(11/3更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 10月31日(月)~11月4日(金)

★11/3追加情報
●11月4日(金) 19:00~シアターセブン(阪急十三駅)
シアターセブン・プレミアムトーク 東西南北縦横斜め
★11/1追加情報
●11月2日(水) 17:30~19:00 梅田ヨドバシカメラ前
【11.2 ストップ!tpp緊急行動】街宣@梅田ヨドバシカメラ前
●11/4までのイベント情報を追加しました。



【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-38.html




沖縄・高江
●10月31日(月) 6時半~ひと・まち交流館京都大会議室(280名収容)(京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html)
『マスコミが伝えない現実! 沖縄・高江で今、何が起こっているか』
お話:伊佐真次さん( 東村高江在住、ヘリパッド反対住民の会)
   小口幸人さん(南山法律事務所 弁護士。高江弁護団)
轟音・低周波・熱風をまき散らすオスプレイ。 沖縄県北部、ノグチゲラやヤンバルクイナ、希少種の昆虫が生きるやんばるの森がオスプレイパッドの建設によって無残に切り裂かれています。
人口150名の集落に、沖縄県警500名だけでなく、東京・大阪・千葉・神奈川・愛知・福岡から500名、総勢1000名もの機動隊を投入して抗議抵抗する人たちへの「無法」ともいえる弾圧が続いています。
今年3月末に「安全保障関連法」が施行され、集団的自衛権行使の体制づくりを進める安倍政権。「立憲主義」を否定し、「三権分立」の大原則を投げ捨てて「三権一体」で強権的国家運営・国策推進を図る「安倍政治」と対峙する最前線に立たされている沖縄高江から、伊佐真次さんと小口幸人さんをお迎えし、今高江で何が起こっているか、私たちは何をなすべきかをともに考える企画を準備しています。
京都の地から声と力を広げていくために、ご参加・賛同をお願いします。
https://www.facebook.com/events/1286881478023848/



●11月1日(火)~11月6日(日)  12:00~17:00 同時代ギャラリー(地下鉄市役所前駅 ZEST8番出口南へ徒歩4分 三条駅6番出口西へ徒歩6分 阪急四条河原町駅10番出口一筋西を北に徒歩8分 http://www.dohjidai.com/gallery/access/
The Silent Views. 流転 福島&チェルノブイリ 京都展
原発事故後の風景の移り変わりを記録した写真群の全国巡回京都展です。こじんまりしながらも由緒正しい建築の同時代ギャラリーさんをお借りしてのコンパクトな展示となります。
https://www.facebook.com/events/1878460355776832/



トルコ・シリア情勢
●11月1日(火) 10:00~12:00 キャンパスプラザ京都2階第3会議室
市役所職員から戦場ジャーナリストへ!西谷文和さんに聞く最近の中東情勢
クーデター後のトルコ、混沌のシリアの取材報告。長年現地に通い続ける西谷さんならではの現地の市民目線での情報は、いかに私たちが報道コントロールされているのかの大きな気づきになります。心に迫る真実の報告の数々をあなたもともに!!
講 師:西谷文和さん
参加費:組合員/ 300円 高校生まで/無料 一般/400円 高校生まで/無料
定員:35名  *定員に達した場合  先着順
託児:なし。託児対象外(1才半未満)の同伴:可 
主 催:平和を守る ママ・パパの会
イベントID: 06160046
お問い合わせ・お申し込み:
<24時間受付>
FAX : 075-972-3605 mail : shizenha_kyoto@shizenha.co.jp
<月~金8:30~20:00>
フリーダイアル:0120-408-300(携帯・IPフォン:088-603-0080)
お申込み時①~⑤をお伝えください。
①イベントID  ②参加者氏名  ③組合員コード ④参加人数 ⑤連絡先
https://www.facebook.com/events/1826190310949825/



コリアンタウン
●11月1日(火) 18:30~20:30 上田安子服飾専門学校本館(JR大阪 梅田5分 http://www.ucf.jp/college/access.html
「朝鮮市場」から「コリアンタウン」への道
~生野・猪飼野ものがたり~

講師:高 賛侑さん(ノンフィクション作家・ライフ映像ワーク代表)
http://kansai.main.jp/



朝鮮学校無償化
●11月1日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



●11月2日(水) 午前10時30分~京都地方裁判所(地下鉄烏丸線 丸太町駅1・3・5番出口から徒歩5分 http://www.geocities.jp/genkokusien/kyototisai.htm)
原発賠償京都訴訟 第18回期日
※抽選 午前9時50分~京都地方裁判所ロビー集合
*抽選に外れた方は、弁護士会館で模擬法廷が行われます。
*期日修了後(11時頃)から、弁護士会館で「期日報告集会」を開催します。こちらにも、ぜひ、ご参加ください。
http://shienkyoto.exblog.jp/26328127/



慰安婦問題
●11月2日(水) 18:30~大阪市北区民センター(地下鉄堺筋線「扇町」駅 2号-B出口北へ3分 地下鉄堺筋線・谷町線「天神橋筋6丁目」駅 JR環状線「天満」駅 西へ3分 http://www.osakacommunity.jp/kita/b1_hall.html
日韓「合意」は解決ではない 
アジアの「慰安婦」被害者たちは訴える!
日韓両政府は、昨年12月の「日韓合意」に反対を表明する韓国の被害者の意思を無視し、韓国以外の被害者はそもそも排除して、日本軍「慰安婦」問題の「最終的・不可逆的解決」を強引に推し進めています。
エステリータ・デイさん(フィリピン)「他の国にも被害者がいる。他の国の被害者にも責任を尽くすべきだ。怒りを抑えることができない」
李容洙さん(韓国)「どこにいても、被害者の心は一つ。なのに、被害者には一言もなく自分たちだけで合意した。これは無視する。皆さんも無視してください」
金福童さん(韓国)「法的賠償ではない10億円はいらない。そんなお金なら1000億円でも受け取らない」
この声を、日本政府は聞かなければなりません。この思いを、日本の市民が受け止めなければなりません。アジア各地から被害者の方々を招聘し、政府や国会議員への要求、若い世代への貴重な機会として証言集会を企画します。エステリータ・バスバーニョ・ディさん(フィリピン)とチンダさん(インドネシア)が被害証言をされます。フィリピン、インドネシア、東ティモール、韓国、台湾の日本軍「慰安婦」被害者たちが、渾身の力を振り絞って訴える得がたい場です。せひ、この声に耳を傾けてください。
資料代:1000円・学生・障がい者500円
連絡先:090-8383-4197
主 催:日本軍「慰安婦」問題解決全国行動 日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク
https://www.facebook.com/events/906390866161198/
http://www.ianfu-kansai-net.org/shuukai/2016-11-02.pdf



NEW
TPP
●11月2日(水) 17:30~19:00 梅田ヨドバシカメラ前
【11.2 ストップ!tpp緊急行動】街宣@梅田ヨドバシカメラ前
アメリカ国内でも、大統領選の焦点になるほど、市民の反対が強まっているTPP。米国での一番の反対理由は、TPPで自分たちの「仕事がなくなる」と分かっているから。
日本では、TPP特別委での議論が始まったばかり。日本の経済や社会、私たちの生活を根本から変える危険があるTPPの全貌は全く分かっていません。
今日本だけが前のめりに批准しても、足下を見られ、更に今後譲歩を求められるだけ。なんのメリットもありません。
11月1日に強行採決かも?内容も分からないまま、批准など許されません。みんなで声をあげよう!
主催:ストップ!TPP緊急行動・関西
https://www.facebook.com/events/1221890967884193/



●11月3日(木休) 13:30~16:30 エルおおさか南館734(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
11.3 写真家 飛田晋秀さんと語るつどい
【飛田晋秀さん】
飛田晋秀さんは福島県三春町に住み、日本中の職人の技を撮りつづけてきた写真家です。大震災後、福島県下の警戒区域と被災した人たちを写真に記録し、全国に伝えています。飛田さんは訪問した被災地で住民の方の「ぜひともこの姿を伝えて欲しい」という声に背中を押され、「福島のすがた」を撮り続けています。
【福島で健康アンケート】
私たちは昨年からたびたび福島を訪れ、県民から放射能の健康被害と不安を聞きました。今年から毎月、福島駅前で署名といっしょに「健康アンケート」を取り組んでいます。10月8日には福島市で、原発事故と放射能被害の不安と憤りを表現するミュージカル『ガマ人間あらわる』公演を応援し、福島に生きる人たちと多くの交流ができました。
『飛田晋秀さんと語る会』は飛田さんの写真とお話、福島健康アンケートの中間まとめと『ガマ人間』公演の報告で、福島のすがたを改めて知り、県民の希望をお伝えします。ぜひおこしください。どなたでも参加できます。
参加費:700円
主催/連絡先:放射能健診100万人署名実行委員会 090-1588-6351(秋野) 「福島のすがた」写真展実行委員会 080-5367-1944(滝本)
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp/2016-10-28



●11月3日(木休) 14時~17時 枚方市サンプラザ生涯学習市民センタ(枚方市駅 https://www.city.hirakata.osaka.jp/site/sunplaza/
インド核軍縮平和連合のクマール・スンダラム氏をお迎えしての集会、交流会



憲 法
●11月3日(木休) 13:00~15:30 ドーンセンター・ホール(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
11.3九条の会・おおさか 小森陽一講演会 
第1部 
小森陽一さん(「九条の会」事務局長)の講演
第2部
「九条の会・おおさか」のあたらしい賛同よぴかけ人(仮称)の紹介
会場からの質問用紙にもとづく小森陽一さんとの質疑応答
いま、改めて改憲のねらいを明らかにする学習活動を草の根から広げる、地域の九条の会の結成や再建、改憲阻止の共同の推進など、「九条の会」運動の新しい段階への飛躍が求められています。「九条の会」事務局長・小森陽一さんを講師に、質疑応答に時間をとり、たっぷり学ぶつどいを開催いたします。
主催:「九条の会・おおさか」TELO6-6365-9005/FAXO6-6314-3660
http://osaka9.web.fc2.com/index.html



憲 法
●11月3日(木休) 14:00~16:00 教育会館2F大会議室(JR大津駅北口下車東へ徒歩5分・県庁手前)
11.3滋賀憲法集会
講演:おびやかされる平和と憲法 Xバンドレーダー米軍基地・京丹後の現場から
講師:塩田 敏夫さん(毎日新聞 舞鶴支局 京丹後駐在記者)
現地駐在の記者が語る
自民・公明の安倍政権与党と改憲政党は衆議院と参議院で国会の改憲議席3分の2を確保して、憲法改悪への道をひた走っています。
本年7月の参院選後、沖縄・高江ヘリパッド建設を全国から警察権力総動員しての強行、そして辺野古新基地建設も。
くわえて、わが滋賀県高島市では、あいば野自衛隊演習場での昨年に引き続く日米合同軍事演習の強行。
京丹後に設置強行したわが国2番目の米軍Xバンドレーダーでは、レーダーの騒音や米軍・軍属による頻発する交通事故で、京丹後の住民が悩まされています。
この近畿初の米軍基地と真正面から向き合い、憲法と平和の最前線で取材を重ねる塩田記者から渾身のレポートをしていただきます。
「戦争をさせない1000人委員会・しが」として主催する、本年5月3日に続く滋賀憲法集会。平和憲法守れの声を、湖国からひびかせましょう。こぞってのご参加を呼びかけます。
参加協力費:500円 予約不要・当日受付でお支払いください。
主 催:「戦争をさせない1000人委員会・しが」
連絡先:自治労滋賀県本部・木戸進次 TEL077-524-9970 FAX077-528-2065 
http://blog.goo.ne.jp/datugenshiga/e/109d7ea475e9978936f461a07285824d



労働問題
●11月3日(木休) 10:00~16:40 エルおおさか6階(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
なくそう!官製ワーキングプア 大阪集会Vol.4
◇タイムスケジュール
分科会10:00~12:00 (受付9:40 6 階大会議室)
 1 官製ワーキングプア入門講座 
 2 雇い止めなど判例・通知などを学ぶ
 3 均等待遇を目指して処遇改善の到達と課題
 4 運動の報告と交流1
 5 運動の報告と交流2
昼食休憩12:00~13:00
全体集会13:00~16:40 (受付12:30)
・Part 1 リレートーク「たたかいの現場から」
・Part 2 大阪府内自治体の臨時・非常勤職員ワークルール第2 次調査の結果から見えてきたことと課題
・Part 3 総務省2016 調査結果と「地方公務員の臨時・非常勤職員及び任期付職員の任用等の在り方に関する研究会」の動向とその狙い(上林陽治さん)
・Part 4 ソウル市における労働者政策「非正規の正規化など」(インタビュー白石孝:脇田滋さん)
・Part 5 「公共サービスと公務労働を考える」シンポジウム
 滋賀県野洲市 山仲善彰市長
 生活保護ケースワーカー、家庭児童相談員
 コーディネーター 原昌平・読売新聞大阪本社編集委員
・総括コメント 西谷敏大阪市立大学名誉教授
交流会:17:15~19:30 (受付17:00)  多気 会費3,000円
参加費:500円
主催: なくそう!官製ワーキングプア大阪集会実行委員会
共催: 非正規労働者の権利実現全国会議NPO・労働と人権サポートセンター大阪 NPO・官製ワーキングプア研究会民主法律協会(連絡先06-6361-8624) 大阪労働者弁護団(連絡先06-6364-8620)
http://www.labornetjp.org/EventItem/1475683941228staff01



●11月4日(金) 関西電力本社前(JR「大阪駅」阪神・阪急「梅田駅」徒歩約15~20分 「北新地駅」徒歩10分「淀屋橋駅」徒歩約10分 「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:30頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:30 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●11月4日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●11月4日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●11月4日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&三宮駅までのパレード



●11月4日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に! 
だんだん薄暗くなってきました。ヒカリモノ有効です。 脱原発の願いを込めて 音楽・アート大歓迎 手作り看板・鳴り物持参で。 福島のこども達のための街頭カンパもやってます! なんちゃってマスゲームも? 再稼動許さないの声をもっと!
https://www.facebook.com/events/1196172263762040/



このほか大阪茨木市、羽曳野市、寝屋川市、京都、兵庫、滋賀、奈良、三重、和歌山など各地の関電支店前やその他の場所で全国一斉金曜行動が行われています。
全国の金曜抗議行動をまとめたサイトはこちら。
 ↓ ↓ ↓ 
全国金曜抗議一覧  
http://demojhks.seesaa.net/article/296349527.html



●11月4日(金) 18時30分~21時 エルおおさか南館101(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
インドへの原発輸出反対!日印原子力協定阻止キャンペーン2016
大阪集会

ゲスト:クマール・スンダラムさん(CNDP:核廃絶と平和のための連合国際キャンペーン担当)
http://www.oct.zaq.ne.jp/afvpb804/img/file12.pdf
http://www17.plala.or.jp/kyodo/annai1.html



南スーダン
●11月4日(金) 午後2時~4時 国労大阪会館第2小会議室(天満駅出口から徒歩約2分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/map/)
11月南スーダンPKO派兵阻止 11・4労働者政治集会・デモ
参加費:500円 集会後デモ
主催:反戦実(イラク戦争を許すな!有事法制反対!第二次朝鮮戦争反対!実行委員会)
主催:労働者共闘・アジア共同行動日本連絡会議(大阪)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1104-2.pdf
http://www17.plala.or.jp/kyodo/annai1.html



日本軍「慰安婦」問題
●11月4日(金)  18:30~KCC会館5階ホール(在日本大韓キリスト教会館)(地下鉄今里駅から徒歩8分 http://www.mapion.co.jp/address/27116/17:2:6:5/
日本軍「慰安婦」被害を記憶するメモリアル運動inアメリカ
~サンフランシスコとグレンデールの活動家を招いて~

[集会趣旨]
2010年10月、ニュージャージー州に日本軍「慰安婦」を記憶する碑が設置されて以降、米国ではすでに8つの碑が建てられています。2013年7月には、ロスアンゼルス近郊のグレンデール市にソウルの日本大使館前と同じ「平和の碑」(少女像)が設置されました。それに対しては在米日本人が抗議し、撤去を求める裁判を提訴したことはニュースになりましたが、「平和の碑」の設置を進めた当事者の声は、日本でほとんど報道されることはありませんでした。同様に、2015年9月22日、サンフランシスコ市議会が全会一致で「慰安婦のメモリアル設置」を可決した時も、直前にサンフランシスコの姉妹都市・大阪の橋下徹市長(当時)が抗議の書簡を送った行為を無批判に報道しただけでした。
米国ではどのような人たちが、どんな思いで碑の建設運動を展開しているのかー。このたび、「慰安婦」被害者の声を聞く国際会議に合わせて、米国の活動家が来日します。この機会に、「慰安婦」被害者と共に正義を実現するために、国境を超えた人権課題として、多様な市民が連帯して活動している米国での状況を聞く会を設けました。一方的な報道が目立つ日本で、当事者から話を聞く、大変貴重な機会です。多くのみなさんの参加をお待ちしています。
参加費:1000円
主催:日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク コリアNGOセンター
お問合せ:コリアNGOセンター Tel 06-6711-7601 / Fax 06-6711-7606
http://ianfukansai.blog.fc2.com/blog-entry-249.html



NEW
報 道
●11月4日(金) 19:00~シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
シアターセブン・プレミアムトーク
東西南北縦横斜め

お話:高田昌幸(ジャーナリスト)
北海道新聞の記者時代に、同僚と共に行なった「北海道庁公費乱用」「北海道警裏金事件」の取材・報道で、新聞協会賞、JCJ大賞、菊池寛賞、新聞労連ジャーナリスト大賞などを受賞。2012年に郷里・高知の新聞社に入ってからも権力や行政の横暴・不正を暴く取材に関心を持ち続けている。
今回は、自粛・委縮が加速するマスメディアの問題を中心に語る。
[編集、共著]『真実 新聞が警察に跪いた日』、『警察幹部を逮捕せよ!―泥沼の裏金作り』、『追及・北海道警「裏金」疑惑』、『日本警察と裏金 底なしの腐敗』、『権力 VS 調査報道』、『メディアの罠―権力に加担する新聞・テレビの深層』など。
★今回に限り、メディア志望の学生さんは無料でご招待いたします!ぜひご来場下さい。
料金:当日券 2,000円 前売り予約 1,800円 3回券 4,500円
チケット予約
電話予約:06-4862-7733
メール予約:ticket@theater-seven.com
メールの場合 タイトルに「東西南北」とお書きの上、
①希望日程(複数日可能)②お名前(ふりがな)③電話番号④メールアドレス⑤人数 を記入してお送りください。
予約受付が完了次第、返信いたします。
http://www.theater-seven.com/2016/event_touzainanboku01.html7



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2016年10月30日(日) 

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-38.html




●10月30日(日) 14:00~楠葉生涯学習市民センター大会議室(京阪楠葉 http://www.city.hirakata.osaka.jp/site/kuzuha/kuzuha-index.html
ポレポレコンサート~ピアノの調べに子どもたちの未来をのせて~
上映会&河野康弘ジャズライブ

【内容】
1部:「チェルノブイリ28年目の子どもたち~低線量長期被ばくの現場から
2部:河野康弘ジャズライブ
東日本大震災から5年。今だに復興は進まず、福島の原発問題も何の解決策もないまま時が過ぎています。子どもへの影響は?ウクライナのチェルノブイリで起きた原発事故。
何十年もの月日を過ぎて起きている現実はどうでしょう?ドキュメント映画と環境・平和をテーマに演奏をつづけるジャズピアニスト河野康弘さんの音楽とお話で”子どもの大切な未来”を考えるきっかけになる取り組みとしてポレポレコンサートを企画しました。皆様のお越 しをお待ちしています!!!
◇タイムスケジュール
14:00~14:45 映画上映会
『チェルノブイリ28年目の子どもたち~低線量長期被ばくの現場から~』
「100%健康な子どもは一人もいません」
これはチェルノブり原発事故があったウクライナの、ある校長先生の言葉です。「低線量」だけれども「長期」にわたって被曝しつづけてきた子どもたち。事故から30年近くたった今でも、さまざまな疾患に苦しんでいます。映画では、子どもたちの命のために懸命に努力を続ける保護者や医師、教師などの姿が描かれています。その現実を見つめることで、私たち日本の将来について考えるきっかけ になればと思います。
14:45~15:00 休憩
15:00~16:00 河野康弘ジャズライブ
「ちょっとピアノのことを考えてみましょう」
ジャズピアニスト河野康弘さんはそんな思いで”地球ハーモニー”の活動をされています。日本は世界で一番ピアノが普及している国。けれど、その4分の3は眠っているそうです。ピアノは木でできた楽器です。ピアノを作るために森林を伐採するのではなく、眠っているピアノを目覚めさせたい。ピアノを通して環境問題や平和について問いかけたい。そんな河野康弘さんの優しく力強いピアノと語りは、私たちの心にしみわたります。
料金:1,200円
問・申し込み:くずは・まきの親と子の劇場Tel:072-868-2369
https://twitter.com/wahaha1113/status/780912827577925632



団結まつり
●10月30日(日) 11~16時 扇町公園(地下鉄堺筋線「扇町駅」より徒歩1分、 JR環状線「天満駅」より徒歩4分)
10.30団結まつり
沖縄に基地はいらない!憲法を生かして平和と命を守る!
改憲・戦争・貧困・原発NO!安倍を倒そう

〇内容
ステージ企画、交流のひろば、グランド企画、その他バザー、子どものひろば、展示企画など
〇ゲスト
【沖縄】伊佐 真次さん(ヘリパッドいらない住民の会・東村村議))
東村高江在住。9年間、高江現地でヘリパッド建設反対運動に反対している。
「工事車両を入れないために毎朝座り込みをする私たちを排除しに、大阪をはじめ全国から機動隊が来て緊張した状態が続いている。大阪府警は帰って来いと地元で声をあげ、沖縄だけの問題ではないことを広げてほしい」と訴える。
【福井】斎藤 征二さん(元敦賀原発下請け労働者)
【インド】クマール・スンダラムさん(Kumar Sundaram)
インド・CNDP(核廃絶と平和のための連合)国際キャンペーン担当、上席研究員
【韓国】チョン・ウーリョンさん(『同胞一つ』大学生代表)
【韓国】ノ・ヨンスさん(希望連帯労組 ケーブル放送・非正規職支部対外協力部長)
◆沖縄連帯・戦争反対交流のひろば 
12:30~13:30 団結まつり会場 沖縄・高江連帯テント内
〇ゲスト
<沖縄>伊佐 真次さん(東村村議、ヘリパッドいらない住民の会)
<韓国>チョン・ウーリョン(同胞一つ)
〇内容
・伊佐 真次さん(東村村議、ヘリパッドいらない住民の会)報告
・チョン・ウーリョンさん(同胞一つ)報告
・質疑応答
・私たちの闘いの報告
・意見交流
連絡先:田中 090-2044-4541・戦争国家づくりを許さない交流広場
http://www.zenko-peace.com/archives/4771
◆戦争国家づくりを許さない交流広場
12:30~13:30 団結まつり会場(扇町公園)の一角
http://www.zenko-peace.com/archives/4748
◆反原発のひろば
12:30~13:30 団結まつり会場(扇町公園)の一角
http://www.zenko-peace.com/wp-content/uploads/2016/10/2016d-hiroba-hangenpatsu.pdf
主催:10.30団結まつり実行委員会
協賛:平和と民主主義をめざす全国交歓会
連絡:TEL 090-8162-3004(山川) zenkoweb@gmail.com
https://www.facebook.com/events/1693153241003367/



沖縄・高江
●10月30日(日) 6時半~キャンパスプラザ京都 第4講義室(ビックカメラ前、JR京都駅ビル駐車場西側 http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access
小口幸人さん(高江弁護団)前日交流会:【緊急講演会】『マスコミが伝えない現実! 沖縄・高江で今、何が起こっているか』
ゲスト:小口幸人さん(90名定員)
参加費:無料(会場カンパあり)
https://www.facebook.com/events/1818490078436989/



沖縄・高江
●10月30日(日) ①午後1時~ ②3時~阿倍野市民学習センター アトリエ(あべのベルタ3階 地下鉄谷町線阿倍野駅すぐ、御堂筋線天王寺駅前)
映画上映会 『高江-森が泣いている』他
主催:リブ・イン・ピース☆9+25
入場無料
http://www.liveinpeace925.com/schedule/schedule.htm



自民党改憲草案
●10月30日(日) 14:00~17:00 大阪パルコープ会議(京橋駅 http://www.mapion.co.jp/address/27102/10:1:5:8/)
憲法が変わるかもしれない時、私たちにできること
知っていますか?自民党改憲草案を
知っていますか?今大阪の子どもたちが使っている教科書を
知らなくてもいいんですか?改憲と教育に迫りくる危険な思想を
今回は政治の世界と教育現場から迫りくる危険とその対処法を学ぶと共に改憲可能になったこの夏以降、あなたは何を思い望んでいるかを聞かせてください!
話題提供1「学校、戦前にもどしていいんですか?」
平井美津子さん(子どもと教科書大阪ネット21事務局長)
話題提供2「ちょっと待ってよ、その改憲」
石川康宏さん(神戸女学院大学教授)
意見交流(あなたの思いを聞かせてください!)
資料代:1000円(学生500円)
https://www.facebook.com/events/687293361428014/



パレスチナ
●10月30日(日) 14:00~16:30 あかし男女共同参画センター会議室1・2(JR、山陽電鉄明石駅から南東へ徒歩3分 http://www2.city.akashi.lg.jp/community/danjyo_ka/danjyo/information.html
パレスチナ問題の<現在>~難民・占領・イスラエル~
講師:岡 真理さん(京都大学大学院人間・環境学研究科教授)
資料代:500円 
主催:公益社団法人)アムネスティ・インターナショナル日本 西神戸グループ
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/event/2016/1030_6319.html



大阪の今後
●10月30日(日) 15:00~ Studio Citizen スタジオ シチズン(阪急電鉄千里線「関大前駅」北改札→北東出口→関大を目指して徒歩5分 サンシャイン関大前3階/Tel.06-4860-6756 http://ameblo.jp/griripon/image-12104035947-13489027111.html)
大阪が危ない!語り合おうこれからの大阪
2015年大阪W選挙市民マニュフェストに学ぶ大阪の今後
去年11月22日に行われた大阪W選挙。この選挙に際して、しみんマニュフェスト大阪UPという団体が、これからの大阪のあり方を提示する政策提案を発表。内容は今の大阪市政:府政の方針とかなり異なるものでした。新自由主義的な政策の中で貧困の連鎖がひろがる大阪。課題が山積です。
このマニュフェストの作成メンバーの林大造さんをお招きし、昨年の10月に提示された「語り合おうこれからの大阪」を含め、市民が提案する政策を通じて、民営化や総合区問題の賛否など、これからの大阪を考えていきます。
3時半~主催者あいさつの後、林大造「大阪UP市民マニュフェストとこれからの大阪」4時10分ころまで。
4時20分~4時50分 山中鹿次「市民提案マニュフェストとその課題」
休憩後 5時から6時 林、山中で補足討議と参加者と質疑応答
6時から8時希望者で懇親会
参加費:500円。懇親会参加はプラス1500円(アルコール実費)
申し込み:問い合わせ 当日参加でOKです。問い合わせは以下。
プログラムはスタジオシチズンブログでも紹介
主催:NPO法人近畿地域活性ネットワーク、後援 道州制と地域学会
http://ameblo.jp/yamashika1959/entry-12189841075.html



情報公開
●10月30日(日) 13:30~16:30 大阪市立阿倍野市民学習センター特別会議室(あべのベルタ3階 地下鉄谷町線阿倍野駅すぐ、御堂筋線天王寺駅前)
学習会「情報公開は不正発見の第1歩」(大阪)
「うちの地域の議員さんはどうかな?」 「調べたいけれど、どうしたらいい?」 
「一人で市民オンブズマンやるには?」 「のり弁って何?」
最近、あちこちの自治体議員の政務活動費の情報や、行政の不正が多く報道され、市民から、上記のような問い合わせが電話やメールで相次いで寄せられています。
ちょうど、情報公開の実務書が発行された機会に、編集にあたった坂本団弁護士に、著書の内容について、解説をお願いするとともに、「全国市民オンブズマン連絡会議」事務局の内田さんに各地の面白い事例を紹介していただきます。
どうぞ、お気軽にご参加ください。
内容
1.16人の弁護士による情報公開の手続きや最新事例などを網羅した著書「情報公開・開示請求 実務マニュアル」から、制度など分かりやすく解説
  講師:編者 坂本 団 弁護士
2.富山県議12人辞職、滑稽な言い訳・言い逃れ、それでも辞めない議員などなど、全国の例を紹介
  講師:全国市民オンブズマン連絡会議 事務局 内田 隆さん
3.質疑応答の時間も予定しています
参加費:500円(資料代共)
連絡先:市民グループ「見張り番」(事務局 一柿 090-8380-6650)
FAX:06-4302-0274  郵振口座:00940-9-27964 市民グループ「見張り番」
http://mihariosak.exblog.jp/26421613/



フェスタ
●10月30日(日) 11:00~17:00 雨天決行 中崎町ホール(大阪市営地下鉄中崎町駅から徒歩1分、各線梅田駅から徒歩15分 http://www.music-mdata.com/maps/direction.aspx?st=9961909&i=14957) 
Ethical VEGAN Fest 3rd Impact
『アニマルライツ』『エコロジー』『ヘルシー』をテーマに、動物、地球、人にとても優しいヴィーガン・ベジタリアンと言う生き方を知って体験して頂けるお祭りです。ヴィーガンフード、エコフェアトレード商品の販売、アニマルライツ、環境問題等の展示、講演、ライブ・パフォーマンス等
入場無料
【上映会】
★11:30? みつばちの大地(ホール内)
http://www.cine.co.jp/mitsubachi_daichi/
【特別講演】
★13:30? NPO法人日本ベジタリアン協会事務局長、英国ヴィーガン協会正会員、米国ファームサンクチュアリー正会員、ナチュラルフードコーディネーター 橋本晃一氏『ベジタリアン・ヴィーガンの倫理・健康・歴史』(ホール内)
http://www.jpvs.org/
【Special Live】
★14:30~アンビエント・エレクトロニック・ノイズ "Endurance" from Toronto, Canada(ホール内)
https://www.facebook.com/endurance010010/
★13:00~&15:30? ヴィーガンシンガーソングライター なゆた(ホール内)
https://www.facebook.com/nayutautau/
★16:00~エシカルヴィーガンパンクバンド "Violent Technologies" (ホール内)
https://www.facebook.com/violentxtechnologies
【展示】
★JAVA, アニマルライツセンター、アニマルライツ大阪、動物たちと共にW.A.A(アニマルライツパネル展示とアニマルライツに関する缶バッチ・コスメガイド・ベジタリアン漫画・Tシャツ・バックの物品販売)
http://www.java-animal.org/
http://www.arcj.org/
http://s.ameblo.jp/withallanimals/
https://www.facebook.com/animalrightsosaka/
★NPO法人日本ベジタリアン協会(書籍・パンフレット等、物販もしくは、募金箱などの非営利活動につながるもの)
http://www.jpvs.org/
※当イベントではエコロジーの観点からマイ食器のご持参を推奨しております。ご協力お願い致します(^^)
※会場の規定で会場内にペットはお連れになれませんので、ご了承ください。
※当日はFacebookライブで随時イベントの様子をライブ配信予定です。
https://www.facebook.com/events/102687026805654/



■10月30日(日) 【再放送】午後4時50分~5時39分 NHK総合
NHKスペシャル
ある文民警察官の死 ~カンボジアPKO 23年目の告白~

1993年5月4日。タイ国境に近いカンボジア北西部アンピルで、UNTACに文民として初めて参加していた日本人警察官5人が、ポルポト派とみられる武装ゲリラに襲撃された。岡山県警警視、高田晴行さん(当時警部補・33歳)が殺害され、4人が重軽傷を負った。湾岸戦争以来、日本の悲願であった人的な国際貢献の場で起きた惨劇は検証されることなく、23年の月日が流れた。しかし、今、当時の隊員たちが重い口を開き始めている。番組ではカンボジアPKOの襲撃事件を様々な角度から描き出す。そこには、戦後日本の安全保障政策が大きく転換しPKOでもさらなる任務が求められることになった今、私たちが目を背けてはならない多くの“真実”がある。
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20160813



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2016年10月29日(土) 

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報



『さとにきたらええやん』
いつでもおいでや。子どもも大人も集まる みんなの“さと”
大阪市西成区釜ヶ崎。“日雇い労働者の街”と呼ばれてきたこの地で38年にわたり取り組みを続ける「こどもの里」。“さと”と呼ばれるこの場所は、障がいの有無や国籍の違いに関わらず、0歳からおおむね20歳までの子どもが無料で利用することができます。学校帰りに遊びに来る子、一時的に宿泊する子、様々な事情から親元を離れている子…そして親や大人たちも休息できる場として、それぞれの家庭の事情に寄り添いながら、地域の貴重な集い場として在り続けてきました。
本作では「こどもの里」を舞台に、時に悩み、立ち止まりながらも全力で生きる子どもたちと、彼らに全力で向き合う職員や大人たちに密着。子どもたちの繊細な心の揺れ動きを丹念に見つめ、子どもも大人も抱える「しんどさ」と、関わり向き合いながらともに立ち向かう姿を追いました。
わたしはあんたの味方やで!
現在いま求められている“居場所”の原風景
「こどもの里」の取り組みを通して、画面いっぱいにあふれ出る子どもたちや、釜ヶ崎という街の魅力を捉えたのは、大阪在住の重江良樹監督。「こどもの里」に関心を抱き、関わり、取材を始めてから足かけ7年、いま、初監督作品として本作を完成させました。音楽は地元・釜ヶ崎が生んだヒップホップアーティスト、SHINGO★西成。ストレートで飾らないメッセージの中に、街で生きる人々への熱い思いがつまったSHINGO★西成の楽曲が、生きることそのものを力強く肯定し、映画全体をあたたかく包み込みます。めまぐるしく移り変わる現代社会のなかで、子どもたちを巡る環境も急激に変化している今、あらためて注目されている「こどもの里」の“取り組み”が、これからを歩む私たちに問いかけるものとは──?
●10/29~11/18【最終アンコール上映】 第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
10/29~11/4 10:00(~11:50終)
11/5~11/11 18:20(~20:10終)
11/12~11/18 16:00(~17:50終)
http://www.nanagei.com/movie/data/1050.html
http://www.nanagei.com/movie/schedule.html



『シュガー・ブルース』家族で砂糖をやめたわけ(2014年/チェコ/82分)
角砂糖発祥の国チェコから、「砂糖と健康」の問題を追及するドキュメンタリーが登場!
妊娠糖尿病を告げられた女性映画監督が、家族と共に砂糖と闘った5年間。
妊娠糖尿病を告げられた映画監督のアンドレアは、不安に駆られると共に、生活から砂糖を取り除くことの困難さに直面する。でも、精製された砂糖ってそんなに身体に悪いものなの?キッチンから始まった彼女の探究は、砂糖の秘密と真実を次々に明らかにしてゆく。
ビデオカメラ片手に勇ましく砂糖業界にも切り込む彼女だが、一方で働く母親としての悩みは尽きず、子供の発達に妊娠糖尿病が影響を及ぼしたのではないかという懸念もぬぐえない。砂糖産業の発展がもたらした様々な問題に気付いたアンドレアは、家族の協力を得て砂糖の危険性を訴える行動を始める。
チェコ発、独特のユーモアに満ちたセルフ・ドキュメンタリーの傑作
監督のアンドレア・ツルコヴァーは、自らの行動をカメラの前にさらけ出すセルフ・ドキュメンタリーの手法を用い、ユーモアを交えて自身と家族の体験を紡いでいきます。
一人の働く母親でもある彼女は、妊娠から出産を経て三人の子育てに忙殺されながらも、砂糖の秘密を探るため、ヨーロッパ、アメリカ、アフリカの3大陸8ヶ国を巡って取材を重ねます。科学者や研究者、医師、糖尿病の患者、啓発活動家、健康食を推奨する人たち、政治家、食品関係のジャーナリストや弁護士、砂糖業界の関係者など、様々な人に会って話を聞く中で、彼女は砂糖の歴史を知り、やがて、多国籍企業と医療関係者、政治家らが一体となって利益を生み出す、強大な砂糖業界の闇に突き当たります。
映画の後半、家族を巻き込みながら、砂糖の危険性を訴える行動を自ら始める彼女の姿は、傍目にはドン・キホーテ的な可笑しさがありながらも刺激的。世界を変えるのは一個人、そして一家族からなのだと私たちに訴えかけてきます。
●10/29(土)~11/11(金) シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html  TEL/FAX:06-4862-7733)
10/29(土)~11/4(金) 10:30(~11:57終)
11/5(土)~11/11(金) 12:20(~13:47終)
http://www.theater-seven.com/2016/movie_sugar-blues.html



『金日成のパレード 東欧の見た“赤い王朝”』 (1989年/87分/ポーランド)
同時上映 『北朝鮮・素顔の人々』 (2014年/30分/日本)
時空を超えて迫る<謎の国>の実像
『金日成のパレード 東欧の見た“赤い王朝”』

★この映画は 1988年9月9日、朝鮮民主主義人民共和国の建国 40周年記念式典に正式招待されたポーランド国営ポルテル社の取材班が、朝鮮民主主義人民共和国の案内によって撮影し、すべて同国から提供された資料にもとづいて作成したもので、日本語版においても一切のフィクション、コメントは加えられていません。
◆ 朝鮮民主主義人民共和国。長い名前をもつお隣の国。いま、日本に微笑みながら「国交正常化」を迫るこの国の実情はまだまだ知られていません。崩れ落ちる社会主義の壁をなお高く積み上げようとする「輝かしいチュチェ思想」とは何か。人々を飢餓に追い込みながら「人民をいつも幸福に導く偉大な太陽」とは誰か。
◆ 『金日成のパレード』は人類に共通するテーマを扱った普遍性を持つ映画である。
この作品が私たちに与えた最も重要な教訓は、多くの人々の中に潜んでいる力強さへの「憧れ」と、大群衆の規律の前に、つい我を見失ってしまうという「魔力」のことなのだ。(ポーランドの日刊誌「GZETA WYBORCZA」1989年)
◆ この作品は 1989年、第32回ライプチヒ国際映画祭でグランプリ(金鳩賞)を受賞した。
会場で上映されたときは「全編爆笑、失笑、嘲笑の渦。それ程そこに展開された北朝鮮の真実は、金日成神格化を中心にいまスターリン主義を越え、改革を目指す人々には何とも受け入れがたいものだった」(キネマ旬報 1990.02)という。
◆ しかし東ヨーロッパではなく東アジアに生きる私たちは、果たしてこれを他人事と笑えるだろうか。「近づいてきた遠い国」の現実は、空間と時間を越えて、人類史的な視点から私たちに「国家」とは何か、「組織」とは、「人間」とは何かを問わずにはおかない。
『北朝鮮・素顔の人々』
★この作品は2000年代中盤、無名の北朝鮮住民が文字どおり命がけで撮影した長時間の映像を基に製作された“初公開”ドキュメンタリーである。
◆ 北朝鮮、とある地方の街かど、何気ない住宅地、川辺、ジャンマダン・自由市場を作り人々は思い思いに食糧、衣服、家具等を持ち寄り露店を開く。 通り過ぎる庶民や兵士達、駅広場での水売り、トラックで移動する人々。ここには全体主義のほころびの中で逞しく生き抜く市井の人々の姿がある。
◆ そして彼らを恐怖で支配しようと繰り返される公開処刑。それを強制的に見せられる群衆。
◆ 線路沿いで唄う少年の哀切あふれる歌声とメッセージはあらゆる国境や体制を超えて私たちの胸を打つ。母を思い、くじけずに生き抜こうとする姿がなぜこれほど切なく力強く響くのか。
◆ 『パレード』の少年達やコッチェビ(浮浪孤児)も「将軍様」を讃える。しかしコッチェビの逞しく美しい歌声には『パレード』の中で見せかけの喜びを歌う宣伝歌を遥かに超えた民衆の精神が宿っている。
●10/29(土)~11/11(金) 14:10(~16:09終)シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html  TEL/FAX:06-4862-7733)
http://www.theater-seven.com/2016/movie_nkparade.html



『第九条』 (2016年/日本/78分)
日本国憲法第九条は維持か? 破棄か?
20XX年、時の政府は日本国憲法第九条の改正の検討に入った。 国民の意思を聞くため、諮問委員会を様々な職種の20代の若者12人のメンバーで作った。 弁護士で九条破棄派の秋葉(南圭介)、国際ボランティアNPO法人で海外での活動から九条維持派の五井(タモト清嵐)、防衛大学生で九条破棄派の木部(馬場良馬)、ニートで人の意見に流される岩間(聡太郎)等、それぞれの立場で第九条の議論を重ねて行く。 最初は議論する事に疑問視するメンバーであったが、日本国憲法成立の歴史を知り、少しずつ議論を重ねて行き、それぞれが日本の未来を真剣に考え、自分の想いを吐露して行く。 果たして、激しい意見の格闘の末、彼らの出した結論は?日本の運命はどうなるのか?
公式サイト:https://dai9jo.localinfo.jp
●10/29(土)~11/11(金) 好評につきアンコール再上映決定! シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html  TEL/FAX:06-4862-7733)
10/29(土)~11/4(金) 18:30(~19:51終)
11/5(土)~11/11(金) 16:30(~17:51終)
http://www.theater-seven.com/2016/movie_dai9jo.html



アンコール再上映
『ホール・イン・マネー!~大富豪トランプのアブない遊び~』 (2014年/イギリス/97分)
あなたが知らない 大富豪ドナルド・トランプ
気鋭のジャーナリスト、アンソニー・バクスターが大統領候補ドナルド・トランプを追いつめる。
暴言も支持率も止まらない大統領候補ドナルド・トランプ。彼の手荒なリゾート開発事業の違法性を追求している、スコットランド人ジャーナリスト、アンソニー・バクスターが、地元の自然を守るべく再び立ち上がった!同じテーマで製作された前作はBBCで放送され話題騒然となり、トランプもツイッターで猛反撃をした。今作ではドナルド・トランプ本人と取締役である息子を引きずり出して直接対決!2016年アメリカ合衆国大統領選挙を考える上で、とても重要な映像が多数収録されている。ゴルフ場建設の実情と、翻弄されながらも戦い抜く市民たちを追ったドキュメンタリー映画。
●10/22(土)~11/4(金) シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html  TEL/FAX:06-4862-7733)
10/22(土)~10/28(金) 14:20(~16:02終)
10/29(土)~11/4(金) 16:30(~18:12終)
http://www.theater-seven.com/2016/movie_holeinmoney.html



●10月29日(土) 午後2時~午後4時30分 尼崎市立小田公民館 1階多目的ホール(JR尼崎駅北東300m http://ama-kan.jp/spot/detail.php?id=408)
子供たちを守るために
~チェルノブイリの30年とフクシマのこれから~

講師:菅谷昭医師
【プロフィール】
1943年、長野県更埴生まれ。信州大学医学部卒業、医学博士(甲状腺専門)。同大学医学部第二外科入局。
1991年より、松本NGOグループによるチェルノブイリ事故支援活動。
1993年、助教授に就任も1995年に退官。翌年からベラルーシ共和国で小児甲状腺癌外科治療に従事。
2004年松本市長選に立候補。現在、4期目に至る。
2004年NHK「プロジェクトX 挑戦者たちチェルノブイリの傷奇跡のメス」で取り上げられる。
フランシスコ・スカリナー勲章(ベラルーシ共和国国家最高勲章・2000年)
チェルノブイリ原発事故により放射能汚染されたベラルーシ共和国において、5年半に及ぶ小児甲状腺癌の医療支援活動に従事された菅谷昭医師。その後、現在までのチェルノブイリのご経験を通して、放射線被害から子どもたちを守るために、私たちできる事は何か。そして現在市長を務められている松本市の取り組みについてもお話をお伺いします。
参加費:1,000円(避難者半額、高校生以下無料)
主催:さいなら原発尼崎住民の会
連絡:090-7497-3307(広畑) FAX 06-6426-8481
http://sainara-genpatsu.blogspot.jp/2016/08/30.html



●10月29日(土) 18:30~20:30 エル大阪604号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
オーストラリア、核燃サイクルの上流と下流
─ アボリジニーの大地と日本の原発のかかわり

お話:細川弘明さん(京都精華大学教員、原子力市民委員会)
日本は、国内で稼働する原発の核燃料のために世界中からウランを購入してきました。オーストラリアで掘り出された大量のウランも核燃料となって、日本の原発で燃やされました。日本とオーストラリアには、核をめぐる深い関係があります。しかしそれは、ウラン採掘によって被害を受けるアボリジニの人々の苦難の歴史でもありました。いま、南オーストラリア州に国際的な核廃棄物処分場を建設する動きがあります。この動きをどう受け止めて、オーストラリアの人々とどのように連携できるのかを考えるためにも、歴史と現状を知るためのミーティングを企画しました。オーストラリア研究の第一人者である細川弘明さんからじっくりお話を伺うことができる貴重な機会です。みなさんのご参加をお待ちしています。
・アボリジニの人々がイギリスの核実験でうけた被害、そしてそのあとウラン採掘を中心とした原子力産業から受けてきた被害について
・そうした動きに対してアボリジニの人々がどのように闘ってきたか、非アボリジニの人々がどのようにそれを支えてきたか
・原子力をめぐる日本とオーストラリアの関わり 福島事故までと福島事故後
・オーストラリアの人々、特にアボリジニの人々の福島原発事故への反応
・オーストラリアでの放射性廃棄物処分場計画について。
・日本の私たちができること、考えるべきことはなにか?
参加費:700 円(学生/原発事故避難者は無料)
主催:ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン
問合せ:080-6174-8358(佐藤)
https://www.facebook.com/events/1778065569137354/
http://2tarou.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/post-9925.html



TPP
●10月29日(土) 14:00~靱公園・東園(地下鉄「本町」28出口徒歩約5分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-ErLFmcAX2hc/map/) 15:15~パレード出発
ストップ!TPP緊急行動 御堂筋大パレード
アメリカ国内でも大反対の声がおこり、批准は難しいといわれているTPP。いったいなぜ日本だけがごり押しでTPPに批准しようとしているのでしょう?
わたしたちの生活を根底から覆してしまう危険性があるおろそしい協定TPP。けれども政府は詳しい情報をひた隠しにし、大手マスコミもその内容についてまともに取り上げません。ほとんどの一般市民がTPPのことをよく知らないまま、国会での強行採決が行われようとしています。街頭にでて、多くの人にTPPの危険性を知らせましょう。TPPの国会批准を阻止しましょう!
主催:ストップ!TPP緊急行動・関西
連絡:stoptppkansai@gmail.com
https://www.facebook.com/events/621639771330761/



沖縄・高江
●10月29日(土) 18:00~21:00 エルおおさか大会議室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
伊佐真次さん来たる!沖縄・高江現地報告集会(10.30団結まつり前夜祭企画)
「高江の闘いの現状と今後の展望」
沖縄・高江では暴力的にヘリパッド基地建設が強行されています。今、高江で起きていることを直接聞いて下さい!
「高江の闘いの現状と今後の展望」
報告:伊佐 真次さん(ヘリパッといらない住民の会/東村村議)
「戦争に反対する韓国の若者」
報告:チョン・ウーリョンさん
沖縄・高江では暴力的にヘリパッド基地建設が強行されています。今、高江で起きていることを直接聞いて下さい!『工事車両を入れないために毎朝座り込みをする私たちを排除しに大阪をはじめ全国から機動隊が来て緊張した状態が続いている。大阪府警は帰って来いと地元で声をあげ、沖縄だけの
問題ではないことを広げてほしい』
【沖縄】伊佐 真次さん(ヘリパッドいらない住民の会・東村村議))
東村高江在住。9年間、高江現地でヘリパッド建設反対運動に反対している。「工事車両を入れないために毎朝座り込みをする私たちを排除しに、大阪をはじめ全国から機動隊が来て緊張した状態が続いている。大阪府警は帰って来いと地元で声をあげ、沖縄だけの問題ではないことを広げてほしい」と訴える。
【韓国】チョン・ウーリョンさん(『同胞一つ』大学生代表)
京畿大学3年生22歳。2015年12月28日の韓日慰安婦合意に反対し、開始した大学生による座り込みは延べ700人が参加し、3月1日まで63日間続く。東アジアの平和のため、韓国のTAHHD(高高度防衛ミサイル)配備に反対する。
参加費:500円
主催:10.30 団結まつり実行委員会
協賛:ZENKO(平和と民主主義をめざす全国交歓会)
連絡先 090-8162-3004(川島) E-mail zenkoweb@gmail.com
https://www.facebook.com/events/1273130899373714/



沖縄・高江
●10月29日(土) 午後7時~Barのこされ島(通天閣の真下のすし店「ROKU鮮」が入っているビルの2F)
Voice of TAKAE
~沖縄・高江に暮らす石原岳さんに聞く~

沖縄本島北部の東村高江で米軍ヘリパッドの建設工事が強行されています。集落を取り囲むように計画された6カ所のヘリパッドのうち2カ所は完成、昼夜の区別なくオスプレイの離発着訓練が繰り返され、住民の暮らしを脅かしています。
にもかかわらず、国は残る4カ所を何がなんでも今年中に完成させようと、大阪府警など県外の機動隊も動員して強引に工事を進めています。高江の住民たちは、計画が明らかになった当初から反対の意思を明らかにし、2007年7月からは、やむにやまれず座り込みを始めました。その一人、石原岳さんをお招きし、トークライブを開きます。高江でいま何が起きているのか。住民の思いとは――。率直に語っていただきます。
参加費:カンパ制(1ドリンクのオーダーをお願いします)
問合せ先:文箭(ぶんや)25bun64bun@ezweb.ne.jp 09037131179 栗原 kuryuniraikun@gmail.com  09077680264
http://civilesociety.jugem.jp/?eid=34656



辺野古新基地問題
●10月29日(土) 15時30分~(毎週土曜日)JR大阪駅南バスターミナル
「辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動」
辺野古の海が埋め立てられないように活動しています。
お時間の許す範囲で、少しでも皆様のご参加お待ちしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/henoko_osaka



辺野古新基地問題
●10月29日(土) 13:00~14:00 神戸マルイ前
HENOKO NO! 沖縄に基地はいらない 
   辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動

沖縄県民に対する不正を止めるために、共に声を上げて下さい。
ツイター・FaceBookで情報発信中{辺野古・神戸}で検索して下さい。
土曜の午後はいつもの時間、いつもの場所で、はじめての方、ちょっとだけ参加、見学、大歓迎。
https://twitter.com/kobekodo/



辺野古新基地問題
●10月29日(土) 毎週土曜日17:00~18:30ごろ 京都市 三条河原町交差点(三条河原町商店街のアーケード前スペース)
沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、
     普天間基地の撤去を求める京都行動

アピール、チラシ配り、新基地建設に反対する署名集めなどなど
http://kyoto-action.jugem.jp/?pid=1
https://twitter.com/ALALALED/status/551165696185344000



自民党改憲草案
●10月29日(土) 15:00~あんのん舘 (阪神西宮駅戎口から徒歩2分 http://unknownkan.jimdo.com/access/)
憲法のおべんきょうfinal vol.6 @あんのん舘
参議院議員選挙が終わり、8/6よりはじめてみた「憲法のおべんきょう」これまで5回開催し、自分ひとりで読むよりも、新しい視点で読むことが出来、毎回気づきがある、と好評いただいています♪
思いつきと勢いで始めたこのシリーズも、とうとうfinalです!
8/6 vol.1のページ→
https://www.facebook.com/events/593476517497301/
8/21 vol.2のページ→
https://www.facebook.com/events/110038556101804/
9/3 vol.3のページ→
https://www.facebook.com/events/1596565780641366/
9/22 vol.4のページ→
https://www.facebook.com/events/1132899963445866/
10/16 vol.5のページ→
https://www.facebook.com/events/516498821882691/
自民党が挙げている「自民党改憲草案」って、読んだことありますか?私は、7月の参議院選挙前に改めてちゃんと読んでみて、その内容にびっくりしました。改憲をめぐる国民投票、もう避けられない状況になりました。自民・公明・おおさか維新などの改憲議員は衆参両議院の3分の2を超えました。国会で発議されたら、最短で発議から2ヶ月後には投票日(・_・; その時に「中身よく分からん」「もっとちゃんと読んどけばよかった」って後悔しないように、一緒に読んでいく時間を少しずつ作りたいと思い、企画してみました。
参考図書は「あたらしい憲法草案のはなし」
http://books.rakuten.co.jp/rb/14263470/
おしゃべりしながら、一緒に読んでいきましょう。読んだことないかたも、読んだことあるかたも、ぜひお越しください&お誘いくださいね?☆
vol.6では、
*緊急事態(改憲草案にて新規追加提案)
*第9章 改正
*第10章 最高法規
について読んでいく予定です。
料金:500円
参加:このページで「参加予定」表明、ふらっと。「書籍購入希望」 or 「書籍購入なし」をお知らせください^_^vol.1?5のときに購入された方は、本をお持ちくださいね。
※当日、参考図書を購入できるように、準備しておきます。一冊800円です。
改憲草案と現行憲法の対比のほか、作成した自民党議員の意図を考えて「あたらしい憲法のはなし」のパロディ風に書かれた内容もなかなかブラックに楽しめます。
購入を希望されない場合、またはすでに改憲草案と現行憲法の対比がわかる資料をお持ちであれば、そちらをお持ちください。
https://www.facebook.com/events/623999284425209/



緊急事態条項
●10月29日(土) 午後2時30分~午後4時30分 大阪弁護士会館 12階1203会議室(京阪「なにわ橋駅」出口1徒歩約5分 地下鉄・京阪「淀屋橋駅」1号出口から徒歩約10分 地下鉄・京阪「北浜駅」26号階段から徒歩約7分 http://www.osakaben.or.jp/06_access/index.php
憲法市民講座 第6回「緊急事態条項について」
現在、憲法改正議論が盛んになり、その一つとして、緊急事態には権力者が法に従わずに行動できる「緊急事態条項」を憲法に導入すべきとの議論が出ています。しかし、フランス第5共和政憲法16条の実態を見ると、看過しえない人権侵害がなされていた過去があります。
日本でも、関東大震災の際の戒厳令の行使で、多くの人権侵害が行われました。このように歴史を振り返ると、緊急事態条項は治安維持等の名目で権力者の地位を強化する一方、権力者の政敵や目障りな存在を排除するために使われてきました。そのような歴史を見たとき、憲法を改正して緊急事態条項を導入することは、私たちの日々の暮らしにどのような変化をもたらすのか検討します。
講 師:飯島 滋明 氏(名古屋学院大学経済学部教授)
定 員:90名(先着順)
参加費:無料
申込方法:当ページのフォームからお申込みいただくか、チラシを印刷して所定事項を記入しFAXにてお申込みください。
参加申込フォーム:https://www.osakaben.or.jp/web/entry/form.php?id=id_57ff161ac44a3
必要事項を入力して「確認」ボタンを押していただくと、申込が完了します。
https://www.osakaben.or.jp/web/entry/form.php?id=id_57ff161ac44a3



南スーダンPKO
●10月29日(土) 1時30分~4時30分 PLP会館(JR天満駅・地下鉄扇町駅徒歩5分 http://www.mapion.co.jp/m/34.698775_135.5148611_8/v=m5:%EF%BC%B0%EF%BC%AC%EF%BC%B0%E4%BC%9A%E9%A4%A8/ ) ※集会後デモ
南スーダンPKO派兵阻止・ 戦死者靖国神社「合祀」反対大阪集会
「南スーダン派兵と山口・自衛官「合祀」訴訟の意味」
講師:纐纈 厚 さん(山口大学名誉教授)
参加費(資料代含む):1000円 (経済的に厳しい方は受付まで)
主催:参戦と天皇制に反対する連続行動
http://www17.plala.or.jp/kyodo/



資本主義とボランティア
●10月29日(土) 18:00~20:30 神戸市青少年会館レクリエーションホール(JR三ノ宮駅東出口徒歩3分 http://kobe-youthhall.jp/?cat=8
「災害資本主義」VS[ボランティア」
「今だけカネだけ自分だけ」でいいの?

基調講演:「『災害資本主義』とリスクマネジメント、そしてボランティア」
講師:岩崎信彦さん(神戸大名誉教授)
報告1「熊本地震救援活動」頼政良太さん(被災地NGO協働センター代表)
報告2「ボランティアとは」村井雅清さん(被災地NGO協働センター顧問)
総括コメント:「『災害資本主義』と人間発達の知識結」池田清さん(神戸松陰女子大教授)
資料代:500円
共催:被災地NGO協働センター、神戸YWCA「ピースブリッジ」、松陰女子学院大学池田清研究室
http://blog.zaq.ne.jp/peace-bridge/



民主主義
●10月29日(土) 午後1時30分~京都大学時計台記念館国際交流ホール1(京都大学本部構内正門正面)(http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/
河上肇記念会市民講演会
「危機に立つ日本社会と民主主義~沖縄・平和・原発・大学~」

講師:宮本憲一先生、(大阪市立大学名誉教授、元滋賀大学学長)
河上肇記念会のゲスト講演会を宮本憲一先生をお招きして下記の要領で行います。
先生は本年3月、長年の公害研究が高く評価されて栄えある日本学士院賞を受賞さ
れました。今回の記念すべき公開講演では、「危機に立つ日本社会と民主主義~
沖縄・平和・原発・大学~」と題して、現代日本の焦眉の課題を縦横に語っていただ
きます。多数の方々のご来聴をお待ちしています。
参加無料 来聴歓迎
主催:河上肇記念会
事務局:山本正志 Tel 075-702-6705
https://houteisien.wordpress.com/kyoto/



トルコ、シリア
●10月29日(土) 17:00~19:00 「ソルティー・バレー」3階(芦原橋駅から東へ、徒歩2分なにわ筋と交差した南西角)
第6回西谷文和世界を語る
☆8月、クーテダー後のトルコ、混沌のシリアの取材報告。西谷さんの視線はやはり子どもたちへ向けられています。私たちの闇がどこかで繋がっているようにもおもえるような、心に迫る報告の数々です。もちろん、安部政権維新問題。水道局、交通局廃止民営化問題まで、タフに語りあいましょう。
恒例になった大打ち上げもあります♪
主催:シーダー関西
参加費1,000円 要予約 当日もOK
https://www.facebook.com/events/507596432780199/



貧困問題
●10月29日(土) 14:00~川西市商工会館(能勢電 絹延橋駅 北西へ5分)
市民の力で社会を変えよう ! 第5期 連続市民講座
子どもの貧困を考える
子どもと子育てを支える社会をつくろう

講師:柴田 悠(京都大学大学院 准教授)
「改革」「改革」と、聞き飽きた「あの改革」で何が良くなった? どうせ変わらないという「あきらめ」と、面倒だという「無関心」が蔓延し、新自由主義という格差社会が、日本に浸透してきている。 夏の参議員選挙はそれを如実に語っている。しかし、この危機感が野党共闘を実現させ、弱者に寄り添う愛ある政治を望む人々を奮い立たせた。みんなの無関心を変えたい! まずは、知ること、話すことからつなげよう。僕らの未来のために!
https://www.facebook.com/events/1388061797874118/
http://www.event-search.info/events/n2xXp8x2ssCqbU/



報道規制
●10月29日(土) 午後1時30分~4時30分 エルおおさか701号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
第198回研究会
マスコミ労働者と報道規制―-戦争は秘密から始まる
現場労働者を自主規制・思考停止させてはならない (仮題)

報告者:日比野 敏陽さん (元新聞労連中央執行委員長)
コメンテーター:石塚 直人さん (全国紙記者)
近年、マスコミ等に対する政府・与党の介入・圧力が取りざたされています。このことがいま進められている安保関連法制(戦争法制)と表裏一体の関係にあることは明らかです。すでに特定秘密保護法が制定・施行されていますが、「戦争は秘密から始まる」は、歴史の教訓です。情報の統制と社会意識の醸成は、不可分の関係にあります。日比野さんは、「権力が情報を隠したがるとき、表現に口を出そうとするとき、その背景には必ず戦争への意図があった。」と警鐘を鳴らしています。
表現の自由を公権力の介入から守るための放送法を、逆に圧力として使う高市総務大臣の発言など言語道断です。マスコミ・報道関係に従事する労働者を孤立させてはなりません。自主規制、思考停止させてはいけない。「いま労働現場では?」を、お話していただきます。ご参集ください。
http://homepage2.nifty.com/jinken/index.html



選 挙
●10月29日(土) 13時半~16時半 神戸市教育会館(JR・阪神「元町」(東口)鯉川筋北へ徒歩10分 市営地下鉄「県庁前」(東1番出口)東へ徒歩5分 http://www.kobekhall.com/akusesu/
連帯兵庫みなせん 再出発集会
参加費:500円。
主催:連帯兵庫みなせん
http://www.labornetjp.org/EventItem/1475098977701staff01



双方向トーク
●10月29日(土) 19:30~パブリック・エンゲージメント(阪急中津 http://www.mapion.co.jp/address/27127/36:3:18:18/
非TED的トークアバウトvol.2 
ただし、よくある「偉い人」がその成功体験を語ったり、ビジネスプランなどをプレゼンしたりする様な一方通行のプレゼン大会は飽き飽きしているので、双方向にします。スピーカーも大仰な感じではなく、「話題提供者」に近い感じです。なので、「非TED的」です。今回も3名の方に登壇いただきます。参加者は各発表の中で思いついた事や感想などをどんどん付箋に書いていき、壁紙に貼っていって下さい。皆でシェアしましょう!それぞれディスカッションタイムもあります。そして3名の発表とそれぞれのディスカッションタイムが終わったら、皆で思い思いに交流する時間にしましょう
登壇者と内容:
・金森 翔さん「自主制作映画の世界」
・かどやん「数値化社会からの脱却~新・中津シェアスペース~」
・三原 重央さん「『人と人とを繋げる』という事をどう稼ぎにしていったら良いのか?」
参加費:1000円 
※フリードリンク(セルフ)付き
※飲食物などの持ち込みOK
https://www.facebook.com/events/346341802367070/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

TPPは世界の1%が富を集中するための悪魔の協定!10/29(土)ストップ!TPP緊急行動 御堂筋大パレード@うつぼ公園あります。

TPPは誰のため?

今国会の最大の問題、「TPP」については、おそらくみなさんなんとなく聞いたことがあると思います。
でもTPPって、実際のところいいの? 悪いの? となると、どうも判断できないという人が多いのではないでしょうか。

なぜなら、政府はTPPの具体的中身について、ひた隠しに隠しているからです。あるいはあからさまな嘘をついてごまかしています。そして大手マスコミも、TPP協定が成立したらいったいわたしたちの生活にどんな影響があるのかということを具体的に伝えていないと思います。
なぜそここまで隠す必要があるのか。それはTPPが、中身が知られてしまったら必ず反対されるとんでもない内容の協定だからです。

TPPは誰が作ったのか。
もともとはシンガポール、ブルネイ、チリ、ニュージーランドの4ヵ国間の地域的な貿易協定であったものを、アメリカが途中から乗っ取る形で、新たな内容のTPPに衣替えしました。そしてその新たな内容は、アメリカの1%、グローバル巨大企業が、自分たちの利益のために作ったものです。

なぜ国家間の協定の内容を、私企業が作るなどと言うことが可能になるのか? 
アメリカでは企業が政治家に制限なしの献金を行うことが許されるようになり(2010年以降)、政治家は献金してくれた企業に逆らうことはできません。巨万の富を集中している1%がアメリカの政治を動かしています。
オバマ大統領が躍起になってTPPを通そうとしているのは、自分に献金してくれた1%にきっちり恩を返すためです。一般市民の代表のような顔をして(そう思ったのはわれわれの勝手な思い込みに過ぎなかったのかもしれませんが)登場したオバマですが、オバマの後ろについているのはウォール街であり、オバマの使命は彼らの利益を守ること。
国民皆保険、貧困層のための医療制度改革、と銘打って始まったオバマケアで、巨大な利益を上げているのは、実は製薬会社と医療保険会社です。堤未果さんによると、オバマケアの内容を作りあげたのは、実はこういった企業側の人間だそうです。オバマケアは、最初からこれらの企業に巨大な利益が流れ込むように仕組まれたものだったのでしょう。日本ではあまり知られていませんが。

TPPはアメリカ主導で内容が書き換えられたわけですが、実はアメリカ合衆国自体もTPPによって利益を受けることはありません。TPPで巨大な利益を得るのは、アメリカを中心とした世界中のグローバル大企業、世界の富を牛耳る1%の人々であり、どこの国も、どこの国の一般市民も、利益はなにひとつありません。
だからこそ、本国アメリカで、かつてはTPP推進派だったクリントン氏も反対表明をせざるを得ないほどのTPP反対の大規模な運動が起こっています。

TPPは1%の人々がさらに富を集中させるために考え出した不公正な、悪魔のような協定であり、ジョセフ・スティグリッツ(コロンビア大学教授・ノーベル経済学賞受賞)は、次のように的確に指摘しています。
「TPPは自由貿易協定ではない、そうであれば4行で足りるはずで、グローバル企業のロビイストたちが書き上げた世界の富を支配しようとする管理貿易協定だ。」

長くなりましたが、TPP、ちょっとわかりにくいと思っていた方、TPPが誰のために、何の目的で作られたものかわかっていただけたでしょうか。


TPPで、私たちの生活はどうなる?

早くからTPP反対運動の推進役であった山田正彦元農水大臣の最新の著作「アメリカも批准できないTPP協定の内容は、こうだった! 」を読んで、わたしは寒気がしました。この本を読みながら、よくぞこんな悪魔的な協定を考え出したものだ、アメリカの(アメリカだけではないですが)1%!と心の中で何度も叫びました。TPPの恐ろしさを知ってもらうには、山田さんの本を読んでもらうのが一番いいのですが、時間のない方のために簡単なまとめを以下に羅列しておきますね。

すべての農作物がいずれ関税撤廃になることに日本は合意しました。TPPで日本の農業は壊滅的な打撃を受けるでしょう。
メキシコでは、北米自由貿易協定NAFTAで農業が壊滅しました。韓国でも米韓FTAで養豚業者の7割が廃業を決意しているそうです。TPPで日本の畜産業も7割が廃業することになるでしょう。
→当たり前のように食べている国産の農作物を食べられなくなる日が来るかも!

TPPで、日本は遺伝子組み換え食品の輸入を止めることができなくなります。アメリカは遺伝子組み換え食品の輸出先として日本をターゲットにしており、私たちの食卓に遺伝子組み替えの巨大鮭(フランケンフィッシュ)などが並ぶ日がくるでしょう。遺伝子組み換え食品を避けようとしても、遺伝子組み換え食品の表示ができなくなる恐れもあります。さらに国産、アメリカ産、中国産などの産地国表示もできなくなる可能性があります。(アメリカでは現在原産地国表示がおこなわれていません)
→わたしたちは「遺伝子組み換えでない」食べ物や国産の食べ物を選ぶことすらできなくなる?

巨大製薬会社や医療保険会社は、日本の医療業界で巨額の利益をあげようと狙っています。安価なジェネリック薬品が使いにくくなり、薬価の決定の課程に海外の企業が関わるようになり、TPPで医薬品の価格が2倍から3倍になります。健康保険料も5,6年後には今の2,3倍になるかもしれません。いずれ国民皆保険制度そのものが崩され、アメリカのように個人で医療保険会社と契約をしないといけなくなる日がくるかもしれません。日本の国民皆保険制度を崩して日本の医療市場にはいりこみ、巨大な利益を上げることが彼らの狙いだからです。
→アメリカのように、日本も金持ちでないと医療が受けられない国になる? アメリカでは高額な民間の保険に入っていないと、盲腸の手術に300万円かかります!

■TPPでは、国や自治体が行う行政サービスも自由化の対象になります。公共事業や公共調達にも外資系企業が参入し、英語と自国語での手続きが求められるようになります。地方の公共事業にも外資が参入することになり、競争力のない地方や中小の土木建築業は軒並み廃業に追い込まれるでしょう。

日本の水道事業は市場開放され民営化されるでしょう。米企業が水道事業を買い取ったボリビアでは、水道料金が2倍になり貧しい人が水も買えなくなりました。

■人件費を節約して利益を上げたいグローバル大企業は、海外から労働力を導入し、不当に安い賃金で働かせるようになるでしょう。TPPが締結されると海外からの労働力の流入を止めることもできません。TPPでわたしたちの雇用が失われ、賃金が下がるでしょう。本国アメリカでも労働組合はすべてTPPに反対しています。

悪名高い「ISD条項」で、日本政府が海外グローバル企業に莫大な賠償金を請求される危険性があります。ISD条項は、投資企業の利益を損なうすべてのものを訴えることができ、国が企業に莫大な賠償金を支払わされるとんでもない条項です。
たとえばメキシコでは、米国の廃棄物処理業者に、地下水が汚染されるとして埋め立てを禁止しました。すると業者は損失が出たとしてメキシコ政府を訴え、メキシコ政府は1670万ドルの賠償金を支払わされました。ISD条項は、環境や国民の健康より企業の利益が優先されるとんでもなく不公平で一方的な条項です。
世論の力で原発再稼働を止めたとしましょう。けれどももし海外の原発メーカーがそのせいで損害を被ったと訴えれば、日本は巨額の賠償金を海外の原発メーカーに支払わねばならなくなります。最低賃金が1000円にあがったとしましょう。それも企業の損害になるとして、ISD条項で訴えられる可能性があります。ISD条項があるために、原発の再稼働ストップや、最低賃金の引き上げさえできなくなる可能性があります。

以上はTPPで起こることの一端です。TPPの恐ろしさは、とてもここでは書き切れません。それでもTPPのとんでもない中身の一部はご理解いただけたのではないかと思います。
*******************************************

TPPをめぐる国会での論戦が山場になる10/29、難波で大きな集会とパレードを予定しています。
10/28には、もしかするとTPPの強行可決が行われてしまうかもしません。
その場合はTPP強行可決への抗議をこめて、TPP反対の大集会&パレードを行います。
少しでも多くの人にTPPの危険性を知ってもらえるよう御堂筋で派手にアピールしましょう!

●10月29日(土) 14:00~集会 15:15~パレード出発
靱公園・東園(地下鉄「本町」28出口徒歩約5分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-ErLFmcAX2hc/map/
ストップ!TPP緊急行動 御堂筋大パレード

主催:ストップ!TPP緊急行動・関西
連絡:stoptppkansai@gmail.com



1029チラシモノクロ

★ブログの内容をチラシにしたものです。プリントアウトして、知り合いに拡散してください。

PDFファイルはこちらから → https://dl.dropboxusercontent.com/u/149608139/TPP%E3%81%AA%E3%82%93%E3%81%A7%E3%81%82%E3%81%8B%E3%82%93%E3%81%AE%EF%BC%9F1022%E4%BF%AE%E6%AD%A3.pdf

なんであかんのTPP最終表
なんであかんのTPP最終裏


クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

(10/25更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 10月24日(月)~ 28日(金)

★10/25追加情報
●10月25(火) 18:30~20:30 ハートピア京都(丸太町)
京都反原発めだかの学校・学習会~福島・南相馬・伊達・郡山そして東京・横浜~
土ホコリの放射能を測って分かること=データと写真で知る福島の現状=



【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-34.html




松井知事糾弾
●10月24日(月) 15:00~大阪府庁前(谷町四丁目[1-A](8分)天満橋[3](9分)http://bb-building.net/tatemono/osaka/136.html
大阪府庁・松井知事糾弾!大阪府警本部申入れ行動!
15:00~大阪府庁前抗議行動
16:30~大阪府警本部申入れ行動
https://www.facebook.com/groups/1519664045019565/permalink/1695213024131332/



君が代不規律問題
●10月24日(月) 13時10分~大阪高裁202号大法廷(地下鉄淀屋橋より北東へ8分 大阪市役所の北側、橋を渡り直すぐ http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/)
奥野さん「君が代」不起立減給処分取消訴訟控訴審判決
202は90人の傍聴席がある法廷で、裁判所建物西側入口を入って正面の階段をあがった2階です。メディアの注目が高まっていることから大法廷に変更されたものと思われます。その状況下で、傍聴席に空席が目立っては残念ですので、お近くの皆様、可能な限りの傍聴をお願いいたします。
また、当初は予定していなかった横断幕を掲げての行進を行うことにしました。
・12時30分 裁判所の東にある大阪弁護士会館1階ロビーに集合
・12時45分 裁判所南側歩道の東端から中央入口前まで行進
こちらにもできればご参加ください。
◇報告集会 判決後すぐ 大阪弁護士会館5階510号室 4時頃まで
◇記者会見 2時~裁判所内司法記者クラブで
(大変狭い場所での立ち見になりますが、記者会見の様子を見ていただくことは可能です。)
http://blog.goo.ne.jp/zaza0924/e/345cacc1fb414acca7b8577dbeadc503



資本主義
●10月24日(月) 18:00~21:00 モモの家(阪急吹田駅から歩いて5分 JR吹田駅から歩いて12分 http://www.momo-family.org/?page_id=9
『おかねについて語らう会?しほんしゅぎってなんだったっけか?』
しほんしゅぎってだれのため?おかねについての素朴な語らいの場が5年ぶりに始まります。安心安全な場で、みんなで自由に語り合うことで、真実や未来があらわれてくるかも!?
参加費:1000円(学生以下 500円)
※ご飯代:500円(希望される方は事前にご連絡ください。)
お問合せ・申し込み先:
〈 名前 〉モモのがまぐち
〈 TEL 〉080-1522-9817(松村)
〈 E-MAIL 〉momonogamaguchi@gmail.com
http://cc-suilen.blogspot.jp/2016/09/1024.html



●10月25(火) 11:00~16:00 モモの家(阪急吹田駅から歩いて5分 JR吹田駅から歩いて12分 http://www.momo-family.org/?page_id=9
かえるCafe (毎月第2・4火曜日に開きます)
東日本大震災で避難してこられたみなさん そして心をよせる関西のみなさん
ほっとして 出会って 語りあって つながろう
草木染や手仕事などもやってます。
飲み物:300円
Menu:デトックス茶 有機栽培コーヒー 黒煎り玄米コーヒーなど
※避難者さんは交通費半額補助します
http://happy.ap.teacup.com/applet/momonoie/msgcate15/archive



●10月25(火) 午後6時~午後8時 阪急上牧駅駅前広場
原発ゼロ上牧行動
アピール、ビラまき、ポスティング
ストリートオルガンの音楽に合わせて、楽しくアクション。
http://takatukigomi.sblo.jp/article/81958387.html



●10月25(火) 19:00~21:00 モモの家(阪急吹田駅から歩いて5分 JR吹田駅から歩いて12分 http://www.momo-family.org/?page_id=9
しえんほうカフェ
「原発事故子ども・被災者支援法」に関わるあれこれ。そこから見えるもの、新しい発見、これからできること。支援法に関連するさまざまな話を交換するゆるやかな茶会です。
参加費800円
申込み モモの家 office@momo-family.org  (できれば事前に参加連絡ください)
http://happy.ap.teacup.com/applet/momonoie/msgcate15/archive



NEW
●10月25(火) 18:30~20:30 ハートピア京都京都府立総合社会福祉会館(地下鉄「丸太町」5番出口すぐ/市バス・京都バス・JRバス「烏丸丸太町」下車 烏丸丸太町下ル東側 075-222-1777 http://www.heartpia-kyoto.jp/access/access.html
京都反原発めだかの学校・学習会
~福島・南相馬・伊達・郡山そして東京・横浜~
土ホコリの放射能を測って分かること
=データと写真で知る福島の現状=

お話:河野益近さん(元京都大学大学院工学研究科原始核工学専攻・教務職員)
5年半前、福島第一原発から撒き散らかされた半減期の長い放射性物質ももちろん土ホコリに含まれ、風に飛ばされ、水に流され散らばったり、スミに集まり泥に濃縮したり、折角除染したところに、乾燥して山風に乗って振り注いだりと、その動向は複雑だろうと思われます。
福島のそして東京の土ホコリの放射能を測定されて分かることを写真を添えてお話し頂きます。
河野益近さんは、ご存じの方も多いと思いますが、松葉の放射能汚染を測定され日本全国に広がる汚染の実態を明らかにされています。松葉だけでなく様々なものの放射能汚染調査に取り組んでこられました。丹念に丹念に測定され、測定のエキスパートです。その緻密なデータと多くの現地の写真から、原発事故被害者への賠償・支援打ち切り、帰還の強要が迫られる現実、またあまり気に止められない「離れた」東京・横浜、そのおかれた「現状」を説いて頂きます。
福島原発事故を忘れようとしてはいけません。ご参加をお待ちしております。
参加費:500円
連絡先:075ー602ー1183(20時~23時) 
http://www.freeml.com/kdml/10235/latest



朝鮮学校無償化
●10月25(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



●10月26日(水) 16時~関西電力本社(JR「大阪駅」阪神・阪急「梅田駅」徒歩約15~20分 「北新地駅」徒歩10分「淀屋橋駅」徒歩約10分 「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
反原子力デー関西電力への申入れ行動
連絡:若狭ネット クボ 072-939-5660



限界集落
●10月26日(水) 午前10時30分~12時 神戸学生青年センター(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/
「限界集落の再生の取り組みについて~宍粟市一宮町千町~」
NPOひょうご農業クラブ 理事長 増田 大成さん
都市への人口流出の勢いが止まらず、限界集落が増え続けている。その一方、環境を重視する生活スタイルへ移行する人も増えつつあり、限界集落に人が戻り、農業や地場産業が復活してきている地域もでてきた。農村と都市の人的、文化的交流の促進事業・安全な農産物づくりの推進事業などをおこし、宍粟市一宮町で「あこがれ千町の会」を発足された増田大成さん。千町を通した観点から日本の食・農・村の問題に向かい合い、限界集落再生の実践に取り組んでこられたお話を伺います。
http://ksyc.jp/seminar/food/



●10月27日(木) 18:00~20:00 CIVI研修センター新大阪東 7F E705(JR「新大阪」駅下車 東口から50m http://www.civi-c.co.jp/access.html#higashi
第5回低線量被曝と健康被害を考える集い
報告1.「甲状腺がん検出状況の報告と100ミリシーベルト閾値の問題」
津田 敏秀 (岡山大学大学院環境生命科学研究科)
報告2.「福島を含む汚染都県における周産期死亡の増加」
(医療問題研究会)
議論:参加者と
************************************************
岡山大学の津田先生は、国際環境疫学会が発行する“Epidemiology(疫学分野のトップジャーナル)”に福島県の小児甲状腺がん多発を疫学的に分析した論文を発表され、昨年10月オンライン上で先行公開されて、本年5月に正式掲載され、今話題になっています。小児甲状腺がんの多発は「スクリーニング効果」ではなく、「被ばくによる過剰発生」であると結論づけておられます。
論文が掲載に至るには、専門家たちの厳しい査読を経ており、甲状腺がんの異常多発という事実が、質の高い科学的根拠として国際的に評価されたことを意味しています。 今、福島における甲状腺がんの多発が
世界中に知られ、昨年からこの問題が、世界最大の環境汚染などを専門とする国際環境疫学会(ISEE)で議論され、甲状腺がん異常多発を認める意見が疫学の専門家で圧倒的多数になっています。
最近は、「第5回放射線と健康についての福島国際専門家会議」(本年9月)や、甲状腺がん多発に関する「批判論文」も幾つか出ています。しかし、その内容は、甲状腺がん発見の地域差の検討やチェルノブイリの患者の年齢比較などにおいて科学的内容に大きな問題点を持つものになっています。当日の集いでは、甲状腺がん多発、低線量被ばくの危険性=100ミリシーベルト閾値の問題などに関して、科学的根拠に基ずく医療的議論、論争を通じて真実を明らかにしていきたいと思っております。
そして、福島原発事故後の広範な健康被害の増加を考えていきます。本年9月に、原発事故後の放射線被曝が強い福島とその近隣5県で周産期死亡が明らかに増加しているとする医学論文が、Medicine(インターネット専門の医学雑誌)に掲載され、今話題になっています。甲状腺がんだけでない障害も既に生じていることを明白にしたこと。被ばくによる障害が、福島県以外の東北関東、さらに、東京・埼玉・千葉にも広がっていることも示したこと、で大きな意味があります。
(医療問題研究会の以下のサイトで概略、論文(PDFで閲覧)がご覧になれます。
福島原発事故と関連して周産期死亡が増加したとの論文が医学雑誌『Medicine』に掲載されました
http://ebm-jp.com/2016/10/media2016002/
今年で5年目を迎える「低線量被曝と健康被害を考える集い」ですが、多くの人々にご参加をいただきながら、公衆衛生医療を担うものとして問題を深める作業を行い、一歩でも解決に向かう活動を行いたいと考えています。ご意見、そして、ご参加いただけることを心より願っています。
医療者と共に、一般市民の方もご参加いただけます。
なお、当日は、公衆衛生学会-自由集会-主催の運営となります点をご了解ください。
代表世話人:津田 敏秀(岡山大学大学院環境生命科学研究科)
連絡先:「第5回低線量被曝と健康被害を考える集い」実行委員会
たかまつこどもクリニック 高松 勇
FAX 06-6167-8902,meeting0522@gmail.com
http://takatsuki-sokuteisyo.blog.so-net.ne.jp/



●10月27日(木) 滋賀県庁正面噴水前(JR大津駅から徒歩5分 大津市京町四丁目1番1号 http://www.pref.shiga.lg.jp/guide/chosha/index.html
滋賀県庁前すわりこみ
http://nonukesiga.exblog.jp/23553217/



TPP
●10月27日(木)  18:30~よつ葉ビル5F会議室(阪急茨木市駅 https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1114856868610530&set=p.1114856868610530&type=3&theater)
緊急!TPP講演会
講師:山田正彦さん(元農水大臣)
もうすぐ、日本の国会で批准されようとしているTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)ですが、決して良いことばかりではないようです。むしろ私たちの生活を脅かすようなものであることが心配されています。農業は破壊的影響を受けることになり、食糧自給率は40%から13%に落ち込み、食品の安全基準が国際化していくことで食や品質の低下を招く可能性が高くなり、安心して食事ができる環境が失われていくと言われています。また、TPPに参加したら日本の保健医療制度は崩壊し、儲かるのは製薬会社と保険会社だけだという話もあります。
山田さんのお話しを通じて、国会で批准されようとしているTPPによって何が変わろうとしているのか、一緒に勉強してみませんか? 多くのみなさんの参加を呼びかけます。
北大阪商工協同組合(連絡先:事務局06-6858-5702)
https://www.facebook.com/events/550170638521621/



避難計画
●10月27日(木) 10:00~12:00 京田辺市社会福祉センター第1研修室(http://www.mapion.co.jp/m2/34.81305013,135.77233207,16/poi=22630668152)
コープ自然派京都連続学習会(第2回)
自分の町の避難計画を分析してみよう
参加費(1講座):450円
定員:50名(*定員に達した場合は先着順)
申込み締切日:10月25日(火)(当日参加も可)
主催:コープ自然派京都
https://houteisien.wordpress.com/kyoto/



沖縄・高江
●10月27日(木) 6時30分~シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
Voice of TAKAE
~沖縄・高江に暮らす石原岳さんに聞く~

沖縄本島北部の東村高江で米軍ヘリパッドの建設工事が強行されています。集落を取り囲むように計画された6カ所のヘリパッドのうち2カ所は完成、昼夜の区別なくオスプレイの離発着訓練が繰り返され、住民の暮らしを脅かしています。
にもかかわらず、国は残る4カ所を何がなんでも今年中に完成させようと、大阪府警など県外の機動隊も動員して強引に工事を進めています。高江の住民たちは、計画が明らかになった当初から反対の意思を明らかにし、2007年7月からは、やむにやまれず座り込みを始めました。その一人、石原岳さんをお招きし、トークライブを開きます。高江でいま何が起きているのか。住民の思いとは――。率直に語っていただきます。
参加費:800円
問合せ先:文箭(ぶんや)25bun64bun@ezweb.ne.jp 09037131179 栗原 kuryuniraikun@gmail.com 09077680264
http://civilesociety.jugem.jp/?eid=34656



●10月28日(金) 関西電力本社前(JR「大阪駅」阪神・阪急「梅田駅」徒歩約15~20分 「北新地駅」徒歩10分「淀屋橋駅」徒歩約10分 「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:30頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:30 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●10月28日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●10月28日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●10月28日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&三宮駅までのパレード
●10月28日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に! 
だんだん薄暗くなってきました。ヒカリモノ有効です。 脱原発の願いを込めて 音楽・アート大歓迎 手作り看板・鳴り物持参で。 福島のこども達のための街頭カンパもやってます! なんちゃってマスゲームも? 再稼動許さないの声をもっと!
https://www.facebook.com/events/910150712419161/



このほか大阪茨木市、羽曳野市、寝屋川市、京都、兵庫、滋賀、奈良、三重、和歌山など各地の関電支店前やその他の場所で全国一斉金曜行動が行われています。
全国の金曜抗議行動をまとめたサイトはこちら。
 ↓ ↓ ↓ 
全国金曜抗議一覧  
http://demojhks.seesaa.net/article/296349527.html



●10月28日(金) 10:00~12:00 じばさんびる 6階 601会議室「姫路・西はりま地場産業センター」(JR姫路 http://www.jibasan.or.jp/conference/access.html
※専用駐車場はありません、近隣の有料駐車場をご利用ください。
もし原発事故がおこったら
原発銀座とよばれている若狭から100㎞にあたる姫路、80kmの神戸は、もし原発事故が起きたら2時間で放射能がやってきます。おそらく行政からの指導や情報はないでしょう。また、再稼働された伊方原発で何かあれば、逃げるところも食べるものもなくなってしまいます。どう備えておけばいいのか、守田さんに教わりましょう。
不安が吹き飛ぶ、優しく心強い講義内容になっています。ぜひお越しください!
【講師プロフィール】守田敏也(もりた・としや)さん
同志社大学社会的共通資本研究センター客員フェローなどを経て、現在フリーライターとして取材活動を続けながら、社会的共通資本に関する研究を進めている。3.11以降は原発事故問題に取り組み、各地で放射線防護の講演を行っている。
著書:「内部被曝」「原発からの命の守り方」他
定 員:70名
参加費:300円( 一般450円)
持ち物:筆記用具
応募締切:10月26日(水)
http://www.shizenha.ne.jp/hyogo/detail/5/index.html?articleId=19869



野党共闘
●10月28日(金) 18:30~中央区民センター(地下鉄堺筋本町駅3号出口徒歩5分 http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016605.html
関西市民連合 第1回シンポジウム
「新たな市民運動と野党共闘の可能性」

講師:中野 晃一氏(上智大学教授)
安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める関西市民連合は、来る10月28日(金)に、上智大学教授の中野晃一氏をお招きし、「新たな市民運動と野党共闘の可能性」と題して、第1回目のシンポジウムを行うこととなりました。
昨年夏、安保法制の廃案を求めて、全国各地で多くの新たな市民運動が立ち上がりました。様々な属性を持ち、多様な日常を送る市民達が担い手となったこれらの市民運動は、安保法制の強行採決以降も、この夏の参議院選挙での野党の共闘を求めて運動を続けてきました。その結果、32の全ての1人区で野党統一候補を実現させ、市民が選挙運動にも主体的に積極的に参画するなかで、11の1人区で野党統一候補が勝利するなど、一定の成果を収めました。一方で、関西においては、滋賀、奈良、和歌山の3つの1人区で野党統一候補が実現し、いずれの選挙区でも、共闘する野党4党(民進、共産、生活、社民)の比例票を上回る得票となりましたが、当選には至りませんでした。
一連の経過と参院選の結果に基づき、市民運動や野党共闘について、様々な評価や課題が語られています。年明けの解散総選挙の可能性も語られる中、関西においても、私たちが掲げる「安保法制の廃止」と「立憲主義の回復」及び「個人の尊厳を擁護する政治の実現」に向けて、日常のなかでどのような活動を続けていけばいいのか、模索が続いています。
そこで、この間、新たな市民運動と野党共闘の只中で過ごしてこられた中野晃一氏に、昨年夏以来の市民運動の新たな潮流とその果たしてきた役割、及び7月の参院選の結果を踏まえた、野党共闘の今後の展望と私たち市民の役割について、お話を頂きます。
多様な市民の政治参加が、昨年夏以来の政治状況に一定の影響力を及ぼしてきたことは間違いありません。この動きを止めず、より充実させ、私たち自身の手で未来を切り開くため、ぜひ一緒に考えましょう!大勢のご参加を、お待ちしております。
入場料:【一般】1,000円【学生】500円【高校生以下】無料
https://www.facebook.com/events/944738665651624/



戦争法
●10月28日(金) PM6時半~エルおおさか・南館1023号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
10・28自衛隊は南スーダンに行くな!
~「戦争法」違憲訴訟二次提訴緊急集会

戦争と混乱を糧に成長するアメリカに加担する安倍政権は、新たな火種を自衛隊を使って撒き散らそうとしている。安保関連法の成立による南スーダンへの自衛隊の強行派遣は、そこで何かが起こればそれは踏みとどまることとのできない軍事優先の時代を迎え、NO!と言えない時代の来訪を予測させる。
今、新たな任務として追加された「駆け付け警護」こそは「保護」の名の下にアジア諸国に日本軍を派遣した論理そのものであり、新たな戦前の始まりに他ならない。
訴訟における喫緊の問題である「自衛隊の派遣差し止め」請求について、泥憲和さんから問題提起を受け、考える。
お話し:泥憲和さん(元自衛官)
資料代:800円
主催:「戦争法」違憲訴訟の会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1028.pdf
http://www17.plala.or.jp/kyodo/annai1.html



済州島4.3事件
●10月28日(金) 18:25~19:55 同志社大学今出川校地至誠館1教室(「今出川」駅から徒歩1分 https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/imadegawa.html
2016年度同志社大学「日朝関係史講座」
「済州島4.3事件から見る『分断』」
伊地知紀子さん(大阪市立大学)
参加無料(どなたでも参加可)
主催:同志社KOREA文化研究会 doshisha_koribun@yahoo.co.jp
http://www.jkcf.or.jp/calendar/modules/piCal1/index.php?smode=Daily&event_id=0000025867&caldate=2016-10-14



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村




脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 10月23日(日)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-34.html




●10月23日(日) 14:00集合 14:30出発 円山公園ラジオ塔(京都市祇園四条八坂神社裏)
NO NUKES DEMO@KYOTO
市民運動再起動!脱原発から持続可能な社会作りへ
もんじゅは廃炉へ!川内原発今すぐ止めろ!高浜原発、伊方原発の再稼働を許さない!
デモコース:円山公園~四条河原町交差点~京都市役所
主催…eみらいの会下京
https://www.facebook.com/events/1778990958981204/



●10月23日(日) 13:30~芦屋市民センター203号(JR「芦屋」駅南に出て、西へ徒歩約7分 阪急「芦屋川」駅南に出て、南へ徒歩約7分 阪神「芦屋」駅北に出て、北へ徒歩約8分 http://www.city.ashiya.lg.jp/kouminkan/parking.html
原発なくそう芦屋連絡会第5回総会
お話:総会終了後
「原発労働者が語る福島廃炉作業の実態と地域住民の今」
連絡:070-5669-5875
http://www.k2.dion.ne.jp/~kenpouhg/osirase.html



満席のため締め切りとなりました
●10月23日(日) 14:00~16:30 京都市呉竹文化センター第2・3会議室(京阪本線・近鉄京都線「丹波橋駅」西口すぐ)
落合栄一郎さん講演会
「放射能の脅威―放射線は人類を滅す」

講演要旨
・第1部 放射線の健康への影響 放射線による健康障害がどんなものであったかを、原爆、原爆実験、原発事故などの事例を復習し、現在福島事故後に どんなことが起っているかを見てみる。
・第2部 どうして放射線は生命に悪影響 を及ぼすのか 放射線被曝という現象は、10Sv=10J/kgと いう小さなエネルギーで、人間が即 死させられることに代表される一見奇妙な 現象である。このエネルギー値は、 我々が1日に食べる2000キロカロリーの約 1万分の1である。だから、被曝していても人は気がつかない。なぜか。どのぐらい低い線量まで危険なのか。安全な被曝線量はあるのか。そもそも被曝線 量とはなにか。などなどの、放射線 被曝の健康への影響の基本的なことを考えてみる。
落合栄一郎さんのプロフィール:1936年東京生まれ。東大工学博士、東大 助教を経て、カナダ・ブリティッシ ュコロンビア大、米ペンシルベニア州のジュニアータ大などで化学の研究と教 育に従事。生物無機化学を専攻。退官後は、カナダへ。バンクーバーにて原爆 展を組織するなど反核・反原発の運動を進める。専攻分野の著書(英文)5冊、 原爆・原発関係の著書は「放射能と人体」 (講談社、2014年)など3冊(うち 英文1冊)。他に「病む現代文明を超えて 持続可能な文明へ」他に「病む現代 文明を超えて持続可能な文明へ」(本の泉 社、2013年)。
参加費:一般700円、会員・避難者・学生500円
申込み:必ずメールで申し込んでください。(定員35名・先着順)。
申込先アドレス:shimin_sokuteiアットyahoo.co.jp
主催:京都・市民放射能測定所
http://crmskyoto.exblog.jp/25974930/



●10月23日(日) 14:00~16:00 解放県民センターホール(JR膳所駅・京阪膳所駅北東へ約1km 近江バス・京阪バス 馬場一丁目バス停北東へ約250m http://www.shigajinken.or.jp/about_us.html)※集会後,関電滋賀支店経由でデモも行います。
「灰に埋もれる日本,そして原発~川内・伊方原発と超巨大噴火」
講師:古儀君男(こぎ きみお)さん
※1951年生まれ,京都府在住,元高校教師,大学で地質学・火山学を専攻し,古いカルデラを研究。ここ10数年,世界各地の地質の名所を訪ね歩き,学習会を行い,「地学」の普及に努める。基礎のイロハから熊本地震や川内・伊方原発の危険性まで,90分超集中の講義を実施。著書に『火山と原発~最悪のシナリオを考える』岩波ブックレット,2015『写真で見る京都自然気候』共著,ナカニシヤ出版,2010他2冊
主催:さいなら原発・びわこネットワーク
https://houteisien.wordpress.com/kyoto/



●10月23日(日) 午後4時~5時 JR高槻駅 西武デパート側
脱原発高槻アクション
アピール、ビラまき、ストリートオルガンの音楽に合わせて、楽しくアクション。
http://takatukigomi.sblo.jp/article/177113355.html



●10月23日(日) 13:30~15:30 旧大津公会堂3階ホール(京阪電鉄「浜大津駅」徒歩1分 http://www.kyu-otsukoukaidou.jp/access/
「子ども脱被ばく裁判」~放射能汚染から子どもたちの健康をどう守るのか~
講師:井戸謙一弁護士
参加無料
定員:100名 事前申し込みが必要です。
参加ご希望の方は、代表者名と参加人数、代表者連絡先を事務局までご連絡下さい。
会場に駐車場はありません、公共交通機関をご利用ください。
主催:滋賀県保険医協会 公害環境部
連絡:TEL:077-522-1152  FAX:077-525-3093



●10月23日(日) 13時半~西宮男女共同参画センター・ウエーブ413・414号室(阪急西宮北口駅南口約100m。「プレラにしのみや」4階 http://www.nishi.or.jp/contents/0002286400040009600582.html
~本当のことが知りたい~原発事故から5年 福島現地と避難者の今
避難者のお話は、東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・原発賠償関西訴訟原告団代表の森松明希子さん(福島→大阪)
参加費:無料
定員:30名
申し込み不要 直接会場へ起こしください。
お子さんと一緒にどうぞ。託児(1歳半~就学前まで)もあります。
主催:VIDAの会/いきいきフェスタ実行委員会/西宮市
問い合わせ 090−4905−3259
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1235.html



●10月23日(日) 9:30~茨木ローズワム(茨木市役所隣り)(阪急茨木市駅西へ約500メートル JR茨木駅東へ約800メートル http://www.city.ibaraki.osaka.jp/shisetsu/siyakusyo/wam_s.html )
原発と戦争 国策はどのようにすすめられたのか
  村人は満州に送られた~国策 71年目の真実~

NHKスペシャルDVD上映後、感想交流会
国策とは何か、私たちにできることは何かなど話し合います。
主催:放射能から子どもを守る会茨木 070-5668-2126



Xバンドレーダー
●10月23日(日) 13時30分~東山いきいき市民活動センター集会室(各駅・停留所より徒歩5分 京阪電鉄「三条」駅[3] [4] [5]号出口  地下鉄東西線「三条京阪」駅 [2] 番出入口  市バス「三条京阪前」下車(5,10,11,12,59系統)「東山三条 」下車(5,12,46,100,201,202系統 http://higashiyamacds.main.jp/access) ※集会終了後デモ
京丹後・沖縄・星州を結ぶ闘いを!
米軍Xバンドレーダー基地撤去!10・23京都集会

主催:米軍Xバンドレーダー基地反対・京都連絡会
連絡先:Tel/Fax? 075-467-4437 (大湾)    ??
http://no-xband-radar.jimdo.com/



自民党改憲草案
●10月23日(日) 14時~加古川市民会館(JR加古川駅徒歩約15分 バス約5分 http://www.kakogawa-shimin.jp/access/index_m.html
第11回平和と文化のつどい
文化行事:コンサート
記念講演:小林 節氏・慶応大学名誉教授
『自民党改憲草案の意味するもの』

入場料:前売¥1000
連絡:079ー492ー6129
主催:二市二町「9条の会」つどい実行委員会
http://www.k2.dion.ne.jp/~kenpouhg/osirase.html



IS、イラク、シリア
●10月23日(日)  14:30~17:00 M&Dホール(大阪府保険医協同組合会館5階)(近鉄・阪神大阪難波駅」「地下鉄四ツ橋・千日前線なんば駅」からのアクセス方法:①26-A出口を地上へ②西へ直進し、高速出口を越えて、湊町西交差点を右へ。③突き当りを左折し、夕張屋ビルの斜め向かい。「JR難波駅」からのアクセス方法:①30番出口を地上へ。②西へ直進し、高速出口を越えて、湊町西交差点を右へ。③突き当りを左折し、夕張屋ビルの斜め向かい。)
近畿反核医師懇談会 市民学習会
戦場取材からみたIS、イラク、シリアの現状
―核兵器廃絶の展望にもふれて―

講師:西谷 文和 氏(フリージャーナリスト)
特別報告「IS問題と核兵器廃絶の展望」
報告:冨田 宏治 氏(関西学院大学教授)
「報道ステーション」等でおなじみのジャーナリストの西谷文和さんに、IS(Isramic State)が台頭しているイラクやシリアの現地取材に基づく最新情報を、映像も交え講演いただきます。特別報告として、冨田宏治氏に核兵器廃絶の展望について報告いただきます。
プログラム(予定)
 14:30~16:00 西谷文和氏の講演
 16:10~16:30 冨田宏治氏の報告
 16:30~17:00 質疑応答
参加費無料 定員150人 どなたでもご参加できます。 
参加申込:shin-ok@doc-net.or.jpまで
西谷 文和(にしたに ふみかず)氏
吹田市役所勤務を経て、フリージャーナリスト。NGOイラクの子どもを救う会代表。紛争地の子どもたちの被害の取材と支援活動を10年以上続ける。第12回平和・協同ジャーナリスト基金賞受賞。報道番組などで海外事情をレポートしている。
冨田 宏治(とみだ こうじ)氏
関西学院大学法学部教授。政治学者。専攻は日本政治思想。原水爆禁止世界大会宣言起草委員長を務める。反核平和問題、大阪都構想問題はじめ日本の政治問題についての精力的に講演している。
http://www.event-search.info/events/8yxZJly2YrMXmN/
https://www.facebook.com/events/810693852399571/



戦争体験
●10月23日(日) 14時~浄るりシアター小ホール(能勢町役場となり 阪急電鉄「梅田」から「川西 能勢口」で能勢電鉄乗り換え、「山下」下車(約60分)「山下」から阪急バス「能勢町役場 前」下車(約30分))
第2回戦争の記憶 それでも君は銃をとるか
私の戦争体験と主張

お話:瀧本 邦慶 さん(94歳)
政権配慮?中学が体験証言中止。物言えぬ世が そこまできているのか!?
元海軍兵士 瀧本邦慶(94歳)さんが続けてきた『語り部』をやめようかと悩んでいる。
主催:戦争の記憶実効委員会 090-2044-6106
https://www.facebook.com/events/1700818176908481/



沖縄米軍基地問題
●10月23日(日) 14:00~16:00 京都教育文化センター101号室(京阪丸太町駅5番出口 京大病院の南側です http://www.kenn.co.jp/kaijo/kyo_bunk.htm
【第11回左京フォーラム】
『憤怒の島』沖縄よ「辺野古と高江:全島要塞化の沖縄から考える」

「辺野古ノー」の民意が揺るがない沖縄で今、日本政府と米軍は世界的に貴重な海と森の自然を壊そうとしている。
なお重い基地負担に対する沖縄の憤りを、日本本土の私たちが「見て見ぬ」ふりをすることはもう許されない。
講師:池尾靖志さん(立命館大学 講師)
(プロフィール)1968年愛知県生まれ。国際関係論・平和研究専攻。高江での座り込みに参加しながら、高江をフィールドに「地域・自治体の平和力」を研究中
著書『自治体の平和力』(岩波ブックレット、2012年)
共著『地域から平和をきずく』(晃洋書房、2010年)
編著『平和学をつくる』(晃洋書房、2014年)
参加費:無料(有志カンパあり)
主催:戦争をさせない左京1000人委員会
連絡先:市民環境研究所(075-711-4832、090-1968-8004〔石田〕)https://www.facebook.com/events/1746721798900184/



ヘイトスピーチ
●10月23日(日) 13:30~16:30 兵庫県私学会館206(定員90人)(JR・阪神元町駅東口徒歩2分 阪急三宮駅徒歩7分、花隈駅徒歩7分 地下鉄県庁前駅徒歩3分 http://www.hyogo-shigaku.or.jp/map.html
「活かそうヘイトスピーチ解消法 つくろう神戸市条例」集会
「ヘイトスピーチ解消法をどう活用するのか?」
 師岡康子さん(弁護士)
「大阪市条例をどう活用するのか?」
 文公輝(ムンゴンフィ)さん(多民族共生人権教育センター)
「京都での取り組み」
 郭辰雄(クァクチヌン)さん(コリアNGOセンター)
神戸での取り組み提案と討論
今年6月3日、ヘイトスピーチ解消法が施行されました。特定の民族や人種を差別し、地域社会からの排除をあおる「ヘイトスピーチ」の解消を目的とした法律です。理念法にとどまり罰則が盛り込まれなかったなどの不十分点がありますが、国が差別の存在を認め、その重大な害悪を許さない立場に立ったことは、人種差別反対の法律を整備していく出発点になります。
司法関係では、6月2日に横浜地裁は川崎市で在日コリアンが多く利用する施設周辺でのヘイトデモを禁ずる仮処分決定を出し、7月22日福岡地検はヘイトビラ貼りを「ヘイトスピーチ対策法の趣旨に照らし」起訴しました。解消法第4条で地方自治体は、「当該地域の実情に応じた施策を講ずるよう努めるものとする」と規定されました。法成立以前にヘイトスピーチ対処条例を制定した大阪市のみならず、名古屋市などが大阪市条例をモデルに条例を検討したり、川崎市のように人権施策推進協議会で「ヘイトスピーチ対策」を検討している自治体もあります。在日コリアンをはじめ外国人が多数居住する神戸市においても、ヘイトスピーチを許さない条例を制定することが求められているのではないでしょうか?
今集会では、解消法や大阪市条例をどう活用するのか講演を受け、神戸市での取り組みについても議論します。ぜひご参加ください。また、7月26日に神奈川県の津久井やまゆり園で起きた障がい者殺傷
事件は、今の日本社会がすでにナチスのようなヘイトクライム殺人が起きる社会になってしまったことを示しています。私たちの社会に潜む反人権思想を克服していく努力は、すべての人に求められているのではないでしょうか?すべての人に尊厳と人権を!ヘイトクライムをなくす取り組みをいっしょにつくりましょう。主 催:ヘイトクライムをなくそう!神戸連絡会 090-3652-8652
問合せ先 高橋秀典 090-3652-8652 mailto:saltshop@kobe.zaq.
https://globalethics.wordpress.com/2016/09/09/%e6%b4%bb%e3%81%8b%e3%81%9d%e3%81%86%e3%83%98%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%b9%e3%83%94%e3%83%bc%e3%83%81%e8%a7%a3%e6%b6%88%e6%b3%95%e3%80%80%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8d%e3%81%86%e7%a5%9e%e6%88%b8%e5%b8%82/



天皇の生前退位と労働問題
●10月23日(日) 午後1時~大阪市立旭区民センター(地下鉄谷町線千林大宮駅、京阪本線の森小路駅 http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016634.html
働く者のカフェ 
天皇の生前退位に対する働く者の立場を考える
~象徴天皇制の延命は労働者の課題か~

参加費:300円 
主催:働く者のカフェ
連絡先:08031348150 杉原 spfu46s9@shore.ocn.ne.jp
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1023-3.pdf
http://www17.plala.or.jp/kyodo/



難 民
●10月23日(日) 13:00~グランフロント大阪北館4Fナレッジシアター(JR「大阪駅」(アトリウム広場)より徒歩3分)
11回 UNHCR難民映画祭(2日目)
女を修理する男
13:00開始(上映時間113分)
カフェ・ヴァルトルフトへようこそ
16:00開始(上映時間79分)
ソニータ
19:00開始(上映時間91分)
申込み:https://www.japanforunhcr.org/form/event/
http://unhcr.refugeefilm.org/2016/venues/osaka/



哲学カフェ
●10月23日(日) 13:00~永楽亭(阪急神戸線塚口駅北改札を出て、すぐのDOCOMOショップを右に折れる。小さな踏切を渡り、ラーメン屋の前の道を左折。マンションの向こうにある路地を左折。10メートルほど先、右手にあります。尼崎市塚口本町1丁目4-29)
ええらくミーティング10月vol3~哲学カフェ~
阪急塚口駅北口すぐのところにかつてあり、3年前に火事で焼失した商店街。永楽商店街の焼け残った古民家をリノベーションして永楽亭は今年オープンしました。永楽亭は市民が共同利用する”学びの場”として、npo法人asuネットが管理運営しています。そこで、月2回のペースで「ええらくミーティング」という対話を基調とした定期的な催しを開催することにしました。どういう内容にするかはその都度変わります。
*第3回は、哲学カフェ。
日頃感じている素朴な疑問からテーマを選定し、そのテーマに沿ってフランクに語り合う集まりです。
*今回のテーマ*居場所
カフェ、図書館、公園。。。あなたの居場所はどこですか。人はなぜ自宅以外に居場所を必要とするのでしょうか。昔からある公民館に加えて近年盛んになってきたコミュニティスペースのあり方も視野に入れつつ、語り合ってみましょう。
参加費:500円
定 員:10名
https://www.facebook.com/events/859202247556419/



アフリカ
●10月23日(日) 15:00~18:00 カフェスロー大阪(阪急十三駅西改札 http://www.cafeslow-osaka.com/%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%83%AD%E3%83%BC%E5%A4%A7%E9%98%AA/#access
『すごいアフリカイベントin大阪』
アフリカは好きですか?わかっています。実は大好きだということを。あの熱気、大自然、いのちの輝き!!!想像しただけでも興奮しますよね。そんなアフリカのことを実はもっと知りたいと思っているあなたに吉報です!!!そうです!アフリカンエネルギー全開なメンバーが大阪にやってきてくれます!!!
ケニアでマゴソスクールという寺子屋を運営している早川千晶さんと、来年ケニアツアーを開催するあーすガイドらんぼう。そして、ドルゥマ族との暮らしの中で培ったアフリカ太鼓演奏者大西まさやさん。この3人の奇想天外なコラボレーションから、一体どんな明るい未来が始まってしまうのか?乞うご期待!!!
料金:一般3000円
3人割→3人以上で参加したら1人2000円
参加申し込み:参加ボタンをポチッと押してください。
お問い合わせ:090 8530 4929(寺本) sunflower.miki0122@gmail.com
定員:35人
◇キベラスラムとマゴソスクールについて◇
ケニアにキベラスラムという東アフリカ最大のスラム街があります。地方での生活が困難になった貧困者が、出稼ぎにきて住み着いた貧しい町です。人口100万人ともそれ以上とも言われるこのスラム街の住民は、約半数以上が子どもです。貧困者の命は短く、貧しさゆえに働き続け、病気になっても満足に医療を受ける機会もない低賃金労働者たちは病に倒れ、30代、40代で多くの人々が亡くなっていきます。そしてスラムに取り残される孤児が増え続けています。そんな孤児の子どもたちや、生きる場や家族を失った浮浪児、周辺の貧しい大人に売られていって労働させられていた子どもたちを救済する寺子屋「マゴソスクール」があります。ここは、スラム住民で自らも孤児であったリリアン・ワガラが孤児を20名引き取り、1999年にはじめた学校です。そこにケニア在住日本人の早川千晶が手をつなぎ、今では600名を超える大家族になっています。貧しさのどん底の、生と死のギリギリの境界線で、生きることを願い希望を失わずに生き抜いてきた子どもたちと、その仲間たちの物語。いまこのスラム街で起きていること。未来への想い。映像を交えて早川千晶が語ります。
★早川千晶(はやかわ・ちあき)
ケニア在住28年。キベラスラムのマゴソスクール主宰。世界放浪の旅の後ケニアに定住。ナイロビ最大級のスラム・キベラで、孤児・ストリートチルドレン・貧困児童のための駆け込み寺・マゴソスクール、海岸地方ミリティーニ村にジュンバ・ラ・ワトト(子どもの家)を運営している。スラム住民の生活向上、マサイ民族のコミュニティと共に行うエコツアー、大自然体験キャンプ、フェアトレード活動、CD制作などを手がけている。著書に、「アフリカ日和」(旅行人)。 1999年から日本全国各地でアフリカトーク&ライブのツアーを展開している。
マゴソスクールを支える会 http://magoso.jp/
★大西匡哉 (おおにし・まさや)
ケニア伝統太鼓「ンゴマ」奏者。映像作家。 9年間に渡るケニア音楽修行を終え2013年帰国。ストリートミュージシャン、ジャムロックバンド「らぞく」、打楽器グループ「楽」「ブルケンゲ」で活躍、その後、2004年からケニアのミジケンダ・グループに属するドゥルマ民族の村で伝統文化継承者スワレ・マテラ・マサイ氏に師事し、センゲーニャと呼ばれる伝統音楽の修行を続け、20人目の息子となった。
2004年、アフリカの伝統音楽家とそのコミュニティをサポートするためのプロジェクトJIWEを設立。知られざる伝統音楽の発掘、CD制作、音楽を通じての村おこしに取り組んでいる。CD「センゲーニャ~東アフリカの伝統音楽 ドゥルマ・ディゴ・ラバイ」,「TWENDE NYUMBANI~キベラスラムの歌声 Vol.1」,「MILELE~キベラスラムの歌声 Vol.2」,「Tupendane~アイシアオウ!」,「MASAI~東アフリカの伝統音楽 マサイ」をリリース。 早川千晶とマゴソスクールの子どもたちと共に「マゴソTV!」、ドキュメンタリー「マサイのいま~伝統と変化のはざまで」を制作中。
★らん ぼう
あーすガイド代表。徳島県神山在住。国内外問わずに魂が震えるようなディープなところを旅をするのが大好き。10日以上同じ場所にいるとうずうずしてくるおちゃめな34歳。心に響いた人や場所を紹介するのがお仕事。いのちが喜ぶことをカタチにしたり、平和と自然を大切にする仲間を増やすことが日課。ネイティヴアメリカンに伝わる物語『虹の戦士』が大好きで『虹の戦士』のような人が増えれば世の中はもっと良くなると思っている。密かに世界平和を願っている。
『あーすガイド公式Facebookページ』
https://www.facebook.com/earthguidedayo/
『あーすガイド公式メルマガ 』(無料)
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UsvIRnMka
https://www.facebook.com/events/512533475620725/



■10月23日(日) 午後9時00分~9時49分 NHK総合
経済シリーズ マネー・ワールド 資本主義の未来 第3集
富は分かち合えるのか~巨大格差の果てに~ (仮)

第3集は、変容する富の分配と巨大格差。資本主義は、人類が史上経験したことのない「巨大格差」を生み出した。その象徴が、世界におよそ150人いるという年収2400万ドル以上の「プルトクラート」と呼ばれる超富裕層だ。巨大な富と力を得たプルトクラートは今年注目のアメリカ大統領選挙を背後で支え、影で世界の趨勢を握っている、とも言われる。一方で、利益の追求を放棄するニューウェーブが世界各地で起き始めている。自らの年収を10分の1にすると宣言するCEO、給与体系を変更し全従業員の賃金を同額にする企業、利益を分かち合う自治体―。過剰な富の追求は「幸福」に繋がらないという経済学が注目を集め始めているのだ。世界の富の分配は、今後どう変容していくのか検証する。
http://www6.nhk.or.jp/special/program/index.html



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

(10/21更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 10月22日(土)

★10/21追加情報
●10月22日(土) 14:00~新長田勤労市民センター大会議室(JR新長田)
小森陽一さんと大学習会『危ない!安倍壊憲の戦争への道』



【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報



『蒼のシンフォニー』 (2016年/日本/95分 監督:朴英二)
-日本で生まれ育った朝鮮学校生徒たちの物語-
異国の空と祖国の空─、その瞳たちに映る蒼い希望。
訪朝14回、訪韓10回。南北を自由に往来する在日監督によるドキュメンタリー。
朝鮮学校生徒たちのありのままの姿と、朝鮮の人々の素顔を、朴英二の“眼”(カメラ)だからこそ撮りえる映像で描き出す。
日本には数多くの朝鮮学校が存在する。日本で生まれ育った在日コリアンのこどもたちが、民族の言葉や歴史、文化などを学んでいる。生徒たちは高校3年生になると、“祖国”である朝鮮民主主義人民共和国を訪問する。日本のメディアでは目にすることの出来ない「北朝鮮」の姿を、自身の心と体で感じ取る。
祖国は未だ分断されたまま
軍事境界線で、70年にもわたる南北分断の悲劇を目の当たりにする生徒たち。あちら側では外国人観光客がもの珍しそうに、こちら側にカメラを向けている。“北”から“南”を眺める「朝鮮」籍の彼女は、“故郷”である韓国の地に足を踏み入れることは許されない。
在日朝鮮人として生きる選択
街を歩く生徒たちを見て、朝鮮人だと気付く人は誰もいない。見た目も話す言葉も日本人と全く変わらない。朝鮮人であるためにヘイトスピーチの脅威にさらされ、朝鮮学校に通うことで、高校無償化からの除外という差別にさらされている。人々の「善意」が口々に言う。「どうして日本人にならないの?」
生徒たちが奏でる交響(シンフォニー)
国や社会から存在を否定され続けてきた生徒たち。そんな逆境の中でも、堂々と前を向き、しっかりと夢を語る。明るく笑い、歌う。“蒼”は青春の、けれども、くすみがかったこの空の色。だけど一人一人が、きっと大きく一つにつなげていくであろう、輝く蒼天の色。響きわたる、愛と希望のシンフォニー。
●10/22~10/28【一週間限定上映】 10:00(~11:45終) 第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
10/15~10/21 18:25(~19:55終)
http://www.nanagei.com/movie/data/1058.html



『高江-森が泣いている』 (2016年/日本/60分予定 監督:藤本幸久、影山あさ子)
【9月10日完成予定!緊急上映を開始します!】
森の映画社・沖縄撮影スタッフは、2014年7月1日の辺野古新基地建設着工から、現場に張り付き、辺野古を中心に沖縄を撮り続けている。映画「圧殺の海」(2015年)、圧殺の海 第2章「辺野古」(2016年)をまとめた後、元海兵隊員によるレイプ殺人事件が起きた。事件に抗議して6月に開かれた沖縄県民大会、7月の参議院選挙と撮影を続けていた時、「高江に機動隊がやってくる」との知らせが入った。高江での撮影に入った。
辺野古と高江と普天間は、ひと続きのものだ。普天間基地に配備されたオスプレイは、高江で訓練する。新基地が出来れば、辺野古から飛び立ち、高江で訓練をする。すべては、次の戦争のための準備だ。
7月10日の参議院選挙の翌朝、数百名の機動隊に守られて、工事用資材の搬入が始まった。7月22日早朝から、警察・機動隊が県道を10時間にわたり封鎖。機動隊の壁を作り、市民と車両を力ずくで排除、抗議行動の拠点となっていたテントを破壊した。
沖縄県警、東京の警視庁、千葉県警、神奈川県警、愛知県警、大阪府警、福岡県警……全国から動員された500名の機動隊による激しい暴力。この日、3人が救急搬送された。
高江は今、戒厳令状態だ。留まり続ける数百名の機動隊による排除が繰り返され、県道を封鎖し、毎日、トラック10台分の砂利が運び込まれている。工事を少しでも遅らせようと、市民の阻止行動も続いている。
7月10日から1ヶ月、私たち森の映画社の撮影スタッフは、高江で起きていることに付き合い、撮影を続けてきた。今、高江で起きていることを全国の人たちに伝えなければならないと、急遽1本の記録映画にまとめることにした。
今、高江で起きていることは、これから日本全国で起きることの序章なのかもしれない。500名の機動隊導入も、「緊急事態条項」を先取りするかのようだ。9月16日には、国が翁長知事を訴え た辺野古埋立承認取消違法確認訴訟の判決が出る。国が勝訴すれば、辺野古の工事も、また始まるだろう。力ずくで沖縄の民意を圧殺しようとしている安倍政権、抵抗を続ける県民たち。
高江を今、ぜひ映画で見て欲しい。
●9/20(火)~ シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
■上映スケジュール
10/15(土)・16(日) 休映
10/17(月) 14:45(~15:54終)
10/18(火) 18:50(~19:59終)
10/19(水)・20(木) 14:45(~15:54終)
10/21(金) 休映
10/22(土)・23(日) 18:50(~19:59終)
10/24(月)~26(水) 10:30(~11:39終)
10/27(木) 15:30(~16:39終)
10/28(金) 休映
http://www.theater-seven.com/2016/movie_takae.html



●10月22日(土) 1:30~大阪国労会館大議室(JR天満駅2分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/
森英樹さん講演会「憲法と原発」
参加費 500円(会員は無料)
http://www.geocities.jp/neryoshii/



●10月22日(土) 15:00~17:30 立命館大 衣笠キャンパス(http://www.ritsumei.ac.jp/accessmap/kinugasa/
原発ゼロ・『京都アピール』講演会
①若狭湾の原発群と地震~2016年熊本地震の経験を踏まえて…竹本修三さん(京都大学名誉教授, 京都脱原発訴訟原告団長)
②大飯原発差止訴訟の意義…渡辺輝人さん(弁護士, 京都脱原発弁護団事務局長)
③福島原発事故から6年…安斎育郎さん(立命館大学名誉教授)
https://houteisien.wordpress.com/kyoto/



●10月22日(土) 13:30~守山コミュニティーホール(セルバ守山の3階)(守山駅西口徒歩約1分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-5IndVG9ziK-/map/)
避難者の住宅支援を継続せよ
原発事故避難者の住宅支援継続を求める滋賀の会 結成の集い

◇13:30~ シンポジウム
報告者:福島敦子さん(避難者) 井戸謙一弁護士
コーディネーター:井戸謙一弁護士
パネリスト4人の避難者
◇15:40~ 請願に向けた提案と討論
原発事故避難者の住宅支援継続を求める滋賀の会結成のつどいへ
あの福島原発事故から、すでに5年7ヶ月。核燃料の在処すらわかりません。汚染水は増える一方です。地域全体の除汚も、廃炉の見通しも立ちません。安心して住める地域に戻るのか。でも、政府は来年3月で「避難者への住宅支援」を打ち切るつもりです。避難者は「避難する権利」も「留まる権利」も「帰還する権利」もないのです。この酷い仕打ち、福井で事故が起これば、「明日は我が身」です。
私たちは、22日(土)、「原発事故避難者の住宅支援継続を求める滋賀の会」を結成し、県と19全ての自治体に請願を行います。こぞってご参加を。
連絡先:杉原(電話・FAX 0749-28-2745 メールs19500213@nike.eonet .ne.jp)
http://nonukesiga.exblog.jp/23560388/



再生可能エネルギー
●10月22日(土) 午後2時~午後4時 おおきなかぶの家(阪急西向日駅西口北側タバコ屋さん隣)※午後12時30分~映画上映
e未来の会10月例会 自然エネルギー社会をめざして
分散型エネルギー社会推進4法案と エネルギー協同組合法について

市民によるエネルギーの自治管理を広める、「エネルギー協同組合法」の具体的中身と法成立に向けた進捗状況を学びます。
講師:栂坂英樹さん(民進党政務調査会部長代理)
・12時30分~映画「シェーナウの想い」上映会
・午後2時~エネルギー協同組合法について 
講師:栂坂秀樹さん(民進党政務調査会部長代理)
参加費:500円
https://www.facebook.com/siratsuka/posts/1579755918995675



再生可能エネルギー
●10月22日(土) 14時~宝塚男女共同参画センター(阪急宝塚駅下車すぐソリオ2 4階)
宝塚再生カレッジ 第2回 世界に目を向けよう!再生可能エネルギーの各国事情 
http://hanshin204.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/171021-b3e3.html



TPP
●10月22日(土) 13:30~15:30 阿倍野市民学習センタ-講堂(あべのベルタ3階)(阿倍野(阪堺線)駅①から徒歩約2分 阿倍野(大阪市営)駅⑦徒歩約2分 天王寺駅前駅②徒歩約6分 http://osakademanabu.com/abeno/access
このまま批准していいの?TPP
講師:山田正彦さん(弁護士、元農林水産大臣、「TPP交渉差止・違憲訴訟の 会」幹事長、TPP阻止国民会議副代表世話人)
安倍政権は、臨時国会で、「環太平洋経済連携協定」(TPP)の批准を強行しようしています。先の通常国会では、政府は、関連する守秘義務があり全ては答えられないとして、徹底した情報開示拒否姿勢に終始しました。この結果、審議はまったく深まらないまま度々中断し、法案成立と協定批准を断念せざるを得ない状況となりました。
TPP協定は、そもそも自民党が2012年の総選挙で掲げた公約にも、自らが主導して行った「情報開示と国民的な議論」を求めた国会決議にも反するものです。参加各国の承認手続きが不透明さを増すなか、批准を急ぐ理由はなく、交渉経過を含めて情報をしっかり開示して、文字通り国会を含めた国民的議論に付すべきです。TPPは内容の上でも、民主主義的な手続きの上でも疑問があります。
8月20日には、「TPPを批准させない!全国共同行動8.20キックオフ集会」が東京で開かれ、今臨時国会で批准することは到底容認できないと「TPPを批准しないことを求めるアピール」を採択しました。今こそ、集会アピールの賛同を呼びかけ、国会審議で問題点を明らかにし、疑問点をただし、「よく分からないまま批准するのはおかしい」との大きな世論と運動を広げていきましょう。
※学習会後、16:00~17:00 天王寺にて街頭宣伝行動を実施します。一緒に声を上げましょう!ぜひご予定ください!
資料代:500円 
主催:ほんまにええの?TPP大阪ネットワーク
共催:食料を守り、日本農業再建をすすめる大阪府民会議
問合せ・申込:o-shoudanren@mb8.seikyou.ne.jp fax.06-6941-5699(大阪消団連)
資料代:500円 
https://www.facebook.com/events/1262521973800260/



TPP
●10月22日(土) 午後6時半~ひとまち交流館 京都第5会議室 (京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html)
グローバル・ジャスティス研究会・緊急企画
【TPP - どうなる、私たちの食べ物、医療、公共サービス】

報告:「TPPの問題点と批准をめぐる動き」
本田克巳さん(全日農京都府総連合会副会長)
完全な秘密交渉で進められてきたTPP。合意された協定の内容がやっと公表されましたが、交渉経過は秘密のまま。6500ページもの条文の隅々まで仕込まれたアブナイ条項・・・外国企業の儲けを妨げる食品安全基準や産地表示義務はダメ、地元の雇用を確保するための公共事業・サービスはダメ、医薬品を安く供給してはダメ、しかも外国企業は政府を訴え、多額の賠償金を請求できる(ISDS条項)。秘密にしてきた理由、そして批准を急いでいる理由がよくわかります。知られたらまずいということがわかっているからです。
まだ批准もされていないのに、すでにTPPの内容を先取りした国内制度の改変や法改定が進められようとしています。メディアの翼賛報道も目立っています。異常なことばかりです。農業切り捨てに反対し、TPPに反対してきた人たちは、これは農家だけの問題ではないと警告しています。
資料代500円(割引希望の方は受付でお申し出ください)
https://www.facebook.com/events/118625671936846/



NEW
改憲
●10月22日(土) 14:00~新長田勤労市民センター大会議室(JR新長田駅南西5分、東急プラザビル3階  http://www.mapion.co.jp/m2/34.65648126,135.14462034,16/poi=0786432431-002
小森陽一さんと大学習会
講演:小森 陽一さん(九条の会事務局長)

『危ない!安倍壊憲の戦争への道』
主催:九条の会長田区連絡会 九条の会須磨区連絡会
参加費:\700
連絡:horinouchi@m01.fitcall.net
http://www.k2.dion.ne.jp/~kenpouhg/osirase.html



改憲
●10月22日(土) 14:00~17:00 神戸学生青年センター(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/
高作先生と学ぶ会 第5回
安倍政権と改憲論の問題性

―辺野古・高江・普天間をつなぐ立憲主義の回路―
講師:関西大学法学部教授 高作正博さん
参加費:一般1,000円 若もの500円
共催:神戸学生青年センター・「高作先生と学ぶ会」共催
http://ksyc.jp/seminar/takasaku201610-201701/



改憲・報道統制
●10月22日(土) 18:15~21:15 ひと・まち交流館京都・第4会議室(京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html)
「悪法改悪・報道統制と闘う」講演集会
講演1「自民党改憲草案批判」(仮)

 小笠原伸児さん(弁護士)
講演2「改憲を阻止し、表現の自由を守ろう」(仮)
 小山田春樹さん(元日本テレビアナウンサー)
参加費:500円
主催:ZENKO京都
http://sugi.pupu.jp/



自民党改憲草案
●10月22日(土) 14:00~17:00 東本願寺しんらん交流館会議室(地下鉄五条駅8番出口より徒歩3分 http://jodo-shinshu.info/access/
24条から考える自民党改憲草案
1. メイン報告 吉田容子弁護士
2. 保育・介護の現場から24条を考える
3. フリーディスカッション
4. まとめとコメント 岡野八代(同志社大学)
資料代:200円
主催:戦争アカン!京都おんなのレッドアクション https://article24campaign.wordpress.com/
https://wan.or.jp/calendar/detail/4228



辺野古新基地問題
●10月22日(土) 15時30分~(毎週土曜日)JR大阪駅南バスターミナル
「辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動」
辺野古の海が埋め立てられないように活動しています。
お時間の許す範囲で、少しでも皆様のご参加お待ちしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/henoko_osaka



辺野古新基地問題
●10月22日(土)  13:00~14:00 神戸マルイ前
HENOKO NO! 沖縄に基地はいらない 
   辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動

沖縄県民に対する不正を止めるために、共に声を上げて下さい。
ツイター・FaceBookで情報発信中{辺野古・神戸}で検索して下さい。
土曜の午後はいつもの時間、いつもの場所で、はじめての方、ちょっとだけ参加、見学、大歓迎。
https://twitter.com/kobekodo/



辺野古新基地問題
●10月22日(土)  毎週土曜日17:00~18:30ごろ 京都市 三条河原町交差点(三条河原町商店街のアーケード前スペース)
沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、
     普天間基地の撤去を求める京都行動

アピール、チラシ配り、新基地建設に反対する署名集めなどなど
http://kyoto-action.jugem.jp/?pid=1
https://twitter.com/ALALALED/status/551165696185344000



ヘイトスピーチ
●10月22日(土) 14:00~16:00 クロスパル高槻7F第6会議室 
未来のための歴史パネル展・高槻 講演会
ヘイトスピーチを生み出す歴史観

講師:岡本 朝也氏(未来のための歴史パネル展制作実行委員会代表) 
資料代:500円
主催:人権平和高槻市民交流会 アスネット
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1022.pdf
http://www17.plala.or.jp/kyodo/annai1.html



難 民
●10月22日(土) 13:00~朝日生命ホール(淀屋橋駅」12番出口 http://www.sunskyroom.jp/asahi/traffic.htm
11回 UNHCR難民映画祭(1日目)
イラク チグリスに浮かぶ平和 13:00開始(上映時間108分)
ディーパンの闘い 16:00開始(上映時間115分)
シリア、愛の物語 19:00開始(上映時間80分)
・10月23日(日) グランフロント大阪北館4Fナレッジシアター(JR「大阪駅」徒歩3分)
女を修理する男 13:00開始(上映時間113分)
カフェ・ヴァルトルフトへようこそ 16:00開始(上映時間79分)
ソニータ 19:00開始(上映時間91分)
申込み:https://www.japanforunhcr.org/form/event/
http://unhcr.refugeefilm.org/2016/



空 襲
●10月22日(土) 岸和田市立福祉総合センター(岸和田駅 http://www.syakyo.or.jp/asset/00032/tanaka/mapnew.pdf
「生きさせろ!」Vol.5 連続公開討論会
昭和の戦争歴史倶楽部講師 戦後71年
~岸和田空襲と岸和田出身の兵士たち~

横山篤夫
https://www.facebook.com/events/1671087406540616/



●10月22日(土) 14:00~16:00 新大阪丸ビル 新館405号室(新大阪駅すぐ http://marubiru-honkan-shinkan.com/access.php
RK大阪定期講演会
会場費:独立党員500円 一般2,000円
http://marubiru-honkan-shinkan.com/
https://richardkoshimizu.wordpress.com/2016/09/25/%ef%bc%91%ef%bc%90%ef%bd%9e12%e6%9c%88%ef%bd%92%ef%bd%8b%e8%ac%9b%e6%bc%94%e6%97%a5%e7%a8%8b/



■10月22日(土) 午後9時00分~9時49分 NHK総合
経済  シリーズ マネー・ワールド 資本主義の未来 第2集
経済の“支配者”は誰か ~国家 VS 市場経済・ルールをめぐる闘い~ (仮)

第2集は、成長のルールをめぐる国家と市場経済の攻防を追う。これまで市場経済を統御してきた国家が力を失い、資本主義をコントロールできなくなっている。ある南米国家は欧米の巨大企業の進出で成長を狙ったが逆に税収や失業率が悪化し国家破綻の危機にさらされている。経済が低迷する南太平洋の島国では、経済規制をゼロにすることで投資を呼び込む、「国内国家」の検討を始めている。背景にあるのは“国家のルールは少ない方が競争を促し成長できる”と考える「新自由主義」の広がりがある。今や北欧の福祉国家さえも社会保障の財源のため新自由主義の導入を検討し始めた。
そして法律や規制はいっさい要らないと国家不要論を主張するグループまで現れ、世界の国々と自治区設立を目指し、交渉を始めている。経済が行き詰まるなか、国のルールや規制を大きく変えてまで成長を求める資本主義は私たちに何をもたらすのかを考える。
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20161022



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

(10/20更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 10月17日(月)~21日(金)

★10/20追加情報
●10月21日(金) 19:30~21:00 メディアスタジオSANA(地下鉄玉造駅)
「緊急事態条項とは?」
★10/19追加情報
●10月19日(水) 17:40~京都市左京区の百万遍交差点南東の京大博物館前出発
10・19 戦争法廃止!左京みんなのデモ
●10月19日(水) 17:00~18:30 大阪府警本部前(地下鉄谷町4丁目)
高江弾圧糾弾!大阪府警機動隊は沖縄から撤収せよ!抗議行動
★10/18追加情報
●いろいろ追加してます。NEWをチェック!
★10/17追加情報 
●10月19日(水) 17:30~18:30 自民党大阪府連前(地下鉄「北浜」)
自民党大阪府連前抗議行動
●10月20日(木) 18時半~20時半 豊中人権まちづくりセンター(阪急宝塚線岡町駅)
狭山事件|万年筆は被害者のものではない 今こそ再審を!
●10/21(金)までのイベント情報を掲載しました。



【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-30.html




共謀罪
●10月17日(月) PM6時半~エルおおさか709号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
10・17共謀罪の国会上程を許すな!大阪緊急集会
~「テロ等準備罪」も共謀罪だ!

お話し:永嶋靖久(弁護士)
テロ等準備罪も共謀罪だ!
朝日新聞は8月26日付朝刊の一面トップで「共謀罪 要件変え新設案 『テロ等準備罪』国会に提出検討」と報じ、翌27日には全マスコミが一斉に同様の記事を報じた。
菅官房長官は26日昼の記者会見で「懸念が根強いことも踏まえて法案の国会への提出は慎重に検討する」考えを示したが、法務省はすでに法案をまとめており、9月招集の臨時国会への提出が狙われている。
共謀罪法案(組織的犯罪処罰法改正案)は2003年初めて国会に提出され、以後、2009年までの間に、計3度提出されすべて廃案になった。
要件が変わったというテロ等準備罪(新法案)はどこが共謀罪と変わったのか。
法務省は、新法案を組織犯罪準備罪と呼び、その要件を
①対象となる犯罪は,限定されている
(1)「組織的犯罪集団である団体」の活動として行われる犯罪であること
(2)犯罪の実行のための「組織」により行われる犯罪についての計画であること
(3)重大な犯罪(懲役・禁固4年以上の刑を科すことができる犯罪)であること
②計画は,具体的・現実的な計画でなければならない
③計画に加えて、計画した犯罪の準備行為が行われることが必要
今回新たに
・「団体」を組織的犯罪集団に限定し
・③の要件を付加」と説明している。
しかし、法務省の説明にしたがっても、「組織的犯罪集団である団体」が限定されず、「犯罪の準備行為が行われること」が新たな要件でもないなら、旧法案と同じである。
 法務省のいう「重大な犯罪(懲役・禁固4年以上の刑を科すことができる犯罪)」も旧法案と変わらない。700近くに及ぶ行為に共謀罪が成立すると言われており、公衆便所の落書きや万引きも対象となる。
法務省がいう、新たな限定や要件は、何の限定にもなっていないし、新たな要件としての意味もない。「共謀」と表現されていたものが、新法案では「計画」と表現されているだけで、旧法案も新法案も法律的にはその内容に変わりはない。テロ等準備罪といい、あるいは組織犯罪準備罪といっても名前を変えただけの共謀罪だ。
それだけではない。今では、かつて旧法案が廃案になった当時にはなかった、大改悪された盗聴法や司法取引制度がある。これらに加えて共謀罪が成立すれば、冗談も言えない社会、人が人を信用できなくなる社会が現実のものになりかねない。また、今では、与党は改憲発議可能の議席を手にして、この秋から改憲に向けて動き出そうとしている。共謀罪が成立すれば、改憲反対運動の弾圧に猛威をふるうだろう。
共謀罪新法案を国会に提出させてはならない!
資料代:500円
主催:共謀罪に反対する市民連絡会・関西



戦争法 辺野古新基地建設
●10月17日(月) 19:00~20:00 京橋駅 JRと京阪の間
戦争法廃止・辺野古新基地建設中止・改憲反対 ビラまき・アピール
呼びかけ:リブ・イン・ピース☆9+25
http://www.liveinpeace925.com/schedule/schedule.htm



●10月18日(火) 18:30~20:00 しんらん交流館大谷ホール(地下鉄五条駅8番出口より徒歩3分 http://jodo-shinshu.info/access/
講演会『被ばく時代を生きる』(しんらん交流館公開講演会)
講師:鎌仲ひとみさん
聴講料 500円(ソフトドリンク1杯無料券付)
http://www.higashihonganji.or.jp/worship/kohryu-kan/event.html



朝鮮学校無償化
●10月18日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



NEW
戦争法 辺野古新基地 
●10月19日(水) 17:30~18:30 自民党大阪府連前(地下鉄堺筋線「北浜」駅5番出口南へ平野町1交差点南線分イレブンの前)
自民党大阪府連前抗議行動
「南スーダンから自衛隊は撤退!沖縄から機動隊は戻ってこい!」
憲法改悪反対・沖縄新基地建設中止!命と平和を守ろう!
戦争法廃止19行動に合わせて、自民党大阪府連前での抗議行動をおこないます。どなたでもご参加ください。
呼びかけ:ZENKO(平和と民主主義をめざす全国交歓会)
問い合わせ:090-8162-3004(川島)
http://www.zenko-peace.com/archives/4752



TPP
●10月19日(水)  18:30~21:00 神戸市勤労会館308号室(定員120名)(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html) 
TPPを考える学習討論会
講演「TPP批准はいのちとくらしを脅かす」 
講師:武田かおりさん(AMネット事務局長)と質疑
討論 市民デモHYOGOの今後の取り組みについて
私たちのいのちとくらしを根底から脅かす条約が、内容も知らされないまま国会で強引に批准されようとしています。それがTPP(環太平洋パートナーシップ協定)です。TPPは一言でいえば、「大企業と富裕層が、さらなる富を得るための国際ルール」です。自由貿易協定と誤解されやすいですが、貿易の協定は6分の1で、残りは各国の法律や規制を大企業や富裕層に都合のいいように変える内容です。
政府与党は11月上旬までに衆議院で批准すると言っていますが、協定の内容や問題点が市民にほとんど知らされていません。今国会が山場です。早急に取り組むましょう。市民デモHYOGOは、AMネット(グローバル化の影の部分に目を向け、持続可能な社会を目指し 政策提言などを行っている大阪の市民団体)の武田かおりさんを
講師に学習会を行い、国会情勢に対応していきます。ぜひ学習討論会に参加してください。
問合せ先:高橋秀典 090-3652-8652 saltshop@kobe.zaq.jp
参加費:800円(学生・避難者400円)
http://civilesociety.jugem.jp/?eid=34626



生物多様性
●10月19日(水) 19:00~21:30モモの家(阪急吹田駅から歩いて5分 JR吹田駅から歩いて12分 http://www.momo-family.org/?page_id=9
いきものカフェ:なぜ私たちの声は届かないのか~みんなでつくる戦略図~
東京・高尾から坂田昌子さんをお迎えして、「せいぶつたようせい」の最新情報のシェアの他、今回は企業や海外の環境NGOが実際に使っている戦略の立て方を伝授してもらいましょう。いろんな分野で役に立つと思います! お楽しみに~
ゲスト:坂田昌子(「国連生物多様性の10年市民ネットワーク」代表)
参加費:1000円(カフェ1品オーダーください)
申込先:officeアットmomo-family.org (アットを@に変えてください) 当イベントページの参加表明では参加になりません。メールでの申込をお願いします。
https://www.facebook.com/events/1589452031356127/



韓国系移民
●10月19日(水) 15:00~17:30 関西大学千里山キャンパス児島惟謙館1階第1会議室(http://www.kansai-u.ac.jp/global/guide/access.html
関西大学法学研究所第130回特別研究会
「民族上の故国への帰還にともなう韓国系移民のアイデンティティ」

チャンズー・ソン氏(オークランド大学文学部上級講師・同大学韓国研究所所長)
司 会:角田猛之(法学部教授)
通 訳:金玲(法学部准教授)
参加無料 聴講自由・申込不要
問合せ:関西大学学長室研究所事務グループ hogakuken★ml.kandai.jp
http://www.kansai-u.ac.jp/ILS/news/2016/09/13028715.html
http://www.kansai-u.ac.jp/ILS/%E7%AC%AC130%E5%9B%9E%E7%89%B9%E5%88%A5%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%BC%9A%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC.pdf



東アジア
●10月19日(水) 19:00~21:00 アジア図書館(阪急淡路駅より徒歩約3分 http://www.asian-library-osaka.org/access/)
連続講座「東アジアを考える」
「大阪生活、9年目、国際交流活動をとおして見える日本」
お話:シチ ゴック トゥエットさん(ベトナム)
資料費:1000円
共 催:大阪自由大学 080-1417-4186(阿部さん)アジア図書館 http://www.asian-library-osaka.org/
http://www.freeml.com/kdml/10178/latest



ベトナム反戦闘争
●10月19日(水)~24日(月) 10:00~18:00 休館日:なし 京都精華大学ギャラリーフロール(叡山電鉄「京都精華大」前すぐ)
10・8 山﨑博昭追悼「ベトナム反戦闘争とその時代」展 
映画『怒りをうたえ』『砂川の熱い日々』『現認報告書 羽田闘争の記録』上映ほか
入場無料
主催:『10・8山﨑博昭プロジェクト』事務局
共催:京都精華大学
◆関連イベント
岡本清一記念講座「近代日本と自由 ―科学と戦争をめぐって―」
日時:2016年10月21日(金)18:30~20:30
会場:京都精華大学 明窓館2階 M-201
※駐車場はございません。公共の交通機関をご利用ください
※地下鉄「国際会館」から大学まではスクールバスを運行しています
http://www.kyoto-seika.ac.jp/info/event/lecture/2016/10/21/37210/
http://hanshin204.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/171021-b3e3.html



NEW
戦争法
●10月19日(水) 17:40~京都市左京区の百万遍交差点南東の京大博物館前出発 市役所前集会に
10・19 戦争法廃止!左京みんなのデモ
京大博物館前に集合し、京都市役所前までデモ行進し、10/19市役所前集会に合流します。
呼びかけ:戦争法廃止を求める左京の会、戦争をさせない左京1000人委員会、自由と平和のための京大有志の会、安保関連法に反対するママの会@左京、No Base!沖縄とつながる左京の会
https://www.facebook.com/events/1710190545971828/



NEW
沖縄高江
●10月19日(水) 17:00~18:30 大阪府警本部前(地下鉄谷町4丁目 馬場町交差点 http://www.police.pref.osaka.jp/15topics/fukei_map_1.html
高江弾圧糾弾!大阪府警機動隊は沖縄から撤収せよ!抗議行動
10月19日大阪府警本部前で、高江弾圧糾弾!大阪府警機動隊は沖縄から撤収せよ!抗議行動をします。
1人でもスタンディングアピールします。
http://ameblo.jp/ueno1368/entry-12211044081.html



NEW
●10月19日(水) 10時半~12時 京都・市民放射能測定所(京阪本線・近鉄「丹波橋駅」東口徒歩1分 http://nukecheck.namaste.jp/image/map.png
スギナふりかけ実演&おしゃべりカフェ
参加費:300円 差し入れ歓迎します〜。
準備の都合もあります。参加の申し込みをお願いします。
egaotunagarou@gmail.com 高木



NEW
ピケティ
●10月19日(水) 18時30分~国労会館(JR天満・地下鉄扇町 http://www.ekiten.jp/shop_5674971/map/
現代帝国主義論研究会第171回学習会(第24テキスト・第13回)
*テキスト トマ・ピケティ『21世紀の資本』みすず書房
*学習箇所 はじめに 第15章 世界的な資本税
*報告者 成田勇三さん



水道民営化
●10月20日(木) 18時30分~エルおおさか5階研修室Ⅱ(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html) 
公的事業の「官民連携・民営化」を考える学習集会
=生命の源「水」まで民営化して良いのか=

講演「水道の民営化方針から考える「市政改革Ⅱ」の」諸問題」
講師:NPO法人 水政策研究所理事 北川雅之さん
大阪都構想は否決され、橋下市長が退陣しましたが、大阪維新の会は大阪府議会・大阪市会ともに最大会派として、橋下市長が掲げた「大阪市政改革プラン」を一層推進させています。
 吉村市長と大阪維新の会は、9月からの議会で「改革の柱Ⅱ・官民連携の推進」を打ち出し、公的事業の「民営化」・「民間委託」を柱とした議案を早期に成立させようとしています。
これらの議案は、橋下市長時代に議会で否決されたものが多いですが、成立のために多数派工作を活発化させています。まさに、市民や当該労働者無視の独裁政治が続いているのです。
<大阪市が提案する主な改革方針・要旨>
*地下鉄=市100%出資の株式会社化  *バス=大阪シティバス(株)に一括譲渡
*水道=市100%出資による運営会社の設立 (30年度から運営会社により事業の開始)
*下水道=上下分離方式、(財)都市技術センターから市100%出資の新組織へ。
*幼稚園=公私連携幼保連携形認定子供園から民間移管、市立幼稚園の再検証
*保育所= 民間移管・運営委託の公募実施
*一般廃棄物(収集輸送)=民間委託化の拡大・推進
*福祉施設=民間移管、  *環化研・公衛研の統合(独法化)      などなど。
これらを推し進めるために、「改革を推進する職員づくり」を掲げ、一層トップダウン方式を強化して職員への締め付け、労組活動の制限、正規職員の削減と非正規労働者への転換、一般事務の民間委託などを進めています。明らかに大阪の「自治」は市民から遠ざかってきています。
主 催:大阪府・市の労働と人権問題を考えるネットワーク
連絡先:おおさかユニオンネットワーク 電6355-3101



NEW
狭山事件
●10月20日(木) 18時半~20時半 豊中人権まちづくりセンター(阪急宝塚線岡町駅 http://www.city.toyonaka.osaka.jp/shisetsu/sonota/toyo_center/index.html
狭山事件|万年筆は被害者のものではない 今こそ再審を!
講師:菅野良
参加費無料
http://www.kinyobi.co.jp/event/20161014_002136.php



未来のための歴史パネル展
●10月20日(木)~23日(日) AM10:00~19:00 クロスパル高槻「はなみずき」(JR高槻南口すぐ)
未来のための歴史パネル展・高槻 
主催:人権平和高槻市民交流会 アスネット
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1022.pdf
http://www17.plala.or.jp/kyodo/annai1.html


NEW
朝鮮半島
●10月20日(木) 17:30~しんらん交流館(地下鉄五条駅8番出口より徒歩3分 http://jodo-shinshu.info/access/
ギャラリートーク「朝鮮半島の分断について知っていますか?」
講 師:鄭 祐宗(チョン ウヂョン)大谷大学文学部国際文化学科教員
入場無料
主催:大谷大学韓国・朝鮮文化ゼミ 
連絡:jongi★res.otani.ac.jp 鄭祐宗(チョンウヂョン)さん
◆関連イベント 開催中~10月31日(月)
ロジャー・シェパード写真展「JUST KOREA―朝鮮半島の山々は連なる」
南北に連なる白頭大幹(ペクトゥテガン)の写真!  
入場無料
http://jodo-shinshu.info/2016/10/03/8091/



NEW
●10月20日(木) 19:00~21:00 猪飼野セッパラム文庫(近鉄上本町六丁目駅8分・地下鉄谷町九丁目駅10分 大阪市天王寺区細工谷2-14-8 ドンキホーテ上本町店から東へ、セブンイレブン角を右へ約100m、左側3軒目 ※道に迷われる前にお電話ください。) 
猪飼野セッパラム文庫「映像で見る朝鮮韓国在日」第12回上映会
大泉町発多文化共生まち映画『サンゴーヨン★サッカー』(2015年、64分、監督:藤橋誠) 
サッカーを通じて同じ町に暮らすブラジル人と日本人の交流を  
予告編 http://2016.yfff.org/354socceer/
入場無料・定員15名・要予約
主催:猪飼野セッパラム文庫 090-9882-1663 masipon★nifty.com
http://www.jkcf.or.jp/calendar/modules/piCal1/index.php?smode=Daily&event_id=0000025871&caldate=2016-10-13



●10月21日(金) 関西電力本社前(JR「大阪駅」阪神・阪急「梅田駅」徒歩約15~20分 「北新地駅」徒歩10分「淀屋橋駅」徒歩約10分 「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:30頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:30 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●10月21日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●10月21日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●10月21日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&三宮駅までのパレード



●10月21日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に! 
だんだん薄暗くなってきました。ヒカリモノ有効です。 脱原発の願いを込めて 音楽・アート大歓迎 手作り看板・鳴り物持参で。 福島のこども達のための街頭カンパもやってます! なんちゃってマスゲームも? 再稼動許さないの声をもっと!
https://www.facebook.com/events/570277083174268/



このほか大阪茨木市、羽曳野市、寝屋川市、京都、兵庫、滋賀、奈良、三重、和歌山など各地の関電支店前やその他の場所で全国一斉金曜行動が行われています。
全国の金曜抗議行動をまとめたサイトはこちら。
 ↓ ↓ ↓ 
全国金曜抗議一覧  
http://demojhks.seesaa.net/article/296349527.html



●10月21日(金) 19:30~20:30 雑貨屋 おおきな木(大阪市住之江区粉浜1-22-17)
「放射能汚染地域で暮らす人たち」
「現地の声を聴いてみませんか?」
【おはなししてくれる人】小林 休(こばやし ゆたか)さん
日本キリスト教団のかたで、放射能問題対策室 「いずみ」の運営委員。http://tohoku.uccj.jp/izumi/
東日本大震災から もう5年を越えてしまいました。まだ、原発事故は 終わってなくて 被災地で暮らす人たち、仮設住宅で暮らす人たちもたくさんいらっしゃいます。まだ、原発事故も終わっていないのに 停止している原子力発電所の再稼動が次々と行われようとしていて…対岸の火事、や 他人事、では 済まされないんだと感じて暮らしている人が どれくらいいるのでしょう…
メディアでは ほとんど知らされることがなくなってしまった、被災地のこと。暮らしてる方はいるのに。まだ、終わっていないのに。
現地の声を聴かせてほしくて 今回 宮城県で生活し、活動している小林さんにおはなししてもらいます。ぜひ、お越しください。
※おはなし会が終わりましたら、交流会をしたいと思います。お飲み物、軽食を別途料金でご用意いたしますのでご参加ください。
参加費:\500 (全額を寄付させていただきます) ※避難者さんは 無料です。
http://tohoku.uccj.jp/izumi/
定員:20名ほど
お申込み: ご予約優先とさせていただきます。
電話・FAX 06-6615-8625(平日11:30~18:00)メール ookina_ki@me.com
雑多な雑貨屋 おおきな木
https://www.facebook.com/events/164685307313135/



戦争法
●10月21日(金) 12:05~しんまち会館(下京新町通七条下る https://www.facebook.com/demokyoto/posts/1658552061052910?comment_id=1658553347719448&comment_tracking=%7B%22tn%22%3A%22R%22%7D) 12:15~出発
【戦争法廃止下京ランチタイムデモ】
戦争法廃止まで声あげ続けます。戦争法を廃止する政府を作ろう
https://www.facebook.com/demokyoto/posts/1658552061052910



科学と戦争
●10月21日(金) 18:30~20:30 京都精華大学明窓館2階M-201(叡山電鉄京都精華大前駅、地下鉄「国際会館」から大学までスクールバスを運行しています)
岡本清一記念講座
山本義隆講演会「近代日本と自由――科学と戦争をめぐって」

日本の近代化150年、その前半は軍事大国化への道、後半は経済大国化への道であり、いずれの場合も総力戦として戦い、科学技術は一貫してその過程を支えてきた。軍事的な戦争はヒロシマとナガサキで止めをさされたが、科学技術にたいする信頼は揺らぐことがなかった。フクシマの事故が経済戦争に引導を渡したのであれば、それは戦前・戦後を貫く総力戦体制の破綻を意味している。
今は日本の科学技術150年を立ち止まって考えてみる時であろう。日本における近代科学技術の受容の過程を見なおし、世界の中での自由のあり方を考える手がかりにしたいと思う。
参加費無料、申し込み不要です。
お問い合わせ:企画課、電話075-702-5201
【講師プロフィール】
山本義隆(駿台予備学校講師、科学史研究者)
1941年大阪生まれ。1964年東京大学理学部物理学科卒業。1971年大学院博士課程中退、以降、駿台予備学校物理科講師のかたわら科学思想史の 研究に従事。著書に科学史関係の三部作『磁力と重力の発見』『一六世紀文化革命』『世界の見方の転換』や『力学と微分方程式』などの物理学の教科書、『知性の叛乱』『私の1960年代』等がある。『磁力と重力の発見』でパピルス賞、毎日出版文化賞、大佛次郎賞受賞。
1968年に東大闘争全学共闘会議代表をつとめ、大学のあり方を根源的に問い直しつつ、ベトナム反戦など社会問題にも取り組んだ。現在「10・8 山﨑博昭プロジェクト」の活動を通して反戦へのメッセージを発している。
◇関連イベント
山本義隆監修「ベトナム反戦闘争とその時代――10・8山﨑博昭追悼」展
同大学ギャラリーフロールで10月19日(水)~24日(月)まで開かれます。
主催・『10・8 山﨑博昭プロジェクト』事務局 http://yamazakiproject.com/
共催・京都精華大学 協力・60年代研究会(代表・山本義隆)。
http://www.msz.co.jp/event/07644/



国際反戦デー
●10月21日(金) 18:30~三宮勤労会館大ホール(三宮駅南東へ徒歩5分 中央区役所隣 http://papaya.sandakan.org/sannomiya.html
10.21国際反戦デー兵庫県集会
辺野古基地許さず・高江ヘリパッド工事抗議
『オール沖縄の闘いと辺野古・高江』

講演:仲村 司さん(オール沖縄会議事務局次長・基地の県内移設に反対する県民会議共同代表)
資料代:\500
連絡:078-335-3770
主催:平和憲法を守る兵庫県連絡会
http://www.k2.dion.ne.jp/~kenpouhg/osirase.html



国際反戦デー
●10月21日(金) 11:50~京都大学時計台前 18:30~三条大橋下の河川敷
【10・21国際反戦デーin京都】
・京都大学キャンパス集会&デモ
11:50~京都大学時計台前にて集会後、京大キャンパス一周デモ
・京都市内デモ
18:30~三条大橋下の河川敷にて集会
主催:全日本学生自治会総連合/京都大学全学自治会同学会中央執行委員会
http://www.zengakuren.jp/wp/wp-content/uploads/2016/10/3ce350b9397443d3ceb3b78f3b2ec48b.pdf



NEW
緊急事態条項
●10月21日(金) 19:30~21:00 メディアスタジオSANA(地下鉄玉造駅1出口徒歩5分大阪女学院北側 ニエモンビル1F http://peacetv.bex.jp/mediastudio/map.html
「緊急事態条項とは?」
沖縄高江の戒厳令状態、フランス、トルコでのテロを口実にした戒厳令状態はグローバル資本の意に逆らう市民を封じ込めるために行われています。自民党改憲草案に盛り込まれた緊急時t来条項の狙いを学習します。
参加費:500円 学生・障がい者・失業者 300円(飲み物付き) 
主催:イラク平和テレビ局inJapan  090-3966-0604(森) http://peacetv.jp/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村







脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2016年10月16日(日) 

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-30.html




●10月16日(日) 14:00~社会福祉法人ピースクラブ4階ホール(地下鉄大国町・JR新今宮7分 http://www.ab.auone-net.jp/~peace_c/99_blank.html
「釜ケ崎から被ばく労働を考える」~第3弾〈現場(なま)の声を聞く!〉
池田実さん(元原発作業員)
なすびさん(被ばく労働を考えるネットワーク)
https://twitter.com/hanamama58/status/768999662401392640



●10月16日(日) 14時~16時 神戸・三宮マルイ前
さよげん神戸マルイ前アクション
アピール、署名活動、歌、演奏、詩朗読 etc etc
http://sayogenkobe.blog.fc2.com/blog-entry-129.html



●10月16日(日) 11時~15時 阪神市民放射能測定所 NPO法人つむぎの家(阪神西宮駅より南へ徒歩3 分 西宮市戸田町5-21  http://tsumugiie.exblog.jp/12113421/
10月無料測定見学会
お一人様1検体無料測定いただけます。
http://hanshinshs.blog.fc2.com/blog-entry-37.html



反戦・反貧困・反差別
●10月16日(日) 14:00~京都・円山野外音楽堂 ※集会後デモ(京都市役所まで)
変えよう!日本と世界 10周年大集会
~第10回 反戦・反貧困・反差別共同行動in京都~

講 演:山城博治さん(沖縄、平和運動センター議長) 中嶌哲演さん(福井・小浜、明通寺住職)
公 演:趙 博さん(浪花の唄う巨人) 川口眞由美さん(おもちゃ楽団)
「戦後のレジームからの脱却」を掲げて登場した第1次安倍内閣が政権を奪ってから10年。この間、日本と世界は大きく変容しました。イラク戦争への自衛隊の参戦、3・11福島原発の破滅的な爆発、旧民主党政権の登場とその失敗、そして、再び登場した第2次安倍内閣は「アベノミクス」という経済政策の行き詰まりと貧困格差を拡大させながら、一方で、言論の弾圧を強め、秘密隠蔽法や戦争法の強行成立を図り、ついに、この国を九分九厘「戦争する国家」に変えてしまいました。私たちは、まだあきらめてはいません。沖縄の米軍や自衛隊の新基地建設に抗しながら、戦争法の発動を許さず、憲法9条の改悪を何としても止めなければなりません。子供たちの未来のために、そのためには、何よりも「物言えぬ」戦時(有事)体制下の政治・社会にさせてはなりません。
私たちは、こうした中、今年も10月16日(日)に京都・円山音楽堂でi第10回目の「反戦・反貧困・反差別共同行動in京都」の大集会を開催します。今年は、10回目の節目の集会になります。この集会は、前述のように著しく右傾化を促進する第1次安倍内閣の暴走を止めるために、再び立ち上がった60年、70年安保世代の人たちとともに始まりました。少なくとも、益々悪くなる第2次安倍内閣を倒すまでは、私たちは、歳を重ねても、この取り組みを続けたいと思っています。
主 催:反戦・反貧困・反差別共同行動in京都 実行委員会
http://kakukyodo.jp/shukai.htm



反 核
●10月16日(日) 10:00~15:00 長居公園内、南児童遊園(大阪市営地下鉄「長居」下車、東へ5分)
子どもたちに 核も戦争もない 未来を HANKAKU FESTIVAL 2016
主 催:反核フェスティバル実行委員会  06-6653-0038



再生可能エネルギー
●10月16日(日) 午後2時~京都学園大学太秦キャンパス407号教室(http://www.kyotogakuen.ac.jp/outline/campus/uzumasa/
e未来の会10月例会
【再生可能エネルギーの基礎知識と環境経済】

再生可能エネルギーこそが豊かな生活をもたらす現在進行形の新時代を共有します。
講師:関西学院大学教授 朴俊勝さん
参加費:500円
https://www.facebook.com/demokyoto/photos/a.1403240299917422.1073741830.1402425196665599/1785262691715179/?type=3&theater



TPP
●10月16日(日) 午後2時~大谷ホール(五条駅(京都市営)  http://p26.everytown.info/p26/569/0753716181/%E5%A4%A7%E8%B0%B7%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB/top.html
「TPPを今国会で批准させない京都大集会」 (集会後パレード)
主催:TPP参加反対京都ネットワーク
http://conter-tpp-kyoto.com/index.html



憲法・医療・福祉
●10月16日(日) 10:00~12:00 東灘区民センター8階第1会議室(JR・六甲ライナー「住吉駅」南側 徒歩3分 http://www.kobe-bunka.jp/shosai/higashinada/map.html
九条の会.ひがしなだ講演会
アベ改憲と市民生活の行方~いま憲法と医療・福祉が危ない!!~ 
講 師 本田 宏さん(NPO法人医療制度研究会副理事長、元埼玉県済生会栗橋病院院長補佐、外科医昨年は違憲の戦争法案が強行され、参院選を経て今秋、改憲策動と併せて医療・福祉の大改悪が、懸念されています。今を生きる国民に与えられた社会的責任は、明治維新以来続く「クレプトクラシー(収奪・盗賊政治)」を倒して「真の民主主義国家」に脱皮するために連帯して立ち上がることです(講師メッセージから)
本田宏(ほんだひろし)さん
昭和54年弘前大学医学部を卒業後に東京女子医大第3外科を経て、平成元年から四半世紀以上、埼玉の北東端に新設された済生会栗橋病院で勤務。昨年3月で36年間の外科医生活に終止符を打ち、医療と日本再生を目的に講演や論文投稿等情報発信活動に加え、安保関連法反対や、憲法25条を守る市民活動等に参加している。参加協力費:500円(高校生以下無料)
主 催:九条の会.ひがしだ 
問合せ:080-1485-5603(西谷)
http://shiminshakai.net/post/1772



フランス非常事態宣言
●10月16日(日) 14:00~つるはし交流ひろば「ぱだん」(大阪市生野区鶴橋2丁目15番28号)
フランス非常事態宣言と市民社会
フランスでは2015年11月発生したテロ事件をうけて非常事態が宣言され、さらに2016年7月のテロ事件をうけて宣言の期間が17年1月まで延長されました。
非常事態宣言とはどのようなものか、そのとき、社会には何が起こるのか。自民党改憲案の緊急事態条項を考えるために、留学生として、ムスリムとして、一連の事態を現地で目撃した野洲さんのお話しを聞きます。
講師:ファリード野洲(日本人ムスリム・パリ大学留学生)
参加費:300円
https://www.facebook.com/events/168355156944098/



憲法カフェ
●10月16日(日) 15時~カレーショップ ストロベリー・フィールド(阪神鳴尾駅徒歩5分 https://tabelog.com/hyogo/A2803/A280301/28045250/
憲法カフェ
その名の通り、ビートルズの流れるカレーショップで、美味しいお茶とケーキをいただきながら、憲法の話聞いたり、憲法って何?って素朴な質問もどんどんしちゃいましょう!
お茶代:一般550円(飲み物と美味しいケーキ付) 学生300円
講師:渡来英介 弁護士(明日の自由を守る若手弁護士の会)
主催:憲法を生かす阪神連絡会
連絡:090ー4560ー5020 おくやま
みなせん@西宮・芦屋のてくてくけんぽうカフェMapにも掲載されています。
https://www.facebook.com/kazumi.yagi.14/posts/756644067807098?pnref=story
https://twitter.com/minasen_NA/status/785251338087043076



憲 法
●10月16日(日) 15:00~西宮市 あんのん舘 (阪神西宮駅戎口から徒歩2分 http://unknownkan.jimdo.com/access/)
憲法のおべんきょう vol.5 @あんのん舘
こんにちは。参議院議員選挙が終わり、8/6よりはじめてみた「憲法のおべんきょう」。これまで4回開催し、自分ひとりで読むよりも、新しい視点で読むことが出来、毎回気づきがある、と好評いただいています♪
8/6 vol.1のページ→
https://www.facebook.com/events/593476517497301/
8/21 vol.2のページ→
https://www.facebook.com/events/110038556101804/
9/3 vol.3のページ→
https://www.facebook.com/events/1596565780641366/
9/22 vol.4のページ→
https://www.facebook.com/events/1132899963445866/
自民党が挙げている「自民党改憲草案」って、読んだことありますか? 私は、7月の参議院選挙前に改めてちゃんと読んでみて、その内容にびっくりしました。改憲をめぐる国民投票、もう避けられない状況になりました。自民・公明・おおさか維新などの改憲議員は衆参両議院の3分の2を超えました。国会で発議されたら、最短で発議から2ヶ月後には投票日(・_・;
その時に「中身よく分からん」「もっとちゃんと読んどけばよかった」って後悔しないように、一緒に読んでいく時間を少しずつ作りたいと思い、企画してみました。
参考図書は「あたらしい憲法草案のはなし」
http://books.rakuten.co.jp/rb/14263470/
おしゃべりしながら、一緒に読んでいきましょう。読んだことないかたも、読んだことあるかたも、ぜひお越しください&お誘いくださいね?☆ vol.5では、「第6章 司法、第7章 財政、第8章 地方自治」について読んでいく予定です。
料金:500円
参加:このページで「参加予定」表明、ふらっと。
「書籍購入希望」 or 「書籍購入なし」をお知らせください^_^ vol.1?4のときに購入された方は、本をお持ちくださいね。
※当日、参考図書を購入できるように、準備しておきます。一冊800円です。改憲草案と現行憲法の対比のほか、作成した自民党議員の意図を考えて「あたらしい憲法のはなし」のパロディ風に書かれた内容もなかなかブラックに楽しめます。購入を希望されない場合、またはすでに改憲草案と現行憲法の対比がわかる資料をお持ちであれば、そちらをお持ちください。
https://www.facebook.com/events/516498821882691/



沖縄高江
●10月16日(日) 11:00~ 14:00~元町館「黒の小部屋」(元町映画館2階)(JR・阪神電車「元町」駅西口より、南西へ徒歩6分/神戸高速鉄道「花隈」駅東口より南東へ徒歩6分/神戸市営地下鉄海岸線「みなと元町」駅2出口より北へ1分 神戸市中央区元町通4-1-12(元町商店街) http://www.motoei.com/access.htm
市民社会フォーラム第184回学習会
上映会「高江-森が泣いている」

・第1回上映11:00~ 
・影山あさこ監督トーク12:30~13:30 
・第2回上映14:00~ 
 ※上映時間64分 
参加費:1000円
お申し込みなしでどなたでもご参加できますが、人数把握のため事前申し込みいただければありがたいです。   
civilesocietyforum@gmail.com まで
※監督トークは映画をご覧になられる方対象です。
元町映画館(1階)で同日10:30から上映の『圧殺の海 第二章「辺野古」』のアフタートークも兼ねます。
http://shiminshakai.net/post/1786
あわせてご鑑賞くだされば幸甚です。
「高江-森が泣いている」(64分/藤本幸久・影山あさ子共同監督作品/森の映画社)解説
http://america-banzai.blogspot.jp/2016/09/blog-post.html
主な内容
7月の参議院選挙/全国からの機動隊導入/住民の会記者会見/座り込みテント撤去阻止のたたかい/伊集東村長と与党県議団の懇談の様子/8月5日 N1裏集会/砂利搬入阻止の早朝行動
私たち、森の映画社・沖縄撮影スタッフは、2014年7月1日の辺野古新基地建設着工から、現場に張り付き、辺野古を中心に沖縄を撮り続けている。映画「圧殺の海」(2015年)、圧殺の海 第2章「辺野古」(2016年)をまとめた後、元海兵隊員によるレイプ殺人事件が起きた。事件に抗議して6月に開かれた沖縄県民大会、7月の参議院選挙と撮影を続けていた時、「高江に機動隊がやってくる」との知らせが入った。高江での撮影に入った。
辺野古と高江と普天間は、ひと続きのものだ。
普天間基地に配備されたオスプレイは、高江で訓練する。新基地が出来れば、辺野古から飛び立ち、高江で訓練をする。すべては、次の戦争のための準備だ。7月10日の参議院選挙の翌朝、機動隊に守られて、工事用資材の搬入が始まった。7月22日早朝から、警察・機動隊が県道を10時間にわたり封鎖。機動隊の壁を作り、市民と車両を力ずくで排除、抗議行動の拠点となっていたテントを破壊した。沖縄県警、東京の警視庁、千葉県警、神奈川県警、愛知県警、大阪府警、福岡県警・・・全国から動員された500名の機動隊による激しい暴力。
高江は今、戒厳令状態だ。
留まり続ける数百名の機動隊による排除が繰り返され、県道を封鎖し、毎日、トラック10台分の砂利が運び込まれている。工事を少しでも遅らせようと、市民の阻止行動も続いている。7月10日から一ヶ月、私たち森の映画社の撮影スタッフは、高江で起きていることに付き合い、撮影を続けてきた。今、高江で起きていることを全国の人たちに伝えなければならないと、急きょ、1本の記録映画にまとめることにした。今、高江で起きていることは、これから起きることの序章なのかもしれない。
500名の機動隊導入も、「緊急事態条項」を先取りするかのようだ。9月16日には、国が翁長知事を訴えた辺野古埋立承認取消違法確認訴訟の判決が出る。国が勝訴すれば、辺野古の工事も、また始まるだろう。力ずくで沖縄の民意を圧殺しようとしている安倍政権、抵抗を続ける県民たち。高江を今、ぜひ映画で見て欲しい。
東村・高江
東村・高江のある沖縄本島北部、やんばるの森は、天然記念物のノグチゲラやヤンバルクイナも棲む自然の宝庫。
しかし、その森には米軍の北部訓練場があり、ヘリコプターによる低空飛行訓練、ジャングル戦闘訓練、サバイバル訓練が日常的に行われている。1996 年、日米両政府は北部訓練場の北半分の返還と返還予定地にあるヘリパッドの高江周辺への移設に合意、人口約 140 人の集落・高江を取り囲むように、6箇所のヘリパッドをつくる計画が持ち上がる。住民たちの反対にもかかわらず、沖縄防衛局は2007年に建設工事に着手。これまでに2箇所のヘリパッドが作られたが、住民たちは、建設現場への出入り口を封鎖し、座り込んで、工事着工を阻止し続けている。新たなヘリパッドは、海兵隊の新型輸送機・オスプレイのためのもので、従来のヘリコプターより騒音も墜落の危険も上回る。
http://shiminshakai.net/post/1791



沖縄高江
●10月16日(日) 10:30~元町映画館2Fロビー(JR・阪神電車「元町」駅西口より、南西へ徒歩6分/神戸高速鉄道「花隈」駅東口より南東へ徒歩6分/神戸市営地下鉄海岸線「みなと元町」駅2出口より北へ1分 神戸市中央区元町通4-1-12(元町商店街) http://www.motoei.com/access.htm
市民社会フォーラム第72回映画鑑賞会
『圧殺の海 第二章「辺野古」』

影山あさ子監督トーク
10:30の回上映終了後、12:30~13:30
※当日映画を観られた方対象、参加無料。
会場は定員に限りがあり、満席になりましたらご参加いただけない場合もございます。あらかじめご了承ください。同日2階で市民社会フォーラムが上映する「高江ー森が泣いている」のトークも兼ねます。あわせてご鑑賞くだされば幸甚です。
詳細は、http://shiminshakai.net/post/1791
市民社会フォーラム恒例、一般公開の映画の鑑賞会。今回は元町映画館で公開の『圧殺の海 第二章「辺野古」』とアフタートークです。元町映画館公式サイト http://www.motoei.com/
http://shiminshakai.net/post/1786



沖縄米軍基地問題
●10月16日(日) 10:00~ 12:15~ 14:30~吹田市 常光円満寺(JR吹田駅・阪急吹田駅より徒歩5分  http://www.enmanji.com/tizu.html)
映画『標的の村』上映会
1st.10:00~
2nd.12:15~
3rd.14:30~
料金:500円
『標的の村』公式サイト http://www.hyoteki.com/
https://www.facebook.com/events/312069515814518/



沖縄米軍基地問題
●10月16日(日) 10:30~ ②14:00~神戸市勤労会館2階多目的ホール(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html) 
映画「戦場ぬ止み」上映会(三上知恵監督最新作。129分)



未来のための歴史パネル展
●10月16日(日) 13:30~西宮市フレンテ5階練習室(JR西宮駅南側すぐ http://www.frente-nishinomiya.com/access/index.html
未来のためのパネル展(みれぱ)・西宮イベント
13:30~ 能川元一氏講演
15:30~ 韓国・朝鮮の童話をもとにした紙芝居上演など
入場無料
主催:歴史パネル展・西宮実行委員会 nohatespeech.nishinomiya@gamail.com



未来のための歴史パネル展
●10月14日(金)~16日(日) 11時~19時 西宮市フレンテ4階国際交流センターギャラリー(を中心に講演会、イベント、DVD上映などは隣接会場で)(JR西宮駅南側すぐ http://www.frente-nishinomiya.com/access/index.html)※延長する場合は17日(月)まで 
未来のためのパネル展(みれぱ)・西宮
戦後71年になります。憲法下、戦争をしない国として立憲政治の道を走ってきました。しかし、その体性の中から復古主義的考え方が醸成されてきた道でもありました。教育基本法の改悪で愛国主義的教育の持ち込み、教科書での歴史修正主義の擡頭。村山談話の軽視、過去のアジアへの侵略戦争と植民地支配を正当化することから、過去の戦争を自衛戦争であったとするよう考え方の流布がされてきています。
そして、今では中国・朝鮮を敵視し、危機感を煽り、軍事強化をし、再び富国強兵の道へと進もうとしています。
ここで、過去の戦争の反省に立って、過ちはくりかえさないために、歴史修正主義を排し、アジアとの関係史を学びなおす機会として、「未来のための歴史パネル展」を開催します。
この「未来のための歴史パネル展」が多くの人々に鑑賞され、再び日本とアジアとの関係史、特に朝鮮との関係史が正しく定着することを願います。
ぜひ立ち寄って鑑賞をし、交流を深めていただけたらありがたいところです。
・14日は11時~19時まで 15日・16日は10時~19時まで
入場無料
主催:歴史パネル展・西宮実行委員会 nohatespeech.nishinomiya@gamail.com
https://www.facebook.com/events/175523899537772/



医療崩壊
●10月16日(日) 13:45~明石市生涯学習センター 子午線ホール(JR・山陽電車「明石駅」より徒歩3分 http://www.city.akashi.lg.jp/llc/access/index.html)
映画「いしゃ先生」上映会&講演会「本当の医療崩壊はこれからやって来る」
講演会「本当の医療崩壊はこれからやって来る」
講 師:外科医・前済生会栗橋病院院長補佐  本田 宏 氏
地域医療構想による病床削減、国民健康保険の都道府県単位、地域包括ケアシステムの構築など地域の医療が大きく変わろうとしています。一方、医師不足や患者窓口負担の引き上げなど日本の医療問題はますます深刻になっています。こうした点を踏まえて今の医療制度の問題点を明らかにし、日本の医療をより豊にしてくためには何が必要か、わかりやすくお話いただきます。ぜひ、ご参加ください。
本田宏(ほんだ ひろし)氏―1954年福島県生まれ。79年弘前大学卒業後、東京女子医科大学第3外科を経て、89年から済生会栗橋病院に外科部長として勤務、2011年より院長補佐。15年、外科医を引退し、講演活動に専念。医療制度研究会副理事長、弘前大学医学部講師。
参加費無料
主催:兵庫県保険医協会明石支部  
お問い合わせ先:℡(078)393-1807 FAX078-393-1820 平田・本田まで
「いしゃ先生」あらすじ
昭和初期??
仙境のナイチンゲールと呼ばれた一人の新米女医の物語。昭和10年、出羽三山の主峰・月山の麓を、急ぎ歩く女性がいた。志田周子(ちかこ)、26歳。
故郷の父から『ハナシタイコトアリ スグカエレ』という電報を受け取った周子は、取るものもとらず帰郷したのだ。山形の農村出身の彼女は、努力して東京女子医専(現・東京女子医大)に入学し、医者になったばかりだった。??風が鳴く峠のてっぺんに立つ、周子。眼下に懐かしい景色が広がった。8年ぶりの美しい故郷だった。久しぶりの実家。幼い弟たちは周子に甘え、母・せいが手料理でもてなす。温かい出迎えを周子は喜ぶが、父・荘次郎の様子がおかしい。
大井沢村の村長だった荘次郎は、周子の了承も得ぬまま周子名義で診療所建設の予算を通し、すでに建設が始まっていたのだ。「頼む、周子。3年だけお前の人生を俺にくれ。その間に必ず代わりの医者を見つけるから」父に頭を下げられた周子は、怒ることはできなかった。無医村のこの村に医者を置きたいという父の願いは、誰よりも理解していたから。まだまだ未熟な自分が一人で診療所の医師などつとまるのか…不安を抱えつつ、周子は3年間だけ頑張ってみようと心に決める。
東京にいる想い人の存在を胸に秘めながら。
?自身に降りかかる数々の試練に耐え、過酷な運命にも負けず、昭和37年にこの世を去るまで、たったひとりで村人の命を守った「いしゃ先生」の愛と勇気の物語。
https://www.facebook.com/events/1151637261574019/



ヘイトスピ-チ
●10月16日(日) 19:00~男女共生センターローズWAM(阪急茨木市駅西へ約500メートル JR茨木駅東へ約800メートル http://www.city.ibaraki.osaka.jp/shisetsu/siyakusyo/wam_s.html )
ヘイトスピ-チ(差別迫害扇動)と地続の「愛国」
主催:教科書問題を考える北摂市民ネットワーク
連絡:サポートユニオンwith YOU 072-655-5415
http://blogs.yahoo.co.jp/okasinaunion/34312632.html



部落差別
●10月16日(日) 13:30~明石市魚住市民センター3階(https://www.city.akashi.lg.jp/shimin_kenkou/shimin_ka/shisetsu/shuyo/tetsuzuki/004.html
「部落差別固定化法」に反対する学習会
内容:
*国会質疑の様子 清水忠史衆議院議員
*講演 杉島幸生弁護士
『法案の危険な内容-なぜ断固反対するのか-』
*東播連絡会結成の確認
主催:廃案求める東播連絡会
連絡:0795-23-3705
http://www.k2.dion.ne.jp/~kenpouhg/osirase.html



朝鮮人労働者
●10月16日(日) 午後0時 神戸電鉄朝鮮人労働者モニュメント前(神戸電鉄湊川駅より徒歩10分 神戸市兵庫区会下山(えげやま)町1丁目、東山小学校南を神戸電鉄に沿って西に 200 メートル。2つ目のガードを南にくぐると掲示板がある))
神戸電鉄敷設工事朝鮮人犠牲者を追悼する集い
神戸電鉄の敷設工事では、13名の朝鮮人労働者が犠牲になりました。1996 年、犠牲者 を追悼するモニュメント(金城実さん制作)を建て、毎年追悼集会を開催しています。
主催:神戸電鉄敷設工事朝鮮人犠牲者を調査し追悼する会
神戸学生青年センター内 TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878 http://ksyc.jp/kd e-mail hida@ksyc.jp
http://ksyc.jp/kd/20161016tudoi.pdf



■10月16日(日) 午後9時00分~9時49分 NHK総合
経済 シリーズ マネー・ワールド 資本主義の未来
第1集 世界はどこまで成長できるのか ~“超停滞時代”の攻防~ (仮)
豊かに幸せになるにはどうしたらいい? 格差ってどうして生まれるの? 商売を成功させる秘訣は? 人生につきまとうお金の悩み。その全てに関係するのが人類が生み出したシステム「資本主義」だ。その資本主義が今“500年に一度”とも言われる大きな岐路に立っている。無限に思われた成長の停滞、パナマ文書などで浮かび上がった富の偏在や巨大格差―。 社会に豊かさをもたらすと考えられてきたシステムが未知のひずみを引き起こし始めている。第1集のテーマは「経済成長」。
近年、世界の経済を牽引してきた先進国の成長が、急速に停滞し始めている。近代資本主義の発祥の地・イギリスでは、EUの離脱決定後にポンドが続落。先進各国もGDPの成長率を相次いで下方修正するなど未曾有の“超停滞経済”と向き合っている。なぜ成長は止まり始めたのか?今後も世界は成長を続けられるのか?フロンティアの消滅や、金融空間の限界など、その背景をひも解きながら、新時代での成長を模索する企業や経済学者の闘いを追う。
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20161016



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村






脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2016年10月15日(土) 

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報


『ソング・オブ・ラホール』Song of Lahore
(2015年/アメリカ/82分/サンリス=ユーロスペース 配給)
スウィングしなけりゃ“あと”がない!
2度のアカデミー賞受賞監督が魅了された即興演奏の名人、サッチャル・ジャズ・アンサンブル
豊かな歴史を持つパキスタンの都市ラホール。過激なイスラーム原理主義の影響で音楽文化は衰退し、伝統音楽家たちは転職を余儀なくされた。危機感をつのらせた彼らは再起をかけてジャズに挑戦!本作は、彼らが結成したサッチャル・ジャズ・アンサンブルの超絶演奏が世界中を虜にするまでの紆余曲折を追うドキュメンタリー。監督は、本年2度目のアカデミー賞短編ドキュメンタリー賞を受賞したパキスタン人女性シャルミーン・ウベード=チナーイらが務め、音楽への愛に溢れる彼らの人生と圧巻の演奏をカメラに収めた。
パキスタン伝統音楽×ニューヨーク・ジャズ?!ブルーベックも驚嘆!大胆な挑戦が奇跡を起こす
音楽家たちが伝統楽器を用いてカバーした「テイク・ファイヴ」のプロモーション映像はまたたく間に世界をかけめぐり、100万を超えるアクセスを記録した。原曲を世界的にヒットさせたデイヴ・ブルーベックも「最も面白く他に類を見ない“テイク・ファイヴ”の録音!」と絶賛。さらに天才トランペット奏者ウィントン・マルサリスの目にとまり、世界最高峰のジャズバンドとニューヨークで共演するという奇跡のような展開が!しかし、本場ジャズの厳しい洗礼が彼らを待ち受けていた…。
●9/17~10/21 第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
10/15~10/21 18:25(~19:55終)
http://www.nanagei.com/movie/data/1073.html



『高江-森が泣いている』 (2016年/日本/60分予定 監督:藤本幸久、影山あさ子)
【9月10日完成予定!緊急上映を開始します!】
森の映画社・沖縄撮影スタッフは、2014年7月1日の辺野古新基地建設着工から、現場に張り付き、辺野古を中心に沖縄を撮り続けている。映画「圧殺の海」(2015年)、圧殺の海 第2章「辺野古」(2016年)をまとめた後、元海兵隊員によるレイプ殺人事件が起きた。事件に抗議して6月に開かれた沖縄県民大会、7月の参議院選挙と撮影を続けていた時、「高江に機動隊がやってくる」との知らせが入った。高江での撮影に入った。
辺野古と高江と普天間は、ひと続きのものだ。普天間基地に配備されたオスプレイは、高江で訓練する。新基地が出来れば、辺野古から飛び立ち、高江で訓練をする。すべては、次の戦争のための準備だ。
7月10日の参議院選挙の翌朝、数百名の機動隊に守られて、工事用資材の搬入が始まった。7月22日早朝から、警察・機動隊が県道を10時間にわたり封鎖。機動隊の壁を作り、市民と車両を力ずくで排除、抗議行動の拠点となっていたテントを破壊した。
沖縄県警、東京の警視庁、千葉県警、神奈川県警、愛知県警、大阪府警、福岡県警……全国から動員された500名の機動隊による激しい暴力。この日、3人が救急搬送された。
高江は今、戒厳令状態だ。留まり続ける数百名の機動隊による排除が繰り返され、県道を封鎖し、毎日、トラック10台分の砂利が運び込まれている。工事を少しでも遅らせようと、市民の阻止行動も続いている。
7月10日から1ヶ月、私たち森の映画社の撮影スタッフは、高江で起きていることに付き合い、撮影を続けてきた。今、高江で起きていることを全国の人たちに伝えなければならないと、急遽1本の記録映画にまとめることにした。
今、高江で起きていることは、これから日本全国で起きることの序章なのかもしれない。500名の機動隊導入も、「緊急事態条項」を先取りするかのようだ。9月16日には、国が翁長知事を訴え た辺野古埋立承認取消違法確認訴訟の判決が出る。国が勝訴すれば、辺野古の工事も、また始まるだろう。力ずくで沖縄の民意を圧殺しようとしている安倍政権、抵抗を続ける県民たち。
高江を今、ぜひ映画で見て欲しい。
●9/20(火)~ シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
■上映スケジュール
10/15(土)・16(日) 休映
10/17(月) 14:45(~15:54終)
10/18(火) 18:50(~19:59終)
10/19(水)・20(木) 14:45(~15:54終)
10/21(金) 休映
10/22(土)・23(日) 18:50(~19:59終)
10/24(月)~26(水) 10:30(~11:39終)
10/27(木) 15:30(~16:39終)
10/28(金) 休映
http://www.theater-seven.com/2016/movie_takae.html



『標的の村』
アメリカ軍・普天間基地が封鎖された日
全国ニュースから黙殺されたドキュメント
日本にあるアメリカ軍基地・専用施設の74%が密集する沖縄。5年前、新型輸送機「オスプレイ」着陸帯建設に反対し座り込んだ東村・高江の住民を国は「通行妨害」で訴えた。反対運動を委縮させるSLAPP裁判だ。わがもの顔で飛び回る米軍のヘリ。自分たちは「標的」なのかと憤る住人たちに、かつてベトナム戦争時に造られたベトナム村の記憶がよみがえる。10万人が結集した県民大会の直後、日本政府は電話一本で県に「オスプレイ」配備を通達。そして、ついに沖縄の怒りが爆発した。
2012年9月29日、強硬配備前夜。台風17号の暴風の中、人々はアメリカ軍普天間基地ゲート前に身を投げ出し、車を並べ、22時間にわたってこれを完全封鎖したのだ。この前代未聞の出来事の一部始終を地元テレビ局・琉球朝日放送の報道クルーたちが記録していた。真っ先に座り込んだのは、あの沖縄戦や米軍統治下の苦しみを知る老人たちだった。強制排除に乗り出した警察との激しい衝突。闘いの最中に響く、歌。駆け付けたジャーナリストさえもが排除されていく。そんな日本人同士の争いを見下ろす若い米兵たち……。
本作があぶりだそうとするのは、さらにその向こうにいる何者かだ。復帰後40年経ってなお切りひろげられる沖縄の傷。沖縄の人々は一体誰と戦っているのか。抵抗むなしく、絶望する大人たちの傍らで11才の少女が言う。「お父さんとお母さんが頑張れなくなったら、私が引き継いでいく。私は高江をあきらめない。」奪われた土地と海と空と引き換えに、私たち日本人は何を欲しているのか?
●10/8(土)~10/21(金) シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
■上映スケジュール
10/15(土)~10/21(金) 10:30(~12:06終)
http://www.theater-seven.com/2016/movie_hyouteki-16.html



原爆 戦争
●10月13日(木)~15日(土) 午前10時~午後5時 中央コミュニティセンター(旧・中央公民館)(地下鉄守口駅すぐ http://www.city.moriguchi.osaka.jp/kakukanoannai/shiminseikatsubu/komyunitesuishinka/communitycenter/1457668315468.html
守口第5回「原爆と戦争展」
日本の現状をもたらした第二次世界大戦の真実を伝える
関連パネル・資料展示、被爆・戦争 体験談など
問い合わせ:守口原爆と戦争展を成功させる会 TEL 06-6991-4925
主催:守口原爆と戦争展を成功させる会
共催:守口市原爆被害者の会
後援:守口市教育委員会
http://www.city.moriguchi.osaka.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/4/281034-35.pdf#search=%27%E5%AE%88%E5%8F%A3+%E5%8E%9F%E7%88%86%E3%81%A8%E6%88%A6%E4%BA%89%E5%B1%95+%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%27



未来のための歴史パネル展
●10月14日(金)~16日(日) 11時~19時 西宮市フレンテ4階国際交流センターギャラリー(を中心に講演会、イベント、DVD上映などは隣接会場で)(JR西宮駅南側すぐ http://www.frente-nishinomiya.com/access/index.html)※延長する場合は17日(月)まで 
未来のためのパネル展(みれぱ)・西宮
戦後71年になります。憲法下、戦争をしない国として立憲政治の道を走ってきました。しかし、その体性の中から復古主義的考え方が醸成されてきた道でもありました。教育基本法の改悪で愛国主義的教育の持ち込み、教科書での歴史修正主義の擡頭。村山談話の軽視、過去のアジアへの侵略戦争と植民地支配を正当化することから、過去の戦争を自衛戦争であったとするよう考え方の流布がされてきています。
そして、今では中国・朝鮮を敵視し、危機感を煽り、軍事強化をし、再び富国強兵の道へと進もうとしています。
ここで、過去の戦争の反省に立って、過ちはくりかえさないために、歴史修正主義を排し、アジアとの関係史を学びなおす機会として、「未来のための歴史パネル展」を開催します。
この「未来のための歴史パネル展」が多くの人々に鑑賞され、再び日本とアジアとの関係史、特に朝鮮との関係史が正しく定着することを願います。
ぜひ立ち寄って鑑賞をし、交流を深めていただけたらありがたいところです。
・14日は11時~19時まで 15日・16日は10時~19時まで
入場無料
主催:歴史パネル展・西宮実行委員会 nohatespeech.nishinomiya@gamail.com
https://www.facebook.com/events/175523899537772/



●10月15日(土) 9:30~11:30 あおぞらビル3階(JR御幣島駅11番出口すぐ http://aozora.or.jp/accesscontact
原発事故による避難者の現状と課題
2017年3月に迫るみなし仮設入居終了問題を中心として

進行
9:30〜9:40(10分) 主催者から
9:40〜10:50 奥森祥陽氏(うつくしまin京都)
10:50〜11:10 避難者(茨城県→大阪府)
11:10〜11:30 質疑応答・議論
参加費:無料 どなたでも参加できます。
申し込み:日本環境教育学会関西支部事務局
主催:日本環境教育学会関西支部
http://www.kh.rim.or.jp/~dasein/eek/eek.html



●10月15日(土) 午後1時半~伏見港公園(京阪中書島駅下車、徒歩3分)2時~スタート
ふしみ原発ゼロパレード
コース:伏見港公園→中書島駅→龍馬通商店街→納屋町商店街→大手筋→御香宮
10月からはまた時間がお昼の2時スタートになります。お間違いのないようにお願いします。
というわけで、10月は恒例となりつつある(そんなんばっかやな。。。)ハロウィンパレード♪
すっかり日本にも定着した感のあるHalloween。(つか、マスコミとかいろんなものにノセられてるだけのような気もしますが)良いんです。ふしみパレードもちゃっかりその雰囲気に乗じちゃいましょう。だって、仮装とかしてたのしげに歩くだけで注目の的。みんなに注目してもらえれば私たちのアピール度も増すってものですよ、はい。
もちろん、ムリにハロウィンっぽくする必要ありませんからねー。普段通り、飾らない感じでの参加も大歓迎。思い立っての手ぶらで突然参加大歓迎。楽器鳴り物賑やかし大歓迎。いろーんな人がいるのがふしみパレードの良さですから、気軽にバンバン途中参加もよろしくデス。♪イロイロあってもエエジャナイカ〜
http://nonukesfushimi.blog.fc2.com/blog-entry-293.html



共謀罪
●10月15日(土) 午後2時~大阪市立福島区民センター301(地下鉄千日前線「野田阪神駅」7出口、阪神電車「野田駅」改札左手を出て西へ200m、JR環状線「野田駅」から徒歩8分、JR東西線「海老江駅」から徒歩5分 http://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
うずみ火講座2016
こんなに危険!「共謀罪」

講師:永嶋靖久弁護士(大阪弁護士会)治安法制の第一人者
安倍政権は臨時国会に「テロ等組織犯罪準備罪」法案の提出を検討しているという。過去3回も廃案になった「共謀罪」の復活である。名前を変えたところで、共謀罪は共謀罪。その本質は、「心の中で思ったことが処罰される恐れがあるということ」。政府は犯罪性がある事柄だけを摘発していくというだろうが、「お上」に批判的な組織や個人の摘発を始めるかもしれない。思想・信条の自由を侵害し、監視社会へとつながりかねない「共謀罪」について一緒に考えませんか。   
資料代:読者1000円、一般1200円、学生700円
主催・問合わせ 新聞うずみ火(TEL06-6375-5561 、FAX06-6292-8821 Email uzumibi@lake.ocn.ne.jp)
https://www.facebook.com/events/302633153438994/



共謀罪
●10月15日(土) 2時半~摂津市コミュニティプラザ2F会議室4
「憲法9条の会・関西」緊急学習会 新共謀罪が危ない!!
講師:伊賀興一弁護士(大阪弁護士会刑事法制委員会委員長)
資料代:500円(学生300円)
主催:憲法9条の会・関西
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1112.pdf
http://www17.plala.or.jp/kyodo/annai1.html



自民党改憲草案
●10月15日(土) 14:00~16:30 芦屋市民活動センター(リード芦屋。阪神芦屋駅から北へ徒歩5分、JR芦屋・阪急芦屋川駅から南へ徒歩10分)
今こそ知ろう自民党改憲草案
講 師:川元志穂さん(明日の自由を守る若手弁護士の会)
参加費:500円
主催:芦屋「九条の会」
問合せ:090ー7118ー2312(片岡)
http://hanshin204.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/15-05fe.html



労働問題
●10月15日(土) 午後2時~ドーンセンター 5階 視聴覚スタジオ(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
シリーズ「映像から広がる世界―人をたいせつに」
第2回 あってはならない労働者の使い潰し
「アリ地獄天国(仮)」上映
(土屋トカチ監督、2016年パイロット版、日本)
有名なタレントを使ったテレビCMでおなじみのアリさんマークの引越社は、社員やアルバイトに引っ越し荷物や車両事故の弁償をさせ、違法に給与から天引きをしています。弁償金の天引きで給与が減り、長時間労働に追いやられ、過労から事故を起こして弁償金が増えるという悪循環から「アリ地獄」と揶揄されています。この酷い労務管理を改善しようと立ち上がった社員・西村さん(仮名)に対して、会社は懲戒解雇処分をはじめ、さまざまな嫌がらせと妨害を仕掛けてきました。それに屈することなく闘い続ける西村さんの姿を土屋トカチ監督のカメラは追い続けます。完成
間近の「アリ地獄天国(仮)」のパイロット版(40分)を、土屋監督と一緒に見ます。お見逃しなく!
トーク:土屋トカチ
ナビゲーター:小山帥人
定員:85人 要予約(定員になり次第締め切ります)
入場料:1,000円(ヒューライツ大阪会員は500円)
お申し込み:ヒューライツ大阪 webmail@hurights.or.jp 電話:06-6543-7003
https://www.facebook.com/events/1662099910748957/
http://www.hurights.or.jp/japan/new-project/2016/08/1015-2.html



TPP
●10月15日(土) 18:00~20:30 シアターセブン BOX?(大阪・十三)
市民社会フォーラム第184回学習会 十三藝術市民大学 社会学部
どうなる?TPPと医療
講 師:本田 宏さん(NPO法人医療制度研究会副理事長)
報 告:武田かおりさん(AMネット)
安倍政権は秋の臨時国会で、環太平洋経済連携協定(TPP)の批准を進めようとしています。
TPPの大きな狙いは「非関税措置の撤廃」にあり、あらゆるサービスが規制緩和の対象となり、緩められた規制を元に戻せない仕組み(「ラチェット条項」)や、企業や投資家が損害を受けたとすれば「ISD(投資家対国家紛争解決)条項」を用いて相手国を訴えられる仕組みが盛り込まれてます。
TPP批准により、「食の安全」が脅かされ、非正規雇用の増加や賃金低下など労働条件の悪化がますます進行し、公共事業などでは国際入札の義務により地域の仕事が奪われることになりかねません。とくに医療では制薬企業が薬価決定に影響力を及ぼして薬価が高止まりし、高額医療費制度など国民皆保険が崩され、すでに米国の要求に応えている金融・保険では、日本郵政における保険商品販売など、日本国民の命と健康が脅かされることが危惧されています。
また安倍政権は社会保障予算の「自然増削減」を基本方針として、医療制度のかつてない患者国民への負担増を着々とが進めて
います。70~74歳の窓口負担の1割から2割への引き上げ、入院食費の負担増、「患者申出療養」の導入、紹介状なしで大病院を受診した患者からの追加負担徴収はすでに実施され、 国保料引き上げにつながる「国保の都道府県化」、「医療費適正化計画」による給付費の抑制、「地域医療構想」による病床削減などが具体化されようとしています。
さらに、後期高齢者医療の低所得者の保険料の大幅引き上げ、75歳以上の窓口負担の倍増化、高齢者の高額療養費の自己負担額引き上げ、一般病床の入院患者から居住費(水光熱費分)の徴収、市販薬と効能が類似する医薬品の保険外しなどが、来年の通常国会で成立させられようとしています。
TPPと医療制度「改革」で日本はどうなるのでしょうか?どうしてここまで米国と多国籍企業を優遇し、市民に冷たい政治が進められるのでしょうか?長年にわたり外科医として医療に携わりつつ日本の医療崩壊の惨状を訴えてきた本田宏さんと、市民の立場からTPPの問題点を啓発しているAMネットの武田かおりさんに、現状とその背景についてお話しいただきます。
本田 宏(ほんだ ひろし)さん
1979年医師免許取得後は36年間外科医として生活、最後の26年間は全国一医師不足の埼玉県の地域急性期病院(済生会栗橋病院)で勤務。2014年に還暦を迎えたのを機に、15年3月で外科医を引退、医療再生のために情報発信活動に加えて市民活動等へ積極的に参加し、国民の幅広い連帯を目指している。
NPO法人医療制度研究会副理事長。著書に『本当の医療崩壊はこれからやってくる!』(洋泉社)など。
参加費:1000円
共 催:ほんまにええの?TPP大阪ネットワーク、AMネット
お申込みなしでどなたでもご参加できますが、人数把握のためご連絡くださればありがたいです。
メール:civilesocietyforum@gmail.comまで。
https://www.facebook.com/events/285269681850831/
http://shiminshakai.net/post/1685



辺野古新基地問題
●10月15日(土) 15時30分~(毎週土曜日)JR大阪駅南バスターミナル
「辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動」
辺野古の海が埋め立てられないように活動しています。
お時間の許す範囲で、少しでも皆様のご参加お待ちしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/henoko_osaka



辺野古新基地問題
●10月15日(土) 13:00~14:00 神戸マルイ前
HENOKO NO! 沖縄に基地はいらない 
   辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動

沖縄県民に対する不正を止めるために、共に声を上げて下さい。
ツイター・FaceBookで情報発信中{辺野古・神戸}で検索して下さい。
土曜の午後はいつもの時間、いつもの場所で、はじめての方、ちょっとだけ参加、見学、大歓迎。
https://twitter.com/kobekodo/



辺野古新基地問題
●10月15日(土) 毎週土曜日17:00~18:30ごろ 京都市 三条河原町交差点(三条河原町商店街のアーケード前スペース)
沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、
     普天間基地の撤去を求める京都行動

アピール、チラシ配り、新基地建設に反対する署名集めなどなど
http://kyoto-action.jugem.jp/?pid=1
https://twitter.com/ALALALED/status/551165696185344000



憲法カフェ
●10月15日(土) 13:00~パスタフルカフェ マリアン(天満橋 http://www.geocities.jp/bli4103/access.html#
旬の味わい 知っているようで知らない憲法の基礎とミソ
「憲法カフェ ~改憲・護憲・加憲の前に、まずは知憲~」

くつろぎながら、憲法のこと学びませんか?をコンセプトに全国各地で開催されている「憲法カフェ」。 いよいよなべさん応援団で開催です。
ミナセン大阪共同代表で明日の自由を守る若手弁護士の会(通称「あすわか」)でご活躍の小谷成美弁護士がお話しします。
誰にでも、わかりやすくて楽しくて、リラックスした雰囲気の中で、お茶をしながら、まずは国民として憲法の基礎を知ることから始めましょう。
講師:弁護士 小谷 成美さん
憲法カフェ 13:00~14:30
懇親会   15:00頃~ ☆希望者のみ。会費別途。
会費:1000円(会場費とカフェ代)
申込:10月11日(火)までに、お名前、ご連絡先、参加人数をメール又はFAXでお知らせ下さい。
メール:nabesan.ouendan@gmail.dom FAX:06-6210-3009 なべさん応援団まで
どなたでも、ご参加下さい!
主催:渡辺義彦後援会「なべさん応援団」
☆政党党派 主義主張 年齢 性別 財産 身長 体重等に一切関わらず、なべさん(元衆議院議員・生活の党)を酒の肴に遊び 学び自分の考えを持てるようになろうよを主旨とする団体です。
http://www.asuno-jiyuu.com/2016/10/blog-post.html



改 憲
●10月15日(土) 正午~18時 京都市 鴨川の三条大橋の下
改憲をマジで止めたいバンドマン、歌手、百姓、アーティスト、作家、仕事人、無職の人、何か表現する人、しない人★大交流会
改憲を止めたい人、止めたいがどうしたらええかわからず悶々としてる人の交流会です。詳細は未定。今回は、弁護士さんのような専門家をお呼びせず、自前で考え、語りまくりましょう。憲法についての本、グッズ、改憲を止めるアイデア、作戦など持ち込み大歓迎!
※途中参加・出入り自由。ライブのあるバンドマンも、リハの前後にフラッとどうぞ!
※少雨決行ですが、大雨や増水の危険がある場合は屋内会場に変更の予定。
高江現地報告もあり
基地建設に抗議する人々に対し、機動隊が法的根拠のない道路封鎖や市民の拘束を繰り返すなど、まるで改憲後の緊急事態条項が発令されたかのような沖縄・高江。やんばるの森で、この夏から何が起きてるのか?
http://www.kaikenyabai.com/event.html



リニア中央新幹線
●10月15日(土)  14:00~Studio Citizen スタジオ シチズン(阪急電鉄千里線「関大前駅」北改札→北東出口→関大を目指して徒歩5分 サンシャイン関大前3階/Tel.06-4860-6756 http://ameblo.jp/griripon/image-12104035947-13489027111.html)
リニア中央新幹線の最近の動き
ー夢の超特急は百害あって一利なし

お話:春日直樹さん/リニア市民ネット大阪 代表
安部総理は「大阪延伸最大八年前倒し」を表明。財政投融資を活用して財政支援を行うと述べました。当初の総建設費は9兆円を超えます。JR東海が自己資金で行う事業を国は認可しましたが、その認可の前提が崩れた山梨リニア実験線では騒音振動など様々な問題が起きています。リニア沿線予定地でも問題が噴出し、ストップリニアの訴訟も始まりました。
夢を煽るリニアは夢の超特急でしょうか。本当に必要な交通機関でしょうか。リ二ア沿線の最近の動きをお話します 。是非御参加下さい。
主催:古村剛
http://citizen-p.com/event/20161015



社会保障
●10月15日(土) 13時30分~16時 神戸市勤労会館308号(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html
『安心と笑顔の社会保障ネットワーク』結成総会
第1部=記念講演 日下部雅喜さん(大阪社会保障推進協議会)
第2部=結成総会
参加費:500円(資料代)
http://www.portnet.ne.jp/~nsphyogo/topics_160927.html



討論会
●10月15日(土) 18:30~エル大阪 南101号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
「戦争あかん!ロックアクション討論集会」
~ロックアクションのこれまでとこれから~

2013年12月の秘密保護法強行可決に抗議して、1年の期限つきで始まったロックアクション。気がつけばアクションを始めてからすでに2年と10ヶ月がたってしまいました。安倍政権の暴走はおさまらず、社会は悪い方向に向かっていくばかり。こんな時代に、わたしたちはいったい何ができるでしょう?わたしたちはいまなにをすべきか? みんなで話しましょう。
★ロックアクションのこれまでを振り返って
★ミニ学習会
 秘密保護法の現状について
 南スーダンの自衛隊派遣について
★みんなで話し合いましょう!!
 ロックアクションのこれまでとこれから。大阪の市民運動のこれから
https://www.facebook.com/events/993851550744347/



EU 日中関係
●10月15日(土) 13時00分~18時25分 同志社大学烏丸キャンパス志高館2階共同研究室SK288(https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/imadegawa/karasuma.html
2016年第6回関西政治社会学会研究会同志社大学人文科学研究所 共同研究会
参加自由、参加費無料
1部 テーマ「EU問題を正しく理解するために」13時05分-15時35分 (150分)
報告者1、児玉昌己氏(久留米大学法学部教授) 
タイトル 「英のEU離脱の衝撃 現状、意味、理由」(40分)
要旨
イギリスは6月23日の国民投票で、EU離脱を選択した。このことの意味は巨大である。なにより離脱直後の世界経済と為替市場を直撃したことは記憶に新しい。ただし離脱の正式交渉は始まっていず、見えないところも多い。しかしながら、Brexitと呼ばれるイギリスのEU離脱は、すでに当事者であるイギリスの政治はもとより、EU政治と国際政治全般に、多大な影響を及ぼしつつある。本報告では以下の順で、EUを離脱することの意味と理由、英・EUへの今後の影響を分析する。
1) EU離脱の手続開始(リスボン条約50条)をめぐる現状
2) EU離脱の意味
3) EU離脱の理由
4) 離脱はEU内部と国際政治へのインパクト
報告者2、辰巳浅嗣氏 (阪南大学名誉教授) 
タイトル 「Brexit  EUの安全保障・防衛政策に与える影響」(40分)
要旨
イギリスのEU離脱(Brexit)は各政策領域に多大の波紋と衝撃をもたらしたが、EUの安全保障・防衛政策についても例外ではない。EU加盟国の中でイギリスがフランスとともに国連安保理常任理事国であること、NATOの有力な加盟国であることを考えれば、確かにその離脱が与えるショックは少なくない。反面、イギリスは伝統的に大西洋パートナーシップを最重要視し、EUによる防衛協力の強化にはむしろ消極的で、とりわけ「ヨーロッパ軍」の構想には拒否反応を示してきた。Brexitが現実化したいま、中東欧の加盟国を中心にEUでは再び「ヨーロッパ軍」構想が急浮上している。本報告では、Brexit後、リスボン条約(現行EU条約)が掲げる欧州共通安全保障・防衛政策(CSDP)の進展の可能性に注目してみたい。
休憩15時35分-15時50分 (15分)
2部 「日中関係の改善のための現在の中国の正しい理解とは」 15時50分-18時20分  (150分)
報告者1、杉本勝則氏 (北京外大北京日本学中心客座教授) 
タイトル「私の体験的政治論とマスコミの中国報道-中国を見誤らないための注意事項-」  (40分)
要旨
私は、30年以上にわたり参議院事務局・法制局に於いて政治の現場と関わってきた。その体験からマスコミの言っている事の半分は当たっているが半分は当たっていないというのが実感である。これは中国報道にも当てはまるが、日本とでは歴史も文化も、そして何よりも社会体制が異なるのに日本を前提としたものの見方をしていては中国報道が外れるのも当然である。私は学生時代から中国に興味を持ち仕事の傍ら中国研究を進めてきたが、定年を機に中国に留学し各地を歩いてきた。本日は、この中国での体験に加え日本とは異なる中国の体制、歴史を踏まえ、中国についての私なりの見方をご紹介することで皆さんの参考にしていただければ幸いである。
報告者2、松野周治氏 (立命館大学・社会システム研究所上席研究員) 
タイトル 「「中国経済の減速をどうみるか-中国東北(遼寧省)を中心に-」」  (40分)
要旨
2003年以降、10年以上にわたり中国は東北経済振興戦略を展開してきたにもかかわらず、2014年以降、経済成長率は全国平均を下回っている。中でも東北3省合計GDPの約半分を占める遼寧省の落ち込みが大きく、2016年第1および第2四半期、国内で唯一のマイナス成長を2期続けている。東北振興戦略では、国有企業改革、産業構造改善、対外開放の深化が重要な柱とされ、日本企業もそれに関わってきた。ただし、近年日本の投資は伸び悩み、日本との貿易は縮小している。中国東北経済の現状を打破するためには、東北アジア地域協力の深化が不可欠であり、それは日本を含む東北アジア各国の経済発展にとっても必要である。
懇親会 18時40分-20時40分 芙蓉園 http://www.fuyouen.net/
参加費2000円、学生1000円
http://mitsuishi.blogspot.jp/2016/10/6.html



生活者ネット
●10月15日(土) 午後2時~おおきなかぶの家(阪急西向日駅西口北側タバコ屋さん隣)
【もう一度、生活者ネットについて考える】
講師:白井和宏さん(市民セクター政策機構)



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村
プロフィール

Akko

Author:Akko
清志郎大好き。
旅行大好き。
ドイツ大好き。
でも最近忙しくて、旅行に行けません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR