(加古川 https://www.mapion.co.jp/m2/34.76372598,134.83937701,16/poi=22830229353
「福島原発事故から8年の集い(仮称)」
<第1部>13時半~16時 講演会 武藤類子さん
<第2部>16時半~19時 講師を囲む交流会 ※1品持ち寄り交流会
参加費:500円 第2部で軽食持参出来ない方は500円
主催:脱原発はりまアクション
連絡:TEL090-9989-7129(菅野)
https://jimmin.com/events/event/福島原発事故から8年%e3%80%80武藤類子さんのお話を聞き/



●3月2日(土) 14時~16時 カフェナドゥリ(Cafe Nadwuri) (JR新長田駅から徒歩3分 https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280110/28040666/dtlmap/
3.11セミナー「原発事故で台湾に避難しました。」
話をする人:上前昌子さん
東日本大震災から8年になりました。兵庫県内に避難している方の人数は2019年1月時点で292世帯 771人です。(避難者登録している方の人数のみ)8年が経過し原発事故はもう終わったことにしたいという大きな力を感じる日々です。福島県郡山市から台湾に母子避難し5年間台湾で過ごした方に話をしていただきます。
なぜ台湾に避難したのか?台湾でどう過ごしていたの?外からみた日本の社会は?台湾の人たちは原発や放射能のことにどんな反応だったのか?避難して子どもたちは今どうしているのか?
など、避難体験から見えたことを話してもらいます。終わらない核災害をどう生きていくか 一緒に考える時間になれば幸いです。
参加費:500円+カフェでワンオーダー(避難者の方は参加費無料です)
お問い合わせ:神戸コリア教育文化センター
FAX 078-771-4639  korea.uriecc@gmail.com
https://www.facebook.com/events/2205261089695159/



満員・キャンセル待ち
●3月2日(土) 13:30~エル・おおさか5F視聴覚室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html) 
どうする?どうなる?大阪の学校 ~いま、公教育を問い直す~
講演:鈴木大裕さん(「崩壊するアメリカの公教育」著者)
親も、先生も、地域の人も、教育行政の人も、学生さんも。「子どもら、今の状態で大丈夫なんかなぁ」と心配していたり、「大阪の学校ってどうなっていくんやろう?」と悶々としていたり、「何か自分にできることないんやろうか」と考えている皆さん、集まって、一緒に学んで、大阪の学校のこと、考えませんか? 
テーマ:
「どう見る?大阪の教育改革〜アメリカの失敗から学ぶべきこと〜」
8月、吉村市長が、学力テストの結果を、教員ボーナス・学校予算への反映させるという方針を打ち出しました。それ以前にも、この10年、しんどい学力状況などを背景に、大阪では学校への様々な「テコ入れ」がなされています。今回のゲストは、大阪の今の方向性と、アメリカで2000年以降に起きた教育改革の類似点を指摘されている鈴木大裕さん。鈴木さんがアメリカで見てこられたことをお聞きし、大阪の学校をどうしていくか考える手がかりとします。
鈴木大裕さんProfiel
米国コールゲート大学教育学部卒、スタンフォード大学教育大学院教育哲学科修士課程修了。16歳で単身アメリカのニューハンプシャー州の高校に留学。修士号取得後、帰国して教員免許を取得。2002年から2008年まで千葉市の公立中学校にて教員を務める。2008年秋からフルブライト奨学生としてコロンビア大学教育大学院博士課程に在籍。2011年より、同大学にてマクシン・グリーン(Maxine Greene)名誉博士の助教を務め、大学院生を対象にした教育哲学とアートを繋ぐ授業の教鞭を取る。帰国後、現在は高知県土佐町在住。NPO法人SOMA副代表理事として、「教育で町おこし!」に取り組みつつ、執筆・講演活動を続けている。
タイムスケジュール
 13:40 鈴木大裕さん講演
 15:10 休憩
 15:20 ワークショップ
   みんなで話そう!「どうする?どうなる?大阪の学校」
ワークショップでは・・・?
前半の鈴木さんのお話を受けての、少人数で対話の時間。
「学校はこんな状況です」「うちの子はこんなこと感じてるみたい」
「こういう危機感があって...」「学校がもっとこうならいいのに」
「私たちにできることって...?」
大阪の教育の現状とこれからをみんなで考え合いましょう。
ファシリテーター:武田緑(教育コーディネーター)
主催:「3.2鈴木大裕さんのお話を聞く会」実行委員会
予約サイト:https://kokucheese.com/event/index/548467/(満員・キャンセル待ち)
https://www.facebook.com/events/219395372270063/



●3月2日(土) 14時~16時 大阪YWCA千里(阪急北千里駅から西へ徒歩約5分 http://osaka.ywca.or.jp/access/senri.html
戦争はウソから始まる 紛争地から平和の作り方を考える
講師:西谷文和(フリージャーナリスト)
参加費:800円(学生¥500)定員40名程度
主催:大阪YWCA平和・環境部委員会
連絡:大阪YWCATEL 06-6361-0838(代表)FAX 06-6361-2997  E-mail info@osaka.ywca.or.jp
https://jimmin.com/events/event/戦争はウソから始まる%ef%bd%9e紛争地から平和の作り方/



●3月2日(土) 15時30分~(毎週土曜日)JR大阪駅南バスターミナル
「辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動」
辺野古の海が埋め立てられないように活動しています。
お時間の許す範囲で、少しでも皆様のご参加お待ちしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/henoko_osaka



●3月2日(土) 13:00~14:00 神戸マルイ前
HENOKO NO! 沖縄に基地はいらない 
   辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動

沖縄県民に対する不正を止めるために、共に声を上げて下さい。
ツイター・FaceBookで情報発信中{辺野古・神戸}で検索して下さい。
土曜の午後はいつもの時間、いつもの場所で、はじめての方、ちょっとだけ参加、見学、大歓迎。
https://twitter.com/kobekodo/



●3月2日(土) 17:00~18:30ごろ 京都市 三条河原町交差点(三条河原町商店街のアーケード前スペース)
沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、
     普天間基地の撤去を求める京都行動

アピール、チラシ配り、新基地建設に反対する署名集めなどなどhttp://kyoto-action.jugem.jp/?pid=1
https://twitter.com/ALALALED/status/551165696185344000



●3月2日(土) (毎週土曜日) 13:30~14:30 大阪府警本部前(谷町四丁目5分 http://www.police.pref.osaka.jp/15topics/fukei_map_1.html
労働組合つぶしの大弾圧を許さない 大阪府警本部前抗議行動
主催:労働組合つぶしの大弾圧を許さない実行委員会



●3月2日(土) 14:00~17:00 クレオ大阪東・市立男女共同参画センター東部館(京橋駅 (JR線) 南口から南へ約600m http://www.creo-osaka.or.jp/east/access.html
三・一人民蜂起100周年記念公演・シンポジウム
「「怪物」たちの行進-朝鮮と日本、歴史と現在-」

1部:綜合文化公演「『怪物』たちの行進」
2部:シンポジウム
講師:朝鮮大学校朝鮮問題研究センター長 康成銀さん
   新潟国際情報大学教授 吉澤文寿さん
シンポジウム「支配と闘争、その150年-「現在」をどのように認識し、行動(連帯)すべきか?」ほか
入場料:1000円・高校生以下無料
主催:留学同大阪・京都・兵庫
問合せ:留学同中央 TEL03-6272-6607、FAX03-6272-6601、rht@ryuhaktong.org
http://chosonsinbo.com/jp/hiroba/



●3月2日(土) 10時10分~17時30分 龍谷大学 響都ホール校友会館(アバンティ9階)(JR京都駅「八条東口」南向かい(地下改札より直結) )
公開シンポジウム「死刑、いま命にどう向き合うか~京都コングレス2020に向けて~」
龍谷大学 犯罪学研究センターは、犯罪予防と対人支援を基軸とする「龍谷・犯罪学」の構築を目指して、人間科学・社会科学・自然科学の観点から多様な研究活動を展開しています。
2020年4月、京都で国連犯罪防止刑事司法会議(京都コングレス)が開催されます。刑事司法に関わる国際機関、各国代表、研究者、NGO等が京都に集結し、世界中の刑事司法関係者の視線が日本の刑事司法制度に注がれることとなります。果たして、世界の中で日本の刑事司法・刑罰制度はどのような位置づけなのか。さまざまな方々の講演やパネルディスカッションを通じて、日本の刑事司法・刑罰制度のあり方について検討したいと思います。
このたび、日本弁護士連合会、京都弁護士会の企画に賛同し、下記の通り公開シンポジウムを共催いたします。ぜひふるってご参加ください。
・午前の部(10時10分~)
 映画「三度目の殺人」(監督:是枝裕和 主演:福山雅治)
・午後の部(13時20分~)
 基調報告「京都コングレス2020~日弁連がめざすもの~」
 ゲストスピーチ 国会議員
 ゲストスピーチ「カトリックから見た死刑」
前田万葉氏(ローマカトリック教会枢機卿)
 ゲストスピーチ
アリスター・カーマイケル氏(英国国会議員)
 対談「対テロ戦争における命」
ゲスト 安田純平氏(ジャーナリスト)
聞き手 堀川惠子氏(ジャーナリスト)
 講演「国家が人を殺すとき、死刑を廃止する理由」
ヘルムート・オルトナー氏(ドイツ人ジャーナリスト・編集者・著述家)
 パネルディスカッション「死刑、いま命にどう向き合うか」
<パネリスト> 浜井浩一氏(龍谷大学教授)、安田純平氏、堀川惠子氏
定員:330名(先着)/参加費不要
※手話通訳が必要な方は事前に主催者宛に連絡ください。
主催:日弁連・京都弁護士会
共 催:近畿弁護士会連合会、龍谷大学 犯罪学研究センター、大阪弁護士会、兵庫県弁護士会、奈良弁護士会、滋賀弁護士会
問い合わせ:日本弁護士連合会法制部法制第二課 TEL.03-3580-9985
      京都弁護士会 TEL.075-231-2337
https://www.ryukoku.ac.jp/nc/event/entry-3201.html



●3月2日(土) 14:00~16:30 大阪韓国教育院(地下鉄谷町線「中崎町」駅2番出口から徒歩3分 韓国民団大阪府本部1階 http://www.mindan-osaka.org/kaikan/ )
第17回「竹島の日」を考え直す集い
日韓友好と領土問題 竹島が日本の領土だって本当なの?
~日韓のトゲを抜く歴史の真実~
「続・外務省の「竹島問題10のポイント」戦後編をめぐって」
 講師:黒田伊彦 元関西大学講師「竹島の日」を考え直す会 副代表
「百周年:三・一独立運動の真実」
 講師:久保井規夫 歴史学名誉博士「竹島の日」を考え直す会 理事長
参加費:500円
主 催:「竹島の日」を考え直す会 072-949-1521
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0302-2.pdf



●3月2日(土) 14:00~16:30 野洲文化ホール(JR琵琶湖線野洲駅徒歩3分 http://bunka-hall.yasu-bs.jp/c15770.html
確実に選挙に勝つための野党共闘を促す緊急市民会議
今年の参議院選挙の候補者が3政党から出そろいました。しかし、ここからどのように統一候補を決めていくのか、中央任せ、本部任せにしていては本当に県民に納得できる結果になるかどうかはわかりません。新潟市民連合の佐々木寛さんをお招きし、新潟の闘いの紹介をしていただきながら、「参院選統一候補決定過程の透明化と市民参加を求める有志の会」の皆さんとともに、緊急の市民会議を持つことにしました。ぜひ会場にお越しの上、ご意見をお聞かせください。
https://www.facebook.com/events/657160854739729/



●3月2日(土) 午後6時30分~ひと・まち交流館京都 第5会議室(3階) (京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html)
国際女性デー2019 アフガニスタンのすべての女性の自由のために
「ボクシング・フォー・フリーダム」上映会(上映後ミニ講演)
上映後、清末愛砂さん(室蘭工業大学工学研究科准教授)ミニ講演(録画)
【物語】
アフガニスタンの女子ボクシング界で最も優れた選手、サダフ・ラヒミ。彼女は自由を勝ち取るために国の伝統や恐怖、自身の運命に立ち向かわなくてはならない。難民として避難していたイランから姉のシャブナムと帰郷し、サダフが当時発足したばかりのボクシング・チームに参加したのはまだ13歳の時だった。新しいアフガニスタン人女性の生き方としてボクシングと学業の両立を目指すサダフ。だがその行く手には数々の脅迫と困難が立ちはだかっていた。
参加費:500円 学生等:300円 割引希望の方は受付でお申し出ください。
主催:「ボクシング・フォー・フリーダム」上映会実行委員会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0316-1.pdf



●3月2日(土)~3日(日) 神戸大学六甲台第1キャンパス第2学舎(法学研究科)(JR六甲道駅/阪急六甲駅より36番バス停「六甲台」(地図中31番の建物、バス停「六甲台」から道路東側階段を上がってすぐの建物) http://www.kobe-u.ac.jp/guid/access/rokko/rokkodai-dai1.html
第35回日本環境会議40周年記念神戸大会
大会テーマ: エネルギー政策の転換をもとめて

スケジュール
○3月2日(土) 六甲台キャンパス第2学舎263教室
・13時~全体会
 司会:山下英俊(一橋大学准教授、日本環境会議事務局次長)
 1. 開会挨拶 日本環境会議理事長 寺西俊一(一橋大学名誉教授、帝京大学教授、日本環境会議理事長)
 2. 日本環境会議40周年記念講演
 「戦後日本公害・環境史の教訓と課題─日本環境会議40年をふりかえって」
  講師:宮本憲一(大阪市立大学名誉教授、日本環境会議名誉理事長)
・14~17時 シンポジウム
 1. 基調報告 「パリ協定後の世界の変化、日本の課題」高村ゆかり(東京大学教授、日本環境会議事務局次長)
 2. 「日本のエネルギー政策における原発・石炭火力」大島堅一(龍谷大学教授、日本環境会議事務局長、原子力市民委員会座長)
 3. 「福島第一原発事故の教訓─再稼働の動きと差止・賠償訴訟」下山憲治(名古屋大学教授)
 4. 「石炭火力発電を巡る国内外の状況と日本の課題」平田仁子(気候ネットワーク)
・17時半~18時 日本環境会議会員総会
・18時半~20時半 日本環境会議40周年記念祝賀会
○3月3日(日)
<午前の部1> 9~11時半 分科会
 第1分科会 六甲台キャンパス第2学舎263教室
 第2分科会 六甲台キャンパス第2学舎163教室
分科会1:神戸における石炭火力発電所増設問題
 司会・趣旨説明:山本元(気候ネットワーク)
 1. 「世界の気候変動訴訟」浅岡美恵(気候ネットワーク代表、日本環境会議理事)
 2. 「神戸の石炭火力新増設問題」久保はるか(甲南大学教授)
 3. 「公害調停と訴訟」杉田峻介(弁護士、石炭火力発電所建設差止訴訟・行政訴訟弁護団)
 4. 「仙台PS訴訟の経験から」明日香壽川(東北大学教授)
分科会2:福島原発事故から再稼働を問う
 分科会共催:科研費・挑戦的萌芽研究16K13426
 「原発立地地域等における中長期的避難・受け入れ計画の構築に向けた研究」
 (研究代表者:野呂雅之・関西学院大学教授)
 司会:除本理史(大阪市立大学教授、日本環境会議事務局次長、原子力市民委員会委員)
 1. 「原子力災害時における自治体の避難・受け入れ計画の現状と課題」野呂雅之(関西学院大学)
 2. 「原発賠償訴訟・近畿3訴訟の状況について」白倉典武(原発賠償関西弁護団)
 3. 「原発ゼロをめざす市民の取り組み」中嶌哲演(明通寺住職)
 4. 避難当時者の声
  4-1「誰だって被ばくを避けて生きたい…避難者であり、障害者である立場から」
    槇奈緒美(原発賠償ひょうご訴訟原告)
  4-2「福島第一原発事故から被った被害と避難の正当性-
     『被ばくからの自由(避難の権利)』の確立を求めて」
    森松明希子(東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream 代表/原発賠償関西訴訟原告団)
<午前の部2> 11時半~13時 全体会
 分科会報告 島村健・除本理史
 大会宣言文採択 島村健
 閉会挨拶 大島堅一
<午後の部>
 エクスカーション 14~17時
 ※神戸製鋼の既設石炭火力発電所を外から見学後、灘浜サイエンススクエア、酒蔵訪問を予定。
 定員30~40人(日本環境会議関係者のみ、事前申し込み[締め切り1月末]必要)
主催:日本環境会議、第35回日本環境会議神戸大会実行委員会
共催:特定非営利活動法人・気候ネットワーク、原子力市民委員会、公害地域再生センター(あおぞら財団)、神戸大学大学院法学研究科、神戸の石炭火力発電を考える会、全国公害患者の会連合会特定非営利活動法人・地球環境市民会議(CASA)、東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(50音順)
参加費無料(資料代1000円)
参加申し込み:日本環境会議ホームページ(http://www.einap.org/jec/)、もしくは以下のページより、お申込みください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7edca319600470
※事前申し込みがなくてもご参加可能ですが、当日、満席になった場合は事前申し込みいただいた方を優先いたします。
問い合わせ:jec35.2019@gmail.com
昼食:神戸大学六甲台第1キャンパス正門横の生協食堂は、3月2日(土)の11時30分から13時30分の間、営業しています。3月3日(日)は、閉店しています。キャンパス周辺には飲食店はありませんので、必要な場合には、各自、JR六甲道駅周辺や、阪急六甲駅周辺で昼食を購入し、持参していただきますようお願いいたします。
https://www.facebook.com/events/298883097429778/



●3月2日(土) 14時~19時 神戸勤労会館(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html
第23回神戸国際交流フェアー
主 催:同実行委   
http://jck.web5.jp/flyer/20190302KIF_flyer.pdf



●3月2日(土) 午後2時~アステホール(阪急・能勢電鉄川西能勢口駅前アステ川西6階)
愛するふるさと川西 猪名川のために
北上 あきひと  報告会

報 告:北上 あきひと(前・川西市議会議員)
これまでの活動を報告し、県政の課題に取り組む決意を語ります。 
ゲスト: 
上原 ひろ子さん (元・東京都国立市長)
越田 けんじろうさん (川西市長)
梶原 やすひろさん  (元・衆議院議員)
桜井 シュウさん (衆議院議員) 

参加無料 お子様連れ歓迎 手話通訳・要約筆記あり
連 絡:北上あきひとサポーターズ
電 話 072-758-7724 FAX 072-758-7725 akihito7178@yahoo.co.jp
https://www.facebook.com/events/2059000020822611/



●3月2日(土) 19時~21時 西宮市立勤労会館3階第4会議室(JR西宮駅南口徒歩約5分 阪神西宮駅東出口徒歩約6分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-64TsM2qJliw/?utm_source=dd_spot
『資本論』(マルクス)を読もう!
2章「交換過程」(テキスト:『資本論』第1巻第1分冊)
参加費:300円
主催:資本論を読む会(078-753-3829阿部)
http://www.kinyobi.co.jp/event/20190222_002755.php



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村


(2/25更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2019年2月25日(月)~3月1日(金)

★2/25追加情報
●2/28(木)までのテレビ番組を追加しました。


【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-449.html




●2月25日(月) 午後6時開場~6時半開会 エルおおさか南館734(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
2019関西共同行動連続講座(9)―3.1朝鮮独立運動から100年(その1)
「3・1独立運動と韓国民主化運動―その歴史と現在」

講師:文 京洙(ムン・ギョンス)さん
(ムン・ギョンスさんプロフィールー1950年東京に生まれる。2015年3月に立命館大学を定年退職、現在は同大学特任教授。国際高麗学会日本支部理事。専攻は韓国現代史。主な著書に、『済州島現代史―公共圏の死滅と再生』(新幹社、2005年)、『韓国現代史』(岩波新書、2005年)、『在日朝鮮人問題の起源』(クレイン、2007年)、『済州島四・三事件-「島(タムナ)のくに」の死と再生の物語』(平凡社、2008年)、『在日朝鮮人 歴史と現在』(共著、岩波書店、2015年)。2015年12月に『新・韓国現代史』(岩波書店)出版)
資料代:800円
主催:関西共同行動
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0225.pdf



●2月25日(月) 午後6時半~エルおおさか南館10階101号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
即位礼・大嘗祭 関西の地で、何ができるのか ご相談/学習会
講師:加島 宏 弁護士
申込不要/参加費500円 
主催:反天皇制市民1700ネットワーク
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0225-1.pdf



●2月25日(月) 18:30~20:30 エルおおさか南館72(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
2・25「三里塚農地裁判は、いま」学習会 Part-3
農地取り上げの強制執行を許さない

お話:請求異議裁判一審判決と今後
大口 昭彦さん(弁護士)(三里塚芝山連合空港反対同盟顧問弁護団として、市東さんの農地裁判をはじめ三里塚関係裁判を献身的に担っている。兵庫県神戸市出身)
昨年12月20日、千葉地裁(高瀬裁判長)は、農地取り上げの強制執行停止を求める「請求異議裁判」において、原告農民・市東孝雄さんの訴えをことごとく退ける不当な決定を行いました。市東さんと弁護団は直ちに控訴し、闘いの場は東京高裁に移るとともに、三里塚現地はいやがうえにも緊張感を増しています。
 本来なら農地法によって守られている農民の耕作地と権利を、本人の承諾もなしに取り上げるなどできるはずもありません。しかし10年にも及んだその裁判で、裁判所は成田空港の「公共性」を盾に、農地取り上げを是とする決定を行いました。
国・成田空港会社が取り上げようとしている耕作地は、市東さんの全耕作地の70%にも及び、まさに生活の場、生きる権利を根こそぎ奪う暴挙です。これを何の権利保全も行わず、強行することは許されることではありません。ましてや国・NAAはこれまで何度も「強制的手段は用いません」と約束をくり返してきました。請求異議裁判は、このことを大きな争点として闘われてきましたが、一審千葉地裁は「強制執行権の放棄ないし不執行の合意は認められない」と、市東さんの訴えを退けたのです。
今回の学習会では、裁判を担っている弁護団から大口弁護士を迎えて、この千葉地裁判決の報告と検証を受け、控訴審や強制執行攻撃に、ともに立ち向かっていきたいと思います。また市東さんのもう一つの裁判・耕作権裁判や新やぐら裁判などの裁判闘争の現状についても、報告を受けたいと思います。
三里塚に心をよせる皆さん、市東さん・反対同盟と共に心を一つに、アベ政治に立ち向かいましょう。学習会への参加を訴えます。
資料代:カンパ1000円
主催 三里塚関西実行委員会
連絡先 656-2401 兵庫県淡路市岩屋599-11 ℡0799-72-5242
http://tatakauarumi.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/post-9147.html



■2月25日(月) 午後10:00~10:25 NHK総合
クローズアップ現代+「県民投票の舞台裏密着どうなる?辺野古問題▽沖縄の選択は」
米軍普天間基地の移設に伴う沖縄県名護市辺野古沖の埋め立て。その賛否を問う県民投票が行われた。政府が埋め立て工事を進める中で、沖縄県民はどのような選択をするのか。番組は、様々な立場の県民の選択とその背景にある思いを取材。県民投票の舞台裏と移設問題の行方を探る。
http://www.nhk.or.jp/gendai/schedule/



■2月26日(火) 深夜午前00:00~00:50 NHKBS1
BS1スペシャル「“負け組”をつくらないために~ダボス会議2019~」
イギリスのEU離脱、アメリカの保護主義…。いまグローバル化に反発する動きが世界で広がっています。背景には、グローバル化によって仕事を奪われたと不満を持ち、自分たちを“負け組”だと考える人たちの存在があります。誰も取り残さない世界をつくるためには、どうすればいいのか。1月、世界経済フォーラムの年次総会、通称・ダボス会議で、各分野のリーダーが集まって議論が行われました。そのメッセージをお伝えします。
http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2019-02-25/11/6315/3115594/



●2月26日(火) 18:30~20:00 上田安子服飾専門学校本館(梅田 https://www.ucf.jp/access/
特別講演会「平成と天皇制」
<第1回>「元号文化の歴史と意義ー新元号を前に」

日本にのみ行われている「元号」(年号)の歴史を史料に基づいて振り返り、その意義について考えてみたい。
講師:久禮旦雄(くれ・あさお)京都産業大学法学部准教授
1982年大阪府生まれ。博士(法学・京都大学)。専門は日本法制文化史。日本学術振興会特別研究員・三重大学等非常勤講師を経て2018年4月より現職。『元号 年号から読み解く日本史』(文春新書)など。
<第2回>3月5日(火) 18:30~20:00 
「平成の天皇制について考えるー象徴天皇制をめぐって」
日本国憲法に「象徴」と規定された天皇のあゆみを見ることで象徴天皇のあり方、平成とは何だったのか、さらに皇位継承について考えます。
講師:河西秀哉・名古屋大学大学院人文学研究科准教授
1977年、名古屋市生まれ。名古屋大学院文学研究科博士課程後期修了。博士(歴史学)。京都大学大学文書館助教、神戸女学院大学文学部准教授などを経て現職。『「象徴天皇」の戦後史』(講談社選書メチエ)など。
定員 60人、参加費 1000円
申し込み:kansaiforum@gmail.com
主催:大阪自由大学
http://kansai.main.jp/大阪自由大学通信/大阪自由大学通信74号です。/



●2月26日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



●2月26日(火) 18時~19時 四条河原町・四条河原町・三条京阪 3か所同時開催
「朝鮮学校への『高校無償化』適用と求める火曜アクションin京都」
問合せ=火曜アクション事務局(TEL075-313-6231)。
http://chosonsinbo.com/jp/hiroba/



●2月26日(火) 12時~木口記念会館(芦屋市呉川町14-10 JR芦屋駅「南出口」16分 阪神芦屋駅「南出口」阪神打出駅「南出口」14分 http://kiguchi.or.jp/accessmap) 13時30分~芦屋市保健福祉センター(芦屋市呉川町14番9号)
こども食堂シンポジウム
第1部 12時~13時15分 こども食堂版0円キッチン 木口記念会館1階 多目的ホール
第2部 13時30分~16時30分 シンポジウム 芦屋市保健福祉センター3階 多目的ホール
事前申込要 
お問い合わせ:フードバンク関西 兵庫こども食堂ネットワーク事務局
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0226.jpg



■2月26日(火) 午後07:00~08:50 NHK BS1
BS1スペシャル「テロリストの母と呼ばれて~闘いと再生の記録~」
なぜ息子たちは死んだのか?ジョージアの美しい山々に囲まれたパンキシ渓谷。実は、この地域から200人もの若者が過激化組織ISやテロ組織に参加、命を落とした。西側諸国からは、“テロリストの温床”と呼ばれてきた。「なんとかして村を変えたい」息子を亡くした母親たちが立ち上がった。外国人を受け入れるゲストハウスの運営、若者への教育、宗教を越えた対話…。番組は、奔走する母親たちの闘いと再生の記録である。
http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2019-02-26/11/6382/2552522/



■2月26日(火) 午後11:00~11:46 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー「爆弾処理兵 極限の記録」
イラクで10年以上、テロ組織が仕掛けた地雷や爆弾を除去し続けた伝説の男の記録。息子が「アクション映画よりド派手な瞬間が満載」と語る、その人生に衝撃の結末がーー
ファーケルは2003年、フセイン政権崩壊直後に地雷除去を始めた。買ったばかりのホームビデオで、活動の日々や家族との団らんの日誌をつづる。アメリカ駐留軍も、彼の鋭い嗅覚を評価。ナイフとワイヤーカッターだけを手に、600件を超す爆発物を処理した年もある。「無実の市民の被害を食いとめる」と、目の前で起きた爆発で右足を失った後も、故郷モスルで活動を続ける。使命感に人生を捧げた男の一生を、長男の語りでたどる。
制作:LOLAV MEDIA(スウェーデン 2017年)
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=190226



●2月27日(水) 10:30~15:00(途中からの参加、途中退室も可能です) 大阪市立社会福祉センター(近鉄「大阪上本町」⑪東へ徒歩3分 地下鉄「谷町九丁目」⑧徒歩10分 http://shafuku-center.jp/shisetsu.html
2019年2月27日(水)3.11避難者情報交換・意見交流会Cafe IMONIKAI
毎月大阪で、たとえ参加者が少なくても、必要としている避難者がいる限り、細く長く必要な形でつづけています。2,012年夏~毎月1回、一日お部屋を開放し、自由に避難者が集える「場」を参加者みんなで作ります。
サンドリメンバーも、毎回、一度も欠かさず通っている避難者たちがいます。とても自由な雰囲気で、避難者が震災のこと、避難のこと・・・本当の思いを各々自由に話せる3.11避難当事者がホッとできる素敵な「場所」です。初めての方も安心してご参加下さい。何も話さなくても、聞くだけの方もおられます。
色々な情報も得られますし、また、避難者の思いも、ご支援の方々に伝えることも出来ますし、本当にオススメ出来る交流会の一つです。ご都合のつく方は是非ご参加ください。
参加費:無 料 差し入れ大歓迎♪
※飲み物は各自でご用意ください
参加対象者:3.11避難者&3.11避難者に心をお寄せくださる方ならどなたでも大歓迎☆
お申込み:特に不要です。
今後の予定: 3月28日(木)、4月23日(火)、5月21日(火)
参加者全員が3.11避難者のために出来るボランティア参加です(^^)主に、初めて参加の方や避難してきて間もない方へ、先に避難してきて参考になったことなど、避難者にとってのお役立ち情報などの提供など、出来る範囲で背伸びせず、出来る事を担ってただけましたらと思っています。
お問合せ:sandori2014@gmail.com 
     サンドリ【3.11避難者交流カフェイモニカイ】係
主 催:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (略称:サンドリ)
協 力:大阪市ボランティア・市民活動センター(大阪市社会福祉協議会)
sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-2046.html



●2月27日(水) 18:30~20:30 エル・おおさか701号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
第2回LGBT講座 LGBTも働きやすい職場にするために
講師:三輪晃義 弁護士 
近年、「LGBT」〔Lesbian(レズビアン)、Gay(ゲイ)、Bisexual(バイセクシュアル)、Transgender(トランスジェンダー)などの性的少数者の総称〕について、ドラマや映画でも取り上げられるようになり、社会的関心が非常に高まっています。
職場で具体的にどういったことが問題となり、どのように取り組めばよいかなどについて、2018年2月21日に「LGBTと職場の現状を知る」という講座を開催し、多数の方々にご参加いただきました。この講座につきましては、大変ご好評をいただきましたので、この度、続編を開催することになりました。
今回の講座では、LGBTに関する基礎知識をおさらいし、企業や地方公共団体がどのような取組みを始めているのかにつき解説します。また、具体的な場面を設定してロールプレイを行い、参加される方々と一緒に問題点や対応についてディスカッションすることも予定しています。
前回の講座と同じくLGBTに関する論稿・講演や書籍の執筆経験等が豊富な弁護士が講師となり、わかりやすく解説します。LGBTの問題について「知る」、そして、「考える」きっかけにしていただければと思います。多くのみなさまのご参加をお待ちしております。
参加費:1000円 事前申込要
*なお、手話通訳ご希望の方は、2月13日までにHPフォーム化FBメッセージでご連絡ください。
*準備の都合上、必ずお申込くださいますようお願いいたします。お申し込みは、HPフォーム・FBメッセージ・FAX・お電話等で、参加日・お名前と緊急時ご連絡先をお知らせください。
公開講座の頁 https://www.lalaosaka.com/open-lecture
主催:大阪労働者弁護団
https://www.facebook.com/OsakaRouben/photos/a.507190469353767/2418817878191007/?type=3&theater
https://docs.wixstatic.com/ugd/68e83b_8971e7a9604b42adbe75289c034ea4ff.pdf



●2月27日(水) 午後6時半~神戸学生青年センターホール(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/
<神戸学生青年センター・朝鮮史セミナー>
日本の朝鮮植民地支配と朝鮮の民族運動~三一独立運動100周年にあたって~

講師:水野直樹さん
京都大学名誉教授、立命館大学客員教授。専門は朝鮮近代史、東 アジア関係史。
参加費:600円(事前申し込み不要です)
主催・問い合わせ先:公益財団法人 神戸学生青年センター
TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878 e-mail info@ksyc.jp
http://ksyc.jp/mukuge/20190211mizuno31.pdf



●2月27日(水) 14時~17時 神戸市勤労会館(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html
安保法制に反対する市民の集い勉強会第37回
テーマ「外国人労働者と日本社会~入管法改正案をめぐって~」

報告者:寺嶋英介さん(かもめの会・兵庫)
予約不要・参加無料
主催:安保関連法廃止!市民の集い
https://maga9.jp/eventinfo/



●2月27日(水) 午後6時~9時半 京都大学吉田南キャンパス 人間・環境学研究科棟地下講義室(吉田南キャンパスは、時計台キャンパスの南側にあるキャンパスです。http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_ys.html *人間・環境学研究科棟は、89番の建物です。ピロティを挟んで東側(大文字側)、ガラス張りの建物の地下です。)
ガザ・アーティストは語る
完全封鎖下のガザから3人の画家が、現在、来日して、横浜で作品展を開催中です。ガザからパレスチナ人が出ることそれ自体が奇跡です。日本に到着するまでに数多の困難がありました。まさに奇跡の来日です。世界にガザの声を伝えるために、幾多の困難を克服して奇跡の来日を遂げたその3人を京都にお招きして、講演会を開催できることになりました。(作品も、携帯可能なかぎりご持参いただく予定です。)
入場無料。
言語:アラビア語、英語(日本語通訳あり)
また、3人のお話をより深く理解するために、午後4時より同じ会場で、ガザで支援活動をおこなっている日本国際ボランティアセンター(JVC)のスタッフとして、この冬、ガザに一度ならず入域し、ガザの現況に詳しい渡辺真帆さんに、ガザの最新状況について講演していただきます。



●2月27日(水) 13:45~16:45 ドーンセンター5階(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
2018年度対大阪府交渉
ヘイトスピーチ問題、本名指導、国際理解・道徳教育、 在留資格、民族学校、民族学級…など、一般、教育に関するテーマについて話し合います。
参加無料 どなたでもご参加いただけます。
主 催:多民族・多文化社会を求める実行委員会 kwakmb1★jcom.zaq.ne.jp(郭)
https://www.freeml.com/kdml/11790/latest



■2月27日(水)(再放送) 午後05:00~05:50 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー「ダグマ~自爆テロへのボタン~」
爆弾を満載した改造トラックで敵地に乗り込み、運転席のダグマ=ボタンを押す…シリアで戦うナスラ戦線の内部にカメラを入れ、自爆テロ志願者の信念や迷い、葛藤に密着。
サウジアラビア人のカスワラは、「このボタン一つで、天国さ」と笑顔で語る。国には母と妻、生後すぐに別れた娘。出動命令が取り消されるたび、心に迷いが生じる。ロンドンで生まれ育ち、イスラム教に改宗したルーカスも、新妻の懐妊を知って自爆テロの正当性を問い始める。ノルウェーの制作班が、シリア政府と戦うアルカイダ系の組織の奥深くを取材。2017年のモンテカルロ・テレビ祭など多数の賞を受賞。
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=180802



■2月27日(水)(再放送) 午後06:00~07:00 NHK BSプレミアム
ザ・プロファイラー~夢と野望の人生~「スパイ ゾルゲ 理想と愛に殉じた男」
戦前の日本にソ連から送り込まれたスパイ・ゾルゲ甘いマスクとダンスで女性を口説くプレイボーイの裏の顔は、大規模な諜報組織のボス。政府の高官や各国の大使館の情報も手に入れ、ソ連に重要な情報をもたらした。しかし身分を偽る生活から、孤独に悩まされることに。そんなゾルゲの唯一の安らぎは、日本人の恋人だった。やがて太平洋戦争の直前にゾルゲは逮捕される。その時彼が守ろうとしたものは?祖国?恋人?MC岡田准一
http://www4.nhk.or.jp/profiler/x/2019-02-27/10/6848/2285534/



■2月27日(水) 午後9時00分 NHK-BS1
NHK-BS1スペシャル「ザ・カミングアウト~中国・LGBTの叫び~」
中国で7000万人と推定される性的マイノリティの人々。偏見や差別が根強い社会で、ほとんどのLGBTの人々は本当の自分を隠して生きている。「せめて親にはありのままの自分を受け入れてもらいたい」。勇気を振り絞って親に告白するが、親はあまりの衝撃で拒絶し、泣き崩れる。そんな崖っぷち親子の相談役になって共に解決をめざすボランティア団体も存在する。激しく葛藤し苦悩を乗り越えようと模索する親子の感動のドラマ。
http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2019-02-27/11/6942/2409379/



■2月27日(水) 午後10:00~10:54 テレビ大阪、テレビ東京系列
未来世紀ジパング~『米中貿易戦争の真実ー第2弾ー』その時日本は…~
3月1日に交渉期限を迎え、ギリギリの攻防を続ける米中貿易協議。この先、どうなるのか。すでに日本にも大きな影響を及ぼし始めている中、注目は中国のファーウェイ問題だ。世界最大の通信機器メーカーに、アメリカがかけた疑惑とは…。番組では真相を探るため、中国のファーウェイ本社に金融都市の香港。さらに“疑惑の国”イランを緊急取材。
一方、米中が欲しがる最先端技術を持つ、知られざる企業の独占取材に成功。 米中貿易戦争の衝撃の未来を予測する。
https://www.tv-tokyo.co.jp/zipangu/



●2月28日(木) 午後6時30分~午後8時30分 エル大阪6F大会議室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
学者の会シンポジウム:「大阪都構想」の危険性を考える
~都構想が万博の「障害」となるリスクを見据えて~ 

藤井 聡・京都大学大学院教授(公共政策論)
森 裕之・立命館大学教授(地方財政学)
薬師院 仁・帝塚山学院大学教授(社会学)
平成27(2015)年5月17日の住民投票で、大阪都構想つまり「特別区設置・大阪市廃止」が否決された。それにも関わらず今、再び、この構想を実現するための「住民投票」に向けた様々な政治的な駆け引きが、大阪府市において激しく展開されている。民主主義政体における「直接住民投票での否決」の重みを踏まえれば、否決から数年の内にこうした「再チャレンジ」の動きが生ずること自体が異例と言えよう。しかも推進派は住民投票前に、当該投票は『衰退する大阪を変える最初で最後のチャンス』だと繰り返し言明していた事を踏まえるなら、その異常さは激しく常軌を逸するものと言わざるを得ぬところである。
一方で、平成30年、オール大阪、オールジャパンの取り組みが功奏し、大阪での万国博覧会が決定された。構想推進派は、この万博を成功させるためにこそ、都構想が必要だとの主張を繰り返している。しかし、実践的な行政学の見地からは、万博を成功させたいのであれば、都構想はむしろ「大きな障害」となる深刻なリスクが指摘されている。ついてはこうした状況を踏まえ、「大阪都構想=大阪市廃止・特別区設置」や「万博」等を巡る諸議論を、とりわけそのリスク=危険性に着目しつつ、政治学、社会学、地方財政学等の学術的な視点から、改めて客観的に検証する。
主催:「豊かな大阪をつくる」学者の会
https://satoshi-fujii.com/20190204-2/



●2月28日(木) 18:30~20:30 東山いきいき市民活動センター(各駅・停留所より徒歩5分 京阪電鉄「三条」駅[3] [4] [5]号出口  地下鉄東西線「三条京阪」駅 [2] 番出入口  市バス「三条京阪前」下車(5,10,11,12,59系統)「東山三条 」下車(5,12,46,100,201,202系統 http://higashiyamacds.main.jp/access
辺野古埋め立て土砂投入をやめろ!日米地位協定の改定を!2.28京都集会
主 催:辺野古埋め立て反対!京都実行委員会
http://kakukyodo.jp/shukai.htm



●2月28日(木) 18:45~キャンパスプラザ京都第4講義室(ビックカメラ前、JR京都駅ビル駐車場西側 http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access
公開学習会「日本の中国侵略の現場を歩く」
「中国人強制連行・強制労働と万人坑(人捨て場)」

講師:青木茂(日中友好協会会員)
「万人坑」とは、かつての日本の中国侵略によって犠牲になった中国人が埋められている場所のことです。日本軍に惨殺された挙句、遺棄された場合もありますが、多くは中国各地へ強制連行と強制労働の結果としての衰弱死でした。中国人強制連行というと、日本国内の事例がよく知られています。日本に約4万人が連行され、花岡鉱山をはじめとする国内135事業所で労働させられる中約7000名が死亡しています。しかし、実は日本国内以上に、中国各地への強制連行が桁違いに多かったことは、あまり知られていません。今回、多くの「万人坑」を取材されてきた青木茂さんに、お話しをうかがいます。
資料代:1000円
主 催:日中草の根交流会 070-6452-6120 FAX:06-7635-5711
https://nicchu-hyogokenren.net/日本の中国侵略の現場を歩く/



●2月28日(木) 13:30~とよなか男女参画センターすてっぷ視聴覚室(阪急宝塚線豊中駅すぐ エトレ豊中5F http://www.toyonaka-step.jp/02_use_guidance/access.html
『最後の一滴まで…ヨーロッパの隠された水戦争』上映会
日本では昨年PFI法と水道法が改正され、水道民営化(※コンセッション方式導入)が国を挙げて推し進められています。今まで公営だった水道が民間企業に委ねられると、どうなるのでしょうか?
1990年代以降にヨーロッパで進んだ水道民営化は、水道料金の値上げ、水質やサービスの悪化、運営情報の非開示など深刻な問題を引き起こしました。
「水道運営は誰が担うべきなのか?」
「水は商品か、人権か?」
ヨーロッパの人々の経験は、日本の私たちに大きな問いを投げかけます。
参加費:\1000 (予約優先)
主催者: 大阪北摂の水を考える
お申し込み・お問い合わせ
メール:hokusetsu2019@gmail.com またはhokusetsu2019@jcom.zaq.ne.jp
https://www.facebook.com/events/1994347250870473/



●2月28日(木) 18:30~21:00 ひと・まち交流館京都 (京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html)
【グローバルジャスティス研究会2月の企画】
ヨーロッパの混沌 - ドイツとフランスの今

講演:木戸 衛一さん(大阪大学教員)
   菊地 恵介さん (同志社グローバル・スタディーズ研究科)
ギリシャの債務危機、東欧諸国における極右勢力の台頭によって明らかとなったヨーロッパの危機は、EUの中枢であるドイツとフランスをも巻き込んだ混沌へと広がっています。何が終わり、何が始まろうとしているのか?ドイツ現代政治の研究者で、改憲反対運動でも活躍されている木戸衛一さんと、フランスの社会運動・社会思想やヨーロッパの移民問題に詳しい菊地恵介さんのお話を伺い、いっしょに考えていきたいと思います。
参加カンパ:500円(割引希望の方は受付でお申し出ください)
主催:グローバル・ジャスティス研究会
https://www.facebook.com/events/589034184854497/



●2月28日(木) 18時~19時 北大阪急行(地下鉄御堂筋線直結)千里中央駅東側バスターミナル付近
安倍首相と松井知事に森友学園問題の責任を取らせるためのマイクアピールとビラ撒き
主催:森友学園問題を考える会



●2月28日(木) 19:00~猪飼野セッパラム文庫(天王寺区細工谷2-14-8 090-9882-1663 近鉄「上本町六丁目駅」8分・地下鉄「谷町9丁目駅」10分、ドンキホーテ上本町店から東へ、セブンイレブンを右へ約100m、左側3軒目 http://www.mapion.co.jp/m2/34.66158997553531,135.5232413888889,16
「映像で見る朝鮮韓国在日」第39回上映会
ドキュメンタリー映画『むかしMottoの町があった』前編

予告編:https://www.youtube.com/watch?v=KFzVyTlK5Fc
主 催:猪飼野セッパラム文庫
https://www.freeml.com/kdml/11790/latest



■2月28日(木)(再放送) 午後05:00~05:50 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー「走る要塞 ヒトラーの専用列車」
15両編成で、対空砲や最新の通信設備を備え、総統が好んだ水洗式トイレや美容室まであったヒトラー専用の装甲列車。移動式の軍事司令部ともなった特別列車とはーーー
その名は皮肉にも「アメリカ号」。長さ430メートル、総重量は1200トン。SS部隊のエリート兵士が列車内を防護し、移動時には、軍が線路脇に待機して橋やトンネルを重点的に警備。ヒトラー暗殺計画を防ぐため、ナチスは列車を深い森に潜ませるが、“要塞”のなかでヒトラーは孤立を深めていくことになる…当時の世界最新鋭の列車をめぐる、知られざるナチス史からのぞく、ヒトラーの新たな素顔とは?
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=180427



■2月28日(木)(再放送) 午後08:00~08:50 NHK BS1
BS1スペシャル「“負け組”をつくらないために~ダボス会議2019~」
イギリスのEU離脱、アメリカの保護主義…。いまグローバル化に反発する動きが世界で広がっています。背景には、グローバル化によって仕事を奪われたと不満を持ち、自分たちを“負け組”だと考える人たちの存在があります。誰も取り残さない世界をつくるためには、どうすればいいのか。1月、世界経済フォーラムの年次総会、通称・ダボス会議で、各分野のリーダーが集まって議論が行われました。そのメッセージをお伝えします。
http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2019-02-28/11/7516/3115594/



●3月1日(金) 13時~16時 山陽教区同朋会館 講堂 (姫路船場別院本徳寺境内 http://sanyo-kyoku.jp/wp/access)
山陽教区第七組 第6回「被災者支援の集い」公開講座
福島第一原発事故8年「原発事故は今も終わらない」

「福島の現状と結審を迎える東電刑事裁判」
講師:武藤類子さん (福島県三春町在住)
福島第一原発事故はなぜ起きたのか、事故時どのようなことが起きたのか。福島をはじめ多くの市民の懸命の努力で起こされた東京電力刑事裁判によって、それが明らかにされました。その責任のありかが、多くの人の証言で浮き彫りになりました。その追及の中心となった福島原発告訴団団長武藤類子さんのお話を聞き、真宗ブックレットいのちを奪う原発等の編集委員である長田浩昭さんと対談していただきます。案内を教区・一般へ拡大し、多くの人と重大な問題を共有できればと願います。
プログラム
13時~正信偈同朋奉讃 挨拶
13:20~武藤類子さんお話
14:45~対談 長田浩昭さん(京都教区法伝寺住職)
参加費:500円
http://tohori.sakura.ne.jp/wp/【おしらせ】-3-1-被災者支援の集い公開講座/
http://tohori.sakura.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2019/01/a41b7309e5a705e86aecdada7d623e00.pdf



●3月1日(金) 関西電力本社前(「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:00頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:00 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●3月1日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●3月1日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●3月1日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&パレード



●3月1日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に!



●3月1日(金) 18:30~エルおおさか708号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
なんとかならんか この日本!? 日本政治の崩壊に如何に立ち向かうのか
講師:白井 聡さん(京都精華大学専任講師)
第2次安倍政権が発足して今年で8年目。日本の統治システムは、行政はもちろん、立法も司法も陳腐化し、日本の崩壊は止めどもなく進行しています。今年7月の参院選後も、安倍政権の存続を許すことになれば、日本にはもはや絶望しか残らないと言っても過言ではありません。
昨秋の沖縄知事選の惨敗に見られるように、安倍政権の支持基盤は弱体化し、唯一の生命線である株高も、日米FTAにおけるトランプによる為替条項導入と自動車関税撤廃によって、一気に吹き飛ぶ状況にあります。そうであるが故に、安倍政権は、7月の参院選で、衆参同日選挙による野党勢力の分断、消費増税再延期・北方領土一部返還・北朝鮮拉致被害者帰国等のフェイク情報も含めたマスコミ操作等、あらゆる手段を駆使して、国民の支持を掠め取ろうとしてくることは必至です。
白井聡氏は、日本崩壊の絶望的状況に対して、日本政治の構造転換を問題提起されてこられました。現在の政治の閉塞状況を切り裂くために如何にすべきか、縦横無尽に語って頂く予定です。多くの皆様のご参加を呼びかけます。
資料代:800円 
主催:集会実行委員会
https://www.facebook.com/events/360290507884166/



●3月1日(金) 18:30~20:00 エルおおさか本館6階604号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
「大阪メトロユニオン」の結成と、「ひげ禁止訴訟」大阪高裁勝利をめざす集い
参加協力費:正規雇用300円 非正規・学生・無職100円
主催:大阪メトロユニオン(なかまユニオン・大阪メトロ支部)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0301-1.pdf



●3月1日(金) 18:30~20:30 クロスパル高槻8Fイベントホール(JR高槻駅中央改札口を右へ出て京都方面線路沿い http://loco.yahoo.co.jp/place/g-6msUDgCskbU/)
市民連合高槻・島本連続講座第6回
維新府政10年~大阪維新の成長戦略を斬る!

講師:森裕之さん(立命館大学政策科学部教授)
資料代:500円
主催:市民連合高槻・島本
https://www.facebook.com/osakaappeal/photos/a.480091379009239/907181602966879/?type=3&theater



●3月1日(金) 15:00~17:00 民団堺支部(堺区中安井町1-3-1)
3・1独立運動から100年-あらためて日韓関係を問い直す-
「3・1独立運動」(20分)上映
報告「教えられていないスタディツアー日韓新時代」中井
講演:呉景萬(民団堺支部団長)
https://www.freeml.com/kdml/11790/latest



●3月1日(金) 18:30~田中機械(地底旅行)ホール(弁天町駅から徒歩10分 https://tabelog.com/osaka/A2701/A270401/27012337/dtlmap/
第4回 介護職・事業者の学習と交流のつどい
参加費:学習会¥300 交流会¥2000
主催:NPOみなと合同ケアセンター
連絡:TEL06-6583-4880
https://jimmin.com/events/event/第%EF%BC%94回%E3%80%80介護職・事業者の学習と交流のつどい/



●3月1日(金)~3日(日) 19:00~左京区スタジオヴァリエ(左京区吉田二本松町20-1 京阪『神宮丸太町』5番出口徒歩約20分,バス停『近衛通』より徒歩約5分)
劇団「シアターリミテ」第24回公演『オリーブの樹。そしてハトが戻る日。』
『それから7日待って再びハトを箱舟から放した。ハトは夕方になって彼の元に帰ってきた。見ると、その嘴には、オリーブの若葉があった。ノアは地から水が退いたのを知った。』
リミテが取り組んできた春公演「あかるい牧場」「Do・P・Pu・N」に続く、原発戯曲第3弾。
地域の振興を信じながら、 震災に巻き込まれた電力会社の社員家族の目線から、8年目の3.11を見つめる。
・3/1:19:00~
・3/2 13:00~19:00~
・3/3は13:00~
チケット:前売り2000円 当日2500円
問い合わせ:090-3615-3934(本庄)
https://ltd-exp.jp/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村



脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2019年2月24日(日)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-449.html



『ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ』In Jackson Heights
巨匠フレデリック・ワイズマンによる“町ドキュメンタリー”の傑作
ニューヨークがニューヨークであるために、なくてならない町の今
通りを歩けば英語以外の言葉がたくさん聞こえる。世界中からの移民とその子孫が暮らし、167もの言語が話され、マイノリティが集まり、エスニックな味と多様な音楽があふれる町、ジャクソンハイツ。「ここがニューヨーク?」と聞きたくなるけれど、実はニューヨークがニューヨークであるために、なくてはならない町だ。その理由は?そして今、その町のアイデンティティーが危機に瀕しているとしたら?
アメリカを代表するドキュメンタリーの巨匠フレデリック・ワイズマン40作目
監督は1967年のデビュー作『チチカット・フォーリーズ』以来、50年以上にわたるキャリアを持ち、アメリカを代表するドキュメンタリーの巨匠、フレデリック・ワイズマン。本作が彼の記念すべきドキュメンタリー40作目だ。
第1作以来、アメリカを様々な角度から見つめる傑作を数々発表し、世界で最も偉大なドキュメンタリー作家と称されるワイズマン監督は、その功績によって2014年にはヴェネチア国際映画祭で金獅子賞(特別功労賞)を、2016年にはアカデミー賞名誉賞を受賞している。
日本ではこれまで何度も特集上映が行われ、多くのファンを持つが、劇場公開作は『パリ・オペラ座のすべて』『クレイジー・ホース』『ナショナル・ギャラリー 英国の至宝』など舞台やアートに関わる作品のみで、ワイズマン監督の真骨頂と言うべきアメリカ社会を捉えた作品が劇場公開されるのは本作が初めてとなる。
町を見つめることで様々なものが見えてくる、“町ドキュメンタリー”の傑作
本作でワイズマンの視線はジャクソンハイツのあらゆる場所、あらゆる人に向けられる。教会、モスク、シナゴーグ、レストラン、集会、コインランドリー…。地域のボランティア、セクシャル・マイノリティ、不法滞在者、再開発の波にのまれる商店主たち…。町を徹底して見つめることで、さまざまな人間が見えてくる。社会も歴史も見えてくる。What is ニューヨーク? What is アメリカ?ここに生きる市井の人々は、変化に直面し、時に憤りながら互いの悩みを話し合い、決して希望を諦めない。長年にわたってアメリカを観察し、記録し続けてきたワイズマン監督の面目躍如たる“町ドキュメンタリー”の傑作がここに誕生した。
●2/23~3/1 第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
2/23~3/1 11:55(~15:05終) ※2/24(日)は休映  
http://www.nanagei.com/movie/data/1282.html



●2月24日(日) 10:00~16:00(途中入退席自由)とよなか男女共同参画推進センターすてっぷ会議室1A1B(阪急宝塚線豊中駅すぐ エトレ豊中5F http://www.toyonaka-step.jp/02_use_guidance/access.html
東日本大震災・避難移住者のための き ら く カフェ
他ではなかなか話せない気持ちや情報をなかまと話しましょう!がんばってきた皆さんに、ほっと気を楽にしてもらえたら~
内容:12時まで(小グループに分かれて、“ストレスをやわらげる”ワークショップ)
    ランチ(予定)部屋に持ち込み可 または 外で食べて頂いても
   13時から (フリートーク)
対象者:東日本大震災・避難移住者 のみとさせて頂きます
参加費:無料
その他:飲物、お茶菓子付き。お子さんの同席OK。
主催・お申込み先:放射能から豊中の市民・子どもを守る会 きらく部(避難移住者)
 ※会場の関係上、事前にメールまたは電話等で申し込み頂けると助かります
 板橋;9jou-forever@luna.zaq.jp  090-9868-5540
◎今回は、豊中市民の方々などからカンパを頂き、交通費をお渡しさせて頂きます。
――― 前回の感想 ―――
・みんながリラックスして話せる雰囲気でした
・知りたい情報を知れて良かった
・こういう会が広がっていくと良い
☆前回は7名の参加でした。原発事故後自分自身について頑張ったと思うところ、今後叶えたい願いなどについて、4人グループでおしゃべり、ワークショップをしました。今回はストレスを感じる時にどうやわらげるか、ワークショップをします。もちろん、フリータイムもあります。
http://maruttonishi.blog.fc2.com/blog-entry-1324.html



●2月24日(日) 14:00~社会福祉法人ピースクラブ4F(大国町 新今宮 http://www.ab.auone-net.jp/~peace_c/99_blank.html
講演会「原発事故から8年、飯舘村はどうなったのか?」
お話/伊藤延由さん(飯舘村在住)
参加費:500円
連絡:hanamama58@gmail.com
https://twitter.com/hanamama58/status/1083245006331162624



●2月24日(日) 14:00~16:00 JEC日本研修センター元町3階小会議室(JR・阪神「元町駅」徒歩3分
神戸市営地下鉄「県庁前駅」・阪急電鉄「三宮駅」徒歩8分 http://www.jec.ne.jp/kobe/access/index.html
市民社会フォーラム第237回学習会のご案内
 ソウルの市民民主主義-日本の政治を変えるために-

講 師:白石 孝さん(NPO法人官製ワーキングプア研究会理事長)    
参加費:1000円
お申し込みなしでもご参加いただけますが、人数把握のため事前申し込みいただければありたたいです。civilesocietyforum@gmai.com まで
『ソウルの市民民主主義-日本の政治を変えるために-』(コモンズ)を編著された白石孝さんに、韓国のキャンドル市民革命と朴元淳ソウル市長の市民民主主義(社会民主主義、福祉国家路線)の実相についてお話いただき、日本の政治を市民社会から変えていくために何を学ぶべきか交流します。   白石孝さん 
NPO 法人官製ワーキングプア研究会理事長、荒川区職員労働組合顧問(前書記長)。
自治のあり方、国民総背番号制、多文化共生など幅広く活動。
共著に『マイナンバー制度――番号管理から住民を守る』( 自治体研究社、(2015年)、『なくそう!官製ワーキングプア』(日本評論社、2010年)など。
http://shiminshakai.net/post/5609



●2月24日(日) 15:20の回上映後17:10~元町映画館2Fイベントルーム(JR・阪神電車「元町」駅西口より、南西へ徒歩6分/神戸高速鉄道「花隈」駅東口より南東へ徒歩6分/神戸市営地下鉄海岸線「みなと元町」駅2出口より北へ1分 神戸市中央区元町通4-1-12(元町商店街) http://www.motoei.com/access.htm
市民社会フォーラム第108回映画鑑賞会
『共犯者たち』

トーク「韓国で進む市民民主主義」
登壇者 白石孝さん(NPO法人官製ワーキングプア研究会理事長)
※当日映画を観られた方対象、参加無料
『共犯者たち』スペシャルトーク開催決定!
国民の支持を失いかけメディアへの露骨な政治介入を始めた2008年韓国の李明博政権。公営放送局MBCを不当解雇されたチェ・スンホ監督らは独立メディア「ニュース打破」を立ち上げ、言論弾圧の主犯である大統領と、権力に迎合した放送業界内の“共犯者たち”をカメラの前に立たせて、その実態と構造を明らかにしていく…。メディアの存在意義をかけたジャーナリストたちの抵抗を描いたドキュメンタリー『共犯者たち』の公開を記念し、昨年4月に「ソウルの市民民主主義 -日本の政治を変えるために」を刊行された白石孝さんをお招きして映画の後にお話しいただきます。
『共犯者たち』『スパイネーション 自白』公式サイト http://www.kyohanspy.com/
http://shiminshakai.net/post/5612



●2月24日(日) 午後2時~ひとまち交流館 京都(3階)第3会議室 (京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html)
【第25回左京フォーラム】戦後史を学ぼう「日本政治の深層に輝く憲法9条」
~今も続く「55年体制」とは

講師:吉竹幸則さん(フリージャーナリスト/元朝日新聞記者)
「押し付けられた憲法9条は改正すべきだ」。安倍政権周辺の宣伝を素直に信じ込む若者がなんと多いことか。でも彼らは、戦後史を学校で教えられてはいません。戦後史をたどれば、9条は米国からの過剰な〝プレゼント〟だったのです。その証拠に、勘違いに気付いた米国は制定直後から憲法改正・海外派兵を求め続けて来ました。対米従属の象徴のように言われる55年体制。でも、実は米国の言いなりを避ける日本独特の政治の道具建て、先人の知恵であり、常に9条がその背後で輝いていました。曲がりなりにもこの国に「平和と繁栄」をもたらし、戦死者も出さなかった55年体制に働いて来た力学を、彼らはどこまで理解しているのでしょうか。自民対社会の対立構図で始まった55年体制を単なる政党対立の枠組みと見るのはあまりにも浅薄です。その後、形を変えつつもその基本構図が今に至るまでこの国に定着したのにはそれだけの理由があります。戦後史の肯定派も否定派も、この体制の深層を経済構造や世界情勢にまでさかのぼり冷静に分析、未来志向につなげる…。改めて「戦後史」を一緒にたどりませんか。
参加費:500円(資料代として)
主催:戦争をさせない左京1000人委員会
https://www.facebook.com/events/410858493015001/



●2月24日(日) 13:30~PLP会館4階(JR天満駅・地下鉄扇町駅徒歩5分 http://plp-kaikan.net/access/a_index.html) ※集会後デモ
新たな天皇制の登場を許すな!
ーナルヒトがアキヒトとヒロヒトから受け継ぐものは何か! 
―政府・企業・マスコミあげての韓国元徴用工賠償判決非難に答える―

講師:飛田雄一さん『神戸学生青年センター・館長』
集会の冒頭、講演の前に3人の方から発言を受けます(順不同)。
1)中国人強制連行・大阪国賠訴訟判決から
  ― 黒面(モーメン)さん
2)広島三菱徴用工被爆者・韓国・最高裁勝訴判決から
  ―市場淳子さん
3)NON!日本軍「慰安婦」「日韓合意」の闘いから
  ―方清子(パンチョンジャ)さん
(ひだ ゆういち)さんプロフィール/1950 年生まれ。関西学院大学講師。在日朝鮮運動史研究会関西支部代表、強制動員真相究明ネットワーク共同代表。著書多数。
資料代:500円
主催:天皇代替わりを問う集会実行委員会
http://www.labornetjp.org/EventItem/1546069231154matuzawa



●2月24日(日) 13:30~栗東芸術文化会館さきら 中ホール(栗東 https://www.sakira-ritto.net/access/index.html
タイトル:南京の記憶をつなぐ
-ドキュメンタリー上映・証言/講演会
1:ドキュメンタリー映画「松岡環-受難者と共に」
2:証言(映像)「元兵士が体験した南京大虐殺~三谷翔さんの遺言~」
3:講演「メディアの今~南京大虐殺当時の新聞報道から~」下地毅さん(朝日新聞記者)
参加協力券 1000円(当日1200円、学生500円)
主催:南京の映画をみる会
問い合わせ:090-7113-3122(実行委員会)
https://shigaminpo.com/event.shtml



●2月24日(日) 10:00~17:00 東成区民センター(今里②(大阪市営)徒歩約2分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-kV172cgVuZc/?utm_source=dd_spot
さとにきたらええやん上映会と荘保共子さんを囲むシンポジウム
映画『さとにきたらえいやん』の上映会と荘保共子さんをゲストにお迎えしたシンポジウムです。
社会的養護や地域での子育て支援を専門とする研究者とさまざまな現場で活躍する実践者のみなさんの交流をはかるとともに、現場の声を社会のなかで共有できる形にしていくことをめざす科研プロジェクトのキックオフです。
10時~上映会
13時~17時 講演とシンポジウム
申込み:handai.kodomo@gmail.comにお名前とご所属をお願いします(定員170名)
https://www.facebook.com/events/2458517830829275/



●2月24日(日) 14時~16時半 京都教育文化センター(京阪神宮丸太町駅5番 http://www.kenn.co.jp/kaijo/kyo_bunk.htm
緊迫するベネズエラ いま何が起こっているのか
講師:一井不二夫(ブログ「ラテンアメリカの政治経済」)
参加費:500円。
連絡:090-1952-9886
http://www.kinyobi.co.jp/event/20190222_002755.php



●2月24日(日) 14時~16時 守口市西部コミュニティセンター2階講義室(https://www.moriguchi-cc.jp/seibu/access
映画とトークのつどい アッラーと私とスカーフと
トークゲスト:岸野 令子さん(キノ・キネマ代表) 
参加費:500円
主催:もりナビ(守口から平和と民主主義を考える会)
www17.plala.or.jp/kyodo/0224-1.pdf



●2月24日(日) 15:30~17:30 京都教育文化センター103号室(京阪神宮丸太町駅5番 http://www.kenn.co.jp/kaijo/kyo_bunk.htm
洛北・東山の防災を考える 川と森の達人に聞く
講師:主原憲司さん(北山の自然と文化を守る会)
   中川 学さん(国土問題研究所 副理事長)
特別発言 石田 紀郎さん(市民環境研究所 代表理事)
     蒔田 直子さん(阪神大震災ボランティア経験者)
コーディネーター 守田敏也さん(フリージャーナリスト)
昭和9年室戸台風で倒れた木が処理されず、翌年の大雨で流木となり鴨川の端に引っかかり三条以南が浸水しました。山の再生、川の整備などが街を守ることになるのではないでしょうか?
本格的な防災対策の強化のため、第一級の講師陣から学び、ご一緒に考えませんか?
参加費:無料
主催:左京・まちの交流ひろば
https://www.facebook.com/events/285793218781950/



■2月24日(日) 24時50分~25時50分 毎日放送
映像'19 フクシマの母~母子避難8年・闘いの記録~
大阪・城東区に住む森松明希子さんは、11歳の長男、8歳の長女との3人暮らし。明希子さんは、8年前の東日本大震災にともなう原発事故で、子供の健康への影響を考え、福島県から避難してきたいわゆる「母子避難」だ。夫の暁史さんは、震災後も福島に残り、仕事を続けている。月に1回、高速バスで大阪に子どもの顔を見に来る。
明希子さんは、原発事故の加害者である国と東電に損害賠償を求める集団訴訟の原告団長になったことで、生活が一変。集会や講演に呼ばれる日々を送っている。
 2018年のお盆。明希子さんは、子どもを連れて、郡山市の夫の元へ一時帰宅した。福島では、今も4万人以上が避難生活を送っていて、「復興」にはほど遠い現状だ。事故を起こした福島第一原発は、廃炉に向けての作業を進めているが、先が見通せていない。
「映像シリーズ」でこれまで、明希子さんと家族を継続的に取材。震災と原発事故から8年の間に変化や成長を遂げた避難者家族の様子を、豊富な映像とともに伝える。
https://www.mbs.jp/eizou/



■2月25日(月) 深夜午前03:00~04:00 MBS毎日放送
「ギャラクシー賞月間賞◆映像'18「バッシング ~その発信源の背後に何が~」
今や誰もが簡単に自由に言論を展開できるようになったインターネット空間。アメリカのトランプ大統領がメディアを無視して自ら自由に情報発信していることに代表されるように、日本でも政治家が自由に情報を発信、さまざまな摩擦を引き起こしている。ひとたび放たれた言論は、評価されることもなく、発信力のあるブロガーや個人にツイッターなどで連打され、特定の個人に攻撃を呼び掛ける呼び水となり、ネット空間を広がっていく。
いわゆる「バッシング」だ。その舞台裏はどうなっているのだろうか? バッシングが拡散される、その背景には、政治的な意図と商業メディアのもうけ主義、さらに専門家を蔑むアマチュアリズムが見え隠れする。バッシングの裏にどんな力が働いているのか、それを直視しなければ流れてくる情報に翻弄されるだけだ。真実が棚上げにされ、センセーショナルな言葉だけが横行するバッシングの本質を探ってゆく。
※この番組は2018年12月16日に放送されたものです。
https://www.mbs.jp/eizou/backno/181216.shtml
https://www.mbs.jp/pgm2013/1550415604.shtml



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村


脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2019年2月23日(土)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報


『共犯者たち』Criminal Conspiracy(2017年/韓国/105分)
主犯は大統領――共犯者は権力におもねった公共放送の首脳陣
記者が黙った 国が壊れた...主犯は大統領、共犯者は権力におもねる放送人
李明博と朴槿恵 長期保守政権による言論弾圧の実態
2008年、〈米国産牛肉BSE 問題〉などの報道により国民の支持を失いかけた李明博政権は、メディアへの露骨な政治介入を始める。狙われたのは公共放送局KBS と公営放送局MBC。政権に批判的な経営陣が排除され、調査報道チームは解散、記者たちは非制作部門へと追われた。両局の労働組合はストライキで対抗するが、政権が送り込んだ新しい経営陣は解雇や懲戒を濫発。その結果、政府発表を報じるだけの「広報機関」となった放送局は、〈セウォル号惨事〉で「全員救助」の大誤報を流し、〈崔順実(チェ・スンシル)ゲート事件〉の隠蔽に加担することになった……。
メディアの存在意義をかけたジャーナリストたちの闘い
しかし、それでも諦めないジャーナリストたちがいた。局内に残った記者たちは、さらに激しいストライキに突入。いっぽう、不当解雇されたチェ・スンホ監督たちは、市民の支援で立ち上げた独立メディア「ニュース打破」で、調査報道を継続。言論弾圧の「主犯」である大統領と、権力に迎合して韓国の報道を骨抜きにした放送業界内の「共犯者たち」をカメラの前に立たせ、その実態と構造とを明らかにしていく。2017 年8 月公開された本作は、韓国で26 万人動員というドキュメンタリーとして異例の大反響を呼んだ。そして、奇跡の大逆転劇が起きる――。
●12/8(土)~シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
2/23(土) 10:30(~12:20終)
2/24(日) 17:10(~19:00終)
2/25(月)~3/1(金) 10:30(~12:20終)
http://www.theater-seven.com/2019/mv_s0011.html



アンコール上映
『沖縄スパイ戦史』(2018年/日本/114分)
戦後70年以上語られなかった陸軍中野学校の「秘密戦」、明らかになるのは過去の沖縄戦の全貌だけではない――。
第二次世界大戦末期、米軍が上陸し、民間人を含む24万人余りが死亡した沖縄戦。第32軍・牛島満司令官が降伏する1945年6月23日までが「表の戦争」なら、北部ではゲリラ戦やスパイ戦など「裏の戦争」が続いた。作戦に動員され、故郷の山に籠って米兵たちを翻弄したのは、まだ10代半ばの少年たち。彼らを「護郷隊」として組織し、「秘密戦」のスキルを仕込んだのが日本軍の特務機関、あの「陸軍中野学校」出身のエリート青年将校たちだった。
1944年の晩夏、大本営が下した遊撃隊の編成命令を受け、42名の「陸軍中野学校」出身者が沖縄に渡った。ある者は偽名を使い、学校の教員として離島に配置された。身分を隠し、沖縄の各地に潜伏していた彼らの真の狙いとは。そして彼らがもたらした惨劇とは……。
「散れ」と囁くソメイヨシノ
「生きろ」と叫ぶカンヒザクラ
長期かつ緻密な取材で本作を作り上げたのは、二人のジャーナリスト。映画『標的の村』『戦場ぬ止み』『標的の島 風かたか』で現代の闘いを描き続ける三上智恵と、学生時代から八重山諸島の戦争被害の取材を続けてきた若き俊英、大矢英代。
少年ゲリラ兵、軍命による強制移住とマラリア地獄、やがて始まるスパイ虐殺……。戦後70年以上語られることのなかった「秘密戦」の数々が一本の線で繋がるとき、明らかになるのは過去の沖縄戦の全貌だけではない。 映画は、まさに今、南西諸島で進められている自衛隊増強とミサイル基地配備、さらに日本軍の残滓を孕んだままの「自衛隊法」や「野外令」「特定秘密保護法」の危険性へと深く斬り込んでいく。
●2/9(土)~シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
2/23(土) 17:10(~19:09終)
2/24(日)~26(火) 14:55(~16:54終)
2/27(水)~3/1(金) 15:30(~17:29終)
http://www.theater-seven.com/2019/mv_s0023.html



●2月23日(土) 13時30分~16時 大阪経済大学C65教室(C館6階)(大阪市東淀川区大隅2-2-8)
-ECOまちネットワーク・よどがわ 2019年総会記念学習会-
◎「じぶん電気を作ろう!」◎

昨年は、大阪北部地震や台風21号24号が直撃するなど自然災害にみまわれた大変な年でした。今年の総会では、昨年11月8日の朝日新聞にも紹介された平田賀彦さんを講師に、小さな太陽光発電を使って、自家発電所を作る学習会を行います。
講師:平田賀彦さん(豊中市民エネルギーの会)
資料代500円
定員50名(先着順)※ECOまちネットワーク・よどがわ会員外の方も歓迎
申し込み方法:メールにて氏名、年齢、お住まいの市区町村、お電話番号、メールアドレスを記入の上、タイトルを「2/23学習会参加希望」としてください。宛先:ecomachinet@gmail.com
折り返し申し込み受付のメールを送ります。そのメールをもって参加証としますので、当日は印刷して持参ください。
お問い合わせ:ecomachinet@gmail.com
※当日参加者は、自家発電所で稼働させたい家電製品の消費電力(ワット数)を調べてメモしてきてください。
http://www.econetkinki.org/blog190120111935.html



●2月23日(土) 14時~千里市民センター多目的ルーム(阪急千里線 南千里駅改札左スグの「千里ニュータウンプラザ8階」)
「いま、『戦争』に耳をかたむけて」
・第1部 14時~15時45分 いま「戦争」に耳をかたむけて
 朗読が伝えるあの日のナガサキ
 講師:冨永 ひろみさん 二田 直子さん
 内容:長崎の被爆体験記の朗読を聞きましょう。
・第2部 蓄音機が奏でるあの時代の音楽
 講師:秋元 宏さん ゼンマイ式蓄音機で戦時中のレコードを聴きましょう。
入場料:無料 先着順
http://www.city.suita.osaka.jp/home/soshiki/div-shimin/jinken/event/_94759.html



●2月23日(土) 19:00~ゆめりあ宇治(JR宇治駅すぐ http://www.city.uji.kyoto.jp/0000002765.htmlv
「あの日を忘れない 東日本大震災・福島原発事故から8年」学習と講演のつどい
「南相馬の現状と復興に向けて」
講師:渡部寛一さん(日本共産党南相馬市議会議員)
参加費:無料 福島支援カンパ要請あり
http://jcpuji.main.jp/東日本大震災から%ef%bc%98年%e3%80%80学習と講演のつどい/



●2月23日(土) 13:30~15:30 神照まちづくりセンター(長浜市神照町286-1)
“原発ゼロ法案から原発のない社会へ”
講師:山崎 誠 氏(立憲民主党 衆議院議員 比例東北ブロック エネルギー調査会事務局長)
昨年12月に日本政府と三菱重工がトルコへの原発輸出を断念し、さらに今年1月には日立製作所がイギリスでの原発建設計画の凍結を正式に決めました。トルコでの総事業費は当初の2.1兆円から5兆円に、イギリスでは2兆円から3兆円へと膨らみ、採算が取れず事業として成り立たなくなったのです。裏返せば、莫大な事故安全対策費が必要である原発の危険性がより明白になったと言えます。
・政府のエネルギー基本計画は依然として原発を不可欠なベースロード電源として 想定しているが、現実的にはどうなの?
・核燃料サイクル政策の実態はどうなっているの?
・野党4党が共同提出した原発ゼロ基本法案はどんな内容で、今どうなっているの?
・原発のない社会の仕組みは成り立つの?
福島第一原発事故から8年になろうとしている今、原発に頼らない社会の実現に向けて必要なことや私たちにできることを、講師の話を伺うと共に参加者のみなさんと一緒に考えていきたいと思います。学習会は無料で、どなたでも参加できます。ぜひ気軽にお越しください。
参加費:無料
主催:湖北原発ゼロの会
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=761619410838722&id=104223289911674&__xts__[0]=68.ARBsF9xqhXudm3-UvdU3pKIII-igHDIVyCO1ZsG0IcoJCspWdJ1Nl4epGKyV7LyGj4d4Kkkh0nwhsG1pJFPuPFTS3myNNKlVACpbu3trgP8NHs1ioog-8G7_NW_Wwl-86WquP1Jk0W9H3GIT08JGApws9W8JpLOcIE6Zlahn2Ud8z_MU9PO3AuDVKy04y_OT20-mWyD3jcqhZw6HWebc-XKuBTkPJ56BdM0d3u7xXAo4cB-SyNHzjabsHhPWsI0gYIjQszI-gZ5dQNLi07f63lDzd4mlzHnyh3vJ2UrJCL4WozGFzGf0-Qh_ao-1_zCmEtvb-KldQn8WUAIbNEEn9fEZnHBBk-jI-75VHrDfEkSmZkXoKU7ZbpzmM4OhvfS04SaSBq0FJKUMXtUlo9qfz4CC7x2aXUoa_qkkL34Ha7l22gM0gNm3k_yb-ns2MzAHiJWszOqiPJHKXTtlp8DNEsULTQRG1PFZI_lcPxSg-E9L-vPAax70dw&__tn__=-R



●2月23日(土) 14:00~16:30 葺合文化センター(神戸芸術センター6階)中会議室2(神戸市営地下鉄 新神戸駅 徒歩4分 http://www.kobe-bunka.jp/facilities/fukiai/)
「台湾国民投票」視察報告会@神戸~ 急発進したダイレクトデモクラシー
台湾では、11月24日に統一地方選と同時に国民投票が実施され、「婚姻の平等(同性婚)」「LGBT教育」「脱原発」「オリンピックへの『台湾』名での参加」など10件もの議案が同時に問われました。
台湾が民主主義国家になったのは1987年ですから、その歴史はまだ31年。しかし、日本よりも二大政党制が定着しており、また市民発議で国民投票を実施し、ダイレクトに国民の声を反映する仕組みが整っています。
いわば民主主義の「成長国」である台湾は今、日本やヨーロッパの多くの国々を飛び越えてダイレクトデモクラシーの「先進国」になろうと奮闘しています。
そんな台湾の国民投票の模様を視察するために、<みんなで決めよう「原発」国民投票>の二人のスタッフが現地に入りました。「近くて遠い国」とも言われる台湾の政治と国民投票について報告をすると共に、みなさんと一緒に考える機会としたいと思います。
【プログラム】(予定)
1) 台湾の民主主義の歩みと国民投票法
2) 5議案乱立「同性婚」「LGBT教育」をめぐる戦い
3) 脱原発を巡る攻防 ~脱原発団体インタビュー
4) 国民党の3議案と「台湾」名でのオリンピック参加
5) 投開票取材と法律再改正の議論
報告者:みんなで決めよう「原発」国民投票 運営委員長 鹿野隆行 東京運営委員 石崎大望
参加費:500円
申込み:Facebookイベントページでの「参加」表明
Email: info@kokumintohyo.com
氏名・メールアドレスを記載し件名を「台湾国民投票(神戸)申込み」としてご送信ください。
*当日参加も受付けますが、定員に達した場合は予約者を優先いたします。できるだけ事前にお申し込みください。
問い合わせ:090-1359-6232 (本村)
主催:みんなで決めよう「原発」国民投票
https://www.facebook.com/events/311350669491124/



●2月23日(土) 午後5時30分 エルおおさか南館5Fホール(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
3・1独立運動100周年 朝鮮戦争の終結と東アジアの恒久平和を目指す2・23大阪集会
内容:映像資料「ドキュメンタリー3・1独立運動」 
講演:「板門店宣言時代の朝鮮半島、平和・統一運動の方向と課題」
講師:リュウ・ギョワンさん(KIPF(コリアインターナショナルピースフォーラム)運営委員長)
資料代:1000円 
主催:「3・1独立運動100周年 朝鮮戦争の終結と東アジアの恒久平和を目指す2・23大阪集会」実行委員会
http://www.labornetjp.org/EventItem/1550735072064matuzawa
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0223-1.pdf



●2月23日(土) 13:30~16:00 サンスクエア堺(JR阪和線「堺市」駅徒歩3分 http://www.sck.or.jp/access.html
#黙らない女たち
日本フェミニストカウンセリング学会公開講座
インターネット上のヘイトスピーチ・複合差別と裁判で闘った、李信恵さんと弁護士の上瀧浩子さんをお招きします。
伊藤詩織さんの被害への、牟田和恵さんたちの研究への、無名のたくさんの女性たちへの・・・女性への誹謗中傷は私たちの周りにあふれています。注文をしていない通販商品を送りつける嫌がらせも起こっています。いずれも発言する女たちへの攻撃です。その中で本当にひどいヘイトスピーチを受けながら、「泣き寝入りをしたら、別の誰かが同じ思いをする」と裁判に訴え、闘い勝利した李さんと上瀧さん。その戦いの記録が2018年8月かもがわ出版から出版されました。「人種差別と女性差別との複合差別」が、日本の司法で初めて認められた闘いの記録。そのタイトルが「#黙らない女たち」です。そのタイトルをこの公開講座のタイトルとしました。私たちもまた「黙らない女たち」の一人になるためにお二人の話を聞きにいらしてください。もちろん、差別と暴力を許さない男性にもご参加いただきたいと思います。差別と暴力を許さない多くの人の参加をお待ちしています。
資料代:1500円
定員:100名 要事前申し込み
申込方法:03-3239-5331 までFAXで、お名前、住所、連絡先電話番号を明記の上お申し込みください。
問合せ:03-3239-5330 日本フェミニストカウンセリング学会
https://www.facebook.com/events/323543188276248/



●2月23日(土) 15時30分~(毎週土曜日)JR大阪駅南バスターミナル
「辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動」
辺野古の海が埋め立てられないように活動しています。
お時間の許す範囲で、少しでも皆様のご参加お待ちしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/henoko_osaka



●2月23日(土) 13:00~14:00 神戸マルイ前
HENOKO NO! 沖縄に基地はいらない 
   辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動

沖縄県民に対する不正を止めるために、共に声を上げて下さい。
ツイター・FaceBookで情報発信中{辺野古・神戸}で検索して下さい。
土曜の午後はいつもの時間、いつもの場所で、はじめての方、ちょっとだけ参加、見学、大歓迎。
https://twitter.com/kobekodo/



●2月23日(土) 毎週土曜日17:00~18:30ごろ 京都市 三条河原町交差点(三条河原町商店街のアーケード前スペース)
沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、
     普天間基地の撤去を求める京都行動

アピール、チラシ配り、新基地建設に反対する署名集めなどなどhttp://kyoto-action.jugem.jp/?pid=1
https://twitter.com/ALALALED/status/551165696185344000



●2月23日(土) (毎週土曜日) 13:30~14:30 大阪府警本部前(谷町四丁目5分 http://www.police.pref.osaka.jp/15topics/fukei_map_1.html
労働組合つぶしの大弾圧を許さない 大阪府警本部前抗議行動
主催:労働組合つぶしの大弾圧を許さない実行委員会



●2月23日(土) 9:30~16:30 大谷大学(京都市営地下鉄烏丸線 国際会館行「北大路」駅上 http://www.otani.ac.jp/nab3mq0000004vfa.html
第50回人権交流京都市研究集会
本集会は、現代社会に存在するさまざまな人権課題に取り組む人々が貴重な実践経験や研究成果を持ち寄ることで交流・相互理解・連帯を深め、共生・協働の社会創造をめざしています。
・全体集会 記念シンポジウム
「水平運動と朝鮮衡平運動~東アジアの交流と連帯そして今~」
 対談:朝治武(大阪人権博物館館長)×水野直樹(京都大学名誉教授)
 コーディネーター:駒井忠之(水平博物館館長)
・分科会 午後1時30分~谷大学 各教室
 (1)部落と人権 (2)共生社会と人権 (3)教育Ⅰ (4)教育Ⅱ (5)部落の歴史     
参加費:2000円(弁当:別途600円)
主 催:同実行委
http://www.kyoken.jp/



●2月23日(土) 17:30~19:30 猪飼野セッパラム文庫(天王寺区細工谷2-14-8 090-9882-1663 近鉄「上本町六丁目駅」8分・地下鉄「谷町9丁目駅」10分、ドンキホーテ上本町店から東へ、セブンイレブンを右へ約100m、左側3軒目 http://www.mapion.co.jp/m2/34.66158997553531,135.5232413888889,16
コリアン・マイノリティ研究会第182回月例研究会
「小林よしのり氏「アイヌ民族否定論」批判とアイヌの歴史ならびに現代アイヌ民族の状況報告」

門田晶(臨夏)さん(日本植民地文化史研究家)
今年2019年正月、週刊『SPA!』1月15・22日合併号で連載中の「ゴーマニズム宣言」で、漫画家の小林よしのり氏がまたしても「アイヌ民族は存在しない」という「アイヌ・ヘイト」に?がる論旨を展開しました。氏は過去にも『ゴーマニズム宣言』や個人誌『わしズム』のなかで、同様の論旨を繰り返しています。過去と今回の小林氏の発言に対し、日本国内の大方のアイヌ研究者は今まで通り沈黙を守っていますが、少数ながらもネットで批判発言をしている研究者もいます。ぼく門田もそれを受け、大阪で微力ながらも応援をすることにしました。同時に、アイヌ民族の歴史や現代アイヌ民族の置かれた状況について、アイヌモシリ(植民地北海道)で得たぼくの知る限りでの情報を皆さんにご紹介します。
【プロフィール】台湾・政治大学台湾史研究所出身。在野の日本植民地研究者。北海道・琉球・台湾・朝鮮などの歴史や文化を研究。
参加費:800円・学生以下無料【要予約】
主 催:コリアン・マイノリティ研究会 
https://sepparam-bunko.jimdo.com/お知らせ/



●2月23日(土) 14:00~17:00~2回上映 東成区民センター6階小ホール(今里②(大阪市営)徒歩約2分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-kV172cgVuZc/?utm_source=dd_spot
映画『アイ キャン スピーク』
主演:羅文熙(ナムニ)・李帝勲
http://www.jnjtv.com/tabid/997/Default.aspx
講演:方清子(パンチョンヂャ)さん(日本軍「慰安婦」問題関西ネットワーク)
参加協力金:1000円
主 催:ウリ民主連合 090-4282-9661



●2月23日(土) 13:30~あやはレイクサイドホテル 滋賀県 大津市におの浜3丁目2-25
日本有機農業研究会全国大会
樋口英明元福井地裁裁判長特別講演

主催:日本有機農業研究会・全国有機農業の集い2019実行委員会
https://www.facebook.com/events/2067020753549008/



●2月23日(土) 11:00~17:00 高槻現代劇場 文化ホール 2F展示室(高槻市駅出口(南側)出口から徒歩約7分 高槻駅南口出口から徒歩約10分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-4wrMhmbSm4E/?utm_source=dd_spot
対話型国際平和サロン 平和は国境を超えて 講演とOneDay展示カフェ
 ~知ってみよう考えてみよう日本に住む難民!

もし、あなたが紛争や人権迫害があり逃げなければならなくなったらどうしますか?「平和」な日本に助けを求めてきた難民の事を考えてみませんか?まずは、難民の事を・見て・聞いて・考えて・語り合いましょう。
難民出身国の軽食などや支援団体のブースもあります。
高槻市と難民支援
高槻市には、難民支援を行っているRAFIQの事務所が2008年から2016年までありました。市民の皆さんの温かいご支援があり、住居のない難民支援のためのシェルターや市民向けの勉強会などを開催してきました。また、難民と一緒に高槻ジャズストリートなどのボランティア協力も行いました。現在も高槻近隣に住んでいる難民の方がいます。高槻市をはじめ、地域が“難民にもやさしい街”になったらいいなぁ…と考えている皆さんのご参加をお待ちしています。
参加費:\999
主催・問い合わせ:RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)
〒532-0002 大阪市淀川区東三国4丁目9-13 なんみんハウス
http://rafiq.jp/date/2019/190223peace_salon.html



●2月23日(土) 午後2時~5時 大阪南YMCA(JR天王寺駅北口より東へ5分 http://www.oospo.net/ymca-minami/access
第19回いのちと平和
内容:「非武装中立と平和保障」の輪読&解説
第2部日本国憲法9条と非武装永世中立 第1章日本国憲法の平和主義
Ⅰ.平和憲法の源泉 Ⅱ.平和法の規範論 Ⅲ.安保・外交政策の原則
解説:澤野義一さん
会費:500円
問合せ先:いのちと平和
連絡先:090-3974-1166(弓場)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0223.pdf



●2月23日(土) 14:00~16:30 兵庫勤労市民センター第1会議室(JR兵庫駅前 http://www.navitime.co.jp/poi?spt=00005.303077
元教職員ネット講座 2019①
「道徳教科化の時代を考える」~社会から目をそらせ、身を修めさせる~

「教育勅語のアレンジが、正門から」(仮題)
お 話:桜井 智恵子さん(関西学院大学人間福祉学部教授)
資料代:500円
https://jimmin.com/events/event/道徳教科化の時代を考える%ef%bd%9e社会から目をそらせ/



●2月23日(土) 14時~17時 神戸市役所4号館(危機管理センター)1階会議室(神戸市中央区江戸町97-1)
 Tel.078-322-5740  
<第242回神戸大学RCUSSオープンゼミナール>
司会:神戸大学都市安全研究センター 教授 北後 明彦
内容:
① 液状化被害を知る・防ぐ
-被害を受けやすい土地の見分け方と被害への備え-
若松 加寿江 関東学院大学 防災・減災・復興学研究所研究員(元 理工学部教授)
地盤の液状化による被害は、毎年のように日本のどこかで起きています。昨年9月の北海道の地震では、札幌市などのベットタウンで液状化が起こり、多数の住宅が被害を受けました。1995年の阪神・淡路大震災では神戸から大阪にかけての地域で液状化が広範囲に発生し、神戸港が壊滅的な被害を受けました。液状化は、急傾斜地で起きる土砂災害など異なり、脅威の対象が普段見えません。それだけに被災者にとっては「晴天の霹靂」の災害です。
講演では、地盤が液状化するとどんな被害を受けるか、どんな土地が被害を受けやすいか、を解説すると共に、液状化被害を防ぐための対策や日頃の備えについてお話しします。
② 液状化研究の成果と課題 
 田中 泰雄 神戸大学名誉教授 都市安全研究センター特別研究員、UTAR大学アジャンクト教授
 地盤の液状化現象についての工学的研究は、1964年の新潟地震以降に開始され、その発生メカニズムや、液状化被害解明のための地盤調査&試験方法についての研究が50年以上蓄積されてきました。一方で、1995年の阪神・淡路大震災や2011年のニュージーランドのクライストチャーチ地震や、東日本大震災、更には昨年のインドネシア東部等で、甚大な液状化被害が発生しています。学術研究の進展と現社会での液状化被害及び生じる災害とのギャップについて短くレビューし、その差をを狭めるにはどうすれば良いかを議論したいと思います。
共催:神戸市危機管理室、神戸市消防局
後援:兵庫県
<オープンゼミナールについての問い合わせ先>
神戸大学都市安全研究センター
078-803-6440(担当 熊崎、北後)078-803-6437(センター事務室 山崎)FAX 078-803-6394
先着順受付(無料、定員60名)
http://open.kobe-u.rcuss-usm.jp/



●2月23日(土) 14:00~16:30 京都教育文化センター(京阪神宮丸太町駅5番 http://www.kenn.co.jp/kaijo/kyo_bunk.htm
中村敦夫さん朗読劇「線量計が鳴る」
定員:360名
入場料:1000円,高校生以下無料。要予約(FAX:075-212-0707)。
問い合わせ電話:5-212-8877
バイバイ原発京都と京都府保険医協会との共同企画
http://www.monjiro.org/お知らせ/



●2月23日(土) 午後1時30分~4時30分 たかつガーデン B1階「オリーブ」(近鉄上本町約3分・谷町線谷町九丁目駅約4分 http://www.takatsu.or.jp/access.html
『新科目「公共」について~弁護士と考える授業』シンポジウム
基調講演:「新科目『公共』とは」 講師:東洋大学 栗原久 教授  他
参加申込要
主 催:大阪弁護士会
共 催:法むるーむネット、大阪府高等学校社会(地歴・公民)科研究会、日本弁護士連合会
後 援:大阪府教育委員会、大阪市教育委員会、堺市教育委員会
http://www.shimizushoin.co.jp/Portals/0/PDF/kenkyukai20190223.pdf



●2月23日(土) 14:00~シティプラザ大阪(堺筋本町駅12、1号出口より徒歩6分 http://www.cityplaza.or.jp/access/
森岡孝二の描いた未来 私たちは何を引き継ぐか
・第1部:追悼シンポジウム 14:00~16:30(旬の間にて)
記念講演「人間らしく働くこと…。働くものと遺族に寄り添い続けた森岡先生を偲ぶ」
講師:毎日新聞新潟支局長 東海林智さん
・第2部:追悼レセプション 17:00~19:00(燦の間にて)
参加費 1000円(資料代)
主催:森岡先生追悼のつどい実行委員会
http://stopkaroshi-osaka.net/osakac_news/737/



●2月23日(土) 14時~17時 社会福祉指導センター研修室1(「谷町六丁目」④番出口徒歩5分「谷町九丁目」②番出口徒歩7分 http://www.osakafusyakyo.or.jp/accessmap.html) 
教育研Cafe 象徴天皇制は教育でどう扱われているか!?
問題提起:①象徴天皇制と憲法 ②教育の中での天皇制 
参加費:500円
主催:子どもに「教育への権利」を!大阪教育研究会(090-3651-5876)
http://www.kinyobi.co.jp/event/20190215_002750.php



●2月23日(土) 10時~11時半 京都市下京いきいき市民活動センター第2会議室下京いきいき市民活動センター(JR京都駅(北側)塩小路通りを東に約15分 京都市下京区上之町38番地 http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/cmsfiles/contents/0000099/99788/simogyo-map.GIF
「資本論」を読む会・京都
参加費:200円
主催:「資本論」を読む会・京都(090-5241-5052)
https://blogs.yahoo.co.jp/shihonron_kyoto/



●2月23日(土) 14~16時 堺市産業振興センターセミナー室3(南海高野線中百舌鳥駅・地下鉄なかもず駅300m http://www.sakai-ipc.jp/about/access.html
【堺からのアピール】Study Session Vol.7
〈フェイスブック初心者講座〉

フェイスブックをしたいけど、あまりよくわからない方々を対象に、初心者講座を行います。仲間を増やすツールとしてのフェイスブックにあなたもあなたも参加しませんか?
受講料:500円 
持参物:パソコン(ネット接続可能なもの)orスマホ
申込先・doya1960doya@gmail.com



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村



(2/19更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2019年2月18日(月)~22日(金)

★2/19追加情報
●2/22(金)までのイベント情報を追加しました。


【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-446.html




●2月18日(月) 19:00~20:00 京橋駅 JRと京阪の間
辺野古米軍基地建設を問うシール投票
呼びかけ:リブ・イン・ピース☆9+25
http://www.liveinpeace925.com/schedule/schedule.htm



●2月18日(月) 18:00~20:00  ハートピア京都京都府立総合社会福祉会館 (地下鉄「丸太町」5番出口すぐ/市バス・京都バス・JRバス「烏丸丸太町」下車 烏丸丸太町下ル東側 075-222-1777 http://www.heartpia-kyoto.jp/access/access.html
自由人権協会京都例会
演題:「一審有罪からの、クラウドファンディング、高裁での逆転無罪に至るまで攻めの弁護で社会を変える~彫り師医師法違反事件の弁護活動のすべて~」
講師:弁護士 亀石倫子 さん(大阪弁護士会)(2009年登録、法律事務所エクラうめだ 代表弁護士)
料金:1000円(当会会員、学生、司法修習生、登録後1年以内の弁護士は無料)
定員:120名(先着順)
web申込みを始めました!こちらからアクセスしてください!
https://jclu-kyoto.jimdofree.com/20190106/
タトゥー彫り師医師法違反事件、GPS違法捜査事件、クラブ風営法違反事件…
講師の亀石倫子(かめいし・みちこ)さんは、東京女子大学卒業後、通信会社勤務、大阪市立大学法科大学院を経て、2009年に弁護士登録(大阪弁護士会)され、以来、「クラブ風営法違反事件」や「GPS違法捜査事件」など著名な刑事裁判を担当し、社会を変える重要判決を勝ち取られてきました。
今回は、主任弁護人を務められた「タトゥー彫り師医師法違反事件」について、一審有罪からの、裁判費用をクラウドファンディングで募るという業界初の取り組み、そして昨年11月の高裁での逆転無罪に至るまで、彫り師の職業選択の自由や表現の自由を賭けた攻めの弁護活動のすべてをお話しいただきます。



●2月18日(月) 午前10時~12時 大阪クリスチャンセンター(地下鉄玉造駅①5分・JR玉造駅10分 http://www.osakachristiancenter.or.jp/map.html)
第54回キリスト者原発学習会
内容:「山上の説教から憲法9条へ」の輪読&解説
1.右の頬を打たれたら左の頬をも向けよ」①祝福の教え③愛敵の教え 3.≪山上の説教≫と現代の平和構築①非暴力と市民的抵抗 ②知性的愛敵と非武装平和 ③生命への畏敬と対抗文化
会費:500円 
問合せ先:キリスト者原発学習会 090-3974-1166(弓場)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0218.pdf



●2月19日(火) 18:30~20:30 PLP会館5階大会議室(JR天満駅・地下鉄扇町駅徒歩5分 http://plp-kaikan.net/access/a_index.html)  
東アジアの平和を創る パネルディスカッション
徹底討論「安倍9条改憲を許さない」

昨年の臨時国会では、野党の抵抗で、自民党改憲案の憲法審査会への提出が阻止されました。しかし、安倍首相は9条改憲発議に固執し、次期中期防衛計画での空母の導入やF35の大量配備など軍事費を増額した予算案を示しています。また、日朝交渉の道筋を示さず、日韓の対立を煽るなどなど迷走し暴走を続けています。
9条改憲阻止に向けた今後の取り組みについて意思統一を図るため、徹底討論「安倍9条改憲を許さない」をテーマにパネルディスカッションを開きますので、多くのみなさんの参加を呼びかけます。
内 容:パネルディスカッション
問題提起/コーディネーター:服部 良一
パネラー:中北龍太郎 1000人委員会共同代表 金 光男 在日韓国研究所代表
主 催:戦争をさせない1000人委員会・大阪
協 賛:おおさか総がかり行動実行委員会
https://www.facebook.com/so.gakari.osaka/photos/a.1672731293001415/2313752302232641/



●2月19日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



■2月19日(火) 午後09:00~09:50 NHK BS1
BS1スペシャル「スラム街 希望のオーケストラ」
リゾートで知られるフィリピン・セブ。その一角にあるスラム街で子供たちの楽団「セブンスピリット・オーケストラ」が活動している。子供たちは日々の食事に困るほどの貧しさや家庭不和などの困難を抱えながら、演奏に生きる希望を見出している。指導するのは日本から移住した永田正彰さん(33)。永田さんもこのオーケストラに音楽家として生きる道を見出そうとしている。人生を切り開こうと前を向く子供たちと日本人青年の物語
http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2019-02-19/11/5429/2396612/



●2月21日(木) 14:00~14:30 大阪地方裁判所2階202号法廷(地下鉄淀屋橋より北東へ8分 大阪市役所の北側、橋を渡り直すぐ http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/)
『避難の権利』を求める裁判(原発賠償関西訴訟)第21回口頭弁論期日
スケジュール
12:00~淀屋橋にて宣伝行動 地下鉄御堂筋線/京阪「淀屋橋」駅1番出口出たところに集合(12:30終了予定) 
13:00~大阪地方裁判所・別館正面玄関集合(注:原告と弁護団は弁護士会館集合です)
13:10~13:20 大阪地方裁判所・別館正面玄関前 整理券配布(13:20抽選)
※傍聴券交付状況をご確認ください。
 http://www.courts.go.jp/app/botyokoufu_jp/list?id=146
※13:15~13:20頃に、原告・弁護団は正面から裁判所に入廷を行う予定です。なお、裁判所敷地内では一般のチラシ配布などは禁止されておりますのでご注意ください。弁護団からは、当日のスケジュール等を記載したものを配布する予定です。
14:00~弁論開始(202号法廷)
※抽選に外れた方は、同時刻に、報告集会会場(大阪弁護士会館2階203・204号室)にて、模擬法廷を行いますので、そちらに移動をお願いします。
14:30頃~弁論終了予定
14:30頃~報告集会 大阪弁護士会館2階203・204号室
16:30頃~報告集会終了予定
期日後には、報告集会が行われます。
宣伝物を配布したい方が多数おられると思いますが、事前に弁護団に一声おかけください。原発と無関係な宣伝物の配布はお断りすることがあります。また、報告集会にて宣伝したい事項があれば、こちらも弁護団に一声おかけください。報告集会の時間が短いため、事前に申し出があったものに限らせていただく予定です。
第21回弁論期日の内容は以下のとおりです。
・原告意見陳述・・裁判長が交替しましたので、久しぶりに原告意見陳述を行います。
・原告の準備書面の陳述・・パワーポイントを使用して説明します。 
 原告らが被った権利・利益について述べた準備書面です。
・被告東電・国の準備書面の陳述 
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-2009.html



●2月21日(木) 16時~19時 滋賀県庁正面噴水前(JR大津駅から徒歩5分 大津市京町四丁目1番1号 http://www.pref.shiga.lg.jp/guide/chosha/index.html
滋賀県庁前すわりこみ
https://nonukesiga.exblog.jp/27432943/



●2月21日(木) 18時30分~エルおおさか南館1023号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
STOP!カジノ大阪(仮称)出発集会
講演:「カジノは最悪のギャンブル」
講師:西澤信善さん(神戸大学名誉教授)
参加費:資料代として500円



●2月21日(木) 午前10時~正午 茨木市立男女共生センターローズWAM 5階501-502(阪急茨木市駅西へ約500メートル JR茨木駅東へ約800メートル
http://www.city.ibaraki.osaka.jp/shisetsu/siyakusyo/wam_s.html )
「地域・社会が育てる子どもたち」 ~シンママ大阪応援団という活動~
講師:芦田 麗子さん(神戸親和女子大学講師) 先着60人 一時保育あり 要予約
参加費:無料 主催:茨木市・茨木市立男女共生センターローズWAM



●2月21日(木)~24日(日) 15:00 16:00 神戸三宮マルイ前
辺野古米軍基地建設のための埋立の賛否を問う市民投票
https://www.facebook.com/events/2552836138124088/?active_tab=discussion



■2月21日(木)(再放送) 午後05:00~05:50 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー「ベールの詩人~声をあげたサウジ女性~」
アラブ圏の人気番組「百万人の詩人」に初めて出場したヒジャブ姿の女性ヒッサ・ヒラルが、反骨心にあふれた詩を披露。女性への厳格な戒律と男性優位の社会に旋風を起こす。
サウジアラビアに暮らすヒッサは、特有の詩の文化を持つ遊牧民ベドウィンの家系に生まれた。独特な抑揚で歌いあげるイスラム詩に魅せられ、数年がかりで夫を説得し“異例の外国旅行”で番組に出演。7,000万人の視聴者の前で、厳格な宗教令を唱える原理主義者を痛烈に批判し、喝さいを浴びた。しかし優勝は逃し、保守強硬派から脅迫も…ベール姿からわずかにのぞく目の変化だけで、女性詩人の心や、魂の叫びが伝わってくる。
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=180622



●2月22日(金) 関西電力本社前(「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:00頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:00 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●2月22日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●2月22日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●2月22日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&パレード



●2月22日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に!



●2月22日(金) 15時~大阪地裁(地下鉄淀屋橋より北東へ8分 大阪市役所の北側、橋を渡り直すぐ http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/)
第9回法廷傍聴
今回は、訴訟の柱となる損害論の準備書面と共に、皆さまの陳述書と戦場ジャーナリストの西谷氏の陳述書も裁判所へ提出致します。是非、多くの原告・支援者の皆様にご参加頂きたくお願い致します。
口頭弁論前には弁護団による記者会見も予定しております。法廷終了後は北浜ビジネス会館にて報告集会を行います。下記の内容をご確認の上、集合時間等お間違えなくご参集ください。
傍聴下さる方は、大阪地裁玄関右横の高裁前にお越し下さい。傍聴整理券配布は14時~14時半です。裁判所前には遅くとも14時半にはご集合下さい。裁判所入庁時に所持品検査が実施されています。ご注意ください。
*報告集会:北浜ビジネス会館 第9回法廷終了後17時頃まで。



●2月22日(金) 18:30~20:15 堺市役所本館 B1 職員会館大会議室
さかい 未来づくりサロン vol.15
講師:NPO法人 すまいるセンター 代表理事 西上 孔雄さん
資料代:500円
事前申込要 主催:堺市職員労働組合
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0222.pdf



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2019年2月17日(日)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-446.html




●2月17日(日) 14:00~16:00 京都アスニー(京都市生涯学習総合センター)(市バス丸太町七本松・京都アスニー前すぐ JR「円町」駅から東に徒歩10分 中京区丸太町通七本松西入ル http://web.kyoto-inet.or.jp/org/asny1/asnymap.html
チェルノブイリ・フクシマ 京都の集い
講演:武藤類子さん
参加費:1000円,高校生以下無料
主催:チェルノブイリ・フクシマ 京都実行委員会,福島原発告訴団関西支部
https://blog.goo.ne.jp/543142011/e/b8b1fdc3ad225c394b85a5812c943bf4
https://houteisien.wordpress.com/kyoto/



●2月17日(日) 13:30~17:00 関西学院大学・梅田キャンパス1405教室(阪急「梅田」駅 茶屋町口から徒歩5分 https://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/index.html
原発ゼロ・再生可能エネルギ100%の未来は実現可能か?
講演:槌屋治紀 他
資料代:1000円
主 催:脱原発政策研究会・関西
http://ksueda.eco.coocan.jp/event.html



●2月17日(日) 14時~16時 奈良県文化会館集会室A、B(近鉄奈良駅東改札口1番出口東へ徒歩約5分 (奈良県庁の手前、西隣です) http://www.pref.nara.jp/22520.htm
福島の汚染の現状と被ばくを考える
講師:今中哲二さん
参加無料 できるだけ事前申込を
◇豊田直巳写真展「フクシマの7年間 尊厳の記録と記憶」
主催:奈良県保険医協会 奈良反核医師の会(0742-33-2553)
http://www.kinyobi.co.jp/event/20190208_002745.php



●2月17日(日) 14時~16時 ノバティホール(南海高野線・近鉄南大阪線 河内長野駅直結のショッピングセンター http://novaty-nagano.com/access/
電力自給で原発いらない。自然エネルギーで拓く豊かな暮らし
講師:田中優さん
電力自由化」でも「発送電分離」でも、原発におカネが回る仕組みは相変わらず。上からの変化を待つよりも、私たちから新しい試みを始めませんか? 電力会社の送配電網(グリッド)にサヨナラするのが「オフ・グリッド」。受け身の「消費者」から、自然の恵みでエネルギーをつくる「生産者」へ。独立した電源は災害にも強い。つながって、地域を支えるエネルギー網へ・・・。自らオフグリッド生活を楽しむ田中優氏のお話には、“目からウロコ”のアイデアがいっぱい。未来を引き寄せるために、今日からできることが、ここに!
参加費:500円
主催:なくせ原発!河内長野デモ実行委(0721-53-3343)
お問合せ TEL 0721-53-3343(藤丸) mail k.nagano311@gmail.com https://www.facebook.com/k.nagano311/
http://tanakayu.blogspot.com/2019/01/blog-post_31.html



●2月17日(日) 13時半~17時 阿倍野区民センター大ホール(地下鉄谷町線、阪堺上町線「阿倍野」下車 徒歩2分 http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016671.html)
闇から希望をつなげて 狭山事件と清水(袴田)事件  トーク&ライブ
第1部:記念講演 「釜ヶ崎からみた狭山事件」
講師:本田 哲郎さん(カトリック司祭)
アピール:石川 一雄さん、石川 早智子さん 袴田 巌さん、袴田 秀子さん(袴田 巌さんは体調により参加)
第2部:ライブ
~大きな世界を変えるのは ひとりの小さな一歩から~
出演:小室 等さん、カオリンズさん、アカリトバリさん
チケット:500円(障がい者・高校生以下無料 その他費用についての相談はご遠慮なく)
☆手話通訳、要約筆記あります!
主催:狭山事件の再審を実現しよう市民のつどい in 関西実行委員会
Tel 06-6632-4273 Fax 06-6630-9777
大阪市西成区萩之茶屋1-9-7 釜ヶ崎日雇労働組合気付 sayama.kansai@gmail.com
連絡:090-3624-8270
http://www.labornetjp.org/EventItem/1547047221094staff01



●2月17日(日) 13:00~17:00 神戸学生青年センター・ホール(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/
ドキュメンタリー映画『種子ーみんなのもの?それとも企業の所有物?』
種を守って、有機農業を広げよう!
1部 13:00~14:00 挨拶・趣旨説明・たねの映画上映会
2部 14:00~15:00 講演/種の現状と課題と対策 印鑰智哉さん
   15:30~17:00 規格外農産部を食べて、個性を感じよう!
3部 17:00~20:00 野菜薬膳料理の交流会 料理人:西崎憲一さん
主催:NPO法人兵庫県有機農業研究会
共催:神戸学生青年センター
協力:橋本有機農園、タベモノガタリ
お問い合わせ/お申込み:hyougokenyukinougyo@yahoo.co.jp TEL090-2359-1831
http://ksyc.jp/seminar/ss201902/



●2月17日(日) 10:15の回上映終了後 元町映画館2Fロビー(JR・阪神電車「元町」駅西口より、南西へ徒歩6分/神戸高速鉄道「花隈」駅東口より南東へ徒歩6分/神戸市営地下鉄海岸線「みなと元町」駅2出口より北へ1分 神戸市中央区元町通4-1-12(元町商店街) http://www.motoei.com/access.htm
第107回映画鑑賞会
『国家主義の誘惑』&白井聡さんトーク
トーク「戦前・戦後と反復する日本の『国体』」

登壇者:白井聡さん(政治学者/京都精華大学専任講師)
※当日映画を観られた方対象、参加無料
※トーク会場は劇場よりも小さなスペースとなりますので、ご希望の方全員を収容できない場合がございます。当日受付順にトークの整理番号を配布し、定員に達し次第受付は終了とさせていただきます。
『国家主義の誘惑』スペシャルトーク開催決定!
2015年公開の『天皇と軍隊』で話題を呼んだフランス在住の渡辺謙一監督が、「日中戦争前夜とどこか似ている」と感じる現在の日本の政治について、沖縄や憲法、天皇制、日米関係のあり方を問うドキュメンタリー『国家主義の誘惑』。公開を記念して、本作に出演する政治学者・白井聡さんをお招きしてトークを開催します。
『国家主義の誘惑』公式サイト http://kiroku-bito.com/nationalism/
http://shiminshakai.net/post/5554



●2月17日(日) 10:00~12:30 三木市立市民活動センター大会議室(三木市末広1丁目6番46号)
憲法のおはなし
檻の中のライオン in みき

中学校向けの公民資料集に掲載された「檻ライ」の楾(はんどう)弁護士が広島から来たる!
パペットをつかってわかりやすくおはなしします♪
講師:楾 大樹(はんどう たいき)弁護士
ひろしま市民法律事務所 所長。昭和50年生まれ、中央大学法学部法律学科卒業、平成16年弁護士登録。平成19年3年余の勤務弁護士を経て,事務所開設。『檻の中のライオン 憲法がわかる46のおはなし』『けんぽう絵本 おりとライオン』 著者。
参加費:500円(檻の中のライオン オリジナルクリアファイルつき)
主催:ピースみき(戦争をさせない1000人委員会みき)
問合せ:ピースみき事務局 三木市教育会館内 0794-82-2138
https://calendar.google.com/calendar/event?eid=NDMzNDRvYjNqZXQzOG42MGwzZGZzYXU4MGcga29iYXlhc2hpMjU2OTRAbQ&ctz=Asia/Tokyo



●2月17日(日) 15:30~18:30 GUSTO HOUSEギャラリー(神戸市中央区楠町5-3-11-地階)
憲法カフェ「檻の中のライオン」
講師:楾 大樹(はんどう たいき)弁護士
ひろしま市民法律事務所所長。『檻の中のライオン』『おりとライオン』著者
全国各地で250回以上開催。檻の中のライオン憲法講座。神戸市では3回目の開催です。
参加費:1000円(オリライクリアファイル込み)
事前申込:要(出来るだけEメール、FAXで)
申込・問合せ先:神戸映画サークル協議会
TEL.078-371-8550/FAX.078-371-8551 E-mail:kcc1950@kobe-eisa.com
https://calendar.google.com/calendar/event?eid=MjJkdWhtZ3AxcDV1ZHJkNWhnZXQwaWozdWsga29iYXlhc2hpMjU2OTRAbQ&ctz=Asia/Tokyo



●2月17日(日) 午後2時~5時30分 西宮公同教会チャペルホール(西宮北口駅北出口徒歩3分 http://www.koudou.jp/map.php
「ぶっ壊れた社会をぶっ壊せ!!」
前半:栗原 康、森 元斎、武田砂鉄さんによる30分ずつの発題。
後半:武田砂鉄さん司会による討論と質疑。
参加費:1500円
申し込み:FAX 0798-63-4044 koudou@gamma.ocn.ne.jp
http://www.koudou.jp/



●2月17日(日) 13:30~16:30 兵庫県農業会館11階大ホール(元町 https://kobe-convention.jp/ja/planning/venues-and-accommodations/hyogoken-nogyo-kaikan/
九条の会・兵庫県医師の会 市民企画
『沖縄スパイ戦史』上映&三上智恵監督トーク

上映13・30~ 講演15:30~
沖縄戦の知られざる真実に迫ったドキュメンタリー『沖縄スパイ戦史』を上映し、自衛隊を憲法に明記する改憲発議を狙う安倍政権の危険性について、三上知恵監督にお話いただきます。
『沖縄スパイ戦史』解説
「標的の村」「標的の島 風かたか」など沖縄基地問題を題材にした作品を手がけてきた三上智恵氏とジャーナリスト大矢英代氏が、沖縄戦の知られざる真実に迫ったドキュメンタリー。
第2次世界大戦末期、連合国軍の上陸により、3カ月の間に民間人を含む24万人余りが命を落とした沖縄戦。
しかし、1945年6月23日の第32軍・牛島満司令官の自決後も後も沖縄北部ではゲリラ戦、スパイ戦が繰り広げられていた。
その裏には、1944年夏に沖縄の地に渡り、身分を隠して沖縄の各地に潜伏していた工作員養成機関「陸軍中野学校」出身者42人の存在があった。
監督:三上智恵、大矢英代 プロデューサー:橋本佳子、木下繁貴
三上智恵(みかみ・ちえ)さん ご略歴
ジャーナリスト、映画監督。琉球朝日放送でドキュメンタリー番組を制作、初の劇場映画『標的の村』(2013年)は多くの映画賞を受賞。14年にフリー転身。
15年5月に『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』、17年3月に『標的の島 風(かじ)かたか』を劇場公開。著書に『戦場ぬ止み 辺野古・高江からの祈り』(大月書店)、『風かたか 『標的の島』撮影記』(大月書店)など。
http://www.hhk.jp/pdf/20190217_shimingakusyukai.pdf



●2月17日(日) 13:00~ドーンセンター5階 特別会議室(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
今、困難な課題を抱える女性への支援を前進させるために
シンポジスト:山中京子(大阪府立大学 地域保健学域 教育福祉学類 教授)、大阪府女性相談センター職員、近藤恵子(NPO法人全国女性シェルターネット 理事) 
参加費:1000円 要参加申込
主催:NPO法人全国女性シェルターネット・近畿ブロック
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0217-3.jpg



●2月17日(日) 14:00~マイドームおおさか8F 第1会議室(堺筋本町」駅12号 https://www.mydome.jp/mydomeosaka/access/
府民シンポジウム「大阪万博」「カジノ(IR)」をどう考える?
参議員議員:たつみコータロー 元大阪市長:平松邦夫 阪南大学教授:桜田照雄
参加無料
主催:日本共産党
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0217-4.jpg



●2月17日(日) 13:30~16:30 エル・おおさか南館 南734号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
生活保護の自動車保有問題を考える公開学習会
資料代:1000円(申告により無料)
主催:生活保護問題対策全国会議 反貧困ネットワーク大阪
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0217-5.pdf



●2月17日(日) 19:00~Reed Cafe(大阪市中央区西心斎橋1-6-17 マリオビル6F 四ツ橋駅 https://www.hotpepper.jp/strJ001131582/
『反戦LIVE!!』
自由と解放のレジスタンス
出 演
かのう さちあ 徳井 由美子 新垣 宏 諸見里 耕一(the ballad) GRIFFON ダンシング義隆&フレンズ
CHARGE:一般 \2,000円 学生 \1,000円(共に1Drink付)
障害者、避難保護者、被弾圧者 無料(要Drink Order)
foodの持ち込みは自由です。
https://www.facebook.com/events/761379057610231/



■2月17日(日) 午後09:00~09:50 NHK総合
NHKスペシャル 平成史 第5回「“ノーベル賞会社員”~科学技術立国の苦闘~」
「平成史スクープドキュメント」第5回は、ノーベル賞ラッシュに沸いた科学技術立国・日本の現実を見つめる。民間企業の一エンジニアとしてノーベル化学賞を受賞した田中耕一氏。実は受賞後メディアの取材を遠ざけていたが、今回16年ぶりに密着取材が実現した。田中氏の知られざる苦闘の歳月から日本が新たなイノベーションを生み出す可能性を探るのは、平成の23年間クローズアップ現代のキャスターを務めた国谷裕子氏。
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20190217



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村




(2/15更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2019年2月16日(土)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報


『アイ(子ども)たちの学校』
100年の差別――その戦いの記憶
朝鮮学校の歴史と現状を描く初の長編ドキュメンタリー
この世に差別されるべき人間は一人もいません(大阪朝高生の言葉から)
1910年―日本は武力で韓国併合を強要し、朝鮮半島を植民地にした。
1948年―GHQと日本政府は朝鮮学校閉鎖令を出し、閉鎖を強行した。
現在―日本政府は法・制度的に民族教育抑圧をはかり、裁判所の多くが追随している。
100年にわたって続けられてきた差別の歴史。在日朝鮮人はアイ(こども)たちの夢を育むために、幼稚園から大学に至る世界にもたぐい稀な民族教育事業を行ってきた。しかし、いまウリハッキョ(朝鮮学校)は厳しい逆風を受けている。2010年、政府は高校無償化制度からウリハッキョを排除し、地方自治代も次々と補助金を打ち切ってきた。ウリハッキョは裁判闘争に立ち上がった。そしてウリハッキョの闘いは、全ての外国人の子どもたちの教育権に連なり、他民族多文化共生の時代を切り開いていく。知られざる歴史的資料や証言を発掘し、ウリハッキョの差別と闘いの真実を浮き彫りにする初の長編ドキュメンタリー。
●1/12(土)~第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
2/16(土)・17(日) 18:20(~20:05終)
2/18(月)・19(火) 休映
2/20(水)~22(金) 18:20(~20:05終)
http://www.nanagei.com/movie/data/1296.html



『共犯者たち』Criminal Conspiracy(2017年/韓国/105分)
主犯は大統領――共犯者は権力におもねった公共放送の首脳陣
記者が黙った 国が壊れた...主犯は大統領、共犯者は権力におもねる放送人
李明博と朴槿恵 長期保守政権による言論弾圧の実態
2008年、〈米国産牛肉BSE 問題〉などの報道により国民の支持を失いかけた李明博政権は、メディアへの露骨な政治介入を始める。狙われたのは公共放送局KBS と公営放送局MBC。政権に批判的な経営陣が排除され、調査報道チームは解散、記者たちは非制作部門へと追われた。両局の労働組合はストライキで対抗するが、政権が送り込んだ新しい経営陣は解雇や懲戒を濫発。その結果、政府発表を報じるだけの「広報機関」となった放送局は、〈セウォル号惨事〉で「全員救助」の大誤報を流し、〈崔順実(チェ・スンシル)ゲート事件〉の隠蔽に加担することになった……。
メディアの存在意義をかけたジャーナリストたちの闘い
しかし、それでも諦めないジャーナリストたちがいた。局内に残った記者たちは、さらに激しいストライキに突入。いっぽう、不当解雇されたチェ・スンホ監督たちは、市民の支援で立ち上げた独立メディア「ニュース打破」で、調査報道を継続。言論弾圧の「主犯」である大統領と、権力に迎合して韓国の報道を骨抜きにした放送業界内の「共犯者たち」をカメラの前に立たせ、その実態と構造とを明らかにしていく。2017 年8 月公開された本作は、韓国で26 万人動員というドキュメンタリーとして異例の大反響を呼んだ。そして、奇跡の大逆転劇が起きる――。
『スパイネーション/自白』Spy Nation(2016年/韓国/106分)
裏切ったのは、国だった。KCIA から国家情報院へ 40年間にわたる〈北朝鮮スパイ捏造〉の真相
権力の中枢をえぐる本物のジャーナリズム
ソウル市の公務員だったユ・ウソン氏が北朝鮮のスパイとして逮捕された。しかし、国家情報院が提示した明白な証拠は彼の妹の「自白」証言だけ…。北側の国の脅威と闘ってきた、いわば韓国の心臓部ともい える国家機関による逮捕劇に疑念を抱いたチェ・スンホ監督は、「ニュース打破」取材班と共に動き出す。取材を進めていくと、国家情報院の協力者が証拠書類の捏造を暴露し自殺を図る。2015 年10 月、ユ氏は最高裁判所より「無罪」宣告を受ける。しかし、スパイ捏造事件はこれだけではなかった。韓国、中国、日本、タイをめぐる長期の追跡取材の末、映画は、40 年間途切れることなく続いてきた国家権力の中枢によるスパイ捏造の深い闇へと切り込んでいく。
●12/8(土)~シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
2/16(土)・17(日)―休映―
2/18(月)12:50(~14:40終)共犯者たち
2/19(火)―休館日―
2/20(水)~22(金)12:50(~14:41終)スパイネーション
http://www.theater-seven.com/2019/mv_s0011.html



アンコール上映
『沖縄スパイ戦史』(2018年/日本/114分)
戦後70年以上語られなかった陸軍中野学校の「秘密戦」、明らかになるのは過去の沖縄戦の全貌だけではない――。
第二次世界大戦末期、米軍が上陸し、民間人を含む24万人余りが死亡した沖縄戦。第32軍・牛島満司令官が降伏する1945年6月23日までが「表の戦争」なら、北部ではゲリラ戦やスパイ戦など「裏の戦争」が続いた。作戦に動員され、故郷の山に籠って米兵たちを翻弄したのは、まだ10代半ばの少年たち。彼らを「護郷隊」として組織し、「秘密戦」のスキルを仕込んだのが日本軍の特務機関、あの「陸軍中野学校」出身のエリート青年将校たちだった。
1944年の晩夏、大本営が下した遊撃隊の編成命令を受け、42名の「陸軍中野学校」出身者が沖縄に渡った。ある者は偽名を使い、学校の教員として離島に配置された。身分を隠し、沖縄の各地に潜伏していた彼らの真の狙いとは。そして彼らがもたらした惨劇とは……。
「散れ」と囁くソメイヨシノ
「生きろ」と叫ぶカンヒザクラ
長期かつ緻密な取材で本作を作り上げたのは、二人のジャーナリスト。映画『標的の村』『戦場ぬ止み』『標的の島 風かたか』で現代の闘いを描き続ける三上智恵と、学生時代から八重山諸島の戦争被害の取材を続けてきた若き俊英、大矢英代。
少年ゲリラ兵、軍命による強制移住とマラリア地獄、やがて始まるスパイ虐殺……。戦後70年以上語られることのなかった「秘密戦」の数々が一本の線で繋がるとき、明らかになるのは過去の沖縄戦の全貌だけではない。 映画は、まさに今、南西諸島で進められている自衛隊増強とミサイル基地配備、さらに日本軍の残滓を孕んだままの「自衛隊法」や「野外令」「特定秘密保護法」の危険性へと深く斬り込んでいく。
●2/9(土)~シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
2/16(土) 15:00(~16:59終)
2/17(日) 10:20(~12:19終)
2/18(月) 15:00(~16:59終)
2/19(火) 休館日
2/20(水)~22(金) 15:00(~16:59終)
http://www.theater-seven.com/2019/mv_s0023.html



『人生フルーツ』
人生は、だんだん美しくなる。
むかし、ある建築家が言いました。
家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない。
愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てた家。四季折々、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実が、妻・英子さんの手で美味しいごちそうにかわります。刺繍や編み物から機織りまで、なんでもこなす英子さん。ふたりは、たがいの名を「さん付け」で呼び合います。長年連れ添った夫婦の暮らしは、細やかな気遣いと工夫に満ちていました。そう、「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」とは、モダニズムの巨匠ル・コルビュジエの言葉です。
かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきました。1960年代、風の通り道になる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウン計画。けれど、経済優先の時代はそれを許さず、完成したのは理想とはほど遠い無機質な大規模団地。修一さんは、それまでの仕事から距離を置き、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめました─。あれから50年、ふたりは、コツコツ、ていねいに、時をためてきました。そして、90歳になった修一さんに新たな仕事の依頼がやってきます。
本作は東海テレビドキュメンタリー劇場第10弾。ナレーションをつとめるのは女優・樹木希林。ふたりの来し方と暮らしから、この国がある時代に諦めてしまった本当の豊かさへの深い思索の旅が、ゆっくりとはじまります。
●2.16(土)~2.22(金) シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
2/16(土) 13:10(~14:46終)
2/17(日) 休映
2/18(月) 3:40(~15:16終)
2/19(火) 休館日
2/20(水)・21(木) 13:40(~15:16終)
2/22(金) 13:10(~14:46終)
http://www.theater-seven.com/2017/movie_jinsei-fruits.html



●2月16日(土) 13時~14時30分 大阪弁護士会館 904号室(京阪「なにわ橋駅」出口1徒歩約5分 地下鉄・京阪「淀屋橋駅」1号出口から徒歩約10分 地下鉄・京阪「北浜駅」26号階段から徒歩約7分 http://www.osakaben.or.jp/06-access/) 
訴訟学習会「チェルノブイリ法~尾松亮 講演会に向けて」
講師:弁護士 中島宏治(原発賠償関西訴訟弁護団)
KANSAIサポーターズでは、毎月第3土曜日に訴訟学習会を開催しています。3月9日、大阪弁護士会は尾松亮氏を招いて講演会を企画しています。尾松氏はロシア研究家でチェルノブイリ法に明るく、「子ども被災者支援法」の立法過程でも有識者として係わられました。原発事故関連の著書も上梓されています。今回の学習会では、尾松亮先生の講演に関連づけて、もういちどチェルノブイリ法を取り上げてみます。
(このあと、情報共有、原告定例会、サポーター事務局会議があります)
参加費:原告や避難者の方 無料 サポーター(テキスト代として)200円
ご予約・お問合せ:kansaisapo@gmail.com
上記に参加者される方の氏名をお書きの上、お申込みください。
当日の連絡先:070-5658-9566
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-2080.html



●2月16日(土) 13:30~15:30 東神戸診療所4F(三宮駅東へ徒歩約15分 http://higashikobe.org/index.html
兵庫県被爆二世の会「内部被曝を理解出来る放射線障害の基礎講座」
第5回「甲状腺について」

講師:郷地秀夫先生 東神戸診療所所長
とても貴重な基礎講座です。
https://www.mag2.com/m/0000273399.html


●2月16日(土) 13:30~16:45 京都弁護士会館 3F大会議室(地下鉄丸太町駅から徒歩7分・バス停「裁判所前」から徒歩1分他 https://www.kyotoben.or.jp/access.cfm
原発賠償京都訴訟~認めて!避難の権利守ろう!子どもの未来
控訴審の勝利を!第3回学習講演会

講演「ICRP勧告すら軽視する放射線安全論(ジャパンスタンダード)を批判する(仮題)」
講師:林衛さん(富山大人間発達科学部)
弁護団報告と討議
<林衛さんのプロフィール>
高校で地方公務員就職後に進学。岩波書店勤務・雑誌『科学』編集者。フリーランス編集者・ジャーナリスト、NPO設立、東大教養学部教養教育開発機構特任助教授などを経て、2006年4月から富山大人間発達科学部准教授。富山市在住。
参加費:一般700円、原告・避難者300円
主催:原発賠償京都訴訟団(原告団・弁護団・支援する会)
問い合わせ:090-1907-9210(支援する会 上野)
http://fukushimakyoto.namaste.jp/shien_kyoto/event/190216gakushukai.html



●2月16日(土) 14:00~16:30 京都教育文化センター102号(京阪神宮丸太町駅5番 http://www.kenn.co.jp/kaijo/kyo_bunk.htm
第34回原発ゼロ連続学習会
テーマ:文科省の「放射線副読本」を考える

報告:小野英喜さん
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/jsa-k/topics.html



●2月16日(土) ①13:15~②15:15~彦根市民会館 2階(JR彦根駅から徒歩約8分 http://www.city.hikone.shiga.jp/0000001779.html
映画会「わすれないふくしま 改訂版」
参加協力費:500円
主催:彦根・愛知・犬上原発のない社会をつくる会
連絡先:0749-28-2745(杉原さん)
https://shigaminpo.com/event.shtml



●2月16日(土) 14:30~東遊園地北端の女性像前広場(三宮・神戸市役所南)(三宮・花時計前駅C8出口徒歩約3分 貿易センター駅徒歩約5分 神戸三宮(阪神)駅A6(さんちか)出口徒歩約8分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-bDhEbP1TmB2/map/?utm_source=dd_spot)15:00~デモ出発(元町3丁目まで)
憲法-沖縄を語ろう&デモ
長期政権になった安倍政権、今も憲法を戦争ができるものに変えようと躍起になっています。政権私物化は森友・加計問題が氷山の一角で今も進行しています。沖縄では県民の民意を無視した辺野古基地建設、赤土砂投入は許されません。朝鮮半島をめぐって、南北会談、米朝会談と朝鮮戦争の終結に向かって東アジアが平和な地域になろうとしているときに、安倍政権だけが非協力的な態度に終始しているように見えます。全く恥ずかしいことです。
武力で平和はつくれない。閣議決定された今期の防衛計画の大綱では宇宙までも戦争利用しようとし、敵基地攻撃能力を保持する空母、ステルス性戦闘機F35やオスプレイを持とうとしています。どこまでも軍事強化路線を突き進む安倍政権は許せません。アベノミクスは格差・貧困・差別を生み失敗です。しかし、国会議論では、国会多数をいいことに「はぐらかし答弁」や自説をとうとうと述べるやり方で数々の議案を強行可決してきました。国会無視、国民無視は極まっています。
原発輸出はアベノミクスの成長戦略で目玉でしたが、イギリスへの輸出ができなくなったのをはじめ多くの国への輸出ができなくなっています。新規原発は安全対策で多額の費用が掛かり出来ません。そして、使用済み核燃料は処理できません。被ばく労働が強制されます。原発なくても電気は足りています。 それでも原発を維持し推進するのは将来核開発をしようという魂胆が見えます。原発いらない!
私たちの民意を示す時です。みなさん集まって下さい、参加してください。武力で平和はつくれない
主催:こわすな憲法!いのちとくらし!市民デモHYOGO
問合せ:西 信夫 080-5631-7699 oniyamma24@outlook.jp
http://jiyuuzinn.jugem.jp/?eid=450
http://hanshin204.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/224162124-b2f7.html



●2月16日(土) 15:30~PLP会館(地下鉄堺筋線 扇町駅4番出口より徒歩3分、JR環状線 天満駅より南へ徒歩5分 http://plp-kaikan.net/access/a_index.html
きれいな海・大地・空をまもろう 
「辺野古派遣サポートおおさか基金」発足記念パーティー

第1部
・午後3時半~発足総会 
・午後4時~山城博治さんの記念講演(辺野古現地の報告) 
第2部
・午後5時~懇親会 
参加費:5000円 事前連絡希望
申し込み:事前連絡希望
市民共同オフィスSORA気付 辺野古派遣サポートおおさか基金
FAX 06-6475-8892 
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0216-1.pdf



●2月16日(土) 13:30~豊中市立福祉会館(阪急岡町駅下車5分 https://www.city.toyonaka.osaka.jp/shisetsu/sonota/hukusikaikan.html) 
2.16 命どぅ宝!知ろう・感じよう!沖縄の心
1部 映画上映 沖縄スパイ戦史,月桃の花歌舞団による歌と踊り
2部 山城博治さん講演会
https://www.facebook.com/events/804491583260838/



●2月16日(土) 15時30分~(毎週土曜日)JR大阪駅南バスターミナル
「辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動」
辺野古の海が埋め立てられないように活動しています。
お時間の許す範囲で、少しでも皆様のご参加お待ちしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/henoko_osaka



●2月16日(土) 13:00~14:00 神戸マルイ前
HENOKO NO! 沖縄に基地はいらない 
   辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動

沖縄県民に対する不正を止めるために、共に声を上げて下さい。
ツイター・FaceBookで情報発信中{辺野古・神戸}で検索して下さい。
土曜の午後はいつもの時間、いつもの場所で、はじめての方、ちょっとだけ参加、見学、大歓迎。
https://twitter.com/kobekodo/



●2月16日(土) 毎週土曜日17:00~18:30ごろ 京都市 三条河原町交差点(三条河原町商店街のアーケード前スペース)
沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、
     普天間基地の撤去を求める京都行動

アピール、チラシ配り、新基地建設に反対する署名集めなどなど
http://kyoto-action.jugem.jp/?pid=1
https://twitter.com/ALALALED/status/551165696185344000



●2月16日(土)(毎週土曜日) 13:30~14:30 大阪府警本部前(谷町四丁目5分 http://www.police.pref.osaka.jp/15topics/fukei_map_1.html
労働組合つぶしの大弾圧を許さない 大阪府警本部前抗議行動
主催:労働組合つぶしの大弾圧を許さない実行委員会



●2月16日(土) 14:00~17:00 京都弁護士会館地階大ホール(地下鉄丸太町駅から徒歩7分・バス停「裁判所前」から徒歩1分他 https://www.kyotoben.or.jp/access.cfm
緊急集会 沖縄の現状~辺野古新基地建設をめぐって~
講師:加藤裕(沖縄合同法律事務所)
沖縄県が辺野古埋立の承認撤回をしたことに対し、国は行政不服審査法に基づいて効力停止を認めました。そして、昨年12月14日から辺野古沿岸部への土砂投入を開始した一方、2月24日には辺野古新基地建設の賛否を問う県民投票が実施されます。
こうした一連の流れは沖縄県だけの問題ではなく、日本全体の問題です。辺野古新基地建設をめぐる沖縄の現状を把握し、今後わたしたちが何をすることができるか考えたいと思います。
参加費無料/申込不要/先着150名
主催:京都弁護士会 共催:日本弁護士連合会
連絡tel075-231-2337
https://www.kyotoben.or.jp/event.cfm



●2月16日(土) 14:00~16:30 大阪国際交流センター2階小ホール(近鉄上本町14番出口・谷町九丁目10番出口より徒歩6分 http://www.ih-osaka.or.jp/access/
水道法改正後の未来が見える?!
ドキュメンタリー映画『最後の一滴まで』上映会&トーク

これまで日本では、水道の運営は全て自治体が担ってきました。しかし秋の国会で「水道民営化」を進めやすくするための改正水道法が成立し、今後、私たちの水道は各自治体の判断に委ねられることになります。これまで世界中で水道民営化された国では、何が起こり、どうなったでしょうか。また今まさに、民営化が推し進められる国では何が起ころうとしているのでしょうか。このドキュメンタリー映画『最後の一滴まで』で、見ることができます。映画の上映だけでなく、日本語版の企画・制作統括である内田聖子さんをお迎えしての解説トークも。この機会にぜひ一度ご覧になってみませんか。
ゲスト:内田聖子さん 特定非営利活動法人アジア太平洋資料センター(通称PARC:パルク)共同代表
慶應義塾大学文学部卒業。出版社勤務などを経て同センター事務局スタッフとなる。TPPをはじめとする自由貿易・投資協定のウォッチと調査、政府や国際機関への提言活動、市民キャンペーンなどを行う。「ISDSを貿易協定から除外するための国際キャンペーン」にも参画。
どんな映画なの?  「最後の一滴まで」ヨーロッパの隠された水戦争
2000年以降、世界の多くの国・地域で「水道事業の再公営化」が進んでいます。
水道民営化の歴史が長いフランスでも、パリ市をはじめ約100の自治体が水道事業を公共の手に取り戻しました。
『最後の一滴まで』は、これらヨーロッパの水道再公営化と民営化の実態を描いた作品です。
フランス、ドイツ、ギリシャ、ポルトガル、イタリア、アイルランドの6か国・13都市を綿密に取材し、各都市の自治体議員や市長、研究者、水道労働者、NGOの他、多国籍水企業や民営化推進論者、政治家など多様な登場人物が発言。
水道法改正後のあり方が問われる、日本の私たちにとって示唆に富んだ内容の映画です。
参加費:500円(先着200名 要申込)
申込み方法:専用のメールフォームよりお願いします。
https://www.kokuchpro.com/event/a99a81938afe97889af63050b0d63e73/
※当日、申込完了メールを画面表示 又は印刷して、会場受付にご提示ください。
主催 :大阪の水道を考える市民の会
構成団体:NPO法人AMネット、大阪を知り・考える市民の会、近畿水問題合同研究会、NPO法人 水政策研究所、しみんマニフェスト大阪UP 
協力:市民社会フォーラム、G20大阪市民サミット実行委員会
https://www.facebook.com/events/445780302625176/



●2月16日(土) 18:00~20:00 神戸市勤労会館7階大ホール(定員500人)(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html
市民社会フォーラム共催企画のご案内
安田純平さん帰国報告会 あきらめたら終了です 

内戦下のシリアで2015年に拘束され、10月に約3年4カ月ぶりに解放され帰国したフリージャーナリストの安田純平さんに、シリアやイラクなど戦場取材で得た現地の状況と、それらを日本の私たちが知ることの大切さについてお話いただきます。
参加費:1000円   
主 催:安田純平さん帰国報告会@神戸実行委員会(兵庫県弁護士九条の会/市民社会フォーラム/あすわか兵庫/facebookグループ「どうぶつ会議 憲法編)
賛 同:兵庫県労働組合総連合
お申込みなしでどなたでもご参加できますが人数把握のためご連絡くださればありがたいです。
連絡先:℡・Fax078-361-9990(兵庫県弁護士九条の会 )メールcivilesocietyforum@gmail.com(市民社会フォーラム)
https://www.facebook.com/events/2186963474955127/
http://shiminshakai.net/post/5302



●2月16日(土) 2時~豊中市野田中央第2公園(森友小学院跡のとなり)(庄内 https://www.navitime.co.jp/poi?spt=02022.1184534) 3時~デモ出発
ウヤムヤにはできない! どこまでも追及!森友学園問題 第24回怒りのデモ
主催:「森友学園」疑獄を許すな!実行委員会
https://blogs.yahoo.co.jp/yamada55132/38797600.html



●2月16日(土) 10時~12時30分 新大阪駅から徒歩2分(申込いただいた方にお知らせします。)
檻の中のライオン in 新大阪
講師:楾 大樹(はんどう たいき)弁護士(ひろしま市民法律事務所所長)
『檻の中のライオン 憲法がわかる46のおはなし』
『けんぽう絵本 おりとライオン』著者
参加費:1000円 (ドリンク&檻の中のライオンクリアファイルつき)
申込み・問い合わせ:Twitter肉球west(@cat_pad299west)へ
(Twitterアカウントお持ちでない方は申し込めません)
主催:肉球west
https://www.facebook.com/events/251478909107004/



●2月16日(土) 14時~16時30分 ドーンセンター(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html)  
檻の中のライオンin大阪 天満橋
https://www.facebook.com/events/591129691325781/?ti=icl
講師:楾 大樹(はんどう たいき)弁護士
 ひろしま市民法律事務所所長
『檻の中のライオン 憲法がわかる46のおはなし』
『けんぽう絵本 おりとライオン』著者
参加費:組合員700円 非組合員1000円(いずれも檻の中のライオンクリアファイルつき)
定員:45名
申込〆切:2019年2月8日(金)←過ぎています。問い合せてみてください。
申込・問い合わせ:kodama07@shizenha.co.jp イベントID:07180901 
0120-408-300 携帯・IPフォンからは088-603-0080 月~金(8:30~20:00)
※託児はありません。
主催:コープ自然派おおさか
http://www.shizenha.ne.jp/osaka/



●2月16日(土) 15:30~国労大阪会館・1階ホール(天満駅出口から徒歩約2分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/map/)
日本コリア協会・大阪 総会記念講演会 
日本と朝鮮半島の100年ー在日済州島出身者の生活史から辿るー

講師:伊地知紀子(大阪市立大学教授)
参加協力金:¥500(会員・学生無料)
主催:日本コリア協会・大阪
連絡:TEL06-4800-0114
https://jimmin.com/events/event/日本コリア協会・大阪%e3%80%80総会記念講演会%e3%80%80日本と/



●2月16日(土) 13:30~17:00 同志社大学今出川キャンパス尹東柱詩碑前・至誠館1階S2教室(地下鉄烏丸線今出川駅3番出口を出て、右手に京都御所を見ながら東へ徒歩約5分 https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/imadegawa.html
尹東柱(ユンドンヂュ)詩碑「献花式」
 野上龍彦講演会「青春の詩人 尹東柱」

※講演終了後、質問等を含めて、その場で交流会を開催いたします。
(開催趣旨)  貴下におかれましては、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、「天(そら)を仰ぎ 一点の恥じなきことを 葉裏(はうら)をそよぐ風にも 私は心痛めた」と詠った尹東柱(ユン ドンジュ)は1917年12月30日、旧満州(現 中国東北部)で生まれ、ピョンヤン・ソウル・東京・京都で学び、同志社大学在学中、朝鮮語で詩を書いたことが、朝鮮の文化を称揚、独立を志向させるとして「治安維持法」で逮捕され、1945年2月16日、祖国解放を半年待たずして、福岡刑務所で獄死しました。享年満27歳。
同志社の校祖新島襄は「良心の全身に充満したる丈夫ますらおの起こりきたらんことを」との言葉を教学の精神としましたが、「一点の恥なきことを・・」と詠った 彼の詩や生き様はまさに新島襄の言葉そのものでした。そんな縁もあり、我々は1995年2月16日、同志社大学のキャンパス内に彼の詩碑を建てさせていただきました。彼の詩や生き様は、国や世代・時代を超えて今もなお人々の心の奥深く生きています。
その尹東柱が日本の文部省(現・文科省)選定の高校の国語の教科書で紹介されています。(朝日新聞から出版された、茨木のり子さんの「ハングルへの旅」で尹東柱が紹介されていますが、それが筑摩書房発行の文部省選定の高校の教科書に転載、累計約40万部発行されているとの事です)当時も韓日関係は厳しかった中、日本の「国定教科書に採用」と言うことは並大抵のご苦労ではなかったかと思います。「文部省選定の教科書に採用」されるまでのいきさつや苦労話を当時の編集者の野上龍彦氏をお招きしてお話を伺いたいと思います。
公私ともどもお忙しいとは存じますが、ご臨席賜えれば幸いです。
主催:尹東柱を偲ぶ会/同志社コリア同窓会 後援:同志社コリア研究センター
参加無料
主 催:尹東柱を偲ぶ会 朴熙均(パクヒギュン)090-3286-8656
    同志社コリア同窓会      
https://jimmin.com/events/event/尹東柱詩碑「献花式」%ef%bc%8f講演会「青春の詩人-尹東/



●2月16日(土) 13:30~17:30 龍谷大学深草キャンパス和顔館B201教室(JR奈良線「稲荷」駅南西へ徒歩約8分,京阪本線「深草」駅西へ徒歩約3分,地下鉄烏丸線「くいな橋」駅東へ徒歩約7分 http://www.ryukoku.ac.jp/about/campus_traffic/traffic/t_fukakusa.html
3・1朝鮮独立運動100周年記念シンポジウム
テーマ「3・1朝鮮独立運動100周年にあたって 日本の私たちに問われるもの」 

講演「3・1独立運動の現代的意義」<日本の朝鮮植民地支配への最大の抵抗運動であった3・1運動の意義を現在の日本社会が持つ植民地主義の克服の課題と結んで> 
 李俊植(イヂュンシク)(独立紀念館) 
シンポジウム「日本の朝鮮植民地支配を次世代に伝えるために-10・30韓国大法院の元徴用工裁判の判決をどう受けとめる?」
 李俊植・永田貴聖(アツマサ)(大阪国際大学)※学生・若者との相互討論を通じて議論を深めます。
参加費:1000円・学生無料
共 催:龍谷大学社会科学研究所付属安重根東洋平和研究センター 
    韓国併合100年市民ネットワーク mitsunobu100★gmail.co
https://www.freeml.com/kdml/11690/latest



●2月16日(土) 13:30~16:30 阿倍野区民センター(地下鉄谷町線、阪堺上町線「阿倍野」下車 徒歩2分 http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016671.html)
2018年度ハンセン病問題講演会   
シンポジウム「ハンセン病隔離政策における優生思想・優生政策は私たちから何を奪ってきたか~「らい予防法」と「優生保護法」~」
資料代:500円
主 催:同実行委
http://do-cks.net/yun2019/
http://www.blhrri.org/user_pdf/topics/20190109143306_1.pdf



●2月16日(土) 13:30~16:45 滋賀教育会館2階大会議室(JR大津駅下車徒歩15分 https://townpage.goo.ne.jp/shopdetail.php?matomeid=255668038300000899
第18回滋賀地方自治研究集会
13:30~15:00 基調講演:岡田知宏さん(京都大学教授)
15:15~16:45 レポートと討論 
主催:滋賀自治体問題研究所
問い合わせ:shigajichiken2009@yahoo.co.jp
http://shigajichiken.cocolog-nifty.com/



●2月16日(土) 14:00~17:00 松山庵(芦屋市西山町20-1)(阪急芦屋川駅から徒歩5分 https://map.yahoo.co.jp/maps?lat=34.73657889&lon=135.29775376&ac=28206&az=36.20.1&z=16&id=&fa=pa&ei=utf8&p=%E5%85%B5%E5%BA%AB%E7%9C%8C%E8%8A%A6%E5%B1%8B%E5%B8%82%E8%A5%BF%E5%B1%B1%E7%94%BA20-1
第120回「小田実を読む」番外
報告:松下精二氏「太平洋・海のゴミ」  

日韓識見交流&スタディ・ツアー(11月3日~5日)の報告
資料代:1,000円
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0216-2.pdf



●2月16日(土) 12:30~大阪キャッスルホテル6F(「天満橋駅」直結)
「小沢一郎代表を囲む会」
・第一部:講演会
会費:無料 *参加資格:自由党大阪府連所属の党員・サポーター、生活フォーラム関西会員 第二部の入場券の持参者
共催:生活フォーラム関西、自由党大阪府総支部連合会
・第二部:懇親会 14:00~大阪キャッスルホテル3F・錦城閣大広間
会費:1万円(*政治資金パーティーとして開催)
主催:自由党 大阪府総支部連合会
申込→ https://mailform.mface.jp/frms/meigetsusha/zfmf2t2x7pzv
http://seikatu-forum.blog.jp/archives/78841782.html



●2月16日(土) 1時半~京都府立文化芸術会館(バス医大病院前 http://www.bungei.jp/map/kaikan-map.gif
第40回京都府演劇フェスティバル公募公演
京都放送劇団「夕凪の街 桜の国」 

原作:こうの史代 脚本:原田裕文
広島で被爆した一家の三世代に渡る物語
昭和30年広島:夕凪の街、2005年東京:桜の国を舞台に原爆が長い年月を経ても与え続ける悲しみと苦悩を伝えます。毎年8月に「あの日を忘れない」と題し平和への祈りをこめて公演を続けています。今回は10年前の舞台の再演です。より良いステージにしたいと思っています。
チケット:前売1000円 当日1200円
電話・メール予約(前売料金):TEL.075-464-0565 michiko@kyoto.zaq.ne.jp
バス停からの手引き申し込みも。
注:この料金で、引き続き上演される演劇も観れます
 2:50一人芝居『はなれ瞽女おりん』
 4:10「岸田國士一幕劇集ヲちょっと混ぜ」
 5:30「PIPE DREAM(2019)」
http://www.bungei.jp/enfes/koubo_.schedule.html



●2月16日(土) 13:30~コープ下鴨2階集会室(https://www.google.com/maps?ll=35.0445,135.777111&z=15&t=m&hl=ja-JP&gl=JP&mapclient=embed
食の安全、みんなで学ぼう!トラクターが戦車に、化学肥料が火薬に、毒ガスが農薬になった 農薬はいかに生まれ、今に至ったか??私たちの暮らし方、生き方
講師:藤原辰史(京都大学教授 自由と平和のための京大有志の会・京都大学人文科学研究所)
参加費無料
主催:京都生協テーマコミュニティ
連絡TEL090-2859-0652(田中)
https://www.kyotounivfreedom.com/news/20190216/



■2月16日(土)(再放送) 午前10:05~10:55 NHK総合
歴史秘話ヒストリア「南の島は戦場になった トラック空襲75年目の真実」
今から75年前、太平洋戦争の行方を左右する決戦の舞台となった南太平洋のトラック諸島。周辺海域には、空襲の標的となった40隻をこえる日本軍の船が沈む。この美しき海の墓場で、4Kカメラによる初の大規模潜水調査を実施。数々のスクープ映像の撮影に成功した。零戦や戦車、そして乗組員と思われる大量の遺骨からは、戦争の生々しい爪痕が浮かび上がる。衝撃映像と新資料から、トラック空襲の真相と船乗りたちの悲劇に迫る。
http://www4.nhk.or.jp/historia/x/2019-02-16/21/33100/1458373/



■2月16日(土)(再放送) 午前10:55~11:25 NHK総合 
かんさい熱視線「シリーズ外国人“急増時代”(2)救えなかった命 留学生に何が」
去年、神戸の専門学校に通うベトナム人留学生が、自宅で倒れ、急死した。日中は勉強、夜間はアルバイト漬けの日々。夢を抱き来日した学生に、いったい何があったのか…
人手不足が深刻な外食産業やコンビニなどで、欠かせない労働力となっている「外国人留学生」。就労時間は、法律で週28時間までとされているが、生活に困窮し、上限を超えて働く留学生が後を絶たない。アルバイト先や通っている学校も、その実態を把握することが難しく、長時間労働が見過ごされているのが現状だという。去年、神戸で亡くなったベトナム人留学生のケースを通して、いま必要な対策とは何か、検証する。
http://www4.nhk.or.jp/P2852/x/2019-02-16/21/49294/8207981/



■2月17日(日) 午前04:55~05:25 ABCテレビ、テレビ朝日系列
テレメンタリー2019「揺らぐ~袴田事件とDNA鑑定~」
2018年6月、東京高裁にどよめきが走った。袴田事件の再審開始決定が取り消されたのだ。死刑囚でありながら自由の身である袴田巌(82)は「嘘だ」と聞く耳を持たなかった。高裁決定後も袴田は変わらぬ生活を送る一方で、再収監への不安は消えない。静岡地裁が一度は認めていた再審がなぜ、覆されたのか。その理由を紐解くと、重要証拠のDNA鑑定の信用性を巡って見解が対立する2つの司法の姿が見えてきた。揺れる司法と自由。袴田事件の深層に迫る。
https://www.tv-asahi.co.jp/telementary/



■2月17日(日)  午前05:00~05:30 MBS毎日放送、TBS系列
JNNドキュメンタリー ザ・フォーカス ムクウェゲ医師の闘い
~なぜ、コンゴの悲劇は終わらないのか

「女性にとって世界最悪の場所」…。 こう呼ばれている国がある。アフリカのコンゴ民主共和国だ。長く続いた紛争の結果、600万人以上もの人が死亡した。武装勢力によるレイプの被害にあった女性は、実に40万人以上と言われている。そんな悲惨な経験を強いられた女性たちを救い続けた医師、デニ・ムクウェゲさん。2018年にノーベル平和賞を受賞したことは、記憶に新しい。
なぜ、レイプの被害は続くのか。なぜ、コンゴに平和は、もたらされないのか。そこにあるものは…。「鉱物資源」、「犯罪者の不処罰」、「日本をはじめとする先進国の責任」…、そして、何よりも国際社会の「無関心」…。 ムクウェゲ医師の問いかけに、私たちは、何と、答えるのだろうか。
https://www.mbs.jp/p/thefocus/
http://www.tbs.co.jp/jnn-thefocus/archive/20190203.html



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村




(2/14更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2019年2月12日(火)~15日(金)

★2/12追加情報
●2/15(金)までのイベント情報を追加しました。


【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-442.html




●2月12日(火) 午後13時半~15時半 大阪弁護士会館9階 会議室920(京阪「なにわ橋駅」出口1徒歩約5分 地下鉄・京阪「淀屋橋駅」1号出口から徒歩約10分 地下鉄・京阪「北浜駅」26号階段から徒歩約7分 http://www.osakaben.or.jp/06-access/
「ホッとネットおおさか」(大阪府下避難者支援団体等連絡協議会)第37回定例会
その後避難者相談会
予約不要



●2月12日(火) 11:00~16:00 モモの家(阪急吹田駅から歩いて5分 JR吹田駅から歩いて12分 http://www.momo-family.org/?page_id=9
かえるCafe 
東日本大震災で避難してこられたみなさん そして心をよせる関西のみなさん
ほっとして 出会って 語りあって つながろう
飲み物:300円
Menu: 有機栽培コーヒー 黒煎り玄米コーヒーなど
※避難者さんは交通費半額補助します
http://happy.ap.teacup.com/momonoie/



●2月12日(火) 18時半~ウィングス京都(地下鉄烏丸御池駅(5番出口)または地下鉄四条駅・阪急烏丸駅(20番出口)下車徒歩約5分 http://www.wings-kyoto.jp/about-wings/access/
労働組合つぶしの大弾圧を許さない!
2.12京滋集会
講演「弾圧の経過とその性格」
講師:永嶋靖久弁護士
https://www.facebook.com/anti.war.committee.shiga/photos/a.439658843089310/981122662276256/?type=3&theater&ifg=1



●2月12日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



●2月12日(火) 午後6時30分 現代医学研究所(川合診療所)(京阪三条東北角のだん王法林寺から東へ約50m田中ビル2階)
環境問題研究会2月例会
テーマ:「給食の歴史について」

話題提供:藤原辰史さん(京都大学)
問合せ:研究会に関するお問い合わせは、事務局まで。
事務局:石田紀郎 TEL: 075-711-4832
E-mail:jkobayashi0928@yahoo.co.jp(小林)tel.&FAX:075-595-1248



●2月13日(水) 18:30~神戸市勤労会館7F大ホール
「5・3兵庫憲法集会」プレ集会
講演「安保法制と新防衛大綱」
(仮題)
講師:半田 滋さん (ジャーナリスト・東京新聞論説兼編集委員)
昨年12月18日、閣議決定された「防衛計画の大綱」は最新鋭ステルス戦闘機F35Bを新規に導入、護衛艦「いずも型」を空母に改修して搭載するなど、敵基地攻撃能力を一層強力にする違憲なものとなっています。
また、19年度予算案の防衛費は5兆2754億円と5年連続で過去最大となっています。
今回の集会は、安保法制のもとで着々と進められる戦争する国づくり、憲法に明記される自衛隊の装備・組織の実態を学習し、安倍「加憲」をストップさせる5・3憲法集会のプレ集会と位置づけています。多くの皆さんの参加をお願いします。
主催:戦争させない、9条壊すな!総がかり行動兵庫県実行委員会
事務局:TEL:078-341-3332 FAX:078-341-3452
E-mail:sougakarihyogo@gmail.co
http://www.hyogo-kokyoso.com/_src/sc2267/19.2.1381408C9B96408FW89EF83v838C8FW89EF814083r8389.pdf



●2月13日(水) 18時30分~20時30分 豊中人権まちづくりセンター(阪急岡町駅 https://www.city.toyonaka.osaka.jp/shisetsu/sonota/toyo_center/index.html
人権文化のまちづくり講座
「ヘイトスピーチ裁判から考える複合差別」

お話:李信恵さん(フリーライター)
入場無料
申込:当日会場(事前申込も可能)
問い合わせ:一般財団法人とよなか人権文化まちづくり協会
bwz37306アットマークnifty.com
ホームページ http://jinken.la.coocan.jp/
https://www.city.toyonaka.osaka.jp/shisetsu/sonota/toyo_center/toyo_center_topics/topix.files/2019.2.13.pdf



●2月13日(水) 18時~20時 大阪経済法科大学 OUEL研究センター5階セミナールーム(大阪市天王寺区舟橋町2-2)鶴橋駅(JR・近鉄・地下鉄)より環状線沿いに北へ徒歩5分) 
講演会「韓国光州・5.18民主蜂起と移行期正義」
講演:パク・ジンウ氏(5.18記念財団研究部長)韓国語(日本語訳あり) 
司会:梁官洙(ヤン・カンス)大阪経済法科大学客員教授
参加費:無料 主催:大阪大学国際公共政策研究科松野研究室
http://www17.plala.or.jp/kyodo/annai1.html



●2月13日(水) 13:30~16:00 阿倍野区民センター(地下鉄谷町線、阪堺上町線「阿倍野」下車 徒歩2分 http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016671.html)
JDF障害者権利条約 パラレルレポート公開フォーラムin大阪
第1部:講演「障害者権利条約をくらしに生かすために(仮称)」
講師:阿部 一彦さん(日本障害フォーラム代表 日本身体障害者連合会会長)
第2部:シンポジウム 資料代:500円(手話通訳・要約筆記あり)
連絡先:大阪障害フォーラム(ODF)事務局
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0213.jpg



■2月13日(水) 午後10:25~11:10 NHK総合
歴史秘話ヒストリア「南の島は戦場になった トラック空襲75年目の真実」
今から75年前、太平洋戦争の行方を左右する決戦の舞台となった南太平洋のトラック諸島。周辺海域には、空襲の標的となった40隻をこえる日本軍の船が沈む。この美しき海の墓場で、4Kカメラによる初の大規模潜水調査を実施。数々のスクープ映像の撮影に成功した。零戦や戦車、そして乗組員と思われる大量の遺骨からは、戦争の生々しい爪痕が浮かび上がる。衝撃映像と新資料から、トラック空襲の真相と船乗りたちの悲劇に迫る。
http://www4.nhk.or.jp/historia/x/2019-02-13/21/30057/1458373/



■2月13日(水) 午後11:00~11:46 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー「テヘラン 消えない傷痕」
30年前に起きたイラン・イラク戦争は、市民の間に今も暗い影を落としている。ディレクターのフィマも、父が前線で戦った8年の間、母と放浪生活を強いられた。志願兵だった知人のハミードはPTSDを抱えて悪夢や幻覚に悩まされ、妻と息子たちに暴力を…家族は崩壊、息子は精神的に不安定となってしまった。「子どもを産んではいけないのでは」と迷うフィマ…戦争の傷が癒えるときを探し求める、テヘランの家族の物語。
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=190213



■2月13日(水) 午後11:00~11:30 NHK Eテレ 
ねほりんぱほりん【戸籍のない人】保険証もない!学校も通えない!壮絶な人生
子供が生まれたとき親が出生届けを出すことで登録される「戸籍」は、いわば「日本人であることの証明書」。ところがさまざまな理由で戸籍を持たない人が日本に700人以上いる。彼らは保険証もなく、学校にも通えず、運転免許もレンタルショップの会員証すら作れない。なぜ戸籍がないの?戸籍のない暮らしの苦労って?30年以上戸籍をもたずに生きてきた2人が登場!日本で暮らしながら日本人と認められない人の壮絶な人生を掘る
http://www4.nhk.or.jp/nehorin/x/2019-02-13/31/30191/1317051/



●2月14日(木) 18:30~エルおおさか・本館5階視聴覚室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
第三期/第3回靖国連続映像学習会-沖縄にとって靖国合祀とはー
講演:金城 実  映像「英霊か犬死か」をまじえて
特別報告:琉球人遺骨返還訴訟
日本の民衆の中にこびりついた靖国思想、天皇制、こんな時代だからこそアジアの視点から再度再度、目を見開く機会になればと思います。「台湾と靖国」に引き続き「沖縄と靖国」、是非参加下さい。
参加費:¥800
主催:靖国合祀イヤです・アジアネットワーク
連絡FAX06-7777-4925
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0214.pdf



●2月14日(木) 19:00~ラボール京都 第8会議室(阪急西院駅東へ徒歩5分 http://laborkyoto.jp/access_map.php
STOP!消費税増税・中京の会 学習会 日本経済の現状と10%消費税の危険性
講師:松尾 匡さん
参加無料
主催:ストップ!消費税増税・中京の会
連絡TEL075-231-0101
https://jimmin.com/events/event/%ef%bd%93%ef%bd%94%ef%bd%8f%ef%bd%90%ef%bc%81消費税増税・中京の会%e3%80%80学習会%e3%80%80日本/



●2月14日(木) 18:45~20:30 同志社大学今出川キャンパス良心館1階RY105教室(「今出川」駅から徒歩1分 https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/imadegawa.html
第13回連続講座すべての教育ステージで朝鮮学校の民族教育権を保障しよう
「幼児保育無償化の動向-国政の流れと自治体の可能性」
 河かおる(滋賀県立大学)
「火曜アクション1年半-適用除外6年を越えて-」
 朴熙将(パクヒヂャン)
参加費:500円
主 催:朝鮮学校と民族教育の発展をめざす会・京滋(こっぽんおり)
http://blog.goo.ne.jp/kopponori  
https://www.freeml.com/kdml/11764/latest



●2月14日(木)~24(日) 13~15時 豊中駅前人工広場
“辺野古米軍基地建設のための埋立ての賛否を問う県民投票”に連帯するZENKO全国市民投票
私たちは、県民投票に合わせて全国・豊中市内で「市民投票」を呼びかけます。
本土からも一票を投じて、辺野古新基地建設反対の世論を巻き起こしましょう。
2/14(木) 13~15時 豊中駅前人工広場
 15(金) 13~15時 豊中駅前人工広場
 16(土) 11~12時 豊中駅前人工広場
      13~21時 福祉会館・4F集会室(「岡町」下車5分)
      「命どう宝!知ろう・感じよう!沖縄の心」集会場
 17(日) 12~16時 豊中駅前人工広場
 18(月) 13~15時 豊中駅前人工広場
 19(火) 13~15時 豊中駅前人工広場
 20(水) 13~15時 豊中駅前人工広場
 21(木) 13~15時 豊中駅前人工広場
 22(金) 13~15時 豊中駅前人工広場
 23(土) 12~16時 豊中駅前人工広場
 24(日) 10~17時 豊中駅前人工広
・まとめ集会: 2/24(日) 18時~とよなか・すてっぷ セミナー室2A
http://www.zenko-peace.com/vote-nobase201902



●2月14日(木) 14時~17時 草津駅東口、Oh!Me大津テラス前 
辺野古米軍基地のための埋立ての賛否を問う
沖縄県民投票に連帯する滋賀市民投票
(趣旨)名護市辺野古に計画されている米軍基地建設のための埋め立てに対し、「県民の意思を的確に反映させる」ため、沖縄県が県民投票を実施します。2/14告示、2/24投票。この問題は沖縄だけの問題でなく、私たち自身に問われている問題だと受け止め、滋賀県民の民意を示すため、沖縄の投票と並行して、同じ形式で県民投票を実施します。この市民投票をお手伝いしていただける方も募集しています。
2月14日(木) 草津駅東口とOh!Me大津テラス前で14時~17時まで、スタートの投票を行います。郵送投票もできます。
2月15日(金) イオン大津京 15時~17時
2月16日(土) Oh!Me大津テラス前 11時~14時
2月17日(日) Oh!Me大津テラス前 14時~16時
         オーガニック&つながるマーケット(三井寺)
         10時~15時
2月19日(火) JR大津駅 18時~19時
         JR大津京駅 15時~16時
2月23日(土) JR草津駅東口 13時~15時
         Oh!Me大津テラス前 11時~15時
2月24日(火) Oh!Me大津テラス前 10時~12時
        「さきら」南京映画上映会場受付
        12時30分~13時30分(上映前と上映後) 
2月24日(日) 開票とまとめの集会を18時から行います。フェリエ南草津5階中会議室
詳細は実行委員会にお問い合わせください。
主催:滋賀市民投票実行委員会
問い合わせ:090-7090-6579(中川)、090-6323-4858(峯本)
https://nonukesiga.exblog.jp/27430364/



●2月14日(木) 15:30~20:30 喫茶美術館(東大阪市宝持1-2-18)06-6725-0430
2019 尹東柱と茨木のり子を追慕する韓日共同行事
 茨木のり子の故郷て~二人の詩人と出会い歌う

「日本て?在日朝鮮詩人として生きること」金時鐘
「茨木のり子「隣国語の森」と尹東柱」金應教
「尹東柱は日本て?と?のように記憶されているか」愛沢革
「茨木のり子の「六月」と監獄の兄」徐京植 ほか
参加費:3000円(晩餐費込)
共同主催:韓国散文作家協会・駐大阪韓国総領事館
共同主管:踊る平和・尹東柱とわたしたちの会
https://www.freeml.com/kdml/11764/latest



■2月14日(木)(再放送) 午後01:00~01:50 NHK BS1
BS1スペシャル「婚活38度線~脱北女性たち・南北融和の中で~」
4月の南北首脳会談以降、韓国では脱北女性と韓国人男性の婚活が過熱している。南北融和ムードの中で、仲介する結婚相談所には登録者数が2.5倍に急増した。北朝鮮での抑圧を逃れ命がけで脱北した女性たち。だが、金正恩体制となり、かつての“健気でつましい北の女性”というイメージは一変している。近くて遠い韓国と北朝鮮。北緯38度線を超えた男女はわかりあえるのか。脱北女性の婚活から激変する朝鮮半島の今をみつめる。
http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2019-02-14/11/1658/2409345/



●2月15日(金) 1時~3時(3時~5時は 日本語交流) 西宮市男女共同参画センター・ウエーブ 413号室(阪急西宮北口駅南口から約100m。「プレラにしのみや」4階 http://www.nishi.or.jp/contents/00022864000400096.html
3.11避難者と避難者に心を寄せてくださる皆さまのためのFree English Cafe&情報交換会
Free English Café with Nuclear Evacuees and Friends
*1人20分以内(1~20分)の原子力災害・避難・核関連話題シェアタイム。
参加費:無料 軽食持ち込み可の会場となりました!差し入れ大歓迎です(^^)
(重要)ゴミは各自でお持ち帰りくださいm(_ _)m    
参加対象者:3.11避難者と心を寄せてくださるFriends
お申込み:特に不要です
お問合せ:sandori2014@gmail.com
主催:母子避難者に寄り添う会
共催:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (略称:サンドリ)
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-2048.html



●2月15日(金) 関西電力本社前(「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:00頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:00 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●2月15日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●2月15日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●2月15日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&パレード



●2月15日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に!



●2月15日(金) 18:30~20:30 大阪市立総合生涯学習センター・第2研修室(大阪駅前第2ビル5・6階 http://osakademanabu.com/umeda/access
「日本の原発輸出計画、全滅! ― ベトナム・トルコ・ウェールズ、現地の人々の視点から―」
~ 企業側の論理からだけでは見えてこない、原発輸出頓挫の背景 ~
お話:吉井美知子(沖縄大学)・森山拓也(同志社大学大学院生)
http://nonukesasiaforum.org/japan/archives/1434
 安倍政権が「成長戦略」の重要な柱として官民一体で推進してきた原発輸出政策が、すべて頓挫するという事態が起きています。三菱のトルコ・シノップ原発計画、日立の英・ウイルヴァ原発計画、そのどちらもが、安全対策のため膨れ上がった建設費によりビジネスとして採算がとれなくなったとして中止されたのです。ベトナム政府も2016年11月に、日本が輸出予定だった原発建設計画を中止しました。
 太陽光や風力など再生可能エネルギーの発電コストが大きく下落する中、1基1兆円超の原発に商機があるはずがありません。しかし、いま起きている原発輸出計画の総崩れは、企業側の論理のみで起きているわけではありません。輸出先の現地で繰り広げられてきた粘り強い運動と、それをとりまくさまざまなネットワークの力も、計画中止に大きな影響を与えてきました。
 計画が撤回されたそれぞれの場所で、いったい何が起きていたのか。ベトナムへの原発輸出反対に尽力してきた沖縄大学の吉井美知子さん(昨秋、英・ウェールズの原発建設予定地も訪問)と、トルコの原発反対運動を取材してきた森山拓也さんからお話を伺います。森山さんの昨年のトルコ写真展のパネルも展示します(早めにお越しください) みなさん、ぜひご参加ください。
参加費:800円
主 催:ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン
連絡先:さとう080-6174-8358
https://www.facebook.com/events/374248503361023/



●2月15日(金) 18:00~大阪市役所前 西南角(地下鉄・京阪「淀屋橋」)
吉村市長、子どもをテストで追いつめるな!
2.15 大阪市役所ヒューマンチェーン

吉村市長と大阪市教育委員会は、学力テストの点数で教員・校長の給料に差をつけ、学校予算にも差をつける新制度をこの4月から「試行」実施しようとしています。これが導入されれば、学校の授業はテスト対策中心になり、子どもたちはテスト漬けになる可能性があります。子どもたちのテスト不安、ストレス、プレッシャーは極度に高まるのではないでしょうか。このままでは、多様な子どもたちの「居場所」としての学校の大切な役割は失われてしまいます。
保護者のみなさん、生徒の皆さん、市民の皆さん、教職員のみなさん、一緒につながり、「吉村市長、子どもをテストで追いつめるな!」の声を上げていきませんか。
2月15日に大阪市役所前でリレートークとヒューマンチェーンを行います。
ぜひ、吉村市長へのメッセージを書いたパネルやライト、楽器などを持ち寄って、ヒューマンチェーンに参加してください。よろしくお願いします。
内容:リレートークや歌など
主催:子どもをテストで追いつめるな!市民の会
問い合わせ:TEL09036515876
https://blog.goo.ne.jp/text2018/e/2391317584b59f548e3829e8f3672fbb



●2月15日(金) 午後6時30分~キャンパスプラザ京都・第3講義室(ビックカメラ前、JR京都駅ビル駐車場西側 http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access
琉球遺骨返還請求訴訟・支援集会
2018年12月4日、琉球遺骨返還訴訟が提訴されました。この訴訟は沖縄県今帰仁村の百按司(ももじゃな)墓から旧帝国大学の人類学者が遺骨を持ち出し、京都大学が保管、返還に応じないことに対して、墓の祭祀継承者ら5人が遺骨の返還と損害賠償を求めた裁判です。第1回公判が3月8日午前11時30分・京都地裁大法廷で予定されています。傍聴支援をお願いします。この度、公判に向けて沖縄から原告の金城実さんをお迎えしました。皆さまのご参加をお待ちしています。
原告の声:松島泰勝さん 金城 実さん 
弁護団から:丹羽雅雄弁護士
支援者発言:出原昌志(アイヌラモット共同代表)崎浜盛喜さん(琉球人遺骨返還を求める奈良県会議) 
参加費:1000円(学生・年金生活者など応相談)
主催:琉球遺骨返還請求訴訟支援全国連絡会 
https://www.facebook.com/events/2018008138290079/



●2月15日(金) 13時~16時 高島市今津東コミュニティセンター(JR近江今津下車200m 市民会館の横です。http://komisen.takashima-shiga.jp/access-wp/
米軍帰れ! ゲットアウト集会
あいば野で2月4日から15日まで実施される日米合同演習(フォレストライト-02)に対する総まとめの抗議集会です。
主 催:あいば野平和運動連絡会
連絡先:090-5055-1311(泉)
https://sites.google.com/site/syamahi9j/zi-he-jiu-tiaono-huinyusu



■2月15日(金) 午後07:30~08:00 NHK総合
かんさい熱視線「シリーズ外国人“急増時代”(2) 救えなかった命 留学生に何が…」
去年、神戸の専門学校に通うベトナム人留学生が、自宅で倒れ、急死した。日中は勉強、夜間はアルバイト漬けの日々。夢を抱き来日した学生に、いったい何があったのか…
人手不足が深刻な外食産業やコンビニなどで、欠かせない労働力となっている「外国人留学生」。就労時間は、法律で週28時間までとされているが、生活に困窮し、上限を超えて働く留学生が後を絶たない。アルバイト先や通っている学校も、その実態を把握することが難しく、長時間労働が見過ごされているのが現状だという。去年、神戸で亡くなったベトナム人留学生のケースを通して、いま必要な対策とは何か、検証する。
http://www4.nhk.or.jp/P2852/x/2019-02-15/21/48770/8207980/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村




脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2019年2月11日(月休)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-442.html




●2月11日(月休) 13:30~伏見港公園に集合(京阪中書島駅下車、徒歩3分)14:00~スタート。
さよなら原発、ふしみパレード
コース:伏見港公園(京阪中書島から徒歩3分)~京阪中書島駅~龍馬通商店街~納屋町商店街~大手筋商店街~御香宮神社
主催:ふしみ原発ゼロパレードの会
連絡先:京都南法律事務所(075-604-2133[吉田 or 溝江]
http://nonukesfushimi.blog.fc2.com/blog-entry-368.html



●2月11日(月休) 13:00~呉竹文化センター 創造活動室(呉竹文化センター https://www.kyoto-ongeibun.jp/kuretake/map.php
第8回 もっと広がれ 支援の輪!from 伏見~東北応援企画 東北・被災地から届くメッセージ~
講演:斎藤富春[よしはる]さん(ふくしま復興共同センター代表委員,福島県労連議長)
展示:パネル展示
参加費:無料
主催:東北応援デー実行委員会。問い合わせは,伏見地区労(075-612-5444)
メール:fushimi-chikurouアットcocoa.plala.or.jp
後援:京都新聞,KBS京都,毎日新聞京都支局,朝日新聞京都支局
https://houteisien.wordpress.com/kyoto/



●2月11日(月休) 14時~16時30分 大阪市中央公会堂 大集会室(御堂筋線・京阪淀屋橋<1>番出口徒歩約5分 堺筋線北浜<19>番出口徒歩約3分 中之島線なにわ橋<1>番出口徒歩約1分 http://osaka-chuokokaido.jp/map
日本はどこに向かうのか? partⅧ どうなる自衛隊と憲法
講師:木村 草太氏(首都大学東京教授) 
半田 滋氏(東京新聞論説兼編集委員)
参加費無料 要事前申込
主催:大阪弁護士会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0211-2.pdf



●2月11日(月休) 13:00~16:00 京都YWCAホール(地下鉄丸太町2番出口より北へ5分 2つ目の信号を左折 http://kyoto.ywca.or.jp/access/index.html
2.11集会「日本と朝鮮半島の 過去・現在・未来 ~尹東柱を手がかりに~」
京都YWCAでは、2月11日を祝日とせず、「信教の自由を守る日」としています。再び戦争への道を歩まないこと、「こころの自由」が守られることを願って、毎年2月11日付近で天皇制、戦争と平和といった問題について考える集会を開いています。
 今回注目する「尹東柱(ユン・ドンジュ)」は朝鮮の詩人で、太平洋戦争末期に留学先の日本で獄死しました。彼の遺した詩は、韓国及び日本で高く評価されています。今年の2.11集会は、彼の生涯を描いた映像を出発点に、過去・現在・未来の日本と朝鮮半島の関係を考えてみませんか。
参加費 無料
内容
・趣旨説明(「2.11集会とは」)
・尹東柱に関する映像資料の鑑賞
・2018年夏に実施した日韓ユース交流プログラムの報告
・意見交換   
プログラム前のお楽しみ♪
12:00~13:00、会場内にて軽食(韓国料理&日本料理)を販売します。
食べながら交流しましょう!
☆尹東柱(ユン・ドンジュ)とは:
1917~1945。朝鮮の詩人。太平洋戦争末期、留学先の日本で獄死。彼の遺した詩は、韓国及び日本で高く評価されている。2018年夏の京都YWCA日韓ユース交流プログラムでは、彼の詩碑(同志社大学今出川キャンパス)やゆかりのある宇治川を訪問した。
https://www.facebook.com/events/226994921566721/



●2月11日(月休) 13:00~大淀コミュニティセンター(地下鉄谷町線・堺筋線、阪急「天神橋筋六丁目」https://www.osakacommunity.jp/kita/access.html#table2
下車 徒歩8分 )
「戦争する国」も「神の国」もゴメンだ!
「建国記念の日」反対! 「日の丸・君が代」処分撤回!?

「21世紀の天皇制とその批判の論理」
講師:鵜飼哲さん
ミニライブ:長野たけし&森川あやこ
資料代:700円 
※デモ 16:30出発予定(梅田まで)
主 催:「日の丸・君が代」強制反対・不起立処分を撤回させる大阪ネットワーク
http://www7b.biglobe.ne.jp/~hotline-osaka/
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0211-3.pdf



●2月11日(月休) 13:30~府教育会館たかつガーデン8階(近鉄上本町約3分・谷町線谷町九丁目駅約4分 http://www.takatsu.or.jp/access.html
第53回「建国記念の日」大阪府民のつどい
記念講演:小林 啓治さん(京都府立大学文学部歴史学科教授)
「日本国憲法制定と天皇制・民主主義」
文化行事:久保 比呂誌さん(津軽三味線)
参加費:500円(高校生以下無料)
主催:「建国記念の日」反対大阪連絡会議
http://www.daikyoso.net/?p=1732



●2月11日(月休) 午後1時30分~午後4時30分 京都教育文化センター302号室(京阪神宮丸太町駅5番 http://www.kenn.co.jp/kaijo/kyo_bunk.htm
天皇代替わり問題と『建国記念日』(紀元節)を考える京都集会
講演「強大化する自衛隊と戦後責任 ~東アジアの平和の未来のために~」

講師:纐纈 厚さん(山口大学名誉教授・明治大学特任教授)
資料代:800円 学生無料
主催:同実行委員会
http://www.labornetjp.org/EventItem/1545467001164matuzawa



●2月11日(月休) 13:30~神戸市勤労会館308号(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html
2・11「建国記念の日」不承認兵庫県民集会
講演:『市民と野党の共同と安倍改憲阻止の展望』

富田 宏治さん(関西学院大学教授)
資料代:¥500・学生無料
連絡:078-341-6745
http://www.hyogo-kokyoso.com/_src/sc2216/201994N281E118C9A8D918BL94O82CC93FA95s8FB394F95BA8CC98CA796AF8FW89EF8360838983V.pdf



●2月11日(月休) 13:00~京都府部落解放センター4階ホール(「鞍馬口駅」下車・北へ徒歩5分、烏丸紫明東南角)
起源説・日の丸・君が代」とたたかう2・11京都集会
「憲法改悪と天皇代替わり」

講師:丹羽雅雄さん(弁護士)
参加費:800円
主 催:天皇制の強化を許さない京都実行委員会 075-415-1030
https://www.facebook.com/527921354033134/photos/a.527923164032953/1151474985011098/?type=3&theater



●2月11日(月・休) 13時半~16時 解放県民センター4階(滋賀県人権センター)(JR膳所駅・京阪膳所駅より北東へ約1km・近江バス・京阪バス 馬場一丁目バス停より北東へ約250m http://www.shigajinken.or.jp/about_us.html)
タイトル:これでいいのか日本!2019滋賀県集会
講演:日米外交の実像-「みせかけの従属関係」は誰のため?

講師:猿田佐世さん(米議会ロビイスト、弁護士)
面積にして日本の国土の0.6%に過ぎない沖縄に、全国比で70%を超える米軍基地が集中している現実は、沖縄の日本返還から46年が経過した現在も状況は変わらない。ペリー元国防長官は軍基地の配置について「米国がここに移設しなさいと決定する権利はない」と断言した。すると沖縄の基地負担を固定化させている力はどこから発生するのか?「みせかけの対米従属」によって動いてきた日米関係について米議会ロビイストである猿田さんからじっくりお話を伺います。
参加費:1000円(お早めに前売りチケットを購入してください)
*会場は(公益財団法人)滋賀県人権センター、〒520-0801 滋賀県大津市におの浜4丁目1?14、電話: 077-522-8243
主催:これでいいのか日本!滋賀集会実行委員会
問い合わせ:090-8821-5367(木戸)
https://www.facebook.com/events/264158357591991/



●2月11日(月休) 13:00~メイシアター小ホール(阪急千里線吹田駅前 http://www.maytheater.jp/access/
朗読劇 忘れない吹田空襲1945vol2 特別ゲスト長野たかし 森川あやこライブ
・第一部 13:00 ご挨拶 
 13:10-13:40 長野たかし 森川あやこ 特別ゲストライブ
 13:50-15:00 朗読劇 忘れない吹田空襲1945vol2 
・第二部 17:00 ご挨拶 
 17:10-17:40 長野たかし 森川あやこ 特別ゲストライブ  
 17:50-19:00 朗読劇 忘れない吹田空襲1945vol2
2018年は、災害の年でした。また世の中には息苦しい空気が広がりつつあります。そんななか、私たちは、日々のささやかな幸せや安心がどんなにかけがえのないものなのか、いやがおうでも考えずにはおられません。
「昭和二十年六月七日(木)曇一時雨 爆弾焼夷弾ノ雨降ル-」。『吹田空襲の記録』(山内篤/編)のこの一節がすべての始まりでした。中学校教諭だった山内さんが中学生とともにまとめた吹田空襲の聞き書きと、戦時中の吹田警察署長の日誌から成るこの冊子には、当時の吹田の人々の暮らしぶりが克明に記録されています。「何とかこの記憶を後世に伝え、平和な世を守りたい。」皆がそんな一心で走り続けた4年間でした。このたび、新たな参加者を迎え、大きな災害を体験した私たち、小学生から70代まで20数名が、思いも新たに『朗読劇 忘れない吹田空襲1945 2』を上演いたします。ご一緒に、わたしたちのまちの戦争記憶を、平和を愛し守りぬく知恵と勇気を語り継いでいきましょう。  (真木みさを)
参加協力費 一口以上(二口1000円、一口500円、 三口 1500円)
https://facebook.com/events/2820591874633301?view=permalink&id=2822664437759378
https://www.facebook.com/events/2820591874633301/



■2月11日(月休) 午前10:25~11:20 ABCテレビ、テレビ朝日系列
第33回民教協スペシャル 想画と綴り方 ~戦争が奪った子どもたちの“心”~
日本が戦争に向かっていた昭和初期…山形県の農村の小学校で、暮らしを見つめ、絵や文章で表現する教育が行われていました。今も残る「想画」と呼ばれる生活画と「生活綴り方」と呼ばれる詩や作文には、家族が助け合い、たくましく生きる姿が描かれていました。しかし、その教育を進めた青年教師、国分一太郎(こくぶん いちたろう)は罪に問われます。同じ頃、全国の大勢の教師が治安維持法で罪に落とされていました。
山形県東根市・長瀞地区では、児童が生活の様子を俳句に詠み、それを絵にして灯ろうを作る授業が続いています。国分の教え子たちはいまも国分を恩師と慕い、その教育と人柄をしのびます。お盆の夜、堀に浮かぶたくさんの絵灯ろうが今の時代を映し出します。番組では、絵画や作文教育が罪に落とされた時代を掘り起こし、自分の目で社会を見つめ、のびのび自由に表現することの重さ、喜びを伝えます。
http://www.minkyo.or.jp/01/2019/06/sp_33.html



■2月11日(月休)(再放送) 午後03:00~04:50 NHK BS1
BS1スペシャル「独裁者ヒトラー 演説の魔力
ヒトラーが大衆を熱狂させた最大の武器は「演説」だった。飛行機で全国を飛び回って恐慌に苦しむ国民の心を演説でつかみ、ナチス政権を打ち立てた。特に心酔したのは若者たちである。現在彼らは90歳を越え、その証言を聞くチャンスは残り少ない。番組ではヒトラーの演説を聞いて熱烈に支持した人々をドイツ各地に訪ねると共に、ヒトラーが行った25年間の演説150万語のデータを分析。謎に包まれた演説の実態を解き明かす。
http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2019-02-11/11/34118/2225658/



■2月11日(月休)(再放送) 午後11:45~00:45 NHK BSプレミアム
アナザーストーリーズ▽#MeToo 世界に響いた叫び~セクハラ告発連鎖の行方
世界中で、セクハラや性犯罪への告発を巻き起こした「#MeToo」。発端は2017年10月5日、ハリウッドの大物プロデューサーを告発したNYタイムズの記事。取材を潰そうとする圧力と戦った女性記者たちの知恵が闇を暴いた。だがこの運動は思わぬ方向にも発展していく。翻弄されていく元ミス・アメリカたち、そして告発との闘いに飲み込まれる弁護士…。世界的潮流の裏で今なお続く、知られざるアナザーストーリー!
http://www4.nhk.or.jp/anotherstories/x/2019-02-11/10/28888/1453113/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村













プロフィール

Akko

Author:Akko
清志郎大好き。
旅行大好き。
ドイツ大好き。
でも最近忙しくて、旅行に行けません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR