(8/3更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2017年7月31日(月)~8月4日(金) 

★8/3追加情報
■8月4日(金) (再放送)深夜午前00:00~00:50 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー「ショックルーム~伝説の“アイヒマン実験”再考~」
★8/2追加情報
●8月3日(木) 19時~20時 梅田HEP前
梅田座り込み解放区
★8/1追加情報
■8月2日(水) (再放送)午後05:00~05:50 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー「塀の中の“自由”~アフガニスタンの女性刑務所~」
■8月3日(木) (再放送)深夜午前01:00~01:50 NHK総合
NHKスペシャル「謎の“日本人テロリスト”を追え~ダッカ・テロ事件から1年」
●8/4(金)までのイベント情報を追加しました。


【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-180.html




●7月31日(月) 14時~16時 神戸市勤労会館406(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html
社会保障平和スクール「原発被害の現状と避難者」
原発賠償関西訴訟原告団代表の森松明希子さん
参加費:300円
※ろっこう医療生協の組合員は、他の講演も含め4回以上受講する場合、1000円のみですべて受講できます。
※定員40名になり次第締め切り
申込み、お問い合わせ先:ろっこう医療生活協同組合 社会保障平和委員会 078-802-3424
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1599.html



安倍政権
●7月31日(月) 18時半~エルおおさか本館708号(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
ゆるさへん!アベ友政治 おんな・こどもを支配する国
パネラー:
高橋もと子さん(森友学園問題を考える会)「森友問題のウヤムヤ解決はあかん」
平井美津子さん(子どもと教科書大阪ネット21事務局長)「教育勅語復活と教科書問題」
養父知美さん(弁護士)「家制度の復活を許さない!憲法24条改悪の先取り~閑静婚活・家庭教育支援法・親子断絶防止法」
資料代¥800(障がい者・学生¥400)
主催:おんな・こどもをなねんなよ!の会/連絡osakadanjo@aol.jp
Facebook https://www.facebook.com/events/1438120849567231



森友疑獄
●7月31日(月) 18時~大阪府庁前・大阪城公園内「世界連邦平和像」前 19時~デモ出発
第5弾 7・31デモ
森友疑獄の巨悪はこっちだ! 昭恵夫人の国会証人喚問を!
「関与なら辞任!」の安倍首相は、今こそ退陣せよ! 維新・松井知事の小學院認可責任は?! 怒りのデモをやろう!
デモ:府庁前 → 天満橋駅 → 近畿財務局前 → 平和像前(予定)
主催:「森友学園」疑獄を許すな!実行委員会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0731.pdf



朝鮮学校無償化
●7月31日(月) 18:00~京都タワー下
朝鮮学校無償化を勝ち取る!街頭行動
次回:8月5日(土) 15:00~三条京阪交差点
※8月5日の街頭行動後は17:00~京都朝鮮初級学校で開催される夜遊会に向かいます!
主 催:こっぽんおり http://blog.goo.ne.jp/kopponori
http://www.freeml.com/kdml/10836/latest



リコール運動
●7月31日 11:00~堺市北区役所前・西区役所前
リコール署名活動(元維新堺市議会議員)
呼びかけ:堺市議会議員小林よしか、黒瀬大リコール署名実行委員会
https://m.facebook.com/pg/recall2017/events/?ref=page_internal&mt_nav=1



リコール運動
●7月31日(月) 10~12時 菱木関西スーパー
(元維新)堺市議会議員小林よしか、黒瀬大リコール運動
【有志市民グループ・街頭署名】
https://www.facebook.com/groups/1519664045019565/permalink/1849740102011956/



朝鮮関連映画上映会
●7月31日(月) 19:00~猪飼野セッパラム文庫(天王寺区細工谷2-14-8 090-9882-1663 近鉄「上本町六丁目駅」8分・地下鉄「谷町9丁目駅」10分、ドンキホーテ上本町店から東へ、セブンイレブンを右へ約100m、左側3軒目 http://www.mapion.co.jp/m2/34.66158997553531,135.5232413888889,16
猪飼野セッパラム文庫「映像で見る朝鮮韓国在日」第21回上映会
『朝鮮通信使と民衆―江戸時代の善隣友好―』 (企画:広島県立歴史博物館、1993年、30分)ほか
参加無料・定員15名・要予約
主催:猪飼野セッパラム文庫 http://sepparam-bunko.jimdo.com/
http://www.labornetjp.org/EventItem/1499560912869staff01



新9条改正案
●8月1日(火) 18:30~20:40 大阪弁護士会館12階1205会議室(京阪「なにわ橋駅」出口1徒歩約5分 地下鉄・京阪「淀屋橋駅」1号出口から徒歩約10分 地下鉄・京阪「北浜駅」26号階段から徒歩約7分 http://www.osakaben.or.jp/06-access/
なるほど!新9条改正案を斬る 
講師:イキョンジュ(韓国・仁荷大学)・澤野義一(大阪経済法科大学)
参加費:¥500
共催:日本国際法律家協会関西支部・大阪弁護士9条の会
連絡:TEL06-4707-8004
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0801.pdf



朝鮮高級学校無償化
●8月1日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



■8月1日(火) 午後09:00~10:00 NHK BSプレミアム
アナザーストーリーズ 運命の分岐点「フセイン拘束~捕らえられた独裁者の真実~」
独裁者の変わり果てた姿に世界中が驚がくした!イラク元大統領サダム・フセイン。「悪の枢軸」と名指しされ、超大国アメリカと戦争の末に捕らえられ、処刑された。米軍はフセインをどう追い詰めていったのか。息詰まる拘束作戦の舞台裏。フセインの最後の言葉「アメリカはイラク統治に失敗するだろう」その後、アメリカの思惑はどこで狂ったのか?赤い夜明け作戦の指揮官、CIA、サダムの愛人…今明かされる独裁者の真実!
http://www4.nhk.or.jp/anotherstories/x/2017-08-01/10/29007/1453066/



■8月1日(火)  午後10:00~10:54 テレビ大阪、テレビ東京系列
ガイアの夜明け【追跡!“絶望職場”の担い手たち】
コンビニエンスストアや飲食店で目にする、外国人店員の姿。今後、労働人口が減少する日本では、外国人はますます重要な労働力となりつつある。 外国人と国内の労働現場を結びつけるもののひとつが、「外国人技能実習制度」というシステムだ。
外国人に技術を移転し、その国の経済発展を担う人材を育成する“国際貢献”が目的だが、実際には人手不足に悩む中小企業や農業、漁業といった一次産業に「労働力」を提供する役割を果たしている。しかしその現場の多くでは、違法な長時間労働や賃金の不払いといった問題が…。
番組では、外国人が直面する過酷な労働現場を取材。その実態を明らかにするとともに、外国人労働者と共生を図る企業の取り組みも追った。私たちの暮らしを支えてくれる外国人労働力を生かしつつ、彼らのためにもなる「働き方」とは…。
http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/



美術展
●8月1日(火)~6日(日) 9:30~17:00 大阪市立美術館地下展覧会室(天王寺・阿倍野 http://www.osaka-art-museum.jp/information/access
第66回関西平和美術展
料金:大人¥500 学生・70歳以上無料
主催:関西美術家平和会議
連絡:TEL 080-8516-7205



日本軍「慰安婦」問題
●8月2日(水) 19時~20時 梅田ヨドバシカメラ前歩道東南角
日本軍「慰安婦」問題の解決を求める大阪駅前水曜集会
歌や踊りを交え、道行く人々に「慰安婦」問題の真の解決について訴えます。
主催:日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク



リコール運動
●8月2日(水) 11:00~堺市北区役所前・西区役所前
リコール署名活動(元維新堺市議会議員)
呼びかけ:堺市議会議員小林よしか、黒瀬大リコール署名実行委員会
https://m.facebook.com/pg/recall2017/events/?ref=page_internal&mt_nav=1



リコール運動
●8月2日(水) 10~12時 万代諏訪森店 11~13時 ライフ百舌鳥店 
(元維新)堺市議会議員小林よしか、黒瀬大リコール運動
【有志市民グループ・街頭署名】
https://www.facebook.com/groups/1519664045019565/permalink/1849740102011956/



ピースフェスタ
●8月2日(水)~8月6日(日) 午前10時~明石市立勤労福祉会館(明石駅南口徒歩15分 http://www.aicc.or.jp/kinrou/
第13回ピースフェスタ明石~平和・いのち・子ども~
8月5日(土) 午後2時~4時 2階、第1講習室
【戦争体験談の集い】
8月6日(日) 午前11時~午後3時  2階全フロアー
【メイン行事】伊藤千尋講演会など
8月2日(水)~8月6日(日) 午前10時~午後5時 ※6日(日)は午後4時まで
【1階ギャラリー展示】
沖縄と福島の写真展~寄りそい、忘れないために~
展示内容
基地問題でゆれる沖縄。放射能汚染に苦しめられている福島。忘れてはならない沖縄と福島の現実。それぞれ100枚、計200枚の写真を展示します。沖縄と福島の今を、写真展で少しでも感じてもらえれば・・・
【写真提供】
沖縄平和サポート 同時展示
・立憲主義と平和憲法・侵略戦争の加害の歴史・明石空襲の記録・戦時下の暮らしの品々・城西高校新聞部による展示・ふれあいコーナーなど
【写真提供】
福島県三春町の写真家 飛田普秀さん
主催:ピースフェスタ明石実行委員会後援:明石市、明石市教育委員会、各新聞社
窓口:明石地労協人権平和センター Tel/Fax 078-917-2797
http://ameblo.jp/karyudokaryudo/



■8月2日(水) (再放送)午後05:00~05:50 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー「塀の中の“自由”~アフガニスタンの女性刑務所~」
アフガニスタンの刑務所。およそ500人の服役者のうち、女性は40人。暴力をふるう夫から逃げたり、家族が決めた縁組みを拒否して別の男性と結婚しようとしたりして罪を問われた女性が多い。将来への不安におびえる一方で、皮肉にも男たちの暴力から隔離され、つかの間の“自由”を得る。前作「タリバンに売られた娘」で反響を呼んだニマ・サルベスタニ監督が半年かけて刑務所を取材。アフガニスタンの女性虐待問題に再び迫る。
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=130307



■8月3日(木) (再放送)深夜午前01:00~01:50 NHK総合
NHKスペシャル「謎の“日本人テロリスト”を追え~ダッカ・テロ事件から1年」
去年7月1日。バングラデシュの首都ダッカで、日本人7人を含む20人が犠牲になったテロ事件。事件後、バングラデシュ警察が重要視した人物が、サイフラ・オザキ(34)。日本人の妻子をもち、日本の大学で教職に就いていたが、事件の半年前、こつ然と姿を消した。今、オザキがバングラデシュと日本、そして、過激派組織・ISをつなぐ役割を担っていた実態が明らかになりつつある。事件の真相と、知られざるテロの脅威に迫る。
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20170701



●8月3日(木) 16時~19時 滋賀県庁正面噴水前(JR大津駅から徒歩5分 大津市京町四丁目1番1号 http://www.pref.shiga.lg.jp/guide/chosha/index.html
滋賀県庁前すわりこみ
http://nonukesiga.exblog.jp/25077760/



森友、加計問題
●8月3日(木) 18:30~枚方市民会館2階第6集会室(枚方市駅下車5分 https://www.hirakata-shimin.jp/access/
木村真豊中市議講演会 
24,25日と衆参両院の予算委員会で加計学園問題が集中審議されています。安倍首相をはじめ政府側の答弁はますます信用ができないように思います。証人喚問など徹底究明が必要です。森友学園問題も終わらせてはいけません。森友、加計問題 安倍首相 松井大阪府知事の責任を徹底究明しましょう。
参加協力費:300円



座り込み
●8月3日(木) 19時~20時 梅田HEP前
梅田座り込み解放区
ごまかしの内閣改造を許さない。安倍自民党内閣は総退陣!怒りの大集会を行います。
共感する人は一緒に立とう!プラカードを掲げよう!
https://twitter.com/umedasitin/status/891528182716747777



反ヘイトスピーチ裁判
●8月3日(木) 13:30~大阪地方裁判所(地下鉄淀屋橋より北東へ8分 大阪市役所の北側、橋を渡り直すぐ http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/)
【反ヘイトスピーチ裁判】対「保守速報」第十一回口頭弁論
☆この日が対保守速報口頭弁論の最終期日となります。
【法廷・傍聴券について】
詳細が判明し次第改めてご案内いたします。
【報告集会】
口頭弁論終了後に報告集会の開催を予定しています。会場などの詳細は当日現地にてお知らせします。
【注意とお願い】
裁判所は示威活動の場所ではありませんので、メッセージのプリントされたTシャツ、プラカードなどの持ち込みはできません。また裁判所敷地内でのビラ・チラシ等の配布もご遠慮下さい。ご理解とご協力をお願いいたします。
出来るだけ多くの方にお集りいただきたいです。情報の周知にご協力お願い申し上げます。
https://rindashien.tumblr.com/



■8月3日(木) (再放送)午後08:00~09:50 NHK BS1
激動の世界をゆく「メキシコ」
メキシコとアメリカの国境は、かつてなく高く人々の前に立ちはだかっている。「壁を作る」と宣言したトランプ大統領の就任以来、国境に生きる人々の人生は大きく揺れている。家族との暮らしを国境に引き裂かれた男性は会えない家族への思いを歌う。危険を顧みず、国境を目指す移民も後を絶たない。そこには、壁に立ち向かうメキシコの人々の姿があった。その原動力はどこから来るのか。大越健介がメキシコの人々の思いに触れる。
http://www4.nhk.or.jp/P3723/x/2017-08-03/11/561/2185016/



NEW
■8月4日(金) (再放送)深夜午前00:00~00:50 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー「ショックルーム~伝説の“アイヒマン実験”再考~」
ナチス政権下でホロコーストの主導的役割を担ったアイヒマンの裁判が行われた1961年に米エール大学のミルグラム博士によって行われた通称「アイヒマン実験」。命令を聞く立場の人間は、権威者の指示に従って他人に電気ショックを与える残酷な行為も“自分は命令に従っただけと自らを納得させてしまう”という実験結果で知られる。番組では現代の役者がこのテストを再現。アイヒマン実験の、知られざるもう一つの真実を証明する
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=170602



●8月4日(金) 18:00~20:00 ちおん舎(烏丸御池 四条烏丸 https://www.chionsha.com/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9/
プレトークイベント「記憶の共有 心の共感」
①「福島に寄り添った証言者たち」

講師:山内正太郎(一般社団法人関西浜通り交流会代表理事)
天野和彦(福島大学うつくしまふくしま未来支援センター特任教授/はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会委員)
安藤栄作(東日本大震災の津波で被災し直後の原発事故による放射能被曝を避けて福島県いわき市から奈良県に家族で避難移住。彫刻家。) 
2015年度からは、過去・現在・未来の福島を伝え、福島が抱えた課題を広く共有する「はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト成果展」を各地で開催してきました。今年その一環として京都市内の複数会場での開催を12月に予定しています。本トークイベントは同展のプレイベントとして開催します。
京都は震災直後から東北支援を続けている地域の一つ。震災から6年を過ぎた今、支援について考えたいと思います。震災後の原発事故により原発近隣の地域はもとより、関西にも東日本から多くの方が避難しました。それを機に新たなネットワークが生まれ、避難された方々は新しい地で新しい暮らしを始めています。そうした動きを支援してくださった方々、団体の活動を今一度振り返ることで、この経験を新しい社会へつなげていきたいと思います。
支援者と避難者をつなぐ活動に尽力されている山内正太郎さんと震災直後福島県最大の避難所だったビッグパレット福島の運営にあたられた天野和彦さん、福島県いわき市で被災後、関西に移住し創作活動を続けている安藤栄作さんをお招きし、お話しをうかがいます。
入場無料 申込不要
主催:はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会
協力:ちおん舎
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1596.html



●8月4日(金) 関西電力本社前(「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:30頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:30 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●8月4日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●8月4日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●8月4日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&三宮駅までのパレード



●8月4日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に!
脱原発の願いを込めて 音楽・アート大歓迎。手作り看板・鳴り物持参で。
福島のこども達のための街頭カンパもやってます!再稼動許さないの声をもっと!
https://www.facebook.com/events/514302985577170



共謀罪
●8月4日(金) 午後6:30~8:30 大阪市立大学大学院 梅田サテライト 105教室(大阪駅前第2ビル6階 http://www.gscc.osaka-cu.ac.jp /access/index.html)
NGO・NPO で働く人のための法律勉強会
  ~共謀罪とは? NGO・NPO 活動への影響を考える~

さまざまな懸念が曖昧にふされたまま、「共謀罪」の趣旨が盛り込まれた改定組織的犯罪処罰法が7月11日に施行されました。そうしたなか、同法が、NGO・NPOをはじめとする市民セクターへの活動の広がり・発展の妨げとなるような悪影響も懸念されています。そこで、市民活動、市民運動の視点から、(社福)大阪ボランティア協会、認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ、(一財)アジア・太平洋人権情報センター、(特活)関西NGO協議会、大阪市立大学大学院創造都市研究科都市共生社会研究分野が、「共謀罪」に詳しい弁護士の弘川欣絵さんを講師に迎え、「共謀罪」に関するセミナーを共同で企画しました。「共謀罪」のポイント(意図と本質)、および市民社会や市民活動への影響、そして市民社会の課題について報告いただきます。
≪講師プロフィール≫
弘川 欣絵さん
2008年弁護士登録。大阪弁護士会人権擁護委員会第6部会(外国人の権利部会)等に所属し、通常の業務の他、外国人の人権に関する事件を取り扱う。RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)共同代表。2016年夏の安保法制の国会審議をきっかけに「明日の自由を守る若手弁護士の会(通称あすわか)」に参加し、70回以上、憲法カフェ(クイズや紙芝居を交えた憲法学習会)や憲法関連の講師を務める。ヒューマンライツ・ナウのビルマチームのメンバーとして、タイ国境のピースローアカデミー(ミャンマー人の学生達が人権や憲法を学ぶ学校)で日本国憲法の講師を3回務める。
参加費:無料(但し資料代500円)
定員:50名(先着順)
問い合わせ先:関西NGO協議会(高橋) Eメール:knc@kansaingo.net
主催:(特活)関西NGO協議会(一財)アジア・太平洋人権情報センター
共催:(社福)大阪ボランティア協会、認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ、大阪市立大学大学院創造都市研究科都市共生社会研究分野   
https://www.hurights.or.jp/japan/new-project/2017/07/ngonpo-ngonpo84.html



憲 法 
●8月4日(金) 19時~地域総合センター上ノ島本館(阪急「塚口」西南10分 http://kaminoshima.org/access-honkan.html) 
身近な憲法問題から平和・人権を考える 
講師:髙作正博(関西大学法学部教授)
「憲法」と聞くとどこか自分とは縁遠く感じてしまい、普段から意識的に考えることは多くないかもしれません。しかし、自分の権利が憲法の中でどのように保障されているか、またどのような権利が憲法の中で保障されているか、これらを知っておくことは非常に重要です。今回の講演会では、関西大学法学部教授の髙作正博さんから、「実は憲法問題はあなたの生活に密接に関係しているんです!」と感じられるような事例をご紹介いただき、憲法の身近さを感じていただきます。「再び戦争を繰り返してはならない」という決意のもとに作られた憲法が今年で施行から70年を迎えました。憲法に定められた国民の権利を守ることが、平和・人権が脅かされない生活を送り続けるためにどれほど重要なことであるかを一緒に考えましょう。
対象:どなたでも
申込不要
参加費:無料
※手話通訳あり
問い合わせ先:尼崎市立地域総合センター上ノ島本館 ℡06-6429-7640
http://kaminoshima.org/peace21_kouenkai.html



森友学園問題
●8月4日(金) 19:00~アクア文化ホール(阪急曽根駅から徒歩3分 http://www.its-mo.com/detail/DIDX_DKE-6837708/access/)
『とことん追及!!森友学園問題』
経過報告:山本いっとく(豊中市議 日本共産党)
パネルディスカッション:菅野完さん("日本会議の研究"著者)・宮本たけしさん(衆議院議員)他、国会議員(要請中)
コーディネーター木村真 豊中市議(無所属) 熊野 いそ豊中市議(無所属)
参加費:500円(障がい者・介助者、大学生以下 無料)
主催:森友学園問題を考える会
http://www.toyonaka-hall.jp/event/event-2550/
https://twitter.com/moritoyo170208/status/886081682092081152



戦 争
●8月4日(金) 18:15~20:30 ひと・まち交流館京都3階第5会議室 (京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html)
せんそう 次の世代に どう伝える?
~ヒロシマの被爆者が語る

話し手:米澤鐡志さん(ヒロシマの被爆者、『ぼくは満員電車で原爆を浴びた』の語り部)
https://hankakudemae.jimdo.com/
参加費:500円
「私たちは先人たちの始めた戦争の重みをどのように受け止め、どのように子どもたちに伝え、どのように国際社会に発信していったらよいのでしょうか。
72年が経過した今、被爆者であり、語り部をされている米澤鐡志さんのお話をお聞きします。
米澤さんは1945年8月6日、11歳の時、爆心地近くを走る満員電車に乗っていました。奇跡の生還をし、現在はその満員電車乗客の唯一の生存者です。
育ち盛りの子どもの頃、家族と離れ、ひもじい思いをし、自由にものも言えない社会でした。
72年経った今も、もらった命だからと言い、被爆体験を語り歩いていらっしゃる米澤さんの声を聞いてください。
そして米澤さんのお話を地域でも広めていただきたいと思います。
問い合わせ:原爆と原発を考える京都市民の会(070-5650-3468 内富)
https://www.facebook.com/events/327632657685928/



野党共闘
●8月4日(金) 午後6時30分~エルおおさか南館ホール(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
野党統一候補の実現をめざす市民のつどい@おおさか
記念講演「安倍政治を終わらせるため、如何にたたかうか(仮題)」
講師:佐高信さん
野党からの連帯あいさつ
結成済みの市民連合などの紹介
参加協力費:500円
問合せ:TEL 06-6966-9003(梅田)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0804-2.pdf



リコール運動
●8月4日(金) 11:00~堺市北区役所前・西区役所前
リコール署名活動(元維新堺市議会議員)
呼びかけ:堺市議会議員小林よしか、黒瀬大リコール署名実行委員会
https://m.facebook.com/pg/recall2017/events/?ref=page_internal&mt_nav=1



リコール運動
●8月4日(金) 11~13時 新金岡エブリィー
(元維新)堺市議会議員小林よしか、黒瀬大リコール運動
【有志市民グループ・街頭署名】
https://www.facebook.com/groups/1519664045019565/permalink/1849740102011956/



ライブ
●8月4日(金) 19:00~カフェ ナドゥリ(Cafe Nadwuri) (JR新長田駅から徒歩3分 https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280110/28040666/dtlmap/
朴保ライブ
出演:朴保(vo,g) / Sassy Tomo(key)
料金:前売り 2,500円/当日 3,000円(いずれも+オーダー)
お申し込み・お問い合わせ:korea.uriecc@gmail.com 電話 090-3671-1370キム
http://www.wherevent.com/detail/%E4%B8%80%E8%88%AC%E7%A4%BE%E5%9B%A3%E6%B3%95%E4%BA%BA%E7%A5%9E%E6%88%B8%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%82%A2%E6%95%99%E8%82%B2%E6%96%87%E5%8C%96%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC-%E4%BD%B5%E8%A8%AD%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7-%E3%83%8A%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%AA-%E6%9C%B4%E4%BF%9D%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96-%EF%BC%98%EF%BC%94%EF%BC%A0Nadwuri



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村



脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2017年7月30日 (日)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-180.html




中国・朝鮮脅威論
●7月30日(日) 13:30~16:30 神戸学生青年センターホール(JR六甲道から10分、阪急六甲から3分)
連続講座 北東アジアの平和をつくる~中国・朝鮮 脅威論に答える!~
第六回「歴史問題と日中関係」

講師:矢吹晋氏
対外好感度に関する国際的世論調査の結果では、中国の人が最も信用できないのは日本人、日本人が最も嫌いなのは中国人、だそうです。困ったことです。関係の深い隣国同士である中国と日本の互いへの感情がそんなに悪化しているとは。中国脅威論を言い立てて日本の軍備増強を求める主張も聞こえてきます。平和を願う市民としてこの事態にどう対応すればよいのでしょうか。どこかもつれているようですが、どこからほぐせばいいのでしょうか。
講師の矢吹晋さんは、中国を何度も訪問され、豊かな専門知識もお持ちです。もつれた糸をほぐして、平らな心で付き合えるようにするために、知っておくべきことを講演から、また質疑応答から学んでいきましょう。昨年9月からこの「東北アジアに平和をつくる」連続学習会(中国・朝鮮脅威論に答える!)に取り組んできましたが、いよいよ次回の第六回が最終回となります。前半3回は朝鮮脅威論を扱い、後半3回は中国脅威論を扱ってきました。最終回は全6回のまとめでもあります。市民が進める平和への取組みに役立つ、より確かな認識と展望を共有しましょう。(第六回講座の細目は裏面に)
連続講座第六回(最終回)のポイント
連続講座第六回では歴史認識にかかわる日本政府の公式見解の変遷、閣僚らの「失言」などをとりあげ、そのような発言が中国からはどう見えているのか、客観的に(あるいは相手の立場に立って)考えます。東北アジアの平和への歩みは、前の戦争の認識が地域一帯の諸国間で共有されないと進めることができません。相手だのみではなく、私たちが平和構築の道を拓いていくという意思をもって、両国の認識のずれを埋める努力をする必要があります。
前回の矢吹さんのお話しでも指摘されたように、経済的には両者が利益を得られるようにと、双方の努力が続いた時期もありました。そのときでも、水面下には歴史認識問題が横たわっていたのです。
年表にあるように、歴史認識のずれのうち最大のものは「日本の戦時中の行為は侵略だったのかどうか」「靖国参拝は戦争賛美・軍国主義への回帰なのかどうか」を巡って発生しているように思われます。また極端な意見とはいえ、日本側では、南京大虐殺はなかったとする主張も表面化するようになっています。
連続講座第六回では矢吹さんにこれらを含め、日中で認識がずれている/対立している点、それは現在と将来の日中関係にどう影響してくるか、についてお話しいただきます。
★質疑応答の時間もたっぷりあります。常日頃の疑問を解消する機会としてご活用ください。
参加費:1000円 学生・避難者 無料
矢吹 晋さん プロフィール
1938年福島県生まれ。東京大学経済学部卒、中国経済論、現代中国論専攻。東洋経済新報社、アジア経済研究所をへて、2004年3月まで横浜市立大学教授、現在は同名誉教授。「21世紀中国総研」主宰。
主な著書:『南シナ海領土紛争と日本』『尖閣衝突は沖縄返還に始まる』『習近平の夢―米中対決か米中提携か』(2017年6月25日発刊)
主催:KOBEピースiネット  
問合せ:090-6377-2707
http://peace2014.blog.fc2.com/blog-entry-113.html
https://www.facebook.com/events/877988102352989



政党論
●7月30日(日) 13:00~17:00 立命館大学いばらきキャンパスB等2階B275(JR「茨木駅徒歩約5分 阪急「南茨木駅」徒歩約10分 モノレール「宇野辺駅」徒歩約7分 http://www.ritsumei.ac.jp/accessmap/oic/) 
講演と討論「ロシア革命と現代政党論」
ロシア革命から100年。社会変革に果たす政党の役割、組織のあり方がいま問われている。現代の政治や政党に対する不信は、投票率の低下に端的に現れている。歴史と現代を結ぶ現代政党論をいまこそ議論しよう。
講演1:聴濤弘・元参議院議員
講演2:木戸衛一・大阪大学大学院准教授
コメンテーター:田中雄三・龍谷大学名誉教授 
コーディネター:碓井敏正(京都橘大学名誉教授)
質疑&討論
当日連絡先:090-9112-1717(石沢)
主催:未来社会研究会 (代表;塩?賢明) 
協賛:りぼんネット(代表:碓井敏正) 
資料代:500円
http://ajisai-hiroba.jp/event
http://ajisai-hiroba.jp/img/reborn_20170730ad.jpg



森友・加計学園問題
●7月30日(日) 午後1時~3時半 国労大阪会館(天満駅出口から徒歩約2分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/map/)
大阪・労働者セミナー 森友学園につづき加計学園でも安倍政権が「関与」 
―安倍を辞任に追い込んでいきましょう―

(天満駅出口から徒歩約2分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/map/)
内容:報告、質問と討論 
参加費:300円
主催:大阪・労働者セミナー実行委員会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0730.pdf
http://www17.plala.or.jp/kyodo/index.html



改 憲
●7月30日(日) 午後2時~4時 京大・人文科学研究所4回大会議室(今出川通南側の京大北門を入り、すぐ。京大理学部・農学部正門の向かい側です http://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp/zinbun/access/access.htm)※休日施錠の関係で2時半までにお入りください。
【第17回左京フォーラム】
君島東彦氏講演会:安倍改憲案とわたしたちの平和構想-9条論の再創造-
日本国憲法の施行から70年。安倍首相は戦争放棄と戦力不保持をうたった憲法9条について、1項2項は残しながら、自衛隊の意義と役割を書き込む改憲案を秋の臨時国会にも提出するとの考えを打ち出しています。戦争する「普通の国」への道をひた走る安倍政権に、どう対抗するのか。9条が持つ普遍的な平和主義の原理から考えたいと思います。
講師:君島東彦さん
講演内容:講師の君島氏は、日本国憲法の平和主義の原理を平和学の視点や東アジアの平和、グローバルな立憲主義などの観点から考察。憲法9条は世界・日本・沖縄の「民衆とともにある」ととらえ、人類がたどってきた平和思想に位置付けてきた。自身が「NGO非暴力平和隊」の国際的活動を展開。武力に依存しない社会をめざす世界のNGOとともに、主権国家体制を超える次の世界を構想する。その点で「9条の思想は人類のものである」とする。軍拡が軍拡を呼ぶ安倍「改憲」に対置する平和構想を指し示す。
講師プロフィール:きみじま あきひこ。立命館大学国際関係学部教授。日本平和学会会長。憲法9条を人類史の中に位置づけて、活かすことを課題とする。最近の論稿として、「六面体としての憲法9条・再論」『立命館平和研究』18号(2017年3月)等。
入場無料・申し込み不要 会場で有志カンパをお願いします
共催:自由と平和のための京大有志の会 戦争をさせない左京1000人委員会
問合せ:NPO法人市民環境研究所内 戦争をさせない左京1000人委員会事務局
TEL&FAX:075‐711‐4832
https://www.facebook.com/events/2078863255679559/



ジャーナリズム
●7月30日(日) 10:30~元町映画館(JR・阪神電車「元町」駅西口より、南西へ徒歩6分/神戸高速鉄道「花隈」駅東口より南東へ徒歩6分/神戸市営地下鉄海岸線「みなと元町」駅2出口より北へ1分 神戸市中央区元町通4-1-12(元町商店街) http://www.motoei.com/access.htm
市民社会フォーラム第82回映画鑑賞会
『笑う101歳×2 笹本恒子 むのたけじ』
トーク「ジャーナリズムの使命としての権力監視」

10:30~12:05上映後、13時頃まで
登壇者:矢野宏さん(「新聞うずみ火」編集長)
トーク会場:こうべまちづくり会館2階ホール
※当日映画を観られた方対象、参加無料。
市民社会フォーラム恒例、一般公開の映画の鑑賞会。今回は元町映画館で公開のドキュメンタリー映画『笑う101歳×2 笹本恒子 むのたけじ』で、アフタートークに大阪のミニコミ紙「新聞うずみ火」編集長をお招きします。
元町映画館公式サイト http://motoei.com/
『笑う101歳×2 笹本恒子 むのたけじ』の紹介(公式サイトhttp://www.warau101.com/より)
日本初の女性報道写真家と伝説のジャーナリスト。女と男。カメラとペン。二人の生き方を見つめた希望のドキュメンタリー映画
2014年4月。まもなく100歳を迎える二人が対面するシーンから始まる。同じ時代を生ききた、笹本恒子とむのたけじ。笹本は日本初の女性報道写真家であり、むのは孤高にして伝説のジャーナリストだ。その日、出会いの記念にと笹本が赤いバラを贈ると、むのは「赤いバラが好き。いのちを表す花だ」と目を輝かせて笑った。そしてカメラは、100歳を超えてなお現役で活躍する二人の、いのちの輝きとその秘訣に深く迫っていく。
監督は、NHKのディレクターとしてドキュメンタリー番組「がん宣告」「シルクロード」「チベット死者の書」などで数々の賞を受賞、大ヒット作『天のしずく 辰巳芳子“いのちのスープ”』で知られる河邑厚徳。
本作では、むののペンと笹本の写真を交錯させながら、二人の証言を通して激しく揺れ動いた時代の人間ドラマを描きだした。笹本は「今も現在進行形」と語り、むのは「今が人生のテッペン」と語る。
二人に共通するのは、フリーランスとして独自の道を歩み、日本特有の狭い価値観からは距離を置いてきた姿勢。そして、人々の日常に寄り添う血の通ったものの見方。100年の歳月をしなやかに生き抜き、笑いながら終えようとする二人には、学ぶべき自由な生き方が詰まっている。そのライフスタイルは、人生100年時代、世界のどこよりも早く超高齢社会を迎える日本で、老いをどう生き抜くか考える人を励まし、希望を届けてくれるだろう。



ジャーナリズム
●7月30日(日) 14:00~16:30 こうべまちづくり会館2階ホール(地下鉄海岸線「みなと元町駅」西1出口から北へ1分 神戸高速 「花隈駅」東口から南へ3分「西元町」東口から東へ5分 JR・阪神 「元町駅」西口から西へ8分 
http://www.kobe-machisen.jp/access/
市民社会フォーラム第203回学習会
「新聞うずみ火」編集長が斬る!
安倍政権とジャーナリズムの役割

講 師:矢野宏さん(「新聞うずみ火」編集長)
通常国会では、共謀罪の新設、沖縄辺野古新基地の建設、2020年までに改憲を明言など、自民党一強体制の驕りとも言える強行が露わでしたが、「森友・加計」問題はじめ、閣僚の相次ぐ失言・疑惑などで安倍政権の支持率が急落しています。安倍政権の数々の問題に対して、ジャーナリズムは権力監視の役割をどれほど果たせているでしょうか。また、健全なジャーナリズムを市民が育てていくにはどうすればいいでしょうか。ジャーナリストの故・黒田清さんが訴えた「反戦・反差別」の遺志を受け継いだ、大阪のミニコミ誌「新聞うずみ火」を発行している矢野宏編集長に、在野のジャーナリズムの立場からお話しいただきます。
矢野宏(やの・ひろし)さん
1959年12月生まれ。愛媛県出身。
「新聞うずみ火」代表・フリージャーナリスト。黒田ジャーナル記者。
朝日放送や関西テレビの番組で「ブレーン」をつとめ、サンテレビの情報番組「フライブ」やラジオ大阪「ニュースワンダーランド」、
「里見まさとのおおきに!サタデー」、「中井雅之のハッピーで行こう!」で、コメンテーターとして日々のニュースをわかりやすく解説してきた。
2002年から2014年まで、関西大学非常勤講師として「マスコミ文章実習」の講義を担当。
主な著書として、『大阪大空襲訴訟を知っていますか』(せせらぎ出版)、『空襲被害はなぜ国の責任か』(せせらぎ出版)、
『関西電力と原発』(高橋宏と共著、西日本出版)のほか、朝鮮高級学校生のインターハイ出場までを追ったドキュメンタリー『在日挑戦』(木馬書館)、
神戸連続児童殺傷事件の遺族、山下京子さんらにインタビューした『絶望のなかに希望を拓くとき』(女子パウロ会)など多数。
参加費:1000円
協 賛:新聞うずみ火 http://uzumibi.net/
お申込みなしでどなたでもご参加できますが、人数把握のためご連絡くださればありがたいです。メール:civilesocietyforum@gmail.comまで。
https://www.facebook.com/events/1930112153925529)



カウンター
●7月30日(日) 午後2~4時 梅田ヨドバシカメラ前
カウンター@梅田ヨドバシカメラ前
日本第一党=在特会による街宣予定があります。圧倒的な数のプラカードで包囲しましょう。
https://twitter.com/RedGolgo/status/889712967654162432



朝鮮人留学生
●7月30日(日) 13:00~17:30 同志社大学今出川キャンパス良心館1階RY104
京都コリア学コンソーシアム・シンポジウム
「朝鮮人留学生たちの京都2―戦争と分断の中で―」

入場無料・事前申込不要
主 催:京都コリア学コンソーシアム
http://kyoto-korea.net/kcks2017_symposium/



ライブ
●7月30日(日) 14時~西宮・夙川公民館ホール(阪急夙川駅から南東へ200m。JRさくら夙川駅から北西へ200m)
松元ヒロ ひとりライブ 
主催:実行委員会?090-4560-5020(奥山) 
参加費:1000円(前売券800円。学生無料)
http://jimmin.com/2017/03/24/post-1340/



■7月30日(日) 午後11:00~11:50 NHK BS1
BS1スペシャル「東アジア 核拡散の脅威~世界が恐れる最悪のシナリオ~」
昨年2度の核実験を行い、今も弾道ミサイル発射実験を続けるなど、北朝鮮が核開発を加速させている。核実験の直後、韓国では「自分たちも核武装すべき」という声が高まった。また、アメリカは「さらなる挑発行為に対処するため、あらゆる選択肢をテーブルに置いている」としている。国際社会は核拡散の脅威とどう向き合えばいいのか?東アジアの「今」を専門家と共に読み解く。
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/2443/2552393/index.html



■7月30日(日) 24:50~25:50 MBS毎日放送 
映像'17 教育と愛国~いま教科書で何が起きているのか
「善悪の判断」・「礼儀」・「国や郷土を愛する態度」…20以上の徳目がずらりと並びます。
それらを学ぶための読み物、それが「道徳」の教科書です。来年度から小学校で導入される「特別の教科 道徳」は、これからの時代の教育の要とされています。2020年度に全面実施される新教育課程には「道徳教育は学校の教育活動全体を通じて行われる」とあり、まさに戦後教育の大転換といえます。
しかし、教育現場では賛否が渦巻いています。その背後では教科書をめぐって、文部科学省の教科書検定や採択制度が、政治的介入を招く余地があるとの懸念の声があがっています。これまで歴史の教科書では、過去に何度もその記述をめぐり激しい議論が起きてきました。「もう二度と教科書は書きたくない」と話す学者がいます。「慰安婦」の記述をきっかけに教科書会社が倒産することになった過去の記憶が、いまも生々しく甦ると学者は重い口を開きます。一方、いまの検定制度のもとでの教科書づくりは、何を書き何を書かないか、まさに「忖度の世界」と嘆く編集者もいます。さらに学校現場では、特定の教科書を攻撃するハガキが殺到するような異常事態も起きています。
教育の根幹に存在する教科書。歴史や道徳の教科書を取り巻く出来事から、国家と教育の関係の変化が見えてくるのではないだろうか。教科書でいま何が起きているのか。これまで表面に出ることがなかった「教科書をめぐる攻防」を通して、この国の教育の未来を考えます。
http://www.mbs.jp/eizou/



■7月30日(日) 24:55~25:25 読売テレビ、日本テレビ系列
NNNドキュメント'17「ギャンブル依存 ー巣食う闇を断ち切れるかー」
公営ギャンブルにパチンコ・パチスロ。日本ほど“ギャンブル"が身近な国は少ない。その中で“カジノ解禁法"が施行された。懸念されるのは依存症の拡大だ。公務員だった男性(43)は、パチンコにのめり込み借金を重ねた上犯罪に手を染めた。専業主婦だった女性(51)は、負けた腹いせに息子に虐待を繰り返し家庭崩壊を招いた。完治が難しい病に陥った依存症者の苦悩からギャンブル大国に突き進む日本の闇を浮き彫りにする。
http://www.ntv.co.jp/document/



■7月31日(月) 深夜午前03:30~04:00 NHK BS1
RISING「保育園にデジタル革命を 土岐泰之」
アメリカで開かれたスタートアップワールドカップ2017で優勝した土岐泰之。保育園の子どもの情報を保護者にIoTを使ってリアルタイムで伝えるサービスを展開している。園児を見守るロボットや昼寝中の突然死を防ぐシステム等、さまざまなサービスを保育園に提供している。保育士の過重労働を軽減し保育の質を上げることがねらいだ。保育園にデジタル革命を起こし子どもを多角的に見守る社会の実現を目指す土岐の挑戦を追う。
https://bh.pid.nhk.or.jp/pidh07/ProgramIntro/Show.do?pkey=500-20170730-11-28579



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村




8/6(日)13時半~「韓国市民革命の現場から」キャンドル集会に学ぶ~そして韓国の今後は?

「戦争あかん!ロックアクション」のブログより引用
http://himitsulock.hatenablog.com/entry/2017/07/29/013803


キャンドル3

日本ではほとんどまともに報道されなかった韓国朴槿恵大統領の退陣劇。実は現代の「市民革命」とも呼ぶべき歴史的大事件であったことを、みなさんはご存じでしょうか?
お隣の国のことなのに、日本ではほとんど情報がない…。ならば、「市民革命」の現場から、当事者を呼んで直接話を聞こう! ということで、韓国からゲストをお招きし、お話をうかがいます。

そして集会後半は、市民革命の力で生み出された新しい政権がいったいどんな方向を目指しているのかについてお話をうかがいます。文在寅っていったいどんな大統領?こんなことすら日本ではまともに報道されていません。

韓国事情に詳しい在日韓国研究所所長の金光男さんに熱血解説と通訳をお願いします。現場の生の声が聞けるめったにないチャンスですよ! 

政治を私物化する安倍政権のやっていることは、市民パワーで罷免に追い込まれた朴槿恵政権を同じです。一方の韓国では市民が立ち上がったというのに、日本では…。日本の現状に忸怩たる思いを抱いているみなさんも、韓国のお話を聞いてこれからの日本のあり方を考えましょう。

●8月6日(日) 13:30~16:30 
 PLP会館5階大ホール(JR天満駅・地下鉄扇町駅徒歩5分)

「韓国市民革命の現場から」
~韓国キャンドル集会に学ぶ~東アジアの非核化に向けて

講師:安 珍傑(アン・ジンゴル)さん (韓国参与連帯事務処長)
解説・通訳 金 光男(キム・カンナム)さん (在日韓国研究所所長)

★市民集会のパワーで政権転覆!
毎週土曜日、延べ1700万人もの市民が集まりながら、「一人の怪我人も」「一人の逮捕者も」出さなかったという韓国キャンドル集会。一度に100万人もの人が押し寄せる巨大集会が、いったいどうやって可能になったのでしょう? 市民はこの集会で何を求め、何を勝ち取ったのでしょう?

★これからの韓国はどうなる?
6/19、電撃的な脱原発宣言をおこなった文在寅大統領。政権交代の力を実感した人も多いのではないでしょうか。
「市民によって作られた政権」を自認する文在寅新政権への国民の期待は高まっています。文在寅政権は国民に何を約束し、解決すべき問題が山積みの外交政策では、どういう方向に舵取りをしようとしとしているのでしょう。

・文在寅政権の目指す国家の姿とは
・THAAD配備はどうなる 
・日韓関係の今後
・南北関係の今後



参加費:前売り800円 当日1000円 
主催:戦争あかん!ロックアクション 日朝日韓連帯大阪連絡会議(ヨンデネット大阪)
協力・賛同:東アジア青年交流プロジェクト 大阪平和人権センター 「しないさせない!戦争協力」関西ネットワーク

PLP会館地図
https://www.mapion.co.jp/m2/34.702023423190134,135.51202583333333,16

0806チラシ表



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

(7/30映画情報更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2017年7月29日 (土)

★7/30追加情報
●7/29(土)~8/11(金・祝) シアターセブン(阪急十三駅)
『笑う101歳×2 笹本恒子 むのたけじ』



【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報


NEW
『笑う101歳×2 笹本恒子 むのたけじ』 (2016年/日本/91分)
日本初の女性報道写真家と伝説のジャーナリスト。女と男。カメラとペン。
二人の生き方を見つめた希望のドキュメンタリー映画

ニッポンの100年を駆け抜けた女と男。その生き方には、学ぶべき自由な知恵が詰まっていた。
2014年4月。まもなく100歳を迎える二人が対面するシーンから始まる。同じ時代を生きてきた、笹本恒子とむのたけじ。笹本は日本初の女性報道写真家であり、むのは孤高にして伝説のジャーナリストだ。その日、出会いの記念にと笹本が赤いバラを贈ると、むのは「赤いバラが好き。いのちを表す花だ」と目を輝かせて笑った。そしてカメラは、100歳を超えてなお現役で活躍する二人の、いのちの輝きとその秘訣に深く迫っていく。
監督は、NHKのディレクターとしてドキュメンタリー番組「がん宣告」「シルクロード」「チベット死者の書」などで数々の賞を受賞、大ヒット作『天のしずく 辰巳芳子"いのちのスープ"』で知られる河邑厚徳。本作では、むののペンと笹本の写真を交錯させながら、二人の証言を通して激しく揺れ動いた時代の人間ドラマを描きだした。
笹本は「今も現在進行形」と語り、むのは「今が人生のテッペン」と語る。二人に共通するのは、フリーランスとして独自の道を歩み、日本特有の狭い価値観からは距離を置いてきた姿勢。そして、人々の日常に寄り添う血の通ったものの見方。100年の歳月をしなやかに生き抜き、笑いながら終えようとする二人には、学ぶべき自由な生き方が詰まっている。そのライフスタイルは、人生100年時代、世界のどこよりも早く超高齢社会を迎える日本で、老いをどう生き抜くか考える人を励まし、希望を届けてくれるだろう。
・笹本恒子(ささもと・つねこ)
1914年9月1日東京生まれ。日本初の女性報道写真家。日独伊三国同盟から60年安保闘争など、戦中・戦後の歴史の節目に立ち会い、徳富蘇峰、加藤シヅエ、三笠宮ご一家、浅沼稲次郎、力道山ら昭和史を彩る人々にもカメラを向けた。一時期、写真の世界から遠ざかるも71歳にして活動を再開。以後、明治生まれの女性たちを題材に撮影を続け、日本女性史を膨大な息吹あふれる写真として表現。宇野千代、壺井栄、杉村春子、沢村貞子ら「明治生まれの女性たち」シリーズは笹本の代表作となった。102歳の今も現役フォトジャーナリストとして活躍中。
・むのたけじ
1915年1月2日秋田生まれ。新聞記者として戦前・戦後を生き抜き、足早に通り過ぎる時代を記事にし、幅広い発言を残した伝説のジャーナリスト。中国・東南アジア特派員として戦地を取材するも、1945年8月15日、戦争協力の記事を書いた責任を感じて新聞社を辞め、その後ふるさとの秋田県横手に戻り、週刊新聞「たいまつ」を発行。戦後の激動の中でも自由を旗印にジャーナリストとしての矜持を貫き、若い世代に向け平和を訴えた。2016年8月、101歳で死去。マスコミだけでなく、若者から老人までの多くの市民が深い哀悼の意を表した。
7/29(土)~8/11(金・祝) シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
7/29(土) 10:35(~12:11終)
7/30(日)~8/4(金) 12:10(~13:46終)
8/5(土) 10:00(~11:36終)
8/6(日)~8/11(金・祝) 12:10(~13:46終)
http://www.theater-seven.com/2017/movie_warau101.html



『残されし大地』 (2016年/ベルギー/76分)
命の大切さ尊さが、深く静かに描かれた傑作ドキュメンタリー
2016年3月にベルギーで起きたブリュッセル連続テロ事件で亡くなった映画音響技師ジル・ローランが、原発事故後の福島に生きる人びとをテーマに製作したドキュメンタリー。福島県第一原発から約12キロ離れた福島県双葉郡富岡町。11年3月11日の福島原子力発電所の事故のあと、町に残された動物を保護し育てるため、富岡町に残ることを決めた松村直登さんは、父とふたりで避難指示解除準備区域の自宅にとどまっている。半谷信一さんは、背後で除染作業が行われる中、穏やかに農作業をする。また、お彼岸の墓参りで仮設住宅から南相馬市の居住制限区域(当時)に一時帰宅した佐藤夫妻は、来年こそ故郷への帰還を先祖に誓うが、その手には放射能計測器があった。故郷に残る者、故郷に戻る者、戻らない者、淡々と進む日常生活の中でそれぞれが語る自然体な言葉から見える、故郷を失った人たちの今とこれからが描かれる。映画は、監督のローランがテロ事件で他界した後、プロデューサーや同僚たちの手によって完成。日本でも「京都国際映画祭2016」で上映された。
●7/15(土)~8/11(金) シネ・ヌーヴォ(地下鉄中央線「九条駅」6号出口徒歩3分/阪神なんば線「九条駅」2番出口徒歩2分 http://cinenouveau.com/access/access.html
上映日程
7/29(土)~8/4(金) 13:20~
8/5(土)~8/11(金) 19:25~
※7/29~はヌーヴォXでの上映です
http://cinenouveau.com/sakuhin/nokosareshi.html



平和展
●7月27日(木)~29日(土) 茨木市立男女共生センターローズWAM(阪急茨木市駅西へ約500メートル JR茨木駅東へ約800メートル http://www.city.ibaraki.osaka.jp/shisetsu/siyakusyo/wam_s.html )
子どもたちと考える『戦争と平和』展in茨木
あの戦争から72年、今だからこそ、子どもたちや若い方々にあの時何が起こっていたのかと知っていただきたいと企画しました。広島の高校生が被爆者から聞き取った体験談から描いた絵画も広島県立基町高校のご協力を得て展示いたします。
https://www.facebook.com/events/1930549330516015/



●7月29日(土)  18:30~尼崎市立小田公民館(JR尼崎駅北口北東へ徒歩約5分 ヴェール尼崎1・2階 http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/map/institution/05_009.html
福島原発事故から6年目~避難者のリアル~斎藤英子さんの場合
福島県いわき市から兵庫へ、放射能被害からの避難を選択し、原発事故などなかったかの如く避難者を見捨てようとする国、責任をとらない東電と、原発賠償訴訟の原告として闘い続ける斎藤英子さん。様々な葛藤を乗り越え今を生きる斎藤さんの体験をじっくり伺い、私たちに何ができるか、311後の社会と未来、そして希望について考えます。
参加費:800円
斎藤英子さんのプロフィール
姫路市生まれ、1993年長男の出産を機に夫の住むいわき市に転居。2011年、東日本大震災後の3月14日、子どもたち(当時、長男高校2年、長女小学6年)だけ姫路の実家に避難・転校。1年後、自身も私立幼稚園の園長職を辞職、姫路へ。現在、大原学園姫路校 保育科の非常勤講師。配偶者は現在もいわき在住、姫路といわきを行き来する生活をしている。
http://sainara-genpatsu.blogspot.jp/2017/07/blog-post.html



●7月29日(土) 15:00~17:00 兵庫県保険医協会5階会議室(元町駅から南 徒歩10分 http://www.hhk.jp/pages/access.php
核戦争を防止する兵庫県医師の会 第36回総会記念講演
核兵器禁止条約の歴史的意義と課題

講 師:冨田 宏治 氏(関西学院大学教授、原水爆禁止世界大会起草委員長)
国連では「2017年に核兵器禁止条約交渉のための会議を開催する」総会決議をもとに交渉が進められており、7月7日には核兵器禁止条約が採択される予定です。国連での交渉会議の結果と到達点、核兵器禁止条約の歴史的意義と課題を最新情報をもとに、原水爆禁止世界大会起草委員長の冨田宏治氏に、核兵器廃絶の展望をお話しいただきます。
冨田宏治(とみだ・こうじ)氏
 関西学院大学法学部教授。政治学者。専攻は日本政治思想。
原水爆禁止世界大会宣言起草委員長を務める。
反核平和問題、大阪都構想問題はじめ日本の政治問題についての精力的に講演している。
参加費:無料 どなたでもご参加歓迎です
参加申込:兵庫県保険医協会 FAX078-393-1802 TEL.078-393-1807 FAX.078-393-1802 または shin-ok@doc-net.or.jpまで
http://www.hhk.jp/pdf/20170729_nuclear-weapons-ban.pdf



辺野古新基地問題
●7月29日(土) 15時30分~(毎週土曜日)JR大阪駅南バスターミナル
「辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動」
辺野古の海が埋め立てられないように活動しています。
お時間の許す範囲で、少しでも皆様のご参加お待ちしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/henoko_osaka



辺野古新基地問題
●7月29日(土) 13:00~14:00 神戸マルイ前
HENOKO NO! 沖縄に基地はいらない 
   辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動

沖縄県民に対する不正を止めるために、共に声を上げて下さい。
ツイター・FaceBookで情報発信中{辺野古・神戸}で検索して下さい。
土曜の午後はいつもの時間、いつもの場所で、はじめての方、ちょっとだけ参加、見学、大歓迎。
https://twitter.com/kobekodo/



辺野古新基地問題
●7月29日(土) 毎週土曜日17:00~18:30ごろ 京都市 三条河原町交差点(三条河原町商店街のアーケード前スペース)
沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、
     普天間基地の撤去を求める京都行動

アピール、チラシ配り、新基地建設に反対する署名集めなどなど
http://kyoto-action.jugem.jp/?pid=1
https://twitter.com/ALALALED/status/551165696185344000



座り込み
●7月29日(土) 18時~21時(毎週土曜夜) 梅田ヘップ ファイブ前
梅田解放区座り込み
来週29日梅田解放区は「国会閉会中審査、加計問題追及!」です。18時HEP前に結集しましょう!
この時代を生きる市民の責務として、安倍自民党政権の言論圧殺攻撃と対峙し、新しい世界の構築を展望しつつ、さらに闘いぬきましょう!
https://twitter.com/umedasitin/status/889135530599784449



ポピュリズム
●7月29日(土) 14時~17時 ドーンセンター(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
社会主義ゼミナール
ポピュリズム 世界を覆いつくす「魔物」の正体~橋下徹からドナルド・トランプまで~

講師は、タイトルと同名の著書を発刊された薬師院仁志帝塚山学院大学教授です。都民ファーストなる得体の知れない政党の躍進も解明の対象です。事前申込制となっておりますので、参加ご希望の方は、府県名とお名前をお知らせ下さい。
QYD04504@nifty.com FAX:072-242-6315 前田
http://civilesociety.jugem.jp/?eid=36672



権力の私物化
●7月29日(土) 18時30分~20時30分 エル・おおさか708号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
講演討論集会 なんとかならんか この日本!? 
権力の私物化を許すな!日韓の比較から考える

講師:金 光男(キム・クァンナム)在日韓国研究所代表 園 良太 人民新聞編集委員
コーディネーター・司会 辻 恵(元衆議院議員・弁護士) 
資料代:1000円
主催:集会実行委員会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0729-3.pdf



憲法カフェ
●7月29日(土) 午後4:00~午後5:30 東大阪市立勤労市民センター「ユトリート東大阪」(近鉄奈良線「八戸ノ里」駅下車、南東へ徒歩10分 http://www.city.higashiosaka.lg.jp/0000005908.html
憲法カフェ
講師:弁護士 小谷 成美さん
☆毎年開催されている「東大阪戦争展」の中のひとつのプログラムとして開催します。
主催:大阪いずみ市民生活協同組合
https://calendar.google.com/calendar/render?eid=Z2luc2syNXZnMjA0YnQ0am1pYWR1MDkyc28ga29iYXlhc2hpMjU2OTRAbQ&ctz=Asia/Tokyo&sf=true&output=xml#eventpage_6




障害者の権利
●7月29日(土) 午後1時30分~午後4時30分 大阪弁護士会館 2階ホール(京阪「なにわ橋駅」出口1徒歩約5分 地下鉄・京阪「淀屋橋駅」1号出口から徒歩約10分 地下鉄・京阪「北浜駅」26号階段から徒歩約7分 http://www.osakaben.or.jp/06-access/
すべての人に生きる権利! バッシング社会を乗り越える
(法律家とソーシャルワーカーのコラボ 公開企画 第4弾)
講演:藤井克徳さん(日本障害者協議会代表、きょうされん専務理事)福井県出身。もともと弱視で、40代後半から全盲状態。教員を経て、日本で初めて精神障害者の共同作業所を開設。日本の障害者運動をリードしてきた。精神保健福祉士。昨年はNHKなどの番組に出演し、ナチスドイツが20万人以上の障害者を抹殺した「T4作戦」の現場も訪れた。
リレートーク・討論:浅井登さん(堺市東断酒会会長)をはじめ、貧困、障害、病気などの当事者・支援者が体験と思いを語ります。
開催の趣旨
昨年7月26日に相模原市の施設で起きた殺傷事件は、障害者はいないほうがよいとする差別思想(優生思想)に基づく犯行でした。社会を見渡すと、障害者だけでなく、貧困者、高齢者、病者、原発事故避難者など弱い立場にある人たちを、お荷物のように見て攻撃する風潮が強まっています。そもそも政府が先頭に立って、社会保障・福祉の抑え込みを進めています。そうじゃない。すべての人に存在価値がある。あらゆる人に個性と尊厳があり、よりよく生きる権利があるのです。誰にも居場所のある支え合いの社会をつくる道を探ります。
参加費:無料 申し込み不要。どなたでも参加できます。
問い合わせ先:大阪弁護士会 委員会部 人権課 TEL.06-6364-1227
手話通訳・要約筆記を実施します。また、視覚障害のある方には、資料の電子データを提供できます。上記人権課までご連絡ください。
主 催:大阪弁護士会 大阪精神保健福祉士協会 大阪医療ソーシャルワーカー協会 大阪社会福祉士会
http://www.kyousaren-osaka.com/?p=1938


優生思想
●7月29日(土) 13時~16時 大阪労働学校・アソシエ4階ホール(地下鉄中央線「阿波座」駅下車7号出口より徒歩8分 http://www.ols-associe.or.jp/%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%bb%e3%82%b9/
大阪労働学校・アソシエ 第3回公開市民講座
わたしたちの内なる優生思想を問う
―いのちの選別を求める社会と向き合う―

原発事故による放射能の汚染は、わたしたちに不安と恐怖をあたえました。政府はその不安と恐怖に対して救済の手をさしのべるのではなく、自主避難している人々を「自己責任」と突き放しました。このような国家の棄民政策は不安をさらに増幅します。
原発災害が発生したとき、「障害児を産むのではないか」という妊娠女性の不安が煽りたてられ、出生前診断が急増しました。染色体異常がみつかった妊婦は中絶を求めます。このようにして、生命を選別する意識がわたしたちのなかに密かに浸透してきます。
原発災害の発生から数年を経た2016年7月26日、障碍者施設で働いていたひとりの青年が、みずからが介護していた障害者に刃物を向けて、19人の命を奪い去りました。かれは「障碍者は不幸を作ることしかできません」、とその理由を記しています。同じ発言は、すでに東京都の行政責任者によっても発せられました。「ああいうひとっていうのは、人格があるのかね」と。
原発災害を契機とした出生前診断の増加、そして障害者を社会から排除しようとする動きは、ひとの生命を能力や効率を基準にして振る分け切り捨てるこの社会の深部から発生する動きであり、わたしたちの自身のこころのありように深く根ざしてます。わたしたちの日々の暮らしのなかに命を選別する思想が浸透していることを物語っています。
この2つの出来事を通して、わたしたちの日常生活を見直し、自分の日常感覚を問い直し、わたしたちの関係のありかたを変えていく道筋を探るために、このシンポジウムを開催します。わたしたちといっしょに考え討論していきませんか。
報告者・報告テーマ:
「優生思想と向き合って」
古井正代(脳性まひ者の生活と健康を考える会)
「優生思想を根づかせているもの-インクルーシブな社会を求めて」
山中多美男(社会福祉法人ノーマライゼーション協会理事長)
「生まれてくる生命の選別―膨張する出生前診断技術」
利光恵子(グループ生殖医療と差別)
「みんなちがって、みんないい-生権力と優生思想を超えて」
斉藤日出治(大阪労働学校・アソシエ副学長)
「優生思想を超えるつながりをどうつくるか」
後藤由美子(真宗大谷派僧侶)
「『歩けなくなったらおしまい』老いと内なる優生思想」
古井透(大阪河﨑リハビリテーション大学)
お問い合わせ:06-6583-5555(大阪労働学校・アソシエ)
http://www.ols-associe.or.jp/568/



セクシャルマイノリティ
●7月29日(土) 14:30~神戸市勤労会館405・406会議室(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html
つながろう ひろがろう7・29講演集会
講演:仲岡しゅんさん(浪速のムクチョリーナ/弁護士)
「自分が自分であるために!-セクシャルマイノリティの人権と共生・連帯への道-」
報告:ノジマミカさん「狭山」管理人
「すべての人々に狭山再審運動の熱と光を!」
会場費:500円(しんどいかたは「えんりょ」なく!)
主催:狭山再審を求める市民の会・こうべ
呼びかけ人:粟原富夫、家正治、田坂冨士男、山本善偉
連絡先:090-3624-8270



ライブ
●7月29日(土) 午後2時~大阪市立東成区民センター小ホール(今里②(大阪市営)徒歩約2分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-kV172cgVuZc/?utm_source=dd_spot
黒田清さんを追悼し、平和を考えるライブ
今年も黒田さんが大好きだったコント集団「ザ・ニュースペーパー」結成時のメンバー、松崎菊也さんと石倉直樹さんを招いての風刺トークです。森友学園問題や加計学園問題への追及を避けるため、「共謀罪」法の採決強行したあと、さっさと国会を閉幕した安倍政権。黒田さんが生きていたらどんなコメントをされたでしょうか。でも、怒ってばかりでは身が持たないので、たまには大いに笑い飛ばしませんか。
資料代:読者2000円(一般2200円)、学生・障害者1000円
主催:新聞うずみ火
TEL 06-6375-5561 FAX 06-6292-8821 mail uzumibi@lake.ocn.ne.jp
http://uzumibi.net/
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0729-2.pdf



■7月29日(土) 11:00~11:45 NHK BSプレミアム
先人たちの底力 知恵泉「杉原千畝 不屈の生涯 人生“まさか!?”の生かし方」
あなたは突然おこる「まさか!?」の事態を、前向きの力に変えられますか?第二次世界大戦中、約6000人のユダヤ人を救う「命のビザ」で知られる外交官・杉原千畝の生涯は、「まさか!?」の連続。将来の夢が親に止められたり、嫌いな組織にスカウトされたり、想定外の難民に助けを求められたり…。そのたび千畝は、悔いの無い判断を重ねました。そこにはどんな知恵があったのでしょう?池上彰さんたちと、その極意に迫ります。
http://www4.nhk.or.jp/chieizu/x/2017-07-29/10/33553/1494116/



■7月29日(土) 午後08:00~10:00 NHK BSプレミアム
スーパープレミアム「玉木宏 音楽サスペンス紀行~亡命オーケストラの謎~」
俳優・玉木宏が迫る新感覚音楽ミステリー!ナチス・ドイツの嵐が吹き荒れる欧州で活躍した音楽家・近衛秀麿。世界最高峰のベルリンフィルで初めて指揮をした日本人だ。彼は、自身のオーケストラを隠れみのに、ユダヤ人の国外脱出を手助けしていたという。マエストロ・ヒデマロはいかにしてその大胆な試みを企て実行していったのか。亡命オーケストラの謎がいま初めて明かされる。壮大な交響曲と高精細映像でつづるサスペンス紀行!
http://www4.nhk.or.jp/P4031/



■7月29日(土) 午後11:45~00:35 NHK BSプレミアム
“死の都”に響いた“未完成交響曲”~戦火のワルシャワ公演を再現する~
スーパープレミアム「玉木宏 音楽サスペンス紀行」の放送に合わせ、高精細映像と5.1chサラウンド・オーディオでお届けするシューベルト「未完成交響曲」。戦火のワルシャワ、ナチス主催の公演で演奏した楽員は、弾圧にあえぐポーランド人だった。音楽史に残る日本人指揮者・近衛秀麿の公演を、60名のポーランド人一流の演奏家で編成されたオーケストラが演奏。ウィーン大学名誉教授・前田昭雄氏の指揮で現代によみがえる。
https://hh.pid.nhk.or.jp/pidh07/ProgramIntro/Show.do?pkey=204-20170729-10-30268




クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

(7/27更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2017年7月24日(月)~28日(金)

★7/27追加情報
●7/28(金)までのイベント情報を追加しました。
★7/26追加情報
●7月26日(水) 18時~20時半 クロスパル高槻5階視聴覚室(JR高槻駅)
原爆も原発もいらない。日独市民の連帯で、核と戦争のない世界を!
●7月26日(水) 18:00~20:00 京都弁護士会館地階大ホール(地下鉄丸太町駅)
「原発問題を考える学習会」ドイツにおける再生可能エネルギー普及努力の実態と教訓
●7月26日(水)~30日(日) 10:00~18:00 兵庫県民会館2Fアートギャラリー
第50回兵庫県平和美術展「平和の壁に、花一輪を」
●7/27(木)までのイベント情報を追加しました。
★7/24追加情報
●7/26(水)までのイベント情報を追加しました。


【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-177.html




共謀罪
●7月24日(月) 18時半~エルおおさか708号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
ぶっ飛ばせ!「共謀罪」
共謀罪施行後、初の共謀罪学習講演会です。
メインの講演は、ネットワーク反監視プロジェクトで活躍されている小倉利丸さん。共謀罪についての共著があり、インターネット上の監視についても詳しい小倉さんのお話は興味津々です。
さらに、共謀罪が施行されてしまった今、まずは政府に共謀罪を使わせないことが一番! でも、もしも、もしも逮捕されてしまったら、そのときはどうしたらいいの?というもしものときの実践マニュアルも、弁護士の先生からお話していただきます。
そして、新聞うずみ火代表の矢野さんからは、ジャーナリズムと共謀罪という、これまた興味津々のお話も。
短い時間に盛りだくさんで、とても贅沢な内容の学習講演会です。
共謀罪なんてぜったい許せない!と思っている方も、でもこれからどうなるのか正直ちょっと不安…という方も、ぜひぜひご参加下さい。
講師:小倉利丸さん(元富山大学経済学部教授)
「ジャーナリズムと共謀罪」矢野 宏さん(新聞うずみ火) 
「もし逮捕されたら?―実践マニュアル」永嶋靖久さん(弁護士)
資料代:¥700
主催:共謀罪あかんやろ!オール大阪
連絡:共謀罪に反対する市民連絡会・関西気付 市民共同オフィスSORA TEL06-7777-4935
https://www.facebook.com/events/253221815168310/



改 憲
●7月24日(月) 19:00~20:00 京橋駅JRと京阪の間
憲法9条改悪反対ビラまき・アピール行動
呼びかけ リブ・イン・ピース☆9+25
http://www.liveinpeace925.com/schedule/schedule.htm



小田実
●7月24日(月) 10時~あしや市民活動センターリードあしや(JRまたは、阪神芦屋駅から西へ芦屋川沿い http://www.city.ashiya.lg.jp/sankaku/shimin/center.html
小田実没後10年・関西の集い
あしや喜楽苑・小田実文学碑前記念の集い 
11時半~識見交流 
日本側メインスピーカー:山口幸夫、田中利幸
主催:「小田実没後10年・関西の集い」実行委員会
http://blog.livedoor.jp/oda2007/archives/51690940.html



個人の尊厳
●7月24日(月) 19:00~梅田ヨドバシカメラ前
街頭宣伝:いま『個人の尊厳』を考える
スピーカー; 弘川欣絵弁護士、遠地靖志弁護士、金井塚康弘弁護士、國本依伸弁護士、清水亮宏弁護士、川﨑真陽弁護士、大川一夫弁護士ほか
テーマ「リスペクトの政治とは」
安倍政権によって、憲法に反する政治が横行し、国家権力の私物化が著しい現状ですが、では、果たして「個人の尊厳」が守られる政治・「リスペクトの政治」とはどのようなものでしょうか。当会の弁護士から、日頃の事件活動・弁護団活動などを通じて、思い描いている「リスペクトの政治」をそれぞれスピーチさせて頂きます。
主催:リスペクトの政治をつくる大阪弁護士有志の会
https://www.facebook.com/events/946021285538693/



リコール
7月24日(月) 11:00~堺市北区役所前・西区役所前
リコール署名活動(元維新堺市議会議員)
呼びかけ:堺市議会議員小林よしか、黒瀬大リコール署名実行委員会
https://m.facebook.com/pg/recall2017/events/?ref=page_internal&mt_nav=1



■7月25日(火) (再放送)深夜午前03:35~04:10 NHK総合
目撃!にっぽん「帰還 いまだ遠く~飯舘村 避難解除から100日~」
バイクで山道を越え、避難先から故郷の飯舘村に通う女性がいる。菅野千代子さん、75歳。待ちに待った避難解除がようやく成ったものの、いまだ帰還を果たせない。千代子さんが帰りたくても帰れない理由とは…。一方、放射線量の高さから帰る人が誰もおらず、消滅の危機にひんする集落も出てきた。移住を決めた父と、故郷を断ち切ろうとしてきた息子。その胸に去来するものとは…。“帰還可能”とされる村の現実と、揺れる人々の心
http://www4.nhk.or.jp/mokugeki-nippon/x/2017-07-24/21/23680/1077273/



●7月25日(火) 10:30~15:00(途中からの参加、途中退室も可能です) 大阪市立社会福祉センター(近鉄「大阪上本町」⑪東へ徒歩3分 地下鉄「谷町九丁目」⑧徒歩10分 http://shafuku-center.jp/shisetsu.html
3.11避難者情報交換・意見交流会Cafe IMONIKAI(7月)
毎月大阪で、たとえ参加者が少なくても、必要としている避難者がいる限り、細く長く必要な形でつづけています。2012年夏~毎月1回、一日お部屋を開放し、自由に避難者が集える「場」を参加者みんなで作ります。
とても自由な雰囲気で、避難者が震災のこと、避難のこと・・・本当の思いを各々自由に話せる
3.11避難当事者がホッとできる素敵な「場所」です。初めての方も安心してご参加下さい。何も話さなくても、聞くだけの方もおられます。色々な情報も得られますし、また、避難者の思いも、ご支援の方々に伝えることも出来ますし、本当にオススメ出来る交流会の一つです。
※飲み物・昼食は各自でご用意ください
参加費:無 料 差し入れ大歓迎♪
参加対象者:3.11避難者&3.11避難者に心をお寄せくださる方ならどなたでも大歓迎☆
お申込み:特に不要です。子連れOK。
今後の予定:8/29(火)・9/26(火)
お問合せ:sandori2014@gmail.com サンドリ【3.11避難者交流カフェイモニカイ】係
主 催:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (略称:サンドリ)
協 力:大阪市ボランティア・市民活動センター(大阪市社会福祉協議会)
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1574.html



中国人強制連行
●7月25日(火) 10:45~(支援者は15分前に集合)大阪地裁202号大法廷(地下鉄淀屋橋より北東へ8分 大阪市役所の北側、橋を渡り直すぐ http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/)
中国人強制連行 大阪・花岡国賠訴訟 第8回口頭弁論
http://www.osakazenrokyo.org/20170704131309.pdf



朝鮮高級学校無償化
●7月25日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



リコール運動
●7月25日(火) 10~12時 ライフ福泉店
(元維新)堺市議会議員小林よしか、黒瀬大リコール運動
【有志市民グループ・街頭署名】
https://www.facebook.com/groups/1519664045019565/permalink/1849740102011956/



■7月25日(火) 午後10:00~10:54 テレビ大阪
ガイアの夜明け【密着!会社と闘う者たち 第2弾】
「長時間労働」は強制?自発的? 真っ向対立の行方 「4ヵ月間連続で休みなし」「1日23時間の長時間労働」「給料が正当に支払われない」「お客の飲食代を肩代わり」…千葉県に住む男子大学生が、そんな信じられないアルバイトの実態を訴えた。問題とされたのは、日本全国に400店舗以上を展開する人気飲食チェーン『しゃぶしゃぶ温野菜』の、とある店舗だ。
しかも、男性は日常的に店長からパワハラや暴力を受けていた。録音機に残されていたのは、怒声の数々。「自殺でもして、死んでくれよ!」。男性は、昨年6月、店舗を運営していたDWE Japanを提訴した。 争点となっているのは、長時間労働の実態について。男性の主張では、最大で月400時間以上働いていたというが、会社側のデータでは月100時間前後しか働いていないことになっているのだ…。
店長の理解では、「自発的に来ていた」「勝手に店に出ていた」ために、労働時間としては換算していないのだという。 そこで、アルバイト男性と原告弁護団は、意外な証拠品を集めて、長時間労働の実態を立証しようとしていく。
http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/



NEW
●7月26日(水) 18時~20時半 クロスパル高槻(高槻市立総合市民交流センター)5階視聴覚室(JR高槻駅中央改札口を右へ出て京都方面線路沿い http://loco.yahoo.co.jp/place/g-6msUDgCskbU/)
原爆も原発もいらない。日独市民の連帯で、核と戦争のない世界を!
講師:ハイデマリー・ダン 通訳:木戸衛一
参加費:500円
主催:憲法をかってにさせない会(090-3849-2869)
http://www.kinyobi.co.jp/event/20170721_002355.php
 


NEW
●7月26日(水) 18:00~20:00 京都弁護士会館,地階大ホール(地下鉄丸太町駅から徒歩7分・バス停「裁判所前」から徒歩1分他 https://www.kyotoben.or.jp/access.cfm
「原発問題を考える学習会」ドイツにおける再生可能エネルギー普及努力の実態と教訓
講演:久守 一敏さん(「新建築家技術者集団」京都支部幹事)
参加費:無料
主催:京都弁護士会
https://houteisien.wordpress.com/kyoto/

 

共謀罪
●7月26日(水) 午後7時~8時45分 大阪府障がい者社会参加促進センター研修室1・2(地下鉄谷町9丁目駅徒歩7分 http://www.daisyokyo.or.jp/access/
障害者9条・25条の会 けんぽう講演会
テロ等準備罪?共謀罪って何やねん~監視社会はいやや~

講師:弘川欣絵弁護士 (長野総合法律事務所;2008年弁護士登録)・障害者自立支援法違憲訴訟弁護団、明日の自由を守る若手弁護士の会)
資料代:500円
主催:憲法9条・25条を守る大阪の障害者・府民の会
TEL 06(6697)9144 Fax 06(6697)9059 osaka@kyosaren.or.jp
http://osaka9.org/2017/%e9%9a%9c%e5%ae%b3%e8%80%85%ef%bc%99%e6%9d%a1%e3%83%bb25%e6%9d%a1%e3%81%ae%e4%bc%9a%e3%80%80%e3%81%91%e3%82%93%e3%81%bd%e3%81%86%e8%ac%9b%e6%bc%94%e4%bc%9a/



憲 法
●7月26日(水) ひと・まち交流館 京都 (京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html)
第5回目「押しつけ憲法論の二重構造」
発題:天野博さん 
参加費200円
https://www.facebook.com/heiwakenpoukyoto/posts/1971241073162349



相模原施設障碍者大虐殺
●7月26日(水) 18:30~梅田ヨドバシカメラ前
相模原施設障碍者大虐殺追悼アクション
2016年7月26日に神奈川県相模原市にある障碍者(しょうがいしゃ)施設やまゆり園で起こった大虐殺事件から1年が経とうとしています。そこで、7月26日の1周忌にあたる日に、鎮魂と意思表示のアクションを行います。
「わたしは、7月26日に殺された19人の中にいる一人だ」
19 people were murdered on 26th of July. and I am one of them.
施設収容にて存在を隠され、生命を奪われ、そのうえに名前を消されこの世に存在した個人としての存在さえかき消されようとしている19 人のことを最大の想像力で我がこととして想う時間を私たちは持ちたいと考えています。
7月26日に「なにか悲惨な事件があった」で済ませてはならない。
多様性ある個人が共に生きることの基盤に重大な攻撃が加えられた日、この日を境に共生の社会が壊れていくのか・再構築へのたたかいに立ち上がるのか、2016年7月26日は分岐点として永く記憶されるべき日付ではないかと私たちは考えています。
◇アクションの目的
1. 奪われた名前を公表されない19名の生命を、我がこととして悼む
2. 事件の風化を許さない
3. 事件がヘイトクライムであり、その基盤が優生思想であるという理解の普及
4. 優生思想の根にある人間観が、障碍者に限らず全ての人間を侮蔑し抑圧するものであるとの問題提起
5. 事件に対し価値判断に立ったコメントを出さない安倍政権への責任を問う
◇タイムスケジュール
18:30~20:00 梅田ヨドバシカメラ前にて集会
20:00~(移動)
20:30~22:00 扇町公園(西側入口(天満中学校側))にて集会
※プラカードやフェイクのロウソク等、こちらである程度用意しています。
※追悼の意を表して、なにか黒色のものを身に付けてご参加下さい。
※晩とはいえ暑いことが予想されるので水分補給はこまめに行って下さい。
※途中入退場は自由です。
呼びかけ:相模原施設障碍者大虐殺追悼アクションアクション有志(劇団態変・有志)
https://www.facebook.com/events/114227952539982/?ref=46



農 業
●7月26日(水) 午前10時30分~12時 神戸学生青年センターホール(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/
シリーズ「地域に希望を-これまでの農業、これからの農業-」
「菜の花から生まれた新しい流れ「愛東」の今、そしてこれから」

NPO法人 愛のまちエコ倶楽部事務局長 増田隆さん
これまで有機農業を通じて地域おこしをしてきたところは多くありますが、私たちの近くでもみんなで知恵を出し合い、地域の特色を生かしながら、幅広い人たちがかかわって希望を生み出し、それを未来へとつなげていこうとする人たちが多くおられます。
今回は実際にそれらを実践してきた人たちのお話を聞きます。生産者の立場から、消費者の立場から、またその両方からお話をしていただきます。加えて今まで農業が何を目指してきたか、今後有機農業の希望はどこに見出せるのかなども含めて、これからの日本の農業全般についても考えてみる機会もあります。これらのセミナーを通して、これからの私たちの生き方でのヒントのひとつになれば幸いです。多数の参加をお待ちしております。
参加費:600円 ※託児(無料)があります。必要な方は前々日までに予約してください。
主 催: (公財)神戸学生青年センター
http://ksyc.jp/seminar/ss-201704-07/



リコール運動
●7月26日(水) 11:00~堺市北区役所前・西区役所前
リコール署名活動(元維新堺市議会議員)
呼びかけ:堺市議会議員小林よしか、黒瀬大リコール署名実行委員会
https://m.facebook.com/pg/recall2017/events/?ref=page_internal&mt_nav=1



リコール運動
●7月26日(水) 11~13時 ライフ百舌鳥店
(元維新)堺市議会議員小林よしか、黒瀬大リコール運動
【有志市民グループ・街頭署名】
https://www.facebook.com/groups/1519664045019565/permalink/1849740102011956/



NEW
展覧会
●7月26日(水)~30日(日) 10:00~18:00 兵庫県民会館2Fアートギャラリー(JR・阪神「元町」より徒歩7分/地下鉄「県庁前」東1・2出入り口下車すぐ http://www.osaka-event.com/eventmap/mapdata/hyogo/hyogo_016/
第50回兵庫県平和美術展「平和の壁に、花一輪を」
主催:平和美術協会
後援:神戸市・同教育委員会
連絡:070-1749-0112
http://www.k2.dion.ne.jp/~kenpouhg/osirase.html



東アジアの平和
●7月27日(木) 18:30~エルおおさか708号(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
日韓交流事業2017 朝鮮戦争停戦協定締結から64年
「停戦協定を平和協定にかえよう!東アジアの平和に向けて」

講師:チェ・ウナさん 6・15南側委員会事務局長 韓国進歩連帯自主統一委員長
資料代:1000円 
主催:日韓平和連帯
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0727.pdf



森友学園問題
●7月27日(木) 18時~19時 阪急宝塚線豊中駅前人工広場
森友学園問題マイクアピールとビラ撒き
主催:森友学園問題を考える会



●7月27日(木)~29日(土) 茨木市立男女共生センターローズWAM(阪急茨木市駅西へ約500メートル JR茨木駅東へ約800メートル http://www.city.ibaraki.osaka.jp/shisetsu/siyakusyo/wam_s.html )
子どもたちと考える『戦争と平和』展in茨木
あの戦争から72年、今だからこそ、子どもたちや若い方々にあの時何が起こっていたのかと知っていただきたいと企画しました。広島の高校生が被爆者から聞き取った体験談から描いた絵画も広島県立基町高校のご協力を得て展示いたします。
https://www.facebook.com/events/1930549330516015/



■7月27日(木) 午後04:00~05:00 NHK BSプレミアム
フランケンシュタインの誘惑「“いのち”の優劣 ナチス 知られざる科学者」
科学史に埋もれた闇の事件簿。今回取り上げるのはナチス・ドイツが行った人間の「淘汰」。障害者やユダヤ人ら600万人以上が犠牲となった。その科学的根拠を作り上げた中心人物でありながら、ほとんど知られてこなかった科学者がいる。優秀な人間にのみ存在価値を認める「優生学」を信奉、ユダヤ人を特定する方法を研究し人種鑑定に携わった。弟子を使って強制収容所から大量の血液を送らせた。謎の科学者の、戦慄の人生に迫る!
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/3442/2071009/index.html?c=housou



■7月27日(木) 午後10:00~11:00 NHK BSプレミアム
フランケンシュタインの誘惑 科学史 闇の事件簿▽強制終了 人工知能を予言した男
史に埋もれた闇の事件簿。今回取り上げるのは、70年も前に「人工知能(AI)」を予言したイギリスの天才数学者アラン・チューリング。第2次世界大戦中、解読不可能と言われたナチス・ドイツの暗号エニグマを破り連合国を勝利に導いた。しかしその業績は軍事機密ゆえに戦後も長く封印され、その後チューリングが同性愛者として逮捕されたことも相まって評価されることはなかった。情報時代の夜明け、その闇に迫る…。
http://www4.nhk.or.jp/P3442/x/2017-07-27/10/24552/2071015/



●7月28日(金) 関西電力本社前(「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:30頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:30 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●7月28日(金) 19:00~関西電力本店前(「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電包囲special★day 夜の関電前大集会
7月28日(金)、8月25日(金) 19時~20時半
福島原発事故の被害が拡大する中、関西電力の暴挙が止まりません。5月、6月に高浜原発3、4号機を立て続けに再稼動し、秋には大飯原発の再稼動も狙っています。そのかん、福井現地住民や関西の周辺自治体・住民への説明は一切していません。
関電の再稼動は何重もの暴力です。福井の住民には原発を押し付け続ける差別。関西の住民には「電気代値下げを同時にやればだまされるだろう」という舐めきった態度。福島事故から関西に命からがら避難した避難者には、存在そのものを無視しかき消すこと。そして全ての人に事故の危険と恐怖を味わわせる。絶対に許されません。
しかし、福島事故から6年、大飯再稼動から5年。再稼動への怒りが風化している面があるのではないでしょうか。もう一度、多くの人で、関電前を埋めつくしたい。秋の大飯の再稼動阻止と高浜の即時停止には、上記全ての人々が手を取り合って今から行動することが必要です。その本丸は、関西電力本店前です。
そこで、普段19時までの関電抗議を月一で20時半まで、拡大集会として行います。全ての方に大集合をお願いします!
https://www.facebook.com/events/702922686575820/



●7月28日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●7月28日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●7月28日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&三宮駅までのパレード



●7月28日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に!
脱原発の願いを込めて 音楽・アート大歓迎。手作り看板・鳴り物持参で。
福島のこども達のための街頭カンパもやってます!再稼動許さないの声をもっと!
https://www.facebook.com/events/120139511952488/



岩国基地
●7月28日(金) 18時30分~エルおおさか南館101(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
岩国基地大強化を許さない!意義あり!基地との共生
講師:岡村 寛さん来阪/講演 愛宕山を守る市民連絡協議会・世話人代表
資料代:500円集会後交流会も予定しています。
主催:岩国・労働者反戦交流集会実行委
TEL:0774-43-8721 FAX:0774-44-3102 メール:iwakunihansen@yahoo.co.jp
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0728.pdf



朝鮮高級学校無償化
●7月28日(金) 11:00~大阪地方裁判所(地下鉄淀屋橋より北東へ8分 大阪市役所の北側、橋を渡り直すぐ http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/)
大阪無償化裁判日時
大阪・無償化裁判も、いよいよ判決を迎えます! 傍聴に行きましょう! 夕方には報告集会を開催!
判決日はアピールのため、垂れ幕などを持って一緒に裁判所敷地へ入場します。朝鮮学校関係者、支援者のみなさんは、10:00に裁判所敷地周囲道路の東南角へお集まり下さい。
※傍聴抽選券は10:30~10:45に裁判所別館前で配布の予定です。
http://gildong.hatenablog.com/entry/2017/05/21/110450



朝鮮高級学校無償化
●7月28日(金) 18:30~東成区民センター大ホール(今里②(大阪市営)徒歩約2分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-kV172cgVuZc/?utm_source=dd_spot
「朝鮮高級学校無償化裁判」判決報告集会
資料代 500円(大学生以下無料)
弁護団による裁判報告
当事者たちの発言と全国からのエール
大阪朝鮮学園と無償化連絡会・大阪の声明
韓国支援団体のアピール
主 催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪
http://gildong.hatenablog.com/entry/2017/05/21/110450



リコール運動
●7月28日(金) 11:00~堺市北区役所前・西区役所前
リコール署名活動(元維新堺市議会議員)
呼びかけ:堺市議会議員小林よしか、黒瀬大リコール署名実行委員会
https://m.facebook.com/pg/recall2017/events/?ref=page_internal&mt_nav=1



リコール運動
●7月28日(金) 11~13時 新金岡エブリィー
(元維新)堺市議会議員小林よしか、黒瀬大リコール運動
【有志市民グループ・街頭署名】
https://www.facebook.com/groups/1519664045019565/permalink/1849740102011956/



相模原事件
●7月28日(金) 19~21時 京都自由大学(京都市下京区油小路通り松原下る樋口町308 京都社会文化センター内
https://kyotofreeuniversity.wordpress.com/%e3%81%8a%e5%95%8f%e3%81%84%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b/
京都自由大学 2017年度一般講座
男性と暴力??相模原事件によせて(仮)

伊藤公雄(京都産業大学、男性学)※講師変更となりました。
参加費:500円(会員無料、学生・非正規労働者100円) 予約不要
連絡先
京都自由大学(事務局)
E-mail : kyotofreeuniv@gmail.com
https://kyotofreeuniversity.wordpress.com/2017-2/



冤罪事件
●7月28日(金)~30日(日) 13時~19時 兵庫県民会館2階アートギャラリー小展示室(JR・阪神「元町」より徒歩7分/地下鉄「県庁前」東1・2出入り口下車すぐ http://www.osaka-event.com/eventmap/mapdata/hyogo/hyogo_016/
無実の人々を救う救援美術展 
 29日(土)10時~19時
 30日(日)10時~15時
著名な美術家や県内地元作家が作品提供。冤罪事件など人権の回復を求めている人々を支援する目的で開催。
神戸質店事件/花田郵便局事件/倉敷民商事件/名張毒ぶどう酒事件など。
入場無料
連絡:078-351-0677
主催:兵庫県救援美術展実行委員会 



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2017年7月23日 (日)

★7/23追加情報
●7月23日(日) 15時30分~神戸音楽センター会館(JR兵庫)
川口真由美コンサート&うたう会



【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-177.html




●7月23日(日) 午後2時~4時半 高槻市立生涯学習センター3階研修室(JR京都線「高槻」下車松坂屋側 http://ticket-search.pia.jp/pia/venue/venue_access_map.do?venueCd=TSGS
反原発自治体議員・市民連盟 関西ブロック発足の集い
関西自治体議員・市民の力で 若狭の原発再稼働を止めよう!

記念講演「なぜ、「原発で若狭の復興」は失敗したのか」
講師:山崎隆敏氏(元越前市議会議員)
報告「福島第一原発事故と大熊町の被害の実態」
木幡ますみ氏(福島県大熊町議会議員)
資料代:500円
http://www.nonukesjapan.org/20170723kansai.pdf



●7月23日(日) ①13:00~②15:00~こうべまちづくり会館2階ホール(地下鉄海岸線「みなと元町駅」西1出口から北へ1分 神戸高速 「花隈駅」東口から南へ3分「西元町」東口から東へ5分 JR・阪神 「元町駅」西口から西へ8分 http://www.kobe-machisen.jp/access/
映画「日本の再生」神戸上映会
 光と風のギガワット作戦

主催:さよなら原発神戸アクションなど
前売:¥800、当日¥1000
連絡:090-3652-8652
http://www.k2.dion.ne.jp/~kenpouhg/osirase.html



●7月23日(日) 14:00~16:00 葺合文化センター 中会議室2(神戸芸術センター6階)(地下鉄/JR新神戸駅より徒歩4分 http://www.kobe-bunka.jp/facilities/fukiai/)
連続講座「原発からみる民主主義」第4回・フランス
~チェルノブイリと福島の事故をうけたヨーロッパ各国の選択~

チェルノブイリや福島の事故をうけて、世界各国はどのような選択をしているのだろうか。私たちがいますべきこととは、なんだろう。
原発の是非を問う国民投票の実施を求めて活動している市民グループ・「原発」国民投票は、関西で連続講座を開催中です。書籍『脱原発の比較政治学』執筆者の先生方をお迎えして、ヨーロッパ各国の事例について講演していただき、原発政策と民主主義について議論を深めます。
いよいよ最終回!第4回は「フランス」
米ソ冷戦下よりフランスにとって原子力は軍事・民生を問わず国力を象徴する重要な技術でした。当初国民的合意で推進された原発は、次第にエリート官僚らが専門的知識を武器に決定プロセスから国民・政治家を排除し、民主主義の「赤字」を生みました。福島原発事故後、国民の危機意識が高まる一方、「減原発」を公約に掲げたオランド大統領が逆に原発輸出に積極的であったなど、原子力信仰は衰えていません。59基の原発、「原子力ムラ」など多くの点で日本と共通するフランスの状況を学びます。
講師:畑山 敏夫(はたやま としお)さん
1953年生まれ。佐賀大学経済学部教授(政治学)。著書に『現代フランスの新しい右翼――ルペンの見果てぬ夢』(法律文化社/2007年)、『フランス緑の党とニュー・ポリティクス――近代社会を超えて緑の社会へ』(吉田書店/2012年)ほか。
料金:500円(資料代)
主催:みんなで決めよう「原発」国民投票・関西
申し込み方法:以下のいずれか(予約優先)
Facebookイベントページへの参加表明 Eメール: mintkansai@gmail.com
電話:090-4273-4591(大音/おおと)
☆実施済みの講座
第3回 6月25日 「イタリア」(講師:高橋 進さん)
第2回 5月28日 「ドイツ」(講師:小野 一さん)
第1回 4月23日 「スウェーデン」(講師:渡辺博明さん)
http://kokumintohyo.com/archives/11228



エネルギー
●7月23日(日) 午後2時~ラボール京都4階第10会議室(阪急・京福西院 http://laborkyoto.jp/access_map.php
【ESCO事業とは?】
原発、化石燃料に頼らない電力エネルギーを実現するために、今回は節電、省エネについて考えていきたいと思います。ESCO事業とは、Energy Service Company事業の略称で、民間企業活動として顧客の光熱水費等の経費削減を行い、削減実績から対価を得るビジネス形態のことです。エネルギー危機が表面化した1970年代後半にアメリカから始まり、日本でも取り組まれるようになりました。その特徴として、
・顧客において新たな費用負担を必要としない
・省エネルギー効果の保証
・省エネに関する包括的サービスの提供
・省エネルギー効果の計測・検証
を持つとされます。現在のESCO事業の到達点と課題、将来の可能性を、市民エネルギー京都専務理事の伊藤真吾さんと一緒に学んでいきます。
参加費:300円
主催:e未来の会
http://ur0.link/EkgZ


 
経済政策
●7月23日(日) 13:30~16:30 大阪市立福島区民センター301会議室(地下鉄千日前線「野田阪神駅」阪神「野田駅」 https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
「生活フォーラム関西」勉強会
安倍自民党政権に打ち克つための『私たちの経済政策』勉強会

講師 : 松尾匡 立命館大学経済学部教授
*現在、京都にて山本太郎氏×ひとびとの経済政策研究会で、「全てのひとびとのための経済学講座」(全4回)を開講中。
*リベラル派が今最も傾聴したい、注目の経済学者です。
参加料:(生活フォーラム関西会員)500円、 (一般参加)1000円
親睦会:講演会場の近くで親睦会を開く予定です。参加費は3000円程度です)
お申し込み:https://ssl.form-mailer.jp/fms/0de8908b411455
http://seikatu-forum.blog.jp/archives/71538955.html



憲法カフェ
●7月23日(日) 午後1:30~午後4:00 尼崎市立小田公民館(JR尼崎駅北口北東へ徒歩約5分 ヴェール尼崎1・2階 http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/map/institution/05_009.html
「憲法カフェ」
講師:弘川欣絵 弁護士
参加費無料
主催:ききたい つなげたい8・6ヒロシマを実行委員会
電話: 090-1890-1804(佐々木)
https://calendar.google.com/calendar/render?eid=NWYwZDJjZDd2aGtzaTdnOG5jOWNpNnE3NDYga29iYXlhc2hpMjU2OTRAbQ&ctz=Asia/Tokyo&sf=true&output=xml#eventpage_6



小田実
●7月23日(日) 14時~森ノ宮・パル法円坂(JR森ノ宮または、地下鉄森ノ宮出口2から西へ徒歩10分程度 http://www.1122pal.ne.jp/?men=6) 
小田実没後10年・関西の集い
「小田実が遺したもの、引き継ぐもの」

発言者:海老坂 武(フランス文学者)オイゲン・アイヒホルン(独日平和フォーラム共同代表)金 鐘哲(韓国『緑色評論』発行人/編集長)他
主催:「小田実没後10年・関西の集い」実行委員会
17時半~夕食交流会(パル法円坂)
http://blog.livedoor.jp/oda2007/archives/51690940.html



相模原事件
●7月23日(日) 16:00~西元町きらきら広場(阪神西元町駅すぐ goo.gl/WSz86s)16:15~デモ出発
障害者を殺すな 7.23 神戸デモ
――やまゆり園事件を忘れない

やまゆり園事件から1年です。19人の障害を持つ仲間が殺されたのに、たくさんの人たちは忘れてしまいました。でも、私たちは一生忘れません。
障害者と健常者を分けるな 19人の名前を出せ 施設に入れるな 精神病院に入れるな
同じ学校に通いたい 地域で暮らしたい 障害があっても生まれたい 障害者は不幸じゃない
リメンバー 7.26 神戸アクションでは、津久井やまゆり園事件から1年目の7月、デモを行ないます。広く各地から多くの人が参加してくださるよう願っています。どうぞ予定にお加えください。また、介護・救護などのボランティアも多く必要です。どうぞふるってご参加ください。
主催者: リメンバー 7.26 神戸アクション : Remember 7.26 Kobe Action
デモコース : 元町商店街~三宮センター街を東進
→17:15 花時計(三宮)着/呼びかけ人・参加者挨拶→17:30 解散
・もしできるなら、事件を思い出してもらうため、また、障害者の解放を願って、派手な格好(フェイスペインティング、カラフルなウィッグなど)や喪服で歩きましょう。
・プラカード、鳴り物、トラメガなども大歓迎。
・全員が付ける喪章はこちらで準備します。
・途中から入ったり抜けたり、出入り自由です。
・暑いので水分補給に気を付けて。
呼びかけ:リメンバー 7.26 神戸アクション
問い合わせ:石地 電話 080-3794-2685 メール RING-NO-OSHIGOTO@softbank.ne.jp
https://www.facebook.com/events/730763337132167/



NEW
ライブ
●7月23日(日) 15時30分~神戸音楽センター会館(JR兵庫 http://www.mapion.co.jp/phonebook/M13022/28105/22830703821/
川口真由美コンサート&うたう会
京都在住のシンガーソングライター。障害者施設代表。3人の子どもを育てるシングルマザーでもある。
戦争反対・護憲・反原発・沖縄基地建設反対などの運動に参加しながらメッセージを込めた弾き語りやピアニカを使った演奏を行っている。辺野古には月1回ペースでゲート前の座り込みなどに参加。その場においても「歌」や「踊り」で連帯を続けている。
肩を寄せ合い、力を寄せ合いながら生きる人々の中で、悩み、葛藤しながら紡いできた詩とメロディーの力強さは、多くの人々の心に響いている。そして、倒れても立ち上がり前に進む力を与えてくれる。闘うシンガー・闘いを歌う女・共に歌う歌姫など、勇ましい愛称も多いが、感受性が強く涙もろい一面もある。
戦争の悲しみから生まれたのが憲法9条なら、私は憲法と平和といのちわを歌っていきたい。戦争のために子どもを産んだのではない。その一点で母親達は連帯できると思うのです。との強い想いと確信を持って、ファーストアルバム「想い 続けるー沖縄・平和を歌う」(http://www.ongakucenter.co.jp/smp/item/CCD929.html)を2016年12月8日にリリース。
チケット:前売り2000円(当日300円増)
連絡先:神戸市役所センター合唱団
電話番号 078-672-1015 e-mail:kobe@center-choir.jp
http://www.center-group.net/items/7208172



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2017年7月22日 (土)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報


『残されし大地』 (2016年/ベルギー/76分)
命の大切さ尊さが、深く静かに描かれた傑作ドキュメンタリー
2016年3月にベルギーで起きたブリュッセル連続テロ事件で亡くなった映画音響技師ジル・ローランが、原発事故後の福島に生きる人びとをテーマに製作したドキュメンタリー。福島県第一原発から約12キロ離れた福島県双葉郡富岡町。11年3月11日の福島原子力発電所の事故のあと、町に残された動物を保護し育てるため、富岡町に残ることを決めた松村直登さんは、父とふたりで避難指示解除準備区域の自宅にとどまっている。半谷信一さんは、背後で除染作業が行われる中、穏やかに農作業をする。また、お彼岸の墓参りで仮設住宅から南相馬市の居住制限区域(当時)に一時帰宅した佐藤夫妻は、来年こそ故郷への帰還を先祖に誓うが、その手には放射能計測器があった。故郷に残る者、故郷に戻る者、戻らない者、淡々と進む日常生活の中でそれぞれが語る自然体な言葉から見える、故郷を失った人たちの今とこれからが描かれる。映画は、監督のローランがテロ事件で他界した後、プロデューサーや同僚たちの手によって完成。日本でも「京都国際映画祭2016」で上映された。
●7/15(土)~8/11(金) シネ・ヌーヴォ(地下鉄中央線「九条駅」6号出口徒歩3分/阪神なんば線「九条駅」2番出口徒歩2分 http://cinenouveau.com/access/access.html
上映日程
7/22(土)~7/28(金) 10:50~
7/29(土)~8/4(金) 13:20~
8/5(土)~8/11(金) 19:25~
※7/29~はヌーヴォXでの上映です
http://cinenouveau.com/sakuhin/nokosareshi.html



対米従属
●7月22日(土) 午後2:00~国労大阪会館3F(天満駅出口から徒歩約2分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/map/)
2017年シーサーネット年次総会&特別講演会
特別講演「自発的対米従属をどう克服するか」 (2:30~)
講師:猿田佐世さん(新外交イニシアティブ事務局長、弁護士
※最初の30分間は年次総会となります。その後講演会となります。     
自発的対米従属の下、沖縄は基地負担の犠牲を強いられ、日本は9条改憲により戦争する国の完成に向かっています。このゆがみを正すために、市民が主体的に新しい日米関係の転換をどう実現していくか。その道を共に考えましょう。
さるた・さよプロフィール:新外交イニシアティブ事務局長、弁護士(日本・米ニューヨーク)。2002年日本で弁護士登録後、アムネスティ・インターナショナルなどの国際人権団体で活動。外交・政治分野で米議会などでロビー活動を行うほか、沖縄訪米団などの訪米活動をサポートしている。著書に、「自発的対米従属」(角川新書)、「日米安保と自衛隊」(岩波書店)など。」
資料代:800円 
主催:しないさせない戦争協力関西ネットワーク
連絡先:℡06-6364-0123(中北法律事務所) ℡06-6575-3131(全港湾大阪支部)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0722-2.pdf



朝鮮半島情勢
●7月22日(土) 14時~16時45分 摂津市立コミュニティプラザ第3、4会議室(阪急京都線摂津市駅 https://www.google.co.jp/maps/place/%E6%91%82%E6%B4%A5%E5%B8%82%E5%BD%B9%E6%89%80+%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B6/@34.786088,135.5526123,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x6000e305a2da4fbb:0x4ef596808852ff2b!8m2!3d34.786088!4d135.554801?hl=ja
「緊迫する朝鮮半島情勢と安倍9条改憲案の危険性」    
講師:澤野義一(大阪経済法科大学教授 憲法学)
   康 宗憲(韓国問題研究所代表・同志社大学嘱託講師)
アメリカ・トランプ政権は 2つの原子力空母機動部隊やステルス型戦略爆撃機 B1B(核爆弾を搭載可能)を朝鮮半島(域)に展開し北朝鮮への軍事攻撃の圧力を加え続けている。安倍政権はこれに応じてすぐさま「戦争法」を発動(第2弾)し「米艦防護」を命じた。対する金正恩政権は「命同然の核」を放棄するつもりはないと公言し、(弾道)ミサイルを打ち続けている。韓国では格差拡大・高い失業率等への民衆の怒りによって朴槿恵大統領は罷免された。しかし文在寅新政権は民間団体の北朝鮮との交流を容認するなどの公約実施に努めているもののTHAAD 配備を押し付けられるなど前途は多難である。こうした緊迫する朝鮮半島情勢の中で、安倍首相は5月3日「9条1項、2項は残し3項に自衛隊を 明記する」という9条改憲論を唐突に打ち出した。公明党、維新、民進党の一部まで取り込んでまずは「自衛隊の明記」を実現し、そのことによって1項、2項の実質的破棄をもくろんでいるのは明らかである。私たちは康宗憲さん、澤野義一さんの「緊迫する朝鮮半島情勢と安倍9条改憲論の危険性」の講演に学び、戦争反対!9条改憲反対の意思をさらに打ち固め、ともに前進しましょう。
参加費:800円(学生500円)
主催:憲法9条の会・関西(Mail・kenpo9kansai@yahoo.co.jp)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0722-1.pdf



戦争体験
●7月22日(土) 14時~東灘区民センター第1会議室(8階)(JR・六甲ライナー「住吉駅」南側 徒歩3分 http://www.kobe-bunka.jp/shosai/higashinada/map.html
九条の会・ひがしなだ シリーズ 私の戦争体験(その12)
「正義」の戦争はない~「満州」引き揚げ、苦難の戦後生活

語り部:谷家勇雄さん(西岡本在住)
参加協力費:500円
主催:東灘区民センター第1会議室(8階)
九条の会・ひがしなだ 問合せ 090-1485-5603(西谷)
http://higasinada9.web.fc2.com/CHIRASI201707.pdf



中国抗日映画
●7月22日(土) 午後2時~4時 芦屋市大原集会所洋室B(JR芦屋駅から北へ徒歩3分 http://www.city.ashiya.lg.jp/shisetsu/ohara_sh.html
「日本は中国で何をしたか~憎しみと赦しの映画戦争~」
お話:永田喜嗣(大阪府立大学人間社会学研究科博士後期課程)
今年は1937年7月7日に起きた盧溝橋事件と同年12月13日前後に起きた南京事件から80周年を迎えます。「日本は中国で何をしたか」・・・それを忘れてしまった人々、それを知らない人々があまりにも多い現状があります。あの戦争は真珠湾に始まって原爆で終わったのではありません。中国での戦争が太平洋戦争への道と繋がっていることを我々は忘れがちです。日中戦争がなんであったのか?日本人にとっての中国とはなんであったのか?なぜ、日本人は責任を意識できないのか?戦後も終戦を迎えない抗日映画による映画戦争の足跡を辿りながら日本人が残した中国での戦争と、私たち日本人の今について考えます。
今までの抗日映画についての講演とはまた違った内容になっています。是非、ご来場ください。
主催:日本中国友好協会芦屋支部
http://civilesociety.jugem.jp/?eid=36689



辺野古新基地問題
●7月22日(土) 15時30分~(毎週土曜日)JR大阪駅南バスターミナル
「辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動」
辺野古の海が埋め立てられないように活動しています。
お時間の許す範囲で、少しでも皆様のご参加お待ちしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/henoko_osaka



辺野古新基地問題
●7月22日(土) 13:00~14:00 神戸マルイ前
HENOKO NO! 沖縄に基地はいらない 
   辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動

沖縄県民に対する不正を止めるために、共に声を上げて下さい。
ツイター・FaceBookで情報発信中{辺野古・神戸}で検索して下さい。
土曜の午後はいつもの時間、いつもの場所で、はじめての方、ちょっとだけ参加、見学、大歓迎。
https://twitter.com/kobekodo/



辺野古新基地問題
●7月22日(土) 毎週土曜日17:00~18:30ごろ 京都市 三条河原町交差点(三条河原町商店街のアーケード前スペース)
沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、
     普天間基地の撤去を求める京都行動

アピール、チラシ配り、新基地建設に反対する署名集めなどなど
http://kyoto-action.jugem.jp/?pid=1
https://twitter.com/ALALALED/status/551165696185344000



座り込み
●7月22日(土) 18時~21時(毎週土曜夜) 梅田ヘップ ファイブ前
梅田解放区座り込み
アベ退陣!戦争、沖縄基地、差別、貧困、原発、すべてに反対!
https://twitter.com/umedasitin/status/887569640779464706



野党共闘
●7月22日(土) 15時~富田林市民会館・中ホール(収容人員360名)(喜志駅下車 南へ徒歩7分 http://rainbowhall.jp/access
衆議院大阪第15区
共謀罪廃止・憲法九条改憲阻止 野党共闘市民の集い

演題「9条を守るために市民と野党はかくたたかう」
講師:「九条の会」事務局長 小森陽一さん
野党のスピーチ・市民のスピーチ
サックス演奏 Swing Masaさん
主催:衆議院大阪第15区野党共闘富田林市民連合
https://twitter.com/ken88220/status/880574902704627712



社会的連帯経済
●7月22日(土) 1:30~5:00 大阪市立東淀川区民会館(阪急電車「淡路」駅 http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016628.html
シンポジウム 社会的連帯経済の現状と今後
メイン報告:杉本貴志(関西大学教授)
サブ報告:若森資朗(ソウル宣言の会代表)津田直則・浦田和久
参加費・資料代:¥500
主催:共生型経済推進フォーラム
連絡MAIL sakatake2000@yahoo.co.jp(境 毅)
http://jimmin.com/2017/03/24/post-1340/



韓国情勢
●7月22日(土) 午後6時半~ひとまち交流館 京都第5会議室 (京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html)
グローバル・ジャスティス研究会・7月の企画
文在寅政権で、韓国・東アジアはどう変わるか?
☆報告☆韓国は今 Part2
新政権の出発と「核・ミサイル危機」~ 東アジアの平和のための課題」

講師:崔誠一さん 在日韓国民主統一連合(韓統連)大阪本部・事務局長
4月に続いて、崔誠一さんのお話です。朴槿恵大統領弾劾のキャンドル運動から、大統領選挙での文在寅候補の圧勝。改革への期待、南北対話の再開をめぐる動き、一方でTHAAD(サード)ミサイル配備をめぐる動きや日韓関係。東アジアの平和のために、今、何が求められているか、いっしょに考えましょう。ぜひご参加ください。
参加費:資料代として500円
主催:グローバル・ジャスティス研究会 https://www.facebook.com/%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%BC%9A-683537078494574/
お問い合わせ:080-2742-2590(佐々木)
https://www.facebook.com/events/147843695787186/



えん罪
●7月22日(土) 14時~16時半 龍谷大学梅田キャンパス(ヒルトンプラザウエストオフィスタワー14階 http://www.ryukoku.ac.jp/osaka_office/access/index.html
刑事弁護研究会・公開研究会 和歌山カレー事件から19年
講演「科学鑑定とえん罪」 

講師:笹倉香奈さん(甲南大学法学部教授)他
資料代:800円 
主催:和歌山カレー事件を考える人々の集い
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0722.pdf



イスラム
●7月22日(土) 14時30分開演~16時30分 西宮市立勤労会館大ホール(JR西宮駅南口徒歩約5分 阪神西宮駅東出口徒歩約6分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-64TsM2qJliw/?utm_source=dd_spot
兵庫県保険医協会西宮・芦屋支部 第37回総会記念市民公開講演会
知られていないイスラムのこと 暴力の連鎖と混迷はどうして生まれるのか
講 師:サラハッディン(エルビル)大学言語学部教授
    アブドゥルラッハマン・ギュルベヤズ氏
「イスラムはよく分からない」という声をよく耳にします。イスラムについての歴史的な経緯を、イスラム教とユダヤ教・キリスト教との関係や、政治的背景を紐解きながらお話しいたします。人々の暮らしや欧米でのイスラム圏からの人々の現状にも触れ、これからの関係のために何ができるのかを考える機会といたします。
アブドゥルラッハマン・ギュルベヤズ(Abdurrahman Gulbeyaz)さん略歴 
1962年トルコ生まれ。ガージ大学、ボスフォラス大学(トルコ)で言語学、音楽学を学び、1996年ドイツ・ハンブルグ大学言語学部卒業。2003年トルコ語スクールを芦屋に開校。2006年大阪外国語大学トルコ語専攻非常勤講師、2010年大阪大学言語文化研究科トルコ語学科准教授を経て現在サラハッディン(エルビル)大学言語学部教授。
入場無料 どなたでもご参加いただけます。 
主催:兵庫県保険医協会 西宮・芦屋支部
お問い合わせ:協会事務局 TEL:078-393-1809 E-mail: shin-ok@doc-net.or.jp
https://www.facebook.com/events/413716338996523/



韓国学生運動
●7月22日(土) 15:00~大阪教育大学天王寺キャンパス4階410教室(JR・地下鉄天王寺駅 近鉄大阪阿部野橋駅徒歩約10分 JR寺田町駅徒歩5分 http://osaka-kyoiku.ac.jp/campus_map.html
国際高麗学会日本支部第86回人文社会研究部会
「朴大統領狙撃事件と在日韓国人青年・学生運動」
高祐二(コウイ)さん(兵庫朝鮮問題研究会会員) 
主 催:国際高麗学会日本支部  http://www.isks.org/
http://www.freeml.com/kdml/10827



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村


(7/21更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2017年7月17日(月祝)~21日(金)

★7/21追加情報
●7月21日(金) 11:00~堺市北区役所前・西区役所前
リコール署名活動(元維新堺市議会議員)
●7月21日(金)  10~12時 津久野ダイエー 11~13時 新金岡エブリィー
(元維新)堺市議会議員小林よしか、黒瀬大リコール運動
★7/20追加情報
■7月21日(金) 午後07:30~08:00 NHK総合
かんさい熱視線「“日本に逃げてきました”-急増する難民 知られざる実態-」
★7/17追加情報
●7/21(金)までのイベント情報を追加しました。



【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-174.html




自民党改憲草案
●7月17日(月祝) 17:30~神戸女学院大学文学館28号(L28)(阪急電鉄今津線「門戸厄神駅」徒歩10分 http://www.kobe-c.ac.jp/access.html)
『本当は怖い自民党改憲草案』出版記念講演会
多様な執筆陣による「改憲草案実現後のこわ~い日本の未来」予測。当日特別価格販売。安保法に反対する関西圏大学有志の会主催。共催団体も次々と。執筆陣が登壇します。ぜひお越しを!
登壇者:石川康宏(神戸女学院大学)弘川欣絵(弁護士・ママの会)伊地知紀子(大阪市立大学)
ナビゲーター:新ヶ江章友(大阪市立大学)塩田潤(関西市民連合)
入場:無料
『本当は怖い自民党改憲草案』2017年7月中旬に、法律文化社より出版予定。当日会場でも特別価格1800円(定価2160円の2割引)で販売いたします。
https://twitter.com/chejusaran/status/872770901472813056



天皇制
●7月17日(月祝) 午後6時半~9時 エルおおさか(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
「海の日」反対7・17大阪集会―「神戸開港150年」とはなにか―
内容:DVD「神戸と核と日米同盟」上映  
発題:金羽木あつしさん(釜ヶ崎パトロールの会)他  
参加費:500円(経済的に厳しい方は受付まで)
主催:参戦と天皇制に反対する連続行動



●7月18日(火) 午前11時~大津地裁(JR東海道本線大津駅から琵琶湖方面へ徒歩約3分 http://www.courts.go.jp/otsu/about/syozai/otumain/index.html)
福井原発裁判(滋賀)本訴第15回口頭弁論
・終了後記者会見、報告集会
午前11時30分頃(予定)~滋賀県教育会館2階大会議室
※裁判状況により、開始時刻が遅れることがあります。
http://www.nonukesshiga.jp/



植民地主義
●7月18日(火) 18時半~大阪市立中央会館第4会議室(堺筋本町駅3号出口東へ徒歩2分 http://www.osakacommunity.jp/chuo/access.html
現代に生き続ける植民地主義<第16回 世直し研究会>
~中国・海南島の近現代史から~

講師:斎藤日出治さん(大阪産業大名誉教授)
連絡先:村上周成 090-8531-0574
http://hanshin204.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/7gs-1ccd.html



朝鮮高級学校無償化
●7月18日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



■7月18日(火) 9:00~10:40 NHK-BS
NHK-BS『プレミアムカフェ選』
「笑う沖縄-百年の物語」(初回放送:2011年)
巨大権力への風刺と民衆への愛情に溢れた戦後沖縄のお笑い文化を、“沖縄のチャップリン”小那覇舞天や照屋林助ら、芸人たちの足跡と重ねながら描く。
http://www4.nhk.or.jp/pcafe/x/2017-07-18/10/17962/2325055/



●7月19日(水) 18時半~山崎文化会館2階研修室(兵庫県宍粟市山崎町鹿沢88-1 http://www.mapion.co.jp/address/28227/90::54:1/
中嶌哲演(明通寺住職)講演会
「なぜ原発再稼働を急いでいるのか」

主催:宍栗地区労、九条の会・宍栗、さよなら原発宍栗の会
連絡:090-9989-7129(菅野)



戦争法 共謀罪
●7月19日(水) 18:30~京都市役所前(御池通側歩道)19:00~デモ出発(四条河原町まで)
戦争法・共謀罪は廃止!7.19街頭演説会&デモ
主催:安保法制の廃止をめざす市民アクション@きょうと
https://www.facebook.com/kyoto.fushimi.kakushinkon/photos/a.536513049779856.1073741831.531504390280722/1365849916846161/?type=3&theater



貧困問題と居場所
●7月19日(水) 神戸市勤労会館多目的ホール(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html
ひろがる貧困に対して「居場所つくり」と「行政の責任」を考える
映画「さとにきたらええやん」上映会

タイムスケジュール
・第1回上映 10:30~12:15
・講 演   13:00~14:30
・第2回上映 15:00~16:45
・第3回上映 18:30~20:15
講演「広がる貧困にどのように対応できるのか 生活相談の現場から生活保護制度を考える」
講師:觜本郁さん(神戸の冬を支える会)
こわすな憲法!いのちとくらし!市民デモHYOGOは、2016年9月の結成以来、貧困問題への取り組みに学び、共有してきました。(12月「こどもの貧困」02月「学生の貧困)
今回は、釜ヶ崎で38年間続けられてきた「こどもの里」の実践から、「居場所つくり」を学びます。
また、貧困問題の解決に行政の公的責任は欠かせません。その柱ともいうべき生活保護制度の現状と、どうすればいいのかを、神戸で野宿者や外国人・DV被害者などの生活相談に取り組んできた觜本郁さんに講演していただき、質疑で深めます。
どうぞご参加ください。
参加費:前売り券800円、当日券1000円(学生・避難者半額)
第1回上映から第2回上映まで、会場の多目的ホール内にキッズスペースを設けます。また第1回上映の時間帯のみ、4階の子ども室で託児をおこないます。対象は1歳半~就学前のこどもさんで、7月6日申し込み締め切り、託児費400円です。
主催:こわすな憲法!いのちとくらし!市民デモHYOGO
連絡先:高橋090-3652-8652
http://www.futoko.info/zzevents/2017/07/%E6%98%A0%E7%94%BB%E3%80%8C%E3%81%95%E3%81%A8%E3%81%AB%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%82%89%E3%81%88%E3%81%88%E3%82%84%E3%82%93%E3%80%8D%E4%B8%8A%E6%98%A0%E4%BC%9A%E7%A5%9E%E6%88%B8%E5%B8%82/



●7月20日(木) 16時~19時 滋賀県庁正面噴水前(JR大津駅から徒歩5分 大津市京町四丁目1番1号 http://www.pref.shiga.lg.jp/guide/chosha/index.html
滋賀県庁前すわりこみ
http://nonukesiga.exblog.jp/24739729/



森友学園問題
●7月20日(木) 17時~18時半 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東 天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
森友学園問題府庁前行動
マイクアピールやビラ撒きで、「維新の会と公明党は百条委員会設置に同意せよ」と訴えます。街頭行動の前には府議会各会派を回って申し入れをすることになっていますので、17時からのマイクアピールではその時の様子も報告します。
主催:森友学園問題を考える会



民主主義
●7月20日(木) 10:00~11:30 神戸市勤労会館406号(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html
グリーンズトーク ひょうご 民主主義ってコレかも?
アイスランド&ヨーロッパの旅でみつけたもの

講師:小橋かおるさん
北大西洋の小さな島国、アイスランド共和国をご存じですか?人口30万人ほどの氷河と火山の国ですが、2008年のリーマン・ショックによる金融崩壊の危機を乗りこえ、2016年には一人あたりの所得世界7位と経済を立て直した国。また、男女平等ランキング世界1位、平和な国世界1位、幸福度世界3位、そして国内電力需要のほぼすべてを水力と地熱でまかなうという、まるで社会的「おとぎの国」のようなアイスランド。いったいどのような人たちが創り上げたのか?ずっと気になっていた国、アイスランドを3月に訪問し、国会議員、市民政党の支持者、若者、ごく普通の人々と会話を交わし、その答を探してきました。同じく訪問したフィンランド、イングランドを合わせ、この旅で見つけたものをお話させていただきます。
【小橋かおるさんプロフィール】
大学英語講師。2004年にチャリティ詩画集「花と爆弾-もう、戦争の暴力はやめようよ-」上梓以来、アフガニスタンとイラクの子どもたちのための寄付活動を続ける。2011年、東京電力福島第一原発事故による被ばくから子どもたちを守る活動への支援を開始。戦争も核もない自然豊かな地球を次世代に残したいとの思いで、メールマガジン「7世代に思いをはせて」を発行中。緑の党グリーンズジャパン会員。
参加費:500円 原発事故避難者・学生・障がい者 200円 子ども無料 お子様連れ歓迎♪(会場内にキッズスペース有)
主催:緑の党ひょうご(緑の党兵庫県本部)
お問い合わせ・連絡先:hyogo.greens@gmail.com 松本 070-1308-7717
https://www.facebook.com/events/1912292002323247/



釜ヶ崎
●7月20日(木) 18時半~20時半 上田安子服飾専門学校本館(阪急梅田駅茶屋町口徒歩5分 http://www.ucf.jp/college/access.html) 
連続歴史講座 釜ヶ崎の半世紀(3) 
「アートの原点、釜ヶ崎~『釜ヶ崎芸術大学』のおっちゃんたち~」
講師:上田假奈代さん(詩人、釜ヶ崎芸術大学運営)
5年前に釜ヶ崎に学びと表現の場を創設した詩人の上田さんが語る釜ヶ崎とアー
トの関係とは。
参加費:1000円 定員:50人《先着順》
主催:大阪自由大学(06-6386-4575)
http://osakafreedom.blogspot.jp/2017/05/



●7月21日(金) 関西電力本社前(JR「大阪駅」阪神・阪急「梅田駅」徒歩約15~20分 「北新地駅」徒歩10分「淀屋橋駅」徒歩約10分 「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:30頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:30 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●7月21日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●7月21日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●7月21日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&三宮駅までのパレード



●7月21日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に!
脱原発の願いを込めて 音楽・アート大歓迎。手作り看板・鳴り物持参で。
福島のこども達のための街頭カンパもやってます!再稼動許さないの声をもっと!
https://www.facebook.com/events/1809342122710417/



介護保険
●7月21日(金) 6時30分~9時 大阪府保険医協会M&Dホール(難波・桜川・四つ橋 大阪府保険医協同組合会館 5F https://osaka-hk.org/events/locations/md%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%ab
ここが危険!!改正介護保険法
資料代:500円 事前申し込み要 
主催:大阪社会保障推進協議会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0721.pdf



地域社会
●7月21日(金) 19~21時 京都自由大学(下京区油小路通り松原下る樋口町308 京都社会文化センター内
https://kyotofreeuniversity.wordpress.com/%e3%81%8a%e5%95%8f%e3%81%84%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b/
「亡くなられた方々は、なぜ地域社会で生き続けることができなかったのだろうか?」
講師:渡邉琢(日本自立生活センター介護コーディネーター)
参加費:500円(会員無料、学生・非正規労働者100円)予約不要
連絡先:京都自由大学(事務局)
E-mail kyotofreeuniv@gmail.com
https://kyotofreeuniversity.wordpress.com/2017-2/



映画上映会
●7月21日(金) ①14:30~ ②18:00~やまと郡山城ホール小ホール(近鉄郡山駅徒歩約7分 http://www.ykjohall.jp/access.html
映画 スノーデン上映会
オリバーストーン監督最新作
料金:前売り1000円 当日1300円
http://sandori2014.blog.fc2.com/img/20170705194144e28.jpg/
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1575.html



映画上映会
●7月21日(金) 19:00~東淀川区民センター大ホール(阪急京都線「淡路」または「上新庄」徒歩15分 http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016626.html
朴英二(パクヨンイ)監督『蒼(そらいろ)のシンフォニー』上映会
http://soraironosymphony.com/
日本で生まれ育った朝鮮学校生徒たちの物語。朝鮮修学旅行に同行取材。
入場料:1000円・高校生500円・小学生以下無料
主 催:北大阪オモニ連絡会・アプロハムケ北大阪 090-9882-1663(こうのすけ)
http://www.freeml.com/kdml/10804



NEW
●7月21日(金) 11:00~堺市北区役所前・西区役所前
リコール署名活動(元維新堺市議会議員)
呼びかけ:堺市議会議員小林よしか、黒瀬大リコール署名実行委員会
https://www.facebook.com/events/144803836075325/



NEW
●7月21日(金) 10~12時 津久野ダイエー(西区) 11~13時 新金岡エブリィー(北区)
(元維新)堺市議会議員小林よしか、黒瀬大リコール運動
【有志市民グループ・街頭署名】
https://www.facebook.com/groups/1519664045019565/permalink/1849740102011956/



■7月21日(金) 午後07:30~08:00 NHK総合
かんさい熱視線「“日本に逃げてきました”-急増する難民 知られざる実態-」
去年、難民申請の数は初めて1万人を超えたが、国による認定者は数十人にとどまっている。多くは認定を得られないまま滞在し、不安定な生活に追い込まれている。これまで表に出ていない難民の実態を直撃し、今後どう安定した社会を築くべきか考える。
http://www4.nhk.or.jp/P2852/x/2017-07-21/21/51978/8207875/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村




脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2017年7月16日 (日)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-174.html




●7月16日(日) 13:30~キャンパスプラザ京都(ビックカメラ前、JR京都駅ビル駐車場西側
http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access
シンポジウム「原発のないまち創り」
『なぜ、「原発で若狭の振興」は失敗したのか』

高浜原発は、大津地裁の差し止め仮処分を大阪地裁の最悪、最低の判決によって覆し、多くの人びとの反対にもかかわらず再稼働されました。しかし、再稼働には世論の多くが反対しているだけではなく最隣接地の音海地区自治会が「老朽原発再働反対」の決定をしたように、現地でも疑問が投げかけられています。すでに1、2号機は40年を超え、3、4号機も数年後には40年を超えようとしています。1970、80年代に多くの原発が造られたことからすると全国の原発の多くが寿命を迎えつつあります。原発は、1960、70年代の急速な都市化、農村から都市への人口流出の中で地域振興の名のもとに建設されてきました。しかし、福島原発事故をもたらしただけではなく、その“振興”の結果はいかなるものだったのでしょうか?山崎隆敏さんは、近著『なぜ原発で「若狭の振興」は失敗したのか』(白馬社)でその諸結果を分析しています。
私たちは、原発再稼働に反対し、その全廃まで闘うとともに、その一環としても“振興”の実態を知り、それに対する代替(オルタナテイブ)を考える必要があると思います。山崎さんをお招きし、またこの著作を出版するよう勧めた中嶌哲演さんと、「伊方の家」で活動しミカンと漁業の伊方―八幡浜の在り方を考察してきた八木健彦さんをコメンテーターにお迎えしてシンポジウムを開きます。ぜひご参加ください。
講師:山崎隆さん(龍谷大修士中退,学生時代から水俣問題等に取り組む。家業の和紙卸業経営のため越前市へ帰り,原発,環境問題に一貫して参加。原発関連の著書多数)
コメンテーター:中嶌哲演さん(明通寺住職,山崎さんに著書の執筆を勧めた) 八木健彦さん(京大西洋史卒。3・11以降,「伊方の家」で現地の方と伊方の運動を担う。ミカンと漁業の町,伊方,八幡浜の町の在り方を省察)
資料代:¥700
主催:シンポジウム「原発のないまち創り」実行委員会
連絡:TEL090-3267-4278(新開)
https://www.facebook.com/events/700755093457847/
https://houteisien.wordpress.com/kyoto/



●7月16日(日) 11時~15時 阪神・市民放射能測定所 つむぎの家(阪神西宮徒歩3分 http://hanshinshs.blog.fc2.com/img/20130620173353585.jpg/
阪神・市民放射能測定所 無料測定会
13時30分~測定所プレゼンと内部被ばくの簡単な学習会



イラク
●7月16日(日) 13:00~15:00 北新地サンボアバー(JR東西線北新地駅1番出口徒歩1分 玉美ビル1F http://www.samboa.co.jp/profile/index.html)
市民社会フォーラム第202回学習会
命に国境はない 高遠菜穂子さんイラク最新報告会

イラク支援ボランティアの高遠菜穗子さんに、イラクの最新の状況をお話いただきます。イラク軍によるISからの奪還作戦(「モスル奪還作戦」)は2016年10月17日から始まり今も続いており、イラク戦争以降、最大規模で最長の軍事作戦と言われています。有志連合(米軍)の空爆もある中、難民や避難民含めて民間人の生活はどうなっているか、そして日本の私たちのなすべきことについて、皆さんと考えます。
高遠菜穂子(たかとお・なほこ)さん
イラク支援ボランティア。1970年、北海道生まれ。大学卒業後、会社員を経て地元で飲食店経営に携わる。2000年インドの「マザーテレサの家」、2001年からタイ、カンボジアのエイズホスピスでボランティア活動に専念。2003年5月からイラクでの活動開始。2004年4月にイラク・ファルージャで「自衛隊の撤退」を要求する現地武装勢力に拘束された。解放後、日本国内で「自己責任」バッシングを受ける。現在もイラク人道・医療支援活動を継続中。「イラク戦争の検証を求めるネットワーク」呼びかけ人。九条の会世話人。著書に『戦争と平和 それでもイラク人を嫌いになれない』(講談社)『破壊と希望のイラク』(金曜日)など、共編訳に『ハロー、僕は生きてるよ。ーイラク最激戦地からログインー』(大月書店)。
定 員:60人
参加費:2,000円(1ドリンク付、未成年にはソフトドリンクお出しします)
申し込み先:市民社会フォーラム civilesocietyforum@gmail.com または、サンボアバー n-shintani@samboa.co.jpまで
http://shiminshakai.net/post/2438



大阪の住民自治
●7月16日(日) 14:00~17:00 大阪市中央区谷町2-2-22 NSビル 9F(1Fにスターバックスのあるビルです 谷町4丁目 1A番 出口・谷町筋沿いを北へ3分 天満橋 3番出口・谷町筋沿いを南へ5分 http://www.mapion.co.jp/address/27128/38:2:2:6/)
『住民自治』を考える市民学習会
大阪を知り・考える市民学習会 PART10-

特別区でも総合区でも各々のメリットとして言われるのが、住民自治が進むということではないでしょうか?
でも、私たちは、住民自治ということをどれだけ知っているのでしょうか?また、メリットだと主張している政治家の皆さんもどういうことを住民自治だと言われているのでしょうか?
そういう意味でも、まずは、住民自治についてしっかりと学んでいくスタートにしたいと思っています。
【プログラム】
『住民自治についての講義』
(講師:森裕之 立命館大学教授)
・住民自治とは?
・住民自治の先進事例
・住民自治を成功させるためには
『地域活動の現状と課題』
(山口晴康さん (東成区在住))
長年、地域の活動に携わってこられている山口さんに地域の活動の内容と課題をお聞きする。東成区は、大阪市の中でも、地域活動がかなり積極的に為されている地域です。東成区宝永エリアは、スーパー町内活動でも採りあげられました。http://super-chonaikai.net/osaka-higashinari/599/
『地域活動は、住民自治へと結びついていくのか?』
(森教授と山口晴康さん の対談)
資料代:500円(当日会場受付でお支払いください。)
定員:60名
※学習会の事前申し込みは不要ですが、定員に限りが御座いますので、事前のメールでのお申し込みは歓迎致します。
事前のお申し込みの際は参加される方のお名前(複数人参加される方は全ての方のお名前)をご記入の上、下記の申し込み先にてお申し込みください。
申し込み先: osakacitizen1000@gmail.com
https://www.facebook.com/events/1800513883572126/



英霊サイクル
●7月16日(日) 午後2時~高槻市民会館206号室
神坂直樹さん講演会「”平時”日本の「英霊サイクル」
-アクセルを踏み続けているのは誰かー

主催:山田さんを支える市民の会
http://blog.goo.ne.jp/zaza0924/e/b7a48ffee36d30587b868430b687d2d0



ミャンマー
●7月16日(日) 14時~16時 神戸生活創造センター(JR神戸駅から南東へすぐ。神戸クリスタルタワー5階)
DVD上映会「ビルマVJ 消された革命」
2007年9月ミャンマー(ビルマ)の僧侶が、国民が立ち上がった!
ビデオジャーナリストがその姿を決死的に撮影、世界に配信した記録動画です。第82回アカデミー賞 長編ドキュメンタリー部門ノミネート。異国の文化や歴史に触れる絶好の機会です。ぜひご参加下さい。
主催:ミャンマー関西
入場無料
連絡先:神戸市須磨区大田町7-3-22 ミャンマー関西 楢原まで
E-mail myanmarkansai2015@gmail.com  
http://www.esd-tourprogram.org/esd/events/view/1356



資本論
●7月16日(日) 午後2時~4時くらい 堺市総合福祉会館(南海高野線堺東駅 https://www.navitime.co.jp/maps/poi?code=ntjcgm-00000009138
第26回 今こそ「資本論」を読もう!
参加費:無料 
主催:資本論読む会(堺)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0716.pdf



■7月16日(日) 午後07:00~07:30 NHK Eテレ 
バリバラ「カミングアウト・その後」
もしあなたが、友人や家族、同僚から「自分はセクシュアルマイノリティーなんだ」と、突然カミングアウトされたら、どうしますか?どんな言葉を返しますか?自分は関係ないと思っていませんか?ついウッカリ言った一言が、相手の人生を狂わせてしまうかもしれません。ではどうすればいいのか?カミングアウトする側・される側を体験する企画や、逆にカミングアウトせずにいる当事者の気持ちを体験する企画をとおして考える。
http://www6.nhk.or.jp/baribara/next/#top



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村







脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2017年7月15日 (土)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報


『This is a 海兵隊』 (2017年/日本/57分)
『ONE SHOT ONE KILL』 (2011年/日本/68分)
This is a 海兵隊
沖縄にいる海兵隊の次の戦場を 決めるのは、誰なのか。
沖縄の米軍基地の3分の2を占める海兵隊。彼らは沖縄でどんな訓練をし、どこで戦争をするのか。ベトナム戦争からイラク戦争まで、元海兵隊員が語る沖縄での訓練と戦争の現実。
尖閣で何かあった時、海兵隊は果たして、助けに来てくれるのか。前泊博盛、佐藤学、半田滋、屋良朝博ら、研究者、ジャーナリストがその問いに答える。
監督:藤本幸久、影山あさ子
ONE SHOT ONE KILL
人は人を殺せるようには、できていない。では、どうすれば、普通の若者が戦場で人を殺せるようになるのか。
サウスカロライナ州パリスアイランド。米海兵隊ブートキャンプの12週間。
監督:藤本幸久 プロデューサー:影山あさ子
●6/17(土)~未定 シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
7/15(土)・7/16(日) 18:35(~20:45終)
7/17(月・祝) 休映
7/18(火)~7/21(金) 11:40(~13:47終)
http://www.theater-seven.com/2017/movie_morinoeiga.html



『This is a オスプレイ』 (2017年/日本/60分)
オスプレイは、日本中どこでも飛ぶ。
沖縄県民の強い反対の中、2012年10月1日、米海兵隊普天間基地に強行配備されたオスプレイ。危惧されていたとおり、2016年12月13日、沖縄県名護市安部の海岸に墜落した。オスプレイはなぜ落ちたのか。
米軍北部訓練場に、全国から1000名の機動隊を動員して新たに作られたオスプレイ用のヘリパッド。ヘリパッドに取り囲まれた東村・高江の暮らしは、今、どうなっているのか。沖縄だけの問題ではない、オスプレイについて迫る。
監督:藤本幸久、影山あさ子
●6/17(土)~未定 シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
7/15(土)・7/16(日) 17:00(~18:05終)
7/17(月・祝) 休映
7/18(火)~7/21(金) 14:20(~15:25終)
http://www.theater-seven.com/2017/movie_morinoeiga.html



『残されし大地』 (2016年/ベルギー/76分)
命の大切さ尊さが、深く静かに描かれた傑作ドキュメンタリー
2016年3月にベルギーで起きたブリュッセル連続テロ事件で亡くなった映画音響技師ジル・ローランが、原発事故後の福島に生きる人びとをテーマに製作したドキュメンタリー。福島県第一原発から約12キロ離れた福島県双葉郡富岡町。11年3月11日の福島原子力発電所の事故のあと、町に残された動物を保護し育てるため、富岡町に残ることを決めた松村直登さんは、父とふたりで避難指示解除準備区域の自宅にとどまっている。半谷信一さんは、背後で除染作業が行われる中、穏やかに農作業をする。また、お彼岸の墓参りで仮設住宅から南相馬市の居住制限区域(当時)に一時帰宅した佐藤夫妻は、来年こそ故郷への帰還を先祖に誓うが、その手には放射能計測器があった。故郷に残る者、故郷に戻る者、戻らない者、淡々と進む日常生活の中でそれぞれが語る自然体な言葉から見える、故郷を失った人たちの今とこれからが描かれる。映画は、監督のローランがテロ事件で他界した後、プロデューサーや同僚たちの手によって完成。日本でも「京都国際映画祭2016」で上映された。
●7/15(土)~8/11(金) シネ・ヌーヴォ(地下鉄中央線「九条駅」6号出口徒歩3分/阪神なんば線「九条駅」2番出口徒歩2分 http://cinenouveau.com/access/access.html
上映日程
7/15(土)~7/21(金) 15:00~
7/22(土)~7/28(金) 10:50~
7/29(土)~8/4(金) 13:20~
8/5(土)~8/11(金) 19:25~
※7/29~はヌーヴォXでの上映です
http://cinenouveau.com/sakuhin/nokosareshi.html



●7月7日(金)~16日(日)
核兵器のない世界を、平和行進
7/7・12:00川西市役所→7/8・9:30宝塚市役所→7/9・9:30尼崎市役所→7/10・9:00御影公会堂→7/11・9:00須磨浦公園→7/12・9:30二見市民センター→7/13・9:30高砂市役所→7/14・9:00山電飾磨駅北→7/15・9:00JR本竜野駅前→7/16・9:00赤穂市役所→12:30岡山県へ引き継ぎ
-あなたの一歩が世界を変え、日本を変えます-
連絡:078-341-2818
http://www.k2.dion.ne.jp/~kenpouhg/osirase.html



●7月15日(土) 13時~14時 大阪弁護士会館 904号室(京阪「なにわ橋駅」出口1徒歩約5分 地下鉄・京阪「淀屋橋駅」1号出口から徒歩約10分 地下鉄・京阪「北浜駅」26号階段から徒歩約7分 http://www.osakaben.or.jp/06_access/index.php
訴訟学習会(毎月第3土曜日)
「福島原発事故賠償の課題」吉村良一教授論文を基に
講師:弁護士 中島宏治先生
3月の前橋地裁判決を受けて、『法律時報』7月号では「福島原発事故賠償訴訟の現段階と課題」と題し、4本の論文を掲載して特集を組んでいます。
先日除本先生がサポーターMLで案内して下さっていますが、これから千葉・生業をはじめ、順に判決が出てくる段階にあたって、現段階の課題について押えておくことも大事なことと思います。
そこで今回は、『法律時報』特集記事のうち「総論」にあたる、民法・環境法学者・吉村良一教授の論文を基に、弁護団の中島宏治先生にお話ししていただきます。



自然エネルギー
●7月15日(土) 午後1:15~3:30 ドーンセンター大会議室(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
自然エネルギー市民の会「学習・講演会」
講演「再エネ普及・新段階でのドイツの対応と日本の課題」
  
 和田 武(自然エネルギー市民の会代表、元立命館大学教授)
報告「市民・地域共同発電所に関する全国調査結果」 
 豊田陽介(自然エネルギー市民の会運営委員、気候ネットワーク主任研究員)
参加費:資料代として、自然エネルギー市民の会会員500円、一般1000円
参加申込:メール返信で自然エネルギー市民の会(中村)まで
※自然エネルギー市民の会会員の方は、「学習・講演会」終了後に自然エネルギー市民の会第13回通常総会を行います。
 


憲 法
●7月15日(土) 14:00~17:00 神戸学生青年センター(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/ ) 
[高作先生と学ぶ会]2017年度
安保法制定後の憲法問題(仮題)

講 師 :関西大学法学部教授 高作正博さん
開催場所:神戸青年学生センター会議室A
参加費:一般1,000円 若もの500円
共催:(公財)神戸学生青年センター・「高作先生と学ぶ会」
http://ksyc.jp/seminar/takasaku201704-07/



軍事研究
●7月15日(土) 13時半~いきがい工房(阪急高槻市駅の南すぐ。太田第二ビル1階 https://ikigaikoubou.jimdo.com/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9-%E3%81%8A%E5%95%8F%E5%90%88/
朴木佳緒留講演会「軍事研究と大学のいま」
会費:1200円(茶菓子付き)
要予約
保育あり(要予約)
連絡:SEAN Tel072-669-7411



イラク
●7月15日(土) 14:00~16:00 南御堂難波別院同朋会館(地下鉄御堂筋線・中央線「本町駅」13号出口南2分 http://minamimido.jp/?page_id=9
命に国境はない 高遠菜穂子さんイラク最新報告会
参加費:500円
主 催:大阪宗教者9条ネットワーク
問い合わせ先:090-5257-2492 ogura@jiin.com(事務局小倉雅昭)
http://shiminshakai.net/post/2438



沖縄基地問題
●7月15日(土) 14:30~16:30 大阪弁護士会館2階会議室(京阪「なにわ橋駅」出口1徒歩約5分 地下鉄・京阪「淀屋橋駅」1号出口から徒歩約10分 地下鉄・京阪「北浜駅」26号階段から徒歩約7分 http://www.osakaben.or.jp/06_access/index.php
大阪弁護士会憲法市民講座
「沖縄はどこへ向かうのか~憲法の観点から基地問題を読み解く~」

講師:高木吉朗弁護士(沖縄弁護士会所属)
参加費無料
申込方法:以下必要事項を記入のうえ、FAXにてお申込ください
(大阪弁護士会 委員会部司法課宛 FAX送信先:06-6364-7477)
氏名・電話番号・FAX・参加人数・このイベントをどこで知りましたか
主催:大阪弁護士会
問い合わせ先:大阪弁護士会 委員会部司法課 田中(TEL:06-6364-1681)
http://www.osakaben.or.jp/event/2017/2017_0715.php



辺野古新基地問題
●7月15日(土) 15時30分~(毎週土曜日)JR大阪駅南バスターミナル
「辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動」
辺野古の海が埋め立てられないように活動しています。
お時間の許す範囲で、少しでも皆様のご参加お待ちしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/henoko_osaka



辺野古新基地問題
●7月15日(土) 13:00~14:00 神戸マルイ前
HENOKO NO! 沖縄に基地はいらない 
   辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動

沖縄県民に対する不正を止めるために、共に声を上げて下さい。
ツイター・FaceBookで情報発信中{辺野古・神戸}で検索して下さい。
土曜の午後はいつもの時間、いつもの場所で、はじめての方、ちょっとだけ参加、見学、大歓迎。
https://twitter.com/kobekodo/



辺野古新基地問題
●7月15日(土) 毎週土曜日17:00~18:30ごろ 京都市 三条河原町交差点(三条河原町商店街のアーケード前スペース)
沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、
     普天間基地の撤去を求める京都行動

アピール、チラシ配り、新基地建設に反対する署名集めなどなど
http://kyoto-action.jugem.jp/?pid=1
https://twitter.com/ALALALED/status/551165696185344000



座り込み
●7月15日(土) 18~21時、HEPファイブ前
梅田座り込み解放区
毎週土曜夜開催!安倍退陣!戦争、沖縄基地、原発、貧困、差別全てに反対。毎月第4土曜18~19時は『3.11関東からの避難者たち』主催の街宣になりました。私達も参加し、19時からは主催します。あわせて参加を
https://twitter.com/umedasitin/status/885132570509197313



森友問題と教育
●7月15日(土) 13:30~16:00 枚方市民会館第3集会室(京阪電車「枚方市駅」徒歩5分 https://www.hirakata-shimin.jp/access/
「森友問題と教育」2017年度Dサポーターズ総会
参加費:¥500
主催:Dサポーターズー教育の自由を取り戻す会ー
連絡:TEL080-5240-9261(福山昌也)
http://jimmin.com/2017/03/24/post-1340/



労働問題
●7月15日(土) 13:30~エルおおさか(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
第206回研究会「柔軟な」働き方 テレワ-ク労働の現在
報告者:佐藤 彰男さん(龍谷大学社会学部教員)
コメンテーター:高野 剛さん(立命館大学経済学部教員)
安倍政権による「働き方改革実現会議」は、9つのテーマを掲げていますが、そのひとつに「多様な働き方」の実現として、「テレワーク/副業・兼業など柔軟な働き方」というのがあります。通勤の負担がなく、時間や場所にとらわれない柔軟な働き方、未来型の労働、理想的な働き方と推進をうたっています。
 ところが今回ご報告していただく佐藤彰男氏は、『テレワーク/「未来型労働」の現実』(岩波新書)を著し、テレワークが必ずしも政府の推奨するような理想的な働き方ではなく、長時間労働を強いるとか労働法制の規制がかりにくいなど、様々な矛盾を指摘しています。そうした現実の矛盾から、テレワークが果たして未来型労働になりうるのか、お話していただきます。
 また、在宅ワークの活用による就職困難者への就労支援の実態を研究されている立命館大学の高野剛さんにコメントをお願いしています。ご参集ください。
会場費:500円 会員無料
https://www.facebook.com/events/192418137892236/?fref=ts



平和・人権・環境
●7月15日(土) 18時~小田公民館ホール(JR尼崎駅北口北東へ徒歩約5分 ヴェール尼崎1・2階 http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/map/institution/05_009.html
フォーラム平和・人権・環境あまがさき講演会
講演:朴 一(大阪市立大学経済学部教授)
http://hanshin204.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/930-681d.html



ネパール
●7月15日(土) 13:00~17:00 中央区センター第4会議室(地下鉄堺筋線・中央線「堺筋本町」 http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016605.html
ダリット・部落差別 IMADRプロジェクト第2回研究会   
「ネパールにおけるカースト制度とダリット差別」

  山本愛さん(公益財団法人とよなか国際交流協会)
「西ネパールにおける不可触性・ジェンダー・暴力」
  藤倉康子さん(京都大学人文科学研究所)
資料代:500円
主 催:ダリット・部落差別 IMADRプロジェクト event★imadr.org
http://imadr.net/projectfordalitandburaku_2017/



ライブ
●7月15日(土) 14:00~15:30 ラッシュ・ライフ蔵カフェ(地下鉄「県庁前駅」西③より4分。「四の宮神社」横の道。生田文化会館の前)
朗読会
朝鮮の詩の朗読(日本語で)ハーモニカで朝鮮の曲を交えて
 朴明子(パクミョンヂャ)さん
奄美の口伝 唄 三味線と共に
 荻原かの子さん(語り)・川原ちささん(三味線)
交流コーナーあり
料 金:500円+ドリンク注文
(こじんまりした所なのでできれば御予約を)
ご予約:078-599-6659 または090-6986-7403(朴さん)
http://www.freeml.com/kdml/10804/latest



教 育 
●7月15日(土) 13:30開場 16:00 大谷大学講堂(地下鉄烏丸線北大路駅から徒歩5分)
大谷大学シンポジウム
Be Real “寄りそう教育”―次の世代へのメッセージ―

子どもが好き、という気持ちだけで教育はできるのか。多様化、複雑化するこれからの時代を担う子どもたちに対して、私たちは何ができるのでしょうか。子どもたちの「こころ」を育てる真の教育について考えます。
【プログラム】
・基調講演:住田裕子さん(弁護士)
・パネルディスカッション
住田裕子さん、友澤和子(朝日新聞出版「大学ランキング」元編集長)、関口敏美、冨岡量秀(大谷大学教授)が出演。
次世代を担う子どもたちの「こころ」を育む真の教育について考えます。
費用:無料(会場までの交通費は各自でご負担ください)
定員:300名(事前申込制・応募多数の場合は抽選)
締切:7月6日(木) ←過ぎてます…問い合わせてみてください。
申し込み:シンポジウムの詳細とお申し込みはこちらから:
http://news.asahi.com/c/aj5VaezPthmrzCab
主催:大谷大学
共催:朝日新聞社メディアビジネス局
後援:京都府、京都府教育委員会、京都市、京都市教育委員会、滋賀県、滋賀県教育委員会、大阪府教育委員会、大阪市、大阪市教育委員会
お問い合わせ:朝日新聞大阪本社メディアビジネス局「大谷大学7月シンポジウム」係 TEL.06-6201-8302(平日10:00~17:00)
http://news.asahi.com/c/aj5VaezPthmrzCab



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村




プロフィール

Akko

Author:Akko
清志郎大好き。
旅行大好き。
ドイツ大好き。
でも最近忙しくて、旅行に行けません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR