FC2ブログ

(2/27更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2018年2月26日(月)~3月2日(金)

★2/27追加情報
●3/2(金)までのイベント情報を追加しました。


【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-281.html




●2月26日(月) 11時~12時 大阪府庁記者クラブ(大阪府庁本館4階) (谷町四丁目駅1A番出口約370メートル http://www.pref.osaka.lg.jp/koho/location/location01.html
「3.10原発避難者と仲間たち全員集合!大集会&デモ」の記者会見
発言者:茨城からの単身避難者、東京からの親子避難者、東京からの単身避難者、福島からの単身避難者など
テーマ:「避難者自身が企画したデモ」「本格化する健康被害の実態」 「避難者が置かれた苦境」 「関東からの避難者も声を上げる!」
主催:「Go West, Come West!!! 3.11東北・関東 放射能汚染からの避難者と仲間たち」
どなたでも参加してください
3.10の詳細は:http://www.gowest-comewest.net/
https://www.facebook.com/events/331440314030872/



種子法廃止
●2月26日(月) 18時半~茨木市福祉文化会館(オークシアター)303号室(JR茨木駅・阪急茨木市駅から約700メートル http://www.city.ibaraki.osaka.jp/shisetsu/kyoikubunka/1317033278043.html) 
いま、日本の食卓が危ない!?
4月からの種子法廃止で、わたしたちの食べものはどうなる?

~知ってみよう。そして考えてみよう。わたしたちの食と未来、そして農業~
昨年、「主要農作物種子法」が、ほとんど審議もされないまま、廃止されました。「種子法」が廃止されたことで、各都道府県がこれまで大切に育ててきた独自の米の品種を守り育てるための予算的な根拠も義務もなくなってしまいました。
このままでは日本の米の品種は減り、味は落ち、価格も上がり、やがては市場から姿を消して行くのではないでしょうか?
あまり知られていないけれど、本当はとても大切で、わたしたちの食と暮らしに直結する「種子法」の問題。
「種子法」廃止に警鐘を鳴らし続け、先頭に立ってこの問題に取り組まれている元農水大臣の山田正彦さんにじっくりとお話をうかがい、今日本の農業に何が起こっているのか、知り、考え、そして行動するきっかけとしましょう。
アメリカ不参加のまま、11か国ですすめられている「TPP」の最新情報についても、お話をうかがいます。
講師:山田正彦さん(元農水大臣・弁護士)
主催:種子法学習会実行委員会
参加費:499円
連絡先:090-5063-0073
https://www.facebook.com/events/1969891453328838/



アメラジアン
●2月26日(月) 19:00~21:00 バラエティーサークル(阪急十三駅東口から徒歩3分 https://map.yahoo.co.jp/maps?lat=34.72223321&lon=135.48343280&ac=27123&az=5.4.10.3&z=16&id=&fa=pa&ei=utf8&p=%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%BA%9C%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%B8%82%E6%B7%80%E5%B7%9D%E5%8C%BA%E5%8D%81%E4%B8%89%E6%9D%B14%E4%B8%81%E7%9B%AE10-3
東アジアを考える講座 米軍属とアジア人女性との間に生まれた「アメラジアン」 
-映画「ぼくと沖縄とみんな」の作者とともに-

駐留米兵の祖父、日本人の祖母をもつアメラジアン・黒島トーマス友基さんの作品上映とお話し。
「大阪では普段あまり意識されない問題ですし想像がつきにくい話ではあると思いますが、 少人数でゆっくりじっくり話せたらいいなと思って おります」(黒島さん)。
お話:黒島トーマス友基さん
参加費:1000円(資料代など)学生無料 アジア図書館会員500円 
共催:(社)大阪自由大学 (財)アジアセンター21アジア図書館
問い合わせ:大阪自由大学、アベ(080-1417-4186)
http://osakafreedom.blogspot.jp/2018/02/2226.html



在 日
●2月26日(月) 19:00~21:00 猪飼野セッパラム文庫(天王寺区細工谷2-14-8 090-9882-1663 近鉄「上本町六丁目駅」8分・地下鉄「谷町9丁目駅」10分、ドンキホーテ上本町店から東へ、セブンイレブンを右へ約100m、左側3軒目 http://www.mapion.co.jp/m2/34.66158997553531,135.5232413888889,16
「映像で見る朝鮮韓国在日」第28回上映会 資料上映 
ETV特集「コリアンの新しい風が吹く」

(2000年2月放映、山口県下関市、レポーター:若一光司さん) 
参加無料(カンパをお願いします)・定員10名・要予約
https://sepparam-bunko.jimdo.com/お知らせ/



展覧会
●2月26日(月)~3月3日(土) 午前9時~午後17時(初日午前10時半~最終日は午後16時まで)左京区役所1階ロビー(京都市営地下鉄烏丸線「松ヶ崎」 駅2番出口から徒歩8分 http://www.city.kyoto.lg.jp/sakyo/page/0000011113.html
~あれから7年 故郷(ふるさと)フクシマに想いを寄せて~
青田惠子さん布絵展

入場無料



■2月26日(月) 午後10:00~10:25 NHK総合
クローズアップ現代+「平和の祭典の裏で…~“ほほえみ外交”めぐる攻防~」
ピョンチャンオリンピックで「ほほえみ外交」を繰り広げた北朝鮮。舞台裏では関係国が熾烈(しれつ)な外交戦を繰り広げていた。独自取材から今後の北朝鮮問題の行方を探る
http://www.nhk.or.jp/gendai/



■2月26日(月) 午後11:00~11:50 NHK BS1  
シリーズ“脱炭素革命”(1)「激変する金融ビジネス “石炭”からの投資撤退」
NHKスペシャル「激変する世界ビジネス 脱炭素革命の衝撃」の完全版、シリーズ第1回は、金融の最前線。パリ協定を契機に、ウォール街など世界の機関投資家の間では、石炭など化石燃料から投資を撤退するダイベストの動きが加速。石油王ロックフェラーの一族のファンドも撤退。巨額の資金がESG投資に流れ込む。一方、石炭火力の輸出など石炭依存を続ける日本に国際社会からの批判が強まる中、日本の年金基金も動き出した。
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/93115/3115386/index.html



■2月27日(火) 深夜午前00:00~00:50 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー「麻薬中毒の町~ルイ・セローが見たアメリカ~」
イギリスのジャーナリストのルイ・セローが、アメリカの闇に切り込む作品。鎮痛剤の処方が乱発されたため、白人中流家庭にもヘロイン中毒がまん延する驚愕の実態に迫る。
東部ウエストバージニア州。思春期の娘を失った両親、麻薬のために暴力を振るう売人と暮らす若い女性や、ヘロイン中毒で生まれた赤ちゃんとその両親…町の救急隊員は、薬の過剰摂取で倒れるSOSへの対応に忙殺されている。かつて、病院や医師が処方してきたオピオイド系鎮痛剤が依存症を招き、規制導入後、ヘロインが街をむしばんでいる。短く易しい質問を重ねながら、本音を吐露させるセローの取材手法が随所にのぞく。
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=180227



植民地主義
●2月27日(火) 午後6時半~8時 神戸学生青年センター(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/ ) 
朝鮮史セミナー「植民地主義と女性表象」(全2回)
1)「ジェンダーから見る植民地主義」

講師:宋連玉(ソン・ヨンオク)さん(青山学院大学名誉教授、文化センターアリラン館長)
<講師プロフィール>
1947年大阪生まれ、2世。同志社大学文学部卒業後、1975年、ソウル大学大学院(国史学科)修士課程単位取得、1998年修士課程卒業。1998年 ~2015年青山学院大学経営学部教員。2017年5月より文化センターアリラン(東京都新宿区)館長。1979年から81年まで学生センター朝鮮語講座講師。著書に、『脱帝国のフェミニズムを求めて』(有志舎、2009)、『軍隊と性暴力―20世紀の朝鮮半島』(編著、現代史料出版、2010)。近著に、『上海に見る遊廓と慰安所の関係性』(日本学叢書第5巻、青弓社)
・3月13日(火)午後6時半~8時 2)「植民地主義とセクシュアルティ」
参加費:600円(事前申し込み不要。当日会場でお支払いください。)
主催:公益財団法人 神戸学生青年センター
http://ksyc.jp/seminar/ts-201802-03/



朝鮮高級学校無償化
●2月27日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



■2月27日(火) 午後06:25~06:35 NHK BS1 
地球リアル「父は戦争犯罪人になった~旧ユーゴ・“大虐殺を指揮した”男~」
3つの民族が血みどろの戦いを繰り広げた旧ユーゴスラビア。去年、紛争を総括する戦犯法廷がようやく結審したが民族間の亀裂は今も深い。何が和解への道を閉ざしているのか
去年暮れ、国連による戦犯法廷で旧ユーゴスラビア紛争の大物人物に終身刑が言い渡された。ラトコ・ムラディッチ。元セルビア人武装勢力の司令官で、他民族への大量虐殺事件を指揮したとされている。一方で、今回の裁判は民族同士の殺し合いがなぜエスカレートしていったのかまだ十分に解明していないと独自の調査を続ける人物がいる。ムラディッチの息子ダルコ氏だ。一組の親子を通じて紛争が残した傷痕を見つめる。
http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2018-02-27&ch=11&eid=02470



■2月27日(火) (再放送)午後07:00~07:50 NHK BS1
BS1スペシャル「ブラックリスト~韓国の“言論弾圧”は何を意味するのか~」
り、「ブラックリストで言論弾圧を行った」と批判されている。ムン政権は真相調査委員会を設立。映画の上映が妨害されたり、人気コメディアンが出演の場を奪われたりした事態も明らかになってきた。背景には、南北分断の冷戦構造が残る、韓国の厳しい現実がある。ブラックリストはなぜ作られたのか、その真相に迫る。
http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2018-02-27/11/32011/2779256/



改 憲
●2月28日(水) 17:30~日本研修センター伊丹大会議室(阪急「伊丹」東4分 伊丹郵便局向いのビル http://www.jec.ne.jp/itami/access/index.html)
安倍9条改憲の意味を考える伊丹学習会
『安倍改憲NO!!』

講演:伊藤 真 弁護士(伊藤塾塾長)
協力費:¥1000
主催:改憲阻止(伊丹)市民連合市内12団体
連絡:080-5306-2138
http://www.kenpou-hyougo.sakura.ne.jp/



憲法カフェ
●2月28日(水) 18:30~茨木市福祉文化会館303(JR茨木駅・阪急茨木市駅から約700メートル 駅前四丁目7-55 http://www.city.ibaraki.osaka.jp/shisetsu/kyoikubunka/1317033278043.html
憲法カフェ「憲法9条に自衛隊を明記!?」
講師:橋本智子(明日の自由を守る若手弁護士の会)
参加費:¥499(ドリンク付き)
主催:戦争させない!9条壊すな!総がかり行動茨木実行委員会/憲法を守りいかす議員を国会に送る会・茨木
連絡:TEL072-624-1144(茨城労働組合総連合)
https://jimmin.com/events/event/憲法カフェ%e3%80%80「憲法%ef%bc%99条に自衛隊を明記%ef%bc%81%ef%bc%9f」/



食生活
●2月28日(水) 午前10時30分~12時 神戸学生青年センター(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/ ) 
食料環境セミナー「若者たちの食卓―食写真から見える日常―」
大正大学心理社会学部人間科学科教授 長谷川 智子さん
若者たちは日頃どのような食生活を営んでいるのか?食は健康や栄養の側面から語られるのが多いのですが、決してそのような側面だけではありません。大学生が育ってきた時代背景を追いながら、食事写真を通してどのようなことが見えるか語っていただきます。さらに、日本の食卓が今後どのようになっていくのか、皆さんと一緒に議論していきましょう。
参加費:600円 ※託児(無料)があります。必要な方は前々日までに予約してください。
主 催 : (公財)神戸学生青年センター
http://ksyc.jp/seminar/ss-201801-03/



飛田遊郭
●2月28日(水) 午後6時30分~8時30分 豊中人権まちづくりセンター(阪急岡町駅 https://www.city.toyonaka.osaka.jp/shisetsu/sonota/toyo_center/index.html
「知っていますか、飛田の歴史」
1918年に開業し、今年で100年目を迎えた飛田遊郭。飛田遊郭で働く女性たちを取り巻く状況や、日本社会における性や性売買についての認識を歴史的に明らかにしながら、「飛田遊郭」のもつ意味を共に考えます。
お話:宮前千雅子さん(関西大学人権問題研究室委嘱研究員)
費用:無料
申込:当日会場にて受付(事前申込も可能です)
申込、問合せ:(一財)とよなか人権文化まちづくり協会
mail:bwz37306☆nifty.com
https://www.hurights.or.jp/japan/related-events/2018/01/228.html



■3月1日(木) 深夜午前00:00~00:50 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー「オリバー・ストーンONプーチン」(前編)
映画監督のオリバー・ストーンが、2年にわたりロシア大統領と対談を重ねた。クレムリンの奥の院を訪ね、外遊に同行しながら、プーチンの足跡や世界観の本音に迫る。
これまであまり見たことがなかったロシアの指導者の横顔を、前後編の2回で紹介する。
〈前編〉は、元KGB職員が大統領の椅子を提示された1999年にさかのぼり、権力掌握の過程や、プーチンの国家観や国際政治の“操り方”、アメリカに対して高めていった疑念について掘り下げていく。プーチンは、ストーンがときに突っ込む質問に、心を開いて全てを語ったのか、それともまだ素顔を隠しているのか・・・
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=180301



■3月1日(木) (再放送)深夜午前00:00~01:00 NHK Eテレ
ETV特集「居場所があれば立ち直れる~累犯障害者 社会で生きるために~」
障害がありながら、必要な支援を受けられず、犯罪を繰り返す“累犯障害者”。どうしたら再犯を防ぎ、立ち直りにつなげられるか?求められる支援のあり方を見つめる。
長崎県地域生活定着支援センターの所長を務める伊豆丸剛史さん。知的あるいは精神的な障害がありながら必要な支援を受けられず、犯罪を繰り返す“累犯障害者”の支援を続けている。服役を終えた障害者のために、生活保護の申請や住む場所や働き口の確保などを手伝う。再犯を防ぎ、更生に導くことができれば、本人にとってだけでなく、社会にとっても大きなメリットがあるという。伊豆丸さんたちの取り組みを見つめる。
http://www4.nhk.or.jp/etv21c/x/2018-02-28/31/32966/2259587/



■3月1日(木) (再放送)午前09:00~10:50 NHK BS1
激動の世界をゆく「北朝鮮」
2017年、何度もミサイル発射実験を繰り返した北朝鮮。2018年も日本と世界を揺るがし続けるだろう。懸念が強まる中、なぜ北朝鮮は核・ミサイル開発を強行するのか。世界に視点を移した時、北朝鮮の脅威はどのように映っているのか。今回は、北朝鮮を立体的・多角的に理解するためアメリカ・ロシア・韓国・マレーシアを取材。市民の肌感覚に加え、各国の軍事・外交・政治に精通したキーマンの言葉に耳を傾け脅威の実相を探る
http://www4.nhk.or.jp/P3723/x/2018-03-01/11/3661/2185021/



●3月1日(木) 18:30~神戸市勤労会館大ホール(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html
5・3憲法集会成功めざすプレ集会
「今なぜ3000万署名なのか」

講演:内田 樹さん 神戸女学院大学内田樹名誉教授(安倍9条改憲NO! 全国市民アクション呼びかけ人)
2017 年10 月22 日の総選挙は、自公与党が再び衆院の3分の2を占めることとなりました。憲法改定に前向きな希望の党、日本維新の会を合わせた「改憲勢力」は国会発議に必要な3分の2議席を大きく上回ることとなりました。この改憲の流れを止めるのは、市民の思いと行動力です。
「戦争させない、9条壊すな!総がかり行動兵庫県実行委員会」では、2017 年11 月3 日、「憲法を活かす1万人意見広告運動・兵庫」を取り組み、兵庫における憲法を守る大きな力を示しました。引き続き、5月3日憲法集会を成功させていきましょう。
憲法違反の共謀罪法・戦争法を廃止し、安倍首相が公言する「2020 年改憲」を阻止するために「安倍9条改悪NO! 全国市民アクション」が呼びかける「安倍9条改悪NO! 憲法を生かす全国統一署名」の成功に全力をあげましょう。
内田樹氏プロフィール
1950(昭和25)年東京都生まれ。東京大学文学部仏文科卒。東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程修了。神戸女学院名誉教授。専門はフランス現代思想。ブログ「内田樹の研究室」を拠点に武道(合気道六段)、ユダヤ、教育、アメリカ、中国、メディアなど幅広いテーマを縦横無尽に論じて多くの読者を得ている。『私家版・ユダヤ文化論』(文春新書)で第六回小林秀雄賞受賞、『日本辺境論』(新潮新書)で第三回新書大賞を受賞。著書に『沈む日本を愛せますか?』(高橋源一郎との共著、ロッキング・オン)、『もういちど村上春樹にご用心』(アルテスパブリッシング)、『武道的思考』(筑摩選書)、『街場のマンガ論』(小学館)、『おせっかい教育論』(鷲田清一他との共著、140B)、『街場のメディア論』(光文社新書)、『若者よ、マルクスを読もう』(石川康宏との共著、かもがわ出版)などがある。
主催:戦争させない、9条壊すな!総がかり行動兵庫県実行委員会
事務局:中神戸法律事務所神戸市中央区相生町1-2-1 東成ビル3 階
TEL:078-361-9990 FAX:078-361-9991 
E-mail:sougakarihyogo@gmail.com
https://jimmin.com/events/event/「2018%e3%80%805・3兵庫・憲法集会」プレ集会/



■3月1日(木) 午後11:00~11:25 NHK Eテレ
スーパープレゼンテーション<吹き替え版>「貧困と向き合う」
米国の都市アルバカーキ。この街で2015年から始まったホームレス対策が注目を集めている。ホームレスの人々に、ほどこしを渡すのではなく、清掃作業などの日雇いの仕事を与えるという取り組みだ。この取り組みで、街はこれまで合計約1700日分以上の仕事を提供し、210人以上に正規雇用の機会を与えた。プロジェクトの全貌を対策の指揮をとった市長が語る。幼いころをホームレスシェルターで過ごした女性の体験談も。
http://www4.nhk.or.jp/superpresentation/x/2018-03-01/31/33078/1514225/



●3月2日(金) 午後14時~16時半 左京区役所2階 区民交流会室(京都市営地下鉄烏丸線「松ヶ崎」 駅2番出口から徒歩8分 http://www.city.kyoto.lg.jp/sakyo/page/0000011113.html
青田夫妻お話と交流会
青田勝彦・惠子夫妻:福島県南相馬出身
・2011年3月11日福島第一原発事故により故郷を追われ、 各地で避難生活の後、現在大津市に在住。滋賀県のみなさんと福井原発差し止め訴訟に参加。
・勝彦氏は元高校教師。1975~1992年最高裁が上告棄却するまで17年間、原発差止裁判で中心的に活躍された。
・惠子さんの詩「拝啓 関西電力様」は法廷にて中嶌哲演氏が朗々と読まれ全国に広まった。(会場にも用意します)
近年、惠子さんの布絵に共感が広がる。



●3月2日(金) 関西電力本社前(「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:00頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:30 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●3月2日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●3月2日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●3月2日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&三宮駅までのパレード



●3月2日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に!
脱原発の願いを込めて 音楽・アート大歓迎。手作り看板・鳴り物持参で。
福島のこども達のための街頭カンパもやってます!再稼動許さないの声をもっと!



カジノ・万博・都構想
●3月2日(金) 午後6時30分~エル大阪南館5Fホール(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
「ダメ!カジノ・万博・都構想」これ以上大阪を壊さないで!市民大集会
基調講演:「行き詰まる維新政治大阪再生の道は?」
講師:森裕之(立命館大学教授)
ミニコンサート:「平和で豊かな社会めざして」川口真由美さん(シンガーソングライター)
資料代:500円
連絡先:おおさか市民ネットワーク
http://attackansai.seesaa.net/article/456991073.html



イラク
●3月2日(金) 18:30~20:30 神戸市勤労会館 講習室308(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html
市民社会フォーラム第212回学習会
高遠菜穂子さんイラク報告会 命に国境はない―人道支援の現場から見た世界と日本

今年の3月20日にはイラク戦争から15年になります。
イラク戦争はアメリカやイギリスなど開戦した国々ですら「間違った戦争」だっと認めたように、開戦の口実となった大量破壊兵器は見つからず、イラクの民主化も大失敗し、逆にISが台頭するなど戦争終結後の現在いっそう混迷し人道危機が続いています。
いち早く米英の開戦に支持を表明し、憲法違反の自衛隊海外派兵も断行した日本政府は、開戦国ですら誤りを認めている戦争の大義について誠実に検証すらせず、さらに米国との戦争協力のために改憲がすすめられようとしています。
自衛隊を憲法に明記すべきかどうかなどを考える前に、昨年の南スーダンPKO派遣の日報改ざんなどに明らかなように、誤った判断を検証する文化が日本では欠落していること、また、イラクの人々に多大な被害をもたらしたことへの償いの意識が欠落していることなど、真剣に考え克服しなければならないことがあります。
ながらくイラクへの人道支援を行っている高遠菜穂子さんに今あらためてイラク戦争を検証する意義とともに、人道危機の現場から感じた世界と日本のあり方についてお話しいただきます。
高遠菜穂子(たかとお・なほこ)さん
イラク支援ボランティア。1970年、北海道生まれ。大学卒業後、会社員を経て地元で飲食店経営に携わる。2000年インドの「マザーテレサの家」、2001年からタイ、カンボジアのエイズホスピスでボランティア活動に専念。2003年5月からイラクでの活動開始。2004年4月にイラク・ファルージャで「自衛隊の撤退」を要求する現地武装勢力に拘束された。解放後、日本国内で「自己責任」バッシングを受ける。現在もイラク人道・医療支援活動を継続中。「イラク戦争の検証を求めるネットワーク」呼びかけ人。九条の会世話人。著書に『戦争と平和 それでもイラク人を嫌いになれない』(講談社)『破壊と希望のイラク』(金曜日)など、共編訳に『ハロー、僕は生きてるよ。ーイラク最激戦地からログインー』(大
月書店)。
参加費:1000円 お申込みなしでどなたでもご参加できますが、人数把握のためご連絡くださればありがたいです。メール:civilesocietyforum@gmail.comまで。
http://shiminshakai.net/post/3034
https://www.facebook.com/events/148178819217217/     



日韓合意
●3月2日(金) 18:30~ドーンセンター特別会議室(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
「日韓合意」は解決ではない
政府は加害責任を果たせ!全国同時アクション

お 話:中野敏男さん
主 催:日本軍「慰安婦」問題解決全国行動 日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0302-1.pdf



労働運動
●3月2日(金) 18:00~20:30 エル・おおさか(大阪府立労働センター)5階研修室2(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
映像(幻灯と映画)に見る戦後の失業・貧困問題と労働運動
2011年以来、これまで毎年のようにエル・おおさかを会場として、幻灯上映会を開催してきました。今回は2013年に上映して好評を博した「にこよん」を再上映します。「にこよん」は全日自労(全日本自由労働組合)が製作したモノクロの幻灯です。 
1949年、「ドッジ・ライン」の財政緊縮政策に伴う失業危機に対処する公共事業として、失業対策事業が開始されました。失対事業に就労する日雇労働者は「ニコヨン」と通称され、生活と労働は、戦後の独立プロダクション映画の嚆矢となった『どっこい生きてる』(1951)をはじめ、いくつかの忘れがたい映画や歌曲の題材となってきました。
今回の上映会では、全日自労が製作に関与した映像作品を上映するほか、失対日雇労働者の世界を描いたいくつかの映画作品を紹介し、戦後の日雇い労働者の状況を映像によって知っていただきます。
また、『近代日本の都市社会政策とマイノリティ』(思文閣)の著者、杉本弘幸さんによる講演「戦後の失業対策事業と労働運動」によって、より深く当時の状況を学ぶことができます。
講演:杉本弘幸氏(立命館大学ほか講師)
  「戦後の失業対策事業と労働運動について」
作品解説:鷲谷花(大阪国際児童文学振興財団特別専門員)
台本朗読:東川絹子(関西・炭鉱と記憶の会)
主催:科研費基盤研究(C)15K02188「昭和期日本における幻灯(スライド)文化の復興と独自の発展に関する研究」(研究代表者:鷲谷花)
共催:エル・ライブラリー(大阪産業労働資料館)
<スケジュール予定>
18:00 開会、作品解説
18:10 映画上映
18:50 休憩
19:00 幻灯「にこよん」上映
19:30 第二部:映像上映と講演「戦後独立プロ映画にみる失業対策事業と自由労働者」
20:30 終了
入場料:無料 定員:50名
申込:不要。当日、定員になり次第入場をお断りします。
主催:科研費基盤研究(C)15K02188「昭和期日本における幻灯(スライド)文化の復興と独自の発展に関する研究」(研究代表者:鷲谷花)
共催:エル・ライブラリー(大阪産業労働資料館)
<講師プロフィール>
杉本弘幸
1975年、広島県福山市生まれ。大阪大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学・大阪大学)。
京都工芸繊維大学・佛教大学・立命館大学講師。専門は日本近現代史。
著書に『近代日本の都市社会政策とマイノリティ-歴史都市の社会史-』(思文閣出版)、『戦後日本の開発と民主主義』(共著、昭和堂)ほか。
鷲谷 花
大阪国際児童文学振興財団特別専門員・東洋大学他非常勤講師。専門は映画学・日本映像文化史。
共編著書に淡島千景・坂尻昌平・志村三代子・御園生涼子・鷲谷花『淡島千景 女優というプリズム』(青土社)。主な論文に「満洲から筑豊へ-幻灯『せんぷりせんじが笑った!』(1956)をめぐる「工作者」たちのゆきかい」(『映像学』九六号、日本映像学会、二〇一六年七月)。近年は昭和期の幻灯(スライド)の調査・研究及び上映活動にも取り組んでいる。
http://l-library.hatenablog.com/entry/2018/01/29/102607



東九条
3月2日(金) 18:30~20:30 京都市地域・多文化交流ネットワークサロン(JR京都駅・市営地下鉄京都駅八条口より、徒歩15分 http://www.kyotonetworksalon.jp/access/access.html
東九条を知る学習会「東九条の歴史~4ヶ町編」
講師:叶信冶(希望の家カトリック保育園)/前川修(京都市地域・多文化交流ネットワークサロン・希望の家)
「京都駅東南部エリア活性化方針」策定に伴い、東九条では芸術と町をつなぐ取組みが始まって います。新しい人の流れが生まれ、東九条が活気あふれる町になることに希望を感じつつも、東九 条が歩んできた歴史が忘れ去られてしまうのではないかとの危惧も感じます。東九条という町がどんな経験をしてきたのか、何を大切にしてきたのか、そして、これから何を 守り、伝え続けるのか…。今だからこそ歴史を学びながら、振り返ることが必要だと思います。み なさんと共に、東九条について考える時間になればと思います。 第1回は、東九条の4ヶ町(北河原町・南河原町・東岩本町・南岩本町)の歴史を、長年この地域 に関わってきた希望の家カトリック保育園の叶信治園長と、前川修センター長がお話をします。 第2回は、現在「東松ノ木団地」の場所になっている「40番地」の歴史を、1990年代に40番地 自治会事務局長を務められた宇野豊さんと、東松ノ木団地で生活支援をされている東九条まちづく りサポートセンター「まめもやし」の村木美都子さんにお話いただく予定です。(日程調整中)興味のある方は、どなたでもご参加いただけます。施設の職員研修としてもご活用ください。みなさまの参加を心よりお待ちしております。
主催:京都市地域・多文化交流ネットワークサロン
連絡TEL075-671-0108
http://www.kyotonetworksalon.jp/new/pdf/20180119higashikujogakusyu20180302comp.pdf



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

(2/23更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2018年2月25日(日)

★2/23追加情報
●テレビ番組を追加しました。



【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-281.html




NEW
■2月25日(日) (再放送)深夜午前00:00~00:30 NHK Eテレ
シリーズ 欲望の経済史~日本戦後編~ 第2回「奇跡の高度成長の裏で60s」
「奇跡」とも称される戦後の高度成長。所得倍増計画、東海道新幹線開通、東京オリンピック開催…、華やかなビッグイベントが続き人々が夢に向って走った60年代。サラリーマンのライフスタイルも変わり、東京は大都会となり活況を呈する。しかしそこで同時に進行していたのは物質的な豊かさのみに目を奪われることへの懐疑だった。急速な成長はどのようにもたらされ、その裏側に何が?警鐘を鳴らしていたのは意外な人物だった?
http://www4.nhk.or.jp/P4384/x/2018-02-24/31/31247/1726008/



NEW
■2月25日(日) 午前04:55~05:25 ABCテレビ、テレビ朝日系列
テレメンタリー2018「それでも、父に。~LGBTと『見えない壁』~」
国内の13人に1人が該当するといわれる性的マイノリティ、LGBT。盛岡市の藤村由慈さんもその1人。手術を受け、戸籍上も女性から男性になり、女性との結婚も果たした。今願うのは、凍結保存した自分の卵子を使い、遺伝子上も繋がった子どもを持つこと。しかし、そこに立ちはだかったのは、国内では望む形での出産は出来ないという現実。マイノリティは夫婦か、それとも日本か。「普通の」幸せを求め模索する夫婦を見つめた。
http://www.tv-asahi.co.jp/telementary/



●2月25日(日) 午後2時~4時30分 豊中市立中央公民館2F会議室(阪急宝塚線「曽根」駅から東へ300m、徒歩5分 http://www.city.toyonaka.osaka.jp/shisetsu/koumin_library/chuo/annai.html
「第33回避難者交流会 in 豊中」
~判決は3月15日/原発事故損害賠償京都訴訟避難者・原告の訴えを聞いてください。3月の山場に向けた支援を!~
お話し:原告・堀江みゆきさん(福島市→京都市に避難)
    支援する会事務局次長・上野益徳さん
福島原発事故は収束などしていません。放射能汚染は続き、人々には帰るべき故郷がありません。そんな方たちが全国に約7万5千人、京都には455人います(2018年1月30日/復興庁公表)。全国約30の地裁で、避難者が原告となり、国と東京電力を相手に「避難する権利」を求めて裁判闘争を続けています。
3月には、京都訴訟(15日)、東京(16日)、いわき避難者(22日)と3訴訟の判決が連続して出されます。トップを切って判決が出される京都訴訟の原告・堀江みゆきさん(福島市から京都市に避難)と支援する会事務局次長の上野益徳さんに、京都および全国の訴訟の現状と展望についてお話をしていただきます。私たちに何ができるかを、いっしょに考える機会になれば幸いです。
※いつのも会場とは異なりますのでご注意ください!!)
参加費:300円 (*避難者は無料)
保育:同室にお入りください
申し込み、問合せ先:山田 090-8980-2436 tj5tymd@gmail.com
※当日参加も可能ですが、人数把握のためできれば事前に申し込みお願いします。
http://kansapo.jugem.jp/?eid=330



●2月25日(日)~26(月) 若狭湾岸の各地域
2.25-26「大飯原発うごかすな!」若狭湾岸一斉チラシ配り
大飯原発はもう要りません。再稼働はやめてください。3号機、4号機も廃炉へ!
アメーバデモとは? 
3~5人が1グループとなって、旗やノボリ、鳴り物を持ち、マイクで「脱原発、反原発」を訴えながら、地域のあらゆる集落を徒歩でめぐり、チラシを各戸配布します。しばしば、地域の方々との会話が弾みます。
◇2/25(日)…福井県、関西、全国から若狭湾岸の各地域に集結し、20 数グループに分かれて、一斉チラシ配布(拡大アメーバデモ)。現地に宿泊。日帰り参加も可能です。
※朝、福井北部、関西各地から、現地に向けて配車します。
◇2/26(月)…午前中、一斉チラシ配布(拡大アメーバデモ)の続き。
一部のグループは、敦賀原子力規制事務所(規制庁の出先機関)に申入れ。午後、全員が美浜町に集結し、関西電力原子力事業本部(関電原発の現地統括本部)に向けてデモ。原子力事業本部に「再稼働を止めるよう」申入れ。
主催:大飯原発うごかすな!実行委員会
呼びかけ:(1) オール福井反原発連絡会(原子力発電に反対する福井県民会議、サヨナラ原発福井ネットワーク、福井から原発を止める裁判の会、原発住民運動福井・嶺南センター、原発問題住民運動福井県連絡会)(2)ふるさとを守る高浜・おおいの会(3)若狭の原発を考える会
連絡先:宮下正一(原子力発電に反対する福井県民会議)0776-21-5321
    木原壯林(若狭の原発を考える会)090-1965-7102
参加申し込み:福井、滋賀、京都、大阪、兵庫などから配車の予定。ご乗車、ご宿泊についてのお問い合わせは、下記にお願いします。
 ♪福井県内の方は →090-8263-6104 林まで
 ♪福井県以外の方は→090-5676-7068 橋田まで
カンパのお願い
「2.25‐26 若狭湾岸一斉チラシ配り(拡大アメーバデモ)」は、手弁当で準備・実施されます。経費のご支援を戴ければ幸いです。
<カンパ振込先(郵便振替)>※お振込みにあたっては、通信欄に「2.25‐26 若狭湾岸一斉チラシ配りへのカンパ」と明記ください。
*加入者名:若狭の原発を考える会
*口座記号・番号:00930-9-313644
原発立地・若狭湾沿岸地域の「原発うごかすな!」の声を拡大しよう!
原発は、事故の多さ、事故被害の深刻さ、使用済み燃料の保管や処理の困難さなど、あらゆる視点から、人類の手におえる装置ではありません。一方、福島事故以降の経験によって、原発はなくても何の支障もないことが実証されています。
そのため、ほとんどの世論調査でも、原発反対は賛成の2倍以上となっています。また、昨年末には、広島高裁が伊方原発3号機運転差止めを決定し、関電が老朽大飯原発1、2号機の廃炉を決断せざるを得なくなりました。これらは、福島原発事故の大惨事の尊い犠牲を踏まえて形成された脱原発、反原発の圧倒的民意を反映したものであり、脱原発、反原発の粘り強い闘いの成果です。
それでも関電は、前原子力規制委員長までもが「安全を保証するものではない」と繰り返す“新規制基準”への適合を拠り所にして、高浜原発3,4号機を再稼働させました。また、来る3月、5月には、大飯原発3,4号機の再稼働を企て、「原発銀座・若狭」の復活を狙っています。関電の利益のために、人の命と尊厳をないがしろにするものです。許されるものではありません。
ところで、「大飯原発うごかすな!」実行委員会に属する団体は、若狭やその周辺地域で、長期にわたってアメーバデモ、集会・デモ、原発ゲート前行動を展開し、住民の多くからご意見をうかがってきました。その中でも、「原発はいやだ」の声が圧倒的に多数であり、原発推進の声はほとんど聞かれていません。原発立地でも、表立ってはいないものの、脱原発、反原発が民意なのです。この民意が、顕在化すれば、原発を止めることができます。
そのように考えて企画されたのが、「2.25‐26若狭湾岸一斉チラシ配り(拡大アメーバデモ)」です。現地、国からの大結集によって、「大飯原発うごかすな!」、「原発全廃」の大きなうねりを創りましょう!
主催:「大飯原発うごかすな!」実行委員会
http://blog.goo.ne.jp/takahamakarakanden/d/20180123



野党共闘
●2月25日(日) 14:00~川西市文化会館2階(川西市文化会館 http://www.city.kawanishi.hyogo.jp/shimin/sports/bunkashisetu/s_bunkan.html
川西革新懇結成総会
記念講演:『「市民と野党の共闘」と革新懇について』

講師:冨田 宏治さん(関西学院大学教授)  
資料代:¥500
連絡:090-9875-5335
http://www.kenpou-hyougo.sakura.ne.jp/



経 済
●2月25日(日) 大阪社会福祉指導センター研修室3(「谷町六丁目」④番出口徒歩5分 「谷町九丁目」②番出口徒歩7分 http://www.osakafusyakyo.or.jp/accessmap.html
「稼ぐ力」をつければ 日本経済は発展する?
~どうなる! 地域の生産とくらし~

アベノミクスの新しいエンジンとして、「稼ぐ力をつける」「雇用が増える」「ビジネスチャンスが生まれる」といった「経済の好循環」を期待される「日欧EPA」や「TPP11」。日欧EPAの最終合意、TPP11では大枠合意、と大きく貿易交渉が進んでいます。2つの協定で、政府は「GDPを約13兆円押し上げる」、「経済成長に伴い、将来的に約76万人の雇用が生まれる」との試算を公表しました。
TPP11や日欧EPAで、
「私の賃金を上げるか」「日本の雇用を増やすか」「企業はもうかるか」「食品は安くなるか」「食料自給率は上がるか」…本当のところはどうなのでしょうか。
現場主義であり、分かりやすいと評判の 岡田知弘・京都大学教授に、私たちのくらしは良くなるか、自治体にどういった影響が出るのか、話を伺います。
講 師:岡田知弘さん(京都大学大学院経済学研究科教授・自治体問題研究所理事長)
資料代:500円
岡田知弘さん
専門は、地域経済学、農業経済学。主な著作に『地域づくりの経済学入門』自治体研究社(2005年)、『新自由主義か新福祉国家か』(共著)旬報社(2009年)、『TPP・FTAと公共政策の変質 問われる国民主権、地方自治、公共サービス (地域と自治体) 』(著、編集)自治体研究社(2017年)など。
主催・問い合わせ先:ほんまにええの?TPP大阪ネットワーク
※準備都合上、できるだけ事前に申込願います。
メール:o-shoudanren@mb8.seikyou.ne.jp 又は FAX 06-6941-5699 まで、お名前をお知らせください。
https://www.facebook.com/events/2090562797843737/



地方自治
●2月25日(日) 13:30~16:45 フェリエ南草津5F大・中会議室(JR南草津直結 http://ferit.jp/index.php?action_access=dummy
第17回滋賀地方自治研究集会
今回は滋賀自治体問題研究所で取組んでいる第8次県政研究の内容を中心に報告討論を行います。
【共通報告課題】13:30~15:30
①安倍政権下での地方自治をめぐる現状と課題
②三日月県政の評価(国体問題、県財政問題)
【課題報告】15:45~16:45
①滋賀県下の「地方創生」の取組について
②原発裁判の動向
③滋賀の教育の課題(全滋賀教組)
④滋賀国体(明るい会)
⑤まち研活動(日野町研)
⑥滋賀の医療介護(民医連)
【レポートを要請する課題】
・県下の中小業者の経営とくらし(滋商連)
・2017年自治体キャラバン、請願運動(県労連)
・保育をめぐる課題(保育所運動連絡会)
・県政及び市町政の現状、課題(県議、市町議)
・女性の権利拡大の取り組み(新婦人、母連)
・障がい者施策の課題(障滋協)
・近江八幡市の新庁舎建設問題(近江八幡市議)
・安保法制に反対する運動(市民の会)
主催:滋賀地方自治研究集会実行委員会
問い合わせ:077-527-5645(滋賀自治研)
E-mail:shigajichiken2009@yahoo.co.jp
http://shigajichiken.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/17-8f9b.html



上映会
●2月25日(日) 14:30~東灘区民センター大ホール(JR・六甲ライナー「住吉駅」南側 徒歩3分 http://www.kobe-bunka.jp/shosai/higashinada/map.html
「母 小林多喜二の母の物語」上映会
神戸で「望郷の鐘 山本慈昭 望郷の鐘 満蒙開拓団の落日」を制作された山田火砂子監督の劇映画「母 小林多喜二の母の物語」の上映会があります。
http://www.gendaipro.com/haha/



上映会
●2月25日(日) 13:00~studio awai(スタジオあわい)あんのん舘2F(阪神西宮駅南側すぐ https://www.facebook.com/unknownkan.info/)西宮市田中町4-9
『0円キッチン』上映会& あっ!と驚くカンタン味噌作りワークショップ
・13:00~14:30
 第1部『0円キッチン』上映会
14:45~17:00
 第2部 カンタン味噌作りWS
食糧危機を吹き飛ばせ!創意工夫で暮らしを楽しく!明るく!元気に!
『0円キッチン』はジャーナリストで“食料救出人”のダーヴィドが食料廃棄をなくすため、廃油で走るキッチン・カーでヨーロッパ5ヶ国を巡り、廃棄食材クッキングの旅に出るエンターテイメント・ロードムービーだ。
消費社会に生きる私たちは、まだ食べられるのに大量の食料を毎日捨ててしまっている。世界食糧計画によると、世界で生産される3分の1の食料は廃棄されており、その重さはヨーロッパ全体で8900万トン、世界全体では毎年13億トンにもなる。各地で食に関するユニークな取り組みを行う人々と出会いながら廃棄食材料理を振舞い意識変革にチャレンジするダーヴィドの『0円キッチン』の旅から食の現在と未来が見えてくる。
☆あっ!と驚くカンタン味噌作りワークショップ☆
有機おからの味噌作りワークショップでからだもこころも元気になろう!
国産有機大豆のおからと豆乳、無農薬・無肥料の米麹、天然塩を使った味噌作りワークショップ。
えっ!こんなにカンタンなの!光熱費0円!なまけもののあなたにも、いそがしいあなたにも、おすすめ!はじめてあなたも、もちろん味噌作り経験者のあなたも、お父さんも、子どもも!!美味しいお味噌がとっても簡単にできちゃいます!
これは味噌作り革命です!!
豆腐をつくる過程で出てくるおからは、食料として利用されることは少なく、飼料に回されることがほとんどです。そんなおからにスポットを当てた、おから味噌作り。
持ち物:筆記用具、エプロン、手拭きタオル、お皿、お椀、箸、スプーン
※味噌仕込み用容器持参でもOK
※味噌種を持って来る方は50g程度
※シェアできる手作り味噌があれば味見用に少量お持ちください
参加費には持ち帰り用味噌(500g)の材料費が含まれています。
※追加注文ご希望の方はあらかじめご連絡ください。1セット(500g)700円で受付
使用する材料
 有機おから、有機豆乳…尼崎市の豆腐店「宮島庵」
 白米o玄米麹(無農薬・無肥料)…兵庫県朝来市「ありがとんぼ農園」
 お塩…天然塩
参加費:
・通し参加:第1部+第2部  
 一人:2,500円(持ち帰り味噌500g、パック代込み)高校生以下(保護者同伴の場合):1,000円(映画代金のみ)
   *味噌の追加料金 1セット500g 700円
・第1部(上映会)のみ参加 一人:1,000円
・第2部(味噌作り)のみ参加
 一人:1,800円(持ち帰り味噌500g、パック代込み)高校生以下(保護者同伴の場合):無料
   *味噌の追加料金 1セット500g 700円
https://www.studioawai.net/single-post/2018/02/13/225日『%EF%BC%90円キッチン上映会』あっ%EF%BC%81と驚くカンタン味噌作りWS



資本論
●2月25日(日) 午後2時~4時位 堺市総合福祉会館(南海高野線堺東700m https://www.navitime.co.jp/maps/poi?code=ntjcgm-00000009138
第33回 今こそ「資本論」を読もう!
内容:段落毎読み・解説・質問と討論( 第1部 第1編 第2章 交換過程)
参加費:無料 
主催:資本論読む会(堺)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0225-2.pdf



NEW
■2月25日(日)  午後11:00~11:50 NHK BS1
BS1スペシャル「あなたを忘れない~ロンドン 高層タワー火災~」
去年6月、ロンドンの高級住宅街の一角にある高層マンションが火災で黒焦げになった。70人以上の犠牲者が確認されているが、犠牲者の正確な数や被害の全容はいまもわかっていない。このマンションは増え続ける移民を地域社会に共生させようという国の方針で建てられた公営住宅。しかし住民たちの夢は奪われ、コミュニティーは崩壊の危機にひんしている。火災が奪ったものは何だったのか?絆を取り戻そうと格闘する人々を見つめる
http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2018-02-25/11/31154/2515658/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村



脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2018年2月24日(土)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報



『沈黙 立ち上がる慰安婦』(2017年/日本=韓国/117分)
ハルモニ<おばあさん>たちは半世紀の沈黙を破って、立ち上がった
「ぬちがふぅ(命果報)-玉砕場からの証言-」など朝鮮人犠牲者の声を記録してきた朴壽南監督が、元・慰安婦の女性たちの闘いを撮ったドキュメンタリー。半世紀の沈黙を破り日本軍の犯罪を証言、名誉と尊厳の回復を訴える彼女たちに寄り添い、その恨を映す。2016年韓国DMZ国際ドキュメンタリー映画祭特別賞<勇敢な雁賞>受賞。日本では117分の拡大版を上映。
韓国・忠清北道に一人で暮らし毎朝寺院で祈祷する90歳の李玉先(イ・オクソン)。彼女は17歳のときに北満州の日本軍慰安所に連行された。半世紀にわたり沈黙してきたが、1994年、14人の仲間とともに日本政府に謝罪と個人補償を求めるため来日。3年にわたり幾度も来日し日本軍の犯罪を証言、名誉と尊厳の回復を訴えた。在日朝鮮人2世である朴壽南監督は彼女たちに寄り添い苦闘を記録。李の人生をつむぎ、生き証人たちの沈黙を未来に伝える。
公式HP→https://tinmoku.wixsite.com/docu
●2/17(土)~3/9(金) 大阪シネ・ヌーヴォ(阪神・地下鉄九条 http://cinenouveau.com/access/access.html
■2月24日(土) 郭辰雄さんミニトーク(コリアNGOセンター代表理事)11:30の回上映後
上映スケジュール
2月24日(土)~3月2日(金) 11:30~
3月3日(土)~3月9日(金) 17:00~
http://cinenouveau.com/sakuhin/chinmoku.html
http://cinenouveau.com/schedule/schedule1.html



ドキュメンタリー映画『息の跡』
今は昔、世界の果てに、小さな たね屋 が あったとさ。
私が小森さんと会ったのはいつ頃だったろうか。大震災のあとに、ボランティア活動にたずさわり、陸前高田に移住。そのころ『阿賀に生きる』を見たという。そして、私に会いたいと連絡があった。
目前のきびしい現実を前にたじろいでいるように思った私は「目の前にいる人の悲しみを、あなたが背負うことはできないのです」と言ったように思う。それであっても、記録してほしいと思った。
そして、何年かして『息の跡』が出来上がった。
「記録するという役割は他者との関わりの間で何を引き受けることができるのか、また引き受けたものをどうやって現実に跳ね返していくのかを、考え続けていきたいと思います。」(小森)。
小森さんの人生が反映した映画であった。傑作である。
●2/24(土)~終映未定 出町座(出町柳駅(京阪、叡山電鉄始発駅)徒歩5分 今出川駅(京都市営地下鉄)徒歩10分 https://demachiza.com/access
2/24(土)~3/2(金) 16:15~
3/3(土)~3/9(金) 12:30~
3/10(土)以降続映。
https://demachiza.com/movies/330



●2月24日(土) 午後1時~高槻クロスパル和室5階(高槻市立総合市民交流センター)(JR高槻駅中央改札口を右へ出て京都方面線路沿い http://loco.yahoo.co.jp/place/g-6msUDgCskbU/)
お話会 Sさんと
『埼玉から・関東からの避難者は今 』
(放射能から身体を守る)
彼女は埼玉県からの避難者です 。
2011/3/15、彼女の住んでいたさいたま市では1.2マイクロシーベルト/h(通常の何十倍)の風が吹き、3/21には大量の放射能雨が降りました。
2年間家族を内部被曝から守るため、放射能との闘いに明け暮れました。当時、部屋の中は0,17μシーベルト/h前後もあったのです。2年後京都へ避難しました。原発賠償京都訴訟では 1ミリシーベルト以下のさいたま市からの避難者は原告にはなれない、悔しい思いをかみしめています。
◎全国でも 篠山市でのヨウ素剤配布実現から米原市、舞鶴市、高島市、と備蓄配布計画が広がっています。彼女は現在京都市、京都府にヨウ素剤配布を求めての運動をしています。
放射能内部被曝から 身を守る自然療法についても、根拠を学習し、取り組むSさんの話を聞き学び、交流します。
主催:つながろうフクシマ つながろう避難者の会
連絡:山下090-4300-2958 山本080-9603-1032



●2月24日(土) 14:00~16:30 長田勤労市民センター3F会議室3(JR・地下鉄新長田駅南西5分、東急プラザビル3階 http://www.mapion.co.jp/m2/34.65648126,135.14462034,16/poi=0786432431-002
「放射能汚染防止法」学習会@新長田
福島原発事故由来の放射能汚染の拡散や被曝に強い関心を寄せる人だけでなく、広く「原発のない社会」を望み、再稼働阻止などで行動されている皆様にこそ、ぜひこの問題に注目して頂きたかったからです。
再稼働反対の大きな理由の一つとして、「被曝せずに避難ができない」、「住民を守れるような避難計画が作れない」があると思います。
でも、「仮に」、なんとか無事避難できたとして、原発事故の恐ろしさは、「住んでいた場所が放射能に汚染されて、長期にわたって避難が必要、住めない、帰れない、帰ったところで汚染がなくならず生業が成り立たない」ことが、他の災害などと大きく異なる点です。
しかも、明白に公害物質でありながら放射能に対する「排出者に対する法的責任」も「規制基準」もないため、被害を受けても「原賠法などによる損害賠償請求訴訟くらいしか被害者救済や加害責任追及の道がない」し、現在は「放射能を撒き散らした行為そのものを罪に問う法的根拠がない状態」なわけです。
また、現在進められているような「被ばく影響を無視した加害責任逃れのための帰還促進」や、「事故由来の汚
染廃棄物の拡散、流入」も、「加害者に有利な形で正当化する立法」がされていけ
ば、わたしたち住民には防ぐ手立てがありません。
現在福島で起こっていることや今後同じような不幸が若狭や近畿でも繰り返された場合に起こり得ることから「大切なモノを守るために」わたしたちができることの一つではないかと考えます、先行して活動されている地域の方から学び、お住まいの地域で具体的に取り組めることへのヒントを得るため、ぜひご参加ください。
講師:上田三起さん(「放射能汚染防止法」を制定する岡山の会)
構成:14:00~15:00 上田さんのお話(終了後いったん休憩・質問まとめ)
   15:15~16:30 質問、意見交換
定員:30名
参加費:1000円(福島原発事故由来の避難・移住者の方は500円)
主催:さよなら原発神戸アクション
お問い合わせ先:高橋秀典 090-3652-8652
講師プロフィール 上田三起 (うえだ みき) さん
市民ジャーナリスト。「原子力市民委員会」大沼淳一氏、河野益近氏(元京都大学大学院工学研究科・放射線計測学専門)、満田夏花氏(FoE Japan)、まさのあつこ氏(ジャーナリスト)他、親交多数。今年 6 月、大沼淳一氏を講師に迎え、岡山で「ばら撒かれる放射能の実態と危険性 制定しよう「放射能汚染防止法」」という企画を行った。過去には FoE Japan と共に「アナンド・グローバー勧告」の翻訳協力も行っている。
「放射能汚染防止法」を制定する岡山の会 共同代表
https://blogs.yahoo.co.jp/valentaine214/56604038.html



●2月24日(土) 午後2時~知恩院和順会館 和順ホール(東山駅徒歩8分 http://www.wajun-kaikan.jp/access/
バイバイ原発きょうとプレ企画 小出裕章さん講演会
「福島第一原発 現在の状況と課題」

先着200人・要申込
ネット及びFAXでの申込:https://healthnet.jp/informations/informations-18774/
お名前、人数、連絡先、所属をおたずねしています。
https://healthnet.jp/informations/informations-18774/



●2月24日(土) 17:00~18:30 ハートンホテル2階「嵯峨・高雄」(烏丸御池駅4分 https://www.yukoyuko.net/2618/access?cid=yk_p_l_yy_ys_zz_y_pc_i_0500039830#mapHeader
立憲民主党の「原発ゼロ基本法」タウンミーティングin 京都
世界の潮流となりつつある原発ゼロ社会を実現するべく、未来に向けて、立憲 民主党は「原発ゼロ基本法骨子」をとりまとめました。3月に国会に提出する予定です。(https://cdp-japan.jp/news/929)
国民の皆さんの日常の暮らし、現場のリアルな声に根ざしたボトムアップの政 治を実現するという思いから、「原発ゼロ基本法」についても、開かれた議論を 通して、内容を深め、国民の皆さんとともにまとめていくこととしました。京都でも、以下の通り、タウンミーティングを開催します。奮ってご参加ください。
申込先:電話075-213-0988 FAX075-213-0977 f-kyoto@fukuyama.gr.jp
https://cdp-japan.jp/news/929



●2月24日(土) 14:00~16:30 龍谷大学深草キャンパス22号館 101号教室(JR奈良線「稲荷」駅南西へ徒歩約8分,京阪本線「深草」駅西へ徒歩約3分,地下鉄烏丸線「くいな橋」駅東へ徒歩約7分 http://www.ryukoku.ac.jp/about/campus_traffic/traffic/t_fukakusa.html
第8回原発ゼロ京都アピール~震災・原発事故から8年
私たちはどうするべきか?原発と日本社会の今後を考える
~このままでいいのか?ほんとうにいいのか?

テーマ
①安斎育郎さん(安斎科学・平和事務所:放射線防護学・平和学)「原発をめぐる現段階―問題提起」
②館野淳さん(核・エネルギー問題情報センター事務局長)「福島事故の溶融炉心(デブリ)と廃炉問題」
③大河原壽貴さん(京都第一法律弁護士)「原発をめぐる裁判の現状と課題」
https://houteisien.files.wordpress.com/2018/02/hen2.jpg



●2月24日(土)(毎月第2・第4土曜日)12時半~JR天満駅前・天神橋筋商店街 13時半~国労会館(天満駅出口から徒歩約2分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/map/)
「ゴーウエスト(3.11東北・関東 放射能汚染からの避難者と仲間たち)」
アピール&学習会

http://www.gowest-comewest.net/ 



●2月24日(土) 13時半~16時半 篠山市市民センター2階催事場(https://www.google.co.jp/maps/place/191+Kurooka,+Sasayama-shi,+Hy?go-ken+669-2321/@35.078813,135.2027421,14z/data=!4m5!3m4!1s0x60006cae9d6288b3:0x4d7914ff7e932c7f!8m2!3d35.0802631!4d135.2180729?hl=en
広河隆一講演会
第一部 広河隆一さん講演
第二部 篠山市副市長より篠山市の原子力防災の取り組みについて報告
続いて 同市原子力災害対策検討委員の守田敏也さんと広河さんの対談
前売り:1000円 当日1200円 但し、高校生以下の学生、児童のみなさんは無料。託児あり
◇同時開催:「チェルノブイリと福島~ヨウ素剤配布から見えてくること~」写真展
 2/19(月)~21日(水)篠山市役所本庁舎1階ロビー
 2/22(木)~24日(土)篠山市民センター1階市民ギャラリー
主催:広河隆一写真展・講演会実行委員会/協賛:篠山市/後援:丹波市・篠山市教育委員会・神戸新聞社・丹波新聞社
連絡:広河隆一写真展・講演会実行委員会 担当:中川 政和 
TEL:090-1071-6724 FAX:079-568-2399 mail: newwind□nkgw.info(□→@)
https://jimmin.com/events/event/広河隆一%e3%80%80写真展%ef%bc%86講演会/



●2月24日(土) 14時~17時 大阪南YMCA(JR天王寺駅北口より東へ5分 http://www.oospo.net/ymca-minami/access
平和憲法とこの国の自立を考える会
第10回 輪読&解説 勉強会
内容:澤野義一著「脱原発と平和の憲法理論」の輪読と澤野教授による解説
1 憲法に基づく「生命権的人格権」の観点から「原 発違憲論を提起」
2 違憲でありながら強行導入された安全保障法制 と、その基底をなす安全保障論
3 対案としての「永世中立論」を展開
参加費:500円
主催者:いのちと平和
連絡先:090-3974-1166 revive@sky.plala.or.jp
責任者名:弓場 彬人
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0224-3.pdf



憲 法
●2月24日(土) 11:00~12:00 滋賀弁護士会館4階大会議室(JR大津駅より徒歩1分 http://www.shigaben.or.jp/about/access.html)
あらためて憲法を考えよう 「憲法」連続市民学習会
第1回 憲法は何のためにあるのか~立憲主義と憲法改正~

講師:元永佐緒里弁護士
みなさんは,憲法をきちんと読んだことはありますか?最近,憲法を変えようという議論が高まっています。なんとなく,雰囲気だけの議論をするのではなく,憲法の理念をきちんと理解した上で,自分の意見を持ちたいものです。滋賀弁護士会では,最近話題となっているいくつかの話題を,憲法の基本的な理念から学ぶ,市民向けの連続学習会を開催します。
料金 無料 定員 各回先着100名様
申込 不要
お好きな回だけのご参加でもOKです。
第2回 3月10日(土曜) 教育の無償化と憲法
 講師:土井裕明弁護士
第3回 3月24日(土曜) 9条をめぐる議論を整理する~自衛隊合憲論・違憲論と改憲議論~
 講師:玉木昌美弁護士、上野心太郎弁護士
第4回 4月7日(土曜) 国会議員は誰を代表するのか~国民主権と選挙制度~
 講師:武永淳滋賀大学准教授
http://www.shigaben.or.jp/schedule/20180224-20180407.html



教 育
●2月24日(土) 14時~京田辺市市中央公民館大ホール(JR京田辺駅・近鉄新田辺駅下車 JR京田辺又は近鉄新田辺バスターミナルより京阪バス又は奈良交通バス「京田辺市役所」下車すぐ www.tanabe-be.tanabe.kyoto.jp/info/chuou/map.html)
今だから話そう!文科官僚として成し遂げたこと 成し遂げられなかったこと
講師:前川喜平さん
参加費:500円
要申込
主催:京田辺市民日本語読み書き教室/京都府に夜間中学をつくる会(0774-63-6394次田のり子事務所)
http://www.kinyobi.co.jp/event/20180216_002498.php



森友学園問題
●2月24日(土) 2時~豊中市野田中央第2公園(庄内駅徒歩12分 http://www17.plala.or.jp/kyodo/0224-2.pdf) 3時~デモ出発 
森友疑惑の責任追及を! 第12回怒りのデモ
主催:「森友学園」疑獄を許すな!実行委員会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0224-2.pdf



街 宣
●2月24日(土)(毎月第4土曜日) 18時~梅田ヘップファイブ前
梅田解放区
私たちは、安倍政権、共謀罪、原発、沖縄基地建設、戦争、貧困、差別、格差など、さまざまな問題について声をあげています。第4土曜日の18時~大阪梅田のHEPファイブ前で抗議活動をしています。
いまの政治や社会はちょっとおかしいと思っている人も多いと思います。実際に、おかしいです。おかしい事にはおかしいと声をあげたい。
私たちはどこかの団体に所属しているわけではなく、ネットやツイッターなどを通じて、個人個人で集まっています。どなたでも参加自由です。演奏できる方、歌うたえる方もぜひどうぞ!
https://thinkaboutsocietyblog.wordpress.com/



朝鮮学校「高校無償化法」
●2月24日(土) 14:00~16:30 兵庫県民会館10階「福の間」(JR・阪神「元町」より徒歩7分/地下鉄「県庁前」東1・2出入り口下車すぐ http://hyogo-arts.or.jp/arts/kenminmap.htm
日本政府の「制裁」による朝鮮学校生への差別・人権侵害を許さない!
朝鮮学校に「高校無償化法」の適用を求める講演会

「日本政府の制裁と高校無償化法」
講師:金東鶴(キムドンハク)さん(在日朝鮮人人権協会)
日本政府は、対話による解決を放棄して朝鮮民主主義人民共和国への制裁を強めています。そのことが日本国内においては、在日朝鮮人に対する深刻な人権侵害を引き起こしています。朝鮮学校を「高校無償化法」から排除し続けていることも、その一つです。地方自治体が支給してきた補助金を一方的に廃止・削減する例も多発しています。
これら朝鮮学校への差別的取り扱いは、国際人権規約・人種差別撤廃条約・子どもの権利条約が禁止する差別・人権侵害です。そもそも高校無償化法は、教育を受ける権利をすべてのこどもに保障するために作られました。差別を持ち込むなどもってのほかです。
私たちは日本政府が朝鮮学校へも「高校無償化法」を適用することを求めて講演会を開催します。一人でも多くのみなさんの参加を訴えます。
参加費:500円
主 催:日朝友好兵庫県民の会 090-1599-0884 川端さん
https://www.freeml.com/kdml/11191/latest



共生 協働 人権
●2月24日(土) 9:30~大谷大学・2号館(「滝谷不動」駅 http://www.osaka-ohtani.ac.jp/access/
めざそう!共生・協働の社会創造 第49回人権交流京都市研究集会
本集会は、現代社会に存在するさまざまな人権課題に取り組む人々が貴重な実践経験や研究成果を持ち寄ることで交流・相互理解・連帯を深め、共生・協働の社会創造をめざしています。
◇9:30~正午 全体会
主催者挨拶・来賓挨拶・基調提案・集会宣言
全体集会記念講演(10:30~)
「日本国憲法と部落差別」
 講師:上杉聡さん(大阪市立大学元教授)   
日本国憲法が施行されて、昨年で70年となりました。第二次世界大戦で敗戦国となった日本が、連合国の占領下におかれる状況で制定された新しい憲法は、長く「アメリカの押しつけではないか」という議論のもと、「自主憲法」を唱える人々が一定数存在し続けました。しかし近年の歴史研究により、憲法制定の過程では、戦後初の民主選挙によって選出された国会議員たちにより、主体的に取り組まれたことが明らかになっています。特に、法の下の平等を定めた第14条では、だれひとりとして「差別されない」と明記することで、部落差別を禁止とする真の「解放令」の意味合いを持ち、人権侵害救済法や差別禁止法制定に向けた現在の取り組みへとつながる、核心的理念が記されています。平和の基礎となる人権尊重の精神が、大きく揺らいでいる現在の状況において、改めて憲法の意義について、みなさんと共に考えたいと思います。
◇午後1時30分~分科会 
大谷大学尋源館各教室
第1分科会 部落と人権 被差別部落のまちづくり
第2分科会 共生社会とまちづくり 奨学金問題から見る若者の貧困と教育保障の現状
第3分科会 教育Ⅰ 人権確立をめざす教育の創造
第4分科会 教育Ⅱ 共に生きることをめざして これからの人権教育の課題と展望を考える
第5分科会 部落の歴史 新たな視点での部落史 
参加費:2,000円(弁当:別途600円)
申し込み:集会はどなたでも参加できます。参加ご希望の方は、参加費を添えて各団体もしくは事務局にお申し込みください。
http://www.kyoken.jp/49/youkou49.htm   



済州島
●2月24日(土) 14:00~17:00 ギャラリー渡来 生野コリアタウンの真ん中、班家食工房2階(鶴橋駅徒歩15分 https://tabelog.com/osaka/A2701/A270205/27042182/dtlmap/
「済州を語らうシンポジウム」in 大阪報告会
映画上映「コッチばあちゃん」(45分)
千葉県鴨川市に所在する「済州海女の墓」を題材に、在日4世の女の子のストーリーを描いた作品です。主演:宮下順子(在日)共同制作:千葉の城西国際大学と釜山の東西大学の学生
映画上映後、済州MBCが放映した「済州海女の墓」と関連する映像(7分)を観賞し、日本に渡った済州海女について解説いたします。
「在日村in済州プロジェクト」報告会
12月17日に東京で開催された「在日村in済州プロジェクト」座談会のダイジェスト版(60分)上映
最後に、今年の初夏に全国上映される映画「焼肉ドラゴン」について
参加費・資料代:500円
申込み・問合せ:kudara62★gmail.com
https://www.freeml.com/kdml/11200/latest



辺野古新基地建設
●2月24日(土) 13:30~上宮川文化センター3Fホール(JR芦屋徒歩5分 http://www.city.ashiya.lg.jp/shisetsu/kamimiyagawa_cn.html
「標的の島 風かたか」上映会と三上智恵監督の講演
映画をご覧いただいたあと、三上さんから「沖縄の、いま」、そして「これから」についてお話をいただく予定です。是非、この機会にご参加ください。多くの方のご来場をお待ちしています。
映画上映 13:30~15:30(開場13時)
三上さんトーク 15:50~16:50
参加費:1000円(大学生以下無料)
主催:芦屋「九条の会」(090-7118-2312 片岡)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0224.pdf



辺野古新基地問題
●2月24日(土)  15時30分~(毎週土曜日)JR大阪駅南バスターミナル
「辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動」
辺野古の海が埋め立てられないように活動しています。
お時間の許す範囲で、少しでも皆様のご参加お待ちしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/henoko_osaka



辺野古新基地問題
●2月24日(土) 13:00~14:00 神戸マルイ前
HENOKO NO! 沖縄に基地はいらない 
   辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動

沖縄県民に対する不正を止めるために、共に声を上げて下さい。
ツイター・FaceBookで情報発信中{辺野古・神戸}で検索して下さい。
土曜の午後はいつもの時間、いつもの場所で、はじめての方、ちょっとだけ参加、見学、大歓迎。
https://twitter.com/kobekodo/



辺野古新基地問題
●2月24日(土) 毎週土曜日17:00~18:30ごろ 京都市 三条河原町交差点(三条河原町商店街のアーケード前スペース)
沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、
     普天間基地の撤去を求める京都行動

アピール、チラシ配り、新基地建設に反対する署名集めなどなど
http://kyoto-action.jugem.jp/?pid=1
https://twitter.com/ALALALED/status/551165696185344000



上映会
●2月24日(土) 13:30~神戸市賀川記念館(JR,阪急,阪神,地下鉄 三宮から徒歩15分
阪神 春日野道から徒歩7分 http://core100.net/kinenkan/access.html
町の上映会「コスタリカの奇跡」
1948年に軍隊を廃止。軍事予算を社会福祉に充て、国民の幸福度を最大化する道を選んだコスタリカの奇跡に迫ったドキュメンタリー
主催;Npo法人はちさん トランジションタウン神戸さん
協力:賀川記念館 隣保事業 天国屋カフェ
参加費:1,000円
上映会の後、天国屋カフェで飲み物を飲みながら、語らいの時を実施します。
https://www.evensi.jp/町の上映会-コスタリカの奇跡-賀川記念館%EF%BC%94階-天国屋カフェ-賀川記念館/239747909



政 治
●2月24日(土) 16:00~グリーンベリーズコーヒー谷町店(谷町四丁目駅 https://www.navitime.co.jp/maps/poi?code=02022-1218548
「立憲カフェ」
テーマ「都構想」~大阪市の未来を考える

市民目線の政策実現へ向けた、オープンな議論の場。新しい政治スタイルを広めていくため、皆さまのご参加をお待ちしております。
定員:50人
参加費:1,000円(ドリンク代、お菓子代として)
参加お申込み:http://www.kokuchpro.com/event/180224_rikkencafe/
https://www.facebook.com/cdposaka/posts/1987800544802984



ラテンアメリカ
●2月24日(土) 午後2時~5時30分 阿倍野区民センター・大ホール(地下鉄谷町線、阪堺上町線「阿倍野」下車 徒歩2分 http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016671.html)
シンポジウム ラテンアメリカ3カ国の駐日大使がそろって語る
いま、中南米・カリブ海で何が起きているのか?~危機の時における選択と課題~
貧困・格差克服の社会改革と非核・非同盟の地域統合をすすめている中南米・カリブ海諸国が、いまあらたな困難に直面しています。米トランプ政権による干渉や軍事的脅威、その野望と狙いは何か。そのもとでこれら諸国の人々はどうたたかっているか。世界をとらえ、日本の平和とくらし、民主主義を考えます。コーディネーターは、ラテンアメリカ研究家・新藤通弘氏。
・キューバ共和国 カルロス・ミゲル・ペレイラ・エルナンデス大使  
・ニカラグア共和 サウル・アラナ・ カステジョン大使
・ベネズエラ・ボリバル共和国  セイコウ・イシカワ大使  
参加協力券:1,000円 (学生・障害者 500円、小中学生 無料)
主催:大阪AALA(大阪アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会)
協賛:京都AALA、兵庫AALA、奈良AALA、和歌山AALA
賛同団体:大阪革新懇、安保破棄・諸要求貫徹大阪実行委員会、大阪のうたごえ協議会、大阪平和委員会、原水爆禁止大阪府協議会、日本コリア協会・大阪、日本中国友好協会大阪府連合会、日本ベトナム友好協会大阪府連合会、日本ユーラシア協会大阪府支部連合会
連絡:大阪AALA 電話06-6768-5360 FAX06-6768-5361
http://osakaaala.la.coocan.jp/sab3ivent.htm



経 済
●2月24日(土) 14:00~17:00 Books×Coffee SOL(京都駅 徒歩6分 https://retty.me/area/PRE26/ARE111/SUB47301/100001345052/map/
ルネサンス研究所・関西2月定例研究会
テーマ:リフレ左派の金融政策
講師:斎藤隆雄
参加費:¥500
主催:ルネサンス研究所・関西
https://jimmin.com/events/event/ルネサンス研究所・関西2月定例研究会/



資本論
●2月24日(土)(毎月第2、第4土曜日) 10時~11時半 京都市下京いきいき市民活動センター第2会議室(JR京都駅(北側)塩小路通りを東に約15分 京都市下京区上之町38番地 http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/cmsfiles/contents/0000099/99788/simogyo-map.GIF
「資本論」を読む会 京都
第2篇第4章第1節
参加費:200円
主催:「資本論」を読む会京都
連絡:090-5241-5052
https://blogs.yahoo.co.jp/shihonron_kyoto/



■2月24日(土) 午後11:00~00:00 NHK Eテレ
ETV特集「居場所があれば立ち直れる~累犯障害者 社会で生きるために~」
障害がありながら、必要な支援を受けられず、犯罪を繰り返す“累犯障害者”。どうしたら再犯を防ぎ、立ち直りにつなげられるか?求められる支援のあり方を見つめる。
長崎県地域生活定着支援センターの所長を務める伊豆丸剛史さん。知的あるいは精神的な障害がありながら必要な支援を受けられず、犯罪を繰り返す“累犯障害者”の支援を続けている。服役を終えた障害者のために、生活保護の申請や住む場所や働き口の確保などを手伝う。再犯を防ぎ、更生に導くことができれば、本人にとってだけでなく、社会にとっても大きなメリットがあるという。伊豆丸さんたちの取り組みを見つめる。
http://www4.nhk.or.jp/etv21c/x/2018-02-24/31/30764/2259587/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村





(2/21更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2018年2月19日(月)~23日(金)

★2/21追加情報
●2月23日(金) 16:45~真宗教化センター しんらん交流館 2F 大谷ホール(地下鉄五条駅)
「標的の島 風かたか」上映会と三上智恵監督の講演
■2月23日(金) 午後10:30~11:00 NHK Eテレ
シリーズ 欲望の経済史~日本戦後編~ 第2回「奇跡の高度成長の裏で60s」
★2/20追加情報
●2/23(金)までのイベント情報を掲載しました。



【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-278.html




■2月19日(月) 深夜午前00:55~01:25 読売テレビ、日本テレビ系列
NNNドキュメント「あたいはやっちょらん 大崎事件 再審制度は誰のもの?」
1979年、鹿児島県大崎町で男性が牛小屋の堆肥の中から遺体で見つかった。逮捕されたのは義姉の原口アヤ子さん(90)。共犯とされた親族3人の自白が決め手だったが、出所後「自白は強要されたものだ。」と主張した。無実を訴えて38年。鹿児島地裁は2度もやり直し裁判、再審を認める決定を出したが、検察側の不服申し立てに阻まれ、裁判は始まっていない。「罪のない人の救済」が目的の再審制度は、誰のものなのか?
http://www.ntv.co.jp/document/



■2月19日(月) (再放送) 深夜午前01:15~02:45 NHK Eテレ
ETV特集「花を奉る 石牟礼道子の世界」
今月10日に90歳で亡くなった作家・石牟礼道子さん。半世紀にわたり文明の病としての水俣病を代表作「苦海浄土」などで鋭く描き続けた。患者の悲しみや、近代日本が捨て去った人と自然が共にあった豊かな世界を、花を奉るという気持ちで書きつづった。2012年、水俣病が最終解決とされようとしている中、初のロングインタビューに応じた。患者たちとの交流や作品の朗読を交えながら、近代化とは何だったのかを問う。
http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2012/0226.html
http://www4.nhk.or.jp/etv21c/x/2018-02-18/31/33875/2259624/


   
●2月19日(月) 18:30~マイドームおおさか8F第3会議室(「堺筋本町」「谷町四丁目」http://www.mydome.jp/access/ )
立憲民主党「 原発ゼロ基本法案タウンミーティング@大阪」
話題提供:山崎誠(衆議院議員)
「1日も早く原発ゼロへ」
これは立憲民主党と国民の皆さんとの約束です。
原発ゼロ政策は国民の皆様との開かれた議論を通してその内容を深め、ともにまとめていくこと重要と考えています。
その実現に向け、現実に立脚した政策としてまず「原発ゼロ基本法」を策定し、皆様にお示しする準備を進めています。
このたび原発ゼロ基本法案の国会提出前に、同法案への理解を広めるとともに、市民の意見を盛り込みたいという思いから、意見交換会を開催します。
市民や地方議員と対話を通じて、政策の実現へー。皆様のご参加をお待ちしております!
要予約
http://www.kokuchpro.com/event/npzerotmosaka/



森友学園問題
●2月19日(月) 18時半~21時 同志社大学今出川キャンパス良心館410教室(今出川 https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/imadegawa.html
安倍晋三記念小学校疑獄とメディア
講師:木村真さん
参加無料
主催:浅野健一ジャーナリズム講座(075-255-5757タカタ総合法律事務所)
http://www.kinyobi.co.jp/event/20180216_002498.php



改 憲
●2月19日(月) 18:30~19:30 なんば高島屋前
安倍9条改憲NO!理不尽な改憲を許さない
2/19おおさか総がかり街頭宣伝・署名行動

主催:おおさか総がかり行動実行委員会
担当:戦争をさせない1000人委員会・大阪
☆17日~19日前後 府下総がかりいっせい宣伝行動一覧☆
西淀川 19日集会&ドラムデモ 18:30~姫之里公園
豊 能 17日 10:00 イズミヤカナート(光風台)前 宣伝
旭 区 19日京阪森小路駅 16:00~17:00 
高 槻 19日 14:00 高槻駅前/戦争させない高槻 市民の会
此花区
 19日 12:00~13:00 UFJ 銀行前
 21日 14:00~伝法東公園集会&パレード
茨 木 19日 18:00 阪急茨木東口・JR 茨木東口/ 総がかり実行委で宣伝
西 区 19日 17:00~18:00地下鉄西長堀・地下鉄 九条
枚 方
 17日 10:00~中宮本町等地域入り
 19日 16:00~御殿山ライフ前、16:00~樟葉駅前、18:00~市駅南口
平野区 19日スーパー前 16:00~16:40
城東区 20日 10:00 諏訪地域入り宣伝/女性後援会
守 口 17日 13:30~15:00京阪守口駅前
住吉区 25日 11:00~12:00山之内市営住宅入り
東大阪 2日 14:00~瓢箪山駅 市民共同宣伝
住之江区 19日 11:00 安立商店街北詰
八 尾 19日 17:00 JR 八尾駅宣伝
河内長野 19日 11:00 スーパー西友(千代田)前
藤井寺 19日 17:00~18:00藤井寺駅前
和 泉 19日 17:00 北信太山駅
羽曳野 19日 11:00~12:00道の駅
岸和田 19日 18:00 岸和田駅前
狭 山 19日 15:45~16:45金剛駅前
熊 取 19日地域入り宣伝

 17日 12:00~13:00 堺東駅前
  10:30~11:30 関西スーパー万崎店前
  16:00~17:00 鳳ウイングス前
 19 日 15:30~16:30 地下鉄北花田駅前
 19 日 17:30~18:30 堺東駅前
 20 日 15:00~16:00 上野芝スーパー西友
  16:00~17:00 美原区平尾地域訪問
  10:00~11:00 北野田サンプラザ前
(ZENKOよびかけ)
2月17日(土)
10:00~13:00 京阪寝屋川市駅前 090-3927-6382(山口)
10:00~15:00 大阪市城東区訪問行動 070-6927-0478(松尾)
11:00~12:00 地下鉄御堂筋線新金岡駅 090-6328-0639(藤丸)
16:30~18:00 京橋ビギン商店街自転車置き場前 070-6927-0478(松尾)
2月18日(日)
10:00~15:00 大阪市城東区内訪問行動 070-6927-0478(松尾)
10:30~13:30 JR学園都市線住道駅北側2階デッキ広場 090-3708-7705(山本)
       (雨天時 1階北側ロータリーイズミヤ・サンメイツ前)
10:30~12:30 JR茨木駅前  080-3113-2304(山本)
16:30~18:00 京橋京阪モール前 070-6927-0478(松尾)
2月19日(月)
15:00~16:30 京阪樟葉駅前 090-9705-5921(松田)
14:00~16:00 JR茨木駅前 080-3113-2304(山本)
17:30~19:00 京阪枚方市駅前 090-9705-5921(松田)
https://www.facebook.com/so.gakari.osaka/photos/a.1672731293001415.1073741828.1672721933002351/2025085017766039/?type=3&theater



改 憲
●2月19日(月) 19:00~20:00 京橋駅JRと京阪の間
憲法改悪に反対するビラまき・アピール行動
呼びかけ:リブ・イン・ピース☆9+25



改 憲
●2月19日(月) 午後6時30分~京都市役所前集合 午後7時~デモ
安倍9条改憲反対! 共謀罪廃止! 辺野古の海を埋め立てるな! 戦争法廃止を!
2・19京都デモ 
呼びかけ:戦争をさせない京都1000人委員会
https://www.facebook.com/events/154179628615765/



輪読会
●2月19日(月) 10:00~12:00 大阪クリスチャンセンター3(玉造駅 http://www.osakachristiancenter.or.jp/map.html
カレル・ヴアン・ウオルフレン「人間を幸福にしない日本というシステム」輪読会
2017 年の国連調査ランキングで、155か国中最も幸せな国はノルウェーで、日本は 51 位、先進国と呼ば れる国にあって最下位でした。何をもって幸せというか考え方が分かれるところですが、東日本大震災以降、 幸せの価値観に大きな変化が見られたのは事実です。自分たちの人生はどこかおかしい。この漠然とした不満 を、多くの日本人が感じているのはなぜか?米国の植民地とされ官僚独裁主義のこの国で、政治・経済的変革 等を経ながらどうすれば私たちは主と共に生かされる本当の民主主義を手にできるのでしょうか。
参加費:500円 
主催:キリスト者原発学習会
連絡先:090-3974-1166(弓場)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0219.pdf



●2月20日(火) 10:00~13:30 奈良・市民放射能測定(学園前 セブンスターマンション103号https://www.mapion.co.jp/m2/34.69764609,135.75215445,16
おしゃべりランチ
田原ナチュラルファームのふくいさわさんのおはなしを予定しています
主催:奈良・市民放射能測定所
〒6310036 奈良県 奈良市学園北2-1-6セブンスターマンション103号
https://www.facebook.com/events/2001340536853596/



自然エネルギー
●2月20日(火) 13:30~15:30【大阪梅田・昼】ユーズツウ 会議室H(JR大阪駅から徒歩5分 https://www.us2-fuji.com/) 18:30~20:30【神戸三宮・夜】神戸国際会館 会議室805(JR三ノ宮駅より徒歩3分 http://www.kih.co.jp/access
セミナー「自然エネルギー100%に向かう世界と日本~今求められるアクション」
パリ協定が発効し、世界では脱化石燃料や自然エネルギー100%へのトレンドが生まれています。折しも日本では、国全体のエネルギー政策(エネルギー基本計画)の見直しの議論が行われています。
今後、日本は原子力、火力、自然エネルギーとどう向き合うべきでしょうか。世界と日本の最新動向を学び、企業や自治体、教育機関、市民にできるアクションを考えます。
プログラム(予定)
パリ協定の今・世界の気候変動対策最新動向
 土田道代さん(地球環境市民会議(CASA))
エネルギー基本計画のポイントとパワーシフトキャンペーン
 吉田明子さん(国際環境NGO FoE Japan)
地球にやさしい銀行選び・レッツ、ダイベスト!キャンペーン
 棚尾真理絵さん(350.org Japan)
世界で広がる自然エネルギー100%宣言
 伊与田昌慶(気候ネットワーク)
参加費無料
申込方法:申込み専用ページ http://bit.ly/20180220event あるいは、メールかFAX、お電話にて下記の申込先まで、件名「CAN-Japanイベント申込み」として、参加ご希望の会場( 大阪・神戸)と、お名前、ご所属、 ご連絡先メールアドレスをご連絡下さい。*お申し込み頂いた方には確認後、5営業日以内に申込受付のご案内をお送りいたします。
主催:Climate Action Network Japan (CAN-Japan)
CANは、世界で気候変動問題の解決のために活動する120ヶ国・1100団体からなるNGOのネットワークです。CAN-Japanは、CANの日本での集まりで、15団体からなり、国連気候変動交渉に参加し、国際的NGOネットワークと連携しながら政策提言や情報発信に取り組んでいます。共催:気候ネットワーク、地球環境市民会議(CASA)
問合せ:CAN-Japan事務局(特定非営利活動法人気候ネットワーク内)
〒604-8124 京都府京都市中京区帯屋町574番地 高倉ビル305 気候ネットワーク内
TEL: 075-254-1011 FAX:075-254-1012 MAIL: secretariat@can-japan.org
本報告会は、平成29年度独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて開催します。
http://www.can-japan.org/events-ja/2268



国民投票法
●2月20日(火) 18時半~20時半 ドーンセンター・大会議室1(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
-『国民投票法』の問題点と対抗策-
憲法改正・国民投票では、憲法についての国民の意見ができるだけ正確に投票結果に反映されなければならないはずです。ところが、現行の国民投票法には、非常に問題点が多く、このまま国民投票が実施されてしまうと、国民の意識とはかけ離れたとんでもない「憲法」になってしまうおそれが大きいのです。その怖さをリアルにお話しし、これから『国民投票法』を踏まえた憲法改正阻止のための行動をどのようにすすめていくかをご一緒に考えていきます。
≪企画詳細≫
「国民投票法の仕組み」講師:杉島 幸生 弁護士
パネルディスカッション「憲法改正阻止行動の進め方」
・(株)電通 甲田 さんからのレクチャー
  「広告コミュニケーションについて」
・SADL fusae さん   
・戦争をさせない1000人委員会 池田 高正 さん
・憲法会議 山田 憲司 さん   
(コーディネート)弘川 欣絵 弁護士
来賓:立憲民主党 森山浩行(衆議院議員)日本共産党 わたなべ結さん 社会民主党 服部良一さん 自由党 渡辺 義彦 さん ほか
司会 足立 賢介 弁護士
前半で、憲法改正「国民投票法」の仕組みと問題点を復習し、後半では、電通の甲田さんから「広告コミュニケーション」を教えてもらって、私たちにこそできる「国民投票」攻略策を見つけていきたいと思っています。
https://www.facebook.com/events/141188593348434/
https://twitter.com/respectoosakabs/status/956780303569141760



朝鮮学校高校無償化
●2月20日(火) 19:00~20:45 キャンパスプラザ京都(ビックカメラ前、JR京都駅ビル駐車場西側 http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access
朝鮮学校へ「高校無償化」制度適用を!2.20京都集会
朝鮮学校が「高校無償化」の対象から除外されて、2月20日で5年目を迎えます。この日を機会に「無償化」適用に大きな一歩を踏み出そうと、集会を企画いたしました。多くの方々のご参加、ご賛同をお願いいたします。
基調講演 丹羽雅雄さん【高校「無償化」裁判大阪弁護団長】
ジュネーブ報告 朴金優綺さん【在日本朝鮮人人権協会事務局】
その他、各方面からのアピール
参加費:500円
https://www.facebook.com/events/2007499206055523/



弁護士
●2月20日(火) 18:15~20:15 京都弁護士会館地下大ホール(地下鉄丸太町駅から徒歩7分・バス停「裁判所前」から徒歩1分他 https://www.kyotoben.or.jp/access.cfm
自由人権協会京都例会
「刑事弁護の王道 ~行くに径に由らず~」

講師:池田良太弁護士(自由人権協会京都会員)堀和幸法律事務所
池田良太弁護士は、勾留の必要性に関する最高裁平成26年11月17日決定をはじめとして、刑事裁判において数々の成果を勝ち取ってこられました。
平成26年9月には、ある強制わいせつ冤罪事件で、徹底的な証拠開示によって被害者供述の信用性を崩す決定的な証拠を獲得し、無罪判決を導きました。しかし、この冤罪事件と背景事情がほぼ共通する別の弁護人の事件では有罪判決が確定しました。
この二つの事件の明暗を分けたものはなんだったのでしょうか。
今回は、この事件を基に、京都随一の「戦う刑事弁護人」である池田弁護士の弁護活動の技術や取り組み方についてご講演いただきます。
参加費:無料 予約不要
主催:自由人権協会京都 堀法律事務所内 電話 075-241-1092
http://jclu-kyoto.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/2018220-f11d.html



あいりん職安仮移転
●2月20日(火) 14時~釜ヶ崎三角公園(新今宮 動物園前⑨ 今池 萩ノ茶屋 https://www.facebook.com/pages/西成-釜ヶ崎-三角公園/148576708600887)14:30~三角公園出発、釜ヶ崎地域をデモ
労働福祉センター・あいりん職安仮移転反対大集会
「仮移転先」とされる新今宮南の南海ガード下は亀裂が多く、スラブ桁のずり落ちが目視でも確認でき、雨に日にはガード下のあちこちで漏水も。南海電鉄と大阪府はただ「安全だ」というが、客観的データで証明したことはない。辛酸などが起こればどうなるかわからない。労働者の生命を軽く見るな!
その後バスで南海電鉄本社へ。申入書の回答を要求します。



ライブ
●2月20日(火)~23日(金) 座・九条(阪神電鉄「九条駅」徒歩2分 地下鉄中央線「九条駅」徒歩5分 http://e-kangeki.net/theater/the_kujo/
さよなら「座・九条」浪速の歌う巨人パギやん 歌うキネマ
・2月20日(火)18:30開場 19:00開演「人間であるために」
・2月21日(水)18:30開場 19:00開演「ナッツ【NUTS】)
・2月22日(木)18:30開場 19:00開演「砂の器」
・2月23日(金)18:30開場 19:00開演「飢餓海峡」
木戸銭¥3000(一般前売)¥3500(当日)¥2000(賛助会員割引)¥1000(高校生以下、障がい者&介助者)
主催:コラボ玉造
連絡TEL06-6741-8012
https://jimmin.com/events/event/さよなら「座・九条」浪速の歌う巨人パギやん%e3%80%80/



●2月21日(水) 10:30~15:00(途中からの参加、途中退室も可能です) 大阪市立社会福祉センター(近鉄「大阪上本町」⑪東へ徒歩3分 地下鉄「谷町九丁目」⑧徒歩10分 http://shafuku-center.jp/shisetsu.html
【避難者交流会Cafe IMONIKAIのご案内】
3.11および福島原発事故避難者の「居場所」です。タブー一切なし、何でも話して大丈夫です。話すこと、会話することで、つながることで、見えてくること、困りごとの解決への糸口も見つかったりするなど色々・・・
当日お目にかかれる皆さま方、応援くださる皆さま方、どうぞよろしくお願いしますm(__)m
参加者全員が3.11避難者のために出来るボランティア参加です(^^)
主に、初めて参加の方や避難してきて間もない方へ、先に避難してきて参考になったことなど、避難者にとってのお役立ち情報などの提供など、出来る範囲で背伸びせず、出来る事を担ってただけましたらと思っています。
参加費:無料 差し入れ大歓迎♪
参加対象者:3.11避難者&3.11避難者に心をお寄せくださる方ならどなたでも大歓迎☆
お申込み:特に不要です。
お問合せ:sandori2014@gmail.com サンドリ【3.11避難者交流カフェイモニカイ】係
今後の予定:3月8日(木)、 4月25日(水)、6月20日(水)
主 催:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (略称:サンドリ)
協 力:大阪市ボランティア・市民活動センター(大阪市社会福祉協議会)
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1769.html



憲 法
●2月21日(水) 午後6時~西宮市民会館アミティホール(阪神西宮駅「市役所口」改札北へすぐ http://amity.nishi.or.jp/amity/access.html)
憲法が生きる政治へ ビッグ【てい談】
 内田樹さん(神戸女学院大学名誉教授、京都精華大学人文学部客員教授)、
 石川康弘さん(神戸女学院大学教授)
 冨田宏治さん(関西学院大学教授)
協力券:1,000円(学生500円)
主催:西宮革新懇(平和・民主・革新の日本をめざす西宮の会)
連絡:090-5976-8665
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0221.pdf



生活保護基準引き下げ
●2月21日(水) 午後3時~大阪地方裁判所202号大法廷(2階)(地下鉄淀屋橋より北東へ8分 大阪市役所の北側、橋を渡り直すぐ http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/) 
生活保護基準引き下げ違憲訴訟第12回期日
傍聴者:午後2時10分までに地裁・抽選場所集合 
※午後4時~大阪グリーン会館 報告集会 
生活保護基準引き下げ違憲訴訟を支える大阪の会
https://jimmin.com/events/event/生活保護基準引き下げ違憲訴訟第12回期日/



共謀罪
●2月21日(水) PM6:30~エルおおさか・南館101号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
「組対法と共謀罪」―私たちの明日はどっちだ!
お話し:下村忠利さん(弁護士)
共謀罪の新設は、組織的犯罪処罰法の改正によるものでした。では、組織的犯罪処罰法とはどんな法律でしょうか。警察は、裁判所は、これまでこの法律をどのように適用してきたのでしょうか。
組織的犯罪処罰法の事件を数多く弁護され、「密室監禁下の取調べ・人質司法・調書裁判という世界にも異例な日本の刑事司法の中で,被疑者・被告人の防禦権のために闘ってきたという自負があります。熱心弁護は我が誇りです。」と語る下村弁護士に、その実態を紹介してもらい、共謀罪の新設がどんな意味を持つのか、共謀罪がどう適用されようとしているのかを考えます。
下村忠利さんプロフィ-ル
1977年弁護士登録。平成16年(2004年)日本初の刑事弁護専門事務所「刑事こうせつ法律事務所」を開設。日本弁護士連合会刑弁センター副委員長、大阪弁護士会刑事弁護委員会共謀罪プロジェクトチーム座長、等。
映画「やくざと憲法」にも出演。
著書:刑事弁護に関する著書多数、専門書以外にも「刑事弁護人のための隠語・俗語・実務用語辞典」など。
資料代:500円
https://jimmin.com/events/event/「組対法と共謀罪」―%e3%80%80私たちの明日はどっちだ/



●2月22日(木) 16時~19時 滋賀県庁正面噴水前(JR大津駅から徒歩5分 大津市京町四丁目1番1号 http://www.pref.shiga.lg.jp/guide/chosha/index.html
滋賀県庁前すわりこみ
http://nonukesiga.exblog.jp/26449814/



●2月22日(木) 14:00~大阪地方裁判所本館2階202号法廷(地下鉄淀屋橋より北東へ8分 大阪市役所の北側、橋を渡り直すぐ http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/)
原発賠償関西訴訟 第17回口頭弁論
以前ご案内しましたように、本年1月から、大阪地方裁判所は所持品検査を始めています。
その関係だと思いますが、傍聴券の抽選時間がいつもの13:30ではなく、13:15となっています。
◇12:00~淀屋橋にて宣伝行動 地下鉄御堂筋線/京阪「淀屋橋」駅1番出口出たところに集合(12:30終了予定◇13:00~大阪地方裁判所・本館南側玄関集合(注:原告と弁護団は弁護士会館集合です)
◇13:05~13:15 大阪地方裁判所・本館南側玄関前 整理券配布(13:15抽選予定)
※傍聴券交付状況をご確認ください(案内が出ています)。
http://www.courts.go.jp/app/bo tyokoufu_jp/list?id=146
※13:10~13:15頃に、原告・弁護団は正面から裁判所に入 廷を行う予定です。
なお、裁判所敷地内では一般のチラシ配布などは禁止されておりますのでご注意ください。
弁護団からは、当日のスケジュール等を記載したものを配布する予 定です。
◇14:00~弁論開始(202号法廷)
※抽選に外れた方は、同時刻に、報告集会会場(大阪弁護士会館2階203・204号室)にて、模擬法廷を行いますので、そちらに移動をお願いします。
14:20頃~弁論終了予定
14:30頃~報告集会 大阪弁護士会館2階203・204号室
http://www.osakaben.or.jp/06-a ccess/
16:30頃~報告集会終了予定
期日後には、報告集会が行われます。
宣伝物を配布したい方が多数おられると思いますが、事前に弁護団 に一声おかけください。原発と無関係な宣伝物の配布はお断りすることがあります。また、報告集会にて宣伝したい事項があれば、こちらも弁護団に一 声おかけください。報告集会の時間が短いため、事前に申し出があったものに限らせて いただく予定です。
第17回弁論期日の内容は以下のとおりです。
・原告準備書面48の陳述・・ パワーポイントを使用して説明します。 
 原告の主張する低線量被ばくの健康影響に関する準備書面です。
傍聴に来られる方は、くれぐれも13:155までに裁判所の正面玄 関前にお越し下さい。
当日は、多数の傍聴希望が予想されます。抽選に外れても、大阪弁 護士会館2階203・204号室にて模擬法廷(パワーポイントによる説明)を行いますので、そちらで内容を確認することが できます。
原発賠償関西訴訟の応援団★KANSAIサポーターズ 原発賠償関西訴訟弁護団
https://www.facebook.com/kansaisupporters/photos/a.255562091272675.1073741832.212708762224675/926917300803814/?type=3&theater



南北対話
●2月22日(木) 18:30~エルおおさか(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
南北対話を積極的に支持し、米韓合同軍事演習の中止と、米朝対話の再開を求める2・23集会
講演:韓忠穂(反戦平和国民行動代表)
資料代:¥800
主催:南北対話を積極的に支持し、米韓合同軍事演習の中止と米韓対話の再開を求める2・23集会実行委員会
連絡:TEL06-6583-5549(日韓平和連帯)
https://jimmin.com/events/event/南北対話を積極的に支持し、米韓合同軍事演習の/



森友学園問題
●2月22日(木) 18時~19時 阪急宝塚線「曽根」駅前
森友学園問題マイクアピールとビラ撒き
主催:森友学園問題を考える会



●2月23日(金) 関西電力本社前(「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:00頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:30 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●2月23日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●2月23日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●2月23日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&三宮駅までのパレード



●2月23日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に!
脱原発の願いを込めて 音楽・アート大歓迎。手作り看板・鳴り物持参で。
福島のこども達のための街頭カンパもやってます!再稼動許さないの声をもっと!



森友学園問題
●2月23日(金) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
森友学園問題で松井知事の責任を問うマイクアピールとビラ撒き
主催:森友学園問題を考える会
※この行動のあと、淀屋橋の大阪地裁に移動し、202号大法廷で3時から行われる、国を相手取った森友学園問題情報公開訴訟(途中で国が森友学園への国有地売却に関する情報を公開したため、損害賠償請求訴訟に変更)の公判に臨みます。時間に余裕のある方は、その傍聴もよろしくお願いします。傍聴抽選と金属探知機による持ち物検査に備え、2時15分には裁判所に着く必要があります。
◆2月23日(金) 15時~大阪地裁202号(大法廷)2時15分~集合
森友学園問題情報公開訴訟
公判終了後には、弁護士会館904号室にて、簡単な公判後集会も行います。



ドキュメンタリー上映
●2月23日(金) 19:00~21:00 神戸生活創造センターセミナー室(JR神戸駅南出口徒歩3分 神戸高速鉄道「高速神戸駅」東改札徒歩7分 地下鉄「ハーバーランド駅」徒歩5分 クリスタルビル5階 http://www.sozoc.pref.hyogo.jp/access.html
ドキュメンタリから 学ぶ平和 無料上映会
第6回「冬の兵士」
(80分)
テーマ:善いことをしようとイラクに赴いた若者たちが証言する、アメリカの戦争の真実
主催:KOBE ピース iネット
連絡先:090-6377-2707 高橋
http://peace2014.blog.fc2.com/blog-entry-131.html



NEW
映画上映会
●2月23日(金) 16:45~真宗教化センター しんらん交流館 2F 大谷ホール(地下鉄五条駅8番出口より徒歩3分 http://jodo-shinshu.info/access/
2017年度 女性室公開講座 分断と沈黙を超えて-沖縄と女性-
「標的の島 風かたか」上映会と三上智恵監督の講演
上映後、19:00より三上智恵監督による講演会
主催:解放運動推進本部 女性室
連絡:TEL:075-371-9247 FAX:075-371-9224
E-mail: kaiho★higashihonganji.or.jp
※メールでお問い合わせの際は★を@にかえてお問合せください
※料金や予約状況など詳細は主催者までお問合せください
http://www.tofoo-films.jp/hyotekinoshima/?cat=30



NEW
■2月23日(金) 午後10:30~11:00 NHK Eテレ
シリーズ 欲望の経済史~日本戦後編~ 第2回「奇跡の高度成長の裏で60s」
「奇跡」とも称される戦後の高度成長。所得倍増計画、東海道新幹線開通、東京オリンピック開催…、華やかなビッグイベントが続き人々が夢に向って走った60年代。サラリーマンのライフスタイルも変わり、東京は大都会となり活況を呈する。しかしそこで同時に進行していたのは物質的な豊かさのみに目を奪われることへの懐疑だった。急速な成長はどのようにもたらされ、その裏側に何が?警鐘を鳴らしていたのは意外な人物だった?
http://www4.nhk.or.jp/P4384/x/2018-02-23/31/30093/1726008/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2018年2月18日(日)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-278.html




■2月18日(日) (再放送)深夜午前00:00~00:30 NHK Eテレ
シリーズ 欲望の経済史~日本戦後編~1▽焼け跡に残った戦時体制 終戦~50s
焼け跡から立ち上がり復興に向けてひた走り短期間で豊かさを実現したとされる日本の戦後、そして50年代。財閥解体、農地改革、傾斜生産方式、ハイパーインフレ、ドッジライン、東京タワーしゅん工…さまざまなトピックスがあったがその背後にあった物語とは?戦後経済のあり方には実は「戦時体制」が大きく影響していたと野口は言う。野口の指摘をきっかけにさまざまな角度から戦後まもなく走り出した日本経済の光と影を再考する
http://www4.nhk.or.jp/P4384/x/2018-02-17/31/27924/1726007/



●2月18日(日) 午後1時半~4時 尼崎女性センタートレピエ(阪急神戸線武庫之荘駅南出口南へ240m http://www.amagasaki-trepied.com/
映画「日本と再生」inあまがさき 上映会とトーク
トーク:泉佐野電力 柿本 香さん「自治体が電力会社を作ったわけ」
上映協力金:500円 高校生以下・介助者 無料 託児室あり(予約をお願いします)
主催:「日本と再生」上映実行委員会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0218.pdf



●2月18日(日) 14時~16時 三宮マルイ前
マルイ前アクション
主催:さよなら原発神戸アクション



●2月18日(日) 14:00~16:00 京都・市民放射能測定所,丹波橋測定室(京阪本線・近鉄 丹波橋駅「東口」徒歩1分 http://nukecheck.namaste.jp/pdf/accessmap.pdf
『トリチウムを放出していいの? 原発事故の汚染水を海に捨てたら、深刻な健康被害が大発生!』
講師:渡辺悦司さん(政治経済学・経済史学会会員 市民と科学者の内部被曝問題研究会会員)
みなさん、ご存知ですか? 福島第一原発事故で大量に発生した汚染水。 それが溜まりに溜まって、タンクの山を築いています。それを「処理」したから海に捨てよう と、「原子力規制委員会」が強力に推進してい るんです。
ちょっと待った!実はその汚染水には、処理不可能な「トリチウム」という怖い、恐ろしい放射性核種が入ってるんです。渡辺さんに講師をお願いし、トリチウムとは何か、その危険性、健康被害の実態について勉強会を開きますので、ぜひ参加してください。
参加費:会員500円,一般700円
※丹波橋測定室のスペースの関係で参加は受付順15名様といたします。
特別企画をセット:持ち込み検体の無料測定します!(保存可能なもの限定)
みなさん!放射能汚染が気になる食品はありませんか?一度測定してみたいと思いませんか?2月18日の学習会に参加する時に持ってきてください。今回は学習会参加の方の検体を無料で測定します。
≪今回募集する検体について≫
①預かって測定しますので、保存可能なもの。
②量は1リットル(最低500ミリリットル)
③容器に詰められる状態のもの(野菜ならみじん切り等にしたもの)ぜひ、よろしくお願いします。
申し込み先:丹波橋測定室 shimin_sokuteiアットyahoo.co.jp
または佐藤まで 070-5664-2713 satokazuアットwave.plala.or.jp
http://nukecheck.namaste.jp/pdf/180218gakusyukai.pdf



日米地位協定
●2月18日(日) 13:30~西区民センターなでしこホール(神戸市営地下鉄「西神中央」徒歩3分 https://map.goo.ne.jp/place/28001051186/map/
西神ニュータウン9条の会 11周年記念のつどい
『沖縄から“日本”が見える』~憲法と日米地位協定~
講師:前泊 博盛さん(沖縄国際大大学院教授)
講師プロフィール:前泊博盛 沖縄国際大大学院教授
1960年沖縄宮古島生まれ。27年間、琉球新報社の記者、編集委員、論説委員長などを歴任。「日米地位協定」キャンペーン報道で日本ジャーナリスト会議賞大賞など受賞。著書:『沖縄と米軍基地』(角川書店)『日米地位協定入門』(創元社)等多数。
参加費:1000円(前売900円 高校生以下無料)
主催:西神ニュータウン9条の会
協賛: 憲法9条の会・岩岡、9条の会がくえん、憲法九条を守る玉津の会、私たちの街(桜ヶ丘・押部谷)の九条の会、伊川谷九条の会
連絡:090-7480-3128
http://inami9.exblog.jp/29079285/



南 京
●2月18日(日) 13:30~栗東芸術文化会館・さきら(栗東駅東口より約400m(徒歩5分)https://www.sakira-ritto.net/access/index.html) 
太平門消えた1300人-80年目の南京 記憶をつなぐ
松岡環ドキュメンタリー映画最新作と監督のお話
南京攻略戦には約20万人の日本軍が南京に向かった。「太平門に於ける守備の一中隊長が処理せしもの約1300」(第16師団中島今朝吾師団長日記)などに太平門の集団虐殺が記されている。しかし現在まで研究者の間でまったく取り上げられてこなかった。私はたった一人の生存者がいたことを突き止めた。その人は小王(シャオワン)と太平門の住民から呼ばれていた。
参加協力券:1000円(当日1200円)
主催:南京の映画をみる会
問い合わせ:090-7113-3122
https://sites.google.com/site/syamahi9j/zi-he-jiu-tiaono-huinyusu



憲法カフェ
●2月18日(日) 14:30~16:30 京田辺市中部住民センターせせらぎ2F 大研修室(京田辺 https://www.navitime.co.jp/maps/poi?code=00011-061037629
京田辺に「檻の中のライオン」がやってくる!はんどう先生と一緒に憲法を学ぼう!
&同時開催!こどもクッキングde食育♪
全国各地で大人気!の「檻の中のライオン」が、京田辺にもやって来ます。
憲法について、今一番わかりやすい説明書と評判の「檻の中のライオン」を書かれた弁護士楾 大樹(はんどう たいき)さんを京田辺にお招きしました。中学校の公民資料集にも掲載される「檻の中のライオン」で、憲法について一緒に学んでみませんか?学校の勉強や受験にも役立ちそう!親子で学ぶのもいいですね。パペットも使った憲法についてのお話は、とってもわかりやすいと大好評ですよ。
参加費:大人(高校生以上)500円(檻の中のライオンオリジナルクリアファイル付)子ども無料(クリアファイルが必要な場合は200円)
参加申込:フェイスブックの参加ボタンを押していただくか、下記申込先までご連絡ください。
子どもさんもご一緒にどうぞ。お話は小学校高学年ぐらいから聞けます。
こども向け同時開催イベントや交流会もあります。(下記参照)
☆同時開催イベント☆♪子どもクッキング♪ 14:30~16:30
パパやママは勉強中!子どもたちだけでごはんを作ろう!
京田辺市中部住民センターせせらぎ2F 調理室(大研修室の向かい)
参加費:無料
持ち物:エプロン、三角巾、布巾
参加申込:下記申込先までご連絡ください。
大研修室では「檻の中のライオン」がやってくる!はんどう先生と一緒に憲法を学ぼう!開催中ですが、子どもたちにも楽しんでもらいたい!という思いから、こどもクッキングを開催します。パパやママと離れても大丈夫なお子さんや、お勉強はまだ少し早いかなというお子さんは調理室に集合!栄養師さんやボランティアさんと一緒に、ごはんを作りましょう!テーマは「晩ごはん」。メニューはお楽しみに!
栄養師さんのお話は食育につながりますよ。イベント終了後に、こどもたちが作ってくれた晩ごはんをいただきながら、交流会をしたいと思います。この日の晩ごはんは子どもたちにお任せ!
*アレルギーをお持ちの場合は、予めお伝えください。
☆交流会 イベント終了後16:30ごろ~17:30ごろ
参加費:大人100円、こども無料(1人分必要な場合は100円)
こどもクッキングで、子どもたちが作ってくれた晩ごはんをいただきながら、ワイワイ交流しましょう!
(晩ごはんの準備がありますので、参加ご希望の方は、下記申込先までお申し込みください。)
定員:40名(先着順)
主催:しんふじん京田辺支部
お申し込み・問合せ先:
E-mail:nanohanakyotanabe@gmail.com TEL:090-2110-7448(森垣
https://www.facebook.com/events/332735700562367/ 



憲法カフェ
●2月18日(日) 10:30~12:30 木津川市加茂文化センター(JR加茂駅下車 西口より南西へ徒歩5分
(木津川市役所加茂支所南隣り)http://nem-shiteikanri.jp/shisetsu/ajisai/access/index.html
檻の中のライオンin木津川
講師:楾 大樹
『檻の中のライオン~憲法がわかる46のおはなし』の著者、弁護士の楾大樹さんを広島よりお招きします。
そもそも「なんで憲法があるの?」
可愛いパペットと一緒に考えていると大人も子どももワクワクしてくる、そんな憲法のお話です。
『檻の中のライオン』は憲法の入門書として小学校でたくさん採用されている他、中学校向け副教材の公民資料集にも大きく掲載されています。
受験にも役立つ憲法の知識。子どもたちと一緒に生きていく知恵を学びませんか?楽しい2時間はきっとあっという間です。どうぞお気軽にいらしてください。
重版を重ねる『檻の中のライオン』情報です↓
http://www.kamogawa.co.jp/kensaku/syoseki/a/0842.html
尚、当日は 本、ファイルなどの物販もあります。素敵なサインもしていただけますので、この機会にぜひ。
参加希望の方は『参加予定』を押していただけると助かります。
参加費:1000円(檻ライクリアファイルつき) 申込み不要
問い合わせ:lionorino7k@gmail.comまで
https://www.facebook.com/events/907265606096338/



最低賃金
●2月18日(日) 10:00~12:00 ひと・まち交流館京都 第3会議室(3階) (京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html)
「みんなの社会構想 読書会」第6回
社会の不公正に声をあげ続ける「エキタス」
最低賃金UPの運動に取り組む彼らの声を読む
《1月~2月 テキスト》
「エキタス 生活苦しいやヤツ声あげろ」(エキタス+今野晴貴・雨宮処凜 著) 
頑張ればみんな報われた時代が過去のものとなり、先行きが見えない今。努力が足りないから、稼げない。楽しみを求める人は、贅沢。倒れた人は、不摂生。ホームレスの人は、怠けている。そのようなバッシングの土壌がなぜできてしまったのでしょうか?みんなが閉塞感や節約生活から解放され心豊かに生きていくためにはどうしたらよいのでしょうか。当面、月1回、原則として『第3日曜日の朝』本を題材に交流します。お気軽にご参加ください。立て直しが可能な今こそ、未来の社会構想を始めましょう。
グローバル・ジャスティス研究会有志
https://www.facebook.com/events/1610766765711963



小林多喜二
●2月18日(日) 13:30~クレオ大阪東ホール(京橋駅 (JR線) 南口から南へ約600m http://www.creo-osaka.or.jp/east/access.html
2018年大阪多喜二祭
第一部 記念講演:岩崎 明日香さん「多喜二の文学と生き方が切り拓くもの(仮題)」  
第二部:音楽で綴る「現代につなぐレクイエム}
資料代:1000円
問い合わせ先:大阪多喜二祭実行委員会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0218-1.pdf



選 挙
●2月18日(日) 13:30~16:00 神戸市・垂水勤労市民センター3F講習室(JR・山陽電鉄垂水駅北東徒歩3分 https://www.kobe-kinrou.jp/shisetsu/tarumi/index.html
【座間宮ガレイ選挙講座】
内容:選挙講座(兵庫選挙区、近畿自由党などについて)
1時間の講座と1時間30分の質疑応答
参加費:2000円
募集:30人(事前申込制)
申込:下記へメールでお名前と参加人数をお知らせ下さい。
kashimajuku@hi-net.zaq.ne.jp(加島)
主催:自由党兵庫県連準備会
https://ja.eventeri.com/g/event-/17573058



パレスチナ
●2月18日(日) 14;00~16:00 天人Bar朱夏(地下鉄中崎町 https://www.mapion.co.jp/m2/34.70697262,135.50417866,16
ガリコ美恵子『反核の闘士ヴァヌヌと私のイスラエル体験記』
出版記念及びパレスチナのドキュメント映画『ナジャハ』上映会
参加費・無料
映画:『ナジャハ』ビリン村のフォトグラファー、ハイサム・アル・ハティーブ製作(日本初公開)字幕日本語と英語
主催:ガリコの一時帰国を歓迎し、彼女と語る会
連絡先:072-987-8797 (正路玲子)
https://jimmin.com/events/event/ガリコ美恵子『反核の闘士ヴェヌヌと私のイスラ/



■2月18日(日) 深夜午前24:55~25:25 読売テレビ、日本テレビ系列
NNNドキュメント「あたいはやっちょらん 大崎事件 再審制度は誰のもの?」
1979年、鹿児島県大崎町で男性が牛小屋の堆肥の中から遺体で見つかった。逮捕されたのは義姉の原口アヤ子さん(90)。共犯とされた親族3人の自白が決め手だったが、出所後「自白は強要されたものだ。」と主張した。無実を訴えて38年。鹿児島地裁は2度もやり直し裁判、再審を認める決定を出したが、検察側の不服申し立てに阻まれ、裁判は始まっていない。「罪のない人の救済」が目的の再審制度は、誰のものなのか?
http://www.ntv.co.jp/document/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村



脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良 2018年2月17日(土)

★2/16訂正
神戸芸術センターのアクセス情報がまちがっていました。訂正しています。



【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報



『辺野古ゲート前の人びと』 (2017年/98分)
辺野古ゲート前は色んな人が行き交う人間交差点
何度、強制排除されようと、またゲート前に座り込む
なぜ、ここに座り続けるのか?
辺野古ゲート前は、いろんな人がやってくる。沖縄戦で肉親を失った人、間近で米軍機の墜落事故を体感した人、基地労働者として働いてきた人…集会では、基地との同居を強いられる沖縄県民の痛みが、肉声で語られる。県警機動隊員にも「オジィ、オバァが生き残ったから、あなたたちがいるんだよ」と語りかける。「基地ができたら戦争が来る」ことを知る人たちの共通する願いは、「子どもや孫に、同じ体験をさせたくない」ということ。次の排除が始まるまでの間、三線や替え歌、踊りが厳しい時間の中に、心安らぐひと時を生み出す。
公式サイト:http://america-banzai.blogspot.jp/2017/11/blog-post_14.html
●2018/1/13(土)~シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
2/17(土)・2/18(日) 18:30(~20:13終)
2/19(月) 休館日
2/20(火)~2/23(金) 10:55(~12:38終)
http://www.theater-seven.com/2018/mv_henoko-gate.html



『人生フルーツ』
人生は、だんだん美しくなる。
むかし、ある建築家が言いました。
家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない。
愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てた家。四季折々、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実が、妻・英子さんの手で美味しいごちそうにかわります。刺繍や編み物から機織りまで、なんでもこなす英子さん。ふたりは、たがいの名を「さん付け」で呼び合います。長年連れ添った夫婦の暮らしは、細やかな気遣いと工夫に満ちていました。そう、「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」とは、モダニズムの巨匠ル・コルビュジエの言葉です。
かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきました。1960年代、風の通り道になる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウン計画。けれど、経済優先の時代はそれを許さず、完成したのは理想とはほど遠い無機質な大規模団地。修一さんは、それまでの仕事から距離を置き、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめました─。あれから50年、ふたりは、コツコツ、ていねいに、時をためてきました。そして、90歳になった修一さんに新たな仕事の依頼がやってきます。
本作は東海テレビドキュメンタリー劇場第10弾。ナレーションをつとめるのは女優・樹木希林。ふたりの来し方と暮らしから、この国がある時代に諦めてしまった本当の豊かさへの深い思索の旅が、ゆっくりとはじまります。
●2/3~2/18 七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
2/17・18 16:30(~18:10終)
http://www.nanagei.com/movie/data/1103.html
http://www.nanagei.com/movie/schedule.html



『沈黙 立ち上がる慰安婦』(2017年/日本=韓国/117分)
ハルモニ<おばあさん>たちは半世紀の沈黙を破って、立ち上がった
「ぬちがふぅ(命果報)-玉砕場からの証言-」など朝鮮人犠牲者の声を記録してきた朴壽南監督が、元・慰安婦の女性たちの闘いを撮ったドキュメンタリー。半世紀の沈黙を破り日本軍の犯罪を証言、名誉と尊厳の回復を訴える彼女たちに寄り添い、その恨を映す。2016年韓国DMZ国際ドキュメンタリー映画祭特別賞<勇敢な雁賞>受賞。日本では117分の拡大版を上映。
韓国・忠清北道に一人で暮らし毎朝寺院で祈祷する90歳の李玉先(イ・オクソン)。彼女は17歳のときに北満州の日本軍慰安所に連行された。半世紀にわたり沈黙してきたが、1994年、14人の仲間とともに日本政府に謝罪と個人補償を求めるため来日。3年にわたり幾度も来日し日本軍の犯罪を証言、名誉と尊厳の回復を訴えた。在日朝鮮人2世である朴壽南監督は彼女たちに寄り添い苦闘を記録。李の人生をつむぎ、生き証人たちの沈黙を未来に伝える。
公式HP→https://tinmoku.wixsite.com/docu
●2/17(土)~3/9(金) 大阪シネ・ヌーヴォ(阪神・地下鉄九条 http://cinenouveau.com/access/access.html
■2月24日(土) 郭辰雄さんミニトークあり(コリアNGOセンター代表理事)
上映スケジュール
2月17日(土)~23(金) 10:50~
2月24日(土)~3月2日(金) 11:30~
3月3日(土)~3月9日(金) 17:00~
http://cinenouveau.com/sakuhin/chinmoku.html
http://cinenouveau.com/schedule/schedule1.html



●2月17日(土) 13:30~大阪市立青少年センター(ココプラザ)美術工房101(JR新大阪駅から歩5分 https://kokoplaza.net/access/
許すな!原発延命策 妨げるな!省エネ普及
テーマ1:原発再稼働を促し、福島事故関連費を消費者に転嫁する託送料金制度
テーマ2:再生可能エネルギーの普及を妨げる3つの問題点
主 催:若狭ネット
    http://wakasa-net.sakura.ne.jp/www/?page_id=264
主 催:若狭ネット
連絡先:072-939-5660(クボ)
www.labornetjp.org/EventItem/1517383604313matuzawa



●2月17日(土) 18:00~うめだ総合生涯学習センター(大阪駅前第2ビル5階)(大阪駅より徒歩 5分 http://osakademanabu.com/umeda/
核のごみキャンペーン関西定例会
内容:関電の中間貯蔵計画はどうなるのか?
http://ksueda.eco.coocan.jp/event.html



●2月17日(土) 13:30~16:45 コープイン京都(烏丸駅・四条駅徒歩約5分 http://www.coopinn.jp/access.html
広瀬隆さん&守田敏也さん~ジョイント講演会
日本列島の全原発が危ない!次の大事故で市民の命と生活は?
広瀬 隆(ひろせ・たかし)さん。
・1979年のスリーマイル島原発事故を機に,「原発がそんなに安全というならば,電力の大消費地である首都圏に原子力発電所を建設してはどうか」と指摘した『東京に原発を!』(1981年),がんや白血病で死んだハリウッドスターの死因と,ネバダ州で行われていた大気圏内核実験の因果関係を示唆した『ジョン・ウェインはなぜ死んだか』(1982年)を出版。
・1986年にチェルノブイリ原発事故が発生すると,『危険な話』(1987年)で原子力発電や放射性廃棄物の危険性を主張するなど,脱原発の論客として活動。近著に『日本列島の全原発が危ない!』(2017年11月,デイズジャパン。税込み2322円)。1943年生まれ。
守田 敏也(もりた・としや)さん。
・同志社大学社会的共通資本研究センター客員フェローなどをへて,フリーライター。環境問題や平和問題に関わりつつ,福島原発事故以降は各地で放射線防護の講演を行い,ヨウ素剤配布などを訴えている。日本の脱原発運動をヨーロッパやトルコなど海外へ発信する活動も積極的に進めている。2012年より兵庫県篠山市原子力災害対策検討委員会委員に就任。『内部被曝』(共著,岩波ブックレット),『原発からの命の守り方』(2015年,海象社。税込み1490円)。1959年生まれ。
https://www.facebook.com/events/368974836849823/



●2月17日(土) 18:00~20:00 ハートピアきょうとホール(地下鉄「丸太町」5番出口すぐ/市バス・京都バス・JRバス「烏丸丸太町」下車 烏丸丸太町下ル東側 075-222-1777 http://www.heartpia-kyoto.jp/access/access.html
「チェルノブイリ・フクシマ 京都の集い」
佐藤和良 福島原発刑事訴訟支援団団長
参加費 500円(高校生以下無料)
主催:チェルノブイリ・フクシマ京都実行委員会(075-465-2451佐伯) 福島原発告訴団関西支部(075-711-4832 NPO法人 市民環境研究所)
http://blog.goo.ne.jp/543142011/c/526e1ee8857b7a040a52923863903090



●2月17日(土) 13時~14時30分 大阪弁護士会館904号室(京阪「なにわ橋駅」出口1徒歩約5分 地下鉄・京阪「淀屋橋駅」1号出口から徒歩約10分 地下鉄・京阪「北浜駅」26号階段から徒歩約7分 http://www.osakaben.or.jp/06-access/
訴訟学習会「“小高に生きる!”裁判 判決の解説」
講師:関西訴訟弁護団 中島宏治弁護士
KANSAIサポーターズでは、毎月第3土曜日に訴訟学習会を開催しています。
2月7日、南相馬市小高区などの住民321人が東電を訴えていた“小高に生きる!”裁判の判決が東京地裁で言い渡されました。「賠償額11億円」という報道が各社から発信されましたが、この裁判で原告は何を主張し、何が認められたのか?
関西弁護団の中島宏治先生に、判決文を読み解いて解説していただきます。
ちなみに、この裁判の水野有子裁判長は、3月16日に判決期日を迎える東京訴訟の裁判長でもあります。
学習会のあと、原告・弁護士・サポーターの間での情報交換の時間、それから原告定例会、サポーター事務局会議(サポーターならどなたでも参加できます)をします。
17時からは、3月に言い渡される京都・東京・いわき避難者訴訟の3判決に向けた梅田 Hep five前 街宣アピールもあります。
参加費:原告の方々や避難者の方 無料 サポーター(テキスト代として)200円
ご予約・お問合せ:kansaisapo@gmail.com
上記に参加者される方の氏名をお書きの上、お申込みください。
当日の連絡先:070-5658-9566
今後の予定:3月は15日 16日に京都・東京訴訟の判決が続くため、第4土曜日の24日に学習会を開催します。



●2月17日(土) 14:50~日本基督教団大津教会(JR「大津」駅3分 http://otsuchurch.sakura.ne.jp/?page_id=88)※14:00~14:40総会
第7回さいなら原発・びわこネットワーク総会
記念講演「原発のないふるさとづくり」
講師:若泉政人(サヨナラ原発福井ネットワーク)
記念講演はどなたでも参加いただけます。参加費無料
主催:さいなら原発・びわこネットワーク
連絡TEL080-5713-8629(稲村守)
https://www.facebook.com/events/344676819273574/https://jimmin.com/events/event/第%ef%bc%97回さいなら原発・びわこネットワーク総会/



戦 争 
●2月17日(土) 13:30~15:30 大阪人権博物館リバティおおさか(JR環状線「芦原橋駅」下車、南へ約600メートル http://www.liberty.or.jp/guidance/index.html )
「なんで戦争止められへんかったん?~戦争の始まり方を学び、今に活かす~」
73年前に終わった戦争。最初は「華やかな戦争」が宣伝され、その裏ではじわじわと国民が自由を奪われていきました。とりわけ、「逃げずに火を消せ」という防空法や、「戦争は怖くない」という情報統制が、被害を拡大しました。こうした歴史を、憲法9条改正が話題となる今だからこそ、改めて学びましょ。
講師:大前治弁護士×安野輝子さん
参加費:大人700円 中学生以下200円
※あすわか特製憲法クリアファイル(定価200円)をプレゼント
※別途入館料が必要です。
※日本国憲法展シーズン2 とことん平和主義!の企画展です。
企画:あすわか大阪
https://www.facebook.com/events/211502672731588/



改 憲
●2月17日(土) 午後1時30分~4時30分 京都市左京西部いきいき市民活動センター2階会議(出町柳 http://gekken.net/SW_IKIIKI/index.html
改憲(自衛隊)問題と市民・野党のあり方
【報告と討論】
報告者:松竹伸幸 共産党の政権論と憲法・防衛論の矛盾
    広原盛明 市民と野党共闘は“スペードのエース”か
改憲発議が現実のものになろうとしている。私たちが、いま考えなければならない憲法・自衛隊・安全保障の課題。野党再編を市民が主導するためには、何をどう取り組むべきか。報告を聞いて討論します。
資料代500円 どなたでも参加できます。
*チラシのダウンロードは以下からお願いします。
http://ajisai-hiroba.jp/wp/wp-content/uploads/20180217ad.pdf



在日米軍
●2月17日(土) 午後6時40分~上映 ひと・まち交流館京都 第4・第5会議室(3階) (京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html)
『ザ・思いやりパート2~希望と行動遍~』上映&トーク
日本に住むアメリカ人が作るドキュメンタリー、待望の第2弾!
感想・意見交流 (午後9時頃までには終了予定)
上映作品の紹介
『ザ・思いやりパート2~希望と行動編~』(90分)
日本に住むアメリカ人が作るドキュメンタリー、待望の第2弾!バクレー監督が希望をもって行動している人に会いにいく!アメリカ人がみたニッポンを伝えたい!あきらめずに行動して生きる人々の姿を! 思いやり予算とは?1978年、時の防衛長官・金丸信大臣が、在日米軍基地で働く日本人従業員の給与の一部(62億円)を日本側が負担すると決めたことから始まる。日米地位協定の枠を超える法的根拠のない負担に対して、円高ドル安などによってアメリカの負担増を考慮した大臣が、「思いやりの立場で対処すべき」などと答弁したことから、“思いやり予算”と呼ばれるようになった。
シリアスだからコミカルに!さらに問いかける在日米軍は世界の戦場に出張ばかり?そこで何してるの?
オキナワでも不条理ばかり、どこに希望はあるの?本当の“思いやり”をもって生きる人々の声を聞きたい!
【リラン・バクレー監督プロフィール】Leland Buckley
1964年生まれ、アメリカ・テキサス州出身。1980年、高校1年生で初めて来日し、埼玉でホームステイを経験。歴史を専攻し高校社会科の教員資格を取得。アメリカで大学院終了後、日本の大学院で文部省の大学院研究者として日本文学を専攻。1995年に天野文子氏の広島原爆日記を英訳し、原爆投下50年に、天野氏と数人でアメリカ各地を訪問し、テレビ、ラジオ番組等で原爆禁止をアピール。
本作は、『ザ・思いやり』に続く、監督第2作目。その他、地産地消、食糧やエネルギー自足に興味を持って活動している。英会話スクール経営、青山学院大学英語講師。20年以上神奈川県民。日本語ペラペラ、英語もペラペラ。
予告編:https://www.youtube.com/watch?time_continue=6&v=Q1O6ZSVMBAg
映画のホームページ:https://zaomoiyari2.wordpress.com/
参加費:1000円
主催:ピースムービーメント実行委員会
問合せ:TEL:090-2359-9278(松本)
Eメール anc49871@nifty.com(山崎)
https://www.facebook.com/events/253264015209673/



日本兵
●2月17日(土) 13:30~17:00 神戸芸術センター シューマンホール(地下鉄「新神戸」駅徒歩5分 http://www.art-center.jp/kobe/access/index.html
映画「蟻の兵隊」上映+池谷薫監督のトーク
中国山西省で終戦を迎えた北支派遣軍第1軍の将兵2,600人は、武装解除を受けることなく残留。国民党軍の部隊として、戦後4年間共産党軍と戦い、550人が戦死した。生き残った者も700人以上が捕虜となり、ようやく引揚げることができたのは、日本が高度経済成長に突入しようとする昭和30年頃のことだった。“軍の命令で残った”と主張する元兵士らは“志願による残留”とみなされ、戦後補償に応じない国を訴え続けている。
第1軍司令部軍司令官によって行われたという歴史上類を見ない“売軍行為”は、多くの日本人にとって知られることの無いまま、第二次世界大戦の記憶の風化と共に歴史の闇に葬られようとしている。本作は、戦争の被害者でもあり加害者でもあるひとりの老人・奥村和一が、“日本軍山西省残留問題”の真相を解明しようと孤軍奮闘する姿を追った衝撃のドキュメンタリーである。奥村氏の体には、未だ無数の砲弾の破片が残り、左耳の聴力と全ての歯が失われている。しかし彼は、戦争によりそれ以上のものを奪われた。“初年兵教育”の名の下に、“肝試し”と称してなされた中国人の虐殺を巡るエピソードは、戦争がいかに人間の尊厳を破壊しつくすかを如実に物語っている。真実を見極めようとする奥村氏の中国への旅は、この問題自体を黙殺しようとする国家に対する戦いと、侵略戦争の加害者としての贖罪という二重の意味に彩られる。これまで妻にさえ語ることのなかった自らの戦争体験を明らかにすることで、彼にとっての戦争に決着をつける道を見出す奥村氏の姿は、戦争責任を省みることなく、総括することもせずに歩んで来たこの国の歪んだ像を際立たせる。
監督は、テレビ・ドキュメンタリーのディレクターとして数多くの作品を手がけ、モンテカルロ国際テレビ祭ゴールデンニンフ賞受賞などの経歴をもつ池谷薫。『延安の娘』に代表されるように、中国での取材活動を積極的に行っている。資金の一部を全国の有志からのカンパで補い完成した本作は、試写を見て感銘を受けたボランティアの活動の甲斐あって、全国各地で上映され、その波紋の輪を静かに広げている。見ることで知り、知ったことで何かが変わる。『蟻の兵隊』とは、まさにそういう映画だ。
上映会参加費:1000円
池谷監督を囲んでの懇親会:2500円(申込みは締め切りました)
参加申し込み・お問い合わせ:公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本大阪事務所 
平日13:00~18:00、月・土・日・祝日休み
TEL : 06-6227-8991 FAX:06-6227-8992 E-mail : osaka@amnesty.or.jp
主催・お問い合わせ:公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本 関西連絡会
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/event/2018/0217_7264.html



不当逮捕・弾圧
●2月17日(土) 18:30~小田地区会館3Fホール(JR尼崎駅から南へ5分 http://w8.alpha-web.ne.jp/~odaruma/koutu/koutu.html
「人民新聞編集長・山田洋一さんを支援する会」結成 抗議集会  
・木村 真 豊中市市会議員「森友学園問題と人民新聞弾圧」
・ガリコ美恵子 イスラエル在住、人民新聞執筆者「パレスチナに対するイスラエルの暴力、エルサレム首都承認問題を報告」
・金 成日 喫茶店「どるめん」店主 地元尼崎より不正と闘う山田さんの過去映像など
・趙 博  浪花の歌う巨人パギやんの歌
・西山直広 「関西生コン」労働組合への弾圧もさせない関係者報告
(経過報告)人民新聞社・オリオンの会・弁護団
※関東では、2月24日(土)18時~早稲田奉仕園内・日本キリスト教会館4階 「人民新聞・オリオンの会への弾圧抗議集会」開催
人民新聞弾圧・実質的な共謀罪適用を許さず警察・検察は即時保釈し、押収物を返せ!
※人民新聞編集長 山田さんをハガキで応援しよう
〒651-1124 兵庫県神戸市北区ひよどり北町2丁目1 神戸拘置所 山田洋一
https://jimmin.com/2018/01/06/sasaeru-kai



辺野古新基地問題
●2月17日(土)  15時30分~(毎週土曜日)JR大阪駅南バスターミナル
「辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動」
辺野古の海が埋め立てられないように活動しています。
お時間の許す範囲で、少しでも皆様のご参加お待ちしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/henoko_osaka



辺野古新基地問題
●2月17日(土) 13:00~14:00 神戸マルイ前
HENOKO NO! 沖縄に基地はいらない 
   辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動
沖縄県民に対する不正を止めるために、共に声を上げて下さい。
ツイター・FaceBookで情報発信中{辺野古・神戸}で検索して下さい。
土曜の午後はいつもの時間、いつもの場所で、はじめての方、ちょっとだけ参加、見学、大歓迎。
https://twitter.com/kobekodo/



辺野古新基地問題
●2月17日(土) 毎週土曜日17:00~18:30ごろ 京都市 三条河原町交差点(三条河原町商店街のアーケード前スペース)
沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、
     普天間基地の撤去を求める京都行動

アピール、チラシ配り、新基地建設に反対する署名集めなどなど
http://kyoto-action.jugem.jp/?pid=1
https://twitter.com/ALALALED/status/551165696185344000



リニア
●2月17日(土) 午後2時~午後4時30分 エルおおさか南館734号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
第12回リニア勉強会「土地と水の恵みを忘れた日本人」
今回は、リニアの問題を「水」に焦点を絞り、水問題の第一人者であるジャーナリスト橋本淳司さんにお話をしていただきます。著作に『日本の水が危ない』(幻冬舎)『67億人の水』(日経新聞出版)など。
リニア中央新幹線の東京名古屋間は2027年開業予定です。路線の86%がトンネルを走行します。また、昨年暮れに大手ゼネコンの談合が浮上しました。リニアは複雑な地下水脈を断裂する無謀な事業であり、事態は深刻です。南アルプスの真下にトンネルを掘る計画で工事が動き始めました。都市部でも地下水への様々な影響が想定されます。
※勉強会の後、午後5時30分から懇親会を行います。(北区菅原町のカフェ チャクラにて)
主催:リニア市民ネット・大阪 
https://linearnetosaka.wixsite.com/linearnet-osaka
資料代:1,000円
申込等連絡先:一般財団法人日本熊森協会 contact@kumamori.org(担当:今井)まで
https://docs.wixstatic.com/ugd/b01e92_91334daddad6463c81bea0d18dbb06cf.pdf



慰安婦問題
●2月17日(土) 14:00~ドーンセンターセミナー室2(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
岡本有佳さん講演会「少女像はなぜ増え続けるのか」
参加費:800円・学生・障がい者400円
主 催:日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク
http://www.ianfu-kansai-net.org/



ベーシックインカム
●2月17日(土) 13:00~吹田市 Studio Citizen スタジオ シチズン(阪急電鉄千里線「関大前駅」北改札→北東出口→関大を目指して徒歩5分 サンシャイン関大前3階/Tel.06-4860-6756 http://ameblo.jp/griripon/image-12104035947-13489027111.html)
労働と暮らしのセミナー「魔女とベーシックインカム」
2017年に新たな局面に入った日本でのベーシックインカム議論。 今回は『ベーシックインカムとジェンダー』の著者で、働く女性の全国センターの年次大会で週3日労働とベーシックインカムについて報告されている法政大学教員の堅田香緒里先生をお招きし、 ベーシックインカムの有効性や可能性や意義についてご報告いただき、質疑応答を通じ学んでいきたいと思います。
「勤労義務とベーシックインカム」1時55分まで
お話:山中 鹿次 
「魔女とベーシックインカム」午後2時~午後3時
講師:堅田香緒里
終了後、4時ころまで補足、意見交換・質疑応答
参加費:千円 懇親会参加プラス千円(軽食とソフトドリンク用意、
アルコールは多少用意します)
問い合わせ:yamashika0217@gmail.com
https://www.facebook.com/events/132798520742712/



労働問題
●2月17日(土) 13:30~エル・おおさか(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
第211回例会 戦後の労使関係の軌跡:日本経済の展開のなかで 
報告者:高橋 伸彰さん(立命館大学国際関係学部教員)
コメンテーター:伊藤 正純さん(元桃山学院大学教員)
一人あたりGDPで欧米にキャッチアップしてから30年を経た日本が、失いつづけてきたのは経済の成長力ではなく、社会の連帯感だったのではないでしょうか。経済学者の宮本憲一氏はバブル崩壊後の長期停滞を前にして、いまこそ「ゼロ成長でも失業のない豊かな生活を実現できる経済システムを構想する」絶好の機会だと述べました。この提言に耳を傾けることなく成長に活路を求めてきたのが歴代の政権であり、資本に従属し体制内化した労働組合もまた、この提言の実現に向けて主体的に取り組むことを怠ってきたと言わざるをえません。
本報告では、こうした成長重視の経済・社会政策に対し鋭い批判を提起し続けている高橋伸彰さんに、戦後の労使関係が日本経済の展開過程でどのように形成され、変化してきたのかを語っていただきます。ぜひご参集ください。(会場費は500円、但し会員は無料)
https://www.facebook.com/events/356756231411539/



ハンセン病
●2月17日(土) 13:30~16:30 阿倍野区民センター大ホール(地下鉄谷町線、阪堺上町線「阿倍野」下車 徒歩2分 http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016671.html)
2107年度ハンセン病問題講演会
「ハンセン病隔離政策によって偏見・差別はどのようにつくられ徹底されたか」 
テーマ:ハンセン病隔離政策によって偏見・差別はどのようにつくられ徹底されたか~過ちをくり返さないために啓発のあり方を考えよう~
ハンセン病問題における偏見・差別をなくすため、それぞれの立場でできることはなにか一緒に考えませんか。
費 用:資料代 500円
申込み不要 当日先着600名 ※点字資料が必要な方は、事前にお問い合わせください。
主 催:大阪府済生会ハンセン病回復者支援センター
お問合せ:大阪府済生会ハンセン病回復者支援センター
電話06-7506-9424 FAX06-7506-9425
http://www.pref.osaka.lg.jp/annai/moyo/detail.php?recid=18729



アフガン難民
●2月17日(土) 10:00~12:00 奈良市中部公民館(近鉄奈良駅徒歩5分、JR奈良駅徒歩10分 https://manabunara.jp/contents_detail.php?frmId=2
第5回奈良からつながる市民の集い アフガン難民からお話を聞く会
2012年、奈良県のアフガン孤児支援団体ラーラ会によって、からくも救出され来日したご本人から、アフガンでの様子、日本の難民認定制度について、など様々にお話を伺います。
本当に貴重なお話です。是非お越しください。
https://www.facebook.com/events/144942222854402/



立憲民主党
●2月17日(土) 14:00~JR伊丹駅イオンモール連絡デッキ
立憲民主党「月イチ街宣」
・2/19(月) 18:30~マイドームおおさか
「原発ゼロタウンミーティング」
 http://www.kokuchpro.com/event/npzerotmosaka/
・2/24(土) 16:00~グリーンベリーズコーヒー谷町店(最寄り:谷町四丁目駅)
「立憲カフェ」http://www.kokuchpro.com/event/180224_rikkencafe/
https://www.facebook.com/cdposaka/posts/1982143572035348



小田実
●2月17日(土) 14:00~17:00 松山庵(芦屋川 https://map.yahoo.co.jp/maps?lat=34.73657889&lon=135.29775376&ac=28206&az=36.20.1&z=16&id=&fa=pa&ei=utf8&p=%E5%85%B5%E5%BA%AB%E7%9C%8C%E8%8A%A6%E5%B1%8B%E5%B8%82%E8%A5%BF%E5%B1%B1%E7%94%BA20-1 芦屋市西山町20-1)
第107回「小田実を読む」
『これは「人間の国か」西方ニ異説アリ』(筑摩書房刊)
レポーター:山村雅治(詩人・音楽家・役者)
資料代:1000円
発起人:北野辰一(文責)、山村雅治、北川靖一郎、川島智子、玄順恵
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0217-5.pdf



北朝鮮
●2月3日(土)~18日(日) 16:00~21:00 AIDA-Gallery(大阪市北区豊崎4-9-16 白苑ビル32 https://www.google.com/maps/place/34°42'49.9%22N+135°30'09.6%22E/@34.7139365,135.5025655,18.54z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d34.713848!4d135.502675)
「北朝鮮-垣間見えるその素顔」
廃墟写真家Abandoned Kansaiが今回の展示で披露するのは、2013年春・秋の2回の旅で写しとった北朝鮮の情景です。首都・平壌(ピョンヤン)をはじめとする都会的な南部から自然豊かな北部まで、報道では目にしないような北朝鮮の人々の生活、そして風光明媚な自然の写真を通じて、また新たな北朝鮮の姿を感じていただけることでしょう。
入場無料
主 催:Abandoned Kansai https://abandonedkansai.com/
http://www.kansaiartbeat.com/event/2017/6CFE



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村



(2/14更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良 2018年2月12日(月休)~16日(金)

★2/14追加情報
●2/16(金)までのテレビ番組を追加しました。
★2/12追加情報
●2/16(金)までのイベント情報を追加しました。
★2/11追加情報
●2/14(水)までのイベント情報を追加しました。



【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-275.html




■2月12日(月休) 深夜午前00:55~01:25 読売テレビ、日本テレビ系列
NNNドキュメント「見えない壁 ~福島・被災者と避難者~」
福島県いわき市。原発事故で避難した住民と津波被災者が暮らす公営住宅が隣り合う場所がある。賠償金で暮らす原発避難者と見舞金程度しか受けていない津波被災者...補償の格差が横たわり軋轢を生んでいた。その壁を乗り越え互いの距離を縮めたいと1人の原発避難者が呼びかけた。交流が少しずつ始まりおととしの秋には初めて合同で秋祭りを開いた。もとは同じ福島県民、同じ被災者...それぞれが悲しみと向き合いながら福島で生きていく姿を伝える。
http://www.ntv.co.jp/document/



■2月12日(月休) 09:58~10:53 ABCテレビ、テレビ朝日
ドキュメンタリー「決壊 ~祖父が見た満州の夢~」
戦争中、長野県の河野村(かわのむら)で村長を務めた胡桃澤 盛(くるみざわ もり)は、国策に従い、村人を満蒙開拓団として満州国へ送り出した。しかし、ソ連軍の侵攻で戦場と化した満州で、73人が集団自決。後に、盛は、罪の意識に苛まれ、42歳で自ら命を絶った。
孫の胡桃澤 伸(しん)(51)は、大勢の村人を死に追いやった祖父、自責の念に苦しみ自殺した祖父のことを、どう受け止めていいかわからずにいた。手がかりになるのは、10代の終わりから死の直前まで書いていた日記。青春時代は大正デモクラシーに触れ、自由主義に理想を求め、30代半ばで村長となり村のために奔走する日々の心情が、生々しく綴られている。家族のため、村のため、社会のために生きたい、常に正しくありたいと願っていた祖父は、気がつけば国のため、戦争遂行のために邁進していた。
http://www.minkyo.or.jp/01/2018/01/sp_32.html



●2月12日(月休) 14:00~16:30 ヒロセビル会議室 京都市中京区烏丸通二条下る西側(地下鉄「烏丸御池」駅2番出口より北へ徒歩3分。ローソンのとなりのビル。コンシューマーズ京都の事務所のあるビルです。)
「電力会社の会計を考える会」 連続学習会(第7回)
「電力会社の会計を考える会」核燃料サイクルと電力会計制度

講師:金森絵里さん(立命館大学経営学部教授)
参加費:500円
要事前申込み:資料準備の都合がありますので必ず事前申込みをお願いします。
主催:電力会社の会計を考える会(世話人:アイリーン・美緒子・スミス/原 強)
連絡先:コンシューマーズ京都 TEL:075-251-1001 FAX:075-251-1003 syodanren@mc2.seikyou.ne.jp
※上記メールかFAXにて申込みください。
※いただいた個人情報は目的外に使用しません。
https://houteisien.wordpress.com/kyoto/



●2月12日(月休) 13:00~日本基督教団伏見教会(伏見桃山駅5分 京都市伏見区新町大手筋上がる http://www.uccj-kyoto.com/map26.html
ダニーネフセタイと語る 脱原発・平和を願って
ダニーネフセタイ・・イスラエルの元空軍兵士だったが、退役後、バックパッカーとなってアジア諸国を放浪の旅に出た。日本の土を踏んだのは1979年10月、以来40年近くを日本で暮らしている。家具作家の著者は、「世の中を良くすることも物づくりをする人間の使命である」という信条をもち、戦乱の絶えない祖国イスラエルを批判、「3.11」後の日本で脱原発の道を進むことを願い、活動をつづけている。
https://www.facebook.com/events/164068904318420/



建国記念日
●2月12日(月休) 13時30分~16時30分 国労大阪会館(天満駅出口から徒歩約2分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/map/)
「建国記念の日」反対2・12学習大阪集会
「国民こぞって祝い、感謝し、又は記念する日」を規定した祝日法は「建国記念の日」を、「建国をしのび、国を愛する心を養う」日としています。いうまでもないが、「神武天皇」の「即位」の日を「建国の日」とするのは歴史的事実に反する非科学的な考えですが、問題は、なぜこの非科学的な論拠をもった法律となり、「国民こぞって祝い、感謝し」しなければならないのか、です。
ひるがえって現在、政府は天皇の「生前退位特例法」に基づいて、新天皇即位の日を2019年5月1日と決め、この新天皇即位日を「国民の祝日」にする検討に入っています。天皇の即位が「国民の祝日」というわけです。今度は紀元節ではないのだから、反歴史的で非科学的ではない、というのでしょうか。また、5月1日がインターナショナルな労働者の日であることを永遠に忘れさせようという策謀が露骨です。
いずれも、日本国の最高の権威が天皇であり、「天皇を戴く日本」をこぞって祝わせようというわけです。
政府は昨年10月、明治維新150年について「大きな節目で、明治の精神に学び、日本の強みを再認識することは重要だ」(菅義偉官房長官)として内閣官房に準備室を設置しました。
「明治の精神」とは「日本の強み」とは何か。天皇制の確立と天皇のもとにおける侵略と戦争の「精神」と「強み」ではないのか。思えば、1960年代半ば、「建国記念の日」制定が突如急がれたのは、1968年の「明治百年祭」にあわせるためでした。その時も「明治の精神と近代化」が賛美されたのです。
新たな天皇即位日を「国民の祝日」との策動が進行するいま、改めて「建国記念の日」とは何かを考えたいと思います。
参加費(資料代含む):500円
主催:参戦と天皇制に反対する連続行動
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0212.pdf



極右の台頭
●2月12日(月休) 14:00~同志社大学今出川キャンパス良心館207(「今出川」駅徒歩1分 https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/imadegawa.html
グローバル・ジャスティス研究会
「アメリカ、ヨーロッパ、日本の極右の台頭」

カオス化する世界を見据え、希望を見い出すための講演会
世界は分断・差別・憎悪・不寛容に突き進むのか?
講演<英⇔日通訳付き>:
ウォルデン・ベロさん(京都大学東南アジア研究所客員研究員、元フィリピン下院議員)
菊池恵介さん(同志社大学大学院グローバルスタディーズ研究科・准教授)
どなたでも参加できます。
資料代:学生以外の方は500円(割引希望の方は受付でお申し出ください)
講演会終了後、午後5-7時、「グローバル・ジャスティス運動全国交流会」(グルーバルジャスティス研究会/ATTAC関西グループ共催)を開催します。時間のある方はこちらにもご参加を。
https://www.facebook.com/events/411098319235389/



日本の曲がり角
●2月12日(月休) 13時半~16時 解放県民センター4階大ホール(公財:滋賀県人権センター)(JRおよび京阪膳所駅北東に徒歩15分 http://www.shigajinken.or.jp/about_us.html)
第13回 これでいいのか日本! 2018滋賀集会
曲がり角をまがってしまった日本!~いつか来た道を歩まないために~

講師:金平茂紀さん(TBS報道特集キャスター)
私たちは、これでいいのか日本!! 平和・靖国・憲法・教育・人権・貧困を考えようと、それぞれの課題と取り組む個々人が、お互いに呼びかけあって、軍国主義時代の象徴的“祝日”とされた“2・11=紀元節”(1966年“建国記念の日”として復活)に、滋賀の地で集会を開催し続けてきています。
戦後日本は、先の衆院選の結果からすると、“曲がり角”を大きくまがってしまったのかもしれません。しかしそういう状況にあっても私たちは動揺せず、歴史のダイナミズムの中で今を生きるべきことを確認しようと思います。私たちは日本が再び軍国主義国家・独裁国家・全体主義国家へ突き進んでいることを認識しながらも、冷静かつ沈着な不屈の闘いを進めて行くのです。沖縄の人々が口にするように、あきらめない限り負けはありません。
今回は、テーマを「曲がり角をまがってしまった日本!~いつか来た道を歩まないために~」としました。ジャーナリストの金平茂紀さんをお招きし、暴走安倍政権を許し下支えしている日本の情況を踏まえた上で、私たちが何をなすべきかを共に考える機会にしたいと思います。
参加費:1000円(会場の定員の関係上、お早めに前売りチケットをお求め下さい。当日券もあります)
講師:金平茂紀さん TBS「報道特集」 キャスター
https://www.facebook.com/events/441420666256043/



改 憲
●2月12日(月休) 14:00 ~ 16:00 三郷町文化センター音楽室(近鉄信貴山下 https://www.google.com/maps/place/三郷町文化センター/@34.601254,135.6942413,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x6001258ce9947111:0xcc42292755e6ac61!8m2!3d34.601254!4d135.69643?hl=ja)
9条改憲って何?学習会
主催:「九条の会」三郷
https://calendar.google.com/calendar/event?eid=NWpsNWhuNDc1aXY0ZXM0M2NibjgwMW9zZ3Uga29iYXlhc2hpMjU2OTRAbQ&ctz=Asia/Tokyo



京 都
●2月12日(月休) 13:30~16:30 京都アスニー3階第8研修室(京都市生涯学習総合センター)(市バス丸太町七本松・京都アスニー前すぐ JR「円町」駅から東に徒歩10分 中京区丸太町通七本松西入ル http://web.kyoto-inet.or.jp/org/asny1/asnymap.html
「京都の底上げを!シンポジウム」
世界中から観光客が来て、景気がよさそうに見える京都。でも実は、日本でも経済がうまくいっていない地域の一つです。なぜ?
観光客の落とすお金や世界的な大企業の利益が地域にまわり、全体が底上げされたら、私たちの生活は変わります。でもどうやって?
このシンポジウムに来たら「なぜ?」「どうやって?」の答えがわかります。
中小企業とそこで働く人たちの立場から日本経済を研究されてきた、京都大学の岡田知弘教授と京都を変える「新しい経済モデル」について考えてみませんか?   
どなたでも参加できるので、ぜひ参加して下さい。入場無料です!
主催:2.12京都の底上げを!シンポジウム実行委員会(エキタス京都・京都総評・自由法曹団京都支部)
連絡TEL075-801-2308(京都総評)
https://twitter.com/AEQUITAS_Kyoto/status/949911543486889984



奈良公園
●2月12日(月休) 18:00~奈良県文化会館第3会議室(近鉄奈良駅東改札口1番出口東へ徒歩約5分 (奈良県庁の手前、西隣です) http://www.pref.nara.jp/22520.htm
古都・奈良の自然、文化遺産を守る勉強会
古都・奈良が本当にあぶない

みんなが楽しみ、守ってきた奈良公園が本当にあぶない!
今、奈良公園で何が起きているのか。ぜひご参加ください。
世話人:辰野 勇氏(奈良公園の環境を守る会・高畑町住民有志の会代表)山村さちほ氏(奈良県会議員)
参加資料費:500円
主催:古都・奈良の文化遺産を守る会
問い合わせ:小宮(電話 0742-23-3934)
https://www.change.org/p/9778664/u/22348996?utm_medium=email&utm_source=petition_update&utm_campaign=246908&sfmc_tk=o01mStOAITwO061bWd140dZ4yjkNZNt%2fqIAOjQqkicjlf4ozCGhrro8iYDQC9dwM&j=246908&sfmc_sub=148301623&l=32_HTML&u=45031767&mid=7259882&jb=8



■2月13日(火) (再放送)深夜午前03:35~04:10 NHK総合
目撃!にっぽん「家族たちのインパール」
太平洋戦争中、日本軍の無謀な計画によって多くの兵が餓死、病死した「インパール作戦」。去年、この作戦に関する番組を放送したところ、多くの遺族から手紙が寄せられた。67歳の男性は、亡き父が残した「指揮官 自決」という謎のメモが、ずっと心に引っかかっていたという。自決した指揮官の遺族が語った真実、そして、男性の実家から見つかった戦友の証言テープから、何も語らずに亡くなった父の戦場の記憶が浮かび上がる。
http://www4.nhk.or.jp/mokugeki-nippon/x/2018-02-12/21/24846/1077295/



●2月13日(火) 11:00~16:00 モモの家(阪急吹田駅から歩いて5分 JR吹田駅から歩いて12分 http://www.momo-family.org/?page_id=9
かえるCafe 
東日本大震災で避難してこられたみなさん そして心をよせる関西のみなさん
ほっとして 出会って 語りあって つながろう
草木染や手仕事などもやってます。
飲み物:300円
Menu:デトックス茶 有機栽培コーヒー 黒煎り玄米コーヒーなど
※避難者さんは交通費半額補助します
http://happy.ap.teacup.com/momonoie/



大阪都構想
●2月13日(火) 18時30分~エルおおさか708号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
どないネット発足1周年シンポジウム 市民運動の連携で止めよう「大阪都構想」
「大阪都構想をいかに止めるか」 
講師:関西学院大学  冨田宏治教
・廃院迫る住吉市民病院問題  
 社会福祉士 中辻 潔 さん
・大丈夫か万博・IR・カジノ問題 
 カジノ問題を考える大阪ネット 藤永のぶよさん
・取材を通して考える「都構想問題」 
 フリージャーナリスト 幸田 泉さん
参加資料代:500円 
主催:どないする大阪の未来ネット
https://www.facebook.com/events/163215240980767/



憲法改正
●2月13日(火) 18時30分~豊中市立福祉会館3F集会室(阪急岡町 https://www.mapion.co.jp/m2/34.77888855,135.46799326,16/poi=22730304787
忘れない!あきらめない!「戦争法廃止 豊中市民アクション」
いま、憲法改正は必要なのか?

講師:高作正博さん(関西大学法学部教授)
参加費(資料代):500円
主催:戦争法廃止!豊中市民アクション
連絡先:山田090-3261-1460 斎藤090-3039-5851
https://9jo-ichibanboshi.jimdo.com/



朝鮮高級学校無償化
●2月13日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



大 学 
●2月13日(火) 18:30~京都大学文学部第三講義室(※本部構内の5番と8番のあいだの建物の2階です)
緊急シンポジウム「立て看・吉田寮問題から京大の学内管理強化を考える」
登壇:吉田寮・タテカン当事者 鵜飼哲(一橋大学教授) 駒込武(京都大学教育学研究科教授)
※意見交換の時間あり。
参加費:無料
主催:「吉田寮問題から京大の学内管理強化を考える」シンポジウム準備会
協賛:境地大学新聞社/理学部自治会評議会/農学部自治会常任委員会/西部講堂連絡協議会
連絡:公式ウェブサイト:立て看・吉田寮問題から京大の学内管理強化を考える
https://twitter.com/kanrikyouka/status/959870538817601537



朝鮮高級学校無償化
●2月14日(水) 15:00~大阪高等裁判所202号法廷(地下鉄淀屋橋より北東へ8分 大阪市役所の北側、橋を渡り直すぐ http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/)
大阪「高校無償化」裁判控訴審第2回口頭弁論
昨年2017年は、1月の「補助金裁判」不当判決に始まり、7月の歴史的な「高校無償化裁判」完全勝訴判決を経て、12月の両裁判控訴審で幕を閉じました。子どもたちの「等しく学ぶ権利」を勝ち取るための長い闘いの中でも激動の一年でした。
教育の場に政治的・外交的理由を持ち込み、子どもたちを差別する行政の在り方を司法の場で糾すための闘いはこれからも続きます。
日本社会で「教育の機会均等」が真に実現し、子どもたちの笑顔と希望を取り戻すまで私たちは闘い続けます。
傍聴抽選場所→本館正面玄関前
※「傍聴抽選権」の配布は午後2:20からの10分間のみです。2:30を過ぎますと受け付けられませんのでご注意ください!
※裁判終了後、大阪弁護士会館で報告会を行いますので、抽選に外れた方もご参加ください。
http://renrakukai-o.net/2018/01/19/法廷闘争は続く/



●2月15日(木) 18:30~大阪民主医療機関連合会会議室(創建本町ビル2階、堺筋本町⑨出口5分 https://www.mapion.co.jp/m2/34.68293927,135.50592932,16
NER研究会ミニ学習会
東北・福島でみてきたこと…原発と自然エネルギー

報告者:金谷邦夫さん&藤永のぶよさん
参加費500円
主催:原発・エネルギー・地域経済研究会(NER研究会)代表:吉井英勝
Email: ner-yoshii@sky.sannet.ne.jp
https://www.facebook.com/neryoshii/photos/pcb.1543530805694306/1543526992361354/?type=3&theater



改 憲
●2月15日(木) 19時~メタモルホール(劇団態変稽古場)(JR東淀川駅東口徒歩3分。直進して、ケーキ屋カレンの角を右に曲がってすぐ。 http://taihen.o.oo7.jp/meta/meta_map.htm)
おしゃべりサロン vol.11
2018年、「改憲」がいよいよ現実のものとなろうとしている。
憲法改正の発議が、早ければ2018年5~6月、国民投票が、2018年8~10月に行われる可能性もあると言われています。戦後、一貫して「改憲」を目論んできた人たちが、今年中にも憲法改正の国民投票を行い、日本の憲法を変えようとしています。これだけ国会を軽視する今の安倍政権が憲法を変えることは危険すぎる。その流れに強く抗い、戦っていくために早急に体勢を立てねばならないとの危機感から、今回のおしゃべりサロンは安倍「改憲」に抗う作戦会議にしたいと思います。
田崎基さん(神奈川新聞編集局デジタル編集部記者)をお呼びして、改憲の中身や予想されるスケジュールについてお話を聞いた後、参加者一人ひとりが発言し、意見を交わしながら今後についてしゃべります。ぜひ、ご参加ください。
田崎基さんについて
シリーズ記事「時代の正体」で気骨ある発信を続けておられる田崎記者は、安倍改憲が思いの外早いペースで進められつつあることに、そしてその中身に、強い危機感を持たれ、精力的に講演会をされています。
田崎記者のfacebookは、 https://www.facebook.com/tasakim
Twitterは、 https://twitter.com/tasaki_kanagawa
著作:「時代の正体?権力はかくも暴走する」(共著)http://www.gendaishicho.co.jp/book/b208808.html
「時代の正体2?語ることをあきらめない」(共著)http://www.gendaishicho.co.jp/book/b222252.html
「徹底検証 日本の右傾化」(共著)http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480016492/
参加費:500円
連絡:メール:osyaberi.salon@gmail.com
定員:40名(お早めにご連絡ください)
https://www.facebook.com/events/380525312391621/



沖 縄
●2月15日(木) 14時~ジュゴン保護キャンペーンセンター京橋事務所(JR・京阪・地下鉄京橋駅から徒歩10分ほどのところ http://www.sdcc.jp/other/office-map.html
じゅごん茶話会
辺野古や高江の話題に限らず、原発のこと、安倍政権のこと、働き方のことなど、色々おしゃべりしていますので、どうぞ、気軽においでください。予約不要です。
参加費:200円(資料代)
お問い合せ先:ジュゴン保護キャンペーンセンター関西事務所
TEL/FAX 06-6353-0514 メール info@sdcc.jp 当日は090-5882-3629(いけがわ)
http://www.sdcc.jp/plan/dugong-sawakai.html



ファストファッション
●2月15日(木) 10:30~12:00 豊中市立eMIRAIE環境交流センター(阪急電車曽根駅から北へ徒歩5分 http://kankyokoryu.jp/home/information.html)12時からランチ&交流会
第一回種まき抱っこシアター
『 T H E T R U E  C O S T 』~あなたの服の本当のコスト 知っていますか?

種まきシアター、平日の昼間にママさん向けの上映会を始めます!
その名も『種まき抱っこシアター』
参加者も受付もみんな赤ん坊抱っこして、ドキュメンタリー見ながら、未来のこと、話そうよ~~!
と言う会です。終了後も会場でのんびりできます。お弁当持参大歓迎です。
参加者は、赤ん坊抱っこしてるか、大きな夢を抱っこしている人なら誰でもオッケーです。
第一回のタイトルは
ファッション業界でも大量生産・大量消費が問題化
誰かの犠牲の上に成り立つファッションに変化が起き始めた!
トレンドはエシカル&フェアトレード・ファッション
ファッション産業の今と、向かうべき未来を描き出すドキュメンタリー
華やかなファッション業界の裏側の知られざる真実とは?リヴィア・ファース、ヴァンダナ・シヴァフェアトレードブランド「ピープル・ツリー」代表サフィア・ミニー等登場。
これは衣服に関する物語で、私たちが着る服や衣服をつくる人々、そしてアパレル産業が世界に与える影響の物語だ。これは貪欲さと恐怖、そして権力と貧困の物語でもある。全世界へと広がっている複雑な問題だが、私たちが普段身に着けている服についてのシンプルな物語でもある。
参加費:800円
参加人数把握のため参加ボタンをポチお願いします。
予告編:https://vimeo.com/141232707
この数十年、服の価格が低下する一方で、人や環境が支払う代償は劇的に上昇してきた。本作は、服を巡る知られざるストーリーに光を当て、「服に対して本当のコストを支払っているのは誰か?」という問題を提起する、ファッション業界の闇に焦点を当てたこれまでになかったドキュメンタリー映画だ。
この映画は、きらびやかなランウェイから鬱々としたスラムまで、世界中で撮影されたもので、ステラ・マッカートニー、リヴィア・ファースなどファッション界でもっとも影響のある人々や、環境活動家として世界的に著名なヴァンダナ・シヴァへのインタビューが含まれている。またフェアトレードブランド「ピープル・ツリー」代表サフィア・ミニーの活動にも光を当てている。私たちは行き過ぎた物質主義の引き起こした問題に対して、まず身近な衣服から変革を起こせるのかもしれない。
https://www.facebook.com/events/333074160543212/



●2月16日(金) 関西電力本社前(「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:00頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:30 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●2月16日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●2月16日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●2月16日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&三宮駅までのパレード



●2月16日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に!
脱原発の願いを込めて 音楽・アート大歓迎。手作り看板・鳴り物持参で。
福島のこども達のための街頭カンパもやってます!再稼動許さないの声をもっと!



森友学園問題
●2月16日(金) 午前11時30分~12時30分 上京税務署(烏丸一条西入る 地下鉄今出川駅徒歩8分 http://www.nta.go.jp/osaka/guide/zeimusho/kyoto/kamigyo/data.htm#PAM
全国納税者一揆-京都アクション
京都の上京税務署前で、モリカケ追及の スタンディングと佐川長官辞職を求める申し入れ行動を行います!
*佐川長官は、[ 資料なしでOK ]
*私らも、「領収書なし」でOK?
京都の統括的な位置にある上京税務署に対する申入れと 税務署前スタンディングです。
・思い思いのメッセージボードなどを持って、お越しください。ハンドマイクを持参します。希望の方はぜひアピールを!
https://www.facebook.com/yoshimichi.sakakibara.9/posts/1583737868368824



森友学園問題
●2月16日(金) 14:00~14:30 兵庫県庁2号館南県民オアシス広場(JR西日本・阪神「元町」駅西口北へ徒歩約8分 神戸市営地下鉄「県庁前」駅すぐ https://web.pref.hyogo.lg.jp/map.html
「モリ・カケ追及!緊急デモ」
デモコース 県民オアシス広場→神戸税務署→解散地点未定
主催:モリ・カケ追及!緊急デモ実行委員会(NHK問題を考える会(兵庫)、
こわすな憲法!いのちとくらし!市民デモHYOGO、森友学園問題を考える会 他)



森友学園問題
●2月16日(金) 17時~18時半 大阪国税局前歩道(地下鉄谷町線天満橋駅3号出口から東、大阪城公園方面へ徒歩2分程度)
佐川国税庁長官に対し、国会における虚偽答弁の謝罪と辞任を求める街頭行動
2月16日(金)、確定申告初日に合わせ、東京の国税庁本庁前と全国各地の国税局・税務署の前で、全国一斉「佐川ヤメロ!」アクションをやります。
虚偽答弁を繰り返した前理財局長・現国税庁長官の佐川氏に対しては、「われわれ市民に対しては、領収書などの必要書類がなければ認めないくせに、何が『すべて破棄した』だ! しかも書類は後で出てきたじゃないか!」「税金払わんぞ!」という怨嗟の声が上がっています。
国有地叩き売りのキーパーソンは、佐川氏ではなく前任理財局長の迫田英典氏で、佐川氏は“本筋”ではありませんし、財務官僚を標的にしても、トカゲの尻尾切りに使われるだけだ、との指摘もあります。もっともではありますが、でも、「尻尾」すら切れないようでは、「胴体」にも「頭」にも、全く手が届きません。
佐川氏のクビを取れれば、副総理でもある麻生財務相の責任問題に発展させることは比較的容易ですし、そうなれば、政権を揺るがすことができます。
憲法改悪策動もろとも安倍政権を粉砕するために、まずは「しっぽ」(佐川氏)から!
大阪国政局前行動に、ぜひご参加ください。(暖かい服装で!)
主催:森友学園問題を考える会
 


不当逮捕
●2月16日(金) 10時~神戸地裁集合 10時半~神戸地裁101号大法廷(JR神戸線 神戸駅 北徒歩7分 神戸高速鉄道 高速神戸駅 北徒歩5分 市営地下鉄 大倉山駅 南徒歩5分 http://www.courts.go.jp/kobe/about/syozai1/kobemain/index.html
人民新聞編集長・山田洋一さんの初公判
(傍聴券は先着順なので、10時までには来て下さい)
傍聴席を埋め尽くすことが、無罪と早期保釈につながります。
人民新聞編集長・山田洋一さんの初公判が2/16に決定!人民新聞編集長を取り返すため仲間が結集
2/16初公判、2/17尼崎集会・2/24東京集会へ参加を。賛同人にぜひ
実質的な共謀罪適用を許さず、警察・検察は即時保釈し、押収物を返せ!
※終了後、裁判所ロビーで報告会開催
※次回は4月25日(水)午後の予定です。
https://ameblo.jp/datsugenpatsu1208/entry-12350021286.html



派遣労働者
●2月16日(金) 18時半~エルおおさか南館ホール(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
渡辺照子さん講演会
『なぜ私は声を上げるのか ―シングルマザー、派遣労働者として活動すること―』

大阪で活動する労働組合が集まり、『おおさかユニオンネット春闘決起集会』を開催します。今年の基調講演の講師は、2人の子どもを抱え、シングルマザーとして働き続けてきた渡辺照子(わたなべてるこ)さん、58歳。ひとつの企業において派遣労働者として16年8か月勤務してきましたが、その派遣企業から昨年12月で雇い止めの通告を受けました。労働契約法18条・無期雇用転換を回避するためと考えられます。現在、派遣ユニオンに加入し、派遣先・派遣元との団体交渉を試みています。雇い止め当事者として積極的に発言し、活動を行っています。
渡辺照子さんの講演は、どなたでもご参加いただけます。ぜひこの機会に、派遣労働者として声を上げ続けている渡辺照子さんのお話をお聴き下さい!
講師: 渡辺照子(わたなべてるこ)さん
シングルマザー、58歳。36歳の息子、33歳の娘(二人とも独立)がいる。現在は要介護度1の88歳の実母と同居。ひとつの企業において派遣労働者として16年8か月勤務。その派遣企業から昨年12月で雇い止めの通告を受ける。派遣ユニオンに加入し、派遣先・派遣元との団体交渉を試みる等、活動。
・女性労働問題研究会 企画運営委員・編集委員
・アジア女性資料センター 理事
・東京から男女平等を実現するネットワーク(GET)共同代表 
・東京1区市民連合呼びかけ人
・2015年8月24日 参議院厚生労働委員会にて「改正」派遣法につ
いて現役派遣労働者当事者として「宇山洋美」名で登壇
・AERA(朝日新聞出版)「現代の肖像」に「派遣労働者」として登場
当事者・活動家・研究者の3者の役割の統合を目指す
参加費:無料
https://www.facebook.com/events/171058036850589/



複合差別
●2月16日(金) ヒューライツ大阪セミナー室(西本町ビル8F)(地下鉄本町駅27番出口すぐ https://www.hurights.or.jp/japan/access.html
複合差別に関する連続講座第3回
だれもがいきいきと生きられる社会のために―

「在日同胞のジェンダー意識に関するアンケート」結果報告書からみえるもの
「在日同胞のジェンダー意識に関するアンケート」は、在日本朝鮮人人権協会(事務局:東京)の性差別撤廃部会が、朝鮮半島にルーツがある当事者を対象に2014年に実施したものです。10代から60代の150人が回答に協力し、2015年にその結果報告書が発行されました。今回は、在日コリアン女性の人権実現を含めた様々な社会活動に参加し発信している人権活動家であり、同報告書の責任編集を担った朴金優綺さんにアンケート結果について話していただきます。
報告は、女性回答者と男性回答者のジェンダー意識の違いやセクハラ・DVなどの性暴力の経験と認識、在日コリアン社会のジェンダー意識、さらにジェンダー平等な社会を作るための意見など、今の在日コリアンの生の声を知る貴重な内容が盛り込まれています。だれもがいきいきと生きられる社会の実現をめざし、共に考えましょう。
講師:朴金優綺(ぱくきむ うぎ)さん(在日本朝鮮人人権協会事務局員、朝鮮大学校講師、歌手)
※朴金優綺さんは、両親の両方の姓を名のっています。
資料代:500円(ヒューライツ大阪の会員は無料)
定員:30人
主催:ヒューライツ大阪、アプロ・未来を創造する在日コリアン女性ネットワーク
申込・問い合わせ:ヒューライツ大阪 
webmail@hurights.or.jp TEL : 06-6543-7003
https://www.hurights.or.jp/japan/new-project/2018/01/post-41.html



ピースおおさか
●2月16日(金) 13:30~大阪高裁別館8階82号室(地下鉄淀屋橋より北東へ8分 大阪市役所の北側、橋を渡り直すぐ http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/)
ピースおおさか「改悪リニューアル裁判」判決言渡し
※12:30に裁判所玄関前に集合
※判決後、14:30から、弁護士会館5階510号で判決内容の報告会
連絡先:竹本 090-8860-9961



NEW
■2月16日(金) 午後10時30分~ 午後11時00分  NHK Eテレ
シリーズ 欲望の経済史~日本戦後編~1▽焼け跡に残った戦時体制 終戦~50s
焼け跡から立ち上がり復興に向けてひた走り短期間で豊かさを実現したとされる日本の戦後、そして50年代。財閥解体、農地改革、傾斜生産方式、ハイパーインフレ、ドッジライン、東京タワーしゅん工…さまざまなトピックスがあったがその背後にあった物語とは?戦後経済のあり方には実は「戦時体制」が大きく影響していたと野口は言う。野口の指摘をきっかけにさまざまな角度から戦後まもなく走り出した日本経済の光と影を再考する
http://www4.nhk.or.jp/P4384/x/2018-02-16/31/26336/1726007/



※参加者募集!
2018年2月23日(金)~24日(土) 1泊2日
第13回近畿の環境団体情報交流会 × 第14回里山フォーラム
持続可能な社会・なりわい・暮らし ささやまミーティング

~いろんなもんが集まってわいわい話すと 楽しくってためになる!~
「これからどうする?」「限界や!」それぞれが精一杯の活動を行う中で困難な課題に向き合うこともあります。そんな中、様々な団体、個人が語り合い、互いに学び合う場は、なかなかありません。ここは、異なる分野や立場、世代を超えて集る近畿最大規模の参加型ミーティング。「共にこれからの社会を創る!」そんな想いを胸に集い、視野をネットワークを広げ、楽しくパワーアップしましょう!
・「持続可能な社会・なりわい・暮らし」テーマ関連活動紹介と全員参加パネル
 ディスカッション
「学生と考える、環境とまちづくり」岡見厚志(World Seed)
「公害の経験から未来に向けて学ぶ市民力」栗本知子(あおぞら財団)
「林業会社が温泉経営に挑戦する理由」谷茂則(谷林業)
「持続可能な市民団体になりたい」田中広樹(大阪自然環境保全協会)
「民主的に生きる 市民が育つ学校」藤田美保(箕面子どもの森学園)
「Panasonic ECO RELAY for Sustainable Earth」
 山口進(パナソニックエコリレージャパン)
・活動発表・ポスターセッション30団体、早朝プログラム募集します!
◇開催要項 
目的:・近畿の環境、里山関連の団体、個人が出会い、学び合う場、連携のきっかけを提供する。
   ・団体の組織運営力の強化、個人のスキルアップを目指す。
期日:2018年2月23日(金)~24日(土) 1泊2日
   23日開会12:30 24日閉会16:30
会場:ユニトピアささやま(兵庫県篠山市)http://unitopia-sasayama.pgu.or.jp/
対象:農、林、自然、環境、教育、地域づくり、福祉等の市民活動の実践者・運営者/企業、行政等の担当者、大学等の研究者、学生
 100名。定員になりしだい締切。2日間参加の方を優先
参加費:12,000円(税、宿泊費、食費3食込) 
    エコネット近畿会員11,000円 学生8,000円
主催:特定非営利活動法人近畿環境市民活動相互支援センター
   (エコネット近畿)
   一般財団法人セブン-イレブン記念財団
共催:公益社団法人大阪自然環境保全協会
協力:パナソニックグループ労働組合連合会 休暇村 ユニトピアささやま
後援:大阪府、京都都、滋賀県、奈良県、兵庫県、和歌山県
第13回近畿の環境団体情報交流会は一般財団法人セブン-イレブン記念財団の助成により開催いたします運営:ささやまミーティング2018実行委員会
   余部 衛(やしろの森公園)
   伊藤かれん(里山キッズクラブ)
   岡見厚志(World Seed)
   栗本知子(あおぞら財団)
   正阿彌崇子(ジュゴン保護キャンペーンセンター)
   田中広樹(大阪自然環境保全協会)
   谷 茂則(谷林業)
   辻 郁子(エコネット近畿)
   なかたにみさこ(ひとまち元気カンパニー)
   西川阿樹(里山倶楽部)
   西村牧子(市民事務局かわにし)
   新田章伸(里山倶楽部)実行委員長
   久 隆浩(近畿大学)
   平櫛 武(キタイ設計株式会社)
   宮本直樹(パナソニックエコリレージャパン)
   山口 進(パナソニックエコリレージャパン)
スケジュール:
1日目/2月23日(金)
12:30 集合・オープニング 参加者交流
   「持続可能な社会・なりわい・暮らし」テーマ関連活動紹介
    全員参加パネルディスカッション「持続可能な社会とは」
19:00 活動発表 6枠×3室 計18枠 ※募集
    情報交換・交流会
2日目/2月24日(土)
早朝オプショナルプログラム ※募集
  9:00 分科会 興味別に分かれて少人数で話を深めます。
ポスターセッション 12団体 ※募集
全員参加ディスカッション「持続可能ななりわい、暮らしとは」
ふりかえり クロージング
16:30 解散
※発表募集!
A)1日目/23日(金)19:00~20:30 活動発表10分 18枠 3室同時進行
B)2日目/24日(土) 6:30~ 7:30 早朝プログラム60分
C)2日目/24日(土)13:00~14:00 ポスターセッション60分 12枠
参加申込みと同時にお申込みください。発表申込締切1月10日
応募多数の場合は、内容等のバランスをみてこちらで選択させていただきます。
予めご了承ください。
■申込み・問合せ先
 エコネット近畿事務局 担当:辻  
 申込みフォーム:http://kokucheese.com/event/index/497885/
 メール:yoyaku@econetkinki.org
 TEL:06-6881-1133 FAX:06-6949-8288 
※申込みフォームから、お申込みください。
または、下記を明記の上、メール・FAXにて、お申込みください。
お名前(ふりがな)、年齢、性別、所属(団体名)、連絡先住所(〒)、TEL、Eメイル、発表希望があれば「希望プログラム(活動発表・早朝プログラム・ポスターセッション)と簡単な内容説明」も同時にご記入ください。
※申込み者・発表希望者には、1月下旬以降に詳細をご案内します。
※最新情報はエコネット近畿ホームページ(http://www.econetkinki.org/)にて随時更新!



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村



脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2018年2月11日(日)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-275.html




■2月11日(日) (再放送)深夜午前00:00~00:30 NHK Eテレ
シリーズ 欲望の経済史~ルールが変わる時~最終回「欲望が欲望を生む」
今、経済の混迷にさまざまな声が世界に広がる。経済学を学ぶ若者たちも現実を説明できない学問のあり方に疑問の声をあげ始めた。現代の複雑な資本主義システムは、長い時をかけ時代の欲望と共にルール変更がなされてきた結果だ。利子の誕生、重商主義の全盛、勤勉という美徳、技術革新が主導した産業革命、繰り返すバブル…。リーマンショックの悲劇から10年、我々は何を学んだ?資本主義はどこへ向かう?世界の知性が語る最終章
http://www4.nhk.or.jp/P4384/x/2018-02-10/31/24131/1726006/



■2月11日(日) 04:55~05:25 ABCテレビ、テレビ朝日系列
「テレメンタリー2018「嘘塗りの骨 ~アイヌ人骨返還問題の悲痛~」
日本の先住民族アイヌ。コタンと呼ばれる集落を作り、今の北海道を中心に、自然の中で暮らしてきた。狩猟を営み、独自の言語と豊かな精神世界を築いてきた。しかし150年前、明治政府の政策で大勢の開拓民が入植し、土地を追われ、狩猟を禁じられる。日本人への同化政策が敷かれてアイヌ語が失われ、そして差別の歴史が始まる。研究目的として、遺骨までもが掘り返された。
いまもおよそ1600体が、全国の大学に眠る実態が、最近ようやく国の研究で明らかになった。「盗んだものはコタンに還せ」。各地で声を上げるアイヌたち。彼らの訴えは、裁判に発展する。進まぬ遺骨の返還と、そして明らかになる大学のずさんな管理と疑惑の研究。アイヌの祈りは届かない。
http://www.tv-asahi.co.jp/telementary/



■2月11日(日) 午前06:15~06:50 NHK総合
「目撃!にっぽん「家族たちのインパール」
太平洋戦争中、日本軍の無謀な計画によって多くの兵が餓死、病死した「インパール作戦」。去年、この作戦に関する番組を放送したところ、多くの遺族から手紙が寄せられた。67歳の男性は、亡き父が残した「指揮官 自決」という謎のメモが、ずっと心に引っかかっていたという。自決した指揮官の遺族が語った真実、そして、男性の実家から見つかった戦友の証言テープから、何も語らずに亡くなった父の戦場の記憶が浮かび上がる。
http://www4.nhk.or.jp/mokugeki-nippon/x/2018-02-11/21/24080/1077295/



●2月11日(日) 14時~社会福祉法人「ピースクラブ」(大国町 新今宮 http://www.ab.auone-net.jp/~peace_c/99_blank.html
釜ケ崎から被ばく労働を考える第4弾!「被ばく労働者の使い捨てを許さない!」
~福島原発被ばく労災損害賠償裁判(あらかぶ裁判)を支援しよう!
講師:あらかぶさん
コーディネーター:なすびさん
問い合わせ:オザキ(090-7356-1747)
https://twitter.com/hanamama58/status/943835862629937152



●2月11日(日) 13:30~大阪聖和教会(「桃谷駅」徒歩20分 桃谷商店街を東へ下り、商店街を抜けて疎開道路を渡り、カナリヤ薬局左折直ぐ 天王寺駅より市バス今里行 「中川2丁目」徒歩8分(耕整橋渡る) http://osakaseiwachurch.wixsite.com/kyoukaisyoukai/access
ダニー・ネフセタイさんを囲んで ランチ付おはなし会で3.11避難者トークセッション
家具職人で、イスラエル人で、日本人の妻がいて、1男2女のお父さんで、埼玉在住で、日本に住んで40年ほどで、著作家で、元兵士で、平和活動家の ダニー・ネフセタイさん。
ダニーさんに会ってみよう!ダニーさんにたくさん質問しよう!ダニーさんと集まったみんなと平和のこと話そう! きっと参加してくださった方にとって、大切な1日になります。
ゲスト:ひきたまさん
カリンバ、パンデイロなどで日本語のオリジナル曲を弾き語りするシンガーソングライター。無国籍で透明感のあるスパイシーサウンド、みんながハッピーになる新しい日本の民族音楽。
ゲスト:森松明希子さん
1973年兵庫県伊丹市生まれ。福島県郡山市在住中に東日本大震災に被災。2011年5月から大阪市へ母子避難。「避難の権利」を求めて大阪地方裁判所に集団訴訟を提起した原発賠償関西訴訟原告団代表。3.11以降、社会がどう変わることができるのかを広く一般の人々に問う活動に奔走している。東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream 代表。
料理:若松おかん(ほりこしゆみこ)
39歳の時に、家業の心斎橋にある天ぷら・割烹料理店「若松」を継ぐ。素材・調味料などにもこだわり、心を込めた料理を提供し続け、老若男女が通う都会のオアシスの役割を果たす。2012年に惜しまれつつも店舗を閉店。フリーで引き続き活動を続ける京都生まれの浪速のオカン。
チケット:2000円
お問い合わせ・お申込み:つるのはしマルシェ実行委員会
e-mail tsurunohashi@gmail.com
http://kokucheese.com/event/index/503174/



●2月11日(日) 10:00~17:00 奈良・市民放射能測定所(医療問題研究会奈良事務所)(近鉄奈良線学園前 https://www.mapion.co.jp/m2/34.69764609,135.75215445,16
無料測定まつり
【測定スペース】
無料測定(見学自由)☆7検体予定
【販売スペース】
☆自然農法のお野菜とお茶(田原ナチュラルファーム)
里芋・菊芋・玄米・緑茶・ほうじ茶・和紅茶を予定しています。
☆月ヶ瀬の平飼い自然卵(西原自然卵養鶏農場)
☆天然由来の多目的洗剤「えがおの力」(旧松の力)
☆自家製天然酵母パン(パン屋 福笑)
麻炭、国産無農薬小麦粉、オーガニック食材で作る黒っぽい?パン各種(コメント欄にて予約受付します)
【交流スペース】
ルリかふぇ 手作りスイーツとコーヒー(カンパ300円)
DVD鑑賞コーナー
※どなたでも、自由に見学して頂けます。測定希望の方は、事前にご連絡下さい。
連絡先:Tel:0742-81-8458(開所日のみ) Mail:naracrms@gmail.com
主催:奈良・市民放射能測定所
https://www.facebook.com/events/2011969962161348/



森友学園問題
●2月11日(日) 17:00~元町館「黒の小部屋」(JR・阪神電車「元町」駅西口より、南西へ徒歩6分/神戸高速鉄道「花隈」駅東口より南東へ徒歩6分/神戸市営地下鉄海岸線「みなと元町」駅2出口より北へ1分 神戸市中央区元町通4-1-12(元町商店街) http://www.motoei.com/access.htm) 
市民社会フォーラム第211回学習会
安倍政権のミステリー 森友問題のトリックを解く

講 師:大川 一夫さん(弁護士、森友学園問題情報公開訴訟代理人)
2017年の流行語大賞になった「忖度(そんたく)」(「他人の気持をおしはかること」)は、森友学園問題や加計学園問題などの報道を通じてよく耳にするようになった言葉でした。
国が森友学園に国有地を8億円値引きして売却したことについて、会計検査院は値引き額の算定根拠が不十分と指摘していますが、はたして「忖度」だけでなく、安倍首相の関与はないのでしょうか?
どうして公文書の管理のずさんさや情報開示文書の黒塗りがまかりとおるのでしょうか?
首相はじめ公職者に法的にも道義的にも問題が問われないのはなぜでしょうか?
森友学園の疑惑を追及している弁護士で、シャーロック・ホームズとマジックの研究家でもある大川一夫さんに、安倍政権の最大のミステリー、森友学園問題のトリックを解いていただきます。
講演後には新年会も兼ねて交流会を開催いたします。
大川一夫(おおかわ・かずお)さん
弁護士(大阪弁護士会所属・元大阪弁護士会副会長)。1953年、京都市生まれ。京都大学法学部卒業。
京都大学推理小説研究会創設メンバー。日本シャーロック・ホームズ・クラブ会員。龍谷大学法学部非常勤講師。
著書は、『ホームズ!まだ謎はあるのか?~弁護士はシャーロッキアン』『裁判と人権――平和に、幸福に生きるための法律ばなし』『「裁判員制度」の本義――なぜ市民参加が必要なのか』『労働者と裁判員制度――参加の意義と疑問Q&A』(以上、一葉社)、『実務刑事弁護』(共著・三省堂)、『国際人権規約と国内判例』(共著・解放出版社)など。  
参加費:1000円 
申し込み:メール:civilesocietyforum@gmail.com ※お申し込みなしでどなたでもご参加できますが、人数把握のために事前申し込みくださればありがたいです。
終了後、会場で懇親会(差し入れ歓迎)
http://shiminshakai.net/post/3014



教 育
●2月11日(日) 13:15~大淀コミュニュティーセンター(「天神橋筋六丁目」徒歩8分 https://www.osakacommunity.jp/kita/access.html) ※17時に会場前から梅田方面へのデモ(17時半頃終了予定)
2・11「戦争する国」づくりをすすめる教育を許さない!
「教育再生という虚妄~『日本』への引きこもりのための教育を越えて」

講師:駒込武さん(京都大学)
報告:木村真さん(豊中市議)他、ZAZAアピール等
ミニライブ:川口真由美さん with ヤスさん
主 催:「日の丸・君が代」強制反対・大阪ネット
http://www7b.biglobe.ne.jp/~hotline-osaka/



緊急事態条項
●2月11日(日) 10:00~12:00 宝塚市立西公民館2階ホール(阪急小林駅下車徒歩3分 http://www.t-clip.info/culture_spot/index.cfm?ID=5
第32回2.11ぶっ飛ばせ軍国風!宝塚集会
「憲法に緊急事態条項は必要か」 私たちは解釈改憲も明文改憲も許さない!
講師:永井幸寿弁護士(日本弁護士連合会災害復興支援委員会委員)
入場無料
公共交通機関ご利用でお越しください
当日会場のうしろに保育スペースを設けます
主催:実行委員会



武器購入
●2月11日(日) 15時~ピアザ淡海3階和室(京阪電車石場駅徒歩約5分 JR膳所駅徒歩約12分 http://www.piazza-omi.jp/access/index.html
「先制攻撃の武器を買って専守防衛?」
11時~訪問署名 大津市民会館前集合〈変更になりました〉
15時~学習会  
http://nonukesiga.exblog.jp/26378965/



建国記念日
●2月11日(日) 13:30~たかつガーデン8階(近鉄「大阪上本町駅」徒歩約3分・地下鉄「谷町九丁目駅」徒歩約7分 http://www.takatsu.or.jp/access.html
「建国記念の日」不承認 大阪府民のつどい
記念講演:原田敬一さん(佛教大学)
参加費:500円・高校生以下無料
主 催:「建国記念の日」反対大阪連絡会議
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0211-2.pdf



建国記念日
●2月11日(日) 13:30~神戸市勤労会館308号(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html
2・11「建国記念の日」不承認兵庫県民集会
『安倍9条改憲の狙いと背景―改憲発議を阻止するために―』

講演:和田 進さん(神戸大学名誉教授)
実践報告:"歴史教科書カフェ"市民学習会
資料代:¥500
連絡:078-341-6745
http://www.kenpou-hyougo.sakura.ne.jp/



建国記念日
●2月11日(日) 14:00~日本基督教団洛陽教会(地下鉄丸太町8分 http://www.uccj-kyoto.com/pics/maps/98m.jpg 寺町丸太町上る東側)  
「紀元節(建国記念の日)」を考える2・11京都集会    
「憲法不在の天皇「生前退位」-天皇代替わりで、問われる主権在民-」
   
講師:横田耕一さん
会場カンパ:800円 
共 催:日本キリスト教団京都教区「教会と社会」特設委員会 京都「天皇制を問う」講座実行委員会 反戦・反貧困・反差別共同行動in京都
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0211.pdf



建国記念日
●2月11日(日) 13:00~京都府部落解放センター(烏丸通紫明東南角・地下鉄「鞍馬口」駅下車・北へ徒歩5分 https://www.suishinkyoukai.jp/center/#map
「紀元節・日の丸・君が代」とたたかう2・11京都集会」
『天皇制と宗教』

講師:菱木政晴(ひしき・まさはる)さん (靖国合祀イヤです・アジアネットワーク事務局長 元同朋大学特任教授)
菱木政晴さんの著書リスト
『浄土真宗の戦争責任』(岩波ブックレット、1993.7)『解放の宗教へ』(緑風出版、1998.12)『非戦と仏教 「批判原理としての浄土」からの問い』(白澤社・現代書館、2005.1)『市民的自由の危機と宗教 改憲・靖国神社・政教分離』(白澤社、2007.2)『ただ念仏して 親鸞・法然からの励まし』(白澤社、2009.2) 
共著『殉教と殉国と信仰と 死者をたたえるのは誰のためか』(高橋哲哉、森一弘との共著、白澤社、2010.6)
参加費:800円
主 催:天皇制の強化を許さない京都実行委員会
連絡先:京都市北区小山下総町5-1 部落解放同盟京都府連合会 TEL:075-415-1030
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=654147221422329&id=643503049153413



日韓合意
●2月11日(日) 午後2時~福島区民センター(地下鉄「野田阪神」 JR 東西線「海老F江」7分 https://maps.google.co.jp/maps/ms?ie=UTF8&oe=UTF8&msa=0&msid=208816356832810032680.000498132504c54ef1691
うずみ火講座
「日韓合意は解決ではない―『慰安婦』問題、日本政府は国際基準にそった解決を!」

講師:方清子(パン・チョンジャ)さん(「日本軍『慰安婦』問題・関西ネットワーク」)
文在寅(ムン・ジェイン)政権が日韓合意は維持するものの、日本が拠出した10億円を使わないで韓国政府が同額を出すこと、日本側に「心を尽くした謝罪」を要求したことで日本では韓国バッシングが起きています。今一度、日韓合意の内容を学び、問題点を整理していきたいと思います。
資料代:1000円、一般1200円、学生・障害者700円
http://uzumibi.net/



ダイバーシティ
●2月11日(日) 18:00~20:00 JUSO Coworking(十三駅東口から徒歩3分 https://juso-coworking.com/contact/access.html
移住者の権利キャンペーン2020「ここにいる」大阪企画
第1回 粉もんからはじまるダイバーシティ

参加無料・先着25人・要予約 osakakokoniiru★gmail.com
主 催:「ここにいる」大阪企画実行委員会
https://www.hurights.or.jp/japan/new-project/2018/01/1-2020-koko-ni-iru.html



東北大震災
●2月11日(日) 13:00~呉竹文化センター 創造活動室(京阪本線「丹波橋駅」・近鉄京都線「丹波橋駅」西口前 http://www.kyoto-ongeibun.jp/kuretake/map.php
第7回 もっと広がれ 支援の輪!from 伏見
~東北応援企画 東北・被災地から届くメッセージ~

講演:小野田陽子さん,小野田敏之さん
展示:パネル展示
参加費:無料
主催:東北応援デー実行委員会
問い合わせ:伏見地区労(075-612-5444)
https://houteisien.wordpress.com/kyoto/



教育無償化
●2月11日(日) 10:00~12:00 恵光寺(バス停小野寺2分 http://kyototravel.info/ekouji
教育無償化
主催:左京静市9条の会
https://calendar.google.com/calendar/event?eid=NnVpMGk1MXRhc3J1a2F1dms4ZDg2YzBzamQga29iYXlhc2hpMjU2OTRAbQ&ctz=Asia/Tokyo



改 憲
●2月11日(日) 14:00~16:00 奈良市立京西公民館(http://manabunara.jp/contents_detail.php?frmId=14
3000万署名学習会
主催:3000万署名京西の会(仮称)
https://calendar.google.com/calendar/event?eid=NHYwanNwcWFudWJxNGQwYmdjZTRnM2c3OGIga29iYXlhc2hpMjU2OTRAbQ&ctz=Asia/Tokyo



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村


(2/8更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2018年2月10日(土)

アクセス情報にもミスがあり、訂正しました(^_^;) 他にもミスがあるかもしれません。
みなさん、必ずリンク先の元データの情報を確認してくださいm(_ _)m


★2/8追加情報
3か所も記載ミスがありました…(>_<)。訂正しています。
●2月10日(土)11日(日)  14時~社会福祉法人「ピースクラブ」
釜ケ崎から被ばく労働を考える第4弾!「被ばく労働者の使い捨てを許さない!」
●2月10日(土)11日(日) 10:00~17:00 奈良・市民放射能測定所(医療問題研究会奈良事務所)(近鉄奈良線学園前)
無料測定まつり
●2月10日(土)11日(日) 17:00~元町館「黒の小部屋」(JR・阪神電車「元町」駅) 
市民社会フォーラム第211回学習会 安倍政権のミステリー 森友問題のトリックを解く



【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報



『辺野古ゲート前の人びと』 (2017年/98分)
辺野古ゲート前は色んな人が行き交う人間交差点
何度、強制排除されようと、またゲート前に座り込む
なぜ、ここに座り続けるのか?

辺野古ゲート前は、いろんな人がやってくる。沖縄戦で肉親を失った人、間近で米軍機の墜落事故を体感した人、基地労働者として働いてきた人…集会では、基地との同居を強いられる沖縄県民の痛みが、肉声で語られる。県警機動隊員にも「オジィ、オバァが生き残ったから、あなたたちがいるんだよ」と語りかける。「基地ができたら戦争が来る」ことを知る人たちの共通する願いは、「子どもや孫に、同じ体験をさせたくない」ということ。次の排除が始まるまでの間、三線や替え歌、踊りが厳しい時間の中に、心安らぐひと時を生み出す。
公式サイト:http://america-banzai.blogspot.jp/2017/11/blog-post_14.html
●2018/1/13(土)~シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
2/10(土)・2/11(日) 11:05(~12:48終)
2/12(月)~2/16(金) 14:30(~16:13終)
2/17(土)・2/18(日) 18:30(~20:13終)
2/19(月) 休館日
2/20(火)~2/23(金) 10:55(~12:38終)
http://www.theater-seven.com/2018/mv_henoko-gate.html



『人生フルーツ』
人生は、だんだん美しくなる。
むかし、ある建築家が言いました。
家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない。
愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てた家。四季折々、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実が、妻・英子さんの手で美味しいごちそうにかわります。刺繍や編み物から機織りまで、なんでもこなす英子さん。ふたりは、たがいの名を「さん付け」で呼び合います。長年連れ添った夫婦の暮らしは、細やかな気遣いと工夫に満ちていました。そう、「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」とは、モダニズムの巨匠ル・コルビュジエの言葉です。
かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきました。1960年代、風の通り道になる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウン計画。けれど、経済優先の時代はそれを許さず、完成したのは理想とはほど遠い無機質な大規模団地。修一さんは、それまでの仕事から距離を置き、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめました─。あれから50年、ふたりは、コツコツ、ていねいに、時をためてきました。そして、90歳になった修一さんに新たな仕事の依頼がやってきます。
本作は東海テレビドキュメンタリー劇場第10弾。ナレーションをつとめるのは女優・樹木希林。ふたりの来し方と暮らしから、この国がある時代に諦めてしまった本当の豊かさへの深い思索の旅が、ゆっくりとはじまります。
●2/3~2/18 七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
2/10~2/16 16:30(~18:10終)
2/17・18 16:30(~18:10終)
http://www.nanagei.com/movie/data/1103.html
http://www.nanagei.com/movie/schedule.html


 
■2月10日(土) (再放送)深夜午前01:25~01:50 NHK Eテレ
スーパープレゼンテーション<字幕版>「ボストンの奇跡」
1990年代初め、ボストンは荒れていた。麻薬、暴力団、そしてささいなことでキレる若者たち。街には毎日のように銃声が響き、殺人事件が多発していた。しかし、10年の間にボストン市内での少年犯罪の件数はなんと79%も減少し、街は平和を取り戻した。“ボストン・ミラクル(ボストンの奇跡)”と称されるこの変革の立役者が、牧師、ジェフリー・ブラウンだ。ブラウンが若者たちにしたこととは?胸打たれるプレゼン。
http://www4.nhk.or.jp/superpresentation/x/2018-02-09/31/22978/2514222/



訂正しました!
●2月10日(土)11日(日) 14時~社会福祉法人「ピースクラブ」(大国町 新今宮 http://www.ab.auone-net.jp/~peace_c/99_blank.html
釜ケ崎から被ばく労働を考える第4弾!「被ばく労働者の使い捨てを許さない!」
~福島原発被ばく労災損害賠償裁判(あらかぶ裁判)を支援しよう!

https://twitter.com/hanamama58/status/943835862629937152



●2月10日(土) 13:30~伏見港公園(京阪中書島駅下車、徒歩3分)2:00~パレードスタート
ふしみ「原発ゼロ」パレード
コース :伏見港公園→中書島駅→龍馬通商店街→納屋町商店街→大手筋→御香宮
世界に平和を!人類に明るい未来を!
ごきげんよう、さようなら。
Love and Peace。
http://nonukesfushimi.blog.fc2.com/blog-entry-336.html



●2月10日(土) 12時半~JR天満駅前・天神橋筋商店街 13時半~国労会館(天満駅出口から徒歩約2分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/map/)
「ゴーウエスト(3.11東北・関東 放射能汚染からの避難者と仲間たち)」アピール&学習会
私たちは、1月13日に大阪で批判的な学習会を行いました。「戦略」の柱は、今も被ばくを懸念する海外への露骨な安全宣伝だ。「国内外の日本語学校へ福島県を旅行先にするよう訴える」「『Fukushima』と検索すると、ネガティブな結果が占める。ポジティブな画像が出るよう取り組む」といいます。実際日本語で「避難者」と検索すると、避難の写真はすでに表示されなくなっている。日本の新聞やテレビは削除しているのです。しかし英語で検索するとまだ一斉に表示されます。
学習会では、福島から台湾への母子避難者も報告。「日本政府は、台湾の人気タレントを使って福島や関東へ観光客を呼び込んでいる。ブログを書く台湾の市民に、日本政府から金を出すから風評払拭の記事を書けと勧めている。だが、熱心にやるほど嘘臭く見え、人々は引いている」。
もう一つの柱は国内の学校教育です。「戦略」は「被ばくの遺伝的影響はない。日常的な被ばくと事故の被ばくは同じ。事故の健康影響は、今までも今後もない。放出放射能は、チェルノブイリ事故の7分の1に過ぎない」と断言。これらを子どもの言葉とイラストで教科書に載せ、全国で教え込む。また、福島に修学旅行に来させ、福島産の給食を拡大するものです。
国が一方的に復興予算で進めるこうした暴挙を、学び、声を上げる場を持ちたいと思います。ぜひご参加下さい。
また、3月10日には「避難者と仲間たち全員集合! 大集会&デモ」が長堀橋の大阪市中央会館で行われます。多くの参加をお願いします。
12時半~「放射能被害が拡大中」街頭アピール(JR天満駅前・天神橋筋商店街)
13時半~事前学習・交流会
・台湾への避難者の報告「政府は復興予算で台湾の人々をだましている」
・復興庁「原子力タスクフォース」批判(渡辺悦司さん:市民と科学者の内部被ばく問題研究会)
15時~3.10大集会の拡大準備会議
http://www.gowest-comewest.net/ 



●2月10日(土) 午後2時~午後4時 コープ.イン.京都(阪急烏丸駅13出口徒歩約4分 https://loco.yahoo.co.jp/place/g-Vleel7uJO6-/map/
ノーベル平和賞受賞 I CAN 川崎哲さんが語る@コープ.イン.京都
~核兵器で平和は守れるか~
ピースボート共同代表。核兵器廃絶国際 キャンペーン(ICAN)国際運営委員 として活動し同組織がノーベル平和賞受賞。 2008年から広島・長崎の被爆者と世 界を回る「ヒバクシャ地球一周 証言の航 海」プロジェクト実施。2009~10年、 日豪両政府主導の「核不拡散・核軍縮に 関する国際委員会」でNGOアドバイザー をつとめ。2014年「集団的自衛権問題 研究会」をたちあげ、同代表。核兵器廃絶 のためのNGOネットワーク「アボリション2 000」の活動に1998年より参加、2016年まで調整委員をつとめた。恵泉女 学園大学非常勤講師。その他東京外国語 大学などの非常勤講師。日本平和学会会 員。日本軍縮学会会員・編集委員。
資料代:500円 (学生300円)
http://kyotofu-seikyoren.com/2017/12/180210_hibaku.pdf



●2月10日(土) 18時30分~ドーンセンター 1階パフォーマンススペース(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
東日本大震災7周年企画
ノーベル平和賞受賞アイキャン川崎哲さん(ノーベル平和賞受賞アイキャン)講演会~

核なき世界へ 3.11後を生きる人々とともに 
& 3.11避難者と考える平和ってなぁに?
世界最悪レベルといわれた福島第一原発事故からもうすぐ7年。徹底的な事故の原因究明や反省もあいまいなまま、また、被害者の声もないがしろにされたまま原発再稼働や避難者の帰還政策が進められています。一方、世界的には北朝鮮情勢がますます緊迫してきており、甚大な核被害を危惧する声も次第に高まってきています。そのような中、核兵器禁止条約の実現への貢献が高く評価され、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)が2017年のノーベル平和賞を受賞しました。世界が非核への道を進む大きな第一歩となるでしょう。核なき平和で安心できる暮らしを実現するために、今、私たちは何を考えどう行動するべきなのか、皆さんとともに考えたいと思います。
第 1 部: 川崎 哲 氏 講演会
第 2 部: 3.11避難者と考える平和ってなぁに?
参加費:500円・申し込み不要(先着150名)
主催:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream
お問い合わせ: sandori2014@gmail.com
協力:バレンタインチーム・星の対話プロジェクト
https://www.facebook.com/events/1604987526255361/



●2月10日(土) 14:30~16:30 兵庫県保険医協会6階会議室(元町駅から南 徒歩10分 http://www.hhk.jp/pages/access.php
非核の政府を求める兵庫の会 第32回総会記念講演会
核兵器のない世界へ 何をどのように伝えていくか

講 師:「ヒバクシャ国際署名」キャンペーンリーダー 林田 光弘さん
2017年には核兵器禁止条約が成立し、ICAN(核兵器廃絶キャンペーン)がノーベル平和賞を授賞するなど、「核兵器のない世界」に向けての関心が高まっています。
今こそ唯一の戦争被曝国の日本の私たちは、人道的見地から広島・長崎の被爆者の悲願でもある核兵器廃絶を実現するよう、私たちの政府と国際社会に強く訴えることがいっそう重要になっています。
そのためには核兵器廃絶の意義を多くの人々に共感をもって関心と支持を得られる世論と参加が必要です。
「ヒバクシャ国際署名」キャンペーンリーダーの林田光弘さんに、若者はじめ多くの市民に何をどのようにつたえていくべきか、お話しいただきます。
・林田 光弘(はやしだ・みつひろ)さん
長崎出身、 被爆3世。 明治学院大学大学院に在籍。高校卒業まで長崎で「高校生一万人署名活動」に参加。2009 年には「高校生平和大使」としてスイス・ジュネーブ 国連欧州本部を訪問。2010 年には核兵器廃絶地球市民活動メンバーとして NPT 再検討会議に参加。大学入学後は、原発、特定秘密保護法、安全保障関連法等の問 題に関心を持ち、仲間と「SEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)」を立ち上げ活動する。2015 年にはNPO法人ピースデポの ユースとして NPT 再検討会議に2度目の参加。現在は、 ヒバクシャとともに「核兵器禁止条約」締結を求め活動している。
参加費:「非核の政府を求める兵庫の会」会員無料
    会員以外参加費1000円 どなたでもご参加できます。
お問い合わせ:事務局 電話 078-393-1833 e-mail shin-ok@doc-net.or.jpまで
協賛:市民社会フォーラム
http://shiminshakai.net/post/2937?doing_wp_cron=1518102184.3245460987091064453125



訂正しました!
●2月10日(土)11日(日) 10:00~17:00 奈良・市民放射能測定所(医療問題研究会奈良事務所)(近鉄奈良線学園前 https://www.mapion.co.jp/m2/34.69764609,135.75215445,16
無料測定まつり
主催:奈良・市民放射能測定所
https://www.facebook.com/events/2011969962161348/



●2月10日(土) 18:30~20:30 あんのん舘(阪神西宮 https://www.mapion.co.jp/m2/34.73592101,135.33664241,16
満員御礼・キャンセル待ち 
核兵器を無くすことは出来るのか?
~核兵器禁止条約成立と ICAN ノーベル平和賞の背景から考える~

2017年、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)がノーベル平和賞を受賞しました。ICANは、一つの固定の組織ではなく、世界100か国以上で核兵器廃絶に取り組む約470団体のネットワークです。ICANが評価された力の一つになったのが、広島・長崎の被爆者の呼びかけで始まった「ヒバクシャ国際署名(被爆者が訴える核兵器廃絶に向けた国際署名)」とも言われています。
この署名活動のキャンペーンリーダーとして活動されている林田光弘さんが関西にいらっしゃるということで、「ぜひお話を聞いてみたい!」と、急遽、トークイベントの開催が決まりました。
1992年生まれの林田さんがなぜ、どんな思いでヒバクシャ国際署名の活動に携わっているのか・・・そこに、私の明日からの暮らしにつながる何かがあるのか・・・考えてみるきっかけになればいいなと思います。どうぞお気軽に、お越しください。
・トークゲスト=林田光弘(はやしだみつひろ)さん
明治学院大学大学院生。「ヒバクシャ国際署名」事務局キャンペーンリーダー。1992年長崎県生まれの被爆3世。高校2年生の時、核兵器廃絶を求める署名を国連に届ける「高校生平和大使」を務める。2015年、安保法制反対を訴える学生団体「SEALDs(シールズ:自由と民主主義のための学生緊急行動)」の創設に関わる。2016年、日本被団協の田中熙巳(てるみ)前事務局長の依頼を受け、「ヒバクシャ国際署名」の事務局キャンペーンリーダーに就任。
定員:25名
参加費:1,000円(学生・障がい者・介助者は500円 高校生以下は無料)
お申込み:下記リンク先のフォームからお申込みください
https://goo.gl/forms/OZu41YTNPcUokzlD2
お問合せ:gwomens.h@gmail.com
主催:トランジション西宮
https://www.facebook.com/events/1671191762943229/



●2月10日(土) 14:00~16:30 宝塚市立男女共同参画センター1AB(阪急・JR宝塚駅直結 ソリオ2-4階)
原発の危険性を考えるつどい
「エネルギー選択が私たちの未来を決める~エネルギー基本計画にモノ申す~」

お話:稲岡 美奈子さん(地球救出アクション97代表)
参加費:300円
主催:原発の危険性を考える宝塚の会
http://ksueda.eco.coocan.jp/event.html



●2月10日(土) 13:30~JR膳所駅前集合=JRの新しい改札出て左手(北側:びわ湖側)を地上に降りてから右手の奥の広場(工事中です。階段下)
大飯原発うごかすな!21世紀第66回脱原発 市民ウォークin滋賀
コース=ときめき坂~西武百貨店前~関電滋賀支店~びわ湖
《脱原発市民ウォークin滋賀》は脱原発を願う、さまざまな立場の自由な市民によるデモです。誰でも参加できます。参加のスタイルも自由です。ぜひ足を運ばれ、あなたの意思を自由に表明してください。
主催:21世紀脱原発市民ウォークin滋賀 実行委員会
呼びかけ人:池田進(原発を知る滋賀連絡会 電話077-522-5415)岡田啓子(ふぇみん@滋賀 電話077-524-5743)稲村守(9条ネット・滋賀 電話080-5713-8629)
http://blog.goo.ne.jp/datugenshiga/e/d3667eb00a38a256cd729c0fa32a39cb



●2月10日(土) 18:00~20:00 草津市まちづくりセンター(草津駅徒歩約5分 http://kusatsu-machisen.net/access/
原発ゼロ基本法タウンミーティング
参加費:無料(座席数100名)
主催:立憲民主党
連絡:TEL090-2193-1474(山田実)
https://jimmin.com/events/event/原発ゼロ基本法タウンミーティング/



温暖化
●2月10日(土) 13:30~16:30 ドーンセンター(大阪府立男女共同参画・青少年センター)5階大会議室2(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
行動変容の促進を通じた温暖化防止に向けて
~COP23 の報告とパリ協定の実現のために~

国連気候変動枠組条約第 23 回締約国会議 (COP23)が、2017年11月6日から18日までド イツのボンで開催されました。パリ協定がめざす脱炭素 社会の実現に向け、私たちはどう行動していけばいいで しょうか。 このセミナーでは、COP23 の最新情報と地球温暖 化の現状を聞き、温暖化防止にむけた行動変容の促 進について学びます。皆さま、ぜひご参加ください。
①COP23 の成果と課題(仮題) 高村 ゆかり さん(名古屋大学大学院教授) 長く COP の国際交渉を追っていらっしゃる高村さんから、パリ協定の実現に向けて、ルール ブックの交渉など、議論された内容と世界の動きをご報告いただきます。
②地球温暖化の現状について 高橋 宙 さん(大阪管区気象台気象防災部地球環境・海洋課 課長) 最新データを使って、日本・近畿の気温や降水量の変化、地球温暖化と異常気象などに ついてお話しいただき、さらにどう適応していくかについてお話しいただきます。
③行動変容の促進を通じた家庭部門における温暖化対策の推進について 鶴崎 敬大 さん(株式会社住環境計画研究所 取締役研究所長) 家庭でのエネルギー(電気、ガス、灯油等)消費の推移や構造、省エネ行動の変容 を促進するための取り組みをお話しいただきます。
定員:60 名
参加費:無料  事前申し込み要 
申込先:CASA ホームページ<http://www.bnet.jp/casa/> E-mail: office@casa.bnet.jp
電話:06-6910-6301(平日 午前11時~午後5時) FAX:06-6910-6302
主催:近畿地方環境事務所、認定 NPO 法人地球環境市民会議(CASA)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0210.pdf



改 憲
●2月10日(土) 14:00~堺市産業振興センター(南海高野線・地下鉄「なかもず」駅、徒歩4分 http://www.sakai-ipc.jp/about/access.html
安倍改憲NO!3000万署名ステップアップのつどい
お話し:大内裕和さん(中京大学教授)
主 催:安倍改憲NO!3000万署名 堺市民アクション
https://www.evensi.jp/安倍改憲3000万署名-ステップアップのつどい-堺市産業振興センター/244385675



森友学園問題
訂正しました!
●2月10日(土)11日(日) 17:00~元町館「黒の小部屋」(JR・阪神電車「元町」駅西口より、南西へ徒歩6分/神戸高速鉄道「花隈」駅東口より南東へ徒歩6分/神戸市営地下鉄海岸線「みなと元町」駅2出口より北へ1分 神戸市中央区元町通4-1-12(元町商店街) http://www.motoei.com/access.htm) 
市民社会フォーラム第211回学習会
安倍政権のミステリー 森友問題のトリックを解く
http://shiminshakai.net/post/3014



大阪都構想
●2月10日(土) 13:00~14:30 天王寺ミオ前
大阪市民会議 『大阪市の存続を求める署名』共同街頭宣伝
https://www.facebook.com/events/304587926611921/?active_tab=discussion



コスタリカ
●2月10日(土) 15:45~トランジション西宮シアター(stuido awai(スタジオあわい)(あんのん舘2F)(阪神西宮 https://www.studioawai.net/access
『コスタリカの奇跡~積極的平和国家のつくり方』
1948年に軍隊を廃止。軍事予算を社会福祉に充て、国民の幸福度を最大化する道を選んだコスタリカの奇跡に迫ったドキュメンタリー。 https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=48
プログラム
15:45-17:15  映画「コスタリカの奇跡」上映
17:15-17:45  感想シェア会
申込方法:次のいずれかの方法でお申し込みください
①当イベントページへ参加のコメント
②メール tt.nishinomiya@gmail.com
③トランジション西宮へメッセージ https://www.facebook.com/tt.nishinomiya/
主催・お問い合せ:トランジション西宮
協力:あんのん舘・studio awai
https://tt-nishinomiya.wixsite.com/tn-theater



辺野古新基地問題
●2月10日(土)  15時30分~(毎週土曜日)JR大阪駅南バスターミナル
「辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動」
辺野古の海が埋め立てられないように活動しています。
お時間の許す範囲で、少しでも皆様のご参加お待ちしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/henoko_osaka



辺野古新基地問題
●2月10日(土) 13:00~14:00 神戸マルイ前
HENOKO NO! 沖縄に基地はいらない 
   辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動

沖縄県民に対する不正を止めるために、共に声を上げて下さい。
ツイター・FaceBookで情報発信中{辺野古・神戸}で検索して下さい。
土曜の午後はいつもの時間、いつもの場所で、はじめての方、ちょっとだけ参加、見学、大歓迎。
https://twitter.com/kobekodo/



辺野古新基地問題
●2月10日(土) 毎週土曜日17:00~18:30ごろ 京都市 三条河原町交差点(三条河原町商店街のアーケード前スペース)
沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、
     普天間基地の撤去を求める京都行動

アピール、チラシ配り、新基地建設に反対する署名集めなどなど
http://kyoto-action.jugem.jp/?pid=1
https://twitter.com/ALALALED/status/551165696185344000



子ども・教育
●2月10日(土) 後2時~サンスクエア堺 B棟ホール(JR阪和線「堺市」駅徒歩3分 http://www.sck.or.jp/access.html
子どもと教育を守る 第37回市民大集会
記念講演:古野陽一さん(NPO法人子どもとメディア常務理事)
「親子で考えよう スマホ・ネット・ゲーム」
入場無料 
主催:子どもと教育を守る市民大集会実行委員会 
後援:堺市教育委員会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0210-2.jpg



教 育
●2月10日(土) 15:00~17:00 能登川コミュニティセンター(JR能登川駅西口より徒歩10分 www.city.higashiomi.shiga.jp/0000006302.html)
滋賀教育のつどい 全体講演会
演題:教育の市場化で失われゆく『教師』という仕事
-アメリカの抵抗運動に見る希望の光-
講師:鈴木大裕(土佐町学校・行政コーディネーター)
(内容)全国学力テストの点数にもとづく「結果責任」で学校と教員を徹底管理し、パフォーマンスの低い学校が学習指導要領の法的基準性を根拠に閉校、教員は解雇に追いやられる可能性はないだろうか。すでに市場化されつつある日本の公教育のゆくえと今後の展望を学び考えます
問い合わせ:滋賀教育のつどい実行委員会(077-522-4965)
この企画は「2018子どもの未来をひらく 滋賀『教育のつどい』」の一部です。全体の計画についても2.10の企画についても、詳細は滋賀教育のつどい実行委員会に問い合わせてください
参加費:無料
主催:滋賀教育のつどい実行委員会(077-522-4965)
https://sites.google.com/site/syamahi9j/zi-he-jiu-tiaono-huinyusu



暮らしと政治
●2月10日(土) 10:00~12:00 「うの家」(JR森山駅西口10分 http://www.unoke.jp/access.php
三日月知事と話そう~くらしとせいじカフェ@守山
ひさしぶりに三日月知事の登場です!そう、今年は夏に知事選があります。あれから4年か~早いですね~知事になられての4年間はどうだったのかやこれからの滋賀のビジョンなど知事とゆっくりおはなししましょう~なんでも聞きに来てくださいね。
ほっこりと楽しい座談会です。だれでも気軽にご参加くださーい。子どももお父ちゃんも大歓迎ですよー
参加費:200円 予約不要 子ども連れOK
お茶を用意しますので、マイカップ持参
https://www.facebook.com/events/1972562586394198/



セクハラ告発
●2月10日(土) 14:00~アジェンダ・プロジェクト事務所(京都市南区東九条北松ノ木町37-7 東福寺駅 https://map.yahoo.co.jp/maps?lat=34.97880266&lon=135.76656897&ac=26107&az=262.37.7&z=16&id=&fa=pa&ei=utf8&p=%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%BA%9C%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%B8%82%E5%8D%97%E5%8C%BA%E6%9D%B1%E4%B9%9D%E6%9D%A1%E5%8C%97%E6%9D%BE%E3%83%8E%E6%9C%A8%E7%94%BA37-7
#Me Too(私も)セクハラ告発ムーブメント学習会 
「#MeToo(私も)」セクハラ告発ムーブメントについて
参加費¥200(アジェンダ・プロジェクト会員、定期購読会員は無料、高校生以下も無料)
主催:アジェンダ・プロジェクト京都
連絡TEL090-9998-9245
https://jimmin.com/events/event/%ef%bc%83me-too%ef%bc%88私も%ef%bc%89セクハラ告発ムーブメント学習会%e3%80%80/



外国人技能実習
●2月10日(土) 午後6時30分~ひとまち交流館 京都 第4会議室 (京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html)
グローバル・ジャステス研究会2月の企画
外国人技能実習制度の闇-メイド・イン・ジャパンの陰で
外国人技能実習制度は、開発途上国への技術移転を「目的」に1990年代初頭に国が創設した制度である。商工会や協同組合などが監理団体となって受け入れ、国内の製造業や建設業、農業、漁業などさまざまな分野の企業が、3年を上限に技能実習生を雇用してきた。
2017年時点で、ベトナムや中国などからの約23万人の男女が来日している。技能習得とは名ばかりで、実習生たちの多くは労働者不足にあえぐ中小企業で、違法な長時間労働や、法定最低賃金を大幅に下回るなどの悪条件下で雇用されている。
そうしたなか、国連や米国務省をはじめとする国際社会から、抜本的に改善するよう勧告が繰り返し出されてきた。日本政府は2017年11月、技能実習法を施行し、実習生に対する人権侵害の抑止に着手するともに、介護分野を追加するなど制度の拡大を図っている。はたして、それで技能実習生の人権は守られるのだろうか。技能実習制度をめぐる課題を議論したい。
講師:藤本伸樹さん(一般財団法人アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)研究員)
プロフィール:民間企業勤務を経て、フリーライターとして雑誌などに寄稿。1988年~1994年、フィリピンに滞在。フィリピンから日本へ向かうエンターテイナーや結婚移民、日本の政府開発援助(ODA)に関する日比間の課題を中心に情報発信を行う。日比の市民団体と連携し問題解決に取り組む。2001年から現職。NPO法人移住者と連帯する全国ネットワーク(移住連)の運営委員(国際人権担当)。
資料代:500円(事情により応相談)
主催:グローバル・ジャスティス研究会
問い合わせ:080-2742-2590(ささき)まで
https://www.facebook.com/events/1516582075057672/



資本論
●2月10日(土) 10時~11時半 京都市下京いきいき市民活動センター第2会議室(JR京都駅(北側)塩小路通りを東に約15分 京都市下京区上之町38番地 http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/cmsfiles/contents/0000099/99788/simogyo-map.GIF
「資本論」を読む会
第2篇第4章第1節資本の一般的定式。
参加費:200円
問合せ(090-5241-5052)
http://www.kinyobi.co.jp/event/20180202_002488.php



■2月10日(土) (再放送)午後00:30~01:00 NHK Eテレ
サイエンスZERO「シリーズ原発事故(17)“デブリ”は取り出せるのか?」
40年かかるともいわれる福島第一原発の廃炉。溶けた核燃料が構造物などと混ざり合って出来た「デブリ」の取り出しは最大の難関だ。科学者・エンジニアは計画を達成すべく努力を続けている。去年7月に行われた、原子炉3号機内部の調査の詳細や、デブリ取り出しのためのロボット開発。さらには、日仏共同の国際プロジェクトによる模擬デブリの作成実験と分析の様子など、研究開発の最前線を交え、廃炉作業の「いま」に迫る。
http://www4.nhk.or.jp/zero/x/2018-02-10/31/23026/2136664/



■2月10日(土) 午後07:30~09:00 NHK BSプレミアム
映像の世紀プレミアム 第8集「アメリカ 自由の国の秘密と嘘」
超大国アメリカの理想の裏側を描く。秘密ファイルによって大統領たちに恐れられた初代FBI長官フーバー、フェイクニュースによって戦争をあおった新聞王ハースト、今なお陰謀論がささやかれるケネディ暗殺、テレビ報道によって隠された戦場の実態が明らかとなったベトナム戦争、ホワイトハウスに設置された音声テープによって大統領のうそが暴かれたウォーターゲート事件。秘密とうそに覆われた自由の国のもうひとつの物語である
http://www4.nhk.or.jp/P4235/x/2018-02-10/10/22849/2899065/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村


2/6(火)18時半~川口真由美映画上映会&トーク 「レジスタンスなう!」ロックアクション @エル大阪

戦争あかん!ロックアクションのブログより引用
http://himitsulock.hatenablog.com/entry/2018/02/04/013612


20180206レジスタンスなうチラシ-S


2月のロックアクションは、いつもサウンドデモでパワフルな歌声を聞かせてくれる川口真由美さん主演の映画「レジスタンスなう!」の上映とトークライブです!!
大阪で上映されるのは今回が初めての「レジスタンスなう!」
ぜひこの機会にお集まり下さい。


●2月6日(火) 18:30~エル大阪5階視聴覚室 

川口真由美 映画上映会&トーク
「レジスタンスなう!」
(長編ドキュメンタリー映画(70分) 原田圭輔監督)
★川口真由美さん、アジア国際映画際新人女優賞受賞作品★

この歌は届きますか…?

2015年沖縄辺野古基地建設反対活動で24時間の座り込みが続く中、パワフルな歌声で人々を励ます一人の歌手がいた。
「炎の歌姫」「爆弾歌手」そう呼ばれる彼女の名は川口真由美
京都で障碍者支援施設を営む3人の子どもを育てるシングルマザー
誰よりも普通の幸せを願う彼女を反基地活動に駆り立てるものは何なのか?
2014年京都経ヶ岬に新たに建てられたXバンドレーダー基地
そこに住む人々の想いと語られぬ真実とは?
一人の歌手が見つめる日本の姿を描いた長編ドキュメンタリー 

参加費:800円
障がい者、学生半額。その他、割り引き希望の方は受付でおっしゃってください。

主催:戦争あかん!ロックアクション

エル大阪アクセス:京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html




★次回ロックアクション


20180306チラシモノクロS



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村


プロフィール

Akko

Author:Akko
清志郎大好き。
旅行大好き。
ドイツ大好き。
でも最近忙しくて、旅行に行けません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR