FC2ブログ

(11/2更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2017年10月30日(月)~11月3日(金休)

★11/2追加情報
11/3(金)までのイベント情報を掲載しました。



【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-223.html




コリアン・マイノリティ
●10月30日(月) 19:00~猪飼野セッパラム文庫(天王寺区細工谷2-14-8 090-9882-1663 近鉄「上本町六丁目駅」8分・地下鉄「谷町9丁目駅」10分、ドンキホーテ上本町店から東へ、セブンイレブンを右へ約100m、左側3軒目 http://www.mapion.co.jp/m2/34.66158997553531,135.5232413888889,16
コリアン・マイノリティ研究会第166回月例研究会 
「戦後補償運動における<戦後責任>のあり方
―「戦後責任を問う・関釜裁判を支援する会」の活動から―

講師:堀詩織さん(大阪大学大学院)
参加費:800円・要予約
主 催:コリアン・マイノリティ研究会 http://white.ap.teacup.com/korminor/
https://sepparam-bunko.jimdo.com/



ボリビア
●10月30日(月) 18:30~同志社大学烏丸キャンパス志高館SK110(地下鉄烏丸線 今出川駅 1番出口(エレベーターは3番出口)6分 https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/karasuma.html
パブロ・ソロンさん(ボリビア元国連大使)講演会
ママザーアースの危機 本.当の豊かさへの大転換 ボリビアからの提案

講師:パブロ・ソロンさん (ボリビア元国連大使)    
マリー・ルーさん (グローバル森林連合)
先祖から受け継いだ自分たちの大地・森・水と共同体を守り続けている南米の小さな国、ボリビア。マザーアース(母なる地球)の権利の考え方を国際社会に提起してきました。 発展を追い求め資源開発を進めてきた私たち。手つかずの自然な大地・森・海がどれほど残っているでしょうか。本当の豊かさとは何なのでしょうか。
入場無料
主催:10・30パブロ・ソロン/マリー・ルー講演会京都実行委員会
問い合せ:グローバル・ジャスティス研究会 080-2742-2590ささき
https://www.facebook.com/events/176175446291913/



民衆思想
●10月30日(月) 18:30~大阪経済大学E61教室(阪急京都線「上新庄」・地下鉄「瑞光四丁目」 http://www.osaka-ue.ac.jp/profile/access/areamap/index.html
花崎皋平さん講演会 民衆思想とその方法について
参加費¥500(学生は無料)
共催:大阪哲学学校 季刊「唯物論研究」刊行会 地域・アソシエーション研究所 北摂ワーカーズ若者労働者協同組合
連絡:TEL090-3626-7007(平崎)
https://jimmin.com/events/event/%e8%8a%b1%e5%b4%8e%e7%9a%8b%e5%b9%b3%e3%81%95%e3%82%93%e8%ac%9b%e6%bc%94%e4%bc%9a%e3%80%80%e6%b0%91%e8%a1%86%e6%80%9d%e6%83%b3%e3%81%a8%e3%81%9d%e3%81%ae%e6%96%b9%e6%b3%95%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84/



■10月30日(月) 午後10:00~10:25 NHK総合
「クローズアップ現代+問われる“プルトニウム大国”日本~日米 知られざる課題~」
核兵器の材料になることから国際的に厳しく管理されているプルトニウム。日本は、原発で使い終わった核燃料からプルトニウムを取り出し、資源として再利用する「核燃料サイクル」を核兵器保有国以外で唯一、推進している。保有量は現在、約47トン。原爆に換算して約6000発分に相当し、いま、日米原子力協定で日本がプルトニウムを取り出すことに同意したアメリカから懸念の声が上がっている。プルトニウムが増加の一途を辿って「核テロ」のリスクを高めるとともに、他国が日本を前例にプルトニウム保有に乗り出すことを警戒しているのだ。来月5日にはトランプ大統領が来日するなど緊密な関係を維持する日米。両国の間にある知られざる課題に迫る。
http://www.nhk.or.jp/gendai/schedule/



●10月31日(火) 10:30~15:00 大阪市立社会福祉センター(近鉄「大阪上本町」⑪東へ徒歩3分 地下鉄「谷町九丁目」⑧徒歩10分 http://shafuku-center.jp/shisetsu.html
3.11避難者情報交換・意見交流会Cafe IMONIKAI
毎月大阪で、たとえ参加者が少なくても、必要としている避難者がいる限り、細く長く必要な形でつづけています。2012年夏~毎月1回、一日お部屋を開放し、自由に避難者が集える「場」を参加者みんなで作ります。サンドリメンバーも、毎回、一度も欠かさず通っている避難者たちがいます。
とても自由な雰囲気で、避難者が震災のこと、避難のこと・・・本当の思いを各々自由に話せる3.11避難当事者がホッとできる素敵な「場所」です。初めての方も安心してご参加下さい。何も話さなくても、聞くだけの方もおられます。色々な情報も得られますし、また、避難者の思いも、ご支援の方々に伝えることも出来ますし、本当にオススメ出来る交流会の一つです。ご都合のつく方は是非ご参加ください。(途中からの参加、途中退室も可能です)
※飲み物は各自でご用意ください
参加費:無料 差し入れ大歓迎♪
参加対象者:3.11避難者&3.11避難者に心をお寄せくださる方ならどなたでも大歓迎☆子連れOK
お申込み:特に不要です。
今後の予定:11/29(水)12/20(水)1月26日(金)2月21日(水)
お問合せ:sandori2014@gmail.com 
     サンドリ【3.11避難者交流カフェイモニカイ】係
主 催:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (略称:サンドリ)
協 力:大阪市ボランティア・市民活動センター(大阪市社会福祉協議会)



北朝鮮情勢
●10月31日(火) 19:00~20:30 おおさかシニアネット(地下鉄本町駅より徒歩1分 http://www.osn.or.jp/about/shozaichi.html
大阪自由大学「東アジア講座」特別講演会
「北朝鮮情勢を考える」

講師:平井久志さん(ジャーナリスト、共同通信客員論説委員)
定員:40人、参加費1000円(資料代)
申し込み:大阪自由大学事務局
e.mail: kansaiforum@gmail.com
http://kansai.main.jp



水問題
●10月31日(火) 午後6時半~エルおおさか5階研修室2(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
10・31パブロ・ソロン/マリー・ルー講演会(大阪)
ボリビアから世界へ~「水への権利」「マザーアースの権利」(国連決議)

(南米・アマゾン)ボリビアは先住民族出身の大統領の下で、「ビビール・ビエン(良く生きる)」、「マザーアースの権利」の考え方を国際社会に提起してきました。政府が開発主義に舵を切ってしまった今も、地域では住民・先住民たちは自分たちの森と水と共同体を守りつづけています。小国ながら全世界の未来に関わるメッセージを発し続けているボリビアの経験に学び、日本の今を考えるヒントにするため企画しました。
▽パブロ・ソロンさん
元ボリビア多民族国・国連大使(09年1月~11年6月)
「水に関わる人権」、「国際マザーアースデー」、「自然との調和」などの決議の採択に尽力。世界社会フォーラムなどでクライメート・ジャスティス(公正な気候変動対策を)の運動を呼びかけ。現在、ソロン財団代表。
▽マリー・ルーさん
グローバル森林連合フォーカス・オン・ザ・グローバルサウス(新自由主義に反対する研究・運動団体)、ビア・カンペシナ(国際的な農民団体)などのNGOでWTO反対、食料主権の運動のコーディネーターとして活躍。
現在はボリビア在住。
・水はみんなのもの!
民営化をはね返したコチャバンバ市民
(1999年10月~2000年4月)
ボリビア中央部・コチャバンバ市(当時、人口52万人)の市民たちは水道公社の民営化(米・英の多国籍企業の合弁企業の子会社に事業権を売却)に反対し、「水はみんなのもの!」の合言葉で99年10月に「水と生命を守る連合」を結成。ゼネスト、広場占拠、自主的住民投票、戒厳令や軍による弾圧(17歳の青年が射殺された)への抗議の高まりの中で政府は民営化を撤回、戒厳令を解除、国民に謝罪した。この闘いはボリビアだけでなく、世界的な民営化反対の闘いのシンボルとなり、左派政権の誕生(06年)のきっかけとなった。
・「良く生きる」-画期的な憲法(09年制定)
アンデスの先住民族の宇宙観を表す「良く生きる」。経済成長第一ではなく、自然との調和こそが大事という考え方が憲法にも書き込まれました。
・水への権利を国連総会で決議
国連総会決議:「飲み水と衛生へのアクセスは人権」第108回総会、2010年7月28日に採択(提案国を代表して)
パブロ・ソロン・ボリビア国連大使の発言(抜粋)
『毎年350万人が、水系感染症で亡くなっています。・・・飲料水へのアクセスが出来ないため死亡する子どもたちの数は、エイズ、マラリア、併合天然痘で死亡する数を超えています。・・・女性たちは家庭で使用するためにまる1日かけて水を収集し、それを家に運ぶのに2億時間以上費やしています。」
決議の要旨「国家および国際機関が、すべての人に安全で、清浄で、簡単に手に入る、十分な水と衛生設備を提供するための努力を強化するために、特に発展途上国に対して資金、能力、技術移転を提供することを求める』。
賛成122カ国(「南」の諸国の大部分のほか、フランス、ドイツ、ベルギー等)、反対なし、棄権41カ国(米国、日本など)
・開発主義への抵抗続く–ボリビアの今
 エルバラとエルチェペテの水力発電プロジェクト
 TIPNIS横断道路建設
グローバル森林連合とは
グローバル森林連合は、森の生態系と伝統的知識の保護と回復を目的に2000年に設立され、58カ国、86のNGOや先住民族団体が参加している。森を守ってきた先住民族、地域のコミュニティー、女性の権利に重点を置いて調査、教育、キャンペーンなどを展開している。「森林伐採と森林劣化の問題は、その本当の原因に対処することによって解決できる。それには木材や土地への需要を減らし、文化的価値、先住民の居住地、コミュニティーの保護区域を尊重することが含まれる」(同連合のウェブより)
カンパ:1000円
主催:10・31パブロ・ソロン/マリー・ルー講演会実行委員会
☆呼びかけ:AMネット/ATTAC関西グループ
☆連絡先:AMネットamnetosaka@yahoo.co.jp
https://www.facebook.com/events/509837159371197/



朝鮮高級学校無償化
●10月31日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



●11月1日(水) 14:00~京都地裁(地下鉄烏丸線 丸太町駅1・3・5番出口から徒歩5分 https://www.mapion.co.jp/m2/35.01671285,135.76452292,16/poi=L26101016100000000001)
大飯原発差止訴訟 第17回口頭弁論
傍聴席の抽選:13:20~13:35です。
新聞では,大飯原発1,2号機は廃炉と報道されています。しかし,大飯原発3,4号機の再稼働は確実に来年早々に迫っていますし,美浜4号機の新設も検討されています。原発をなくすために,市民の声を高めていくときです。(最近,関電社員と思われる傍聴が増えています)(傍聴席を,脱原発の市民で埋め尽くしましょう)
原告の意見陳述…松本美津男さん(京都障害児者の生活と権利を守る連絡会[京障連])が,避難の問題について陳述します。
弁護団からの準備書面…原発事故の際のヒューマンエラー。
原発裁判に関する原子力規制委員会の「考え方」に対する反論。
全体的なタイムテーブル
・12:10…弁護士会館の前に集合。
・12:15…裁判所の周辺のデモに出発。30分程度。
・13:20…裁判所による傍聴券の抽選リストバンド配布開始。正面玄関前。
・13:35…裁判所による傍聴席の抽選リストバンド配付終了。直ちに抽選。
抽選にもれた方,入廷を希望されず模擬法廷に参加される方は、14:00までに弁護士会館・地階大ホールの模擬法廷へどうぞ。
・14:00…開廷,弁論開始。
同時刻に弁護士会館・地階大ホールで模擬法廷を開始。
・15:00ごろ…閉廷後,弁護士会館・地階大ホールで報告集会。30分程度。
http://nonukes-kyoto.net/?p=1746



●11月1日(水) 14時30分~17時 県立生活創造センター・ クスタルタワー5階 セミナー室(JR「神戸駅」南出口を出て徒歩3分 神戸高速鉄道「高速神戸駅」東改札を出て徒歩7分 神戸市営地下鉄「ハーバーランド駅」から徒歩5分 http://www.sozoc.pref.hyogo.jp/access.html)
2017年3月末避難指示解除になった区域の状況
2017年3月末避難指示解除になった区域の状況を、石東さんと中井さんが視察をされてきました。今回は、その現地の情報報告をするため、下記の日程で報告会が開催されます。
被災地視察報告会:石東直子 ・ 中井忠
参加費:無料 先着 40人
連絡先:中井 忠 090-6665-7633
https://www.facebook.com/hinanhyogo/photos/a.694045674090221.1073741828.693626287465493/852789464882507/?type=3&theater



日本軍「慰安婦」問題
●11月1日(水) 19時~20時 梅田ヨドバシカメラ前歩道東南角
日本軍「慰安婦」問題の解決を求める大阪駅前水曜集会
歌や踊りを交え、道行く人々に「慰安婦」問題の真の解決について訴えます。
主催:日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク



戦争と憲法
●11月1日(水) 10:00~12:00 兵庫県私学会館302号室(JR・阪神元町駅東口徒歩2分 阪急三宮駅徒歩7分、花隈駅徒歩7分 地下鉄県庁前駅徒歩3分 http://www.hyogo-shigaku.or.jp/map.html
「わたしたちのくらしと戦争と憲法」
講師:久保田貢さん(愛知県立大学社会福祉学部准教授 社会教育学専門
あなたにとって「憲法」ってどんなイメージでしょうか。学生時代に公民で習った。日本の一番上にある法律。自分とは関係がない世界。などなど、難しく思われていませんか。憲法の学習会を開催するにあたり、私たち組合員理事はいろいろな学習会に出かけました。すると「憲法」のことって、知らないことばかり!こんなに私たちの生活とつながっているのか!と驚きました。私たちが学んで一番わかりやすく、そして憲法のイメージが変わった久保田先生の学習会を開催します。久保田先生のお話は、あなたの未来にきっと役立ちます。ご参加お待ちしています!
【プロフィール】
愛知県立大学教員。専門は社会科教育学・平和教育・教師教育学。著書として、『教室で語りあった戦争責任』(単著、かもがわ出版、1997年)、 『近現代史生き生き 発表・紙上討論の授業』(単著、日本書籍、1999年) 、『共同でつくる総合学習の理論』(共著、フォーラム・A、1999年) 、『ジュニアのための戦後史入門』(共著、平和文化、1999年) 、『日の丸・君が代にどう立ちむかうか』(共著、大月書店、2001年)、『日本国憲法に出会う授業 ― 子どもたちはどう学んだか』(共著、かもがわ出版、2005年)がある。
参加費:組合員300円 / 一般500円
定 員:100名
託 児:400円(一般600円)
※1歳半以上のお子様は必ず申込みください。
※1歳半未満のお子さま会場同伴可。
※託児申込締切10/20(金)
持ち物:筆記用具
応募締切:10/30(月)※延長しました
主催:コープ自然派兵庫 理事会【イベントID:18171118】
http://www.shizenha.ne.jp/hyogo/detail/5/index.html?articleId=21716



●11月2日(木) 18:30~エルおおさか南72号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
あいむひぁ大阪の学習会
『福島原発事故を考えよう!』

http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1680.html



●11月2日(木) 16時~19時 滋賀県庁正面噴水前(JR大津駅から徒歩5分 大津市京町四丁目1番1号 http://www.pref.shiga.lg.jp/guide/chosha/index.html
滋賀県庁前すわりこみ
http://nonukesiga.exblog.jp/26019797/



過労死
●11月2日(木) 14:00~コングレコンベンションセンター ルーム1.2.3(グランフロント大阪 北館 B2F)
過労死等防止対策推進シンポジウム 大阪会場
[報告 Ⅰ]「大阪労働局の過労死防止の取組」
  大阪労働局 労働基準部 監督課 課長 綿貫 直
[基調講演]「過労死とハラスメント」
 大和田 敢太 氏(滋賀大学名誉教授)
[報告 Ⅱ]「過労死防止法制定から3年、取組と現状」
 森岡 孝二 氏(関西大学名誉教授)
[過労死遺族からの訴え] 大阪過労死を考える家族の会
参加:無料 事前申込 ※会場の都合上、事前の申し込みをお願いします。(定員に満たない場合は、当日参加も可能です)
申し込み:Web又はFAXでお願いします。
https://www.p-unique.co.jp/karoushiboushisympo/
FAX番号 052-915-1523
https://p-unique.co.jp/karoushiboushisympo/pdf/osaka.pdf



災 害
●11月2日(木) 16:30~18:00 京都文教大学 弘誓館104教室(宇治市槙島)
「熊本地震における避難所と、障がい者を受け入れたインクルーシブな運営」
講師:花田昌宣(熊本学園大学社会福祉学部教授・水俣学研究センター長)
http://www.freeml.com/kdml/11041



マルクス
●11月2日(木) 午後6時30分~国労会館(天満駅出口徒歩約2分 扇町駅4出口徒歩約4分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/
現代帝国主義論研究会第181回学習会(第26テキスト・第4回)
*新テキスト 佐々木隆治『カール・マルクス-「資本主義」と闘った社会思想家』
*学習箇所 第2章 資本主義の見方を変える[1848~1867年]―マルクスの経済学批判
『資本論』の見方⑤ー恐慌はなぜ起こるのか ⑥資本主義の起源とその運命
*報告者 宮本茂さん



■11月2日(木) 午後10:00~10:45 NHK Eテレ
モーガン・フリーマン 時空を超えて「貧富の差をもたらすものは何か?」
貧富の差が生じる要因について、世界中の研究者たちが解明に躍起になっているという。ある科学者は遺伝子の研究を通じてその要因を探そうとし、別の科学者は環境による要因を研究している。中には数式を使って、なぜ所得に格差ができるのかを調べている物理学者もいる。そして、貧富の差をなくすために、社会で効果を発揮する“あること”について調べる専門家もいる。独自の視点で貧富の差について考察する。
http://www4.nhk.or.jp/P3452/x/2017-11-02/31/29451/1988035/



●11月3日(金休) 関西電力本社前(「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:00頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:30 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●11月3日(金休) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●11月3日(金休) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●11月3日(金休) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&三宮駅までのパレード



憲 法
●11月3日(金休) 13:30~中之島公園 芝生広場(剣崎広場)
9条改憲を許さない! 戦争も、核兵器も、辺野古新基地もいらない 
アベ政治を終わらせよう!おおさか 総がかり集会
13:30~文化行事 長野たかし&森川あやこミニ・コンサート 
14:00~府民集会 中之島公園 芝生広場(剣崎広場) 
集会後パレード
主催:おおさか総がかり集会実行委員会
http://www.so-gakari-osaka.net/
https://www.facebook.com/events/1630649256991876/



憲 法
●11月3日(金休) 午後13時30分~16時30分 神戸市立西区民センター2「なでしこホール」(「西神中央駅」徒歩3分 https://www.mapion.co.jp/m2/34.71769082,135.01892598,16/poi=0000KNK1_001pa
11・3神戸憲法集会
「憲法施行70年、いま日本国憲法は」
・文化行事「ゆがふバンド」による歌と演奏
・講演:梶本修史さん(兵庫県原水協事務局長)「新しい歴史をひらく核兵器禁止条約」
 (休憩)
・講演:小沢隆一さん(東京慈恵会医科大学教授)「今、憲法9条を守ることの意義」
会場代・資料代:1000円(学生500円)
http://blog.livedoor.jp/nihonkokukenpou/archives/51870087.html



憲 法
●11月3日(金休) 112時~京大博物館前(バス停百万遍(ひゃくまんべん)徒歩約2分 http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/guide.php
左京・憲法ウォーク
10時~出町柳駅で署名集め(11時まで)
12時~京大博物館前 集合・出発⇒デモ
   京大博物館~円山公園
13時半~円山音楽堂で憲法記念集会へ合流
https://www.facebook.com/events/128211207939842/



憲 法
●11月3日(金休) 午後1時30分~円山野外音楽堂(祇園・円山公園内)
安倍9条改憲NO! 11・3憲法集会in京都 
講演:山内 敏弘さん(憲法学者 九条の会・憲法9条京都の会世話人)
雨天決行 参加費無料(当日、会場カンパをお願いしています)
憲法ウォーク 午後3時過ぎ出発 祇園石段下~市役所前
共同開催:憲法9条京都の会 安倍9条改憲NO!全国市民アクション・京都
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1103-1.pdf



コスタリカ
●11月3日(金休) 13:30~16:30 ピアザ淡海・滋賀県民交流センター3F大会議室(京阪石場駅徒歩約5分 JR膳所駅徒歩約12分 http://www.piazza-omi.jp/access/index.html
映画「コスタリカの奇跡」上映会と伊藤千尋さん講演会
第1部 映画上映(短縮版 57分)
第2部 伊藤千尋さん講演(講演60分、質疑応答30分)
「真の平和国家を実現しよう~コスタリカ国民の奮闘に学ぶ~」
戦争をさせない1000人委員会しがより、この秋に企画している憲法集会のお知らせです。今回は、6月に日本での封切りがありました映画、「コスタリカの奇跡」の上映会および、元朝日新聞ロサンゼルス支局長、国際ジャーナリストの伊藤千尋さんをお招きしての同時講演会になります。
 日本と同じ平和憲法を持ちながらも、いつわりなく軍隊を放棄した国、コスタリカ。軍事予算をゼロにしたことで、無料の教育、無料の医療を実現し、環境のために国家予算を振り分けてきた結果「地球幸福度指数(HPI)」2016の世界ランキングにおいて140ヶ国中で世界一に輝くという、平和国家としての理想像を実現しています。しかし、ここに至るまでの道のりは、決して平たんではありませんでした。実際に他国からの侵略もありましたし、近隣の超大国アメリカからのあくなき妨害もありました。それでも、国民は理想を追求し、平和憲法を堅持して現在に至っています。そのあたりの国民の奮闘ぶりなどを、現地をよく知る伊藤千尋さんから解説を交えてお話をお伺いします。
今、改憲を声高にさけぶ自民党政権によって日本の平和憲法が危機的状況にさらされるなか、あの手この手と、改憲への布石を打ってくる政府のプロパガンダに翻弄され、私たち国民の間でも平和憲法で侵略を防げるのか?超大国にどうたちうちするのか?というような声を湧き上がっているのも事実です。その時にコスタリカの国民がしたように、一度立ち止まって平和の構築の仕方をみんなで考えてみるのはいかがでしょうか? 平和憲法には本当に力があるのか。70年間自分たちの手にありながら、その真価を見いだせていなかったのはほかならぬ私たちではないだろうか。どうぞそのへんのことをこの映画と講演会でじっくりと考えてみてください。
主催:戦争をさせない1000人委員会・しが
協賛:滋賀県民平和人権運動センター 安保法制の廃止と立憲主義の回復をもとめる市民の会しが
https://loconavi.jp/events/20964



アフガニスタン
●11月3日(金休) 19時~21時、エルおおさか701号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
アフガニスタンの治安の悪化と日本の関わり
継続する「対テロ」戦争の影響 

講師:清末愛砂さん
9・11から丸16年、米軍のアフガン攻撃の記憶は薄れつつあります。しかしアフガンの治安は年々悪化し、民間人の死傷者数も増加の一途です。安倍政権は戦争法を押し通し、今また憲法を改悪し戦争遂行を容易にしようとしています。アフガンの状況と日本のかかわりについて考える機会にしたいと思います。3日はいろいろな催しがあり、お忙しいことと思いますがどうぞご参加ください。
参加費:700円 学生300円
主催:RAWAと連帯する会(090-3656-7409)
http://rawajp.org/?p=900



ジェンダー
●11月3日(金休) 19時~21時 京都自由大学(京都社会文化センター内)(五条 https://kyotofreeuniversity.wordpress.com/%e3%81%8a%e5%95%8f%e3%81%84%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b/
うたごえ運動とジェンダー(仮)
講師:河西秀哉(神戸女学院大学、日本近現代史)
参加費:500円(会員無料、学生・非正規労働者100円)予約不要
連絡先:京都自由大学(事務局)
E-mail : kyotofreeuniv@gmail.com
https://kyotofreeuniversity.wordpress.com/2017-2/



音楽劇
●11月3日(金休)・4日(土) 14:00~17:30~日本バプテスト大阪教会(天王寺 https://obcs.jimdo.com/アクセス/)
七十一日的台湾白百合~明けぬ夜に作白い花
第一章:音楽劇「七十一日的台湾白百合」
第二章:トークライブ ゲスト:蔡焜霖
※親子観覧日 11:00~未就学児のお子様をお連れして観覧できます。そのため、静かな観覧ができないことがある旨ご了承ください。なお、公開リハーサルとしての扱いとなるため、トークライブはございません。
主催:桜人企画
協賛:匠工房  後援:鄭南榕基金会・記念会 
チケット:前売 2,000円 当日 2,500円(学生500円引・小学生無料)*親子観覧日のみ、親子で500円
*バプテスト大阪教会にチケットございます
https://obcs.jimdo.com/%E8%A1%8C%E4%BA%8B/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村


脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2017年10月29日(日)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-223.html




●10月29日(日) 13:30~いたみホール(阪急伊丹駅北へ徒歩約3分 http://www.confetti-web.com/site_map.php?site_code=482
第7回さようなら原発1000人集会 破たんした原発政策
福島原発事故は、未だ収束のめどが立たず汚染は広がっています。
政府は7月に放射性廃棄物の最終処分候補地マップを発表しましたが、「核のゴミ」の最終処分に何ら展望はありません。立地対策費、使用済み燃料の処分費用、事故時の膨大な賠償、廃炉費用などを考えると、経済的にも原発が「割に合わない」ことは明らかです。原発政策は破たんしています。私たちは、被災者一人ひとりの暮らしを支える政策を求め、原発のない持続可能な社会の実現をめざします。
神田香織さん「福島の祈り」
大島堅一さん「やはり、原発は割に合わない」
参加費:1000円(前売800円) 避難者・障がい者、半額 35歳以下、半額
https://www.facebook.com/events/1891373427783947/



●10月29日(日) ①10:00~ 13:30~トーク ②15:00~はくぐみセンター1-1会議室(JR奈良駅西口から徒歩5分(駐車場無料)http://www.city.nara.lg.jp/www/contents/1360477962584/index.html
《原発事故から明日のエネルギーを考える Part2≫
映画『日本と再生 光と風のギガワット作戦』上映会
(弁護士 河合弘之 監督作品)
 &民進党元衆議院議員 川内博史さん講演会
未だに原発をベースロード電源と位置付ける日本政府。電力会社は価格競争に土俵を移して争っていますが、何のために電力自由化にしたのでしょうか。国民の過半数が「原発反対」と言っているのに、なぜ以前の電力会社から変更できないでいるのでしょうか。そもそも原子力で電気を作り続けてよいのでしょうか。今回は、「国会東京電力福島原子力発電所事故調査委員会(通称:国会事故調)の調査で活躍された川内博史さんをお招きし、原発を使い続けることに再度疑問を投げかけます。
世界に目を向けると、2016年の太陽光発電設備の新規導入量は7660万Kw、前年比5割増で過去最高を更新、ダイナミックなエネルギー転換が進行中です。その現場をまざまざととらえた、河合弘之監督の最新作『日本と再生~光と風のギガワット作戦~』も上映します。
持続可能な未来を築くために、みんなで一緒に明日のエネルギーを考えてみませんか。
プログラム
・10:00~1回目映画上映
・13:30~川内博史さん講演
・15:00~2回目映画上映
川内博史さんプロフィール
昭和36年生まれ(55歳)平成8年 衆議院議員当選~平成21年まで5期連続当選
平成23年3月 東日本大震災発生。福島第一原発事故直後から、科学技術・イノベーション推進特別委員長として事故原因の調査を開始。この活動が、憲政史上初となる国会事故調の発足につながる。
資料代:映画・講演会 1500円(どちらかのみ 1000円)
主 催:みどり奈良
申し込み・問い合わせ:0742-71-6696(梅谷)/greens16nara@yahoo.co.jp
https://drive.google.com/file/d/0B_YehrsPKLGhelRKempWRHI1Z00/view?usp=sharing
https://drive.google.com/file/d/0B_YehrsPKLGhcVkwQlVsZU5kcG8/view?usp=sharing



反 戦
●10月29日(日) 午後2時~京都円山音楽堂(祇園・円山公園内)
第11回 反戦・反貧困・反差別共同行動in京都 
変えよう!日本と世界 改憲阻止! 政治を私物化する安倍政権を倒そう!

講演:①総選挙を受けて、「戦争」と「戦後平和主義」を問う
     伊藤公雄さん(京都大学名誉教授)
   ②人間の尊厳をテーマに闘う芸術家、沖縄を叫ぶ・・・
     金城 実さん(彫刻家・沖縄在住)
公演: 差別・排外主義を許すな!戦争法いらん・原発いらん・基地いらん
     川口眞由美さん&おもちゃ楽団
連帯挨拶:東京・大阪・京都から反原発、労働運動の再生に向けて、
     そして、米軍Xバンドレーダー基地反対!11・5現地闘争へ
主催:第11回反戦・反貧困・反差別共同行動in京都実行委員会
問い合わせ:090-5166-1251 事務局長:寺田道男まで
https://www.facebook.com/events/141445929801257/



メディア
●10月29日(日) 10:30の回上映終了後 元町映画館2F(JR・阪神電車「元町」駅西口より、南西へ徒歩6分/神戸高速鉄道「花隈」駅東口より南東へ徒歩6分/神戸市営地下鉄海岸線「みなと元町」駅2出口より北へ1分 神戸市中央区元町通4-1-12(元町商店街) 
http://www.motoei.com/access.htm
市民社会フォーラム第85回映画鑑賞会
『すべての政府は嘘をつく』

トーク「メディアから現代を考える」
登壇者:田畑暁生さん(神戸大学大学院人間発達環境学研究科教授)
※当日映画を観られた方対象、参加無料
市民社会フォーラム恒例、一般公開の映画の鑑賞会。今回は元町映画館で公開の『すべての政府は嘘をつく』です。『すべての政府は嘘をつく』スペシャルトーク開催決定!
1920~80年代に活躍した米ジャーナリストのI.F.ストーンの「すべての政府は嘘をつく」という信念を受け継ぎ、権力の欺瞞を追求しない大手メディアに対抗し、鋭い調査報道で真実を追究しようとする現代の独立系ジャーナリストたちの闘いを追ったドキュメンタリー『すべての政府は嘘をつく』。
公開を記念して、《ジャーナリズム》と《メディア》の在り方を考えるトークを開催します。
『すべての政府は嘘をつく』公式サイト http://www.uplink.co.jp/allgovernmentslie/
https://globalethics.wordpress.com/2017/10/27/%e3%80%90%e5%b8%82%e6%b0%91%e7%a4%be%e4%bc%9a%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%a0%e3%81%ae%e3%81%94%e6%a1%88%e5%86%85%e3%80%91%e6%98%8e%e6%97%a5%e3%80%81%e3%80%8e%e3%81%99%e3%81%b9%e3%81%a6/



デ モ
●10月29日(日) 13:00~日東公園(地下鉄際筋線「恵美須町」駅下車)14:00~デモ出発
解き放て!自らを。つばがれ!他者と、世界と。なんばぐるりデモ
主催:おかとん原発いらん宣言2011
連絡E-mail kazutetukuro@bb.wakwak.com
https://jimmin.com/events/event/%e8%a7%a3%e3%81%8d%e6%94%be%e3%81%a6%ef%bc%81%e8%87%aa%e3%82%89%e3%82%92%e3%80%82%e3%81%a4%e3%81%b0%e3%81%8c%e3%82%8c%ef%bc%81%e4%bb%96%e8%80%85%e3%81%a8%e3%80%81%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%81%a8%e3%80%82/



資本論
●10月29日(日) 午後2時~4時位 堺市総合福祉会館(南海高野線堺東700m https://www.navitime.co.jp/maps/poi?code=ntjcgm-00000009138
第29回 今こそ「資本論」を読もう!
内容:段落毎読み・解説・質問と討論( 第1部第1編第1章第4節 商品の物神的性格とその秘密」5回目, 第17段落 から)
参加費:無料
主催者団体:資本論読む会(堺)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1029-2.pdf



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村





脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2017年10月28日(土)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報



『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー』
一握りの砂も、一坪の土地もアメリカのものではない
筑紫哲也 NEWS23」でキャスターを務め、筑紫哲也氏の薫陶を受けた佐古忠彦初監督作品。
テーマ音楽は作品の主旨に共感した坂本龍一がオリジナル楽曲を書き下ろし。
語りには、名バイプレイヤー、大杉漣が参加。
アメリカ占領下の沖縄で米軍に挑んだ男 瀬長亀次郎のドキュメンタリー映画。
なぜ沖縄の人々は声を上げ続けるのか、その原点はカメジローにあった──。
第二次大戦後、米軍統治下の沖縄で唯一人"弾圧"を恐れず米軍にNOと叫んだ日本人がいた。「不屈」の精神で立ち向かった沖縄のヒーロー瀬長亀次郎。民衆の前に立ち、演説会を開けば毎回何万人も集め、人々を熱狂させた。彼を恐れた米軍は、様々な策略を巡らすが、民衆に支えられて那覇市長、国会議員と立場を変えながら闘い続けた政治家、亀次郎。その知られざる実像と、信念を貫いた抵抗の人生を、稲嶺元沖縄県知事や亀次郎の次女など関係者の証言を通して浮き彫りにしていくドキュメンタリー。
JNNだけが持つ、当時の貴重な資料映像の数々をふんだんに盛り込んだTBSテレビが本気で製作した映画が遂に公開。
2016年TBSテレビで放送されたドキュメンタリー番組が、第54回ギャラクシー賞月間賞を受賞するなど非常に高い評価を得ており、映画化を熱望する声を受けて、追加取材、再編集を行って映画化。沖縄戦を起点に、今につながる基地問題。27年間にわたったアメリカの軍事占領を経て、日本復帰後45年が経っても、なお沖縄に基地が集中するなか、沖縄の人々が声を上げ続ける、その原点…。それは、まさに戦後の沖縄で米軍支配と闘った瀬長亀次郎の生き様にあった。JNNだからこそ保存されていた貴重な未公開映像やインタビュー、そしてアメリカ取材を交えて描き切る。
●9/25(土)~終映日未定 シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
10/28(土) 16:45(~18:34終)
10/29(日)・10/30(月) 19:00(~20:52終)
10/31(火) 休映
11/1(水)・11/2(木) 14:10(~16:02終)
11/3(金・祝) 休映
http://www.theater-seven.com/2017/movie_kamejiro.html



『人生フルーツ』
人生は、だんだん美しくなる。
むかし、ある建築家が言いました。家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない。
愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てた家。四季折々、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実が、妻・英子さんの手で美味しいごちそうにかわります。刺繍や編み物から機織りまで、なんでもこなす英子さん。ふたりは、たがいの名を「さん付け」で呼び合います。長年連れ添った夫婦の暮らしは、細やかな気遣いと工夫に満ちていました。そう、「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」とは、モダニズムの巨匠ル・コルビュジエの言葉です。
かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきました。1960年代、風の通り道になる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウン計画。けれど、経済優先の時代はそれを許さず、完成したのは理想とはほど遠い無機質な大規模団地。修一さんは、それまでの仕事から距離を置き、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめました─。あれから50年、ふたりは、コツコツ、ていねいに、時をためてきました。そして、90歳になった修一さんに新たな仕事の依頼がやってきます。
本作は東海テレビドキュメンタリー劇場第10弾。ナレーションをつとめるのは女優・樹木希林。ふたりの来し方と暮らしから、この国がある時代に諦めてしまった本当の豊かさへの深い思索の旅が、ゆっくりとはじまります。
●10/7(土)~終映日未定 シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
10/28(土)~11/3(金・祝) 9:55(~11:28終)
11/4(土)・11/5(日) 休映
11/6(月)~11/10(金) 15:30(~17:06終)
http://www.theater-seven.com/2017/movie_jinsei-fruits.html



2作品日替わり上映
『祝福(いのり)の海』『カンタ!ティモール』
◆祝福(いのり)の海(2017年版/日本/104分)
ここは奇跡の星・地球
今日もいのちの物語が繰り広げられている
赤ちゃんを70年間取り上げてきた助産師は、生命が地球上に誕生してから連綿と受け継がれてきたいのちのバトンの神秘を語る。その言葉は、‘僕’が求める平和な世界への道標となった――
大学時代、貧困問題に関心があった僕。地球の上でみんなが平和に暮らすにはどうすればいいのか。世界を旅する中で、自分の暮らしが世界の問題と繋がっていると感じた僕は、足元の暮らしから見直そうと、塩づくりをしながら自給的な暮らしを営む一家を訪ねることにした。そこには、海や大地に根ざし、あらゆるものを自分たちの手でつくり出す、生き生きとした暮らしがあった。
同時期に出会った、山口県の瀬戸内海に浮かぶ小さな島「祝島」。豊穣の海の恵みに支えられ、互いに助け合う地域の共同体が残る。その島の対岸には、30年近く前から原発建設計画が進められていた。「海をお金では売れない」と島の人たちはいう。島に通うようになった僕は、彼らが守ろうとしている、どこかなつかしい暮らしに触れていく。
2011年3月11日、大きな試練に見舞われた日本。
祝島から福島へ。平和を求める旅の中で、様々な出会いを経て見えてきた、いのちを生かし合う、未来につづく暮らしや世界とは――
監督:東条雅之
公式サイト:https://inorinoumi.jimdo.com/
◆カンタ!ティモール(2010年/日本/110分)
南国ティモール ひとつの歌に導かれた運命の旅
舞台は南海に浮かぶ神々の島、ティモール。
ひとつの歌から始まった運命の旅が、音楽あふれるドキュメンタリー映画となった。
この島を襲った悲劇と、それを生き抜いた奇跡の人びと。その姿が、世界に希望の光を投げかける。
当時23歳だった日本人女性監督は、人びととの暮らしの中で現地語を学び、彼らの歌に隠された本当の意味に触れてゆく。そして出会う、光をたたえるまなざし。詩のようにつむがれる言葉の数々。
それは観る者の胸をそっと貫き、決して消えない余韻となる。
日本が深く関わりながら、ほとんど報道されなかった東ティモールの闘いをとりあげた、国内初の長編。自主映画ながらも感動は国境を超え、5カ国100ヶ所以上の試写会で会場が心を震わせた、愛すべきエチュード。
監督:広田奈津子
公式サイト:http://www.canta-timor.com/
●10/28(土)~11/10(金) シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
10/28(土)~11/3(金) 10:00~日替わり上映
11/4(土)~11/5(日) 10:30~ 14:00~日替わり上映 ※トークあり 
11/4(土)~11/10(金) 10:30~日替わり上映
http://www.theater-seven.com/2017/movie_inori-canta.html



●10月28日(土) 10時~京都市顕道会館(浄土真宗本願寺派京都教区教務所 下京区油小路通花屋町上ル西若松町248 http://kyoto-kyomusho.jp/place.html
県外避難者と支援者対象/ピアサポートセミナー、体験講座
ピア・カウンセリングの第一人者、安積遊歩さんを講師に迎え、仲間どうしで聴きあい、助け合う方法を学びます。3・11以来、大きく人生のギアを入れ替えながら、それぞれの生きがたき人生を懸命に生き延びてきた私たち。もう一度どんなによくやってきたかを振り返り、どの瞬間もベストを尽くしてきたことを確認しましょう。10月にお会いできることを楽しみにしています。
ピアサポートセミナー 10時~12時
【対象】避難者と避難者支援しているサポーターの皆さん
ピアサポート体験講座 13時~16時
【対象】避難者 避難元は問いません
午前中から午後も継続の方は、お昼を持参してください。
参加費:500円 午前中のみも午後継続も同額
主催・申込み:原発事故避難者の会
呼び掛け人:鈴木、宇野、新宮、萩原
piakyoto@gmail.com 電話070-5345-9536
http://maruttonishi.blog.fc2.com/blog-entry-1182.html



●10月28日(土) 14:30~6:30 大阪弁護士会館12 階1203会議室(定員90名)(京阪「なにわ橋駅」出口1徒歩約5分 地下鉄・京阪「淀屋橋駅」1号出口から徒歩約10分 地下鉄・京阪「北浜駅」26号階段から徒歩約7分 http://www.osakaben.or.jp/06-access/
大阪弁護士会憲法市民講座
「日本国憲法施行70周年全国アクションプログラム 核兵器禁止条約学習会」

講師:大久保賢一氏(埼玉県弁護士会所属弁護士)
参加費:無料
申込方法:以下必要事項を記入のうえ、FAXにてお申込ください
(大阪弁護士会 委員会部司法課宛 FAX送信先:06-6364-7477)
氏名(弁護士の方は登録番号) 電話番号 FAX 参加人数 このイベントをどこで知りましたか
主催:大阪弁護士会【問い合わせ先:大阪弁護士会 委員会部司法課 岡田(TEL:06-6364-1681)】
http://www.minpokyo.org/information/2017/10/3821/



憲 法
●10月28日(土) 13:00~13:45 リバティおおさか 大阪人権博物館(JR環状線「芦原橋駅」下車、南へ約600メートル http://www.liberty.or.jp/guidance/index.html )
私たちの憲法生活
出演:雨宮処凜×鈴木英生×弘川欣絵
作家の雨宮処凜さんが関西中心に各地を歩き、暮らしの中の憲法を気楽に考える連載記事「雨宮処凜と憲法生活」が2013年4月から2年間、毎日新聞に掲載されました。現代を生きる若者たちの生きづらさを代弁し続ける雨宮さんが関西のまちを歩き続けて見えてきた憲法の価値とは?
雨宮さん、連載を担当した毎日新聞の鈴木英生さん、あすわかの弘川欣絵弁護士が、自由に憲法について語り合います。
参加費:大人1000円、中学生以下200円 ※憲法クリアファイル(定価200円)つき。
https://www.facebook.com/events/345968599158098



憲 法
●10月28日(土) 午後2時~4時30分 大阪南YMCA(JR天王寺駅北口より東へ5分 http://www.oospo.net/ymca-minami/access
第7回「平和憲法とこの国の自立を考える」勉強会
澤野義一教授と共に著書「脱原発と平和の憲法理論」の輪読会&ディスカッション

①「脱原発と平和の憲法理論」の輪読&解説
第3章 憲法9条の平和・安全保障としての永世中立論
Ⅰ.はじめに Ⅱ.マルクス主義憲法論と永世中立論
1.平野義太郎説 2.鈴木安蔵説 3.長谷川正安説 4.影山日出弥説
Ⅲ.田畑忍の憲法論と永世中立論 1.憲法の「歴史的発展」史観 2.永世中立論
Ⅳ.おわりに
会費:500円(資料代など)
主催:いのちと平和 連絡先:090-3974-1166(弓場)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1028-3.pdf



憲 法
●10月28日(土) 14:00~16:30 すみれや2階(叡電元田中駅から南東へ徒歩5分 http://sumireya.org/access/
憲法のおべんきょう ④
今の政権は、日本国憲法を変えようとしています。それが良いのか悪いのか、判断しようにも実はしっかりと憲法を読んだことがない…でも、一人だとなかなか読む気になれない…。ということで、皆で勉強をする会を開くことにしました。
これまでも他の地域で勉強会を開いてきた本村綾さんが進行をしてくださるとのことで、心強い!
一緒に憲法を読みませんか? ついでに自民党改憲草案も読んでみたら、よりおもしろいかも。法律のことや政治のことはよくわからない〜という方も大歓迎です。皆でわからないことを教え合って、一緒に考えましょう。
参加費:800円(資料、お茶、お茶菓子代含む)
お問合せ先: haruyama@sumireya.org
《進行役の本村綾さんからのコメント》
わたしたちの「憲法」って、読んだことありますか?自民党が挙げている「自民党改憲草案」って、読んだことありますか?私は、去年7月の参議院選挙前に改めてちゃんと読んでみて、その内容にびっくりしました。
改憲をめぐる国民投票、もう避けられない状況になりました。自民・公明・おおさか維新などの改憲議員は衆参両議院の3分の2を超えました。国会で発議されたら、最短で発議から2ヶ月後には投票日(・_・;
その時に「中身よく分からん」「もっとちゃんと読んどけばよかった」って後悔しないように、一緒に読んでいく時間を少しずつ作りたいと思い、去年「憲法のおべんきょう」を企画しました。今年は「すみれや」さんとの共催で行えることになり、去年開催できなかった京都方面の場を持てることを楽しみにしています。
参考図書は「あたらしい憲法草案のはなし」http://books.rakuten.co.jp/rb/14263470/
おしゃべりしながら、一緒に読んでいきましょう。読んだことないかたも、読んだことあるかたも、ぜひお越しください&お誘いくださいね〜☆
今回のテーマは、
・第8章 地方自治・緊急事態条項・第9章 改正・第10章 最高法規  です。
※ 参考図書の『あたらしい憲法草案のはなし』を当日購入希望される方は、事前にご連絡ください。まとめて購入しておきます。1冊800円です。購入しなくても、当日の資料はご用意します。
お気軽にご参加ください。
https://www.facebook.com/events/1693021677389170/



街 宣
●10月28日(土) 18時~20時 梅田HEP前
安倍も小池もNO!梅田大集会
私たちは安倍政権を認めない!戦争、原発、差別、搾取経済を許さない!声を上げ続けよう!
『梅田解放区』
https://twitter.com/umedasitin/status/922483084846440448



教育勅語
●10月28日(土) 14:00~17:00 ローズWAM(茨木市男女共生センター)(阪急茨木市駅西へ約500メートル JR茨木駅東へ約800メートル http://www.city.ibaraki.osaka.jp/shisetsu/siyakusyo/wam_s.html )
香山リカ講演会 ヘイトスピーチと教育勅語/道徳
評価の対象外だった道徳が2018年度から小学校で、19年度から中学校で正式な教科となる。反差別の立場から発言を続ける香山さんとヘイトスピーチの背景や教科化された道徳が子どもたちにもたらす影響を考える。
参加費¥800
主催:教科書問題を考える北摂市民ネットワーク
連絡:072-655-5415(サポートユニオンwith YOU)
http://www.kokunanmonomousu.com/archives/72869599.html



生前退位
●10月28日(土) 14時~17時 大阪市住まい情報センター研修室(地下鉄「天神橋筋6丁目」駅下車すぐ③号出口より連絡)
教育祭前夜集会
「生前退位」がもたらすもの 

講師:原武史
800円
教育塔を考える会(078-385-1699)
http://www.kinyobi.co.jp/event/20171020_002418.php



朝鮮学校
●10月28日(土) 14:00~17:40 立命館大学 衣笠キャンパス 充光館地下1階301(市バス「立命館大学前(終点)」 http://www.ritsumei.ac.jp/accessmap/kinugasa/
朝鮮学校が育むもの―『60万回のトライ』上映・講演会
講演:中村一成さん 
日本社会において朝鮮学校は教育基本法に定められる「学校」 と同等の地位をもっていません。2014年改正の「高等学校等就学支援金の支給に関する法律」、いわゆる高等学校無償化政策から、朝鮮学校は排除されました。全国でこの国の処分に異議を申し立てる裁判が提訴されており、2017年7月、大阪地方裁判所で、大阪朝鮮高級学校を無償化から除外した国の処分を取り消す判決がでています。
本企画では、大学という教育機関の中で、朝鮮学校について知り、考え、交流する場をつくるために、大阪朝鮮高級学校を舞台にしたドキュメンタリー映画『60万回のトライ』を上映し、監督と朝鮮学校のルポ(『ルポ 京都朝鮮学校襲撃事件――〈ヘイトクライム〉に抗して』岩波書店、2014年)を書かれたフリージャーナリスト中村一成さんをお招きし、講演していただきます。映画と講演を通じて、朝鮮学校の排除やヘイトスピーチ/ヘイトクライムについて議論を深める場としたいと思います。
14:00~開会の挨拶
14:05~映画『60万回のトライ』上映
15:50~休憩
16:00~監督による解説・質疑応答
16:30~講演:中村一成
17:10~全体討論
参加費:無料 申し込み不要
主催:立命館大学生存学研究センター 
共催:立命館大学コリア研究センター
後援:京都府教育委員会、京都市教育委員会
http://www.ritsumei-arsvi.org/news/read/id/774



労働組合
●10月28日(土) 午後1時~3時30分 学働館・関生4階ホール (「阿波座」駅7号出口徒歩8分 http://gakudou-kan.com/access.html#d1)
シンポジウム「イタリアの連帯思想とその実践 社会的連帯経済のネットワーク形成に向けて」
講演:ジャンフランコ・マルゾッキ
講師マルゾッキさんの紹介
1953年1月14日イタリア、フォルリ生まれ。35年以上にわたり協同組合運動に取り組み、全国レベルの重要な役割を担う。イタリアにおける社会的協同組合の創設に貢献した一人であり、「社会的協同組合連盟」(Federsolidarietà-Federazione delle Cooperative Sociali)の州連盟理事長を経て、全国連盟の理事長を務めた。「第三セクター常任全国フォーラム」(Forum Nazionale Permanente del Terzo Settore)の設立に参加。最初の3年間(1997年−2000年)スポークスマンを務め、「労働・社会的協同における欧州組織」(CECOP)の委員を務めた。「倫理銀行」(Banca Popolare Etica)の創立組合員および理事として同銀行の発起人のうちの一人である。組織化、戦略的計画、企業経営の専門家であり、社会的、経済的分野における協同組合と非営利組織の存在の振興と発展に貢献。閣僚会議、関係閣僚会議メンバーとして、福祉、協同、社会的権利に関する州法、国法の制定に協力。さらに1999年に「第三セクター常任全国フォーラム」と政府の間で「イタリアのための協定の補足協定」の約定を調整した。「協同組合運動継続教育のための双務機関」(COOPFORM)を主宰し指揮。協同組合と非営利組織のための大学教育の促進者の一人である。2004年から2009年までフォルリ市の文化・大学に関する評議会議員を務め、地域の社会的・経済的発展の要因としての文化促進に貢献。2014年より「公共事業入札参加のためのロマーニャ・フォルリ15自治体ホールディングス」の理事長。「協同組合と非営利組織の文化促進イタリアアソシエーション」(AICCON)理事長。
主催:大阪労働学校・アソシエ
協賛:(一社)大阪兵庫生コン経営者会関西生コン関連労働組合連合会(一社)中小企業組合総合研究所
ソウル宣言の会・関西「社会的連帯経済研究会」青年部 他
https://globalethics.wordpress.com/2017/10/27/%e6%98%8e%e6%97%a51028%ef%bc%88%e5%9c%9f%ef%bc%89%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%82%b8%e3%82%a6%e3%83%a0%e3%80%8c%e3%82%a4%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%81%ae%e9%80%a3%e5%b8%af%e6%80%9d%e6%83%b3/



訪中報告会
●10月28日(土) 17:30~19:30 エルおおさか7階ギャラリー2(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html) 
南京・上海友好訪中報告会
訪中ビデオ 記者の館長インタビューより 証言朗読 朴永心cadrセッション 団員活動報告等(報告会中は展示はあまり見れません。早めにお越しください) 
参加費:無料
◆展示会 10月27日(金)~29日(日) 10:00~19:00
主催:南京大虐殺60ヵ年大阪実行委員会 南京80大阪訪中団
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1027.pdf



寄 席
●10月28日(土) 1時半~動楽亭(地下鉄「動物園前駅① http://blog.livedoor.jp/bzp17576/archives/51684120.html
第2回うずみ火寄席
今回は、新聞うずみ火読者の芸人さん大集合!露の新治さんをはじめ、弟弟子の露の吉次さん、愛弟子の露の新幸さん、3代目桂花団治さんのほか、漫才コンビ「ザ・ぼんち」の里見まさとさんも出演してくれることになりました。
木戸銭:予約・読者2500円(当日3000円)
申込:森山(090・9982・8719)
http://uzumibi.net/



映画上映会
●10月28日(土)  11:00~ 14:00~MAP cafe(富田林駅か130m https://tabelog.com/osaka/A2708/A270802/27092481/dtlmap/
シネマプラス+MAP cafeコラボ「チョコレートケーキと法隆寺」
児童養護施設の子どもたちは、18歳の春を迎えると退所しなければならない。施設で育った監督自身が、家族の問題と向き合い懸命に生きるかつての仲間と会う旅は、封印してきた過去と向かい合う旅でもあった。「映画を作っていて、18歳で退所となった施設時代の友人を映しながら感じたのは、将来へつながる機会はできれば等しくあってほしいということでした」。養護施設で育った映画監督が作った、親を亡くした子ども、親と離れて育つ子どもらの思いを綴るドキュメンタリー映画。
・1回目
上映+向井監督のお話 昼食付き
・2回目 14:00~
上映+監督との交流会 チョコレートケーキセット付き
定員:各回20人
料金:参加費 2000 円 ※要予約
お申込み:0721-24-5500(きらめきファクトリー) 0721-70-7270(MAP cafe)
又は、info.cinemaplus@gmail.comまで。映画タイトル・お名前・人数・電話番号をお送りください。
https://www.facebook.com/events/134639727165701/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村




(10/27更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2017年10月23日(月)~27日(金)

★10/27追加情報
●10/27(金)までのイベント情報を掲載しました。
★10/26追加情報
●10/26(木)までのイベント情報を掲載しました。



【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-220.html




戦 争
●10月23日(月) 18時~21時 京都市徳正寺(地下鉄四条駅 http://kyototravel.info/tokushouji
「イントレピッドの4人」50周年 京都集会
 ~“愛国的脱走兵”が語る戦争と平和~

1.記録映画「イントレピッドの4人」上映
2.「クレイグ・アンダーソン氏招聘の経緯と意義」
  平田雅己(名古屋市立大学)
3.クレイグ・アンダーソン氏講演(通訳つき)
 「“愛国的脱走兵”が語る戦争と平和」
講師:クレイグ・アンダーソン、平田雅己。
参加費:カンパ
主催:「イントレピッドの4人」企画実行委員会(075-701-8376)
問い合わせ先:関谷滋(京都集会担当)
(sekiya48@hotmail.com 075-701-8376)
名古屋市立大学平田雅己研究室
(hirata@hum.nagoya-cu.ac.jp, 052-872-5831)
*集会は無断での録画、ネット投稿など不可
https://www.facebook.com/%E5%A4%A9%E7%9A%87%E5%88%B6%E3%81%AE%E5%BC%B7%E5%8C%96%E3%82%92%E8%A8%B1%E3%81%95%E3%81%AA%E3%81%84%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%AE%9F%E8%A1%8C%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A-527921354033134/



朝鮮高級学校無償化
●10月24日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



メディア
●10月25日(水) 18時半~神戸市勤労会館7階大ホール(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html
メディアを考える集い
憲法に「自衛隊明記」で日本はどうなる!子や孫たちの未来は? 
講師:西谷文和、平井美津子
参加費:1000円
主催:NHK問題を考える会(兵庫)(078-351-0194)
http://www.kinyobi.co.jp/event/20171020_002418.php



共 生
●10月25日(水) 18:45~20:45 東成区民センター大ホール(地下鉄「今里」2番西へ徒歩約3分 https://www.mapnavi.city.osaka.lg.jp/webgis/?z=17&ll=34.6682118039972%2C135.541368226906&mp=1&bg=BG2-0&vlf=1-14-000002
公共政策ラボ シンポジュウム2017
教えて!内田先生!!『ハグ』(hug)って、なんですか?
2017年5月17日、大阪市中公会堂で突然飛び出した 「意見の異なる相手を『ハグ』(hug)する。」
異なる意見は「敵」とみなされ排除される風潮の中で 異なる意見の相手とも共生していく「人生の新しいカタチ」、『気まずい共存』を一緒に考えていきます。
出 演:
内田樹(神戸女学院大学名誉教授) 
釈徹宗(浄土真宗本願寺派如来寺住職、相愛大学人文学部教授)
平松邦夫(公共政策ラボ代表、第18代大阪市長)  
資料代:1000円(当日受付) 定員:600名
※参加の事前申し込みは不要ですが、資料作成の都合によりメールでの事前参加申し込みは歓迎致します。
主催:公共政策ラボ 
共催:大阪を知り・考える市民の会
連絡先:Mail:osakacitizen1000@gmail.com
http://www.kokuchpro.com/event/withosaka1025/



共謀罪
●10月25日(水) 午後6時半~8時半 エルおおさか南館101号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
学習会「共謀罪を読む」
チューター:永嶋 靖久(弁護士)
「共謀罪」は6月15日に成立、7月11日から施行された(国外犯処罰規定については8月11日施行)。
6月23日には、林眞琴法務省刑事局長名での依命通達として解説が出され、同じ日に警察庁からも通達が出されている。なお8月に、法務省刑事局から改めて55ページ(+別紙資料)におよぶ「法律の解説」が出されている。また、拙速に採決に持ち込まれており、国会答弁での矛盾も解消されていないままになっている。
この改正は「組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律等の一部を改正する法律」の改正である。最新の解説を前提に、法律を読みながら、「法務省は何を言っているのか?」「言っていることはどこがどう矛盾しているのか?」「矛盾/不合理がもたらす影響は?」「その矛盾を有利に使えるのか?」「裁判所も法務省と同じように考えるのだろうか?」を検討してみたい。
★条文および新旧対照表はプリントしてお持ちください
法務省のHPにあります。
・組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律等の一部を改正する法律 http://www.moj.go.jp/content/001227750.pdf
・新旧対照表 http://www.moj.go.jp/content/001229462.pdf
資料代:500円(事前申込不要)
主催:共謀罪に反対する市民連絡会・関西/連絡先: SORA(06-7777-4935)
https://www.facebook.com/ikensosyou/posts/1660872513923343



森友学園問題
●10月25日(水) 6時~豊中市野田中央公園(阪急電車「庄内」駅下車) 7時~デモ出発
こんなことが許されるか!怒りのデモ!第8弾
主催:「森友学園」疑獄を許すな!実行委員会 連絡FAX06-8304-8431
https://jimmin.com/events/event/%e3%81%93%e3%82%93%e3%81%aa%e3%81%93%e3%81%a8%e3%81%8c%e8%a8%b1%e3%81%95%e3%82%8c%e3%82%8b%e3%81%8b%ef%bc%81%e6%80%92%e3%82%8a%e3%81%ae%e3%83%87%e3%83%a2%ef%bc%81%e7%ac%ac%ef%bc%98%e5%bc%be/



モリ・カケ問題
●10月26日(木) 19:00~21:00 ドーンセンター7階ホール(地下鉄天満橋駅)
アベ政治に幕引きを 「モリ・カケ問題」の責任を徹底追及
内容:加計問題に取り組む今治市の黒川敦彦さんも招き、モリカケ問題について明らかにします。
発言者‬
‪・黒川敦彦さん(今治・加計獣医学部問題を考える会 共同代表)‬
・‪木村真さん(豊中市議・森友学園問題を考える会)‬
・‪大川一夫さん(弁護士・森友学園問題情報公開訴訟+近畿財務局刑事告発代理人)‬
・矢野宏さん(新聞うずみ火代表)‬
特別ゲスト‬
・寺脇研さん(元文部省官僚、京都造形芸術大学教授)‬
参加費:500円(障がい者・介助者大学生以下300円)
主催:森友学園問題を考える会
https://www.facebook.com/events/130286257631473/



憲法9条
●10月26日(木) 18:30~ルミエールホール3F研修室(京阪古川橋駅ダイエー側から南へ徒歩4分) 
映画『九条への生還』NYロケ成功 映画完成 報告&映画上映会
齋藤監督から、8月ニューヨーク滞在・ロケに関する貴重な報告が!
完成映画の上映の他に、現地で撮った様々な写真もスライド上映!
8:30終了後、有志参加で懇親会あり(実費2千円程度)
主催:映画『九条への生還』NYロケ・門真市民応援団
http://www.hige-toda.com/_mado09/2017/nyprjct/kyujyou_nyprojct.htm



●10月27日(金) 関西電力本社前(「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:00頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
夜の関電前大集会 19:00~20:30
主催:STOP原子力★関電包囲行動
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1117-1.pdf
関電前星空交流会 19:00~20:30 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●10月27日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●10月27日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●10月27日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&三宮駅までのパレード



在日朝鮮人
●10月27日(金)(毎週金曜日)18時25分~19時55分 同志社大学今出川キャンパス 至誠館(S)1番教室(「今出川」駅徒歩1分 https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/imadegawa.html
2017 年度 同志社大学 日朝関係史講座
在日朝鮮人のアイデンティティについて

講師:李洪章氏(神戸学院大学教員) 
参加費:無料(どなたでも参加できます)
主催:同志社 KOREA 文化研究会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1215-1.jpg



介護保険
●10月27日(金) 18時半~エルおおさか南館101号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
~介護の切り捨てアカン!2017秋の連続行動~輪になって語ろう~♪「問題あり!介護現場の交流会」 
要支援切捨て最悪モデル自治体・大阪府大東市から報告
ケアマネ・通所介護・訪問介護・高齢者施設介護職員より発言
介護相談ホットライン報告
介護切り捨てに反対する市民派議員より
そして、あなたもひと言
主催:介護・福祉総がかり行動
連絡先:大阪社会保障推進協議会 osakasha@poppy.ocn.ne.jp
安心できる介護を!懇談会 電話06-6583-4880 FAX06-6583-1122
https://jimmin.com/events/event/%ef%bd%9e%e4%bb%8b%e8%ad%b7%e3%81%ae%e5%88%87%e3%82%8a%e6%8d%a8%e3%81%a6%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%83%b3%ef%bc%812017%e7%a7%8b%e3%81%ae%e9%80%a3%e7%b6%9a%e8%a1%8c%e5%8b%95%ef%bd%9e%e8%bc%aa%e3%81%ab/



南京大虐殺
●10月27日(金)~29日(日) AM10時~PM7時(最終日はPM4時まで)エルおおさか7階ギャラリー2(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
南京・上海友好訪中展示会
展示会:写真 南京大虐殺「75年の記憶」「無言の帰還」証言者 肖像画 写真 南京文昌巷・上海慰安所址 証言ビデオ 南京証言パネル  ピースおおさか消された展示
参加費:無料
主催:南京大虐殺60ヵ年大阪実行委員会 南京80大阪訪中団
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1027.pdf



クィア映画祭
●10月27日(金)~29日(日) 京都大学西部講堂(市バス「百万遍」「京大正門前」から徒歩2分、JR京都駅から市バス[206]・[17]、阪急河原町駅から、市バス[201]・[17]  http://kansai-qff.org/2017/Kaijyou.html
第11回関西クィア映画祭2017
性をテーマとした映画祭「関西クィア映画祭」が、あと1ヶ月後に大阪で、また10月には京都で開催されます。
今年は「セックス!セックス!セックス!特集」「私たちのストーンウォール」「不可視化に抗う」の三つの特集を設けてます。17の国と地域から集めた、長編12作品・短編15作品、全27作品、ほとんどが日本初上映です。どうぞこの機会にご鑑賞ください。
【関西クィア映画祭とは?】
あなたはどんな性別で暮らしていますか?恋愛やセックスは好きですか?どんな恋愛やセックス、人との関わり方をしていますか?「男らしさ」や「女らしさ」が期待されることに、しんどくなった経験はありませんか?
こういった「男女という制度」の枠組みから出て、自分らしい性を生きている人たちが、既に沢山います。典型的であってもなくてもいい、変(=クィア)でもいい、性のあり方は多様だ、私たちは生きていける。関西クィア映画祭は、そんなメッセージがあふれる映画を上映する「みんなのお祭り」です。
各作品の上映タイムテーブルは以下をごらん下さい。
http://kansai-qff.org/2017/timetable.html
チケット情報:
1回券(1枠に有効)前売1,300円 当日1,600円
3回引換券(3枠に有効)前売3,400円 当日4,000円
大阪パス(ドーンセンター・すてっぷの全枠に有効)前売3,800円 当日5,000円
京都パス(京都大学西部講堂の全枠に有効)前売6,800円 当日8,000円
フリーパス(全会場全枠に有効)前売10,000円 当日12,000円
ご購入は、関西圏の協力店舗か、チケットぴあで。
詳しくは→ http://kansai-qff.org/2017/Ticket.html
お問い合わせ:関西クィア映画祭 実行委員会(代表係 ひびの まこと 実行委員長係 にしき)
電話 080-3820-2731(留守電)F A X 06-7878-8882
メール(一般情報) info@kansai-qff.org
メール(チケット) ticket@kansai-qff.org
メール(スタッフ) staff@kansai-qff.org
メール(英語) info-en@kansai-qff.org
http://kansai-qff.org/2017/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村


脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2017年10月22日(日)

台風接近のため延期になるイベントがでてきています。
予定されている方は、各イベントの連絡先にお問い合わせください。



【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-220.html




●10月22日(日) 13:30~15:30 パタゴニア京都3Fイベントルーム(烏丸駅・四条駅13番出口東へ徒歩3分 河原町駅9番出口西へ徒歩3分 四条富小路の北東角 ジュンク堂書店の東側,富小路通を隔てた建物 http://www.mapion.co.jp/address/26106/253::12/
講演会「原発の電気は高くつく」
講師:大島堅一さん(龍谷大学政策学部)
主催:原発の電気はいらない署名@関西
後援:使い捨て社会を考える会
問合せ:sindenryokukyoto@gmail.com FAX 075-361-0251
事前申し込み歓迎、でも飛び込みもOK
参加費:資料代500円
https://www.facebook.com/events/1595894907096817/



●10月22日(日) 12時~13時 大阪梅田ヘップ前
避難者街頭アピール
主催:Go West,Come West!!!3.11関東からの避難者たち
連絡:E-mail gowest.comewest@gmail.com
https://jimmin.com/events/event/%e9%81%bf%e9%9b%a3%e8%80%85%e8%a1%97%e9%a0%ad%e3%82%a2%e3%83%94%e3%83%bc%e3%83%ab/



●10月22日(日) 13時30分~16時 明顕寺(日赤行院通り)(丹波市柏原町柏原263 http://www.mapion.co.jp/address/28223/50::161/
子どもたちに残そう!渡そう!被ばくしない社会と食を
兵庫県丹波市柏原町での講演学習交流企画の案内です。
原発事故から7年目になります。健康被害の実態や汚染の実態は隠され続けています。しかし、2017年度は、全国の原発賠償訴訟の判決が3月(群馬)9月(千葉)と出され、京都も来年3月に予定されるなど、もう一度、社会問題化しようと取り組まれています。
そんな中で本当の事実を知り、希望の見える社会をこどもたちに渡していくために何ができるか、一緒に考えたいと思います。
内容:内部被ばくの危険性(医療問題研究会 林敬次 小児科医師)
私たちの生活と放射能測定(阪神・市民放射能測定所)
有機農業者のお話し
避難移住者のお話し
http://hanshinshs.blog.fc2.com/blog-entry-228.html



●10月22日(日) 15時~クロスパル高槻(高槻市立総合市民交流センター)(JR高槻駅中央改札口を右へ出て京都方面線路沿い http://loco.yahoo.co.jp/place/g-6msUDgCskbU/)
避難者・京都訴訟原告 萩原さんをお呼びして
「初期被曝を訴える!」お話会

逡巡し悩み、初期被曝のあらゆる数値を集め、学習し、ここまで来られた避難者原告代表の一人。4年半の結果、裁判結審がありました。避難者の思いを束ね 取り組みを工夫し、連帯を積み重ねてきた存在かなと。政府東電に 故郷への思い健康被害を訴えています。私達の富を返せと!
主催:つながろうフクシマつながろう避難者の会(山下090-4300-2958) 放射能から子どもを守る茨木の会(垣内) 憲法いかそう茨木市民の会(山本)



憲法改正
●10月22日(日) 10時~西宮男女共同参画センター・ウエーブ413・414学習室(阪急「西宮北口」南2分 http://www.nishi.or.jp/contents/0002286400040009600582.html
今なぜ「憲法改正」なの 
講演:川元志穂(弁護士)
主催:いきいきフェスタ実行委員会
http://hanshin204.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/1029-57a6.html



憲 法
●10月22日(日) 15:30~17:30 M&Dホール(地下鉄なんば駅、近鉄大阪難波駅 なんばウォーク街26-A(または30-B)を上がる(徒歩5分)JR難波駅(OCAT)大阪シティ・エア・ターミナルを西へ、港町西交差点を右折れ、夕張屋ビルななめ向かい https://osaka-hk.org/access
上方憲法サミット-笑いから活かす憲法噺
笑福亭竹林さん 笑福亭銀瓶さん 
参加費:無料 事前申込要 
主催:おおさか医科・歯科九条の会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1022.jpg



日米安保
●10月22日(日) 14:00~17:00 高槻市立文化会館(高槻現代劇場)集会室303号(阪急「高槻市」駅から徒歩5分 JR「高槻」駅から徒歩12分 https://www.osaka-info.jp/jp/facilities/cat2/6169.html
ルネサンス研究所・関西
10月定例研究会「日米安保体制からの脱却は可能か」
報告:椿 邦彦「沖縄の視線から東アジアの将来を考える」
参加費:¥1000
主催:ルネサンス研究所・関西
https://www.runekenkansai.com/blank-17



沖縄米軍基地問題
●10月22日(日) 10:30~13:30~大津市民会館 小ホール(京阪石坂線「島ノ関駅」徒歩3分 「浜大津駅」徒歩7分 「大津駅北口」徒歩10分 http://www.otsu-civic-hall.jp/access.html
「標的の島 風かたか」上映会
主催:「標的の島 風かたか」を観る会
お問い合わせ:滋賀県映画センター
TEL:077-526-8091 FAX:077-526-8092
※料金や予約状況など詳細は主催者までお問合せください
http://www.tofoo-films.jp/hyotekinoshima/?p=1658



辺野古新基地問題
●10月22日(日) 14:00~大阪市総合生涯学習センター・メディア研修室(大阪駅前第2ビル5階)
土木技術者から見た 辺野古ずさん工事の実態
講 師:奥間政則さん(1級土木施工管理技士)
奥間政則さんをまねいて、琉球石灰岩の複雑な海底や活断層などをまともに考慮せず、「建設ありき」の無謀な工事で辺野古大浦湾の貴重な自然を破壊している、工事の実態についてお話を聞きます。どなたもぜひ参加してください。
県民の反対を無視した政府の強行な態度へのわじわじする思いと集会の熱気にふれ、土木屋の立場で踏み出せないジレンマがあったが、覚悟を決めた奥間さんは土木技術と知識をフルに発揮、新基地での護岸工事などでのずさんな設計を指摘し、防衛局を追及しています。
資料代:500円
主 催:STOP!辺野古新基地建設!大阪アクション
http://blog.goo.ne.jp/stop-henoko-osaka/e/da6dd3e213601d5627079f9bb23cbab0



侵略戦争
●10月22日(日) 14:00~大淀コミュニティセンター(「天神橋筋六丁目」徒歩8分 http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016600.html
『侵略4』上映会
過去と向き合うことは、未来を見つめること
忘れてはならない 忘れさせてはならない歴史がある
映画『侵略』上映委員会制作の映画『侵略』シリーズのうち、今回は『語られなかった戦争・侵略4 中国の大地は忘れない』(旧「満州」42分)を上映いたします。1931年、柳条湖事件に始まる中国東北侵略の中で、「平頂山虐殺」「大石橋万人坑」など現地取材。元「満州国」憲兵と特高警察官などの証言。
https://www.facebook.com/events/129990067754341/



医療・介護
●10月22日(日) 13:30~16:30 神戸市勤労会館(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html
安心と笑顔の社会保障ネットワーク
「STOP!医療・介護の切り捨て みんなで怒ろう 声をあげよう」
講演:本田宏さん
安心と笑顔の社会保障ネットワーク」は、昨年、医療・介護をはじめ社会保障費が年々切り捨てられている状況の中、みんなが安心して笑顔で暮らせる社会に改善するために、私たち自身が怒りの声をあげていこうと立ち上げました。この一年間私たちの活動はまだ微力ですが、ニュース発行、街頭行動、神戸市への申し入れ、介護保険出前講座など活動してきました。残念ながら介護保険制度は4月から改悪され利用者も現場の職員も状況が悪化しています。他の社会保障制度も同じ状況です。
今回の総会では本田宏さんの講演を基調として、社会保障費切り捨ての「仕組み」について一緒に考えてみませんか。医療・介護問題は生きていく上で誰にとっても切り離せません。まずは仕組みを「知る」ためにぜひご参加ください。みんなで一緒に「STOP!福祉切り捨て」の声をあげませんか。拡散・転送をよろしくお願いします。
参加費:500円
*講師紹介
本田 宏:1954年福島県生まれ。外科医。現場で働く者の立場で国民のための医療を考える「NPO法人医療制度研究会」副理事長を務めながら、日本の医療の現状を憂い、幅広く執筆活動や講演を行っている。著書「医療崩壊のウソとホント」(PHP研究所)「本当の医療崩壊はこれからやってくる」(洋泉社)
http://civilesociety.jugem.jp/?eid=36807



台風接近のため延期
在日コリアン
●10月22日(日) 13時半~京都大学 吉田キャンパス吉田南構内 総合人間学部棟 1102教室(http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_ys.html
「いま、心に刻み、石に刻む -在日コリアンの歴史-」
講師:飛田 雄一さん(神戸学生青年センター館長)
連日、洪水のように報じられる朝鮮民主主義人民共和国による「核・ミサイル実験」。人々の間に「不安」と、特に日本人には朝鮮への「敵意」が一段と煽られています。一方、韓国との間でも「慰安婦」問題をはじめ歴史認識をめぐる対立が続いています。 こうした状況がなぜ、どのようにして作られてしまったのか、そしてこの緊張状態を私たちはどう克服していけばいいのか?そのためにはま ず、事実を見極め、歴史を知り、冷静に判断することが必要です。日本社会は敗戦してから70年余り、旧植民地にルーツを持つ韓国・朝鮮、さらには侵略したアジアの人々にどう向き合ってきたのでしょうか?今回、神戸学生青年センターを拠点に長年にわたって在日コリアンの問題を中心にさまざまな活動に取り組んでこられた飛田雄一さんに、そのご経験と、そこから見えて来る日本社会の課題についてお話をしていただきます。韓国・朝鮮―アジアの人々と平和で友好的な関係を築いていくことは、9条改憲を許さず、平和憲法を活かす最大の道とも言えます。多くのみなさまのご参加をお待ちしています。
<講師プロフィール>
1950年、神戸生まれ、神戸大学農学部修士課程修了。公益財団法人神戸学生青年センター館長。
他に、在日朝鮮運動史研究会関西部会代表、強制動員真相究明ネットワーク共同代表、 関西学院大学非常勤講師、むくげの会会員など。著書に『日帝下の朝鮮農民運動(1991年 未来社)、『朝鮮人・中国人強制連行・強制労働資料集』(金英達と共編、1990年版~94年版、神戸学生青年センター出版部)、『現場を歩く 現場を綴るー日本・コリア・キリスト教―』(2016年 かんよう出版)、『心に刻み、石に刻むー在日コリアンと私』(2016年 三一書房)、『旅行作家な気分―コリア・中国から中央アジアへの旅―』(2017年 合同出版)ほか。
参加費:一般 700円 アジェンダ会員・学生 500円
※終了後、別室で交流茶話会あります。
主催:アジェンダ・プロジェクト京都
TEL&FAX 075-822-5035 E-mail agenda@tc4.so-net.ne.jp
共催:京大社会科学研究会ピースナビ
https://www.facebook.com/events/280584412458440/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2017年10月21日(土)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報



『コスタリカの奇跡~積極的平和国家のつくり方~』 (2016年/アメリカ・コスタリカ/90分)
1948年に軍隊を廃止。軍事予算を社会福祉に充て、国民の幸福度を最大化する道を選んだコスタリカの奇跡に迫ったドキュメンタリー

世界には軍隊なしで国の平和を保ってきた国々がある。そんな数少ない国の一つで、1948年に常備軍を解体した国がコスタリカだ。コスタリカは軍事予算をゼロにしたことで、無料の教育、無料の医療を実現し、環境のために国家予算を振り分けてきた。その結果、地球の健全性や人々の幸福度、そして健康を図る指標「地球幸福度指数(HPI)」2016の世界ランキングにおいて140ヶ国中で世界一に輝いているのがコスタリカである。またラテンアメリカで最も安全とされている国でもある。
『コスタリカの奇跡 ~積極的平和国家のつくり方~』は、1948年から1949年にかけて行われた軍隊廃止の流れを追いながら、コスタリカが教育、医療、環境にどのように投資して行ったのかを詳しく説明する。アメリカでは公的債務、医療、そして軍事費が日増しに増大していっていることとは対照的だ。この映画は軍隊廃止を宣言したホセ・フィゲーレス・フェレールや、ノーベル平和賞を受賞したオスカル・アリアス・サンチェスなどの元大統領や、ジャーナリストや学者などが登場する。世界がモデルにすべき中米コスタリカの壮大で意欲的な国家建設プロジェクトが今明らかになる。
公式サイト:https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=48
●9/9(土)~終映日未定 シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
10/21(土)・10/22(日) 16:25(~18:00終)
10/23(月)・10/24(火) 14:00(~15:35終)
10/25(水) 休映
10/26(木) 14:00(~15:35終)
http://www.theater-seven.com/2017/movie_costarica.html



『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー』
一握りの砂も、一坪の土地もアメリカのものではない
筑紫哲也 NEWS23」でキャスターを務め、筑紫哲也氏の薫陶を受けた佐古忠彦初監督作品。
テーマ音楽は作品の主旨に共感した坂本龍一がオリジナル楽曲を書き下ろし。
語りには、名バイプレイヤー、大杉漣が参加。
アメリカ占領下の沖縄で米軍に挑んだ男 瀬長亀次郎のドキュメンタリー映画。
なぜ沖縄の人々は声を上げ続けるのか、その原点はカメジローにあった──。
第二次大戦後、米軍統治下の沖縄で唯一人"弾圧"を恐れず米軍にNOと叫んだ日本人がいた。「不屈」の精神で立ち向かった沖縄のヒーロー瀬長亀次郎。民衆の前に立ち、演説会を開けば毎回何万人も集め、人々を熱狂させた。彼を恐れた米軍は、様々な策略を巡らすが、民衆に支えられて那覇市長、国会議員と立場を変えながら闘い続けた政治家、亀次郎。その知られざる実像と、信念を貫いた抵抗の人生を、稲嶺元沖縄県知事や亀次郎の次女など関係者の証言を通して浮き彫りにしていくドキュメンタリー。
JNNだけが持つ、当時の貴重な資料映像の数々をふんだんに盛り込んだTBSテレビが本気で製作した映画が遂に公開。
2016年TBSテレビで放送されたドキュメンタリー番組が、第54回ギャラクシー賞月間賞を受賞するなど非常に高い評価を得ており、映画化を熱望する声を受けて、追加取材、再編集を行って映画化。沖縄戦を起点に、今につながる基地問題。27年間にわたったアメリカの軍事占領を経て、日本復帰後45年が経っても、なお沖縄に基地が集中するなか、沖縄の人々が声を上げ続ける、その原点…。それは、まさに戦後の沖縄で米軍支配と闘った瀬長亀次郎の生き様にあった。JNNだからこそ保存されていた貴重な未公開映像やインタビュー、そしてアメリカ取材を交えて描き切る。
●9/25(土)~終映日未定 シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
10/21(土)・10/22(日) 11:00(~12:52終)
10/23(月)~10/27(金) 11:25(~13:14終)
10/28(土) 16:45(~18:34終)
10/29(日)・10/30(月) 19:00(~20:52終)
10/31(火) 休映
11/1(水)・11/2(木) 14:10(~16:02終)
11/3(金・祝) 休映
http://www.theater-seven.com/2017/movie_kamejiro.html



『人生フルーツ』
人生は、だんだん美しくなる。
むかし、ある建築家が言いました。家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない。
愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てた家。四季折々、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実が、妻・英子さんの手で美味しいごちそうにかわります。刺繍や編み物から機織りまで、なんでもこなす英子さん。ふたりは、たがいの名を「さん付け」で呼び合います。長年連れ添った夫婦の暮らしは、細やかな気遣いと工夫に満ちていました。そう、「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」とは、モダニズムの巨匠ル・コルビュジエの言葉です。
かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきました。1960年代、風の通り道になる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウン計画。けれど、経済優先の時代はそれを許さず、完成したのは理想とはほど遠い無機質な大規模団地。修一さんは、それまでの仕事から距離を置き、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめました─。あれから50年、ふたりは、コツコツ、ていねいに、時をためてきました。そして、90歳になった修一さんに新たな仕事の依頼がやってきます。
本作は東海テレビドキュメンタリー劇場第10弾。ナレーションをつとめるのは女優・樹木希林。ふたりの来し方と暮らしから、この国がある時代に諦めてしまった本当の豊かさへの深い思索の旅が、ゆっくりとはじまります。
●10/7(土)~終映日未定 シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
10/21(土)・10/22(日) 18:30(~20:06終)
10/23(月)~10/26(木) 16:05(~17:41終)
10/27(金) 休映
10/28(土)~11/3(金・祝) 9:55(~11:28終)
11/4(土)・11/5(日) 休映
11/6(月)~11/10(金) 15:30(~17:06終)
http://www.theater-seven.com/2017/movie_jinsei-fruits.html



●10月21日(土) 13:00~15:30 サクラファミリア カトリック梅田教会(地下鉄中津駅3番出口230m 阪急梅田駅茶屋町出口550m https://loco.yahoo.co.jp/place/g-PUPNUSpsJhs/map/
大阪修道女連盟主催研修会 小出裕章先生講演会
『核=原子力を許す社会』
会 費:無料
主 催:大阪修道女連盟
http://healing-goods.info/koide/2017/06/20171021/



戦争・改憲・米軍基地
●10月21日(土) 2時~エルおおさか(2Fエルシアター)※デモは中止となりました。
戦争あかん!基地いらん!関西のつどい 
9条改憲を許さない!やめろ辺野古新基地建設!
講師:山城博治さん(沖縄平和運動センター議長)斉藤貴男さん(ジャーナリスト)
資料代:500円(大学生300円/高校生以下無料)※手話通訳あり
主催:大阪平和人権センター/戦争あかん!基地いらん!関西のつどい実行委員会/戦争をさせない1000人委員会・大阪
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1021.pdf



憲 法
●10月21日(土) 14:00~17:00 神戸学生青年センター会議室A(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/
[高作先生と学ぶ会]2017年度後半
「投票日前日の論点整理――「改憲論」への対応と対抗」
 
※テーマが変更になりました。
講 師 : 関西大学法学部教授 高作正博さん
・11月11日(土)「安保法制後の防衛法制とその全体像」(仮)
・12月16日(土)「憲法改正国民投票と表現の自由」(仮)
・1月20日(土)「安倍政権の過去・現在・未来」(仮)
※いづれも(仮題)とさせていただきます。状況により変更があり得ますことをお含みおきください。
参加費:一般 1,000円 若もの 500円
共催:神戸学生青年センター&「高作先生と学ぶ会」
お問い合わせ先:TEL078-851-2760
http://ksyc.jp/seminar/takasaku201709-201801/



憲 法
●10月21日(土) 14:00~17:00 京都大学文学部 新棟 第6講義室(https://www.bun.kyoto-u.ac.jp/about/access/
【第18回左京フォーラム】
「憲法9条京都の会」新事務局長 奥野恒久さん講演会

『安倍改憲』論に対峙する民主的非軍事平和主義
「民主的非軍事平和主義」とは?2014年以降、安倍政権は集団的自衛権の行使を容認する9条解釈変更の閣議決定や、「安保関連法(戦争法)」の強行を進めてきました。そのうえで、今年5月、9条の1項・2項を変えないで自衛隊を明記するという改憲論を唐突に提起しました。この「安倍改憲」論のねらいと本質を検討したうえで、憲法9条
講 師:奥野恒久(おくのつねひさ) 龍谷大学政策学部教授
(プロフィール)1967年大阪府出身。室蘭工業大学准教授を経て、2011年より現職。専攻は憲法学で、民主主義論と平和的生存権論、アイヌ民族の文化享有権論に関心を持っている。主要著書として、『アイヌ民族の復権―先住民族と築く新たな社会』(法律文化社、2011・共編)、『平和憲法と人権・民主主義』(法律文化社、2012・共著)、『憲法「改正」の論点―憲法原理から問い直す』(法律文化社、2014年・共編)、『社会変革と社会科学―時代と対峙する思想と実践』(昭和堂、2017年・共著)。
の非軍事平和主義を民主的に展望することの意義と可能性について考えようと思います。
参加費:一般500円 学生300円(運営協力費)
主催:戦争をさせない左京1000人委員会
お問い合わせ:戦争をさせない左京1000人委員会
TEL.(075)711‐4832 京都市左京区田中里ノ前町21 石川ビル305
https://www.facebook.com/events/1974181686238538/



憲 法
●10月21日(土) 13:00~13:40 大阪人権博物館(リバティおおさか)(JR環状線「芦原橋駅」下車、南へ約600メートル http://www.liberty.or.jp/guidance/index.html )
憲法カフェ~憲法ってなあに?
講師:小谷成美弁護士
参加費:大人500円 中学生以下200円
連絡先:06-6315-8284(あすわか大阪・小谷)
☆申込不要。当日会場へおいで下さい。
☆あすわか特製憲法クリアファイル(定価200円)を全員にプレゼント。
☆「日本国憲法展」開催中のイベントです。
◆10月18日(水)~12月16日(土) 
いまこそ知りたい ! 楽しく学ぼう 日本国憲法
主催:あすわか大阪×リバティおおさか
http://liberty.or.jp/img/top/kenpo.pdf



沖縄米軍基地問題
●10月21日(土) 14:00~18:30~とよなか男女共同参画推進センターすてっぷ ホール(阪急宝塚線豊中駅すぐ エトレ豊中5F http://www.toyonaka-step.jp/02_use_guidance/access.html
映画『標的の島 風かたか』上映+三上智恵監督講演会
◎16:30~三上智恵監督による講演
※講演時、手話通訳あり
予約・お問合せ:TEL:06-6841-9911 06-6844-2280 
MAIL:toyonaka_festa★yahoo.co.jp ※★→@
料金:大人/前売り1000円/当日1200円 中高生(18歳未満)/前売り500円/当日600円 障がい者の介助者/無料
主催:放射能から豊中の市民・子どもを守る会、男女共同参画社会をつくる豊中連絡会
共催:とよなか「市民力」フェスタ実行委員会
http://hyotekinoshima.com/jyouei/?p=1620



沖 縄
●10月21日(土) 午後7時~9時 「かもがわ」京都市職員会館(京阪「神宮丸太町駅」徒歩約5分 http://www.kyotocity-kouseikai.jp/kamogawa/kamogawaannai1.html
~沖縄の土木技術者・奥間政則さんが語る~
「基地建設問題とハンセン病から考える沖縄~差別の構造」

ケーソン護岸の問題」や「海上ヤード中止」等の最新情報、基地問題とハンセン病の差別の構造、是非聞いてください。
資料代:500円
講師:奥間政則(おくままさのり)さんプロフィール ~
沖縄県大宜味村在住。両親は沖縄出身だがわけがあって、1965年に鹿児島県名瀬市(奄美大島)で生まれる。名護市にあるハンセン病療養所の愛楽園ではハンセン病の歴史をまとめた資料館(交流会館)が開館し、両親が語ってこなかったハンセン病のことを独自で学ぶようになる。40年以上経って愛楽園の資料館にある証言集に記された父の証言で、当時のハンセン病に対する差別の事実を知った時の衝撃は大きかった。同じ頃、辺野古基地建設反対の県民大会に参加したことから 今まで他人事として見ぬふりをしていた基地問題に向き合うようになった。父の手記、愛楽園の証言集、県民大会への参加など、 時を見計らっていろいろな出来事が重なり、躊躇していた基地建設反対運動の参加するようになった。30年近く現場の責任者として土木工事に携わり、今はその経験を活かして辺野古や高江の現場で、技術的な視点で防衛局の工事の 問題点を指摘しながら反対運動にかかわっている。
主催:京都行動 http://kyoto-action.jugem.jp/
http://www.freeml.com/kdml/11030/latest



辺野古新基地問題
●10月21日(土) 15時30分~(毎週土曜日)JR大阪駅南バスターミナル
「辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動」
辺野古の海が埋め立てられないように活動しています。
お時間の許す範囲で、少しでも皆様のご参加お待ちしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/henoko_osaka



辺野古新基地問題
●10月21日(土) 13:00~14:00 神戸マルイ前
HENOKO NO! 沖縄に基地はいらない 
   辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動

沖縄県民に対する不正を止めるために、共に声を上げて下さい。
ツイター・FaceBookで情報発信中{辺野古・神戸}で検索して下さい。
土曜の午後はいつもの時間、いつもの場所で、はじめての方、ちょっとだけ参加、見学、大歓迎。
https://twitter.com/kobekodo/



辺野古新基地問題
●10月21日(土) 毎週土曜日17:00~18:30ごろ 京都市 三条河原町交差点(三条河原町商店街のアーケード前スペース)
沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、
     普天間基地の撤去を求める京都行動

アピール、チラシ配り、新基地建設に反対する署名集めなどなど
http://kyoto-action.jugem.jp/?pid=1
https://twitter.com/ALALALED/status/551165696185344000



種子法
●10月21日(土) 14:00~16:00 大阪社会福祉指導センター研修室3(「谷町六丁目」④番出口徒歩5分「谷町九丁目」②番出口徒歩7分 http://www.osakafusyakyo.or.jp/test_dummy_newhp/accessmap.html)
ブランド米もあぶない!
~種子法廃止で私たちが失うもの~

今、日本には300以上のブランド米があります。地域ごとの気候風土にあわせて育成されたさまざまな「タネ」。実は、ほとんどの新しいブランド米は、“県”の研究所で生まれ、守られています。
地酒を作る酒米「山田錦」などもその一つ。地域の気候風土に合わせ、生まれた「タネ」は、地域のあらゆる特産物に生まれかわり、地域の農業・産業と密接な関係を築いてきました。
その都道府県の研究資金の根拠が「種子法」。公共財産として、大切に積み上げたノウハウも、守るすべも今、危機にさらされています。
【タネを制する者は、世界を制す】
たかが「タネ」。されど「タネ」。「タネを制する者は、世界を制す」ともいわれます。タネが消えると食べものが作れません。“県”が、これまで果たしてきた役割、そしてこれから。何が、どう変わっていくのか。現場からのお話を伺います。
ゲスト:山田倫章さん(大阪府立農林水産総合研究所 食の安全研究部園芸グループ作物担当 主任研究員)
参加費:500円
※準備都合上、できるだけ事前に申込をお願いします。
メールo-shoudanren@mb8.seikyou.ne.jp 
又は FAX 06-6941-5699まで、お名前をお知らせください。
主催・問い合わせ先:ほんまにええの?TPP大阪ネットワーク
http://tpposaka.hatenablog.com/
https://www.facebook.com/tpposakanet/



都構想
●10月21日(土) 18時30分~おおさかドーンセンター7Fホール(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html)  
10.21大阪市の存続を求める署名出発式
記念講演:藤井 聡(京都大学教授)他
参加費:無料(当日、カンパのお願いをします)
主催:大阪市民会議
http://www.kokuchpro.com/event/loveosaka1021/



街 宣
●10月21日(土) 18:00~20:00 梅田HEPFIVE前
UMEDA KAIGOUKU 安倍の小池もNO!梅田大集会
安倍自公も小池希望も維新もNO!梅田解放区大集会ー私達が主役の政治を創ろう
10月14日、21日、28日18時~梅田HEP前
この時期だからこそあなたの声を。憲法改悪こそ焦点!そして朝鮮攻撃への反対、辺野古新基地、再稼働と放射能等…語られてない争点が山ほどあるから。
https://twitter.com/umedasitin



河上肇
●10月21日(土) 午後2時~4時45分 京大時計台ホールⅢ(2階)(http://ticket-search.pia.jp/pia/venue/venue_access_map.do?venueCd=UY60
河上肇『貧乏物語』刊行100年記念 市民講演会
今年は河上肇『貧乏物語』刊行100年です。河上肇記念会ではこの機会に戦前の日本を代表する経済学者の名著に思いを馳せて、現代の貧乏を語り、この世から貧乏を根治する道筋を考えるために、市民講演会を開催します。ふるってご参加ください。
【プログラム】 
◇講演:伍賀一道氏(金沢大学名誉教授)
「現代日本の非正規雇用と格差貧困」 
◇報告1:八木紀一郎氏(京都大学名誉教授、摂南大学学長)
「河上肇の経済思想と『貧乏物語』」
◇報告2:小久保哲郎氏(弁護士、生活保護問題対策全国会議 事務局長)
「生活保護引き下げ違憲訴訟と現代の貧困」
◇パネルディスカッション
http://hatarakikata.net/modules/topics/details.php?bid=767



チャリテイコンサート
●10月21日(土) 午後2時~カトリック河原町教会(「京都市役所前(T12)」南へ徒歩約3分 京阪「三条(KH40)」西へ徒歩約5分 http://catholickawaramachi.kyoto/000300_ubicacion.shtml
アムネスティ・チャリテイコンサート 魂の自由と、人間の尊厳を求めて!
ヴラダン・コチ&アンサンブル・サビーナ コンサート2017 京都公演
「良心の囚人」だった世界的チェリスト ヴラダン・コチが魂の音楽を奏でます。
ヴラダン・コチさんは、旧チェコスロバキアのプラハ室内管弦楽団の首席チェリストだった 1988 年に、"人に銃を向けたくない"と兵役を拒否して収監されました。アムネスティ・インターナショナルが「良心の囚人」として支え、その後の民主化で解放されました。そして音楽活動に復帰し、ヴィルトージ・ディ・プラハ首席チェリストやプラハ音楽院教授を経て、現在はメキシコ・チアパス州立芸術科学大学教授に就任し、大学院の開設に携わるとともに、同大学付属弦楽アカデミー主任に抜擢され、コチ氏に学びたいという音楽家が殺到、後進の指導に情熱を注いでいます。
前売り券:2500円 当日券:3000円
主催:公益社団法人 アムネスティ・インターナショナル日本 関西連絡会
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/event/2017/1021_6928.html


(10/20更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2017年10月16日(月)~20日(金)

★10/20追加情報
●10/20(金)までのイベント情報を追加しました。
★10/18追加情報
●10/19(木)までのイベント情報を追加しました。
★10/16追加情報
●10/18(水)までのイベント情報を追加しました。



【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-216.html

x


●10月16日(月) 19:00~20:00 京橋駅 JRと京阪の間
憲法改悪に反対するビラまき・アピール行動
呼びかけ:リブ・イン・ピース☆9+25
http://www.liveinpeace925.com/schedule/schedule.htm



●10月16日(月) 18:30~20:45 尼崎小田公民館(JR神戸線「尼崎」駅から徒歩5分 http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/map/institution/05_009.html
火山灰問題 パブコメ出そう!学習・座談会
関電の新たな火山灰対策でも、全電源喪失の危険は迫る

特別報告「10/10福島地裁 生業訴訟の勝利判決について」(菅野みずえさん)
原子力規制委員会は、火山灰濃度をこれまでの100倍以上に引き上げる新たな基準を11月頃に策定するため、現在パブコメ(意見募集)を行っています。パブコメの期限は10月20日です。そのため急ですが、学習会を行い、火山灰問題を分かりやすく説明し、議論します。大飯原発の再稼働に関係する問題です。ぜひご参加ください。また、学習・座談会では、国と東電の責任を認めた10日の福島地裁の生業(なりわい)訴訟勝利判決について、現地に行かれていた避難者の菅野さんから最初に報告があります。地裁前の様子、原告・避難者の思い、判決の意義等について話してもらいます。
鳥取県の大山(だいせん)が噴火すれば、大量の火山灰が若狭の原発にも飛来します。再稼働を急ぐ関電は、新基準ができる前の9月に、非常用ディーゼル発電機に新型フィルタを新たに設置して対策は十分だとしています。福井県の原子力安全専門委員会は、新基準も待たずに、関電の対策を現場で確認して再稼働を了承しようとしています。しかし、関電の新方式はいい加減なものです。実物の約400分の1の小型フィルタで簡易試験をやり、フィルタの火山灰吸着能力を勝手に20倍に引き上げています。また、関電の新方式でも非常用ディーゼル発電機が停止して、全電源喪失に陥る危険があるのです。規制委員会は、11月頃に新基準を策定しますが、1年間の猶予を与えようとしています。フィルタ能力の20倍引き上げ等許されない、新基準策定後に審査をやり直し、それまでは動いている原発は停止し、大飯や玄海原発の再稼働は中止するよう意見を出しましょう。
・パブコメの概要 規制庁資料 https://www.nsr.go.jp/data/000203731.pdf
・意見提出はこちらから 
 実用発電用原子炉の設置、運転等に関する規則等の一部改正(案)に対する意見募集について
 https://www.nsr.go.jp/procedure/public_comment/20170921_03.html
 原子力発電所の火山影響評価ガイドの一部改正(案)に対する意見募集について
 https://www.nsr.go.jp/procedure/public_comment/20170921_04.html
参加費:300円
主催:美浜の会 協力:避難計画を案ずる関西連絡会 さいなら原発尼崎住民の会 美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)
TEL 06-6367-6580 FAX 06-6367-6581
http://www.jca.apc.org/mihama/annai/annai_20171016.htm



朝鮮高級学校無償化
●10月17日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



森友学園問題
●10月17日(火) 11時~大阪地裁202号(大法廷)(地下鉄淀屋橋より北東へ8分 大阪市役所の北側、橋を渡り直すぐ http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/)
国有地売却金額非開示国賠訴訟(情報公開請求から損賠に変更)
* 抽選になるかもしれません。傍聴ご希望の方は10時半までにはお越しください。
* 公判終了後、12時半から13時15分まで、大阪府庁前にて、「松井は認可の責任を取れ!」「維新は真相究明を妨害するな!」の抗議行動(朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動と重複する時間帯はボード掲示のみにとどめ、火曜行動終了後にマイクを使って抗議のアピールをします。火曜行動に引き続きご参加いただけると嬉しいです。)



森友・加計学園問題
●10月18日(水) 18:30~20:30 京都大学 文学部新館2階 第3講義室(本部構内の5番と8番のあいだの建物の2階です)(京都大学 文学部)
緊急企画 ひろば「森友・加計学園が問いかけるもの」
この勉強会は、京都大学の学生・教職員だけでなく、市民にも開かれた「ひろば」として開催されます。衆議院が解散し、報道も選挙モード一色となってきました。自由と平和のための京大有志の会では、緊急企画として、森友・加計学園問題をテーマに今日における政治について少し紐解いてみる勉強会を行うこととしました。どなたでも参加できる勉強会です。ふるってご参加下さい。
・池内 了(総合研究大学院大学 名誉教授)
「加計問題が孕む軍事研究-石破4条件と加戸文書から-」
安倍政権は、加計学園を獣医師養成という名目で特別扱いしたといわれていますが、それとともに、さらに感染症対策(危機管理)や生物兵器対策のための拠点とする意図が潜んでいることを、石破4条件と加戸守行文書を材料に考えたいと思います。
・駒込 武(京都大学大学院教育学研究科 教授)
「森友学園問題と教育勅語-『教育再生から日本再生へ』?-」
森友学園の経営する塚本幼稚園の子どもたちが暗唱していたおかげで、一挙に有名になった教育勅語。いまから130年近く前につくられた道徳的な教訓がなぜいま登場するのでしょうか?そもそも教育勅語とはどのようなものであり、その何が問題なのでしょうか?ニッポン、スゴイ!を強調する「教育再生」という動きとの関連の中で考えてみたいと思います。
http://www.kyotounivfreedom.com/news/20171018/



憲法と公共政策
●10月18日(水) 午後6時~午後8時 京都大学公共政策大学院公共政策第一教室(京都大学吉田キャンパス総合研究2号館2階(京都市左京区吉田本町))
2017年度京都大学水曜公開講座
憲法施行70周年と公共政策 第2回「地方自治体の文化政策」

講師:藤井勇治氏(滋賀県長浜市長)
今年は日本国憲法が施行されてから70周年に当たります。憲法については、第9条の解釈や憲法改正の是非に集中した議論ばかりが目立ちますが、公共政策との関わりという視点からみると、憲法は、政策展開を後押したり逆にそれを阻んだりする面があるだけでなく、政策過程のすべてをカバーするわけでもありません。そうした憲法と公共政策との間にある微妙な関係は、これまでの議論ではほとんど取り上げられてきませんでした。このたびの水曜講座では、憲法施行70年を機に、政策に関わる多様な主体に目を向けつつ、さまざまな角度から憲法と公共政策との関わりについて考えてみたいと思います。
受講生:約50~60名(予定) ※社会人、学生等の参加資格の制限はありません。
※基本的に全回出席できる方。
全回出席、所定のレポート(2,000字程度)を期日までに提出された方に本公開プログラム修了証を授与します。
コーディネーター:大石 眞(京都大学名誉教授・連携研究員)
主催:京都大学公共政策大学院社会連携室 後援:大和リース株式会社    
協力:京都大学公共政策大学院同窓会鴻鵠会
https://scc-kyoto-u-sg.com/event/event/2017wed



憲 法
●10月18日(水)~12月16日(土) リバティおおさか(大阪人権博物館)(JR環状線「芦原橋駅」下車、南へ約600メートル http://www.liberty.or.jp/guidance/index.html )水~金10:00~16:00(入館は15:30まで)土13:00~17:00(入館は16:30まで)(日・祝・月・火・第4金は休館)
いまこそ知りたい ! 楽しく学ぼう 日本国憲法
日本国憲法は11月3日で公布後71年を迎えます。私たちはふだんの生活で「憲法」を意識することはあまりありませんが、実は私たちが生きる上でとても大切な役割を担っています。憲法には何が書いてあるの?誰が守らないといけないの?イラスト付き解説や楽しいイベントで、楽しく憲法を学びましょう!!
【展示構成】 
憲法とは何か Ⅱ平和主義 Ⅲ基本的人権 Ⅳ国民主権
入館料:大人500円、大・高校生300円 小・中学生200円 65歳以上300円 障害者(介助者含む)は無料     
全てお子様連れ大歓迎です!事前申込不要ですので、直接会場(リバティおおさか内)へおいで下さい。展示見学には入館料が必要になります。お問い合わせは、あすわか大阪・小谷(06-6315-8284)まで。
主催:あすわか大阪×リバティおおさか
http://liberty.or.jp/img/top/kenpo.pdf



●10月19日(木) 16時~19時 滋賀県庁正面噴水前(JR大津駅から徒歩5分 大津市京町四丁目1番1号 http://www.pref.shiga.lg.jp/guide/chosha/index.html
滋賀県庁前すわりこみ
http://nonukesiga.exblog.jp/25820475/



●10月19日(木) 18:30~同志社大学寒梅館ハーディーホール(「今出川」駅から徒歩1分 https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/muromachi.html
「木枯らし紋次郎」中村敦夫 朗読劇「線量計が鳴る」元・原発技師のモノローグ
チケット:前売1500円、当日2000円(大学生以下1000円)
前売券はチケットぴあ、セブンイレブン、サークルKサンクス(Pコード481-441)ほか
で発売中。
お問い合わせ:アイトワ 075-881-5521
主催:「線量計が鳴る」上演実行委員会、同志社大学今出川校地学生支援課
http://www.monjiro.org/



戦争法
●10月19日(木) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口
茨木総がかり行動
https://www.withyou2011.com/2015/10/17/戦争法廃止-アベ内閣を倒そう-19日-茨木総がかり行動/



●10月20日(金) 関西電力本社前(「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:30頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:30 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●10月20日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●10月20日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●10月20日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&三宮駅までのパレード



現代経済
●10月20日(金) 19~21時 京都自由大学(京都社会文化センター内)(五条 https://kyotofreeuniversity.wordpress.com/%e3%81%8a%e5%95%8f%e3%81%84%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b/
現代経済の争点(仮)
講師:松尾匡(立命館大学、経済学)
参加費:500円(会員無料、学生・非正規労働者100円)予約不要
連絡先:京都自由大学(事務局)
E-mail : kyotofreeuniv@gmail.com
https://kyotofreeuniversity.wordpress.com/2017-2/



在日朝鮮人
●10月20日(金)(毎週金曜日)18時25分~19時55分 同志社大学今出川キャンパス 至誠館(S)1番教室(「今出川」駅から徒歩1分 https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/imadegawa.html
2017 年度 同志社大学 日朝関係史講座
『対北制裁』の名の下で脅かされる在日朝鮮人の人権

講師:金東鶴氏(在日本朝鮮人人権協会副会長) 
参加費:無料(どなたでも参加できます)
主催:同志社 KOREA 文化研究会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/annai1.html



憲 法
●10月20日(金) 18時半~アステホール(アステ川西6階 阪急「川西能勢口」南1分 JR「川西池田」北東7分 http://www.astekawanishi.com/access/
社民党憲法学習会 
講演:高作正博(関西大教授)
http://hanshin204.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/1029-57a6.html



ドキュメンタリー上映
●10月20日(金) 19:00~21:00 猪飼野セッパラム文庫(天王寺区細工谷2-14-8 090-9882-1663 近鉄「上本町六丁目駅」8分・地下鉄「谷町9丁目駅」10分、ドンキホーテ上本町店から東へ、セブンイレブンを右へ約100m、左側3軒目 http://www.mapion.co.jp/m2/34.66158997553531,135.5232413888889,16
「映像で見る朝鮮韓国在日」第24回上映会
「夜間中学特集」(資料試写)
『夜間中学生』(1967年、45分)
『浮浪児マサの復讐』(1969年、25分、TBS)
『うどん学校』(1976年、24分、盛善吉監督)
参加無料・要予約
主 催:猪飼野セッパラム文庫
http://www.freeml.com/kdml/11023/latest





クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2017年10月15日(日)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-216.html




●10月15日(日) 13:00~14:45 関電本店前(「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html )集会後、御堂筋デモ
大飯原発うごかすな!関電包囲全国集会
関西電力(関電)は、5月から6月にかけて、脱原発、反原発の圧倒的な民意を踏みにじって、危険極まりないプルサーマル炉・高浜原発4・3号機の再稼働を強行しました。高浜原発運転停止仮処分大阪高裁抗告審での不当決定(3月28日)を受けたものです。
大阪高裁は、抗告審で、政府と関電の主張のみを追認し、原子力規制委員長までもが「安全を保証するものではない」と言う“新規制基準”を「安全基準」と言いなし、この「安全基準」に適合しているとして、高浜原発3・4号機の運転差止め仮処分を取り消したのです。「新安全神話」を作ろうとするものです。
また、原発に「絶対的安全性」を求めるべきではないとしています。人の命と尊厳をないがしろにするものです。
さらに、住民が“新規制基準”に不備があるとするのであれば、それを住民側が立証すべきだとして、「立証能力が無ければ泣き寝入りしろ」と言わんばかりの、裁判制度を根底から揺るがしかねない要求をしています。このような極めて理不尽な決定を根拠にした高浜原発再稼働に、断固とした抗議と反撃をしなければなりません。
一方、関電や政府は、今秋以降の大飯原発3・4号機の再稼働(安全対策工事の遅れにより12月以降にずれ込むとの報道もあり)のみならず、40年越えの老朽原発高浜原発1・2号機、美浜3号機の
再稼動もたくらみ、「原発銀座・若狭」の復活を狙っています。
イタリア、ドイツ、リトアニア、ベトナム、台湾が脱原発に向かい、スイスが国民投票で原発新設を禁止し、韓国が新規の原発建設計画を白紙撤回し、最大の原発依存国・フランスでさえ、17基の35年超え老朽原発の廃炉を発表し、アメリカでも原発からの撤退が相次いでいるという、世界の潮流に逆らい、圧倒的多数の国民の脱原発・反原発の願いを蹂躙するものです。
政府と関電は、若狭の原発を次々に再稼動させることによって、日本中の原発再稼働に弾みをつけ、原発依存時代の再来を狙っています。したがって、画策されている大飯原発再稼働を阻止する闘いは、「原発、是か非か」を問う天王山になります。
原発電気消費地と原発立地での原発NO!の闘いを圧倒的に高揚させ、「脱原発・反原発の民意に逆らったらとんでもないことになる」ことを政府と電力会社に思い知らせ、若狭の原発の全廃を闘いとりましょう!
<集会後、御堂筋デモ>
関電前集会が終わり次第、徒歩で公園に移動します。
集 合:15:15~15:30 うつぼ公園(大阪市西区)17:00頃デモ終了
主 催:大飯原発うごかすな!実行委員会
呼びかけ:原子力発電に反対する福井県民会議 若狭の原発を考える会
連絡先:宮下(原子力発電に反対する福井県民会議)
電話 0776-25-7784 Fax 0776-27-5773 kenheiwa@quartz.ocn.ne.jp
木原壯林(若狭の原発を考える会)
電話 090-1965-7102 Fax 075-501-7102 kiharas-chem@zeus.eonet.ne.jp
https://www.facebook.com/events/1777464535615135/
http://blog.goo.ne.jp/takahamakarakanden/e/8e51a62d9595711899be78efac4014ac?fm=entry_awc



●10月15日(日) 11時~16時半 阪急北千里駅 dios北千里 「出逢いの広場」(田村書店前の周辺)
第9回 福島に募金を送ろう?北千里駅前チャリティーフェスタ
東日本大震災から6年半が経ちました。東北の被災3県では3万3748世帯、7万1113人がいまだに仮設住宅での生活 を余儀なくされています。私たちは震災翌年の2012年から「北千里駅前チャリティーフェスタ」を開催し、福島県の災害、また原発事故被害の救済と復興を支援したいと活動をすすめてきました。残念ながら、まだまだ福島県では震災前のような元気を取り戻していません。被災者の方々は、「私たちの事を、決して忘れないで欲しい」とメッセージを発信され続けています。9回目となる今回は、北千里駅改札口横の物産店広場を中心に多彩な催しをいたします。お出かけや買い物ついでに、ぜひお立ち寄りください、お待ちしていま~す。
主 催:東日本大震災復興支援・さよなら原発第9回北千里駅前 チャリティーフェスタ実行委員会
事務局:北千里駅前革新懇話会  
問い合わせ:服部信一郎 090ー1591ー8920 kitasenrifesta@yahoo.co.jp
*荒天の場合は中止になります。詳しくはお問い合わせください。
https://www.facebook.com/events/119387802082098/
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1646.html



●10月15日(日) 午後1時半集合伏見港公園(京阪中書島駅下車、徒歩3分)2時スタート
ふしみ原発ゼロパレード
10月のパレードはハロウィンパレード。
仮装してる人もしてない人も、魔女もお化けも大歓迎!
多数の参加をお待ちしております。
コース:伏見港公園→中書島駅→龍馬通商店街→納屋町商店街→大手筋→御香宮
http://nonukesfushimi.blog.fc2.com/blog-entry-328.html



経 済
●10月15日(日) 10:00~12:00 ひと・まち交流館京都3階第5会議室 (京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html)
「みんなの社会構想 読書会」
第3回 松尾匡 著「この経済政策が民主主義を救う」を読む

《10月~11月 テキスト》「この経済政策が民主主義を救う」松尾匡 著 
頑張ればみんな報われた時代が過去のものとなり、先行きが見えない今。努力が足りないから、稼げない。楽しみを求める人は、贅沢。倒れた人は、不摂生。ホームレスの人は、怠けている。そのようなバッシングの土壌がなぜできてしまったのでしょうか?みんなが閉塞感や節約生活から解放され心豊かに生きていくためにはどうしたらよいのでしょうか。当面、月1回、原則として『第3日曜日の朝』本を題材に交流します。お気軽にご参加ください。立て直しが可能な今こそ、未来の社会構想を始めましょう。
グローバル・ジャスティス研究会有志
https://www.facebook.com/events/1959729204268989/



憲 法
●10月15日(日) 午後1:30~4:30 阿倍野市民学習センター(地下鉄谷町線「阿倍野」駅7号出口方面からあべのベルタ地下2階通路を通りエスカレーターで3階へ/「天王寺」駅徒歩8分http://osakademanabu.com/abeno/access
リブインピース@カフェ シリーズ憲法と自衛隊 その2
すでに軍事大国になった日本~海外派兵へはフリーハンド

http://www.liveinpeace925.com/schedule/schedule.htm



地方議員
●10月15日(日) 14時~尼崎女性センター・トレピエ(阪急神戸線武庫之荘駅南出口南へ240m http://www.amagasaki-trepied.com/
第六期連続市民講座
第三「安倍利権政治と闘う地方議員の役割」 

講師:木村真豊中市議 ほか
毎年秋に阪神間の各市でおこなわれてきた「市民の力で社会を変えよう!連続市民講座」。今年も9月10日から、ほぼ2週間ペースで12月まで行われるが、12月の最終回を除いて、テーマ、講師、場所が決まった。
費用:毎回500円 7回連続通し券は2000円で、これは友人に貸してもよく、超お得。今からスケジュール帳に、以下の予定を書き込んでいてほしい。
http://hanshin204.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/6-71f9.html
http://www.hhk.jp/member/hyogo-hokeni-shinbun/2017/08/03/files/1853.pdf#search=%27%E3%80%8C%E5%B8%82%E6%B0%91%E3%81%AE%E5%8A%9B%E3%81%A7%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%82%92%E5%A4%89%E3%81%88%E3%82%88%E3%81%86%EF%BC%81%E7%AC%AC6%E6%9C%9F%E9%80%A3%E7%B6%9A%E5%B8%82%E6%B0%91%E8%AC%9B%E5%BA%A7%E3%80%8D%E7%AC%AC%E4%B8%89+%E3%80%8C%E5%AE%89%E5%80%8D%E5%88%A9%E6%A8%A9%E6%94%BF%E6%B2%BB%E3%81%A8%E9%97%98%E3%81%86%E5%9C%B0%E6%96%B9%E8%AD%B0%E5%93%A1%E3%81%AE%E5%BD%B9%E5%89%B2%E3%80%8D++%E8%AC%9B%E5%B8%AB%EF%BC%9A%E6%9C%A8%E6%9D%91%E7%9C%9F%E8%B1%8A%E4%B8%AD%E5%B8%82%E8%AD%B0+%E3%81%BB%E3%81%8B%27



空襲被害者
●10月15日(日) 14時~16時半 原田の森ギャラリー別館401号室(JR神戸線灘駅10分 http://hyogo-arts.or.jp/harada/access.html
映画と講演 空襲被害者ドキュメンタリー上映会
「きずあと101歳戦争と平和のレクイエム」上映

講演:岩崎建弥さん
参加費:500円
灘区・東灘区平和マップを歩く会(078-955-1410築山)
http://www.kinyobi.co.jp/event/20171006_002407.php



朝鮮人労働者
●10月15日(日) 午後0時~神戸電鉄朝鮮人労働者モニュメント前(神戸電鉄湊川駅より徒歩10分、神戸市兵庫区会下山町1丁目。神戸市立夢野の丘小学校南を神戸電鉄に沿って西に200メートル。2つ目のガードを南にくぐると掲示板がある https://www.takatukamonpi.org/backnumber/no-79/%e3%80%8c%e7%a5%9e%e6%88%b8%e9%9b%bb%e9%89%84%e6%9c%9d%e9%ae%ae%e4%ba%ba%e5%8a%b4%e5%83%8d%e8%80%85%e3%81%ae%e5%83%8f%e3%80%8d%e3%81%ae%e9%9b%86%e3%81%84/)※会場の分からない人は、11時30分、神戸電鉄湊川駅改札集合。
2017神戸電鉄敷設工事朝鮮人犠牲者を追悼する集い
神戸電鉄の敷設工事では、13名の朝鮮人労働者が犠牲になりました。1996年、犠牲者を追悼するモニュメント(金城実さん制作)を建て、毎年追悼集会を開催しています。今年は下記のとおり開催します。奮ってご参加ください。
追悼集会終了後、タクシーに分乗して、事故現場のひとつ烏原(からすはら)貯水池公園で焼肉の会です。参加費は、一般3,000円、学生ノンアルコール2,000円。焼肉の会は、要申し込み。下記まで。
主催:神戸電鉄敷設工事朝鮮人犠牲者を調査し追悼する会
   代表 徐根植 事務局長 飛田雄一
TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878 http://ksyc.jp/kd e-mail hida@ksyc.jp
http://civilesociety.jugem.jp/?eid=36968



朝鮮人労働者
●10月15日(日) 13:30~龍谷大学響都ホール校友会館(330席)(京都駅八条口アバンティ9F JR京都駅八条東口より徒歩1分 https://www.ryukoku.ac.jp/ryudaihall/access/
《戦時勤労動員と朝鮮人坑夫たち》ドキュメンタリー映画二本立
『生きた、闘った、そして倒れた』『抗い』

資料代:1000円
主催:NPO法人丹波マンガン記念館 
075-533-7360 npomangan★gmail.com
主催:つながる東アジア多文化交流研究会
共催:立命館大学コリア研究センター
https://www.facebook.com/ARAGAI2017/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2017年10月14日(土)


【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報



『コスタリカの奇跡~積極的平和国家のつくり方~』 (2016年/アメリカ・コスタリカ/90分)
1948年に軍隊を廃止。軍事予算を社会福祉に充て、国民の幸福度を最大化する道を選んだコスタリカの奇跡に迫ったドキュメンタリー
世界には軍隊なしで国の平和を保ってきた国々がある。そんな数少ない国の一つで、1948年に常備軍を解体した国がコスタリカだ。コスタリカは軍事予算をゼロにしたことで、無料の教育、無料の医療を実現し、環境のために国家予算を振り分けてきた。その結果、地球の健全性や人々の幸福度、そして健康を図る指標「地球幸福度指数(HPI)」2016の世界ランキングにおいて140ヶ国中で世界一に輝いているのがコスタリカである。またラテンアメリカで最も安全とされている国でもある。
『コスタリカの奇跡 ~積極的平和国家のつくり方~』は、1948年から1949年にかけて行われた軍隊廃止の流れを追いながら、コスタリカが教育、医療、環境にどのように投資して行ったのかを詳しく説明する。アメリカでは公的債務、医療、そして軍事費が日増しに増大していっていることとは対照的だ。この映画は軍隊廃止を宣言したホセ・フィゲーレス・フェレールや、ノーベル平和賞を受賞したオスカル・アリアス・サンチェスなどの元大統領や、ジャーナリストや学者などが登場する。世界がモデルにすべき中米コスタリカの壮大で意欲的な国家建設プロジェクトが今明らかになる。
公式サイト:https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=48
●9/9(土)~終映日未定 シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
10/7(土)~10/13(金) 15:05(~16:40終)
10/14(土) 15:40(~17:15終)
10/15(日) 17:55(~19:30終)
10/16(月)~10/20(金) 15:40(~17:15終)
10/21(土)・10/22(日) 16:25(~18:00終)
10/23(月)・10/24(火) 14:00(~15:35終)
10/25(水) 休映
10/26(木) 14:00(~15:35終)
http://www.theater-seven.com/2017/movie_costarica.html



『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー』
一握りの砂も、一坪の土地もアメリカのものではない
筑紫哲也 NEWS23」でキャスターを務め、筑紫哲也氏の薫陶を受けた佐古忠彦初監督作品。
テーマ音楽は作品の主旨に共感した坂本龍一がオリジナル楽曲を書き下ろし。
語りには、名バイプレイヤー、大杉漣が参加。
アメリカ占領下の沖縄で米軍に挑んだ男 瀬長亀次郎のドキュメンタリー映画。
なぜ沖縄の人々は声を上げ続けるのか、その原点はカメジローにあった──。
第二次大戦後、米軍統治下の沖縄で唯一人"弾圧"を恐れず米軍にNOと叫んだ日本人がいた。「不屈」の精神で立ち向かった沖縄のヒーロー瀬長亀次郎。民衆の前に立ち、演説会を開けば毎回何万人も集め、人々を熱狂させた。彼を恐れた米軍は、様々な策略を巡らすが、民衆に支えられて那覇市長、国会議員と立場を変えながら闘い続けた政治家、亀次郎。その知られざる実像と、信念を貫いた抵抗の人生を、稲嶺元沖縄県知事や亀次郎の次女など関係者の証言を通して浮き彫りにしていくドキュメンタリー。
JNNだけが持つ、当時の貴重な資料映像の数々をふんだんに盛り込んだTBSテレビが本気で製作した映画が遂に公開。
2016年TBSテレビで放送されたドキュメンタリー番組が、第54回ギャラクシー賞月間賞を受賞するなど非常に高い評価を得ており、映画化を熱望する声を受けて、追加取材、再編集を行って映画化。沖縄戦を起点に、今につながる基地問題。27年間にわたったアメリカの軍事占領を経て、日本復帰後45年が経っても、なお沖縄に基地が集中するなか、沖縄の人々が声を上げ続ける、その原点…。それは、まさに戦後の沖縄で米軍支配と闘った瀬長亀次郎の生き様にあった。JNNだからこそ保存されていた貴重な未公開映像やインタビュー、そしてアメリカ取材を交えて描き切る。
●9/16~10/20 第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
10/7~10/13 10:00(~11:55終)
10/14~10/20 15:50(~17:40終)
http://www.nanagei.com/movie/data/1173.html
http://www.nanagei.com/movie/schedule.html
●9/25(土)~終映日未定 シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
10/14(土) 13:00(~14:52終)
10/15(日) 休映
10/16(月)~10/20(金)  13:00(~14:52終)
10/21(土) 以降未定
http://www.theater-seven.com/2017/movie_kamejiro.html



『人生フルーツ』
人生は、だんだん美しくなる。
むかし、ある建築家が言いました。家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない。
愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てた家。四季折々、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実が、妻・英子さんの手で美味しいごちそうにかわります。刺繍や編み物から機織りまで、なんでもこなす英子さん。ふたりは、たがいの名を「さん付け」で呼び合います。長年連れ添った夫婦の暮らしは、細やかな気遣いと工夫に満ちていました。そう、「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」とは、モダニズムの巨匠ル・コルビュジエの言葉です。
かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきました。1960年代、風の通り道になる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウン計画。けれど、経済優先の時代はそれを許さず、完成したのは理想とはほど遠い無機質な大規模団地。修一さんは、それまでの仕事から距離を置き、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめました─。あれから50年、ふたりは、コツコツ、ていねいに、時をためてきました。そして、90歳になった修一さんに新たな仕事の依頼がやってきます。
本作は東海テレビドキュメンタリー劇場第10弾。ナレーションをつとめるのは女優・樹木希林。ふたりの来し方と暮らしから、この国がある時代に諦めてしまった本当の豊かさへの深い思索の旅が、ゆっくりとはじまります。
●10/7(土)~終映日未定 シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
10/7(土)~10/13(金) 10:35(~12:11終)
10/14(土)~10/20(金) 17:45(~19:18終)
10/21(土) 以降未定
http://www.theater-seven.com/2017/movie_jinsei-fruits.html



政 治
●10月14日(土) 13:30~PLP会館(JR天満駅・地下鉄扇町駅徒歩5分 http://www.mapion.co.jp/m/34.698775_135.5148611_8/v=m5:%EF%BC%B0%EF%BC%AC%EF%BC%B0%E4%BC%9A%E9%A4%A8/ ) 
みずほ塾
第2回「森友問題から見る自治体議員と国会議員のがんばり」
講師:木村 真・福島みずほ
・第3回「貧困と格差~人が大切にされる政策の実現をめざして」莊保共子・大椿祐子・福島みずほ
 11月4日(土)13:30~13:30 PLP会館5階大ホール
主催:女性と政治 エンパワメント実行委員会
参加費:¥3000(3回通し前納) 1回¥1000
連絡先:0725-56-9233
https://jimmin.com/events/event/%e3%81%bf%e3%81%9a%e3%81%bb%e5%a1%bein%e9%96%a2%e8%a5%bf/



辺野古新基地建設
●10月14日(土) 15:00~18:00 神戸中華会館東亜ホール(三宮 https://www.mapion.co.jp/m2/34.69326138,135.1889902,16/poi=0000TOAH_001pa
目取真俊講演会
辺野古新基地建設を止めるために

参加費:500円 学生低所得者:300円、高校生以下無料
講演会後デモします。
主催者: 市民デモhyogo
https://www.facebook.com/events/694189767458728/



辺野古新基地問題
●10月14日(土) 15時30分~(毎週土曜日)JR大阪駅南バスターミナル
「辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動」
辺野古の海が埋め立てられないように活動しています。
お時間の許す範囲で、少しでも皆様のご参加お待ちしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/henoko_osaka



辺野古新基地問題
●10月14日(土)  13:00~14:00 神戸マルイ前
HENOKO NO! 沖縄に基地はいらない 
   辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動

沖縄県民に対する不正を止めるために、共に声を上げて下さい。
ツイター・FaceBookで情報発信中{辺野古・神戸}で検索して下さい。
土曜の午後はいつもの時間、いつもの場所で、はじめての方、ちょっとだけ参加、見学、大歓迎。
https://twitter.com/kobekodo/



辺野古新基地問題
●10月14日(土)  毎週土曜日17:00~18:30ごろ 京都市 三条河原町交差点(三条河原町商店街のアーケード前スペース)
沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、
     普天間基地の撤去を求める京都行動

アピール、チラシ配り、新基地建設に反対する署名集めなどなど
http://kyoto-action.jugem.jp/?pid=1
https://twitter.com/ALALALED/status/551165696185344000



リニア
●10月14日(土) 14:00~16:30 エル・大阪南館734号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
ドーンセンター
第11回リニア勉強会                   
「リニア新幹線に未来はあるのか」~高速化を考える
大阪府知事、大阪市長、大阪の経済界はリニア推進を表明しています。大阪延伸を目指した動きが加速化するでしょう。波及効果を宣伝するリニア事業です。夢の超特急リニア新幹線は500㌔のスピード社会を目指しています。
リニアはどのような影響をもたらすのでしょう。安全性は確保できるのでしょうか。
高速移動が必要とされる私たちの社会や暮らしを想像して下さい。リニアは未来社会に必要なものとなるのでしょうか。
鉄道の高速化を安全面や環境面や輸送コスト面など様々な視点から考えてみませんか。
西川さんに「リニア新幹線に未来はあるのか」をお話していただきます。是非ご参加をお待ちしています。
講師:
西川栄一氏 (神戸商船大学名誉教授)
工学博士:専門は機械工学、交通機関工学、環境工学。著作:リニア中央新幹線に未来はあるか(自治体研究社)のほか多数。
*終了後懇親会(17:30~19:00)を実施します。
資料代:500円
申し込み:参加希望者はお名前、ご住所、電話番号を(財)日本熊森協会(今井)までお知らせください。
電話0798-22-4190 FAX0798-22-4196 メールcontact@kumamori.org
先着70名です。参加者把握のため、事前申し込みをお願いします。当日参加も可です。
主催:リニア市民ネット・大阪 後援:一般財団法人日本熊森協会 
連絡先:リニア市民ネット・大阪  090-5640-0396 (春日)
http://www.freeml.com/kdml/10971/latest



タチソ
●10月14日(土) 午前10時~クロスパル高槻(総合市民交流センター)5F視聴覚室(JR高槻駅中央改札口を右へ出て京都方面線路沿い
http://loco.yahoo.co.jp/place/g-6msUDgCskbU/)
2017高槻「タチソ」見学会のご案内
1945年の敗戦から72年もの歳月が流れ、太平洋戦争後に生まれた人がすでに全人口の80%以上になりました。そして、例えば、「1945年8月15日」に何があったのか知らない、あるいは、教えられたとしても覚えてさえいない人々が増えています。
私たちが住む高槻市の山間部、JRや阪急の駅から北へバスで約15分の成合地区には、日本軍による戦争の愚かさを訴える地下工場跡(トンネル群)が今も残っています。当時、これらのトンネルは「タチソ」と呼ばれ、積み重ねられた研究により、日本人に対しては土地の強制収用や勤労奉仕があり、朝鮮人に対しては強制連行や強制労働があったことが明らかになっています。最近、数多く発行されている“戦争遺跡案内”の本にも紹介されています。しかし、地下工場の実態は市民にはまだまだ知られていませんし、行政機関は保存を明言せず、長年の風雨にさらされ、現場は崩壊が進みつつあります。
私たちは、戦争の悲惨さ、無意味さを1人でも多くの方々に伝え、その実態を知っていただくことが“戦争”のない世界に生き、平和を希求する入間の義務ではないかと考えます。
※事前申し込み不要 ※少雨決行 ※参加費(資料代込み) 500円 市バス往復440円
行   程
・上記の視聴覚室にて35分間のビデオを視聴を含め約1時間レクチャー
・11時~12時、各自昼食を済ませ、
・12時にJR高槻駅南側のバス停(6番乗り場)より市バスに乗車
・バス停「成合中町」下車。徒歩(約15分)で現地到着。見学開始(約2時間)
※懐中電灯を必ずご持参ください。また汚れても良い服装・靴でご参加ください。
※午前中のクロスパル高槻でのレクチャーには参加せず、12時からの参加も可能です。
主催:高槻「タチソ」戦跡の保存の会
問い合わせ先:090-4274-5922(橋本)
http://civilesociety.jugem.jp/?eid=37003



部 落
●10月14日(土) 10:00~16:00 神戸市勤労会館(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html
部落解放研究第38回兵庫県集会
10:20~10:35
「部落差別解消推進法」の制定の意義
 報告者:坂元三郎(部落解放同盟兵庫県連合会委員長)
10:40~12:00
記念講演:仲岡しゅんさん(弁護士)
『性とは?自分らしさとは?-セクシュアルマイノリティの人権課題』
13:00~16:00 分科会
【第1分科会】『今も残る部落地名総鑑事件と人権啓発のとりくみ』
 報告者:中島芳明さん、橋本貴美男さん、中井雅人さん
 司会:西本公仁さん
【第2分科会】『沖縄の問題は、人ごとですか?~映像から考える沖縄の現実』
 報告者:森哲二さん
 司会:西岡裕さん
【映画上映】『標的の島 風かたか』
【第3分科会】『道徳の教科化に対応した今後の人権教育』
 報告者:大野圭一さん、木村直人さん、西本正仁さん
 司会:石元清英さん
【第4分科会】『障碍者のいのちは健常者より軽いですか?~相模原事件から考える』
 パネリスト:奈良崎真弓さん、山田剛司さん、船橋裕晶さん
 司会:栗山和久さん
【第5分科会】『ヘイト・スピーチ解消法施行から1年―現状と課題』
 報告者:石橋学さん、金光敏さん
 司会:北川真児さん
申込書:http://blrhyg.org/workshop/img2/moushikomi2017.pdf
http://blrhyg.org/workshop/workshop.html
http://blrhyg.org/workshop/img2/kenken2017.pdf



朝鮮学校無償化
●10月14日(土) 18:00~20:00 神戸市立新長田勤労市民センター別館(ピフレホール)3階会議室A(JR・地下鉄新長田駅南西5分、東急プラザビル3階  http://www.mapion.co.jp/m2/34.65648126,135.14462034,16/poi=0786432431-002
朝鮮学校にも学びの権利を!~無償化裁判を追う~
★高校無償化裁判勝利・朝鮮学校補助金削減反対!全国行脚報告=長谷川和男
★大阪無償化裁判全面勝訴判決の道のりと意義についてお話~金星姫弁護士
参加費700円(資料代)
お問合せ:I女性会議ひょうご 078-360-4674 / 女性同盟兵庫県本部 078-646-9185



性暴力
●10月14日(土) 13時半~16時半 兵庫県弁護士会館4階講堂(JR神戸駅北へ徒歩5分 http://www.hyogoben.or.jp/access/)
シンポジウム「性暴力と刑法~110年目の改正と課題~」
角田由紀子氏、島岡まな氏、ヤマトミライ氏、長谷川京子氏等による報告・講演・パネルディスカッション。
主催:兵庫県弁護士会?078-341-7061 
参加無料・申込不要
http://www.hyogoben.or.jp/topics/pdf/171014symposium.pdf



ミュージカル
●10月14日(土) 15:00~右京ふれあい会館(JR花園下車5分 http://www.kyoto-ongeibun.jp/ukyo/map.php
「月桃の花」歌舞団京都公演
ガマ人間あらわる

私のいのちは、私のものだ。私が決める?
「絶望」を笑いとばせ!
「北のシマ」で生まれ育った島野のぞみ(24歳)は、東京で働く座間味素(29歳)と
遠距離恋愛中だ。20○○年3月11日のぞみは妊娠に気づく。同じ日に「このシマ電力第1原発」が爆発事故を起こし放射能を撒き散らす。「え?原発ってここにあったん?」と天然ののぞみに「マジヤバい!逃げろ!」と姉の沙織(30歳)。「じゃ、一緒に!」「ダメ、私は残る...」彼女は1歳の娘と避難したいが夫や親が反対なのだ。のぞみと沙織の別離。
のぞみの転がり込んだのは座間味素直の故郷「南のシマ」。そこには東京からの避難者だという安倍剛(39歳)が場違いなスーツ姿で座っていた。実は、「追い出し部屋」から必死の思いで「避難」したのだ。彼らにとって「南のシマ」は原発の無い「平和なシマ」、心安らぐ「癒しのシマ」、、のはずだったがオスプレイは飛ぶわ、米軍ヘリは落ちるわ、すぐそばの台湾原発はヤバイわ、もう踏んだり蹴ったり状態である。
命の使い捨て社会を笑い飛ばす希望のミュージカルコメディ
3年にわたる福島・沖縄現地取材と交流の中から生み出された「月桃の花」歌舞団の最新作、「ガマ人間あらわる」フクシマ・オキナワとつながって命の使い捨て社会を笑い飛ばす希望のミュージカルコメディです。原発、戦争、労働破壊・・命を脅かすできごとに心を痛める人へ、希望のある未来を探す人、この時代をともに生きるすべての人に贈ります!ガマワールドへ、ようこそ!第1部 京都朝鮮歌舞団と和楽器奏者山本朗生さんのコラボ、「月桃の花」歌舞団エイサー
第2部 ミュージカル「ガマ人間あらわる」
チケット前売料金:一般2000円 学生・障がい者・非正規1000円 高校生以下500円 原発事故避難者500円
主催:「ガマ人間あらわる」京都公演実行委員会 TEL:080-4821-8199 (実行委員長:小山田春樹)
https://www.facebook.com/events/267486060414093/
https://twitter.com/katsuhiro223/status/898157773959028736



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村




(10/10更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2017年10月9日(月)~13日(金) 

★10/10追加情報
●10/13(金)までのイベント情報を追加しました。



【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-213.html




●10月9日(月) 14:00~東遊園地(神戸市役所となり)(JR三ノ宮駅から徒歩で約5分 https://next.jorudan.co.jp/trv/hyogo/6607.html)15:0~0出発
反放射能 反原発アートデモ『10.9イノチアクション』
主催:イノチコア
https://jimmin.com/events/event/%e5%8f%8d%e6%94%be%e5%b0%84%e8%83%bd-%e5%8f%8d%e5%8e%9f%e7%99%ba%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%87%e3%83%a2%e3%80%8e10-9%e3%82%a4%e3%83%8e%e3%83%81%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3/



教育勅語
●10月9日(月) 14:00~エルおおさか南館734(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
安倍の改憲策動と「教育勅語」教育は何をもたらすか?
高作正博さん講演会

 モリ・カケ隠し解散から改憲~「戦争する国」を狙う安倍政権を許すな!
安倍首相は、自ら煽っていた「朝鮮ミサイル危機」の最中に、また「仕事人内閣」がまだ仕事もしないまま、臨時国会冒頭解散(10月22日投開票)。森友・加計問題での追及を避け(「丁寧に説明」との言葉はどこへ?)、野党の準備の整わないうちに、というまさに「自分勝手」解散です。
この間、森友問題でも、国有地8億円を値引きした根拠とされるゴミはなかったこと、財務省はそれを知りながら値引きの口実として使った(というよりむしろそのことを森友側に示唆・提案していた)ことなどを裏付ける音声記録も出てきています。財務省の職員だけでこんな重大な判断ができるのか、どんな圧力があったのか等が追及されるはずであった臨時国会が抹殺されたわけです。
このアベの判断の裏には、自らの延命のみならず、あくまでも来年国会での改憲発議・2020年施行するとの意図があります。過去最大の5兆2551億円の防衛予算の要求(事故続きのオスプレイはもとより、イージス・アショア導入も)や朝鮮の核・ミサイルを口実にした「敵基地攻撃能力保有」の自民党提言(さらには核保有論も)等、安保法制・改憲とセットになった「戦争する国」への準備が着々と推し進められています。その後の小池新党への民進党「合流」・立憲民主党結成等の中で、選挙と選挙後の動向は流動的ですが、安倍+小池・維新の連携の危険性も含めて、改憲阻止の闘いは正念場を迎えています。
市民・野党の共闘や3000万署名、戦争動員教育反対の闘いで改憲阻止を!
 総がかり行動実行員会や九条の会も参加する「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」は3000万署名を開始(第1次集約12/20、第3次5月末)。こうした市民を中心に野党勢力・宗教団体も含めた幅広い共闘の力で反対・阻止の声を拡大していかねばなりません。また「戦争する国」に人々を動員するための教育(「日の丸・君が代」強制、道徳の教科化、教育勅語の活用等)に対決する闘いがますます求められています。
 講演では、「戦後レジューム」とは何か、安倍政権下で進む「憲法秩序」の破壊(特に内心の強制と精神的自由―不起立訴訟、教育勅語等)、安倍首相による「9条3項加憲論」とテロ等準備罪、私たちの選択肢(選挙前に考えるべきことも含め)等が提起されます。公示前日でもあり、何かとお忙しい中と存じますが、皆様のご参加を呼びかけます。
主 催:「日の丸・君が代」強制反対・不起立処分を撤回させる大阪ネットワーク
http://www7b.biglobe.ne.jp/~hotline-osaka/



天皇制
●10月9日(月) 午後6時30分~9時 淀川区民センター(阪急十三駅 徒歩7分 https://www.osakacommunity.jp/yodogawa/access.html
天皇出席の福岡「海づくり大会」反対 ! 10・9大阪学習集会
この間の「海づくり大会」(天皇の公的行為)反対闘争をふりかえって
発題:天皇アキヒトの「象徴の務め」(公的行為)とは何か
参加費(資料代):500円 (経済的に厳しい方は受付まで)
主催:参戦と天皇制に反対する連続行動
http://www17.plala.or.jp/kyodo/



ドキュメンタリー上映会
●10月9日(月) 18時半~大阪市北区民センター(地下鉄堺筋線「扇町」2号-B出口北へ3分/JR環状線「天満」西へ3分 北区役所隣 http://www.osakacommunity.jp/kita/b1_hall.html)
ドキュメンタリーを視て語るつどい
映像の世紀プレミアム「アジア自由への戦い」(BSプレミアム)と「なぜ日本は焼き尽くされたのか~米空軍幹部が語った真相」(BS1スペシャル)を上映。
会場費:300円
映像で現代を語る会(090-5151-9763中森)



●10月10日(火) 14:30~(整理券配布13:30~14:00)大津地方裁判所(大津駅から琵琶湖方面へ徒歩約3分 http://www.courts.go.jp/otsu/about/syozai/otumain/index.html
原発本訴第16回期日
15:30~16:00 滋賀弁護士会にて記者会見・報告集会
※14:00~14:30 原告&被告代理人と裁判所で進行協議、内容は記者会見・報告集会で報告
http://www.nonukesshiga.jp/



●10月10日(火) 午後18時30分~現代医学研究所(川合診療所)(京阪三条東北角のだん王法林寺から東へ約50m田中ビル2階)
環境問題研究会10月例会
福島・放射能汚染のガラスバッジによる測定について -宮崎・早野論文に重大な疑義-
話題提供:山田耕作さん(反戦老人クラブ・京都 )
問合せ:事務局:石田紀郎
TEL: 075-711-4832



●10月10日(火) 11:00~16:00 モモの家(阪急吹田駅から歩いて5分 JR吹田駅から歩いて12分 http://www.momo-family.org/?page_id=9
かえるCafe 
東日本大震災で避難してこられたみなさん そして心をよせる関西のみなさん
ほっとして 出会って 語りあって つながろう
草木染や手仕事などもやってます。
飲み物:300円
Menu:デトックス茶 有機栽培コーヒー 黒煎り玄米コーヒーなど
※避難者さんは交通費半額補助します
http://happy.ap.teacup.com/momonoie/



●10月10日(火) 18:30~21:00 モモの家(阪急吹田駅から歩いて5分 JR吹田駅から歩いて12分 http://www.momo-family.org/?page_id=9
しえんほうカフェ
しえんほう=「原発事故・子ども被災者支援法」って、なんだろう?
ゆっくり、じっくり、改めてイチからおさらいしてゆきます。
ひとりひとりの理解のペース、感じていること、思っていることを大切にするお茶会です。
参加費:(一般)800円
参加予約:できれば事前に連絡お願いします。
お問合せ・申し込み先:モモの家
TEL 06-6337-8330 E-MAIL office@momo-family.org
http://happy.ap.teacup.com/momonoie/



朝鮮高級学校無償化
●10月10日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



■10月10日(火) 午後09:00~10:00 NHK BSプレミアム
アナザーストーリーズ「発見!ナチス略奪絵画 執念のスクープの舞台裏」
2012年、ドイツのマンションの一室で、ナチスによって強奪された1200点もの絵画が発見された!中にはピカソ、ルノワール、マティスなど世界的巨匠の名画が!世紀の発見のきっかけはある老人のささいな疑惑。だがその裏に数々の謎が…。なぜ当局は発見を1年以上も公表しなかったのか?自室で絵画を隠し続けていた、幽霊のような男の正体とは?第2次大戦の混乱と真実、歴史の闇を掘り起こした記者たちの舞台裏!
http://www4.nhk.or.jp/anotherstories/x/2017-10-10/10/12651/1453073/



水問題
●10月11日(水) 午後6時半~エルおおさか(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
「ボリビアから世界へ」講演会プレ学習会・第2回実行委員会のご案内
第1部 学習会
「水は誰のもの? 水への権利をめぐる世界と日本の動き」
お話:武田かおりさん(AMネット)
※入場無料、第1部のみのご参加も歓迎です。
第2部 第2回実行委員会
(プログラムの決定、宣伝・賛同人拡大など)
呼びかけ:AMネット ATTAC関西グループ
連絡先:AMネットamnetosaka@yahoo.co.jp
プロフィール
パブロ・ソロンさん
元ボリビア多民族国・国連大使(09年1月~11年6月)「水に関わる人権」、「国際マザーアースデー」、「自然との調和」などの決議の採択に尽力。世界社会フォーラムなどでクライメート・ジャスティス(公正な気候変動対策を)の運動を呼びかけ。現在、ソロン財団代表。
マリー・ルーさん 
グローバル森林連合。フォーカス・オン・ザ・グローバルサウス(新自由主義に反対する研究・運動団体)、ビア・カンペシナ(国際的な農民団体)などのNGOでWTO反対、食料主権の運動のコーディネーターとして活躍。現在はボリビア在住。
http://attackansai.seesaa.net/index-2.html



選挙期間中のため中止
●10月11日(水) 18:00~19:00 ナビオ西北側
10・11共謀罪は廃止!街頭宣伝
主 催:共謀罪あかんやろ!オール大阪




●10月12日(木) 14:00~17:00 彦根市民会館(JR彦根駅徒歩約8分 http://www.city.hikone.shiga.jp/0000002017.html
アヤ・ドメニック監督を迎えて
上映会とおはなし「太陽が落ちた日」上映

アヤ・ドメニックさんのおはなし
ドキュメンタリー映画「太陽が落ちた日」2015 78分 日本語版
1945 年8 月6 日広島原爆投下時、アヤ監督(スイス在住)の祖父・土井茂さんは広島赤十字病院内科医であった。その日から祖父は被爆者の治療に奔走した。しかし、祖父はそこで見たこと、体験したことを生涯を通じて決して語ることはなかった。
2010 年祖父の足跡を巡っていくうちに、同じような体験をした看護師や医師に巡り合う。そして、2011 年3 月11 日東電福島第一原発事故が起った。
被爆の歴史と福島で現実に起きていることのつながりを知ったアヤ監督は、口を閉ざした祖父に想いを馳せる。祖母・清美さんや当時広島日赤病院看護師だった内田千寿子さん、内部被曝を訴え闘い続けた肥田舜太郎医師らに何度も会い、彼らの語りを聴き、放射線内部被曝と向き合う。
アヤ・ドメニック監督
1972 年生まれ。4 歳からスイスで育つ。チューリッヒ大学で文化人類学・映画学・日本学を、チューリッヒ芸術大学で映画/ ビデオを学ぶ。現在フリーランスとして監督、カメラ、ビデオ制作に携わっている。
上映協力費:500円 
主催:彦根・愛知・犬上 原発のない社会を作る会
協力:乳歯保存ネットワーク
http://sokuteisitu.plumfield9905.jp/2017/10/05/%e3%83%89%e3%82%ad%e3%83%a5%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%83%bc%e6%98%a0%e7%94%bb%e3%80%8c%e5%a4%aa%e9%99%bd%e3%81%8c%e8%90%bd%e3%81%a1%e3%81%9f%e6%97%a5%e3%80%8d%e3%81%ae%e7%9b%a3%e7%9d%a3/



まちづくり
●10月12日(木) 午後7時~午後9時 藤井寺市立市民総合会館分館(土師ノ里駅前 https://www.mapion.co.jp/m2/34.57260159,135.61477077,16/poi=22730538230
中・南河内自治体学校 プレ学習会 
人口減少とまちづくりの展望(仮題)
講演:森 裕之 氏(立命館大学教授)
主催:中・南河内自治体学校実行委員会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1012.pdf



森友学園問題
●10月12日(木) 18時~19時 阪急宝塚線「蛍池」駅頭(阪急の改札を出てルシオーレ、モノレールの方へ向かったところ)
森友学園問題マイクアピールとビラ撒き
主催:森友学園問題を考える会



●10月13日(金) 13時~17時30分 上智大学 大阪サテライトキャンパス(「サクラ ファミリア」(大阪梅田教会)の2階)(中津駅4番出口徒歩2分 阪急梅田駅茶屋町口徒歩4分 https://loco.yahoo.co.jp/place/g-PUPNUSpsJhs/map/)  
3.11避難者と避難者に心を寄せてくださる皆さまのための Free English Cafe&情報交換会
3.11避難者と避難者に心を寄せてくださる皆さまへ
Free English Cafe のご案内です。ご関心のある方々をご招待いたします。英会話のスキルUPにご活用ください(^^)
タイムテーブル:
1:00-3:00 Free English Cafe with Evacuees and Friends
3:00-5:30 自由学習・情報交換のための交流会
※English Cafe は講義無しで、できるだけ自由 chatting や、できれば discussion ができましたら・・・
※途中入退室、可能です。ご自由にお立ち寄り下さい。
参加費:無料(教室では飲食禁止です。ロビーでは大丈夫です。)
参加対象者:3.11避難者と心を寄せてくださるFriends
お申込み: 特に不要です
お問合せ:sandori2014@gmail.com
主催:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (略称:サンドリ)
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-date-20171013.html



●10月13日(金) 関西電力本社前(「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:30頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:30 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●10月13日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●10月13日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●10月13日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&三宮駅までのパレード



●10月13日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に!
脱原発の願いを込めて 音楽・アート大歓迎。手作り看板・鳴り物持参で。
福島のこども達のための街頭カンパもやってます!再稼動許さないの声をもっと!
https://www.facebook.com/events/131720594119391/



改 憲
●10月13日(金) 18:30~20:30 たかつガーデン8階(近鉄上本町約3分・谷町線谷町九丁目駅約4分 http://www.takatsu.or.jp/access.html
安倍政権打倒!安倍9条改憲反対 国民署名を草の根に!秋の憲法大学習会 
講師:廣渡 清吾さん
資料代:500円 
主催:大阪憲法会議・共同センター
連絡先:TEL 06-6352-2923
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1013.pdf



タックスヘイブン
●10月13日(金) 19~21時 京都自由大学(京都社会文化センター内)(五条
 https://kyotofreeuniversity.wordpress.com/%e3%81%8a%e5%95%8f%e3%81%84%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b/
現代多国籍企業とタックスヘイブン
講師:夏目啓二(愛知東邦大学、経営学)
参加費:500円(会員無料、学生・非正規労働者100円) 予約不要
連絡先:京都自由大学(事務局)
E-mail : kyotofreeuniv@gmail.com
https://kyotofreeuniversity.wordpress.com/2017-2/



政 治
●10月13日(金) 18時半~川西アステホール(阪急「川西能勢口」南1分)
安倍ファーストと決別 市民と野党で未来を創ろう 福島瑞穂講演会
http://hanshin204.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/post-f3da.html



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村





プロフィール

Akko

Author:Akko
清志郎大好き。
旅行大好き。
ドイツ大好き。
でも最近忙しくて、旅行に行けません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR