2017/1/6(金)18時半~戦争あかん!ニューイヤーロックアクション@中之島公園水上ステージ

戦争あかん!ロックアクションのブログより引用
http://himitsulock.hatenablog.com/entry/2016/12/31/190912


20170106カラーチラシ小

昨年一年はみなさんにとってどんな年でしたか?
日本全体を見渡せば、残念ながら、いい年だったとはとても言えない一年でした。

そして一年の締めくくりが、最後の最後まで国会軽視、民意無視の強行採決の連発で幕を閉じた2016年秋の臨時国会。

でも嘆いている時間はありません。やりたい放題の安倍政権に、今年こそは終止符を打ちましょう。

ロックアクションは今年で4年目に突入します。
寒い中ですが、新年から元気な声を上げていきましょう!

●1月6日(金) 18時半~中之島公園水上ステージ(中央公会堂前)(淀屋橋・北浜5分 京阪なにわ橋1分) 19時20分~デモ出発 
戦争あかん!ニューイヤーロックアクション
「平和のために羽ばたくぞ!」


アピール(順不同) 
・共謀罪について 
・カジノ問題
・米軍Xバンドレーダー基地撤去にむけて
・高浜原発3・4号機再稼働阻止
・沖縄米軍基地問題

主催:戦争あかん!ロックアクション

Facebookイベントページ:https://www.facebook.com/events/659726877540479/





クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村


(1/3更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2017年1月1日(日)~6日(金) 

★1/3追加情報
■2017年1月4日(水) (再放送)午後5時00分~5時50分 NHK BS1
「BS世界のドキュメンタリー 危険な時代に生きる 第1回「乾く大地」」
★12/31追加情報
●2017年1月4日(水) 19時~20時 梅田ヨドバシカメラ前歩道東南角
日本軍「慰安婦」問題の解決を求める大阪駅前水曜集会



【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報


『むかしMattoの町があった』C'era una volta la citta dei matti
バザーリアを知らずして精神保健福祉は語れない!
(2010年/イタリア/第一部96分+第二部102分(途中休憩有り))
イタリア精神保健改革の最初の20年を描いた素敵なイタリア映画──題名はC'era una volta la citta dei matti。イタリア語のmattoは狂気をもつ人、「Mattoの町」は精神病院を意味します。イタリア国営放送RAIと映画会社Ciao Ragazzi!が作った3時間の大作は、2010年2月に2夜連続で放映され、なんと21%を越える高視聴率でした。その後、ヨーロッパ各地で、南米のブラジルやアルゼンチンで、トルコで、イランで、自主上映運動が展開されており、日本での取組みも最終盤を迎えます。
【第1部】(96分)
物語はイタリア精神保健改革の父フランコ・バザーリアを軸に、アメリカ進駐軍にレイプされた女性から生まれたマルゲリータ、旧ユーゴでファシストとナチスに蹂躙されて家も肉親も失ったボリス、などの入院患者と共に展開します。1961年、ゴリツィア県立精神病院長に赴任したバザーリアは、非人道的な隔離収容の様子を目の当たりに──小さな檻に閉じ込められるマルゲリータに顔を近づけると、唾を吐きかけられ、独房のベッドに15年も縛り付けられてきたボリスを回診すると、屈強な看護師たちに押さえられた彼の汚れた股間にホースの水が無遠慮にかけられています。まるで牢獄のような環境に「こんな状態では治療はできない!」と感じたバザーリアは、早速「自由こそ治療だ!」をスローガンに、病院改革に取り組み始めます。患者たちを集め自由に討議させ、病院のフェンスを取り払い、患者に外出の自由を与えます。バザーリアは、ゴリツィア病院の収容所臭さをなくす事に心血を注ぎます。こんな院長に、マルゲリータやボリスの頑な心も、少しずつ開かれていきます。しかし県当局は、病院外に精神保健センターを造る事も、職員を増員する事にも反対します。難色を示していた病院スタッフの中にも理解者が現れ、一見順調に見えた矢先に、外泊した男性が妻を殺める事件が重なって、バザーリアは病院を追われてしまいます。
【第2部】(102分)
1971年、トリエステ県代表(日本の県知事に当たる人物)が、県立サンジョヴァンニ病院長になってほしいとバザーリアを口説きます。彼は、「白紙委任状」(つまりカネを出しても口は出さないということ)を条件に、院長を引き受けます。志を同じくする医師や病院スタッフとともに、患者を地域に住まわせ、病院機能の縮小を図るとともに、政府に精神病院の解体を訴えかけます。やがて病院は縮小されて、代わりに24時間オープンの町なかの精神保健センターに機能が移されます。1978年、国会はついにイタリア中のマニコミオ(精神病院)の廃止を決定する法律180号(通称「バザリア法」)を可決し、患者たちは復権を果たすことになります。映画ではバザーリアが長年にわたり寄り添ってきた患者たちが、マルゲリータもボリスも、人間として復権を果たす姿をラストシーンで抽象的に描いています。
※招待券ご使用不可、サービスデー割引ほか一部割引サービス対象外
●12/31、1/2~1/6【6日間特別興行】 10:00(~13:35終) 第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
http://www.nanagei.com/movie/data/1110.html



『高江―森が泣いている2』
ヘリパッド工事が強行される米軍北部訓練場の内側を描くドキュメンタリー
ヘリパッド工事強行による森の破壊の実相を描く。チェーンソーで切り倒されてゆく2万4千本の立木、赤土がむき出しとなった工事用道路や着陸帯、暴力で作業現場を守る機動隊。「刑特法」の脅しにひるむことなく、北部訓練場の中にある作業現場に向かう県民がいる。チェーンソーの周りに座り込み、作業員を説得し、立木にしがみつき、抵抗を続けている。
森のなかでは、ノグチゲラが立木に巣をつくり、子育てをしている。ヤンバルクイナがあちこちで鳴いている。高江の森は、小さな生き物の楽園、やんばるの中で一番豊かな生態系が残されていた。
立ち入りを禁止して、北部訓練場の内側で進むヘリパッド建設。
この映画で、あなたも現場の目撃者になる。
●12/24(土)~終映日未定 シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
1/1(日) 休館日
1/2(月・休)~1/6(金) 15:05(~16:20終 予定)
1/7(土)~1/9(月・祝) 11:45(~13:00終 予定)
1/10(火)~1/13(金) 14:05(~15:20終 予定)
http://www.theater-seven.com/2016/movie_takae2.html



越冬闘争
●12月28日(水)~2017年1月4日(水) 西成
第47回釜ヶ崎越冬闘争 越冬まつり
12月28日 越冬突入集会
 医療パトロール・炊きだし・野営闘争(布団しき)スタート
12月30日 越冬まつり・人民パトロールスタート
1月4日  お礼参り(大阪府・市要請行動)
★集団野営(布団敷きと警備)
12月28~1月4日朝5時 社会医療センター軒下
野営をせざる得ない人たちの大きな心配の一つに、通行人からの嫌がらせや、若者からの襲撃の恐怖があります。遊び半分で道頓堀川に投げ込まれて溺死させられた藤本さん。天王寺で殺害された小林さん。そして梅田での富松さん殺害など被害・犠牲は後を絶ちません。
今年も新シェルター、三徳ケアセンター等地域内を中心としての越年対策となりますが、社会医療センターの軒下での集団野営は継続します。夜7時半頃から布団をしき始め、翌朝5時まで夜を徹して番をします。一部のメンバーはそのままセンター情宣「日刊えっとう」の配布に参加します。正月を迎えると支援者の数が落ち込み人員不足になりますが、「一人の餓死・凍死者も出さない」越冬闘争の基本となる活動なのでご協力をお願いします。
★炊きだし
12月28日~1月3日 夜6時~配食 三角公園
日替わりメニューで毎日温かい食事を提供します。2日の朝には餅つき大会も行います。
★人民パトロール
12月30日~1月3日 夜8時~夜10時
労働者、地域住民、市民、宗教者、学生など越冬闘争に参加する様々な人たちが集まって行うパトロールです。日ごとに地域内、難波、梅田、天王寺、日本橋を回ります。地域内外で野宿を強いられている仲間に、釜ヶ崎で越冬闘争が行われていることを呼びかけます。「炊きだし」「集団野営」「医療・労働相談活動」「越冬まつり」などの情報とともに、カイロなどの支援物資を渡していきます。また街を歩く人に越冬闘争への理解と協力を求める活動でもあります。その日の越冬まつり終了時に参加者を募り三角公園から出発します。
★臨時宿泊所 受付相談と監視行動
12月29日(木)午前中 大阪市保険福祉センター分館(旧市更相)前
シェルターが閉鎖されている12月29~1月3までの期間、新シェルター、三得ケアセンターに臨時宿泊所が設置されます。保健福祉センター分館が受付窓口になりますが、ここで不当な申し込み拒否等がないように見守り、労働者・高齢者の相談、アンケートも行います。
★医療パトロール
12月28日~1月3日 夜9時45分~11時30分 医療センター前集合
地区内外で野宿を強いられている仲間に支援物資を提供しながら健康状態を確認する活動を行います。緊急の場合には医療センター前の集団野営と連携をとりながら医療機関への引き継ぎも行います。
★越冬まつり
12月30日~1月3日
ステージプログラム:https://www.facebook.com/kamajikkou/photos/a.424555781002641.1073741828.419807351477484/569953496462868/?type=3&theater
舞台では演歌、フォーク、ロック、ブルース、ボサノバ、ラップ、民謡、エイサーまで、越冬闘争の主旨に賛同するミュージシャンの方々の演奏が繰り広げられます。31日の夕方にはのど自慢大会、公園広場では卓球大会1/1餅つき大会1/2ソフトボール大会1/3が行われます。まつり期間中を通じて釜ヶ崎で活動をしている仲間からの呼びかけやアピールも行われます。
★お礼参り  
1月4日(月) 朝7時~センター集合
行政が仕事初めの4日、大阪市・大阪府に要望書を提出します。三角公園で参加者全員で朝食をすませた後、大型バス(勝利号)で出発します。
https://www.facebook.com/kamajikkou/posts/567631976695020



越冬活動
●12月28日(水)~2017年1月5日(木) 午前10:00~午後3:30 東遊園地(神戸市役所南/公園の一番南端)
『2016-2017神戸・越年越冬活動』(神戸冬の家)
震災のあった95年の12月から翌年の1月にかけ、市役所南側の東遊園地に宿泊用のテントを張り、「冬の家」として、野宿を余儀なくされている人たちと共に行政の施策の充実を求めたのが始まりです。以来毎年、年末から年始にかけて行なっており、今年で22回目になります。
今年も以下の通り、越年ー越冬活動を行います。
神戸公務員ボランティアは1月3日(日)の炊き出しを担当します。ご協力いただければ助かります。よろしくお願いいたします。
〇神戸・冬の家の内容
「炊き出し」「生活相談」「法律相談」「医療相談」「散髪」「歯科検診」「餅つき」「遊びのコーナー」その他いろいろ
・「追悼の日」12/29 10時30分頃~
・「越年歌声テント」12/31~1/2
・餅つき 1/30 昼食後
○一日の予定
10:00~テント等の設営開始 炊き出しの準備
11:00~全体でのオリエンテーション 相談活動開始
12:30~炊き出し配食(翌日の準備)
15:00~片付け開始
15:30~終わりのミーティング
○炊き出しの予定(担当グループとメニュー)
 1月1日(日) カトリック社会活動神戸センター(雑煮とごはん)
 1月2日(月) バプテスト・ホームレス支援ネット兵庫(豚汁とごはん)
 1月3日(火) 神戸公務員ボランティア(ぼっかけうどんとごはん)
 1月4日(水) 日本キリスト教団兵庫教区(石狩鍋汁とごはん)
 1月5日(木) カトリック社会活動神戸センター(中華丼)
*一緒に過ごす時間を大切にしています。担当グループに関わらず、いつでもご参加ください。
主催:越年越冬実行委員会 
お問い合わせ:神戸公務員ボランティア(090-6735-8138)
http://catholic-kobe.org/tunagari/images/katudo/nwws.pdf



■1月1日(日)(31日深夜) (再放送)深夜午前01:00~01:50 NHK BS1
「BS世界のドキュメンタリー「カストロVSゲバラ」」
アメリカの支配からキューバを解放したいカストロは、亡命先のメキシコでアルゼンチン人のゲバラと出会う。ゲバラはマルクス主義者でラテンアメリカ全体の共産主義化を目指していた。キューバ革命を成功させ、天才的な政治センスで冷戦期のアメリカとの対立を切りぬけたカストロに対して、ゲバラは慰留の誘いを断ってキューバを去り、国際的な革命闘争に参加。共産主義の理想を追い求め、壮絶な死を迎える。
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=160519



■1月1日(日)(31日深夜) (再放送)深夜午前02:00~02:50 NHK BS1 
「BS世界のドキュメンタリー「プーチンの道~その権力の秘密に迫る~」」
KGBの工作員として旧東ドイツに派遣された後、故郷・サンクトペテルブルクで政治家に転身したプーチンは、無名のままエリツィン政権下で首相となる。“テロと戦う”という名目で始めたチェチェン戦争で名を上げ、大統領となったプーチンは財閥の囲い込みやメディアの統制などの手法で絶大な権力と財産を短期間で築き上げ、国際政治の舞台でも存在感を増していく。貧しい家に生まれた少年がクレムリンの主となるまでの道のりとは
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=161206



■1月1日(日)(31日深夜) (再放送)深夜午前03:00~03:50 NHK BS1
「BS世界のドキュメンタリー「プーチンの野望(1)新大統領 誕生」」
ロシアの大統領を8年間、首相を4年間務めたプーチン氏。2012年3月に行われた選挙で、再び大統領の座に就いた。プーチンとは、いかなる人物なのか。巧みな政治力を持つプーチンは、いかにしてロシアを欧米諸国の“価値ある協力国”から、“信用できない敵”へと変えたのか。ロシアの主要閣僚や、アメリカ政府の元高官などへのインタビューをもとに、ロシアとプーチン氏の歩みを振り返る。
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=111219



■1月1日(日) (再放送)午前09:00~09:50 NHK BS1 
「BS世界のドキュメンタリー「ヒトラー“わが闘争”~封印を解かれた禁断の書」」
ヒトラーが獄中で著し、その反ユダヤの価値観やアーリア人種優越主義が色濃く反映されている『わが闘争』。ヒトラーの死亡時に住所登録があったバイエルン州では、州政府が『わが闘争』の著作権を管理し、出版を禁じてきた。しかし2015年末に著作権フリーになることを受け、州政府は極右グループなどに利用されないよう、膨大な注釈付きでの再出版を一旦は決定したが…。ドイツでは非常にデリケートなこの問題の波紋を追う。
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=160607



■1月1日(日) (再放送)午前10:00~10:50 NHK BS1
「BS世界のドキュメンタリー「ヒトラー 最後の日々」
ヒトラーの死体は側近たちの手で焼かれたため、「実は生きているのでは」といった陰謀論が消えなかった。ニュルンベルク継続裁判の判事・ムズマノは、独裁者の死を立証するため側近たちの証言を記録していた。地下ごうに隠れたヒトラーはソビエトのベルリン侵攻におびえ忠誠を貫いたゲッペルス一家は服毒自殺を遂げ、自殺を決意したヒトラーは愛人のエヴァと結婚式を挙げる。ヒトラー最後の日々が証言とドラマによって浮かび上がる。
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=160609



■1月1日(日) (再放送) 午前11:00~11:50 NHK BS1
「BS世界のドキュメンタリー「暴かれる王国サウジアラビア」」
イスラム世界でスンニ派の盟主をもって自認する大国サウジアラビアだが、外国メディアの取材が厳しく制限され、観光ビザすら発行していない。隠しカメラの映像は、宗教警察による市民の監視や取り締まりなどを映し出す。同時に、欧米諸国が人権弾圧に目をつぶり、サウジと良好な関係を続けてきた事実を指摘する。
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=160906



■1月1日(日) 午後09:00~10:00 NHK総合
NHKスペシャル「トランプのアメリカ 世界はどうなる?」
いよいよ2017年1月に就任するアメリカのトランプ次期大統領。「アメリカの利益が最優先」と唱え、そのためには国境に巨大な壁をも築くと公言する型破りな大統領の誕生によって、これから世界はどうなっていくのか?大越健介キャスターが激動する各国の最前線を取材し、2017年から始まる“トランプ時代”を、豪華ゲスト陣と共に大予測!“トランプ勝利”で勢いづく極端なナショナリズムは、アメリカやヨーロッパで、どこまで広がるのか?新たな世界情勢のキープレーヤーとして動き出す、ロシア・プーチン大統領の次の一手とは?そして、国際秩序が大きく揺らぐいま、日本はどうすればいいのか?2017年元日、歴史的な転換点を迎えた世界の行方を、大胆に展望する。
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20170101



NEW
●2017年1月4日(水) 19時~20時 梅田ヨドバシカメラ前歩道東南角
日本軍「慰安婦」問題の解決を求める大阪駅前水曜集会
新年にふさわしい特別ゲスト、MASAさんをお迎えし、サックスの調べによるオープニングです。服部良一さんもかけつけてくださいます。
日韓合意から一年を経て、それは決して「慰安婦」問題の解決にはならないと改めて訴えます。沖縄問題についてのアピールもあります。ぜひご参集ください。
主催:日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク



NEW
■2017年1月4日(水) (再放送)午後5時00分~5時50分 NHK BS1
「BS世界のドキュメンタリー 危険な時代に生きる 第1回「乾く大地」」
世界各地で深刻化する干ばつ。その社会的影響は、食料価格の高騰から内戦に至るまで、世界の経済と政治が直面する課題の縮図だ。ピュリツァー賞記者トーマス・フリードマンがシリアを訪れ、内戦も長年続いた干ばつが発端であることを明かしていく。干ばつの影響で相次いで食肉工場が閉鎖されている米テキサス州を訪れるのは俳優ドン・チードル。ハリソン・フォードはインドネシアで森林破壊が温暖化を促進している現状をルポする。
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=150302



●2017年1月5日(木) 16時~19時 滋賀県庁正面噴水前(JR大津駅から徒歩5分 大津市京町四丁目1番1号 http://www.pref.shiga.lg.jp/guide/chosha/index.html
滋賀県庁前すわりこみ
http://nonukesiga.exblog.jp/23738863/



●2017年1月5日(木) 13時~ヨドバシカメラ梅田前 14時半~なんばマルイ前 16時~天王寺ミオ前
国会軽視の強行採決に抗議!カジノはいらん!
「野党共闘 新春街宣@梅田・難波・天王寺」

・13時~ ヨドバシカメラ梅田前
・14時半~なんばマルイ前
・16時~ 天王寺ミオ前
参加確定政党:共産党・自由党・社民党 ★野党各党によびかけ中★
参加弁士:
(共産党)北山良三 わたなべ結 しば山昇 清水ただし 石谷ひさ子
(自由党)渡辺義彦 (社民党)服部良一   
呼びかけ:みんなで選挙ミナセン大阪
https://www.facebook.com/events/1394988600533949/



●1月6日(金) 関西電力本社前(JR「大阪駅」阪神・阪急「梅田駅」徒歩約15~20分 「北新地駅」徒歩10分「淀屋橋駅」徒歩約10分 「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:30頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:30 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●1月6日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●1月6日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●1月6日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&三宮駅までのパレード



●1月6日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に! 
どんどん暗くそして寒くなってきました。ヒカリモノと防寒対策必要です。脱原発の願いを込めて 音楽・アート大歓迎。手作り看板・鳴り物持参で。福島のこども達のための街頭カンパもやってます!再稼動許さないの声をもっと!
https://www.facebook.com/events/1245626545495001/



このほか大阪茨木市、羽曳野市、寝屋川市、京都、兵庫、滋賀、奈良、三重、和歌山など各地の関電支店前やその他の場所で全国一斉金曜行動が行われています。
全国の金曜抗議行動をまとめたサイトはこちら。
 ↓ ↓ ↓ 
全国金曜抗議一覧  
http://demojhks.seesaa.net/article/296349527.html



●1月6日(金) 18時半~中之島公園水上ステージ(中央公会堂前)(淀屋橋・北浜5分 京阪なにわ橋1分) 19時20分~デモ出発
戦争あかん!ニューイヤーロックアクション
「平和のために羽ばたくぞ!」
昨年一年はみなさんにとってどんな年でしたか?日本全体を見渡せば、残念ながら、いい年だったとはとても言えない一年でした。そして一年の締めくくりが、最後の最後まで国会軽視、民意無視の強行採決の連発で幕を閉じた2016年秋の臨時国会。
でも嘆いている時間はありません。やりたい放題の安倍政権に、今年こそは終止符を打ちましょう。
ロックアクションは今年で4年目に突入します。寒い中ですが、新年から元気な声を上げていきましょう!
アピール(順不同) 
・共謀罪について 
・カジノ問題
・米軍Xバンドレーダー基地撤去にむけて
・高浜原発3・4号機再稼働阻止
・沖縄米軍基地問題
主催:戦争あかん!ロックアクション
https://www.facebook.com/events/659726877540479/



●2017年1月6日(金)~1月9日(月) 10時~14時頃 橘公園(尼崎市役所東側)
尼崎越年越冬活動
「炊き出し」「生活・法律相談」「散髪」「お茶のコーナー」…
多くの方のご協力を、お願いいたします。
主催:越年越冬実行委員会 
http://catholic-kobe.org/tunagari/images/katudo/nwws.pdf



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

(12/30更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2016年12月26日(月)~31日(土)

★12/30追加情報
●12月31日(土) 15時30分~(毎週土曜日)JR大阪駅南バスターミナル
「辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動」
●12月31日(土) 13:00~14:00 神戸マルイ前
HENOKO NO! 沖縄に基地はいらない辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動
●12/31、1/2~1/6 10:00(~13:35終) 第七藝術劇場(阪急十三駅)
『むかしMattoの町があった』C'era una volta la citta dei matti
■1月1日(日)(31日深夜) (再放送)深夜午前01:00~01:50 NHK BS1
「BS世界のドキュメンタリー「カストロVSゲバラ」」
■1月1日(日)(31日深夜) (再放送)深夜午前02:00~02:50 NHK BS1 
「BS世界のドキュメンタリー「プーチンの道~その権力の秘密に迫る~」」
■1月1日(日)(31日深夜) (再放送)深夜午前03:00~03:50 NHK BS1
「BS世界のドキュメンタリー「プーチンの野望(1)新大統領 誕生」」
★12/29追加情報
■12月31日(土) 【再放送】午前7時30分~(90分) NHK BS
映像の世紀プレミアム 第2集「戦争 科学者たちの罪と勇気」
★12/26追加情報
●12/31までのイベント情報を追加しました。



【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-69.html



NEW
『むかしMattoの町があった』C'era una volta la citta dei matti
バザーリアを知らずして精神保健福祉は語れない!
(2010年/イタリア/第一部96分+第二部102分(途中休憩有り))
イタリア精神保健改革の最初の20年を描いた素敵なイタリア映画──題名はC'era una volta la citta dei matti。イタリア語のmattoは狂気をもつ人、「Mattoの町」は精神病院を意味します。イタリア国営放送RAIと映画会社Ciao Ragazzi!が作った3時間の大作は、2010年2月に2夜連続で放映され、なんと21%を越える高視聴率でした。その後、ヨーロッパ各地で、南米のブラジルやアルゼンチンで、トルコで、イランで、自主上映運動が展開されており、日本での取組みも最終盤を迎えます。
【第1部】(96分)
物語はイタリア精神保健改革の父フランコ・バザーリアを軸に、アメリカ進駐軍にレイプされた女性から生まれたマルゲリータ、旧ユーゴでファシストとナチスに蹂躙されて家も肉親も失ったボリス、などの入院患者と共に展開します。1961年、ゴリツィア県立精神病院長に赴任したバザーリアは、非人道的な隔離収容の様子を目の当たりに──小さな檻に閉じ込められるマルゲリータに顔を近づけると、唾を吐きかけられ、独房のベッドに15年も縛り付けられてきたボリスを回診すると、屈強な看護師たちに押さえられた彼の汚れた股間にホースの水が無遠慮にかけられています。まるで牢獄のような環境に「こんな状態では治療はできない!」と感じたバザーリアは、早速「自由こそ治療だ!」をスローガンに、病院改革に取り組み始めます。患者たちを集め自由に討議させ、病院のフェンスを取り払い、患者に外出の自由を与えます。バザーリアは、ゴリツィア病院の収容所臭さをなくす事に心血を注ぎます。こんな院長に、マルゲリータやボリスの頑な心も、少しずつ開かれていきます。しかし県当局は、病院外に精神保健センターを造る事も、職員を増員する事にも反対します。難色を示していた病院スタッフの中にも理解者が現れ、一見順調に見えた矢先に、外泊した男性が妻を殺める事件が重なって、バザーリアは病院を追われてしまいます。
【第2部】(102分)
1971年、トリエステ県代表(日本の県知事に当たる人物)が、県立サンジョヴァンニ病院長になってほしいとバザーリアを口説きます。彼は、「白紙委任状」(つまりカネを出しても口は出さないということ)を条件に、院長を引き受けます。志を同じくする医師や病院スタッフとともに、患者を地域に住まわせ、病院機能の縮小を図るとともに、政府に精神病院の解体を訴えかけます。やがて病院は縮小されて、代わりに24時間オープンの町なかの精神保健センターに機能が移されます。1978年、国会はついにイタリア中のマニコミオ(精神病院)の廃止を決定する法律180号(通称「バザリア法」)を可決し、患者たちは復権を果たすことになります。映画ではバザーリアが長年にわたり寄り添ってきた患者たちが、マルゲリータもボリスも、人間として復権を果たす姿をラストシーンで抽象的に描いています。
※招待券ご使用不可、サービスデー割引ほか一部割引サービス対象外
●12/31、1/2~1/6【6日間特別興行】 10:00(~13:35終) 第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
http://www.nanagei.com/movie/data/1110.html



●12月26日(月) 10:00~12:00 エルおおさか 南72号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
「原発からの命の守り方」
②原発災害は「とっとと逃げる!」

講師:守田敏也(もりた としや)さん フリージャーナリスト。著書「原発からの命の守り方(海象社)」「内部被曝(共著、岩波ブックレット)」他、ブログ「明日に向けて」発信中
福島原発事故という悲痛な経験を経てなお、原発推進政策が続いています。私たちの近くには高浜・大飯原発が建っています。大きな地震が続くなか、原発災害や事故が起きたらどうすればいいのか。食べものの内部被ばくから子どもたちを守るには?目をつぶるのではなく、立ちすくむのではなく、これから起こりうることに対して、何ができるのかをぜひいっしょに考えていきましょう。
参加費:組合員300円、組合員以外450円、子ども(小中学生)無料
定 員:40名 ※応募者多数の場合は抽選。(外れた方のみ連絡します)
イベントID:07161843
お申込み方法:メール:kodama07@shizenha.co.jp FAX:072-635-0776
フリーダイアル:0120-408-300 携帯・IPフォンからは088-603-0080
http://www.shizenha.ne.jp/osaka/detail/5/index.html?articleId=20191



京丹後米軍基地問題
●12月26日(月) 10時45分~大阪合同庁舎二号館一階集合(地下鉄中央線谷町四丁目駅徒歩3分 http://bb-building.net/tatemono/osaka/481.html
近畿中部防衛局への抗議申し入れ行動
・11時~12時 近畿中部防衛局への申し入れ
・終了後、簡単な報告集会・シュプレヒコール
12月10日(土)夕方、京丹後市大宮でXバンドレーダー基地に所属する米軍属が公務外で運転する車が、京丹後の住民3人が乗車する車に衝突し、住民3人が重軽傷を負うという事故が発生しました。そのうち1人は、頚椎損傷で入院中です。事故の直接の原因は、軍属が携帯電話を操作しながら運転し、センターラインをはみだして対向車と衝突したということにあり、まさに軍属側に完全な非がある事態でした。基地開設からの二年間で、米軍人・軍属の交通事故はこれで41件(米側の加害36件)になります。駐留する米軍人・軍属が約160人であることからすれば、他の米軍基地周辺とくらべても余りにも事故が頻発してきました。米軍は安全運転講習を実施していますが、事故を起こした米軍人・軍属の約半数はこれを受講していなかったことが明らかになっています。また、この講習を受講した運転者もまた事故を頻発させてきたということであり、安全運転講習の内容もきわめて不十分なことを示しています。私たちは、このような状況ではいずれ大きな事故がおこると何度も警告してきました。今回の大宮での人身事故は決して偶然ではありません。そして、交通違反・事故をおこしても、免停などの行政処分を科せられないという、日米地位協定のもとでの米軍・軍属の特権がこのような事態を助長してきたことは明らかです 。
交通事故の原因を解析し、根本的な解決策を実施することは米軍・防衛省の義務です。しかし、米軍・防衛省は、「交通安全講習を受けていない者には運転をさせるな」という住民の当然の要求すら実現してきませんでした。それは無免許運転を認めるに等しいことです。また、集団居住・集団通勤という基地建設前の約束も反故にされてきました。これらの根底には、米軍に治外法権と言うべき特権を保障した日米地位協定があり、防衛省は「米軍の運用に日本の主権は及ばない」という立場に立ち、米軍の好き放題を容認してきました。防衛省は、米軍の運用に関することについては説明すらしようとはせず、防衛省が何を約束したとしても米軍はそれに拘束されず、好き放題にしているのです。 ここに日米地位協定の現実があります。
 この現実を突き破っていくことができるのは、大衆運動の力であり、大衆的な非暴力直接行動です。京都連絡会/近畿連絡会による12月26日(月)の近畿中部防衛局への抗議申し入れに結集しよう。この間、米軍の事故によって住民の安全・安心が脅かされる事態が各地で発生しています。沖縄・名護市沖でのオスプレイの墜落事故。岩国基地に所属するFA-18ホーネット戦闘機の土佐沖での墜落事故、来年1月にも岩国基地への配備が強行されようとしているF35-Bステルス戦闘機のアメリカでの炎上事故・・・。京丹後における12月10日の重大な交通事故は、これらに連なるものです。防衛省は、このような事態に何ら有効な対応をとらず、高江オスプレイパッド建設・辺野古新基地建設などを強行し、近畿においては京丹後の米軍基地に所属する米軍人・軍属の実弾射撃訓練の陸自福知山射撃場への移転を強行しました。私たちの怒りを 大衆行動によって近畿中部防衛局に突きつけ、徹底して追及しようではありませんか。あらためて12月26日の抗議申し入れ行動への結集を呼びかけます。
https://www.facebook.com/marikocaroline.greet/posts/10211201773338200



●12月27日(火) 10時~15時半 大阪市立社会福祉センター(地下鉄「谷町九丁目」駅、近鉄「大阪上本町」駅11番出口 http://www.shafuku-center.jp/shisetsu.html)
Cafe IMONIKAI &避難者ぴあサポート交流会(ピアイモニカイ)
冬休み特別企画!!
*要予約
今回のピアイモニカイは「チェルノブイリへのかけはし」代表 野呂美加さんを招いての特別企画です。
<野呂美加さんプロフィール>
NPO法人「チェルノブイリへのかけはし」代表。ベラルーシの子ども達を日本に1か月転地療養させる「保養里親運動」を行い、19年間に延べ 648人を招待する。2011年3月11日以後は、東京電力原発事故による保養受け入れに取り組む。映画「小さき声のカノン」(2015年)に出演。
著書「放射能の中生きる母たちへ チェルノブイリからフクシマへ、子どもの命を守る知恵」
◇1部 10時~13時30分 Cafe IMONIKAI(同室保育)
10時30分~12時30分 野呂さんのお話し(定員80人・要予約・先着順)
12時30分~13時30分 昼食・自由におしゃべり
※昼食は各自でご用意ください
◇2部・13時30分~15時30分 避難者ピアサポート(別室保育)
*13時30分からは、基本「避難者のみ」となりますm(_ _)m
保 育:保育の申し込みだけは、お早めにお願いします。12月20日火曜日までに、お子さんの年齢・お名前を添えて、申込んでください。お問い合わせ・申込み先 peimonikai@gmail.com (お名前・連絡先と大体の予定時間もお願いします。)
※(途中からの参加、途中退室も自由です)
主催:ドーン避難者ピアサポートの会
協力:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream
ジェンダー平等をめざす藤枝澪子助成
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1313.html



●12月27日(火) 11:00~16:00 モモの家(阪急吹田駅から歩いて5分 JR吹田駅から歩いて12分 http://www.momo-family.org/?page_id=9
かえるCafe (毎月第2・4火曜日に開きます)
東日本大震災で避難してこられたみなさん そして心をよせる関西のみなさん
ほっとして 出会って 語りあって つながろう
草木染や手仕事などもやってます。
飲み物:300円
Menu:デトックス茶 有機栽培コーヒー 黒煎り玄米コーヒーなど
※避難者さんは交通費半額補助します
http://happy.ap.teacup.com/momonoie/



●12月27日(火) 11:00~16:00 モモの家(阪急吹田駅から歩いて5分 JR吹田駅から歩いて12分 http://www.momo-family.org/?page_id=9
無農薬大豆と天然糀と麻炭でおいしい手前味噌をつくろう!@かえるカフェ
受講料:1500円+1500円/㎏(リピーターは受講料500円引き・避難者・障がい者1000円引き)
講師:冨田貴史(冨貴工房)
申し込み 080-1522-9817(松村) office@momo-family.org
朝8時から庭で薪で大豆炊きしてます(自由参加)
11時~12時 お話(放射能対策など、味噌の効能の話、作り方など)
12時~13時 昼食(カンパ制)
13時~15時 作業
15時~16時 シェアリング、しめ。片付け
松村志保
http://happy.ap.teacup.com/momonoie/



●12月27日(火) 19:00~21:00 モモの家(阪急吹田駅から歩いて5分 JR吹田駅から歩いて12分 http://www.momo-family.org/?page_id=9
しえんほうカフェ
「原発事故子ども・被災者支援法」に関わるあれこれ。そこから見えるもの、新しい発見、これからできること。支援法に関連するさまざまな話を交換するゆるやかな茶会です。
参加費:800円
申込み:モモの家 office@momo-family.org  (できれば事前に参加連絡ください)
http://happy.ap.teacup.com/momonoie/



●12月27日(火) 午後6時~午後8時 阪急上牧駅駅前広場
原発ゼロ上牧行動(雨天中止)
6時から8時、長い時間ですが、少しの時間の参加うれしいです。
アピール、ストリートオルガン、、ビラまき、ポスティングやることがたくさんあります。
よろしくお願いします。
http://takatukigomi.sblo.jp/article/177991353.html



国会報告会
●12月27日(火) 19:00~西区民センター(地下鉄千日前線・長堀鶴見緑地線「西長堀」 http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016612.html
「緊急国会報告会」
弁士:共産党 清水ただし 衆議院議員 わたなべ結 候補者
日本共産党木津川南地区委員会は12月27日(火)午後7時から西成区民ホールで「カジノ」問題をメーンテーマに「緊急国会報告会」を開きます。清水ただし衆議院議員、わたなべ結・衆院大阪3区予定候補がお話しします。カジノNO! 大阪誘致NO!
https://twitter.com/nakamasa0225/status/811403293926662144



朝鮮高級学校無償化
●12月27日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



忘年会
●12月28日(水) 19時~山川よしやす事務所(平和と民主主義をともにつくる会・大阪)(京阪関目駅東口徒歩5分程 地下鉄今里筋線関目生育駅徒歩7分程 地下鉄谷町線関目高殿駅徒歩10分程 06-6936-3073 http://yamakawa-yoshiyasu.jp/access/)
安倍・維新を倒そう!望年会



越冬闘争
●12月28日(水)~2017年1月4日(水) 西成
第47回釜ヶ崎越冬闘争 越冬まつり
12月28日 越冬突入集会
 医療パトロール・炊きだし・野営闘争(布団しき)スタート
12月30日 越冬まつり・人民パトロールスタート
1月4日  お礼参り(大阪府・市要請行動)
★集団野営(布団敷きと警備)
12月28~1月4日朝5時 社会医療センター軒下
野営をせざる得ない人たちの大きな心配の一つに、通行人からの嫌がらせや、若者からの襲撃の恐怖があります。遊び半分で道頓堀川に投げ込まれて溺死させられた藤本さん。天王寺で殺害された小林さん。そして梅田での富松さん殺害など被害・犠牲は後を絶ちません。
今年も新シェルター、三徳ケアセンター等地域内を中心としての越年対策となりますが、社会医療センターの軒下での集団野営は継続します。夜7時半頃から布団をしき始め、翌朝5時まで夜を徹して番をします。一部のメンバーはそのままセンター情宣「日刊えっとう」の配布に参加します。正月を迎えると支援者の数が落ち込み人員不足になりますが、「一人の餓死・凍死者も出さない」越冬闘争の基本となる活動なのでご協力をお願いします。
★炊きだし
12月28日~1月3日 夜6時~配食 三角公園
日替わりメニューで毎日温かい食事を提供します。2日の朝には餅つき大会も行います。
★人民パトロール
12月30日~1月3日 夜8時~夜10時
労働者、地域住民、市民、宗教者、学生など越冬闘争に参加する様々な人たちが集まって行うパトロールです。日ごとに地域内、難波、梅田、天王寺、日本橋を回ります。地域内外で野宿を強いられている仲間に、釜ヶ崎で越冬闘争が行われていることを呼びかけます。「炊きだし」「集団野営」「医療・労働相談活動」「越冬まつり」などの情報とともに、カイロなどの支援物資を渡していきます。また街を歩く人に越冬闘争への理解と協力を求める活動でもあります。その日の越冬まつり終了時に参加者を募り三角公園から出発します。
★臨時宿泊所 受付相談と監視行動
12月29日(木)午前中 大阪市保険福祉センター分館(旧市更相)前
シェルターが閉鎖されている12月29~1月3までの期間、新シェルター、三得ケアセンターに臨時宿泊所が設置されます。保健福祉センター分館が受付窓口になりますが、ここで不当な申し込み拒否等がないように見守り、労働者・高齢者の相談、アンケートも行います。
★医療パトロール
12月28日~1月3日 夜9時45分~11時30分 医療センター前集合
地区内外で野宿を強いられている仲間に支援物資を提供しながら健康状態を確認する活動を行います。緊急の場合には医療センター前の集団野営と連携をとりながら医療機関への引き継ぎも行います。
★越冬まつり
12月30日~1月3日
ステージプログラム:https://www.facebook.com/kamajikkou/photos/a.424555781002641.1073741828.419807351477484/569953496462868/?type=3&theater
舞台では演歌、フォーク、ロック、ブルース、ボサノバ、ラップ、民謡、エイサーまで、越冬闘争の主旨に賛同するミュージシャンの方々の演奏が繰り広げられます。31日の夕方にはのど自慢大会、公園広場では卓球大会1/1餅つき大会1/2ソフトボール大会1/3が行われます。まつり期間中を通じて釜ヶ崎で活動をしている仲間からの呼びかけやアピールも行われます。
★お礼参り  
1月4日(月) 朝7時~センター集合
行政が仕事初めの4日、大阪市・大阪府に要望書を提出します。三角公園で参加者全員で朝食をすませた後、大型バス(勝利号)で出発します。
https://www.facebook.com/kamajikkou/posts/567631976695020



越冬活動
●12月28日(水)~2017年1月5日(木) 午前10:00~午後3:30 東遊園地(神戸市役所南/公園の一番南端)
『2016-2017神戸・越年越冬活動』(神戸冬の家)
震災のあった95年の12月から翌年の1月にかけ、市役所南側の東遊園地に宿泊用のテントを張り、「冬の家」として、野宿を余儀なくされている人たちと共に行政の施策の充実を求めたのが始まりです。以来毎年、年末から年始にかけて行なっており、今年で22回目になります。
今年も以下の通り、越年ー越冬活動を行います。
神戸公務員ボランティアは1月3日(日)の炊き出しを担当します。ご協力いただければ助かります。よろしくお願いいたします。
〇神戸・冬の家の内容
「炊き出し」「生活相談」「法律相談」「医療相談」「散髪」「歯科検診」「餅つき」「遊びのコーナー」その他いろいろ
・「追悼の日」12/29 10時30分頃~
・「越年歌声テント」12/31~1/2
・餅つき 1/30 昼食後
○一日の予定
10:00~テント等の設営開始 炊き出しの準備
11:00~全体でのオリエンテーション 相談活動開始
12:30~炊き出し配食(翌日の準備)
15:00~片付け開始
15:30~終わりのミーティング
○炊き出しの予定(担当グループとメニュー)
 12月28日(水) 民医連 はぁもにい(中華がゆ)
 12月29日(木) 神戸YWCA夜回り準備会(チキンカレー)
 12月30日(金) 日本キリスト教団兵庫教区(中華スープとごはん)
 12月31日(土) バプテスト・ホームレス支援ネット兵庫(年越しそばとごはん)
 1月1日(日) カトリック社会活動神戸センター(雑煮とごはん)
 1月2日(月) バプテスト・ホームレス支援ネット兵庫(豚汁とごはん)
 1月3日(火) 神戸公務員ボランティア(ぼっかけうどんとごはん)
 1月4日(水) 日本キリスト教団兵庫教区(石狩鍋汁とごはん)
 1月5日(木) カトリック社会活動神戸センター(中華丼)
*一緒に過ごす時間を大切にしています。担当グループに関わらず、いつでもご参加ください。
主催:越年越冬実行委員会 
お問い合わせ:神戸公務員ボランティア(090-6735-8138)
★尼崎越年越冬活動
 (期間)2016年1月6日(金)~1月9日(月)
 (時間)10時~14時頃
 (場所)橘公園(尼崎市役所東側)
 (内容)「炊き出し」「生活・法律相談」「散髪」「お茶のコーナー」…
◎12月31日(土) 16時頃~年越しそばの炊き出し(阪神尼崎駅前)
http://kobekoubora.life.coocan.jp/
http://catholic-kobe.org/tunagari/images/katudo/nwws.pdf



■12月30日(金) 午前04:55~05:50 ABCテレビ、テレビ朝日系列
「被爆70年 心の終戦 ~トルーマン孫の決断~」
原爆投下を命じたトルーマン大統領の孫、ダニエルは幼い頃から原爆投下は正しい判断だったと教えられてきたが、“折り鶴の少女サダコ”との出会いをきっかけに疑問を抱き始める。祖父の遺産に向き合い、日米の今を見つめたダニエルが辿り着いた答えとは。原爆による白血病を患い、生きる願いを託して鶴を折り続けた佐々木禎子。その物語に触れたダニエルは、3年前、初めて被爆地を訪問した。被爆証言集の出版に取り組み、トルーマン大統領を称える博物館に、サダコの鶴を展示する決断をした。
http://blog.goo.ne.jp/01780606/e/1267bc31c06b1fc6d241894d38ac2acd
http://home-tv.co.jp/company/release/2016/53.php



12/30はありません
●12月30日(金) 関西電力本社前(JR「大阪駅」阪神・阪急「梅田駅」徒歩約15~20分 「北新地駅」徒歩10分「淀屋橋駅」徒歩約10分 「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:30頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/


関電前星空交流会 19:00~20:30 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



12/30はありません
●12月30日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動




●12月30日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで
当日は、下京のバイバイ原発からおぜんざいのふるまいが17時よりあります。
https://www.facebook.com/demokyoto/posts/1823314391243342



●12月30日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&三宮駅までのパレード
https://twitter.com/zeroconet



12/30はありません
●12月30日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に! 
https://www.facebook.com/events/129051684247489/




このほか大阪茨木市、羽曳野市、寝屋川市、京都、兵庫、滋賀、奈良、三重、和歌山など各地の関電支店前やその他の場所で全国一斉金曜行動が行われています。
全国の金曜抗議行動をまとめたサイトはこちら。
 ↓ ↓ ↓ 
全国金曜抗議一覧  
http://demojhks.seesaa.net/article/296349527.html



■12月31日(土) 【再放送】午前7時30分~(90分) NHK BS
映像の世紀プレミアム 第2集「戦争 科学者たちの罪と勇気」
新旧2つの「映像の世紀」を合体させた豪華版。20世紀、科学は戦争のあり方を一変させ、戦争もまた科学を進歩させた。世界初の有人飛行を成功させた直後に軍用機を開発したライト兄弟、ナチスのもとで培った弾道ミサイルの技術によってアメリカのアポロ計画を成功させたフォン・ブラウン、マンハッタン計画の責任者として原爆を生み出しながら戦後は水爆開発に反対したオッペンハイマー博士。科学者と戦争の宿命的な関係を描く。
http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/3681/2899041/
https://bh.pid.nhk.or.jp/pidh07/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20161231-10-20180



辺野古新基地問題
●12月31日(土) 15時30分~(毎週土曜日)JR大阪駅南バスターミナル
「辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動」
辺野古の海が埋め立てられないように活動しています。
お時間の許す範囲で、少しでも皆様のご参加お待ちしています。
https://twitter.com/Osakakodo/status/813898835500011520



辺野古新基地問題
●12月31日(土) 13:00~14:00 神戸マルイ前
HENOKO NO! 沖縄に基地はいらない 
   辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動

沖縄県民に対する不正を止めるために、共に声を上げて下さい。
ツイター・FaceBookで情報発信中{辺野古・神戸}で検索して下さい。
土曜の午後はいつもの時間、いつもの場所で、はじめての方、ちょっとだけ参加、見学、大歓迎。
https://twitter.com/kobekodo/



12/31はありません。
辺野古新基地問題
●12月31日(土) 毎週土曜日17:00~18:30ごろ 京都市 三条河原町交差点(三条河原町商店街のアーケード前スペース)
沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、
     普天間基地の撤去を求める京都行動
http://kyoto-action.jugem.jp/?pid=1
https://twitter.com/ALALALED/status/551165696185344000




●12月31日(土)~2017年1月1日深夜1時 関西電力本社前(JR「大阪駅」阪神・阪急「梅田駅」徒歩約15~20分 「北新地駅」徒歩10分「淀屋橋駅」徒歩約10分 「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前 年越しアクション
安倍政権は、福島原発事故の責任を取らず、原発の再稼働、輸出、高濃度汚染地域への帰還政策などを行ってきました。こんなことは許されません。若狭の原発に過酷事故が起これば、わたしたち関西に住む者も被ばくします。命を守るために原発を廃止しましょう。
来年2月に高浜原発の大津地裁決定の抗告審で大阪高裁が決定を出します。
今原発廃止の世論をさらに大きくし、運動を強める時です。年越しアクションでは、「原発を稼働せず、このまま廃炉にしろ!」と関西電力本店前で訴えます。
大晦日のお忙しいときです。短時間でも結構ですので、ご参加お願いいたします!
<プログラム>
☆18:00スタート! 基調☆ 関電への怒りの抗議文☆ コール☆
☆19:00~「月桃の花歌舞団」☆活動報告①
☆20:00~ 医療問題研究会報告☆
☆21:00~ 行く年来る年スライドショー☆ 替え歌でいこう!
☆22:00~ 2017年の私へのメッセージ! ☆活動報告② 年越しそば☆
☆23:00~ アピールコーナー ☆エールの交換(東京~沖縄など闘いの各地から)など
※予定は変更の場合があります。ご了承ください。
※差し入れ、大歓迎です!
※関電前は屋外です。くれぐれも防寒対策をしてお越し下さい!
※関西電力本店…最寄り駅:京阪渡辺橋駅徒歩5分、地下鉄肥後橋駅徒歩7分
主催:平和と民主主義をめざす全国交歓会(ZENKO)関電前プロジェクト
連絡:090-1588-6351(秋野) アドレス:akihara3654.jm@ezweb.ne.jp
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp/2016-12-22-1



NEW
■1月1日(日)(31日深夜) (再放送)深夜午前01:00~01:50 NHK BS1
「BS世界のドキュメンタリー「カストロVSゲバラ」」
アメリカの支配からキューバを解放したいカストロは、亡命先のメキシコでアルゼンチン人のゲバラと出会う。ゲバラはマルクス主義者でラテンアメリカ全体の共産主義化を目指していた。キューバ革命を成功させ、天才的な政治センスで冷戦期のアメリカとの対立を切りぬけたカストロに対して、ゲバラは慰留の誘いを断ってキューバを去り、国際的な革命闘争に参加。共産主義の理想を追い求め、壮絶な死を迎える。
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=160519



NEW
■1月1日(日)(31日深夜) (再放送)深夜午前02:00~02:50 NHK BS1 
「BS世界のドキュメンタリー「プーチンの道~その権力の秘密に迫る~」」
KGBの工作員として旧東ドイツに派遣された後、故郷・サンクトペテルブルクで政治家に転身したプーチンは、無名のままエリツィン政権下で首相となる。“テロと戦う”という名目で始めたチェチェン戦争で名を上げ、大統領となったプーチンは財閥の囲い込みやメディアの統制などの手法で絶大な権力と財産を短期間で築き上げ、国際政治の舞台でも存在感を増していく。貧しい家に生まれた少年がクレムリンの主となるまでの道のりとは
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=161206



NEW
■1月1日(日)(31日深夜) (再放送)深夜午前03:00~03:50 NHK BS1
「BS世界のドキュメンタリー「プーチンの野望(1)新大統領 誕生」」
ロシアの大統領を8年間、首相を4年間務めたプーチン氏。2012年3月に行われた選挙で、再び大統領の座に就いた。プーチンとは、いかなる人物なのか。巧みな政治力を持つプーチンは、いかにしてロシアを欧米諸国の“価値ある協力国”から、“信用できない敵”へと変えたのか。ロシアの主要閣僚や、アメリカ政府の元高官などへのインタビューをもとに、ロシアとプーチン氏の歩みを振り返る。
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=111219



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

(12/25更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2016年12月24日(土)・25日(日)

★12/25追加情報
●12月25日(日) 午後4時~5時 JR高槻駅 西武デパート側
脱原発高槻アクション
★12/23追加情報
●12月24日(土) 15:30~16:00 天王寺ミオ前
「FOR NEXT 大阪の未来 チルドレンファースト・女性・カジノ」街角トーク(民進党)
■12月24日(土)  午後9時00分~9時50分 NHK総合
NHKスペシャル 私たちのこれから#長時間労働
●12/25(日)のイベント情報を追加しました。



【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報


『アルジェの戦い』デジタル・リマスター/オリジナル言語版
目をひらけ、耳をかたむけろ。
★1966年 ベネチア国際映画祭金獅子賞
★1967年 キネマ旬報外国映画ベスト・テン第1位
★1971年 英国アカデミー賞国際連盟賞
この作品で描かれている戦争は未だ終わっていない。ラスト・シーンの先に私たちの“現在”がある。
今から50年ほど前の1967年、日本を代表する映画雑誌「キネマ旬報」が例年発表する外国映画年間ベスト・テンにおいて『気狂いピエロ』(監督 ジャン=リュック・ゴダール)や『欲望』(監督 ミケランジェロ・アントニオーニ)といった名立たる傑作をものともせず圧倒的な差で第1位の栄冠を勝ちとった作品があります。1954年から1962年にかけて行われた、フランスの支配に対するアルジェリアの独立戦争を描いた『アルジェの戦い』です。ユダヤ人の家庭に生まれ、第2次大戦中レジスタンス運動のリーダーとして活躍した監督のジッロ・ポンテコルヴォはネオ・レアリズモの傑作『戦火のかなた』(監督 ロベルト・ロッセリーニ)に感銘を受け映画の世界へ足を踏みいれた人物。ジャーナリスト出身の彼は映画を作るにあたって記録映像を一切使わず、目撃者や当事者の証言、残された記録文書をもとにリアルな劇映画として戦争の実体をドキュメンタリー・タッチで詳細に再現しています。
アルジェの旧市街カスバで実際の戦闘に従事し、劇中でブラヒム役を演じたヤセフ・サーディが製作に参加。クエンティン・タランティーノ監督の『ヘイトフル・エイト』で本年度アカデミー賞オリジナル作曲賞を受賞したイタリアが誇るマエストロ、エン二オ・モリコーネ(『荒野の用心棒』『ニュー・シネマ・パラダイス』)が緊張感あふれるスコアを提供し、アルジェリア市民8万人が撮影に協力、主要キャストには実戦経験者を含む、素人達が多数起用されています。戦車、武器類はアルジェリア軍より調達、フランス映画『望郷』の舞台となったカスバでオールロケを敢行、5年の歳月をかけて作られた本作。1966年ベネチア国際映画祭でグランプリにあたる金獅子賞を受賞した折には、当時現地入りしていたフランス代表団が“反仏映画”として反発し、映画監督フランソワ・トリュフォーを除いて全員が会場を退席したという衝撃的なエピソードを残しています。
アルジェリア民族解放戦線とフランス軍、相対する当事者たちを分けへだてなく描写し、戦争に巻き込まれていく一般市民たちの日常に加え、ゲリラ作戦の詳細や壮絶な市街戦をクールなモノクロ撮影とジャーナリスティックな視点で冷徹に写しとったこの映画は、現在でも独立戦争の記憶遺産としてアルジェリアでは高い人気を誇り、見るものを戦場の真っ只なかにいる様な気分にさせる鮮烈な表現は時代をこえて輝いています。難民や移民の流出、頻発するテロの恐怖等、激動の世紀に生きる私たちにとって、ポストコロニアルの視点でつらぬかれた本作の歴史的価値は計り知れないものと言えるでしょう。
●12/3~12/30 第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
12/17~12/23 16:45(~18:55終)
12/24~12/30 10:00(~12:05終)
http://www.nanagei.com/movie/data/1079.html



よどがわダイバーシティ映画祭2016
『さとにきたらええやん』
いつでもおいで。
日雇い労働者の街・釜ヶ崎で38年間続く子どもたちの集い場「こどもの里」―
人情が色濃く残る街の人々の奮闘を描く、涙と笑いあふれるドキュメンタリー
大阪市西成区釜ヶ崎。"日雇い労働者の街"と呼ばれてきたこの地で38年にわたり取り組みを続ける「こどもの里」。"さと"と呼ばれるこの場所は、障がいの有無や国籍の違いに関わらず、0歳からおおむね20歳までの子どもが無料で利用することができます。学校帰りに遊びに来る子、一時的に宿泊する子、様々な事情から親元を離れている子、そして親や大人たちも休息できる場として、それぞれの家庭の事情に寄り添いながら、地域の貴重な集い場として在り続けてきました。
本作では「こどもの里」を舞台に、時に悩み、立ち止まりながらも全力で生きる子どもたちと、彼らに全力で向き合う職員や大人たちに密着。子どもたちの繊細な心の揺れ動きを丹念に見つめ、子どもも大人も抱える「しんどさ」と、関わり向き合いながらともに立ち向かう姿を追いました。
わたしはあんたの味方やで!現在(いま)求められている"居場所"の原風景
「こどもの里」の取り組みを通して、画面いっぱいにあふれ出る子どもたちや、釜ヶ崎という街の魅力を捉えたのは、大阪在住の重江良樹監督。「こどもの里」に関心を抱き、関わり、取材を始めてから足かけ7年、いま、初監督作品として本作を完成させました。音楽は地元・釜ヶ崎が生んだヒップホップアーティスト、SHINGO★西成。ストレートで飾らないメッセージの中に、街で生きる人々への熱い思いがつまったSHINGO★西成の楽曲が、生きることそのものを力強く肯定し、映画全体をあたたかく包み込みます。めまぐるしく移り変わる現代社会のなかで、子どもたちを巡る環境も急激に変化している今、あらためて注目されている「こどもの里」の"取り組み"が、これからを歩む私たちに問いかけるものとは――?
●12/18(日)~12/24(土) 14:20(~16:05終)シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
http://www.theater-seven.com/2016/movie_sato-eeyan.html



『高江―森が泣いている2』
ヘリパッド工事が強行される米軍北部訓練場の内側を描くドキュメンタリー
ヘリパッド工事強行による森の破壊の実相を描く。チェーンソーで切り倒されてゆく2万4千本の立木、赤土がむき出しとなった工事用道路や着陸帯、暴力で作業現場を守る機動隊。「刑特法」の脅しにひるむことなく、北部訓練場の中にある作業現場に向かう県民がいる。チェーンソーの周りに座り込み、作業員を説得し、立木にしがみつき、抵抗を続けている。
森のなかでは、ノグチゲラが立木に巣をつくり、子育てをしている。ヤンバルクイナがあちこちで鳴いている。高江の森は、小さな生き物の楽園、やんばるの中で一番豊かな生態系が残されていた。
立ち入りを禁止して、北部訓練場の内側で進むヘリパッド建設。
この映画で、あなたも現場の目撃者になる。
●12/24(土)~終映日未定 シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
■12/24(土) 上映後 監督トーク予定
■12/25(日) 上映後 監督トーク & きむきがんさん ミニライブ予定

12/24(土)・12/25(日) 12:10(~13:25終 予定)
12/26(月)~12/30(金) 10:00(~11:15終 予定)
12/31(金)・1/1(日) 休館日
1/2(月・休)~1/6(金) 15:05(~16:20終 予定)
1/7(土)~1/9(月・祝) 11:45(~13:00終 予定)
1/10(火)~1/13(金) 14:05(~15:20終 予定)
http://www.theater-seven.com/2016/movie_takae2.html



沖縄高江
●12月24日(土)・25日(日) 12:10~13:25 シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)終了後トーク
第76回映画鑑賞会『高江―森が泣いている2』
※当日映画を観られた方対象
市民社会フォーラム恒例、一般公開の映画の鑑賞会。今回はシアターセブンで公開の『高江―森が泣いている2』です。両日とも監督のアフタートークがあります。
『高江―森が泣いている2』(2016年/日本/70分予定)
監督:藤本幸久、影山あさ子
ヘリパッド工事が強行される米軍北部訓練場の内側を描くドキュメンタリー。ヘリパッド工事強行による森の破壊の実相を描く。チェーンソーで切り倒されてゆく2万4千本の立木、赤土がむき出しとなった工事用道路や着陸帯、暴力で作業現場を守る機動隊。
「刑特法」の脅しにひるむことなく、北部訓練場の中にある作業現場に向かう県民がいる。チェーンソーの周りに座り込み、作業員を説得し、立木にしがみつき、抵抗を続けている。森のなかでは、ノグチゲラが立木に巣をつくり、子育てをしている。ヤンバルクイナがあちこちで鳴いている。高江の森は、小さな生き物の楽園、やんばるの中で一番豊かな生態系が残されていた。立ち入りを禁止して、北部訓練場の内側で進むヘリパッド建設。この映画で、あなたも現場の目撃者になる。
https://www.facebook.com/events/1090950154384971/
http://shiminshakai.net/post/2030



辺野古新基地問題
●12月24日(土) 15時30分~(毎週土曜日)JR大阪駅南バスターミナル
「辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動」
辺野古の海が埋め立てられないように活動しています。
お時間の許す範囲で、少しでも皆様のご参加お待ちしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/henoko_osaka



辺野古新基地問題
●12月24日(土) 13:00~14:00 神戸マルイ前
HENOKO NO! 沖縄に基地はいらない 
   辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動

沖縄県民に対する不正を止めるために、共に声を上げて下さい。
ツイター・FaceBookで情報発信中{辺野古・神戸}で検索して下さい。
土曜の午後はいつもの時間、いつもの場所で、はじめての方、ちょっとだけ参加、見学、大歓迎。
https://twitter.com/kobekodo/



辺野古新基地問題
●12月24日(土) 毎週土曜日17:00~18:30ごろ 京都市 三条河原町交差点(三条河原町商店街のアーケード前スペース)
沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、
     普天間基地の撤去を求める京都行動

アピール、チラシ配り、新基地建設に反対する署名集めなどなど
http://kyoto-action.jugem.jp/?pid=1
https://twitter.com/ALALALED/status/551165696185344000



ピースおおさか
●12月24日(土) PM1:30~4:15 クレオ大阪西(JR・阪神西九条駅南へ徒歩3分 http://www.creo-osaka.or.jp/west/access.html
ピースおおさかリニューアル裁判(大阪府・市)判決!報告集会
第1部 ピースリニューアル学習会:
 映像シナリオを批判する(林 伯耀さん)
「通州事件」についての学習(老田裕美さん)
第2部 裁判報告
 大阪府・市の判決の報告と今後の展望 大前弁護士/竹本昇
参加費:500円
共催:ピースリニューアル裁判を支える会 ピースおおさかの危機を考える連絡会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1224.pdf
http://www17.plala.or.jp/kyodo/annai1.html



野党共闘
●12月24日(土) 13:30~16:00 神戸市勤労会館308号室(定員120名)(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html) 
市民と立憲野党の共同アピール
みんなのための政治を、いま
主催:連帯ひょうごみなせん
https://www.facebook.com/groups/948742081903286/permalink/1119472728163553/



精神障害
●12月24日(土)  18:30~岸和田市立福祉総合センター(南海岸和田駅から徒歩5分 http://www.syakyo.or.jp/asset/00032/tanaka/mapnew.pdf?
「生きさせろ!」連続公開討論会
精神障害者が差別・忌避あるいは、庇護される時代から社会貢献できる地域社会を創造します。「これこそが地域社会であってほしい」という願いを込めて、さまざまな人たちがその人なりの表現方法で参加できる誰にも否定されない「ごちゃ煮」の空間・居場所づくりから社会参加していきます。
講師:大谷弥生
精神障害者が差別・忌避あるいは、庇護される時代から社会貢献できる地域社会を創造します。「これこそが地域社会であってほしい」という願いを込めて、さまざまな人たちがその人なりの表現方法で参加できる誰にも否定されない「ごちゃ煮」の空間・居場所づくりから社会参加していきます。
自分自身が発達障害である。障害を抱えてどんな事が苦労したか? 発達障害と貧困は隣り合わせである。日本の企業は、すぐに労働者の首を切る問題。障害者雇用の大切さ。今の子供の貧困問題
https://www.facebook.com/events/231019227309561/



資本論
●12月24日(土) 10時~11時半 京都市下京いきいき市民活動センター第2会議室(JR京都駅(北側)塩小路通りを東に約15分 京都市下京区上之町38番地 http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/cmsfiles/contents/0000099/99788/simogyo-map.GIF
「資本論」を読む会京都
第1章商品(おさらい)
参加費:100円
主催:「資本論」を読む会京都(090-5241-5052)



朝鮮学校文化祭
●12月24日(土) 14:00~16:00 ドーンセンター7階ホール(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
第38回ウリ高校奨学生文化祭
入場無料
主催:朝鮮奨学会 http://www.korean-s-f.or.jp/
http://www.korean-s-f.or.jp/03-03.htm



NEW
政 治
●12月24日(土) 15:30~16:00 天王寺ミオ前
「FOR NEXT 大阪の未来 チルドレンファースト・女性・カジノ」街角トーク
イブに大阪で街頭宣伝!
蓮舫×辻元清美×矢田わか子×尾辻かな子他
「FOR NEXT 大阪の未来 チルドレンファースト・女性・カジノ」街角トーク
https://twitter.com/otsujikanako/status/811566200417193984



NEW
■12月24日(土)  午後9時00分~9時50分 NHK総合
NHKスペシャル
私たちのこれから#長時間労働

市民参加の討論番組「私たちのこれから」、今回は「長時間労働」を取り上げる。大手広告会社・電通の新入社員だった女性が過労自殺した問題などをきっかけに、あらためて是正を求める声が高まる長時間労働。しかし長年指摘され続けながら解消されてこなかったのも事実だ。一体何が解決を阻んでいるのか?国が10月に初めて公表した「過労死白書」では、先進国で最悪レベルにある正社員の長時間労働が変わっていない現状が示された上で、「残業が減らない理由」として「顧客(消費者)からの不規則な要望に対応する必要」が業種を超えて多く挙げられている。長時間労働に依存しながら利便性やスピードを追い求めてきた社会のあり方は?さらに長時間労働の是正は、人口減少時代での労働力確保や少子化対策という観点からも待ったなしの課題だ。番組では、是正を阻む「壁」とそれを乗り越える方策を、専門家・市民による徹底討論、そして生放送での視聴者の声を交え、具体的に探っていく。



●12月25日(日) 11時~16時 (阪急吹田駅から歩いて5分 JR吹田駅から歩いて12分 http://www.momo-family.org/?page_id=9
いのちをつなぐ保養のお話―放射能から身を守り、健やかな心身を育むために―@モモの家
放射能汚染に対して不安を持つご家族を対象に、汚染のないところでリフレッシュ(保養)することを目的に岐阜県八百津町でこれまで5年間続けて来た海旅キャンプ。キャンプ中はとくにルールを設けず楽しんでもらいながら、放射性物質や重金属などのデトックス・排出と、季節の養生に考慮したメニューをキッチン担当者と子どもたちや参加者のお母さんたちが一緒になってつくり、毎年恒例でキャンプ中に発酵食品である味噌作りなども行って参加者に手前味噌を持って帰ってもらっています。また、体にやさしい素材を使ったおやつなど、去年までは手が回らなかったことも。たくさんの方のご協力で今年は用意することができました。放射能汚染の心配のない食材集めなどは、日々いのちをつなぐ食べ物をつくる農家さんと繋がりのある八百屋さんなど、一人一人のスタッフや、寄付をしてくださった方の協力がなくては成り立ちませんでした。
今年も無事に海旅キャンプを開催できたことのお礼の気持ちも込めて、季節の養生のお話も交えながら私たちがこれからの時代に残していきたい心身の健康を育む保養のお話会を開催します。
さんかひ:3500円(海旅ごはん+おやつ&レシピのリーフレット付き )
じかんわり:
11時~12時半:海旅Campと保養の取り組みについてのお話
12時半~13時半:海旅ごはんを食べよう(冬の補腎ランチ)
13時半~15時半:食事による養生についてのお話(海旅おやつ付き)
もうしこみ:lovehasfounditsway@gmail.com 宛にタイトルを『イベント名・参加申し込み』としてお名前とご連絡先を記入の上お申込みください。
**参加を考えてる方へのお願い**
お食事の食材の仕入れや準備がありますので、参加申し込み締め切りは12/23(金)の21:00まで とさせていただきます。これを過ぎたお申込には、お食事をご用意できないこともありますのでご了承ください。
主催 海旅キャンプ キッチンチーム http://ameblo.jp/umitabicamp/
http://takafumitomita.blogspot.jp/2016/11/1225.html



NEW
●12月25日(日) 午後4時~5時 JR高槻駅 西武デパート側
脱原発高槻アクション
アピール、ストリートオルガン、、ビラまき
http://takatukigomi.sblo.jp/article/177991353.html



資本論
●12月25日(日) (毎月第4日曜日) 14時~16時 堺市総合福祉会館(南海高野線堺東駅 https://www.navitime.co.jp/maps/poi?code=ntjcgm-00000009138
第18回 今こそ「資本論」を読もう!
第1章3節 価値形態または交換価値「B 全体的な、または展開された価値形態」から。はじめて読む方歓迎。
・大坂城
「大坂城建てたん誰?」「豊臣秀吉!」「ちゃう。大工さん!」「なんやー。」
というのは小学生のクイズ遊びですが、でもここには真実が含まれています。
政治・文化・教育・生活・国際問題など社会は目まぐるしく変動しています。その根本になっているのが経済ですが、大坂城を建てた大工さんのように実際に額に汗して働いている人たちによって支えられ、動いているのです。
では、経済を支える私たちは経済によって支えられているでしょうか。20年も続く実質賃金の低下。自殺に追い込まれるほどの労働強化。意図的な欠陥商品(手抜き工事の住宅・マンション、燃費偽装の自動車など)の押しつけ。働く意欲も能力もあるのに強制解雇される制度=定年制と、年金の減額。などなど。
一体どうしてこうなっているのでしょうか。経済はどんな仕組みになっているのでしょうか。社会の本当の仕組みを、根本の経済から科学的に解きあかしたのが、カール・マルクスの資本論です。現代社会を基本から理解し、内包する問題を解決するためには、資本論を避けて通ることは出来ないでしょう。今こそ、 資本論を読もうではありませんか。
資本論は難しい?
・マルクス自身も「何事も初めが難しい」と言っていますが, 頑張れる人は理解できるとも言っています。「読む会」では, 段落ごとに丁寧に読み進め, 内容を皆で検討し, 不明な点は納得の行くまで議論します。しかし「木を見て森を見ず」にならないよう, 基本的な点で了解できれば次に進みます。初めて読む人, 昔読んだがもう一度という人, 初心者に教えてやろうという人, どなたにも参加していただけます。古本でも, 新しい訳本でも, どんな版でも結構です, 資本論第1巻(分冊)を持って参加して下さい。途中の回からでも参加できます。それまでの回の簡単なまとめをしますのでご安心ください。
参加費:無料
主催:「資本論」を読む会(堺)(090-6067-0560)
お問合せ:mezimezi22_at_yahoo.co.jp (「_at_」→「@」)
http://tanemakuhito.a.la9.jp/



野党共闘
●12月25日(日) 午後1時~京都タワーホテル前(JR京都駅から徒で2分 http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/1551/rtmap.html
野党・市民共闘大街宣演説
弁 士
福山 真劫 総がかり行動実行委員会共同代表
小沢 一郎 自由党代表
松野 頼久 民進党衆院議員
こくた恵二 日本共産党衆院議員・国対委員長
http://www.jcp-kyoto.jp/activity_and_policy/activity_and_policy-1753/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

(12/19更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2016年12月19日(月)~23日(祝金)

★12/19追加情報
●12月22日(木) 18:30 18:00~アメリカ領事館前(大江橋 北新地 淀屋橋)
県民大会同時アクション アメリカ領事館前緊急集会
★12/18追加情報
●12/23(祝金)までのイベント情報を掲載しました。



【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-65.html




戦争法
●12月19日(月) 17:40~京大博物館前(http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/guide.php#traffic
戦争法廃止!左京みんなのデモ
17:40 京大博物館前集合・デモ出発
 京大博物館前?市役所前
18:30 市役所前集会(未定)に合流
安保法制廃止、沖縄などへの基地押し付けに反対の声をあげます。
https://www.facebook.com/events/674090256092879/



戦争法
●12月19日(月) 午後6時半~京都市役所前街頭宣伝 午後7時~デモ出発
戦争法廃止、立憲主義守れ 街頭演説会&デモ
ついに沖縄でオスプレイが墜落事故を引き起こしました。テレビに映された(NHK除く)米軍トップの開き直り。そして、稲田防衛大臣の「不時着」発言も大変ひどい!12月の「市役所前19日行動」は、直近の沖縄での事態に対する私たちの抗議の意志を示す場にもなります。鳴り物大歓迎!皆さん、メッセージボードなど持って集まりましょう!
よびかけ:京都憲法共同センター(京都総評 電話075-801-2308)
http://www.labor.or.jp/sohyo/20161219-sensoho-kodo.pdf



戦争法
●12月19日(月) 午後5時半~6時半 阪急豊中駅東出口
戦争廃止!豊中市民アクション
南スーダン派兵反対、憲法改悪反対、沖縄基地撤去を宣伝します。6時からの10分間一斉パフォーマンスとして、ポテッカーを全員で掲げ駅前の人口広場をうめつくそうと計画しています。各地域で取り組みもあろうかと思いますが、もし、近隣でお時間のある方はご参加いただければ幸いです。
主催:戦争法廃止豊中市民アクション実行委員会



子どもの貧困
●12月19日(月) 18:30~21:00 こうべまちづくり会館ホール(地下鉄海岸線「みなと元町駅」西1出口から北へ1分 神戸高速 「花隈駅」東口から南へ3分「西元町」東口から東へ5分 JR・阪神 「元町駅」西口から西へ8分 http://www.kobe-machisen.jp/access/
「子どもの貧困」学習討論会
~~「子どもの貧困」学習討論会 ~~

日本では6人に1人が貧困状態にあると言われています。貧困な家庭では、辛い、苦しい、いろいろな問題を抱えていて料金が支払えず、ガス、電気、水道が止まったり、着る物が買えなかったり、栄養不足になったりしています。
そんな困窮した生活は子どもたちを直撃します。子どもたちは勉強できる環境が十分ではなく、進路にも影響します。親が子どもに辛くあたることもあり、虐待に繋がるケースもあります。
貧困は誰でも陥るリスクです。(病気、ケガ、勤め会社の倒産やリストラ)、日本の貧困レベルは政府の統計からも先進国の中でも深刻なレベルであり、政府が対応しなければならない重要な政策課題となっています。
今回の学習討論集会では、「こどもの貧困」を取り上げました。お二人の専門家から実践に裏打ちされた貧困解決への提言をいただきます。
講演1「子どもの貧困をめぐる状況」生田武志さん
野宿者ネットワーク代表 大学在学中から釜ヶ崎の日雇労働者・野宿者支援活動に関わる、各地の小、中、高校などで「野宿問題の授業」を行っている。
講演2「子ども支援を地域に」西川日奈子さん
NPO法人 西淀川子どもセンター代表理事 現在小学1年生~高校3年生を大正に「いっしょにごはん!食べナイト」を実施中
質疑
神戸のこども食堂の取り組みからのアピール
市民デモHYOGOの取り組みアピール
参加費:800円
主催:こわすな憲法!いのちとくらし!市民デモHYOGO
問合せ先:高橋秀典 090-3652-8652 saltshop@kobe.zaq.jp
http://shimindemohyogo.blog.fc2.com/blog-entry-15.html



感情労働問題
●12月19日(月) 18時半~エルおおさか(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
韓国の感情労働問題の取り組みに学ぶ
講師: イム・サンヒョク氏(緑色病院医師・労働環境健康研究所所長)
介護の現場で、教育現場で、ホテルで、 深夜のコンビニエンスストアや駅で、役所の窓口で 客や利用者からのクレーム対応・・・それ、「感情労働」です。
ホームで乗客の対応をしていた近鉄電車の若い車掌が、上着を 脱ぎ捨て、路線に降りた後、高架から飛び降りて重傷を負った。 顧客等の横暴・暴力にどう対応するべきか、労働者の安全をどう守るのかが問われています。
参加費:500円
主催:関西労働者安全センター
問合せ:田島 Tel:06-6943-1527 mail:koshc2000@yahoo.co.jp
http://ijimemental.web.fc2.com/tirasi161219.pdf



沖縄高江
●12月19日(月) 13時20分~14時40分 宝塚市立東公民館セミナー室(阪急山本駅8分 https://www.bing.com/mapspreview?&ty=18&q=%e5%ae%9d%e5%a1%9a%e5%b8%82%e7%ab%8b%20%e6%9d%b1%e5%85%ac%e6%b0%91%e9%a4%a8&ss=ypid.YN5286x808625098620924354&ppois=34.8180351257324_135.390274047852_%e5%ae%9d%e5%a1%9a%e5%b8%82%e7%ab%8b%20%e6%9d%b1%e5%85%ac%e6%b0%91%e9%a4%a8_YN5286x808625098620924354~&cp=34.818035~135.390274&v=2&sV=1
『高江 森が泣いている』上映会
沖縄のやんばるの森に囲まれた東村・高江で、アメリカ軍 のヘリパッド建設の阻止活動をする市民と彼らを排除しよう とする警察や機動隊を捉えたドキュメンタリー。2016 年夏、 全国から集められた機動隊らが県道を封鎖し、 オスプレイのためのヘリパッドの建設に反対する 人々と対峙する。 いま沖縄で何が起きているのか―
参加無料
大島淡紅子と歩む会(0797-89-4090)WF T
http://ayumukai.jp/report/news1611.pdf



1月に延期になりました。
フィリピン 新自由主義
●12月19日(月) 19時~よつ葉ビル5階(阪急京都線「茨木市駅」南改札から徒歩7分 http://www.its-mo.com/c/%E3%82%88%E3%81%A4%E8%91%89%E3%83%93%E3%83%AB/ZIDX_BLD%2C7-22-50-257-2154367/access/
この傷ついた世界の中で
フィリピン活動家の現場からみた国家と新自由主義

主催:Solidarity of People in Osaka and Cebu (SPOC)
共催:地域アソシエーション研究所
問い合わせ:072-630-5607(担当:下前、山口) spoc_2016@yahoo.co.jp(担当:ラボルテ)




●12月20日(火) 14時~(13時30分に神戸地裁ロビーに集合)神戸地方裁判所(大倉山(兵庫県)駅 徒歩2分 http://goo.gl/kJHVgH
原発賠償ひょうご訴訟(第1次第17回期日、第2次第13回期日、第3次第8回期日)
◇スケジュール
12時30分~13時 神戸駅前街宣
13時30分に神戸地裁ロビーに集合
14時~開廷
今回も原告・弁護団が裁判所に入場するのをサポータさん大勢で激励しましょう。近畿では一番大きい101号法廷が前回は、ほぼいっぱいになりました。次回も多くの方に来ていただけるよう、皆さん、広報お願いします。
12月20日は期日後に報告集会・原告例会・忘年会の予定になっています。今年1年の締めくくりです。よろしくお願いします。
※閉廷後報告集会@あすてっぷ神戸セミナー室1
(終了予定16時、終了後交流会あり)
連絡先:神戸合同法律事務所 078-371-0171 東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream【裁判所に「声」を届け隊】 sandori2014@gmail.com http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1341.html



沖縄米軍基地問題
●12月20日(火) 18:00~19:00 大阪駅南口駅前ひろば
最高裁 辺野古不当判決を許さない!
12/20大阪駅前緊急行動

司法が行政権力に追従して久しいですが、今や判決日すら、安倍政権が指示しているとしか思えない事態です。ここまで、日本は来てしまいました。
「『沖縄は植民地。そう見ると本土との関係が分かる。』と沖縄問題を考えるシンポジウムで、ニューヨーク・タイムズの元東京支局長が言及した。沖縄取材が豊富なだけに言葉の重みがあった。」と、『沖縄タイムス』(12月16日付)は報じています。
知らぬはヤマトゥの国民だけだ、とも言っています。
沖縄は米軍にとっては未だに「犠牲の上に勝ち取った占領地」で、日本政府がそれを積極的に推進し、司法がこれを擁護するという構造です。これを変えることが出来るのは、私たち市民の行動しかありません。
思い思いのプラカードやメッセージ、キャンドルなどをもって参加してください。
呼びかけ:Stop!辺野古新基地建設!大阪アクション
http://blog.goo.ne.jp/stop-henoko-osaka/e/b7bf4171146971fd2cc5d56036c3b63b



沖縄米軍基地問題
●12月20日(火) 午後6時30分~7時30分 三条商店街の入り口のところ
12・20-12・22 辺野古・高江の新基地建設を許さない!沖縄県民の闘いと連帯する京都緊急連続アクション
★沖縄県民のいのちを脅かすオスプレイ墜落事故を許すな!
★欠陥機オスプレイの飛行停止、配備を即時撤収させよう!
★高江オスプレイパッドいらない、つくらせない、使わせない!
★海兵隊は撤退させよう!
★最高裁による辺野古訴訟不当判決糾弾!辺野古工事再開を許さない、新基地建設断固阻止しよう!
①12・20 最高裁の米軍辺野古新基地を認める不当判決に抗議する!京都緊急行動
 午後6時30分~7時30分 三条商店街の入り口のところ
②12・22 オスプレイ墜落事故糾弾!基地強化のための欺瞞的な「米軍北部訓練場返還式典」開催強行を許さない!高江オスプレイパッドいらない、つくらせない、使わせない!沖縄での緊急県民集会に連帯する京都緊急行動
 午後5時30分~6時30分 京阪三条駅前広場
呼びかけ:高江支援緊急行動@京都
お問い合わせ:090-1951-6149(奥村)090-4643-2940(増野)
http://list.jca.apc.org/public/cml/2016-December/046130.html



朝鮮高級学校無償化
●12月20日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



経 済
●12月20日(火) 午後6時30分~国労会館(天満駅出口から徒歩約2分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/map/)
現代帝国主義論研究会第173回学習会(第25テキスト・第1回)
*新テキスト 松尾匡『この経済政策が民主主義を救う』大月書店 1,728円
*学習箇所 第1章 安倍政権の景気作戦―官邸の思惑は当たるか? 第2章 人々が政治に求めていること
*報 告 者:前田純一



1月に延期になりました。
釜ヶ崎
●12月20日(火) 13時~16時(こどもの里での交流、含む)
釜ヶ崎フィールドワーク

申込み spoc_ 2016@yahoo.co.jp(担当:ラボルテ) 申込み後、集合場所を連絡します。
主 催 Solidarity of People in Osaka and Cebu (SPOC)



●12月21日(水) 午前10時30分~12時(第3週目の水曜日)神戸学生青年センター(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/
「廃炉に向けて-美浜町の自立のために」
講師:松下照幸さん(森と暮らすどんぐり倶楽部 代表)
広大な天然林の広がる福井県美浜町、その豊な森に囲まれて “森と暮らすドングリ倶楽部”はあります。代表の松下さんは、2004年美浜原発3号機の事故後、脱原発をめざした町づくりを提案し、町民と共に原発廃止運動を進めてこられました。廃炉後の自立した町の経済構築へむけて林業ビジネス・バイオマス発電事業など具体的なビジョンを作り、地域活性化・地域環境保全に取り組んでこられました。木の実など地域に自生する資源を活かした事業等が認められて本年、”生物多様性アクション“優秀賞にノミネートされました。脱原発への思い、地域のための様々な取り組みへの道のりをお聞きします。
主催:神戸学生青年センター 
http://ksyc.jp/seminar/



沖縄米軍基地問題
●12月21日(水) 19時~20時 神戸三宮マルイ前
辺野古不当判決・オスプレイ墜落キャンドル・プロテスト
辺野古不当判決とオスプレイ墜落に抗議し、沖縄現地に呼応して、下記の行動を行います。
準備: 紙コップの下部にボールペンで穴をあけローソクを差し込む。無くても余分に持って行 きますから大丈夫です。(こちらで予備30個は用意しています)
主催:西
https://www.facebook.com/groups/576479449188146/permalink/708214536014636/



沖縄高江
●12月21日(水) 19時~山川よしやす事務所(平和と民主主義をともにつくる会・大阪)(京阪関目駅東口徒歩5分程 地下鉄今里筋線関目生育駅徒歩7分程 地下鉄谷町線関目高殿駅徒歩10分程 06-6936-3073 http://yamakawa-yoshiyasu.jp/access/ 06-6936-3073)
『いのちの森 高江 』上映会
豊かな自然の中、オスプレイの轟音の真下で暮らす人々の思いを静かに映し出す、今必見!の映画。
参加費:無料
主 催:平和と民主主義をともにつくる会・大阪
http://www.labornetjp.org/EventItem/1481708871114matuzawa



経 済
●12月21日(水) 14時~17時 神戸市勤労会館4階403室(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html) 
市民の集い勉強会
「なんでこんな世の中になったんや~経済学的アプローチ」

報告者:今井昭夫氏
主催:安保関連法廃止!市民の集い
http://www.labornetjp.org/EventItem/1480895795625staff01



●12月22日(木) 午後4時~6時20分 滋賀県庁正面噴水前(JR大津駅から徒歩5分 大津市京町四丁目1番1号 http://www.pref.shiga.lg.jp/guide/chosha/index.html
滋賀県庁前すわりこみ
※座り込みの後に望年会をします。ふだん車の方は電車でお越しください♪
http://nonukesiga.exblog.jp/23699942/



沖縄米軍基地問題
●12月22日(木) 午後5時30分~6時30分 京阪三条駅前広場
12・20-12・22 辺野古・高江の新基地建設を許さない!沖縄県民の闘いと連帯する京都緊急連続アクション
★沖縄県民のいのちを脅かすオスプレイ墜落事故を許すな!
★欠陥機オスプレイの飛行停止、配備を即時撤収させよう!
★高江オスプレイパッドいらない、つくらせない、使わせない!
★海兵隊は撤退させよう!
★最高裁による辺野古訴訟不当判決糾弾!辺野古工事再開を許さない、新基地建設断固阻止しよう!
①12・20 最高裁の米軍辺野古新基地を認める不当判決に抗議する!京都緊急行動
 午後6時30分~7時30分 三条商店街の入り口のところ
②12・22 オスプレイ墜落事故糾弾!基地強化のための欺瞞的な「米軍北部訓練場返還式典」開催強行を許さない!高江オスプレイパッドいらない、つくらせない、使わせない!沖縄での緊急県民集会に連帯する京都緊急行動
 午後5時30分~6時30分 京阪三条駅前広場
呼びかけ:高江支援緊急行動@京都
お問い合わせ:090-1951-6149(奥村)090-4643-2940(増野)
http://list.jca.apc.org/public/cml/2016-December/046130.html



NEW
沖縄米軍基地問題
●12月22日(木) 18:30 18:00~19:00 アメリカ領事館前(大江橋6番4分 北新地11-41番6分 地下鉄淀屋橋3番7分 http://bb-building.net/tatemono/osaka/362.html
県民大会同時アクション オスプレイ墜落に抗議する緊急県民大会に連帯しよう
アメリカ領事館前緊急集会
辺野古に基地を造らせないオール沖縄会議は、22日18時より名護市21世紀の森にて「オスプレイ墜落に抗議する緊急県民大会を開催します。稲嶺進名護市長も出席の方向で3千人の規模の参集を目指す見込みです。政府が計画する米軍北部訓練の部分返還の記念式典の日に合わせて開催し、記念式典への抗議の意も示す格好です。大阪アクションは同時アクションとして取組みます!
主催:STOP!辺野古新基地建設!大阪アクション
https://www.facebook.com/events/1830070997230941/



シリア
●12月22日(木) 15時~17時 カフェ・サパナ(阪急豊中駅9番出口徒歩3分 https://tabelog.com/osaka/A2706/A270601/27064637/dtlmap/
シリア人留学生ヤヒヤさんを囲んで シリアのティータイム
「シリアは文明の発祥地です」

大阪大学のシリア人留学生ヤヒヤさんのお話を聞きます。お席にかぎりがありますので、参加ご希望の方はお早めにお申込みください。
参加費:500円(お茶・お菓子付)
定員:18人(先着順)
http://tifa-toyonaka.org/schedules/2564



コンサート
●12月22日(木) 15:30~宝塚ソリオホール(宝塚駅徒歩2~3分 http://www.t-clip.info/culture_spot/index.cfm?ID=1
第7回神戸朝鮮高級学校コンサート 
入場料:無料 
主催:「吹奏楽と詩の夕べ」実行委員会
お問合せ:「吹奏楽と詩の夕べ」実行委員会 佐々木090-1480-8764
https://www.t-clip.info/event/event_detail.cfm?ID=3304
https://www.t-clip.info/register/event/file/201611271535180.jpg
https://www.t-clip.info/register/event/file/201611271535181.jpg



●12月23日(祝金) 関西電力本社前(JR「大阪駅」阪神・阪急「梅田駅」徒歩約15~20分 「北新地駅」徒歩10分「淀屋橋駅」徒歩約10分 「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:30頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:30 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●12月23日(祝金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●12月23日(祝金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●12月23日(祝金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&三宮駅までのパレード



●12月23日(祝金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に! 
どんどん暗くそして寒くなってきました。ヒカリモノと防寒対策必要です。脱原発の願いを込めて 音楽・アート大歓迎。手作り看板・鳴り物持参で。福島のこども達のための街頭カンパもやってます!再稼動許さないの声をもっと!
https://www.facebook.com/events/1245626545495001/



このほか大阪茨木市、羽曳野市、寝屋川市、京都、兵庫、滋賀、奈良、三重、和歌山など各地の関電支店前やその他の場所で全国一斉金曜行動が行われています。
全国の金曜抗議行動をまとめたサイトはこちら。
 ↓ ↓ ↓ 
全国金曜抗議一覧  
http://demojhks.seesaa.net/article/296349527.html



共謀罪
●12月23日(祝金) 14:50~元町映画館(トーク会場は2階)(JR・阪神電車「元町」駅西口より、南西へ徒歩6分/神戸高速鉄道「花隈」駅東口より南東へ徒歩6分/神戸市営地下鉄海岸線「みなと元町」駅2出口より北へ1分 神戸市中央区元町通4-1-12(元町商店街) http://www.motoei.com/access.htm
市民社会フォーラム第76回映画鑑賞会『弁護人』
演劇「え、共謀罪?悪いことしてへんかったら大丈夫…よね!?」

出演:あすわか兵庫劇団(北江康親、大多和優子、國富さとみ、八木和也)
解説:吉田維一(あすわか兵庫)
市民社会フォーラム恒例、一般公開の映画の鑑賞会。
今回は元町映画館で公開の『弁護人』です。アフターイベントとして、あすわか兵庫劇団による共謀罪(テロ準備罪)をテーマにしたミニ演劇があります。
韓国のノ・ムヒョン元大統領が弁護士時代に担当した冤罪事件をモチーフにした社会派ドラマ『弁護人』。パク・クネ大統領の進退問題で現在も情勢が揺れている韓国ですが、国家権力による国民への暴力を描く映画『弁護人』は、決してヨソの国の話ではありません。この日本でも3年前に成立した秘密保護法や、現在多数の批判が噴出している共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪)が成立すれば、民主主義そのものの根幹が揺らぐ事態になりかねないのです。
現在多数の批判が噴出している共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪)について若手弁護士たちの演劇と解説で知るイベントの開催が決定しました。自民党による改憲草案に反対し、憲法や情勢について一般の人にもわかりやすく伝える活動をしている「あすわか(明日の自由を守る若手弁護士の会)」。その兵庫支部では「劇団あすわかひょうご」を結成し、憲法などに関する演劇の上演活動をしています。ぜひこの機会に、一緒に考えてみませんか?
※当日映画を観られた方対象、参加無料。
『弁護人』公式サイト http://www.bengonin.ayapro.ne.jp/
元町映画館公式サイト http://motoei.com/
http://shiminshakai.net/post/2023



戦中教育
●12月23日(祝金) 18:30~エルおおさか南館72(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
D-TaC学習交流 のつどい
「私の体験した戦中教育と戦後の転換」

講演:黒田伊彦さん(元府立学校教員)
知っていますか?教師が子どもたちを戦場に送った歴史を。今その歴史が繰り返されようとしています。あなたが子どもたちを戦場に送らないために何ができるか?ともに考えませんか?
https://democracyforteachers.wordpress.com/category/d-tac%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%ae%e5%91%bc%e3%81%b3%e3%81%8b%e3%81%91/



道徳教科書
●12月23日(祝金) 17:30~喫茶美術館 (近鉄奈良線河内小阪駅徒歩12分 近鉄奈良線 八戸ノ里駅 徒歩13分 近鉄大阪線長瀬駅 徒歩14分  https://retty.me/area/PRE27/ARE86/SUB8604/100000223301/map/)
第18回「東大阪の教科書を語る会」
今回は「道徳教科書について」相可文代さんの講演と「東大阪教科書運動の今年の振り返りと来年の取り組み」について、みんなで語り合います。どうぞお集まりを!
みなさんは、小中学校の「道徳」が教科化されることをご存知でしょうか? 小学は2018年、中学は2019年からです。これまでも道徳の授業はありましたが、教科化されるということは、「道徳」が科目になり評価や成績が付くようになるということです。それにともない、道徳教科書も新たに教科書採択の対象となり、来年は小学校、再来年は中学校の教科書採択が全国各自治体で行われます。
 はたして「道徳」の教科化とはいったい何なのか? そして国家が主導する「道徳教科書」の危惧される問題点について、「子どもたちに渡すな!あぶない教科書 大阪の会」でご活躍の相可文代さんに大いに語ってもらいます。また、東大阪教科書運動の今年の取り組みを振り返り、来年の取り組みについても、みなさんと共に語り合います。ぜひご参加ください。
参加費:500円(1ドリンク付)要予約(資料準備のため)
本会の後、懇親会(忘年会)もあります(参加費3500円程度)
主 催:東大阪の教科書を語る会
予約先:06ー6725ー0430 waneibunkasha★yahoo.co.jp
http://www.waneibunkasha.com/higasiosakakyoukasyo.html



改 憲
●12月23日(祝金) 19:30~21:00 メディアスタジオSANA(地下鉄玉造駅1出口徒歩5分大阪女学院北側 ニエモンビル1F  http://peacetv.bex.jp/mediastudio/map.html
『安倍政権の憲法改悪を許さない』
臨時国会で憲法審査会が再開された。自民党改憲草案論議を許さず、グローバル資本の金儲けと戦争のために私たちの人権と命を奪われるのをきっぱり拒否し、現憲法の理念を実行していくための闘いをつくりだそう。
参加費:500円 学生・障がい者・失業者 300円(飲み物付き) 
主催:イラク平和テレビ局inJapan 090-3966-0604(森) http://peacetv.jp/
http://www.labornetjp.org/EventItem/1480333343796matuzawa



天皇制
●12月23日(祝金) 13時30分~16時30分 国労大阪会館(天満駅出口から徒歩約2分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/map/) 集会後デモ
天皇誕生日祝賀反対・天皇制廃止を12・23大阪集会
発題:「明仁が平和主義者なら、裕仁だってそうだ」
発題者:中嶋 啓明さん (ジャーナリスト)
参加費:(資料代含む)1000円(経済的に厳しい方は受付まで)
主催:参戦と天皇制に反対する連続行動
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1223-1.pdf
http://www17.plala.or.jp/kyodo/annai1.html



女性と子どもの貧困
●12月23日(祝金) 午後3時~5時 ドーンセンター大会議室(5階)(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
i女性会議・大阪 総会記念講演
「女性がもっと社会に発信しよう―女性と子どもの貧困をなくすために―」

講師:辻元清美さん(衆議院議員) 
参加費:500円
主催:i女性会議・大阪 



演 劇
●12月23日(祝金) ①11:00~②16:00~大阪人権博物館リバティおおさか(JR環状線「芦原橋駅」南へ約600メートル http://www.liberty.or.jp/guidance/index.html )
劇団きづがわ『追憶のアリラン』
・12月24日(土) 14:00~
入場料:一般3000円 
主 催:劇団きづがわ https://www.facebook.com/gekidankidugawa
https://www.facebook.com/gekidankidugawa/photos/pcb.1311610592206526/1311610542206531/?type=3&theater



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村


脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2016年12月18日(日) 

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-65.html




●12月18日(日) 14:00~16:00 三宮マルイ前(三宮)
さよなら原発 神戸マルイ前アクション
http://sayogenkobe.blog.fc2.com/blog-entry-133.html



●12月18日(日) 13:30~伏見港公園集合(京阪中書島駅下車、徒歩3分) 14時~デモスタート
さよなら原発ふしみパレード
コース :伏見港公園→中書島駅→龍馬通商店街→納屋町商店街→大手筋→御香宮
主催:ふしみ原発ゼロパレードの会
連絡先:京都南法律事務所(075-604-2133 [吉田 or 溝江])
http://nonukesfushimi.blog.fc2.com/blog-entry-301.html



共謀罪
●12月18日(日) 14時00分~東遊園地(三宮 http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/event/data/2016/event_161112-161218.pdf
いわゆる共謀罪法案の提出に反対する街頭パレード
コース:東遊園地~三宮センター街(予定)
どなたでもご参加いただけます。
主催:兵庫県弁護士会
共催:日本弁護士連合会、近畿弁護士会連合会(予定)、大阪弁護士会(予定)、京都弁護士会(予定)
お問い合わせ先:兵庫県弁護士会 TEL078-341-7061
http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/event/data/2016/event_161112-161218.pdf



安倍政権
●12月18日(日) 13:30~福島区民センターホール(地下鉄「野田阪神」/JR 東西線「海老F江」/阪神「野田」大阪市福島区吉野3-17-23 https://maps.google.co.jp/maps/ms?ie=UTF8&oe=UTF8&msa=0&msid=208816356832810032680.000498132504c54ef1691)16:50~デモ出発
沖縄に基地はいらない! 戦争・憲法改悪許さない!
冬のZENKO集会&デモ
内 容:
・沖縄・高江「オスプレイパッド建設阻止の闘い」報告  
 清水 暁さん(「ヘリパッドいらない」住民の会)
・南スーダン情勢報告
・野党共闘で選挙に勝利しよう! ?市民派の議員による連帯挨拶 ?各地域での共闘づくりの報告
・「沖縄・改憲阻止緊急署名」全国集計の結果発表
・あらゆる闘いを結んで安倍を打倒しよう! ユニオン、反原発、原発避難者、反維新政治、教育、介護・福祉などの闘い
【清水 暁さん(しみず あきら)】「ヘリパッドいらない」住民の会
沖縄・東村高江で2007年7月よりオスプレイパッド建設の中止 を求めて座り込みなどの抗議行動を行っている。現在、国家権力に より建設が急ピッチで進む中、自然と暮らしを守るため高江の住民 ら31人が提訴した「高江ヘリパッド差し止め訴訟」 の原告の1人でもある。
ベビーシッターの仕事をしている清水さんは「オスプレイパッドが できてしまうと生活できないのではないかと不安である。また次の 世代に危険な基地を残してしまうと心配である。やんばるの森は多 様な生物が生息し、沖縄島の飲料水の60%を供給する水源でもあ る。この貴重な自然と県民の水源を守っていきたい」と訴える。
政府が年内にも完成を目指し、なりふり構わず工事を進めている中 、全国でヘリパッド建設反対の世論を広げていきたいと語る。
http://www.zenko-peace.com/2016fuyuzenko



憲 法
●12月18日(日) 13:00~17:00 私学会館(JR・阪神元町駅東口徒歩2分 阪急三宮駅徒歩7分、花隈駅徒歩7分 地下鉄県庁前駅徒歩3分 http://www.hyogo-shigaku.or.jp/map.html
『主権者としての基礎講座』④「戦争の学び方?憲法を知って主権者になろう!」
講師:あすわか兵庫
問い合わせ先「子供の権利条約を進める神戸の会」TEL078-391-1245
https://www.facebook.com/asuwaka.hyogo/photos/a.879482295447598.1073741829.871729642889530/1115216611874164/?type=3&theater



日本会議
●12月18日(日) 13時半~あすてっぷKOBE(JR神戸駅北へ7分 http://www.city.kobe.lg.jp/life/community/cooperation/asuteppu/
戦前回帰への情念 安倍政権と日本会議はなぜ「日本国憲法」を敵視するのか
お話:山崎雅弘さん(戦史・紛争史研究家)
早いもので今年も12月に入りました。極右「日本会議」と一体の安倍政権は、 憲法改悪に向けて動きを加速しています。外国メディアは、早くから安倍政権を「極右政権」と報じているのに、日本のメデァは見て見ぬふりで、報じない「 日本会議の正体」について、下記の講演会を行ないます。多数、ご参加下さい。
安倍首相は 「みっともない憲法ですよ。いじましいんですけどもね、はっきり言って」と日本国憲法をおとしめる こんな発言をしています。(2012、2,14,公開動画サイト・ユーチューブーブ「政治家と話そう」)安倍首相と日本会議が日本国憲法に示す尋常でない「敵意と憎悪」の背景についても語ります。
講演の進行予定
《第一部》 13:40~14:25(45分)
1.日本会議とは(大筋の簡潔な説明)
2.安倍政権下で語られ始めた「戦前と同じ言葉」
3.戦前的価値観の肯定と戦後的価値観の否定
4.戦前的価値観=「国家神道」と「国体思想」
5.天皇中心の神の国、個人主義の否定
《第二部》15:00~15:45(45分)
6.戦後の日本国憲法=戦前回帰を防ぐ「封印」
7.「封印」の意図を理解していた神社本庁
8.自民党の改憲草案=封印を一つずつ剥がす内容
9.「日本の伝統」に見せかけた政治思想の強要
10.安倍首相と日本会議はなぜ天皇のお言葉を無視するのか
(質疑応答)15:45~16:20(35分)
参加費:1000円(学生500円)
主催:NHK問題を考える会・兵庫(078-351-0194)
http://www.kinyobi.co.jp/event/20161209_002186.php



選 挙
●12月18日(日) 10時30分~12時30分 パスタ・エ・カフェ・シオサイ(西宮北口駅下車西北へ徒歩3分 西宮公同教会総合ビル1階 https://tabelog.com/hyogo/A2803/A280301/28005763/dtlmap/
選挙カフェ「はたなか光成さんに聞いてみよう!」
兵庫7区の皆さん、カフェで直にはたなか光成さんのお話を聞きませんか?また、はたなかさんに衆議院選挙のことや、普段ここが聞きたいと思っていることを聞く絶好のチャンスです。質問時間もゆったりととっていますので、ぜひ会場にお越しください。
参加費:ドリンク代 飲み物400円
問い合わせ090―6370―2084 ヤギ
https://www.facebook.com/groups/1083305705054325/permalink/1329271007124459/



南京事件
●12月18日(日) 13時半~、奈良県:生駒セイセイビル文化ホール(近鉄生駒駅 http://www.city.ikoma.lg.jp/map/map1/map19.html?target=0-0&cacd=20&mapno=94
上映&講演『太平門消えた1300人』
講演:松岡環監督
参加費h:500円
問合せ:0743-76-8788
http://shiminha.cocolog-nifty.com/shiminha/files/06.pdf



原 爆
●12月18日(日) 14時~高槻市民会館305号室(阪急京都線「高槻市 駅」から徒歩5分 http://www.city.takatsuki.osaka.jp/bunka/theater/facility/citizens/
はだしのゲン映画界 第3部「ヒロシマのたたかい」
山田さんを支える市民の会では、2013年、松江市で『はだしのゲン』のマンガが図書館から撤去され、子どもたちから隠されようとして以来、戦争と原爆の真実を伝え、二度とくり返してはならないと訴え、また、子どもたちに「麦のようにたくましく」生きることを『はだしのゲン』のマンガで表現された中沢啓治さんの遺志を受けつごうと、12月19日の中沢啓治さんの命日の前後に、毎年、『はだしのゲン』映画会を行ってきました。
その『はだしのゲン』映画会は、今年で4回め。今年は、第3部「ヒロシマのたたかい」の映画です。都合がつきましたら、ぜひ、ご参加下さい。主催:山田さんを支える市民の会
https://www.facebook.com/groups/453257384883252/permalink/577821379093518/



万博・カジノ
●12月18日(日) 14:00~市民学習会議室(NSビル9階 1Fにスターバックスのあるビルです 谷町4丁目 1A番 出口・谷町筋沿いを北へ3分 天満橋 3番出口・谷町筋沿いを南へ5分 http://www.mapion.co.jp/address/27128/38:2:2:6/)
大阪経済学習会 -万博・カジノは必要か-
【万博・カジノって必要?】

講師:桜田 照雄(阪南大学教授)
相変わらずパッとしない大阪の経済(と日本経済)。そんななか、この大阪では、大阪維新の会の松井知事・吉村市長が旗を振って、人工島・夢洲への2025年の万博誘致と、同じ夢洲へのカジノ誘致が進められようとしています。
「生活も苦しいし、大阪経済なんとか回復してほしい」「万博みたいなビッグイベントで盛り上がりたい」「カジノ、ええやん?外国人観光客も沢山来るんと違う?」「けど、わざわざ夢洲に中央線を延伸して数百億使うってなぁ・・・」「ギャンブル依存症に苦しんではる患者さんも多いのに、博打で景気浮揚って正直どうなん?」「大体、災害時に夢洲みたいな人工島の安全性って大丈夫なん?」
様々な声があるなか、政府与党は国政における日本維新の会との連携強化を図るため、カジノ法案を強行的に審議入りし、更に、安倍政権は大阪への万博誘致を積極的に支援する動きを見せています。
実際のところ、万博・カジノはどうなのか。一緒に考える機会にできればと思っています。大勢のご参加、お待ちしております。
入場料:500円(学生無料)
予約:参加ご希望の方は、SADL公式メール( sadlosaka@gmail.com )もしくは、facebookメッセージをお送り下さい。
*facebookの「参加」ボタンだけでは、予約にはなりません。
参加費:\500(学生無料)
ゲスト:桜田照雄(経営財政論/阪南大学)
https://twitter.com/SADL_OSAKA/status/804169641018822657



女性の労働と貧困
●12月18日(日) 14:30~吹田市 Studio Citizen(阪急電鉄千里線「関大前駅」北改札→北東出口→関大を目指して徒歩5分 サンシャイン関大前3階/Tel.06-4860-6756 http://ameblo.jp/griripon/image-12104035947-13489027111.html)
女性の労働と貧困いま昔
ゲスト:中野冬美さん(ここからサロン)
女性の社会進出や地位向上が求められる一方、女性や子どもの貧困がクローズアップされ、大阪の場合、日本全国で貧困率が沖縄に次いでワースト2という状況に陥ってます。
大阪日本橋で女性の居場所「ここからサロン」を運営され、古くから女性の労働と貧困問題に向きあい、「ベーシックインカムとジェンダー」の著述がある中野冬美さんをお招きし、女性の貧困と労働、大阪での問題、ベーシックインカムへの期待と不安などについて語っていただきます。
主催:NPO法人近畿地域活性ネットワーク
後援:道州制と地域学会
タイムスケジュール
2時半 主催者あいさつと山中鹿次「男性主導社会の行きづらさ」
2時50分~3時50分 中野冬美「女性の労働と貧困いま昔」
休憩後 参加者と質疑応答と意見交換
5時ころから懇親会(軽食用意)
参加費:500円 懇親会参加は+1500円です(アルコールは実費)
当日参加でOKです。奮ってご参加ください。
問い合わせ:studio_citizen@yahoo.co.jp yamashikaransapo@occn.zaq.ne.jp
https://www.facebook.com/events/300475287018149/



コザ暴動
●12月18日(日) 13:30~18:00大阪市立大学都市研究プラザ 船場アートカフェ(辰野ひらのまちギャラリー 辰野平野町ビル地下1階)(地下鉄堺筋線[北浜駅]5番出口から徒歩約5分 http://art-cafe.ur-plaza.osaka-cu.ac.jp/access.html
―コザ暴動プロジェクト in 大阪―「都市と暴動」シンポジウム
「コザ暴動プロジェクト」は、いわゆる「コザ暴動」を撮った写真展を中心に、映画・ビデオ上映・シンポジウムなどの関連企画を展開する活動として2015年12月に沖縄市(コザ)で始まった。今回の大阪での開催は、2016年4月に明治大学で開催された「コザ暴動プロジェクトin東京」に続く、本土で2回目の企画である。
「コザ暴動」は、米兵の起こした交通事故をきっかけに、米国統治下の1970年12月20日未明から明け方にかけて、コザ市内で発生した。当時、米兵による凶悪事件や性暴力が日常茶飯事であり、彼らはその罪を償うこともなく許ざれた。この不条理に対する住民の怒りは、事故処理にあたっていたMPが群衆に取リ囲まれて威嚇発砲した時、爆発した。群衆は周辺に駐車していたMPや米人の車両を次々と横倒しにして火を放った。数千人の群衆は、米軍および琉球警察と、一触即発の緊張のなかでにらみあった。
「コザ暴動プロジェクト」はこうした住民の行動をあえて「暴動」と呼ぶ。それは怒れる民衆を「暴徒」とみなす危うさはらんでいるが、温和で友好的と評ざれる沖縄の人々が、鎮圧者が「暴動」というほどの激烈な怒りで表現したことの意味を、戦後71年目の沖縄と日本で改めて問い直す必要がなかろうか。本企画の写真展とギャラリートークは、「現場写真」の力とそれを撮影した写真家の声を通して、怒れる民衆の表現を大阪で再現する。
しかしながら、こうした「暴動」は沖縄のみで起こったわけではない。本企画が開催される大阪では西成区の釜ヶ崎において日雇い労働者による戦後24回もの「暴動」が発生している。戦前に目をやれば、首都東京でも1905年に日露戦争の講和条約に反対する集会が大規模な「暴動」へと展開した「日比谷焼打ち事件」がある。本企画は「都市と暴動」をテーマとするシンポジウムにおいて、これら三都市で発生した「暴動」の歴史・地理的背景、展開過程、参加者属性、社会的意義を比較検討しつつ、なぜ都市は「暴動」を生み出し、なぜそれは今も語り継がれるべき出来事たりうるのかを考えたい。
・第1部 シンポジウム「都市と暴動―都市はいかに暴動を生み出したか」
パネラー:山田實(NPO釜ヶ崎支援機構理事長)「転換点としての90年西成(釜ヶ崎)暴動」 藤野裕子(東京女子大学准教授)「戦前東京の暴動と労働者文化」 山崎孝史(大阪市立大学教授、進行役)「基地の街コザと暴動を語る論理」
・第2部 「コザ暴動」ギャラリートーク
パネラー:國吉和夫(写真家、元琉球新報記者)小橋川共男(写真家)比嘉豊光(写真家、雑誌編集者)松村久美(写真家)古堅宗光(元NPOコザまち社中幹事)恩河 尚(沖縄国際大学非常勤、コメンテーター)今 郁義(コザ暴動プロジェクト実行委員会、進行役)
主催:「都市と暴動」シンポジウム実行委員会(代表:山﨑孝史)
共催:コザ暴動プロジェクト実行委員会(代表:國吉和夫)
共催:人文地理学会政治地理研究部会(代表:北川眞也)
後援:琉球新報、沖縄タイムス、関西県人会系組織(いずれも依頼予定)
プロジェクトホームページ(チラシ・ポスターダウンロード可能)
http://polgeog.jp/archives/782
■「コザ暴動」写真展
2016年12月16日(金)~18日(日) 午前10:00~午後6:00(入場無料)
大阪市立大学都市研究プラザ 船場アートカフェ(辰野ひらのまちギャラリー)
出展写真家: 大城弘明、國吉和夫、平良孝七、比嘉豊光、比嘉康雄、松村久美、山城博明、吉岡 攻・第1部 シンポジウム「都市と暴動―都市はいかに暴動を生み出したか」
https://www.facebook.com/events/221094465012554/



介護保険
●12月18日(日) 10:00~12:00 憲法いかそう茨木市民の会・山本よし子事務所(阪急茨木市駅から徒歩5分 茨木市竹橋町5-3 山崎第7マンション202号 http://www.mapion.co.jp/address/27211/79::5:2/
第7回 憲法語ろう会
『どうなる・どうする介護保険~憲法をいかし、安心の介護を!~』

安倍政権が改憲でめざす憲法は、憲法9条の戦争放棄をなくすだけでなく、基本的人権や生存権よりも「国益」を優先するものです。今回の「憲法語ろう会」は、「個人の尊厳」(13条)と「生存権(25条)」を否定する介護保険改正の動きについて学習します。講師は、社会保障・介護保険の専門家であり、豊中市会議員として実践的な提言をされてきている熊野以素(くまの・いそ)さんです。明快な語り口にご期待ください。
講師:熊野 以素さん(日本社会保障法学会員/専門:介護保険/豊中市議会議員(無所属市民派)
連絡、問合せ先:tel/FAX 072‐665‐6601(事務所)
携帯 070‐5668‐2126(垣内) 080‐3113‐2304(山本)
資料代:300円
主催:憲法いかそう茨木市民の会(代表:山本よし子)
http://ikasouibaraki.jugem.jp/?eid=39



映画上映会
●12月18日(日) ①10:00~②12:30~③14:30~トレピエホール(阪急神戸線武庫之荘駅南出口南へ240m http://www.amagasaki-trepied.com/
尼崎で見よう!『さとにきたらええやん』上映会
今年6月に公開されるや各地で評判を呼び、全国の名だたる劇場で上映されました。この文章を書いている2016年11月29日現在でも3館以上で上映中というロングランヒット作です。
改めてチラシを読むと見出しは「いつでもおいでや。子どもも大人も集まるみんなの"さと"」そう。西成区釜ヶ崎にある「こどもの里」にはこどもが集うのはもちろん、親や大人たちもちょっと一休みしにやってくる。
もうひとつの見出しは「わたしはあんたの味方やで!いま、求められている"居場所"の原風景」居場所。あたたかい言葉ですね。
冒頭で触れたとおり、大ヒット作なのでご覧になった方も多いと思います。なので、今回せっかく地元で自主上映会をするからには、普段映画館に足を運んでみることが少ない方が来やすい会にしたいと思いました。
・おしゃべり上映会にします。
3回上映のうち1回目は通常上映。静かにご覧いただけます。
2回目・3回目はおしゃべり上映会と題して、お子さん連れ歓迎。キッズスペースを設けます。少々賑やかになるかもしれません(多分なるでしょう)が、ご容赦願いたいと思います。映画館から足が遠のいておられるママ・パパさんたち、ぜひお越しください。
・バリアフリー版上映にします。
3回とも日本語字幕付きバリアフリー版を上映します。
聴覚障害の方もぜひお越しください。受付等は筆談で対応します。
タイムスケジュール
①10:00~(通常上映)
②12:30~(おしゃべり上映会) 
③14:30~(おしゃべり上映会)
定員:各200名
料金:大人1000円 学生500円 小学生以下無料 障がい者500円(付き添い無料)
連絡先:水田隆三(みずたりゅうぞう)mail:mizuta.ryuzo@gmail.com
tel:090-9713-3411(会社勤務のため平日昼間はご遠慮ください)
申込み不要ですが、状況把握のため事前申し込み歓迎。人数と何回目上映かの予定も添えて下さいね。
https://www.facebook.com/events/1788099131445617/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2016年12月17日(土) 

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報


『クワイ河に虹をかけた男』
たった一人の戦後処理。“握手できるただひとりの日本人”── 永瀬隆
元陸軍通訳が戦後の人生を捧げた泰緬鉄道への償い
アジア太平洋戦争下、岡山出身の永瀬隆は、当時、タイとビルマを結ぶ泰緬鉄道建設のタイ側の拠点に陸軍通訳として派遣される。多くの連合国軍捕虜やアジア人が動員された建設工事で、彼は強制労働、拷問、伝染病死など悲劇の全容を目の当たりにする。戦後、鉄道建設犠牲者の慰霊と、復員時に日本軍12万人全員にタイ政府が「米と砂糖」を支給してくれた恩義に報いようと、一般人の海外渡航が自由化された1964年から妻の佳子と二人三脚で巡礼を始める。1976年にはクワイ河鉄橋で元捕虜と旧日本軍関係者の和解の再会事業を成功させ、86年にはクワイ河平和基金を創設するなど、「ナガセ」の名は欧米でも知られる存在となる。タイ訪問を135回も続けた彼が目指した“和解”とは──
『レイルウェイ 運命の旅路』(2013) でも登場する実在の人物を地元放送局記者が20年間追い続けた注目作
クワイ河鉄橋は『戦場にかける橋』(1957) で一躍有名となり、本作にも登場し永瀬とも面識のあったイギリス人捕虜エリック・ロマックスの自伝映画『レイルウェイ 運命の旅路』(2013) では、俳優の真田広之が永瀬を演じている。本作では1994年2月の82回目のタイ巡礼を皮切りに、地元の瀬戸内海放送記者・満田康弘が永瀬隆の晩年20年間を追い続けた。様々な葛藤を抱えながらも贖罪と和解の活動を続けた永瀬を追った地元放送局の注目作が、戦後71年目の2016年、劇場版となって公開される。
●11/19~12/23 第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
12/17~12/23 10:00(~12:05終)
http://www.nanagei.com/movie/data/1095.html
http://www.nanagei.com/movie/schedule.html



『アルジェの戦い』デジタル・リマスター/オリジナル言語版
目をひらけ、耳をかたむけろ。
★1966年 ベネチア国際映画祭金獅子賞
★1967年 キネマ旬報外国映画ベスト・テン第1位
★1971年 英国アカデミー賞国際連盟賞
この作品で描かれている戦争は未だ終わっていない。ラスト・シーンの先に私たちの“現在”がある。
今から50年ほど前の1967年、日本を代表する映画雑誌「キネマ旬報」が例年発表する外国映画年間ベスト・テンにおいて『気狂いピエロ』(監督 ジャン=リュック・ゴダール)や『欲望』(監督 ミケランジェロ・アントニオーニ)といった名立たる傑作をものともせず圧倒的な差で第1位の栄冠を勝ちとった作品があります。1954年から1962年にかけて行われた、フランスの支配に対するアルジェリアの独立戦争を描いた『アルジェの戦い』です。ユダヤ人の家庭に生まれ、第2次大戦中レジスタンス運動のリーダーとして活躍した監督のジッロ・ポンテコルヴォはネオ・レアリズモの傑作『戦火のかなた』(監督 ロベルト・ロッセリーニ)に感銘を受け映画の世界へ足を踏みいれた人物。ジャーナリスト出身の彼は映画を作るにあたって記録映像を一切使わず、目撃者や当事者の証言、残された記録文書をもとにリアルな劇映画として戦争の実体をドキュメンタリー・タッチで詳細に再現しています。
アルジェの旧市街カスバで実際の戦闘に従事し、劇中でブラヒム役を演じたヤセフ・サーディが製作に参加。クエンティン・タランティーノ監督の『ヘイトフル・エイト』で本年度アカデミー賞オリジナル作曲賞を受賞したイタリアが誇るマエストロ、エン二オ・モリコーネ(『荒野の用心棒』『ニュー・シネマ・パラダイス』)が緊張感あふれるスコアを提供し、アルジェリア市民8万人が撮影に協力、主要キャストには実戦経験者を含む、素人達が多数起用されています。戦車、武器類はアルジェリア軍より調達、フランス映画『望郷』の舞台となったカスバでオールロケを敢行、5年の歳月をかけて作られた本作。1966年ベネチア国際映画祭でグランプリにあたる金獅子賞を受賞した折には、当時現地入りしていたフランス代表団が“反仏映画”として反発し、映画監督フランソワ・トリュフォーを除いて全員が会場を退席したという衝撃的なエピソードを残しています。
アルジェリア民族解放戦線とフランス軍、相対する当事者たちを分けへだてなく描写し、戦争に巻き込まれていく一般市民たちの日常に加え、ゲリラ作戦の詳細や壮絶な市街戦をクールなモノクロ撮影とジャーナリスティックな視点で冷徹に写しとったこの映画は、現在でも独立戦争の記憶遺産としてアルジェリアでは高い人気を誇り、見るものを戦場の真っ只なかにいる様な気分にさせる鮮烈な表現は時代をこえて輝いています。難民や移民の流出、頻発するテロの恐怖等、激動の世紀に生きる私たちにとって、ポストコロニアルの視点でつらぬかれた本作の歴史的価値は計り知れないものと言えるでしょう。
●12/3~12/30 第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
12/17~12/23 16:45(~18:55終)
12/24~12/30 10:00(~12:05終)
http://www.nanagei.com/movie/data/1079.html



『ミリキタニの猫《特別篇》』 (006年/アメリカ/74分)
ミリキタニってなあに?
世界の映画祭で話題になった「ミリキタニの猫」(2006年)に加えて
新作の短編「ミリキタニの記憶」(2016年)が同時上映の2本立て《特別篇》
湖畔八丁目 配給
★トライベッカ映画祭 観客賞
★トロムソ国際映画祭 ノルウェー平和映画賞
★パリ国際映画祭 観客賞 ほか多数
80歳の日系アメリカ人画家=ジミー・ミリキタニ
80歳の日系アメリカ人画家は、そーとー頑固でワイルドだけど、実はおちゃめな面もあるじーさん。サクラメントに生まれて広島で育ち、2001年には、世界貿易センターが間近に見えるニューヨークの路上で毎日毎日、絵を一日中描いて暮らしていた。
ジミー・ミリキタニがソーホーの街角で描くのは、猫、ねこ、ネコ…。なぜ猫を描き続けるのか。猫に秘められた想いとは…。そしてなぜニューヨークの路上で暮らすようになったのか。その答えを解く鍵は彼の絵にあった。
親しくなると、ネコ以外にも絵の題材があることがわかってくる。
日系人強制収容所、原爆、柿、花や動植物…。
近所に住む映画監督のリンダが、ネコの絵に惹かれて話しかけたことがきっかけで友情が芽生え、2人の人生は大きく変わっていく。
ジミー・ミリキタニの思い出話しには脈絡がない──子供のころ広島で行ったピクニック、サムライだった祖先、失われた米国市民権、ジャクソン・ポロック、真珠湾攻撃、第二次大戦中の日系人強制収容所、叔母と一緒に行った宮島、収容所に入れられた何千人もの「アメリカ人」、猫好きだった男の子、日本が芸術大国であることを世界に示すという大志……。
ミリキタニはグランドマスター(巨匠)アーティストなのか?
それとも空手チャンピオン?
あるいはサムライなのか?
時とともに、パズルのピースをはめていくように、ミリキタニの過去が少しずつ分かりはじめる。
そして、彼が絵を通して恐ろしい時代を生き抜きぬいた生涯を表現していることが明らかになってくる。
●12/10~12/23 第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
12/17~12/23 19:10(~20:50終)
http://www.nanagei.com/movie/data/1098.html



よどがわダイバーシティ映画祭2016
『さとにきたらええやん』
いつでもおいで。
日雇い労働者の街・釜ヶ崎で38年間続く子どもたちの集い場「こどもの里」―
人情が色濃く残る街の人々の奮闘を描く、涙と笑いあふれるドキュメンタリー
大阪市西成区釜ヶ崎。"日雇い労働者の街"と呼ばれてきたこの地で38年にわたり取り組みを続ける「こどもの里」。"さと"と呼ばれるこの場所は、障がいの有無や国籍の違いに関わらず、0歳からおおむね20歳までの子どもが無料で利用することができます。学校帰りに遊びに来る子、一時的に宿泊する子、様々な事情から親元を離れている子、そして親や大人たちも休息できる場として、それぞれの家庭の事情に寄り添いながら、地域の貴重な集い場として在り続けてきました。
本作では「こどもの里」を舞台に、時に悩み、立ち止まりながらも全力で生きる子どもたちと、彼らに全力で向き合う職員や大人たちに密着。子どもたちの繊細な心の揺れ動きを丹念に見つめ、子どもも大人も抱える「しんどさ」と、関わり向き合いながらともに立ち向かう姿を追いました。
わたしはあんたの味方やで!現在(いま)求められている"居場所"の原風景
「こどもの里」の取り組みを通して、画面いっぱいにあふれ出る子どもたちや、釜ヶ崎という街の魅力を捉えたのは、大阪在住の重江良樹監督。「こどもの里」に関心を抱き、関わり、取材を始めてから足かけ7年、いま、初監督作品として本作を完成させました。音楽は地元・釜ヶ崎が生んだヒップホップアーティスト、SHINGO★西成。ストレートで飾らないメッセージの中に、街で生きる人々への熱い思いがつまったSHINGO★西成の楽曲が、生きることそのものを力強く肯定し、映画全体をあたたかく包み込みます。めまぐるしく移り変わる現代社会のなかで、子どもたちを巡る環境も急激に変化している今、あらためて注目されている「こどもの里」の"取り組み"が、これからを歩む私たちに問いかけるものとは――?
●12/18(日)~12/24(土) 14:20(~16:05終)シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
http://www.theater-seven.com/2016/movie_sato-eeyan.html



よどがわダイバーシティ映画祭2016
『田中幸夫監督が描いた”部落”映画特集』
①「部落の心を伝えたいシリーズ」3作品
“更池の語り部 吉田小百合”(1998年)
“差別っていったい何やねん 川口泰司”(2004年)
“差別を問うた20年/29の証言”(2016年)
当事者自ら出演し部落問題の本質を語るという独自のスタイルを確立、その圧倒的リアリティが発売当時から大きな反響を呼んだ。全巻を収蔵する大学や教育・啓発機関、視聴覚ライブラリーも多い。
②『叫びとささやき ~更池1992~』+『グローカルに生きる 「風の人になりたい」岡本工介 ~アメリカ篇~』
・『叫びとささやき ~更池1992~』(1993年/日本/45分)
部落差別・民族差別・冤罪…。25年の超ロングセラーを続ける傑作。
差別に立ち向かい生きている人たちがいる。彼らは、ときに叫び、ときにささやく。決して沈黙に甘んじない。彼らは、生き方にこだわる。何よりも子どもたちのために。だからこそ、彼らには人間のぬくもりがある。ぬくもりが仲間の輪を広げていく。この作品は、彼らの生き方を見つめながら、さまざまな人権の危機と本質に迫っていく。部落差別、民族差別、冤罪....彼らは闘う。ふるさとを舞台に。彼らのふるさと....ここは大阪府松原市更池。
・『グローカルに生きる 「風の人になりたい」岡本工介 ~アメリカ篇~』(2007年/日本/37分)
ネイティブ・アメリカンの聖地から、黒人解放運動の聖地へ…1万キロの旅。
閉じないで開くこと。外の風を受け入れること。外とつながること。
「グローカル=グローバル(世界とつながる)+ローカル(地域にこだわる)」
構想4年を経て制作を開始する新シリーズは、グローカルに生きる若者が主人公の海外ロケを中心にした大型ドキュメンタリーです。第1弾は、環境教育プランナー・岡本工介(28)の1ヶ月1万kmに及ぶアメリカの旅に密着、子どもたちの教育に人生をかけることを決意する姿を描きます。インディアン居留区や黒人解放運動の地で再確認した「つながる教育」の尊さ。差別が厳然と残るアメリカの現実…。『トランプ以後のアメリカ』の今を予見した秀作です。
●12/17(土)~12/23(金) シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
上映日程詳細:http://www.theater-seven.com/2016/movie_tanaka.html



●12月17日(土) 14時~16時 市民まちづくりプラザ(阪急伊丹駅ビル3F)
放射線の基礎説明と放射性物質のガイガーカウンターによる計測
~国は8000ベクレル/kgの汚染土壌を全国の公共事業で利用できる方針を決定しました。 これでは、日本中の人達が汚染されます。撤回を求めて行きたいと思います。
今回は、放射線とは?放射性物質とは?半減期とは? ガイガーカウンターによる計測などを学びたいと思います。 また、日頃の疑問に答えていただきます。~
講師:岩本智之(さとし)先生
参加費:無料
《講師プロフィール》
旧所属:京大原子炉実験所 原子力基礎工学研究部門
研究キーワード:原子力気象学研究部環境学、環境影響評価・環境政策、地球惑星科学、気象・海洋学
現在:日本科学者会議大阪支部 代表幹事 地球環境市民会議(CASA)代表理事
主催:伊丹革新懇
連絡先:中島 080-5306-2138



●12月17日(土) 15:00~17:00 市民環境研究所(叡山本線 元田中駅 徒歩1分 http://www13.plala.or.jp/npo-pie/access.html
放射性廃棄物拡散問題に関する第4回学習研究会
放射性廃棄物問題に関する3つの報告
①石田紀郎さん。今年7月1日に起こった京大火災問題。
②石川和広さん。大阪での放射性ガレキ受け入れ焼却問題 
③守田敏也さん。8000Bq/kg問題のその後。守田敏也さん。
参加費:若干のカンパをお願いしています。
主催:NPO法人・市民環境研究所
呼びかけ:石田紀郎(市民環境研究所代表理事),守田敏也(フリーライター・市民環境研究所研究員)
連絡先:090‐5015‐5862(守田)
http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/d/20161207



●12月17日(土)(毎月第3土曜日)13時~14時 大阪弁護士会館 904号室(京阪「なにわ橋駅」出口1徒歩約5分 地下鉄・京阪「淀屋橋駅」1号出口から徒歩約10分 地下鉄・京阪「北浜駅」26号階段から徒歩約7分 http://www.osakaben.or.jp/06_access/index.php
訴訟学習会
「避難の相当性について」

避難者が「避難の権利」を確立するためにとりくむ裁判の訴訟学習会が開催されます。
避難者・サポーターの皆さん・弁護団の先生方といつも様々な「避難者」情報を共有している場でもあります。ぜひご参加ください。
10月13日の期日では、法廷での弁論終了後に3時間の進行協議期日があり、原告・被告双方からそれぞれの主張がありました。被告(国と東電)からの主張については、前回と前々回の学習会で取り上げましたが、今回は原告からの主張のうち、「避難の相当性」ということについて学び、より理解を深くしたいと思います。
参加費:原告の方々や避難者の方無料 サポーター(テキスト代として)200円
ご予約・お問合せ:kansaisapo@gmail.com
上記に参加者される方の氏名をお書きの上、お申込みください。
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1349.html



再生可能エネルギー
●12月17日(土) 14:00~京都学園大学 京都太秦キャンパス(地下鉄太秦天神川駅徒歩3分 京福嵐山本線 嵐電天神川駅徒歩5分 http://www.kyotogakuen.ac.jp/outline/campus/uzumasa/
長谷川羽衣子 講演会
【再生可能エネルギーは未来を創る、そして安全保障も変わる】

緑の党共同代表の長谷川羽衣子さんから、再生可能エネルギーを軸にした地域分散型の持続可能な世界を開始する経済政策と、地球環境を守るという視点に立った安全保障について語ってもらいます。市民発連続出前講座「地球温暖化とエネルギー問題」の4回目になります。
参加費:500円
主催:e未来の会右京
フェイスブックイベントページ:
https://www.facebook.com/events/197362074003694/
http://ameblo.jp/harinaosu/entry-12224320398.html



民主主義
●12月17日(土) 14:00~17:00 神戸学生青年センターホール(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/
[高作先生と学ぶ会]第7回 
民主主義と代表制―「不信の時代」の政治をどう生きるか―

講 師:関西大学法学部教授 高作正博さん
参加費:一般 1,000円 若もの 500円
共催:(公財)神戸学生青年センター・「高作先生と学ぶ会」
http://ksyc.jp/seminar/takasaku201610-201701/



緊急事態条項
●12月17日(土) 14:00~16:30 あしや市民活動センター(りーどあしや)(阪神芦屋 国道2号線の南、芦屋税務署北側 https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%80%92659-0065+%E5%85%B5%E5%BA%AB%E7%9C%8C%E8%8A%A6%E5%B1%8B%E5%B8%82%E5%85%AC%E5%85%89%E7%94%BA%EF%BC%95%E2%88%92%EF%BC%98/@34.7305243,135.3010959,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x6000f2d409dc8351:0x764eed0d0dde6307!8m2!3d34.7305243!4d135.3032846
憲法を変えると何が変わる?~若手弁護士劇団の劇&卜ーク~
①劇「憲法が昏睡るまで」~緊急事態条項つてなあに??~
②若手弁護士によるトーク&交流
出演:明日の自由を守る若手弁護士の会兵庫支部(あすわかひょうご)
「明日の自由を守る若手弁護士の会兵庫支部」(あすわかひょうご)は全国的にもめずらしい演劇公演活動を行っています。今回「憲法が昏睡(ねむ)るまで」と題し、緊急事態条項をテーマとした劇を上演します。「あすわかひょうご」としては第四作目となる最新作です。(11名の弁護士さんが出演)約1時間の劇のあと、出演者との交流(トーク・質疑等など)も行います。是非、この機会にご参加ください。
参加費:500円(学生無料)
主催:芦屋「九条の会」
問合せ:090-7118-2312(片岡)
http://higasinada9.web.fc2.com/



表現の自由
●12月17日(土) 14時30分~大阪弁護士会館1001・1002会議室(京阪「なにわ橋駅」出口1徒歩約5分 地下鉄・京阪「淀屋橋駅」1号出口から徒歩約10分 地下鉄・京阪「北浜駅」26号階段から徒歩約7分 http://www.osakaben.or.jp/06_access/index.php
憲法市民講座 第8回
「表現の自由と著作権―パロディ・同人誌をめぐって―」

古今東西を問わず、パロディは豊かな文化を生み出してきました。現代日本におけるパロディ文化の最たる例は、漫画・ゲーム等の作品を素材にして二次創作を行う、いわゆる同人誌でしょう。日本では、同人誌作家から出発した人がプロに転向する例も、珍しくありません。一方、パロディは、古くから、社会的風刺の手段としても用いられてきました。このように、パロディは、重要な文化・表現活動の一環となっています。
しかし、パロディは、日本の著作権法上、違法とされる場合が少なくありません。たとえば、いわゆる「ポケモン同人誌事件」では、1998年に、ゲームソフト「ポケットモンスター」の同人誌を販売した作家が、著作権法違反により有罪判決を受けました。また、「ハイスコアガール事件」では、2014年、他社のゲームソフトのパロディをふんだんに盛り込んだ商業漫画作品「ハイスコアガール」につき、発行元会社が著作権法違反により捜索を受け、刑事・民事事件化しました。
このように、著作権法の規定・運用次第では、パロディ・同人誌をはじめとする豊かな文化・表現活動が阻害され、憲法の保障する表現の自由が大きく損なわれることになります。
本講座では、表現の自由と著作権の関係を専門的に研究しておられる木下昌彦准教授(憲法学)を講師にお招きし、特にパロディ・同人誌を素材にして、豊かなパロディ文化を発展させるために、表現の自由と著作権の関係・調整はいかにあるべきかを検討します。
ご好評につき会場を変更し、より多くのお席をご用意しています。
講 師:木下 昌彦 氏(神戸大学大学院法学研究科准教授(憲法学))
定 員:120名
参加費:無料
申込方法:当ページのフォームからお申込みいただくか、チラシを印刷して所定事項を記入しFAXにてお申込みください。
参加申込フォーム:https://www.osakaben.or.jp/web/entry/form.php?id=id_582e5ba33d59c
必要事項を入力して「確認」ボタンを押していただくと、申込が完了します。
http://www.osakaben.or.jp/event/2016/2016_1217-2.php



琉 球
●12月17日(土) 18:30~大阪市立中央会館ホール(堺筋本町駅3号出口東へ徒歩2分 http://www.osakacommunity.jp/chuo/access.html
『琉球の自己決定権と平和』
12・17松島泰勝講演会

主 催:12.17松島泰勝講演会実行委員会
http://kakukyodo.jp/shukai.htm



米軍基地問題
●12月17日(土) 11時~12時半 堺市立東図書館(南海高野線北野田駅)
沖縄の現況を幻燈で見ながら基地問題の難しさを大阪から考える
講師:柴田正己 明治建築研究会(090-4289-1492)
参加無料
http://www.kinyobi.co.jp/event/20161209_002186.php



辺野古新基地問題
●12月17日(土) 15時30分~(毎週土曜日)JR大阪駅南バスターミナル
「辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動」
辺野古の海が埋め立てられないように活動しています。
お時間の許す範囲で、少しでも皆様のご参加お待ちしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/henoko_osaka



辺野古新基地問題
●12月17日(土) 13:00~14:00 神戸マルイ前
HENOKO NO! 沖縄に基地はいらない 
   辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動

沖縄県民に対する不正を止めるために、共に声を上げて下さい。
ツイター・FaceBookで情報発信中{辺野古・神戸}で検索して下さい。
土曜の午後はいつもの時間、いつもの場所で、はじめての方、ちょっとだけ参加、見学、大歓迎。
https://twitter.com/kobekodo/



辺野古新基地問題
●12月17日(土) 毎週土曜日17:00~18:30ごろ 京都市 三条河原町交差点(三条河原町商店街のアーケード前スペース)
沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、
     普天間基地の撤去を求める京都行動

アピール、チラシ配り、新基地建設に反対する署名集めなどなど
http://kyoto-action.jugem.jp/?pid=1
https://twitter.com/ALALALED/status/551165696185344000



自衛隊
●12月17日(土) 14:30~中京青少年活動センター小会議室B(京都市男女共同参画センターウィングス京都3階)(地下鉄烏丸御池駅(5番出口)または地下鉄四条駅・阪急烏丸駅(20番出口)下車徒歩約5分 http://www.wings-kyoto.jp/about-wings/access/
【南西諸島自衛隊基地めぐり報告会】
報告:小松千代子さん(京都安保破棄実行委員会)
南西諸島(九州南部から琉球列島、宮古島、八重山を含む)では、「安全保障」の名のもとに宇宙開発や軍備拡大への協力が進められています。大きな基地がなかったため激戦地を免れた石垣島。沖縄戦で3万人の日本兵が駐留し、住民、軍人の多くが餓死した宮古島。台湾との善隣関係を築き、先人の知恵を受け継ぎ未来について話し合いながら歩んできた国境の島、与那国島。
南西諸島の今とそこにくらす人びとの声を11月末~12月初に訪問したばかりの小松千代子さんが報告します。南西諸島で起きている問題を知り、一緒に考えましょう。
主催:自衛隊員の命と人権を守る京都の会 https://www.facebook.com/jinkensongen/
https://www.facebook.com/events/635042713365824/



野党共闘
●12月17日(土) 14時~16時 高槻現代劇場文化ホール2階展示室
市民連合高槻島本 発足集会
講演:「市民と野党の共闘の進化をめざす~三重県の選挙戦をふまえて」
講師:森原康仁さん(三重大学人文学部法律経済学科准教授・「市民連合みえ」事務局長)
連絡先:080-9752-3296(事務局)
http://blog.goo.ne.jp/daisukisimamoto/e/655290959715afa8b34baf43ae9f949b



温暖化
●12月17日(土) 13:30~16:30 エル・おおさか南館10階 南1023(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
温暖化防止関西ネットワーク COP22報告会
歴史的な合意「パリ協定」からの第一歩~COP22を受けた取組み~

今年11月7日から18日にモロッコ・マラケシュで国連気候変動枠組条約第22回締約国会議(COP22)が開催されます。 COP22では、パリ協定を運用可能なものにするための手続きやしくみ、2020年までの行動計画などが話し合われる予定です。本報告会では、温暖化の国際交渉を常に第一線で追ってこられ、COP22にも参加される高村ゆかりさんを講師に迎え、その内容をいち早くお伝えします。 ぜひとも、ご参加ください。
内容:報告①「COP22の成果と課題」高村ゆかり(名古屋大学大学院教授)
   報告②「再生可能エネルギーの事業の可能性」
        麻生義継(スカイグループホールディングス㈱代表取締役)
   報告③「パリ協定と市民、行政、企業の役割」早川光俊(CASA専務理事)
申込方法:申込用紙をダウンロードいただき、氏名・所属・電話番号・E-mailをご記入いただき、メール又はFAXにて、認定NPO法人CASAまでご送付ください。
申込用紙:http://osaka-midori.jp/ondanka-c/ivent/h28/H28simpo.pdf
申込先:認定NPO法人 地球環境市民会議(CASA) E-mail: office@casa.bnet.jp
 電話:06-6910-6301(平日11時~17時) FAX :06-6910-6302
主催:大阪府地球温暖化防止活動連絡調整会議
http://osaka-midori.jp/ondanka-c/ivent/h28/cop22houkoku.html



憲法カフェ
●12月17日(土) 15時~17時 エル・リンコン・デ・アリシア(阪急電鉄「西宮北口駅」北出口から「アクタ西宮」へ。「アクタ西宮」から徒歩約4分 https://s.tabelog.com/hyogo/A2803/A280301/28042375/
クリスマスモードで憲法カフェ
てくてくけんぽうカフェMap2016年最後の憲法カフェです。とっても明るくオシャレなメキシコ料理のお店でお茶とケーキをいただきながら、けんぽうのこと学びませんか?クリスマス気分の憲法カフェ、どんな企画が飛び出すかお楽しみに!
講師はとってもお茶目な馬渡英樹弁護士です。お子様も一緒に楽しんでね。
参加費:500円(ケーキセット)
問い合わせ:オクヤマ 090ー4560ー5020
https://www.facebook.com/groups/576479449188146/permalink/702809509888472/



部落問題
●12月17日(土) 14:00~シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
シンポジウム「排除と多様性 ~世界と通底する部落問題~」
※ 特別映像上映(3分)
パネリスト:坂田かおり(人権問題講師)、川口泰司(山口県人権啓発センター)、岡本工介(環境教育事務所主宰)、田中幸夫(映画監督)
参加費:500円
http://www.theater-seven.com/2016/movie_tanaka.html



フィリピン
●12月17日(土) 13時~15時 とよなか国際交流センター(阪急豊中駅「エトレ豊中」6階)
【企画その1】この「自由」な世界の中で
フィリピン活動家から学ぶ「移住・労働・貧困」

あなたにとって、日常や世界は、どんなふうに見えますか。あなたやわたしが生きている世界は、どのような形をしているのでしょうか。
10人に1人は海外へ働きにいき、4人に1人は1日150円の貧困の中で暮らす、日本の隣国・フィリピン。フィリピン・セブの社会活動家から学ぶ、最貧困地域に生きる若者・女性への取り組み、NGOや地域行政組織と連携した人権侵害の除去、グローバル企業の開発がもたらすオモテとウラ…。今まで「答え」とされてきたものが通用しない、いま・これからの時代。
他ならないあなた自身に対して、この社会/世界をサバイブするひとつの道具をお渡しする機会になることを願っています。
話し手:Emalyn Magdasal Alivianoさん
フィリピン・セブ在住、社会活動家
学生時代から教育や貧困問題に関心を持ち、自身の家族のなかにOFW(海外労働者)がいる。セブ市内の最貧困地域に生きる若者たちと共に上述の活動に従事。昨年、豊中市内のNPO・学遊とオンライン教育事業を始めている。
費用:無料 
定員:30人
主催:Solidarity of People in Osaka and Cebu
共催:とよなか国際交流センター 
申込:公益財団法人とよなか国際交流協会(指定管理者)TEL 06-6843-4343 FAX 06-6843-4375 E-mail atoms@a.zaq.jp(水曜定休日)
終了後の交流会予定
http://www.a-atoms.info/category/event/



マイノリティ
●12月17日(土) 15:00~17:00 ヒューライツ大阪セミナー室(地下鉄本町27番 http://www.hurights.or.jp/japan/access.html
講座「マイノリティ女性に対する複合差別」
第1回:世界各地の現実と理論を学ぶ
元百合子(もとゆりこ)さん(元大阪女学院大学教授、現在、大阪経済法科大学21世
紀社会研究所客員研究員)
社会におけるマイノリティであり、女性であるという理由で差別を被る人たちのことを理解し、社会を変えるために、「マイノリティ女性に対する複合差別」について学ぶ講座を企画しました。2016年2月に国連女性差別撤廃委員会でおこなわれた日本政府報告の審査後の総括所見にも盛り込まれたように、先住民族をふくむ民族的マイノリティ女性、難民や移住労働者の女性などに関して、国際社会でも関心が高まっています。一方、「マイノリティ女性」としての生きにくさを肌身で経験した女性でも、それをどう整理したらいいのか、グローバルな視点で学ぶ機会はほとんどありません。
今回は、アプロ・未来を創造する在日コリアン女性ネットワークのメンバーであり、国際人権法の研究者で、「マイノリティ女性に対する複合差別」をテーマに研究と活動に関わっておられる元百合子さんを講師に招いて、「複合差別とは何か」を理論面から学びたいと思います。当事者の方はもちろんのこと、関心を持つみなさまのご参加をお待ちしています。日 時:12月17日(土)
参加資料代:500円・会員無料
共 催:(一財)アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)アプロ・未来を創造する在日コリアン女性ネットワーク
申込・問合せ先:ヒューライツ大阪 TEL: 06-6543-7003  FAX: 06-6543-7004
E-mail: webmail@hurights.or.jp
http://www.hurights.or.jp/japan/related-events/2016/08/1217-1.html



映画上映会
●12月17日(土) 19:10~元町映画館(トーク会場は2階)(JR・阪神電車「元町」駅西口より、南西へ徒歩6分/神戸高速鉄道「花隈」駅東口より南東へ徒歩6分/神戸市営地下鉄海岸線「みなと元町」駅2出口より北へ1分 神戸市中央区元町通4-1-12(元町商店街)http://www.motoei.com/access.htm
第75回映画鑑賞会
『スラヴォイ・ジジェクの倒錯的イデオロギーガイド』鑑賞&トーク

19:10の回上映 終了後トーク
トーク:丹生谷貴志さん(文芸評論家・神戸市外国語大学教授)
※当日映画を観られた方対象、参加無料。
市民社会フォーラム恒例、一般公開の映画の鑑賞会。
今回は元町映画館で公開の『スラヴォイ・ジジェクの倒錯的イデオロギーガイド』です。
【元町映画館からのご案内】
http://www.motoei.com/topics.html#146
スロベニアの哲学者スラヴォイ・ジジェクが古今東西の映画を読み解く『スラヴォイ・ジジェクの倒錯的映画ガイド』。その第2弾となる『倒錯的イデオロギー・ガイド』の公開が決定!
『サウンド・オブ・ミュージック』『タクシードライバー』など有名映画の一場面に入り込んでそこに隠されたイデオロギーを読み解いていきます。引用される映画は実に26作品。これだけでも見応えアリ!2010年当館での前作公開時に開催したトークがすこぶる面白いと話題を読んだ文芸評論家の丹生谷貴志さんに今回もお越しいただき、ジジェクによる挑発的ガイドをさらにガイドしていただきます!
『スラヴォイ・ジジェクの倒錯的映画ガイド』公式サイト
http://www.imageforum.co.jp/zizek2/
http://shiminshakai.net/post/2009



映画上映会
●12月17日(土) 18時40分~21時半 豊中市立ローズ文化ホール(阪急宝塚線庄内駅 http://www.music-mdata.com/maps/direction.aspx?st=3400205&i=18832
『さとにきたらええやん』上映とこどもの里理事長荘保共子さん講演会
NPO法人ZUTTOが、豊中市庄内で運営するぐーてん子ども食堂。手探りではじめた小さな一歩でしたが、平成28年度とよなか夢基金の助成、市民の皆さまからのあたたかいご支援に支えられ、1周年を迎えることができました。
地域の課題解決のヒントになればと、ここ豊中市庄内で「さとにきたらええやん」を上映、映画の舞台となる「こどもの里」を開設した荘保共子さんにご講演いただきます。「さとにきたらええやん」はバリアフリー版(日本語字幕つき)、講演は手話通訳つきです。
料金:大人前売 1000円 当日 1200円 中高生(18歳未満)前売 500円 当日 600円 小学生以下 無料
一時保育(1歳以上小学校3年生まで)子どもお1人につき 300円
後援:豊中市・豊中市教育委員会 協力:豊中市社会福祉協議会
申し込み:下のURLから前売券をお申込みください。(Facebookの参加ボタンを押すだけでは、前売券のお申込みにはなりません。)
http://toyonaka.mypl.net/inquiry/entry?fid=918
問合せ先:メールアドレス guten.zutto@gmail.com NPO法人ZUTTO(06-6842-7129)(平日9:00-18:00)
「さとにきたらええやん」公式サイト:http://www.sato-eeyan.com/
このイベントは、平成28年度とよなか夢基金助成事業です。
http://blog.livedoor.jp/haginet/archives/52096326.html



ゆんたく
●12月17日(土) 18:30~20:30 京都市国際交流会館特別会議室(http://www.kcif.or.jp/HP/access/jp/index.html
No Base! 沖縄とつながる京都の会 大ゆんたく2016
『No Base! 沖縄とつながる京都の会』が毎年年末に開催する「大ゆんたく」は、京都の地から沖縄への連帯の想いを固めあう集いとして取り組んでまいりましたが、今年は高江のヘリパッド建設阻止の取り組みが正念場を迎える中での開催となります。
京都からも会員のみなさまをはじめ多くの仲間が高江現地に赴かれました。今年の「大ゆんたく」はそのみなさまの想いを共有し、高江ヘリパッド建設阻止、辺野古新基地建設阻止の力を大きくしてゆくための場にできればと思います。ぜひご参加ください。
※大城敏信さん、川口真由美とおもちゃ楽団さんのステージあり
会費:2000円(障碍者・学生等 1500円) お食事・飲み物代含
※料理等の準備のため、事前に参加確認できればありがたいです。
連絡:090-4643-2940 E-mail:mashino@par.odn.ne.jp(増野)
https://www.facebook.com/events/1751398915183909/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村




12.13 カジノ法案強行採決No!‪国会軽視の強行採決に抗議する緊急街宣@ヨドバシカメラ梅田店前‬

カジノNO!


数の力に任せ、国会軽視の強行採決を繰り返す安倍政権。
まともな議論もないまま、次は国民の反対が多いカジノ法案を強引に押し通そうとしています。
国会がまともに機能していない今の政治を、このまま黙って見過ごすわけにはいきません。
国会最終日の前日、ヨドバシカメラ前で抗議の街宣を行います。
野党共闘で、こんな政治はもう終わりにしよう!
みなさま、緊急ですが、ぜひお集まりください。

12.13 カジノ法案強行採決NO!
国会軽視の強行採決に抗議する緊急街宣

~野党共闘で、安倍政権と維新の暴走を止めよう!~

●12月13日(火) 17:30~18:30 ヨドバシカメラ梅田店前(阪急側)

☆各野党参加要請中☆
参加確定政党:共産党・自由党・社民党
呼びかけ:みんなで選挙☆ミナセン大阪
FBイベントページ:https://www.facebook.com/events/1837049369871278/
ツイッター:https://twitter.com/minasen_osaka/status/808262604099465217

ミナセンロゴ



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村


(12/14更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2016年12月12日(月)~16日(金)

★12/14追加情報
●12月15日(木) 18時~アメリカ領事館前(大江橋 北新地 淀屋橋)
緊急集会!12月15日、18時 アメリカ領事館前!あつまれ!!
★12/12追加情報
●12月13日(火) 17:30~18:30 ヨドバシカメラ梅田店前(阪急側)
12.13 カジノ法案強行採決NO!国会軽視の強行採決に抗議する緊急街宣
~野党共闘で、安倍政権と維新の暴走を止めよう!~

●12月13日(火) 14:00~16:00 ハートピア京都3階大会議室 (地下鉄「丸太町」)
第306回日文研フォーラム「北朝鮮の核問題と中国の新たな朝鮮半島政策」
●12月15日(木) 15:30~18:30~クロスパル高槻(JR高槻駅)
太陽の蓋・上映会in高槻 & 福山哲郎特別報告 
●12/16(金)までのイベント情報を掲載しました。
★12/10追加情報
●12/15(木)までのイベント情報を追加しました。



【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-61.html




ヘイト・スピーチ
●12月12日(月) 18時30分~20時30分 エルおおさか南館7階734号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
国際人権NGO ヒューマンライツ・ナウ世界人権デーイベント
ヘイト・スピーチ規制の到達点と課題~事件報告を中心に~

日本には人種差別を禁止する法律も、在日コリアンや被差別部落の人々といった不特定多数の人々に対する差別、侮辱、憎悪の表明やその煽動を規制する法律もありませんでした。
「対象が多数なら、一人ひとりのこうむる被害は少ない」というのがその理由の一つとして挙げられていましたが、2014年にヒューマンライツ・ナウ関西グループが行った在日コリアンへの
聴き取り調査は、それが事実でないことを明らかにしました。
それから2年。本年1月に大阪市ヘイト・スピーチ対処条例が成立し、さらに、本年5月に「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消推進法」(いわゆるヘイト・スピーチ解消法)という法律が成立しました。
この間に、ヘイト・スピーチにまつわる様々な事件の裁判例も集積されました。ヘイト・スピーチ規制はどこまで進み、いま何が足りないのか。イベントでは、事件報告を中心に、ヘイト・スピーチ規制の到達点と課題を振り返ってみます。
【登壇者】
 <大阪市ヘイト・スピーチ対処条例の活用と運用>
   田中 俊 さん(弁護士・ヘイト・スピーチを許さない大阪の会弁護団)
 <反ヘイト・スピーチ裁判報告>
   李 信恵 さん(同裁判原告)
 <フジ住宅ヘイト・ハラスメント裁判報告>
   村田 浩治 さん(弁護士・同裁判弁護団長)
参加費:500円(資料代を含む)
お申し込み・お問い合わせ:参加を希望される方は、お名前、ご所属(任意)を明記の上、メールで下記HRN関西グループ宛にお申し込み下さい。hrn-kansai@hrn.or.jp ※当日午前中まで連絡可
主催:認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ(HRN)関西グループ
http://hrn.or.jp/news/9255/



戦 争
●12月12日(月) 午後6時半~8時45分 塚口南学習館(旧公民館南塚口分館)(阪急塚口駅南へ徒歩6分 JR塚口駅西へ徒歩11分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-k11QsY2olO-/
あゝひめゆりの塔特別試写会
(吉永小百合 和泉雅子 浜田光夫 出演)
参加費無料 参加自由  
主催:「地域生涯学習グループ尼崎コスモスの会」
問い合わせ:古賀滋 当日連絡 携帯090-3272-1542 aseanpeace2003@docomo.ne.jp liberation2010@nifty.com 
http://hanshin204.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-021a.html



京大集会
●12月12日(月) 11:50~京大時計台前(https://web.kyodaimap.net/map/1/)18:30~三条大橋下河川敷
京大大集会
年内に3万筆を達成したい!!手渡しでは一切、京大反戦バリストに対する無期停学処分撤回署名を受け取らない京大当局に、台車で署名を提出したい!あべ倒せ!改憲阻止!韓国ゼネスト連帯!
◇京大キャンパス集会
11:50~京大時計台前集合
12:00~集会開始
12:45~署名提出行動
12:50~京大キャンパス一周デモ
◇京都市集会&市内デモ
18:30~集会開始(三条大橋下河川敷)
19:30~京都市内デモ出発
主催:京都大学全学自治会同学会執行委員会
http://dougakukai.blog.fc2.com/blog-entry-776.html



戦場ジャーナリスト
●12月12日(月) 18:30~21:00 吉田南キャンパス吉田南総合館南棟地下01教室(市バス 京大正門前もしくは近衛通り下車。東大路に面した西門を入って、グランドを左手に見ながら直進、正面の建物が吉田南総合館の西棟です。西棟の正面玄関から中に入り、右手にある階段を下りて地下へ。吉田南キャンパスは、時計台キャンパスの南側にあるキャンパスです。 https://www.h.kyoto-u.ac.jp/access/#02
広河隆一さん講演会
「《命の戦場》を歩いて~フォトジャーナリスト広河隆一の軌跡~」

イスラエル占領下のパレスチナ、虐殺が進行するレバノンの難民キャンプ、チェルノブイリ、ジェニン、ガザ・・・・・・。 1967年から、現代史が生起する現場に身を置きながら、カメラを通して、《歴史》という名の《破局》を生き続ける者たちの生と死について、証言し続けてきた彼、広河隆一。
その姿を追ったドキュメンタリー映画「広河隆一 人間の戦場」(長谷川三郎監督)が京都で公開されるこの機会に、広河さんを京都大学にお招きし、半世紀にわたるフォトジャーナリストとしての軌跡について自ら、語っていただきます。
参加費:無料 事前申し込み不要 どなたでもご参加になれます。
主催:京都大学大学院人間・環境学研究科 岡真理研究室
問合せ:PJ21kyoto@gmail.com
http://list.jca.apc.org/public/cml/2016-December/046018.html



カジノ
●12月12日(月) 午後4時~5時 京阪・天満橋駅前
賭博合法化法案のごり押しに抗議する街頭宣伝行動
主催:カジノ問題を考えるネットワーク
https://www.facebook.com/KajinoWenTiwoKaoeruDaBannettowaku/photos/a.497072700340322.1073741826.497068703674055/1127056720675247/?type=3&theater



■12月12日(月) 午後10時25分~11時25分 NHK総合
NHKスペシャル
ドラマ 東京裁判 第1話

70年前の東京で、11人の判事たちが「戦争は犯罪なのか」という根源的な問いに真剣な議論で取り組んだ東京裁判。NHKは世界各地の公文書館や関係者に取材を行い、判事たちの公的、私的両面にわたる文書や手記、証言を入手した。浮かび上がるのは、彼ら一人一人が出身国の威信と歴史文化を背負いつつ、仲間である判事たちとの激しいあつれきを経てようやく判決へ達したという、裁判の舞台裏の姿だった。11か国から集まった多彩な背景を持つ判事たちの多角的な視点で「東京裁判」を描く。人は戦争を裁くことができるか、という厳しい問いに向き合った男たちが繰り広げる、緊迫感あふれるヒューマンドラマ。
*NHKの企画原案による、カナダ、オランダとの国際共同制作
*判事役を演じる俳優たちは、それぞれの判事の母国出身
【ドラマあらすじ】
1946年の春。東京の帝国ホテルに戦勝国11か国の判事たちが集まった。日本の戦争指導者を裁く「東京裁判」を開くためだ。裁判の焦点になったのは、ナチスを裁くニュルンベルク裁判と同時に新しく制定された「平和に対する罪」。それまで国際法では合法とされていた「戦争」そのものを史上初めて犯罪とみなし、国家の指導者個人の責任を問う新しい罪の概念であった。この「平和に対する罪」を弁護側は事後法として否定する。判事室では各々の判事の意見が鋭く対立、最初は短期間で決着がつくと思われた裁判は、混迷と長期化の様相を見せてゆく。
裁判の舞台裏の攻防に、日本滞在中の判事たちの私的な行動や、周辺に現われる人物の思惑が混じり合う。1948年の秋、ついに11人の判事たちは2年半に及んだ東京裁判の結論となる判決を出すべく、最後の評議の場に臨むのだった。被告たちの生と死が分かれる瞬間。それは、「人は戦争を裁けるか」という、人類の根源的な問いに答えが出されるときでもあった。
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20161212



●12月13日(火) モモの家(阪急吹田駅から歩いて5分 JR吹田駅から歩いて12分 http://www.momo-family.org/?page_id=9
かえるCafe (毎月第2・4火曜日に開きます)
東日本大震災で避難してこられたみなさん そして心をよせる関西のみなさん
ほっとして 出会って 語りあって つながろう
草木染や手仕事などもやってます。
飲み物:300円
Menu:デトックス茶 有機栽培コーヒー 黒煎り玄米コーヒーなど
※避難者さんは交通費半額補助します
http://happy.ap.teacup.com/momonoie/



●12月13日(火) 午後6時~午後8時 阪急上牧駅駅前広場
原発ゼロ上牧行動
アピール、ビラまき、コール、ポスティング、ストリートオルガン。
多彩なアクションですが、参加の人数が減ってきて大変なんです。
少しの時間でも参加していただければ嬉しいです。
http://takatukigomi.sblo.jp/article/177777583.html



●12月13日(火) 18:30~20:30 ハートピア京都 京都府立総合社会福祉会館(地下鉄「丸太町」5番出口すぐ/市バス・京都バス・JRバス「烏丸丸太町」下車 烏丸丸太町下ル東側 075-222-1777 http://www.heartpia-kyoto.jp/access/access.html
京都反原発めだかの学校・学習会
電力自由化で何が変わるか~原発や自然エネルギーはどうなるのか

お話:高野朗さん、山本幸市郎さん(会員)
参加費:500円
連絡先:075-602-1183 山本(20時~23時)
http://blog.goo.ne.jp/543142011/e/e8ef6f713b0fec2ae8dedb213eedb6cb



NEW
カジノ
●12月13日(火) 17:30~18:30 ヨドバシカメラ梅田店前(阪急側)
12.13 カジノ法案強行採決NO!国会軽視の強行採決に抗議する緊急街宣
~野党共闘で、安倍政権と維新の暴走を止めよう!~
数の力に任せ、国会軽視の強行採決を繰り返す安倍政権。まともな議論もないまま、次は国民の反対が多いカジノ法案を強引に押し通そうとしています。
国会がまともに機能していない今の政治を、このまま黙って見過ごすわけにはいきません。国会最終日の前日、ヨドバシカメラ前で抗議の街宣を行います。
野党共闘で、こんな政治はもう終わりにしよう!
みなさま、緊急ですが、ぜひお集まりください。
☆各野党参加要請中☆
参加確定政党:共産党・自由党・社民党
呼びかけ:みんなで選挙☆ミナセン大阪
https://www.facebook.com/events/1837049369871278/
ツイッター:https://twitter.com/minasen_osaka/status/808262604099465217



NEW
北朝鮮
●12月13日(火) 14:00~16:00 ハートピア京都3階大会議室 (地下鉄「丸太町」5番出口すぐ/市バス・京都バス・JRバス「烏丸丸太町」下車 烏丸丸太町下ル東側 075-222-1777 http://www.heartpia-kyoto.jp/access/access.html
第306回日文研フォーラム「北朝鮮の核問題と中国の新たな朝鮮半島政策」
金正恩政権がスタートして5年が経過しました。この間、北朝鮮は核実験や弾道ミサイル発射を繰り返し、その挑発は金正日時代を遥かに上回っています。これに対し、中国は断固たる立場をとって国際制裁に加わったため、両国関係は次第に膠着状態に陥りました。
一方、きわめて良好であった中国と韓国の関係は、2016年1月に北朝鮮が4回目の核実験を行った後、その対応をめぐって亀裂を生じ、現在では国交樹立後最大の危機を迎えています。これに伴い、中国国内では北朝鮮の戦略的な価値を再評価すべきとの意見も優勢になりつつあります。そうしたなか、日本と韓国は、「慰安婦問題」の打開と関係改善に乗り出しました。この先、北東アジアでは「中朝露」対「日米韓」という、新たな枠組みの冷戦構造が定着する恐れがあります。このような情勢のもと、中国の新たな朝鮮半島政策が注目されています。
発表者 :姜龍範(カンリョンボム)さん(天津外国語大学)
コメンテーター:松田 利彦   国際日本文化研究センター  教授
司会:佐野 真由子   国際日本文化研究センター  准教授
申込み:不要
受講料:無料
定員:先着180名まで
主 催:国際日本文化研究センター
http://events.nichibun.ac.jp/ja/archives/cal/2016/12/13/index.html



労働者交流集会
●12月13日(火) 18:30~神戸市勤労会館(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html) 
12・13 第37回 アジア労働者交流集会 in 神戸
~韓国から労働運動活動家を迎えて~

憲法改悪反対! 有事法制反対! アジアから米軍基地を撤去しよう! 自衛隊の海外派兵反対! 朝鮮半島をふたたび戦場にするな!
・ホ・ヨングさん(AWC国際共同代表、AWC韓国委員会代表 元民主労総副委員長、前左派労働者会代表(左派労働者会 http://www.leftworkers.org/))
・チョ・チャンスさん(慶尚北道地域一般労組 亀尾地域支部 支部長(前 慶尚北道地域一般労組 委員長)労働党 慶尚北道道党 委員長)
資料代:1000円
主催:アジア労働者交流集会in 神戸実行委員会
神戸学生青年センター(851-2760) 兵庫社会労働運動センター(361-3655) 自立労連神戸支部(aluikobe@yahoo.co.jp)
http://www.ksyc.jp/asial/20161213asita_ver1.pdf



アスベスト
●12月13日(火) 午後6時30分~現代医学研究所(川合診療所)(三条京阪駅40m 京阪三条東北角のだん王法林寺から東へ約50m田中ビル2階 https://search.10man-doc.co.jp/details/kyoto/00180522
環境問題研究会12月例会
テーマ:アスベスト対策について~環境行政の視点から~

話題提供:小林純一郎(京都市環境政策局)
問合せ:研究会に関するお問い合わせは、事務局まで。
事務局:石田紀郎 TEL: 075-711-4832



クリスマス会
●12月13日(火) 10:00~12:00 新長田勤労市民センター第三会議室(JR新長田駅南西5分、東急プラザビル3階 http://www.mapion.co.jp/m2/34.65648126,135.14462034,16/poi=0786432431-002
ハッピークリスマス♪大人のクリスマス会(withかおる先生)
講師:小橋かおるさん
【講師プロフィール】神戸大学など3大学で英語を教えながら、2004年「花と爆弾-もう、戦争の暴力はやめようよ」を出版。アフガニスタンとイラクの子ども達の支援を続けていらっしゃいます。
参加費:400円(一般600円)
定 員:25名
持ち物:ケーキ用のお皿、カップ、フォーク
応募締切:12/9(金)※延長しました。
主催:コープ自然派兵庫・ビジョン平和
http://www.shizenha.ne.jp/hyogo/detail/5/index.html?articleId=20116



朝鮮学校無償化
●12月13日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



■12月13日(火) 午後10時25分~11時20分 NHK総合
NHKスペシャル
ドラマ 東京裁判 第2話
 
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20161213



●12月14日(水) 10:15~京都地裁(地下鉄烏丸線 丸太町駅1・3・5番出口から徒歩5分 http://www.geocities.jp/genkokusien/kyototisai.htm)
第20回期日 原告本人尋問開始
9:35~9:50抽選番号配布
☆3.11避難者の皆さまへ
裁判期日およびそれに続く報告集会には、最も多くの避難者が集まります。孤立している避難者の方がおられましたら、是非お近くで行われる「避難の権利」を求める裁判の傍聴、それに続く報告会にご参加されてみてください(どなたでも無料で傍聴可能です)。きっと沢山の避難者されている方々とつながることができるはずです。
避難者同士はこの5年の間に随分とつながることが出来ました。同じ避難元、近い境遇の方と出会えるかもしれません。
また、「避難している」という貴方の存在が、他の避難者の励みにもなったりします。孤立し、一人で悩んでいる避難者の方々が、お一人でも多く、救われますように・・・。
☆すべての皆さまへ
東日本大震災とそれに伴う福島第一原子力発電所の事故の影響で、今なお避難生活を続けている多くの人びとが、全国47都道府県に存在しています。(その正確な実数も実態も誰も把握はしていませんが。)
関西に避難している人たちが、なぜ避難生活を続けているのか、その真実の声を、裁判所にも届けています。是非、宣誓し、真実を包み隠さず、正々堂々と司法の場で避難者の「声」を伝える避難者のご支援も、どうぞよろしくお願い申し上げます。(もちろん裁判だけが唯一の伝える方法ではありません。)
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream【裁判所に「声」を届け隊】
連絡先:sandori2014@gmail.com 
http://sandori2014.blog.fc2.com/page-1.html



■12月14日(水) 午後10時25分~11時20分 NHK総合
NHKスペシャル
ドラマ 東京裁判 第3話

http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20161214



●12月15日(木) 12:00~淀屋橋 13:00~大阪地方裁判所・本館南側玄関集合(地下鉄淀屋橋より北東へ8分 大阪市役所の北側、橋を渡り直すぐ http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/)
『避難の権利』を求める裁判@大阪地裁(原発賠償関西訴訟)
第12回口頭弁論期日

スケジュール
12:00~淀屋橋にて宣伝行動 地下鉄御堂筋線/京阪「淀屋橋」駅1番出口出たところに集合(12:30終了予定) 
13:00~大阪地方裁判所・本館南側玄関集合(注:原告と弁護団は弁護士会館集合です)
13:15~13:30 大阪地方裁判所・本館南側玄関前 整理券配布(13:30抽選予定)
※傍聴に来られる方は、くれぐれも13:30までに裁判所の正面玄関前にお越し下さい。
※13:15~13:20頃に、原告・弁護団は正面から裁判所に入廷を行う予定です。
なお、裁判所敷地内では一般のチラシ配布などは禁止されておりますのでご注意ください。弁護団からは、当日のスケジュール等を記載したものを配布する予定です。
14:00~弁論開始(202号法廷)
※抽選に外れた方は、同時刻に、報告集会会場(大阪弁護士会館10階1001・1002号室)にて、模擬法廷を行いますので、そちらに移動をお願いします。
14:20頃 弁論終了予定
■報告集会 14:30頃~16:30頃 大阪弁護士会館10階1001・1002号室
宣伝物を配布したい方が多数おられると思いますが、事前に弁護団に一声おかけください。原発と無関係な宣伝物の配布はお断りすることがあります。また、報告集会にて宣伝したい事項があれば、こちらも弁護団に一声おかけください。報告集会の時間が短いため、事前に申し出があったものに限らせていただく予定です。
連絡先:sandori2014@gmail.com 
http://sandori2014.blog.fc2.com/page-1.html



NEW
●12月15日(木) 15:30~18:30~クロスパル高槻(高槻市立総合市民交流センター)
(JR高槻駅中央改札口を右へ出て京都方面線路沿い http://loco.yahoo.co.jp/place/g-6msUDgCskbU/)
太陽の蓋・上映会in高槻
タイムテーブル
・15:30~第1回上映
・18:00~福山哲郎特別報告 
・18:30~第2回上映
史上最悪の危機ををむかえた日、官邸内で何が起きていたのか。当時の閣僚たちが実名で登場する、究極のジャーナリスティック・エンターテインメント
連絡先:辻元清美とともに市民ネットワーク(072-676-7135)
https://www.facebook.com/events/225925931162731/



NEW
オスプレイ墜落
●12月15日(木) 18時~アメリカ領事館前(大江橋[6](4分) 北新地[11-41](6分) 淀屋橋[3(市営地下鉄淀屋橋駅)](7分) http://bb-building.net/tatemono/osaka/362.html
緊急集会!12月15日、18時 アメリカ領事館前!あつまれ!!
沖縄でオスプレイが、墜落大破に続いて胴体着陸事故を起こしました。オスプレイは以前から欠陥機とも言われています。また4年前に沖縄に配備されて以来、すさまじい爆音をまきちらしながら、民家の上を飛び続けてきました。今回の事故は起こるべくして起こったものであり、これ以上の飛行は断じて許すことはできません。
また、「リスクをともなうには仕方ない」とか「民家の上に墜ちなかったことを感謝しろ」という米軍高官の発言も許すわけにはいきません。緊急なので、抗議の集会をする要件を整えることはできませんが、明日12月15日、18時頃から三々五々集まって意思を示しましょう!
灯り(電飾)やプラカードを持って、大阪アメリカ領事館前で、道行く人にアピールしたいと思います。沖縄へのオスプレイ配備をいますぐ止めさせ、全国自衛隊への配備を中止させるために、声を広げましょう!
呼びかけ:STOP!辺野古新基地建設反対!大阪アクション
http://blog.goo.ne.jp/stop-henoko-osaka
https://www.facebook.com/stophenokoosaka/
https://twitter.com/stop_O_action?lang=ja



●12月15日(木) 17:30~20:00 同志社大学烏丸キャンパス志高館1階 教室:SK119(収容人数100名以上)(「今出川」駅から徒歩5分 https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/imadegawa/karasuma.html
2016年第7回関西政治社会学会研究会 / 同志社大学人文科学研究所 共同研究会
映画『わたしの、終わらない旅』(80分)上映&討論会

坂田雅子氏(ドキュメンタリー映画監督)
http://www.cine.co.jp/owaranai_tabi/story.html 
「聞いてください」子どもたちのためにそして、まだ生まれていない未来の子どもたちのために。2011年3月。福島第一原発の事故の深刻さが明らかになる中、捉えようのない不安を胸に坂田雅子は亡き母が遺した一冊の本を手に取る。「聞いてください」と題されたそれは、母が1977年から続けていた原発を問うミニコミ紙をまとめたものだった。
フランスの再処理工場近くに暮らす姉からの1通の手紙をきっかけに反原発運動をはじめた母は、最期まで原発のことを気にかけていた。そして起こった福島の事故——。
私たちはどうしてここまできてしまったのだろう?
仏・国際環境映画祭審査員賞、毎日映画コンクールドキュメンタリー映画賞ほか受賞の坂田雅子監督が、核の時代とその未来を問う旅に出る。
『花はどこへいった』『沈黙の春を生きて』で世代を超えた枯れ葉剤の被害を描いてきた坂田雅子監督が選んだ新たなテーマは「核」。福島第一原発の事故がもたらした現実に心震えながら、今は亡き母が数十年前から続けていた反原発運動の意味に、改めて気づいた坂田。彼女は、母親と自身の2世代にわたる想いを胸に、兵器と原発という二面性を持つ核エネルギーの歴史を辿る旅に出る。フランスの核再処理施設の対岸の島に暮らす姉を訪ね、大規模な核実験が繰り返し行われたマーシャル諸島で故郷を追われた島の人々に出会い、そしてカザフスタンでは旧ソ連による核実験で汚染された大地で生きる人々をみつめる。
広島・長崎・第五福竜丸、3度もの被爆を体験した日本。しかし「核の平和利用」を夢みて、原発を推進してきた私たちの時代。「聞いてください」核に翻弄された人々の声なき声を。坂田雅子監督による渾身のドキュメンタリー。
http://www.cine.co.jp/owaranai_tabi/
・19:15~坂田雅子氏を囲んで討論会
参加自由、参加費無料  (映画上映へのカンパ)
主催: 関西政治社会学会
後援団体:日本カザフ研究会 市民環境研究所
https://www.facebook.com/events/1872585672976099/



天皇制
●12月15日(木) 午後6時半~神戸学生青年センター(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/
天皇制を考える市民講座 天皇の「生前退位」を議論しよう
講師:天野 恵一さん(反天皇制運動連絡会)
参加費:700円 
主催:はんてんの会(兵庫反天皇制連続講座)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1215.pdf



ヘイトハラスメント
●12月15日(木) 午前11時~大阪地裁堺支所(南海高野線堺東駅西口徒歩5分 堺市役所西隣 http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/sakaisibu/index.html
フジ住宅ヘイトハラスメント裁判第5回公判
30分前から傍聴抽選券配布です。終了後、支援者集会を予定しています。ぜひ傍聴支援をお願いします。
https://twitter.com/HateHarassment/status/807579922340286465



■12月15日(木) 午後10時25分~11時20分 NHK総合
NHKスペシャル
ドラマ 東京裁判 第4話

http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20161214



●12月16日(金) 8:00~大阪市内各地
12.16反原発ワンデーアクション   
大津地裁決定を維持し、高浜原発を止め続けよう!
 
高浜原発3号機4号機の運転停止を求めた大津地裁の決定の大阪高裁での抗告審の決定が来年2月の中ごろに出されます。高浜原発に関する京都府の7市町協議会では、高浜1号機2号機の40年延長に対して、京都府知事や滋賀県知事から安全性への強い懸念が表明されています。高浜原発を止め続けるために自治体への要請や、市民への宣伝、関電前行動など闘いをますます強めましょう。
この間、要請した大阪市は、30キロ圏外なので避難計画はたてていない、モニタリングポストの位置さえ把握していないありさまです。大阪は若狭の原発からわずか80キロしか離れていません。過酷事故がおこれば、近畿の水がめ琵琶湖が汚染され、風向きによっては大阪も安定ヨウ素剤を飲まなければならない事態になるのです。自治体はもっと住民の命を守るために、率先して原発を止めるために動くべきです。
12月16日のワンデーアクションでは、自治体に「原発を稼働させないように動け」と要請を強めましょう。関西電力本店、大阪市、関西広域連合、京都府防災課などに要請行動をします。ぜひ参加してください。
《16日の行動予定》
・08:00~09:00 大阪市役所前・チラシ配り、マイクアピール
・10:00~12:00 放射能健診・沖縄署名
(11:00~11:30 京都府庁6F、防災課(高浜原発に係る7市町会議の運営主体)への要請)
・13:00~15:00 大阪市危機管理課・環境局/大阪市役所地下会議室
 集合:12:50~大阪市役所1階市民ロビー(協議の場所:大阪市役所地下1階第1共通会議室)
※今回は前回9/15の協議(1時間半)の課題として下記の3点の現時点の回答に対しての協議となります。
①<原発の安全性> 
老朽原発高浜1・2の規制委審査合格は、40年ルールや地震動過小評価問題について市の考えを、環境局が確認し回答。
②<被害予測と対策> 
福井の原発事故時の本市域への影響について「関西広域連合のシミュレーションを待っている。」との前回答であったが、7/29に、兵庫県の関西広域連合
広域防災局 平田課長より、「シミュレーションは今後進展する見込みがない。」という発言に対して危機管理室が確認されていないので確認し回答。
③<モニタリングポストの把握について>
モニタリングポスト(空間線量計)の把握を危機管理されていない事から確認し回答。
・15:30~17:30 大阪市教育委員会
 集合:15:15~大阪市役所1階市民ロビー(協議の場所:大阪市役所地下1階第1共通会議室)
※原発事故避難生徒に対するいじめの多発や堺の小学校での放射線出前授業の実態についても、市教委の見解表明を求める予定。
・15:30~16:30 放射能健診・沖縄署名
・17:00~17:30 関西電力本店(要請文手渡しのみ)
・19:00~20:30 関西電力本店前・星空交流会(まとめ集会)
なお参加される方は、できるだけ前もってご連絡ください。1人でも多くのかたと要請を行いたいと思っています。よろしくお願いいたします。
連絡先:平和と民主主義をめざす全国交歓会・関電前プロジェクト
090-1588-6351(秋野) e0809akino@yahoo.co.jp
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp/2016-12-06



●12月16日(金) 15:30~17:30 大阪市役所地下1階会議室(淀屋橋)
大阪市教委との協議@ZENKO関電前プロジェクト反原発ワンデイアクション(上記)
http://zenkopeace.blog.so-net. ne.jp/
要請事項は、関原懇の教育介入にNo!の立場をとってほしいとい うことと被ばくを受ける住民の立場で書かれた「 私たちの放射線副読本」を学校現場に届けてほしいという2点ですが、原発事故避難の児童・生徒へのいじめ問題と学校で進められている放射線出前授業などの放射能安全・ 安心教育の関係等についても触れて、追及したいと思っています。
呼びかけ:「原発学習交流会・大阪」
http://gen-gaku-kou.tumblr.com/



●12月16日(金) 関西電力本社前(JR「大阪駅」阪神・阪急「梅田駅」徒歩約15~20分 「北新地駅」徒歩10分「淀屋橋駅」徒歩約10分 「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:30頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:30 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●12月16日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●12月16日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●12月16日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&三宮駅までのパレード



●12月16日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に! 
だんだん薄暗くなってきました。ヒカリモノ有効です。 脱原発の願いを込めて 音楽・アート大歓迎 手作り看板・鳴り物持参で。 福島のこども達のための街頭カンパもやってます! なんちゃってマスゲームも? 再稼動許さないの声をもっと!
https://www.facebook.com/events/129051684247489/



このほか大阪茨木市、羽曳野市、寝屋川市、京都、兵庫、滋賀、奈良、三重、和歌山など各地の関電支店前やその他の場所で全国一斉金曜行動が行われています。
全国の金曜抗議行動をまとめたサイトはこちら。
 ↓ ↓ ↓ 
全国金曜抗議一覧  
http://demojhks.seesaa.net/article/296349527.html



省エネ 再エネ
●12月16日(金) 午後2時~午後4時 アピアホール(アピア1 5階)(阪急今津線逆瀬川駅 http://www.apia1-2.com/access/index.html
宝塚での地域経済の活性化を省エネと再エネで実現!
~ドイツのエネルギーシフトを参考にして~

「COOL CHOICE(クールチョイス)」のロゴマークを見かけたことがありますか?
2030年度の温室効果ガスの排出量を2013年度比で26%削減するという目標達成のために、環境省により平成27年7月より平成42年(2030年)まで継続される国民運動として「COOL CHOICE(クールチョイス)」が推進されています。
エコカーを買う、エコ住宅を建てる、エコ家電にするという「選択」、高効率な照明に替える、公共交通機関を利用するという「選択」など、生活の中で「選択」が大きな成果につながります。みなさんも地球温暖化防止のための「COOL CHOICE(賢い選択)」を始めませんか?
講師:村上敦さん(ドイツ在住/環境ジャーナリスト)
環境先進国と言われるドイツの取組をドイツ在住の環境ジャーナリストの村上敦さんにご講演いただきます。地域経済を活性化させるためには、「エネルギー」に支払われている驚くほど大きなお金を最小限に抑え、地域にお金を循環させることが大切です。そこで、「徹底した省エネ」や「自然エネルギーの活用」を住民の方主導で取り組まれている事例をご紹介いただきます。
また、必要最低限のエネルギーで暮らすための家づくりについてもご紹介いただく予定です!リフォームしたいとお考えの方はもちろん、これから住宅の購入を検討されている方にもおすすめの内容になっています。ぜひ、ご参加ください☆
村上敦さん:日本で土木工学部、ゼネコン勤務を経て、環境問題を意識し、ドイツへ留学。 フライブルク地方市役所・建設局に勤務の後、2002年から独立し、ドイツの環境政策、都市計画、エネルギー政策を日本に紹介しておられます。
対象:どなたでも
定員:230名 対象:どなたでも
主催:宝塚市 共催:宝塚商工会議所
注意事項:事前申し込みが必要です。電話、ファクス または、電子申請(関連情報の項目を参照)にて、「先着順」で受付します。
※宝塚商工会議所会員は同会議所で受付
申し込み:宝塚市 地域エネルギー課 電話:0797-77-2361 ファクス:0797-71-1159(申込者氏名、住所、電話番号、参加人数を明記してください)
※手話通訳、要約筆記あり(予約不要)
連絡:宝塚商工会議所 電話:0797-83-2211
http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/kankyo/1011303/1016353/1017650.html



生前退位
●12月16日(金) 6時半~エルおおさか南館72号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
関西共同行動特別企画「立憲主義と生前退位」
お話し:天野恵一さん 
資料代:800円
講演終了後に関西共同行動の今年最後の定期月例会を開催します。
主催:関西共同行動
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1216.pdf
http://www17.plala.or.jp/kyodo/annai1.html



外国人技能実習制度
●12月16日(金) たかとりコミュニティセンター (JR鷹取駅 http://tcc117.jp/tcc/access.html
「多文化」「多言語」まちはイキイキきらめき講座 第3回
「外国人技能実習制度と定住化の流れ」早崎直美さん
(RINK)
第4回 2017年1月中旬予定「外国人集住地域に学ぶ『子育て』」
第5回 2月中旬予定「多言語を活用した安心安全のまちづくりとインバウンド」
参加無料・資料代500円・要申込み
主 催:(特活)多言語センターFACIL facil-kids★tcc117.jp
http://www.freeml.com/kdml/10353/latest



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村


(12/10更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2016年12月11日(日) 

★12/10追加情報
●12月11日(日) 09:30~、12:00~、15:40~神戸音楽センター会館1Fわだつみホール(JR兵庫駅)
映画『戦場ぬ止み』上映&三上監督講演会



【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-61.html




●12月11日(日) 13:30~16:30 大阪市立総合生涯学習センター第1研修室(大阪駅前第2ビル5・6階 http://osakademanabu.com/umeda/access
チェルノブイリ・ヒバクシャ救援関西 発足25周年集会
発足からの25周年を振り返り、チェルノブイリ事故から30 年、フクシマ事故から5年が経つ中で「チェルノブイリ・フクシマを繰り返さないために」「被害者の補償と人権の確立」のために何をしていったらいいのか一緒に考えましょう。是非おいで下さい!
主 催:チェルノブイリ・ヒバクシャ救援関西
http://wakasa-net.sakura.ne.jp/che/107.pdf
 


●12月11日(日) 14:00~16:30 とよなか男女共同参画推進センター・すてっぷ セミナー室 1ABC(阪急豊中駅 直結 エトレ豊中ビル5階)
「第29回 避難者交流会 in 豊中」
~放射能に追われたカナリヤ~「絶望の中で 見つけた希望」
一番安心する自分の居場所が、一番危険な場所になっていく恐怖を、
あなたは …理解できますか。  
福島第一原発の過酷事故から5年9か月。被災者はいまだに仮設暮らし、避難者は避難先の住宅を追い出され、高線量地域への帰還を迫られています。まるで原発事故などなかったかのように、政府が、日本の社会が、大きく動き出しています。
今回お話しいただくのは、福島県田村市から京都市に夫とともに避難された鈴木絹江さん。自らも車いす生活を送りながら、障がい者の自立生活支援に取り組んできました。
福島に残る選択肢もあったけれど、緩慢なる自殺に向かうのではなく、自分の生を全うし、社会に貢献しながら生きていくために避難を選びました。
避難で体調を崩し 絶望を経験しながらも、「私には夢がある」と、鈴木さんは話します。
参加費:300円 (避難者は無料)
保育:同室にお入りください。
申し込み:当日参加も可能ですが、できれば事前に予約をお願いします。
問い合わせ:090-8980-2436(山田)tj5tymd@gmail.com
http://nonuketoyonaka.blog.fc2.com/



原発・オリンピック
●12月11日(日) 13:00~17:00 大阪市立天王寺区民センターホール(地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘」下車 徒歩1分 http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016619.html
鵜飼哲講演会
12・11鵜飼哲講演会「オリンピック・ファシズムと闘う」
~原発あかん・橋下いらん・弾圧やめて!~
第一部 13:00~14:30(開場12:00) パギやん おしどりケン・マコ ナオユキ
第二部 15:00~17:00 講演:鵜飼哲さん(一橋大学教授)
参加協力券:1000円(事前お買い求めください)
連絡先:コラボ玉造[TAMAZO]
主 催:実行委員会
後 援:新聞「うずみ火」(財)ワンコリア・フェスティバル 抗路舎
http://fanto.org/diary-new/archives/3185.html



沖縄高江
●12月11日(日) 13:00~15:30 元町館「黒の小部屋」(元町映画館2階)(JR・阪神電車「元町」駅西口より、南西へ徒歩6分/神戸高速鉄道「花隈」駅東口より南東へ徒歩6分/神戸市営地下鉄海岸線「みなと元町」駅2出口より北へ1分 神戸市中央区元町通4-1-12(元町商店街) http://www.motoei.com/access.htm
市民社会フォーラム第192回学習会
緊急上映会『高江-森が泣いている1』『高江-森が泣いている2』
『高江-森が泣いている』とその続編を緊急上映します。
お申し込みなしでどなたでもご参加できますが、人数把握のため事前申し込みいただければありがたいです。civilesocietyforum@gmail.com まで
参加費:1000円
http://shiminshakai.net/post/1994



緊急事態条項
●12月11日(日) 13時半~16時半 阿倍野市民学習センター第1研修室(地下鉄谷町線「阿倍野」駅7号出口方面からあべのベルタ地下2階通路を通りエスカレーターで3階へ/「天王寺」駅徒歩8分http://osakademanabu.com/abeno/access
自民党が狙う「緊急事態条項」の危険
講師:永井幸寿さん
参加費:500円
主催:リブ・イン・ピース☆9+25(090-5094-9483)
http://www.liveinpeace925.com/schedule/schedule.htm



日ロ首脳会談
●12月11日(日) 午後2時~5時 国労大阪会館1階ホール(天満駅出口から徒歩約2分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/map/) 
プーチン来日・日ロ首脳会談反対12・11集会
問題提起:海原 剛さん(北大人骨事件真相究明緊急会議)
資料代:1000円(経済的に厳しい方は受付まで)
共催:「北方領土の日」反対!「アイヌ新法」実現!全国実行委員会・関西(ピリカ全国実・関西)労働者共闘
プーチン来日・日ロ首脳会談反対12・11集会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1211-2.pdf
http://www17.plala.or.jp/kyodo/annai1.html



ルワンダ
●12月11日(日) 18:30~呉竹文化センター2階会議室(京阪線丹波橋駅西出口すぐ)
ルワンダの悲劇から22年 失われたものを取り戻すために
1994年の大虐殺から22年が経ちました。今も、4月になると学校、企業、海外から、多くの人が虐殺記念館を訪れています。多くの命が眠るその大地の上で、心身に傷を抱えながらルワンダの人々は一歩一歩、歩んでいます。
何もないところから、建築、行政への働きかけ、障害者の支援を担ってきたワンラブ・ランドのガテラ・ルダシングワ・エマニュエルさん、ルダシングワ(吉田)真美さんのお二人に、ルワンダの人々の歩み、ワンラブ・ランドの今までとこれからについてお話ししていただきます。
世界中で暴力が溢れる中、多くの人と手をつなぎ、世界の公正について考えたく企画致しました。アフリカに心を寄せるみなさま、ぜひご参加ください。
1994年の大虐殺では、わずか3ヶ月の間に100万人以上の罪もない人たちが殺され、紛争や地雷のために、たくさんの人が障害を負ってしまいました。私たち、ムリンディ・ジャパン・ワンラブ・プロジェクトは、傷つきながらも虐殺の時代を生き延びることができた人たちを支援するために始まりました。
大虐殺後のルワンダは、すべてが壊され、ゼロからのスタートでした。30年以上続いた紛争も、1994年7月には終結し、ワンラブは首都キガリ市に小さな工房を構え、義足を作り始めました。その後、ルワンダ政府から土地を譲り受け、無償で義肢装具を製作・配布するための義肢製作所・職業訓練校・レストラン・ゲストハウスなどを建設しました。
ルワンダに平和は戻ってきています。しかし障害者たちは、まだ不自由な生活を強いられています。障害者の生活を改善するために、これからもワンラブの活動は続いていきます。
参加費:1,000円
主催:「ルダシングワ夫妻のお話しを聞く」実行委員会
問い合わせ先:グローバル・ジャスティス研究会(ささき)
https://www.facebook.com/events/1090104474436905/



子どもの貧困と地域社会
●12月11日(日) 13:30~18:30 クレオ大阪中央(四天王寺前夕陽ヶ丘駅(地下鉄谷町線) 1・2番出口北東へ徒歩約3分 http://www.creo-osaka.or.jp/chuou/access.html
自由に乾杯!フェスティバル2016
子どもの貧困を乗り越えて~地域社会でできること~

様々な事情で十分な食事がとれない地域のこどもに食事を提供する「子ども食堂」の取組みが広まっています。17歳以下の子どもの貧困率は、16.3%(2012年)に達し、その背景には、保護者である女性の貧困や、DVの問題なども考えられます。子どもの貧困、女性の貧困の現状を様々な実践事例から知り、地域社会で私たちができることを共に考えます。
【プログラム】
13:30~基調講演
「子どもたちの「まずは、ごはん!」をどう支えるか?」 徳丸ゆき子氏(大阪子どもの貧困アクショングループ・NPO法人CPAO/シーパオ代表)
14:45~シンポジウム
 徳丸ゆき子氏 森本志磨子氏(NPO法人子どもセンターぬっく理事長)三宅克英氏(eトコ・プロジェクト事務局長)
 コーディネーター 田中陽子(クレオ大阪中央総合相談課長)
16:25~ミニ・ライブ chima 氏
17:10~世界人権宣言朗読
17:20~自由のために乾杯!交流会
18:30~(ワンコインパーティー 参加費:500円)    
※先着順にて受付中
参加費:無料 交流会のみ500円 定員50名
主催:自由に乾杯!フェスティバル実行委員会、大阪市立男女共同参画センター中央館
申込方法:クレオ大阪中央のホームページから(http://www.creo-osaka.or.jp/webapp/AppMain.php?koza_preview=3853&port=50111&from_kan=05)もしくはFAX06-6770-7705で
http://www.creo-osaka.or.jp/webapp/AppMain.php?koza_preview=3853&port=50111&from_kan=05



居 住
●12月11日(日) 午後2時~5時 大阪市西区民センター(千日前線西長堀駅7番出口北へ100m 鶴見緑地線西長堀駅3番出口南へ100m http://osaka-nishikumincenter.jp/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9
居住と“非 差別”を守る会 第3回総会
特別報告「人権とは-人権の国際的保障の意義と役割」

報告者:家 正治(神戸市外国語大学/姫路獨協大学名誉教授 居住と“非 差別”を守る会会長)
寝屋川市国守地区や門真市など、現地からの報告も行われます
居住と“非 差別”を守る会として新たにスタートしてまる2年。私たちは、これまで大阪府下で行われようとしている都市再開発事業や団地建てかえを機とした住宅からの追い出しを許さず、住民のみなさんとともに取り組みをすすめてきました。
今、居住の権利をめぐって重大なことが起こっています。政府と福島県は、4万人をこえる(福島県発表)原発事故の自主避難者に対し、これまで行ってきた住宅支援を、来年3月でうちきると発表。3月を前に、各地で交渉が行われています。また、阪神大震災の借り上げ復興住宅では、神戸市と西宮市で、住宅明け渡し裁判が争われています。私たちは居住の権利を守るために、さらなる取り組みを行っていきたいと考えています。総会では、特別報告として、家正治会長から「人権とは-人権の国際的保障の意義と役割」と題して講演を行います。



グルジア
●12月11日(日)  14:20~元町映画館(JR・阪神電車「元町」駅西口より、南西へ徒歩6分/神戸高速鉄道「花隈」駅東口より南東へ徒歩6分/神戸市営地下鉄海岸線「みなと元町」駅2出口より北へ1分 神戸市中央区元町通4-1-12(元町商店街) http://www.motoei.com/access.htm
『みかんの丘』『とうもろこしの島』 鑑賞&トーク
トーク:「やはり"グルジア映画"と名づけたい寓話の世界 『みかんの丘』と『とうもろこしの島』」
『とうもろこしの島』14:20の回上映終了後 会場:元町映画館2F
登壇者:扇千恵さん(ロシア映画紹介者)
※当日映画を観られた方対象、参加無料。
市民社会フォーラム恒例、一般公開の映画の鑑賞会。
今回は元町映画館で公開の『みかんの丘』『とうもろこしの島』です。コーカサスの国グルジア(ジョージア)で起きた紛争を背景に戦火が広がる今日、人間としてあるべき姿、戦争の真実を描き、世界の賞賛に包まれた『みかんの丘』『とうもろこしの島』を一挙公開。
グルジア映画の近年を代表する傑作の公開を記念して、あまり知られていないグルジアという国のこと、作品の背景についての知識を深められるトークを開催します。
公式サイト:http://www.mikan-toumorokoshi.info/
http://www.japan-events.net/events/1147024



NEW
沖縄米軍基地問題
●12月11日(日) 09:30~、12:00~、15:40~神戸音楽センター会館1Fわだつみホール(JR兵庫駅 http://www.center-choir.jp/map1.html
映画『戦場ぬ止み』上映&三上監督講演会
14:30~三上智恵監督による講演会
※上映会は 9:30、12:00、15:40 ですが、講演は、14:30~15:30なので、第2か第3の上映とペアで 聴講していただけます。
入場料:1800円 (朝9:30の映画のみなら1200円)
主催・お問合せ:神戸市役所センター合唱団 
Tel: 078-672-1015 E-mail: kobe★center-choir.jp ※★を@に変えて送信してください
※料金や予約状況など詳細は、主催者までお問合せください。
http://list.jca.apc.org/public/cml/2016-December/046061.html



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村


プロフィール

Akko

Author:Akko
清志郎大好き。
旅行大好き。
ドイツ大好き。
でも最近忙しくて、旅行に行けません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR