FC2ブログ

(8/1更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2018年7月30日(月)~8月3日(金)

★8/1追加情報
●8/3(金)までのイベント情報を追加しました。


【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-355.html




●7月30日(月) 午後2時~4時 大阪クリスチャンセンター(地下鉄玉造駅①5分・JR玉造駅10分 http://www.osakachristiancenter.or.jp/map.html)
公開学習講演会
使用済み核燃料の中間貯蔵施設

講師:小山英之元大阪府立大学講師
1967年大阪大学大学院理学研究科博士課程(素粒子論専攻)修了。大阪府立大学工学部数理工学科で脳神経システムの数理科学的研究などを行い、講師として定年退職。スリーマイル島原発事故を契機に、原発新規立地に反対する運動に参カロ。91年の美浜2子機事故を契機に「美決・大飯・高決原発に反対する大阪の会」を結成。同年、高浜2子機の蒸気発生器問題で大阪地裁に提訴。99年、MOXデータ不工事件で大阪地裁に提訴。全国のプルサーマル問題や六ヶ所再処理問題に関与。
関西電力は2017年11月27日、大飯原子力発電所304号機(福井県)の再稼働に向けて福井県の西川知事の同意を取りつけた時、使用済み核燃料の中間貯蔵施設について「2018年中に具体的な計画を示す」と表明しました。日本海側の複数の市町村はすでに受け入れ拒否の宣言を事前に表明しています。関西電力は和歌山県白浜町日置川地区にかつての日置川原発計画地を社有地として確保したままで、最近日置川河口にも土地を買つていることがわかりました。現地駐在員も増員しています。白浜町長は高レベル放射性廃棄物の地層処分候補地受け入れには明確に拒否宣言しているのに、使用済み核燃料中間貯蔵施設の受け入れに対しては態度を不明確にしたままなので白浜町が中間貯蔵施設の候補地として大きくクローズアップしています。そうした緊急の状況をぜひ知っていただきたいと思い白浜町の状況も含めて学習会を計画しました。私たち大阪教区に住む者にとってはまさに私たち自身の問題であると思います。
(中間貯蔵施設といつても福島の汚染土壌の中間貯蔵とは意味が異なります)
参加費:500円
主催:大阪教区核問題特別委員会
お問い合わせ 横内 06-6834-0922
http://www.pure.ne.jp/~uccj-osk/syuukai%2018.07.html



●7月30日(月) 午後6時~京都弁護士会館 地階大ホール(地下鉄丸太町駅から徒歩7分・バス停「裁判所前」から徒歩1分他 https://www.kyotoben.or.jp/access.cfm
「核兵器禁止条約の世界史的意義~日本国憲法との関わりにおいて~」
講師:冨田宏治先生(関西学院大学法学部教授)
昨年7月7日、122の国・地域の賛成で核兵器禁止条約が採択されました。しかし、日本は条約に反対する立場から会議に参加することもありませんでした。
日本国憲法の三大原則の一つに恒久平和主義が挙げられますが、こうした日本国憲法との関わりから核兵器禁止条約についてどのように捉えれば良いのでしょうか。
長年核兵器廃絶運動に取り組んでこられた冨田宏治教授をお招きして、核兵器禁止条約が持つ世界史的意義について、市民のみなさんとともに考えます。
参加無料、事前申込不要
問い合わせ:℡ 075-231-2337
主催:京都弁護士会 共催:日本弁護士連合会
https://www.kyotoben.or.jp/event.cfm#1274



植民地
●7月30日(月) 18:30~21:00 大阪市中央会館(第5会議室)(地下鉄長堀橋駅徒歩5分 http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016607.html
植民地(沖縄、台湾、朝鮮)清算と反核・反基地・平和運動をつなぐ視点
~暴力の連鎖をどう乗り越えるか~第22回世直し研究会

講師:川瀬俊冶(ジャーナリスト)
資料代:¥500
連絡先:村上周成 090-8531-0574
主催:世直し研究会
https://jimmin.com/events/event/第%EF%BC%92%EF%BC%92回世直し研究会%EF%BC%88学習会%EF%BC%89%E3%80%80植民地%EF%BC%88沖縄/



東アジア
●7月30日(月) 19:00~21:00 バラエティーサークル(阪急十三駅 http://yodogawaku.goguynet.jp/2018/02/22/variety-circle/
講座「東アジアを考えるー戦後73年、アジアと日本の現実」(第4期)
「わが父 鄭詔文(チョンヂョムン)と高麗美術館」

鄭喜斗(チョンヒドゥ)さん(高麗美術館事務長・学芸部長)
参加費:一般1000円 学生無料・定員20人(当日参加可)
主催:大目阪自由大学 http://kansai.main.jp/
申込み・問合せ:080-1417-4186(アベ)
http://kansai.main.jp/event/1919/



●7月31日(火) 14:00~ドーンセンター(中会議室4階)(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
ヒバクシャとの出会いが人生を変えたー米国の平和運動に参加して思うこと
お話:レイチェル・クラーク さん
新潟県出身。米国人と結婚し、第一子誕生を機に米国市民権を取得。主婦 業・サラリーマンを経て、語学力と大学で専攻した国際学を活かし、さま ざまな国際舞台でフリーの通訳として働く。これまでに、菅直人元総理、 ジョゼ・ラモス=ホルタ東ティモール元大統領(ノーベル平和賞受賞者) など、多岐に渡る分野の著名人の通訳をするかたわら、ベテランズ・フォ ー・ピースの終身会員、国際 NGO「ピースボート US」のボランティア スタッフ、NY の核の勉強会、「核のない世界へのマンハッタンプロジェ クト」などで核兵器、核エネルギー、米国外の米軍基地のない平和な世界 をめざし、核被害者に寄り添う活動に関わっている
主催;ふぇみん大阪
参加費:500 円 <どなたでも、ご自由にご参加ください>
https://www.facebook.com/events/166540350886772/



憲法カフェ
●7月31日(火) 10:00 AM~11:30 AM コープ朱雀(奈良県奈良市)(高の原 https://mysuper.jp/奈良県/奈良市/13528)
<夏休み親子企画 憲法カフェ ~親子で学ぼう憲法のこと~
夏休みにお子さまと憲法について学びませんか?お子さまにもわかりやすい憲法のお話し(紙芝居や憲法ビンゴなど)や憲法が私たちのくらしにどんな関わりがあるの?などお茶とお菓子を囲みながら楽しくお話ししましょう。
少しでも疑問や興味がありましたら親子でご参加下さい。
小学4年生以上を対象とした内容ですが、小学3年生以下のお子さまも一緒に参加できます。
講師:小谷成美弁護士(明日の自由を守る若手弁護士の会)
・8月23日(木)10:00~11:30 コープたかた(奈良県大和高田市)
・8月29日(水)10:00~11:30 コープなんごう(奈良県大和高田市)
募集人数:25人(親子あわせて)
保育:有り(8か月以上、要申込み)
締め切り:開催日3日前までに要申込み
主催:ならコープ
申込・問合わせ:組織部 0742-34-8735(月~金9:00~19:00)
http://naracoop.or.jp/book/pdf/awogaki_info.pdf
https://calendar.google.com/calendar/event?eid=Mmxlc25ybzZjdGRiOWFjcDBibTQ5ZjY3am0ga29iYXlhc2hpMjU2OTRAbQ&ctz=Asia/Tokyo



朝鮮高級学校無償化
●7月31日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



災 害
●7月31日(火) 18:30~ひと・まち交流館 京都 (京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html)
京都の今とこれからを考える17 
災害から私達の街と命を守る! レッドサラマンダーを京都に

【緊急開催】
京都の今とこれからを考える17
災害から私達の街と命を守る!レッドサラマンダーを京都に!
連続して起こっている大阪北部地震、7月豪雨、猛暑などをみすえ、自然災害の猛威からどうやって私達の街と命を守るのか、緊急の討論集会を行います。
兵庫県篠山市原子力災害対策検討委員会に参加してあらゆる災害への対策を検討してきた守田さんに基調的な話をしていただき、さらに豪雨のときにいち早く被災地や避難所を駆け回り被災者救助と調調査を行ってくれた日本共産党市議団の中から加藤あいさんから報告を受けます。
このもとで私たちに問われているのは何かを話し合います。可能な方はぜひそれぞれの非常時リュックも持ってきてください!
カンパ制
主催:ウチら困ってんねん@京都 電話090-6984-5248
https://www.facebook.com/events/212834089419743/



在 日
●7月31日(火) 19:00~21:00 猪飼野セッパラム文庫(天王寺区細工谷2-14-8 090-9882-1663 近鉄「上本町六丁目駅」8分・地下鉄「谷町9丁目駅」10分、ドンキホーテ上本町店から東へ、セブンイレブンを右へ約100m、左側3軒目 http://www.mapion.co.jp/m2/34.66158997553531,135.5232413888889,16 ) 
「映像で見る朝鮮韓国在日」第32回上映会  
朝鮮映画『郷土を守る人々』
(1952年、朝鮮民主主義人民共和国国立撮影所・演出:尹龍奎(ユンリョンギュ)、105分、日本語字幕)
参加無料(カンパお願い)
定員:10名・要予約
主催:猪飼野セッパラム文庫
https://www.freeml.com/kdml/11448



日本軍「慰安婦」問題
●8月1日(水) 19時~20時 梅田ヨドバシカメラ前東南角
日本軍「慰安婦」問題の解決を求める水曜行動
主催:日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク
歌や踊りをまじえ、道行く人々に「慰安婦」問題の真の解決に
ついて訴えます。
最近は、どんな悪天候の中でも、約60人の皆さんが集まってくださる
ようになりました。
初めての方も、短時間でもかまいませんので、お気軽にご参加ください。



遺伝子組み換え
●8月1日(水) 10:00~13:00 みらいパブリッシング大阪本社(スペランザ泉ビル403号室)(阪急千里線 吹田駅 徒歩5分 https://www.homes.co.jp/archive/b-35508639/#
「遺伝子組み換えルーレット」上映会
上映会開催をWA紙面上で募集しました。一昨年から上映会を開催していますが。まだご覧になられていない方、もう一度見たいと思われている方、ぜひお近くであればお越し下さい。興味を持たれているご近所さんや友人、知人をお誘い下さいね。
※エレベーターがビルにありません。ベビーカーでお越しの方は当日の連絡先を後日お伝えします。
参加費:組合員、一般共に300円
定 員:10名
託 児:なし。子どもの同伴:可
但し、上映中に騒がれる場合は外に出ていただく場合がありますことご了承願います。
〆切:7/25(水) ←過ぎてます。問い合せてください。
イベントID:07180613
主催:理事会
お申込み方法:メール kodama07@shizenha.co.jp FAX:072-635-0776
フリーダイアル:0120-408-300 携帯・IPフォンからは088-603-0080
☆お申込み内容についての詳細:http://www.shizenha.ne.jp/osaka/detail/3/index.html?articleId=9231
http://www.shizenha.ne.jp/osaka/detail/5/index.html?articleId=23066



NEW
■8月2日(木) 深夜午前00:00~00:50 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー「ダグマ~自爆テロへのボタン~」
サウジアラビア人のカスワラは、「このボタン一つで、天国さ」と笑顔で語る。国には母と妻、生後すぐに別れた娘。出動命令が取り消されるたび、心に迷いが生じる。ロンドンで生まれ育ち、イスラム教に改宗したルーカスも、新妻の懐妊を知って自爆テロの正当性を問い始める。ノルウェーの制作班が、シリア政府と戦うアルカイダ系の組織の奥深くを取材。2017年のモンテカルロ・テレビ祭など多数の賞を受賞。
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=180802



NEW
■8月2日(木)(再放送) 深夜午前00:50~02:30 NHK BS1
BS1スペシャル「原爆救護~被爆した兵士の歳月~」
原爆投下直後、市民救助を命じられた兵士たちがいた。炎と煙の中、負傷者を救い出し無数の遺体を葬った兵士たち。戦後、放射能の影響が疑われる体調不良に苦しむが、差別や偏見を恐れて口を閉ざした。大多数が被爆者手帳を取得しなかったため“埋もれた被爆者”となっていく。やがてガンなどを発症するが、原爆症認定の壁も厚かった。爆心地での救護活動の実態と、被爆地から遠く離れた故郷で暮らす元兵士たちの苦難の戦後を描く。
http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2018-08-01/11/32238/2603033/



●8月2日(木) 14:00~神戸地方裁判所(13時半に神戸地裁ロビー集合)(神戸駅徒歩5分 大倉山(兵庫県)駅徒歩2分 http://www.courts.go.jp/kobe/about/syozai1/kobemain/index.html
第25回ひょうご訴訟
12:30 神戸駅前で街宣とチラシ配布
13:30 神戸地方裁判所中のロビー集合
13:40 原告・弁護団行進入廷(時間は目安)
14:00 開廷
閉廷後 報告集会(婦人会館さくらにて)
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=645000392512710&id=209871206025633



●8月2日(木) 16時~19時 滋賀県庁正面噴水前(JR大津駅から徒歩5分 大津市京町四丁目1番1号 http://www.pref.shiga.lg.jp/guide/chosha/index.html
滋賀県庁前すわりこみ
https://nonukesiga.exblog.jp/27002745/



■8月3日(金)(再放送) 深夜午前00:50~02:30 NHK BS1
BS1スペシャル「戦慄の記録 インパール 完全版」
「前編・こうして作戦は実行された」「日本軍は、1944年3月、連合軍の拠点があったインドのインパールの攻略を目指す。インドとミャンマーの国境地帯には川幅600メートルにも及ぶ大河や2000メートル級の山々が連なる。短期決戦をもくろんだため武器や食料の補給は度外視されていた。インパールを目指した9万の将兵を待っていたのはイギリス軍の圧倒的な戦力、そして極度の物資不足から来る“飢え”だった。
http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2018-08-02/11/34693/3115297/



●8月3日(金) 関西電力本社前(「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:00頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:30 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●8月3日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●8月3日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●8月3日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&パレード



●8月3日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に!



●8月3日(金) 19:00~20:45 京都市呉竹文化センター第1・3会議室(定員40名)(京阪本線「丹波橋駅」・近鉄京都線「丹波橋駅」西口前 http://www.kyoto-ongeibun.jp/kuretake/map.php
第38回国連人権理事会(欧州本部・ジュネーブ)
「国内避難民に関する指導原則」20周年記念イベントで原発事故被害者の声を届けたお母さんの報告会

お話:園田さん(福島県から京都に避難)
園田さんからメッセージ
6月27日、第38回国連人権理事会の「国内避難民に関する部会」において、「国内避難民に関する指導原則」20周年記念イベントが開かれ、ナイジェリア、南スーダン、メキシコ、日本からパネリストが招待されました。通常、国内避難民は紛争によって発生します。しかし、福島原発事故による国内避難民は、人災による避難民という特殊な状況下に置かれています。
イベントは国内避難民(IDPs)の特別報告者の司会で進行し、日本で私たち原発事故避難者が国内避難民として認めてられていないことを訴えました。先進国の国民も避難民になる可能性か゛あるということが、参加者に強いインパクトを与えました。国連政府代表者、特別報告者、大使など多くが参加し、原発事故によって避難民が人権侵害を受け苦しんでいる状況、そして政府の対応などに関して大きな反響がありました。昨年から人権理事会でどのような動きが続いているのか、みなさんと共有したいです。ぜひ報告会にお越しください。                
参加費: 700円(避難者300円)
共催:うつくしま☆ふくしまin京都―避難者と支援者のネットワーク 原発賠償訴訟・京都原告団を支援する会
連絡先:市民測定所内 http://fukushimakyoto.namaste.jp/
090-8232-1664(奥森) rentai@s3.dion.ne.jp
https://www.facebook.com/events/449455882225004/ 



満蒙開拓団
●8月3日(金) 19時~ひと・まち交流館 京都第5会議室 (京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html)
ドキュメンタリー&トーク 祖父の見た満州
・19時~映画
・20時~胡桃沢さんのお話し 21時頃終了予定 その後交流会
戦争中、長野県の河野村(かわのむら)で村長を務めた胡桃澤盛(くるみざわもり)は、国策に従い、村人を満蒙開拓団として満州国へ送り出した。しかし、ソ連軍の侵攻で戦場と化した満州(現・中国東北部)で73人が集団自決。後に盛は、罪の意識にさいなまれ、42歳で自ら命を絶った。孫の胡桃澤伸(しん)は、大勢の村人を死に追いやった祖父、自責の念に苦しみ自殺した祖父のことを、どう受け止めていいか分からずにいた。
手がかりになるのは、10代の終わりから死の直前まで書いていた日記。青春時代は大正デモクラシーに触れ、自由主義に理想を求め、30代半ばで村長となり村のために奔走する日々の心情が、生々しく綴られている。家族のため、村のため、社会のために生きたい、常に正しくありたいと願っていた祖父は、気がつけば国のため、戦争遂行のために邁進していた。
国民の命をないがしろにした国の政策、個人を犠牲にしてまでも国全体の利益や一体感を優先させる思想、そこに与した祖父。戦後、その過ちと向き合おうとしたときの、苦しみの深さを思う。残された日記は、戦争を知らない自分たちに大切なことを伝えようとしていた。
参加費:カンパ制 申し込み不要
主催:ドキュメンタリー・フィルム・ライブラリー
問合せ:090-1440-1939 日比野 075-344-2371 又川
https://www.freeml.com/kdml/11450



■8月4日(土)(再放送) 深夜午前00:50~02:30 NHK BS1
BS1スペシャル「731部隊 人体実験はこうして拡大した/隊員たちの素顔」
戦時中、旧満州でひそかに人体実験を伴う細菌兵器の開発を行った、731部隊。NHKが発掘した、旧ソ連・ハバロフスク裁判の音声記録では、部隊幹部らが、日本に反発した中国や旧ソ連の人々を、実験材料としていた実態を克明に語っていた。731部隊はどのようにして設立されたのか。人体実験はどう拡大していったのか。そして米ソの対立の中で、731部隊の歴史はどう封じ込まれてきたのか。音声記録と数百点の資料から迫る。
http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2018-08-03/11/32365/2892014/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村


脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2018年7月29日(日)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-355.html




改 憲
●7月29日(日) 午後2時~4時 PLP会館4階小会議室B(JR天満駅・地下鉄扇町駅徒歩5分 http://plp-kaikan.net/access/a_index.html
憲法学習会 自民党改憲案を斬る!
講師:永山茂樹氏(東海大法科大学院教授・憲法学)
参加費:500円 主催:護憲大阪の会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0729-1.pdf



改 憲
●7月29日(日) 10時~11時半 島本町ふれあいセンターケリヤホール(島本駅7分 http://www.shimamotocho.jp/gyousei/kakuka/soumubu_sintaisei/soumu_saikenkanrika/chouritsushisetsu_annai/hureaicenter_demo/1471333387512.html
どうして変えるの?憲法 
講師:伊藤真弁護士(法学館憲法研究所所長)
(オープニング(9時45分)うた:平和の琉歌ほか)
参加費:500円(障がい者・高校生以下無料)
主催:しまもと憲法講演会実行委員会(080-5325-7131平野)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0729.pdf



改 憲
●7月29日(日) 14:00~16:30 解放県民センター(滋賀県人権センター)(JR膳所駅・京阪膳所駅より北東へ約1km・近江バス・京阪バス 馬場一丁目バス停より北東へ約250m http://www.shigajinken.or.jp/about_us.html)
7.29 安倍9条改憲no 滋賀県民集会 in Summer
「望月衣塑子講演会」
新潟知事選挙ではほんとうに僅差で惜敗し、安倍政権の延命を許してしまいましたが、そんな事情にもかかわらず官邸の無法ぶりは白日の下にますます晒されつつあります。
 今回はそうした中、東京新聞社会部記者の望月衣塑子さんをお招きして、目に余る政治の私物化を露呈している政権運営の異常さ、自浄作用すらなくしつつある官僚のありようについてお話し頂きます。2部では、県立大学の河かおるさんから韓国のキャンドル革命についてのお話しを受けた後、お二人の対談となります。
第一部 望月衣塑子講演会
進む政治の私物化 瓦解する官僚たち
~森かけ疑惑、武器輸出、安倍政権とメディア~
第2部 望月衣塑子×河かおる トークセッション
政治、メディアの私物化と韓国キャンドル市民革命
https://www.facebook.com/events/2062401424007726/



平和・非核
●7月29日(日) 9:30~エルおおさか(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html) 
「戦争ではなく対話で東アジアの平和・非核化の実現を」
~安倍政権は退陣!9条改憲を阻止しよう~

http://www.zenko-peace.com/wp-content/uploads/2018/06/2018zenko-f2.pdf



労働問題
●7月29日(日) 9:30~12:30 13:00~14:30 エルおおさか606号会議室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
日韓シンポ②
◆ソウル市コールセンターの闘い(9:30~12:30)
講師:シム・ミョンスク(希望連帯労組・茶山コールセンター支部長)
日韓シンポ②7/16に取り組んだ「『労働尊重都市』ソウル市に学ぶシンポ」の連続企画として、ソウル市を突き上げてきた女性非正規労働者や青年の闘いを学びます。
ソウル市の労働行政は、上からの改革だけでなされているのではなく、非正規労働者自身の闘いがソウル市を突き動かしています。
ソウル市のコールセンターを請け負った民間会社で働く非正規労働者は、劣悪な労働条件や「感情労働」を強いられる中で、短期間で職場を去っていきました。非正規で働く女性たちが、希望連帯労組茶山コールセンター支部を結成し、ソウル市や市議会と交渉し、ソウル市の財団を結成させ、財団の直接雇用として雇用の安定と労働条件の改善を勝ち取ってきました。 当事者のシム・ミョンスク支部長を招いて、行政を突き動かす非正規労働者の闘い・組織化を学んでいきたいと思います。
このシンポジウムは、平和と民主主義をめざす全国交歓会大阪大会の分野別討議5として開催されます。
◆選挙で、青年政策を前進させよう!(13:00~14:30)
講師:キム・ヨンミン氏(青年ユニオン事務処長)
同日午後は、韓国青年ユニオンと選挙と青年政策について交流します。青年ユニオンは、これまでソウル市との交渉の中で、青年手当や青年議会を実現し、青年に対する行政背作を実現してきました。また、6月13日に行われた韓国統一地方選挙で、候補者アンケートや討論会で、青年政策の焦点化に取り組みました。青年ユニオンの取り組みに学びます。
この企画は、交流のひろばEとして開催されます。
ふるってご参加ください。
1日参加券:正規職1200円 他700円
主催:7/16、7/29シンポジウム実行委員会
連絡先:Tel:06-6242-8130 Fax:06-6242-8131(なかまユニオン気付)
https://www.facebook.com/events/569281550135930/



自治体議員
●7月29日(日) 午後2時~午後4時30分 ラボール京都(阪急西院東へ徒歩3分 http://laborkyoto.jp/access_map.php
《e未来の会7月例会》
【酒井一さん(尼崎市議)をお招きして】自治体議員:チャレンジのすすめ

自治体議員とは何か? 地方自治とは… 何が出来るのか……
尼崎市議会議員を20年以上続けておられる市民派議員・酒井一さんをお迎えして、自治体とは何か、議会、議員について話していただきます。
◇政治は未来からのメッセージ。 環境は未来からの預かりもの。
◇安定した雇用と社会的平等が 経済の活力のみなもとです。
◇原発は「畳の上の焚火。」 止めることからしかはじまりません。
◇平和は正義でなく友好と忍耐で守るもの。
◇防災は、最悪を想定し最善を尽くすこと。
◇福祉は人権です。恩恵ではありません。
◇いじめや体罰は犯罪です。 被害者を守ることが出発点です。
(酒井一はみどりの政治をこう考えています―2013から)
「市民」「みどりの政治」などの視点から、地方自治、市民運動、市民活動について また、私たちもよく知っている「阪神淡路大震災」の復興、JR福知山線脱線事故での自治体の動きなど話していただければと思っています
参加費:¥300
主催:e未来の会
http://ur0.link/KXco



冤 罪
●7月29日(日) 14:00~奈良県人権センター(桜井線京終駅 関西本線奈良駅 近鉄奈良駅 http://www.chinmasa.com/spot/result29201/cate0722/detail788693/
第10回奈良からつながる市民の集い 
狭山事件の再審にむけた映画「獄友」上映会

参加費:前売¥800 当日¥1000
主催:部落解放同盟奈良県連合会 NPO市民ひろばなら小草
連絡TEL 090-5136-2081(17:00以降).
https://jimmin.com/events/event/第%EF%BC%91%EF%BC%90回奈良からつながる市民の集い%E3%80%80狭山事件/


 
冤 罪
●7月29日(日) 14:00~ピースクラブ4Fホール(大国町 新今宮 http://www.ab.auone-net.jp/~peace_c/99_blank.html
「獄友」自主上映会&トークライブ
14:00~「獄友」本編上映 
16:30~トーク&ライブ
映画トケット:¥1000 トーク&ライブ ¥投げ銭!
主催:「獄友」自...
@途中参加・途中退出OK。
連絡:hanamama58@gmail.com
https://twitter.com/hanamama58/status/1010693683010666496



●7月29日(日)(再放送) 午前10:05~10:53 NHK総合
明日へ つなげよう選 証言記録「福島県 核燃料プールを冷やせ!決死の放水作戦」
次々と爆発し制御不能に陥った福島第一原発。一刻も早く原子炉を冷却する為、政府は自衛隊と消防庁に原子炉注水を命じる。しかし、現場の放射線量は高く、注水による爆発も懸念された。事前の訓練や準備が無い中で課せられた前代未聞のミッションに、自衛隊と消防の合同チームは、放射線防護と消防のノウハウを結集して決死の作戦を敢行する。今だから明かされる“奇跡の連携”を証言で描く。17年8月放送。ギャラクシー賞受賞
http://www.nhk.or.jp/ashita/bangumi/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

(7/27更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2018年7月28日(土)

★7/27追加情報
●映画情報を追加しました。


【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報


『北朝鮮をロックした日 ライバッハ・デイ LIBERATION DAY』
世界一クレイジーなバンド 世界一閉ざされた国に現る!
(2016年/ノルウェー、ラトビア/100分/エスパース・サロウ 配給)
■好評につき7/28(土)以降も延長上映決定!
公式サイト:http://kitachousen-rock.espace-sarou.com/
2015年8月15日。北朝鮮の祖国解放70周年記念日に招待された“初”の海外ミュージシャン――それは、ナチスを彷彿とさせるパフォーマンスで物議を醸すロックバンド、ライバッハだった。
北朝鮮が初めて欧米のロック・バンドを招待するらしい!そんな信じ難いニュースに世界中のマスコミが沸き立った。その記念すべきバンドは、スロベニア出身のライバッハ。彼らは個性的過ぎるパフォーマンスのおかげでネオナチと批判されたり、かと思えば、ロシアから「国歌を馬鹿にした」と出入り禁止を言い渡されたりと、何かとスキャンダラスなバンドだ。そんなバンドと北朝鮮を引き合わせる仲人役を務めるのは、本作の監督モルテン・トローヴィク。モルテンとライバッハは総勢30名ものスタッフを引き連れて北朝鮮へと向かう。
頭巾がトレードマークのメインボーカル、ミラン・フラス、美貌の女性ボーカル、ミーナ・シュピラル、リーダー的存在のイヴァン・ノヴァックを始めとするライバッハ一行を北朝鮮側で待ち受けていたのは、予想を越える厳しい監視体制だった。着いた初日から空港でコンサート用のデータを没収され、北朝鮮政府が世界中から集めたライバッハに対する厳しい批評記事を読み上げられる。コンサート会場は北朝鮮でもっとも格式ある烽火芸術劇場と決まったものの、いざ作業を始めると会場のスタッフと話が噛み合わず、メンバーのイライラは増すばかり。常に誰かに監視されているようで、ライバッハはもちろん、北朝鮮のコーディネーター、リさんも気が休まる暇がなかった。それでも、ライバッハは何とかコンサートを成功させようと、ミーナがチマチョゴリを着て北朝鮮の最新ヒット曲「行こう白頭山へ」や国民的民謡「アリラン」のカバーを歌うアイデアを思いつき、平壌のクム・ソン音楽学校からやってきた少女達とリハーサルに励んだ。彼女達の歌声を聴いて「こんな美しい歌声は聴いたことがない!」と感動するメンバー。また、一人歩きは厳禁!と言われているにも関わらず、ホテルを抜け出して町を散策したイヴァンは「ここはユートピアだ」と呟く。彼らは、これまで自分達が北朝鮮に対して抱いていたイメージとの違いに驚いていた。
しかし、コンサートをめぐる厳しい現実は相変わらない。公演日の2日前になって、北朝鮮の検閲官からコンサートで使う映像に細かくダメ出しをされて、映像スタッフは突貫工事で映像を修正することに。曲に対しても検閲は厳しく、「行こう白頭山へ」のカバーではミランのパートの歌い方が不評で、「観客が怒り出すかもしれない」と忠告されてしまう。タイムリミットが刻々と迫るなか、なかなか許可がおりないために演奏できる曲はどんどん少なくなり、解決すべき問題は山積み。さらに韓国と北朝鮮の間で重大事件が発生する。果たしてライバッハは無事ステージに立つことができるのか……。 」
●7/28(土)~8/3(金) 20:30(~22:15終) シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
http://www.nanagei.com/movie/data/1243.html



アンコール上映
『コスタリカの奇跡~積極的平和国家のつくり方~』(2016年/アメリカ・コスタリカ/90分)
1948年に軍隊を廃止。軍事予算を社会福祉に充て、国民の幸福度を最大化する道を選んだコスタリカの奇跡に迫ったドキュメンタリー
世界には軍隊なしで国の平和を保ってきた国々がある。そんな数少ない国の一つで、1948年に常備軍を解体した国がコスタリカだ。コスタリカは軍事予算をゼロにしたことで、無料の教育、無料の医療を実現し、環境のために国家予算を振り分けてきた。その結果、地球の健全性や人々の幸福度、そして健康を図る指標「地球幸福度指数(HPI)」2016の世界ランキングにおいて140ヶ国中で世界一に輝いているのがコスタリカである。またラテンアメリカで最も安全とされている国でもある。
『コスタリカの奇跡 ~積極的平和国家のつくり方~』は、1948年から1949年にかけて行われた軍隊廃止の流れを追いながら、コスタリカが教育、医療、環境にどのように投資して行ったのかを詳しく説明する。アメリカでは公的債務、医療、そして軍事費が日増しに増大していっていることとは対照的だ。この映画は軍隊廃止を宣言したホセ・フィゲーレス・フェレールや、ノーベル平和賞を受賞したオスカル・アリアス・サンチェスなどの元大統領や、ジャーナリストや学者などが登場する。世界がモデルにすべき中米コスタリカの壮大で意欲的な国家建設プロジェクトが今明らかになる。
●2018/7/29(日)・7/30(月) シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
11:15(~12:50終)
http://www.theater-seven.com/2017/movie_costarica.html



『タクシー運転手 約束は海を越えて』(2017年/韓国/137分)
1980年5月。韓国現代史上、最大の悲劇となった光州事件――
あの日、真実を追い求めたひとりのドイツ人記者と彼を乗せたタクシー運転手がいた。
ソウルのタクシー運転手マンソプは「通行禁止時間までに光州に行ったら大金を支払う」という言葉につられ、ドイツ人記者ピーターを乗せて英語も分からぬまま一路、光州を目指す。何としてもタクシー代を受け取りたいマンソプは機転を利かせて検問を切り抜け、時間ぎりぎりで光州に入る。“危険だからソウルに戻ろう”というマンソプの言葉に耳を貸さず、ピーターは大学生のジェシクとファン運転手の助けを借り、撮影を始める。しかし状況は徐々に悪化。マンソプは1人で留守番させている11歳の娘が気になり、ますます焦るのだが…。
●7/21(土)~8/10(金) シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
7/28(土)~8/3(金) 13:30(~15:49終)
8/4(土) 16:00(~18:22終)
8/5(日)~10(金) 11:30(~13:49終)
http://www.theater-seven.com/2018/mv_taxi-driver.html



『マルクス・エンゲルス』(2017年/フランス・ドイツ・ベルギー/117分)
あの時僕らは、世界と手をつないだ――
マルクスとエンゲルスは何を考え、何と戦い、何を成し遂げたのか。
世界中に貧困と格差が拡がる今日、彼らのエネルギーが私たちに突きつけるものとは。
26歳のカール・マルクスは、その過激な言動により妻と共にドイツ政府から国を追われる。1844年、彼はパリで若きフリードリヒ・エンゲルスに出会う。マンチェスターの紡績工場のオーナーの子息であった彼は、イギリスのプロレタリアート(労働階級)について研究中の身であった。しかし階級も生まれも違うエンゲルスとの運命の出会いは、マルクスが構築しつつあった新世界のビジョンの、最後のピースをもたらすことになる。マルクスとエンゲルスはやがて、政治的暴動や動乱をかいくぐって、まったく新しい労働運動の誕生を牽引してゆく。労働運動はそれまで単発的で組織化もされていなかったのだ。2人の若者が率いたこの運動は、ルネッサンス以来の、世界で最も完成された社会変動へと成長していく。
●7/14(土)~8/3(金) シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
7/28(土)~8/3(金) 16:05(~18:04終)
http://www.theater-seven.com/2018/mv_marx.html



『人生フルーツ』
人生は、だんだん美しくなる。むかし、ある建築家が言いました。家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない。
愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てた家。四季折々、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実が、妻・英子さんの手で美味しいごちそうにかわります。刺繍や編み物から機織りまで、なんでもこなす英子さん。ふたりは、たがいの名を「さん付け」で呼び合います。長年連れ添った夫婦の暮らしは、細やかな気遣いと工夫に満ちていました。そう、「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」とは、モダニズムの巨匠ル・コルビュジエの言葉です。
かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきました。1960年代、風の通り道になる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウン計画。けれど、経済優先の時代はそれを許さず、完成したのは理想とはほど遠い無機質な大規模団地。修一さんは、それまでの仕事から距離を置き、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめました─。あれから50年、ふたりは、コツコツ、ていねいに、時をためてきました。そして、90歳になった修一さんに新たな仕事の依頼がやってきます。
本作は東海テレビドキュメンタリー劇場第10弾。ナレーションをつとめるのは女優・樹木希林。ふたりの来し方と暮らしから、この国がある時代に諦めてしまった本当の豊かさへの深い思索の旅が、ゆっくりとはじまります。
●3/3(土)~終映日未定 シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
7/28(土) 休映
7/29(日)~8/3(金) 14:05(~15:41終)
http://www.theater-seven.com/2017/movie_jinsei-fruits.html



●7月28日(土) 13:30~JR膳所駅前集合
脱原発 市民ウォークin滋賀
https://www.facebook.com/anti.war.committee.shiga/photos/pcb.791359177919273/791358887919302/?type=3&theater



反 戦
●7月28日(土) 14:00~神戸市立婦人会館(4F もくれん)JR「神戸」駅北へ徒歩5分・湊川神社西隣 https://www.kobe-fujin.org/交通アクセス/ )
「花と爆弾-もう、戦争の暴力はやめようよ-」
主婦から通訳へ~レイチェルが駆け抜ける世界~

ある時はニューヨークの国連本部、ある時はピースボートの船上、またある時はベテランズ・フォー・ピース(平和を求める退役軍人の会)のトーク会で、日英通訳として世界を駆けめぐる素敵な女性、レイチェル・クラークさん。 ワールドワイドに活躍中のレイチェルさんですが、実は新潟に生まれ育ち、米国人との結婚後渡米し、長年専業主婦として暮らしていらっしゃったとか。さて、いつからどのようにして、彼女の人生が大きく変わっていったのか?
レイチェルさんの人生と通訳としての経験を通して、平和への思いをお聞きします。
講師:レイチェル・クラークさん 
新潟県出身。米国人と結婚し、第一子誕生を機に米国市民権を取得。主婦業、サラリーマンを経て、語学力と大学で専攻した国際学を活かし様々な国際舞台でフリーの通訳として働く。これまでに菅直人元総理、ジョゼ・ラモス=ホルタ東ティモール元大統領(ノーベル平和賞受賞者)など多岐に渡る分野の著名人の通訳をするかたわら、ベテランズフォーピースの終身会員、国際NGO「ピースボートUS」のボランティアスタッフ、NYの核の勉強会、「核のない世界へのマンハッタンプロジェクト」などで核兵器、核エネルギー、米国外の米軍基地の無い平和な世界を目指し、核被害者に寄り添う活動に関わっている。
参加には、1000円の募金をお願いします(学生、お子さんはお気持ちで)
キッズ・スペースあり(お子さん連れ大歓迎!)
主催:「花と爆弾-もう、戦争の暴力はやめようよ-」小橋かおる
協賛団体:ベテランズフォーピース ジャパン コードピンク大阪
問い合わせ: 「花と爆弾」小橋かおる kaorukobashi@hotmail.com
https://whatsnew-on-flowersandbombs.blogspot.com/2018/06/2018728.html
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1891.html



憲 法
●7月28日(土) 10:30~12:00 滋賀弁護士会館4階大会議室(JR大津 http://www.shigaben.or.jp/
「憲法」連続市民学習会第2弾
第2回 憲法と家族

講師:小川恭子弁護士
みなさんは,憲法をきちんと読んだことはありますか?最近,憲法を変えようという議論が高まっています。なんとなく,雰囲気だけの議論をするのではなく,憲法の理念をきちんと理解した上で,自分の意見を持ちたいものです。
2月から4月にかけて開催しました学習会がご好評をいただきましたので,さらに4回,時間も延長して開催することといたしました。お誘い合わせの上,ぜひご参加ください。
料金:無料 申込不要
定員:各回先着100名様
2018(平成30)年6月30日、7月14日、7月28日、8月11日(隔週土曜日)10:30-12:00
お好きな回だけのご参加でもOKです。
http://www.shigaben.or.jp/schedule/20180630-20180811.html



反 戦
●7月28日(土) 17:00開会 末広中央公園(予定)
9条大好き!!宝塚市民集会~安倍9条改憲を許さない~
主催:安倍9条改憲に反対する宝塚市民の会
連絡TEL06-6365-8801(関西合同法律事務所 弁護士 杉島幸生)
https://jimmin.com/events/event/%EF%BC%99条大好き%EF%BC%81%EF%BC%81宝塚市民集会%EF%BD%9E安倍%EF%BC%99条改憲を許/



監視社会
●7月28日(土) 13:00~私学会館ホール(JR・阪神元町駅東口徒歩2分 阪急三宮駅徒歩7分、花隈駅徒歩7分 地下鉄県庁前駅徒歩3分
http://www.hyogo-shigaku.or.jp/map.html
小笠原みどりさん講演会
『監視社会とネット・日本の諜報』

参加費:¥1000
連絡:078-351-0194
主催:NHK問題考える会(兵庫)
http://www.kinyobi.co.jp/event/20180720_002610.php



朝鮮半島
●7月28日(土) 18:30~キャンパスプラザ京都・第4会議室(ビックカメラ前、JR京都駅ビル駐車場西側 http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access
「時代を読み解く」連続講座パートⅡ 第2回
講 師:金光男 (キム・カンナム) さん 在日韓国研究所代表
主 催:反戦・反貧困・反差別共同行動in京都
http://kakukyodo.jp/shukai.htm



平和 安倍退陣 
●7月28日(土) 10:30~エルおおさか(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
10:30~12:00 開会集会
・『安倍はクビ!』日韓連帯100人大合唱&ダンシング  
 *韓国ろうそく集会の歌「これが国か」の日本語Ver.
・基調・決議案提案
・構成詩「安倍退陣!朝鮮戦争終結!東アジアの平和をつくろう!」
13:00~17:00 メイン集会
『戦争と排外主義を乗り越え、東アジアの平和を市民の力で』  
 ①『安倍政権を打倒し、戦争・改憲政策を止める』 ZENKO  
 ②沖縄『辺野古新基地建設の現状と展望』上間芳子さん  
 ③沖縄『南西諸島への自衛隊配備反対の闘い』当真まり子さん  
 ④韓国『戦争の種をなくすTHAAD (米軍ミサイル)配備撤回の闘い』カン・ヒョンウクさん  ⑤韓国『戦争、原発反対でつながる日韓市民の連帯』ユ・ミヒさん  
 ⑥フィリピン『ドゥテルテ政権による戦争・虐殺を止める』ポール・ガランさん  
 ⑦イラク『中東でのグローバル資本による「対テロ戦争」との闘い』サミール・アディルさん
―第2部 パネルディスカッション―
『東アジアの平和構築のため国際的な市民の連帯をどうつくるのか』
http://www.zenko-peace.com/wp-content/uploads/2018/06/2018zenko-f2.pdf



沖 縄
●7月28日(土) 12:00~15:00 京都・衣欄三条 ちおん舎(地下鉄烏丸御池 https://www.chionsha.com/アクセス/)
沖縄を見る 聴く 食べる
参加費:¥4000 講演会のみ¥3000
主催:工房チリトゥ
連絡:TEL090-9935-2705
https://jimmin.com/events/event/沖縄を見る%E3%80%80聴く%E3%80%80食べる/



辺野古新基地問題
●7月28日(土) 15時30分~(毎週土曜日)JR大阪駅南バスターミナル
「辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動」
辺野古の海が埋め立てられないように活動しています。
お時間の許す範囲で、少しでも皆様のご参加お待ちしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/henoko_osaka



辺野古新基地問題
●7月28日(土) 13:00~14:00 神戸マルイ前
HENOKO NO! 沖縄に基地はいらない 
   辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動

沖縄県民に対する不正を止めるために、共に声を上げて下さい。
ツイター・FaceBookで情報発信中{辺野古・神戸}で検索して下さい。
土曜の午後はいつもの時間、いつもの場所で、はじめての方、ちょっとだけ参加、見学、大歓迎。
https://twitter.com/kobekodo/



辺野古新基地問題
●7月28日(土) 毎週土曜日17:00~18:30ごろ 京都市 三条河原町交差点(三条河原町商店街のアーケード前スペース)
沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、
     普天間基地の撤去を求める京都行動

アピール、チラシ配り、新基地建設に反対する署名集めなどなど
http://kyoto-action.jugem.jp/?pid=1
https://twitter.com/ALALALED/status/551165696185344000



子ども
●7月28日(土) 14時~神戸市勤労会館会議室403(定員50名)(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html
9条の心ネットワーク 5回連続講座-「いつもこころに憲法を」-
第1回「おいつめられる子どもたち」
毎年、5月3日の憲法記念日がやってきますが、「憲法」ってとっつきにくい、自分の生活にどう関わるのかよく分からないという声が多く聞かれます。私たちの生活は、朝起きて寝るまで、大きく言えば、生まれて死ぬ(亡くなる)まで憲法とは切れ目のないお付き合いをしています。そのことを日々のできごと(事件)から、考えてみたいと思います。
最初はこどもたちのことです。「追いつめられる子どもたち」でいじめや、少年法などに詳しい野口弁護士のお話です。ふるってご参加下さい。
おはなし:野口 善國 弁護士
プロフィール
兵庫県弁護士会 人権擁護委員、子どもの権利委員、神戸保護観察書保護司、神戸拘置所篤志面接委員、学校事件・事故被害者全国弁護士団 副代表
著書に、「親をせめるな」「子どもが育つ家庭づくり」「それでも少年を罰しますか」
「非行―彷徨する若者たち、生の再構築に向けて」など多数。
第2回 ベーシックインカム 格差社会をどう救うか 
 8月27日(月) 18:30~神戸勤労会館予定
第3回 (経済)働き方改革 ワークルール 
 9月27(木) 神戸勤労会館予定
第4回 (教育)いま学校で何が起きているか、教科書問題
 10月30日(火) 神戸勤労会館予定
第5回 (医療)介護人権、老人医療の問題、終末医療
 11月22日(木) 神戸勤労会館予定
主催:9条の心ネットワーク
共催:兵庫県弁護士9条の会
申し込み:9条の心ネットワーク TEL 078-361-9990
http://civilesociety.jugem.jp/?eid=38786



ライブ
●7月28日(土) 18:00~20:00 中之島剣先公園
『国際的な市民の連帯!世界の平和は私たちがつくる! 歌おう・踊ろう・心ひとつに!』
・沖縄、韓国、フィリピンなどのアーティスト、「月桃の花」歌舞団など歌や踊りを通して国際交流をします。
http://www.zenko-peace.com/wp-content/uploads/2018/06/2018zenko-f2.pdf



日ロ関係
●7月28日(土) 14:00~国労大阪会館1階ホール(天満駅出口から徒歩約2分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/map/)
激動するアジアと日露関係
講 師:藤本和貴夫先生(大阪経済法科大学アジア研究所所長)
主 催:アジア新時代研究会
https://jimmin.com/events/event/第%EF%BC%99回学習講演会%E3%80%80激動するアジアと日露関係/



小田 実
●7月28日(土) 14:00~17:00 あしや市民活動センターリードあしや 2階D号室
第113回「小田実を読む」
田中利彦さんが語る「太平洋戦争と小田実」
講師:田中利彦(歴史家、「8・6ヒロシマ平和への集い」代表)
資料代:1000円 主催:「小田実を読む」
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0728.pdf



立て看
●7月28日(土) 17:30~百万遍南東角・京大石垣前集合 18:00~出発
立て看板や吉田寮のある景観を残そうデモ
*楽器、鳴り物、表現物持ち込み歓迎です
主催:百万遍クロスロード
連絡:mail :million-cross-road@protonmai...
https://jimmin.com/events/event/立て看板や吉田寮のある景観を残そうデモ/



●7月24日(火)~29日(日) 11時30分~18時30分 (24日は17時30分~、最終日は17時まで) ギャラリーCreate洛(京都市中京区丸太町通堺町通鍵屋町69番地(京都御所・堺町御門前))
増田正昭 個展
被爆者の肖像画で被爆体験を語り継ぐ 被爆2世の思いを込めて
■ギャラリートーク
◎7月28日(土) 17:00~18:00
個展開催期間中上記の日時、肖像画に描かれた被爆者のみなさん、作者の増田さんを囲んでギャラリートークを開催します。
https://www.facebook.com/osakademo/posts/1872240009537046



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村




7/27(金)18:30~朝鮮戦争休戦65周年 「東アジアに平和を!7.27キャンドル行動」@大阪うつぼ公園

朝鮮戦争休戦65周年
「東アジアに平和を!7.27キャンドル行動」
―休戦協定を平和協定に!日朝の対話を!


今年、4月27日の南北首脳会談と板門店宣言。また、6月12日の米朝会談。固唾を飲んでニュースを見ていた人も多かったのでは?朝鮮戦争を終結し、平和協定を締結するこの歴史的転換の時に、私たちだって何にもしないわけにはいきません。
戦争はしないと誓った憲法を持つのにもかかわらず、軍備を進めてきている日本の未来が、大転換になるかもしれません。
加速する東アジアの平和への動きに、日本の私たちもPEACEな声を上げませんか?「平和」にエールを送りましょう。それが戦争で犠牲になった方々の想いでもあります。

●7月27日(金) 18:30~うつぼ公園(本町駅28番出口 http://www.osakapark.osgf.or.jp/utsubo_access/) 
18:10~プレライブ開始
19:20~パレード出発

◆キャンドルで人文字(PEACE)
◆御堂筋ピースパレード

音楽ゲスト:川口真由美さん

主催:7.27キャンドル行動実行委員会


20180727チラシ表S



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

8/8(水)18時半~「明治維新の正体 150年キャンペーンのうそ」@エルおおさか

攘夷を叫んでいた人たちが、なぜ急に開国? 歴史本を何度読み返しても、その意味が分らない。でも、長洲も薩摩も土佐も、明治維新という歴史的偉業をはたした英雄たちを生み出した藩であることは間違いない…。そんな漠然とした「かっこいいイメージ」を明治維新に対して持っている人が、日本では大半なのではないでしょうか。

いま、この明治維新観に大きな疑問を投げかける声が次々と上がっています。
西郷隆盛、吉田松陰、高杉晋作、阪本龍馬…。NHKの大河ドラマで何度も取り上げられ、いままさに「西郷どん」が放映中の、彼らは本当に日本を開国に導いた「英雄」だったのか?

江戸の末期、現法憲法に通じる先進的な憲法構想を徳川、薩摩、越前に建白しながら、テロによって薩摩に抹殺され、その後歴史的にも抹殺され続けた赤松小三郎に注目し、明治維新の意味を問い直しておられる関 良基さんをお招きして、お話を伺います。

英雄扱いされてるけど、松陰って本当はどうなん…? 西郷って本当はどうなん…? 
そんな、もや~っとしたギモンを抱いている皆さん。目からウロコのこの講演会にぜひお越し下さい。

●8月8日(水) 18:30~エルおおさか708号室 
目からウロコ! 明治維新の正体
150年キャンペーンのうそ 


講師:関 良基さん(拓殖大学教授)

参加費:800円(学生・障がい者半額)
主催:戦争あかん!ロックアクション


20180808チラシ

(7/25更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2018年7月23日(月)~27日(金) 

★7/25追加情報
●7月26日(木) 13時半~16時45分、コープイン京都2階(地下鉄四条駅l)
相模原殺傷事件から2年 なにが問題か? あなたはどうする?
★7/24追加情報
●7/27(金)までのイベント情報を追加しました。


【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-350.html




●7月23日(月) 13:30~16:30 大阪市総合生涯学習センター・第5研修室(大阪駅前第2ビル5階)(大阪駅より徒歩 5分 http://osakademanabu.com/umeda/
「放射線副読本」再改訂に意見を!討論会
主 催:地球救出アクション97
http://kakukyodo.jp/shukai.htm



●7月23日(月) 18:30~PLP会館4階中会議室(JR天満駅・地下鉄扇町駅徒歩5分 http://plp-kaikan.net/access/a_index.html
被爆73周年原水禁世界大会大阪集会
講演:末田一秀
主催:大阪平和人権センター
http://ksueda.eco.coocan.jp/event.html



憲 法
●7月23日(月) 10:00~12:00 枚方市立総合福祉会館ラポールひらかた大研修室(枚方駅 https://www.city.hirakata.osaka.jp/0000014916.html)
ピースイベントinひらかた~わくわく憲法~
「ビンゴ」で遊びながら、憲法と暮らしを学ぶ
講師:小谷 成美弁護士
主催:おおさかパルコープ枚方合同地域活動委員会
https://calendar.google.com/calendar/event?eid=MzQxdHRmaGxkZ3I3MXZyNDlkNWhkNDMxbjcga29iYXlhc2hpMjU2OTRAbQ&ctz=Asia/Tokyo



ドイツ現代史
●7月23日(月) 18:30~21:00 西宮市民交流センター(阪急西宮北口駅東改札口から東出口を出て、但馬銀行横の通りを東に約300m。徒歩約5分 http://shimin-koryu.net/access/)
第5期 日本・ドイツ現代史研究会~戦後日本政治史
中野晃一『右傾化する日本政治』第3回
(講師)石塚 健
主催:日本・ドイツ現代史研究会 
連絡:TEL090-9213-5291(阪神社会運動情報センター)
http://hanshin204.cocolog-nifty.com/blog/



■7月23日(月) 午後10:00~10:25 NHK総合
クローズアップ現代+▽医療保険が狙われる!?外国人が悪用の実態も▽高額治療が…
保険料を払ってこなかった外国人が、日本の保険証を入手し高額な治療を受けている実態がいま明らかになりつつある。医療現場で何が起きているのか、知られざる実態に迫る。
http://www.nhk.or.jp/gendai/schedule/



■7月23日(月)(再放送) 午後11:45~00:45 NHK BSプレミアム
アナザーストーリーズ 運命の分岐点「日本が揺れた!消費税導入の舞台裏」
今でこそ、買い物のときに消費税を払うのは当たり前になっているが、始まったのは平成元年、29年前のことだ。この新しい税金は、当初「天下の悪税」と言われ、評判は最悪だった。国の財政を安定させたいと考える大蔵省、国民に負担を強いる政策にしり込みする政治家、そして、暮らしへの不安から反対運動に加わった人々…。その導入の舞台裏で何が起きていたのか?トップ官僚や国会職員の、今だから語れる生々しい証言の数々!
http://www4.nhk.or.jp/anotherstories/x/2018-07-23/10/21553/1453098/



朝鮮高級学校無償化
●7月24日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



NEW
●7月24日(火)~29日(日) 11時30分~18時30分 (24日は17時30分~、最終日は17時まで) ギャラリーCreate洛(京都市中京区丸太町通堺町通鍵屋町69番地(京都御所・堺町御門前))
増田正昭 個展
被爆者の肖像画で被爆体験を語り継ぐ 被爆2世の思いを込めて
■ギャラリートーク
◎7月28日(土) 17:00~18:00
個展開催期間中上記の日時、肖像画に描かれた被爆者のみなさん、作者の増田さんを囲んでギャラリートークを開催します。
https://www.facebook.com/osakademo/posts/1872240009537046



■7月24日(火)(再放送) 午後05:00~05:50 NHK BS
BS世界のドキュメンタリー「スターウォーズ レーガンのハッタリ」
「宇宙からソ連の核ミサイルを撃墜する」レーガン大統領のスターウォーズ計画は荒唐無稽か、それともクレムリンを陥れる壮大な罠だったのか。冷戦時代の攻防の裏側を検証。
1983年にアメリカが打ち出した戦略防衛構想(SDI)。レーガン政権は、シベリアの石油パイプライン計画の妨害や、国際原油市場での価格暴落をはかるなど、さまざまな罠を仕掛け、ソビエトの弱体化に成功していく。ホワイトハウスの当時の内幕を知る人物や専門家の証言を交えて、超大国が繰り広げた謀略作戦を描く。
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=170919



●7月25日(水) 午前10時30分~12時 神戸学生青年センターホール(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/
「 福島から母子避難7年『避難の権利』と憲法
~国連人権理事会で世界に伝えた母たちの願い・子どもたちを被ばくから守って!~」@神戸青年センター
(原発賠償関西訴訟原告団代表)東日本大震災避難者の会Thanks&Dream 代表 森松 明希子さん
原子力発電所の事故による今も続く数々の人権侵害について、2018年 3月に国連人権理事会でスピーチをされたことは、マスコミでも取り上げられましたのでご存知の方も多いことでしょう。「放射能被曝から逃れ健康を享受する権利」「平和に生きる権利」の確立を求めての活動および、国連での訴えについてお話いただきます。
参加費:600円 ※託児(無料)があります。
必要な方は前々日までに予約してください。
主 催:(公財)神戸学生青年センター
TEL 078-851-2760  FAX 078-821-5878 e-mail info@ksyc.jp
http://ksyc.jp/seminar/ss-201804-07/



自然エネルギー
●7月25日(水) 午後6時30分~大阪民医連会議室(創建本町ビル2階)(堺筋本町 http://www.oskmin.com/about/map.html
自然エネルギー連続講座 第2講 食品バイオの取り組み 
①近大・鈴木先生が語るイモ(芋)発電 ~その原理と展望~
講師:鈴木 高広さん(近畿大学)
②食品残渣などを活用してのバイオ発電
講師:高橋 雅樹さん(名古屋・みらい電力)
参加費:1回800円(学生:無料)4回連続参加の方は2,800円 
事前申し込み要
主催:原発をなくし、自然エネルギーを推進する大阪連絡会(原発ゼロの会・大阪)
協賛:日本科学者会議大阪支部 自然エネルギー市民の会 自然エネルギーねやがわ市民の会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1128.pdf



森友学園疑獄
●7月25日(水) 午後6時~集会 豊中市野田中央第2公園(森友学園「瑞穂の国小学院元・予定地」の横) 7時~デモ出発
7・25 第17回怒りのデモ「蹴飛ばせ 幕引き」
どこまでも追及!森友・加計問題
主催:「森友学園」疑獄を許すな!実行委員会 
連絡先:FAX 06 6304 8431
昨年3月25日、森友学園「小学校」建設予定地横の野田中央公園で森友学園疑獄を許さない集会とデモを行い、その後、このデモに賛同した団体や個人で実行委員会が作られ、月1回デモをやっています。
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0725.pdf



働き方改革
●7月25日(水) 13:30~15:30 アステホール(阪急川西能勢口駅前アステ川西6階)
緊急学習会「働き方改革関連法」は何が問題なのか
講 師:在間秀和さん 弁護士 (大阪労働者弁護団)
又市征治さん 参議院議員・社民党党首
「働き方改革関連法」とは、「高度プロフェッショナル制度」(「残業代ゼロ」制度)や「残業時間の上限規制」を「一本化」した労働基準法改定など、8本の法律を一括で改定したものです。労働団体や「全国過労死を考える家族の会」、弁護士団体など、多くの団体や市民が「長時間労働と過労死を促進する」と訴えています。
「働き方改革関連法」は何が問題なのか、働く者の立場に立ち弁護士活動を続ける在間秀和弁護士と社民党党首又市征治参議院議員を講師にお招きし、緊急学習会を開催します。ぜひご参加ください。
参加費無料
主 催:社民党兵庫県連合 0797-26-7370  北上哲仁090-3613?7069
https://www.facebook.com/events/1274726565996808/



■7月26日(木)(再放送) 深夜午前00:00~01:00 NHK Eテレ
ETV特集「私は産みたかった~旧優生保護法の下で~」
“不良な子孫の出生を防止”するため障害者への強制不妊手術を認めていた旧優生保護法▽優れた命と劣った命を分ける“優生思想”の広がり▽人生を翻弄された人々はいま…
もしも、16歳に戻れるなら…自分でも知らないうちに子供を産むことができなくなった70代の女性は、悔しさと共に人生を振り返る。“不良な子孫の出生を防止”するため障害者に不妊手術を強制していた旧優生保護法。その数は16000人以上とされる。背景にあったのは、優れた命と劣った命を選別する“優生思想”。戦後日本で、なぜ優生思想は広がったのか。旧優生保護法を契機に、障害者の命をめぐる知られざる歴史に迫る。
http://www4.nhk.or.jp/etv21c/x/2018-07-25/31/23185/2259628/



■7月26日(木)(再放送) 深夜午前01:00~01:50 NHK総合
NHKスペシャル「“ともに、生きる” 障害者殺傷事件 2年の記録」
19人が殺害された障害者殺傷事件から2年。「意思疎通できない障害者は不幸しかもたらさない」。植松被告が語った動機は大きな衝撃を与えた。NHKは、命を狙われた入所者を事件直後から取材。障害者の意思をくみ取る支援を受けながら、新たな暮らしが始まっている。さらに社会では、被告との接見にのぞみ、事件を乗り越えようとする人たちも相次いでいる。被害者や家族、そして事件と向き合う人たちの模索の日々を見つめる。
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20180721
http://www6.nhk.or.jp/special/rebroadcast/index.html



●7月26日(木) 10:30~15:00 大阪市立社会福祉センター(近鉄「大阪上本町」⑪東へ徒歩3分 地下鉄「谷町九丁目」⑧徒歩10分 http://shafuku-center.jp/shisetsu.html
3.11避難者情報交換・意見交流会Cafe IMONIKAI
毎月大阪で、たとえ参加者が少なくても、必要としている避難者がいる限り、細く長く必要な形でつづけています。2012年夏~毎月1回、一日お部屋を開放し、自由に避難者が集える「場」を参加者みんなで作ります。過去の交流会の様子はコチラ
サンドリメンバーも、毎回、一度も欠かさず通っている避難者たちがいます。
とても自由な雰囲気で、避難者が震災のこと、避難のこと・・・本当の思いを各々自由に話せる3.11避難当事者がホッとできる素敵な「場所」です。
初めての方も安心してご参加下さい。何も話さなくても、聞くだけの方もおられます。
色々な情報も得られますし、また、避難者の思いも、ご支援の方々に伝えることも出来ますし、本当にオススメ出来る交流会の一つです。ご都合のつく方は是非ご参加ください。
(途中からの参加、途中退室も可能です)
※飲み物は各自でご用意ください
参加費:無 料 差し入れ大歓迎♪
参加対象者:3.11避難者&3.11避難者に心をお寄せくださる方ならどなたでも大歓迎☆
お申込み:特に不要です。
今後の予定:
8月21(火)、9月18日(火)、10月17日(水)、11月 20日(火)、12月19日(水)
お問合せ:sandori2014@gmail.com サンドリ【3.11避難者交流カフェイモニカイ】係
主 催:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (略称:サンドリ)
協 力:大阪市ボランティア・市民活動センター(大阪市社会福祉協議会)
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1898.html



中国侵略
●7月26日(木) 午後6時半~神戸学生青年センター(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/
荒井とみよさん講演会
「七冊の従軍手帳----山本敏雄氏の講演に続けて」

※7月5日に予定していた講演会が大雨のため、7月26日に延期となりました。
講師:荒井とみよさん(神戸・南京をむすぶ会会員、元大谷大学文学部教授)
荒井とみよさんは、日本近代文学研究者。『女主人公の不機嫌―樋口一葉から富岡多恵子まで』(2001.7、 双文社出版)、『中国戦線はどう描かれたか―従軍記―』(2007.5 岩波書店)、『詩人たちの敗戦』(2016.4、 編集工房ノア)などの著書がある。今回の講演会のテーマと関連する『中国戦線はどう描かれたか―従軍記―』では、林芙美子、岸田國士、丹羽文雄、石川達三、里村欣三、火野葦平、佐藤春夫、山本武、東史郎らの従軍記をとりあげている。
「作家の従軍記は戦争体制に協力した、しないで論じられることが多かった。そういう視線からテキストを解放しようとしてやってきた作業だが、元兵隊たちの記録は私を背後から支えてくれるようだった。誰もがこれを書かずには死ねないという体験。それがあの戦争だったのだと彼らは熱く語りかける。この体験を次の世代の人たちに伝えたい、伝えなければならないと彼らはわたしの中で主張し始めた。」(あとがき)
その中の山本武は、神戸・南京をむすぶ会が昨年12月7日に開催した講演会「父の証した記憶をたどって」の講師山本敏雄さんの父である。今年も神戸・南京をむすぶ会は8月13日から南京常徳廠窯を訪問する。更に日本の中国侵略の問題を掘り下げていきたい。
参加費:500円
主催・問い合わせ先:神戸・南京をむすぶ会
神戸学生青年センター内 TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878  hida@ksyc.jp
後援:神戸学生青年センター
http://ksyc.jp/nankin/20180705-3arai.pdf



障碍者大虐殺
●7月26日(木) 18:00~ヨドバシカメラ梅田前 
7.26障碍者大虐殺アクション
 18:00 梅田ヨドバシカメラ前集合~スピーチ
 19:00 移動~JR大阪駅前でアクション
 19:30 移動~HEP前でアクション
 20:00 移動~うめきた広場周辺で解散
※希望者がある場合、解散後に扇町公園にて時間のある限り集会予定。(22時頃まで)
※プラカードやフェイクのローソクなど、ある程度用意していますが、お餅の方はご持参下さい。
※追悼の意を表して、なにか黒色のものを身につけてご参加ください。
呼びかけ:726追悼アクション有志
連絡先:prayforsagamihara726@gmail.com
https://www.facebook.com/remember726kobeaction/posts/467726473652057



NEW
●7月26日(木) 13時半~16時45分、コープイン京都2階(地下鉄四条駅13 http://www.coopinn.jp/access.html
相模原殺傷事件から2年 なにが問題か? あなたはどうする?
講師:香山リカ
参加費:無料
主催:実行委 090-1960-9922細田
http://www.kinyobi.co.jp/event/20180720_002610.php



貧 困
●7月26日(木) 午後6時半~9時 ひとまち交流館3階第4会議室 (京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html)
京都の今とこれからを考える16
今回のテーマ:貧困をみんなで越えるために!

京都市で今貧しい人が増えてる 子どもの貧困も深刻。そんな時、私らの生命をつないでくれるのが生活保護。市の職員さんも一緒に悩んで奮闘してくれている。
貧しい家庭に入って苦しみを聞いて、ぐれそうになった子どもを叱ったりはげましたり。暴力団に入りそうになるところを取り戻しに行ったり。職員さんのやることはいっぱいある
今 現場の話をみんなでとことん聞いて京都の未来を考えたい。この街を本当に豊かで優しい街にするために。
今回は 生活保護の窓口で長いこと働いてこられた南博之さんにお話を伺います
話し手:南博之さん 元京都市ケースワーカー 京都自治労連副委員長(社会保障担当)
主催:ウチら困ってんねん@京都
連絡先:090-4377-7044
https://www.facebook.com/events/2102343109986013/



コリアン・マイノリティ
●7月26日(木) 19:00~21:00 猪飼野セッパラム文庫(天王寺区細工谷2-14-8 090-9882-1663 近鉄「上本町六丁目駅」8分・地下鉄「谷町9丁目駅」10分、ドンキホーテ上本町店から東へ、セブンイレブンを右へ約100m、左側3軒目 http://www.mapion.co.jp/m2/34.66158997553531,135.5232413888889,16
コリアン・マイノリティ研究会第175回月例研究会
突っ込みどころ満載!!「『焼肉ドラゴン』(原作:鄭義信(チョンイシン))
-演劇から映画へ-在日朝鮮人史の観点からどう見る?」
藤井幸之助さん(猪飼野セッパラム文庫主宰・同志社大学嘱託講師)
参加費:800円・会員600円・学生以下400円 
どなたでも大歓迎!・要予約
主催:コリアン・マイノリティ研究会 https://sepparam-bunko.jimdo.com
http://www.labornetjp.org/EventItem/1532163685088emi



NEW
森友学園問題
●7月26日(木)18時~19時 阪急宝塚線岡町駅前
安倍首相と松井知事に森友学園問題の責任を取らせるためのマイクアピールとビラ撒き
主催:森友学園問題を考える会



NEW
朝鮮高級学校無償化
●7月26日(木) 18:00~19:00
「高校無償化」裁判の歴史的勝訴判決を揺るぎない完全勝利へと!!
大阪7箇所一斉街宣

*JR鶴橋 *JR森ノ宮 *JR天王寺 *南海堺東 *金鉄布施 *JR京橋 *JR大阪
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪
連絡E-mail mushouka_osaka@gmai.com
https://jimmin.com/events/event/「高校無償化」裁判の歴史的勝訴判決を揺るぎな/



●7月27日(金) 関西電力本社前(「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:00頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:30 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●7月27日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●7月27日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●7月27日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&パレード



●7月27日(金) 17時20分~18時 関電姫路支社行動 18時15分~19時20分 JR姫路駅前行動
関金行動「300回まつり」
※終了後「食事交流会」します。
主催:脱原発はりまアクション
https://facebook.com/events/1865989026828837



朝鮮半島
●7月27日(金) 18:30~うつぼ公園(本町駅28番出口 http://www.osakapark.osgf.or.jp/utsubo_access/) 19:20~パレード出発
朝鮮戦争休戦65周年「東アジアに平和を!7.27キャンドル行動」
―休戦協定を平和協定に!日朝の対話を!

今年、4月27日の南北首脳会談と板門店宣言。また、6月12日の米朝会談。固唾を飲んでニュースを見ていた人も多かったのでは?朝鮮戦争を終結し、平和協定を締結するこの歴史的転換の時に、私たちだって何にもしないわけにはいきません。
戦争はしないと誓った憲法を持つのにもかかわらず、軍備を進めてきている日本の未来が、大転換になるかもしれません。
加速する東アジアの平和への動きに、日本の私たちもPEACEな声を上げませんか?「平和」にエールを送りましょう。それが戦争で犠牲になった方々の想いでもあります。
◇キャンドルで人文字(PEACE)
◇御堂筋ピースパレード
音楽ゲスト:川口真由美さん
主催:7.27キャンドル行動実行委員会
https://www.facebook.com/events/203939167109051/



日本軍
●7月27日(金) 19:10~20:50 下京いきいき市民活動センター会議室3(3階)(JR京都駅(北側)塩小路通りを東に約15分 京都市下京区上之町38番地 http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/cmsfiles/contents/0000099/99788/simogyo-map.GIF
読書会「日本軍兵士 アジア・太平洋戦争の現実」 
吉田裕 著(中央公論新社刊)
参加費:300円 
主催:自衛隊員の命と人権を守る京都の会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0727-1.pdf



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2018年7月22日(日)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-350.html




■7月22日(日)(再放送) 午前05:00~06:00 NHK Eテレ
こころの時代~宗教・人生~ アンコール「102歳 韓国に生きる」
國田房子さんは戦前に朝鮮半島出身の男性と結婚、日本の敗戦直後に夫の故郷に渡った。國田さんのような女性は「在韓日本人妻」と呼ばれ、夫と別れたり、子どもと引き離されたりして、孤独で苦しい生活を送る人も多かった。戦後、韓国と日本の国交が断絶し、帰国もかなわず、忘れられようとしていた女性たち。國田さんは、彼女たちの生活を助け、帰国に尽力するなど支援活動に生涯を捧げてきた。【初回放送2017年11月12日】
http://www4.nhk.or.jp/kokoro/x/2018-07-22/31/21166/2008292/



●7月22日(日) 13時~17時 こうべまちづくり会館(地下鉄海岸線「みなと元町駅」西1出口から北へ1分 神戸高速 「花隈駅」東口から南へ3分「西元町」東口から東へ5分 JR・阪神 「元町駅」西口から西へ8分 http://www.kobe-machisen.jp/access/
映画「原発の町を追われて」上映会
14:05~15:50 上映
「原発の町を追われて」~避難民・双葉町の記録(制作 堀切さとみ)
第1部「原発の町を追われて」2012年
第2部「2年目の双葉町」2013年
第3部「ある牛飼いの記録」2017年
15:50~16:00 休憩
16:00~16;30 シェアリング
主催:さよなら原発神戸アクション
https://www.facebook.com/events/177248432950732/
http://sayogenkobe.blog.fc2.com/blog-entry-170.html



●7月22日(日) 13:30~ハートピア京都 京都府立総合社会福祉会館(地下鉄「丸太町」5番出口すぐ/市バス・京都バス・JRバス「烏丸丸太町」下車 烏丸丸太町下ル東側 075-222-1777 http://www.heartpia-kyoto.jp/access/access.html
大飯原発差止訴訟 第6回原告団総会
京都地裁における大飯原発差止訴訟は,すべての原発を止めるための第一歩です!
3,323人が 原告となっていて,裁判傍聴は 原告以外も 多くの市民が参加しています。
市民の願い,弁護団の熱意,研究者の知恵を結集し 脱原発を実現しましょう。
~原告でない方も誰でも参加できます~
記念講演「地震予知連会長に聞く日本の地震予知の現状」平原和朗さん
弁護団からの報告:出口治男 弁護団長,渡辺輝人 弁護団事務局長。
特別報告:「京都府政と脱原発」福山和人 弁護士
原告団事務局からの報告:吉田明生 原告団事務局長
参加費:無料(会場にてカンパをお願いします)
主催:京都脱原発原告団
http://nonukes-kyoto.net/?p=2153



●7月22日(日) 13:30~16:30 キャンパスプラザ京都[第1会議室](ビックカメラ前、JR京都駅ビル駐車場西側 http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access
福島原発事故から7年  今一度みつめてください
「ジャーナリストが見た福島の今!保養後のセシウムデータは??」
講師:和田秀子さん
「福島の小児甲状腺がん,周産期死亡について,線量について」
講師:山本英彦さん
参加費:一般1000円,避難者500円。
お問い合わせ:避難者こども健康相談会。事務局090-3627-2925(神田)
https://twitter.com/kanda_taka/status/1010879571875356675



●7月22日(日) 13:30~15:30 宇治市中央公民館(京阪宇治駅、JR宇治駅から40・44[太陽が丘]、180[維中前]、182[緑苑坂]、184[宇治田原工業団地]行きバスで『宇治市文化センター』下車
*近鉄大久保駅から 240・240A[琵琶台経由京阪宇治駅」、250・250A[立命館宇治経由JR黄檗駅]行きバスで『琵琶台口』下車)
「僕は妹に毒薬を飲ませた…いま語る戦争の記憶」
講師:村上敏明さん(京都市在住)
◆7月20日(金)~7月22日(日)
第23回 平和のためのヒロシマ市民被爆体験絵画展 
7月21日(土) 9:00~17:00 
7月22日(日)9:00~16:00
主催:平和の会  共催:NPO 法人使い捨て時代を考える会
問い合わせ:0774-24-7107(山田)
https://www.facebook.com/events/229575431103130/



●7月22日(日) 10:00~16:00 塩瀬公民館(名塩新町1番塩瀬センター3F/JR西宮名塩駅より150m)
【くらし・環境フェスタin西宮】のお知らせ
~地域発電でつくる生活、自己決定できる未来~

コープこうべさん&宝塚すみれ発電&立憲平和西宮のコラボです。
中川智子市長(現宝塚市長)もいらっしゃいます!
<企画1> 映画会参加費500円
映画『日本と再生』を2回上演します
①10:10~11:50 ②14:00~15:40
<企画2> 無料!
映画出演者の中川智子さん(宝塚市長)
の舞台挨拶!&トークセッションwith
井上保子さん(株式会社宝塚すみれ発電代表)
伴 智代さん(コープこうべ 理事)
津久井進さん(立憲主義と平和を守る西宮の会)
<企画3> 無料!
コープこうべのエシカルカフェ & 弁護士の憲法カフェ
10:00~16:00
~わたしの買物や選択が世界の未来を変える!?~
エシカルカフェ & 憲法カフェを開催 お茶を飲みながら普段の買い物について少し考えてみませんか?
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1930.html



要確認
●7月22日(日) 午後2時~午後4時 茨木市福祉文化会館101号室(オークシアター)(JR茨木駅・阪急茨木市駅から約700メートル 駅前四丁目7-55 http://www.city.ibaraki.osaka.jp/shisetsu/kyoikubunka/1317033278043.html
~資料と映像からみる「漂流するトモダチ」の声をきいてください~
7年前東北震災時、救助活動にあたった米軍原子力空母ロナルド・レーガンの乗組員兵士が原発事故で被曝し、現在400人を超える元兵士が裁判にたちあがりました。
この裁判は米国だけの問題ではありません。あの原発事故で被曝した日本人も米国人も同じ被害者です。ともに被ばくのない世界を作るため繋がり合いましょう。
参加費:300円



朝鮮半島
●7月22日(日) PM1:30~4:00 大阪市中央公会堂大ホール(御堂筋線・京阪淀屋橋<1>番出口徒歩約5分 堺筋線北浜<19>番出口徒歩約3分 中之島線なにわ橋<1>番出口徒歩約1分 http://osaka-chuokokaido.jp/map/
朝鮮半島の非核化・平和の構築を歓迎する集い 
北東アジアの平和のために ~朝鮮半島の動きと韓国の市民運動、そして日本~

講演:康宗憲さん 朝鮮民族舞踊
参加費:500円 
共催団体:大阪革新懇ほか
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0722-2.pdf



「日の丸・君が代」問題
●7月22日(日) 10:15~12:00 12:40~16:40 国労大阪会館3F大会議室(天満駅出口から徒歩約2分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/map/) 17:00~デモ(梅田まで)
第8回「日の丸・君が代」問題等全国学習交流集会2018
強権を破る“あたりまえ”の民主主義を!?

【午前】高作正博さん講演 10:30~12:00 
アベ政治・改憲に抗していかなる社会をめざすべきか
【午後】12:40~16:40 
ミミコンサート:フキリツブラザーズ 
全国からのたたかいの報告 大阪でのたたかい 
集会終了後17:00~梅田までデモ行進予定 
資料代:800円
主催:第8回「日の丸・君が代」問題等全国学習・交流集会実行委員会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0722.pdf



●7月22日(日) 13:30~16:30 高槻市立総合市民交流センター(クロスパル高槻)5階視聴覚室(JR高槻駅中央改札口を右へ出て京都方面線路沿い http://loco.yahoo.co.jp/place/g-6msUDgCskbU/)
反原発自治体議員・市民連盟関西ブロック 第2回総会・講演会
記念講演:菅野清一さん(福島県川俣町議会議員)
「原発に未来はない!避難解除後の現状は」
特別報告:高島美登里さん(上関の自然を守る会共同代表)
「中国電力上関原発予定地から」
若狭現地の取り組みから:木原壯林さん(若狭の原発を考える会)
隣接自治体から:是永 宙さん(滋賀県高島市議会議員)
大阪府内自治体のPPS(新電力)導入等調査報告:山下けいきさん(茨木市議会議員)
参加費:500円 ※どなたでも参加できます。
主催:反原発自治体議員・市民連盟関西ブロック
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0722-1.pdf



憲法9条
●7月22日(日) 13:30~兵庫県農業会館11階大ホール(元町駅(東口)徒歩10分 https://medica.co.jp/seminar/map?keywords=&seminar_gcode=20&venue_code=23&m_seminar_code=s014217
憲法9条は世界遺産
『保守本流古賀さんが語る 不戦と平和の誓い』

講師:古賀 誠さん(元自民党幹事長)
太平洋戦争で実父がフィリピン・レイテ島で戦死し、焼け野原から苦学して政治家を目指された古賀誠さんは、自民党の宏池会会長、日本遺族会会長をながらく努められ、戦争を知る世代として現在の日本の動きには強い危機感を持たれ発言をされています。
「戦争を引き起こした最大の原因は『政治の貧困』」、「『平和主義』『主権在民』『基本的人権の尊重』という崇高な精神は尊重しなければならない」と訴えている古賀さんに、平和憲法への思いをご講演いただきます。
参加費:¥500 
お申し込み・お問い合わせ: 
shin-ok@doc-net.or.jp Fax078-393-1820 ℡078-393-1807
主催:兵庫県保険医協会
https://www.facebook.com/events/434978960300708/

     

安倍退陣
●7月22日(日) 17時半~梅田ヘップ5前
梅田解放区・安倍内閣の不信任案可決を!スペシャル
数々の悪法成立に大宴会、大量死刑‥今週野党が出す不信任案で倒さねば安倍三選、改憲へ!
原発再稼働、辺野古基地建設も与党に否決させぬため、私達が声を上げ、新たな政治を作ろう!ぜひ来て何でもアピールを。
https://twitter.com/ryota1981/status/1019058057496522753



ガザ
●7月22日(日)  13:00の回上映終了後 元町映画館2Fイベントルーム(JR・阪神電車「元町」駅西口より、南西へ徒歩6分/神戸高速鉄道「花隈」駅東口より南東へ徒歩6分/神戸市営地下鉄海岸線「みなと元町」駅2出口より北へ1分 神戸市中央区元町通4-1-12(元町商店街) http://www.motoei.com/access.htm) 
第97回映画鑑賞会
『ガザの美容室』&岡真理さんトーク

トーク「“デグラデ”―《封鎖》によって崩れゆく社会」
登壇者:岡真理さん(京都大学大学院 人間・環境学研究科教授/現代アラブ文学)
『ガザの美容室』岡真理さんトーク開催!
パレスチナ・ガザの小さな美容室を舞台に、通りの向こうで突如始まった戦闘に外に出ることもできず取り残された女性たちを描いた『ガザの美容室』。公開を記念して、岡真理さんにお越しいただき、本作の原題である「デグラデ」が象徴するガザの封鎖をテーマにお話しいただきます。
『ガザの美容室』公式サイト http://www.uplink.co.jp/gaza/
http://shiminshakai.net/post/4533
https://www.facebook.com/events/213602409470890/



やまゆり園事件
●7月22日(日) 16:00~17:30 西元町・きらら広場集合(神戸市中央区相生町1丁目1)
障害者を殺すな7.22神戸デモ
やまゆり園事件からまだたったの2年です。
19人の障害を持つ仲間が殺されたのに、たくさんの人たちは忘れてしまいました。でも、私たちは一生忘れません。
障害者と健常者を分けるな 19人の名前を出せ 施設に入れるな 精神病院に入れるな 同じ学校に通いたい 地域で暮らしたい 障害があっても生まれたい 障害者は不幸じゃない
デモコース : 元町商店街~三宮センター街を東進
16:00 西元町きらら広場集合 →16:15 デモ出発 →17:15 花時計(三宮)着 →17:30 解散
◯ もしできるなら、事件を思い出してもらうため、また、障害者の解放を願って、派手な格好(フェイスペインティング、カラフルなウィッグなど)や喪服で歩きましょう。
◯ プラカード、鳴り物、トラメガなども大歓迎。
◯ 途中から入ったり抜けたり、出入り自由です。
◯ 暑いので水分補給に気を付けて。
呼びかけ:リメンバー 7.26 神戸アクション
問い合わせ先:電話 070-1740-7260 メールアドレス kobe726@softbank.ne.jp
https://www.facebook.com/events/268113643765400/



LGBT
●7月22日(日) 午後1時半~4時 尼崎市立女性センタートレピエ(阪急神戸線武庫之荘駅南出口南へ240m http://www.amagasaki-trepied.com/
みどりの政治塾2018年前半 第2回 LGBTと自治体政策について
講師:尾辻かな子さん(立憲民主党衆議院議員) 
報告:森村さやかさん(みどりの未来尼崎会員)
参加費:500円(事前申し込み不要)
主催:みどりの未来尼崎
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0722-3.pdf



政 治
●7月22日(日) 10:00~16:00 西宮市勤労会館4F第8会議室(阪神西宮駅より徒歩5分/阪急今津駅より徒歩8分 https://maps.google.co.jp/maps?q=34.736244,135.345064
未来をつくろう みずほ塾in関西@にしのみや
10:00~12:00
『市民運動から地方議員をつくろう』 
 ~国政報告と意見交換~
 福島 みずほ さん (参議院議員)
12:00~13:00 休 憩     
13:00~16:00 発言とグループディスカッション
『女性議員が増えれば地方政治は変わる!』
 よつや 薫 さん (西宮市議会議員)
『市民との絆をこうして築いて来た』
 北上 哲仁 さん (川西市議会議員)
『市民運動をする私が市議をめざすワケ』
 高橋 秀典 さん (神戸市会予定候補者)
参 加 費 1,000円 (学生無料)
申し込み・問合せ:090-7757-3820 大島淡紅子(宝塚市議会議員)
主 催:みずほ塾実行委員会
https://www.facebook.com/events/1680934638672240/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村





(7/20更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2018年7月21日(土) 

★7/20追加情報
●映画情報を追加しました。



【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報


オススメ!
『タクシー運転手 約束は海を越えて』(2017年/韓国/137分)
1980年5月。韓国現代史上、最大の悲劇となった光州事件――
あの日、真実を追い求めたひとりのドイツ人記者と彼を乗せたタクシー運転手がいた。
ソウルのタクシー運転手マンソプは「通行禁止時間までに光州に行ったら大金を支払う」という言葉につられ、ドイツ人記者ピーターを乗せて英語も分からぬまま一路、光州を目指す。何としてもタクシー代を受け取りたいマンソプは機転を利かせて検問を切り抜け、時間ぎりぎりで光州に入る。“危険だからソウルに戻ろう”というマンソプの言葉に耳を貸さず、ピーターは大学生のジェシクとファン運転手の助けを借り、撮影を始める。しかし状況は徐々に悪化。マンソプは1人で留守番させている11歳の娘が気になり、ますます焦るのだが…。
●7/21(土)~8/10(金) シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
7/21(土)~27(金) 10:00(~12:22終)
7/28(土)~8/3(金) 13:30(~15:49終)
8/4(土) 16:00(~18:22終)
8/5(日)~10(金) 11:30(~13:49終)
http://www.theater-seven.com/2018/mv_taxi-driver.html



『マルクス・エンゲルス』(2017年/フランス・ドイツ・ベルギー/117分)
あの時僕らは、世界と手をつないだ――
マルクスとエンゲルスは何を考え、何と戦い、何を成し遂げたのか。
世界中に貧困と格差が拡がる今日、彼らのエネルギーが私たちに突きつけるものとは。
26歳のカール・マルクスは、その過激な言動により妻と共にドイツ政府から国を追われる。1844年、彼はパリで若きフリードリヒ・エンゲルスに出会う。マンチェスターの紡績工場のオーナーの子息であった彼は、イギリスのプロレタリアート(労働階級)について研究中の身であった。しかし階級も生まれも違うエンゲルスとの運命の出会いは、マルクスが構築しつつあった新世界のビジョンの、最後のピースをもたらすことになる。マルクスとエンゲルスはやがて、政治的暴動や動乱をかいくぐって、まったく新しい労働運動の誕生を牽引してゆく。労働運動はそれまで単発的で組織化もされていなかったのだ。2人の若者が率いたこの運動は、ルネッサンス以来の、世界で最も完成された社会変動へと成長していく。
●7/14(土)~8/3(金) シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
7/21(土)~27(金) 12:40(~14:42終)
7/28(土)~8/3(金) 16:05(~18:04終)
http://www.theater-seven.com/2018/mv_marx.html



『私はあなたのニグロではない』(2016年/アメリカ、フランス、ベルギー、スイス/93分)
キング牧師没後50周年。「自由と正義の国」アメリカの"黒人差別と暗殺"の歴史とは。
2017年初頭。トランプ政権がスタートしたアメリカで、一本の映画が異例のヒットを記録した。黒人文学のレジェンドであり、公民権運動家だった作家ジェームズ・ボールドウィンの視点によるドキュメンタリー『私はあなたのニグロではない』だ。本作はボールドウィンの未完の原稿「Remember this House」を基に、彼の盟友であり30代の若さで暗殺された公民権運動の指導者―メドガー・エヴァース、マルコムX、マーティン・ルーサー・キングの生き様を追いながら、60年代の公民権運動から現在のブラック・ライヴズ・マターに至るまでの、アメリカの人種差別と暗殺の歴史に迫ってゆく。
監督のラウル・ペックは、映画で語られる言葉のひとつひとつをボールドウィンの本、エッセイ、インタビュー、講演など、彼が実際に発言した言葉を使って構成した。60年代と現在を交互に映し出す映像に、アメリカの現状を嘆き、鋭く批判するボールドウィンの言葉が重なり、50年経った今でも人種差別を巡る状況が変わらないことが浮き彫りになっていく。テレビCFやハリウッド映画に溢れる「正しく美しい」白人の姿と戯画化された黒人のイメージ。証言や豊富な記録映像を交え、強制的に作られた黒人への偏見の歴史、無知や先入観が引き起こす"差別の正体"を解き明かす様は衝撃的だ。
差別が当たり前だった時代から、人々はどのように声を上げ、世界を変えていったのか。映画のラスト、「差別とは何か」を語るボールドウィンの、火のように熱く激しく、知性的で明瞭な名スピーチは、オバマ前大統領やマドンナらが演説で引用するなど、今なお困難と闘う人々の心を揺るがせ、深い感銘を与えている。不寛容が広がり、分断が危険なまでに深まる時代。この映画はわたしたちに、よりよい未来へと歩む道しるべを与えてくれる。
公式サイト:http://www.magichour.co.jp/iamnotyournegro/
●7/7(土)~7/20(金) シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
7/21(土) 休映
7/22(日) 17:20(~18:58終)
7/23(月)・24(火) 18:50(~20:28終)
7/25(水)・26(木)  10:20(~11:58終)
7/27(金) 15:05(~16:43終)
http://www.theater-seven.com/2018/mv_iamnot.html



『ワンダーランド北朝鮮』My Brothers and Sisters in the North
北朝鮮の”普通”の暮らしとその人々。これはプロパガンダか?それとも現実か?
(2016年/ドイツ・北朝鮮/109分/ユナイテッドピープル 配給)
人々の幸せそうな表情に、自然エネルギーを活用した循環型な暮らし。
北朝鮮の予想外のリアル発見を発見するドキュメンタリー。
世界から隔離された国、北朝鮮に良いイメージを持っている人は少数派だろう。北朝鮮のイメージは大概、独裁国家で、核開発を行う危ない国といったところだろう。しかし、それが本当に北朝鮮の姿なのだろうか?韓国出身のチョ・ソンヒョン監督は、この問いの答えを探しに北朝鮮で映画制作を行うため韓国籍を放棄し、ドイツのパスポートで北朝鮮に入国。そして、エンジニア、兵士、農家、画家、工場労働者など“普通の人々”への取材を敢行した。
北朝鮮で制作する全ての映画は検閲を逃れられない。しかし、自由に取材活動が出来ない制約下でも“同胞”として受け入れられたチョ監督は、最高指導者への特別な感情を抱く普段着の表情の人々と交流し、意外と普通だが、予想外の北朝鮮の素顔を発見していく。
公務員画家の男性は、美しい女性を描くことを楽しみ、表情は明るい。デザイナーという言葉を知らない縫製工場で働く少女の夢は、“今までにない独創的な服を作る”こと。こんな“普通”の人々が登場する。また、経済制裁下にある北朝鮮の人々の暮らしぶりは慎ましいが、どこか懐かしさを感じさせる。経済制裁を受け、自活せざるを得ない必要性から、自然エネルギーを活用する人々の暮らしが循環型であることは驚くべき事実である。あなたの知らないもう一つの北朝鮮の姿が明らかになる。
公式サイト :http://unitedpeople.jp/north/
●7/7(土)~7/27(金) 第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
7/14~7/20 10:00(~12:00)
7/21~7/27 12:35(~14:30)
http://www.nanagei.com/movie/data/1248.html



『北朝鮮をロックした日 ライバッハ・デイ』 LIBERATION DAY
世界一クレイジーなバンド 世界一閉ざされた国に現る!
2015年8月15日。北朝鮮の祖国解放70周年記念日に招待された“初”の海外ミュージシャン――それは、ナチスを彷彿とさせるパフォーマンスで物議を醸すロックバンド、ライバッハだった。
北朝鮮が初めて欧米のロック・バンドを招待するらしい!そんな信じ難いニュースに世界中のマスコミが沸き立った。その記念すべきバンドは、スロベニア出身のライバッハ。彼らは個性的過ぎるパフォーマンスのおかげでネオナチと批判されたり、かと思えば、ロシアから「国歌を馬鹿にした」と出入り禁止を言い渡されたりと、何かとスキャンダラスなバンドだ。そんなバンドと北朝鮮を引き合わせる仲人役を務めるのは、本作の監督モルテン・トローヴィク。モルテンとライバッハは総勢30名ものスタッフを引き連れて北朝鮮へと向かう。
頭巾がトレードマークのメインボーカル、ミラン・フラス、美貌の女性ボーカル、ミーナ・シュピラル、リーダー的存在のイヴァン・ノヴァックを始めとするライバッハ一行を北朝鮮側で待ち受けていたのは、予想を越える厳しい監視体制だった。着いた初日から空港でコンサート用のデータを没収され、北朝鮮政府が世界中から集めたライバッハに対する厳しい批評記事を読み上げられる。コンサート会場は北朝鮮でもっとも格式ある烽火芸術劇場と決まったものの、いざ作業を始めると会場のスタッフと話が噛み合わず、メンバーのイライラは増すばかり。常に誰かに監視されているようで、ライバッハはもちろん、北朝鮮のコーディネーター、リさんも気が休まる暇がなかった。それでも、ライバッハは何とかコンサートを成功させようと、ミーナがチマチョゴリを着て北朝鮮の最新ヒット曲「行こう白頭山へ」や国民的民謡「アリラン」のカバーを歌うアイデアを思いつき、平壌のクム・ソン音楽学校からやってきた少女達とリハーサルに励んだ。彼女達の歌声を聴いて「こんな美しい歌声は聴いたことがない!」と感動するメンバー。また、一人歩きは厳禁!と言われているにも関わらず、ホテルを抜け出して町を散策したイヴァンは「ここはユートピアだ」と呟く。彼らは、これまで自分達が北朝鮮に対して抱いていたイメージとの違いに驚いていた。
しかし、コンサートをめぐる厳しい現実は相変わらない。公演日の2日前になって、北朝鮮の検閲官からコンサートで使う映像に細かくダメ出しをされて、映像スタッフは突貫工事で映像を修正することに。曲に対しても検閲は厳しく、「行こう白頭山へ」のカバーではミランのパートの歌い方が不評で、「観客が怒り出すかもしれない」と忠告されてしまう。タイムリミットが刻々と迫るなか、なかなか許可がおりないために演奏できる曲はどんどん少なくなり、解決すべき問題は山積み。さらに韓国と北朝鮮の間で重大事件が発生する。果たしてライバッハは無事ステージに立つことができるのか……。
●7/7(土)~7/27(金) 第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
7/21~7/27 14:55(~16:40)
http://www.nanagei.com/movie/data/1243.html



『人生フルーツ』
人生は、だんだん美しくなる。むかし、ある建築家が言いました。家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない。
愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てた家。四季折々、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実が、妻・英子さんの手で美味しいごちそうにかわります。刺繍や編み物から機織りまで、なんでもこなす英子さん。ふたりは、たがいの名を「さん付け」で呼び合います。長年連れ添った夫婦の暮らしは、細やかな気遣いと工夫に満ちていました。そう、「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」とは、モダニズムの巨匠ル・コルビュジエの言葉です。
かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきました。1960年代、風の通り道になる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウン計画。けれど、経済優先の時代はそれを許さず、完成したのは理想とはほど遠い無機質な大規模団地。修一さんは、それまでの仕事から距離を置き、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめました─。あれから50年、ふたりは、コツコツ、ていねいに、時をためてきました。そして、90歳になった修一さんに新たな仕事の依頼がやってきます。
本作は東海テレビドキュメンタリー劇場第10弾。ナレーションをつとめるのは女優・樹木希林。ふたりの来し方と暮らしから、この国がある時代に諦めてしまった本当の豊かさへの深い思索の旅が、ゆっくりとはじまります。
●3/3(土)~終映日未定 シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
7/21(土)~23(月) 休映
7/24(火)~27(金) 13:00(~14:36終)
7/28(土) 休映
7/29(日)~8/3(金) 14:05(~15:41終)
http://www.theater-seven.com/2017/movie_jinsei-fruits.html



●7月21日(土) 13時~14時30分 大阪弁護士会館 904号室(京阪「なにわ橋駅」出口1徒歩約5分 地下鉄・京阪「淀屋橋駅」1号出口から徒歩約10分 地下鉄・京阪「北浜駅」26号階段から徒歩約7分 http://www.osakaben.or.jp/06-access/
訴訟学習会「チェルノブイリ法と避難の権利」
講師:島村美樹 弁護士(関西訴訟弁護団)
KANSAIサポーターズでは、毎月第3土曜日に訴訟学習会を開催しています。1986年に旧ソ連邦で起きたチェルノブイリ原発事故では、広い地域に放射性物質が放出・沈着し、数多くの避難者を生み出しました。この事故による被害者を救済する目的にできたのがチェルノブイリ法です。チェルノブイリ法で、どのように被害救済をしようとしたのかを学び、東電福島原発事故後の対応にどう活かせるか、もういちど考えてみましょう。
(このあと、情報共有、原告定例会、サポーター事務局会議があります)
参加費:原告の方々や避難者の方 無料
サポーター(テキスト代として)200円
ご予約・お問合せ:kansaisapo@gmail.com
上記に参加者される方の氏名をお書きの上、お申込みください。
当日の連絡先:070-5658-9566
https://www.facebook.com/kansaisupporters/posts/1011485609013649
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1914.html



●7月21日(土) 18:00~小田公民館 第1学習室(JR尼崎駅北口北東へ徒歩約5分 ヴェール尼崎1・2階 http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/map/institution/05_009.html
ヒバクシャとの出会いが人生を変えた~通訳から行動へ
堪能な英語を駆使して、講演会などで通訳を務めるレイチェル・クラークさん。アメリカに渡り主婦として暮らしていた彼女の人生は、国連を訪問した被ばく者団体の通訳を友人から頼まれたところから、大きく変わっていきます。ある時はピースボートのCCとして、ある時はベテランズフォーピースのコーディネーターとして、
世界を舞台に核のない世界をもとめて、被害者に寄り添う活動に関わる彼女に、今の日本が世界からどう見えているのか、お話を伺います。
https://www.facebook.com/events/409526886180738/



●7月21日(土) 10:30~12:00 宇治市中央公民館(京阪宇治駅、JR宇治駅から40・44[太陽が丘]、180[維中前]、182[緑苑坂]、184[宇治田原工業団地]行きバスで『宇治市文化センター』下車
*近鉄大久保駅から 240・240A[琵琶台経由京阪宇治駅」、250・250A[立命館宇治経由JR黄檗駅]行きバスで『琵琶台口』下車)
「私のヒロシマ被爆体験」
講師:米澤鐵志さん(宇治市在住・平和の会)
◆7月20日(金)~7月22日(日)
第23回 平和のためのヒロシマ市民被爆体験絵画展 
7月21日(土) 9:00~17:00 
7月22日(日)9:00~16:00
主催:平和の会  共催:NPO 法人使い捨て時代を考える会
問い合わせ:0774-24-7107(山田)
https://www.facebook.com/events/229575431103130/



朝鮮半島
●7月21日(土) 14:00~尼崎市立すこやかプラザ多目的ホ―ルB室(JR立花駅改札を出て南側ヘ徒歩2分 http://sukoyakaplaza.la.coocan.jp/sukoyaka_access.html
平和ヘ向かう朝鮮半島
講師:康宗憲さん
南北首脳会談・米朝首脳会談から日本の現状を考える
会場費:500円 予約不要
主催:「ききたい つなげたい8・6ヒロシマを」実行委員会
連絡先teI 090 1890 1804(佐々木 方)
http://www.kinyobi.co.jp/event/20180713_002605.php



朝鮮半島
●7月21日(土) 14時~16時 交野市ゆうゆうセンター2階体験学習室(河内磐船駅 https://www.city.katano.osaka.jp/docs/2011072700024/
朝鮮半島の平和問題 東アジア平和圏構想
講師:藤田なぎさん
参加費:500円
主催:憲法とくらしを考える会(072-892-4938)
http://www.kinyobi.co.jp/event/20180713_002605.php



戦時徴用
●7月21日(土) 14時~東灘区民センター9階多目的ホール(JR・六甲ライナー「住吉駅」南側 徒歩3分 http://www.kobe-bunka.jp/shosai/higashinada/map.html
市民アクション東灘特別学習企画
「水面下で進む「戦時徴用」の現実を学ぶ」

1、ドキュメンタリー映像「防衛フェリー ~民間船と戦争~」上映
(昨年度文化庁芸術祭テレビ・ドキュメンタリー部門大賞受賞作品)
2、お話:依田恵美子さん(名古屋テレビ・ディレクター)折衝中
主催:安倍改憲NO!!市民アクション東灘
参加協力費:500円  
問い合わせ:携帯080-6120-6012(藤丸)
http://civilesociety.jugem.jp/?eid=38632



ヘイトスピーチ
●7月21日(土) 12時30分~16時30分 大阪弁護士会館 2階ホール(京阪「なにわ橋駅」出口1徒歩約5分 地下鉄・京阪「淀屋橋駅」1号出口から徒歩約10分 地下鉄・京阪「北浜駅」26号階段から徒歩約7分 http://www.osakaben.or.jp/06-access/
近畿弁護士会連合会 研修会
「あかん!許さん!ヘイトスピーチ―ヘイトスピーチ解消の取組と今後の課題―」

講師
樋口直人氏(徳島大学准教授)
曽我部真裕氏(京都大学教授)
申惠丰氏(青山学院大学教授)
金哲敏氏(東京弁護士会会員)
参加費:無料
申込方法:当ページのフォームからお申込みいただくか、チラシを印刷して所定事項を記入しFAXにてお申込みください
申込フォーム:https://www.osakaben.or.jp/web/entry/p_form.php?id=id_5b0fbd53d2f60
必要事項を入力して「確認」ボタンを押していただくと、申込が完了します。
一時保育サービス(要予約)、文字通訳あり
問い合わせ先:近畿弁護士会連合会人権擁護委員会担当事務局 大阪弁護士会 人権課
TEL 06-6364-1227
https://www.osakaben.or.jp/event/2018/2018_0721.php



平 和
●7月21日(土) 18:30~大阪市立淀川区民センター3F第一会議室(阪急「十三」下車 徒歩7分 www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016625.html)
2018おおさかピースサイクルスタート集会
お話:菱山南帆子さん(許すな!憲法改悪市民連絡会 憲法9条を壊すな!実行委員会 戦争させない!9条壊すな!総がかり行動実行委員会 全国市民アクション実行委員会)
歌:らぶけんバンド他資料代:¥500
連絡先:連絡TEL090-8572-1413(小田)
https://www.facebook.com/events/167936700727751/



部落問題
●7月21日(土) 14:00~16:00 兵庫県立のじぎく会館 ふれあいルーム(神戸市営地下鉄「県庁前駅」北へ徒歩5分 http://www.hyogo-jinken.or.jp/nojigiku/access/
2018年度人権セミナー
第2回「部落史に学ぶ、部落史から学ぶ」

講師:宮前千雅子さん(関西大学人権問題研究室委嘱研究員)
参加資料代:一般800円 会員・定期購読者・学生500円
主催:ひょうご部落解放・人権研究所
http://blrhyg.org/seminar/seminar.html



冤 罪
●7月21日(土) 14時~16時半 大阪弁護士会館10F(京阪「なにわ橋駅」出口1徒歩約5分 地下鉄・京阪「淀屋橋駅」1号出口から徒歩約10分 地下鉄・京阪「北浜駅」26号階段から徒歩約7分 http://www.osakaben.or.jp/06-access/
和歌山カレー事件再審請求弁護団報告(和歌山カレー事件を考える人々の集い)
和歌山カレー事件から20年 林眞須美さんは、獄中から無実を訴え続けています!!
・第1部 お話:森 達也さん(映画監督)
・第2部 弁護団報告:和歌山カレー事件再審請求と民事訴訟の「いま そして これから パートⅣ」
挨 拶:鈴木邦男さん(林眞須美さんを支援する会代表)
資料代800円/事前申込不要
https://jimmin.com/events/event/和歌山カレー事件再審請求弁護団報告%E3%80%80和歌山カ/



パーム油
●7月21日(土) 13:30~16:30 大阪聖パウロ教会1階(阪急梅田駅徒歩5分 http://kansaingo.net/access/ (この地図の建物の1階))
第11回パーム油学習会
「パーム油を使う私たちが日本でできるアクションとは?~問題解決のために~」
私たちはパーム油を、スナック菓子やマーガリン、洗剤、化粧品などの形で、日々消費しています。一方、パーム油生産での、環境・人権などの様々な問題が指摘されています。ウータン・森と生活を考える会では、パーム油の問題についての学びを深め、熱帯林や泥炭地を守るために何ができるかを参加者と共に考えるパーム油学習会を2015年より開催しています。
11回目となる今回は、熱帯林保全に取り組むNGOのネットワーク「プランテーション・ウォッチ」の中心メンバーである飯沼佐代子さんと川上豊幸さんをゲストにお招きし、”プランテーション拡大に対して消費者が実際にできるアクション”をテーマに、熱帯林や泥炭地の保全に向けて日本の市民やNGOがどのように協働し、取り組んでいけるかを考えます。
スケジュール:
①「パーム油問題解決!アクションガイド?-アジアの未来に熱帯林を残せるかー」
ゲスト:飯沼佐代子さん 地球・人間環境フォーラム(GEF)
内容:プランテーション・ウォッチ(2011~)は、熱帯プランテーションの環境・社会問題の解決に向け6つのNGOが協力するネットワークです。調査、普及啓発、政策提言などを通じて、主に企業の調達行動を変えることを目指しています。
活動をはじめた頃と比べパーム油の問題の認知は徐々に進み、食品業界のRSPO認証への取組みもスピードアップしていますが、生産国に目を向けると、熱帯林減少に歯止めがかかっているとは言えません。日本ではパーム油を燃やす火力発電所建設が進むなど、大きな逆行も起きています。私たちが熱帯林を残していくためにできることは何か、一緒に考えてみましょう。
②「パーム油問題解決に向けた金融や企業に対する取り組み状況について」
ゲスト:川上豊幸さん  レインフォレスト・アクション・ネットワーク日本代表
内容:レインフォレスト・アクション・ネットワークの取り組み状況についてお知らせと、バイヤーへのキャンペーンと金融面での取り組みについて、歴史的な変遷や認証制度への働きかけなどを交えてお知らせします。
参加費:無料
申込み:https://goo.gl/UXrrtc
または、contact-hutan@hutangroup.org 090-8145-1146 (石崎)
ゲストプロフィール:
飯沼佐代子さん
信州大学農学部農学研究科修了。子どものころから動物好き。野生動物との共存を考えて信州大学の森林科学科へ。95年から98年まで大阪でAMネットに関わりつつ、環境コンサルタントとして関西近辺の環境アセスメント、都市計画事業に携わる。98年から6年間タイ在住、メコン・ウォッチスタッフなどとして現地のコミュニティによる資源管理の活動支援を行う。2005年帰国、アジア太平洋資料センター(PARC)を経て、2008年から地球・人間環境フォーラム。木材とパーム油の持続可能な調達促進、環境省の森林事業等を担当。
川上豊幸さん
神戸大学大学院国際協力研究科 満期退学後、博士(経済学)取得。熱帯林行動ネットワーク運営委員。AMネット理事。ウータン森と生活を考える会とラミン調査会にも参加し、違法伐採問題にも取り組む。2005年より、現職に就きタスマニアの原生林伐採問題に取り組む。2009年よりインドネシアの紙パルプ問題に取り組み、2013年頃からパーム油問題に取り組む。同時期に金融面からのアプローチも日本でも開始しました。
主催:ウータン・森と生活を考える会
協力:プランテーション・ウォッチ、気候ネットワーク(予定)
*本講演は地球環境基金の助成を得て開催します。
https://www.facebook.com/events/193693907954118/



マルクス
●7月21日(土) 13:30~17:30 高槻市立生涯学習センター研修室(JR京都線「高槻」下車松坂屋側 http://ticket-search.pia.jp/pia/venue/venue_access_map.do?venueCd=TSGS
マルクスと商品語 資本主義の根底的批判のために
~ルネサンス研究所・関西 7月公開研究会~
連絡先:ルネサンス研究所・関西研究会
http://kakukyodo.jp/shukai.htm



相対性理論
●7月21日(土) 14:00~17:00 元町映画館2Fシアタールーム(JR・阪神電車「元町」駅西口より、南西へ徒歩6分/神戸高速鉄道「花隈」駅東口より南東へ徒歩6分/神戸市営地下鉄海岸線「みなと元町」駅2出口より北へ1分 神戸市中央区元町通4-1-12(元町商店街) http://www.motoei.com/access.htm
市民社会フォーラム第222回学習会
地味に分かる相対性理論

講 師:小無 啓司さん(理学博士)
参加費:1000円 お申込みなしでどなたでもご参加できますが人数把握のためご連絡くださればありがたいです。
メール:civilesocietyforum@gmail.comまで。
相対性理論の基本的な枠組みを丁寧に紹介します.物理学の理論は頭の中のイメージから作られます.相対性理論の考案者A.アインシュタイン博士は「物理学の理論は3分で作る」と言ったそうです.この言葉を誤解している人が多いのですが,本当は新しいことを思いついても頭の中でこねている間に3分くらいで欠点が見えてくる.それで3分たったらまた新しいことを考えよう.このようにして,毎日コツコツやっていけばいつかは新しい理論になるかも,ということです.天才になるための魔法の言葉「***]を紹介します.
小無 啓司(こなし・さとし)さん
大阪大学 全学共通教育機構 非常勤講師 (物理学)
大手前大学 非常勤講師 (有)C.P.U. 顧問 AR教科書の作成とAIによる理解度測定の研究中
https://www.facebook.com/events/404559036689363/
http://shiminshakai.net/post/3609



映画上映会
●7月21日(土)・22日(日) 13:30~神戸映画資料館(JR新長田駅から南へ6分 078-754-8039 http://kobe-eiga.net/access/
「朴壽南(パクスナム)特集」
・13:30~『もうひとつのヒロシマ アリランのうた』
・14:50~『アリランのうた オキナワからの証言』
『もうひとつのヒロシマ アリランのうた』
父や母たちは、未曾有の原爆惨禍を証言して、人類の未来を証言する
監督第1作。広島・長崎で十万人ともいわれながら、日本、南北朝鮮の政府からも棄民されてきた朝鮮人の原爆被爆の実態に初めて光をあてた作品。小松川事件(58年)の少年死刑囚・李珍宇との書簡集の後、朴壽南は奪われた存在を回復する「私の旅」に向かい1965年から広島、長崎、筑豊へ。南北の分断をこえ朝鮮人被爆者の沈黙を掘り起こし、73年に証言集を発表。85年からペンをカメラに替え、植民地下の強制連行と皇民化教育、差別と原爆障害に苦しむ同胞の声なき声、治療のため来日した在韓被爆者の訴えをすくいとり、日本の反核運動に衝撃を与えた。87年原水爆禁止世界大会で上映。
『アリランのうた オキナワからの証言』
私のあるべき場所はどこか。それを捜して、戦後なお隠蔽されてきた歴史の闇へ降りていった
歴史の闇に葬られてきた沖縄戦の朝鮮人「軍属」と「慰安婦」の実相を追う第2作。本作も死者の鎮魂と再生の思いに貫かれる。1989年、朴壽南は沖縄に移住し戦争体験を聞き取り、韓国の元「軍属」や日本兵ら100人以上を取材。慶良間諸島に強制連行された軍属の日本兵による虐殺や「慰安婦」の悲劇を明らかにする。「慰安婦」は「天皇の軍隊による性暴力」と提起した本作の上映運動は、90年代、日本の責任を問う韓国の元「慰安婦」の闘いを支えた。初めて「慰安婦」と名乗りでたペ・ポンギさんの映像は反響を呼び、その死後、市民の手で「慰安婦」「軍属」を悼む「アリラン慰霊のモニュメント」が97年に沖縄・渡嘉敷島に建立された。
料 金:(1作品)一般1400円・会員・学生1000円 
製作・配給:アリランのうた製作委員会
http://kobe-eiga.net/program/2018/07/4026/
http://kobe-eiga.net/schedule/2018/07/



■7月21日(土)(再放送) 午後09:00~09:50 NHK BS1
BS1スペシャル「“フェイクニュース”を阻止せよ~真実をめぐる攻防戦~」
社会を混乱させる嘘(うそ)のニュース、フェイクニュース。アメリカの大統領選挙でも、その影響力や危険性が指摘されてきた。そんな中、危機感を募らせているのが既存の主要メディアだ。フランスの新聞社リベラシオンは、フェイクニュースを検証するプロジェクトチームを立ち上げた。記事が真実か嘘なのかを調査しネットに公開していく試みだ。番組は、フランス大統領選のさなか、フェイクニュースを巡るチームの戦いを追っていく
http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2018-07-21/11/19937/2409243/



■7月21日(土) 午後09:00~09:50 NHK総合
NHKスペシャル 「“ともに、生きる” ~障害者殺傷事件 2年の記録~」
相模原市の津久井やまゆり園で、重度の知的障害者19人が殺害され、27人が重軽傷を負った事件から7月26日で2年になる。「意思疎通できない障害者は不幸しかもたらさない」。植松聖被告が語った動機は社会に大きな衝撃を与えた。
いま、植松被告に直接向き合うことで、事件を乗り越えようとしている人たちが相次いでいる。重度の知的障害のある娘を育ててきた学者や、福祉を志す女子学生など・・・。それぞれが植松被告と、接見や手紙のやりとりをしながら事件と向き合おうとしている。
さらに、事件が福祉の現場に突きつけた重い課題を乗り越えようと、実際に行動を起こし始めた人たちもいる。NHKでは、やまゆり園の入所者や家族を事件直後から取材。“見えにくかった”障害者の意思を丹念にくみ取り、本人が望む日常生活を送れるようにしようと、新たな取り組みを始めている。
“戦後最悪の大量殺傷事件”の教訓をどう受け止め、未来につないでいけばよいのか。被害者や家族、そして事件と向き合った人たちの2年を記録し、きれい事ではない本当の意味での共生とは何か、考えていきたい。
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20180721



■7月21日(土) 午後11:00~00:00 NHK Eテレ 
ETV特集「私は産みたかった~旧優生保護法の下で~」
“不良な子孫の出生を防止”するため障害者への強制不妊手術を認めていた旧優生保護法▽優れた命と劣った命を分ける“優生思想”の広がり▽人生を翻弄された人々はいま…
もしも、16歳に戻れるなら…自分でも知らないうちに子供を産むことができなくなった70代の女性は、悔しさと共に人生を振り返る。“不良な子孫の出生を防止”するため障害者に不妊手術を強制していた旧優生保護法。その数は16000人以上とされる。背景にあったのは、優れた命と劣った命を選別する“優生思想”。戦後日本で、なぜ優生思想は広がったのか。旧優生保護法を契機に、障害者の命をめぐる知られざる歴史に迫る。
http://www4.nhk.or.jp/etv21c/x/2018-07-21/31/20172/2259628/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村


(7/19更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2018年7月17日(火)~20日(金) 

★7/19追加情報
●7月20日(金)のイベント情報を追加しました。
★7/16追加情報
●7月17日(火) 19時~梅田ヘップ5前
梅田解放区・安倍内閣の不信任案可決を!スペシャル
●7月17日(火) 18:30~20:30 大阪民医連会議室(本町、堺筋本町)
緊急案内「大阪北部地震」と防災 地震学習会
●18日、19日のテレビ番組を追加しました。


【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-346.html




朝米首脳会談
●7月17日(火) 18:30~エルおおさか708号(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
南北・米朝首脳会談を支持・歓迎し 日朝対話の再開を求める7.17集会
講演「南北・朝米首脳会談の歴史的意義と今後の展望」
講師:金昌五(キム・チャンオ)韓統連大阪本部副代表委員
報告:「『8.15訪韓団』の取り組みについて」山本一英(日韓平和連帯共同代表)
主催:日韓平和連帯
問い合わせ:全日本建設運輸連帯労働組合近畿地方本部
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0717.pdf



安倍退陣
●7月17日(火) 午後7時~8時(雨天順延) 堺東駅前
「安倍やめろ!街頭テレビ会&リレートーク」
延長された国会で安倍内閣は、無制限働かせ放題法案、カジノ法案、TPP、水道民営化法案など悪法を次々と押し通しています。このまま安倍に居座らせて、年内改憲発議に進ませる訳にはいきません。
堺からのアピールは、国会最終盤に合わせて、「安倍やめろ!街頭テレビ会&リレートーク」を7月12日(木)中百舌鳥駅前、17日(火)堺東駅前で行います。安倍の所業を20分の映像にまとめ、駅前にスクリーンを立てて、道行く人に向けて上映します。同時に、市民による「安倍やめろ」のリレートークを行います。ぜひ皆さん、「安倍やめろ」の意思表示をする紙(A2版縦もしくはA3版横2枚)をお持ち下さい。
呼びかけ:堺からのアピール



NEW
安倍退陣
●7月17日(火) 19時~梅田ヘップ5前
梅田解放区・安倍内閣の不信任案可決を!スペシャル
ついに今週が国会最後!数々の悪法成立に大宴会、大量死刑‥今週野党が出す不信任案で倒さねば安倍三選、改憲へ!原発再稼働、辺野古基地建設も.。与党に否決させぬため、私達が声を上げ、新たな政治を作ろう!ぜひ来て何でもアピールを!
https://twitter.com/umedasitin/status/1017621302167785472



朝鮮高級学校無償化
●7月17日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



NEW
地震と防災
●7月17日(火) 18:30~20:30 大阪民医連会議室(創建本町ビル2階)(本町、堺筋本町 https://www.mapion.co.jp/m2/34.68330030,135.50414058,16
緊急案内「大阪北部地震」と防災 地震学習会
講師 田結庄良昭先生(神戸大学名誉教授) 
とても重要で緊急の学習会のご案内です。田結庄先生は、現地調査もされています。
メールですが「本日、6月21日、現地調査の結果、JR総持寺駅 北部で、屋根瓦や塀や家屋の傾きなどの損傷が集中、東西に続き、芥田町南部や、茨木駅 北部へと東西に続きます。この、すぐ北部に有馬高槻構造線からの派生した真上断層があります。 また、いずれも安威川や芥川のかっての川筋の可能性があります。気象庁の震央はもっと南にあります。 これから、さらに、検討や再調査を行います。 」
企画担当より
「突然発生するのが地震だと、身にしみてわかりました。かねがね指摘されていました北区の軟弱地盤、淀川沿いの危険性。法面土砂災害。そして、関西が活断層の集中地域だということ。若狭の原発周辺にも活断層が集中しています。にもかかわらず、大阪府の防災の貧弱さは、我々の防災研究会のアンケートで明らかでした。住民の生命と財産を守るべき自治体は、職員を減らし、いざ!という時の体制さえとれません。
カジノ万博に浮かれている時ではありません。今回の地震は、私たちに何を突きつけたのでしょう。先ずは、今回の地震のメカニズムを学習しましよう。そして、来るべき「南海・東南海巨大地震」への備えも含め、急がれる対策は何か!みんなで考え・行動したいと思います。」
是非ご都合をつけて多数のご参加をお願いします。
皆様の周りへお拡散もお願いします。
参加費:500円
http://oskougai.com/modules/topics/details.php?bid=163



■7月17日(火)(再放送) 午後05:00~05:50 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー「イエメン内戦 少年記者団の伝言」
“世界最悪の人道危機”が続くイエメン。メディアの取材が困難を極めるなか、地元少年たちがカメラを持ち、空爆や海上封鎖のなかで生き抜こうとする人々の声を世界に届ける。
隣国サウジアラビアなどによる空爆が、一家で営む牧場を直撃し、家族全員を失った少女。廃墟となったビルでラップを歌う若者や、日常のひとコマをソーシャルメディアに投稿し“ミスWAR”として世界に知られる女性たちの元を、11歳のアフメドと9歳のユセフが訪ね歩く。大人にも物おじせず、ストレートに素朴な質問を投げる少年たち・・・不条理な戦争を止められない世界やEUへの、イエメンの民衆のメッセージとは?
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=180619



■7月17日(火) 午後09:00~10:00 NHK BSプレミアム
アナザーストーリーズ 運命の分岐点「日本が揺れた!消費税導入の舞台裏」
今でこそ、買い物のときに消費税を払うのは当たり前になっているが、始まったのは平成元年、29年前のことだ。この新しい税金は、当初「天下の悪税」と言われ、評判は最悪だった。国の財政を安定させたいと考える大蔵省、国民に負担を強いる政策にしり込みする政治家、そして、暮らしへの不安から反対運動に加わった人々…。その導入の舞台裏で何が起きていたのか?トップ官僚や国会職員の、今だから語れる生々しい証言の数々!
http://www4.nhk.or.jp/anotherstories/x/2018-07-17/10/17309/1453098/



●7月18日(水) 19:00~20:30 神戸市勤労会館308号室(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html
憲法ひょうご第23回ピースセミナー    
「福島原発事故8年目・苦しむ被害者とばら撒かれる放射能~それでも再稼働を進めるのか?」
講師:阪上 武 福島老朽原発を考える会(フクロウの会)代表
1995年にフクロウの会を立ち上げ、東電の原発及び浜岡原発の運転停止、老朽原発の廃炉、プルサーマルと再処理の中止を求めて、各地の市民運動と連携しながら首都圏で活動。3・11後は福島原発事故の避難者支援、原子力規制委員会の監視と原発の再稼働を止めるために活動
参加費:500円
主催:憲法ひょうご 自治労兵庫県本部内
TEL:078-392-0820 FAX:078-392-0920



人民新聞
●7月18日(水) 11時~神戸地裁101号大法廷(神戸駅徒歩5分 大倉山(兵庫県)駅徒歩2分 http://www.courts.go.jp/kobe/about/syozai1/kobemain/index.html
「人民新聞編集長弾圧」判決日
いよいよ! 裁判の判決日へ参加を!
※10時から地裁前アピール、11時半から神戸地裁記者クラブで記者会見を予定。
人民新聞の編集長が不当逮捕・3ヶ月も勾留され、メディアの仕事道具が全て押収された、前代未聞の言論弾圧。ついに7/18に裁判の判決が決まりました。
https://globalethics.wordpress.com/2018/06/24/【人民新聞弾圧】6%ef%bc%8f30夜の判決前大集会、7%ef%bc%8f18判決/



朝鮮高級学校無償化
●7月18日(水) 18:00~19:00 大阪市役所前集合(淀屋橋①)
幼児教育の無償化を求める大阪市役所前アクション
大阪市の「子育て支援」政策を差別なく受けるための緊急抗議アクションです。
大阪市は2016年度から5歳児に対して「幼児教育の無償化」を実施し、翌2017年からは4歳児にまで対象を拡大しています。しかし大阪市内の7つの朝鮮幼稚園だけが、対象から除外されています。朝鮮の幼稚園に通う子どもたちにも「幼児教育の無償化」を!
マイクアピール チラシ配り
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪
gildong.hatenablog.com/entry/2018/06/08/221817



少年法
●7月18日(水) 18:00~20:00 京都弁護士会館地階大ホール(地下鉄丸太町駅から徒歩7分・バス停「裁判所前」から徒歩1分他 https://www.kyotoben.or.jp/access.cfm
「少年法適用年齢引下げ問題シンポジウム」
現在、法務省の法制審議会において、少年法の適用年齢を20歳未満から18歳未満に引き下げる議論が進められています。しかし、その議論の中身については、あまり良く知られていないのが現状です。このシンポジウムでは、現在、法制審議会でどのような議論が行われているのか、もし少年法の適用年齢が引き下げられた場合は、私たちの社会にどのような影響があるのか、少年法が適用されない18歳と19歳にはどのような刑事施策が検討されているのかについて、しっかりと理解し、少年法の適用年齢を引き下げることが本当に必要なのかを皆様と一緒に議論したいと考えています。
基調報告 法制審議会の議論状況について
報告者:金矢 拓さん(弁護士、日弁連子どもの権利委員会少年法・裁判員対策チーム座長)
基調講演 現行制度に代わる新たな制度の概要、実現性について
講師:武内 謙治さん(九州大学大学院法学研究科教授)
出席者による意見交換
申込不要、参加費無料
主催:京都弁護士会 共催:日本弁護士連合会
https://www.kyotoben.or.jp/event.cfm#1272



資本論
●7月18日(水) 午後6時30分~国労会館(天満駅出口徒歩約2分 扇町駅4出口徒歩約4分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/
現代帝国主義論研究会第190回学習会(第27テキスト・第7回)
テキスト:デヴィッド・ハーヴェイ『〈資本論〉入門』(作品社)
学習箇所:第7章「機械と大工業Ⅰ――技術と諸契機の弁証法」
報告者:宮本茂さん



京大立て看問題
●7月18日(水) 18:15~20:00 文学部新館第3会議室
京都大学立て看問題にかかわる勉強会 
大学における表現の自由と立て看問題

講師:塩見卓也(市民共同法律事務所)
参加無料
主催:自由と平和のための京大有志の会
https://jimmin.com/events/event/京都大学立て看問題にかかわる勉強会%e3%80%80大学にお/



NEW
■7月18日(水)(再放送) 午後05:00~05:50 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー「ラジオ・コバニ」
ISによって無残に破壊されたシリア北部のコバニ。がれきの中で手作りのラジオ局を立ちあげた20歳の女性が、避難先から戻ってきた住民の“戦争の記憶”を拾い集める。
壮絶な包囲戦を繰り広げ、テロと戦った町と住民の記憶を、生まれてくる子どもたちに伝えたいと活動を始めたディロバン・キコ。家族を殺された母親、過激派に立ち向かった市民兵、音楽家としての活動再開を夢見る男…ディロバンも、親友をイスラミック・ステートに惨殺され「私の人間らしさは、あの日に終わった」と語るが、砂じんのなかから小さな喜びを見つけていく。復興と未来への希望を灯す、ラジオ・コバニの物語。
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=180620



NEW
■7月19日(木)(再放送) 午前09:00~10:50 NHK BS1
BS1スペシャル「なぜ日本は焼き尽くされたのか~米空軍幹部が語った“真相”」
72年前、日本はなぜ焼け野原になったのか?アメリカ軍を取材中の今年4月、米軍内施設で半世紀以上前の空軍幹部246人の肉声テープを発見。日本への空爆を計画し実行したカーチス・ルメイなど幹部の貴重な証言だった。軍内の記録用インタビューのため、野望や焦りなど本音が赤裸々に語られていた。膨大な予算のB29開発の失敗。陸海軍との対立や屈辱。米大統領の圧力。後のない空軍幹部たち…日本への無差別爆撃の真相に迫る
http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2018-07-19/11/23377/2409266/



●7月19日(木) 午後4時~6時 滋賀県庁正面噴水前(JR大津駅から徒歩5分 大津市京町四丁目1番1号 http://www.pref.shiga.lg.jp/guide/chosha/index.html
滋賀県庁前すわりこみ
https://nonukesiga.exblog.jp/26960652/



改 憲
●7月19日(木) 午後6時~7時 JR大津駅前
安倍改憲NO! 署名・宣伝行動
19日は「安倍9条改憲NO! 市民アクション・滋賀」呼びかけの一斉行動日です。滋賀県庁前座り込みを早く切り上げ、午後6時からJR大津駅前で「改憲NO! 安倍やめろ」の署名、宣伝を行います。こちらもご参加をお願いします♪
https://nonukesiga.exblog.jp/26960652/



改 憲
●7月19日(木) 午後6時~7時 地下鉄・京阪天満橋駅出口一帯
おおさか総がかり行動街頭宣伝@天満橋
西日本に「厳重な警戒の呼びかけ」「避難指示」が発せられている最中に、安倍首相、小野寺防衛大臣上川法務大臣、自民党の岸田政調会長、竹下総務会長等等自民党の国会議員等が「赤坂自民亭」なる酒宴を開いていました。朝鮮民主主義共和国の核実験、ミサイル発射を国難と煽り立てる安倍政権は、死者200人を超える大災害、真に国難とも言うべき事態の中で宴会騒ぎを起こしていました。この政権や党が強引に進める「憲法改正」など信じることも許すこともできません。
今月の大阪総がかり行動の「9条改憲ノー」の街頭宣伝、署名活動にご参加下さい。
主催:おおさか総がかり行動実行委員会
https://www.facebook.com/so.gakari.osaka/posts/2147804225494117



戦争法
●7月19日(木) 18:30~街頭演説 京都市役所前(御池通側歩道)19:00~デモ出発(四条河原町まで)
7・19演説会&デモ
呼びかけ:戦争法(安保法制)廃止市民アクション@きょうと
https://jimmin.com/events/event/7・19演説会%ef%bc%86デモ/



教員の労働問題
●7月19日(木) 18:30~エルおおさか7階709号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
教員の働き方を考える
―長時間労働・有期雇用・ブラック形成―
”学校の日常を「見える化」する”
 講師:内田良 名古屋大学准教授
特別報告「関西大学労基申告解雇事件」
 関西大学初中高教員組合・弁護団から
リレートーク:”教育現場で何が起きているか”
 近畿大学教職員組合書記長 浜田太郎さん
 関西圏大学非常勤講師組合書記長 江尻彰さん
 私学教員ユニオン 坂倉昇平さん
関大初中高教員組合委員長 大谷和海さん民法協と働き方ASU-NEの共催で7月19日に「教員の働き方」を考える集会を開催します!
教員の働き方をめぐっては部活動の問題や給特法の問題などが注目を集めています。『教師のブラック残業』を著された内田良名古屋大学准教授にご講演いただいた後、関西大学労基署申告解雇事件をも取り上げて、教員の働き方の問題を議論します。教員の労働問題に関心のある方をはじめ、多数の方のご参加をお待ちしております。
http://hatarakikata.net/modules/topics/details.php?bid=801



NEW
■7月19日(木) 午後08:00~09:00 NHK BS1プレミアム
英雄たちの選択 琉球スペシャル第1弾「独立を守れ!島津侵攻 尚寧王の決断」
江戸時代初め、独立国だった琉球王国に薩摩の島津氏が侵攻、勢力下におく事件が起きた。なぜ島津氏は琉球に侵攻したのか。当時の琉球王、尚寧王の立場から読み解いてゆく。
もともと琉球王国は中国や東南アジア各国との貿易で栄えてきた。日本とも交流はあったが上下関係ではなかった。ところが豊臣秀吉が天下を取ると、琉球王国にも支配下に入るよう島津氏を通じて迫り、朝鮮出兵に協力させる。秀吉の死後も徳川家康は中国・明との国交回復に琉球を利用しようとするが、琉球は日本の支配下に組み込まれることを嫌い、返事もしない。島津氏からは武力侵攻も辞さないと脅迫される…尚寧王の決断は?
http://www4.nhk.or.jp/heroes/x/2018-07-19/10/18262/2473143/



NEW
■7月19日(木)(再放送) 午後08:00~09:50 NHK BS1
BS1スペシャル「父を捜して~日系オランダ人 終わらない戦争~」
「日系オランダ人」たちの日本人の父親探しが、戦後72年の今も続いている。太平洋戦争中、日本軍政下のインドネシアで日本軍兵士・軍属と現地の蘭印系女性との間に多くの子どもが生まれた。しかし、終戦後、父は日本に送還され、母子はオランダへ移住した。多くは「日本人の子」であることを長く知らされずにきた。真実を告げられ、父親探しを始めた人々。自らの人生の意味を問う「戦争の落とし子」たちの姿を見つめていく。
http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2018-07-19/11/18335/2204241/



■7月20日(金)(再放送) 午前09:00~10:50 NHK BS1
BS1スペシャル「サハリン残留 家族の歳月」
かつて日本領だった南サハリン(樺太)に取り残され、戦後も帰国出来なかった日本人がいる。サハリン残留日本人。1990年代に帰還事業が始まり、今も帰国が続く。ソ連参戦後の混乱で、引き揚げ船に乗れなかった女性や子供たち。戦後は、生き延びるため、現地の朝鮮人やロシア人と家庭を築いた。家族は日本、韓国、ロシアの血が混じり複数の言語が飛び交う。歴史に翻弄されながら、国境も民族の壁も越えて生抜く家族の姿を描く。
http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2018-07-20/11/18935/3016035/



●7月20日(金) 関西電力本社前(「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:00頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:30 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●7月20日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●7月20日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●7月20日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&パレード



●7月20日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に!
脱原発の願いを込めて 音楽・アート大歓迎。手作り看板・鳴り物持参で。
福島のこども達のための街頭カンパもやってます!再稼動許さないの声をもっと!



●7月20日(金) 18:30~20:30 国労大阪会館1Fホール(天満駅出口から徒歩約2分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/map/) 
グリーンズ セミナー「原発ゼロ社会を目指して」Part2
原発はやっぱり割に合わない!

講師:大島堅一さん(龍谷大学政策学部教授)
7月初に閣議決定された第五次エネルギー基本計画では,あいかわらず原発を「重要なベースロード電源」と位置づけています。原発の安全性は未だ確保されておらず,核廃棄物の処分問題は解決の見通しも立っていません。また、東日本大震災後、原発は安全対策費や廃炉費用がかさみ、世界では1基建てるのに1兆円かかる時代になっています。それでも安倍政権は30年度までに電源に占める原発の割合を20~22%にする目標を見直す考えはありません。
今回、長年、原発のコストについて研究し、原発が割に合わないことを検証されてきた大島堅一さんをお招きして、経済に与える影響やエネルギー政策の観点から原発ゼロ社会実現の道筋について考えてみたいと思います。
お時間の許す方は、是非ご参加ください。
参加費:前売800円 当日1000円 学生・障がい者(介助者含む)500円
主催:緑の大阪
https://www.facebook.com/events/2050263055226476/



●7月20日(金) 13時~17時30分 上智大学 大阪サテライトキャンパス「サクラ ファミリア」(大阪梅田教会)4階会議室(中津駅4番出口徒歩2分 阪急梅田駅茶屋町口徒歩4分 http://www.sophia-osaka.jp/access/index.html
3.11避難者と避難者に心を寄せてくださる皆さまのための Free English Cafe&情報交換会
3.11避難者と避難者に心を寄せてくださる皆さまへ
Free English Cafe のご案内です。ご関心のある方々をご招待いたします。英会話のスキルUPにご活用ください(^^)
タイムテーブル:
1:00-3:00 Free English Cafe with Evacuees and Friends
3:00-5:30 自由学習・情報交換のための交流会
※English Cafe は講義無しで、できるだけ自由 chatting や、できれば discussion ができましたら・・・
※途中入退室、可能です。ご自由にお立ち寄り下さい。(教室では飲食禁止です。ロビーでは大丈夫です。)
参加費:会場が、ドネーション制です。 
参加対象者:3.11避難者と心を寄せてくださるFriends
お申込み:特に不要です
お問合せ:sandori2014@gmail.com
主催:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (略称:サンドリ)
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1906.html



沖縄米軍基地問題
●7月20日(金) 6:30~エルおおさか606号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
2018年シーサーネット年次総会&特別講演会 
沖縄米軍基地と日本の安全保障を問い直す

※最初の30分間は年次総会となります。 
普天間飛行場を使い、その代替施設としての辺野古基地を使い、東村高江のヘリ着陸帯を使って訓練するのが海兵隊だ。海兵隊を国外へ移転できさえすれば、辺野古のサンゴ礁は守られ、森に囲まれた高江は静寂を取り戻す。在沖米軍基地の7割を占有している海兵隊が米軍基地問題の根本である。この観点から、沖縄基地問題の解決策を展望する。
お話:屋良 朝博さん(フリージャーナリスト)
沖縄タイムス論説委員を経て、2012年退社。現在沖縄国際大学非常勤講師。
著書に「沖縄米軍基地と日本の安全保障を考える20章」(かもがわ出版、2,016年)など
資料代:800円 
主催:しないさせない戦争協力関西ネットワーク
連絡先:℡06-6364-0123 中北法律事務所 ℡06-6575-3131 全港湾大阪支部
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0720.pdf



共謀罪
●7月20日(金) 18:30~20:30 神戸学生青年センター会議室D(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/
[高作先生と学ぶ会]2018年度
「公権力によるプライバシー情報の収集・集積と共謀罪社会」

講師:関西大学法学部教授 高作正博さん
参加費:一般 1,000円  若もの 500円
共催:(公財)神戸学生青年センター・「高作先生と学ぶ会」
http://ksyc.jp/seminar/takasaku201804-07/



森友学園問題
●7月20日(金) 11時~大阪地裁202号(大法廷)(地下鉄淀屋橋より北東へ8分 大阪市役所の北側、橋を渡り直すぐ http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/)
森友学園問題国家賠償訴訟第9回弁論
弁論終了後、裁判所南側の小さな公園にて、簡単な説明集会を行います。



森友学園問題
●7月20日(金) 12:15~13時頃、大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
森友学園問題における松井知事の責任を追及する大阪府庁前抗議行動
主催:森友学園問題を考える会



多文化共生
●7月20日(金)(※7月13日から延期)18:00~19:30 関西学院大学大阪梅田キャンパス10階OC1005教室(阪急「梅田駅」 茶屋町口改札口より 北へ徒歩5分 アプローズタワー14階<受付、TEL06-6485-5611>、10階 https://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/index.html
関西学院大学一般公開講義「多言語主義・多文化共生」
中川慎二さん「大学院生の発表」
参加無料・要予約  kg-genkomi★kwansei.ac.jp
主催:関西学院大学大学院言語コミュニケーション文化研究科
https://www.kwansei.ac.jp/g_language/event/2018/attached/0000137120.pdf



■7月20日(金)(再放送) 午後05:00~05:50 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー「ベールの詩人~声をあげたサウジ女性~」
アラブ圏の人気番組「百万人の詩人」に初めて出場したヒジャブ姿の女性ヒッサ・ヒラルが、反骨心にあふれた詩を披露。女性への厳格な戒律と男性優位の社会に旋風を起こす。
サウジアラビアに暮らすヒッサは、特有の詩の文化を持つ遊牧民ベドウィンの家系に生まれた。独特な抑揚で歌いあげるイスラム詩に魅せられ、数年がかりで夫を説得し“異例の外国旅行”で番組に出演。70万人の視聴者の前で、厳格な宗教令を唱える原理主義者を痛烈に批判し、喝さいを浴びた。しかし優勝は逃し、保守強硬派から脅迫も…ベール姿からわずかにのぞく目の変化だけで、女性詩人の心や、魂の叫びが伝わってくる。
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=180622



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

(7/15更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2018年7月16日(月休)

★7/15追加情報
●テレビ番組を追加しました。NEWをチェック!



【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-346.html




NEW
■7月16日(月休)(再放送) 午前09:00~10:50 NHK BS1
BS1スペシャル「被曝(ばく)の森2018」
7年前、福島第一原発の事故によって、放射性物質で汚染された区域。去年の春、国による計画除染が終わり、広範囲で避難指示が解除された。しかしその一方で、山間部を中心に「帰還困難区域」が残された。住民たちが帰ることを許されないこの場所で、何が起きているのか?科学者たちは放射性物質が残留するメカニズム、そして生物に与える影響を明らかにしようとしている。住民の思いも交えながら、放射能汚染の実態を伝える。
http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2018-07-16/11/21442/3115409/



●7月16日(月休) 午前10時00分~12時00分 大阪クリスチャンセンター(地下鉄玉造駅①5分・JR玉造駅10分 http://www.osakachristiancenter.or.jp/map.html)
第47回 キリスト者原発学習会
島薗進(宗教学 上智大学)の講演録「日本国憲法と平和といのちの尊さ」について
当会の山口善彦さんが感想と意見発表をしてくださいます。 
② 質疑応答・分かち合い ③その他
会費:500円(資料代など) 
主催:キリスト者原発学習会 
連絡先:090-3974-1166(弓場)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/annai1.html



憲法改正
●7月16日(月休) 10:00~13:30 京都教育文化センター(京阪神宮丸太町駅5番 http://www.kenn.co.jp/kaijo/kyo_bunk.htm
71期司法修習生 7月集会
全体会「憲法改正」

愛敬浩二さん(名古屋大学教授(憲法))
田中隆さん(弁護士、田中隆法律事務所)
柳澤協二さん(元防衛庁運用局長、元防衛研究所所長、元内閣官房副長官補(安全保障・危機管理担当))
参加費:無料
定員:250人(先着順)
申し込み:https://kokucheese.com/event/index/512602/
https://7shuu.jp/about



パレスチナ
●7月16日(月休) 13:30~16:30 ドーンセンター特別会議室(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
変わりつつある世界とパレスチナ~ナクバ70年とこれから~
講 演:板垣雄三さん
イスラエル建国によってパレスチナ人が故郷から追われたナクバから今年で70年となります。パレスチナ人に対するイスラエルの民族浄化政策はますます激しくなりつつあります。トランプ政権は大使館のエルサレム移転など、パレスチナ占領の永続化・正当化にむけた動きを着々と進めており、アラブ諸国を含めた国際社会もパレスチナ人の権利を擁護するための有効な行動を取れていません。
こうした厳しい状況の中で、パレスチナの人々の闘いがどこに向かうのか、日本の市民にどのような連帯が可能なのか、半世紀以上にわたり、中東・パレスチナ研究の第一線に立たれてきた板垣雄三氏に、東アジア情勢との関連を含め、グローバルな歴史的視点から話をしていただきます。
板垣雄三
1931年生まれ。東京大学名誉教授、東京経済大学名誉教授。『歴史の現在と地域学 現代中東
への視角』『石の叫びに耳を澄ます 中東和平の探索』『イスラーム誤認 衝突から対話へ』なと、著書多数。
参加費:800円(学生500円)(予約不要)
主催:パレスチナの平和を考える会
共催:ATTAC関西、アハリー・アラブ病院を支援する会、関西共同行動、日本基督教団大阪教区社会委員会、日本聖公会大阪教区宣教局、BDS japan準備会
連絡先:Email: palestine.forum@gmail.com 
Tel 06-7777-4935(市民共同オフィスSORA)
http://palestine-forum.org/event/20180716.html



労働尊重都市
●7月16日(月休) 13:30~16:30 PLP会館中会議室(JR天満駅・地下鉄扇町駅徒歩5分 http://plp-kaikan.net/access/a_index.html)  
「労働尊重都市」ソウルから学ぶ
ソウル市では、「労働尊重都市」というスローガンを掲げて、非正規労働者の大規模な正規化や生活賃金など労働者の労働条件の底上げが実行されています。ソウル市の内部で労働行政を直接担当している労働政策担当官を招いて日本の自治体労働行政の課題や自治体非正規労働者の闘いを前進させる道筋を探っていきたいと思います。
☆チョ・ソンジュ (ソウル市労働政策補佐官)    
 報告:「ソウル市の労働政策と労働組合の社会的役割」
☆脇田滋氏(元龍谷大学教授)コメント
 「ソウル市(労働)行政から日本が学ぶ事」
☆パネル討論~労働尊重都市ソウル市に照らして
・大阪府労働行政の歴史的到達点と課題 上田雄二氏(元大阪府労働事務所)
・政府の自治体統制方針と矛盾 中川哲也(元大津市職員)
・公契約条例の取り組み 杉谷伸夫氏(向日市議)
・給付型奨学金を自治体から 渡部昭男氏(神戸大学)など
参加費:正規職1000円、その他500円
https://www.facebook.com/events/258843831339071/



天皇制
●7月16日(月休) 午後1時30分~4時30分 国労大阪会館1階ホール(天満駅出口から徒歩約2分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/map/)
天皇出席の「明治・北海道150年式典」反対!7・16関西集会
DVD上映「聞こえない声」(アイヌ民族遺骨問題ドキュメンタリー60分)
講演「アイヌ民族と北海道150年」
講師:木村二三夫さん(平取「アイヌ遺骨」を考える会共同代表)
7月16日は「海の日」です。「海の日」は、太平洋戦争直前の1941年6月に、来るべき対米英蘭開戦を前に制定された「海の記念日」を復活させたもの。「海の記念日」は1876年に明治天皇が北海道・東北「鎮撫巡行」の帰途、明治丸(皇室の御召船)で横浜に帰着した7月20日を記念して制定されており、「海の日」(7月20日)もこれを引き継いでいます。参戦と天皇制に反対する連続行動は毎年、「海の日」反対を掲げて集会・デモを行ってきました。今年は、連続行動と北方領土の日反対!アイヌ新法実現!全国実行委員会・関西が共催して下記の集会を開きます。
参加費(資料費含む):1000円(経済的に厳しい方は受付まで)
共催:参戦と天皇制に反対する連続行動 「北方領土の日」反対!「アイヌ新法」実現!全国実行委員会・関西
連絡:TEL06-6303-0449
https://jimmin.com/events/event/7%ef%bd%a516天皇出席の「明治・北海道150年」式典反対%ef%bc%81関/



映画上映会
●7月16日(月休) ①15:15~②18:00~浄土宗應典院 本堂(「日本橋駅」8番出口東へ徒歩7分「谷町九丁目駅」「近鉄上本町駅」3番出口西へ徒歩8分 http://www.outenin.com/outenin/access/
映画「ウィークエンズ -Weekends-」上映会
韓国のゲイコーラスグループの姿を捉えたドキュメンタリー『ウィークエンズ』 大阪初上映です。大阪では<7月1日と、7月16日の>2回の期日で上映会を開催します。上映1回目は和気あいあいとアットホームな雰囲気の中で、上映2回目は清々しく美しい会場での上映です。ぜひこの機会をお見逃しなく!
・上映1回目の後は映画解説、上映2回目の後はトークショウを行います。
映画「WEEKENDS」
韓国のゲイコーラスグループの姿を捉えたドキュメンタリー『ウィークエンズ』 大阪初上映
歌うことが好きなソウルのゲイたちが集まるG-Voice。毎週末、ともに支え合いながら練習に励む。恋愛やカミングアウト、友情についてうたい、たまにはふざけたり泣いたり。そしてときにはセクシーに。
保守的な政権下での差別や偏見にも屈せず彼らは、政治的な関心を強め、労働組合との交流など活動の幅をひろめていく。
練習後や飲み会などで行われるインタビューでは、メンバーが韓国でゲイとして育った経験や生きることについて赤裸々に語り、コーラスの仲間との信頼の強さもうかがえる。
劇中で10周年を迎えるG-voiceはオリジナル曲や活動を通し、現代の韓国のゲイたちの苦悩や喜びを明らかにしていく。
予告動画:https://vimeo.com/264171214
入場料:1,500円(高校生以下1,000円)
※事前申し込みは不要です。
主催:ダイバーシティパレード
https://www.diversityfes.com/
https://www.facebook.com/events/384358472072477/



NEW
■7月16日(月休)(再放送) 午後01:00~02:50 NHK BS1
BS1スペシャル「在宅死 “死に際の医療”200日の記録」
お金がなくて施設に入れない、介護する家族が身も心も疲弊してパンク寸前など、厳しい在宅死の現実と向き合い続ける老医師がいる。埼玉県新座市の堀ノ内病院在宅医療チームの小堀医師80歳。森鴎外の孫で元東大病院のエリート外科医が選んだ最後の現場が在宅訪問の「老老医療」だった。家ごとに異なる厳しい環境を乗り越え、「家で安らかに最期を迎えたい」という患者の願いをどう叶えるのか、200日に渡ってカメラが追った。
http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2018-07-16/11/20188/2393173/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村



プロフィール

Akko

Author:Akko
清志郎大好き。
旅行大好き。
ドイツ大好き。
でも最近忙しくて、旅行に行けません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR