FC2ブログ

10/6(土)14時~戦争あかん!ロックアクション 御堂筋サウンドデモ@新阿波座公園(本町) 

20181006チラシカラー


沖縄知事選、玉城デニー勝利!!!

実現不可能な嘘の公約、デマの拡散、企業を使っての佐喜眞陣営への期日前投票強要、、、ありとあらゆる姑息で不正な手段を使って、沖縄知事選にいどんだ安倍政権が、沖縄の民意に屈しました。

これは安倍政権の終わりの始まりではないでしょうか。
いえ、私たちの手で、これを安倍政権の終わりの始まりにしなければなりません!

ここ大阪の地でも、戦争いらん!安倍政権NO!の声を元気に上げていきましょう!

10月6日は土曜日です。久々に本格的なサウンドカーをだして、人通りの多い秋の御堂筋を音楽とともに練り歩きます。
心に染み入る音楽と元気なコールで、わたしたちの思いを沿道のみなさんに伝えましょう!


●10月6日(土) 14:00~新阿波座公園(本町駅23番出口すぐ)14:55~デモ出発
戦争あかん!ロックアクション♪御堂筋♪サウンドデモ

音楽:Swing Masaさん、まっすん
★サウンド隊、大募集!

主催:戦争あかん!ロックアクション



新阿波座公園アクセス
https://www.mapion.co.jp/m2/34.68102943,135.49555771,16/poi=KP706709



20181006チラシ仮



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

(10/4更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2018年10月1日(月)~5日(金) 

★10/4追加情報
●10月5日(金) 19時~21時 立憲Cafe(大阪市中央区内)
パートナーズ企画「Pride Session」talk with 尾辻かな子



【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-383.html




■10月1日(月) 深夜午前00:55~01:25 読売テレビ、日本テレビ系列
NNNドキュメント「崩蝕の国土 増え続ける所有者不明土地
持ち家率日本一の富山。日本の原風景と言われ、大きな屋敷が点在する地域でも所有者不明の家や土地が増え、老朽化した空き家が住民を苦しめている。相続未登記の山林は境界線不明で手入れされず、農地は耕作放棄され荒れ果てている。全国の所有者不明の土地は410万ヘクタール。九州の面積を上回る広さとみられる。国土を崩し蝕んでいく所有者不明の土地。拡大を食い止める術はないのか。その背景と実態に迫る。
http://www.ntv.co.jp/document/



障害者代筆投票訴訟
●10月1日(月) 15:00~大阪地方裁判所 202号法廷(地下鉄淀屋橋より北東へ8分 大阪市役所の北側、橋を渡り直すぐ http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/)
障害者代筆投票訴訟 第6回口頭弁論
当たり前の選挙 投票権・民主主義の基本は障害者にはないの?

応援してください! 傍聴して ください! シェアしてください!
◇報告会:裁判終了後は弁護士会館(予定)であります。
前回の口頭弁論
・投票の方法を決める立法の憲法適合性の判断基準について、平成9年最高裁判決を引いて投票の秘密の優越性を主張している。
・「憲法が保障するのは「投票権」だけであり、投票の方法(代筆投票など)は補償していない」という被告国の考え方に対し、私たちは投票権は秘密投票と一体となったものであり、法律で「自書方式」をとったなら、自書能力のないものにはそれを補う措置(代筆)が当然取られるべきである、と考える。
それは当然、秘密投票と一体となった投票権であるから、秘密投票を守るためには「自己の望むものによる代筆」でなければならない。
その点を、障害者基本法が定める「合理的配慮」や、公選法が「投票補助者の立ち入りを許容していること」などから裏付けている。
・先の豊中市長選で、中田氏が自己の望むヘルパーで実際に投票できたとい主張である。原告が自己の望むヘルパーで代筆投票ができたのであり、しかも、このことによって何ら支障も、公正を欠くという事態も生じていない。
これらに対して国はどう答えるのか?
概 略:
2016年7月10日の参院選期日前投票,これまで通り介助者の代筆で投票しようとすると拒否された.投票日に弁護士と一緒に行ったがやはり拒否された.豊中市の中田泰博さんが介助者による代筆投票の確認と損害賠償を求めて国を訴えた.通常誰でも,投票の内容を知らない人に伝えたり,話したりしないですよね?話すとしても気心の知れた人だからこそです.しかし,字が書けない人の場合,初めて会う人や近所の人など信頼関係ができていない人に伝えないといけないと法律に書かれています.
でも憲法15条4項にわざわざ
「すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない」
と書かれていますが,これに字の書けない人は除外されて良いのでしょうか.つまり民主主義の基本である選挙で,本人が信頼する人に代筆できるようにと望んでいます.こうした取り組みに,ぜひ皆さんのお力を貸してください.
お問合せ:「障害者の代筆投票に合理的配慮を!国賠訴訟」を支える会
TEL/FAX 06-6844-2280
ツイッター   https://twitter.com/ra_senkyo
フェイスブック https://www.facebook.com/groups/1188466994596973/
https://www.facebook.com/events/261515151142071/



■10月1日(月)(再放送) 午後01:00~01:50 NHK BS1
BS1スペシャル「欲望の時代の哲学~マルクス・ガブリエル 日本を行く~」
若き天才、ヨーロッパの知性の新たな継承者と称されるマルクス・ガブリエル。彼の思想が欧米ではもちろん、日本でも話題となり広がりを見せている。格差、分断、民主主義の危機も叫ばれ、テクノロジーが皮肉にも人々に恩恵のみならず不安とストレスを生んでいる時代に日本の可能性は?さまざまな分野の知性、街行く人々など多くの偶発的な対話も取り込んだ対話の旅。その軌跡から見えるのは?2018年日本の予定調和なき思索紀行
http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2018-10-01/11/7033/2225584/



■10月1日(月)(再放送) 午後05:00~05:50 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー「塀の中の“自由”~アフガニスタンの女性刑務所」
イスラム色が強まっているアフガニスタンでは、女性は外出時に全身を覆うブルカを着用している。しかし、女性だけの刑務所でその必要はない。厳格なイスラム規律の象徴であるブルカを脱いだ服役囚たちは、自分を支配する男性と社会全体から解放されてより自由な生活を送っているようにさえ見える。
自分の夫から逃げた罪で入所したナジベ。好きな男性と結婚するつもりで逃げて捕まったサラ。彼女たちは助け合いながら暮らし、時には歌い、踊り、笑う。
しかし、彼女たちがカメラに向かって語り始めると、それぞれの悲惨な境遇が徐々に明らかになってゆく。
家庭内暴力、少女の売買や結婚の強要などが頻繁に起き、夫に罪を犯した妻を殺す権利があるというアフガニスタンの女性を取り巻く現実は、私たちに大きな衝撃を与える。
外国人の目にほとんど触れることがなかったアフガニスタンの刑務所に入り込み、必死に生きのびる女性たちの非日常的な日常をとらえた作品。
前作「タリバンに売られた娘」で反響を呼んだニマ・サルベスタニ監督が、アフガニスタンの女性虐待問題に再び迫る。
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=130307



■10月2日(火) 深夜午前00:00~00:50 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー「イラン 禁断の扉」
イスラムの厳格な戒律が敷かれるイランだが、秘密の扉の内側で“自由”で“欧米風”の暮らしを楽しむ人々も。若者や女性の知られざる素顔を、隠しカメラでとらえた!
イスラム革命前のイランでは、欧米の最先端の流行に敏感な家庭も多かった。宗教警察が厳しい目を光らせる今も、夜、秘かに開かれるパーティーに若い男女が集い、アメリカの音楽やマリファナをヒザが破れたジーンズ姿で楽しむ。密造酒ビジネスに手を染めるカップルも。美容室の重い扉を開くと、派手なメイクや衣装で主婦たちがオシャレを競う・・・当局に捕まるリスクを冒しても“戒を破る”庶民の姿を、フランスの取材班が潜入取材。
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=181002



●10月2日(火) 18時半~ハートピア京都 京都府立総合社会福祉会館(地下鉄「丸太町」5番出口すぐ/市バス・京都バス・JRバス「烏丸丸太町」下車 烏丸丸太町下ル東側 075-222-1777 http://www.heartpia-kyoto.jp/access/access.html
京都反原発めだかの学校・学習会
~福島や関東の土ホコリの放射能を測り続けて~
原発事故は「なかったこと」にはならない!
=詳細なデータと写真から=
お話:河野益近さん(元京都大学大学院工学研究科原子核工学専攻・教務職員)
参加費:500円
連絡先:070-5433-1603
https://blog.goo.ne.jp/543142011/c/985b286dea7f19542bc452b9ac9aab23



食品ロス
●10月2日(火) 13:30~15:00 大阪YWCA千里(阪急北千里駅最寄り https://www.google.co.jp/maps/place/34°49'09.8%22N+135°30'25.3%22E/@34.81939,135.507035,13z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d34.81939!4d135.507035)
みんなで減らそう 食品ロス学習会
内容:「食品ロス」とは、まだ食べられるのに捨てられてしまう食品のことです。その問題点や、「食品ロス」に対する取組み、普段から私たちができることは何かを一緒に考えてみませんか。
参加費:600円
主催:公益財団法人大阪YWCA
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1002.pdf



朝鮮高級学校無償化
●10月2日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



■10月2日(火)(再放送) 午後05:00~06:00 NHK BSプレミアム
ザ・プロファイラー「天才科学者の栄光と悲劇~アインシュタイン~」
岡田准一がMCを務める歴史エンターテインメント。相対性理論を発見した天才科学者アインシュタイン。それまでの常識を打ち破った理論は、聖書への不信や軍国主義的教育への反発から生まれた「権威」を疑う姿勢から生まれたものだった。だが、自らが「権威」となると、最新の理論を認めることができなくなってしまう。そして、熱烈な平和主義者であったにもかからわず、アメリカに原爆開発を進言してしまう。
http://www4.nhk.or.jp/profiler/x/2018-10-02/10/34800/2285513/



日本軍「慰安婦」問題
●10月3日(水) 19時~20時 梅田ヨドバシカメラ前東南角
日本軍「慰安婦」問題の解決を求める水曜行動
歌や踊りをまじえ、道行く人々に「慰安婦」問題の真の解決について訴えます。
今回は、9月末、「慰安婦」被害女性の碑建設1周年記念式典参加のため関西ネットメンバーがサンフランシスコを訪問した報告や、ハルモニたちが台風被害支援金伝達のため朝鮮学校を直々に訪問してくださった報告などもあります。ぜひご参集ください。
主催:日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク



京 大
●10月3日(水) 12:00~総人広場(https://ja.foursquare.com/v/総人広場/51cdc53f498eb0b9970e2982)
10.3京大解放・ザッツ集会!
学費高騰 タテカン規制 自治寮つぶし 留学生との交渉拒否 見せしめ処分 
改憲すすめる政府の良いなり!? NOW GOING!!
主催:京都大学全学自治会同学会 執行委員会
連絡E-mail dougakukai.kyoto@gmail.com
https://www.facebook.com/dougakukai/photos/a.1741809862700463/2155816567966455/?type=3&theater



●10月4日(木) 16時~19時 滋賀県庁正面噴水前(JR大津駅から徒歩5分 大津市京町四丁目1番1号 http://www.pref.shiga.lg.jp/guide/chosha/index.html
滋賀県庁前すわりこみ
https://nonukesiga.exblog.jp/27119761/



●10月5日(金) 関西電力本社前(「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:00頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:30 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●10月5日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●10月5日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●10月5日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&パレード



●10月5日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に!



ライブ
●10月5日(金) 18:45~小劇場「ほっとすていしょん」(谷町六丁目⑥番出口東へすぐ https://tabelog.com/osaka/A2701/A270204/27091475/dtlmap/
趙博芸人生活35周年 パギやん三連発 第一弾 パギ版浪曲:広沢虎造『清水次郎長伝』より
チケット¥2500(ワンドリンク付き)
主催:アジール空堀
連絡TEL090-3712-5346
https://jimmin.com/events/event/趙博芸人生活35周年%e3%80%80%ef%be%8a%ef%be%9f%ef%bd%b7%ef%be%9eやん三連発%e3%80%80第一弾/



神 戸
●10月5日(金) 10:30~12:30 神戸市勤労会館 405号室(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html
坪井兵輔さん講演会「神戸で、起きてきたこと。」
講師:坪井兵輔さん
坪井さんは毎日放送でざまざまなドキュメンタリー作成に関わられ、今は大学の先生です。今回は、第二次世界大戦時に神戸でどんなことが起きていたのか、番組では語り切れなかったことや、今、私たちが暮らす神戸はどんな都市なのか? 今、日本で、とりわけ、神戸で、何が進行しつつあるのか、お話しいただきたいと思います。
【プロフィール】大阪府豊中市出身 神戸市在住
1995年 民間放送局で報道カメラマン、神戸支局員
2003年 BERLIN支局特派員(自衛隊イラク派遣、ドイツの戦後60年など取材)
2006年 ラジオ局記者、ちちんぷいぷい報道担当ディレクター
2012年 ドキュメンタリー専属ディレクター
「獄中13年~独裁政権に立ち向かった在日コリアンの青春」「見えない基地~京丹後・米軍基地を追う」
「知られざる最前線~神戸が担った日米同盟」「家族づくり~里親と子どもたち」など
2017年 阪南大学国際コミュニケーション学部准教授
参加費:組合員300円 一般500円
定 員:100名
託 児:400円(一般600円)
※1歳半以上のお子様は必ず申込みください。
※1歳半未満のお子さま会場同伴可
※託児申込締切9/24(月) ※定員4名
持ち物:筆記用具
応募締切:10/3(水)
コープ自然派兵庫 ビジョン平和主催【イベントID:18181257】
イベントのお申し込み先:
①【組合員サービスセンター】
TEL:0120‐408‐300(携帯・IPフォンからは088‐603‐0080)
「営業日」月~金 「営業時間」8:30~20:00
②【組織企画部】Eメール:event18@shizenha.co.jp FAX:078‐998‐1672
https://www.facebook.com/events/291898468064292/
http://www.shizenha.ne.jp/hyogo/detail/5/index.html?articleId=23351



朝鮮半島
●10月5日(金)※毎週金曜日 18時25分~19時55分 同志社大学今出川キャンパス 至誠館(S)1教室(地下鉄烏丸線 今出川駅から徒歩1分、京阪出町柳駅から15分 https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/imadegawa.html)
同志社大学日朝関係史講座 継続する日本の植民地支配と朝鮮
「在日朝鮮人3世がみる朝鮮半島情勢」

講師:金秀煥(キムスファン)さん(京都同胞生活センター)
朝鮮半島情勢が激動する歴史的ないま、植民地主義とその根深さについて考えてみませんか。
10/12「帝国の慰安婦礼賛と日韓合意からみる日本の植民地主義」
  方清子(パンチョンヂャ)さん(日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク共同代表)
10/19「朝鮮通信史のユネスコ世界遺産登録の意義」
  仲尾宏さん(京都造形芸術大学)
10/26「第三世界と朝鮮」  
  林裕哲(リムユチョル)さん(朝鮮大学校)
11/2「植民地主義とヘイトクライム」
  金東鶴(キムドンハク)さん(在日本朝鮮人人権協会)  
11/9「植民地期在日朝鮮人の生活と運動―京都を中心に」
  水野直樹さん(立命館大学)
11/16「パレスチナについて」
  岡真理さん(京都大学) 
11/30「民族教育を守り、つくる在日朝鮮人ー脱植民地化を目指して」
  呉永鎬(オヨンホ)さん(世界人権問題研究センター)
12/7「一日の統一、ひとときの統一~南北の出会い、過去から未来へ」
  梁愛舜(ヤンエスン)さん(本講座顧問・立命館大学)
無料・どなたでも参加できます。みなさまのご参加お待ちしております
主催:同志社KOREA文化研究会 doshisha_koribun★yahoo.co.jp
https://www.facebook.com/460572927408385/photos/a.461093490689662/1355485341250468/



ロシア
●10月5日(金) 午後6時~午後9時 エル・おおさか南館南101号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
講演会「笑いの大国ロシアを語る~「アネクドート(小話)」に現れた庶民の心」
参加費:800円(ドリンク付き)
予約:準備の都合上、事前予約をお願いします。
予約・問合せ:Tel&Fax:06-6266-1375 090-2708-8569
e-mail:Osaka-nichiro@mbr.nifty.com
主催:大阪日ロ協会



NEW
マイノリティ
●10月5日(金) 19時~21時 立憲Cafe(大阪市中央区内淡路町2-3-1 EHH大手前1F)
パートナーズ企画「Pride Session」talk with 尾辻かな子
新潮社発刊の「新潮45」に掲載された性的マイノリティへの差別的な言葉をめぐって政治の現場で、街で、身近なところで何があったのか、そして今の状況を乗り越え決して屈しないために、私たちはどのように動いていくのか尾辻かな子議員と一緒に語り合いましょう。
対象:どなたでも
参加費:無料
申し込み:不要
定員:20名
問い合わせ先:contact@cdp-osaka.jp 06-6941-3015 立憲民主党大阪府連合
https://www.facebook.com/events/302197160558984/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村




脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2018年9月30日(日)

9/30は台風直撃の予報のため、中止、延期になる集会が多いと思います。中止決定のところはその情報を掲載しますが、その他の集会は確認してください。



【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-383.html




■9月30日(日) 午前04:55~05:25 ABCテレビ、テレビ朝日系列
テレメンタリー2018「ひとものこころ~『型』が拓く未来~」
愛知県常滑市の伝統産業である「常滑焼」の型メーカーは急須などの量産に欠かせない石膏の「型」を半世紀以上にわたって製造してきた。しかし陶器産業の低迷により、「型」の技術を活かして乳がんで乳房を失った女性向けの人工乳房を作っている。去年、依頼されたのは、交通事故で全身に熱傷を負い、手の指や耳を失った女性のための人工部位だ。
依頼者の女性は、育ち盛りの3人の子供を持つ母親だ。「普通にできていたこと」が突然できなくなり、絶望したこともある。難しい依頼に戸惑いながらも、依頼者の回復に協力することを決めた。人の心、未来を変える、ものづくりの現場を追った。
https://www.tv-asahi.co.jp/telementary/



■9月30日(日) 午前05:00~06:00 NHK Eテレ 
こころの時代~宗教・人生~「外国人収容者と共にありて」
難民認定を待つ外国人などが収容されている長崎県大村入国管理センター。強制退去を待つ身だが、帰国すると身の危険があるなどの事情を抱え、長期収容が常態化している。先の見えない日々の中で極限状況に達する人たち。牧師の柚之原寛史さんは2005年から13年間のべ3800人と面会を続け、その悲痛な声に耳を傾けて来た。全国に例のない礼拝活動もしている。その背景には、彼自身が経験した人生の苦しみや目覚めがあった。
http://www4.nhk.or.jp/kokoro/x/2018-09-30/31/34061/2008317/



●9月30日(日) 10時~16時半 茨木市福祉文化会館101号室
原発いらない!放射能被ばくゆるさない!写真展とお話を聴く会
写真展中にDVD上映とお話があります。
13時~14時 DVD上映「漂流するトモダチ」
14時~15時半 エイミ・ツジモトさんのお話
・写真展について
福島県三春町在住の写真家、飛田普秀氏の写真を展示します。
原発事故後、飛田さんの故郷福島で、ふつうの人々の暮らしの中から、
原発事故の傷跡や苦しみを切り取り直視した写真は、変わりゆくもの、決して変わらないものへの優しくも厳しい眼差しを感じさせます。
・上映会とお話について
「漂流するトモダチ」
アメリカの被ばく裁判とは何か?をテーマに、米国ワシントン州出身フリーランス国際ジャーナリストであるエイミ・ツジモトさんのお話を聴く会を持ちます。7年半前、東北大震災時、米軍原子力空母ロナルド・レーガン号が「トモダチ作戦」と称して、災害支援救助活動を行いました。被ばくによる様々な症状は、早いうちから兵士たしに現れ、病状の悪化は進み、すでに9名が死亡しています。しかし、米軍は病状と被ばくの因果関係を認めません。その後、退役した元兵士は裁判に立ちあがりました。エイミ・ツジモトさんは、この原発事故による放射能被ばくを訴える裁判に関心を持ってほしいと米国および日本各地で訴えておられます。今や、放射能被ばくの問題は一国だけの問題ではありません。ぜひ耳を傾むけてください。
主催:放射能から子どもを守る会・茨木
山本080-3113-2304 垣内070-5668-2126
http://kansapo.jugem.jp/?eid=394



台風のため中止
●9月30日(日) 午後1時30分~4時 エルおおさか視聴覚室
《猫塚医師ガザ緊急報告》
「帰還大行進」で銃撃された若者たちを治療して
講師:猫塚義夫(整形外科医、北海道パレスチナ医療奉仕団団長)
主催:猫塚医師ガザ緊急報告実行委員会
共催:パレスチナの平和を考える会/北海道パレスチナ医療奉仕団
連絡先:Email: palestin.forum@gmail.com
Tel: 06-7777-4935 Fax: 06-7777-4925
http://palestine-forum.org/event/20180930.html



市民派議員
●9月30日(日) 14:00~16:00 垂水勤労市民センター 多目的ホール(JR・山陽/垂水駅から北東へ徒歩3分 https://www.kobe-kinrou.jp/shisetsu/tarumi/
森友学園の問題を追及してきた豊中市議 木村真さんの講演会
講演会「市民派議員にできること」
講師:木村真さん(豊中市議会議員)
参加費:無料
問い合わせ:メールアドレス:takahashi.tarumiku@gmail.com
電話:090-6377-2707
主催:高橋ひでのりと市政を考える会
講師の木村真さんは、現在3期目の豊中市会議員です。昨年2月に木村さんが国有地の激安払い下げ問題を世に問うて、森友学園事件が火を噴きました。 国有地の売買契約が非公開なのはおかしい、と公開を求めて提訴し、メディアに訴えたのです。木村さんはもともと「一人ひとり 誰もが人として大切にされる社会へ」を合言葉に、市民相談を通じて地域の身近な課題に取り組んでこられた無所属市民派議員です。そんな木村さんが日頃から大切にされていることを学び、市民派議員にできることをみんなで考えましょう。
https://www.facebook.com/events/2254680274763228/



文書管理
●9月30日(日) 13時30分~17時 マイドームおおさか
文書管理は民主主義の基盤
知る権利ネットワーク関西 活動30周年講演会

記念講演 講師 三宅弘弁護士(内閣府公文書管理委員会委員) 
リレートーク 情報公開で取り組んできたこと
       今後の制度改正の方向
参加費:当日1000円 前払い800円
主催:知る権利ネットワーク関西
https://www.facebook.com/groups/670290836477398/permalink/999934596846352/
http://www.joho-kokai.jpn.org/schedule.html



台風のため中止
種子法廃止
●9月30日(日) 13:30~ひと・まち交流館 京都
命をはぐくみつなぐタネ~種子法廃止でどうなる農と食の未来
講師:松平 尚也さん(耕し歌ふぁーむ)
参加費:500円(割引を希望される方は受付でお申し出ください)
    ※(お茶と軽食付)17時終了予定
農業において機械化、効率化などの企業化が進む流れの中で、小さな農業が注目され、大規模化に異議を唱える運動が広がっています。大地と人間をつなぐタネも種子法が廃止され、日本の食べ物の根幹を支えるタネの世界にも影響が及んでいます。いのちを生み出す農の世界はどうなっているのでしょう?「タネ」や「小農」をキーワードに、京北で農業を営む松平尚也さんと一緒に考えます。食卓の向こう側に目を向けてみませんか?
主催: グローバル・ジャスティス研究会
https://www.facebook.com/events/220899688563684/



映画上映会
●9月30日(日) 13:30~16:30 ハートピア京都3階ホール(烏丸丸太町南東)
国際婦人年京都集会
ドキュメンタリー映画「OKINAWA1965」の上映と報道写真家、嬉野京子さんの講演

参加費:1000円
1965年小さな女の子が米軍のトラックに轢き殺された。その写真を撮影された嬉野京子さん。米軍に指名手配され、漁船の船底ち身を隠して本島へ。米兵に隠れて撮影されたこの写真は、沖縄の現状を本土に広く伝えることになった。素晴らしい映画と講演です。男性の参加も歓迎です。ぜひ、たくさんご参加ください??
https://www.facebook.com/events/274611783148975/



台風接近のため、10/7に延期‌になりました。
格差社会
●9月30日(日) 14:00~17:00 NSビル9階(大阪市中央区谷町2-2-22)
市民社会フォーラム第226回学習会
雨宮処凛×松尾匡 どうする?日本の経済と格差社会
参加費:1000円
共 催:大阪を知り・考える市民の会/ひとびとの経済政策研究会  
お申込みなしでどなたでもご参加できますが人数把握のためご連絡くださればありがたいです。
メール:civilesocietyforum@gmail.com まで。
https://www.facebook.com/events/538034693280115/



平和憲法
●9月30日(日) 午後2時~4時15分 サクラファミリア・カトリック大阪梅田教会
「平和憲法とこの国の自立を考える」勉強会
第14回学びと祈りの集い「戦争文化から平和文化へ」スティーブン・リーパー講演会
広島平和文化センター前理事長スティーブン・リーパー氏の講演会「戦争文化から平和文化へ」
会費:無料
連絡:いのちと平和 090-3974-1166(弓場)



■9月30日(日) 午後07:00~07:30 NHK Eテレ
バリバラ「にしくんプレゼンツ・世界のマイノリティーツアー」後編
身長109センチ・にしくんが世界のマイノリティーを訪ねる旅の第2弾。インドでは、男でも女でもない「第三の性」、キンネルとよばれる人たちを取材。厳しい戒律の下で暮らし、自由がないキンネルたちだが、今、当事者が声を上げ、変わりつつある。ウガンダでは、「ウガンダ1醜い男」として人気のセバビを訪ね、彼が率いる障害者コメディー集団と夢のコラボ!壮絶な過去を笑いに変えて生きる彼らの生きざまに迫る。
http://www6.nhk.or.jp/baribara/next/#top



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2018年9月29日(土) 

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報


『沖縄スパイ戦史』(2018年/日本/114分/東風 配給)
「もう、忘れていいよ。わたしがここで、覚えてるから」
戦後70年以上語られなかった陸軍中野学校の「秘密戦」、明らかになるのは過去の沖縄戦の全貌だけではない――。
第二次世界大戦末期、米軍が上陸し、民間人を含む24万人余りが死亡した沖縄戦。第32軍・牛島満司令官が降伏する1945年6月23日までが「表の戦争」なら、北部ではゲリラ戦やスパイ戦など「裏の戦争」が続いた。作戦に動員され、故郷の山に籠って米兵たちを翻弄したのは、まだ10代半ばの少年たち。彼らを「護郷隊」として組織し、「秘密戦」のスキルを仕込んだのが日本軍の特務機関、あの「陸軍中野学校」出身のエリート青年将校たちだった。
1944年の晩夏、大本営が下した遊撃隊の編成命令を受け、42名の「陸軍中野学校」出身者が沖縄に渡った。ある者は偽名を使い、学校の教員として離島に配置された。身分を隠し、沖縄の各地に潜伏していた彼らの真の狙いとは。そして彼らがもたらした惨劇とは……。
「散れ」と囁くソメイヨシノ
「生きろ」と叫ぶカンヒザクラ
長期かつ緻密な取材で本作を作り上げたのは、二人のジャーナリスト。映画『標的の村』『戦場ぬ止み』『標的の島 風かたか』で現代の闘いを描き続ける三上智恵と、学生時代から八重山諸島の戦争被害の取材を続けてきた若き俊英、大矢英代。
少年ゲリラ兵、軍命による強制移住とマラリア地獄、やがて始まるスパイ虐殺……。戦後70年以上語られることのなかった「秘密戦」の数々が一本の線で繋がるとき、明らかになるのは過去の沖縄戦の全貌だけではない。 映画は、まさに今、南西諸島で進められている自衛隊増強とミサイル基地配備、さらに日本軍の残滓を孕んだままの「自衛隊法」や「野外令」「特定秘密保護法」の危険性へと深く斬り込んでいく。
●8/4~シアターセブン・第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html
9/29(土)~10/5(金) 10:00 第七藝術劇場(6階)
http://www.nanagei.com/movie/data/1255.html



『人生フルーツ』(2016年/日本/91分/東海テレビ放送 配給)
■好評につき、ロングラン上映中!
人生は、だんだん美しくなる。 むかし、ある建築家が言いました。家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない。
愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てた家。四季折々、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実が、妻・英子さんの手で美味しいごちそうにかわります。刺繍や編み物から機織りまで、なんでもこなす英子さん。ふたりは、たがいの名を「さん付け」で呼び合います。長年連れ添った夫婦の暮らしは、細やかな気遣いと工夫に満ちていました。そう、「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」とは、モダニズムの巨匠ル・コルビュジエの言葉です。
かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきました。1960年代、風の通り道になる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウン計画。けれど、経済優先の時代はそれを許さず、完成したのは理想とはほど遠い無機質な大規模団地。修一さんは、それまでの仕事から距離を置き、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめました─。あれから50年、ふたりは、コツコツ、ていねいに、時をためてきました。そして、90歳になった修一さんに新たな仕事の依頼がやってきます。
本作は東海テレビドキュメンタリー劇場第10弾。ナレーションをつとめるのは女優・樹木希林。ふたりの来し方と暮らしから、この国がある時代に諦めてしまった本当の豊かさへの深い思索の旅が、ゆっくりとはじまります。
●8/26(日)~シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
9/29(土) 休映
9/30(日)~10/3(水) 15:45(~17:21終)
10/4(木)・5(金) 休映
10/6(土)・7(日) 休映
10/8(月祝) 16:10(~17:46終)
10/9(火) 休映
10/10(水) 16:10(~17:46終)
10/11(木)・12(金) 13:50(~15:26終)
http://www.theater-seven.com/2017/movie_jinsei-fruits.html



『国家主義の誘惑 』
天皇 - 憲法 - 沖縄 - 原発 - 自衛隊 
彼らをいざなう政治の正体 異色のフランス発ドキュメンタリー

(2017年/フランス/54分/きろくびと 配給)
国益・国家の名の下に秘密裏に決裁、反対意見には耳を貸さず、新造語を連発し、嘘を通す─
日本社会の“いま”を浮き彫りにしたフランス発ドキュメンタリー
明治維新から今日までに見られる日本人の天皇・憲法・戦争観は歴史的にどのように“熟成” されてきたのか?
世界にナショナリズムの風が吹き荒れる中、2015年の公開作『天皇と軍隊』(2009年)で話題を呼んだフランス在住の渡辺謙一が、国際関係史・地政学の観点から国内外の論客によるインタビューも交え、日本社会を誘ういざなう政治の正体、日本人にとってのナショナリズムを問いかける。
果たして、取り戻さなければならないものは何なのか。本当に知らなければいけないことは何か。日本社会を俯瞰することで見えてくるものとは――
●9.8(土)~シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
9/29(土) 休映 シアターセブン
9/30(日)~10/5(金) 14:25(~15:24終) シアターセブン
http://www.nanagei.com/movie/data/1263.html



●9月29日(土) 14:00~16:00 解放県民センターホール(滋賀県人権センター)(JR膳所駅・京阪膳所駅より北東へ約1km・近江バス・京阪バス 馬場一丁目バス停より北東へ約250m http://www.shigajinken.or.jp/about_us.html)
原発と憲法 講演集会「海渡雄一かく語りき、原発いらない!9条変えるな!」
講師:海渡雄一(弁護士・脱原発弁護団全国連絡会議共同代表)
未曽有の惨事となった7年前の福島原発事故は原因究明も対処策も皆無。にもかかわらず原発再稼働にひた走る関西電力や安倍政権。そして同じ人たちが戦争できる国づくり・憲法9条改悪を推進する。朝鮮の南北首脳会談と米朝首脳会談による平和への大きな流れ、そして福島事故に学んだ諸外国の脱原発への転換があるというのに。
日本の大企業と安倍政権の非常識と孤立・逆流を浮き彫りにし、湖国から立ち上がりましょう!東京五輪も大阪万博もカジノも軍事費拡大もいらない。原発全廃で近畿1450万人の命の水源:びわ湖と私たちの未来を守り抜きましょう!
※講演終了後、約30分のデモがあります。関電滋賀支店前を通り「Oh!Me大津テラス」(旧大津パルコ)前まで
参加協力券:500円 避難者・学生¥300 高校生以下無料
主催:さいなら原発・びわこネットワーク
問い合わせ:080-5713-8629(稲村)
https://www.facebook.com/events/2001026289909505/



●9月29日(土) 午後2時~国労大阪会館1Fホール(天満駅出口から徒歩約2分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/map/) 
グリーンズ セミナー「原発ゼロ社会を目指して」Part3
『フクシマの原発事故から7年!避難者の今を考える』

お話:森松 明希子さん
参加費:前売800円、当日800円 学生・障がい者(介助者含む)500円
主催:緑の大阪
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0929-1.jpg



●9月29日(土) 13:30~大阪民医連(創建本町ビル2階)(堺筋本町 http://www.oskmin.com/about/map.html
野党4党共同提案の「原発ゼロ法案」学習・討論会
講演:辰巳孝太郎(日本共産党参議員議員)「脱原発の運動と原発ゼロ法案」
主催:原発をなくし・自然エネルギーを推進する大阪連絡会(略称:原発ゼロの会・大阪)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0929-3.pdf



沖 縄
●9月29日(土) 1時50分~龍谷大学響都ホール校友会館(京都駅八条口正面)
「沖縄スパイ戦史」上映&大矢英代監督トーク
上映会と大矢英代監督のトーク 
参加費:1000円
主催:「沖縄スパイ戦史」上映&大矢英 代監督トーク実行委員会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0929-5.pdf



沖 縄
●9月29日(土) 14:00~同志社大学志高館K119教室(「今出川」駅から徒歩5分 https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/karasuma.html)
沖縄県知事選直前・第22回左京フォーラム
「苦難の沖縄 問われる本土」―「王国」併合から辺野古新基地強行への軌跡―
講師:元朝日新聞記者・ジャーナリスト 土岐直彦さん(戦争をさせない左京1000人委員会運営委員)
辺野古新基地の歴史から現在を問う「SAVE HENOKO」(35分)上映
沖縄は今、重大な試練に立たされている。翁長雄志知事急逝に伴う県知事選(9月30日投開票)の行方と、県が踏み切った、辺野古新基地建設計画に伴う埋め立て承認の撤回の行方。アジアの交易国家として繁栄した琉球王国の歴史を手始めに、明治期の王国併合、皇民化政策、過酷な沖縄戦、米軍占領など沖縄が抱え続けてきた「苦難」を改めてたどってみたい。見えて来るのは、「闘わざるを得ない」沖縄の姿だ。安倍政権と厳しく対峙し、命を削った翁長知事。6月23日の「沖縄慰霊の日」の平和宣言では、「沖縄の米軍基地問題は、日本全体の安全保障の問題」と、死期迫るなか意志の力だけで述べた。翁長氏の訴えにヤマトの私たちはどう応えるのか、共に考えたい。
出版記念講演会
資料代:500円
共催:戦争をさせない左京 1000 人委員会 同志社大<奄美-沖縄-琉球>研究センター No Base!沖縄とつながる京都の会
問い合せ:075-711-4832
https://www.facebook.com/events/266661307297436/?ti=icl



憲 法
●9月29日(土) 10:00~兵庫県民会館(JR・阪神「元町」より徒歩7分/地下鉄「県庁前」東1・2出入り口下車すぐ http://hyogo-arts.or.jp/arts/kenminmap.htm
前川喜平さん講演会「個人の尊重と幸福追求の権利と教育基本法について(仮)」
・10:00~憲法ミニ講座 byあすわか弁護士
・10:15~前川喜平さん(現代教育行政研究会 代表)のお話
     質疑応答・意見交換
・11:50~「憲法の歌」
みんなちがって、みんないい。自分の考えるしあわせをおいかけていこう。これは憲法の大事な根っこ。憲法がいちばん大事にしていることだよ!
参加費:1000円(当日にお支払いいただきます)
主 催:あすわか兵庫(明日の自由を守る若手弁護士の会・兵庫支部)
協 力:あすわか大阪/市民社会フォーラム
連絡先:TEL:078-371-2060/mail:asuwaka.hyogo@gmail.com(あすわか兵庫事務局:あいおい法律事務所 弁護士吉江)
https://www.facebook.com/events/243227009696534/



南 京
●9月29日(土) 13:30~国労大阪会館(天満駅出口徒歩約2分 扇町駅4出口徒歩約4分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/
「南京の記憶をつなぐ」結成のつどい
私たちは、過去の歴史を正面から見据え、同じ過ちを繰り返さないために、中国侵略の象徴である「南京大虐殺」の事実を明らかにしていこうと、2014年から実行委員会形式で取り組んできました。今年も、南京の記憶をつないでいく集いを12月に開催します。その実行委員会結成のつどいと講演会を開催します。ぜひ参加くださいますようご案内申し上げます。
記念講演「南京大虐殺、その時大阪では?-ちまたでは提灯行列や博覧会」
日中戦争開戦に至る歴史と、当時は国内(大阪)では戦勝気分や好景気に沸いていた、その具体的な状況を話していただきます。
講師:塚崎昌之さん(府立高校元教員)
<講師プロフィール> 1956年生。博士(文学)。元大阪府立高校社会科教員。現在は関西・大阪大谷・立命館大学非常勤講師として在日朝鮮人史等を教える。他に済州大学校在日済州人研究センター特別研究員、同志社大学コリア研究センター嘱託研究等員等を務める。共著に『植民地と軍隊・地域のなかの軍隊』第7巻他、戦争遺跡等にまつわるもの多数。大阪府下各地の戦争遺跡に関するフィールドワークを実施。
タイムスケジュール
①記念講演 「南京大虐殺 その時大阪では?」塚崎昌之さん
②「南京の記憶をつなぐ」結成集会・これからの取組と意義
③12月2日当日企画の紹介 映画上映「証言者―張秀紅」
 「南京の松村伍長」「南京引き裂かれた記憶」「アイリスチャン」
  南京を唄う-紫金草合唱団出演(予定)
参加協力費:500円
主催:「南京の記憶をつなぐ」実行委員会 090-8125-1757
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0929.pdf



満洲農業開拓
●9月29日(土) 午後3時~神戸学生青年センター(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/
今井良一さん講演会
「満洲農業開拓民―『東亜農業のショウウィンドウ』建設の結末」

(今井さんが同名の本を2018年1月、三人社より出版されています。)
<今井良一さんプロフィール>
1972年神戸生まれ、2007年京都大学博士(農学)、現在、関西学院大学等の非常勤講師。専門は、近代日本農業史、環境問題、地理学。今井清一さんと『環境教育論』2014年6月も出されています。
<以下、『満洲農業開拓民 「東亜農業のショウウィンドウ」建設の結末』序章より>
満蒙開拓あるいは満洲開拓とは、当初は日本内地の過剰人口対策(貧農対策)、満洲の「治安」対策、そして対ソ防衛としての性格が強かった。特に「治安」対策・対ソ防衛の役割は終戦まで重視され、開拓民の5割が満洲国とソ連との国境沿いに、4割が、当時、「匪賊」であるとか「馬賊」とよばれた反満抗日部隊の活動地域に入植した。
その後、満蒙開拓の最大の目的は、次第に帝国圏(円ブロック)における食糧確保へと変化していくが、それはいずれにしても東アジア農業のモデル(=「東亜農業のショウウィンドウ」)として、内地では到底望むことができなかった近代的大農業経営を、満洲の地に確立するという「大義名分」のもとに、「帝国」日本が威信をかけて取り組んだ国家的大プロジェクトであった。
農民であるはずなのに、その部分を抜きにして語られることも多い「満洲」農業開拓民であるが、はたして彼ら・彼女らは、理想とされた農業を営むことができたのであろうか。
参加費:500円
主催・問い合わせ先:神戸・南京をむすぶ会
TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878
後援:神戸学生青年センター
http://ksyc.jp/seminar/sonota-nankin20180929koenkai/



パレスチナ
●9月29日(土) 13:30~16:00 クロスパル高槻 視聴覚室(高槻市立総合市民交流センター)(JR高槻駅中央改札口を右へ出て京都方面線路沿い http://loco.yahoo.co.jp/place/g-6msUDgCskbU/)
第2次インティファーダ企画
パレスチナ、#私は帰る ナクバ70年とBDS運動

講師:役重善洋さん(パレスチナの平和を考える会)
資料代:800円
交流会 第2会議室 パレスチナごはん 別途500円
主催:オリーブの会
https://www.facebook.com/events/234073444102583/



パレスチナ
●9月29日(土) 午後6時半~8時半 エルおおさか(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
「米国大使館エルサレム移転と帰還大行進の歴史的意味」
講師:役重善洋さん(パレスチナの平和を考える会)
パレスチナ問題を生み出してきたシオニズムの問題の歴史と、その中での国際社会の責任、日本の関わりについて私たち自身の理解を深め、積極的に議論を作り出していくための学習会です。
主催:パレスチナ問題連続学習会実行委員会
賛同団体:ATTAC関西グループ 関西共同行動 パレスチナの平和を考える会
申し込みおよび問い合わせ:
ATTAC関西グループ(090-4280-3952 喜多幡)
パレスチナの平和を考える会 palestine.forum@gmail.com
https://www.facebook.com/events/316885315530069/



地方自治体
●9月29日(土) 14:00~16:30 ラボール京都(阪急西院駅東へ徒歩5分 http://laborkyoto.jp/access_map.php
ジェンダーカフェ⑥ 今、自治体の長に必要なこと
市の未来は、たしかな市民の暮らしにあってこそ!

スピーカー:くれはまゆみさん(前木津川市議会議員)
くれはまゆみさんは2003年に木津川町議会議員に初当選をされ、2007年、京都府相楽郡の木津町、山城町、加茂町の3町の合併を議員として経験された後、「ひとりひとりが尊重される市政に!」をキャッチフレーズに、もっと住みよい、市民が主役のまちづくりを目指して、2015年の市長選挙へチャレンジされました。
残念ながら当選には至りませんでしたが、その後も、市民の居場所づくりのために、『KIZUGAWA寺子屋』や『かぶと台ふれあい市』の定期開催、コミュニティバス改革のタウンミーティングなど、多岐にわたり活動を続けておられます。
「政治とは日々の暮らしと遠いところじゃない。市民力の向上がいる」と常に発信されている、くれはまゆみさん。今回は市長へチャレンジした経緯や、自治体の長に必要だと感じられている思いなどをお話していただきます。
主催:生活者ネットワーク
共催:e未来の会
参加費:300円



釜ヶ崎
●9月29日(土) 午後6時30分~西成市民館3階講堂(西成区萩之茶屋2-9-1 http://www.aizenen.or.jp/rinpo/info/nishinari/access
第14回釜ヶ崎講座学習会 釜ヶ崎講座×釜ヶ崎支援機構 タイアップ企画
仕事づくり集中講座 企業組合あうんから学ぶ

話題提供者:企業組合あうん 荒川茂子代表理事 
資料代:500円
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0929-6.pdf



ベーシックインカム
●9月29日(土) 13:00~17:00 国労大阪会館(天満駅出口徒歩約2分 扇町駅4出口徒歩約4分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/
関西ベーシックインカムフォーラム
日本初のベーシックインカムの映画を作られた増山麗奈さんと、「ベーシックインカムはなぜ議論が分かれるのか」のWEB記事を書かれた、立命館大学の松尾匡先生をゲストにお招きし、関西ベーシックインカムフォーラムを開催します。
増山さんの映画上映と講演。松尾先生の講演の後、質疑応答の後、希望者で懇親会開催
参加費千円。
申し込み・問い合わせ:yamashikaransapo@occn.zaq.ne.jp
このフェイスブックでのイベント告知での申し込みも受け付けます。
以下のブログ記事でも案内してます。
https://ameblo.jp/yamashika1959/entry-12379557403.html
https://www.facebook.com/events/1870810749886269/



政 治
●9月29日(土) 午後2時~寝屋川市民会館(寝屋川市駅東口115分 https://www.neyagawa-kaikan.jp/access/
社会党福島みずほさんと語る、安倍政権による改憲を許さない寝屋川市民集会
主催:社民党大阪府連合・寝屋川支部



■9月29日(土) 午後11:00~00:00 NHK Eテレ
ETV特集 アンコール「私は産みたかった~旧優生保護法の下で~」
“不良な子孫の出生を防止”するため障害者への強制不妊手術を認めていた旧優生保護法▽優れた命と劣った命を分ける“優生思想”の広がり▽人生を翻弄された人々はいま…
もしも、16歳に戻れるなら…自分でも知らないうちに子供を産むことができなくなった70代の女性は、悔しさと共に人生を振り返る。“不良な子孫の出生を防止”するため障害者に不妊手術を強制していた旧優生保護法。その数は16000人以上とされる。背景にあったのは、優れた命と劣った命を選別する“優生思想”。戦後日本で、なぜ優生思想は広がったのか。旧優生保護法を契機に、障害者の命をめぐる知られざる歴史に迫る。
http://www4.nhk.or.jp/etv21c/x/2018-09-29/31/32982/2259628/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村


(9/27更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2018年9月24日(月休)~28日(金)

★9/25追加情報
●9/28(金)までのイベント情報を追加しました。



【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-380.html




●9月24日(月休) 15:00 甲賀市甲南町・池田区コミュニティセンター(池田3312 https://map.goo.ne.jp/place/25001555263/map/
原発事故や超異常気象から市民の命を守ろう!原発と自然災害にそなえる講演会
講師:フリーライター・守田敏也さん
参加協力金:500円
主催:戦争させない甲賀市民の会
連絡先:0748-62-9652(小松さん)
https://shigaminpo.com/event.shtml



地域社会
●9月24日(月休) 13:30~15:00 明日都浜大津4階ふれあいプラザホール(京阪びわ湖浜大津駅すぐ http://www.fukusi-otsu.or.jp/contents.php?id=22
総会記念講演会
「公共施設への向き合い方を考える」-豊かな地域社会づくりのために-

講師:森 裕之さん(立命館大学教授)
資料代:300円
主催:滋賀自治体問題研究所
問い合わせ:077-527-5645(自治研)
https://shigaminpo.com/event.shtml



入国管理センター
●9月24日(月休) 17:00~19:00 バラエティーサークル(阪急十三駅 http://yodogawaku.goguynet.jp/2018/02/22/variety-circle/
講座「東アジアを考える-戦後72年、アジアと日本の現実」(第4期)
「入国管理センターで起きていること 被収容者暴行事件から」
お話:0さん(暴行事件の被害者)
   前堂あゆみさん(外国人労働者・難民とともに歩む会)
現在、 日本には170~180万人ものニューカマーの定住外国人がいます。日本に生活している非正規(在留資格の無い)外国人も6万人います。 また、日本は1981年に難民条約に批准し 難民受入国になりました。 しかし、同じ人間であるにも関わらず、定住外国人の大半を占める外国人労働者や日本に逃れてきた難民が日本社会の中で差別・抑圧されながら生きているのが現状です。
権利保護の意識も法整備も乏しいままに、日本社会の都合で外国人受け入れ拡大を進める政策の裏で、 使い捨てられた外国人労働者や未認定の難民が入管の収容施設でどのような状態に置かれているのか。 大阪入管で職員の暴行により腕を骨折、今年7月に 国賠訴訟を起こした〇さんと支援者をゲストに迎え、 面会活動と被収容者への支援から見えてくる問題と解決にむけての取り組みなど、当事者の声を聞きながら考えます。
参加費:1000円・学生無料・定員20人(当日参加可)
主 催:大目阪自由大学 
問合せ:080-1417-4186(アベさん)
https://www.facebook.com/events/293217991265615/



■9月24日(月休)(再放送) 午後11:45~00:45 NHK BSプレミアム
「アナザーストーリーズ 運命の分岐点▽フセイン拘束~捕らえられた独裁者の真実~
独裁者の変わり果てた姿に世界中が驚がくした!イラク元大統領サダム・フセイン。「悪の枢軸」と名指しされ、超大国アメリカと戦争の末に捕らえられ、処刑された。米軍はフセインをどう追い詰めていったのか。息詰まる拘束作戦の舞台裏。フセインの最後の言葉「アメリカはイラク統治に失敗するだろう」その後、アメリカの思惑はどこで狂ったのか?赤い夜明け作戦の指揮官、CIA、サダムの愛人…今明かされる独裁者の真実!
http://www4.nhk.or.jp/anotherstories/x/2018-09-24/10/29600/1453066/



●9月25日(火) ※台風のため9月4日(火)から延期 13:00~16:00 茨木市大池コミュニティセンター(JR茨木14分 阪急茨木市駅7分 http://www.city.ibaraki.osaka.jp/shisetsu/kyoikubunka/1372733267654.html
エンパワーメント茨木の仲間「避難者 U さんの話を聞く会」
つながろう避難者つながろうフクシマの会 
山下(090-4300-2958)山本080-9603-1032



森友学園問題
●9月25日(火) 11時~大阪地裁202号法廷(地下鉄淀屋橋より北東へ8分 大阪市役所の北側、橋を渡り直すぐ http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/)
森友裁判第10回弁論
昨年2月、森友学園に国有地を売却した契約書の金額等が非公開とされたことは不当だとして国を相手に起こした裁判。森友疑獄が明るみに出るきっかけとなった。当初、全面的に争う姿勢だった国が、昨年8月、一転して非公開決定を取り消したため、国賠訴訟に変更して続いている。
*抽選券を配布することもあります。10時半までにはお越しください。
森友学園前理事長の籠池泰典氏、森友側と実際に交渉に当たった国側の実務責任者・池田靖氏を証人申請しています。この日は、証人採用の可否について裁判長が判断を下します。
森友問題の国有地叩き売り事件の中心人物二人の証人が認められるのかどうか、注目の法廷です。ぜひ傍聴にお越しください!弁論自体は15分程度で終わるものと思います。
終了後、裁判所南側歩道にて、簡単な報告集会を行います。



森友学園問題
●9月25日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅
1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



食料環境
●9月26日(水) 午前10時30分~12時 神戸学生青年センターホール(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/
[食料環境セミナー] 2018年9月~11月
「ゲノム編集」
遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン 代表 天笠啓祐さん
ゲノム編集とは、ゲノムDNAを切断する酵素を用いて、目的の遺伝子を壊して働かなくしたり、そこに別の遺伝子を加えたりすることによって、遺伝情報を高精度に改変できる技術で、2010年以降、遺伝子治療や農畜産物の育種など、さまざまな分野での応用を目指して研究が急速に進められています。私たちがこれまでよく問題にしてきた、従来の「遺伝子組み換え」とはどう違うのか、また、可能性だけではなくリスクや安全性について、倫理的観点からの是非について、どのように検討されているのかなども聞いてみたいと思います。
参加費:600円 ※託児(無料)があります。必要な方は前々日までに予約してください。
主 催 : (公財)神戸学生青年センター
TEL 078-851-2760  FAX 078-821-5878
http://ksyc.jp/seminar/ss201808-11/



■9月27日(木)(再放送) 深夜午前00:00~01:00 NHK Eテレ
ETV特集「わたしは誰 我是誰~中国残留邦人3世の問いかけ~」
40年前、日中平和友好条約の締結を機に本格化した中国残留邦人の肉親探し。しかし、帰国後、彼らは日本社会での言葉の壁や差別に苦しんできた。中国残留邦人の3世の多くは、そんな家族の姿を隠して暮らしてきた。だがいま自らのルーツを確かめようと1世、2世の聴き取りを始める若者があらわれた。「我是誰。わたしは何者なのか」と。番組では、「3世の会」の若者の聞き取りに同行、中国残留邦人の40年と今を見つめる。
http://www4.nhk.or.jp/etv21c/x/2018-09-26/31/31330/2259627/



天皇制
●9月27日(木) PM6時半~エルおおさか南館5階ホール(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
9.27天皇代替わりと民主主義に危機
―横田耕一さん講演集会

私たちを取り巻く情勢は、益々、厳しさを増しています。安倍政権は、特定秘密保護法をはじめ戦争法、共謀罪の強行成立を図り、国内の戦時体制(有事体制)を強引におしすすめ、日米軍事同盟の主導による「戦争する国」へと、この国のかたちを変えました。
あわせて、現天皇明仁の「生前退位メッセージ」容認による一連の「天皇の代替わり」行事を来年におこない、あらたな天皇あっての民衆統合をおしすすめようとしています。「生前退位」メッセージは憲法で禁じられている明確な「天皇の政治発言」でしたが、昨年6月、安倍政権は議論を公にすることなく与野党全会一致で「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」を制定しました。しかも天皇自身が提唱する「象徴天皇制」をも特例法に組み込み、現憲法で規定されている「天皇のかたち」を大きく変えてしまいました。
すでに、来年の代替わり儀式のスケジュールは、マスコミを通じて報道され始めています。しかも、即位礼は5月1日メーデーに行うという、労働運動つぶしともいえる事態がまかり通ろうとしています。
こうした情勢のなか、いま一度、憲法の原理の一つである「主権在民」に即して、「軍隊と天皇」について考察し、「新元号」の制定をはじめ一連の天皇代替わり行事に向き合いたいと思います。これら天皇代替わりの奉祝ムードで、天皇による民衆統合が発揚され、2020年の東京オリンピックで「新天皇」が国内外に披露されます。私たちは「天皇に生かされている社会や個人」を望んではいません。あくまでも憲法が定める「この国の主権者である私たち一人ひとりが、この国の未来の在り方に対する責任者」だと思います。
来る9月27日に大阪の地で上記の「天皇代替わりに異議あり!」関西集会を行ないます。ぜひ、ご一緒にこの集会を成功させ、来年の一連の代替わり行事に向き合いたいと思います。賛同団体・個人になって下さることをお願いします。あわせて、賛同カンパも重ねてお願いします。   
主催:天皇世替わりに異議あり!関西連絡会 090-5166-1251(寺田)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0927.pdf



朝鮮学校無償化
●9月27日(木) 15:00~大阪高裁202号法廷(地下鉄淀屋橋より北東へ8分 大阪市役所の北側、橋を渡り直すぐ http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/)
大阪高校無償化裁判「控訴審」判決
昨年7月28日の大阪地裁での全面勝訴判決の後、国は控訴しました。先日ジュネーブの国連人種差別撤廃委員会で各国の委員が無償化除外は差別であると指摘すると、日本政府は、広島、東京、愛知の3件の訴訟で、国の判断が認められたと反論し、大阪地裁判決の内容にはまったく触れませんでした。朝鮮学校に学ぶこどもたちにも差別なく「等しく学ぶ権利」の保障を求めて、負けられないたたかいです。判決傍聴と報告集会にお集まりください!
13:30~入廷行進開始(13:15に別館横の東門周辺にご集合ください。)
14:00~14:10 傍聴抽選券配布(正面玄関前)
15:00~開廷 判決言い渡し
*判決言い渡し後のミニ報告会は開催しません。夕方の報告集会へお越しください。
http://gildong.hatenablog.com/entry/2018/08/24/131954



朝鮮学校無償化
●9月27日(木) 18:00~クレオ大阪中央大ホール(四天王寺前夕陽ヶ丘駅(地下鉄谷町線) 1・2番出口北東へ徒歩約3分 http://www.creo-osaka.or.jp/chuou/access.html) 
大阪高校無償化裁判「控訴審」判決 報告集会
参加費:500円
主 催:無償化連絡会・大阪
http://gildong.hatenablog.com/entry/2018/08/24/131954



森友学園問題
●9月27日(木) 18時~19時 地下鉄御堂筋線千里中央駅東側広場(千里阪急側)
安倍首相と松井知事に森友学園問題の責任を取らせるためのマイクアピールとビラ撒き
主催:森友学園問題を考える会



労働問題
●9月27日(木) 18時30分~神戸勤労会館3F美術室(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html
9条の心ネットワーク連続講座「いつもころに憲法を」
第3回 働き方改革・追いつめられる労働者

参加費:500円 
申し込み:9条の心ネットワーク
TEL 078 -361 -9990
http://civilesociety.jugem.jp/?eid=38786



■9月27日(木)(再放送) 午後07:00~08:50 NHK BS1
BS1スペシャル「脱北者の終わらない旅~南北融和ムードの中で~」
今年6月、史上初の米朝首脳会談が開かれ、朝鮮半島の完全非核化と北の体制保証で合意した。南北の融和ムードが広がる中、不安を募らせているのが祖国の独裁体制から逃げ、韓国に暮らす脱北者だ。その数3万1千人、融和に水を差す迷惑な存在だとして、中傷や脅迫にさらされている。命がけで逃れてきた韓国を離れ、第三国に移住する“脱南”の動きも相次いでいる。韓国で発信を続ける風刺漫画家など、揺れる脱北者の心情を追う。
http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2018-09-27/11/2111/2515671/



■9月27日(木)(再放送) 午後09:00~09:50 NHK BS1 
BS1スペシャル「“幸せホームレス”との10日間」
ホームレスなのにお金に困らないどころか、おいしいものを食べて体重が20キロ増えた「幸せホームレス」こと、小谷真理(まこと)さん34歳。SNSで依頼が殺到。飲み会へのお誘い、さらに親との関係や自分に自信が持てないなどの悩み相談に至るまで様々な人に小谷さんは出会っていく。なぜ、人々は彼と一緒に過ごそうとするのか?取材ディレクターが10日間寝食をともにしてホームレス生活を体感。彼自身の秘密にも迫っていく
http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2018-09-27/11/2115/2257025/



●9月28日(金) 関西電力本社前(「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:00頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:30 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●9月28日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●9月28日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●9月28日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&パレード



●9月28日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に!



映画上映会
●9月28日(金) ①10時~②13時~神戸市勤労会館405・406(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html
「おだやかな革命」自主上映会
各地で「自然エネルギー」に取り組む人々の姿が元気を与えてくれます。どなたでもご参加いただけますので、まだご覧になっていない方、ぜひ、お申込みください。当日は、私たちが取り組んでいる「生活クラブでんき」、「住吉川小水力発電の計画」についてもお話しします。
・1回目10~12時/2回目13時~15時
参加費:一般 1,000円
定員:各回100名
申込み〆切:9月7日(金)18時を予定していますが、定員になり次第、締め切ります。お席がある場合は、この限りではありません。
お問合せ・お申込み:生活クラブ生協都市生活本部 TEL.078-904-3260
http://seikatsuclub.coop/coop/press/20180906odayakanakakumei.html



映画上映会
●9月28日(金) 19:00~21:00 猪飼野セッパラム文庫(天王寺区細工谷2-14-8 090-9882-1663 近鉄「上本町六丁目駅」8分・地下鉄「谷町9丁目駅」10分、ドンキホーテ上本町店から東へ、セブンイレブンを右へ約100m、左側3軒目 http://www.mapion.co.jp/m2/34.66158997553531,135.5232413888889,16
「朝鮮韓国在日」第34回上映会【監督の許可を得て上映】
原一男監督デビュー作『さよならCP』(1982年)
http://docudocu.jp/title/#movie54 
解説:真辺明彦さん(ケアマネージャー)
無料(カンパお願い)・要予約 定員10名
主 催:猪飼野セッパラム文庫
https://www.freeml.com/kdml/11528/latest



介護・福祉
●9月28日(金) 18:30~エルおおさか南館1023号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
わがまち介護保険が激変!
~これからの介護保険を考えるフォーラム~

主 催:9.28集会実行委員会
連絡先:介護・福祉総がかり行動準備会
http://kakukyodo.jp/shukai.htm



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2018年9月23日(日)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-380.html




■9月23日(日) 午前04:55~05:25 ABCテレビ、テレビ朝日系列
テレメンタリー2018「再会 ~日朝に別れた姉妹の58年~」
1959年に始まった帰国事業で、在日朝鮮人の夫と北朝鮮に渡った日本人妻たち。フォトジャーナリストの伊藤孝司さんは去年、今年と彼女たちへの取材を重ねた。そのうちの一人、東部の工業都市・咸興市に住む中本愛子さん(86)。日朝政府間の協議が進まず、日本への里帰りを実現できずにいる。 我々は、中本さんの依頼を受け、連絡が取れなくなった日本に住む家族を探した。
教えられた住所をもとに探したところ、実家のあった熊本県内で中本さんの妹が暮らしていることがわかった。中本さんの妹に、姉が生きていることを伝えたところ、北朝鮮に行くことを決意。北朝鮮政府の許可を得て訪朝。58年ぶりの再会を果たした。初めて会う北朝鮮の親戚たち。「家族が自由に行き来できるようになって欲しい」そんな姉妹の願いはいつかかなうのだろうか。
https://www.tv-asahi.co.jp/telementary/



■9月23日(日) 午前06:15~06:50 NHK総合
目撃!にっぽん「私と故郷と原発事故」
原発事故で全域が避難区域となった浪江町。この町出身のNHKディレクターは、7年間にわたり様々な番組を通じて、原発事故で変わり果てた故郷の現実を伝え続けてきた。しかしそれは必ずしも、町の人たちから歓迎されてきたわけではなかった。故郷との溝はなぜ生まれたのか。事故後、様々な場所で様々な葛藤を抱えながら生きる同級生や親しかった人たちを訪ね歩き、故郷との向き合い方を探すセルフドキュメンタリー。
http://www4.nhk.or.jp/mokugeki-nippon/x/2018-09-23/21/28996/1077316/



申し込み受付は終了しました。
●9月23日(日) 11:00~13:00 芦屋市の木口記念会館
三田茂医師 講演会 in 芦屋
※13:00~16:30 親睦会 1Fにて
・Sさんからのメッセージ
私の娘は、先生の一患者です。4年前の、東京でのこと。
「この子は、前はこんなではなかった。一体どうして?事故…まさか、放射能?東京で?」
まわり中、すべての人に否定されながらも、どうしても消せない懸念。本当のことが知りたかった。たとえ絶望が待っているとしても。先生の講演をYouTubeで初めて聞いたのはそんな頃。娘が1日たりとも元気を取り戻せなくなっていた頃。
「僕はそれは被ばくの影響と思います。」
その後初めて先生にお会いした時、先生はそんなふうにはっきりおっしゃった。でも、絶望、はしなかった。なぜなら、初めて問題に向き合えたから。そして、動く、放射能から離れる、という道があることを、私は先生の講演により知ったから。それは大きな希望。
今、神戸に住む私の前には、元気な、はつらつとした、中学生になった娘がいます。国が話すように、放射能は安全などではないこと、きちんと警鐘鳴らす専門家、お医者、は確かに存在しています。でも私は、この三田先生ほどに危機感を持たれている先生を他に知りません。避難をした先生、というのも知りません。
放射能の影響は、どうやって知る?空間線量?土壌汚染?国やICRPの基準?広島・長崎?チェルノブイリ?
それは、今、私たちの体、一人一人をみていくのだ、と、人の体に起きている事から見ていくしかないのだ、と先生はおっしゃっていました。私も思うのです。それがきっと1番真実に近いのだと。先生が何千という患者さんをみて、危機感を持たれたように、私もひとりの、娘の体を通し、同じものを感じました。
そして、それは、逃げたら終わりでは無いことを知るようにもなりました。三田医院で定期的に受けてきた血液検査から。1年半前に先生が始められた下垂体機能に関わるホルモン検査を受けるようになってから。私は娘の症状の本当の意味と、今首都圏の人たちを中心に起きているかもしれないことを知るようになりました。
だるい 疲れやすい 根気が続かない 忘れっぽい
それは、先生が「能力減退症」と呼ぶもの。これが三田医院に来ている患者さんだけの問題であるはずがないのです。いったいどれだけの人たちが、子どもたちが、そうとは知らず日々の不調に苦しんでいることか。私たちは、まず、知るべきです。共有すべきです。ひとりでも多くの人と。この原発事故がもたらしていることを。それは、これから長きにわたり、私たちや、私たちの子供たちが被ばくから守られていくために。すべては、命が守られていくために。
・講演会を前に、三田茂先生の言葉より
「私は一開業医ですので、物理学的、理論的な議論討論には興味がありません。医師として私達の健康をどう観察し評価するか、治療の可能性はあるのか、今後何に気をつけていくべきか、をあれ以来ずっと考えています。…………国際的に認められている甲状腺癌と白血病よりも、致死的ではないが健康を害する様々な病態、チェルノブイリでは草の根的に言われてきた体力の低下、荒廃する地域社会を当初から心配してきたが、どうやらその心配が現実化しつつあるように感じます。」
・先生の書かれた論文
「新ヒバクシャに能力減退症が広がっている」
https://www.facebook.com/notes/%E4%B8%89%E7%94%B0-%E8%8C%82/2017%E5%B9%B4-%E7%A7%81%E3%81%AE%E8%A8%BA%E7%99%82%E3%81%AE%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81-%E3%81%A7%E3%81%99/1569983003117347/
https://kokucheese.com/event/index/526844/



#安倍とやくざと火炎瓶
●9月23日(日) 社会福祉法人ピースクラブ4F(大国町 新今宮 http://www.ab.auone-net.jp/~peace_c/99_blank.html
「安倍晋三氏宅火災未遂事件の真相に迫る」山岡俊介×寺澤有トークライブ!
※【緊急告知】出演予定の山岡俊介氏ですが、8月7日新宿駅東口アルタ裏手から地下鉄に通じる階段を14段転落、肩を骨折、額を7針縫う全治1ケ月の大事故にあいましたが(現在捜査中)、それが原因で体調が優れず、遠出・宿泊は難しく今回参加出来ないと連絡がありました。ご理解・ご了承願います。
ジャーナリストの寺澤有さんと山岡俊介さんをお招きしてトークショーをやります。
お二人はこの間ネットや一部雑誌などで話題になっている、安倍晋三氏の過去の事件を話してもらいます。2009年下関市長選挙で安倍陣営の推す議員を当選させるために(同時に将来的には安倍に対抗するような)古賀議員の選挙妨害を、地元で武闘派で知られる工藤会と親しい男に依頼したことがきっかけです。具体的に相手を誹謗する怪文書がまかれ(実在)、古賀議員は落選。その後約束していた報酬の500万が支払われず、300万しか払われず、怒った工藤会らが安倍自宅や事務所に火炎瓶を4回も投げ込む事件がありました。当時新聞で報道されましたが、国会議員を4回も襲った事件にもかかわらず、捜査はされず、3年後に別の関係から工藤会らが逮捕、実刑判決を受けました。このとき、共同通信が事件を暴く記事を書きましたが、握りつぶされました。山岡、寺澤さんらは当時からこの事件を追っていましたが、首謀者の男も服役し、刑務所に手紙を出しましたが、返事はありませんでした。
が、この春、満期で出所した男から、山岡、寺澤さんに連絡が入り、取材したところ、安倍と直接2時間話した証拠や、地元の筆頭秘書(元県警の警官)らの署名、捺印入りの「確認書」が出てきました。二人はこれは決して過去の済んだ話ではないと取材を続けています。マスコミ、国会議員らにも訴えますが、警察、やくざ、首相(国会議員)との関係の暴露を恐れるんか、まともにかかわろうとしないなか、7月山本太郎議員だけが、国会で安倍首相に直接質問を投げかけました。ユーチューブで視聴できます。
取材を続けるお二人のお話をぜひ聞きにきてください。
・1部15:30~500円(開場15:00)
・2部18:00~1000円(料理代含む、飲み物代別途)
〈片方だけでも両方でもOK〉
#ケチって火炎瓶
#安倍とやくざと火炎瓶
https://twitter.com/hanamama58/status/1038710705363378176



国民投票と政治資金
●9月23日(日) 13:30~JEC日本研修センター神戸元町2階(阪神・JR元町駅 http://www.jec.ne.jp/kobe/access/index.html
市民社会フォーラム225回学習会
『改憲発議の前に考えるべきこと 国民投票と政治資金』

講師:上脇 博之さん(神戸学院大学教授)
自民党総裁3選に向けて意欲的な安倍首相は今年中の憲法改正の国会発議を目指しているとされていますが、改憲までのプロセスを定める国民投票法は、運動資金やCM規制に関して「ザル」状態だと言われます。
「政治とカネ」の問題に詳しい上脇博之・神戸学院大教授に、国民投票法の問題点を中心に日本の民主主義の課題についてお話しいただきます。
上脇博之(かみわき・ひろし)さん
政治資金オンブズマン共同代表。
森友問題で財務省が「相談記録は保存期間満了で廃棄」としていたのが「学園からの意見、要請に基づき庁内で作成した報告文書、回覧文書」を開示請求。近畿財務局は「相談記録」を含む文書計12件を今年1月に開示した。
官房機密費情報公開訴訟では今年1月、機密文書の一部公開を命じる最高裁判決を勝ち取る。
参加費:1000円  
お申込みなしでどなたでもご参加できますが人数把握のためご連絡くださればありがたいです。
メール:civilesocietyforum@gmail.com まで。
https://www.facebook.com/events/506205296482172/
 


森友学園問題
●9月23日(日) 2時~豊中市野田中央第2公園 3時~デモ出発
『蹴り飛ばせ 幕引き』どこまでも追及!森友・加計問題 第19回怒りのデモ
主催:「森友学園」疑獄を許すな!実行委員会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0923.pdf



沖縄米軍基地問題
●9月23日(日) 13時半~16時 阿倍野市民学習センター講堂(地下鉄谷町線「阿倍野」駅7号出口方面からあべのベルタ地下2階通路を通りエスカレーターで3階へ/「天王寺」駅徒歩8分 http://osakademanabu.com/abeno/access
映画『標的の島 風かたか』上映会
参加費:800円(学生500円)
主催:リブ・イン・ピース☆9+25(090-5094-9483)
http://www.kinyobi.co.jp/event/20180921_002651.php



ライブ
●9月23日(日) 15:00~神戸学生青年センタースタジオ(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/
パギやん(趙博)ライブ(パギやん&板さん)
チャージ:3000円
連絡:078-851-2760
fanto.org/schedule/index.php/view/1087



LGBT
●9月22日(土)~24日(月休) 10:30~とよなか男女共同参画推進センター(阪急豊中駅隣接・エトレ豊中ビル5階 http://www.toyonaka-step.jp/02_use_guidance/access.html
第12回 関西クィア映画祭 2018
主 催:関西クィア映画祭実行委員会 http://kansai-qff.org/
上映日程:https://kansai-qff.org/2018/schedule.html?id=step



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村


脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2018年9月22日(土)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報


『沖縄スパイ戦史』(2018年/日本/114分/東風 配給)
「もう、忘れていいよ。わたしがここで、覚えてるから」
戦後70年以上語られなかった陸軍中野学校の「秘密戦」、明らかになるのは過去の沖縄戦の全貌だけではない――。
第二次世界大戦末期、米軍が上陸し、民間人を含む24万人余りが死亡した沖縄戦。第32軍・牛島満司令官が降伏する1945年6月23日までが「表の戦争」なら、北部ではゲリラ戦やスパイ戦など「裏の戦争」が続いた。作戦に動員され、故郷の山に籠って米兵たちを翻弄したのは、まだ10代半ばの少年たち。彼らを「護郷隊」として組織し、「秘密戦」のスキルを仕込んだのが日本軍の特務機関、あの「陸軍中野学校」出身のエリート青年将校たちだった。
1944年の晩夏、大本営が下した遊撃隊の編成命令を受け、42名の「陸軍中野学校」出身者が沖縄に渡った。ある者は偽名を使い、学校の教員として離島に配置された。身分を隠し、沖縄の各地に潜伏していた彼らの真の狙いとは。そして彼らがもたらした惨劇とは……。
「散れ」と囁くソメイヨシノ
「生きろ」と叫ぶカンヒザクラ
長期かつ緻密な取材で本作を作り上げたのは、二人のジャーナリスト。映画『標的の村』『戦場ぬ止み』『標的の島 風かたか』で現代の闘いを描き続ける三上智恵と、学生時代から八重山諸島の戦争被害の取材を続けてきた若き俊英、大矢英代。
少年ゲリラ兵、軍命による強制移住とマラリア地獄、やがて始まるスパイ虐殺……。戦後70年以上語られることのなかった「秘密戦」の数々が一本の線で繋がるとき、明らかになるのは過去の沖縄戦の全貌だけではない。 映画は、まさに今、南西諸島で進められている自衛隊増強とミサイル基地配備、さらに日本軍の残滓を孕んだままの「自衛隊法」や「野外令」「特定秘密保護法」の危険性へと深く斬り込んでいく。
●8/4~シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html
9/22(土) 休映
9/23(日)~28(金) 11:25
http://www.nanagei.com/movie/data/1255.html



『人生フルーツ』(2016年/日本/91分/東海テレビ放送 配給)
■好評につき、ロングラン上映中!
人生は、だんだん美しくなる。
むかし、ある建築家が言いました。家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない。
愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てた家。四季折々、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実が、妻・英子さんの手で美味しいごちそうにかわります。刺繍や編み物から機織りまで、なんでもこなす英子さん。ふたりは、たがいの名を「さん付け」で呼び合います。長年連れ添った夫婦の暮らしは、細やかな気遣いと工夫に満ちていました。そう、「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」とは、モダニズムの巨匠ル・コルビュジエの言葉です。
かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきました。1960年代、風の通り道になる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウン計画。けれど、経済優先の時代はそれを許さず、完成したのは理想とはほど遠い無機質な大規模団地。修一さんは、それまでの仕事から距離を置き、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめました─。あれから50年、ふたりは、コツコツ、ていねいに、時をためてきました。そして、90歳になった修一さんに新たな仕事の依頼がやってきます。
本作は東海テレビドキュメンタリー劇場第10弾。ナレーションをつとめるのは女優・樹木希林。ふたりの来し方と暮らしから、この国がある時代に諦めてしまった本当の豊かさへの深い思索の旅が、ゆっくりとはじまります。
●8/26(日)~シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
9/22(土) 休映
9/23(日)・24(月祝) 17:00(~18:36終)
9/25(火)・26(水) 休映
9/27(木)・28(金) 14:00(~15:36終)
http://www.theater-seven.com/2017/movie_jinsei-fruits.html



『ゲッベルスと私』(2016年/オーストリア/113分)
ナチス宣伝大臣ゲッベルスの秘書、ブルンヒルデ・ポムゼル103歳。
彼女の発言は、20世紀最大の戦争の記憶を呼び起こす。
若きポムゼルは、第二次世界大戦中、1942年から終戦までの3年間、ナチスの宣伝大臣ヨーゼフ・ゲッベルスの秘書として働き、近代における最も冷酷な戦争犯罪者のそばにいた人物である。本作は彼女が終戦から69年の沈黙を破って当時を語った貴重なドキュメントである。"ホロコーストについては、なにも知らなかった"と語るポムゼルの30 時間に及ぶ独白インタビューと、世界初公開となるアーカイヴ映像によるドキュメンタリーは、20世紀最大の戦争と全体主義の下で抑圧された人々の人生を浮き彫りにする。表情を強張らせ、"いわれたことをタイプしていただけ"と語るポムゼルの姿は、ハンナ・アーレントによる"悪の凡庸さ"をふたたび想起させる。
アーカイヴ映像が戦争の真実を明るみにする
本作品には、当時、世界各国で製作された様々なアーカイヴ映像が数多く挿入される。ナチスを滑稽に描くアメリカ軍製作のプロパガンダ映画、ヒトラーを揶揄する人々を捉えたポーランドの映像、ゲッベルスがムッソリーニとヴァカンスを楽しむプライベート映像、そして戦後、ナチスのモニュメントを破壊する人々やホロコーストの実態を記録した映像。それらは、戦争という人間の愚行はいつでも繰り返されることを語り、戦争の続く今日に警鐘を鳴らしている。
公式サイト:https://www.sunny-film.com/a-german-life
●9.8(土)~9.28(金) シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
9/22(土)~28(金) 13:45(~15:43終)
http://www.theater-seven.com/2018/mv_german-life.html



■9月22日(土) 早朝4時00分~ABCテレビ、テレビ朝日系列
テレメンタリー2018「検証・西日本豪雨(3) 自治体の悲鳴 ~水害列島日本~」
今年、西日本を襲った豪雨。広島、岡山などで甚大な被害が出たが、一部の自治体の対応に批判の声が上がっている。災害の規模はかつてないほど大きくなっている。そんな中、防災への取り組みにおける“自治体の格差”のせいで住民の安全が左右されていいはずはない。これまで通りの自治体の判断に委ねるシステムで果たして良いのか。去年の豪雨で被災した福岡・東峰村では、1年が経ち防災に向けた新たな取り組みが始まっていた。これからの災害対応のあり方を被災地とともに考える。
https://www.tv-asahi.co.jp/telementary/



●9月22日(土) 13:30~京都弁護士会館 地下ホール(地下鉄丸太町駅から徒歩7分・バス停「裁判所前」から徒歩1分他 https://www.kyotoben.or.jp/access.cfm
認めて!避難の権利 守ろう!子どもの未来
支援する会第4回総会&控訴審(大阪高裁)に向けた学習講演会

先日、大阪高裁で進行協議が行われ、下記のとおり、控訴審の期日が決まりました。
・第1回期日は今年12月14日(金)午前10時30分 口頭弁論
・第2回期日は平成31年3月13日(水)午前11時 口頭弁論
地裁判決の問題点を理解し、控訴審で全面勝利判決を実現するために、団結を強め、さらなる取り組みを進めていきましょう。原告のみなさんも、支援のみなさまも、ぜひご参加ください。情報拡散をお願いします。
プログラム(予定)
・13:30 1部 支援する会第4回総会
・14:15 2部 控訴審にむけた学習講演会
 講演 「国際機関を巻き込んだ東電福島原発事故後の小児甲状腺がん隠し」
 講師 山内知也さん(神戸大学教授)
・15:45 質疑応答
・16:00 原告団・弁護団からの報告等
*大阪高裁での進行協議の内容についても報告いただきます!
 16:30 終了(予定)
参加費:一般700円 原告・避難者300円
山内知也さんのご紹介
 1962年愛媛県新居浜市生まれ。大阪大学・大学院で原子力工学を学ぶ。神戸
商船大学助手、助教授を経て、神戸大学大学院海事科学研究科教授。専門は、
高分子中イオントラック、放射線物理・化学、放射線計測。福島原発事故後に
住民の依頼に応えて土壌の放射性物資や空間線量率を計測。科学史の視点から
小児甲状腺がん多発問題の研究にも取り組んでいる。
主催:原発賠償訴訟京都訴訟団(原告団・弁護団・支援する会)
問合せ:支援する会 shien_kyoto@yahoo.co.jp 090-1907-9210(上野)
https://houteisien.wordpress.com/kyoto/



●9月22日(土) 14:00~アクティ近江八幡(近江八幡駅から徒歩7分 http://acty-omihachiman.com/access.html
原発のない社会へ 小泉元首相の話を聞く集い」連続企画
パネリスト:県漁連専務理事・林英志さん、米原市長・平尾道雄さん、児童文学作家・今関信子さん
コーディネーター:弁護士・井戸謙一さん
原発のない社会をつくるという課題は、私たちや子どもたちの生命、健康、平穏な生活、豊かな郷土を守ることが目的であり、政治的立場の違いを超えて一致できる課題であると思っています。そして、福島原発事故の後、原発を動かさなくても電気は足りていること、再生可能エネルギーによる発電が急激にコストダウンしているのに、原発の建設維持費は逆にコストアップしていて、原発には経済的合理性もないことも明らかになりました。
もはや原発に固執する理由は存在せず、そのことは殆どの人に同意いただけることだと思っています。
私たちは、琵琶湖というかけがえのない財産を守るべき滋賀の地において、政治的立場の違いを超えて原発をなくす大きなうねりを創り出す契機にしたいという思いで小泉元首相の講演会を企画しました。
しかし、他方で、小泉元首相の檄を聞くだけで終わりにしてはならないのであって、私たち滋賀県民自身が、私たちの生活と原発との関わりの中から、今後、この問題に主体的にどのように関わっていくかを考えていく契機にしたいと考えております。その趣旨で、小泉講演への連続企画として、「原発のない社会へーびわ湖トーク」を企画いたしました。
主催:実行委員会 0749-28-2745(杉原)s19500213@nike.eonet.ne.jp 
https://shigaminpo.com/event.shtml



●9月22日(土) 17~21時 国労会館
避難相談 Go West3.11避難者たち
https://www.gowest-comewest.net/311death



共謀罪
●9月22日(土) 午後2時~午後4時30分 大阪弁護士会館 2階 201・202ホール(京阪「なにわ橋駅」出口1徒歩約5分 地下鉄・京阪「淀屋橋駅」1号出口から徒歩約10分 地下鉄・京阪「北浜駅」26号階段から徒歩約7分 http://www.osakaben.or.jp/06-access/
共謀罪施行から1年「歴史の中の共謀罪」
講師:内田博文 氏(九州大学法学部名誉教授)
主催:大阪弁護士会
参加費:無料
申し込み:https://www.osakaben.or.jp/web/entry/p_form.php?id=id_5b1f51ac103cb
お申し込みがなくても参加できます。ただし、満席の場合はご容赦下さい。
http://www.osakaben.or.jp/event/2018/2018_0922.php



労働組合つぶし
●9月22日(土) 18時~エル大阪 5F南館ホール(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
労働組合つぶしの大弾圧抗議 9・22緊急集会
内容:現状報告―空前の組合つぶし、いま何がおこっているのか
実行委員会参加組合・団体からの発言、訴え!
主催:9・22集会実行委員会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0922-1.jpg



沖 縄
●9月22日(土) 14:00~16:30 兵庫県私学会館大ホール(JR・阪神元町駅東口徒歩2分 阪急三宮駅徒歩7分、花隈駅徒歩7分 地下鉄県庁前駅徒歩3分
http://www.hyogo-shigaku.or.jp/map.html
憲法 沖縄 市民のちから 9・22兵庫県集会
当初「仲村未央さん(沖縄県議)」とお知らせしましたが、翁長知事が急逝され、沖縄は9月知事選に総力となり仲村さんは来神できなくなりました。代わって、高作正博さんにお話していただきます。
13:40 演奏 矢谷トモヨシさん 憲法の歌ほか
13:50 演奏 小野純一さん 
14:00 開会あいさつ 
14:05 主催者あいさつ
14:10 講演「オキナワと安倍9条改憲」高作正博さん
15:30 沖縄県知事選挙 カンパと檄布アピール
15:33 休憩
15:45 質疑(挙手で)
16:00 取り組みアピール
主催・問い合わせ先:こわすな憲法!いのちとくらし!市民デモHYOGO
090-3652-8652(高橋)
https://www.facebook.com/151588621952628/photos/a.173904743054349/534594216985398/ 



沖 縄
●9月22日(土) 17:30~元町映画館(JR・阪神電車「元町」駅西口より、南西へ徒歩6分/神戸高速鉄道「花隈」駅東口より南東へ徒歩6分/神戸市営地下鉄海岸線「みなと元町」駅2出口より北へ1分 神戸市中央区元町通4-1-12(元町商店街) http://www.motoei.com/access.htm) 
上映『沖縄スパイ戦史』&三上智恵監督トーク
※当日映画を観られた方対象、参加無料
『沖縄スパイ戦史』三上智恵監督トーク開催決定!
少年ゲリラ兵、軍命による強制移住とマラリア地獄、やがて始まるスパイ虐殺…。戦後70年以上語られることのなかった沖縄における陸軍中野学校の〈秘密戦〉を追い、現代の自衛隊増強やミサイル基地配備などの危険性までも切り込んだドキュメンタリー『沖縄スパイ戦史』。
公開を記念して、三上智恵監督のトークを開催いたします!
『沖縄スパイ戦史』公式サイト http://www.spy-senshi.com/
https://www.facebook.com/events/227488304767107/



冤 罪
●9月22日(土) 13時半~15時半 豊中人権まちづくりセンター4階ホール(阪急岡町駅 https://www.city.toyonaka.osaka.jp/shisetsu/sonota/toyo_center/index.html
冤罪青春グラフィティ『獄友』豊中上映会
上映後、金聖雄監督のトークあり
参加費:1000円
主催:狭山事件の再審を求める豊中市民共闘会議(06-6841-5300)
http://www.kinyobi.co.jp/event/20180914_002646.php



韓国労働問題
●9月22日(土) 13:30~エル・おおさか5F研修室2(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
第217回例会 進化する韓国の労働行政と労働運動
報告者:金 光男さん(在日韓国研究所)
横暴を極める安倍政権は、ついに「働き方改革」なるものまで強行採決しました。この法案が積み上げられてきた労働法制、さまざまな規制の緩和に道を開くものであることは、多くの人たちが指摘しているところです。
もはや議会内での攻防に留まる限り、その限界は明白と言えるでしょう。一方韓国では、民衆のロウソク革命によって朴槿恵政権を退陣に追い込み、文在寅政権を誕生させました。そして日本とは真逆の労働政策が進められようとしています。朴元淳ソウル市長の労働政策、貧困の解消、非正規職の正規化は注目されているところです。
そうした取り組みが文政権にも連動し引き継がれ、いま大きな労働政策の変化、改革が起こっています。そうした政策を突き動かし下支えしている民衆の運動、労働者の闘いは果たしてどうなっているのか。私たちの教訓としてあります。韓国の情勢、民衆の運動に精通し、いつも的確な情報と緻密な分析で私たちを鼓舞してきた金光男氏にご報告していただきます。ご参集ください。
主催:研究会「職場の人権」
Tel・Fax 06-6315-7804 office@syokuba-no-jinken.org 
https://www.facebook.com/events/758484184360652/



●9月22日(土) 17:30~19:30 猪飼野セッパラム文庫(天王寺区細工谷2-14-8 090-9882-1663 近鉄「上本町六丁目駅」8分・地下鉄「谷町9丁目駅」10分、ドンキホーテ上本町店から東へ、セブンイレブンを右へ約100m、左側3軒目 http://www.mapion.co.jp/m2/34.66158997553531,135.5232413888889,16
コリアン・マイノリティ研究会第177回月例研究会 
「京都朝鮮学校「在特会」襲撃事件をいま振り返る-現場に居合わせ、法律を学ぶ学生として-」

お話:李宗海(リヂョンへ)さん(同志社大学法学部2回生)
参加費:800円・会員600円・学生400円・高校生以下無料 要予約
主 催:コリアン・マイノリティ研究会 https://sepparam-bunko.jimdo.com
https://www.asahi.com/amp/articles/ASL943J9QL94PTIL012.html



LGBT
●9月22日(土)~24日(月休) 14:30~とよなか男女共同参画推進センター(阪急豊中駅隣接・エトレ豊中ビル5階 http://www.toyonaka-step.jp/02_use_guidance/access.html
第12回 関西クィア映画祭 2018
主 催:関西クィア映画祭実行委員会 http://kansai-qff.org/
上映日程:https://kansai-qff.org/2018/schedule.html?id=step



■9月22日(土)(再放送) 午前11:00~11:30 NHK Eテレ
サイエンスZERO▽シリーズ原発事故18 新技術で挑め!見えざる廃炉のリスク
40年かかると言われる、福島第一原発の廃炉作業。最大の山場、溶け落ちた核燃料「デブリ」の取り出しを2021年に控え、今、技術開発や調査が急ピッチで進む。作業を阻む最大の壁は、高い放射線量だ。作業員の被ばくを最低限に抑えるための、敷地内の3次元の放射能汚染マップの作成、遠隔操作のロボットの目となる新カメラの開発、デブリが連鎖的な核反応を起こさないよう監視するシステムの開発など、廃炉の最前線を追う。
http://www4.nhk.or.jp/zero/x/2018-09-22/31/27934/2136689/



■9月22日(土) 午後11:00~00:00 NHK Eテレ
ETV特集「わたしは誰 我是誰~中国残留邦人3世の問いかけ~」
40年前、日中平和友好条約の締結を機に本格化した中国残留邦人の肉親探し。しかし、帰国後、彼らは日本社会での言葉の壁や差別に苦しんできた。中国残留邦人の3世の多くは、そんな家族の姿を隠して暮らしてきた。だがいま自らのルーツを確かめようと1世、2世の聴き取りを始める若者があらわれた。「我是誰。わたしは何者なのか」と。番組では、「3世の会」の若者の聞き取りに同行、中国残留邦人の40年と今を見つめる。
http://www4.nhk.or.jp/etv21c/x/2018-09-22/31/27981/2259627/



■9月23日(日) 午前04:55~05:25 ABCテレビ、テレビ朝日系列
テレメンタリー2018「再会 ~日朝に別れた姉妹の58年~」
1959年に始まった帰国事業で、在日朝鮮人の夫と北朝鮮に渡った日本人妻たち。フォトジャーナリストの伊藤孝司さんは去年、今年と彼女たちへの取材を重ねた。そのうちの一人、東部の工業都市・咸興市に住む中本愛子さん(86)。日朝政府間の協議が進まず、日本への里帰りを実現できずにいる。 我々は、中本さんの依頼を受け、連絡が取れなくなった日本に住む家族を探した。
教えられた住所をもとに探したところ、実家のあった熊本県内で中本さんの妹が暮らしていることがわかった。中本さんの妹に、姉が生きていることを伝えたところ、北朝鮮に行くことを決意。北朝鮮政府の許可を得て訪朝。58年ぶりの再会を果たした。初めて会う北朝鮮の親戚たち。「家族が自由に行き来できるようになって欲しい」そんな姉妹の願いはいつかかなうのだろうか。
https://www.tv-asahi.co.jp/telementary/



■9月23日(日) 午前06:15~06:50 NHK総合
目撃!にっぽん「私と故郷と原発事故」
原発事故で全域が避難区域となった浪江町。この町出身のNHKディレクターは、7年間にわたり様々な番組を通じて、原発事故で変わり果てた故郷の現実を伝え続けてきた。しかしそれは必ずしも、町の人たちから歓迎されてきたわけではなかった。故郷との溝はなぜ生まれたのか。事故後、様々な場所で様々な葛藤を抱えながら生きる同級生や親しかった人たちを訪ね歩き、故郷との向き合い方を探すセルフドキュメンタリー。
http://www4.nhk.or.jp/mokugeki-nippon/x/2018-09-23/21/28996/1077316/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村


(9/19更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2018年9月17日(月休)~21日(金)

★9/19追加情報
●9/21(金)までのイベント情報を追加しました。


【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-378.html




●9月17日(月休) 14:00~PLP会館(JR天満駅・地下鉄扇町駅徒歩5分 http://plp-kaikan.net/access/a_index.html)  
故翁長知事の志を継ぐ 玉城デニーさんを激励する会
9月30日の沖縄県知事選挙に向けて玉城デニーさんが出馬を表明しました。
母体となる「ひやみかち うまんちゅの会 」の会長は沖縄財界から金秀グループの呉屋守将会長、選対本部長は自民党からオール沖縄に翁長雄志知事と行動を共にしてきた盟友、仲里利信・前衆議院議員が就任しました。保革をこえるオール沖縄の体制が始動しました。
時を同じくして、沖縄県は翁長知事の遺志を引き継ぎ、辺野古新基地の埋立承認を撤回しました。デニーさんはこれを 「く支持する」 と明言し 、辺野古ゲート前でも決意を表明しました。
玉城デニーさんを押し上げる熱気は盛り上がっています。
しかしこの選挙 、安倍政権は総力を傾けて、どんな汚いこともためらわずに突撃してきます。この猛攻に耐えて勝ち抜くためには、「沖縄を孤立させない本土の姿勢」が重大な責任を負っているといえます。野党と市民が結束して支援する姿勢を明確にできるのかということです。
73年前に米軍から鉄の暴風を浴びせられた沖縄は、今、安倍政権によるペテンと札びらと脅迫の暴風にさらされてい ま す 。本土の私たちの行動が問われています。
気持ちだけをもっていても、それは沖縄は伝 りません 。 日本各地で 野党がそろい踏みの形を示すこと、市民の関心が集まっている姿を表明すること、デニーさ んの活 動の自由を保障する献金を送ること。具体的な行動が必要です。
そこで今般 、 緊急の政治資金パ ーティーが行われることとなりました。多くのみなさまの御参加と、チケットのご購入をお願いいたします。
思うだけでは叶いません。動きましょう!(よびかけ 玉城デニーを励ます会・近畿)
なお、本人は参加せずビデオメッセージとなります。あらかじめご了承ください。
会 費:5000円 ※この催しは政治資金規正法に規定する政治資金パーティーです。
主 催:平和・誇りある豊かさを!ひやみかち うまんちゅの会
要予約:玉城デニーを励ます会・近畿
申し込み:メール d21kinki@yahoo.co.jp FAX 06-6562-6905 お名前・人数をお送り下さい。
チケット代振込先
琉球銀行 店番号201 普通1181452
名義人 ひやみかち うまんちゅの会
事 務 局 長 仲 宗 根 寛 明
当日会場でお支払いいただいても結構です
https://www.facebook.com/events/228084581389994/



政 治
●9月17日(月休) 13:00~近江八幡市・ほりかふぇ(多賀町743 八幡堀界隈)
くらしとせいじカフェ「みんなで創る政治」
参院選に向けて、対話から新しい手のつなぎ方をみんなで考える
おひとりワンオーダーお願いします
北海道地震、大雨災害、台風災害で被害をうけられた皆さま。心よりお見舞い申し上げます。
政府の災害対策が最悪ですが、安倍政権が続きそうな総裁選。ここをひっくり返すにはやはり選挙で自民党以外の野党の議席が増えることしかないので、来年7月の参院選に向けていろいろ動いていきたいですね。
前回の日野のくらしとせいじカフェでは新しい野党共闘の話が盛り上がりました~。対話から新しい形の手のつなぎ方みんなで考えませんか?政党やいろんな枠を超えて、大きな力にしていきたいまずはおしゃべりしましょう~。みんなの意見を聞かせてください
https://www.facebook.com/events/268139797159792/



映画上映会
●9月17日(月休) 13:00~15:00 stuido awai(スタジオあわい)あんのん舘2F(JRさくら夙川9分 阪急夙川14分 https://tt-nishinomiya.wixsite.com/tn-theater/single-post/2018/08/28/『コスタリカの奇跡?積極的平和国家のつくり方』上映会)
コスタリカの奇跡?積極的平和国家のつくり方 上映会
 13:00~14:30 上映
 14:30~15:00 シェアリング
1948年に軍隊を廃止。軍事予算を社会福祉に充て、国民の幸福度を最大化する道を選んだコスタリカの奇跡に迫ったドキュメンタリー 。
世界には軍隊なしで国の平和を保ってきた国々がある。そんな数少ない国の一つで、1948年に常備軍を解体した国がコスタリカだ。コスタリカは軍事予算をゼロにしたことで、無料の教育、無料の医療を実現し、環境のために国家予算を振り分けてきた。その結果、地球の健全性や人々の幸福度、そして健康を図る指標「地球幸福度指数(HPI)」2016の世界ランキングにおいて140ヶ国中で世界一に輝いているのがコスタリカである。
『コスタリカの奇跡 ~積極的平和国家のつくり方~』は、1948年から1949年にかけて行われた軍隊廃止の流れを追いながら、コスタリカが教育、医療、環境にどのように投資して行ったのかを詳しく説明する。アメリカでは公的債務、医療、そして軍事費が日増しに増大していっていることとは対照的だ。この映画は軍隊廃止を宣言したホセ・フィゲーレス・フェレールや、ノーベル平和賞を受賞したオスカル・アリアス・サンチェスなどの元大統領や、ジャーナリストや学者などが登場する。世界がモデルにすべき中米コスタリカの壮大で意欲的な国家建設プロジェクトが今明らかになる。
予告編:https://youtu.be/pnxGYapjZME
映画情報:https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=48
参加費:一般 1,000円 中学生以下 無料 
申込:tt.nishinomiya@gmail.com
主催・お問い合せ:トランジション西宮 
協力:あんのん舘・studio awai
https://tt-nishinomiya.wixsite.com/tn-theater/single-post/2018/08/28/『コスタリカの奇跡?積極的平和国家のつくり方』上映会



ウトロ
●9月17日(月休) 15:00~太子会館老人憩いの家(西成区太子1-8-12)
第3回「監督のこの1本」
『ウトロ-家族の街』
(2002年、58分)
15:00~上映
16:00~武田倫和監督トーク
無料・投げ銭歓迎
ドキュメンタリー制作・ノマドアイ http://nomadeye.jp/
https://www.freeml.com/kdml/11524/latest



●9月17日(月休) 午前10時~12時 大阪クリスチャンセンター3階(地下鉄玉造駅①5分・JR玉造駅10分 http://www.osakachristiancenter.or.jp/map.html)
第50回キリスト者原発学習会
光延一郎(神学 イエズス会/上智大学)講話「日本国憲法とカトリック」を読んで
三宅康博さんによる解説&意見発表
会費:500円(資料代等)
連絡先:090-3974-1166(弓場)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/



■9月17日(月休)(再放送) 午後03:00~04:50 NHK BS1
BS1スペシャル「欲望の経済史~ルールが変わる時~特別編」
世界で拡大する格差、分断。そのルール変更はいつ、どこで?利子という、時間を金と交換する神にしか許されぬ蛮行が資本主義の原点だった?時が富を生む魔術=利子。空間をめぐる攻防が生んだグローバリズムと国家の関係、重商主義。勤勉という美徳が社会を変えた、宗教改革。そして技術が人を動かした産業革命、フォーディズム。そして株式市場という場が引き起こす、繰り返すバブル。全5章で考える経済の本質、欲望のドラマ。
http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2018-09-17/11/32572/2225565/



●9月18日(火) 10:30~15:00 大阪市立社会福祉センター(近鉄「大阪上本町」⑪東へ徒歩3分 地下鉄「谷町九丁目」⑧徒歩10分 http://shafuku-center.jp/shisetsu.html
3.11避難者情報交換・意見交流会Cafe IMONIKAI
毎月大阪で、たとえ参加者が少なくても、必要としている避難者がいる限り、細く長く必要な形でつづけています。2012年夏~毎月1回、一日お部屋を開放し、自由に避難者が集える「場」を参加者みんなで作ります。
サンドリメンバーも、毎回、一度も欠かさず通っている避難者たちがいます。
とても自由な雰囲気で、避難者が震災のこと、避難のこと・・・本当の思いを各々自由に話せる3.11避難当事者がホッとできる素敵な「場所」です。
初めての方も安心してご参加下さい。何も話さなくても、聞くだけの方もおられます。
色々な情報も得られますし、また、避難者の思いも、ご支援の方々に伝えることも出来ますし、本当にオススメ出来る交流会の一つです。ご都合のつく方は是非ご参加ください。
※途中からの参加、途中退室も可能です ※飲み物は各自でご用意ください
参加費:無料 差し入れ大歓迎♪
参加対象者:3.11避難者&3.11避難者に心をお寄せくださる方ならどなたでも大歓迎☆
お申込み:特に不要です。
今後の予定:
10月17日(水)、11月 20日(火)、12月19日(水)1月24日(木)
お問合せ:sandori2014@gmail.com サンドリ【3.11避難者交流カフェイモニカイ】係
主 催:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (略称:サンドリ)
協 力:大阪市ボランティア・市民活動センター(大阪市社会福祉協議会)
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1952.html



朝鮮半島
●9月18日(火) 18時半~エルシアター(エルおおさか)(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
日朝ピョンヤン宣言から16年
日朝国交正常化と東アジアの平和を!9.18キャンドル集会

朝鮮戦争を終結し平和協定へ! 憲法9条改悪を許すな!
「安倍政権の対朝鮮政策と日朝国交正常化の課題」
講師:浅井基文さん
「朝鮮半島問題と日本の植民地支配責任 東アジア平和共同体構築に向けて」
講師:纐纈 厚さん
音楽ゲスト:川口真由美さん キャンドルウェーブしよう
【緊急企画】
オール大阪野党5党の揃い踏みで沖縄県知事選玉城デニー候補予定者の勝利をめざす決起集会
主 催:キャンドル集会実行委員会
連絡先:戦争をさせない1000人委員会 ℡.06-6351-0793 
    戦争あかん!ロックアクション(市民共同オフィスSORA気付 ℡.06-7777-4935
ヨンデネット大阪 yondenetosaka@gmail.com
https://www.facebook.com/events/437187306805810/



朝鮮高級学校無償化
9月18日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



■9月18日(火)(再放送) 午後09:00~10:00 NHK BSプレミアム
アナザーストーリーズ・選「フセイン拘束~捕らえられた独裁者の真実~」
独裁者の変わり果てた姿に世界中が驚がくした!イラク元大統領サダム・フセイン。「悪の枢軸」と名指しされ、超大国アメリカと戦争の末に捕らえられ、処刑された。米軍はフセインをどう追い詰めていったのか。息詰まる拘束作戦の舞台裏。フセインの最後の言葉「アメリカはイラク統治に失敗するだろう」その後、アメリカの思惑はどこで狂ったのか?赤い夜明け作戦の指揮官、CIA、サダムの愛人…今明かされる独裁者の真実!
http://www4.nhk.or.jp/anotherstories/x/2018-09-18/10/25209/1453066/



戦争法
●9月19日(水) 午後6時~JR草津駅東口
戦争法反対・全国統一行動3周年
チラシ、のぼり、トークOK。自由に参加して憲法9条の改悪に反対の意思表示を!
主催:戦争はいやだ!草津市民の会
問い合わせ:090-9619-1939(近藤)
https://sites.google.com/site/syamahi9j/zi-he-jiu-tiaono-huinyusu



死 刑
●9月19日(水) 18時半~20時半 ドーンセンター5階特別会議室(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
死刑弁護の現場から
講師:下村忠利
参加費:800円
主催:アムネスティ・インターナショナル日本/死刑廃止フォーラムinおおさか
連絡:090-8575-9827
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0919.pdf



冤 罪
●9月19日(水) 18時~21時 豊中人権まちづくりセンター4階ホール(阪急岡町駅 https://www.city.toyonaka.osaka.jp/shisetsu/sonota/toyo_center/index.html) 
冤罪青春グラフィティ『獄友』豊中上映会
参加費:1000円
上映後、金聖雄監督のトークあり
主催:狭山事件の再審を求める豊中市民共闘会議(06-6841-5300)
・22日(土)13時半~15時半
http://www.kinyobi.co.jp/event/20180914_002646.php



●9月20日(木) 16時~19時 滋賀県庁正面噴水前(JR大津駅から徒歩5分 大津市京町四丁目1番1号 http://www.pref.shiga.lg.jp/guide/chosha/index.html
滋賀県庁前すわりこみ
https://nonukesiga.exblog.jp/27093865/



安倍改憲
●9月20日(木) 18:00~西院春栄公園(西院小学校北側)
安倍改憲やめて!沖縄連帯デモ@右京
主催:安倍改憲NO市民アクション@右京/安保法制廃止、立憲主義回復をめざす京都市民連合@右京、日本共産党京都西地区委員会
https://jimmin.com/events/event/安倍改憲やめて%ef%bc%81沖縄連帯デモ%ef%bc%a0右京/



改 憲
●9月20日(木) 18時~20時半 守山コミュニティホール(守山駅 https://map.goo.ne.jp/place/25002644784/
市民の会しが・政策フォーラム②
3人のパネリストが9条を徹底トーク。自衛隊を憲法に書いたらいけないのか。
市民の声にどう答える・・・
 土井裕明さん(弁護士) 對月慈照さん(市民の会事務局長) 杉原秀典さん(同 政策担当)
コーディネーター:斎藤敏康さん(同 代表代行)
主催:市民の会しが
問い合わせ:090-2108-9521(杉原)090-4036-4510(檜山)
https://www.facebook.com/shiminnokaishiga/photos/a.1568233226831382/2181988522122513/?type=3&theater



多文化
●9月20日(木) 19:00~21:00 大阪聖和教会(生野区桃谷5-10-32)
多文化福祉研究会シンポジューム
「古墳時代の王権と渡来人-河内の猪飼い・馬飼い・鷹飼い・鳥飼い-」
西川寿勝さん(大阪府立狭山池博物館学芸主査)
大阪には古墳時代に朝鮮半島から数多くの人たちが渡来しました。大阪市の久太郎町は百済(くだら)町が、喜連は呉(くれ)が、駒川は高麗(こま)がそれぞれなまったとも。彼らの先進技術は評価され、渡来文化は倭国に定着、渡来系氏族が栄えました。今回は、渡来人とはどのような人たちをさすと研究されてきたのか、渡来系氏族の中でも王権と結びついた動物飼育の人たちについて、文献史料と発掘成果などから紹介します。
参加費:500円
主 催:多文化福祉研究会 090-4304-0039(岩山さん)
https://www.freeml.com/kdml/11524/latest



■9月21日(金)(再放送) 深夜午前00:00~00:50 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー選「乳牛たちのインティファーダ
毎日飲む牛乳さえイスラエルに頼っていたパレスチナのとある農村が、18頭の乳牛を手に入れた。「国家安全保障の危機」と、18頭の摘発に乗り出すイスラエル当局と、牛を巧みに隠す村人たちとのいたちごっこが契機となり、パレスチナ自立への機運が高まり、第1次インティファーダにつながっていく。「マンガのような風合い」を試みた異色作。
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=171101



●9月21日(金) 関西電力本社前(「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:00頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:30 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●9月21日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●9月21日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●9月21日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&パレード



●9月21日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に!



●9月21日(金) 19:30~ひと・まち交流館京都 第5会議室(3階) (京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html)
守田敏也さんの南仏サマーキャンプ報告会
今回のキャンプは8月6日9日と広島・長崎の日を守田さんの提案で組み込み、祈りのパフォーマンスや原爆についてのしっかりとした講演を行ってきたそうです。
昨年に続いて参加された反核サマーキャンプには、今回守田さんの呼びかけで数名同行されました。ブログ等で、タイムリーな報告をしておられますが、やはりご本人から直接お話をお聞きしたいです!
参加費:1000円
主催:ウチら困ってんねん@京都
https://houteisien.wordpress.com/kyoto/



●9月21日(金) 18時半~21時 アクア文化ホール(阪急宝塚線曽根駅 http://www.toyonaka-hall.jp/access/
~平和のための講演とミュージカルの夕べ~国会を市民の手に取り戻そう!
講演:山口二郎さん(政治学者、法政大学法学部教授、安保法制と立憲主義の回復を求める市民連合世話人)
「国会を私たちの手に取り戻すために」
ミュージカル 劇団「天然木」公演~大矢野原に立って~
~プロフィール~
1996年子どもミュージカルの劇団として熊本市で結成。
2005年山都町に拠点を移し、家族+αでの活動を開始し、自作自演生演奏の出前ミュージカルを県内外で行っている。
2015年早川倉庫杯若手演劇コンテストDENGEKIvol.4で長女しずくと次女凛花(脚本凛花)の二人芝居が優勝。これまでにRKK、BS日テレ、KKTで5本のドキュメンタリーが制作・放送されている。
2018年6月沖縄辺野古ゲート前テントで自衛隊軍事演習問題をテーマにした「大矢野原に立って」を公演し、大きな感動を呼ぶ。ブログは「劇団天然木」で検索。
参加費:500円(介助者無料)
主催:安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合・豊中
共同代表:安富 巌  大川一夫  中北龍太郎  藤木 邦顕
連絡先:松岡幹雄(090-4033-1376)
https://www.facebook.com/events/540364116399697/



家族制度
●9月21日(金) 18:30~21:00 神戸学生青年センター会議室D(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/
高作先生と学ぶ会2018年秋
改憲勢力が狙う家族制度―「LGBT」「生産性」発言の背後にあるもの

講 師: 関西大学法学部教授 高作正博さん
参加費 :一般 1,000円  若もの 500円
(公財)神戸学生青年センター 「高作先生と学ぶ会」共催
http://ksyc.jp/seminar/takasaku201809-10/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村





脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2017年9月16日(日)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-377.html




森友学園問題
●9月16日(日) 14:00~豊中市立文化芸術センター大ホール(阪急・曽根駅下車東へ3分 http://www.toyonaka-hall.jp/access/)
幕引きさせてたまるか!森友問題 アベの大罪を暴く
<第一部>トークセッション
望月衣塑子さん(「東京新聞」記者)
金平茂紀さん(ジャーナリスト・TBS「報道特集」キャスター)
コーディネーター 矢野宏さん(新聞「うずみ火」)
<第二部>
立憲野党からのアピールおよび国会報告
参加費:500円(障害者・介助者・学生300円)
手話通訳あり
主催:森友学園問題を考える会
連絡:TEL/FAX 06-6844-2280
https://www.facebook.com/events/278281056117835/



ドキュメンタリー上映会
●9月16日(日) 午後1時40分~3時40分 クロスパル高槻(高槻市立総合市民交流センター)5F視聴覚室(JR高槻駅中央改札口を右へ出て京都方面線路沿い http://loco.yahoo.co.jp/place/g-6msUDgCskbU/)
ドキュメンタリー映画「異なる世界」上映会(2017年 108分)
台湾―沖縄―韓国 平和紀行の物語
【ストーリー】古びた自転車に乗って旅 をする二人の青年。海を越え台湾から はじまった旅はエメラルド色の海が広 がる沖縄を過ぎ、真冬の厳しい寒風が 吹きすさぶ韓国で終わりを迎える。11 月ながらも夏のような台湾を経て秋のような沖縄を、そして韓国での真冬へと突入する長い旅程のなかで二人は数多くの人々と出会う。台湾で脱核運動をする人々、沖縄で自衛隊や米軍 基地建設に反対する人々、その沈痛な歴史から、韓国、済州島の海軍基 地、密陽の送電塔、そして原発問題に 至るまで、彼らは「平和紀行」という名を借りてこの地の疎外された場所の 数々を訪れる。点と点を繋ぐように二 つの車輪で様々な場を連結しながら。
参加費:999円
主催:高槻ドキュメンタリー映画上映委員会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0916-1.pdf



沖 縄 
●9月16日(日) 13:30~草津市立市民交流プラザ大会議室(JR南草津駅東口直結、フェリエ南草津5階 https://www.kusatsu-plaza.com/access
ドキュメンタリー映画「OKINAWA1965」上映会
協力金:1,200円
公式サイト:http://longrun.main.jp/okinawa1965/index.html
主催:「OKINAWA1965」を観る会 090-2011-0316
https://shigaminpo.com/event.shtml



資本論
●9月16日(日) 14時~16時 サンスクエア堺(JR阪和線「堺市」駅徒歩3分 http://www.sck.or.jp/access.html
「資本論」を読む会(堺)
第1篇第3章貨幣または商品流通第1節価値の尺度の2回目
参加無料 初心者大歓迎
主催:資本論を読む会(堺)(090-6067-0560)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0916-2.pdf



アベノミクス
●9月16日(日) 10:00~アジェンダ・プロジェクト事務所(京都市南区東九条北松の木町37-7)
軽部謙介著『官僚たちのアベノミックスー』を読む
参加費¥200
主催:アジェンダ・プロジェクト京都
連絡:TEL090-9998-9245
https://jimmin.com/events/event/軽部謙介%e3%80%80著『官僚たちのアベノミックスー』を/



日朝友好稲刈り
●9月16日(日) 9:00~能勢電鉄終点「妙見口駅」集合(田んぼまでピストン輸送)
第22回日朝友好稲刈り
朝鮮学校の生徒さんたちと春に植えた苗。豊かな友好の実りを刈り取りましょう!
参加費:大人2000円・学生1000円・子ども500円(飲食費・農耕費)
※どなたでもご参加いただけます。要予約:090-4640-7638(伊関さん)
主 催:平和の糧・朝鮮総聯西大阪支部
参考記事:「朝鮮学校の子たちが友好の田植え 能勢町で」5月22日
https://www.asahi.com/articles/ASL5P3RD2L5PPTIL00X.html



ミュージカル
●9月14日(金)~17日(月) 大阪ビジネスパーク円形ホール(地下鉄長堀鶴見緑地線「大阪ビジネスパーク駅」より徒歩1分、JR大阪環状線・地下鉄・京阪電鉄「京橋駅」より徒歩5分 https://osaka-info.jp/page/obp-osaka-business-park
大阪憲法ミュージカル
私たちが生きるこの国には、憲法があります。 私たちが、自由に学んだり、表現したり、毎日を平和に人間らしく暮らせること、 一人ひとりの人間が、個人として大切にされるべきことが謳われています。 でも、こんなことは当たり前すぎて、普段なかなか実感する機会がありません。 私たちは、たくさんの市民の方々に、普段身近に感じることのない憲法に触れ、考えるきっかけを持ってもらえたら、という思いで、企画しました。
9月14日(金) 15時開演、19時開演
9月15日(土) 13時開演、17時開演
9月16日(日) 11時開演、15時開演
9月17日(月) 11時開演、15時開演
チケット:前売り 一般3500円 大学生高校生3,000円 中学生以下、障がい者2000円 (当日券は+500円)
https://osakakenpomusical.amebaownd.com/



■9月17日(月)(再放送) 午前05:15~05:45 NHK総合
ひとモノガタリ「それでも彼らが戦うワケは~京大・タテカン攻防の若者たち~」
キャンパスを取り囲み、大学の“文化”とも言われてきた京都大学の立て看板、通称「タテカン」を巡って、今、前代未聞の攻防戦が続いている。景観保全の条例に違反すると市から指導を受けた大学は撤去を開始。すると、学生たちが猛反発。撤去されては、誰かがまた立てる、いたちごっこが行われているのだ。景観と一体化した迷彩タテカンに、自らが看板になった人間タテカンなどで意思を発信する若者たち。彼らが戦う理由に迫る。
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/92110/2110230/index.html?c=housou
http://www4.nhk.or.jp/P5035/x/2018-09-17/21/31551/2110230/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2018年9月15日(土)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報



『沖縄スパイ戦史』(2018年/日本/114分/東風 配給)
「もう、忘れていいよ。わたしがここで、覚えてるから」
戦後70年以上語られなかった陸軍中野学校の「秘密戦」、明らかになるのは過去の沖縄戦の全貌だけではない――。
第二次世界大戦末期、米軍が上陸し、民間人を含む24万人余りが死亡した沖縄戦。第32軍・牛島満司令官が降伏する1945年6月23日までが「表の戦争」なら、北部ではゲリラ戦やスパイ戦など「裏の戦争」が続いた。作戦に動員され、故郷の山に籠って米兵たちを翻弄したのは、まだ10代半ばの少年たち。彼らを「護郷隊」として組織し、「秘密戦」のスキルを仕込んだのが日本軍の特務機関、あの「陸軍中野学校」出身のエリート青年将校たちだった。
1944年の晩夏、大本営が下した遊撃隊の編成命令を受け、42名の「陸軍中野学校」出身者が沖縄に渡った。ある者は偽名を使い、学校の教員として離島に配置された。身分を隠し、沖縄の各地に潜伏していた彼らの真の狙いとは。そして彼らがもたらした惨劇とは……。
「散れ」と囁くソメイヨシノ
「生きろ」と叫ぶカンヒザクラ
長期かつ緻密な取材で本作を作り上げたのは、二人のジャーナリスト。映画『標的の村』『戦場ぬ止み』『標的の島 風かたか』で現代の闘いを描き続ける三上智恵と、学生時代から八重山諸島の戦争被害の取材を続けてきた若き俊英、大矢英代。
少年ゲリラ兵、軍命による強制移住とマラリア地獄、やがて始まるスパイ虐殺……。戦後70年以上語られることのなかった「秘密戦」の数々が一本の線で繋がるとき、明らかになるのは過去の沖縄戦の全貌だけではない。 映画は、まさに今、南西諸島で進められている自衛隊増強とミサイル基地配備、さらに日本軍の残滓を孕んだままの「自衛隊法」や「野外令」「特定秘密保護法」の危険性へと深く斬り込んでいく。
●8/4~シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html
9/15(土) 14:50
9/16(日) 休映
9/17(月祝)~21(金) 13:55
http://www.nanagei.com/movie/data/1255.html



『人生フルーツ』(2016年/日本/91分/東海テレビ放送 配給)
■好評につき、ロングラン上映中!
人生は、だんだん美しくなる。
むかし、ある建築家が言いました。家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない。
愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てた家。四季折々、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実が、妻・英子さんの手で美味しいごちそうにかわります。刺繍や編み物から機織りまで、なんでもこなす英子さん。ふたりは、たがいの名を「さん付け」で呼び合います。長年連れ添った夫婦の暮らしは、細やかな気遣いと工夫に満ちていました。そう、「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」とは、モダニズムの巨匠ル・コルビュジエの言葉です。
かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきました。1960年代、風の通り道になる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウン計画。けれど、経済優先の時代はそれを許さず、完成したのは理想とはほど遠い無機質な大規模団地。修一さんは、それまでの仕事から距離を置き、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめました─。あれから50年、ふたりは、コツコツ、ていねいに、時をためてきました。そして、90歳になった修一さんに新たな仕事の依頼がやってきます。
本作は東海テレビドキュメンタリー劇場第10弾。ナレーションをつとめるのは女優・樹木希林。ふたりの来し方と暮らしから、この国がある時代に諦めてしまった本当の豊かさへの深い思索の旅が、ゆっくりとはじまります。
●8/26(日)~シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
9/15(土)~19(水) 休映
9/20(木)・21(金) 16:10(~17:46終)
9/22(土) 休映
9/23(日)・24(月祝) 17:00(~18:36終)
9/25(火)・26(水) 休映
9/27(木)・28(金) 14:00(~15:36終)
http://www.theater-seven.com/2017/movie_jinsei-fruits.html



『国家主義の誘惑』
天皇 - 憲法 - 沖縄 - 原発 - 自衛隊 
彼らをいざなう政治の正体 異色のフランス発ドキュメンタリー
(2017年/フランス/54分/きろくびと 配給)
国益・国家の名の下に秘密裏に決裁、反対意見には耳を貸さず、新造語を連発し、嘘を通す─
日本社会の“いま”を浮き彫りにしたフランス発ドキュメンタリー
明治維新から今日までに見られる日本人の天皇・憲法・戦争観は歴史的にどのように“熟成” されてきたのか?
世界にナショナリズムの風が吹き荒れる中、2015年の公開作『天皇と軍隊』(2009年)で話題を呼んだフランス在住の渡辺謙一が、国際関係史・地政学の観点から国内外の論客によるインタビューも交え、日本社会を誘ういざなう政治の正体、日本人にとってのナショナリズムを問いかける。
果たして、取り戻さなければならないものは何なのか。本当に知らなければいけないことは何か。日本社会を俯瞰することで見えてくるものとは――
●9/1~9/21 第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
9/15~9/21 10:00(~11:00終)
※9/17(月)の上映…シアターセブン(5階)受付は第七藝術劇場(6階)
http://www.nanagei.com/movie/data/1263.html



『ゲッベルスと私』(2016年/オーストリア/113分)
ナチス宣伝大臣ゲッベルスの秘書、ブルンヒルデ・ポムゼル103歳。
彼女の発言は、20世紀最大の戦争の記憶を呼び起こす。
若きポムゼルは、第二次世界大戦中、1942年から終戦までの3年間、ナチスの宣伝大臣ヨーゼフ・ゲッベルスの秘書として働き、近代における最も冷酷な戦争犯罪者のそばにいた人物である。本作は彼女が終戦から69年の沈黙を破って当時を語った貴重なドキュメントである。"ホロコーストについては、なにも知らなかった"と語るポムゼルの30 時間に及ぶ独白インタビューと、世界初公開となるアーカイヴ映像によるドキュメンタリーは、20世紀最大の戦争と全体主義の下で抑圧された人々の人生を浮き彫りにする。表情を強張らせ、"いわれたことをタイプしていただけ"と語るポムゼルの姿は、ハンナ・アーレントによる"悪の凡庸さ"をふたたび想起させる。
アーカイヴ映像が戦争の真実を明るみにする
本作品には、当時、世界各国で製作された様々なアーカイヴ映像が数多く挿入される。ナチスを滑稽に描くアメリカ軍製作のプロパガンダ映画、ヒトラーを揶揄する人々を捉えたポーランドの映像、ゲッベルスがムッソリーニとヴァカンスを楽しむプライベート映像、そして戦後、ナチスのモニュメントを破壊する人々やホロコーストの実態を記録した映像。それらは、戦争という人間の愚行はいつでも繰り返されることを語り、戦争の続く今日に警鐘を鳴らしている。
公式サイト:https://www.sunny-film.com/a-german-life
●9.8(土)~9.28(金) シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
9/8(土)~14(金) 13:35(~15:33終)
9/15(土)~21(金) 11:40(~13:38終)
9/22(土)~28(金) 13:45(~15:43終)
http://www.theater-seven.com/2018/mv_german-life.html



『Ainu|ひと』(2018年/日本/81分)
「隠れたって、どこに居ようと…アイヌはアイヌだわな」
昭和初期に生まれ、時代の過渡期を生きた4人の古老。
その生き様とアイヌ文化伝承の今を伝えるドキュメンタリー。
「言葉はそう簡単には滅ばない、でも誰かがやらないと伝わらない」
「植物は、自分の適正な場所を覚えている」
日本の先住民族・アイヌ。かつて、アイヌモシリ(アイヌの大地)と呼ばれた北海道の日高地方・平取町には、今も多くのアイヌ民族が暮らしている。アイヌ文化研究において多大な貢献を果たした故・萱野茂氏の出身地でもある。
1869年、明治新政府がアイヌ民族を「平民」として戸籍を作成し、同化政策や開拓を進めた結果、アイヌ文化は急速に衰退していった。
一世紀半経過した今、生活スタイルを変容させながらも、アイヌ文化を伝承する努力を続けてきたこの地域には、現代のアイヌが快活に生きる。
ドキュメンタリーの主人公は、個性多様な4人の「Ainu=ひと」たち。差別と貧乏を経験した人、伝統的な織物を作る人、祖母のカムイユカラ(口承文芸)を聞き覚えている人、イオマンテ(熊送り)などの儀礼儀式を小さいころに見聞きした人。文化伝承のために、地域のリーダー的存在として、積極的に活動する。昭和から平成のアイヌの変容を示す生き証人でもある「ひと」の姿を描いたドキュメンタリー。
公式サイト:http://www.ainuhito.com/
●9.15(土)~9.21(金) 14:00(~15:26終) シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)  
■9/16(日) 14:00の回上映後「Ainuクラフト&食マーケット」開催予定
ゲストをお迎えしてのトークや、アイヌ民芸品の展示販売・イナキビおにぎり販売などを予定。
ゲスト:出演者、二風谷アイヌ文化博物館学芸員、溝口尚美監督
■連日 溝口尚美監督 舞台挨拶予定
http://www.theater-seven.com/2018/mv_ainuhito.html



辺野古新基地 安倍退陣
●9月15日(土) 10:30~三宮花時計前(https://www.mapion.co.jp/station/ST29366/) 11時~デモ出発 三宮商店街→元町商店街
沖縄に新しい基地をつくるな!
憲法九条守れ!安倍内閣は退陣!デモ

8月11日の沖縄県民大会で、故・翁長知事の生前の声が流れました。
「私の決意は県民とともにあり、みじんも揺らぐことはありません」
時おり強い雨が降る中にもかかわらず、参加者7万人に達しました。
9月30日の沖縄県知事選挙にむけて、全国から基地反対の声をあげましょう。改憲と戦争への道をすすむ安倍政権を退陣に追い込み、東アジアの平和をつくっていきましょう。9月15日は沖縄県知事選挙中、そして自民党総裁選挙中です。デモで声をあげましょう!
http://shimindemohyogo.blog.fc2.com/blog-entry-104.html



安倍政権打倒
●9月15日(土) 午後6時30分~京都市役所前広場 午後7時~出発
9・15【安倍政権打倒デモ悪党退散@京都】
安倍も石破も要らない!みんなまとめて自民党悪政打倒!
憲法改悪阻止!九条改憲許すなの声を上げよう
デモコース:京都市役所前~四条河原町~円山公園
主催:e未来の会
https://www.emirai.xyz/single-post/2018/08/29/%EF%BC%99・%EF%BC%91%EF%BC%95【安倍政権打倒デモ悪党退散%EF%BC%A0京都】開催のお知らせ-1



朝鮮半島の平和
●9月15日(土) 13:00~円山公園野外音楽堂 14:15~パレード 
朝鮮半島の平和統一を歓迎する!「Kyoto× OneKoreaピースパレード2018」
4.27板門店宣言を契機に平和と繁栄、統一へと歩み出した朝鮮半島の輝かしい未来を祝すとともに、京都の在日コリアンと日本市民のアクションで朝鮮半島の平和統一ひいては東アジアの繁栄に向けて力強く歩んで行こうと、パレードを企画いたしました! 当日は韓国からも青年たちが参加する予定です! 多くの方々のご賛同、ご参加をお待ちしております!
参加費:500円
主 催:Kyoto OneKorea Network
https://www.facebook.com/Kyoto-Onekorea-Network-1892063237678415/



辺野古新基地問題
●9月15日(土) ①10時30分~②14時 小田公民館(JR「尼崎」徒歩約5分 http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/map/1000380/1000418/1000825.html
映画「辺野古ゲート前の人々」上映会
資料代:500円 障がい者・35歳以下無料
チケットご希望の方は、平出(090-9095-5833)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0915.pdf



平和憲法
●9月15日(土) 午後2時~5時 大阪南YMCA(JR天王寺駅北口より東へ5分 http://www.oospo.net/ymca-minami/access
第14回「平和憲法とこの国の自立を考える勉強会
内容:永世中立論の過去と現在 輪読&澤野教授による解説
会費:500円(資料代等)
連絡先:090-3974-1166(弓場)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/



立憲主義
●9月15日(土) 14:00~16:00 西宮市立勤労会館ホール(JR西宮駅南口徒歩約5分 阪神西宮駅東出口徒歩約6分 
http://loco.yahoo.co.jp/place/g-64TsM2qJliw/?utm_source=dd_spot
立憲主義と平和を守る西宮の会 講演会 
「弁護活動から憲法を考える」

講師:亀石 倫子(弁護士)
入場料:¥1000円(学生は無料)
主催:立憲主義と平和を守る西宮の会
連絡:TEL070-2301-5597
https://www.facebook.com/events/245719539409259/



関東大震災中国人虐殺
●9月15日(土) 13:30~国労大阪会館1Fホール(天満駅出口徒歩約2分 扇町駅4出口徒歩約4分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/
関東大震災 中国人虐殺から95年 今につながる「差別」「排外」の流れを問う!
記録映像『関東大震災と中国人虐殺』(仮)上映 

王希天(ワンシーティエン)さんご遺族のお話など
参加費:800円
主 催:南京大虐殺60カ年・大阪 中国人強制連行 大阪・花岡 国賠訴訟を支える会
共 催:設置理念に則ったピースおおさかを取り戻す会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0915-1.pdf



カジノ
●9月15日(土) 午後6時半~8時半 高槻市立総合市民交流センター(クロスパル高槻)8階イベントホール(150人)クロスパル高槻(JR高槻駅中央改札口を右へ出て京都方面線路沿い
http://loco.yahoo.co.jp/place/g-6msUDgCskbU/)
IR型カジノは日本と大阪に何をもたらすのか? 
~賭博で経済効果実現ってどういうこと~

講師:鳥畑与一さん(静岡大学教授、国際金融論)
特別報告:宮原たけしさん(大阪府議会議員)
「大阪にカジノをつくらせないために」
参加無料
主催:市民連合高槻・島本
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0915-4.pdf



労働問題
●9月15日(土) 13:00~禁酒の館2F(新今宮駅前駅出口から徒歩約3分 動物園前駅9出口から徒歩約3分 https://loco.yahoo.co.jp/place/g-bZk2Y3qN2Cw/
トークショーと映画「ワーカーズ」上映会
第1部トークショー13:00~ 
 講師:永戸祐三(日本労働者協同組合連合会名誉理事)「労働者主体の働き方」
第2部映画上映「ワーカーズ」14:15~
参加無料
主催:NPO釜ヶ崎支援機構/日本労働者協同組合連合会
https://jimmin.com/events/event/トクショーと映画「ワーカーズ」/



高等教育無償化
●9月15日(土) 14時~神戸市婦人会館あやめ(JR「神戸」北へ徒歩5分 https://kobe-fujin.jimdo.com/交通アクセス/)
「高等教育の無償化を根底から問い直す講演会」の事前学習会
・10月13日(土) 午後1時半~あすてっぷKOBEセミナー室1
「高等教育の無償化を根底から問い直す」講師:矢野眞和東京工業大学名誉教授
何のため、誰のための高等教育か誰が、どう負担すべきか。事前に送っていただいたレジュメ素案をもとに、質問・疑問・意見を出しあい、本番の講演に臨むための事前学習会を開催します。
主催:奨学金問題と学費を考える兵庫の会
電話:078-362-1166 HP:https://hyogoshogakukin.jimdo.com/
e-mail:hy-shougakukin@mbr.nifty.com



民族学級
●9月15日(土) 13:00~生野区民センター1階ホール(JR環状線「桃谷」徒歩15分 http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016633.html
民族教育フォーラム2018
シンポジウム「民族学級が拓く可能性-すべての子どもが大切にされるために-」
1部:基調講演 金光敏(キムグァンミン)さん  (特活)コリアNGOセンター事務局長/教育コーディネーター
2部:パネルディスカッション 
3部:参加者全員によるグループディスカッション
※11:30~教材・資料展示説明コーナー
参加費:1000円
主 催:民族教育ネットワーク 06-6731-6801
https://www.hurights.or.jp/japan/related-events/2018/11/post-53.html



手錠腰縄
●9月15日(土) 14:30~16:40 大阪弁護士会館2階201・202ホール(京阪「なにわ橋駅」出口1徒歩約5分 地下鉄・京阪「淀屋橋駅」1号出口から徒歩約10分 地下鉄・京阪「北浜駅」26号階段から徒歩約7分 http://www.osakaben.or.jp/06-access/
STOP!!手錠腰縄キャンペーン 
第3弾市民集会「それって必要?法廷内での手錠・腰縄~こんなの日本だけ!?」

*オープニング・ムービー
 *オープニング・ムービーは約6分間。開場~開演の間に会場前方のスクリーンにて繰り返し放映します。是非お時間に余裕をもってお越しください。
・歌と訴え
 シンガーソングライター SUN-DYU氏
・報告「韓国とヨーロッパにおける法廷内の被疑者・被告人の処遇について」
 大阪弁護士会法廷内手錠腰縄問題に関するプロジェクトチーム委員
・講演「起訴前・起訴後の勾留における法的問題点」
 龍谷大学法学部教授 斎藤 司 氏
・対談・意見交換・質疑応答 他
参加費:無料
定 員:120名 ※定員を超過しますとお断りすることもございます。
申込方法:当ページのフォーム(https://www.osakaben.or.jp/web/entry/p_form.php?id=id_5b6a708bd34ae)からお申込みいただくか、チラシを印刷して所定事項を記入しFAXにてお申込みください
主催:大阪弁護士会
連絡:TEL06-6364-1681
http://www.osakaben.or.jp/event/2018/2018_0915_2.php



女性議員
●9月15日(土) 14:00~16:00 西宮市男女共同参画センターウェーブ(阪急西宮北口駅南口から約100m。「プレラにしのみや」4階 http://www.nishi.or.jp/contents/00022864000400096.html
西宮市市民企画講座「女性議員をふやそう~世界の流れは50-50」
お話:竹安栄子さん(京都女子大学特命副学長)
長年にわたって女性地方議員の調査、研究をされてきた竹安栄子さんをお迎えして、お話を伺います。
https://www.facebook.com/events/2144379065779849/



小田実
●9月15日(土) 14:00~17:00 あしや市民活動センターリードあしや2階(JR・阪神芦屋駅 http://www.city.ashiya.lg.jp/sankaku/shimin/center.html
第115回「小田実を読む」
中嶌哲演さんが語る「仏教者から見た小田実」
講師:中嶌哲演(明通寺住職、平和運動家、反原発活動家) 資料代:1000円
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0915-2.pdf



在日米軍
●9月15日(土) 14時~16時 交野市ゆうゆうセンター(河内磐船駅 https://www.city.katano.osaka.jp/docs/2011072700024/
軍事力強化と在日米軍 東アジア平和圏構想パート2
講師:豆多敏紀さん
参加費:500円
主催:憲法とくらしを考える会(072-892-4938)T
http://www.kinyobi.co.jp/event/20180907_002641.php



映画上映会
●9月15日(土)・17日(祝・月) stuido awai(スタジオあわい)あんのん舘2F(JRさくら夙川9分 阪急夙川14分 https://tt-nishinomiya.wixsite.com/tn-theater/single-post/2018/08/28/『コスタリカの奇跡〜積極的平和国家のつくり方』上映会)
コスタリカの奇跡~積極的平和国家のつくり方 上映会
①9/15(土) 13:00~15:00
 13:00~14:30 上映
 14:30~15:00 シェアリング
② 9/17(祝・月) 13:00~15:00
1948年に軍隊を廃止。軍事予算を社会福祉に充て、国民の幸福度を最大化する道を選んだコスタリカの奇跡に迫ったドキュメンタリー 。
世界には軍隊なしで国の平和を保ってきた国々がある。そんな数少ない国の一つで、1948年に常備軍を解体した国がコスタリカだ。コスタリカは軍事予算をゼロにしたことで、無料の教育、無料の医療を実現し、環境のために国家予算を振り分けてきた。その結果、地球の健全性や人々の幸福度、そして健康を図る指標「地球幸福度指数(HPI)」2016の世界ランキングにおいて140ヶ国中で世界一に輝いているのがコスタリカである。
『コスタリカの奇跡 ~積極的平和国家のつくり方~』は、1948年から1949年にかけて行われた軍隊廃止の流れを追いながら、コスタリカが教育、医療、環境にどのように投資して行ったのかを詳しく説明する。アメリカでは公的債務、医療、そして軍事費が日増しに増大していっていることとは対照的だ。この映画は軍隊廃止を宣言したホセ・フィゲーレス・フェレールや、ノーベル平和賞を受賞したオスカル・アリアス・サンチェスなどの元大統領や、ジャーナリストや学者などが登場する。世界がモデルにすべき中米コスタリカの壮大で意欲的な国家建設プロジェクトが今明らかになる。
予告編:https://youtu.be/pnxGYapjZME
映画情報:https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=48
参加費:一般 1,000円 中学生以下 無料 
主催・お問い合せ:トランジション西宮 
協力:あんのん舘・studio awai
https://tt-nishinomiya.wixsite.com/tn-theater/single-post/2018/08/28/『コスタリカの奇跡〜積極的平和国家のつくり方』上映会



アイヌ
●9月15日(土) 『Ainu|ひと』16:40の回上映終了後 元町映画館2Fロビー(JR・阪神電車「元町」駅西口より、南西へ徒歩6分/神戸高速鉄道「花隈」駅東口より南東へ徒歩6分/神戸市営地下鉄海岸線「みなと元町」駅2出口より北へ1分 神戸市中央区元町通4-1-12(元町商店街) http://www.motoei.com/access.htm) 
Ainuクラフト&食マーケット
内容 アイヌ民芸品の展示販売、イナキビおにぎり販売
溝口尚美監督・川奈野一信さん・川奈野元子さん・二風谷アイヌ文化博物館学芸員のトーク、ムックリ実演など
※溝口尚美監督舞台挨拶 日時 連日16:40の回上映終了後
http://shiminshakai.net/post/4702



資本論
●9月15日(土) 19時~21時 西宮市立勤労会館第1会議室(JR西宮駅南口徒歩約5分 阪神西宮駅東出口徒歩約6分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-64TsM2qJliw/?utm_source=dd_spot
『資本論』(マルクス)を読もう!
第1章第4節「商品の物神的性格とその秘密」
参加費:300円
主催:資本論を読む会(078-753-3829阿部)
http://www.kinyobi.co.jp/event/20180907_002641.php



ミュージカル
●9月14日(金)~17日(月) 大阪ビジネスパーク円形ホール(地下鉄長堀鶴見緑地線「大阪ビジネスパーク駅」より徒歩1分、JR大阪環状線・地下鉄・京阪電鉄「京橋駅」より徒歩5分 https://osaka-info.jp/page/obp-osaka-business-park
大阪憲法ミュージカル
私たちが生きるこの国には、憲法があります。 私たちが、自由に学んだり、表現したり、毎日を平和に人間らしく暮らせること、 一人ひとりの人間が、個人として大切にされるべきことが謳われています。 でも、こんなことは当たり前すぎて、普段なかなか実感する機会がありません。 私たちは、たくさんの市民の方々に、普段身近に感じることのない憲法に触れ、考えるきっかけを持ってもらえたら、という思いで、企画しました。
9月14日(金) 15時開演、19時開演
9月15日(土) 13時開演、17時開演
9月16日(日) 11時開演、15時開演
9月17日(月) 11時開演、15時開演
チケット:前売り 一般3500円 大学生高校生3,000円 中学生以下、障がい者2000円 (当日券は+500円)
https://osakakenpomusical.amebaownd.com/



■9月15日(土) 午後09:00~09:50 NHK総合
NHKスペシャル▽人工知能 天使か悪魔か 2018未来がわかる その時あなたは
最新科学でも困難とされてきた「未来予測」に、いま人工知能AIが驚くべき成果を上げ始めている。今夏の西日本豪雨でも、いち早く雨の変化を予測して迅速な避難を助けるなど、すでに実用化。「未来の犯罪者」を予測して犯行を未然に防ぐAIまで現れ、犯罪減少に効果を上げる一方、AIに容疑者扱いされた市民からは怒りの声も。さらに医療の現場ではAIの「寿命予測」が使われ始めている。AIに未来を予見された時、あなたは?
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20180915



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村



プロフィール

Akko

Author:Akko
清志郎大好き。
旅行大好き。
ドイツ大好き。
でも最近忙しくて、旅行に行けません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR