前川前文部科学省事務次官「あったものをなかったものにできない。」からもらった勇気

続きを読む

2017/5/3 憲法こわすな! アベ政治を終わらせよう! 「5.3おおさか総がかり集会」扇町に18000人が集結

戦争あかん!ロックアクションのブログより引用
http://himitsulock.hatenablog.com/entry/2017/05/10/021408



2017年の憲法集会「憲法こわすな! アベ政治を終わらせよう! 「5.3おおさか総がかり集会」」
扇町に18000が集結しました。
 
 @都立有明防災公園 5万5000
 @大阪市扇町公園  1万8000
 @京都円山公園          2800
 https://www.facebook.com/kenpou2015/posts/702647616574133


ステージとデモの様子はこちらからご覧ください。
http://twitcasting.tv/chikapin1/movie/369262027




全員そろって、プラカでアピール
 
集会プラカ全体
集会プラカ全体2

 
ステージには野党が結集。
スピーチにも力がこもっていました。

ステージ全体大2
ステージ全体2大

 
会場はたくさんの人、人、人…。

集会人混み
集会人混み2


ステージでは森友学園問題のアピールも。

森友
 
ロックアクションは西梅田コースの最後尾の隊列で元気よくデモをしました。

デモ
デモ2
デモ3
デモ4
デモ5
デモ6
デモ7
プラカ


みなさん、お疲れ様でした!



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

森友学園問題で、安倍首相がマスコミに圧力をかけたって本当? 菅野完のツイートより

今連日話題になっている森友学園「瑞穂の國小學院」の問題は、もう言うまでもなく皆さんご存じのことと思います。

この森友学園に関する情報です。
菅野完氏(「日本会議の研究」著者)のツイートより。

菅野完 @noiehoie
リークあって、聞いた話によると、いま、まさにこの現在、安倍は赤坂飯店に各社のキャップを呼んで、「森友のこと書くな」との圧力かけとる。これで負けたら新聞社の看板外してまえよ。しかし俺は、各社に、こんな安い圧力に負けない連中がいることを固く信じる。各位!戦え 20:15 - 2017年2月27日


このツイート以外に情報の元はとれていませんが、これが本当なら許されることではありません。
みなさん、ともかくマスコミにアクションを起こしましょう。
連絡先一覧は、とあるMLよりの転載です。リンク切れなど、一部修正しています。
(この連絡先一覧にあるマスコミと、赤坂飯店に行っているとされている人たちが一致しているかどうかはわかりません)

ツイッターのツイート以外の元が取れていないので、わたしは下記のような意見を各社に送っておきました。
社名を入れ替えてコピペするだけなので、簡単な作業です。30分もかかりませんでした。

このリーク情報が本当であれ間違いであれ、 「マスコミと首相の動きを一般市民はちゃんと見ているぞ!」と言うことを知らせるためにも、意見を送りましょう。

************************************
これが本当なら、許されないことです。
こんな露骨な圧力がもしあったとして、
貴社のキャップがもし参加されていて、
それに負けるようならNHKなんてもういらない。

菅野完 @noiehoie
リークあって、聞いた話によると、いま、まさにこの現在、
安倍は赤坂飯店に各社のキャップを呼んで、
「森友のこと書くな」との圧力かけとる。
これで負けたら新聞社の看板外してまえよ。
しかし俺は、各社に、こんな安い圧力に負けない連中がいることを固く信じる。
各位!戦え
*************************************

★★★★★テレビ★★★★★

■■■日本放送協会(NHK)■■■ 〒150-8001 渋谷区神南2-2-1 NHK放送センター
NHK視聴者コールセンター代表電話0570-066066
コールセンターFAX 03(5453)4000
問い合わせ受け付けフォーム
https://cgi2.nhk.or.jp/css/form/web/mail_program/query.cgi
代表電話 03(3465)1111 

■■■日本テレビ放送網■■■ 〒105-7444 港区東新橋1-6-1
視聴者センター部電話 03(6215)4444
受付時間: 午前8:30~午後10:30
報道局FAX 03(3230)1271
問い合わせ受け付けフォーム(インターネット上から出来ます。)
http://www.ntv.co.jp/staff/goiken/form.html

■■■テレビ朝日■■■ 〒106-8001 港区六本木6-9-1
視聴者窓口 (03) 6406-5555 
受付時間:月曜~金曜 8時から「報道ステーション」終了まで
土曜・日曜 10時から18時まで 祝祭日 11時から19時まで
報道局FAX 03(3405)3400
問い合わせ受け付けフォーム(インターネット上から出来ます。)
https://wws.tv-asahi.co.jp/contact_to/

■■■フジテレビジョン■■■ 〒137-8088 港区台場2-4-8
代表電話03(5500)8888  報道局FAX 03(5500)7576
問い合わせ受け付けフォーム(インターネット上から出来ます。)
https://wwws.fujitv.co.jp/safe/contact/

■■■東京メトロポリタンテレビジョン■■■ 〒135-8070 江東区青海2-38
お電話での受付 0570-00-1400
代表電話03(5500)1414 報道局FAX 03(5500)1500
問い合わせ受け付けフォーム
https://s.mxtv.jp/present/webmaster/

★★★★★新聞社★★★★★

■■■朝日新聞東京本社■■■ 〒104-8011 中央区築地5-3-2
【東京本社お客様オフィス】
ご意見:03-5540-7615
お問い合わせ:03-5540-7616
(受付:平日9~21時 土曜は18時まで)
問い合わせ受け付けフォーム(インターネット上から出来ます。)
https://se01.asahi.com/reference/form.html
【大阪本社】
06-6201-8016(受付:平日9~21時 土曜は18時まで)
【西部本社】
092-477-6010(受付:平日9~21時 土曜は18時まで)
【名古屋本社】
052-221-0337(受付:平日9~21時 土曜は18時まで)
【北海道支社】
011-222-5044(受付:平日9~21時 土曜は18時まで)
代表電話03(3545)0131  社会部FAX 03(3545)0285

■■■毎日新聞東京本社■■■ 〒100-8051 千代田区一ツ橋1-1-1 
東京本社   03-3212-0321
問い合わせ受け付けフォーム(インターネット上から出来ます。)
https://form.mainichi.co.jp/toiawase/index.html
大阪本社  06-6345-1551
西部本社  093-541-3131
中部本社  052-527-8000
北海道支社 0570-064-988
代表電話03(3212)0321 社会部FAX 03(3212)0635

■■■読売新聞東京本社■■■ 〒100-8055 千代田区大手町1-7-1 
「読者センター」
お問い合わせ 電話:03-3246-2323
ご意見      電話:03-3246-5858
・午前9時から午後10時まで
問い合わせ受け付けフォーム(インターネット上から出来ます。)
https://contact.yomiuri.co.jp/form/
<大阪本社>
 「読者センター」電話:06-6881-7000
<西部本社>
「読者相談室」電話:092-715-4462
代表電話03(3242)1111 社会部FAX 03(3245)1277

■■■日本経済新聞社■■■ 〒100-8066 千代田区大手町1-9-5 
代表電話03(3270)0251
問い合わせ受け付けフォーム(インターネット上から出来ます。)
https://sch.nikkei.co.jp/nikkeinet/
社会部FAX 03(5255)2633

■■■東京新聞■■■ 〒108-8010 港区港南2-3-13
代表電話03(3471)2211
ご意見・ご要望
outou1@tokyo-np.co.jp
社会部FAX 03(3474)9762

■■■産経新聞東京本社■■■ 〒100-8077 千代田区大手町1-7-2 
代表電話03(3231)7111
問い合わせ受け付けフォーム(インターネット上から出来ます。)
https://sankei.jp/inquiry.html
社会部FAX 03(3275)8750

■■■共同通信社■■■ 〒105-7201 港区東新橋1-7-1 汐留メディアタワー 
代表電話03(6252)8000
feed-back@kyodonews.jp
社会部FAX 03(6252)8761

■■■時事通信社■■■ 〒104-8178 中央区銀座5-15-8 03(6800)1111 
代表電話 03(6800)1111
問い合わせ受け付けフォーム(インターネット上から出来ます。)
https://www2.jiji.com/f/enq/form.php?pid=etc
社会部FAX 03(3543)2165



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

【拡散希望】「テロ等準備罪」=「共謀罪」は「壮大なペテンだ」―国会提出を阻止しよう!

戦争あかん!ロックアクションのブログより引用
http://himitsulock.hatenablog.com/entry/2017/02/11/222957


現在、共謀罪について国会で審議中です。あきれたやりとりにうんざりしてしまっている人も多いかもしれません。
現在の審議で何が問題になっているか、永嶋弁護士がわかりやすくまとめてロックアクションの集会でアピールしてくださっていますので、是非ご覧ください。

音声はこちらから。
 ↓
https://dl.dropboxusercontent.com/u/149608139/170206%E6%B0%B8%E5%B6%8B%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB%E7%99%BA%E8%A8%80.MP3
永嶋弁護士アピール0206


◆大阪弁護士会 永嶋靖久弁護士のアピール◆

(2017年2月6日 戦争あかん!ロックアクション集会&デモ より文字起こし)

『日刊ゲンダイ』が共謀罪について「壮大なペテンだ」と書きました。今、国会で審議しています。毎日審議しているんですが、日々壮大なペテンが明らかになっています。

★ひとつめのペテン
テロ等準備罪=共謀罪が毎日毎日新聞に載っていますけれど、みなさんは、条文を見たことがありますか? 条文をまったく明らかにしないで議論しています。法律というのは条文があってはじめて、どんな場合にその法律が適用されて、どんなふうになるかわかるんです。それがいまだに全くあきらかにされない。3回も廃案になった法律を通すのにいまだに法律の条文を明らかにしないで、夏には都議選があるから「早期成立」とか言ってるわけです。これがひとつめのペテン。

★ふたつめのペテン
「今度の法律は(対象は)組織的犯罪集団だけで、かつ準備行為があって初めて処罰するから共謀罪とは全然違います。一般人には関係ありません」と言っています。けれども、組織的犯罪集団というのは、共謀したら、そこで(その時点で)できるんですよ。だから「テロ組織だとか暴力団に入っていないから関係ありません」というふうにはなりません。

それから「準備行為」のことですけど、人を殺したら殺人罪、物を盗んだら窃盗罪、通貨偽造を準備したら通貨偽造準備罪というんです。人を殺すとか、物を盗むとか、通貨偽造を準備するというのを構成要件、「それをしたら罪になる」というのを構成要件というんです。で、政府が「準備罪、準備行為」と言ってるから、国会で福島瑞穂さんとか民進党の議員が政府に尋ねたんですよ。「準備行為が構成要件なのか」「準備罪になるというのなら、準備行為が構成要件か」と聞いたら、政府は答えない。福島さんが「構成要件だ」と言いなさいよと言ったんだけども法務大臣は「今はそれは明らかにする段階ではない」というんですよ。つまり、準備行為というのは犯罪行為の部分ではないんです。あくまで(準備行為よりも手前の時点にあたる)共謀・計画が犯罪になるんです。だから今回の法案は(以前の)共謀罪法案のままなんです。

「一般人に共謀罪は関係ない」のではなくて、共謀したら(その時点で)「一般人」ではなくなるということなんです。

★みっつめのペテン
政府は「テロ対策の条約を締結するために共謀罪が必要」と言っています。しかし、ちょっと前まで外務省のホームページに「テロ関連条約」というページがあって、そこには「国連では13のテロ対策の条約があり、日本は全部締結しています」、こうはっきり書いてあった。テロ対策の条約は全部締結していると、外務省はずっと言ってきた。それが今、外務省ホームページのその部分を見たら「13のテロ対策の条約を締結しました」と書いて、それまでは「13で全部」と書いていた部分を消している。1月27日にホームページを書き換えました。これはインターネットアーカイブというホームページにいって、外務省のURLを打ち込んだら1月26日まであったホームページがはっきりわかります。ホームページを書き換えるという、そんな姑息なことまでしています。

★4つめのペテン
「テロ対策が不十分。このままでは東京オリンピック、パラリンピックができないといっても過言ではない」と総理大臣は言いました。けれども、この国にはテロ対策というのは十分すぎるほどの法律があります。そもそも総理大臣はオリンピックの招致演説をしたときに「Tokyo is the one of the safest cities in the world 」東京は世界で一番安全な街ですよと言って、オリンピックを招致してるんですよ。それがいまになってこんなことを言い出している。このようにペテンにペテンを重ねている。市民をだまして、その政治的自由を奪おうとしている安倍政府こそが組織的詐欺の犯罪集団だ、そういうふうに言ってもいいと思います。

今朝の日経新聞の社説をご覧になりましたか? 政府のやっていることが理解に苦しむ、何をしたいのかわからない、条約に便乗していっぺんにいろんなことしようとしている、そこまで日経の社説で書かれているんです。
いままでは、これはどういうことかわからなかったから反対の声も広がりにくかったけれども、実際にテロ等準備罪=共謀罪が何なのかということが皆の目にわかれば、絶対に国会提出は阻止できると思います。周りに広げていってほしいと思います。


★大阪では大阪弁護士会が3月10日夜に民主党時代の法務大臣だった平岡さんを呼んで集会をします。3月13日には、昼間12時ですが、弁護士会館前からデモをおこないます。多くのみなさんのご参加を呼び掛けたいと思います。がんばりましょう。
(アピールここまで)


◆関連記事
「今国会でついに「共謀罪」(=テロ等準備罪)提出へ。知っておこう危険な共謀罪のこと」
http://himitsulock.hatenablog.com/entry/2017/01/26/020416


●3月10日(金) 18時30分~大阪弁護士会館2Fホール(京阪「なにわ橋駅」出口1徒歩約5分 地下鉄・京阪「淀屋橋駅」1号出口から徒歩約10分 地下鉄・京阪「北浜駅」26号階段から徒歩約7分 
http://www.osakaben.or.jp/06_access/index.php
共謀罪名前を変えてもレッドカード
~共謀罪法案の問題点を浮き彫りに~

ゲスト:平岡秀夫氏(元法務大臣・弁護士)
主催:大阪弁護士会

●3月13日(月) 12時~大阪弁護士会館前~大阪市役所前
共謀罪反対デモ
主催:大阪弁護士会

大阪弁護士会共謀罪3月イベントオモテ
大阪弁護士会共謀罪3月イベントウラ



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

今国会でついに「共謀罪」(=テロ等準備罪)提出へ。知っておこう危険な共謀罪のこと

戦争あかん!ロックアクションのブログより引用
http://himitsulock.hatenablog.com/entry/2017/01/26/020416



2016年末、強行採決続きの秋の臨時国会が閉会しました。
あれよあれよという間に、とんでもない法案が次々と強行可決されました。

12月9日 環太平洋経済連携協定(TPP)および関連法成立
12月14日 年金制度改革法(年金カット法)成立
12月15日 カジノ法案成立


私たちの生活に大きな影響を及ぼす重大な法案について、ろくな審議も行わず、国会軽視の強行採決を繰り返す安倍政権。
これはもはや数の力にまかせての独裁政治というしかありません。

そして!
安倍政権は、1月20日から始まった2017年通常国会で、さらにとんでもない法案の成立を目指しています。

「テロ等準備罪」=「共謀罪」

少しずつ知られるようになってきましたが、まだ一般には知名度は決して高くないと思います。今からもっともっと反対の声を上げていかないと、またまた手遅れになってしまいます。

◆共謀罪とはどんなものか?◆
「たとえば、いわゆる万引きは窃盗罪ですから、万引きをしようと話し合ったが実行はしなかった場合でも、共謀罪として検挙されうる。他にも、たとえば、公園の公衆トイレに落書きしようとし話し合っただけで、逮捕されてしまう可能性もあります。以前、イラク戦争に反対する男性が、公園の公衆トイレに『戦争反対』と落書きをして、その落書きが建造物損壊罪にあたるとみなされ、有罪判決をうけた判例があるんですね。これまでの法案では建造物損壊罪は共謀罪の対象になっていますから、これも実際に落書きしなくても話して合意したと見なされただけで、逮捕されてしまうということになります」(山下弁護士)(http://lite-ra.com/2015/11/post-1708_2.htmlより引用)

実際には何もしなくても、話し合っただけで犯罪になるんですよ!!信じられますか?
これでは政府に都合の悪いことを言ったり話し合ったりしただけで逮捕された戦前の治安維持法と同じではないでしょうか?


共謀罪についてわかりやすく説明してくれている永嶋弁護士のお話を聞きましょう。


◆2016年10月6日 ロックアクションより◆

音声はこちらから
   ↓   ↓
https://dl.dropboxusercontent.com/u/149608139/161006%E6%B0%B8%E5%B6%8B%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB.MP3

8月26日にマスコミが「共謀罪、名前を変えて国会に提出」と報道した。それにたいして一斉に反対の声が起こった。

また9月16日、菅官房長官が「この国会には共謀罪は出しません」と記者会見で発言している。その前日15日には金田法相がケネディ米大使に会い「テロ対策のため、共謀罪を成立させるために頑張ります」と言ったのにたいし、ケネディ大使は「アメリカも協力します」と答えたことが大きく報道された。

「この国会(2016年秋の臨時国会)には出しません」というのは、「次の国会(2017年通常国会)に出しますよ」という意味だ。そのためには政府は何でもしてくると考えなければならない。

これまでは「悪いことをすると犯罪になり、逮捕される」ということが大原則だったのが、共謀罪ができると「悪いことを相談すると犯罪になり、逮捕される」に変わる。さまざまな修正案、法案の名称変更や要件の変更が言われているが、結局は言葉の言い換えにすぎない。「悪いことを相談すると犯罪になり、逮捕される」という点では全然変わらない。

いままで「悪いことをした時だけ処罰される」となっていたのは、そうしておかなければ、みんなが安心して暮らせないからだ。「何が犯罪で、何が犯罪でないのか」を誰から見てもわかるようにしておかないと怖くて社会生活を送れない。

「どんなことを考えようが、どんなことを議論しようが、それだけで警察に逮捕されることはない」というのが、「自由」や「民主主義」というんだったら大前提だろう。

「テロ対策についてはそんなこと言ってられない」と政府は言っているが、はたして「便所の落書きの相談」や「万引きの相談」を取り締まることが「テロ対策」なのか。

「共謀罪の対象になるのは悪いことを考えたり相談したりする連中だけで、自分はそんなことはしないから大丈夫」という意見があるかもしれない。しかし共謀罪ができると700近くの種類の犯罪にかかわる相談をしただけで犯罪になってしまう。何を相談したら共謀罪に引っかかるのか。何がアウトで何がセーフなのかがわからなくなる。

そうすると、お上にたてついたり、大企業を批判するのは、「どうも危ないんじゃないか」「共謀罪で捕まらんとこ」ということになり、お上にたてついたり、大企業を批判するようなことを言うのはやめようということになってくる。

「安全安心のために悪いことを相談する奴を逮捕する」といって自由に議論することを犯罪にしてしまう社会とは一体何だろうか。それが本当に安全安心な社会なのだろうか。

政府は次の国会には必ず共謀罪を出してくる。それまでの間、彼らは一所懸命、悪知恵を働かすのだろうが、私たちにとっても準備する期間があるわけだから、「絶対に国会に出させない」という取り組みを進める必要がある。

いろんなところで、共同署名や反対声明をよびかける準備が進んでいる。そういう取り組みを見かけたら、是非とも参加してほしい。そして「共謀罪はやっぱりあかんやろ」という声を法務省、自民党、公明党に向けて拡げていこう。
(永嶋弁護士 2016年10月6日の集会アピール)


そして永嶋弁護士のお話の通り、今国会で政府は「共謀罪」の成立要件を絞り込んだ「テロ等準備罪」を提出する予定です。


◆2017年1月6日 ニューイヤーロックアクションより◆

動画はこちらから
   ↓   ↓
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/355013
永嶋弁護士のアピールは、29:00ごろから
永嶋弁護士


昨日今日と、新聞が一斉に報道しています。
昨日午前中、安倍首相が自民党役員会で「共謀罪の早期成立をめざす」と明言しました。午後の与党政府連絡会で「今度の国会は大きな法案の提出が控えている」と言いました。菅官房長官は記者会見で、共謀罪について、「2020年の東京オリンピック、パラリンピックにむけてテロ対策を強化する。テロを含む組織犯罪の防止は国民の要請だ。いままでの国会の審議を踏まえて最終検討に入った」と、言いました。
それから、自民党の二階幹事長は「政府の方針に党も協力していく」と言っています。

新聞報道では「これまでの法案とは違って適用対象を<団体>から<組織犯罪集団>にする」、「<準備行為>を要件にする」、「2020年のオリンピック、パラリンピックにむけたものだ」と。
しかし条文をきちんと読むと、「団体」を「組織的犯罪集団」に変えても、内容は全く同じといってよい。

そもそも国会で官僚が明言しているが、「団体とか組織的犯罪集団は今なくてもよい」んですよ。将来できる団体の活動として二人以上が相談したらアウトですから、何の限定にもならない。

それから「準備」というのも実際は共謀証拠みたいなもので、準備についての相談もいらないし、皆で準備する必要も全然ないわけです。「これは共謀にもとづく準備だ」とでっちあげることができるようなものが何かあったら、それで「準備」になるわけです。

それから15年間ずっと、共謀罪が繰り返し出てきているわけで、東京オリンピック、パラリンピックは口実だというのは明らか。こんなデタラメを言いながら国会に出すしかない法律というのは、それ自体とんでもないことだと思います。

今朝の東京新聞に、沖縄の運動体が、 「こんな法律ができてしまえば、沖縄の運動にもたいへんな影響をおよぼすだろう」と言っていますけれど、まさにそのとおりで、そのための法律なわけです。これから大変な状況になってくるわけですけれども、どんどん反対の声を大きくして絶対に許さないということを目に見えて広げていく必要があるとおもいます。

実は弁護士会のなかにも「共謀罪反対」に反対という人たちがたくさんいて、なかなか機敏な動きが難しいのですが、大阪弁護士会がこのポスターを作りました(写真)。いまちょっとしか手元にないけれども、言っていただいたらお渡しするので、団体の事務所とか、お家で人目に付く所、よそのうちに貼るとまずいですけれども、問題ないところにぜひとも広げていただきたい。それと、同じような内容のチラシを1万枚刷っているので、これも言っていただいたらお送りするのでお願いします。

1月28日に、弁護士会ではなく、僕ら運動体で小倉利丸さんを呼んで、なぜこんなにしつこく共謀罪が出てくるのかということについて一緒に考えたいと思います(下記に詳細)。で、なんでこんなに(くりかえし)出てくるのか。それは、戦争の問題であり、この世のなか全体を(悪い方向に)変えていく動きにほかならないと思うので、そこのところを見ながら、時間はないですけれども、できるだけのことを力を振り絞ってやりきって共謀罪を粉砕していきたいと思います。一緒に頑張りましょう。
(永嶋弁護士 2017年1月6日の集会アピール)


弁護士会のポスター
ポスター



★集会案内★

●1月28日(土) 午後6時~8時 エルおおさか709号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
「誰が・なぜ 共謀罪を必要としているか」
お話し:小倉利丸さん
15年前、法務省は共謀罪について「日本には必要ないが、パレルモ条約(越境組織犯罪防止条約)批准のために必要だ。」と言っていました。最近、与党政治家は東京オリンピックに向けたテロ対策のために必要だと繰り返し発言しています。しかし、越境組織犯罪というのはマフィア型の犯罪のことです。今年10月、条約批准に共謀罪はいらないだろうと国会で質問された法務大臣は「条約解釈は外務省の所管だから答弁できない」と応答しました。他方で、「共謀罪がないと外国為替の決済に支障が起きる」というのが財務省の言い分です。
いったい誰がなぜ共謀罪を必要としているのでしょうか? 2003年、2005年、2009年と3回も廃案になりながら、今また共謀罪の新設が狙われる、その本当の根拠はどこにあるのでしょうか。また、共謀罪の新設は、張り巡らされる監視カメラ・拡大する盗聴等々、進行する監視社会化や南スーダン派兵から始まろうとしている戦争への大きな動きとどう関係するのでしょうか。そして、私たちはどのようにして、共謀罪を阻止し、このような動きを押し止めることができるのでしょうか。
2017年1月に始まる通常国会への提出が必至とされている共謀罪をめぐって、小倉さんといっしょに考えたいと思います。
○おぐら・としまるさんプロフィール
1951年生。経済学者、評論家。専門は現代資本主義論、情報資本主義論。現在、ネットワーク反監視プロジェクト(NaST)での活動をはじめ、インターネットにおける検閲、表現の自由の問題、政府などによる監視システムの問題に広く取り組んできたアクティヴィスト。
ピープルズ・プラン研究所運営委員。法政大学卒、東京大学大学院経済学研究科中退。元・富山大学経済学部教授。
著書は『絶望のユートピア』(桂書房)、『あぶないぞ共謀罪』(海渡雄一との共編著、樹花舎)ほか多数。
資料代:500円
主催:共謀罪に反対する市民連絡会・関西
後援:当番弁護士制度を支援する会・大阪
http://www.alt-movements.org/no_more_capitalism/2017/01/25/20170128osaka/


大阪弁護士会館に掛けられた垂れ幕。気合入ってます!
垂れ幕




クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

2017/1/6(金)18時半~戦争あかん!ニューイヤーロックアクション@中之島公園水上ステージ

戦争あかん!ロックアクションのブログより引用
http://himitsulock.hatenablog.com/entry/2016/12/31/190912


20170106カラーチラシ小

昨年一年はみなさんにとってどんな年でしたか?
日本全体を見渡せば、残念ながら、いい年だったとはとても言えない一年でした。

そして一年の締めくくりが、最後の最後まで国会軽視、民意無視の強行採決の連発で幕を閉じた2016年秋の臨時国会。

でも嘆いている時間はありません。やりたい放題の安倍政権に、今年こそは終止符を打ちましょう。

ロックアクションは今年で4年目に突入します。
寒い中ですが、新年から元気な声を上げていきましょう!

●1月6日(金) 18時半~中之島公園水上ステージ(中央公会堂前)(淀屋橋・北浜5分 京阪なにわ橋1分) 19時20分~デモ出発 
戦争あかん!ニューイヤーロックアクション
「平和のために羽ばたくぞ!」


アピール(順不同) 
・共謀罪について 
・カジノ問題
・米軍Xバンドレーダー基地撤去にむけて
・高浜原発3・4号機再稼働阻止
・沖縄米軍基地問題

主催:戦争あかん!ロックアクション

Facebookイベントページ:https://www.facebook.com/events/659726877540479/





クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村


12.13 カジノ法案強行採決No!‪国会軽視の強行採決に抗議する緊急街宣@ヨドバシカメラ梅田店前‬

カジノNO!


数の力に任せ、国会軽視の強行採決を繰り返す安倍政権。
まともな議論もないまま、次は国民の反対が多いカジノ法案を強引に押し通そうとしています。
国会がまともに機能していない今の政治を、このまま黙って見過ごすわけにはいきません。
国会最終日の前日、ヨドバシカメラ前で抗議の街宣を行います。
野党共闘で、こんな政治はもう終わりにしよう!
みなさま、緊急ですが、ぜひお集まりください。

12.13 カジノ法案強行採決NO!
国会軽視の強行採決に抗議する緊急街宣

~野党共闘で、安倍政権と維新の暴走を止めよう!~

●12月13日(火) 17:30~18:30 ヨドバシカメラ梅田店前(阪急側)

☆各野党参加要請中☆
参加確定政党:共産党・自由党・社民党
呼びかけ:みんなで選挙☆ミナセン大阪
FBイベントページ:https://www.facebook.com/events/1837049369871278/
ツイッター:https://twitter.com/minasen_osaka/status/808262604099465217

ミナセンロゴ



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村


10/6(木)18時半~戦争あかん!ロックアクション集会&デモ@中之島公園水上ステージ

ロックアクションのブログより引用
http://himitsulock.hatenablog.com/entry/2016/10/01/00120


20161006チラシカラーブログ


秘密保護法が強行可決されてから、2年と10ヶ月。戦争法が強行可決されてから1年がたちました。
9月19日、戦争法強行可決一周年には、日本各地で抗議アクションが行われました。
大阪でも総がかり行動が行われ、5000人が集まりました。

市民の抗議の声を無視して暴走を続ける安倍政権。時代はどんどん悪い方向に向かっていくように見えますが、こんな時こそあきらめず声を上げ続けること。それがやがてわたしたちの底力になって行くと思います。

こんな時だからこそ、楽しく元気に声をあげましょう!
ロックアクション34回目のアクションにぜひご参加ください。

●10月6日(木) 18時半~中之島公園水上ステージ(中央公会堂前)(淀屋橋・北浜5分 京阪なにわ橋1分)
10.6戦争あかん!ロックアクション集会&デモ

◆アピール(予定)
共謀罪
秋の臨時国会 TPP
秋の臨時国会 労基法改正案
沖縄高江・辺野古報告
もんじゅ廃炉

◆音 楽
Swing Masaさん

サウンド隊大募集!

20161006チラシカラーFB


10/15(土)には、ロックアクションのこれからをみんなで話し合う討論集会を行います。
みなさん、是非ご参加ください。

●10月15日(土) 18:30~エル大阪 南101号室
「戦争あかん!ロックアクション討論集会」
~ロックアクションのこれまでとこれから~

★ロックアクションのこれまでを振り返って
★ミニ学習会
 秘密保護法の現状について
 南スーダンの自衛隊派遣について
★みんなで話し合いましょう!!
 ロックアクションのこれまでとこれから。大阪の市民運動のこれから

1015討論集会


クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村


今国会で政府がこっそり通そうとしている【現代の治安維持法】「共謀罪」を知っていますか?

「戦争あかん!ロックアクション」のブログより引用
http://himitsulock.hatenablog.com/entry/2016/09/13/000819


秋の臨時国会で政府がこっそり提出し、騒ぎにならないうちにさっさと通してしまおうと狙っている【現代の治安維持法】たる危険な「共謀罪」(テロ等準備罪)
「共謀罪」って怖そうだけど細かいことはわからないという方、とにかく中身を知って、周りに広めて、大騒ぎをしよう。

2016年9月6日の「戦争あかん!ロックアクション」の集会で、永嶋弁護士からいただいたアピールです。とてもわかりやすいお話ですので、ぜひぜひご覧ください。そしてとんでもないこの法案の危険性をたくさんの人に広めましょう。
大きな声を上げて、なんとしても共謀罪の国会提出を阻止しましょう。


■音声はこちらから■
https://dl.dropboxusercontent.com/u/149608139/160906%E6%B0%B8%E5%B6%8B%E3%81%95%E3%82%93%E7%99%BA%E8%A8%80.MP3

20160906永嶋写真


2016年9月6日(火) 「戦争あかん!ロックアクション」集会スピーチより。
「共謀罪について」 永嶋靖久弁護士

永嶋です。共謀罪の話をします。
8/26、朝日新聞が朝刊一面トップで 「共謀罪、要件変え新設案 「テロ等準備罪」で国会に提出検討」という記事を書きました。ちょっと読みます。

「安倍政権は、小泉政権が過去3回にわたって国会に提出し、廃案となった「共謀罪」について、適用の対象を絞り、構成要件を加えるなどした新たな法改正案をまとめた。2020年の東京五輪やテロ対策を前面に出す形で、罪名を「テロ等組織犯罪準備罪」に変える。9月に召集される臨時国会での提出を検討している。」

とこういう記事を書いたわけです。で、26・27日とマスコミがすべて同様の報道を流しました。昨日の新聞記事で公明党の代表が共謀罪の国会提出に理解を示したと、こういうふうに流れています。
ところが政府は慎重に検討していると、その一言しか言いません。
新聞記事でははっきりと、「まとめた」「臨時国会に出る」とかいてある。実際与党の一部議員の間には、政府がまとめた法案が流れています。ペーパーが流れています。しかし一切公式に発表しない。なぜか。
みんなが知らん間にすっと国会通してしまおうと、そういうふうに法務省は考えているわけです。こんな大事なことなのに。
あの市民の自由や人権を脅かす「現代の治安維持法」と言われた法案を国会に出すのに、ぎりぎりまで何も明らかにしない。なんでか。
明らかになったら、三回廃案になったあの法律と実際は同じ法律だ、要件変えた、なまえ変えたっていうけど、おんなじ法律だってことがわかってしまうから、秘密のままにしているわけです。

そしたらその内容は前と同じなのかどうか。簡単に紹介しますね。
いつでもこういう共謀罪のことがでるときは、共謀罪は重大な犯罪を相談しただけで処罰するって始まるのだけど、重大な犯罪かどうか。
これいつも僕言いますけども、公衆便所の落書きの相談、万引きの相談、キセルの相談、こんなんが全部共謀罪に入っています。全部でいまはもう700近いといわれる犯罪の相談が共謀罪になってしまう。

で、今回は前と違って、「準備行為」というのを要件にするから大丈夫ですっていうんですが、本当にそうか。
いまはね刑法に通貨偽造準備罪っていうのがあるんですよ。これは偽金をつくる準備をしたら犯罪になる。どういうことかというと、偽金を作る機械を買いに行く相談をする、偽金を作る紙を買いに行く相談をみんなでする。で、それで納得して誰かが紙を買いに行く、機械を買いに行く。そういうのが準備罪なんです。

ところが今回のこれ、準備罪っていうけれども、相談しただけで犯罪は成立してるんですよ。どんな準備するかという相談はいらない。みんながやってしまおうという相談だけして、みんなの知らんところで誰か一人が、準備行為っていうのは何かというと、何か犯罪に近づいた行為を言うらしいけれども、たとえばATMでお金を引き出す。何のお金かわからないですよ、ATMでお金を引き出す、あ、資金の準備や。電車に乗る、どこいくかわからんけれども現場見に行くんや、もっと言うたら、よっしゃ、と自分で頑張ったら、要するに決意をたかめて準備行為だと言われかねない。
準備行為、準備行為っていうけれども、法案にはなんの縛りもない。
何の身もないものを付け加えているだけです。

それとあともうひとつの売りが、組織的犯罪集団を対象にするというんですけれども、これも新聞読んでもらったらよくわかるけれども、便所の落書きの相談をしたら、そこで組織的犯罪集団が成立するような決め方なんですよ。相談したら組織的犯罪集団が決まる。

繰り返すけれども、結局、要件を変えた、なまえ変えたっていうけども、実際は前の法案とおんなじです。

その前の法案とおんなじということは、便所の落書きの相談、万引きの相談、あるいは電力会社に原発抗議のビラをまきに行く相談。新基地建設反対の抗議行動をする相談。そんなん全部がテロの準備だといえると。そういう法案なんですよ。

おかしいやないか、何がテロやねん。いやいや、テロなんですって。

この前、秘密保護法反対のデモに、これはテロと変わらないと、自民党の幹事長がはっきりいったわけでしょう。
これが、この新法案が、テロの対策だとしたら、これは皆さんの方を向いていると思わないと絶対にだめだと思います。


それと、いままで三回廃案にしたけれども、これまでは今とは違って改悪された盗聴法もなければ、司法取引もなかった。いまは国会で改憲議席が2/3を超えている情勢なわけです。この中で共謀罪が実際に国会で成立したらどうなるか。想像しないといけないと思います。

いまはまだ新聞で記事がでたばかりで、なかなか大きい行動とれてないですけども、とりあえずは法務省と自民党に抗議を集中する。大騒ぎする。個人で、団体で、これについて一生懸命勉強してもらって、法務省なんかはホームページに国民の皆さんのご意見を聞くページがあるから、そういうところから一生懸命抗議を集中してもらって、とにかくちょっとでも国会に出させないような運動をしていこうと思います。一緒に頑張りましょう!



法務省への意見はこちらから
https://www.moj.go.jp/mojmail/kouhouinput.php





クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村




プロフィール

Akko

Author:Akko
清志郎大好き。
旅行大好き。
ドイツ大好き。
でも最近忙しくて、旅行に行けません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR