(10/16更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2017年10月16日(月)~

★10/16追加情報
●10/18(水)までのイベント情報を追加しました。



【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-216.html




●10月16日(月) 19:00~20:00 京橋駅 JRと京阪の間
憲法改悪に反対するビラまき・アピール行動
呼びかけ:リブ・イン・ピース☆9+25
http://www.liveinpeace925.com/schedule/schedule.htm



●10月16日(月) 18:30~20:45 尼崎小田公民館(JR神戸線「尼崎」駅から徒歩5分 http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/map/institution/05_009.html
火山灰問題 パブコメ出そう!学習・座談会
関電の新たな火山灰対策でも、全電源喪失の危険は迫る

特別報告「10/10福島地裁 生業訴訟の勝利判決について」(菅野みずえさん)
原子力規制委員会は、火山灰濃度をこれまでの100倍以上に引き上げる新たな基準を11月頃に策定するため、現在パブコメ(意見募集)を行っています。パブコメの期限は10月20日です。そのため急ですが、学習会を行い、火山灰問題を分かりやすく説明し、議論します。大飯原発の再稼働に関係する問題です。ぜひご参加ください。また、学習・座談会では、国と東電の責任を認めた10日の福島地裁の生業(なりわい)訴訟勝利判決について、現地に行かれていた避難者の菅野さんから最初に報告があります。地裁前の様子、原告・避難者の思い、判決の意義等について話してもらいます。
鳥取県の大山(だいせん)が噴火すれば、大量の火山灰が若狭の原発にも飛来します。再稼働を急ぐ関電は、新基準ができる前の9月に、非常用ディーゼル発電機に新型フィルタを新たに設置して対策は十分だとしています。福井県の原子力安全専門委員会は、新基準も待たずに、関電の対策を現場で確認して再稼働を了承しようとしています。しかし、関電の新方式はいい加減なものです。実物の約400分の1の小型フィルタで簡易試験をやり、フィルタの火山灰吸着能力を勝手に20倍に引き上げています。また、関電の新方式でも非常用ディーゼル発電機が停止して、全電源喪失に陥る危険があるのです。規制委員会は、11月頃に新基準を策定しますが、1年間の猶予を与えようとしています。フィルタ能力の20倍引き上げ等許されない、新基準策定後に審査をやり直し、それまでは動いている原発は停止し、大飯や玄海原発の再稼働は中止するよう意見を出しましょう。
・パブコメの概要 規制庁資料 https://www.nsr.go.jp/data/000203731.pdf
・意見提出はこちらから 
 実用発電用原子炉の設置、運転等に関する規則等の一部改正(案)に対する意見募集について
 https://www.nsr.go.jp/procedure/public_comment/20170921_03.html
 原子力発電所の火山影響評価ガイドの一部改正(案)に対する意見募集について
 https://www.nsr.go.jp/procedure/public_comment/20170921_04.html
参加費:300円
主催:美浜の会 協力:避難計画を案ずる関西連絡会 さいなら原発尼崎住民の会 美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)
TEL 06-6367-6580 FAX 06-6367-6581
http://www.jca.apc.org/mihama/annai/annai_20171016.htm



朝鮮高級学校無償化
●10月17日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



森友学園問題
●10月17日(火) 11時~大阪地裁202号(大法廷)(地下鉄淀屋橋より北東へ8分 大阪市役所の北側、橋を渡り直すぐ http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/)
国有地売却金額非開示国賠訴訟(情報公開請求から損賠に変更)
* 抽選になるかもしれません。傍聴ご希望の方は10時半までにはお越しください。
* 公判終了後、12時半から13時15分まで、大阪府庁前にて、「松井は認可の責任を取れ!」「維新は真相究明を妨害するな!」の抗議行動(朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動と重複する時間帯はボード掲示のみにとどめ、火曜行動終了後にマイクを使って抗議のアピールをします。火曜行動に引き続きご参加いただけると嬉しいです。)



森友・加計学園問題
●10月18日(水) 18:30~20:30 京都大学 文学部新館2階 第3講義室(本部構内の5番と8番のあいだの建物の2階です)(京都大学 文学部)
緊急企画 ひろば「森友・加計学園が問いかけるもの」
この勉強会は、京都大学の学生・教職員だけでなく、市民にも開かれた「ひろば」として開催されます。衆議院が解散し、報道も選挙モード一色となってきました。自由と平和のための京大有志の会では、緊急企画として、森友・加計学園問題をテーマに今日における政治について少し紐解いてみる勉強会を行うこととしました。どなたでも参加できる勉強会です。ふるってご参加下さい。
・池内 了(総合研究大学院大学 名誉教授)
「加計問題が孕む軍事研究-石破4条件と加戸文書から-」
安倍政権は、加計学園を獣医師養成という名目で特別扱いしたといわれていますが、それとともに、さらに感染症対策(危機管理)や生物兵器対策のための拠点とする意図が潜んでいることを、石破4条件と加戸守行文書を材料に考えたいと思います。
・駒込 武(京都大学大学院教育学研究科 教授)
「森友学園問題と教育勅語-『教育再生から日本再生へ』?-」
森友学園の経営する塚本幼稚園の子どもたちが暗唱していたおかげで、一挙に有名になった教育勅語。いまから130年近く前につくられた道徳的な教訓がなぜいま登場するのでしょうか?そもそも教育勅語とはどのようなものであり、その何が問題なのでしょうか?ニッポン、スゴイ!を強調する「教育再生」という動きとの関連の中で考えてみたいと思います。
http://www.kyotounivfreedom.com/news/20171018/



憲法と公共政策
●10月18日(水) 午後6時~午後8時 京都大学公共政策大学院公共政策第一教室(京都大学吉田キャンパス総合研究2号館2階(京都市左京区吉田本町))
2017年度京都大学水曜公開講座
憲法施行70周年と公共政策 第2回「地方自治体の文化政策」

講師:藤井勇治氏(滋賀県長浜市長)
今年は日本国憲法が施行されてから70周年に当たります。憲法については、第9条の解釈や憲法改正の是非に集中した議論ばかりが目立ちますが、公共政策との関わりという視点からみると、憲法は、政策展開を後押したり逆にそれを阻んだりする面があるだけでなく、政策過程のすべてをカバーするわけでもありません。そうした憲法と公共政策との間にある微妙な関係は、これまでの議論ではほとんど取り上げられてきませんでした。このたびの水曜講座では、憲法施行70年を機に、政策に関わる多様な主体に目を向けつつ、さまざまな角度から憲法と公共政策との関わりについて考えてみたいと思います。
受講生:約50~60名(予定) ※社会人、学生等の参加資格の制限はありません。
※基本的に全回出席できる方。
全回出席、所定のレポート(2,000字程度)を期日までに提出された方に本公開プログラム修了証を授与します。
コーディネーター:大石 眞(京都大学名誉教授・連携研究員)
主催:京都大学公共政策大学院社会連携室 後援:大和リース株式会社    
協力:京都大学公共政策大学院同窓会鴻鵠会
https://scc-kyoto-u-sg.com/event/event/2017wed



憲 法
●10月18日(水)~12月16日(土) リバティおおさか(大阪人権博物館)(JR環状線「芦原橋駅」下車、南へ約600メートル http://www.liberty.or.jp/guidance/index.html )水~金10:00~16:00(入館は15:30まで)土13:00~17:00(入館は16:30まで)(日・祝・月・火・第4金は休館)
いまこそ知りたい ! 楽しく学ぼう 日本国憲法
日本国憲法は11月3日で公布後71年を迎えます。私たちはふだんの生活で「憲法」を意識することはあまりありませんが、実は私たちが生きる上でとても大切な役割を担っています。憲法には何が書いてあるの?誰が守らないといけないの?イラスト付き解説や楽しいイベントで、楽しく憲法を学びましょう!!
【展示構成】 
憲法とは何か Ⅱ平和主義 Ⅲ基本的人権 Ⅳ国民主権
入館料:大人500円、大・高校生300円 小・中学生200円 65歳以上300円 障害者(介助者含む)は無料     
全てお子様連れ大歓迎です!事前申込不要ですので、直接会場(リバティおおさか内)へおいで下さい。展示見学には入館料が必要になります。お問い合わせは、あすわか大阪・小谷(06-6315-8284)まで。
主催:あすわか大阪×リバティおおさか
http://liberty.or.jp/img/top/kenpo.pdf



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2017年10月15日(日)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-216.html




●10月15日(日) 13:00~14:45 関電本店前(「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html )集会後、御堂筋デモ
大飯原発うごかすな!関電包囲全国集会
関西電力(関電)は、5月から6月にかけて、脱原発、反原発の圧倒的な民意を踏みにじって、危険極まりないプルサーマル炉・高浜原発4・3号機の再稼働を強行しました。高浜原発運転停止仮処分大阪高裁抗告審での不当決定(3月28日)を受けたものです。
大阪高裁は、抗告審で、政府と関電の主張のみを追認し、原子力規制委員長までもが「安全を保証するものではない」と言う“新規制基準”を「安全基準」と言いなし、この「安全基準」に適合しているとして、高浜原発3・4号機の運転差止め仮処分を取り消したのです。「新安全神話」を作ろうとするものです。
また、原発に「絶対的安全性」を求めるべきではないとしています。人の命と尊厳をないがしろにするものです。
さらに、住民が“新規制基準”に不備があるとするのであれば、それを住民側が立証すべきだとして、「立証能力が無ければ泣き寝入りしろ」と言わんばかりの、裁判制度を根底から揺るがしかねない要求をしています。このような極めて理不尽な決定を根拠にした高浜原発再稼働に、断固とした抗議と反撃をしなければなりません。
一方、関電や政府は、今秋以降の大飯原発3・4号機の再稼働(安全対策工事の遅れにより12月以降にずれ込むとの報道もあり)のみならず、40年越えの老朽原発高浜原発1・2号機、美浜3号機の
再稼動もたくらみ、「原発銀座・若狭」の復活を狙っています。
イタリア、ドイツ、リトアニア、ベトナム、台湾が脱原発に向かい、スイスが国民投票で原発新設を禁止し、韓国が新規の原発建設計画を白紙撤回し、最大の原発依存国・フランスでさえ、17基の35年超え老朽原発の廃炉を発表し、アメリカでも原発からの撤退が相次いでいるという、世界の潮流に逆らい、圧倒的多数の国民の脱原発・反原発の願いを蹂躙するものです。
政府と関電は、若狭の原発を次々に再稼動させることによって、日本中の原発再稼働に弾みをつけ、原発依存時代の再来を狙っています。したがって、画策されている大飯原発再稼働を阻止する闘いは、「原発、是か非か」を問う天王山になります。
原発電気消費地と原発立地での原発NO!の闘いを圧倒的に高揚させ、「脱原発・反原発の民意に逆らったらとんでもないことになる」ことを政府と電力会社に思い知らせ、若狭の原発の全廃を闘いとりましょう!
<集会後、御堂筋デモ>
関電前集会が終わり次第、徒歩で公園に移動します。
集 合:15:15~15:30 うつぼ公園(大阪市西区)17:00頃デモ終了
主 催:大飯原発うごかすな!実行委員会
呼びかけ:原子力発電に反対する福井県民会議 若狭の原発を考える会
連絡先:宮下(原子力発電に反対する福井県民会議)
電話 0776-25-7784 Fax 0776-27-5773 kenheiwa@quartz.ocn.ne.jp
木原壯林(若狭の原発を考える会)
電話 090-1965-7102 Fax 075-501-7102 kiharas-chem@zeus.eonet.ne.jp
https://www.facebook.com/events/1777464535615135/
http://blog.goo.ne.jp/takahamakarakanden/e/8e51a62d9595711899be78efac4014ac?fm=entry_awc



●10月15日(日) 11時~16時半 阪急北千里駅 dios北千里 「出逢いの広場」(田村書店前の周辺)
第9回 福島に募金を送ろう?北千里駅前チャリティーフェスタ
東日本大震災から6年半が経ちました。東北の被災3県では3万3748世帯、7万1113人がいまだに仮設住宅での生活 を余儀なくされています。私たちは震災翌年の2012年から「北千里駅前チャリティーフェスタ」を開催し、福島県の災害、また原発事故被害の救済と復興を支援したいと活動をすすめてきました。残念ながら、まだまだ福島県では震災前のような元気を取り戻していません。被災者の方々は、「私たちの事を、決して忘れないで欲しい」とメッセージを発信され続けています。9回目となる今回は、北千里駅改札口横の物産店広場を中心に多彩な催しをいたします。お出かけや買い物ついでに、ぜひお立ち寄りください、お待ちしていま~す。
主 催:東日本大震災復興支援・さよなら原発第9回北千里駅前 チャリティーフェスタ実行委員会
事務局:北千里駅前革新懇話会  
問い合わせ:服部信一郎 090ー1591ー8920 kitasenrifesta@yahoo.co.jp
*荒天の場合は中止になります。詳しくはお問い合わせください。
https://www.facebook.com/events/119387802082098/
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1646.html



●10月15日(日) 午後1時半集合伏見港公園(京阪中書島駅下車、徒歩3分)2時スタート
ふしみ原発ゼロパレード
10月のパレードはハロウィンパレード。
仮装してる人もしてない人も、魔女もお化けも大歓迎!
多数の参加をお待ちしております。
コース:伏見港公園→中書島駅→龍馬通商店街→納屋町商店街→大手筋→御香宮
http://nonukesfushimi.blog.fc2.com/blog-entry-328.html



経 済
●10月15日(日) 10:00~12:00 ひと・まち交流館京都3階第5会議室 (京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html)
「みんなの社会構想 読書会」
第3回 松尾匡 著「この経済政策が民主主義を救う」を読む

《10月~11月 テキスト》「この経済政策が民主主義を救う」松尾匡 著 
頑張ればみんな報われた時代が過去のものとなり、先行きが見えない今。努力が足りないから、稼げない。楽しみを求める人は、贅沢。倒れた人は、不摂生。ホームレスの人は、怠けている。そのようなバッシングの土壌がなぜできてしまったのでしょうか?みんなが閉塞感や節約生活から解放され心豊かに生きていくためにはどうしたらよいのでしょうか。当面、月1回、原則として『第3日曜日の朝』本を題材に交流します。お気軽にご参加ください。立て直しが可能な今こそ、未来の社会構想を始めましょう。
グローバル・ジャスティス研究会有志
https://www.facebook.com/events/1959729204268989/



憲 法
●10月15日(日) 午後1:30~4:30 阿倍野市民学習センター(地下鉄谷町線「阿倍野」駅7号出口方面からあべのベルタ地下2階通路を通りエスカレーターで3階へ/「天王寺」駅徒歩8分http://osakademanabu.com/abeno/access
リブインピース@カフェ シリーズ憲法と自衛隊 その2
すでに軍事大国になった日本~海外派兵へはフリーハンド

http://www.liveinpeace925.com/schedule/schedule.htm



地方議員
●10月15日(日) 14時~尼崎女性センター・トレピエ(阪急神戸線武庫之荘駅南出口南へ240m http://www.amagasaki-trepied.com/
第六期連続市民講座
第三「安倍利権政治と闘う地方議員の役割」 

講師:木村真豊中市議 ほか
毎年秋に阪神間の各市でおこなわれてきた「市民の力で社会を変えよう!連続市民講座」。今年も9月10日から、ほぼ2週間ペースで12月まで行われるが、12月の最終回を除いて、テーマ、講師、場所が決まった。
費用:毎回500円 7回連続通し券は2000円で、これは友人に貸してもよく、超お得。今からスケジュール帳に、以下の予定を書き込んでいてほしい。
http://hanshin204.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/6-71f9.html
http://www.hhk.jp/member/hyogo-hokeni-shinbun/2017/08/03/files/1853.pdf#search=%27%E3%80%8C%E5%B8%82%E6%B0%91%E3%81%AE%E5%8A%9B%E3%81%A7%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%82%92%E5%A4%89%E3%81%88%E3%82%88%E3%81%86%EF%BC%81%E7%AC%AC6%E6%9C%9F%E9%80%A3%E7%B6%9A%E5%B8%82%E6%B0%91%E8%AC%9B%E5%BA%A7%E3%80%8D%E7%AC%AC%E4%B8%89+%E3%80%8C%E5%AE%89%E5%80%8D%E5%88%A9%E6%A8%A9%E6%94%BF%E6%B2%BB%E3%81%A8%E9%97%98%E3%81%86%E5%9C%B0%E6%96%B9%E8%AD%B0%E5%93%A1%E3%81%AE%E5%BD%B9%E5%89%B2%E3%80%8D++%E8%AC%9B%E5%B8%AB%EF%BC%9A%E6%9C%A8%E6%9D%91%E7%9C%9F%E8%B1%8A%E4%B8%AD%E5%B8%82%E8%AD%B0+%E3%81%BB%E3%81%8B%27



空襲被害者
●10月15日(日) 14時~16時半 原田の森ギャラリー別館401号室(JR神戸線灘駅10分 http://hyogo-arts.or.jp/harada/access.html
映画と講演 空襲被害者ドキュメンタリー上映会
「きずあと101歳戦争と平和のレクイエム」上映

講演:岩崎建弥さん
参加費:500円
灘区・東灘区平和マップを歩く会(078-955-1410築山)
http://www.kinyobi.co.jp/event/20171006_002407.php



朝鮮人労働者
●10月15日(日) 午後0時~神戸電鉄朝鮮人労働者モニュメント前(神戸電鉄湊川駅より徒歩10分、神戸市兵庫区会下山町1丁目。神戸市立夢野の丘小学校南を神戸電鉄に沿って西に200メートル。2つ目のガードを南にくぐると掲示板がある https://www.takatukamonpi.org/backnumber/no-79/%e3%80%8c%e7%a5%9e%e6%88%b8%e9%9b%bb%e9%89%84%e6%9c%9d%e9%ae%ae%e4%ba%ba%e5%8a%b4%e5%83%8d%e8%80%85%e3%81%ae%e5%83%8f%e3%80%8d%e3%81%ae%e9%9b%86%e3%81%84/)※会場の分からない人は、11時30分、神戸電鉄湊川駅改札集合。
2017神戸電鉄敷設工事朝鮮人犠牲者を追悼する集い
神戸電鉄の敷設工事では、13名の朝鮮人労働者が犠牲になりました。1996年、犠牲者を追悼するモニュメント(金城実さん制作)を建て、毎年追悼集会を開催しています。今年は下記のとおり開催します。奮ってご参加ください。
追悼集会終了後、タクシーに分乗して、事故現場のひとつ烏原(からすはら)貯水池公園で焼肉の会です。参加費は、一般3,000円、学生ノンアルコール2,000円。焼肉の会は、要申し込み。下記まで。
主催:神戸電鉄敷設工事朝鮮人犠牲者を調査し追悼する会
   代表 徐根植 事務局長 飛田雄一
TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878 http://ksyc.jp/kd e-mail hida@ksyc.jp
http://civilesociety.jugem.jp/?eid=36968



朝鮮人労働者
●10月15日(日) 13:30~龍谷大学響都ホール校友会館(330席)(京都駅八条口アバンティ9F JR京都駅八条東口より徒歩1分 https://www.ryukoku.ac.jp/ryudaihall/access/
《戦時勤労動員と朝鮮人坑夫たち》ドキュメンタリー映画二本立
『生きた、闘った、そして倒れた』『抗い』

資料代:1000円
主催:NPO法人丹波マンガン記念館 
075-533-7360 npomangan★gmail.com
主催:つながる東アジア多文化交流研究会
共催:立命館大学コリア研究センター
https://www.facebook.com/ARAGAI2017/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2017年10月14日(土)


【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報



『コスタリカの奇跡~積極的平和国家のつくり方~』 (2016年/アメリカ・コスタリカ/90分)
1948年に軍隊を廃止。軍事予算を社会福祉に充て、国民の幸福度を最大化する道を選んだコスタリカの奇跡に迫ったドキュメンタリー
世界には軍隊なしで国の平和を保ってきた国々がある。そんな数少ない国の一つで、1948年に常備軍を解体した国がコスタリカだ。コスタリカは軍事予算をゼロにしたことで、無料の教育、無料の医療を実現し、環境のために国家予算を振り分けてきた。その結果、地球の健全性や人々の幸福度、そして健康を図る指標「地球幸福度指数(HPI)」2016の世界ランキングにおいて140ヶ国中で世界一に輝いているのがコスタリカである。またラテンアメリカで最も安全とされている国でもある。
『コスタリカの奇跡 ~積極的平和国家のつくり方~』は、1948年から1949年にかけて行われた軍隊廃止の流れを追いながら、コスタリカが教育、医療、環境にどのように投資して行ったのかを詳しく説明する。アメリカでは公的債務、医療、そして軍事費が日増しに増大していっていることとは対照的だ。この映画は軍隊廃止を宣言したホセ・フィゲーレス・フェレールや、ノーベル平和賞を受賞したオスカル・アリアス・サンチェスなどの元大統領や、ジャーナリストや学者などが登場する。世界がモデルにすべき中米コスタリカの壮大で意欲的な国家建設プロジェクトが今明らかになる。
公式サイト:https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=48
●9/9(土)~終映日未定 シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
10/7(土)~10/13(金) 15:05(~16:40終)
10/14(土) 15:40(~17:15終)
10/15(日) 17:55(~19:30終)
10/16(月)~10/20(金) 15:40(~17:15終)
10/21(土)・10/22(日) 16:25(~18:00終)
10/23(月)・10/24(火) 14:00(~15:35終)
10/25(水) 休映
10/26(木) 14:00(~15:35終)
http://www.theater-seven.com/2017/movie_costarica.html



『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー』
一握りの砂も、一坪の土地もアメリカのものではない
筑紫哲也 NEWS23」でキャスターを務め、筑紫哲也氏の薫陶を受けた佐古忠彦初監督作品。
テーマ音楽は作品の主旨に共感した坂本龍一がオリジナル楽曲を書き下ろし。
語りには、名バイプレイヤー、大杉漣が参加。
アメリカ占領下の沖縄で米軍に挑んだ男 瀬長亀次郎のドキュメンタリー映画。
なぜ沖縄の人々は声を上げ続けるのか、その原点はカメジローにあった──。
第二次大戦後、米軍統治下の沖縄で唯一人"弾圧"を恐れず米軍にNOと叫んだ日本人がいた。「不屈」の精神で立ち向かった沖縄のヒーロー瀬長亀次郎。民衆の前に立ち、演説会を開けば毎回何万人も集め、人々を熱狂させた。彼を恐れた米軍は、様々な策略を巡らすが、民衆に支えられて那覇市長、国会議員と立場を変えながら闘い続けた政治家、亀次郎。その知られざる実像と、信念を貫いた抵抗の人生を、稲嶺元沖縄県知事や亀次郎の次女など関係者の証言を通して浮き彫りにしていくドキュメンタリー。
JNNだけが持つ、当時の貴重な資料映像の数々をふんだんに盛り込んだTBSテレビが本気で製作した映画が遂に公開。
2016年TBSテレビで放送されたドキュメンタリー番組が、第54回ギャラクシー賞月間賞を受賞するなど非常に高い評価を得ており、映画化を熱望する声を受けて、追加取材、再編集を行って映画化。沖縄戦を起点に、今につながる基地問題。27年間にわたったアメリカの軍事占領を経て、日本復帰後45年が経っても、なお沖縄に基地が集中するなか、沖縄の人々が声を上げ続ける、その原点…。それは、まさに戦後の沖縄で米軍支配と闘った瀬長亀次郎の生き様にあった。JNNだからこそ保存されていた貴重な未公開映像やインタビュー、そしてアメリカ取材を交えて描き切る。
●9/16~10/20 第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
10/7~10/13 10:00(~11:55終)
10/14~10/20 15:50(~17:40終)
http://www.nanagei.com/movie/data/1173.html
http://www.nanagei.com/movie/schedule.html
●9/25(土)~終映日未定 シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
10/14(土) 13:00(~14:52終)
10/15(日) 休映
10/16(月)~10/20(金)  13:00(~14:52終)
10/21(土) 以降未定
http://www.theater-seven.com/2017/movie_kamejiro.html



『人生フルーツ』
人生は、だんだん美しくなる。
むかし、ある建築家が言いました。家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない。
愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てた家。四季折々、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実が、妻・英子さんの手で美味しいごちそうにかわります。刺繍や編み物から機織りまで、なんでもこなす英子さん。ふたりは、たがいの名を「さん付け」で呼び合います。長年連れ添った夫婦の暮らしは、細やかな気遣いと工夫に満ちていました。そう、「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」とは、モダニズムの巨匠ル・コルビュジエの言葉です。
かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきました。1960年代、風の通り道になる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウン計画。けれど、経済優先の時代はそれを許さず、完成したのは理想とはほど遠い無機質な大規模団地。修一さんは、それまでの仕事から距離を置き、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめました─。あれから50年、ふたりは、コツコツ、ていねいに、時をためてきました。そして、90歳になった修一さんに新たな仕事の依頼がやってきます。
本作は東海テレビドキュメンタリー劇場第10弾。ナレーションをつとめるのは女優・樹木希林。ふたりの来し方と暮らしから、この国がある時代に諦めてしまった本当の豊かさへの深い思索の旅が、ゆっくりとはじまります。
●10/7(土)~終映日未定 シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
10/7(土)~10/13(金) 10:35(~12:11終)
10/14(土)~10/20(金) 17:45(~19:18終)
10/21(土) 以降未定
http://www.theater-seven.com/2017/movie_jinsei-fruits.html



政 治
●10月14日(土) 13:30~PLP会館(JR天満駅・地下鉄扇町駅徒歩5分 http://www.mapion.co.jp/m/34.698775_135.5148611_8/v=m5:%EF%BC%B0%EF%BC%AC%EF%BC%B0%E4%BC%9A%E9%A4%A8/ ) 
みずほ塾
第2回「森友問題から見る自治体議員と国会議員のがんばり」
講師:木村 真・福島みずほ
・第3回「貧困と格差~人が大切にされる政策の実現をめざして」莊保共子・大椿祐子・福島みずほ
 11月4日(土)13:30~13:30 PLP会館5階大ホール
主催:女性と政治 エンパワメント実行委員会
参加費:¥3000(3回通し前納) 1回¥1000
連絡先:0725-56-9233
https://jimmin.com/events/event/%e3%81%bf%e3%81%9a%e3%81%bb%e5%a1%bein%e9%96%a2%e8%a5%bf/



辺野古新基地建設
●10月14日(土) 15:00~18:00 神戸中華会館東亜ホール(三宮 https://www.mapion.co.jp/m2/34.69326138,135.1889902,16/poi=0000TOAH_001pa
目取真俊講演会
辺野古新基地建設を止めるために

参加費:500円 学生低所得者:300円、高校生以下無料
講演会後デモします。
主催者: 市民デモhyogo
https://www.facebook.com/events/694189767458728/



辺野古新基地問題
●10月14日(土) 15時30分~(毎週土曜日)JR大阪駅南バスターミナル
「辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動」
辺野古の海が埋め立てられないように活動しています。
お時間の許す範囲で、少しでも皆様のご参加お待ちしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/henoko_osaka



辺野古新基地問題
●10月14日(土)  13:00~14:00 神戸マルイ前
HENOKO NO! 沖縄に基地はいらない 
   辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動

沖縄県民に対する不正を止めるために、共に声を上げて下さい。
ツイター・FaceBookで情報発信中{辺野古・神戸}で検索して下さい。
土曜の午後はいつもの時間、いつもの場所で、はじめての方、ちょっとだけ参加、見学、大歓迎。
https://twitter.com/kobekodo/



辺野古新基地問題
●10月14日(土)  毎週土曜日17:00~18:30ごろ 京都市 三条河原町交差点(三条河原町商店街のアーケード前スペース)
沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、
     普天間基地の撤去を求める京都行動

アピール、チラシ配り、新基地建設に反対する署名集めなどなど
http://kyoto-action.jugem.jp/?pid=1
https://twitter.com/ALALALED/status/551165696185344000



リニア
●10月14日(土) 14:00~16:30 エル・大阪南館734号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
ドーンセンター
第11回リニア勉強会                   
「リニア新幹線に未来はあるのか」~高速化を考える
大阪府知事、大阪市長、大阪の経済界はリニア推進を表明しています。大阪延伸を目指した動きが加速化するでしょう。波及効果を宣伝するリニア事業です。夢の超特急リニア新幹線は500㌔のスピード社会を目指しています。
リニアはどのような影響をもたらすのでしょう。安全性は確保できるのでしょうか。
高速移動が必要とされる私たちの社会や暮らしを想像して下さい。リニアは未来社会に必要なものとなるのでしょうか。
鉄道の高速化を安全面や環境面や輸送コスト面など様々な視点から考えてみませんか。
西川さんに「リニア新幹線に未来はあるのか」をお話していただきます。是非ご参加をお待ちしています。
講師:
西川栄一氏 (神戸商船大学名誉教授)
工学博士:専門は機械工学、交通機関工学、環境工学。著作:リニア中央新幹線に未来はあるか(自治体研究社)のほか多数。
*終了後懇親会(17:30~19:00)を実施します。
資料代:500円
申し込み:参加希望者はお名前、ご住所、電話番号を(財)日本熊森協会(今井)までお知らせください。
電話0798-22-4190 FAX0798-22-4196 メールcontact@kumamori.org
先着70名です。参加者把握のため、事前申し込みをお願いします。当日参加も可です。
主催:リニア市民ネット・大阪 後援:一般財団法人日本熊森協会 
連絡先:リニア市民ネット・大阪  090-5640-0396 (春日)
http://www.freeml.com/kdml/10971/latest



タチソ
●10月14日(土) 午前10時~クロスパル高槻(総合市民交流センター)5F視聴覚室(JR高槻駅中央改札口を右へ出て京都方面線路沿い
http://loco.yahoo.co.jp/place/g-6msUDgCskbU/)
2017高槻「タチソ」見学会のご案内
1945年の敗戦から72年もの歳月が流れ、太平洋戦争後に生まれた人がすでに全人口の80%以上になりました。そして、例えば、「1945年8月15日」に何があったのか知らない、あるいは、教えられたとしても覚えてさえいない人々が増えています。
私たちが住む高槻市の山間部、JRや阪急の駅から北へバスで約15分の成合地区には、日本軍による戦争の愚かさを訴える地下工場跡(トンネル群)が今も残っています。当時、これらのトンネルは「タチソ」と呼ばれ、積み重ねられた研究により、日本人に対しては土地の強制収用や勤労奉仕があり、朝鮮人に対しては強制連行や強制労働があったことが明らかになっています。最近、数多く発行されている“戦争遺跡案内”の本にも紹介されています。しかし、地下工場の実態は市民にはまだまだ知られていませんし、行政機関は保存を明言せず、長年の風雨にさらされ、現場は崩壊が進みつつあります。
私たちは、戦争の悲惨さ、無意味さを1人でも多くの方々に伝え、その実態を知っていただくことが“戦争”のない世界に生き、平和を希求する入間の義務ではないかと考えます。
※事前申し込み不要 ※少雨決行 ※参加費(資料代込み) 500円 市バス往復440円
行   程
・上記の視聴覚室にて35分間のビデオを視聴を含め約1時間レクチャー
・11時~12時、各自昼食を済ませ、
・12時にJR高槻駅南側のバス停(6番乗り場)より市バスに乗車
・バス停「成合中町」下車。徒歩(約15分)で現地到着。見学開始(約2時間)
※懐中電灯を必ずご持参ください。また汚れても良い服装・靴でご参加ください。
※午前中のクロスパル高槻でのレクチャーには参加せず、12時からの参加も可能です。
主催:高槻「タチソ」戦跡の保存の会
問い合わせ先:090-4274-5922(橋本)
http://civilesociety.jugem.jp/?eid=37003



部 落
●10月14日(土) 10:00~16:00 神戸市勤労会館(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html
部落解放研究第38回兵庫県集会
10:20~10:35
「部落差別解消推進法」の制定の意義
 報告者:坂元三郎(部落解放同盟兵庫県連合会委員長)
10:40~12:00
記念講演:仲岡しゅんさん(弁護士)
『性とは?自分らしさとは?-セクシュアルマイノリティの人権課題』
13:00~16:00 分科会
【第1分科会】『今も残る部落地名総鑑事件と人権啓発のとりくみ』
 報告者:中島芳明さん、橋本貴美男さん、中井雅人さん
 司会:西本公仁さん
【第2分科会】『沖縄の問題は、人ごとですか?~映像から考える沖縄の現実』
 報告者:森哲二さん
 司会:西岡裕さん
【映画上映】『標的の島 風かたか』
【第3分科会】『道徳の教科化に対応した今後の人権教育』
 報告者:大野圭一さん、木村直人さん、西本正仁さん
 司会:石元清英さん
【第4分科会】『障碍者のいのちは健常者より軽いですか?~相模原事件から考える』
 パネリスト:奈良崎真弓さん、山田剛司さん、船橋裕晶さん
 司会:栗山和久さん
【第5分科会】『ヘイト・スピーチ解消法施行から1年―現状と課題』
 報告者:石橋学さん、金光敏さん
 司会:北川真児さん
申込書:http://blrhyg.org/workshop/img2/moushikomi2017.pdf
http://blrhyg.org/workshop/workshop.html
http://blrhyg.org/workshop/img2/kenken2017.pdf



朝鮮学校無償化
●10月14日(土) 18:00~20:00 神戸市立新長田勤労市民センター別館(ピフレホール)3階会議室A(JR・地下鉄新長田駅南西5分、東急プラザビル3階  http://www.mapion.co.jp/m2/34.65648126,135.14462034,16/poi=0786432431-002
朝鮮学校にも学びの権利を!~無償化裁判を追う~
★高校無償化裁判勝利・朝鮮学校補助金削減反対!全国行脚報告=長谷川和男
★大阪無償化裁判全面勝訴判決の道のりと意義についてお話~金星姫弁護士
参加費700円(資料代)
お問合せ:I女性会議ひょうご 078-360-4674 / 女性同盟兵庫県本部 078-646-9185



性暴力
●10月14日(土) 13時半~16時半 兵庫県弁護士会館4階講堂(JR神戸駅北へ徒歩5分 http://www.hyogoben.or.jp/access/)
シンポジウム「性暴力と刑法~110年目の改正と課題~」
角田由紀子氏、島岡まな氏、ヤマトミライ氏、長谷川京子氏等による報告・講演・パネルディスカッション。
主催:兵庫県弁護士会?078-341-7061 
参加無料・申込不要
http://www.hyogoben.or.jp/topics/pdf/171014symposium.pdf



ミュージカル
●10月14日(土) 15:00~右京ふれあい会館(JR花園下車5分 http://www.kyoto-ongeibun.jp/ukyo/map.php
「月桃の花」歌舞団京都公演
ガマ人間あらわる

私のいのちは、私のものだ。私が決める?
「絶望」を笑いとばせ!
「北のシマ」で生まれ育った島野のぞみ(24歳)は、東京で働く座間味素(29歳)と
遠距離恋愛中だ。20○○年3月11日のぞみは妊娠に気づく。同じ日に「このシマ電力第1原発」が爆発事故を起こし放射能を撒き散らす。「え?原発ってここにあったん?」と天然ののぞみに「マジヤバい!逃げろ!」と姉の沙織(30歳)。「じゃ、一緒に!」「ダメ、私は残る...」彼女は1歳の娘と避難したいが夫や親が反対なのだ。のぞみと沙織の別離。
のぞみの転がり込んだのは座間味素直の故郷「南のシマ」。そこには東京からの避難者だという安倍剛(39歳)が場違いなスーツ姿で座っていた。実は、「追い出し部屋」から必死の思いで「避難」したのだ。彼らにとって「南のシマ」は原発の無い「平和なシマ」、心安らぐ「癒しのシマ」、、のはずだったがオスプレイは飛ぶわ、米軍ヘリは落ちるわ、すぐそばの台湾原発はヤバイわ、もう踏んだり蹴ったり状態である。
命の使い捨て社会を笑い飛ばす希望のミュージカルコメディ
3年にわたる福島・沖縄現地取材と交流の中から生み出された「月桃の花」歌舞団の最新作、「ガマ人間あらわる」フクシマ・オキナワとつながって命の使い捨て社会を笑い飛ばす希望のミュージカルコメディです。原発、戦争、労働破壊・・命を脅かすできごとに心を痛める人へ、希望のある未来を探す人、この時代をともに生きるすべての人に贈ります!ガマワールドへ、ようこそ!第1部 京都朝鮮歌舞団と和楽器奏者山本朗生さんのコラボ、「月桃の花」歌舞団エイサー
第2部 ミュージカル「ガマ人間あらわる」
チケット前売料金:一般2000円 学生・障がい者・非正規1000円 高校生以下500円 原発事故避難者500円
主催:「ガマ人間あらわる」京都公演実行委員会 TEL:080-4821-8199 (実行委員長:小山田春樹)
https://www.facebook.com/events/267486060414093/
https://twitter.com/katsuhiro223/status/898157773959028736



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村




(10/10更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2017年10月9日(月)~13日(金) 

★10/10追加情報
●10/13(金)までのイベント情報を追加しました。



【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-213.html




●10月9日(月) 14:00~東遊園地(神戸市役所となり)(JR三ノ宮駅から徒歩で約5分 https://next.jorudan.co.jp/trv/hyogo/6607.html)15:0~0出発
反放射能 反原発アートデモ『10.9イノチアクション』
主催:イノチコア
https://jimmin.com/events/event/%e5%8f%8d%e6%94%be%e5%b0%84%e8%83%bd-%e5%8f%8d%e5%8e%9f%e7%99%ba%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%87%e3%83%a2%e3%80%8e10-9%e3%82%a4%e3%83%8e%e3%83%81%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3/



教育勅語
●10月9日(月) 14:00~エルおおさか南館734(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
安倍の改憲策動と「教育勅語」教育は何をもたらすか?
高作正博さん講演会

 モリ・カケ隠し解散から改憲~「戦争する国」を狙う安倍政権を許すな!
安倍首相は、自ら煽っていた「朝鮮ミサイル危機」の最中に、また「仕事人内閣」がまだ仕事もしないまま、臨時国会冒頭解散(10月22日投開票)。森友・加計問題での追及を避け(「丁寧に説明」との言葉はどこへ?)、野党の準備の整わないうちに、というまさに「自分勝手」解散です。
この間、森友問題でも、国有地8億円を値引きした根拠とされるゴミはなかったこと、財務省はそれを知りながら値引きの口実として使った(というよりむしろそのことを森友側に示唆・提案していた)ことなどを裏付ける音声記録も出てきています。財務省の職員だけでこんな重大な判断ができるのか、どんな圧力があったのか等が追及されるはずであった臨時国会が抹殺されたわけです。
このアベの判断の裏には、自らの延命のみならず、あくまでも来年国会での改憲発議・2020年施行するとの意図があります。過去最大の5兆2551億円の防衛予算の要求(事故続きのオスプレイはもとより、イージス・アショア導入も)や朝鮮の核・ミサイルを口実にした「敵基地攻撃能力保有」の自民党提言(さらには核保有論も)等、安保法制・改憲とセットになった「戦争する国」への準備が着々と推し進められています。その後の小池新党への民進党「合流」・立憲民主党結成等の中で、選挙と選挙後の動向は流動的ですが、安倍+小池・維新の連携の危険性も含めて、改憲阻止の闘いは正念場を迎えています。
市民・野党の共闘や3000万署名、戦争動員教育反対の闘いで改憲阻止を!
 総がかり行動実行員会や九条の会も参加する「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」は3000万署名を開始(第1次集約12/20、第3次5月末)。こうした市民を中心に野党勢力・宗教団体も含めた幅広い共闘の力で反対・阻止の声を拡大していかねばなりません。また「戦争する国」に人々を動員するための教育(「日の丸・君が代」強制、道徳の教科化、教育勅語の活用等)に対決する闘いがますます求められています。
 講演では、「戦後レジューム」とは何か、安倍政権下で進む「憲法秩序」の破壊(特に内心の強制と精神的自由―不起立訴訟、教育勅語等)、安倍首相による「9条3項加憲論」とテロ等準備罪、私たちの選択肢(選挙前に考えるべきことも含め)等が提起されます。公示前日でもあり、何かとお忙しい中と存じますが、皆様のご参加を呼びかけます。
主 催:「日の丸・君が代」強制反対・不起立処分を撤回させる大阪ネットワーク
http://www7b.biglobe.ne.jp/~hotline-osaka/



天皇制
●10月9日(月) 午後6時30分~9時 淀川区民センター(阪急十三駅 徒歩7分 https://www.osakacommunity.jp/yodogawa/access.html
天皇出席の福岡「海づくり大会」反対 ! 10・9大阪学習集会
この間の「海づくり大会」(天皇の公的行為)反対闘争をふりかえって
発題:天皇アキヒトの「象徴の務め」(公的行為)とは何か
参加費(資料代):500円 (経済的に厳しい方は受付まで)
主催:参戦と天皇制に反対する連続行動
http://www17.plala.or.jp/kyodo/



ドキュメンタリー上映会
●10月9日(月) 18時半~大阪市北区民センター(地下鉄堺筋線「扇町」2号-B出口北へ3分/JR環状線「天満」西へ3分 北区役所隣 http://www.osakacommunity.jp/kita/b1_hall.html)
ドキュメンタリーを視て語るつどい
映像の世紀プレミアム「アジア自由への戦い」(BSプレミアム)と「なぜ日本は焼き尽くされたのか~米空軍幹部が語った真相」(BS1スペシャル)を上映。
会場費:300円
映像で現代を語る会(090-5151-9763中森)



●10月10日(火) 14:30~(整理券配布13:30~14:00)大津地方裁判所(大津駅から琵琶湖方面へ徒歩約3分 http://www.courts.go.jp/otsu/about/syozai/otumain/index.html
原発本訴第16回期日
15:30~16:00 滋賀弁護士会にて記者会見・報告集会
※14:00~14:30 原告&被告代理人と裁判所で進行協議、内容は記者会見・報告集会で報告
http://www.nonukesshiga.jp/



●10月10日(火) 午後18時30分~現代医学研究所(川合診療所)(京阪三条東北角のだん王法林寺から東へ約50m田中ビル2階)
環境問題研究会10月例会
福島・放射能汚染のガラスバッジによる測定について -宮崎・早野論文に重大な疑義-
話題提供:山田耕作さん(反戦老人クラブ・京都 )
問合せ:事務局:石田紀郎
TEL: 075-711-4832



●10月10日(火) 11:00~16:00 モモの家(阪急吹田駅から歩いて5分 JR吹田駅から歩いて12分 http://www.momo-family.org/?page_id=9
かえるCafe 
東日本大震災で避難してこられたみなさん そして心をよせる関西のみなさん
ほっとして 出会って 語りあって つながろう
草木染や手仕事などもやってます。
飲み物:300円
Menu:デトックス茶 有機栽培コーヒー 黒煎り玄米コーヒーなど
※避難者さんは交通費半額補助します
http://happy.ap.teacup.com/momonoie/



●10月10日(火) 18:30~21:00 モモの家(阪急吹田駅から歩いて5分 JR吹田駅から歩いて12分 http://www.momo-family.org/?page_id=9
しえんほうカフェ
しえんほう=「原発事故・子ども被災者支援法」って、なんだろう?
ゆっくり、じっくり、改めてイチからおさらいしてゆきます。
ひとりひとりの理解のペース、感じていること、思っていることを大切にするお茶会です。
参加費:(一般)800円
参加予約:できれば事前に連絡お願いします。
お問合せ・申し込み先:モモの家
TEL 06-6337-8330 E-MAIL office@momo-family.org
http://happy.ap.teacup.com/momonoie/



朝鮮高級学校無償化
●10月10日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



■10月10日(火) 午後09:00~10:00 NHK BSプレミアム
アナザーストーリーズ「発見!ナチス略奪絵画 執念のスクープの舞台裏」
2012年、ドイツのマンションの一室で、ナチスによって強奪された1200点もの絵画が発見された!中にはピカソ、ルノワール、マティスなど世界的巨匠の名画が!世紀の発見のきっかけはある老人のささいな疑惑。だがその裏に数々の謎が…。なぜ当局は発見を1年以上も公表しなかったのか?自室で絵画を隠し続けていた、幽霊のような男の正体とは?第2次大戦の混乱と真実、歴史の闇を掘り起こした記者たちの舞台裏!
http://www4.nhk.or.jp/anotherstories/x/2017-10-10/10/12651/1453073/



水問題
●10月11日(水) 午後6時半~エルおおさか(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
「ボリビアから世界へ」講演会プレ学習会・第2回実行委員会のご案内
第1部 学習会
「水は誰のもの? 水への権利をめぐる世界と日本の動き」
お話:武田かおりさん(AMネット)
※入場無料、第1部のみのご参加も歓迎です。
第2部 第2回実行委員会
(プログラムの決定、宣伝・賛同人拡大など)
呼びかけ:AMネット ATTAC関西グループ
連絡先:AMネットamnetosaka@yahoo.co.jp
プロフィール
パブロ・ソロンさん
元ボリビア多民族国・国連大使(09年1月~11年6月)「水に関わる人権」、「国際マザーアースデー」、「自然との調和」などの決議の採択に尽力。世界社会フォーラムなどでクライメート・ジャスティス(公正な気候変動対策を)の運動を呼びかけ。現在、ソロン財団代表。
マリー・ルーさん 
グローバル森林連合。フォーカス・オン・ザ・グローバルサウス(新自由主義に反対する研究・運動団体)、ビア・カンペシナ(国際的な農民団体)などのNGOでWTO反対、食料主権の運動のコーディネーターとして活躍。現在はボリビア在住。
http://attackansai.seesaa.net/index-2.html



選挙期間中のため中止
●10月11日(水) 18:00~19:00 ナビオ西北側
10・11共謀罪は廃止!街頭宣伝
主 催:共謀罪あかんやろ!オール大阪




●10月12日(木) 14:00~17:00 彦根市民会館(JR彦根駅徒歩約8分 http://www.city.hikone.shiga.jp/0000002017.html
アヤ・ドメニック監督を迎えて
上映会とおはなし「太陽が落ちた日」上映

アヤ・ドメニックさんのおはなし
ドキュメンタリー映画「太陽が落ちた日」2015 78分 日本語版
1945 年8 月6 日広島原爆投下時、アヤ監督(スイス在住)の祖父・土井茂さんは広島赤十字病院内科医であった。その日から祖父は被爆者の治療に奔走した。しかし、祖父はそこで見たこと、体験したことを生涯を通じて決して語ることはなかった。
2010 年祖父の足跡を巡っていくうちに、同じような体験をした看護師や医師に巡り合う。そして、2011 年3 月11 日東電福島第一原発事故が起った。
被爆の歴史と福島で現実に起きていることのつながりを知ったアヤ監督は、口を閉ざした祖父に想いを馳せる。祖母・清美さんや当時広島日赤病院看護師だった内田千寿子さん、内部被曝を訴え闘い続けた肥田舜太郎医師らに何度も会い、彼らの語りを聴き、放射線内部被曝と向き合う。
アヤ・ドメニック監督
1972 年生まれ。4 歳からスイスで育つ。チューリッヒ大学で文化人類学・映画学・日本学を、チューリッヒ芸術大学で映画/ ビデオを学ぶ。現在フリーランスとして監督、カメラ、ビデオ制作に携わっている。
上映協力費:500円 
主催:彦根・愛知・犬上 原発のない社会を作る会
協力:乳歯保存ネットワーク
http://sokuteisitu.plumfield9905.jp/2017/10/05/%e3%83%89%e3%82%ad%e3%83%a5%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%83%bc%e6%98%a0%e7%94%bb%e3%80%8c%e5%a4%aa%e9%99%bd%e3%81%8c%e8%90%bd%e3%81%a1%e3%81%9f%e6%97%a5%e3%80%8d%e3%81%ae%e7%9b%a3%e7%9d%a3/



まちづくり
●10月12日(木) 午後7時~午後9時 藤井寺市立市民総合会館分館(土師ノ里駅前 https://www.mapion.co.jp/m2/34.57260159,135.61477077,16/poi=22730538230
中・南河内自治体学校 プレ学習会 
人口減少とまちづくりの展望(仮題)
講演:森 裕之 氏(立命館大学教授)
主催:中・南河内自治体学校実行委員会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1012.pdf



森友学園問題
●10月12日(木) 18時~19時 阪急宝塚線「蛍池」駅頭(阪急の改札を出てルシオーレ、モノレールの方へ向かったところ)
森友学園問題マイクアピールとビラ撒き
主催:森友学園問題を考える会



●10月13日(金) 13時~17時30分 上智大学 大阪サテライトキャンパス(「サクラ ファミリア」(大阪梅田教会)の2階)(中津駅4番出口徒歩2分 阪急梅田駅茶屋町口徒歩4分 https://loco.yahoo.co.jp/place/g-PUPNUSpsJhs/map/)  
3.11避難者と避難者に心を寄せてくださる皆さまのための Free English Cafe&情報交換会
3.11避難者と避難者に心を寄せてくださる皆さまへ
Free English Cafe のご案内です。ご関心のある方々をご招待いたします。英会話のスキルUPにご活用ください(^^)
タイムテーブル:
1:00-3:00 Free English Cafe with Evacuees and Friends
3:00-5:30 自由学習・情報交換のための交流会
※English Cafe は講義無しで、できるだけ自由 chatting や、できれば discussion ができましたら・・・
※途中入退室、可能です。ご自由にお立ち寄り下さい。
参加費:無料(教室では飲食禁止です。ロビーでは大丈夫です。)
参加対象者:3.11避難者と心を寄せてくださるFriends
お申込み: 特に不要です
お問合せ:sandori2014@gmail.com
主催:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (略称:サンドリ)
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-date-20171013.html



●10月13日(金) 関西電力本社前(「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:30頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:30 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●10月13日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●10月13日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●10月13日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&三宮駅までのパレード



●10月13日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に!
脱原発の願いを込めて 音楽・アート大歓迎。手作り看板・鳴り物持参で。
福島のこども達のための街頭カンパもやってます!再稼動許さないの声をもっと!
https://www.facebook.com/events/131720594119391/



改 憲
●10月13日(金) 18:30~20:30 たかつガーデン8階(近鉄上本町約3分・谷町線谷町九丁目駅約4分 http://www.takatsu.or.jp/access.html
安倍政権打倒!安倍9条改憲反対 国民署名を草の根に!秋の憲法大学習会 
講師:廣渡 清吾さん
資料代:500円 
主催:大阪憲法会議・共同センター
連絡先:TEL 06-6352-2923
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1013.pdf



タックスヘイブン
●10月13日(金) 19~21時 京都自由大学(京都社会文化センター内)(五条
 https://kyotofreeuniversity.wordpress.com/%e3%81%8a%e5%95%8f%e3%81%84%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b/
現代多国籍企業とタックスヘイブン
講師:夏目啓二(愛知東邦大学、経営学)
参加費:500円(会員無料、学生・非正規労働者100円) 予約不要
連絡先:京都自由大学(事務局)
E-mail : kyotofreeuniv@gmail.com
https://kyotofreeuniversity.wordpress.com/2017-2/



政 治
●10月13日(金) 18時半~川西アステホール(阪急「川西能勢口」南1分)
安倍ファーストと決別 市民と野党で未来を創ろう 福島瑞穂講演会
http://hanshin204.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/post-f3da.html



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村





脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2017年10月8日(日)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-213.html




●10月8日(土) 午後2時~4時半 豊中男女共同参画センター・すてっぷ 視聴覚室(阪急宝塚線豊中駅すぐ エトレ豊中5F http://www.toyonaka-step.jp/02_use_guidance/access.html
第32回 避難者交流会
今回お話しいただくのは、いわき市から京都に娘さんとともに避難移住されたM・Aさんです。
「震災それに続く原発事故、その中で抱いた恐怖・不安を私たちは一生忘れることはありません。体験した者がそれを伝えないといけない、そして皆さんならどうするかを考えてほしい。」
そして「助けて、と声を上げると助けてくれる人がいることもわかりました。」と言われます。
子どもたちに安心・安全な社会を残すために共に考え、行動しましょう。
参加費:300円
*保育:同室にお入りください
*申し込み、問い合わせ:山田 090-8980‐2436 toshi-y@kids.zaq.jp
http://nonuketoyonaka.blog.fc2.com/



安倍政権
●10月8日(土) 午後1時30分~京都市役所東側 午後2時~スタート 円山公園 
【安倍政権打倒!共謀罪粉砕デモPART‐Ⅴ@京都】
選挙直前!安倍政権による戦争扇動、森友加計疑惑隠し許すな。選挙直前の今こそ、「国難」の原因である安倍自公政権一掃の声を広げよう
デモコース:京都市役所前~四条河原町~円山公園
主催:e未来の会 
https://www.emirai.xyz/single-post/2017/09/25/%E9%81%B8%E6%8C%99%E7%9B%B4%E5%89%8D%EF%BC%81%E3%80%90%E5%AE%89%E5%80%8D%E6%94%BF%E6%A8%A9%E6%89%93%E5%80%92%E5%85%B1%E8%AC%80%E7%BD%AA%E7%B2%89%E7%A0%95%E3%83%87%E3%83%A2PART%E2%80%90%E2%85%A4%EF%BC%A0%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%80%91%E9%96%8B%E5%82%AC%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99



日中戦争
●10月8日(土) 14:00~ドーンセンター5階特別会議室(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
日中不再戦・平和友好2017 講演とシンポジウム
「戦地からの手紙―父と日中戦争」が語るもの 日中戦争開戦80年 南京大虐殺80年
講演:紅谷章子さん(「戦地からの手紙」編者)
資料代:500円 先着100名
主催:日中友好協会大阪府連・女性部 連絡先 TEL 06-6372-8131
http://www.minpokyo.org/information/2017/10/3821/



憲 法
●10月8日(土) 13時半~西宮勤労会館・第8会議室(阪神西宮駅より徒歩5分/阪急今津駅より徒歩8分 https://maps.google.co.jp/maps?q=34.736244,135.345064 ) 
西宮女性9条の会 憲法のつどい 
お話し:川元志穂(弁護士)
http://hanshin204.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-9ca2.html



壊 憲
●10月8日(土) 13時半~川西中央公民館・大集会室(能勢電「滝山」南西7分 https://map.goo.ne.jp/place/28001038469/)  
9条の会かわにし記念講演会 
『安倍壊憲にいかに立ち向かうか-9条「加憲」は戦争への道-』
講師:渡辺治さん(一橋大名誉教授 9条の会事務局長)) 
参加費:¥500
連絡:072-794-3320
http://www.k2.dion.ne.jp/~kenpouhg/osirase.html



映画上映会
●10月8日(日) 14:00~国労大阪会館(天満駅出口から徒歩約2分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/map/)
「緑の大阪」 グリーンズカフェ
映画「オキュパイ ・ ラブ 」上映会

2011年9月17日、アメリカ・ニューヨークのウォール街において、「オキュパイ運動」が始まりました。「We are the 99%(私たちは99%だ)」をスローガンに、(※アメリカにおいて国民の1%にあたる富裕層が富を占有していることから出てきた言葉。)アメリカにおける資産と収入の不平等、それをもたらしている経済界・政界に対するこの抗議運動は、幅広い年代・人種の人々を集め、結束させました。同時期にエジプトでは市民革命が、スペインでも大衆反乱が起き、世界全体が“公共の愛”により新しいパラダイムシフトを迎えようとしているかに思われました。
☘伝説のスピーチのセヴァン・スズキさんが絶賛!
世界のオキュパイ運動を描き出し、愛に基づいた世界へのシフトを訴えるとても愛あふれる温かい映画です。「オキュパイ・ラブを観て、感動して、涙をボロボロ流しました。わたしがどうしてそんなに感動したのか考えてみたら、わたしは子どものころから20年以上活動家をしてきて、思うに至った結論、そして考えがこの映画に表現されていて、しかも世界中の人々が実践していることに感動したんです。ついに世界中でばらばらだった活動、平和、人権、環境運動などがひとつになりはじめました。この映画はまさしく持続可能な世界についての映画です。」 
《 緑の大阪とは 》 市民発 "緑の党 グリーンズジャパン"とゆるやかにつながり、グローバルグリーンズ憲章が掲げる6つの理念、1エコロジカルな知恵、2社会的公正・正義、3参加民主主義、4非暴力・平和、5持続可能性、6多様性の尊重、の実現をめざして活動している市民グループです。
参加費:予約1000円(学生800円)当日1200円(学生1000円)高校生以下無料
https://www.facebook.com/events/891310644359185/



沖縄米軍基地問題
●10月8日(日) 15:00~19:00~Bar xM(バー・クロスエム)(阪急伊丹駅 https://www.bakemonoxm.com/
シネマザファッカー VOL.2 ~標的の島 風かたか~
主催・お問い合わせ:Bar xM(バー・クロスエム)TEL:072-785-0990
※料金や予約状況など詳細は主催者までお問合せください
http://hyotekinoshima.com/jyouei/?cat=30



野党共闘
●10月8日(日) 13時30分~14時30分 草津駅東口デッキ
市民と3野党の共同演説会
・市民の会しが福井雅英代表
・日本共産党小池晃書記局長
・社会民主党野崎靖関ブロ副議長
・新社会党岡崎宏美委員長
・予定候補者4人から一言ずつ
安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民の会しが
連絡先對月慈照(090-2280-1394) 檜山真理(090-4036-4510)
http://www.jcp-shiga.com/news/999/



野党共闘
●10月8日(日) 6時半~豊中市立福祉会館(岡町駅東へ徒歩4分 https://map.goo.ne.jp/place/27000880201/
10.8豊中市民集会~今こそ市民と立憲野党の共闘を!!
第一部 市民連合・豊中結成報告
第二部 集会
 ・講演「市民と野党の共闘の展望を考える」
   富田 宏治さん(関西学院大学法学部教授)
 ・リレートーク
 ・行動提起
私たち市民が声を上げ、選挙や政治に関わり続けることが、これまで以上に重要になってきました。豊中市民のみなさん、ふるってご参加ください!
主催:安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合・豊中
連絡:090-4033-1376(松岡)
http://okawakazuo.exblog.jp/26088561/



住まい
●10月8日(日) 13時~17時 関西大学梅田キャンパス8階大ホール(定員:80名)(阪急「梅田駅」茶屋町側から徒歩5分 http://www.kansai-u.ac.jp/umeda/access/
第3回ハウジングファースト国際シンポジウム
「住まいを失った人のソーシャルインクルージョンを実現する方法」

~フランス、ベルギー、日本の実践から~
*日仏同時通訳付き
「失敗するチャンスがある」
社会から排除され住まいを失った人が施設に収容されることなく、まず地域に自分の部屋を得ること、そこで自分のペースとスタイルで地域の一員として暮らしていくこと、支援者はそれを応援していくこと、それが「ハウジングファースト」です。地域移行・定着の支援モデルとして「ハウジングファースト」が有効であることは、すでに欧米では常識となりつつあり、私たちもその有効性を活動の中で実感しています。しかし「失敗」は日々生じます。それをどう捉えればよいのでしょうか。ただ住まいに定着することイコール「成功」なのでしょうか。当事者の生活の質の向上とソーシャルインクルージョンは、どのような指標で測ったらよいのでしょうか。3回目となる本シンポジウムでは、フランスの社会学者からはその評価の指標について、またベルギーの”路上の看護師たち(Infirmiers de rue)”から実践の方法を学び、日本の実践家たちと共に「ソーシャルインクルージョン」を考えていきます。
司会 :槙野 友晴 氏 - NPO法人堺市相談支援ネット相談員
講演1:Pauline Rhenter 氏 - 保健社会学研究者
講演2:Sandrine Butaye氏
    - 公衆衛生/熱帯医学専門看護師
    - ブリュッセルInfirmiers de rue(路上の看護師たち)
     ハウジングファースト・プログラム責任者
講演3:貧困報道記者からの公開質問
     原 昌平 氏 - 読売新聞大阪本社編集委員・精神保健福祉士
講演4:齋藤 宏直 氏 - NPO法人みやぎ「こうでねいと」理事長
講演5:高桑 郁子 氏
    - 認定NPO法人世界の医療団ボランティア看護師・首都医校看護学科教員
講演6:小川 芳範 氏 - NPO法人TENOHASI生活応援班ソーシャルワーカー
会費:2,000円
主催:認定NPO法人世界の医療団
共催:コミュニティホームべてぶくろ NPO法人TENOHASI 訪問看護ステーションKAZOC 一般社団法人つくろい東京ファンド ゆうりんクリニック NPO法人ハビタット・フォー・ヒューマニティ・ジャパン
協賛:ヤンセンファーマ株式会社
後援:大阪市立大学都市研究プラザ、日本居住福祉学会
https://japan.cnet.com/release/30210203/



水問題
●10月8日(日) 午後2時~同志社大学烏丸キャンパス・志高館SK110(地下鉄の「烏丸今出川」駅から北上、今出川キャンパス(本部)や室町キャンパス(寒梅館)をさらに北に行ったところにある烏丸通の東側にある新しい建物です https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/karasuma.html) 
【上映会】ボリビアを揺るがしたコチャバンバ水戦争
10・30パブロ・ソロン/マリー・ルー講演会<プレ企画③>
DVD上映☆ ボリビアを揺るがしたコチャバンバ水戦争(1999-2000)
水はみんなのもの! 民営化をはね返したコチャバンバ市民
1999年10月~2000年4月、ボリビア中央部・コチャバンバ市(当時、人口52万人)の市民たちは水道公社の民営化(米・英の多国籍企業の合弁企業の子会社に事業権を売却)に反対し、「水はみんなのもの!」の合言葉で10年10月から「水と生命を守る連合」を結成。
ゼネスト、広場占拠、自主的住民投票、戒厳令や軍による弾圧(17歳の青年が射殺された)への抗議の高まりの中で政府は民営化を撤回、戒厳令を解除、国民に謝罪した。
この闘いはボリビアだけでなく、世界的な民営化反対の闘いのシンボルとなり、左派政権の誕生(06年)のきっかけとなった。
のちにボリビア政府は国連総会決議:「飲み水と衛生へのアクセスは人権」を提案。2010年第108回総会で採択。当時の国連大使は今回来日するパブロ・ソロンさん。
・第1部 上映会 <入場無料 第1部のみのご参加も歓迎です。>
・第2部(午後4時ごろから)第3回実行委員会
 (プログラムの決定、宣伝・賛同人拡大など)
パブロ・ソロンさん、マリー・ルーさん講演ツアー2017/10月
https://www.facebook.com/events/1985889105024071/
呼びかけ:グローバルジャスティス研究会
問い合わせ:080-2742-2590(ささき)ま
https://www.facebook.com/events/134170613883396/



医 療
●10月8日(日) 10:00~16:30 ドーンセンター(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
医問研ニュース500号記念 EBM(根拠に基づく医療)の発展をめざすシンポジウム
ご存じですか?現在の日本で使われている薬剤の多くが非科学的な評価で認可されていること、一昔前まで「認知症」や「喘息」に使われていた薬に全く効果が無かったこと、ディオバンだけでなく血圧降下剤は死亡率をほとんど下げないこと、タミフルなど抗インフルエンザ薬は効果がなく、最近WHOも日本小児科学会も使用を健康な人には勧めず「重症」に限定したことを。そして、コクラン共同計画などEBMを守り発展させる勢力が世界中にいることを。
私たちは、市井の医療関係者ですが、このような課題に取り組んで来ました。日常の仕事の中で「やっていることが変だ」とか、「良いことなのに誰もしていない」などと思うことを、自分たちで科学的に分析すると大きな世界的課題にすることも可能です。福島原発事故では東日本で周産期死亡の増加が、私たちとドイツの専門家との共同研究で明らかになりました。
このシンポジウムは、このような取り組みをされている方々からの報告、医療問題研究会(医問研)で今勉強している内容などを発表予定です。ぜひ多くの医療関係の皆さんのご参加をお待ちしております。
シンポジウム実行委員長 入江紀夫(入江診療所)
医療問題研究会では、科学的な臨床医学の基本となるEBMの発展をめざして活動し、次の様な成果を上げてきました
1.日本の非科学的な薬剤評価方法である「全般改善度」の解明:「経口抗アレルギー薬」や「抗痴ほう薬」(当時)に終止符をうち、副作用とムダな医療費の削減に寄与。その内容が認知症の世界的な教科書に掲載された。
2.コクラン・システマティックレビュー「Oxatomide for stable asthma」を完成、また他のレビューアーのために日本語論文の翻訳など協力した。
3.SIDS(乳児突然死症候群)の世界的な予防法である「あおむけ寝」を学会で調査・発表し、厚生省(当時)のキャンペーンを引きだした。
4.コクラン共同研究にタミフルの効果への問題を提議し、「生データ」の公開要請の運動と、そのデータによるレビューで「効果なし」の結論が出すことに寄与した。その後、2014年日本小児科学会が、今年6月WHOが、その使用推奨を「重症」に限定した。
5.福島原発事故による放射線被ばくの健康障害をまとめた2種の本を発行。また、ドイツの生物統計学者との共同研究で東日本での「周産期死亡の増加」を論文で世界に明らかにした。以上のような活動を、新しい世代の活躍でより発展させるための第一歩になるよう企画したいと思います。
発表テーマ
•例会シリーズ「臨床薬理論文を批判的に読む」の内容報告
•HPV(子宮頸がんワクチン)の副作用
•インフルエンザワクチンのシステマティックレビュー
•発がんメカニズムの新しい理論
•EBM勉強会開催または小児の精神医療
•フィリピン・デイケアセンターの入園児健診の分析
その他を予定しています。
参加費:無料
お申し込み・お問い合わせは下記に
医療問題研究会 ホームページ:http://ebm-jp.com
連絡先アドレス:hayayoshihara@gmail.com
http://ebm-jp.com/2017/07/symposium-201710/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2017年10月7日(土)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報



『コスタリカの奇跡~積極的平和国家のつくり方~』 (2016年/アメリカ・コスタリカ/90分)
1948年に軍隊を廃止。軍事予算を社会福祉に充て、国民の幸福度を最大化する道を選んだコスタリカの奇跡に迫ったドキュメンタリー
世界には軍隊なしで国の平和を保ってきた国々がある。そんな数少ない国の一つで、1948年に常備軍を解体した国がコスタリカだ。コスタリカは軍事予算をゼロにしたことで、無料の教育、無料の医療を実現し、環境のために国家予算を振り分けてきた。その結果、地球の健全性や人々の幸福度、そして健康を図る指標「地球幸福度指数(HPI)」2016の世界ランキングにおいて140ヶ国中で世界一に輝いているのがコスタリカである。またラテンアメリカで最も安全とされている国でもある。
『コスタリカの奇跡 ~積極的平和国家のつくり方~』は、1948年から1949年にかけて行われた軍隊廃止の流れを追いながら、コスタリカが教育、医療、環境にどのように投資して行ったのかを詳しく説明する。アメリカでは公的債務、医療、そして軍事費が日増しに増大していっていることとは対照的だ。この映画は軍隊廃止を宣言したホセ・フィゲーレス・フェレールや、ノーベル平和賞を受賞したオスカル・アリアス・サンチェスなどの元大統領や、ジャーナリストや学者などが登場する。世界がモデルにすべき中米コスタリカの壮大で意欲的な国家建設プロジェクトが今明らかになる。
公式サイト:https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=48
●9/9(土)~終映日未定 シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
10/7(土)~10/13(金) 15:05(~16:40終)
10/14(土) 15:40(~17:15終)
10/15(日) 17:55(~19:30終)
10/16(月)~10/20(金) 15:40(~17:15終)
10/21(土)・10/22(日) 16:25(~18:00終)
10/23(月)・10/24(火) 14:00(~15:35終)
10/25(水) 休映
10/26(木) 14:00(~15:35終)
http://www.theater-seven.com/2017/movie_costarica.html



『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー』
一握りの砂も、一坪の土地もアメリカのものではない
筑紫哲也 NEWS23」でキャスターを務め、筑紫哲也氏の薫陶を受けた佐古忠彦初監督作品。
テーマ音楽は作品の主旨に共感した坂本龍一がオリジナル楽曲を書き下ろし。
語りには、名バイプレイヤー、大杉漣が参加。
アメリカ占領下の沖縄で米軍に挑んだ男 瀬長亀次郎のドキュメンタリー映画。
なぜ沖縄の人々は声を上げ続けるのか、その原点はカメジローにあった──。
第二次大戦後、米軍統治下の沖縄で唯一人"弾圧"を恐れず米軍にNOと叫んだ日本人がいた。「不屈」の精神で立ち向かった沖縄のヒーロー瀬長亀次郎。民衆の前に立ち、演説会を開けば毎回何万人も集め、人々を熱狂させた。彼を恐れた米軍は、様々な策略を巡らすが、民衆に支えられて那覇市長、国会議員と立場を変えながら闘い続けた政治家、亀次郎。その知られざる実像と、信念を貫いた抵抗の人生を、稲嶺元沖縄県知事や亀次郎の次女など関係者の証言を通して浮き彫りにしていくドキュメンタリー。
JNNだけが持つ、当時の貴重な資料映像の数々をふんだんに盛り込んだTBSテレビが本気で製作した映画が遂に公開。
2016年TBSテレビで放送されたドキュメンタリー番組が、第54回ギャラクシー賞月間賞を受賞するなど非常に高い評価を得ており、映画化を熱望する声を受けて、追加取材、再編集を行って映画化。沖縄戦を起点に、今につながる基地問題。27年間にわたったアメリカの軍事占領を経て、日本復帰後45年が経っても、なお沖縄に基地が集中するなか、沖縄の人々が声を上げ続ける、その原点…。それは、まさに戦後の沖縄で米軍支配と闘った瀬長亀次郎の生き様にあった。JNNだからこそ保存されていた貴重な未公開映像やインタビュー、そしてアメリカ取材を交えて描き切る。
●9/16~10/20 第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
10/7~10/13 10:00(~11:55終)
10/14~10/20 15:50(~17:40終)
http://www.nanagei.com/movie/data/1173.html
http://www.nanagei.com/movie/schedule.html



ミュージカル
●10月6日(金)~9日(月祝) 大阪ビジネスパーク円形ホール(地下鉄「大阪ビジネスパーク駅」4番徒歩約1分 京阪・JR東西線・環状線「京橋駅」徒歩約8分 http://osaka-musical.webnode.jp/%e5%85%ac%e6%bc%94%e4%ba%88%e5%ae%9a/
大阪憲法ミュージカル「無音のレクイエム」
昭和初期、ところは大阪千日前。活動弁士を夢見る明、作家を目指す貞夫、彼らを応援する美智子。
戦争に翻弄されながら生きる、日米開戦、出征、大阪大空襲・・夢を語ることすら止められた。
無声映画から、歌が、音楽が、笑い声が聞こえてくる。
「悲しかったら泣いたらええ!面白かったら笑ろたらええ!」
あの時戦争前夜に立ち会う。何が起こったのか、何を思ったのか。
10月7日(土)昼の部 開演 13:00
10月7日(土)夜の部 開演 17:00
10月8日(日)昼の部 開演 11:00
10月8日(日)夜の部 開演 15:00
10月9日(祝)昼の部 開演 11:00
10月9日(祝)夜の部 開演 15:00
料金:一般3500円、 大学生・高校生3000円、中学生以下・障がい者2000円(当日券は+500円)全席自由席
【メールでの申し込み方法】
osaka.musical2017@gmail.com
メールのタイトルに「チケット購入」と記載の上、メール本文にて下記内容をお知らせください。
①氏名②公演日程③区分(一般、大学生、高校生、中学生以下、障がい者)④チケット送付先⑤連絡先電話番号
お問い合わせ先:大阪憲法ミュージカル TEL.090-8933-0916 FAX.06-6636-9364
osaka.musical2017@gmail.com
主催:大阪憲法ミュージカル 
プロデュース:劇団往来 協賛:あすわか大阪 
後援:大阪弁護士会、大阪府、大阪府教育委員会、大阪市、大阪市教育委員会
http://www.kangou.gr.jp/news/peace/814/



●10月7日(土) 13時~14時 大阪弁護士会館904号室(京阪「なにわ橋駅」出口1徒歩約5分 地下鉄・京阪「淀屋橋駅」1号出口から徒歩約10分 地下鉄・京阪「北浜駅」26号階段から徒歩約7分 http://www.osakaben.or.jp/06-access/
KANSAIサポーターズ・訴訟学習会
「千葉判決の分析速報」 
(このあと、情報共有、原告定例会、サポーター事務局会議があります)
講師:関西訴訟弁護団
KANSAIサポーターズでは、毎月第3土曜日に訴訟学習会を開催しています。
9月・10月は各地の裁判で判決や結審が続き、9月22日には千葉訴訟の判決が出て、10月10日には生業訴訟の判決が出ることになっていて注目されます。そこで10月の訴訟学習会は、生業訴訟判決前アクションとも連携するため、10月7日(土)に開催し、弁護団の先生に「千葉判決の分析速報」の報告をしてもらいます。
学習会のあと、原告・弁護士・サポーターの間での情報交換の時間、それから原告定例会、サポーター事務局会議(サポーターならどなたでも参加できます)をして、『生業訴訟判決前アクション』(17時〜18時、梅田HEP five前で街宣)に移行します。
この日は生業弁護団から中杉先生も来阪し参加される予定とのこと、みんなで盛り上げましょう!
参加費:原告の方々や避難者の方無料 サポーター(テキスト代として)200円
ご予約・お問合せ:kansaisapo☆gmail.com(☆→@)
上記に参加者される方の氏名をお書きの上、お申込みください。
当日の連絡先:090-8191-7027(久一)
■17時~18時、梅田HEP five前で街宣
『生業訴訟判決前アクション』
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1653.html



安倍政権
●10月7日(土) 18時~野崎町公園(扇町駅、天満駅徒歩5分)18時半~出発 
『安倍も小池もNO!梅田横断デモ―戦争反対!私たちが主役の政治を創ろう!』
 18時~野崎町公園
 18時半~出発 
 19時過ぎ梅田HEP5付近ゴール
 20時過ぎまでHEP前アピール
<安倍政権や小池新党の政治私物化を許さない。今すぐ退陣!>
安倍首相の独裁的な政治手法と戦争への突進は最悪です。9月28日衆院を解散し、総選挙へと突き
進みました。森友、加計学園の問題を臨時国会で野党に追及させないためだけの、前代未聞の自己都合
解散です。私たちは9月30日にこの解散自体を許さないデモを行い、大いに盛り上がりました。「改憲
論者の小池新党もいらない!」を加えて、第二段デモを行います。
安倍は共謀罪を強行採決した途端に国会を閉じ、今回も国会を開くと同時に解散。つまり、代議制の根幹である国会すら無視し、戦争するための専制体制を築こうとしています。政治の私物化は極まりました。急きょ9条改悪や消費増税を強引に争点に掲げつつ、戦争危機を煽って政府に依存させる。選挙に勝てば、「信任を得た」と一気に改憲・増税にひた走る。これが総選挙の狙いです。安倍内閣即時退陣を要求する街頭運動が重要です。
<自民も希望も野党も、最大の焦点は『朝鮮敵視政策をやめさせること』>
 安倍や自民党が政権維持の原動力にしているのは、日本が植民地支配した朝鮮に、今も敵視と戦争挑発を続けることです。Jアラートを慣らし、国連総会で「圧力しかない」と演説。麻生副首相は9月23日に「朝鮮から『武装難民』が押し寄せたら、治安出動か射殺だ」と発言しました。扇動を超えた「虐殺号令」であり戦後最悪の発言です。即刻辞任です。
本来最優先されるべき戦争の阻止と責任追及は、都知事小池百合子の突然の新党結成と、民進党の合流問題で吹き飛ばされました。小池は、今年9月1日に関東大震災の朝鮮人虐殺の慰霊式に対し、追悼文を拒否しました。虐殺の歴史の抹消です。
安倍の戦争行為、麻生の虐殺号令、小池の歴史抹消は、全て朝鮮に対してです。これらのr敵視政策をやめさせ、日本社会を変えるために、今こそ声を上げましょう!
<政治は市民・労働者が主役。私たちが争点を決め、新しい世界を!>
 今回の前原民進党の裏切り・解党は許されません。どれほど多くの人々の苦労が踏みにじられたか。そもそも政治や社会は私たち一人ひとりがつくります。苦しむ民衆の立場と、様々な現場で闘う人々が主役であるべきです。安倍政権や小池新党を倒す街頭行動と、それを通して人々のつながりを強くすることを全国の皆さんに呼びかけます。
韓国では大規模な街頭集会を続け、ついに朴政権を倒しました。世界中で民衆がそうした声を上げています。私たちもデモや毎週土曜日の「梅田解放区」を行います。10.7梅田デモ、毎週土曜の梅田HEP前に集まりましょう!
今、諦めや疲れを超えるために必要なのは、『政治は民衆のもの』と地域や職場から声を上げ、組織的な力と盛り上がりにする事です
今日『未来を変えよう、ここから変えよう』と連呼した時、街の皆が声を合わせた
安倍や小池の偽の希望でなく、国境や格差経済に替わる真の希望世界を私達で創りましょう
★10月14日以降も、毎週土曜日18時~20時、梅田HEP5前で集会開催中!(毎月第2土曜は18時~19時まで)
呼びかけ:梅田解放区
https://www.facebook.com/events/289280521558700/



改 憲
●10月7日(土) 午後2時~京都商工会議所3階行動(京都市バス「烏丸丸太町」下車、または地下鉄「丸太町」南6番出口)
9条京都のつどい2017
講演「安倍9条改憲の危険な狙いを斬る」

講師:渡辺治さん
費用:無料 
主催:憲法9条京都の会
https://www.facebook.com/kyoto.fushimi.kakushinkon/posts/1423900334374452



Xバンドレーダー
●10月7日(土) 13時~15時 東山いきいき市民活動センター集会室(2階)(各駅・停留所より徒歩5分 京阪電鉄「三条」駅[3] [4] [5]号出口  地下鉄東西線「三条京阪」駅 [2] 番出入口  市バス「三条京阪前」下車(5,10,11,12,59系統)「東山三条 」下車(5,12,46,100,201,202系統 http://higashiyamacds.main.jp/access)15時30分~デモ出発(京都市役所前まで)
米軍Xバンドレーダー基地撤去!韓国・沖縄に連帯する10・7京都集会
ゲスト:韓国のTHAAD反対運動から THAAD配備反対金泉対策委員会執行委員長 パク・ヒジュさん(金泉市会議員)
参加費:資料代500円
主催:米軍Xバンドレーダー基地反対・京都連絡会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1007.pdf



憲 法
●10月7日(土) 14:00~豊能町中央公民館
第5回豊能けんぽうCafe ダイオキシンと住民自治Part2
https://www.facebook.com/events/121416865142558/



沖 縄
●10月7日(土) 14時~18時 京大YMCA会館(東一条鞠小路東北角 https://www.google.co.jp/maps/@35.0252455,135.7774846,19.25z
満月まつりin京都 2017
今年も開催します。ご予定下さーい!
森のざわめき ジュゴンの無言 人民の声は 海を渡れ
◎出演:おもちゃ楽団 スズメンバ 玉城忍 オラポポ~orapopo~ ちゅらさんご 河野康弘
◎お話:沖縄現地報告
◎写真展:オスプレイ墜落現場
◎出店者:山岡酒店 キッチンハリーナ
沖縄の辺野古の浜で、中秋の名月にあわせて満月祭りが開催されていました。
美しい音楽と波の音を聞きながら、恵みの海をたたえ、豊かな自然と国境を越えた平和なつながりを願う祭りです。その趣旨に共感し、ここ京都でも、沖縄とつながった同じ秋の空の下で満月祭りを開催したいと企画し、今年で4回目となります。
72年前の第二次世界大戦では凄まじい地上戦があった沖縄。その後も米軍基地は居座り続け、今でも軍や軍関係者によるレイプ殺人事件は絶えず、昨年も悲しい事件が起きてしまいました。オスプレイは墜落しています。その上に、住民の反対を押し切って強行されている新基地建設。壊される自然。踏みにじられる民主主義。沖縄は植民地のような無法地帯となっています。
ただ静かに平穏に暮らしたいだけ。豊かな自然を守りたいだけ。小さな命が当たり前に生きられますように。大事にされますように。そんな祈りを込めたお祭りです。
* 自転車は会場に停めないでください。
* 京阪電鉄・叡山車 「出町柳」駅から徒歩10分
* 京都市バス201・206系統「京大正門前」から徒歩2分
* 京都市バス3・17・203系統「百万遍」から徒歩5分
主催:満月まつりin京都実行委員会
連絡先: mangetsu.kyoto@gmail.com
https://www.facebook.com/events/1440208976027847/



報 道
●10月7日(土) 14時~16時 六甲道勤労市民センター5F会議室E
八木啓代トークライブVol.2
報道を斬る!~森友・加計問題からベネズエラまで~

講師:八木啓代さん(歌手・作家・エッセイスト)
参加協力金:1000円
主催:三木労音
お申し込み:0794-82-9775(三木労音事務局)、090-5886-8364 高橋精巧
メール:info@mikiroon.com
http://mikiroon-blog.blogspot.jp/2017/09/vol2.html



資本論
●10月7日(土) 19時~21時 西宮市立勤労会館第1会議室(JR西宮駅南口徒歩約5分 阪神西宮駅東出口徒歩約6分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-64TsM2qJliw/?utm_source=dd_spot
今こそ『資本論』を読もう
初心者もベテランも途中からでも 
テキスト:第1巻第1分冊。
参加費:300円
主催:資本論を読む会(078-753-3829阿部)
http://www.kinyobi.co.jp/event/20170929_002402.php



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村



10/6(金)18時半~「戦争あかん!ロックアクション御堂筋デモ」@新町北公園やります!

大義なき解散から、今度はいきなり民進党の大混乱。政治は大きく動いています。
選挙のどたばたで告知が送れましたが、10/6のロックアクションは、もちろんやりますよ!

この国の未来を左右するたいせつな選挙。
人通りの多い御堂筋に繰り出して、沿道の人に訴えましょう!

選挙に行こう!
安倍政治を終わらせよう!
安倍も小池もいらない
希望の党に希望はない



●10月6日(金) 18時半~新町北公園(オリックス劇場(旧厚生年金会館)前)19時10分~デモ出発(難波まで)

「戦争あかん!ロックアクション御堂筋デモ」

ミュージシャン 川口真由美さん マッスン
★サウンド隊、大募集~!

アクセス:四つ橋線「四つ橋」・長堀鶴見緑地線「西大橋」・中央線「本町」 http://onigiriface.com/orixtheater-access.html

20171006カラー



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

(10/5更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2017年10月2日(月)~6日(金)

★10/5追加情報
●10月6日(金)までのイベント情報を追加しました。
★10/3追加情報
●10月5日(木)までのイベント情報を追加しました。


【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-209.html




朝鮮高級学校無償化
●10月2日(月) 18:30~エルおおさか本館708号室エルおおさか
(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
「朝鮮高級学校・無償化排除」は違法!大阪地裁判決の意義と大阪での課題
10/2学習集会「大阪を「差別なき人権尊重」の人間性豊かな都市とするために」

講演「7.28判決の意義と大阪での課題」
 講師:丹羽雅雄さん(無償化裁判弁護団長)
特別アピール「大阪都構想」に反対する市民運動の再開へ
資料代:500円
主 催:大阪府・市の労働と人権問題を考えるネットワーク
連絡:unionnet★sky.plala.or.jp



ベトナム
●10月2日(月)~15日(日) 9:00~22:00 神戸学生青年センター・ロビー(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/
村山康文写真展
「追憶のベトナム~取材20年の現場から~」

入場料:無料
http://ksyc.jp/seminar/sonota-vietnammurayama2017/
 


芝 居
●10月3日(火) 神戸学生青年センター(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/ ) 
劇団石ひとり芝居
在日バイタルチェック
脚本・演出・出演 きむきがん
日 時:2017年10月3日(火) 18:30開場/19:00開演
場 所:神戸学生青年センター
主 催:日本バプテスト連盟 日韓・在日連帯特別委員会
共 催:日本バプテスト連盟関西地方教会連合社会委員会
http://ksyc.jp/seminar/sonota-20171003engeki/



朝鮮高級学校無償化
●10月3日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



映画上映
●10月4日(水) 18:00~ピアザ淡海・県民交流センター(2Fピアザホール)(JR膳所駅徒歩約12分 京阪電車石場駅徒歩約5分 http://www.piazza-omi.jp/access/index.html
第60回人権擁護大会 第2分科会シンポジウムを応援する市民応援イベント
オリバーストーン監督作品「スノーデン」上映会

私たち市民団体は、共謀罪が強行採決され、市民監視が日常化しようという中、弁護士のみなさんが企画しているこのシンポジウムに対して大いに期待と関心を持っています。そこで、シンポジウムをぜひ成功させようという掛け声のもと市民実行委員会が結成され、前夜祭として、オリバーストーン監督作品「スノーデン」の上映会を開催することとなりました。
「スノーデン」に出てくる監視技術の現実は戦慄するものがあります。これらは空想の代物ではなく、現実に米国の支配が及ぶ国々で実践されている現実なのです。共謀罪という法律を持つ国が、ここまで国民のプライバシーを侵害してはばからないものかと驚くべきものを感じます。
今回は前夜祭としての特別料金を設定しているうえに、翌日の第2分科会シンポジウムに参加される方には、更なる割引があります。どうぞ奮ってご参加ください。
参加費:500円(翌日シンポジウムに参加される方:300円※要記帳)
・18時~実行委員会挨拶、三宅弘弁護士からの翌日分科会の説明
・18時20分~20時50分 上映 
主催:人権擁護大会・第2分科会を応援する映画「スノーデン」上映実行委員会 in SHIGA  
連絡先 077-524-9970 (木戸)
協賛:戦争をさせない1000人委員会・しが、憲法を守る滋賀共同センター、自由と平和のための京大有志の会、くらしとせいじカフェ有志、安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民の会しが、「平和安全法制」(戦争法)に反対する滋賀県立大学有志の会
http://antiwar-committee-shiga.strikingly.com/blog/0c4f3cd88e5



●10月5日(木) 滋賀県庁正面噴水前(JR大津駅から徒歩5分 大津市京町四丁目1番1号 http://www.pref.shiga.lg.jp/guide/chosha/index.html
滋賀県庁前すわりこみ
http://nonukesiga.exblog.jp/25680491/



憲 法
●10月5日(木) 18:30~岸和田市立産業会館2階集会室(岸和田駅から直線距離で736m http://www.mapion.co.jp/phonebook/M13022/27202/22731237939/
懐憲、改憲の安倍政権と日本国憲法
講師:西 晃 弁護士(大阪憲法会議副幹事長・大阪平和委員会会長)
共催:戦争法に反対する阪南地域連絡会、戦争法に反対する泉州地域法律家の会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1005.pdf



人 権
●10月5日(木) 12時30分~18時00分 びわ湖大津プリンスホテル(JR大津駅から無料シャトルバスまたはタクシーで平常時約10分 http://www.princehotels.co.jp/otsu/access/
日本弁護士連合会第60回人権擁護大会
第1分科会
「あらためて問う『犯罪被害者の権利』とは ~誰もが等しく充実した支援を受けられる社会へ~」
 コンベンションホール「淡海」1~5
第2分科会
「情報は誰のもの?~監視社会と情報公開を考える~」
 プリンスホール
第3分科会
「琵琶湖がつなぐ人と生きものたち~市民による生物多様性の保全と地域社会の実現をめざして~」
コンベンションホール「淡海」8~10
どなたでも参加できます。一般参加者の方は、直接会場にお越しください。
参加費:無料です。(ただし、基調報告書は下記のとおり有料となります。)
資料:当日各分科会の基調報告書を1部2000円で販売いたします。
https://www.nichibenren.or.jp/jfba_info/organization/event/jinken_taikai/gyoji_jinken2017.html



●10月6日(金) 関西電力本社前(「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:30頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:30 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●10月6日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●10月6日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●10月6日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&三宮駅までのパレード



●10月6日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に!
脱原発の願いを込めて 音楽・アート大歓迎。手作り看板・鳴り物持参で。
福島のこども達のための街頭カンパもやってます!再稼動許さないの声をもっと!
https://www.facebook.com/events/131720594119391/



●10月6日(金) ①14時00分~②18時30分~M&Dホール(地下鉄なんば駅(四つ橋線・千日前線・御堂筋線)、近鉄大阪難波駅下車 なんばウォーク街26-A(または30-B)を上がる(徒歩5分)JR難波駅(OCAT)大阪シティ・エア・ターミナルを西へ、港町西交差点を右折れ、夕張屋ビルななめ向かい https://osaka-hk.org/access
日本と再生 光と風のギガワット作成 上映会
昼の部 14時00分~16時00分(開場:13時30分)
夜の部 18時30分~20時30分(開場:18時00分)
入場料:大人700円 大学生400円 中高生無料
主催:原発ゼロの会・大阪&「日本と再生」上映実行委員会
https://jimmin.com/events/event/%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%a8%e5%86%8d%e7%94%9f%e5%85%89%e3%81%a8%e9%a2%a8%e3%81%ae%e3%82%ae%e3%82%ac%e3%83%af%e3%83%83%e3%83%88%e5%b0%8f%e4%bd%9c%e6%88%a6%e4%b8%8a%e6%98%a0%e4%bc%9a/



安倍政権
●10月6日(金) 18時半~新町北公園(オリックス劇場(旧厚生年金会館)前)(四つ橋線「四つ橋」・長堀鶴見緑地線「西大橋」・中央線「本町」 http://onigiriface.com/orixtheater-access.html)19時10分~デモ出発(難波まで)
10・6戦争あかん!ロックアクション御堂筋デモ
大義なき解散から、今度はいきなり民進党の大混乱。政治は大きく動いています。
選挙のどたばたで告知が送れましたが、10/6のロックアクションは、もちろんやりますよ!
この国の未来を左右するたいせつな選挙。
人通りの多い御堂筋に繰り出して、沿道の人に訴えましょう!
選挙に行こう!安倍政治を終わらせよう!安倍も小池もいらない 希望の党に希望はない
https://www.facebook.com/events/1511519465601434/
http://himitsulock.hatenablog.com/entry/2017/10/04/190225



トランプ政権
●10月6日(金) 19~21時 京都自由大学(京都社会文化センター内)(五条 大宮 下京区油小路通り松原下る樋口町308 https://kyotofreeuniversity.wordpress.com/%e3%81%8a%e5%95%8f%e3%81%84%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b/
現代アメリカとトランプ政権
萩原伸次郎(横浜国大名誉教授、アメリカ経済学)
参加費:500円(会員無料、学生・非正規労働者100円)予約不要
連絡先:京都自由大学(事務局)E-mail kyotofreeuniv@gmail.com
https://kyotofreeuniversity.wordpress.com/2017-2/



政 治
●10月6日(金) 18:30~高槻現代劇場(高槻市駅出口(南側)出口から徒歩約7分 高槻駅南口出口から徒歩約10分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-4wrMhmbSm4E/?utm_source=dd_spot
市民がつながり、政治を変えるつどい
現代劇場文化ホール3階レセプションルームにて、市民連合呼びかけ人で上智大学教授の中野晃一さんによる講演「つながり、変える!私たちの政治」を行います。立憲野党の議員に参加要請中です。
無料です。ぜひお越しください。
https://www.facebook.com/events/1005136466326217/



ミュージカル
●10月6日(金)~9日(月祝) 大阪ビジネスパーク円形ホール(地下鉄「大阪ビジネスパーク駅」4番徒歩約1分 京阪・JR東西線・環状線「京橋駅」徒歩約8分 http://osaka-musical.webnode.jp/%e5%85%ac%e6%bc%94%e4%ba%88%e5%ae%9a/
大阪憲法ミュージカル「無音のレクイエム」
昭和初期、ところは大阪千日前。活動弁士を夢見る明、作家を目指す貞夫、彼らを応援する美智子。
戦争に翻弄されながら生きる、日米開戦、出征、大阪大空襲・・夢を語ることすら止められた。
無声映画から、歌が、音楽が、笑い声が聞こえてくる。
「悲しかったら泣いたらええ!面白かったら笑ろたらええ!」
あの時戦争前夜に立ち会う。何が起こったのか、何を思ったのか。
10月6日(金)昼の部 開演 15:00
10月6日(金)夜の部 開演 19:00
10月7日(土)昼の部 開演 13:00
10月7日(土)夜の部 開演 17:00
10月8日(日)昼の部 開演 11:00
10月8日(日)夜の部 開演 15:00
10月9日(祝)昼の部 開演 11:00
10月9日(祝)夜の部 開演 15:00
料金:一般3500円、 大学生・高校生3000円、中学生以下・障がい者2000円(当日券は+500円)全席自由席
【メールでの申し込み方法】
osaka.musical2017@gmail.com
メールのタイトルに「チケット購入」と記載の上、メール本文にて下記内容をお知らせください。
①氏名②公演日程③区分(一般、大学生、高校生、中学生以下、障がい者)④チケット送付先⑤連絡先電話番号
お問い合わせ先:大阪憲法ミュージカル TEL.090-8933-0916 FAX.06-6636-9364
osaka.musical2017@gmail.com
主催:大阪憲法ミュージカル 
プロデュース:劇団往来 協賛:あすわか大阪 
後援:大阪弁護士会、大阪府、大阪府教育委員会、大阪市、大阪市教育委員会
http://www.kangou.gr.jp/news/peace/814/



■10月6日(金) (再放送)午後05:00~05:50 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー「ナチスのファースト・レディー」
ドイツの社交界で浮名を流していた美貌の才媛が、突然、ナチスに心酔。ゲッペルス宣伝相の妻としてヒトラーの厚い信望を得て、そのプロパガンダ工作の先頭に立っていく。人々が憧れる豊かな家庭生活を映画として公開。しかし陰では、夫の家庭内暴力や、悪化する戦局に追い詰められていく。ナチス史の知られざる一幕。
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=170922



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2017年10月1日(日)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-209.html




■10月1日(日) 午前06:15~06:50 NHK総合
目撃!にっぽん「祖父が残した遺言~米軍カメラマンが記録した戦争~」
米軍カメラマンが終戦直後の九州で撮影した100枚を超える写真が見つかった。本来は軍に提出すべき写真が密かに保管されていたのだ。カメラマンの孫がこの夏、その写真の現場をたどる旅に出た。佐世保から鹿児島へ、祖父の足跡をたどりながら空襲の体験者の話を聞き、無数の市民が犠牲となった戦争の実態に迫る中で、祖父が写真を残した意味を考えていく。
http://www4.nhk.or.jp/mokugeki-nippon/x/2017-10-01/21/8765/1077279/



●10月1日(日) 13:30~16:30 神戸市勤労会館308号(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html
シリーズ・若狭の原発立地 現地からの報告 パート2
なぜ、「原発で若狭の振興」は失敗したのか?

講師:山﨑隆敏さん
参加費800円(学生・避難者半額、高校生以下無料)
主催:さよなら原発神戸アクション
http://sayogenkobe.blog.fc2.com/blog-entry-152.html



●10月1日(日) 13:15~弁天町ORC200生涯学習センター講堂(地下鉄「弁天町」西口②A出口・JR環状線「弁天町」駅からORC(オーク)200への連絡通路を通り、中央エレベーターで7階へ(約200m) http://www.kyoiku-shinko.jp/orc200/access/ )
~自主上映とお話の集い~アニメーション・浪江町消防団物語「無念」
13:20~14:15 第1回上映 
14:30~15:30 お話 
「“絶対安全”はない!原発事故を体験して」
 お話:岡洋子さん(浪江まち物語つたえ隊)
15:40~16:35 第2回上映 
入場料:一般1000円、避難者・障がい者・大学生 500円 高校生以下無料
主催:チェルノブイリ・ヒバクシャ救援関西
http://starsdialog.blog.jp/archives/72379231.html



●10月1日(日) 13:30~ウィングス京都イベントホール(地下鉄烏丸御池駅(5番出口)または地下鉄四条駅・阪急烏丸駅(20番出口)下車徒歩約5分 http://www.wings-kyoto.jp/about-wings/access/
国際婦人年京都集会
1部 ドキュメンタリー映画「抱く HUG」(海南友子作品)
2部 講演「いのちの輝き、母の愛、この世界に生きること」
講師:海南友子(映画監督)
海南友子監督は、これまで一貫して環境問題や逆境に生きる人々に焦点を置いた作品を発表してきた。次は取材地に福島を選び、3・11直後に原発4kmまで肉薄して取材をしていた。その矢先に妊娠に気づく。 生まれてくる命のために、私はどんな未来を描けるのだ...
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/sinfujin/i-calendar.html



●10月1日(日) 13:30~15:30 コラボしが21 3階中会議室 2(びわ湖ホール向かい JR大津駅徒歩1分 京阪電鉄「石場」駅徒歩約3分 http://www.collaboshiga21.jp/guidance/mappage.htm
「日本と再生」~光と風のギガワット作戦
太陽がいっぱい。風がいっぱい。世界はもう自然エネルギーで動いている! 全国で原発差し止め訴訟に携わってき
た河合弁護士が、3.11以降、自ら映画監督となり、 原発問題映画「日本と原発」「日本と原発 4 年後」を製作。
さらに「原発を無くしたあと、自然エネルギーで十分にやっていけることが分かる映画を作ろう!」と、日本と世界
を駆け巡り、この映画を作り上げました。
ドイツ、デンマーク、中国、アメリカ等、クリーンで安価な自然エネルギーの利用に世界はダイナミックに動いています。日本各地でもさまざまな挑戦や希望の芽も始まりつつあります。未来への希望を語るこの映画をぜひご覧ください。
※上映会に参加ご希望の方は、電話またはFAXで滋賀県保険医協会にお申込み
ください。
定員:50 人 先着順、9月29日申込締切←過ぎてます…問い合わせてみてください。
(ご注意)会場に来場者用駐車場はありません。できるだけ公共交通機関をご利用ください。お車でお越しの方は周辺の有料駐車場をご利用ください。
https://www.facebook.com/anti.war.committee.shiga/photos/a.439658843089310.1073741828.439321233123071/620789278309598/?type=3&theater



監視社会
●10月1日(日) 兵庫県民会館(8階)けんみんホール(JR・阪神「元町」より徒歩7分/地下鉄「県庁前」東1・2出入り口下車すぐ http://www.osaka-event.com/eventmap/mapdata/hyogo/hyogo_016/
映画『スノーデン』上映と講演
~スノーデンの警告から学ぶ 共謀罪後の監視社会~

10時30分~「スノーデン」上映(日本語版)
 13時~14時 講演 田島泰彦さん( 上智大学文学部新聞学科教授)
 14時15分~ 「スノーデン」上映(字幕)
『スノーデン』(オリバー・ストーン監督) はアメリカ政府が秘密裏に構築した国際的な監視プログラムの存在 を内部告発したエドワード・スノ―デンを描いた作品です。 そして講演は「物言えぬ恐怖の時代がやってくる– 共謀罪とメディア」(編著)の田島泰彦先生( 上智大学文学部新聞学科教授)にお願いしました。
  共謀罪廃止の運動と合わせて、是非「映画と講演」 を多くのみなさんにご覧いただきたいと思います。
料 金:シニア・学生1100円/当日1300円 チラシ持参1000円
連絡先:兵庫県映画センター 電話:078-331-6100
市民社会フォーラム civilesocietyforum@gmail.com
神戸映画サークル協議会(寺川) 1948stera@gmail.com
http://shiminshakai.net/post/2736



自衛隊
●10月1日(日) 13:30~ひと・まち交流館京都 3階 第4会議室 (京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html)
小西 誠さん講演会「今 自衛隊をどうする?」
講師:小西 誠さん(軍事ジャーナリスト、「米兵・自衛官人権ホットライン」事務局長)
海外展開、上陸作戦へと舵を切った自衛隊。ミサイル危機の名のもと南西諸島への自衛隊配備と軍拡が進む。一方、経済の長期停滞、雇用崩壊による少子化でなりふり構わない募集に走る自衛隊。 経済的理由や萌えキャラ、甘い言葉に惹かれ入隊する多くの若者たち。「自衛官人権ホットラインの相談室」に届くのは辞めたい、死にたいという悲鳴だ。私たちは彼らの悲鳴にどうすることもできないのだろうか。
〈第1部〉オキナワ島嶼戦争――南西諸島への自衛隊配備
13:30~16:00 講演「メディアが報じない自衛隊の先島――南西諸島配備の実態」
〈第2部〉自衛隊 この国営ブラック企業――隊内からの辞めたい死にたいという悲鳴
16:30~18:30 講演「今、自衛隊内に起こっていること――逃げたい、死にたいという隊員たちの悲鳴」
参加費:1部または2部 各500円/1~2部通し 800円(割引をご希望の方は受付でお申し出ください)
小西誠さんプロフィール
1949年生まれ。航空生徒隊第10期生。自衛隊の治安出動訓練を拒否し隊内で反戦ビラ貼り。自衛隊法第64条違反(煽動罪)で起訴されるも「言論の自由の範囲内」として無罪判決。以後も、自衛隊隊内で反戦自衛隊員を組織化の運動を続ける。イラク反戦運動の中で「米兵・自衛官人権ホットライン」を立ち上げ、現在も自衛官の人権相談などに応じている。1990年出版社(社会批評社)を立ち上げ、軍事ジヤーナリストとしても様々な執筆・評論をおこなう。著書に、『日米安保再編と沖縄―最新沖縄・安保・自衛隊情報』『シンガポール戦跡ガイド』『フィリピン戦跡ガイド』『オキナワ島嶼戦争―自衛隊の海峡封鎖作戦』など多数。
主催:自衛隊員の命と人権を守る京都の会 https://www.facebook.com/jinkensongen/
お問い合わせ先:Jinkensongen@gmail.com
https://www.facebook.com/events/168759877024247/



生活保護
●10月1日(日) 13:30~16:30 エルおおさか南館10階1023号室
「-貧困の連鎖を防げ-生活保護でも大学に行きたい!」
「高校をでたら、働きなさい」
…夢は、生まれた家庭で、諦めなければいけないのでしょうか? 国はいまも、子どもが生活保護を受けながら、大学や専門学校などで学ぶことを認めていません。
「生活保護世帯の子どもの大学等進学率は33%」  
これは、一般世帯の73.2%の半分以下です。生活保護世帯の子どもたちの夢や希望を奪っている現状が、ここにあります。この間、生活保護費は大幅に引き下げられてきました。さらに、来年度は母子加算の削減等が検討されています。そうなれば、大学等進学率はさらに下がるでしょう。生活保護世帯の子どもたちの「進学したい!」という想いをかなえるために何が必要か。みなさんと考えたいと思います。
-プログラム-
1)基調講演 生活保護世帯の大学生の現状と課題~堺市実態調査から
桜井啓太さん(名古屋市立大学講師。大阪市立大学人権問題研究センター特別研究員、元堺市ケースワーカー)
2)当事者の声
3)パネルディスカッション
コーディネーター:中野冬美さん(女性のための街かど相談室ここ・からサロン共同代表)
パネリスト:桜井啓太さん(同上)竹田一成さん(NPO法人あっとすくーる理事)小久保哲郎さん(弁護士)
全体司会:ラボルテ雅樹(ユニオンぼちぼち、とよなか国際交流協会)
開会あいさつ:徳武聡子(生活保護問題対策全国会議事務局次長、反貧困ネットワーク大阪事務局長)
パネルディスカッション後:会場からの質問・意見など
閉会あいさつ:生田武志(反貧困ネットワーク大阪代表)
資料代:500円 申込不要
主催:反貧困ネットワーク大阪、生活保護問題対策全国会議
問い合わせ:とくたけ司法書士事務所 Tel:072(970)2232/Fax:072(970)2233(司法書士・徳武聡子)
http://seikatuhogotaisaku.blog.fc2.com/blog-entry-283.html



朝鮮半島の平和
●10月1日(日) 午後2時~午後5時 KCC会館5階ホール(地下鉄今里駅10分 https://www.mapion.co.jp/m2/34.66154532,135.54164079,16
10・4宣言10周年記念 平和と統一のためのつどい
トークライブ:金昌五 他
参加費:500円(高校生以下無料)
主催:平和と統一のためのつどい実行委員会
午後2時~午後5時 会場:KCC会館5階ホール
http://www17.plala.or.jp/kyodo/1001-1.pdf



パレスチナ
●10月1日(日) 14:00~ひと・まち交流館 京都 第四会議室 (京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html)
「聖都エルサレム」とパレスチナ問題
パレスチナの心臓=エルサレムはどうなるのか? 

講師:奈良本 英佑さん
オリーブの会の第二次インティファーダ企画
「聖地エルサレム」とパレスチナ問題 パレスチナの心臓=エルサレムはどうなるか? と題して法政大学名誉教授の奈良本英裕さんが講演します。
 パレスチナにおいて、占領下の東エルサレムで、アルアクサモスクの敷地の外で、パレスチナ系イスラエル市民によるイスラエル警察への攻撃があったことを口実に、イスラエルがモスクの敷地の入り口に検問と金属探知機を設置するなどしたことに対して、パレスチナの民衆の怒りが爆発し、イスラム教徒だけでなく、キリスト教徒のパレスチナ人を含めて、抗議行動が拡大しました。この抗議行動は、単に金属探知機をイスラエルが設置したということだけでなく、この聖地の支配を自失かしているイスラエル占領当局への怒りがあります。イスラム教の第三の聖地である岩のドームとアルアクサモスクは、宗教的な意味だけではなく、エルサレムのパレスチナとしての民族的な象徴でもあります。これに対して、国際社会は、イスラエルの横暴をゆるし、そして、東エルサレムの実質的な併合を黙認してきました。エルサレムの問題は、パレスチナ問題の核心でもあります。パレスチナ歴史を研究してこられた奈良本さんのお話から考えてみたいと思っています。集会ではまた、UAWCからのオリーブ収穫キャンペーンへの参加も呼びかけかれます。
資料代:1000円
https://www.facebook.com/events/115662282413622/



●10月1日(日) 10:00~京田辺市立社会福祉センター3F第1研修室
「逃げ遅れる人々」~東日本大震災と障害者~
上映会と鈴木さんご夫妻のトークイベント&プチパネル展
2011年3月11日の東日本大震災、未曾有の大災害の中、障害を持つ人々に何が起きたのでしょうか?この映画は、当時の障害者やそのご家族などの声を記録したドキュメンタリー映画です。体験された生の声に耳を傾け、私たちの日頃の備えについても考えませんか?また、実際に福島県から京都市に避難されてきた、ご自身も車いすで生活されている鈴木絹江さんとパートナーの匡さんからはメディアではほとんど取り上げられない被災地の障害者を取り巻く課題や問題点などをお話いただきます。
京田辺市にも活断層が通っており、また福井の原発からは80キロしか離れておらず、明日は我が身、、、決して他人事ではありません。この機会に、障害者の避難と防災について学ぶことで、地域全体の避難と防災についても考えてみませんか?今回は、地震直後の避難所の様子や救援活動の様子を切り取った貴重なパネルの展示も行います。是非ご覧ください。
参加費:無料  
定員:80名
タイムスケジュール
10:00~11:30「逃げ遅れる人々」上映会 ※日本語字幕あり
11:30~12:30 鈴木絹江さん、匡さんご夫妻によるトーク
12:30~14:00 鈴木さんご夫妻を囲んでランチ交流会 希望者のみ
(交流会参加希望される方は、お弁当持参、もしくはお弁当注文の場合は要予約:9月25日(月)締切)
☆鈴木絹江さん:1951年 福島県いわき市生まれ 福島県田村市船引町で「NPO法人 ケアステーションゆうとぴあ」を運営。現在理事長。
※会場は15:00まで開いておりますので、ご自由にパネル展示をご覧ください。
お申込み・お問い合わせ先 070-5652-0782(吉高)311yuinet@gmail.com
主催:3.11ゆいネット京田辺
共催:京田辺市社会福祉協議会
入場無料
https://www.facebook.com/events/480038982352676/



■10月1日(日) (再放送)午後02:00~03:50 NHK BS1
BS1スペシャル「戦艦武蔵の最期~映像解析・知られざる“真実”~」
日本の最高機密として極秘に建造された戦艦「武蔵」。太平洋戦争末期、壮絶な最期を遂げたとされるが、資料が少なく、多くが謎に包まれてきた。一昨年3月、フィリピン沖1200mの深海で武蔵が発見され大ニュースとなった。NHKは膨大な未公開映像とデータを入手。最新の映像解析技術で知られざる武蔵の“真実”が浮かび上がった。驚くべき内部構造やすさまじい攻撃力。定説を覆す“意外な姿”とは。戦艦武蔵の謎に迫る。
http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2017-10-01/11/15121/2894200/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良 2017年9月30日(土)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報


『コスタリカの奇跡~積極的平和国家のつくり方~』 (2016年/アメリカ・コスタリカ/90分)
1948年に軍隊を廃止。軍事予算を社会福祉に充て、国民の幸福度を最大化する道を選んだコスタリカの奇跡に迫ったドキュメンタリー
世界には軍隊なしで国の平和を保ってきた国々がある。そんな数少ない国の一つで、1948年に常備軍を解体した国がコスタリカだ。コスタリカは軍事予算をゼロにしたことで、無料の教育、無料の医療を実現し、環境のために国家予算を振り分けてきた。その結果、地球の健全性や人々の幸福度、そして健康を図る指標「地球幸福度指数(HPI)」2016の世界ランキングにおいて140ヶ国中で世界一に輝いているのがコスタリカである。またラテンアメリカで最も安全とされている国でもある。
『コスタリカの奇跡 ~積極的平和国家のつくり方~』は、1948年から1949年にかけて行われた軍隊廃止の流れを追いながら、コスタリカが教育、医療、環境にどのように投資して行ったのかを詳しく説明する。アメリカでは公的債務、医療、そして軍事費が日増しに増大していっていることとは対照的だ。この映画は軍隊廃止を宣言したホセ・フィゲーレス・フェレールや、ノーベル平和賞を受賞したオスカル・アリアス・サンチェスなどの元大統領や、ジャーナリストや学者などが登場する。世界がモデルにすべき中米コスタリカの壮大で意欲的な国家建設プロジェクトが今明らかになる。
公式サイト:https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=48
●9/9(土)~終映日未定 シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
9/30(土)・10/1(日) 16:55(~18:30終)
10/2(月)~10/6(金) ①11:00(~12:35終)②17:30(~19:05終)
http://www.theater-seven.com/2017/movie_costarica.html



『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー』
一握りの砂も、一坪の土地もアメリカのものではない
筑紫哲也 NEWS23」でキャスターを務め、筑紫哲也氏の薫陶を受けた佐古忠彦初監督作品。
テーマ音楽は作品の主旨に共感した坂本龍一がオリジナル楽曲を書き下ろし。
語りには、名バイプレイヤー、大杉漣が参加。
アメリカ占領下の沖縄で米軍に挑んだ男 瀬長亀次郎のドキュメンタリー映画。
なぜ沖縄の人々は声を上げ続けるのか、その原点はカメジローにあった──。
第二次大戦後、米軍統治下の沖縄で唯一人"弾圧"を恐れず米軍にNOと叫んだ日本人がいた。「不屈」の精神で立ち向かった沖縄のヒーロー瀬長亀次郎。民衆の前に立ち、演説会を開けば毎回何万人も集め、人々を熱狂させた。彼を恐れた米軍は、様々な策略を巡らすが、民衆に支えられて那覇市長、国会議員と立場を変えながら闘い続けた政治家、亀次郎。その知られざる実像と、信念を貫いた抵抗の人生を、稲嶺元沖縄県知事や亀次郎の次女など関係者の証言を通して浮き彫りにしていくドキュメンタリー。
JNNだけが持つ、当時の貴重な資料映像の数々をふんだんに盛り込んだTBSテレビが本気で製作した映画が遂に公開。
2016年TBSテレビで放送されたドキュメンタリー番組が、第54回ギャラクシー賞月間賞を受賞するなど非常に高い評価を得ており、映画化を熱望する声を受けて、追加取材、再編集を行って映画化。沖縄戦を起点に、今につながる基地問題。27年間にわたったアメリカの軍事占領を経て、日本復帰後45年が経っても、なお沖縄に基地が集中するなか、沖縄の人々が声を上げ続ける、その原点…。それは、まさに戦後の沖縄で米軍支配と闘った瀬長亀次郎の生き様にあった。JNNだからこそ保存されていた貴重な未公開映像やインタビュー、そしてアメリカ取材を交えて描き切る。
●9/16~10/20 第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
9/30~10/6 12:00(~13:55終)
10/7~10/13 10:00(~11:55終)
10/14~10/20 15:50(~17:40終)
http://www.nanagei.com/movie/data/1173.html
http://www.nanagei.com/movie/schedule.html



『人生フルーツ』【アンコール上映】
人生は、だんだん美しくなる。
むかし、ある建築家が言いました。家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない。
愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てた家。四季折々、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実が、妻・英子さんの手で美味しいごちそうにかわります。刺繍や編み物から機織りまで、なんでもこなす英子さん。ふたりは、たがいの名を「さん付け」で呼び合います。長年連れ添った夫婦の暮らしは、細やかな気遣いと工夫に満ちていました。そう、「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」とは、モダニズムの巨匠ル・コルビュジエの言葉です。
かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきました。1960年代、風の通り道になる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウン計画。けれど、経済優先の時代はそれを許さず、完成したのは理想とはほど遠い無機質な大規模団地。修一さんは、それまでの仕事から距離を置き、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめました─。あれから50年、ふたりは、コツコツ、ていねいに、時をためてきました。そして、90歳になった修一さんに新たな仕事の依頼がやってきます。
本作は東海テレビドキュメンタリー劇場第10弾。ナレーションをつとめるのは女優・樹木希林。ふたりの来し方と暮らしから、この国がある時代に諦めてしまった本当の豊かさへの深い思索の旅が、ゆっくりとはじまります。
●上映中~10/6 第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
9/30~10/6 16:30(~18:10終)
http://www.nanagei.com/movie/data/1103.html
http://www.nanagei.com/movie/schedule.html



『いのちの岐路に立つ~核を抱きしめたニッポン国~』 (2017年/日本/110分)
被爆・被曝者らが迫る「核が問いかける 戦後日本の隠された真実」とは何か―
あの福島第一原発事故から6年。避難地域の解除が進む中で、放射能の「緩慢なる脅威」 がひろがり、原発崩壊が故郷崩壊につながっていく。“唯一の被爆国”を喧伝して敗戦72年を 迎えた。ヒロシマ・ナガサキの被爆死者214,000人。ビキニ水爆実験による船員たちの被爆、 原発労働者の被曝がつづく。なぜ、原発再稼働にこだわり、核による厄災を繰り返すのか。 いのちの岐路に立つ人間として、覚悟が問われている。
かつて「原発立地を断念させた町」でバイブルになった『原発黒書』(1976年・原水爆禁 止日本国民会議発行)には、放射能汚染の実態をふまえ、「想像を絶する最大想定事故」 が、まるで福島第一原発の過酷事故をなぞるように「冷却材喪失事故の進行過程」をメル トダウン、水素爆発等を生死刻々の迫真力で記している。
●9/23(土)~10/6(金) シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
9/30(土)・10/1(日) 10:30(~12:25終)
10/2(月)~10/6(金) 12:50(~14:45終)
http://www.theater-seven.com/2017/movie_inochinokiro.html



●9月30日(土) 13:30~国労会館1階会議室(天満駅出口徒歩約2分 扇町駅4出口徒歩約4分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/) 
日米の原発政策とアメリカの影
「日米原子力協定」を読みとく
講師:吉井英勝さん
参加費:500円(会員は無料) 
主催:原発・エネルギー・地域経済研究会(NER研究会)
http://www.geocities.jp/neryoshii/



●9月30日(土) 14:00~16:30 葺合文化ホール中会議室2(地下鉄「新神戸駅」下車徒歩2分 http://asvjp.org/info/fkimap.htm
原発からみる民主主義【日本】「あなたならどうする?原発避難」
原発の是非を問う国民投票の実施を求めて活動している市民グループ・みんなで決めよう「原発」国民投票は、関西で勉強会を開催中です。これまで、書籍『脱原発の比較政治学』執筆者の先生方を講師に、ヨーロッパ各国の原発政策と民主主義について議論を深めてきました。
今回は、原発事故を起こした日本。原発の是非は、エネルギー、経済、廃棄物処理、そして事故後に明らかになった「避難の権利」など、さまざまに考える必要があります。事故の影響により避難を余儀なくされている太田歩美さんに、一様ではない避難の実情をうかがい、ともに考えたいと思います。
あなたなら、どんな選択をしますか?
スピーカー:太田歩美さん
料金:500円(資料代)
主催:みんなで決めよう「原発」国民投票・関西
問合せ/申込み:Facebookイベントページへの参加表明
Eメール: mintkansai@gmail.com 電話: 090-4273-4591(大音/おおと)
スピーカープロフィール
太田歩美(おおた あゆみ)原発事故により茨城県から大阪に母子で避難中。国と東京電力とに責任を問うている原発賠償関西訴訟の原告243人のうちのひとり。現在、非正規雇用で公営住宅で生活をしている。
https://www.facebook.com/events/665703293640091/



●9月30日(土) 18:30~21:00 ひとまち交流館3F第5会議室 (京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html) 
京都の今とこれからを考える11 原子力をめぐる自治体の取り組みと世界情勢
公開 ・ 主催者: ウチら困ってんねん@京都
高浜原発が動いている。去年 大津市の裁判で「動かしたらアカン」と言われたのに。
高浜から50~70キロにある兵庫県篠山市では、この危険に対して、去年の1月から住民に安定ヨウ素剤を配り出した。
ほとんど同じ距離にある京都市は、左京の北の奥の数十人のためだけの対策を立てて「原子力災害に備えてます」やて。これってひどーない?
こんな市のあり方を変えたい。どうやって原子力災害に備えるべきか一緒に考えましょ!
京都の今とこれからを考える11テーマ 原子力をめぐる自治体の取り組みと世界情勢
話し手:守田敏也さん
資料代:500円
主催:ウチら困ってんねん@京都 09037043640
https://www.facebook.com/events/232880117238221/



改 憲
●9月30日(土) 14:00~16:30 PLP会館5階大会議室(JR天満駅・地下鉄扇町駅徒歩5分 http://www.mapion.co.jp/m/34.698775_135.5148611_8/v=m5:%EF%BC%B0%EF%BC%AC%EF%BC%B0%E4%BC%9A%E9%A4%A8/
憲法改悪に反対する緊急集会~9条改憲をぶっ潰そう~
講演1「憲法第9条と核兵器禁止条約
~9条を持つ日本こそが核兵器廃絶の先頭に~」

 講師:田巻 一彦 ピースデボ代表 
講演2「憲法改悪阻止に向けた総がかりの取り組み」
 講師:福山真劫 平和フォーラム共同代表
連帯あいさつ 民進党大阪府連 社民党大阪府連合
決意表明 
主  催:戦争をさせない1000人委員会・大阪/大阪平和人権センター
協  賛:おおさか総がかり行動実行委員会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/



憲 法
●9月30日(土) 14:00~17:00 神戸学生青年センター会議室A(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/
[高作先生と学ぶ会]2017年度後半
「2017年衆議院解散・総選挙で考えておくべき争点ー解散権の制約と自衛権明記の改憲論―」
講 師:関西大学法学部教授 高作正博さん
参加費:一般1,000円 若もの500円
共催:神戸学生青年センター&「高作先生と学ぶ会」
お問い合わせ先:℡ 078-851-2760
http://ksyc.jp/seminar/takasaku201709-201801/



安倍政権
●9月30日(土) 18時~扇町公園ステージ前集合(地下鉄扇町・JR天満)18時20分~デモ出発
安倍も麻生もやめさせよう!梅田横断デモ
ー森友・加計逃れの身勝手解散!朝鮮敵視を許さない!ー

木村真さん(豊中市議)他、アピール
・19時梅田HEP付近にゴール→HEP前集会
10月も毎週土曜行動
https://twitter.com/umedasitin/status/911127564978077696



政治と暮らし
●9月30日(土) 14:00~17:00 兵庫県民会館 けんみんホール(JR・阪神「元町」より徒歩7分/地下鉄「県庁前」東1・2出入り口下車すぐ http://www.osaka-event.com/eventmap/mapdata/hyogo/hyogo_016/
市民が変える政治とくらし 中野晃一講演会
「アベ政治をやめさせるとき、社会は変わる」

講師:中野晃一(上智大学教授) 
「安倍一強」は、ついに綻(ほころ)び始めました。都議選で惨敗し、支持率が下がり続けても、首相の「反省」は形だけです。
安倍政権はこの4年半、公約にも挙げなかった秘密保護法、安保関連法(戦争法)、共謀罪、消費税増税などを次々に強行しました。私たちはどれだけ騙(だま)され、苦しめられ、怒ってきたでしょうか。
モリトモ・カケ問題では “お友だち”に大盤振る舞いし、国会答弁はデタラメばかり。そして憲法改悪へのかけ声ばかりが響いています。「景気回復、大改革」「この道しかない」という「アベ政治」の行き着く先は、自由と民主主義、雇用、福祉を切り捨て、近隣諸国との対立をあおる軍備増強と戦争への道です。
政治学者の中野晃一さんは「市民が政治をとり戻す」「野党は共闘」を訴え、市民連合の共同代表も務めています。「安倍政治に“三下り半”を突きつけよう」「憲法改悪を阻止し、安倍政治を倒そう」と呼びかけています。私が、あなたが、市民が起ちあがり、政治とくらしを変えましょう。アベ政治に終止符を打ち「いのちとくらし、民主主義」に根ざした政治を取り戻しましょう。中野晃一さんの話からそのヒントを得て、一歩踏み出しましょう。いまなら「その道」を止められます。
主催:市民が変える政治とくらし 中野晃一講演会実行委員会(安保関連法に反対するママと有志の会@兵庫 9条の心ネットワーク こわすな憲法!いのちとくらし!市民デモHYOGO 三田・九条の会 連帯兵庫みなせん)
連絡先:090-3652-8652(高橋)saltshop@kobe.zaq.jp
資料代:前売り券500円(学生・避難者300円、高校生以下無料)当日券700円 
キッズスペース/手話通訳あり
主催:市民が変える政治とくらし 中野晃一講演会実行委員会
http://shimindemohyogo.blog.fc2.com/blog-entry-60.html



政 治
●9月30日(土) 午後6時半~8時半 堺市産業振興センター・セミナー室4(地下鉄・南海 なかもず駅から北300m http://www.sakai-ipc.jp/about/access.html
【堺からのアピール】緊急市民集会
安倍政権の暴走STOP!維新NO!総選挙で野党統一候補を!
安倍政権は野党の臨時国会開催要求を棚ざらしにした上、ようやく来週開くにも関わらず、審議を行わずに冒頭解散しようとしています。森友・加計問題など審議に応じず蓋をしてしまう「アベカクシ」解散です。
市民と野党の共闘による野党統一候補実現に向け活動してきた【堺からのアピール】は緊急集会を開きます。お知り合いをお誘い合わせの上ご参加下さい。
ゲスト:中野晃一さん(上智大学教授)市民連合呼びかけ人
野党各党代表 総選挙予定候補
参加費無料
https://www.facebook.com/events/130862674222495/



戦争文化
●9月30日(土) 14時~16時15分 サクラファミリア・カトリック大阪梅田教会(地下鉄御堂筋線「中津」駅より西へ5分 http://www.osaka.catholic.jp/pdf/2017/170930.pdf
第14回学びと祈りの集い「戦争文化から平和文化へ」
講師:スティーブン・リーパー<広島平和文化センター前理事長> 
会費:無料 
主催:超教派クリスチャン信徒連盟
http://www.osaka.catholic.jp/pdf/2017/170930.pdf



日の丸・君が代
●9月30日(土) 2時~エル大阪606(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
ZAZA連続講座 第3回
『「日の丸」が翻った植民地、戦地で「八紘一宇」は天皇制軍国主義のスローガン。第二「君が代」を忘れるな』
講師:久保井規夫さん
トータル・テーマは『史料で示す:戦世へ誘う皇民化施策と「日の丸」「君が代」』
時あたかも、森友学園の塚本幼稚園でやっていた、また、「小学院」がやろうとしていた教育勅語と「日の丸」「君が代」による子どもたちへの洗脳が大きな問題となっています。
この森友学園がやっている洗脳こそは、70数年前の「皇民化教育」そのものです。では、「皇民化教育」とはいかなるものであったのか、それを久保井規夫さんがさまざまな史料をもとに明らかにしてくれます。都合がつきましたら、ご参加をよろしくお願いします。参加費:500円
主 催:グループZAZA 090-6067-0560 菅(かん)さん
http://blog.goo.ne.jp/zaza0924/e/b122a6b6c452aeffc4273e1c3e708d87



●9月30日(土) 6時半~千里市民センター大ホール(阪急南千里駅下車西側すぐ http://www.city.suita.osaka.jp/home/soshiki/div-shimin/shiminjichi/_70909/000400.html
「市民と野党は共同してアベ政治をストップ!市民大集会」
大阪7区の6野党と市民代表のパネルディスカッション
安倍首相は臨時国会冒頭で解散を行い、10 月 22 日投開票の衆議院議員選挙に踏み 切ることを決意しました。(9 月 23 日現在) この解散は、疑惑隠しを目的とし、党利党略に基づき、大義のない、憲法違反の疑いもある、とうてい許されない暴挙です。
安倍首相の思惑を覆しアベ政治をストップさせるために、大阪 7 区(吹田市、摂津市) でも、市民と野党が共闘し、野党統一候補の実現を市民は求めています。 大阪 7 区の野党 6 党(民進党、共産党、自由党、社民党、新社会党、緑の党)のみ なさんと市民が一堂に会し、今回の総選挙について意見交換をします。 今の政治に失望している有権者のみなさんにも、希望の持てる選挙とするために、参 加をよびかけます。
主催:「アベ政治をストップ!市民大集会」実行委員会
呼びかけ団体:「アベ政治を許さない!吹田市民の会」「共生のまち吹田・摂津をつくる市民の会」
連絡先:090-7348-4525(鍵谷)



野党共闘
●9月30日(土) 14:00~アクティ近江八幡多目的ホール(JR近江八幡駅南口から南西へ線路沿いに徒歩7分  http://www.acty-omihachiman.com/access.html 専用駐車スペース50台有り)
野党共闘を推進して総選挙に完全勝利する9.30滋賀県民集会
【市民による、市民のための、新しい時代を】

安倍内閣の憲法無視の冒頭解散。言語道断です。強く抗議すると共に、市民が動かす政治を創りましょう。 安倍政治を変える選挙です。意見のちがいを乗り越え、多様性を認めあい、共に知恵と力を出し合って大きくつながることで、市民による、市民のための、新しい時代を 是非ご一緒に創りましょう。参加してくださるあなたが主人公です。
連絡:市民の会しが事務局(担当 檜山 090-4036-4510 )
https://blogs.yahoo.co.jp/jcpkohokuksb/64006802.html
https://www.facebook.com/events/118490355508927/



アスベスト
●9月30日(土) 14時半~川西総合センター(阪急「川西能勢口」北7分 http://www.city.kawanishi.hyogo.jp/shisetsu/14890/sogo_list/index.html
第六期連続市民講座 
「アスベスト 広がる健康被害と取るべき対策」

講師:大島秀利(毎日新聞記者)
毎年秋に阪神間の各市でおこなわれてきた「市民の力で社会を変えよう!連続市民講座」。今年も9月10日から、ほぼ2週間ペースで12月まで行われるが、12月の最終回を除いて、テーマ、講師、場所が決まった。
参加費:500円、7回連続通し券:2000円 ※これは友人に貸してOK 
http://hanshin204.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/6-71f9.html



社会保障
●9月30日(土) 15時~17時 HRCビル 4階研修室(JR・地下鉄 弁天町駅徒歩8分 http://www.jinken-osaka.jp/access/index.html
社会保障制度研究会第4回
『生活困窮者自立支援制度をめぐる課題や求められる支援のあり方』
報告者:奥田 知志 さん(認定NPO法人抱樸 理事長 厚労省/生活困窮者自立支援のあり方等に関する論点整理のための検討委員会 委員)
法施行から3年、見直しの議論がすすめられている。制度は生活保護に至る前に自立を促すという狙いがあるため就労支援に偏りがち。貧困を「経済的困窮」と「社会的孤立」という両面から捉え、制度の課題や支援のあり方について提起。
事務局:一般社団法人 部落解放・人権研究所  調査・研究部
TEL:06-6581-8572
主催:一般社団法人部落解放・人権研究所 第六研究部門
http://www.blhrri.org/lecture_event/lecture_shosai.php?event_no=168
http://www.blhrri.org/user_pdf/event/20170606092846_1.pdf



奈 良
●9月30日(土) 13:00~奈良市西大寺(大和西大寺 https://narashikanko.or.jp/spot/temple/saidaiji/
古都 京都・奈良ジョイントフォーラム
古都こわしから文化財をどう守るか、一緒に考えましょう。
基調講演:上野邦一氏(奈良女子大学名誉教授)
「文化遺産を活かす町づくりー奈良公園の魅力を受け継ぐためにー」
報告:京都「糺の森こわし」 奈良「奈良公園が危ない」
参加資料代:500円
※大茶盛をお楽しみいただけます。先着順で別途1,000円かかります。
共催:京都・まちづくり市民会議、奈良歴史遺産市民ネットワーク
お問い合わせ先:(0742)23-3934 小宮みち江様まで
https://www.facebook.com/events/2007368419509160/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

プロフィール

Akko

Author:Akko
清志郎大好き。
旅行大好き。
ドイツ大好き。
でも最近忙しくて、旅行に行けません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR