FC2ブログ

(11/1更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2018年10月29日(月)~11月2日(金)  

★11/1追加情報
●11月2日(金) 18:30~20:00 「あすかい・ホットスペース」(あすかい診療所)(元田中駅)
原発ゼロ連続学習会
●11月2日(金) 18:30~20:30 クレオ大阪中央・多目的室(四天王寺前夕陽丘駅)
新聞うずみ火・JCJ関西「ジャーナリスト講座」
NHKを辞め新天地へ、相澤記者が語る「森友事件の本質と移籍の思い」

★10/31追加情報
●11/2(金)までのイベント情報を追加しました。
★10/29追加情報
●10/31(水)までのイベント情報を追加しました。


【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-397.html




●10月29日(月) 14:30~16:00 クロスパル高槻(高槻市立総合市民交流センター)(JR高槻駅中央改札口を右へ出て京都方面線路沿い http://loco.yahoo.co.jp/place/g-6msUDgCskbU/)
新規原発「島根3号機」はいらない!
講師:芦原康江さん(さよなら島根原発ネットワーク,前松江市議会議員)
資料代:500円
主催:反原発自治体議員・市民連盟 関西ブロック
https://houteisien.wordpress.com/kyoto/



民族教育
●10月29日(月) 18:30~ひと・まち交流館京都会議室1 (京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html)
朝鮮学校と民族教育の発展をめざす会・京滋(こっぽんおり)第12回連続講座
報告者:嚴康秀さん(京都朝鮮中高級学校教員)朴熙将さん(在日本朝鮮青年同盟)
「朝鮮高校無償化へ!」国連ロビー活動報告&大阪高裁判決批判
参加費:200円 
主催:朝鮮学校と民族教育の発展をめざす会・京滋(こっぽんおり)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1029.pdf



シリア
●10月29日(月) 18時15分~「天劇キネマトロン」(地下鉄中崎町駅4番出口徒歩2分 http://amanto.jp/japanese/access/)(懇親会は朱雀ホール)
<第9回シネブラリープロジェクト>「亡命アーティスト、国家の圧力を問う」
~映画「カーキ色の記憶」上映&シリア人劇作家アッタールさん講演会~

第1部 上映 18時15分~20時5分(本編108分)
第2部 アッタールさんのトークライブ 20時15分~21時15分
第3部 交流会(自由参加) 21時15分~最大23時頃 
特別ゲスト:ムハンマド・アッタール氏(シリア人劇作家)
モデレーター:榛葉 健(ドキュメンタリー映画監督)
司会・通訳:岡崎 弘樹(シリア文化研究者)
~緊急来日シリア人劇作家と語る、表現の自由とは?~
政治的な疑問を表明しただけで、ジャーナリストが殺される。更には、市民が長らく収監されたり、さまざまな圧力で口を封じられたりする。これはサウジアラビアやシリアといった、今世界から問題視されている国家だけのことでしょうか?殺されはしないまでも、日本やアメリカでも、事実を追求するジャーナリストの活動を、政治家がバッシングしたり、「フェイクニュース」だと言い切る現実が広がっています。果たしてそれは、社会が健全な方向に向かっていることなのでしょうか?
今回、ドイツのゲーテ・インスティトゥート(ドイツの国際的な文化交流機関)の招聘で来日中の、亡命シリア人劇作家のムハンマド・アッタールさんをお招きした緊急トークライブと、シリアの秀作ドキュメンタリー映画の上映会を大阪で開催します。
<ムハンマド・アッタールさんプロフィール>
1980年生まれ。ダマスカス大学で英文学、ダマスカスの演劇学校で劇作を学んだ後、2010年にロンドン大学ゴールドスミス・カレッジで応用演劇の修士号を取得。『撤退』『オンライン』『親密さ』『シャティーラのアンティゴネ』など多くの作品が、ダマスカス、ヨーロッパ主要都市、ニューヨーク、ソウルなどで上演されてきました。雑誌や新聞でシリア蜂起についての記事も数多く執筆しており、アラブ世界の抑圧された人々との演劇プロジェクトにも継続して取り組んでいます。現在は、祖国シリアを脱出し、ドイツ・ベルリンに亡命して暮らしています。
お申し込み先:info@amanto.jp 06-6371-5840(カフェ天人=あまんと)
※天人は天劇キネマトロンの系列のカフェです。
料金:一般2800円 リピーター割引2500円 学割2000円
第2部だけの参加2000円
※いずれも1ドリンク付き。
※リピーター割引=これまでにシネブラリーをご覧になった方は、受付でお申し出頂ければ割引致します。
主催:シネブラリー(シネマ×ライブラリ-)プロジェクト
助成:高橋信三記念放送文化振興基金
https://www.memory-khaki.com/schedule



■10月29日(月) 午後10:00~10:25 NHK総合
クローズアップ現代+「弁護士に大量懲戒請求異例の裁判で賠償命令▽ネットで何が」
ネットを通じ弁護士に大量の懲戒請求を行った市民が、弁護士に訴えられるという異例の裁判が各地で行われている。なぜこうした事態が起きたのか、その理由と背景に迫る。
http://www.nhk.or.jp/gendai/



■10月29日(月)(再放送) 深夜午前00:00~00:50 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー選「プリ・クライム~総監視社会への警告~」
コンピュータープログラムを使った「犯罪予防=プリ・クライム」の最前線。米のシカゴ警察は研究機関と協力してあらゆるデータを解析して、“犯罪者予備軍”をリストアップ。本人に告知した上で監視対象とする。英国では「マトリックス」と呼ばれるプログラムを開発。監視カメラやSNS情報なども分析に加える。多発する凶悪犯罪を前に、各国が注目する取り組みだが、その正当性や実効性を問題視する専門家も。最前線からの報告。
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=180209



教科書問題
●10月30日(火) 18時30分~神戸勤労会館予定(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html
9条の心ネットワーク5回連続講座~「いつもこころに憲法を」~
第4回(教育)いま学校で何が起きているか、教科書問題

主催:9条の心ネットワーク
共催:兵庫県弁護士9条の会
申し込み:9条の心ネットワーク TEL 078-361-9990
http://civilesociety.jugem.jp/?eid=38907



生活保護
●10月30日(火) 13:00~大阪弁護士会館2階(京阪「なにわ橋駅」出口1徒歩約5分 地下鉄・京阪「淀屋橋駅」1号出口から徒歩約10分 地下鉄・京阪「北浜駅」26号階段から徒歩約7分 http://www.osakaben.or.jp/06-access/
緊急学習会 生活保護基準引き下げにどう対抗するか
「生活保護基準引き下げの問題点と審査請求のイロハ」
講演:小久保哲郎(弁護士)
入場無料
主催:大阪弁護士会
連絡TEL06-6364-1227
https://jimmin.com/events/event/緊急学習会%e3%80%80生活保護基準引き下げにどう対抗す/



生活保護
●10月30日(火) 13:30~大津市・平野公民館(膳所駅から徒歩1分 大津市馬場三丁目15-45 https://www.mapion.co.jp/m2/34.99823717,135.88243267,16
異議あり、生活保護基準引き下げ 全国1万人審査請求運動学習会
問合せ:生存権裁判を支援する滋賀の会・滋賀県生活と健康を守る会連合会 077-585-0278(林さん)
https://shigaminpo.com/event.shtml



朝鮮高級学校無償化
●10月30日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



■10月31日(水)(再放送) 深夜午前00:00~00:45 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー選▽臓器売買の闇を追って~ジャーナリストが見た現実
ネルファ・ヘダヤトは、アフガニスタン難民としてイギリスで育った20代の女性リポーター。世界に広がる闇取引の実態に迫るシリーズに起用された。番組は、取材過程や取材者の心情なども記録しながら、肝臓を買ったカナダの男性や、息子の教育のために臓器を売ったバングラデシュの父親などを訪ね歩く。違法行為が人々を救っているという「正論だけでは通用しない世界」に揺れるヘダヤトの目線を、等身大で伝える演出に注目。
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=180228



■10月31日(水) 深夜午前00:59~01:59 MBS毎日放送
ドキュメンタリープラス【ヤメ暴 ~漂流する暴力団離脱者たち~】
番組の舞台は、香川県善通寺市の建設会社「西山組」。会長の西山俊一さん(69)は、かつて山口組系暴力団の組長でした。敵対組織をダイナマイトで襲ったこともあったそうです。太ももには拳銃で撃たれたあと、腹には短刀で刺されたあとが…。『やるのも英雄。やられるのも英雄。それがヤクザの世界。でも、それは間違いです』と語ります。
足を洗ったのは、40年ほど前のこと。仲間とともに建設会社「西山組」を立ち上げ、元暴力団員=「ヤメ暴」を従業員として受け入れてきました。全国の刑務所を訪ね、服役する暴力団員と面会し、手紙をやりとりしながら、組からの離脱を促し、出所後の自立・更生を支援してきたのです。
暴対法や暴排条例の施行で暴力団は締め付けられ、その数は年々、減少しています。国の施策は、確実に効果が表れているように見えます。だけど、そう喜んでもいられない現実はあります。西山さんの元には、塀の中から救いを求める手紙が数多く届きます。多くの「ヤメ暴」たちが、新たな働き場所を見つけられず、また悪事をはたらくという悪循環がおきているというのです。
西山さんは、こう言います。 「御上は、ただ締め付けるだけ。それだけでは、本当の解決にならないんだ」と…。 西山さんの“熱い思い”そして、「ヤメ暴」たちの“葛藤”をみつめました。 是非、ご覧ください!
https://www.mbs.jp/d-plus/



働き方改革
●10月31日(水) 18時30分~20時30分 エルおおさか(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
2018秋労弁公開講座 働き方改革関連法にどう立ち向かうのか
第3回 高度プロフェッショナル制度
講師:藤原 航 弁護士【606号室】
働き方改革関連法が2018年6月29日に成立しました。「働き方改革」と銘打ったこの法律が、労働現場にどのような影響を及ぼすのか? 果たして本当に働く人たちにとっての「改革」になるのか? 今、共に考え、理解しておく必要があるのではないでしょうか。
今回法律として制定されるにあたって、国会では異例ともいえる多くの「附帯決議」がされました。それだけこの法律に問題があることを示しています。しかし現実に法律としては成立しました。私たちとしては、国会審議の中であぶり出され、附帯決議に示された問題点を理解し、これからのこの法律に立ち向かう実践的な準備をしていく必要があると思います。
そのための連続講座を開催いたします。講師陣は、『働く人のための「働き方改革」を』の執筆陣の団員弁護士です。
参加費:1回1000円
申し込み:準備の都合上、お名前・所属・緊急時連絡先を記載の上、できるだけお申込ください。
電話06-6364-8620 osaka-rouben@nifty.com
https://www.facebook.com/events/257847351734157/
https://www.lalaosaka.com/open-lecture



教育政策
●10月31日(水) 午後6時~JR膳所駅 午後6時15分~デモ出発 
安倍やめろ!デモ
デモコース:JR膳所駅~ときめき坂~OH!ME大津テラス
STOP!戦争・改憲 安倍9条改憲NO! 辺野古新基地建設ゆるさない! 消費増税でなく軍事費削減!
10月24日から第197回臨時国会が開会しました。安倍首相は臨時国会へ『自民党改憲案』を提起し、来年10月から消費税を10%増税すると述べています。しかし、東アジア情勢が大きく平和構築へと動こうとしている今、自衛隊の海外での武力行使に道開く改憲など必要ありません。アベノミクスにより格差と貧困が深刻化している中で、消費増税は、より一層の生活破壊につながります。これらを許してはなりません。臨時国会で、改憲・戦争・生活破壊の安倍政権を追いつめ、市民の力で倒していくときです。
よびかけ:平和と民主主義をめざす全国交歓会-滋賀
https://nonukesiga.exblog.jp/27178652/



■11月1日(木)(再放送) 深夜午前00:00~00:50 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー選「透明人間になった私」
スマホやパソコンを使った瞬間、私たちの個人情報や行動はサイバー世界の公開情報になる。では、自分の身元を消すことはできるのか?フランスの女性監督が自らの実験を記録。
デジタル社会では、個人の全行動がリアルタイムで追跡可能で思想や嗜好(しこう)も網羅されている。公共交通のICカードや街角の防犯カメラなど身の回りの監視網は果てしない。“PCオタク”らが開発したフリーウエアやGPS情報を混乱させる技術、“世界と安全につながる”SNSや顔認証システムに対抗する奇想天外な作戦などもあわせて紹介。自分の痕跡を消して透明人間になろうとしたディレクターが最後に出した結論とは?
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=180207



■11月1日(木)(再放送) 深夜午前00:00~01:00 NHK Eテレ
ETV特集 アンコール「隠されたトラウマ~精神障害兵士8000人の記録~」
日中戦争から太平洋戦争の時代、精神障害兵士が送られた国府台陸軍病院。密かに保管された約8000人の「病床日誌(カルテ)」が研究者よって分析され、日本兵の戦時トラウマの全貌が明らかになった。戦場の衝撃に加え、精神主義による制裁や住民への加害の罪悪感が発病要因につながっていたことが判明した。番組では発病地の多い中国河北省で治安戦の実態を取材。戦後も社会復帰を阻まれた兵士の姿をカルテをもとに追跡する。
http://www4.nhk.or.jp/etv21c/x/2018-10-31/31/22221/2259620/



●11月1日(木) 14:00~大阪地裁本館202号法廷(地下鉄淀屋橋より北東へ8分 大阪市役所の北側、橋を渡り直すぐ http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/)
『避難の権利』を求める裁判(原発賠償関西訴訟)第20回口頭弁論期日
※午後13:00集合(13:15が傍聴券配布締切)
抽選に外れた方は模擬裁判を予定
今後の予定
《第21回裁判》2019年2月21日(木)14:00~
《第22回裁判》2019年5月16日(木)14:00?
裁判期日およびそれに続く報告集会には、最も多くの避難者が集まります。孤立している避難者の方がおられましたら、是非お近くで行われる「避難の権利」を求める裁判の傍聴、それに続く報告会にご参加されてみてください(どなたでも無料で傍聴可能です)。きっと沢山の避難者されている方々とつながることができるはずです。避難者同士はこの7年半の間に随分とつながることが出来ました。同じ避難元、近い境遇の方と出会えるかもしれません。また、「避難している」という貴方の存在が、他の避難者の励みにもなったりします。孤立し、一人で悩んでいる避難者の方々が、お一人でも多く、救われますように・・・。
連絡先:sandori2014@gmail.com 
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1964.html



●11月1日(木) 16時~19時 滋賀県庁正面噴水前(JR大津駅から徒歩5分 大津市京町四丁目1番1号 http://www.pref.shiga.lg.jp/guide/chosha/index.html
滋賀県庁前すわりこみ
https://nonukesiga.exblog.jp/27185560/



朝鮮半島
●11月1日(木) 17:30~大阪市立社会福祉センター第1会議室(3階)(近鉄「大阪上本町」⑪東へ徒歩3分 地下鉄「谷町九丁目」⑧徒歩10分 http://shafuku-center.jp/shisetsu.html
金大中大統領追悼講演会
「朝鮮半島の平和体制への過程と方向

講演:丁世鉉(元韓国統一部長官 韓半島平和フォーラム理事長)
資料代:¥1000 主催:金大中平和センター日本後援会
連絡:TEL090-3650-0471(金文男)
https://jimmin.com/events/event/金大中大統領追悼講演会/


 
■11月1日(木)(再放送) 午後08:00~08:30 NHK Eテレ
ハートネットTV「故郷・福島へ帰還する“自主避難ママ”▽消えない不安の日々」
「災害弱者」の視点から被災地の今を伝えるシリーズ。原発事故が起きたとき、放射能の影響を受けやすい子どもを抱え自主避難した「母親たち」の苦難を取り上げる
https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/heart-net/438/



■11月2日(金)(再放送)深夜午前00:00~00:50 NHK BS1 
BS世界のドキュメンタリー選「麻薬中毒の町~ルイ・セローが見たアメリカ~」
東部ウエストバージニア州。思春期の娘を失った両親、麻薬のために暴力を振るう売人と暮らす若い女性や、ヘロイン中毒で生まれた赤ちゃんとその両親…町の救急隊員は、薬の過剰摂取で倒れるSOSへの対応に忙殺されている。かつて、病院や医師が処方してきたオピオイド系鎮痛剤が依存症を招き、規制導入後、ヘロインが街をむしばんでいる。短く易しい質問を重ねながら、本音を吐露させるセローの取材手法が随所にのぞく。
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=180227



NEW
●11月2日(金) 18:30~20:00 「あすかい・ホットスペース」(あすかい診療所)(元田中駅約430m https://byoinnavi.jp/clinic/42643?fbclid=IwAR1lLPawbadFGJEaBmoIxeclVlUmgEYnSsfFzFBJGexxDEXZklbraUKPb1k
原発ゼロ連続学習会
講師:大倉弘之:福島原発事故による東日本の被ばく者とトモダチ作戦の被ばく者
   山田耕作:トリチウムの危険性
主催:日本科学者会議京都支部
web.kyoto-inet.or.jp/people/jsa-k/topics.html



●11月2日(金) 関西電力本社前(「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:00頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:00 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●11月2日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●11月2日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●11月2日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&パレード



●11月2日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に!



NEW
ジャーナリズム
●11月2日(金) 18:30~20:30 クレオ大阪中央・多目的室(地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽丘駅①②出口から徒歩3分 http://www.creo-osaka.or.jp/chuou/access.html
新聞うずみ火・JCJ関西「ジャーナリスト講座」
NHKを辞め新天地へ、相澤記者が語る「森友事件の本質と移籍の思い」

毎年恒例の新聞うずみ火主催のジャーナリスト講座は、今年も日本ジャーナリスト会議・関西支部との共催。
NHK大阪放送局時代に記者として森友学園への国有地売却問題を取材し、いくつものスクープを飛ばした相澤冬樹記者が大阪日日新聞に移籍した。なぜ、大手メディアから地方紙へ移籍したのか。
「森友事件」の本質と移籍への思いを語っていただきます。
協賛:NHK問題を考える会
参加費:一般1000円、学生・障がい者700円  
お申込みなしでどなたでもご参加できますが、人数把握のためご連絡くださればありがたいです。
電話:06-6375-5561 uzumibi@lake.ocn.ne.jp
http://uzumibi.net/



■11月2日(金) 午後10:00~10:46 NHK Eテレ
ドキュランドへ ようこそ!「ゴミ処分場のオーケストラ」(前編)
首都アスンシオン郊外のカテウラでは、ゴミの山からリサイクル可能な物を集めて収入を得る住民がほとんど。仕事で町を訪れたファビオは、学校に通えない子どもたちに音楽の楽しさを知ってもらおうと活動を開始する。高価な楽器を買う予算はないが、大工のコーラはドラム缶や水道管、フォークやスプーンを使って、美しい音色を奏でるチェロやバイオリン、フルートなどを作り出した。子どもたちは、めきめきと演奏の腕を上げていく。
http://www4.nhk.or.jp/docland/x/2018-11-02/31/22969/1418023/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村


脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2018年10月28日(日)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報


●10月28日(日) 13:30~16:30 ドーンセンター(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
核のゴミ捨て場「中間貯蔵」はいらない!関西集会
和歌山県白浜町日置川に使用済燃料の中間貯蔵施設をつくろうとするたくらみに対し、それに抵抗する動きが広がっています。7月29日に「核のゴミはいらん日置川の会」が結成され、8月に白浜町の他の地区でも会が結成されました。これまで「関電の話は聞く」と答弁していた白浜町長も、ついに9月議会の冒頭で、「申入れがあったとしても協議をする考えはない」と表明せざるを得ませんでした。
10月28日の集会では日置川の会を結成した冷水さんに、日置川の過疎の実情や「子どもや孫を守るため」に会を結成したその思いなどを語っていただきます。
関西電力は昨年11月に福井県知事の要請に応じて、今年(2018年)中に、福井県外で中間貯蔵の候補地を公表すると約束しました。集会時点ではその期限までに2カ月を残すだけとなります。
8月終盤になって、まず高浜町長がついでおおい町長が、原発敷地内に乾式貯蔵施設をつくる選択肢もあるとわざわざ表明しました。このような発言は撤回すべきです。
この状況も含む福井県内の問題について、高浜町の東山さんに語っていただきます。その話の中から、福井県において直面している諸課題をくみ取り、議論を通じて運動の方向を見出していきましょう。関西での取り組みも交流します。
この集会を通じて、和歌山・関西・福井の運動は連携を強め、
・中間貯蔵施設を白浜にもどこにも造らせない強い意思を表明し、関電の動きをけん制しよう。
・関電の福井県知事への約束違反状態をつくりだし、まずは大飯原発の、さらに高浜原発、美浜原発の運転をとめよう。核のゴミ・使用済燃料のこれ以上の発生をとめよう。
ゲスト:冷水喜久夫さん(核のゴミはいらん日置川の会事務局長 脱原発わかやま代表)、東山幸弘さん(ふるさとを守る高浜・おおいの会)
参加費:一般500円,大学生以下・避難者200円
主催:避難計画を案ずる関西連絡会
連絡先団体:グリーン・アクション/原発なしで暮らしたい丹波の会/脱原発はりまアクション/原発防災を考える兵庫の会/美浜の会
http://greenaction-japan.org/jp/2018/10/2547



●10月28日(日) 12:10~14:10 龍谷大学深草キャンパス(JR奈良線「稲荷」駅南西へ徒歩約8分,京阪本線「深草」駅西へ徒歩約3分,地下鉄烏丸線「くいな橋」駅東へ徒歩約7分 http://www.ryukoku.ac.jp/about/campus_traffic/traffic/t_fukakusa.html
「核」取材報告会
日米同盟と核 「トモダチ作戦 もう一つのフクシマ~~空母レーガン乗組員の被曝裁判」

講師:田井中 雅人さん(朝日新聞・核と人類取材センター)。
主催:日本平和学会2018年度秋季研究集会「グローバルヒバクシャ」分科会
参加費:非会員500円
https://houteisien.wordpress.com/kyoto/



●10月28日(日) 15:00~17:00 日本キリスト教団 室町教会(地下鉄烏丸線,丸太町駅2番出口から徒歩2分 http://muromachi-church.org/?page_id=35
日本キリスト教団 京都教区 社会セミナー
「若狭の原発を止めるため 電力を消費する市民に何ができるか?」

講師:中嶌哲演さん(小浜明通寺住職,福井から原発を止める裁判の会 代表)
https://houteisien.wordpress.com/kyoto/



安倍政治
●10月28日(日) 14:00~新長田勤労市民センター3階大会議室(JR・地下鉄新長田駅南西5分、東急プラザビル3階 http://www.mapion.co.jp/m2/34.65648126,135.14462034,16/poi=0786432431-002
市民と野党の長田共同アクション講演会
『安倍政治の行きづまりと日本社会のこれから』~アメリカいいなり政治の矛盾と限界~

講師:白井 聡さん(政治学者)
資料代:¥500
連絡:078-631-2106
https://jimmin.com/events/event/市民と野党の長田共同アクション講演会/



平和憲法
●10月28日(日) 14時~17時 大阪南YMCA(JR天王寺駅北口より東へ5分 http://www.oospo.net/ymca-minami/access
「平和憲法とこの国の自立を考える」勉強会
会費:500円
主催:いのちと平和 090-3974-1166(弓場)



当番弁護士
●10月28日(日) 13:30~16:30 京都弁護士会館地下大ホール(地下鉄丸太町駅から徒歩7分・バス停「裁判所前」から徒歩1分他 https://www.kyotoben.or.jp/access.cfm
京都・当番弁護士を支える市民の会20周年記念集会
「当番弁護」は何を変えたか

お話:山田 悦子さん(甲山事件冤罪被害者)徳田 靖之さん(弁護士・大分県弁護士会)遠山 大輔さん(弁護士・京都弁護士会)
参加費無料 申込み不要 主催:京都弁護士会/京都・当番弁護士を支える市民の会
https://www.kyotoben.or.jp/event.cfm#1311



選 挙
●10月28日(日) 13:30~16:30 兵庫県勤労市民センター講習室(JR兵庫3分 http://www.navitime.co.jp/poi?spt=00005.303077
連帯兵庫みなせん 公開討論会 2019年は選挙Year 市民の政治参加をどう広げるか
パネリスト:岡本仁宏(関西学院大学教授) 弘川欣絵(弁護士) 松本 誠(市民まちづくり研究所長)
参加資料代¥500
主催:連帯兵庫みなせん(平和と立憲主義、いのちと暮らしを守る市民選挙・連帯兵庫)
連絡:TEL078-691-4593(出口)
https://jimmin.com/events/event/連帯兵庫みなせん%e3%80%80公開討論会%e3%80%802019年は選挙year-市民/



フェスタ
●10月28日(日) 午前10時~午後3時 長居公園内 南児童遊園(長居 http://www.nagaipark.com/access/#map
戦争はいやや!核なんかいらへん! FESTIVAL 2018
主催:反核フェスティバル実行委員会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1028-1.pdf



ライブ&トーク
●10月28日(日) 16:00~マルコハウス(桃谷駅262m https://tabelog.com/osaka/A2701/A270203/27062893/dtlmap/
パギやんライブ&トーク こんな時代に誰がした?!
木戸銭:前売¥2000 当日¥2500(ドリンク別)
主催:マルコハウス
連絡:TEL06-6718-1612
https://jimmin.com/events/event/パギやんライブ%ef%bc%86トーク%e3%80%80こんな時代に誰がした/



コンサート
●10月28日(日) 14:00~クレオ大阪東ホール(京橋駅 (JR線) 南口から南へ約600m http://www.creo-osaka.or.jp/east/access.html
平和・統一フェスタ2018
一部:文化公演 
二部:アンサンブル チケット 
前売り/1,000円 当日/1,500円 高校生以下無料
主催:平和・統一フェスタ2018実行委員会
osaka.korea-htr.org/img/plan181028.pdf




■10月29日(月) 深夜午前00:50~01:50 MBS毎日放送
映像'18「生きなおし~元ヤクザが取り組む施設の日々~」
大阪市福島区。多くの人が行き交う商店街の近くに自立支援施設「良心塾」がある。ここは、刑務所や少年院で過ごした人たちが、自立して生活できるように支援する目的で2015年12月に開設された施設だ。現在、10代~20代の男性が共同生活をしており、近くには女子寮もある。みな、出所後に親族から引き取りを拒否され、行き場を失った人たちばかり。「大人は信用してない。自分は生きてる価値などない」というのが彼らの口癖だ。
「良心塾」は公的支援を受けず、施設を運営している黒川洋司さん(46)を中心に、ボランティアで賄っている。黒川さんは幼い頃に両親が離婚。母親に育てられた。中学卒業後は暴走族に入り、19歳で暴力団に。21歳の時に辞めたものの、その後、傷害事件で逮捕されたことがある。そんな黒川さんを変えたのは、「自分のすべてを心から認めてくれていた」母親の病気による急死だった。そして残りの人生で人の役に立つことを誓う。
「“親”のような役割を果たし、支えてくれる人がひとりいれば、必ず人生は変えられる」との思いから、5年前から活動をはじめ、これまで17人の身元引受人になってきた。「生きてることに意味がある、ひとりひとりに何か役割がある。元ヤクザの自分だからこそ、伝えられることがある」と信じて…。 再犯防止のために自立支援施設で、若者の更生に取り組む黒川さんと入居者たちの模索の日々に密着する。
https://www.mbs.jp/eizou/
https://www.mbs.jp/timetable/



■10月29日(月)(再放送) 深夜午前02:50~03:50 MBS毎日放送
文化庁芸術祭出品作品 映像'18「職場で死なせない~過労死家族の終わらぬ闘い~」
名古屋市に住む内野博子さん(48)は昨年、「名古屋過労死を考える家族の会」代表に就任した。2002年、当時トヨタ自動車の正社員だった夫の健一さん(当時30歳)は夜勤残業中に倒れ急死した。その死が長時間労働が原因の過労死だとして、労災申請を認めてもらうまで、孤独な闘いを6年近くも続けなければならなかった。 安倍政権が今国会の最重要テーマと位置づけ、労働法改正に取り組む「働き方改革」。
労働者がそれぞれの事情に応じた多様な働き方を選択できる社会を実現しようとするもので、長時間労働の是正、多様で柔軟な働き方の実現、雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保等のための措置を講ずる法案の成立を目指す。「長時間労働を1か月上限100時間未満とする」一方、「裁量労働制の拡大」や「高度プロフェッショナル制度の創設」など、労働時間にとらわれない働き方の導入は、結果的に長時間労働につながることが
懸念される。 番組では、内野さんの日常を見つめながら「働き方改革」を働く者の立場から考える。
https://www.mbs.jp/eizou/backno/180527.shtml
https://www.mbs.jp/timetable/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村







脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2018年10月27日(土)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報


『1987、ある闘いの真実』
「ファイ 悪魔に育てられた少年」のチャン・ジュナン監督が、韓国民主化闘争の実話を描いた社会派ドラマ。1987年1月、全斗煥大統領による軍事政権下の韓国。南営洞警察のパク所長は北分子を徹底的に排除するべく、取り調べを日ごとに激化させていた。そんな中、行き過ぎた取り調べによってソウル大学の学生が死亡してしまう。警察は隠蔽のため遺体の火葬を申請するが、違和感を抱いたチェ検事は検死解剖を命じ、拷問致死だったことが判明。さらに、政府が取り調べ担当刑事2人の逮捕だけで事件を終わらせようとしていることに気づいた新聞記者や刑務所看守らは、真実を公表するべく奔走する。また、殺された大学生の仲間たちも立ち上がり、事態は韓国全土を巻き込む民主化闘争へと展開していく。パク所長を「チェイサー」のキム・ユンソク、チェ検事を「お嬢さん」のハ・ジョンウ、学生デモに立ち上がる大学生を「華麗なるリベンジ」のカン・ドンウォンと豪華キャストが共演した。
●シネマート心斎橋 9/8~
https://movie.walkerplus.com/th267/sc1080759.html
http://1987arutatakai-movie.com/index2.html
http://www.cinemart.co.jp/theater/shinsaibashi/lineup/20180710_15014.html



『人生フルーツ』(2016年/日本/91分/東海テレビ放送 配給)
■好評につき、ロングラン上映中!
人生は、だんだん美しくなる。 むかし、ある建築家が言いました。家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない。
愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てた家。四季折々、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実が、妻・英子さんの手で美味しいごちそうにかわります。刺繍や編み物から機織りまで、なんでもこなす英子さん。ふたりは、たがいの名を「さん付け」で呼び合います。長年連れ添った夫婦の暮らしは、細やかな気遣いと工夫に満ちていました。そう、「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」とは、モダニズムの巨匠ル・コルビュジエの言葉です。
かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきました。1960年代、風の通り道になる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウン計画。けれど、経済優先の時代はそれを許さず、完成したのは理想とはほど遠い無機質な大規模団地。修一さんは、それまでの仕事から距離を置き、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめました─。あれから50年、ふたりは、コツコツ、ていねいに、時をためてきました。そして、90歳になった修一さんに新たな仕事の依頼がやってきます。
本作は東海テレビドキュメンタリー劇場第10弾。ナレーションをつとめるのは女優・樹木希林。ふたりの来し方と暮らしから、この国がある時代に諦めてしまった本当の豊かさへの深い思索の旅が、ゆっくりとはじまります。
●8/26(日)~シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
10/20(土)~27(土) 10:20(~11:56終)
10/28(日)~11/2(金) 12:30(~14:06終)
http://www.theater-seven.com/2017/movie_jinsei-fruits.html



大阪の教育
●10月27日(土) 18:30~大阪市中央公会堂(淀屋橋<1>番徒歩約5分 北浜<19>番徒歩約3分 中之島線なにわ橋<1>番徒歩約1分 http://osaka-chuokokaido.jp/map/) 
大阪を知り・考える市民大集会 PARTⅢ
前川喜平さんと考える 公共と教育の"未来図"

講師:前川喜平(現代教育行政研究会代表)
   住友 剛(教育学・京都精華大学教授)
司会進行:平松 邦夫(公共政策ラボ代表)
学力テストでは低迷を続け、教師のなり手は大阪を避ける大阪の教育現場。今、大阪の教育現場では何が起こっているのか。「民営化」の名のもと、”公共”が失われつつある大阪。”公共”の本当の役割とは。元文部科学事務次官の前川喜平さんをお招きして、様々な立場の皆さんと一緒に大阪の公共と教育の”未来図”を考えます。
定員:1000名(入場無料:事前申込制)
申し込み:専用応募フォーム 以下のURLからお申込みください。
https://www.kokuchpro.com/event/oktc1027/entry/
※混乱を回避させて頂くために事前申込制にさせて頂きます。お手数をお掛けいたしますがご理解いただけますようお願いいたします。
※複数人ご参加の場合はその都度メールフォームにてお申込みください。
※予約申し込み期限 2018年10月26日 23:59締切
※親子同伴の中学生以下の申込不要
※当日、会場受付にて申込完了メール又は印刷したチケットを提示してください。
(ご提示頂けない場合は入場をお断りする場合があります。)
主催:大阪を知り・考える市民の会
mail:osakacitizen1000@gmail.com
共催:公共政策ラボ 協賛:市民社会フォーラム
https://www.facebook.com/events/2180248548856905/



日米安保体制
●10月27日(土) 14:00~16:30 すずらんホール2F大ホール(神戸電鉄鈴蘭台駅より徒歩5分 https://goo.gl/maps/Dh6FvTN21FU2
「護憲派のヴァージョンアップに向けて~「9条と日米安保体制」
講師:白井聡さん
今年8月8日、沖縄の翁長知事が急逝されました。辺野古の米軍新基地反対の「オール沖縄」を代表して、正しく命を掛けて取り組まれていた最中でした。その翁長さんの意思を受け継ぎ、大変な選挙を勝ち抜いて新知事に当選された玉城さんも、辺野古基地反対の民意の強さを改めて示しました。
しかし、政府は沖縄の民意に背を向ける態度をとり続けています。なぜ日本の政府なのに、日本人の人権も民意も守らないのか?この不思議を、講師である白井聡さんが解明してくださると思います。日本とアメリカ、そして憲法9条との関係について、学び考える機会となればと考えます。
参加協力費:500円 (高校生以下無料)
なお一部では、民俗舞踊団「花こま」さんの演舞を行います。
http://civilesociety.jugem.jp/?eid=39145



メディア
●10月27日(土) 14:00~16:30 エルおおさか708号(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html)  
政治圧力と忖度 メディアに求められるものは何か
元NHKプロデューサー長井暁氏を招いて、2001年の「ETV特集」放送に際し何があったのかをお聞きし、現在の各メディアにおける忖度と内部的自由について考えます。
https://www.facebook.com/events/248403399192305/



セクハラ
●10月27日(土) 13:30~16:50 エル・おおさか 南館10階 南1023号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
セクハラ社会を許している社会を変えよう!  
問題提起:もう黙っていない-私がわたしであるために

     岡野八代さん(同志社大学大学院教授)
特別報告:韓国と日本をつなぐ-若者の出会いから見えてきたこと
     方 清子さん(日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク)
グループ・ディスカッション:女たち!語ろうよ-私たちに何ができるのか?
主催:おんな・こどもをなめんなよ!の会
https://www.facebook.com/events/522767818193480/



天皇制
●10月27日(土) 18時~エルおおさか(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
新たな天皇代替わり・元号にどのように立ち向かうか
講師:中川信明さん(靖国・天皇制問題情報センター)
参加費:800円 
主催:教育塔を考える会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/annai1.html



選 挙
●10月27日(土) 14:00~16:30 みやこめっせ地下一階大会議室(100名規模)(地下鉄「東山駅」徒歩約8分 https://www.miyakomesse.jp/access/)    
わたしを支える社会を作るー新潟の経験に学ぶ
佐々木寛さん(市民連合@新潟共同代表 新潟国際情報大学教授) 講演会 
沖縄知事選は玉城デニーさんが勝利しました。これからも、観客でなくアクターとして参加する市民が、民主主義を何とか機能させようとする動きが、野党共闘とともに軸となるのはまちがいありません。その意味で、市民として新潟知事選で、「オール新潟」を作り出した佐々木さんのお話を伺おうとこの企画を作りました。今後の参考のためにもぜひご参加ください。(※託児あり お子さん連れで参加可能です)
連絡先:080-6180-9641(吉永)    
参加費:1000円(院生含む学生、障がい者、生活困窮者無料)
主 催:市民連合ユナイトきょうと
共 催:市民環境研究所 自由と平和のための京大有志の会 アジェンダ・プロジェクト Peace flagプロジェクト 使い捨て時代を考える会
佐々木寛さんプロフィール
1966年香川県生まれ。新潟国際情報大学国際学部教授(政治学・平和学)。日本平和学会理事。「市民連合@新潟」および「新潟に新しいリーダーを誕生させる会」共同代表として、2016年参議院選挙および新潟県知事選挙で野党統一候補の擁立に貢献。一般社団法人「おらって にいがた市民エネルギー協議会」代表理事として、市民発電事業を通じた持続可能な地域社会の実現にも取り組む。
https://www.facebook.com/events/307566323362688/



環境問題
●10月27日(土) 14:00~16:30 ラボール京都(京都労館)(阪急西院駅東へ徒歩5分 http://laborkyoto.jp/access_map.php
《e未来の会10月例会》
「環境監視研究所」の活動を聞く

中地重晴さん (熊本学園大教授・e未来会員)  
インタビュアー 佐々木米市さん(e未来会員)
環境問題で活動してきた研究者や学生が大阪の労働運動と出会ったのは,70年代の初めである。その当時「内には労働災害,外には公害」と言われ,公害を出す企業は労働災害も多発させる企業であった。大阪の労働運動と協力するかたちで,73年には「関西労働者安全センター」が,88年には「環境監視研究所」がつくられた。学生時代から,これらの運動に関わり,環境監視研究所の所長を経て,現在は熊本学園大の教授をしておられる中地重晴さんに,アスベスト被害や豊島の産廃問題など環境監視研究所の活動を中心に話を伺いたいと思う。
参加費:300円
https://www.emirai.xyz/single-post/2018/09/12/「環境監視研究所」の活動を聞く



カジノ
●10月27日(土) 18:45~ローズWAM・ワムホール(阪急茨木市駅西へ約500メートル JR茨木駅東へ約800メートル http://www.city.ibaraki.osaka.jp/shisetsu/siyakusyo/wam_s.html )
「IR型カジノ問題学習会」
講師:鳥畑与一さん(静岡大学教員・国際金融論)
① カジノって何       
② カジノの経済効果     
③ IR型カジノと依存症    
④ 依存症対策のでたらめさ  
⑤ 大阪カジノ誘致の問題点  
⑥ どの政党が積極的なのか、結局、誰が儲けるのか、私たちは何をなすべきか
「韓国カジノの現状報告」
報告者:服部良一さん(元衆議院議員)
主催:19総がかり行動茨木実行委員会
連絡先:茨木労働組合総連合 072-624-1144 
    サポートユニオンwithYOU 072-655-5415
協賛:MINITs9
参加:500円
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1027-2.pdf



政 治
●10月27日(土) 13:30~難波市民学習センター(OCATビル4階)(「JR難波」駅上 http://osakademanabu.com/namba/access
政治理念・政策から考える 我々に未来はあるか?徹底討論集会
問題提起:白石 孝さん(NPO官製ワーキングプア研究会理事長)
資料代:1000円 
主催:共生連帯・近畿
http://www17.plala.or.jp/kyodo/annai1.html



女性の政治参画
●10月27日(土) 14:00~16:00 兵庫県学校厚生会館(JR元町・阪神元町駅東口北へ徒歩2分 地下鉄県庁前駅南東へ徒歩5分 阪急三宮駅(西口)から、西へ徒歩7分 https://www.kouseikai.or.jp/public/fukushi/kaikan/kaigishitsu/access.html
立憲ひょうご男女共同参画推進セミナー
第2回女性の政治参画で何が実現できたか?

講師:山尾志桜里
参加費:無料 定員50名 
主催:立憲民主党兵庫県連合
連絡:FAX072-768-9261
https://jimmin.com/events/event/立憲ひょうご男女共同参画推進セミナー%E3%80%80第2回女/



パレスチナ
●10月27日(土) 午後6時半~8時半 エルおおさか(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
第3回 パレスチナ問題連続学習会
「中東和平とオスロ合意」
講師:役重善洋さん(パレスチナの平和を考える会)
パレスチナ問題について、その起源がユダヤ教やユダヤ人とイスラム教の宗教紛争や民族紛争ではなく、ヨーロッパのキリスト教の中から生まれてきたシオニズムと、それを中東の植民地支配に活用しようとした帝国の思惑にあること、ユダヤ教の本来の教義には(人間の意志で)イスラエルの地に帰還してユダヤ人国家を建設するという考え方はないこと、当初は、当時ヨーロッパに離散していたユダヤ人の間でもシオニズムの考え方は受け入れられなかったこと、など連続学習会の各回のポイントとなる点を概括的に話していただきました。「難しかった」という感想が圧倒的でした。第二回以降、各回のテーマに沿って、詳しく説明されるので、ご安心ください。
参加費:毎回1000円(割引希望の方は応相談)
☆第1回に参加された方は第2回以降各800円です。
主催:パレスチナ問題連続学習会実行委員会
賛同団体(50音順):ATTAC関西グループ/関西共同行動/パレスチナの平和を考える会
申し込みおよび問い合わせ:ATTAC関西グループ(090-4280-3952 喜多幡)
パレスチナの平和を考える会(palestine.forum@gmail.com)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1124.pdf



アフガニスタン
●10月27日(土) 午前10時~12時 ドーンセンター視聴覚スタジオ(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
Afghanドキュメンタリー映画上映会
「BOXING FOR FREEDOM](アフガニスタン・スペイン合作ドキュメンタリー74分)
女性がスポーツをすることを好まないアフガニスタン。ボクシング好きの少女が女性を取り巻く困難や妨害をはねのけ、ボクサーになる練習にひたすら励んだ成長の物語。ボクサーになる夢とそのための練習は女性にとっての自由や尊厳の在り方を学ぶことでもあった。この映画を通して、女性が夢の実現のために自由に生きることの意味について考えていきたい。
上映後、清末愛砂さんのミニ講演があります。
参加費:1000円 学生等700円 茶菓付き
事前申し込み不要、どなたもご自由にご参加ください。
主催:RAWAと連帯する会
共催:室蘭工業大学工学研究科ひと文化系領域 清末愛砂研究室
連絡先:090-3656-7409(桐生)



寄 席
●10月27日(土) 13:30~動楽亭(地下鉄「動物園前」駅①出口すぐ https://www.mapion.co.jp/m2/34.64863204,135.50588884,16/poi=0000DRTI_001pa
第3回うずみ火寄席
3回目となる今回は、新聞うずみ火の連載「どないなっとんねん」でお馴染みのヤマケンさんと笑福亭竹林さんが初お目見え。腹の底から大いに笑いましょう。きっと、明日への活力となはずです。
予約はこのページに参加ボタンを押した上に、下記のところまでお電話を下さい。どうか宜しくお願い致します。
申込み先:090-9982-8719(森山)
木戸銭 予約・読者 2000円 当日2500円
※予約完売の場合、当日券はございません。
出演者:露の新治さん 笑福亭竹林さん 山本健治さん 露の新幸さん
https://www.facebook.com/events/1386977968099225/



■10月27日(土)(再放送) 午後11:00~00:00 NHK Eテレ
ETV特集 アンコール「隠されたトラウマ~精神障害兵士8000人の記録~」
日中戦争から太平洋戦争の時代、精神障害兵士が送られた国府台陸軍病院。密かに保管された約8000人の「病床日誌(カルテ)」が研究者よって分析され、日本兵の戦時トラウマの全貌が明らかになった。戦場の衝撃に加え、精神主義による制裁や住民への加害の罪悪感が発病要因につながっていたことが判明した。番組では発病地の多い中国河北省で治安戦の実態を取材。戦後も社会復帰を阻まれた兵士の姿をカルテをもとに追跡する。
http://www4.nhk.or.jp/etv21c/x/2018-10-27/31/18675/2259620/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

(10/24更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2018年10月22日(月)~26日(金) 

★10/23更新
●TV番組を追加しました。
★10/22更新
●10/26(金)までのイベント情報を追加しました。


【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-393.html




●10月22日(月) 13:15~神戸地裁集合 14:00~開廷(神戸駅徒歩5分 大倉山(兵庫県)駅徒歩2分 http://www.courts.go.jp/kobe/about/syozai1/kobemain/index.html
第25回原発賠償ひょうご訴訟
予 定
12:30 神戸駅前で街宣とチラシ配布
13:15 神戸地方裁判所前に集合
13:20 原告・弁護団行進入廷(時間は目安)
13:25 所持品検査
14:00 開廷
◆閉廷後 報告集会 婦人会館さくら(https://kobe-fujin.jimdo.com/交通アクセス/)
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=708156609530421&id=209871206025633
https://pokapoka-hyogo.weebly.com/uploads/2/9/7/0/29703235/vol.24.pdf



●10月22日(月) 18時~20時半 守山コミュニティホール(守山駅 https://publicmap.jp/spot/2061346797
市民の会しが政策フォーラム③
「原発裁判と被ばくはどうなっているか、どうするか」

講師:井戸謙一さん(弁護士)
*フロアー討論もあります
主催:市民の会しが
連絡先:090-2108-9521(杉原)/090-4036-4510(檜山)
https://sites.google.com/site/syamahi9j/zi-he-jiu-tiaono-huinyusu



■10月22日(月) 午後02:00~02:30 NHK BS1
Asia Insight「言論の自由を求め台湾へ」
いわゆる禁書を香港で販売し当局に拘束された元店長林栄基さんが、台湾で書店を開く準備を進めている。林さんの動きに密着、言論の自由を求め台湾で活動する人々を追う。
http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2018-10-22&ch=11&eid=15119&f=2326
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/asiainsight/20180914/2022247/



■10月22日(月)(再放送) 午後05:00~05:50 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー「ハリウッド発 #MeToo」
「英国王のスピーチ」や「恋に落ちたシェイクスピア」などを手掛けたハービー・ワインスティーン。華々しい活躍の裏で過去数十年にわたり女優やスタッフに性的嫌がらせを続けてきた。グウィネス・パルトロウやアンジェリーナ・ジョリーなどの有名女優たちも自ら受けた経験を語っている。ハリウッドで有名だった彼の行動。どうして誰も止めることができなかったのか。その背景にある社会構造に言及するドキュメンタリー。
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=180612



●10月23日(火)深夜午前00:00~00:46 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー「NYタイムズの100日間」(前編)
三権の監視役たる「第四の権力」と呼ばれるメディア。その代表格NYタイムズ紙をトランプ大統領は“フェイクニュース”“大衆の敵”と敵視する。就任演説に始まる100日間に密着した話題作を前後編で放送。前編は、特ダネ連発のエース記者に加えて“トランプ番”のベテラン女性記者を中途採用するなど政権を揺さぶり続ける“記者魂”を描く。ライバル紙に出し抜かれた後、ワシントン支局長や本社トップの編集長はどう動く?
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=181023



朝鮮高級学校無償化
■10月23日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



■10月23日(火)(再放送) 午後05:00~05:50 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー「ソーシャルメディアの“掃除屋”たち」(前編)」
フィリピンにあるクリーナーズの拠点。仕事内容は家族にも「口外厳禁」とされている。多言語を操るエリート学生が採用され、世界各国の億単位のユーザーが投稿する画像や投稿を「秒単位」でチェックし、“ポルノ・残虐性”は除外していく。しかし、“表現”“報道”“芸術”を誤って削除してしまうミスも…世界中の記者が取材を試みてきたSNSの検閲作業の舞台裏へのアクセスに成功。NHKも参加した国際共同制作番組の前編。
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=181009



■10月23日(火) 午後10:00~10:54 テレビ大阪、テレビ東京系列
ガイアの夜明け【どうする?ニッポンの電力】
北海道の大地震に端を発した道内全域の「ブラックアウト」。大型台風が引き起こした、静岡の大規模停電…。私たちが毎日当たり前のように使っている電力が突如、断ち切られ、人々の暮らしが大きく混乱した。 東日本大震災で福島第一原発が人々に大きな被害をもたらした日本で、電力をどう確保していくのか。
政府が今年7月、「エネルギー基本計画」で明記したのは、「再生可能エネルギー」を主な電源とすること。太陽光やバイオマス発電といった、環境に優しい電力を拡充しようというのだ。しかしそこには、思わぬ“光と影”が…。日本の電力の未来が抱える意外な課題を、取材で明らかにする。
http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/



■10月24日(水) 深夜午前00:00~00:46 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー「NYタイムズの100日間」(後編)
トランプ政権の最初の100日間、三権の監視役たるメディアとの攻防を描く番組は、前編に続いて「ロシア・ゲート疑惑」での調査報道や“フェイクニュース”と敵視される保守強硬派の集会に出向く記者陣の日常に密着。セクハラ問題でピュリツァー賞を受賞した記者が新たな記事を発表する瞬間も、NYの本社編集部と、ワシントン支局にカメラを据え、編集トップから個性豊かな記者陣の“本音”も捉えた、圧巻のドキュメント。
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=181024



戦争法
●10月24日(水) 11:00~大阪地方裁判所(地下鉄淀屋橋より北東へ8分 大阪市役所の北側、橋を渡り直すぐ http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/)
「戦争法」違憲訴訟:第8回口頭弁論
※午前10時に高裁前(東門を入っていすぐ)に集合願います。傍聴整理券配布は10時~10時半です。裁判所前には遅くとも10時半にはご集合下さい。裁判所入庁時に所持品検査が実施されています。ご注意ください。
今回は、差し止め請求とPKOについて国への反論の準備書面を提出します。更に皆様からこれまでにお寄せいただいている被害・損害・権利侵害の陳述書も一部を提出予定です。
◆法廷終了後、大阪弁護士会館にて報告集会を行います。



自然エネルギー
●10月24日(水) 午後6時30分~大阪民医連会議室(創建本町ビル2階)(堺筋本町 http://www.oskmin.com/about/map.html
自然エネルギー連続講座第3講 電力販売事業、市民共同発電所と条例
①消費生協での発電・電力販売事業 ~その目的と展望~
講師:藤山 聖彦さん(大阪いずみ市民生協)
②市民共同発電所と「自然エネルギー推進条例」
講師:溝口 弘さん(湖南市・コナン共同発電所)
参加費;1回800円(学生:無料)4回連続参加の方は2,800円 
事前申し込み要
主催:原発をなくし、自然エネルギーを推進する大阪連絡会(原発ゼロの会・大阪)
協賛:日本科学者会議大阪支部 自然エネルギー市民の会 自然エネルギーねやがわ市民の会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1128.pdf



高齢者大会
●10月24日(水) 10時から 生涯学習センター(京阪「膳所本町」徒歩7分 路線バス/湖岸経由「膳所公園」徒歩2分 http://www.city.otsu.lg.jp/manabi/lifelong/c/
滋賀県高齢者大会in大津(第28回)
記念講演「私たちだからこそ、今できること 平和と生きる権利を学び、訴えよう!!」
講師:中田 進 (評論家)10:30~11:30
記念演奏:松野 迅 (ヴァイオリニスト)11:35~12:15
5つの分科会あり。13:30~15:30
後援:大津市・大津市教育委員会
*弁当をご希望の方は年金者組合か事務局077-543-3077に申し込んでください
主催:原発をなくし、自然エネルギーを推進する大阪連絡会(原発ゼロの会・大阪)
協賛:日本科学者会議大阪支部 自然エネルギー市民の会 自然エネルギーねやがわ市民の会
問い合わせ:077-594-4443
https://sites.google.com/site/syamahi9j/zi-he-jiu-tiaono-huinyusu



食料環境
●10月24日(水) 午前10時30分~12時 神戸学生青年センター(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/
食料環境セミナー「 ゲノム編集 」
最大未利用資源昆虫の活用

講師:神戸大学名誉教授 竹田真木さん
皆さんは「昆虫食」って、御存じでしょうか。文字通り、ハチの幼虫、イナゴなど、昆虫を食べることです。今回、ご講演いただきます神戸大学名誉教授竹田真木さんによる文書からご案内させていただきますと、人口増加を支えるタンパク質資源の現状は明るくありません。畜産の拡大は地球にとって負担が大きく、温暖化や乱獲で漁業資源も枯渇しつつあります。昆虫食は生産にかかるコスト(餌、水、空間)が低いだけでなく、温室ガスの排出も少なくて済みます。
すでに多くの国で昆虫食の実践は行われており、日本でも人または家畜の餌資源として昆虫の有用性は注目されており、欧米をはじめ昆虫食及び餌の利用が飛躍的に進んでいます。実際に昆虫を食していただきます。たくさんのご参加をお待ちしています。
・11月28日(水) 午前10時30分~12時
種子法廃止 ― 多国籍企業に明け渡す食料主権
講師:食政策センター・ビジョン21 代表 安田 節子さん
http://ksyc.jp/seminar/ss201808-11/



社会的共通資本
●10月24日(水) 午後7時から9時 市民環境研究所(叡山本線 元田中駅 徒歩1分 http://www13.plala.or.jp/npo-pie/access.html
社会的共通資本勉強会第4回
第2回・3回で『自動車の社会的費用』について熟読しました。今回はそれを踏まえて『自動車の社会的費用』で展開されたことのまとめを行い、社会的共通資本のアイデアをどんな風に生かすのか、みんなで討論します。
https://www.facebook.com/events/589590494805103/



米国軍事戦略
●10月24日(水) 15:00~18:00 ひとまち交流館・京都 第4会議室(3階) (京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html)
南アジアから見た米国の軍事戦略と日本
スリランカの人権活動家 ジュード・ラル・フェルナンドさんの講演と交流会
<第一部:交流会> 15:00~18:00
テーマ:「スリランカのタミルの人々の民族的権利」
内容:ジュードさんからの報告と、感想交流、アクションの相談など
<第二部:講演会> 18:30~20:30
「南アジアから見た米国の軍事戦略と日本」
参加カンパ:500円 割引希望の方は受付でお申し出ください
グローバル・ジャスティス研究会では4月に 「『テロとの戦争』によって隠蔽されたジェノサイド~(スリランカ)タミルの悲劇 ― スリランカの人権活動家からの報告と訴え」を開催し、skypeを通じてスリランカの人権活動家 ジュード・ラル・フェルナンドさん(アイルランド在住)とマラシーさん(ニュージーランド在住)のお話を聞きました。5月18日には「ムリバイカルの記憶の日」(スリランカ内戦でのタミルン人々の虐殺を記憶する)の国際的アクションの呼びかけに応えて、京都駅前で宣伝活動を行いました。
10月下旬にジュード・ラル・フェルナンドさんが再来日されるとの知らせを受け、緊急に講演会と交流会を開催することになりました。ジュードさんはアジアの基地問題や平和問題について研究・調査・発信しておられ、韓国・台湾・沖縄の運動とも交流があります。この機会に、遠くて近い国、スリランカから見たアジアの平和について、いっしょに考えてみませんか?
https://www.facebook.com/events/322915364957918/



■10月24日(水)(再放送) 午後05:00~05:45 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー「ソーシャルメディアの“掃除屋”たち」(後編)
フェイスブック社がマニラに置く“掃除屋”の拠点から始まった取材は、発信者も管理者もアマチュアが大半を占めるユーザー生成コンテンツのもろさ、そしてリスクを暴き出してゆく。文化や宗教、価値観、時代といった要素への対応…「検閲が表現の自由を脅かす」「政治的迫害を招いた」などと、SNS各社に対して高まる批判…今年の世界の映画祭で注目を集めている話題作。NHKも参加した国際共同制作の後編。
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=181010



■10月24日(水)  午後06:00~06:50 NHK BS1
シリーズ・子どもたちの夢「タハミナの勇気ある自転車旅~バングラデシュ~」
さまざまな困難と闘いながら夢を持って生きるアジアの子どもたちを、その国のディレクターが密着して描く3本シリーズ。現地に暮らすディレクターならではの長期取材や、その社会の問題の本質をとらえた視点が売り。第1回目はバングラデシュ。貧しい村では食いぶちを減らすため、10代前半で親が決めた相手の元に女の子を嫁がせる「児童婚」が古くから続いてきた。今も残るこの慣習に一人立ち上がった少女の姿を追いかけた。
http://www4.nhk.or.jp/P4649/x/2018-10-24/11/16058/2625212/



■10月25日(木) 深夜午前00:00~00:50 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー「“悪いやつら”の純朴な越境」
スペイン語であえて「オンブレ=男性」という言葉を使って不法移民“悪いやつら”と呼ぶトランプ大統領。ナチスへの親近感を隠さない白人至上主義の自警団が見回る国境の反対側では、歩いて密入国を図る人々向けの“越境グッズ”が出回る。強制送還される人々が後を絶たないグアテマラでは、米国大使館に長蛇の列が…貨物列車に飛び乗る若者など、政権発足から100日間の国境地帯の動きを、オランダ人ディレクターが追った。
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=181025



■10月25日(木)(再放送) 深夜午前00:00~01:00 NHK Eテレ
ETV特集 アンコール▽自由はこうして奪われた~治安維持法 10万人の記録~
1925年に制定された当初、主に共産党などの取締りを目的としていた治安維持法。しかし、20年間にわたる施行期間の中で、取締りの対象は、共産党の外郭団体、そして戦争遂行などの国策に妨げとなる人々へと拡大していった。番組では、取締りの実態を記録した司法省や内務省などの公文書の中から、10万人にのぼる検挙者のデータを抽出。なぜ一般の市民まで巻き込まれることになったのか、検証を行った。
http://www4.nhk.or.jp/etv21c/x/2018-10-24/31/16691/2259621/



日韓関係
●10月25日(木) 午後2時~5時 大阪韓国文化院(韓国人会館4階)(地下鉄谷町線・中崎町駅2番徒歩3分 http://www.mindan-osaka.org/kaikan/
大阪韓国総領事講演会
「文在寅政権の平和構想と日韓関係」

講師:駐大阪大韓民国総領事・呉泰奎氏(元ハンギョレ新聞論説委員室長)
参加費:1000円(学生は無料)
主催:朝鮮問題を考えるジャーナリスト懇話会 自由ジャーナリストクラブ



森友学園問題
●10月25日(木) 6時集会~大阪城公園「世界連邦平和像」前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分 http://www17.plala.or.jp/kyodo/1026-1.pdf)7時~デモ出発 
ウミを断ち切れ! 第20回 怒りのデモ
主催:「森友学園」疑獄を許すな!実行委員会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1026-1.pdf



森友学園問題
●10月25日(木) 18時~19時 地下鉄御堂筋線緑地公園駅東口(阪急オアシス側)
安倍首相と松井知事に森友学園問題の責任を取らせるためのマイクアピールとビラ撒き
主催:森友学園問題を考える会



君が代不起立
●10月25日(木) 9:40~大阪市役所1階市民ロビー集合(淀屋橋①) 9:50会場に移動
松田不起立処分取り消し審査請求
・10:00~12:00 大阪市役所4階人事委員会室
大阪市人事委員会公開審理
https://democracyforteachers.wordpress.com/category/松田さんによる呼びかけ/



在日大韓キリスト教
●10月25日(木) 午後6時30分~神戸学生青年センター(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/
在日大韓キリスト教教会の歴史―1908~2008―<全2回>
「解放前の歴史―1908~1945」

講師:李清一さん
1942年京都生まれ。延世大学神学部卒業、在日韓国基督教会館(KCC)名誉館長。日本キリスト教協議会都市農村宣教委員会委員長、アジアキリスト教協議会都市農村宣教委員会委員、同協議会国際委員会委員などを歴任。著書に『在日大韓基督教会 宣教100年史(1908~2008)』(2015.12、かんよう出版)などがある。
・11月1日(木) 午後6時30分
「解放後の歴史―1945~2008」
参加費:600円(当日会場でお支払いください)
主催:公益財団法人 神戸学生青年センター
連絡:TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878 e-mail info@ksyc.jp
http://ksyc.jp/seminar/cs-20181025-1101/



NEW
■10月26日(金) 深夜午前00:00~00:45 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー「白人至上主義の裏側~オルト・ライト潜入記~」
シャーローツビルで白人至上主義のネオナチ集団と市民団体が衝突し、女性1人が死亡…スウェーデン人のパトリック・ヘルマンソンは、その現場にいた。人権団体の要請でオルト・ライトのメンバーとなり、幹部候補生としてロンドンからアメリカへ…生命の危険をおして1年ちかく、過激思想とフェイクニュースを拡散させる団体の活動実態を記録した。世界各国で注目を集めるスクープ・ドキュメント。
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=181026



●10月26日(金) 18:30~21:00 阿倍野市民学習センター第4会議室(地下鉄谷町線「阿倍野」駅7号出口方面からあべのベルタ地下2階通路を通りエスカレーターで3階へ/「天王寺」駅徒歩8分 http://osakademanabu.com/abeno/access
福島事故の放射線被害をなかったことにする、政府の福島復興政策
「風評払拭・リスクコミュニケーション強化戦略2017.12」の具体化

復興庁 放射線の「ホント」と文科省 2018年版放射線副読本を並べて批判する緊急討論会
復興庁の「放射線のホント」から半年後、文科省が「放射線副読本」再改訂版を公表しました。順次、全国の小、中、高校に配送の予定で、ほぼ全生徒数分の今年度予算2億3300万円が付けられています。
 両冊子は昨年12月閣議決定された「風評払拭・リスクコミュニケーション強化戦略」の一環です。東電福島第一原発事故の放射線被害をなかったことにする安倍政権の福島復興政策なるものが全国に向けて本格化するのです。
 2つの冊子を見れば、政府の復興政策なるものが何なのかよくわかると考えられます。このような「ウソ」で世論操作され、子どもたちの教育が行われて良いものでしょうか。内容を検討し、対策を相談しましょう。
主催:ヒバク反対キャンペーン、地球救出アクション97
連絡:090-7090-1857 稲岡  Eメール minako-i@estate.ocn.ne.jp
資料代 500円(学生200円)
http://www.geocities.jp/hibakuhantai/index.htm



●10月26日(金) 9:00~大阪市役所 15:00~関西電力本社前(「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
【10・26 反原発ワンデー 】
「10月26日 原子力の日」に、原発がいかにあぶないかを訴え、11月初旬にも高浜3号機の再々稼働がもくろまれていることに反対します。また、9月の広島高裁、大分地裁の不当決定で、10月27日伊方原発再々稼働に反対し、すべての原発の稼働を止め、廃炉にと大きく呼びかける反原発デーとして行います。
関電前で反原発の運動の取り組み報告・今後の方針などをアピールしてもらい、共有化します。
※反原発以外のアピールももちろんOKです!
◇1日のスケジュール 大阪市、関電支社、営業所へ。→ 関電本店前座り込み
9:00~    大阪市役所 集合・情宣
9:30~11:00  大阪市 危機管理課、環境局などへ要請
終了後     支社・営業所要請行動へ
        ※各営業所、支社には30分前後の要請
<Aコース 大阪支社+営業所>
12:00~12:30 大阪支社 (住之江区)要請
       最寄り駅: 南海本線 住ノ江駅 徒歩10分
13:30~14:00 なんば営業所(浪速区) 要請
       最寄り駅: 大阪メトロ 大国町駅 徒歩5分
<Bコース 2営業所>
12:00~12:30 扇町営業所(北区)要請
       最寄り駅: 大阪メトロ 天神橋六丁目駅 徒歩15分 
13:30~14:00 九条営業所(西区)要請
       最寄り駅: 大阪メトロ 九条駅 徒歩10分
<A、B合流後>
15:00~18:00 関電前 ~要請、座り込み~
☆関電前交流会のひろば☆
・関電への要請行動(予定)
・放射性物質マークのドラム缶を背負って、ドラム缶ウオーク! 
 ⇒15:00~、16:30~関電前スタートで一周します!
・アピールにきてください!あらゆる反原発運動の取り組み報告、アピール大歓迎!
 原発再稼働阻止、避難者、測定所、歌舞団などから参加予定
・プラカードを持ち寄ろう!替え歌なども大募集!
 ⇒19:00~20:00 星空交流会で1日のまとめ報告ミニ集会
※当日は黄色をテーマカラーとします。黄色のものを身につけてご参加ください。
※どこからでも参加お願いします!(短時間でも)
なお、支社、営業所要請に参加の方は、できるだけ前もって参加連絡をお願いします。
連絡:090-1588-6351(秋野)※順番が変更になる場合がありますのでご了承ください。
https://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp/



●10月26日(金) 関西電力本社前(「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:00頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:00 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●10月26日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●10月26日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●10月26日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&パレード



●10月26日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に!



沖 縄
●10月26日(金) 18:30~エルおおさか7階708号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
第20回講演会『沖縄にみる性暴力と軍事主義』
講師:高里鈴代さん
軍隊は住民を守らない-これはアジア太平洋戦争末期に国内で住民を巻き込んだ最大の地上戦がおこなわれ、県民約12万2000人を喪った沖縄が、甚大な犠牲を払って学んだ教訓であり、沖縄戦の本質を語る言葉だ。沖縄は「本土」防衛のための「捨て石」とされ、軍隊は住民を守るどころか、根こそぎ動員や住民虐殺、強制集団死を強いた。また敗戦後も、そして本土「復帰」から46年経った今でも、米軍兵士による性暴力事件は絶えることがない。沖縄にみる性暴力と軍事主義を高里鈴代さんが鋭く告発する。
◇高里鈴代さん
1940年台湾生まれ。東京都女性相談センターで電話相談員、那覇市婦人相談員を経て、1989年から2004年まで4期15年那覇市議会議員を務める。1996年エイボン功績賞、1997年土井たか子人権賞。2005年、“1000人の女性をノーベル平和賞へ”ノミネートされる。2011年、沖縄タイムス賞(社会活動)受賞。今年2018年4月23日、辺野古新基地反対の座り込みで、機動隊による暴力で鎖骨骨折を負った。
現在、オール沖縄会議共同代表、強姦救援センター・沖縄代表、基地・軍隊を許さない行動する女たちの会共同代表、軍事主義を許さない国際女性ネットワーク沖縄代表。沖縄平和市民連絡会共同世話人。
著書に『沖縄の女たち一女性の人権と基地.軍隊』(明石書店)。共著に『沖縄社会を拓いた女たち』(沖縄タイムス社)、『沖縄にみる性暴力と軍事主義』(お茶ノ水書房)など。資料代:1,000円
主催:関西・沖縄戦を考える会
http://okinawasen.main.jp/archives/267



ドキュメンタリー上映会
●10月26日(金) 19:00~20:45 神戸生活創造センターセミナー室(JR神戸駅南出口徒歩3分 神戸高速鉄道「高速神戸駅」東改札徒歩7分 地下鉄「ハーバーランド駅」徒歩5分 クリスタルビル5階 http://www.sozoc.pref.hyogo.jp/access.html
ドキュメンタリから学ぶ平和 映像で観る平和の道 
第六回 ETV特集 シリーズ アメリカと被爆者 第1回「シュモーさんを探して」
原爆投下から4年後の広島。家を失った人々のため、日米のボランティアが住宅の建設をはじめた。率いたのは、アメリカ人のフロイド・シュモー。多くの手紙で資金を募り、協力を呼びかけた。そのなかには昭和天皇宛の書簡もあった。彼をつき動かしたものはなんだったのか。アメリカに残された資料と関係者の証言から、戦争の犠牲となった市民のために活動を続け、平和を求めたシュモーの姿を明らかにしていく。
参加費:なし
主催:KOBEピースiネット



日朝関係
●10月26日(金)※毎週金曜日 18時25分~19時55分 同志社大学今出川キャンパス 至誠館(S)1教室 (地下鉄烏丸線 今出川駅から徒歩1分 https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/imadegawa.html)
同志社大学日朝関係史講座 総合テーマ:継続する日本の植民地支配と朝鮮
第三世界と朝鮮」
講師林裕哲(リムユチョル)さん(朝鮮大学校)
朝鮮半島情勢が激動する歴史的ないま、植民地主義とその根深さについて考えてみませんか。
無料・どなたでも参加できます。
主催:同志社KOREA文化研究会 doshisha_koribun★yahoo.co.jp
https://www.facebook.com/460572927408385/photos/a.461093490689662/1355485341250468/



在日
●10月26日(金) 18:30~京都部落問題研究資料センター(鞍馬口駅下車徒歩2分 http://shiryo.suishinkyoukai.jp/
2018年度「差別の歴史を考える連続講座Ⅱ」
「戦後の在日朝鮮人教育と教育行政(1945~55年)-京都府における展開を中心に-」  
松下佳弘さん(世界人権問題研究センター)
参加無料
主催:京都部落問題研究資料センター
http://shiryo.suishinkyoukai.jp/setumei/index.html



アフガニスタン
●10月26日(金) 午後6時30分~8時30分 ドーンセンター視聴覚スタジオ(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
Afghanドキュメンタリー映画上映会
「BOXING FOR FREEDOM]
(アフガニスタン・スペイン合作ドキュメンタリー74分)
女性がスポーツをすることを好まないアフガニスタン。ボクシング好きの少女が女性を取り巻く困難や妨害をはねのけ、ボクサーになる練習にひたすら励んだ成長の物語。ボクサーになる夢とそのための練習は女性にとっての自由や尊厳の在り方を学ぶことでもあった。この映画を通して、女性が夢の実現のために自由に生きることの意味について考えていきたい。
上映後、清末愛砂さんのミニ講演があります。
・10月27日(土) 午前10時~12時
参加費:1000円 学生等700円 茶菓付き
事前申し込み不要、どなたもご自由にご参加ください。
主催:RAWAと連帯する会
共催:室蘭工業大学工学研究科ひと文化系領域 清末愛砂研究室
連絡先:090-3656-7409(桐生)



NEW
■10月26日(金)(再放送) 午後01:50~02:00 NHK Eテレ
NHK映像ファイル あの人に会いたい▽アンコール中村文子(1フィート運動の会)
「命(ぬち)どぅ宝」と語り続けた沖縄・平和運動の母、中村文子さん。大正2年沖縄県生まれ。女子師範学校へ進学し、19歳で母校の小学校へ赴任。しかし、教え子の多くは後に鉄血勤皇隊やひめゆり学徒として命を落とした。戦後も教師を続けながら平和教育に尽力。70歳の時に「1フィートの会」の事務局長となり、フィルムの収集や沖縄戦体験者の証言の収集に心血を注いだ。沖縄の平和活動に身をささげた99年の生涯だった。
http://www4.nhk.or.jp/anohito/x/2018-10-26/31/17699/1995592/


 
NEW
■10月26日(金)(再放送)  午後05:00~05:46 NHK BS1 
BS世界のドキュメンタリー「IS 狂気の内幕
テロ組織ISの幹部宅から、莫大な機密情報が入ったパソコンとスマートフォンが発見された。長年にわたるテロ計画の全記録、そして、プロパガンダ作戦の驚愕の実態とは!?
スマートフォンは、イスラミックステートの地域組織の“ナンバー2”とされた幹部の妻の持ち物で、動画や音声データから、ISの構成員たちの日々の暮らしぶりが再現できることが分かった。911同時多発テロにさかのぼる、世界各地でのテロ攻撃の計画図や実地記録、組織の変遷やメンバーの教育方法なども、“データ中毒”のようにISは“保管”していた! リビア中部の廃屋で見つけた機器から“怪物”の狂気のすべてを読み解く。
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=181012



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村


脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良 2018年10月21日(日)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-393.html




●10月21日(日) 14時~16時 三宮マルイ前
マルイ前アクション
主催:さよなら原発神戸アクション



●10月21日(日) 13時~16時 阪神・市民放射能測定所 つむぎの家(阪神西宮徒歩3分 http://hanshinshs.blog.fc2.com/img/20130620173353585.jpg/
交流企画(福島は語るを鑑賞して)
原発事故関連ビデオ上映と交流
主催:阪神・市民放射能測定所



●10月21日(日) 午後1時半~4時 県立姫路労働会館(JR姫路駅から約10分 www.himerou.server-shared.com/access/index.html)
”その時どうする? 原発事故が起こったら”
~知っていれば役に立つ!フリージャーナリスト守田敏也さんに聞く

今年、日本は本当に度々大きな自然災害に襲われました。
大きな影響があったものとしてあげられるのは6月18日大阪北部地震、6月29日米原市竜巻、7月豪雨、猛暑、7月末から8月初旬の台風12号の迷走、9月初旬台風21号の暴風、9月6日北海道胆振東部地震、台風24号の暴風などです。
しかし本当に残念ながらこの国の政府はいまだに旧来の災害対策のレベルにとどまり、これだけの災害の連続に見合った体制の区見直しをしようとはしていません。さらにはこんなに災害が連続しているのに、危険極まりない原発の再稼働すら続けています。南海トラフを震源とする巨大地震も迫っていると言うのにです。こんなことではとても命を守れません。ではどうしたらいいのか。どう考えたらいいのか。災害の一つ一つに対して命を守るすべを重ねるとともに、この国難とも言える災害に備えるためにも原発を止めるべき大きな世論を作りだすことです。さらにはオリンピックなどやめて災害対策にこそお金をつかうべきです。リニア新幹線だとか北陸新幹線の延伸などは言語同断です!こうした世論も逞しくしていかなくてはいけない。
そのために各地で「自然災害や原発災害からの命の守り方」を問う企画をぜひどんどん行っていただきたいです。もちろん僕を講師として呼んでいただければどこへでも飛んでいきます!
参加費:500円
主催:脱原発はりまアクション
https://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/e/a379892bd80654ec57459920dce0e967



改 憲
●10月21日(日) 午後1時半~京都・円山音楽堂(祇園・円山公園内)
第12回反戦・反貧困・反差別共同行動in京都
変えよう!日本と世界 9条改憲阻止! 東アジアの平和を妨害し政治を私物化する安倍政権を倒そう!

講演1:沖縄・辺野古への米軍新基地建設を許すな!
 講師:稲嶺 進
講演2:アベノミックスの失敗と貧困
 講師:雨宮処凛
講演3:辺野古の現地報告
 講師:安次富浩
川口真由美さん、趙博さん、よしだよしこさんも出演
入場無料
主催:反戦・反貧困・反差別共同行動in京都 実行委員会
問い合わせ:090-5166-1251(寺田)
http://com21.jp/archives/event/28307



憲 法
●10月21日(日) 1:30~3:30 滋賀市民センター大会議室(南滋賀駅から直線距離で104m https://www.mapion.co.jp/phonebook/M14004/25201/22530078162/
滋賀学区九条の会 秋のつどい・総会
お話:憲法9条の改悪は何を意味するか
講師:近藤 学さん(滋賀・九条の会事務局長)
参加費無料
主催:滋賀学区九条の会
問い合わせ:FAX077-524-4562
https://sites.google.com/site/syamahi9j/zi-he-jiu-tiaono-huinyusu



在日米軍基地
●10月21日(日) 10:00~13:00 奈良県香芝市 香芝市ふたかみ文化センター(近鉄下田西へ徒歩約8分 JR香芝駅西へ徒歩約12分 http://kashiba-mirai.com/access
ザ・思いやり パート2 上映会とバクレー監督のお話
在日米軍駐留経費の一部を日本側が負担するという「思いやり予算」について、在日アメリカ人のリラン・バクレー監督が問題提起するドキュメンタリー「ザ・思いやり」の第2弾。20年以上日本で暮らしているバクレー監督が、アメリカ人としての視点から、世界の戦場へ繰り出している在日米軍がそこで何をしているのか、また不条理なことの多い沖縄に希望はあるのかなど、在日米軍関連のさまざまなシリアスな問題について、「思いやり」をもって生きる人々の声を聞きながら、時にコミカルに切り込んでいきます。
当日は、映画上映終了後にリラン・バクレー監督にお話をしていただきます。
入場料:1000円(当日1200円)
チケットのお問い合わせ:奈良県平和委員会
Fax 0743-20-7184 メール narakenheiwaiinkai@iris.eonet.ne.jp
公式サイト:https://zaomoiyari2.wordpress.com/
http://www.labornetjp.org/EventItem/1539268298295staff01



在日米軍基地
●10月21日(日) 16:00~18:30 南コミュニティセンターせせらぎ(近鉄生駒線「南生駒駅」西へ徒歩約5分 http://www.ikomashi-sg.jp/access.php#seseragi
ザ・思いやりパート2 上映会とリラン・バクレー監督のお話
在日米軍駐留経費の一部を日本側が負担するという「思いやり予算」について、在日アメリカ人のリラン・バクレー監督が問題提起するドキュメンタリー「ザ・思いやり」の第2弾。20年以上日本で暮らしているバクレー監督が、アメリカ人としての視点から、世界の戦場へ繰り出している在日米軍がそこで何をしているのか、また不条理なことの多い沖縄に希望はあるのかなど、在日米軍関連のさまざまなシリアスな問題について、「思いやり」をもって生きる人々の声を聞きながら、時にコミカルに切り込んでいきます。
当日は、映画上映前にリラン・バクレー監督のお話を聞いていただけます。
入場料1000円(当日1200円)
チケットのお問い合わせ:奈良県平和委員会
Fax 0743-20-7184、メール narakenheiwaiinkai@iris.eonet.ne.jp
公式サイト:https://zaomoiyari2.wordpress.com/
https://www.facebook.com/events/2196171167319848/



女 性
●10月21日(日) 午前10時~12時 とよなか男女共同参画推進センター(阪急宝塚線豊中駅すぐ エトレ豊中5F http://www.toyonaka-step.jp/02_use_guidance/access.html
パリテ・カフェinとよなか 三浦まりさん講演会
世の中、半分は女性なのに、「女性だから」ってイヤな思いをすることが多くありませんか。家事・育児・介護の負担、仕事は低賃金・非正規雇用、シングルマザーは大変、性暴力被害者なのにバッシング、セクハラ加害者を擁護する大臣、女性は出産するのでと女性の合格者数を抑える医大…。まだまだあるけど、こんなこと、もう終わりにしよう!
女性にやさしい社会を創るために、政治を変えよう!
そのために、女性の声を議会へ届ける女性の議員をもっと増やそう!
今年の5月、国会で「政治分野における男女共同参画の推進に関する法律」ができました。“候補者を男女均等へと、各政党は努力しよう”というもの。大きな一歩だけど罰則はなく、私たちが黙っていたら、どうなるでしょう。各政党に実行させるために、私たちは何をすればよいのでしょうか。
「日本版パリテ法」(候補者男女均等法)と名付け、この法の成立に尽力された講師三浦まりさんのお話を一緒に聴き、私たちも大きく一歩を踏み出しましょう!
参加費:500円(学生300円)
手話通訳あり 一時保育あり(要申込み)
主催:男女共同参画社会をつくる豊中連絡会
https://www.facebook.com/events/1640349822761033/



資本論
●10月21日(日) 午後2時~4時位 サンスクエア堺 A棟(JR阪和線「堺市」駅徒歩3分 http://www.sck.or.jp/access.html
第41回 今こそ「資本論」を読もう!
内容:段落毎読み・解説・質問と討論( 第1部 第1編 第3章 貨幣または商品流通 第1節 価値尺度 第9段落・注55の次 ~)
参加費:無料 主催:資本論読む会(堺)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1021-1.pdf



■10月22日(月) 深夜午前03:30~04:00 NHK BS1 
Side by Side「未電化地域に明かりをともす タンザニア」
いまだ多くの人々が電気のない生活を送るタンザニア。電化の進まない農村部で使われるのは、煙が健康被害をうむ灯油ランプだ。そんな地域を電化しようと取り組む日本の企業がある。どの村にもある小売店キオスクを拠点に太陽光で発電し、充電したライトを住民に貸し出す活動を進めている。ライトは生活に欠かせなくなった携帯電話の充電もできる。未電化地域に希望の“明かり”をともす日本人とタンザニア人の活動を追う。
http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=306&date=2018-10-21&ch=11&eid=15081&f=3492



■10月22日(月)(再放送) 午前04:00~04:30 NHK BS1
Asia Insight「卒業証書を夢み続けて~韓国~」
韓国には、子供の頃、学校に通えなかった中高年女性のための中学高校が全国に約50校あり、24000人が学んでいる。ソウルにあるイルソン女子中学高等学校は、生徒数1000人あまり、平均年齢は61歳だ。長年思い続けた学校生活を送る女性たちの日々と思いを見つめる。
http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=306&date=2018-10-21&ch=11&eid=15085&f=2326



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀・和歌山 2018年10月20日(土)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報


『Ainu|ひと』(2018年/日本/81分)
■好評につき、追加再上映決定!
「隠れたって、どこに居ようと…アイヌはアイヌだわな」
昭和初期に生まれ、時代の過渡期を生きた4人の古老。その生き様とアイヌ文化伝承の今を伝えるドキュメンタリー。
「言葉はそう簡単には滅ばない、でも誰かがやらないと伝わらない」
「植物は、自分の適正な場所を覚えている」
日本の先住民族・アイヌ。かつて、アイヌモシリ(アイヌの大地)と呼ばれた北海道の日高地方・平取町には、今も多くのアイヌ民族が暮らしている。アイヌ文化研究において多大な貢献を果たした故・萱野茂氏の出身地でもある。
1869年、明治新政府がアイヌ民族を「平民」として戸籍を作成し、同化政策や開拓を進めた結果、アイヌ文化は急速に衰退していった。
一世紀半経過した今、生活スタイルを変容させながらも、アイヌ文化を伝承する努力を続けてきたこの地域には、現代のアイヌが快活に生きる。
ドキュメンタリーの主人公は、個性多様な4人の「Ainu=ひと」たち。差別と貧乏を経験した人、伝統的な織物を作る人、祖母のカムイユカラ(口承文芸)を聞き覚えている人、イオマンテ(熊送り)などの儀礼儀式を小さいころに見聞きした人。文化伝承のために、地域のリーダー的存在として、積極的に活動する。昭和から平成のアイヌの変容を示す生き証人でもある「ひと」の姿を描いたドキュメンタリー。
●10/20(土)~10/26(金) 12:15(~13:41終) シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733) 
■スカイプ舞台挨拶
 10/20(土)・21(日)・24(水)・26(金)上映後
 溝口尚美監督によるスカイプ舞台挨拶(ネット中継)開催予定
http://www.theater-seven.com/2018/mv_ainuhito.html



『愛と法』
溢れるやさしさとユーモア 明日を生きるヒントと勇気
カズとフミは大阪の下町で法律事務所を営む弁護士夫夫(ふうふ)。仕事も生活も二人三脚のふたりのもとには、全国から"困っている人たち"が相談にやってくる。セクシュアル・マイノリティ、養護が必要な子どもたち、戸籍を持てずにいる人、「君が代不起立」で処分された先生、作品が罪に問われたアーティスト…。それぞれの生き方と社会のしくみとの間で葛藤を抱える人たちだ。ふたり自身も法律上は他人同士のまま。そんなある日、ふたりの家に居候がやってくる。突然居場所を失った少年・カズマくん。三人の新しい生活がはじまった…
●京都府 京都シネマ 10月6日(土)~10月26日(金)
http://www.kyotocinema.jp/detail.php?mcd=181003
http://www.kyotocinema.jp/schedule.php
http://aitohou-movie.com/#intro



『1987、ある闘いの真実』
「ファイ 悪魔に育てられた少年」のチャン・ジュナン監督が、韓国民主化闘争の実話を描いた社会派ドラマ。1987年1月、全斗煥大統領による軍事政権下の韓国。南営洞警察のパク所長は北分子を徹底的に排除するべく、取り調べを日ごとに激化させていた。そんな中、行き過ぎた取り調べによってソウル大学の学生が死亡してしまう。警察は隠蔽のため遺体の火葬を申請するが、違和感を抱いたチェ検事は検死解剖を命じ、拷問致死だったことが判明。さらに、政府が取り調べ担当刑事2人の逮捕だけで事件を終わらせようとしていることに気づいた新聞記者や刑務所看守らは、真実を公表するべく奔走する。また、殺された大学生の仲間たちも立ち上がり、事態は韓国全土を巻き込む民主化闘争へと展開していく。パク所長を「チェイサー」のキム・ユンソク、チェ検事を「お嬢さん」のハ・ジョンウ、学生デモに立ち上がる大学生を「華麗なるリベンジ」のカン・ドンウォンと豪華キャストが共演した。
●シネマート心斎橋 9/8~
https://movie.walkerplus.com/th267/sc1080759.html
http://1987arutatakai-movie.com/index2.html



『人生フルーツ』(2016年/日本/91分/東海テレビ放送 配給)
■好評につき、ロングラン上映中!
人生は、だんだん美しくなる。 むかし、ある建築家が言いました。家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない。
愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てた家。四季折々、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実が、妻・英子さんの手で美味しいごちそうにかわります。刺繍や編み物から機織りまで、なんでもこなす英子さん。ふたりは、たがいの名を「さん付け」で呼び合います。長年連れ添った夫婦の暮らしは、細やかな気遣いと工夫に満ちていました。そう、「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」とは、モダニズムの巨匠ル・コルビュジエの言葉です。
かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきました。1960年代、風の通り道になる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウン計画。けれど、経済優先の時代はそれを許さず、完成したのは理想とはほど遠い無機質な大規模団地。修一さんは、それまでの仕事から距離を置き、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめました─。あれから50年、ふたりは、コツコツ、ていねいに、時をためてきました。そして、90歳になった修一さんに新たな仕事の依頼がやってきます。
本作は東海テレビドキュメンタリー劇場第10弾。ナレーションをつとめるのは女優・樹木希林。ふたりの来し方と暮らしから、この国がある時代に諦めてしまった本当の豊かさへの深い思索の旅が、ゆっくりとはじまります。
●8/26(日)~シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
10/20(土)~27(土) 10:20(~11:56終)
http://www.theater-seven.com/2017/movie_jinsei-fruits.html



●10月20日(土) 18:00~20:00 大阪市生涯学習センター(大阪駅前第2ビル5・6階 http://osakademanabu.com/umeda/access
核のごみキャンペーン関西例会
内容:核のごみをめぐるトピックス
http://ksueda.eco.coocan.jp/event.html



憲 法 
●10月20日(土) 1時半~エルおおさか(2Fエルシアター)(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html)閉会後デモ出発
とめよう!戦争への道 めざそう!アジアの平和 2018関西のつどい
講演:川崎哲さん(ICAN国際運営委員)
ゲスト:稲嶺進さん(前名護市長)、安次富浩さん(ヘリ基地反対協共同代表)
資料代:500円(大学生300円/介護者・高校生以下無料)※手話通訳あり
共催:大阪平和人権センター 戦争あかん!基地いらん!関西のつどい実行委員会 戦争をさせない1000人委員会・大阪 
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1020.pdf



憲 法 
●10月20日(土) 午前10時~大阪府河内長野市・中村池公(河内長野駅 https://twitter.com/hnhk1/status/1050156840628019200/photo/1
【9条守れ 辺野古新基地NO! 河内長野集会&デモ】
誰でも参加歓迎。横断幕や幟の持ち込み、現場でのビラ配りや署名も自由です。
主催:河内長野総がかり実行委員会
https://twitter.com/hnhk1/status/1050156840628019200/photo/1



憲 法
●10月20日(土) 14時~園田地区会館2階ホール(http://sonodachikukaikan.com/access.html
明日へ-戦争は罪悪である-東園田九条の会発足13周年記念上映会
参加協力券:前売り券1200円 当時券1500円 東園田九条の会会員1000円
主催:東園田九条の会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1020-1.pdf



憲 法
●10月20日(土) 15:40~17:00 高校会館(和歌山県雑賀屋町東ノ下50)
憲法学習会 安部改憲の危険性と私たちの運動の課題!
講師:上脇博之(神戸学院大学教授)
主催:憲法改悪阻止和歌山県各界連絡会議(憲法会議) 憲法九条を守るわかやま県民の会
連絡:TEL073-432-6355
https://jimmin.com/events/event/憲法学習会%e3%80%80安部改憲の危険性と私たちの運動の/



憲 法 
●10月20日(土) 14:00~16:00 枚方市南部生涯学習センター(大阪府枚方市香里ケ丘1丁目1-2 https://www.city.hirakata.osaka.jp/cmsfiles/contents/0000004/4400/nanbutizu2018.pdf
憲法24条(家族、性)
講師:諸富健弁護士
主催:ちいさいおうち
https://calendar.google.com/calendar/event?eid=NWg4YzRybWQ3dGhqMWpydTlhczY4bW5nNzQga29iYXlhc2hpMjU2OTRAbQ&ctz=Asia/Tokyo



改 憲
●10月20日(土) 14時半~花時計前 
「改憲案を国会に出すな!10・20市民デモ」
デモは大丸前か元町3丁目まで 16時終了
主催:こわすな憲法!いのちとくらし!市民デモHYOGO
https://www.facebook.com/events/722755081407822/



改 憲
●10月20日(土) 18:00~六甲勤労市民センター5階ホール
オール灘区の会 結成1周年のつどい 9条改憲許すな!3000万署名運動成功!
『安倍政治の行方と政治革新の展望』
特別講演:富田 宏治さん(関西学院大学教授)
資料代:¥500
連絡:stazuke@kobe.zaq.jp
http://www.kenpou-hyougo.sakura.ne.jp/osirase.html



辺野古新基地建設
●10月20日(土) 午後1時30分~西宮勤労会館ホール(阪神西宮駅より徒歩5分/阪急今津駅より徒歩8分 https://maps.google.co.jp/maps?q=34.736244,135.345064
翁長さんの遺志継ぐ 辺野古新基地建設NO!―沖縄連帯の集いin西宮― 
沖縄からの報告
沖縄平和運動センター議長 山城博治さん
協力費:1,000円(学生500円)
主催:沖縄連帯の集いin西宮実行委員会
連絡先:663-8175 西宮市甲子園五番町17-24-505 阿波角気付
FAX 0798-33-4308(樫村)
090-3655-3395(魚谷)090-4560-5020(奥山)090-5976-8665(樫村)
山城 博治さんプロフィール沖縄平和運動センター議長。1952年9月20日沖縄県具志川市(現うるま市)の農家に生まれる。沖縄県立前原高等学校で生徒会長を務め、アメリカ軍の事故や犯罪に抗議した。現在全国各地で報告活動を実施。
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1020-3.pdf



沖縄米軍基地
●10月20日(土) 午後7時~シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
ロバート・エルドリッチ氏(元在沖縄米軍海兵隊外交政策部次長)講演
3.11直後のトモダチ作戦の立案者としても知られるエルドリッヂさんだが、近年は特に日米の防衛的観点から沖縄の基地問題の調査・研究を進め、テレビや雑誌などで精力的に発信している。今回の公演では沖縄県知事選挙(9月30日)後の展開に触れつつ、沖縄の米軍基地問題について、また「9条と自衛隊」、「9条と日米安保」についての彼の考えを聞きます。
参加費:2000円
http://www.theater-seven.com/2018/ev_tznb18.html



釜ヶ崎
●10月20日(土) 13:30~17:00 神戸YWCAチャペル(神戸市中央区二宮町1-12-10)(神戸市営地下鉄新神戸駅5分 三宮15分 http://www.kobe.ywca.or.jp/top/access/
講演&ワークショップ
「なぜ私たちは、見た目で判断してしまうのか? ~釜ヶ崎における貧困問題のケースから~」

「私の人権のはなし」とは、「ルッキズム(外見によって人を評価・判断・差別する現象)」をキーワードに、人権について考えるイベントシリーズ。特に、若いユース世代を中心に、見えづらい人権問題に触れながら、自身の生きづらさやモヤモヤの正体が何であるのかを発見し、自分と社会の関係について考えを深める場となることを目指しています。イベントは二部構成で、第一部は講演、第二部は自分自身に引き付けて人権を考えるワークショップとなっています。イベントの企画・実施は、30歳以下の若い女性が中心の実行委員会が担っています。どなたでも、ご参加いただくことができます。ご関心のある方、ふるってご参加ください!
講師:白波瀬達也さん(桃山学院大学社会学部)
【スケジュール】
 13:30~ 趣旨説明
 13:40~15:00 第1部<講演> 講師:白波瀬達也さん(桃山学院大学社会学部)
 15:15~17:00 第2部<ワークショップ>
【講師プロフィール】
1979年生まれ。社会学博士。専門社会調査士。社会福祉士。2007年から2013年にかけて地域福祉施設「西成市民館」でソーシャルワーカーとして活動。2018年から西成特区構想の有識者として大阪市西成区の社会福祉のあり方を検討する役割を担っている。単著『貧困と地域 ーあいりん地区から見る高齢化と孤立死』(中公新書/ 単著)、共編著『釜ヶ崎のススメ』(洛北出版)などの著作がある。
https://www.hyogo-vplaza.jp/c2/givinginfomation/information/posted_ev_info/entry-124165.html



出版記念会
●10月20日(土) 午後6時半~9時 「キャンパスプラザ京都」2階ホール(ビックカメラ前、JR京都駅ビル駐車場西側
http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access
米澤鐵志さん出版記念会「原爆の世紀を生きて」
米澤さんは今日では、被爆体験証言者活動で知られていて「ぼくは満員電車で原爆を浴びた」(2016年、小学館)は6刷2万部のロングランとなり、子どもたちや母親たちに広く読まれています。米澤さんは、1960年安保の指導者、傑出した病院経営者など、戦後の様々な場面においていつも第一線で活動してこられました。米澤さんはこの8月6日、「原爆の世紀を生きて」(星雲社)を出版されました。読み進みながら、まことに見事な生き方だと感銘を覚えます。当日は、各世代、各層の多彩な方々から、米澤さんの人となりを再現していただきます。
「米澤鐵志を語る」発言予定者(順不同、Gは確定) 落合祥堯(反戦老人クラブ)・室崎宏治(社会主義革新運動)・小野誠之(弁護士)・中村一成(「思想としての朝鮮籍」著者、立命文)・佐野二三雄(全共闘議長、立命経院)・山本健治(元大阪府議、立命法)・長谷川俊英(堺市議、立命法)・千葉宣義(10・21反戦共同行動世話人、牧師)・高橋幸子(はなかみ通信主宰、同志社)・新開純也(60年京大C委員長)・由井りょう子(「ぼくは満員電車で原爆を浴びた」著者、明治)・長谷川有衣子(緑の党)・白塚悦子(e未来の会)・川口真由美(炎の歌姫)・重信房子(獄中からのメッセージ)ほか
会費:2000円(公演と軽食、ビールを用意しています)
主催:「原爆の世紀を生きて」出版記念会実行委員会
連絡:事務局 天野博(立命全共闘法闘委委員長)
tel.090-8384-0739 メールamano@rst-kyoto.com



外国人労働者
●10月20日(土) 13:30~16:30 エルおおさか(大阪府立労働センター)5F研修室1(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
第218回例会 危惧される外国人労働者の「労働と人権」
報告者:早崎 直美さん RINK(すべての外国人労働者とその家族の人権を守る関西ネットワーク)事務局長)
コメンテーター:真嶋 潤子さん(大阪大学大学院言語文化研究科教授)
 技能実習生制度のさまざまな矛盾が指摘されているにもかかわらず、労働力不足を根拠に外国人労働者の受け入れ拡大のために、政府はあらたな在留資格の創設を検討していると報道されています。大手企業も含め技能実習生に対する不正な働かせ方が明るみになっているなかで、さらに外国人労働者の労働力に依拠しようとするのであれば、まずは外国人労働者の「労働と人権」が確保されなければなりません。
 例会では、RINK(すべての外国人労働者とその家族の人権を守る関西ネットワーク)の早崎さんに外国人労働者の現況と私たちの課題についてお話していただきます。早崎さんは、「外国人労働者が働きやすい職場、住みやすい社会は、日本人労働者にとっても働きやすく、住みやすい。外国人労働者の現状は、日本人労働者の状況の反映ではないのか?」と指摘しています。また、留学生教育、日本語教師養成に携わる一方、技能実習制度に関わる言語政策に関心を寄せている真嶋先生にコメントをお願いしています。ご参集ください。
会場費500円会員は無料
https://www.facebook.com/events/2165364903709579/
http://syokuba-no-jinken.org/2018/10/11/職場の人権・第218回例会%EF%BC%882018年10月%EF%BC%89のお知らせ/?fbclid=IwAR0YTQTdj7f3l7rROBUOQlAxIRj0a6rZc_l_h5RPuLkANndUtn3tqDT0o2c



冤 罪
●10月20日(土) 13:30~兵庫県弁護士会4階講堂(JR神戸駅北東へ8分。高速神戸駅北東へ6分。地下鉄大倉山駅南東へ4分。湊川神社の東、神戸地方裁判所の東隣 http://www.hyogoben.or.jp/access/index.html
取調べ可視化を求める市民集会
『検証・袴田事件~再審の闘い続く~』

現状報告:小川 秀世 弁護士 袴田 秀子さん
連絡:078-341-7061
http://www.kenpou-hyougo.sakura.ne.jp/osirase.html



資本主義
●10月20日(土) 13:30~大阪経済大学D館5階55教室(阪急京都線「上新庄」徒歩約15分 地下鉄今里筋線「瑞光四丁目」徒歩約2分 http://www.osaka-ue.ac.jp/profile/access/areamap/index.html
2018大阪哲学学校 資本主義は今:経済学者7人に聞く
講師:津田直則(桃山学院大学教授)「社会的連帯経済論における経済体制と文明」
参加費:¥1000
主催:大阪哲学学校
連絡TEL090-3626-7007
https://jimmin.com/events/event/2018大阪哲学学校%e3%80%80資本主義は今%ef%bc%9a経済学者%ef%bc%97人に/



小田実
●10月20日(土) 14:00~17:00 あしや市民活動センター リードあしや 2階(JR・阪神芦屋駅 http://www.city.ashiya.lg.jp/sankaku/shimin/center.html) 
第116回「小田実を読む」
山口幸夫さんが語る「自然科学者から見た小田実-文明と思想」

講師:山口幸夫(原子力資料情報室・共同代表)
資料代:1000円 
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1020-2.pdf



フェスタ
●10月20日(土) 17:00~大阪国際交流センター(http://www.ih-osaka.or.jp/access/
韓日友好親善のつどい 多文化共生フェスタ
入場料:前売り1000円
主 催:駐大阪大韓民国総領事館・韓国民団大阪府本部
http://www.mindan-osaka.org/kccbbs/kannews_viewbody.php?number=845



ライブ
●10月20日(土) 17:30open 18:00start Page One(大阪市中央区谷町6-2-25伊藤谷町ビル地階)
パギやん&よしだよしこライブ!
木戸銭:前売¥2500 当日¥3000 ワンドリンク付き
主催:コラボ玉造
連絡TEL090-8146-1929
https://jimmin.com/events/event/パギやん%ef%bc%86よしだよしこライブ%ef%bc%81/



LGBT
●10月19(金)~21(日) 京都大学 西部講堂
第12回 関西クィア映画祭 2018
16の国・地域から、全部で31作品を上映!
国内のセクマイ系映画祭では、最大の作品数です。
今年のメイン特集は「ろう×セクマイ映画があつい!」
日本で初めての特集上映です。
https://kansai-qff.org/2018/



■10月20日(土)(再放送) 午後11:00~00:00 NHK Eテレ
ETV特集 アンコール「自由はこうして奪われた~治安維持法 10万人の記録~」
1925年に制定された当初、主に共産党などの取締りを目的としていた治安維持法。しかし、20年間にわたる施行期間の中で、取締りの対象は、共産党の外郭団体、そして戦争遂行などの国策に妨げとなる人々へと拡大していった。番組では、取締りの実態を記録した司法省や内務省などの公文書の中から、10万人にのぼる検挙者のデータを抽出。なぜ一般の市民まで巻き込まれることになったのか、検証を行った。
http://www4.nhk.or.jp/etv21c/x/2018-10-20/31/13306/2259621/



■10月21日(日)(再放送) 深夜午前00:00~00:50 NHK BS1
【ノーベル平和賞受賞】BS世界のドキュメンタリー「ムクウェゲ医師の闘い」
コンゴのルワンダに隣接する地域では、内戦によって引き起こされた住民の虐殺や女性に対する残虐な性犯罪が横行。妊娠できなくなったり、エイズに感染するケースも多いという。被害者の治療と支援を続ける産婦人科医・ムクウェゲは、国際社会に向けて窮状を訴えるなどの活動をしたことによって政府や武装勢力の標的にされ、一時は亡命も余儀なくされた。現在は再び現地で活動を続けるムクウェゲと、紛争地の非情な現実を追った。
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=160824



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

(10/18更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2018年10月15日(月)~19日(金) 

★10/18追加情報
●10/19(金)までのイベント情報を追加しました。
★10/16追加情報
●10/18(木)までのイベント情報を追加しました。


【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-390.html




辺野古新基地建設
●10月15日(月) 19:00~20:00 京橋駅JRと京阪の間
辺野古新基地建設に反対するビラまき・アピール行動
呼びかけ:リブ・イン・ピース☆9+25
http://www.liveinpeace925.com/schedule/schedule.htm



戦争と平和
●10月15日(月) 午前10時~12時 大阪クリスチャンセンター3階(地下鉄玉造駅①5分・JR玉造駅10分 http://www.osakachristiancenter.or.jp/map.html)
第51回キリスト者原発学習会
内容:マイケル・シーゲル講演論文「戦争と平和、暴力と非暴力、そして憲法―信仰の視点から 

会員 井上浩さんによる上記論文解説&意見発表
会費:500円(資料代等)
連絡先:090-3974-1166(弓場)

 

■10月15日(月)(再放送) 午後05:00~05:50 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー「ヒトラーは“ジャンキー”?」
ヒトラーの主治医モレルの日誌には、ナチス総統が薬物を常用し麻薬の依存症に陥っていく過程が記録されていた! ナチス・ドイツの“暴走”は、麻薬によって加速したのか?
ドイツで2016年に出版され、世界的な注目を集めた「第三帝国“薬中”の真実」。番組は、著者ノーマン・オーラーの調査を元に、ヒトラーが薬漬けになっていく過程とドイツの興亡を、新たな視点で描いていく。第二次世界大戦開戦の頃のメタンフェタミン。米国の参戦後、不眠症を訴えたヒトラーが手を出したオイコダル(オキシコドン)という鎮痛・麻薬作用がある“劇薬”・・・日誌には、ヘロインやモルヒネの文字も!
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=180424



■10月15日(月)(再放送) 午後11:45~00:45 NHK BSプレミアム
アナザーストーリーズ「発見!ナチス略奪絵画 執念のスクープの舞台裏」
2012年、ドイツのマンションの一室で、ナチスによって強奪された1200点もの絵画が発見された!中にはピカソ、ルノワール、マティスなど世界的巨匠の名画が!世紀の発見のきっかけはある老人のささいな疑惑。だがその裏に数々の謎が…。なぜ当局は発見を1年以上も公表しなかったのか?自室で絵画を隠し続けていた、幽霊のような男の正体とは?第2次大戦の混乱と真実、歴史の闇を掘り起こした記者たちの舞台裏!
http://www4.nhk.or.jp/anotherstories/x/2018-10-15/10/9853/1453073/



憲 法
●10月16日(火)  10:00~11:30 ヒロセビル会議室(烏丸御池 https://www.mapion.co.jp/m2/35.01276874,135.75986793,16
「『憲法』について考えよう」
講師:諸富健弁護士
主催:コンシューマーズ京都
https://calendar.google.com/calendar/event?eid=NmltZWhybGZyNXFuNHJkbGpzMmE3Zm0wY2Iga29iYXlhc2hpMjU2OTRAbQ&ctz=Asia/Tokyo



朝鮮高級学校無償化
●10月16日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



地方自治
●10月16日(火) 19:00~20:30 兵庫県立神戸生活創造センター(神戸クリスタルタワー5階)セミナー室(JR神戸駅南出口徒歩3分 神戸高速鉄道「高速神戸駅」東改札徒歩7分 地下鉄「ハーバーランド駅」徒歩5分 クリスタルビル5階 http://www.sozoc.pref.hyogo.jp/access.html
「神戸をよくする会」勉強会
神戸市の担当職員の方が、市政について直接話をする「出前トーク」を実施します。今回のテーマは「選挙とくらし」です。来年4月の統一地方選挙に向けて、選挙のしくみや選挙制度について勉強しましょう。なお、苦情や要望をお伺いする場ではありませんので、趣旨をご理解のうえ、お申し込みください。
参加費:無料
参加ご希望の方は下記宛、お名前と在住区(神戸市外もOK)、参加人数をお知らせください。
連絡:frs@kcc.zaq.ne.jp 神戸をよくする会(中島)
http://www.sozoc.pref.hyogo.jp/access.html



●10月17日(水) 10:30~15:00 大阪市立社会福祉センター(近鉄「大阪上本町」⑪東へ徒歩3分 地下鉄「谷町九丁目」⑧徒歩10分 http://shafuku-center.jp/shisetsu.html
3.11避難者情報交換・意見交流会Cafe IMONIKAI
毎月大阪で、たとえ参加者が少なくても、必要としている避難者がいる限り、細く長く必要な形でつづけています。2012年夏~毎月1回、一日お部屋を開放し、自由に避難者が集える「場」を参加者みんなで作ります。サンドリメンバーも、毎回、一度も欠かさず通っている避難者たちがいます。とても自由な雰囲気で、避難者が震災のこと、避難のこと・・・本当の思いを各々自由に話せる3.11避難当事者がホッとできる素敵な「場所」です。初めての方も安心してご参加下さい。何も話さなくても、聞くだけの方もおられます。色々な情報も得られますし、また、避難者の思いも、ご支援の方々に伝えることも出来ますし、本当にオススメ出来る交流会の一つです。ご都合のつく方は是非ご参加ください。
※途中からの参加、途中退室も可能です ※飲み物は各自でご用意ください
参加費:無料 差し入れ大歓迎♪
参加対象者:3.11避難者&3.11避難者に心をお寄せくださる方ならどなたでも大歓迎☆
お申込み:特に不要です。
お問合せ:sandori2014@gmail.com サンドリ【3.11避難者交流カフェイモニカイ】係
主 催:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (略称:サンドリ)
協 力:大阪市ボランティア・市民活動センター(大阪市社会福祉協議会)
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1952.html



働き方改革
●10月17日(水) 18時30分~20時30分 エルおおさか(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
2018秋労弁公開講座 働き方改革関連法にどう立ち向かうのか
第2回 同一労働同一賃金

講師:中島光孝 弁護士【606号室】
働き方改革関連法が2018年6月29日に成立しました。「働き方改革」と銘打ったこの法律が、労働現場にどのような影響を及ぼすのか? 果たして本当に働く人たちにとっての「改革」になるのか? 今、共に考え、理解しておく必要があるのではないでしょうか。
今回法律として制定されるにあたって、国会では異例ともいえる多くの「附帯決議」がされました。それだけこの法律に問題があることを示しています。しかし現実に法律としては成立しました。私たちとしては、国会審議の中であぶり出され、附帯決議に示された問題点を理解し、これからのこの法律に立ち向かう実践的な準備をしていく必要があると思います。
そのための連続講座を開催いたします。講師陣は、『働く人のための「働き方改革」を』の執筆陣の団員弁護士です。
参加費:1回1000円
申し込み:準備の都合上、お名前・所属・緊急時連絡先を記載の上、できるだけお申込ください。
電話06-6364-8620 osaka-rouben@nifty.com
・第3回 10月31日(水)高度プロフェッショナル制度
 講師:藤原 航 弁護士【606号室】
・第4回 11月14日(水)働き方改革関連法の全体像と他の重要な諸問題
 講師:在間秀和 弁護士【709号室】
https://www.facebook.com/events/257847351734157/
https://www.lalaosaka.com/open-lecture



■10月18日(木)(再放送) 深夜午前00:00~01:00 NHK Eテレ
ETV特集「ドヤ街と詩人とおっちゃんたち~釜ヶ崎芸術大学の日々~」
釜ヶ崎芸術大学。NPOが運営し、街のあちこちで詩や絵、書道、音楽などのさまざまな講座を開いている。ここで年配の男たちが生み出す作品が出色だ。酒やギャンブルにおぼれたり、家族が離散したり、波乱を生きてきたおっちゃんたち。人づてに聞いた孫の誕生を祝おうと描く絵本。生き別れの娘との思い出をつづった童話。人生が刻まれた表現の重みと輝き、彼らを支える詩人の活躍、そして釜ヶ崎という街の懐の深さを見つめる。
http://www4.nhk.or.jp/etv21c/x/2018-10-17/31/11714/2259629/



大阪維新
●10月18日(木) 午後7時~中之島・中央公会堂(淀屋橋<1>番徒歩約5分 北浜<19>番出口徒歩約3分 中之島線なにわ橋<1>番出口徒歩約1分 http://osaka-chuokokaido.jp/map/
府知事・大阪市長タブル選挙まで1年! カジノ・都構想より いのち、くらし、防災を! 
明日の大阪をつくるスタート集会

基調講演:中山 徹さん(奈良女子大学)
共催:明るい民主大阪府政をつくる会・大阪市をよくする会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1018.pdf



韓 国
●10月18日(木) 18:00~東山いきいき市民活動センター301(各駅・停留所より徒歩5分 京阪電鉄「三条」駅[3] [4] [5]号出口  地下鉄東西線「三条京阪」駅 [2] 番出入口  市バス「三条京阪前」下車(5,10,11,12,59系統)「東山三条 」下車(5,12,46,100,201,202系統 http://higashiyamacds.main.jp/access
国境を越えた絆を確かめ合い反戦につなごう
「朝鮮戦争推進派の朴槿恵政権を打倒した韓国民衆の闘い」

講師:金元重(千葉商科大学教授)
参加費無料
主催:国際反戦デー京都
連絡:E-mail antiwarday.kyoto@gmail.com
https://jimmin.com/events/event/国境を越えた絆を確かめ合い反戦につなごう/



在 日
●10月18日(木) 19:00~21:00 猪飼野セッパラム文庫(天王寺区細工谷2-14-8 090-9882-1663 近鉄「上本町六丁目駅」8分・地下鉄「谷町9丁目駅」10分、ドンキホーテ上本町店から東へ、セブンイレブンを右へ約100m、左側3軒目 http://www.mapion.co.jp/m2/34.66158997553531,135.5232413888889,16
「朝鮮韓国在日」第35回上映会【資料上映】
NHK『シリーズ北海道150年』「アイヌモシリに生きる」(58分)
日 時:10月18日(木)19:00~21:00 
参加無料(カンパお願い)
定員10名・要予約
https://www.freeml.com/kdml/11552/latest



●10月19日(金) 関西電力本社前(「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:00頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:30 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●10月19日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●10月19日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●10月19日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&パレード



●10月19日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に!



戦争法
●10月19日(金) 18:30~新佃公園(西淀川区佃2-3)18:50~デモ出発  
第38回戦争あかん!!!10・19西淀川ドラムデモ
主催:戦争あかん!西淀川実行委員会 連絡TEL06-6473-9912
https://jimmin.com/events/event/第%EF%BC%93%EF%BC%98回戦争あかん%EF%BC%81%EF%BC%81%EF%BC%8110・19西淀川ドラムデモ/



憲 法
●10月19日(金) 18:30~21:00 神戸学生青年センター(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/
高作先生と学ぶ会2018年秋
「個人の尊重」と幸福追求権―強制不妊手術の憲法問題

講師: 関西大学法学部教授 高作正博さん
参加費:一般 1,000円  若もの 500円
共催:(公財)神戸学生青年センター・「高作先生と学ぶ会」
http://ksyc.jp/seminar/takasaku201809-10/



憲 法
●10月19日(金) 8:00~20:00 和歌山県勤労福祉会館プラザホープ4階大ホール(JR和歌山駅 国体道路を南へ約15分 http://www.plaza-hope.com/access/
憲法抹殺の安部安保を許さない 9条が戦後の生活を支えた
憲法9条を維持しながら、どのような安全保障政策が可能なのか。一貫して問い続けてきたジャーナリスト・前田哲男さんをお招きして日本の安全保障政策を考えます。
講師:前田哲男(軍事ジャーナリスト)
1938年、福岡県生まれ。長崎放送記者(61~71年)を経て、軍事問題を追うフリーのジャーナリストに。東京国際大教授(95~2005年)、沖縄大客員教授(98~2011年)を歴任。「自衛隊 変容のゆくえ」(岩波新書)、「フクシマと沖縄」(高文研)など著書多数。
主催:和歌山県平和ホーラム/戦争をさせない和歌山委員会 後援...
後援:部落解放同盟和歌山県連合会
お問い合わせ:和歌山県平和フォーラム TEL073-425-4180
http://blog.livedoor.jp/wakaben6888/archives/52535360.html



学校給食
●10月19日(金) 10時45分~12時15分(2講時)龍谷大学大宮学舎南黌(なんこう)203教室(「京都」北西へ徒歩約10分 https://www.ryukoku.ac.jp/about/campus_traffic/traffic/t_omiya.html) 
『日本の学校給食の今を考える講演会 ~川根眞也さんをお招きして~』 
講師:川根眞也さん(元さいたま市立中学校教員 理科)
テーマ:原発事故後の食の安全性を問う~学校給食の現実~
2018年度「比較教育学」では、数回にわたって国際比較を通じて日本の学校給食の特徴と課題について考えてきました。地産地消、食の安全、地域の食文化の伝承...これらは学校給食の意義を考える際に必ずといってよいほど語られてきたキーワードです。本科目でも数年前まではこれらの重要性を確認する授業を展開してきました。しかし、2011年3月11日に発生した東日本大震災とそれによって生じた福島第一原子力発電所の爆発事故はこうした前提を180度再考する機会になりました(なるはずでした)。原発事故後の日本において、ほぼすべての子どもが選択の余地なく食べる学校給食は安全性が最も重視されるべきではないでしょうか。しかし必ずしもそうした方向に進んでいるとは言えない現実があり、授業担当者の出羽も苦悩してきました。そこで今回、中学校の理科教師の立場から放射能汚染の問題を研究しその危険性を発信してこられた川根眞也先生をお招きし、日本の学校給食が抱える問題やそれを克服するための方策について皆で考えてみたいと思います。
今回は受講生以外にこうした問題に関心を持つ人々にも門戸を開き、議論の輪を広げていきたいと考えます。また、本科目は教師を目指す学生も多数受講しています。子ども達を取り巻く学校や社会の問題に直面したとき、一人の教師としてなにをなすべきかという、教師として備えるべき力についても考えていきたいと思います。
申し込み先アドレス:pohyun109@mail.ryukoku.ac.jp
http://www.radiationexposuresociety.com/archives/9208



日朝関係史
●10月19日(金)※毎週金曜日 18時25分~19時55分 同志社大学今出川キャンパス 至誠館(S)1教室(地下鉄烏丸線 今出川駅から徒歩1分 https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/imadegawa.html)
同志社大学日朝関係史講座
総合テーマ:継続する日本の植民地支配と朝鮮
「朝鮮通信史のユネスコ世界遺産登録の意義」

講師:仲尾宏さん(京都造形芸術大学)
朝鮮半島情勢が激動する歴史的ないま、植民地主義とその根深さについて考えてみませんか。
無料・どなたでも参加できます。
主催:同志社KOREA文化研究会 doshisha_koribun★yahoo.co.jp
https://www.facebook.com/460572927408385/photos/a.461093490689662/1355485341250468/



LGBT
●10月19日(金)~21日(日) 京都大学西部講堂 
第12回関西クィア映画祭 2018
主催:関西クィア映画祭実行委員会 
http://kansai-qff.org/



■10月19日(金)(再放送) 午後08:00~09:50 NHK BS1
BS1スペシャル「脱北者の終わらない旅~南北融和ムードの中で~」
2018年6月、史上初の米朝首脳会談が開かれ、朝鮮半島の完全非核化と北の体制保証で合意した。南北融和ムードが広がる中、不安を募らせているのが祖国の独裁体制から逃げ、韓国に暮らす脱北者だ。その数3万1千人、融和に水を差す迷惑な存在だとして中傷や脅迫にさらされている。命がけで逃れてきた韓国を離れ、第三国に移住する“脱南”の動きも相次いでいる。韓国で発信を続ける風刺漫画家など、揺れる脱北者の心情を追う。
http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2018-10-19/11/21906/2515671/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2018年10月14日(日)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-390.html




●10月14日(日) 13:30~16:30 福島区民センター(地下鉄「野田阪神」 JR 東西線「海老F江」 https://maps.google.co.jp/maps/ms?ie=UTF8&oe=UTF8&msa=0&msid=208816356832810032680.000498132504c54ef1691
「プルトニウム保有量削減方針で訪れた好機をどう活かすか?」討論集会
原子力委員会が「プルトニウム保有量を減らす」方針へ転換、これをチャンスととらえ、原発再稼働阻止、プルサーマル中止、六ヶ所再処理工場閉鎖の闘いを!連携して闘おう!
報告1:六ヶ所再処理制限で急浮上する乾式貯蔵問題
 長沢啓行(若狭ネット資料室長)
報告2:美浜1・2号廃炉と美浜町の今とこれから
 松下照幸(美浜町)
http://wakasa-net.sakura.ne.jp/www/?page_id=264



●10月14日(日) 14:00~16:30 とよなか男女共同参画推進センターすてっぷ(阪急宝塚線豊中駅すぐ エトレ豊中5F http://www.toyonaka-step.jp/02_use_guidance/access.html
避難移住者の為の“きらくカフェ”
前半(小グループに分かれてテーマに沿っておしゃべり)
後半(グループ、全体それぞれで フリートーク)
対象者:東日本大震災・避難移住者
他ではなかなか話せない気持ちや情報をなかまと話しましょう!
がんばってきた皆さんに、ほっと気を楽にしてもらえたら~うれしいです。
参加費:無料
その他:飲物、お茶菓子付き。お子さんの同席OK。ミニレクリエーションコーナーあり
主催:お申込み: 放射能から豊中の市民・子どもを守る会 きらく部(避難移住者)
申し込み:会場の関係上、事前にメールまたは電話等で申し込み頂けると助かります。
連絡:9jou-forever@luna.zaq.jp(板橋) 090-9868-5540
http://maruttonishi.blog.fc2.com/blog-entry-1286.html



●10月14日(日) 13:30~伏見港公園(京阪中書島駅下車、徒歩3分) 14:00~デモ出発
さよなら原発 ふしみパレード
コース:伏見港公園(京阪中書島から徒歩3分)~京阪中書島駅~龍馬通商店街~納屋町商店街~大手筋商店街~御香宮神社
10月は、こちらも恒例となりました、ハロウィンパレードです。
ジャックオランタンの持ち込み大歓迎。
悪霊(原発)退散の呪文(シュプレヒコール)大歓迎。
ハロウィンの仮装大歓迎。
お子様の参加も大歓迎。
楽器持ち込み大歓迎。
お菓子の差し入れ大歓迎(^^)/
もちろん、飴ちゃん舐めながら歩くのだって無問題 :-p
ハロウィンの楽しげな雰囲気に便乗して、明るく元気に原発ゼロを訴えますよー!
たくさんの魔女さんやお化けさんの参加をお待ちしております☆
主催:ふしみ原発ゼロパレードの会
連絡先:京都南法律事務所(075-604-2133[吉田 or 溝江] )
http://nonukesfushimi.blog.fc2.com/blog-entry-359.html



●10月14日(日) 13:30~15:30 パタゴニア 京都3Fイベントルーム(河原町 https://www.mapion.co.jp/m2/35.00406153,135.76510943,16
脱原発カフェ「原発の現実と生活を問う~北海道地震に学んで~」
コーディネーター:槌田劭さん
ゲストスピーカー:松久寛さん(縮小社会研究会理事長,京大名誉教授)
 日本はどうなってしまったのでしょうか。自然災害は次々と襲っています。集中豪雨、台風、そして大地震。全国各地に洪水、土砂崩れ…。南から北まで、大きな災害が起こり、被災者の皆さんの苦難が思いやられます。
 追い打ちをかけるように、台風・豪雨のあとに大地震が他起動を襲い大規模な山崩れが広域に発生し、、多くの生命が奪われました。心痛い事です。その上、北海道全域がすべての電源が喪失する〝ブラックアウト″が発生しました。電力の供給が失われる事態は日常性だけでなく、原発の大事故を誘発しかねないなど、社会的経済的大問題なのです。事実、泊原発停止中にもかかわらず、発熱し続ける使用済み核燃料を冷却できないと大変だと今回も大慌てでした!
何故こんなことになるのでしょうか?利潤追求至上、金主主義経済の故です。問われているのは利潤追求至上の金主主義社会の故です。「おおきいことはいいことだ」と巨大設備に依存する社会と生活を足元から考え直す必要があります。
今回はゲストスピーカとして松久寛さん(縮小社会研究会理事長京大名誉教授)をお招きし、話題提供をいただきます。
主催:NPO法人 使い捨て時代を考える会 ,安全農産供給センター
共催:日本有機農業研究会
問合・申込み:TEL 075-361-0222,FAX 075-361-0251。email : infoアットtukaisutejidai.com
参加費:無料 事前申し込み歓迎。でも飛び込みもOK。お子さん連れ歓迎
https://www.facebook.com/events/1981152412177556/



●10月14日(日) 14:00~17:00 ヒロセビル会議室 京都市中京区烏丸通二条下る西側(地下鉄「烏丸御池」駅2番出口より北へ徒歩3分。ローソンのとなりのビル。コンシューマーズ京都の事務所のあるビル)※参加者のための駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。
「電力会社の会計を考える会」連続学習会(第12回)~核燃料サイクルと電力会計制度
講師:金森絵里さん(立命館大学経営学部教授)
参加費:500円
申し込み:資料準備の都合がありますので必ず事前申込みをお願いします。
主催:電力会社の会計を考える会(世話人 アイリーン・美緒子・スミス/原 強)
連絡先:TEL075-251-1001 FAX075-251-1003 メール:JRCC@mb6.seikyou.ne.jp
https://houteisien.wordpress.com/kyoto/



●10月14日(日) 14:00~16:00 すみれや(叡山電鉄元田中駅 https://sumireya.org/access/
すみれや おはなし会「原発災害からの避難と避難者の現状」
3.11 東日本大震災から早くも7 年半が経とうとしています。
原発事故で飛散した放射性物質の被害から逃れて故郷を去らざるを得なかった方々の暮らしと支援は、今どのようになっているのでしょうか。
自身も避難者であり地震による原発事故発生時に自主避難を主導した渡辺初雄さんを講師に迎え、新潟県長岡市の避難者の方々の現状と福島の状況を報告していただく会を開きます。
避難者支援についてどうすべきか考え、意見を共有していきましょう。
第一部 おはなし会 16:00~17:00
第二部 お茶会 17:30~食事会(希望者)
講師:渡辺初雄さん
講師プロフィール:福島第1 原発の現場作業に長年従事。豊富な経験と原発の知識をもとに同原発事故時いち早く避難を決断し周囲の方23人と自主避難を行った。震災後も避難を継続しつつ避難者のまとめ役となって避難者支援に尽力、原子力災害への対応と防災の講演会活動を行っている。新潟県長岡市在住。
参加費:第一部1,000円,第二部500円
申し込み・問い合わせ先:kimitoshisatohアットgmail.com,090-2886-1469(担当:佐藤公俊)
主催:長岡市民放射線測定会,長岡市民防災研究所
https://www.facebook.com/events/274661986487620/



憲 法
●10月14日(日) 13:30~14:00 大阪市立中央区民センターホール(地下鉄堺筋線・中央線「堺筋本町」 http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016605.html
秋の憲法大学習会 
「安倍9条改憲の危険性と発議阻止に向けてのたたかい」

講師:渡辺 治さん(一橋大学名誉教授)
参加協力費:500円 
主催:大阪憲法会議・共同センター
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1014-2.pdf



憲 法
●10月14日(日) 2:00 PM~4:00 PM 新長田勤労市民センター(JR・地下鉄新長田駅南西5分、東急プラザビル3階  http://www.mapion.co.jp/m2/34.65648126,135.14462034,16/poi=0786432431-002
「幸せのカタチを考える~憲法13条、14条、24条と私たち」
講師:吉江仁子弁護士(あすわか兵庫)
主催:憲法を生かす会・長田、I女性会議・長田
連絡先:Tel・Fax 078-576-3544
https://calendar.google.com/calendar/event?eid=NGhrMzQ0Z3M1MDB1dG9mZnRmNTBvM2xzMnUga29iYXlhc2hpMjU2OTRAbQ&ctz=Asia/Tokyo



憲 法
●10月14日(日) 午後1時半~4時半 東大阪男女共同参画センター(若江岩田駅すぐ)
東大阪の集い
止めよう戦争野道。生かそう平和憲法!

第一部 講演会「憲法9条改悪反対と国民投票について」
講師:矢野宏(新聞うずみ火代表)
第二部 お楽しみ演芸会「歌って笑って守ろう平和!」
桂文福 趙博 河内亭九里丸
参加協力費:500円
主催:実行委員会



新自由主義
●10月14日(日) 13時半~16時半 国労大阪会館(天満駅出口から徒歩約2分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/map/)
マルクス生誕200年記念
新自由主義の克服と21世紀型社会主義

講師:伊藤誠さん
新自由主義が席巻する現代世界。人間社会と自然の存立条件そのものを壊滅的に攪乱してやまない、むきだしの資本の論理が貫いています。マルクス生誕200周年の本年、もう一度マルクスにたち返り、資本の論理を克服する社会主義の多様な可能性を模索することは世界的テーマとなっています。
国家に依存した20世紀型社会主義・社会民主主義が限界を露呈した経験を踏まえ、人々の自由な意思に基づく自発的な結合、アソシエーションを基礎とした21世紀型社会主義をどう構想するか。昨年の『資本論』刊行150周年講演に引き続き伊藤誠さんをお招きし、お話しを伺います。
参加費:1000円(非正規500円)
事前申込制 QYD04504@nifty.com または FAX:072-242-6315
「お名前」と「府県名」をご連絡下さい。定員になり次第締め切らせて頂きます。
連絡・問合せ:QYD04504@nifty.com FAX 072-242-6315 tel.072-229-6331
主催:社会主義ゼミナール実行委員会(072-229-6331)
https://www.facebook.com/events/2107000222961542/



日本軍「慰安婦」問題
●10月14日(日) 14:00~16:30 とよなか男女共同参画推進センターすてっぷホール(阪急宝塚線豊中駅すぐ エトレ豊中5F http://www.toyonaka-step.jp/02_use_guidance/access.html
性暴力に向き合って~過去から現在へ~第1回 
「カタロゥガン!ロラたちに正義を!」上映

竹見智恵子監督のお話し
参加費:前売り700円 当日800円
主催:(公社)アムネスティ・インターナショナル日本 北摂グループ 「慰安婦」問題の解決を求める北摂ネットワーク・豊中
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1110.pdf



天皇制
●10月14日(日) 午後1時半~4時半 エルおおさか南館1023号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
安倍の求める「明治の精神」とは何か―日本のアジア侵略の起点を問う10・14大阪集会
講演 「東学農民革命から日清戦争の実像と明治150年を考える」
講師:信長正義さん(「むくげの会」)
資料代:500円
現アキヒト天皇はアジア歴訪の旅をつづけ、その特権的地位にもかかわらず軽々と「平和天皇」としての地位を確保したかに見える。しかし、はたしてそうか。たかだか150年前からの歴史をさかのぼってみても、そこには累々たる近隣諸国の民衆を皆殺しにしてきたこうした現実とる歴史があり、その行為を正当化し、実行させ、日の丸の前にかしずかせた天皇制は、今なお何の自浄作用もなく存続し続けてきたのではないか。求められているのは民衆自らのそうした歴史の総括であり、とりわけアジア侵略の実相の直視である。政府の「明治150年」祝賀式典を前に、現在日本の政治的腐敗の原点を考える。
「地図の上 朝鮮国に 黒々と 墨をぬりつつ 秋風を聴く」石川啄木
連絡先:天皇代替わりを問う集会実行委員会/関西単一労働組合
FAX06-6303-0449
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1014.pdf



沖 縄
●10月14日(日) 午後2時~解放県民センター(滋賀県人権センター)4階大ホール(JR膳所駅・京阪膳所駅より北東へ約1km・近江バス・京阪バス 馬場一丁目バス停より北東へ約250m http://www.shigajinken.or.jp/about_us.html)
山城博治・川口真由美トーク&ライブ
「沖縄!継承される反戦平和の心」

講師:山城博治(沖縄平和運動センター議長)
ライブ:川口真由美(京都在住のシンガーソングライター)
参加費:1000円
主催:戦争をさせない1000人委員会・しが
問い合わせ:090-8821-5367(木戸)
https://sites.google.com/site/syamahi9j/zi-he-jiu-tiaono-huinyusu



戦 争
●10月14日(日) 13:30~守山市・ライズヴィル都賀山 2階アゼリア(JR守山駅東口前 https://www.yadoran.jp/hotel/13734?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&adv=24
戦争体験を聞く会
「私の戦争体験-零戦パイロットとして臨んだラバウル空中戦」

お話:元零戦パイロット・南田覚さん
定員50人 入場無料
申込み:核戦争防止滋賀県医師の会 077-522-115211 FAX 077-525-3093
https://shigaminpo.com/event.shtml



現代社会
●10月14日(日) 16時~西宮公同教会(阪急西宮北口駅西北へ徒歩3分 http://www.koudou.jp/map.php
「現代社会を読み解く特別講座」2
栗原康さん「主人でもない、奴隷でもない」

教会で聴くアナキズム論。先着100名。是非!
1回だけの参加も可。
参加費:500円
申し込み:MAIL:koudou@gamma.ocn.ne.jp FAX:0798-63-4044 
https://twitter.com/tobaringo72/status/1046783058123186176



借り上げ復興住宅
●10月14日(日) 13時30分~神戸市立婦人会館5階 さくら(JR「神戸」駅下車、北へ徒歩5分 https://www.kobe-fujin.org/交通アクセス/ )
借り上げ復興住宅からの被災者追い出し裁判の「これから」を考えるシンポ
・基調報告 借上復興住宅弁護団
「被災者追い出し裁判の現状と今後予定」
・シンポジウム
「借上復興住宅『被災者追い出し』問題のさらなる発信に向けて」
【パネリスト 】
「借上復興住宅の入居者健康状態について」
 広川恵一先生(医師・内科クリニック)
「国連が締約に求めている健康標準(スタンダード)」
 井口克郎先生(神戸大学院人間発達環境研究科 准教授)
「2001年・国連人権委員会への被災者報告と日本政府に対する社会権規約委員会の勧告について」
 岩田伸彦さん(阪神・淡路大震災救援復興兵庫県民会議 事務局長)
【コーディネーター】
 借上復興住宅弁護団・事務局長
主催:借上復興住宅弁護団
入場無料 予約不要
9月にも6日11日19日と、神戸市東灘区、西宮市の入居者の裁判がありますが、10月には12日に高裁の判決(Nさん)、15日に神戸地裁が恐らく結審(神戸市の4名)、17日に神戸地裁の判決(Yyさん)
https://hyogo-minpo.blogspot.com/2018/09/blog-post_76.html



北朝鮮
●10月14日(日) 16:20の回上映終了後 元町映画館2Fイベントルーム(JR・阪神電車「元町」駅西口より、南西へ徒歩6分/神戸高速鉄道「花隈」駅東口より南東へ徒歩6分/神戸市営地下鉄海岸線「みなと元町」駅2出口より北へ1分 神戸市中央区元町通4-1-12(元町商店街) http://www.motoei.com/access.htm) 
『ワンダーランド北朝鮮』上映&トーク
トーク「見る人々、見られる人々」

登壇者:中戸祐夫(なかとさちお)さん(立命館大学国際関係学部教授)
※当日映画を観られた方対象、参加無料
『ワンダーランド北朝鮮』公開記念!トークイベント開催決定!
大規模娯楽施設に、自然エネルギーを利用した循環型な暮らし。イメージと異なる北朝鮮を垣間見られる映画『ワンダーランド北朝鮮』。北朝鮮政府公認で北朝鮮の“普通の人々”を収めたこのドキュメンタリーを、実際に何度も訪朝され、より“リアル”な北朝鮮を知る、立命館大学の中戸祐夫教授に解説していただきます。監督チェ・ソンヒョン氏も、「北朝鮮を訪れた人は皆、北朝鮮での体験がどこからどこまで真実か判断に困るでしょう」と語る北朝鮮。はたして私達が今作を通して知る北朝鮮は現実なのか。それとも…。乞うご期待!
『ワンダーランド北朝鮮』公式サイト:http://unitedpeople.jp/north/
http://shiminshakai.net/post/4761



映画上映会
●10月14日(日) 午後14時~神戸映画資料館(JR新長田 アスタくにづか1番館北棟2F 201 http://kobe-eiga.net/access/ ※国道2号線(または高速高架)と大正筋商店街(たいしょうすじ しょうてんがい)の交差点角にあるエスカレーターで2Fへお越しください。※同ビル3Fの中華料理「神戸飯店(こうべはんてん)」さんが目印です)
青丘文庫研究会 NDUからNDSへ
金稔万さんのレポート「NDUからNDSへ」
布川徹郎らNDU(日本ドキュメンタリスト・ユニオン)のスタッフが竹中労の企画により1971年に韓国ロケした映画『倭奴(イエノム)へ 在韓被爆者・無告の二十六年』(http://www.yidff.jp/2005/cat085/05c097.html#t1
と、NDS(中崎町ドキュメンタリースペース)の金稔万が釜ヶ崎に密着して描いた『釜の住民票を返せ!2011』を上映し、布川徹朗から信頼されていたと共に活動した金稔万がその後の状況を含めて報告。その他、参考上映も企画中。なお、この上映会はどなたでも参加できるが、「青丘文庫研究会」の例会としても位置づけられています。
『倭奴(イエノム)へ 在韓被爆者・無告の二十六年』(日本/1971)
1971年、佐藤栄作首相が朴正煕(パク・チョンヒ)大統領の祝賀パーティ列席のために訪韓した時を得て、在韓被爆者8名は直訴状を持って日本大使館に向かった。在韓被爆者は韓国官憲によって佐藤首相の韓国滞在中拘束される。カメラはその8人の生活を追う。この1971年は、被爆者・孫振斗(ソン・ジンドゥ)さんが、日本への密航により収監された大村収容所から、在留と医療を求める“原爆手帳裁判”を闘い始めた年である。山形国際ドキュメンタリー映画祭2005の在日映画の特集「日本に生きるということ」で上映するため新たに作成したプリントを上映。
http://www.yidff.jp/2011/cat069/11c071-2.html
『釜の住民票を返せ!』Give Back Kama's Rights! (日本/2011)
監督、編集:NDS 金稔万(キム・イムマン)
製作:NDS(中崎町ドキュメンタリースペース)
大阪市西成区、日本最大のドヤ街であり寄せ場である、日雇い労働者が多く暮らす通称釜ヶ崎。ここにある5階建の小さなビルに、労働者や野宿者など約3,300人の住民票が登録されていた。市当局は、居住実態がないことを理由に、彼らの住民票を削除することを決定。そのことにより住民票と選挙権を剥奪されることに怒った彼らとその支援者たちが立ち上がり、カメラを通じて闘う熱気があふれだす!
参加費1500円
http://kobe-eiga.net/program/2018/10/4264/



カウンタープロテスト
●10月14日(日) 13:30~(ヘイト側行動は14:00から)新阿波座公園(本町23 https://www.mapion.co.jp/m2/34.68102943,135.49555771,16/poi=KP706709
日本第一党の「10・14 反移民デー 全国一斉行動」へのカウンタープロテスト
呼びかけ:C.R.A.C.
「反移民」を掲げていますが、移民問題への問題提起などではもちろんなく、在特会の頃から一貫してかわらない極端な排外主義と差別扇動が彼らの主眼です。遠慮なく粉砕よろしくお願いします。
今回は全国一斉行動で、各地によってデモ行進、立ち止まっての街宣、車を使っての宣伝等、手法が分かれます。また、これまで一度も行動が行われたことのない地方都市でも、なんらかの行動が行われます。
日本第一党は日本中に党員を擁していると称していますが、その多くは「ネット会員」にすぎず、動員実績は全国合わせて最大で200人以下です。ここ何年も、東京以外の大都市の行動で50人を超えたことはありません。たとえば大阪の場合、九州から名古屋までの党員をかき集めてやっと30人いう具合に、人材不足は隠しきれません。
すなわち、地方都市においては、これまで街頭行動の経験のない党員による少人数の街宣が行われるケースが多いと思われます。抗議行動は2~3人であっても充分に対抗できます。危険もそれほどありません。ぜひ抗議にでかけてください。
大都市においては、デモ行進へのカウンターへの参加を広く募ります。具体的には、札幌、東京、名古屋、大阪、広島、福岡です。京都はC.R.A.C. WESTの少人数精鋭アソルトチームが対応しますので、完全無視でだいじょうぶです。
まとめ
1. 地方都市の街宣はショボいので積極的に叱りに行く。トランジスタメガホンは、イベント用品のレンタルショップで借りることもできます。
2. プラカード等のリンクは後ほど
3. カウンター用周知音声ファイルはこちら→
https://twitter.com/i/moments/868365593904168960
4. 奈良と京都については地元のエージェントが対応するのでご安心ください。
5. No Pasaran.
京都 ?
大阪 新阿波座公園
奈良 大和八木駅南口
https://twitter.com/crac_west/status/1047401849920270336



■10月14日(日) 午後09:00~09:50 NHK総合
NHKスペシャル マネー・ワールド~資本主義の未来~第3集▽借金に潰される!?
爆笑問題と共にお届けする経済エンターテインメント。第3集はかつてないほど膨らんだ世界の「借金」に切り込む。各国で発行され、金融機関を通じて個人・企業・国家に貸し出された通貨は空前の規模に達し、IMF(国際通貨基金)によれば世界の借金の総額は164兆ドルに上る。日本円にすると約1京8500兆円だ。資本主義の歴史上、大きな危機が迫っているとIMFは警告を発した。
アメリカでは、学生ローンの総額は1兆5000億ドル(約170兆円)に達し、奨学金の返済が滞っている人は、史上最多の690万人に上る。多重債務者が380万人、成人の人口の1割ほどに及ぶ韓国では、政府が一定の条件のもとで個人の借金を肩代わり(減額・帳消し)するという驚くべき政策に踏み切った。背景には、借金の苦しむ人びとを「市場に戻す」、つまり生産し消費する存在に戻す目的がある。
そもそも資本主義において借金は、事業を開始したり拡大したりするために欠かせない、いわば「成長のエネルギー」とされてきた。ところが現在は、経済成長よりも借金が膨らむスピードが早過ぎて、むしろ経済活動の「足かせ」となっている状況だと指摘されている。個人だけでなく、企業も政府も巨大な借金に苦しんでいる。プエルトリコでは、政府が借金によって財政破綻に追い込まれ、医療や教育などの行政サービスが停止状態に陥った。さらに、借り手を求める金融機関のマネーがアジア各地に流れ込み、高い金利に苦しむ人びとが現れる事態も生まれている。
「借金漬け」となった私たちはどうすれば救われるのか? 世界で始まった新たな取り組みから考える。
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20181014



■10月15日(月) 深夜午前00:55~01:50 読売テレビ、日本テレビ系列
NNNドキュメント我、生還す-神となった死刑囚・袴田巖の52年・語り萩原聖人
今年6月、東京高裁が再審開始を取り消した「袴田事件」。前代未聞の釈放から4年半、袴田巖さんは死刑囚のまま、姉と二人故郷浜松で暮らす。そんな袴田さんを釈放当日から記録し続けた密着映像。そこに映るのは、死刑の恐怖に晒され、精神を患い妄想に囚われた姿。そして自由の中で、再び穏やかさを取り戻していく姿だ。事件から半世紀、いまだ覆らない死刑判決。遂に袴田さんは、死刑判決を下した元裁判官との再会を果たす。
http://www.ntv.co.jp/document/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村


脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2018年10月13日(土)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報


『愛と法』
溢れるやさしさとユーモア 明日を生きるヒントと勇気
カズとフミは大阪の下町で法律事務所を営む弁護士夫夫(ふうふ)。仕事も生活も二人三脚のふたりのもとには、全国から"困っている人たち"が相談にやってくる。セクシュアル・マイノリティ、養護が必要な子どもたち、戸籍を持てずにいる人、「君が代不起立」で処分された先生、作品が罪に問われたアーティスト…。それぞれの生き方と社会のしくみとの間で葛藤を抱える人たちだ。ふたり自身も法律上は他人同士のまま。そんなある日、ふたりの家に居候がやってくる。突然居場所を失った少年・カズマくん。三人の新しい生活がはじまった…
●大阪府 シネ・リーブル梅田 9月22日(土)~10月19日(金)
https://ttcg.jp/cinelibre_umeda/movie/0495500.html
●京都府 京都シネマ 10月6日(土)~10月26日(金)
http://www.kyotocinema.jp/detail.php?mcd=181003
http://www.kyotocinema.jp/schedule.php
http://aitohou-movie.com/#intro



『1987、ある闘いの真実』
「ファイ 悪魔に育てられた少年」のチャン・ジュナン監督が、韓国民主化闘争の実話を描いた社会派ドラマ。1987年1月、全斗煥大統領による軍事政権下の韓国。南営洞警察のパク所長は北分子を徹底的に排除するべく、取り調べを日ごとに激化させていた。そんな中、行き過ぎた取り調べによってソウル大学の学生が死亡してしまう。警察は隠蔽のため遺体の火葬を申請するが、違和感を抱いたチェ検事は検死解剖を命じ、拷問致死だったことが判明。さらに、政府が取り調べ担当刑事2人の逮捕だけで事件を終わらせようとしていることに気づいた新聞記者や刑務所看守らは、真実を公表するべく奔走する。また、殺された大学生の仲間たちも立ち上がり、事態は韓国全土を巻き込む民主化闘争へと展開していく。パク所長を「チェイサー」のキム・ユンソク、チェ検事を「お嬢さん」のハ・ジョンウ、学生デモに立ち上がる大学生を「華麗なるリベンジ」のカン・ドンウォンと豪華キャストが共演した。
●シネマート心斎橋 9/8~
https://movie.walkerplus.com/th267/sc1080759.html
http://1987arutatakai-movie.com/index2.html



『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』(2018年/日本/100分)
米軍の"理不尽な占領"と闘い続けた実在の外交官 知られざる真実の物語
1972年5月15日、沖縄返還。
日本のプライドをかけアメリカと戦った外交官、“千葉一夫”を知っていますか?
沖縄返還で外交交渉の最前線にいた実在の人物、千葉一夫。戦後、外交官となった千葉は、本土から切り離され、アメリカの統治下にあった沖縄から核兵器を撤去させ、ベトナム戦争の出撃拠点としないよう、アメリカと激しい外交交渉を重ねた。さらに何度も沖縄に足を運んでは、人々の苦悩に真摯に耳を傾けた。立ちはだかる本土の思惑に挫折しかけながらも、妻・恵子に支えられ、「鬼の千葉なくして沖縄返還なし」と称された伝説の外交官が生涯をかけて貫いたものとは――。
●10.6(土)~10.19(金) シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
10/13(土)~19(金) 10:50(~12:35終)
http://www.theater-seven.com/2018/mv_henkan.html



『人生フルーツ』(2016年/日本/91分/東海テレビ放送 配給)
■好評につき、ロングラン上映中!
人生は、だんだん美しくなる。 むかし、ある建築家が言いました。家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない。
愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てた家。四季折々、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実が、妻・英子さんの手で美味しいごちそうにかわります。刺繍や編み物から機織りまで、なんでもこなす英子さん。ふたりは、たがいの名を「さん付け」で呼び合います。長年連れ添った夫婦の暮らしは、細やかな気遣いと工夫に満ちていました。そう、「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」とは、モダニズムの巨匠ル・コルビュジエの言葉です。
かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきました。1960年代、風の通り道になる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウン計画。けれど、経済優先の時代はそれを許さず、完成したのは理想とはほど遠い無機質な大規模団地。修一さんは、それまでの仕事から距離を置き、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめました─。あれから50年、ふたりは、コツコツ、ていねいに、時をためてきました。そして、90歳になった修一さんに新たな仕事の依頼がやってきます。
本作は東海テレビドキュメンタリー劇場第10弾。ナレーションをつとめるのは女優・樹木希林。ふたりの来し方と暮らしから、この国がある時代に諦めてしまった本当の豊かさへの深い思索の旅が、ゆっくりとはじまります。
●8/26(日)~シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
10/13(土) 休映
10/14(日) 10:55(~12:31終)
10/15(月)~18(木) 13:00(~14:36終)
10/19(金) 休映
10/20(土)~27(土) 10:20(~11:56終)
http://www.theater-seven.com/2017/movie_jinsei-fruits.html



●10月13日(土) 13時~14時30分 大阪弁護士会館 904号室(京阪「なにわ橋駅」出口1徒歩約5分 地下鉄・京阪「淀屋橋駅」1号出口から徒歩約10分 地下鉄・京阪「北浜駅」26号階段から徒歩約7分 http://www.osakaben.or.jp/06-access/
KANSAIサポーターズ 訴訟学習会「佐藤暁 意見書 要旨の解説」
講師:白倉典武 弁護士(関西訴訟弁護団)
KANSAIサポーターズでは、毎月第3土曜日に訴訟学習会を開催しています。関西訴訟原告は、佐藤暁(さとし)氏(元GE原子力技術者・現IAC原子力コンサルタント)の意見書を裁判所に提出し、また証人として申請しています。8月9日期日に提出した第55準備書面でも、国際的基準から見た日本の原発の安全対策の脆弱性への指摘が取り上げられています。被告国は「事故は予見できなかった、対策しても防げなかった」という主張を強化し、責任を回避しようと躍起になっていて、それに対してしっかりと反論していくことが肝要です。そこで今回は、佐藤意見書の内容を白倉弁護士に解説していだだきます。
参加費:原告の方々や避難者の方 無料  サポーター(テキスト代として)200円
ご予約・お問合せ:kansaisapo@gmail.com
上記に参加者される方の氏名をお書きの上、お申込みください。
https://www.facebook.com/kansaisupporters/photos/a.255562091272675/1089209657907910/



●10月13日(土) 10:00~12:00 京都教育文化センター202号室(60名)(京阪神宮丸太町駅5番 http://www.kenn.co.jp/kaijo/kyo_bunk.htm
西尾正道氏(北海道がんセンター名誉院長)講演会
「長寿命放射性元素体内取り込み症候群とトリチウムの危険性」

参加費:500円。
主催:反戦老人クラブ・京都
連絡先:落合075-723-6413,山田0774-32-1337
https://houteisien.wordpress.com/kyoto/



●10月13日(土) 13時半~天満・国労会館 2階円卓会議室(天満駅出口徒歩約2分 扇町駅4出口徒歩約4分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/
ゴーウエスト学習会「国内避難民の権利とは――国連の指導原則から考える」
・12時半~ JR天満駅前 避難者と仲間たちの街頭アピール
・13時半~ 国労会館 学習会 
2017年11月、国連人権理事会でポルトガル政府から日本に対し、福島原発事故の被災者に対して国連の「国内避難民に関する指導原則」を適用するように勧告があり,4か月後のことし3月に日本政府は基本的に同意の意思表示をしました。現在外務省で日本語訳が進められています。
原発事故の影響で避難した人はすべて国内避難民にあたります。日本には避難民の権利を規定した国内法がまだありません。このことは逆にわたしたちの運動の展望とも関係してきます。学習時間の半分は自由討論にあてたいとおもいます。お気軽に参加してください。
(以降、毎月第2土曜日に12時半~天満アピール、13時半~集まり)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1208.pdf



野党共闘
●10月13日(土) 14時~16時半 京田辺市立社会福祉センター(京田辺駅よりバス「田辺中学校前」https://www.navitime.co.jp/maps/poi?code=00011-061115415
市民と野党共闘で政治を変えよう
講師:福山真劫さん
参加費:300円
主催:戦争する国づくりストップ!憲法を守り・いかす京田辺・綴喜共同センター 「戦争する国づくりを許さない」意見広告実行委員会
連絡:090-3163-3449(奥田)
http://www.kinyobi.co.jp/event/20181005_002661.php



昭和史
●10月13日(土) 11時~12時半 堺市立東文化会館(南海高野線北野田駅 https://www.sakai-bunshin.com/facilities/east/access/
昭和史を考える記録映像上映会
兵士たちの証言、特攻の目的は戦果にあらず

司会:柴田正己
参加無料
主催:昭和の庶民史を語る会(072-236-3357)
http://www.kinyobi.co.jp/event/20181005_002661.php

 

平和憲法
●10月13日(土) 午後2時~5時 大阪南YMCA(JR天王寺駅北口より東へ5分 http://www.oospo.net/ymca-minami/access
第15回「平和憲法とこの国の自立を考える勉強会」
内容:永世中立論の過去と現在 輪読&澤野教授による解説
会費:500円(資料代等)
連絡先:090-3974-1166(弓場)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1013-5.pdf



パレスチナ問題
●10月13日(土) 午後6時半~8時半 エルおおさか(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
第2回 パレスチナ問題連続学習会
「ジェンタイル・シオニズムとイスラエル国家」

講師:役重善洋さん(パレスチナの平和を考える会)
参加費:毎回1000円(割引希望の方は応相談)
☆通し参加を申し込まれた方は第2回以降各800円
主催:パレスチナ問題連続学習会実行委員会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1124.pdf



労働問題
●10月13日(土) 10:00~16:40 エルおおさか5階 南館ホール(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
なくそう! 官製ワーキングプア大阪集会 Vol.6
「公共サービスのあり方と担い手を考える」-絶望的格差から希望の労働へ-

参加費:500円 
主催:なくそう!官製ワーキングプア大阪集会実行委員会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1013-2.pdf



憲 法
●10月13日(土) 14:30~16:30 大阪弁護士会館10階(京阪「なにわ橋駅」出口1徒歩約5分 地下鉄・京阪「淀屋橋駅」1号出口から徒歩約10分 地下鉄・京阪「北浜駅」26号階段から徒歩約7分 http://www.osakaben.or.jp/06-access/
大阪弁護士会 憲法市民講座 9条連続学習会(第7回) 
自衛隊明記と統制 シビリアン・コントロールの観点から

講師:纐纈 厚 氏(明治大学特任教授) 
参加費:無料
申し込み:https://www.osakaben.or.jp/web/entry/p_form.php?id=id_5b87a7a3d9695
どなたでも参加可 定員150名 
主催:大阪弁護士会
http://www.osakaben.or.jp/event/2018/2018_1013.php



●10月13日(土) 13:30~16:30 大阪社会福祉指導センター5階多目的ホール(「谷町六丁目」④番出口徒歩5分 「谷町九丁目」②番出口徒歩7分 http://www.osakafusyakyo.or.jp/accessmap.html
憲法が生きる市民社会へ~日本の政治を取り戻すために~
講師:冨田宏治氏(関西学院大学副学長) 
資料代:999円
主催:大阪中央区九条の会、大阪司法書士9条の会、税理士9条の会、商社・市民9条の会・関西
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1013-1.pdf



アジア
●10月13日(土) 13:30~16:30 フリースペース類(大阪メトロ御堂筋線・西中島南方駅徒歩1分 https://www.rui.ne.jp/freespace/
シンポジウム『世界が変わる。問われる日本の進路』ーアジアで生きるー
基調講演:丹羽宇一郎氏 
参加費:2,000円
主催:『世界が変わる。問われる日本の進路』シンポジウム実行委員会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1013.jpg



高等教育無償化
●10月13日(土) 午後1時半~あすてっぷKOBEセミナー室1(JR神戸駅北へ7分 http://www.city.kobe.lg.jp/life/community/cooperation/asuteppu/
「高等教育の無償化を根底から問い直す」講演会
講師:矢野眞和東京工業大学名誉教授
2016年頃から教育の無償化、とりわけ高等教育の無償化が政治課題になってきました。日本政府は、貧困層に限定した「高等教育の無償化」へと進みつつあります。
なぜ、今、高等教育の無償化が必要なのか?政府が進める「限定的無償化」でいいのか?
この問題を根底から問い直す講演会です。
第一部「高等教育はどんな効果・利益をもたらしているのか」
第二部「誰が、どう負担すべきか」に分けて、矢野先生にたっぷりお話をしていただきま
https://hyogoshogakukin.jimdo.com/お知らせ/



教 育
●10月13日(土) 14:00~高槻市民会館306号室(阪急京都線「高槻市 駅」から徒歩5分
http://www.city.takatsuki.osaka.jp/bunka/theater/facility/citizens/
「教育の靖国」教育塔の過去と現在を問う
講師:大今歩さん(教育塔を考える会)
主 催:山田さんを支える市民の会
日教組「教育塔」http://www.kyouikutou-jtu.jp/



南北関係
●10月13日(土) 14:30~ホテルサーブ神戸アスタ (JR新長田駅南すぐ https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/69357/rtmap.html)
神戸・大邱市民交流センター開設記念講演会 
「新たな南北関係の展望」

講師:崔完圭(チェワンギュ)さん 北韓大学院大学前総長・文在寅政府南北首脳会談準備元老諮問団(このたびの南北首脳会談にも韓国政府特別随行団の一員として同行されており、南北関係や北研究の重鎮です)日本語通訳有
私たちは、神戸市と親善協力都市である韓国・大邱(テグ)市の代表的な社会的企業であり、地域観光の活性化や国際青少年交流事業などを展開している「(株)共感seeds」および、韓国でも長い歴史と信頼のある「北韓離脱住民(いわゆる脱北者)」の生活・教育支援事業を行っている「(社)よりよい世界のための共感」と2年前から交流を始めています。この間、大邱、神戸を相互訪問しながら交流が積み重ねられ、今夏には、当法人が連携して運営している母語・継承語教室「オリニソダン」の子どもたちが初めてルーツのある国、韓国において大邱の子どもたちと4泊5日の合同キャンプを実施するなど、交流が拡大しつつあります。このたび双方の活動拠点内に大邱・神戸の交流センターを設けることとなりました。互いの地域、活動を紹介する広報物などを展示するとともに、韓国、日本、在日コリアンの相互理解につながる各種セミナー、イベントの共同開催、社会的企業の製品紹介など、大邱・神戸を中心とした韓日市民交流活性化のための交流拠点にしたいと考えています。お時間が許しましたらどうぞお越しください。
参加費:講演会1000円
    懇親会2500円・要予約(10/10までに)
18:30~ナドゥリで交流会。要予約。
お問い合わせ:一般社団法人神戸コリア教育文化センター 
korea.uriecc@gmail.com 担当直通電話 090-3671-1370
主 催:神戸コリア教育文化センター https://www.korea-uriecc.org/
    大邱市社会的企業(株)共感seeds
https://www.facebook.com/events/2160956430826771/



グローバル資本主義
●10月13日(土) 17:00~18:20 立命館大学びわこ・くさつキャンパス(BKC)コラーニングハウスⅠ 1階 C101(JR南草津駅よりバス http://www.ritsumei.ac.jp/accessmap/bkc/
立命館大学経済学部創設70周年記念講演会
「グローバル資本主義と<放逐>の論理」

立命館大学経済学部は、2018年に設立70周年を迎えることを記念した講演会「グローバル資本主義と<放逐>の論理――不可視化されゆく人々と空間」を10月13日(土)に開催いたします。
本学部は、設立70周年に合わせ、英語のみの講義科目を新設および増設や海外留学・海外インターンシップなど、異文化に触れ、海外の経済社会を学ぶ面白さを体験できる多彩な国際プログラムの開設など、学部全体でグローバル教育を展開し国際社会で活躍する人材を育成しています。
このたび、第4回(2017年度)経済理論学会ラウトレッジ国際賞を受賞され、国際労働移動研究、都市研究、グローバリゼーション研究等で世界的権威の一人であるサスキア・サッセン氏を講師に迎え、経済のグローバル化の流れの中で、社会に膨大な富をもたらした側面と、その一方で、その恩恵にあずかれず、今までの暮らしや生活空間から〈放逐〉された人々との格差や隔たりについて、現代の動向も踏まえて講演いただきます。
本講演会が、複雑な経済のグローバル化の流れを回顧し、今日における多元的な経済のグローバル化を考えるきっかけになれば幸いです。
講演者:サスキア・サッセン氏(コロンビア大学教授) ※言語は英語です。
参加費:無料・事前申し込み不要
共  催:経済理論学会・立命館大学経済学部創設70周年記念実行委員会
http://www.ritsumei.ac.jp/file.jsp?id=390698



資本論
●10月13日(土) 10時~11時半 下京いきいき市民活動センター第2会議室(JR京都駅(北側)塩小路通りを東に約15分 京都市下京区上之町38番地 http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/cmsfiles/contents/0000099/99788/simogyo-map.GIF
「資本論」を読む会 京都
第3篇第6章「不変資本と可変資本」(続き)
参加費:200円
主催:「資本論」を読む会 京都(090-5241-5052)
https://blogs.yahoo.co.jp/shihonron_kyoto



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村


(10/10更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2018年10月8日(月)~12日(金)

★10/10追加情報
●10/12(金)までのイベント情報を追加しました。
★10/8追加情報
●10/10(水)までのイベント情報を追加しました。


【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-387.html




メディア
●10月8日(月) 14時~エルおおさか・南734号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
2018年 グループZAZA・連続講座 メディアの現場から 
-歴史をふり返り、今を考える

朝日新聞・中村尚徳記者
【第4回】「反骨の記録」から考える憲法問題
主催:グループZAZA
https://blog.goo.ne.jp/zaza0924/e/517e04e34390208994e77c61e9440daf



天皇制
●10月8日(月) 午後1時30分~午後4時30分 京都教育文化センター302号室(京阪神宮丸太町駅5番 http://www.kenn.co.jp/kaijo/kyo_bunk.htm
象徴天皇制とはなんだったのか?
講師:渡辺 治 氏(一橋大学名誉教授) 参加費:800円(学生・中高生無料)
主催:象徴天皇制を考える講演会実行委員会 
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1008-1.pdf



ドキュメンタリー上映会
●10月8日(月) 18時半~大阪市北区民センター(地下鉄堺筋線「扇町」2号-B出口北へ3分/JR環状線「天満」西へ3分 北区役所隣 http://www.osakacommunity.jp/kita/b1_hall.html)
ドキュメンタリーを視て語るつどい
日本がソ連と戦い敗北した「ノモハン責任なき戦い」(73分)と「原発はどのようにして壊れるのか~金属の基本から考える」(70分)を上映。
会場費:300円
主催:映像で現代を語る会(090-5151-9763中森)



●10月9日(火) 午後6時30分 現代医学研究所(川合診療所)(京阪三条東北角のだん王法林寺から東へ約50m田中ビル2階)
環境問題研究会10月例会
テーマ:「地層処分をめぐる議論づくりの一例」
話題提供:小坂勝弥さん(核のごみキャンペーン関西)
問合せ:研究会に関するお問い合わせは、事務局まで。
事務局:石田紀郎
TEL: 075-711-4832
住所:〒606-8227
京都市左京区田中里ノ前町21
石川ビル 3F-305(市民環境研究所)



●10月9日(火) 11:00~16:00 モモの家(阪急吹田駅から歩いて5分 JR吹田駅から歩いて12分 http://www.momo-family.org/?page_id=9
無農薬大豆と天然糀と麻炭でおいしい手前味噌をつくろう!@かえるカフェ
講師:冨田貴史(冨貴工房)
朝8時から庭で薪で大豆炊きしてます(自由参加)
11時~12時 お話(放射能対策など、味噌の効能の話、作り方など)
12時~13時 みんなでごはん(カンパ制 お弁当持ち込みもOKです)
13時~15時 作業
15時~16時 シェアリング、しめ。片付け
*かえるカフェは避難者さんの参加の交通費半額支給をおこなっております 
*参加の方はかえるカフェの飲み物をオーダーくださいね
Menu:デトックス茶 有機栽培コーヒー 黒煎り玄米コーヒーなど
受講料1500円+1500円/㎏(リピーターは受講料500円引き・避難者さんは1000円引き)
申し込み 080-1522-9817(松村)sihomura@gmail.com 
お名前と何kg必要かお伝えください(できるだけおはやめにおねがいします)
http://happy.ap.teacup.com/momonoie/



朝鮮高級学校無償化
●10月9日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



出生前診断
●10月10日(水) 14時~16時 豊中人権まちづくりセンター(阪急岡町駅 https://www.city.toyonaka.osaka.jp/shisetsu/sonota/toyo_center/index.html
人権文化のまちづくり講座
戦後日本における強制的な不妊手術から現在の出生前診断を考える
講師:利光恵子
参加無料
連絡:06-6841-1313
http://www.kinyobi.co.jp/event/20181005_002661.php



9条改憲
●10月11日(木) 午後6時45~8時半 キャンパスプラザ5階 第1講義室(ビックカメラ前、JR京都駅ビル駐車場西側 http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access
9条改憲を許すな!安倍政権退場!!決起集会
報告:福山 真劫さん(戦争させない・九条壊すな総がかり行動実行委員会/フォーラム平和・人権・環境共同代表)
〇リレースピーチ
〇政党にも参加を要請しています。
「安倍9条改憲ノー!アクション京都」をつくってからもうじき1年になります。9条改憲は許さない署名は、全国で1800万筆、京都府で33万筆を突破しました。
6月12日には、アメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金正恩国務委員長の歴史的な首脳会談が開かれ、「朝鮮半島の完全な非核化へのゆるぎない決意」が語られるとともに「朝鮮半島に永続的で安定した平和体制の構築」が宣言されています。
こうした中でも安倍政権は、日本の若者たちを海外の戦争に引き出す「9条改憲」を執拗に追い求めています。私たちは、市民や労働組合、団体・グループでの運動をさらに広げ、安倍政権が固執する「憲法9条の改悪」をなんとしても断念させる決意です。
10月11日は、これまで憲法改悪を許さない運動を進めてきた市民や労働組合、団体・グループの人たちが一同に会して、さらに強力な運動を広げるための決起集会です。
これまで運動に参加されてきた方も、初めての方も大歓迎!
ぜひ、ご参加ください。 主催:安倍9条改憲ノー!アクション京都会場カンパあり
主催:安倍9条改憲ノー!アクション京都 9条京都の会 電話050-7500-8550)
https://www.facebook.com/events/325787861509685/



森友学園問題
●10月11日(木) 18時~19時 北大阪急行線(地下鉄御堂筋線から直結)桃山台駅前バス乗り場付近
安倍首相と松井知事に森友学園問題の責任を取らせるためのマイクアピールとビラ撒き
主催:森友学園問題を考える会



●10月12日(金) 13時~17時30分(途中入退場・可)上智大学大阪サテライトキャンパス(「サクラ ファミリア」(大阪梅田教会)4階会議室 中津駅4番出口徒歩2分 阪急電車梅田駅の茶屋町口徒歩4分 http://www.sophia-osaka.jp/campus/) 
3.11避難者と避難者に心を寄せてくださる皆さまのための Free English Cafe&情報交換会
Free English Cafe のご案内です。ご関心のある方々をご招待いたします。英会話のスキルUPにご活用ください(^^)
タイムテーブル:
1:00-3:00 Free English Cafe with Evacuees and Friends
3:00-5:30 自由学習・情報交換のための交流会
※English Cafe は講義無しで、できるだけ自由 chatting や、できれば discussion ができましたら・・・
※途中入退室、可能です。ご自由にお立ち寄り下さい。(教室では飲食禁止です。ロビーでは大丈夫です。)
参加費:会場が、ドネーション制です。   
参加対象者:3.11避難者と心を寄せてくださるFriends
お申込み:特に不要です
お問合せ:sandori2014@gmail.com
主催:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (略称:サンドリ)
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1974.html



●10月12日(金) 関西電力本社前(「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:00頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:30 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●10月12日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●10月12日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●10月12日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&パレード



●10月12日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に!



日本軍「慰安婦」問題
●10月12日(金) 17時15分~18時15分 大阪市役所西側歩道(御堂筋に面した歩道 地下鉄/京阪 淀屋橋駅1号出口からすぐ)
サンフランシスコ市との姉妹関係を独断で解消した吉村大阪市長への抗議行動
すでにご存じのように、吉村大阪市長はサンフランシスコ市に建てられた「慰安婦」メモリアル碑をめぐって、「事実と異なる」「日本バッシングだ」などと批判し続けた末、10月2日、姉妹都市関係解消を発表しました。これに対して、サンフランシスコのロンドン・ブリーツ新市長は、60年以上続けられてきた市民の交流を一方的に終わらせた吉村市長の態度を非難しました。市民の交流を目的とする姉妹都市関係を政治の道具として圧力をかける吉村市長の行動は決して許されません。また、戦時性暴力被害者の痛みと歴史を記憶し、繰り返させないというサンフランシスコ市民と議会の意志を否定するものです。イラク出身のナディア・ムラドさんはISによる性暴力を訴え、このたびノーベル平和賞を受賞しました。吉村市長のこの度の行為は、こうした国際社会の流れにも反し、日本軍のおこなった性奴隷被害女性への暴力を正当化し、加害国としての責任をないがしろにする行為にほかなりません。
私たちはもう黙って見過ごすことはできません。みなさん、ともに行動に結集してください!
よびかけ:日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク http://www.ianfu-kansai-net.org
連絡:tel 090-8383-4197



カジノ
●10月12日(金) 午後6時半~クレオ大阪西(JR・阪神西九条駅南へ徒歩3分 http://www.creo-osaka.or.jp/west/access.html
うずみ火講座「大阪に字カジノはいる?いらない?」
統合型リゾート(IR)施設整備法が成立し、カジノが公に認められることになりました。大阪では大阪湾の人工島「夢洲(ゆめしま)」が候補地。大阪府・市は万博とセットで誘致するビジョンを描いています。しかし依存症対策、防災対策などは置き去りのままです。市民団体「カジノ問題を考える大阪ネットワーク」代表で、阪南大教授の桜田照雄さんにカジノ法の問題点、社会が抱えるリスクについてお話ししていただきます。
資料代:読者1000円、一般1200円、学生・障がい者700円
https://www.facebook.com/events/325151471368613/



琉 球
●10月12日(金) 18:30~21:00 龍谷大学深草学舎和顔館B-103教室(JR奈良線「稲荷」駅南西へ徒歩約8分 京阪本線「深草」駅西へ徒歩約3分 地下鉄烏丸線「くいな橋」駅東へ徒歩約7分 https://www.ryukoku.ac.jp/about/campus_traffic/traffic/t_fukakusa.html
第16回公開シンポジウム
「なぜ、琉球遺骨返還請求訴訟を闘うのか―学知の植民地主義を問い、琉球人の尊厳回復を目指して」

「東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会」は、2017年6月に札幌において第6回公開シンポジウム「反差別・反ヘイト・自己決定権を問う」、同年12月に京都において第10回公開シンポジウム「東アジアにおける琉球人遺骨返還問題」をそれぞれ開催し、琉球人とアイヌが直面する差別、植民地主義そして遺骨返還という自己決定権行使の可能性等について議論し,日本の植民地主義を批判した。さらに2018年1月、琉球大学において本研究会は「琉球人・アイヌ遺骨返還問題にみる植民地主義に抗議する声明文」を決議し、関係方面に送付した。これまでの議論を踏まえ、「琉球遺骨返還請求訴訟」に関する公開シンポジウムを開催する。学知の植民地主義を問い、遺骨返還と再風葬の正当性を明らかにし、本件に関する訴訟の必要性について議論を行う。多くの皆様方のご参加をお待ちしています。
基調報告:「なぜ、琉球遺骨返還請求訴訟を闘うのかー学知の植民地主義を問い、琉球人の尊厳回復を目指して」(
 松島泰勝(龍谷大学教授、琉球民族遺骨返還研究会代表、本研究会共同副代表)
シンポジウム「琉球人遺骨を巡る、学知の植民地主義と信教や人格の尊厳について」
 司会 川瀬俊治(ジャーナリスト)
【パネリスト】各20分
・ 山内小夜子(真宗大谷派解放運動推進本部委員)
・ 冨山一郎(同志社大学教授、同志社大学〈奄美・沖縄・琉球研究センター〉代表)
・ 丹羽雅雄(たんぽぽ総合法律事務所代表、弁護士)
・ 出原昌志(アイヌ・ラマット実行委員会共同代表)
・ 松島泰勝
お問い合わせ先:松島泰勝080-9126-4554、matusima345@gmail.com
参加費:非会員のみ500円(資料代として)※事前申し込みは不要です。
http://www.labornetjp.org/EventItem/1538981387080ylaur/event_view



部落問題
●10月12日(金) 18:30~京都部落問題研究資料センター(鞍馬口徒歩2分 http://shiryo.suishinkyoukai.jp/
2018年度「差別の歴史を考える連続講座Ⅱ」
「強制立ち退きから居住の権利実現へ-在日朝鮮人集落ウトロ事例から-」
講師:斎藤正樹さん(ウトロを守る会)
無料
主催:京都部落問題研究資料センター
http://shiryo.suishttps://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=389#hinkyoukai.jp/setumei/index.html



日朝関係史
●10月12日(金)※毎週金曜日 18時25分~19時55分 同志社大学今出川キャンパス 至誠館(S)1教室(地下鉄烏丸線 今出川駅から徒歩1分)
同志社大学日朝関係史講座 総合テーマ:継続する日本の植民地支配と朝鮮
「帝国の慰安婦礼賛と日韓合意からみる日本の植民地主義」
方清子(パンチョンヂャ)さん(日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク共同代表)
朝鮮半島情勢が激動する歴史的ないま、植民地主義とその根深さについて考えてみませんか。
無料・どなたでも参加できます。
主催:同志社KOREA文化研究会 doshisha_koribun★yahoo.co.jp
https://www.facebook.com/460572927408385/photos/a.461093490689662/1355485341250468/




●10月12日(金) 18時半~21時 同志社大学寒梅館6階大会議室(地下鉄今出川駅 https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/muromachi.html
ドキュメンタリー『湖の娘~アンデスの水を守る』上映+トーク
講師:一井リツ子
参加費:1000円
主催:ブエナワイカ+インタグ実行委(075-601-6409)
http://www.kinyobi.co.jp/event/20181005_002661.php



女性と政治
●10月12日(金) 19時~21時 メタモルホール(劇団態変稽古場)(JR東淀川駅東口徒歩3分。直進して、ケーキ屋カレンの角を右に曲がってすぐ。 http://taihen.o.oo7.jp/meta/meta_map.htm)
おしゃべりサロン vol.12「いまこそ女が政治に踏み出すとき」
この夏、東京医科大学の入試で女子受験者の得点を一律減点し、合格者数を抑えていたことが発覚、大問題となった。男が多い医師の世界(2014年時点、女性医師は20.4%)。とはいえ、このような女性差別が行われていたことに衝撃が走った。
医師の世界のみならず、女性の参加が圧倒的に少ない場は他にもある。政治の世界もそうだ。
2018年現在、国会議員のうち、女性の衆議院議員は10.1%(465人中47人)、参議院議員は20.7%(242人中50人)。これは世界の193カ国のうち157位という低い割合だ。
そんななか、今年5月、国会や地方議会の選挙において、各政党に男女候補者の数を「できる限り均等」にする「努力義務」が定められた。
しかし、女性政治家の数が増えればそれでよいのだろうか。
アメリカでは、あのトランプ大統領に対抗する女たちのうねりが沸き起こっている。日本にも、男中心社会と闘ってきた先達の女たちがいる。いまこそ彼女たちから知恵と勇気を引き継ぎ、力を結集し、より大きな動きを作っていかなくては。
次回の選挙は、2019年4月、参議院選挙と統一地方選挙。残された時間はない。
いいかげん、動き出そう。集え、怒れる女たち。
※ゲストに、栃木県那須塩原市(旧黑磯市)市議会議員を通算22年間務められた早乙女順子さんをお呼びし議論を盛り上げていただきます。
<ゲスト プロフィール>
そうとめ・じゅんこ
35歳のとき、男ばかりの議会を変えようと、栃木県那須塩原市(旧黑磯市)市会議員選挙に、選挙公示日4日前に無所属で立候補し当選。通算22年間議員を務めた後、一市民に戻る。
参加費:500円
定員:40名(お早めにメールでお申込みください。「怒れる女たち」に賛同する男性は参加可能)
申し込み:osyaberi.salon@gmail.com
https://www.facebook.com/events/674534602926540/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村



プロフィール

Akko

Author:Akko
清志郎大好き。
旅行大好き。
ドイツ大好き。
でも最近忙しくて、旅行に行けません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR