FC2ブログ

(9/19更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2018年9月17日(月休)~21日(金)

★9/19追加情報
●9/21(金)までのイベント情報を追加しました。


【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-378.html




●9月17日(月休) 14:00~PLP会館(JR天満駅・地下鉄扇町駅徒歩5分 http://plp-kaikan.net/access/a_index.html)  
故翁長知事の志を継ぐ 玉城デニーさんを激励する会
9月30日の沖縄県知事選挙に向けて玉城デニーさんが出馬を表明しました。
母体となる「ひやみかち うまんちゅの会 」の会長は沖縄財界から金秀グループの呉屋守将会長、選対本部長は自民党からオール沖縄に翁長雄志知事と行動を共にしてきた盟友、仲里利信・前衆議院議員が就任しました。保革をこえるオール沖縄の体制が始動しました。
時を同じくして、沖縄県は翁長知事の遺志を引き継ぎ、辺野古新基地の埋立承認を撤回しました。デニーさんはこれを 「く支持する」 と明言し 、辺野古ゲート前でも決意を表明しました。
玉城デニーさんを押し上げる熱気は盛り上がっています。
しかしこの選挙 、安倍政権は総力を傾けて、どんな汚いこともためらわずに突撃してきます。この猛攻に耐えて勝ち抜くためには、「沖縄を孤立させない本土の姿勢」が重大な責任を負っているといえます。野党と市民が結束して支援する姿勢を明確にできるのかということです。
73年前に米軍から鉄の暴風を浴びせられた沖縄は、今、安倍政権によるペテンと札びらと脅迫の暴風にさらされてい ま す 。本土の私たちの行動が問われています。
気持ちだけをもっていても、それは沖縄は伝 りません 。 日本各地で 野党がそろい踏みの形を示すこと、市民の関心が集まっている姿を表明すること、デニーさ んの活 動の自由を保障する献金を送ること。具体的な行動が必要です。
そこで今般 、 緊急の政治資金パ ーティーが行われることとなりました。多くのみなさまの御参加と、チケットのご購入をお願いいたします。
思うだけでは叶いません。動きましょう!(よびかけ 玉城デニーを励ます会・近畿)
なお、本人は参加せずビデオメッセージとなります。あらかじめご了承ください。
会 費:5000円 ※この催しは政治資金規正法に規定する政治資金パーティーです。
主 催:平和・誇りある豊かさを!ひやみかち うまんちゅの会
要予約:玉城デニーを励ます会・近畿
申し込み:メール d21kinki@yahoo.co.jp FAX 06-6562-6905 お名前・人数をお送り下さい。
チケット代振込先
琉球銀行 店番号201 普通1181452
名義人 ひやみかち うまんちゅの会
事 務 局 長 仲 宗 根 寛 明
当日会場でお支払いいただいても結構です
https://www.facebook.com/events/228084581389994/



政 治
●9月17日(月休) 13:00~近江八幡市・ほりかふぇ(多賀町743 八幡堀界隈)
くらしとせいじカフェ「みんなで創る政治」
参院選に向けて、対話から新しい手のつなぎ方をみんなで考える
おひとりワンオーダーお願いします
北海道地震、大雨災害、台風災害で被害をうけられた皆さま。心よりお見舞い申し上げます。
政府の災害対策が最悪ですが、安倍政権が続きそうな総裁選。ここをひっくり返すにはやはり選挙で自民党以外の野党の議席が増えることしかないので、来年7月の参院選に向けていろいろ動いていきたいですね。
前回の日野のくらしとせいじカフェでは新しい野党共闘の話が盛り上がりました~。対話から新しい形の手のつなぎ方みんなで考えませんか?政党やいろんな枠を超えて、大きな力にしていきたいまずはおしゃべりしましょう~。みんなの意見を聞かせてください
https://www.facebook.com/events/268139797159792/



映画上映会
●9月17日(月休) 13:00~15:00 stuido awai(スタジオあわい)あんのん舘2F(JRさくら夙川9分 阪急夙川14分 https://tt-nishinomiya.wixsite.com/tn-theater/single-post/2018/08/28/『コスタリカの奇跡?積極的平和国家のつくり方』上映会)
コスタリカの奇跡?積極的平和国家のつくり方 上映会
 13:00~14:30 上映
 14:30~15:00 シェアリング
1948年に軍隊を廃止。軍事予算を社会福祉に充て、国民の幸福度を最大化する道を選んだコスタリカの奇跡に迫ったドキュメンタリー 。
世界には軍隊なしで国の平和を保ってきた国々がある。そんな数少ない国の一つで、1948年に常備軍を解体した国がコスタリカだ。コスタリカは軍事予算をゼロにしたことで、無料の教育、無料の医療を実現し、環境のために国家予算を振り分けてきた。その結果、地球の健全性や人々の幸福度、そして健康を図る指標「地球幸福度指数(HPI)」2016の世界ランキングにおいて140ヶ国中で世界一に輝いているのがコスタリカである。
『コスタリカの奇跡 ~積極的平和国家のつくり方~』は、1948年から1949年にかけて行われた軍隊廃止の流れを追いながら、コスタリカが教育、医療、環境にどのように投資して行ったのかを詳しく説明する。アメリカでは公的債務、医療、そして軍事費が日増しに増大していっていることとは対照的だ。この映画は軍隊廃止を宣言したホセ・フィゲーレス・フェレールや、ノーベル平和賞を受賞したオスカル・アリアス・サンチェスなどの元大統領や、ジャーナリストや学者などが登場する。世界がモデルにすべき中米コスタリカの壮大で意欲的な国家建設プロジェクトが今明らかになる。
予告編:https://youtu.be/pnxGYapjZME
映画情報:https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=48
参加費:一般 1,000円 中学生以下 無料 
申込:tt.nishinomiya@gmail.com
主催・お問い合せ:トランジション西宮 
協力:あんのん舘・studio awai
https://tt-nishinomiya.wixsite.com/tn-theater/single-post/2018/08/28/『コスタリカの奇跡?積極的平和国家のつくり方』上映会



ウトロ
●9月17日(月休) 15:00~太子会館老人憩いの家(西成区太子1-8-12)
第3回「監督のこの1本」
『ウトロ-家族の街』
(2002年、58分)
15:00~上映
16:00~武田倫和監督トーク
無料・投げ銭歓迎
ドキュメンタリー制作・ノマドアイ http://nomadeye.jp/
https://www.freeml.com/kdml/11524/latest



●9月17日(月休) 午前10時~12時 大阪クリスチャンセンター3階(地下鉄玉造駅①5分・JR玉造駅10分 http://www.osakachristiancenter.or.jp/map.html)
第50回キリスト者原発学習会
光延一郎(神学 イエズス会/上智大学)講話「日本国憲法とカトリック」を読んで
三宅康博さんによる解説&意見発表
会費:500円(資料代等)
連絡先:090-3974-1166(弓場)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/



■9月17日(月休)(再放送) 午後03:00~04:50 NHK BS1
BS1スペシャル「欲望の経済史~ルールが変わる時~特別編」
世界で拡大する格差、分断。そのルール変更はいつ、どこで?利子という、時間を金と交換する神にしか許されぬ蛮行が資本主義の原点だった?時が富を生む魔術=利子。空間をめぐる攻防が生んだグローバリズムと国家の関係、重商主義。勤勉という美徳が社会を変えた、宗教改革。そして技術が人を動かした産業革命、フォーディズム。そして株式市場という場が引き起こす、繰り返すバブル。全5章で考える経済の本質、欲望のドラマ。
http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2018-09-17/11/32572/2225565/



●9月18日(火) 10:30~15:00 大阪市立社会福祉センター(近鉄「大阪上本町」⑪東へ徒歩3分 地下鉄「谷町九丁目」⑧徒歩10分 http://shafuku-center.jp/shisetsu.html
3.11避難者情報交換・意見交流会Cafe IMONIKAI
毎月大阪で、たとえ参加者が少なくても、必要としている避難者がいる限り、細く長く必要な形でつづけています。2012年夏~毎月1回、一日お部屋を開放し、自由に避難者が集える「場」を参加者みんなで作ります。
サンドリメンバーも、毎回、一度も欠かさず通っている避難者たちがいます。
とても自由な雰囲気で、避難者が震災のこと、避難のこと・・・本当の思いを各々自由に話せる3.11避難当事者がホッとできる素敵な「場所」です。
初めての方も安心してご参加下さい。何も話さなくても、聞くだけの方もおられます。
色々な情報も得られますし、また、避難者の思いも、ご支援の方々に伝えることも出来ますし、本当にオススメ出来る交流会の一つです。ご都合のつく方は是非ご参加ください。
※途中からの参加、途中退室も可能です ※飲み物は各自でご用意ください
参加費:無料 差し入れ大歓迎♪
参加対象者:3.11避難者&3.11避難者に心をお寄せくださる方ならどなたでも大歓迎☆
お申込み:特に不要です。
今後の予定:
10月17日(水)、11月 20日(火)、12月19日(水)1月24日(木)
お問合せ:sandori2014@gmail.com サンドリ【3.11避難者交流カフェイモニカイ】係
主 催:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (略称:サンドリ)
協 力:大阪市ボランティア・市民活動センター(大阪市社会福祉協議会)
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1952.html



朝鮮半島
●9月18日(火) 18時半~エルシアター(エルおおさか)(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
日朝ピョンヤン宣言から16年
日朝国交正常化と東アジアの平和を!9.18キャンドル集会

朝鮮戦争を終結し平和協定へ! 憲法9条改悪を許すな!
「安倍政権の対朝鮮政策と日朝国交正常化の課題」
講師:浅井基文さん
「朝鮮半島問題と日本の植民地支配責任 東アジア平和共同体構築に向けて」
講師:纐纈 厚さん
音楽ゲスト:川口真由美さん キャンドルウェーブしよう
【緊急企画】
オール大阪野党5党の揃い踏みで沖縄県知事選玉城デニー候補予定者の勝利をめざす決起集会
主 催:キャンドル集会実行委員会
連絡先:戦争をさせない1000人委員会 ℡.06-6351-0793 
    戦争あかん!ロックアクション(市民共同オフィスSORA気付 ℡.06-7777-4935
ヨンデネット大阪 yondenetosaka@gmail.com
https://www.facebook.com/events/437187306805810/



朝鮮高級学校無償化
9月18日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



■9月18日(火)(再放送) 午後09:00~10:00 NHK BSプレミアム
アナザーストーリーズ・選「フセイン拘束~捕らえられた独裁者の真実~」
独裁者の変わり果てた姿に世界中が驚がくした!イラク元大統領サダム・フセイン。「悪の枢軸」と名指しされ、超大国アメリカと戦争の末に捕らえられ、処刑された。米軍はフセインをどう追い詰めていったのか。息詰まる拘束作戦の舞台裏。フセインの最後の言葉「アメリカはイラク統治に失敗するだろう」その後、アメリカの思惑はどこで狂ったのか?赤い夜明け作戦の指揮官、CIA、サダムの愛人…今明かされる独裁者の真実!
http://www4.nhk.or.jp/anotherstories/x/2018-09-18/10/25209/1453066/



戦争法
●9月19日(水) 午後6時~JR草津駅東口
戦争法反対・全国統一行動3周年
チラシ、のぼり、トークOK。自由に参加して憲法9条の改悪に反対の意思表示を!
主催:戦争はいやだ!草津市民の会
問い合わせ:090-9619-1939(近藤)
https://sites.google.com/site/syamahi9j/zi-he-jiu-tiaono-huinyusu



死 刑
●9月19日(水) 18時半~20時半 ドーンセンター5階特別会議室(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
死刑弁護の現場から
講師:下村忠利
参加費:800円
主催:アムネスティ・インターナショナル日本/死刑廃止フォーラムinおおさか
連絡:090-8575-9827
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0919.pdf



冤 罪
●9月19日(水) 18時~21時 豊中人権まちづくりセンター4階ホール(阪急岡町駅 https://www.city.toyonaka.osaka.jp/shisetsu/sonota/toyo_center/index.html) 
冤罪青春グラフィティ『獄友』豊中上映会
参加費:1000円
上映後、金聖雄監督のトークあり
主催:狭山事件の再審を求める豊中市民共闘会議(06-6841-5300)
・22日(土)13時半~15時半
http://www.kinyobi.co.jp/event/20180914_002646.php



●9月20日(木) 16時~19時 滋賀県庁正面噴水前(JR大津駅から徒歩5分 大津市京町四丁目1番1号 http://www.pref.shiga.lg.jp/guide/chosha/index.html
滋賀県庁前すわりこみ
https://nonukesiga.exblog.jp/27093865/



安倍改憲
●9月20日(木) 18:00~西院春栄公園(西院小学校北側)
安倍改憲やめて!沖縄連帯デモ@右京
主催:安倍改憲NO市民アクション@右京/安保法制廃止、立憲主義回復をめざす京都市民連合@右京、日本共産党京都西地区委員会
https://jimmin.com/events/event/安倍改憲やめて%ef%bc%81沖縄連帯デモ%ef%bc%a0右京/



改 憲
●9月20日(木) 18時~20時半 守山コミュニティホール(守山駅 https://map.goo.ne.jp/place/25002644784/
市民の会しが・政策フォーラム②
3人のパネリストが9条を徹底トーク。自衛隊を憲法に書いたらいけないのか。
市民の声にどう答える・・・
 土井裕明さん(弁護士) 對月慈照さん(市民の会事務局長) 杉原秀典さん(同 政策担当)
コーディネーター:斎藤敏康さん(同 代表代行)
主催:市民の会しが
問い合わせ:090-2108-9521(杉原)090-4036-4510(檜山)
https://www.facebook.com/shiminnokaishiga/photos/a.1568233226831382/2181988522122513/?type=3&theater



多文化
●9月20日(木) 19:00~21:00 大阪聖和教会(生野区桃谷5-10-32)
多文化福祉研究会シンポジューム
「古墳時代の王権と渡来人-河内の猪飼い・馬飼い・鷹飼い・鳥飼い-」
西川寿勝さん(大阪府立狭山池博物館学芸主査)
大阪には古墳時代に朝鮮半島から数多くの人たちが渡来しました。大阪市の久太郎町は百済(くだら)町が、喜連は呉(くれ)が、駒川は高麗(こま)がそれぞれなまったとも。彼らの先進技術は評価され、渡来文化は倭国に定着、渡来系氏族が栄えました。今回は、渡来人とはどのような人たちをさすと研究されてきたのか、渡来系氏族の中でも王権と結びついた動物飼育の人たちについて、文献史料と発掘成果などから紹介します。
参加費:500円
主 催:多文化福祉研究会 090-4304-0039(岩山さん)
https://www.freeml.com/kdml/11524/latest



■9月21日(金)(再放送) 深夜午前00:00~00:50 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー選「乳牛たちのインティファーダ
毎日飲む牛乳さえイスラエルに頼っていたパレスチナのとある農村が、18頭の乳牛を手に入れた。「国家安全保障の危機」と、18頭の摘発に乗り出すイスラエル当局と、牛を巧みに隠す村人たちとのいたちごっこが契機となり、パレスチナ自立への機運が高まり、第1次インティファーダにつながっていく。「マンガのような風合い」を試みた異色作。
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=171101



●9月21日(金) 関西電力本社前(「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:00頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:30 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●9月21日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●9月21日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●9月21日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&パレード



●9月21日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に!



●9月21日(金) 19:30~ひと・まち交流館京都 第5会議室(3階) (京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html)
守田敏也さんの南仏サマーキャンプ報告会
今回のキャンプは8月6日9日と広島・長崎の日を守田さんの提案で組み込み、祈りのパフォーマンスや原爆についてのしっかりとした講演を行ってきたそうです。
昨年に続いて参加された反核サマーキャンプには、今回守田さんの呼びかけで数名同行されました。ブログ等で、タイムリーな報告をしておられますが、やはりご本人から直接お話をお聞きしたいです!
参加費:1000円
主催:ウチら困ってんねん@京都
https://houteisien.wordpress.com/kyoto/



●9月21日(金) 18時半~21時 アクア文化ホール(阪急宝塚線曽根駅 http://www.toyonaka-hall.jp/access/
~平和のための講演とミュージカルの夕べ~国会を市民の手に取り戻そう!
講演:山口二郎さん(政治学者、法政大学法学部教授、安保法制と立憲主義の回復を求める市民連合世話人)
「国会を私たちの手に取り戻すために」
ミュージカル 劇団「天然木」公演~大矢野原に立って~
~プロフィール~
1996年子どもミュージカルの劇団として熊本市で結成。
2005年山都町に拠点を移し、家族+αでの活動を開始し、自作自演生演奏の出前ミュージカルを県内外で行っている。
2015年早川倉庫杯若手演劇コンテストDENGEKIvol.4で長女しずくと次女凛花(脚本凛花)の二人芝居が優勝。これまでにRKK、BS日テレ、KKTで5本のドキュメンタリーが制作・放送されている。
2018年6月沖縄辺野古ゲート前テントで自衛隊軍事演習問題をテーマにした「大矢野原に立って」を公演し、大きな感動を呼ぶ。ブログは「劇団天然木」で検索。
参加費:500円(介助者無料)
主催:安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合・豊中
共同代表:安富 巌  大川一夫  中北龍太郎  藤木 邦顕
連絡先:松岡幹雄(090-4033-1376)
https://www.facebook.com/events/540364116399697/



家族制度
●9月21日(金) 18:30~21:00 神戸学生青年センター会議室D(阪急六甲駅北3分/JR 六甲道駅北15分 078-851-2760 http://ksyc.jp/facilities/map/
高作先生と学ぶ会2018年秋
改憲勢力が狙う家族制度―「LGBT」「生産性」発言の背後にあるもの

講 師: 関西大学法学部教授 高作正博さん
参加費 :一般 1,000円  若もの 500円
(公財)神戸学生青年センター 「高作先生と学ぶ会」共催
http://ksyc.jp/seminar/takasaku201809-10/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村





脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2017年9月16日(日)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-377.html




森友学園問題
●9月16日(日) 14:00~豊中市立文化芸術センター大ホール(阪急・曽根駅下車東へ3分 http://www.toyonaka-hall.jp/access/)
幕引きさせてたまるか!森友問題 アベの大罪を暴く
<第一部>トークセッション
望月衣塑子さん(「東京新聞」記者)
金平茂紀さん(ジャーナリスト・TBS「報道特集」キャスター)
コーディネーター 矢野宏さん(新聞「うずみ火」)
<第二部>
立憲野党からのアピールおよび国会報告
参加費:500円(障害者・介助者・学生300円)
手話通訳あり
主催:森友学園問題を考える会
連絡:TEL/FAX 06-6844-2280
https://www.facebook.com/events/278281056117835/



ドキュメンタリー上映会
●9月16日(日) 午後1時40分~3時40分 クロスパル高槻(高槻市立総合市民交流センター)5F視聴覚室(JR高槻駅中央改札口を右へ出て京都方面線路沿い http://loco.yahoo.co.jp/place/g-6msUDgCskbU/)
ドキュメンタリー映画「異なる世界」上映会(2017年 108分)
台湾―沖縄―韓国 平和紀行の物語
【ストーリー】古びた自転車に乗って旅 をする二人の青年。海を越え台湾から はじまった旅はエメラルド色の海が広 がる沖縄を過ぎ、真冬の厳しい寒風が 吹きすさぶ韓国で終わりを迎える。11 月ながらも夏のような台湾を経て秋のような沖縄を、そして韓国での真冬へと突入する長い旅程のなかで二人は数多くの人々と出会う。台湾で脱核運動をする人々、沖縄で自衛隊や米軍 基地建設に反対する人々、その沈痛な歴史から、韓国、済州島の海軍基 地、密陽の送電塔、そして原発問題に 至るまで、彼らは「平和紀行」という名を借りてこの地の疎外された場所の 数々を訪れる。点と点を繋ぐように二 つの車輪で様々な場を連結しながら。
参加費:999円
主催:高槻ドキュメンタリー映画上映委員会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0916-1.pdf



沖 縄 
●9月16日(日) 13:30~草津市立市民交流プラザ大会議室(JR南草津駅東口直結、フェリエ南草津5階 https://www.kusatsu-plaza.com/access
ドキュメンタリー映画「OKINAWA1965」上映会
協力金:1,200円
公式サイト:http://longrun.main.jp/okinawa1965/index.html
主催:「OKINAWA1965」を観る会 090-2011-0316
https://shigaminpo.com/event.shtml



資本論
●9月16日(日) 14時~16時 サンスクエア堺(JR阪和線「堺市」駅徒歩3分 http://www.sck.or.jp/access.html
「資本論」を読む会(堺)
第1篇第3章貨幣または商品流通第1節価値の尺度の2回目
参加無料 初心者大歓迎
主催:資本論を読む会(堺)(090-6067-0560)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0916-2.pdf



アベノミクス
●9月16日(日) 10:00~アジェンダ・プロジェクト事務所(京都市南区東九条北松の木町37-7)
軽部謙介著『官僚たちのアベノミックスー』を読む
参加費¥200
主催:アジェンダ・プロジェクト京都
連絡:TEL090-9998-9245
https://jimmin.com/events/event/軽部謙介%e3%80%80著『官僚たちのアベノミックスー』を/



日朝友好稲刈り
●9月16日(日) 9:00~能勢電鉄終点「妙見口駅」集合(田んぼまでピストン輸送)
第22回日朝友好稲刈り
朝鮮学校の生徒さんたちと春に植えた苗。豊かな友好の実りを刈り取りましょう!
参加費:大人2000円・学生1000円・子ども500円(飲食費・農耕費)
※どなたでもご参加いただけます。要予約:090-4640-7638(伊関さん)
主 催:平和の糧・朝鮮総聯西大阪支部
参考記事:「朝鮮学校の子たちが友好の田植え 能勢町で」5月22日
https://www.asahi.com/articles/ASL5P3RD2L5PPTIL00X.html



ミュージカル
●9月14日(金)~17日(月) 大阪ビジネスパーク円形ホール(地下鉄長堀鶴見緑地線「大阪ビジネスパーク駅」より徒歩1分、JR大阪環状線・地下鉄・京阪電鉄「京橋駅」より徒歩5分 https://osaka-info.jp/page/obp-osaka-business-park
大阪憲法ミュージカル
私たちが生きるこの国には、憲法があります。 私たちが、自由に学んだり、表現したり、毎日を平和に人間らしく暮らせること、 一人ひとりの人間が、個人として大切にされるべきことが謳われています。 でも、こんなことは当たり前すぎて、普段なかなか実感する機会がありません。 私たちは、たくさんの市民の方々に、普段身近に感じることのない憲法に触れ、考えるきっかけを持ってもらえたら、という思いで、企画しました。
9月14日(金) 15時開演、19時開演
9月15日(土) 13時開演、17時開演
9月16日(日) 11時開演、15時開演
9月17日(月) 11時開演、15時開演
チケット:前売り 一般3500円 大学生高校生3,000円 中学生以下、障がい者2000円 (当日券は+500円)
https://osakakenpomusical.amebaownd.com/



■9月17日(月)(再放送) 午前05:15~05:45 NHK総合
ひとモノガタリ「それでも彼らが戦うワケは~京大・タテカン攻防の若者たち~」
キャンパスを取り囲み、大学の“文化”とも言われてきた京都大学の立て看板、通称「タテカン」を巡って、今、前代未聞の攻防戦が続いている。景観保全の条例に違反すると市から指導を受けた大学は撤去を開始。すると、学生たちが猛反発。撤去されては、誰かがまた立てる、いたちごっこが行われているのだ。景観と一体化した迷彩タテカンに、自らが看板になった人間タテカンなどで意思を発信する若者たち。彼らが戦う理由に迫る。
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/92110/2110230/index.html?c=housou
http://www4.nhk.or.jp/P5035/x/2018-09-17/21/31551/2110230/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2018年9月15日(土)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報



『沖縄スパイ戦史』(2018年/日本/114分/東風 配給)
「もう、忘れていいよ。わたしがここで、覚えてるから」
戦後70年以上語られなかった陸軍中野学校の「秘密戦」、明らかになるのは過去の沖縄戦の全貌だけではない――。
第二次世界大戦末期、米軍が上陸し、民間人を含む24万人余りが死亡した沖縄戦。第32軍・牛島満司令官が降伏する1945年6月23日までが「表の戦争」なら、北部ではゲリラ戦やスパイ戦など「裏の戦争」が続いた。作戦に動員され、故郷の山に籠って米兵たちを翻弄したのは、まだ10代半ばの少年たち。彼らを「護郷隊」として組織し、「秘密戦」のスキルを仕込んだのが日本軍の特務機関、あの「陸軍中野学校」出身のエリート青年将校たちだった。
1944年の晩夏、大本営が下した遊撃隊の編成命令を受け、42名の「陸軍中野学校」出身者が沖縄に渡った。ある者は偽名を使い、学校の教員として離島に配置された。身分を隠し、沖縄の各地に潜伏していた彼らの真の狙いとは。そして彼らがもたらした惨劇とは……。
「散れ」と囁くソメイヨシノ
「生きろ」と叫ぶカンヒザクラ
長期かつ緻密な取材で本作を作り上げたのは、二人のジャーナリスト。映画『標的の村』『戦場ぬ止み』『標的の島 風かたか』で現代の闘いを描き続ける三上智恵と、学生時代から八重山諸島の戦争被害の取材を続けてきた若き俊英、大矢英代。
少年ゲリラ兵、軍命による強制移住とマラリア地獄、やがて始まるスパイ虐殺……。戦後70年以上語られることのなかった「秘密戦」の数々が一本の線で繋がるとき、明らかになるのは過去の沖縄戦の全貌だけではない。 映画は、まさに今、南西諸島で進められている自衛隊増強とミサイル基地配備、さらに日本軍の残滓を孕んだままの「自衛隊法」や「野外令」「特定秘密保護法」の危険性へと深く斬り込んでいく。
●8/4~シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html
9/15(土) 14:50
9/16(日) 休映
9/17(月祝)~21(金) 13:55
http://www.nanagei.com/movie/data/1255.html



『人生フルーツ』(2016年/日本/91分/東海テレビ放送 配給)
■好評につき、ロングラン上映中!
人生は、だんだん美しくなる。
むかし、ある建築家が言いました。家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない。
愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てた家。四季折々、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実が、妻・英子さんの手で美味しいごちそうにかわります。刺繍や編み物から機織りまで、なんでもこなす英子さん。ふたりは、たがいの名を「さん付け」で呼び合います。長年連れ添った夫婦の暮らしは、細やかな気遣いと工夫に満ちていました。そう、「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」とは、モダニズムの巨匠ル・コルビュジエの言葉です。
かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきました。1960年代、風の通り道になる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウン計画。けれど、経済優先の時代はそれを許さず、完成したのは理想とはほど遠い無機質な大規模団地。修一さんは、それまでの仕事から距離を置き、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめました─。あれから50年、ふたりは、コツコツ、ていねいに、時をためてきました。そして、90歳になった修一さんに新たな仕事の依頼がやってきます。
本作は東海テレビドキュメンタリー劇場第10弾。ナレーションをつとめるのは女優・樹木希林。ふたりの来し方と暮らしから、この国がある時代に諦めてしまった本当の豊かさへの深い思索の旅が、ゆっくりとはじまります。
●8/26(日)~シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
9/15(土)~19(水) 休映
9/20(木)・21(金) 16:10(~17:46終)
9/22(土) 休映
9/23(日)・24(月祝) 17:00(~18:36終)
9/25(火)・26(水) 休映
9/27(木)・28(金) 14:00(~15:36終)
http://www.theater-seven.com/2017/movie_jinsei-fruits.html



『国家主義の誘惑』
天皇 - 憲法 - 沖縄 - 原発 - 自衛隊 
彼らをいざなう政治の正体 異色のフランス発ドキュメンタリー
(2017年/フランス/54分/きろくびと 配給)
国益・国家の名の下に秘密裏に決裁、反対意見には耳を貸さず、新造語を連発し、嘘を通す─
日本社会の“いま”を浮き彫りにしたフランス発ドキュメンタリー
明治維新から今日までに見られる日本人の天皇・憲法・戦争観は歴史的にどのように“熟成” されてきたのか?
世界にナショナリズムの風が吹き荒れる中、2015年の公開作『天皇と軍隊』(2009年)で話題を呼んだフランス在住の渡辺謙一が、国際関係史・地政学の観点から国内外の論客によるインタビューも交え、日本社会を誘ういざなう政治の正体、日本人にとってのナショナリズムを問いかける。
果たして、取り戻さなければならないものは何なのか。本当に知らなければいけないことは何か。日本社会を俯瞰することで見えてくるものとは――
●9/1~9/21 第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
9/15~9/21 10:00(~11:00終)
※9/17(月)の上映…シアターセブン(5階)受付は第七藝術劇場(6階)
http://www.nanagei.com/movie/data/1263.html



『ゲッベルスと私』(2016年/オーストリア/113分)
ナチス宣伝大臣ゲッベルスの秘書、ブルンヒルデ・ポムゼル103歳。
彼女の発言は、20世紀最大の戦争の記憶を呼び起こす。
若きポムゼルは、第二次世界大戦中、1942年から終戦までの3年間、ナチスの宣伝大臣ヨーゼフ・ゲッベルスの秘書として働き、近代における最も冷酷な戦争犯罪者のそばにいた人物である。本作は彼女が終戦から69年の沈黙を破って当時を語った貴重なドキュメントである。"ホロコーストについては、なにも知らなかった"と語るポムゼルの30 時間に及ぶ独白インタビューと、世界初公開となるアーカイヴ映像によるドキュメンタリーは、20世紀最大の戦争と全体主義の下で抑圧された人々の人生を浮き彫りにする。表情を強張らせ、"いわれたことをタイプしていただけ"と語るポムゼルの姿は、ハンナ・アーレントによる"悪の凡庸さ"をふたたび想起させる。
アーカイヴ映像が戦争の真実を明るみにする
本作品には、当時、世界各国で製作された様々なアーカイヴ映像が数多く挿入される。ナチスを滑稽に描くアメリカ軍製作のプロパガンダ映画、ヒトラーを揶揄する人々を捉えたポーランドの映像、ゲッベルスがムッソリーニとヴァカンスを楽しむプライベート映像、そして戦後、ナチスのモニュメントを破壊する人々やホロコーストの実態を記録した映像。それらは、戦争という人間の愚行はいつでも繰り返されることを語り、戦争の続く今日に警鐘を鳴らしている。
公式サイト:https://www.sunny-film.com/a-german-life
●9.8(土)~9.28(金) シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
9/8(土)~14(金) 13:35(~15:33終)
9/15(土)~21(金) 11:40(~13:38終)
9/22(土)~28(金) 13:45(~15:43終)
http://www.theater-seven.com/2018/mv_german-life.html



『Ainu|ひと』(2018年/日本/81分)
「隠れたって、どこに居ようと…アイヌはアイヌだわな」
昭和初期に生まれ、時代の過渡期を生きた4人の古老。
その生き様とアイヌ文化伝承の今を伝えるドキュメンタリー。
「言葉はそう簡単には滅ばない、でも誰かがやらないと伝わらない」
「植物は、自分の適正な場所を覚えている」
日本の先住民族・アイヌ。かつて、アイヌモシリ(アイヌの大地)と呼ばれた北海道の日高地方・平取町には、今も多くのアイヌ民族が暮らしている。アイヌ文化研究において多大な貢献を果たした故・萱野茂氏の出身地でもある。
1869年、明治新政府がアイヌ民族を「平民」として戸籍を作成し、同化政策や開拓を進めた結果、アイヌ文化は急速に衰退していった。
一世紀半経過した今、生活スタイルを変容させながらも、アイヌ文化を伝承する努力を続けてきたこの地域には、現代のアイヌが快活に生きる。
ドキュメンタリーの主人公は、個性多様な4人の「Ainu=ひと」たち。差別と貧乏を経験した人、伝統的な織物を作る人、祖母のカムイユカラ(口承文芸)を聞き覚えている人、イオマンテ(熊送り)などの儀礼儀式を小さいころに見聞きした人。文化伝承のために、地域のリーダー的存在として、積極的に活動する。昭和から平成のアイヌの変容を示す生き証人でもある「ひと」の姿を描いたドキュメンタリー。
公式サイト:http://www.ainuhito.com/
●9.15(土)~9.21(金) 14:00(~15:26終) シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)  
■9/16(日) 14:00の回上映後「Ainuクラフト&食マーケット」開催予定
ゲストをお迎えしてのトークや、アイヌ民芸品の展示販売・イナキビおにぎり販売などを予定。
ゲスト:出演者、二風谷アイヌ文化博物館学芸員、溝口尚美監督
■連日 溝口尚美監督 舞台挨拶予定
http://www.theater-seven.com/2018/mv_ainuhito.html



辺野古新基地 安倍退陣
●9月15日(土) 10:30~三宮花時計前(https://www.mapion.co.jp/station/ST29366/) 11時~デモ出発 三宮商店街→元町商店街
沖縄に新しい基地をつくるな!
憲法九条守れ!安倍内閣は退陣!デモ

8月11日の沖縄県民大会で、故・翁長知事の生前の声が流れました。
「私の決意は県民とともにあり、みじんも揺らぐことはありません」
時おり強い雨が降る中にもかかわらず、参加者7万人に達しました。
9月30日の沖縄県知事選挙にむけて、全国から基地反対の声をあげましょう。改憲と戦争への道をすすむ安倍政権を退陣に追い込み、東アジアの平和をつくっていきましょう。9月15日は沖縄県知事選挙中、そして自民党総裁選挙中です。デモで声をあげましょう!
http://shimindemohyogo.blog.fc2.com/blog-entry-104.html



安倍政権打倒
●9月15日(土) 午後6時30分~京都市役所前広場 午後7時~出発
9・15【安倍政権打倒デモ悪党退散@京都】
安倍も石破も要らない!みんなまとめて自民党悪政打倒!
憲法改悪阻止!九条改憲許すなの声を上げよう
デモコース:京都市役所前~四条河原町~円山公園
主催:e未来の会
https://www.emirai.xyz/single-post/2018/08/29/%EF%BC%99・%EF%BC%91%EF%BC%95【安倍政権打倒デモ悪党退散%EF%BC%A0京都】開催のお知らせ-1



朝鮮半島の平和
●9月15日(土) 13:00~円山公園野外音楽堂 14:15~パレード 
朝鮮半島の平和統一を歓迎する!「Kyoto× OneKoreaピースパレード2018」
4.27板門店宣言を契機に平和と繁栄、統一へと歩み出した朝鮮半島の輝かしい未来を祝すとともに、京都の在日コリアンと日本市民のアクションで朝鮮半島の平和統一ひいては東アジアの繁栄に向けて力強く歩んで行こうと、パレードを企画いたしました! 当日は韓国からも青年たちが参加する予定です! 多くの方々のご賛同、ご参加をお待ちしております!
参加費:500円
主 催:Kyoto OneKorea Network
https://www.facebook.com/Kyoto-Onekorea-Network-1892063237678415/



辺野古新基地問題
●9月15日(土) ①10時30分~②14時 小田公民館(JR「尼崎」徒歩約5分 http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/map/1000380/1000418/1000825.html
映画「辺野古ゲート前の人々」上映会
資料代:500円 障がい者・35歳以下無料
チケットご希望の方は、平出(090-9095-5833)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0915.pdf



平和憲法
●9月15日(土) 午後2時~5時 大阪南YMCA(JR天王寺駅北口より東へ5分 http://www.oospo.net/ymca-minami/access
第14回「平和憲法とこの国の自立を考える勉強会
内容:永世中立論の過去と現在 輪読&澤野教授による解説
会費:500円(資料代等)
連絡先:090-3974-1166(弓場)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/



立憲主義
●9月15日(土) 14:00~16:00 西宮市立勤労会館ホール(JR西宮駅南口徒歩約5分 阪神西宮駅東出口徒歩約6分 
http://loco.yahoo.co.jp/place/g-64TsM2qJliw/?utm_source=dd_spot
立憲主義と平和を守る西宮の会 講演会 
「弁護活動から憲法を考える」

講師:亀石 倫子(弁護士)
入場料:¥1000円(学生は無料)
主催:立憲主義と平和を守る西宮の会
連絡:TEL070-2301-5597
https://www.facebook.com/events/245719539409259/



関東大震災中国人虐殺
●9月15日(土) 13:30~国労大阪会館1Fホール(天満駅出口徒歩約2分 扇町駅4出口徒歩約4分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/
関東大震災 中国人虐殺から95年 今につながる「差別」「排外」の流れを問う!
記録映像『関東大震災と中国人虐殺』(仮)上映 

王希天(ワンシーティエン)さんご遺族のお話など
参加費:800円
主 催:南京大虐殺60カ年・大阪 中国人強制連行 大阪・花岡 国賠訴訟を支える会
共 催:設置理念に則ったピースおおさかを取り戻す会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0915-1.pdf



カジノ
●9月15日(土) 午後6時半~8時半 高槻市立総合市民交流センター(クロスパル高槻)8階イベントホール(150人)クロスパル高槻(JR高槻駅中央改札口を右へ出て京都方面線路沿い
http://loco.yahoo.co.jp/place/g-6msUDgCskbU/)
IR型カジノは日本と大阪に何をもたらすのか? 
~賭博で経済効果実現ってどういうこと~

講師:鳥畑与一さん(静岡大学教授、国際金融論)
特別報告:宮原たけしさん(大阪府議会議員)
「大阪にカジノをつくらせないために」
参加無料
主催:市民連合高槻・島本
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0915-4.pdf



労働問題
●9月15日(土) 13:00~禁酒の館2F(新今宮駅前駅出口から徒歩約3分 動物園前駅9出口から徒歩約3分 https://loco.yahoo.co.jp/place/g-bZk2Y3qN2Cw/
トークショーと映画「ワーカーズ」上映会
第1部トークショー13:00~ 
 講師:永戸祐三(日本労働者協同組合連合会名誉理事)「労働者主体の働き方」
第2部映画上映「ワーカーズ」14:15~
参加無料
主催:NPO釜ヶ崎支援機構/日本労働者協同組合連合会
https://jimmin.com/events/event/トクショーと映画「ワーカーズ」/



高等教育無償化
●9月15日(土) 14時~神戸市婦人会館あやめ(JR「神戸」北へ徒歩5分 https://kobe-fujin.jimdo.com/交通アクセス/)
「高等教育の無償化を根底から問い直す講演会」の事前学習会
・10月13日(土) 午後1時半~あすてっぷKOBEセミナー室1
「高等教育の無償化を根底から問い直す」講師:矢野眞和東京工業大学名誉教授
何のため、誰のための高等教育か誰が、どう負担すべきか。事前に送っていただいたレジュメ素案をもとに、質問・疑問・意見を出しあい、本番の講演に臨むための事前学習会を開催します。
主催:奨学金問題と学費を考える兵庫の会
電話:078-362-1166 HP:https://hyogoshogakukin.jimdo.com/
e-mail:hy-shougakukin@mbr.nifty.com



民族学級
●9月15日(土) 13:00~生野区民センター1階ホール(JR環状線「桃谷」徒歩15分 http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016633.html
民族教育フォーラム2018
シンポジウム「民族学級が拓く可能性-すべての子どもが大切にされるために-」
1部:基調講演 金光敏(キムグァンミン)さん  (特活)コリアNGOセンター事務局長/教育コーディネーター
2部:パネルディスカッション 
3部:参加者全員によるグループディスカッション
※11:30~教材・資料展示説明コーナー
参加費:1000円
主 催:民族教育ネットワーク 06-6731-6801
https://www.hurights.or.jp/japan/related-events/2018/11/post-53.html



手錠腰縄
●9月15日(土) 14:30~16:40 大阪弁護士会館2階201・202ホール(京阪「なにわ橋駅」出口1徒歩約5分 地下鉄・京阪「淀屋橋駅」1号出口から徒歩約10分 地下鉄・京阪「北浜駅」26号階段から徒歩約7分 http://www.osakaben.or.jp/06-access/
STOP!!手錠腰縄キャンペーン 
第3弾市民集会「それって必要?法廷内での手錠・腰縄~こんなの日本だけ!?」

*オープニング・ムービー
 *オープニング・ムービーは約6分間。開場~開演の間に会場前方のスクリーンにて繰り返し放映します。是非お時間に余裕をもってお越しください。
・歌と訴え
 シンガーソングライター SUN-DYU氏
・報告「韓国とヨーロッパにおける法廷内の被疑者・被告人の処遇について」
 大阪弁護士会法廷内手錠腰縄問題に関するプロジェクトチーム委員
・講演「起訴前・起訴後の勾留における法的問題点」
 龍谷大学法学部教授 斎藤 司 氏
・対談・意見交換・質疑応答 他
参加費:無料
定 員:120名 ※定員を超過しますとお断りすることもございます。
申込方法:当ページのフォーム(https://www.osakaben.or.jp/web/entry/p_form.php?id=id_5b6a708bd34ae)からお申込みいただくか、チラシを印刷して所定事項を記入しFAXにてお申込みください
主催:大阪弁護士会
連絡:TEL06-6364-1681
http://www.osakaben.or.jp/event/2018/2018_0915_2.php



女性議員
●9月15日(土) 14:00~16:00 西宮市男女共同参画センターウェーブ(阪急西宮北口駅南口から約100m。「プレラにしのみや」4階 http://www.nishi.or.jp/contents/00022864000400096.html
西宮市市民企画講座「女性議員をふやそう~世界の流れは50-50」
お話:竹安栄子さん(京都女子大学特命副学長)
長年にわたって女性地方議員の調査、研究をされてきた竹安栄子さんをお迎えして、お話を伺います。
https://www.facebook.com/events/2144379065779849/



小田実
●9月15日(土) 14:00~17:00 あしや市民活動センターリードあしや2階(JR・阪神芦屋駅 http://www.city.ashiya.lg.jp/sankaku/shimin/center.html
第115回「小田実を読む」
中嶌哲演さんが語る「仏教者から見た小田実」
講師:中嶌哲演(明通寺住職、平和運動家、反原発活動家) 資料代:1000円
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0915-2.pdf



在日米軍
●9月15日(土) 14時~16時 交野市ゆうゆうセンター(河内磐船駅 https://www.city.katano.osaka.jp/docs/2011072700024/
軍事力強化と在日米軍 東アジア平和圏構想パート2
講師:豆多敏紀さん
参加費:500円
主催:憲法とくらしを考える会(072-892-4938)T
http://www.kinyobi.co.jp/event/20180907_002641.php



映画上映会
●9月15日(土)・17日(祝・月) stuido awai(スタジオあわい)あんのん舘2F(JRさくら夙川9分 阪急夙川14分 https://tt-nishinomiya.wixsite.com/tn-theater/single-post/2018/08/28/『コスタリカの奇跡〜積極的平和国家のつくり方』上映会)
コスタリカの奇跡~積極的平和国家のつくり方 上映会
①9/15(土) 13:00~15:00
 13:00~14:30 上映
 14:30~15:00 シェアリング
② 9/17(祝・月) 13:00~15:00
1948年に軍隊を廃止。軍事予算を社会福祉に充て、国民の幸福度を最大化する道を選んだコスタリカの奇跡に迫ったドキュメンタリー 。
世界には軍隊なしで国の平和を保ってきた国々がある。そんな数少ない国の一つで、1948年に常備軍を解体した国がコスタリカだ。コスタリカは軍事予算をゼロにしたことで、無料の教育、無料の医療を実現し、環境のために国家予算を振り分けてきた。その結果、地球の健全性や人々の幸福度、そして健康を図る指標「地球幸福度指数(HPI)」2016の世界ランキングにおいて140ヶ国中で世界一に輝いているのがコスタリカである。
『コスタリカの奇跡 ~積極的平和国家のつくり方~』は、1948年から1949年にかけて行われた軍隊廃止の流れを追いながら、コスタリカが教育、医療、環境にどのように投資して行ったのかを詳しく説明する。アメリカでは公的債務、医療、そして軍事費が日増しに増大していっていることとは対照的だ。この映画は軍隊廃止を宣言したホセ・フィゲーレス・フェレールや、ノーベル平和賞を受賞したオスカル・アリアス・サンチェスなどの元大統領や、ジャーナリストや学者などが登場する。世界がモデルにすべき中米コスタリカの壮大で意欲的な国家建設プロジェクトが今明らかになる。
予告編:https://youtu.be/pnxGYapjZME
映画情報:https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=48
参加費:一般 1,000円 中学生以下 無料 
主催・お問い合せ:トランジション西宮 
協力:あんのん舘・studio awai
https://tt-nishinomiya.wixsite.com/tn-theater/single-post/2018/08/28/『コスタリカの奇跡〜積極的平和国家のつくり方』上映会



アイヌ
●9月15日(土) 『Ainu|ひと』16:40の回上映終了後 元町映画館2Fロビー(JR・阪神電車「元町」駅西口より、南西へ徒歩6分/神戸高速鉄道「花隈」駅東口より南東へ徒歩6分/神戸市営地下鉄海岸線「みなと元町」駅2出口より北へ1分 神戸市中央区元町通4-1-12(元町商店街) http://www.motoei.com/access.htm) 
Ainuクラフト&食マーケット
内容 アイヌ民芸品の展示販売、イナキビおにぎり販売
溝口尚美監督・川奈野一信さん・川奈野元子さん・二風谷アイヌ文化博物館学芸員のトーク、ムックリ実演など
※溝口尚美監督舞台挨拶 日時 連日16:40の回上映終了後
http://shiminshakai.net/post/4702



資本論
●9月15日(土) 19時~21時 西宮市立勤労会館第1会議室(JR西宮駅南口徒歩約5分 阪神西宮駅東出口徒歩約6分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-64TsM2qJliw/?utm_source=dd_spot
『資本論』(マルクス)を読もう!
第1章第4節「商品の物神的性格とその秘密」
参加費:300円
主催:資本論を読む会(078-753-3829阿部)
http://www.kinyobi.co.jp/event/20180907_002641.php



ミュージカル
●9月14日(金)~17日(月) 大阪ビジネスパーク円形ホール(地下鉄長堀鶴見緑地線「大阪ビジネスパーク駅」より徒歩1分、JR大阪環状線・地下鉄・京阪電鉄「京橋駅」より徒歩5分 https://osaka-info.jp/page/obp-osaka-business-park
大阪憲法ミュージカル
私たちが生きるこの国には、憲法があります。 私たちが、自由に学んだり、表現したり、毎日を平和に人間らしく暮らせること、 一人ひとりの人間が、個人として大切にされるべきことが謳われています。 でも、こんなことは当たり前すぎて、普段なかなか実感する機会がありません。 私たちは、たくさんの市民の方々に、普段身近に感じることのない憲法に触れ、考えるきっかけを持ってもらえたら、という思いで、企画しました。
9月14日(金) 15時開演、19時開演
9月15日(土) 13時開演、17時開演
9月16日(日) 11時開演、15時開演
9月17日(月) 11時開演、15時開演
チケット:前売り 一般3500円 大学生高校生3,000円 中学生以下、障がい者2000円 (当日券は+500円)
https://osakakenpomusical.amebaownd.com/



■9月15日(土) 午後09:00~09:50 NHK総合
NHKスペシャル▽人工知能 天使か悪魔か 2018未来がわかる その時あなたは
最新科学でも困難とされてきた「未来予測」に、いま人工知能AIが驚くべき成果を上げ始めている。今夏の西日本豪雨でも、いち早く雨の変化を予測して迅速な避難を助けるなど、すでに実用化。「未来の犯罪者」を予測して犯行を未然に防ぐAIまで現れ、犯罪減少に効果を上げる一方、AIに容疑者扱いされた市民からは怒りの声も。さらに医療の現場ではAIの「寿命予測」が使われ始めている。AIに未来を予見された時、あなたは?
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20180915



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村



(9/12更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2018年9月10日(月)~14日(金)

★9/12追加情報
●9/14(金)までのイベント情報を追加しました。
★9/10追加情報
●9/13(木)までのイベント情報を追加しました。



【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-374.html




●9月10日(月) 14:15~大阪地裁集合 15:00~大阪地方裁判所202号大法廷(地下鉄淀屋橋より北東へ8分 大阪市役所の北側、橋を渡り直すぐ http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/)
国相手の大飯原発3・4号止めよう裁判(大阪地裁)
・14:25~14:35 傍聴の抽選券配布(大阪地裁 別館玄関前)
・14:35~抽選
・15:00~第27回法廷 大阪地方裁判所 202号大法廷
・法廷終了後~17:30 報告・交流会:大阪弁護士会館920号室
◆報告・交流会
[1]報告会では、当日の法廷のやり取りや書面について弁護団から説明を受け、議論します。
[2]交流会 むつにも白浜にも中間貯蔵はいらない!取り組み交流
 地元和歌山や関西での取り組み報告等を受けて議論します。
連絡:おおい原発止めよう裁判の会 連絡先:美浜の会気付け
TEL 06-6367-6580 FAX 06-6367-6581
http://www.labornetjp.org/EventItem/1535430352189matuzawa



辺野古新基地建設
●9月10日(月) 19:00~20:00 京橋駅 JRと京阪の間
辺野古新基地建設に反対するビラまき・アピール行動
呼びかけ:リブ・イン・ピース☆9+25
www.liveinpeace925.com/schedule/schedule.htm



●9月11日(火) 11:00~16:00 モモの家(阪急吹田駅から歩いて5分 JR吹田駅から歩いて12分 http://www.momo-family.org/?page_id=9
かえるCafe 
東日本大震災で避難してこられたみなさん そして心をよせる関西のみなさん
ほっとして 出会って 語りあって つながろう
草木染や手仕事などもやってます。
飲み物:300円
Menu:デトックス茶 有機栽培コーヒー 黒煎り玄米コーヒーなど
※避難者さんは交通費半額補助します
http://happy.ap.teacup.com/momonoie/



●9月11日(火)~30日(日) 9:30~16:30 立命館大学国際平和ミュージアム2 階常設展示室内(市バス「立命館大学前」徒歩5分 http://www.ritsumei.ac.jp/mng/er/wp-museum/info/access.html
写真展「原発とたたかうトルコの人々-日本の原発輸出、現地の声は?」
日本が原発輸出を計画するトルコでは、原発への反対運動が40年以上続いています。トルコの人々はチェルノブイリ原発事故による深刻な汚染被害も経験しており、原発に厳しい目を向けています。原発に反対するトルコの人々の声や運動の様子を、写真や説明パネルの展示を通じて紹介します
見学資料費:大人400 円
主催:森山拓也
共催:立命館大学国際平和ミュージアム
協力:ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン
http://nonukesasiaforum.org/japan/archives/1323
http://www.ritsumei.ac.jp/mng/er/wp-museum/event/mini/index.html



市民と野党
●9月11日(火) 午後6時15分開演~8時半 天満橋ドーンセンター(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
『市民と野党の対談-憲法改正問題にどう取り組むか?』
安倍首相は、自民党総裁選を前に何度も憲法改正に意欲を示しています。私たちとしては、今後、野党が憲法改正問題にどう取り組むのか、安倍政権とどのように対決していくのかとても関心があります。そこで、野党各党から論客をお招きしての対談を企画しました。国民民主党、立憲民主党、日本共産党、社会民主党、自由党の皆さまをお誘いしています。リスベントの会から藤木顕邦弁護士がコーディネーターを務めます。
多くの皆さまのご参集をお待ちしております。
国民民主党、立憲民主党、日本共産党、社会民主党から国会議員の方ほかの皆さまが来てくれます。当会の藤木顕邦弁護士をコーディネーターに、それぞれの政党の考えを良く聴かせもらい、市民からの熱い思いを伝える機会になればと思っています。
https://www.facebook.com/events/332764397271730/
Twitter https://twitter.com/respectoosakabs/status/1037159688251437056



朝鮮高級学校無償化
●9月11日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪



環境問題
●9月11日(火) 午後6時30分~現代医学研究所(川合診療所)現代医学研究所(川合診療所)(三条駅 京阪三条東北角のだん王法林寺から東へ約50m 田中ビル2階 https://search.10man-doc.co.jp/details/kyoto/00180522
環境問題研究会9月例会
テーマ:SDGs(持続可能な開発目標)とは?

話題提供:京都市職員(今回は京都市政出前トークを利用しています)
問合せ:研究会に関するお問い合わせは、事務局 TEL: 075-711-4832



■9月12日(水)(再放送) 午後05:00~05:50 NHK BS1
BS世界のドキュメンタリー「フランス諜報員の告白」
パリに本部を置く対外治安総局は、米CIAや英MI6と競うように世界各地で活動してきた。13名の男女がシルエット姿で、普通の民間人がリクルートされ、訓練を受けて工作地に潜伏し、標的と関係を築いていくノウハウを語る。911同時多発テロや、イラクやアフリカの戦争の“表と裏”も。“現代のスパイたち”の二重生活の緊張や葛藤、殺人や恋愛への個人的な思いとは…スタイリッシュに計算された撮影・演出も見どころ!
http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=180905



沖縄知事選
●9月13日(木) 18:00~石山駅前デッキ
沖縄知事選挙勝利9・13滋賀連帯アクション「沖縄に正義の風を」
沖縄からの報告と滋賀の現状、各界からの決意表明など
主催:沖縄知事選挙勝利をめざす辺野古新基地建設の断念を求める滋賀県民の会
連絡先:090-8536-4267(今井さん)
https://shigaminpo.com/event.shtml



森友学園問題
●9月13日(木) 18時~19時 阪急宝塚線豊中駅前人工広場
安倍首相と松井知事に森友学園問題の責任を取らせるためのマイクアピールとビラ撒き
主催:森友学園問題を考える会
連絡先:TEL/FAX 06-6844-2280 



●9月14日(金) 13時~17時30分(途中入退場・可) 上智大学 大阪サテライトキャンパス(梅田)「サクラ ファミリア」(大阪梅田教会)4階会議室(大阪市営地下鉄御堂筋線の中津駅4番出口から徒歩2分・阪急電車梅田駅の茶屋町口から徒歩4分・JR大阪駅の御堂筋北口から徒歩10分 http://www.sophia-osaka.jp/campus/
3.11避難者と避難者に心を寄せてくださる皆さまのための Free English Cafe&情報交換会
Free English Cafe のご案内です。ご関心のある方々をご招待いたします。英会話のスキルUPにご活用ください。
タイムテーブル:
1:00-3:00 Free English Cafe with Evacuees and Friends
3:00-5:30 自由学習・情報交換のための交流会
※English Cafe は講義無しで、できるだけ自由 chatting や、できれば discussion ができましたら・・・
※途中入退室、可能です。ご自由にお立ち寄り下さい。(教室では飲食禁止です。ロビーでは大丈夫です。)
参加費:会場が、ドネーション制です。   
参加対象者:3.11避難者と心を寄せてくださるFriends
お申込み:特に不要です
お問合せ:sandori2014@gmail.com
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1936.html



●9月14日(金) 関西電力本社前(「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:00頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:30 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



9月14日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●9月14日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●9月14日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&パレード



●9月14日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に!



琉球処分
●9月14日(金) 午後6時30分 大阪クリスチャンセンター(地下鉄玉造駅①5分・JR玉造駅10分 http://www.osakachristiancenter.or.jp/map.html)(大阪女学院に隣接)
テーマ「日本キリスト教団の琉球処分」
講師:平良修牧師
テーマは日本基督教団の内部の問題を話されることになりますが、「琉球処分」という言葉が使われているように、日本基督教団内部の問題は、今日の日本の政治状況を反映したものになっています。平良修牧師は、沖縄で歴史に残る祈りをされた方です。



吉村市長
●9月14日(金) 17:00~18:00 大阪市役所南西角(淀屋橋①)
吉村市長教育破壊発言抗議スタンディング第3弾!
吉村市長!総合教育会議で勝手に決めんといて!「全国学テ結果のボーナス・学校予算反映」
・15:00~17:30 傍聴受付14:30~14:50 大阪市総合教育会議
・17:00~18:00 市役所南西角 スタンディング
吉村大阪市長は、8月2日の記者会見で、大阪市の「全国学力テスト」結果が20の政令指定都市の中で「べった」だったと何度も繰り返しました(ナント、「最下位」・「20位」を含めて51回!)。そして、「校長・教員の意識を変えなければならない」(意識が低い?)と、来年度から、全国学力テストの結果で、校長・教員のボーナスや学校予算を増やしたり減らしたりすると言うのです(脅し?)。
「その制度設計のため」と吉村市長が言う「総合教育会議」が、9月14日(金)に行われます。出席者は、吉村市長と教育長・教育委員、そして「脅して競争させる」大阪維新の教育政策の牽引者・大森不二雄大阪市特別顧問と西村和雄大阪市教委事務局顧問。
「全国学力テスト」の目的って、「学力・学習状況を正確につかんで指導方法等を改善すること」ではなかったのでしょうか?教職員にプレッシャーをかけたら、子どもたちはわかるようになるというのでしょうか?点数を取りづらい子はどんな気持ちになるのでしょうか?
吉村市長は、こんなむちゃくちゃな暴論でも、自分の仲間うちの会議なら決定できると思っているのでしょう。
私たちは許さない!8月9日、8月31日の抗議スタンディングに続き、9月14日総合教育会議当日には、傍聴(傍聴受付14:30~14:50屋上会議室前)と17:00~18:00市役所南西角での抗議スタンディング(第3弾)をおこないます。
「吉村市長は総合教育会議で勝手に決めるな!」の意思表示に、多くのみなさんの参加をお願いします。
https://twitter.com/X1CDnLE9HXb5q1J/status/1039538573773430786



吉田寮
●9月14日(金) 19時~20時30分 「ひと・まち交流館 京都」 第5会議室 (京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html
建築ドキュメンタリー上映会『吉田寮が寄宿舎と呼ばれていた時代の自治 銀杏並木よ永遠に』
ゲストスピーカーに現役の吉田寮生をお迎えします!
吉田寮は1959(昭和34)年まで寄宿舎と呼ばれていた。その頃の寮には寮母野田のおばちゃんがいて寮生の世話をしていた。卒業後60年経った現在も野田のおばちゃんを偲ぶOB会が開かれている。この映像ではOB会に集まった卒業生の述懐に合わせて、写真資料や映像で当時の寮の生活とその舞台である建物の見所を紹介している。
名前は変わっても同じ建物。現存する日本最古の学生寮で青春時代を過ごした元寮生たちの証言は、寄宿舎と呼ばれていた時代の吉田寮を後世に伝える貴重な記録となった。2018.8.18 若林あかね
終了後、交流会
参加費:カンパ制
申込み:不要 直接会場へ
主催:ドキュメンタリー・フィルム・ライブラリー
問合せ:090-1440-1939 日比野 075-344-2371 又川



ミュージカル
●9月14日(金)~17日(月) 大阪ビジネスパーク円形ホール(地下鉄長堀鶴見緑地線「大阪ビジネスパーク駅」より徒歩1分、JR大阪環状線・地下鉄・京阪電鉄「京橋駅」より徒歩5分 https://osaka-info.jp/page/obp-osaka-business-park
大阪憲法ミュージカル
私たちが生きるこの国には、憲法があります。 私たちが、自由に学んだり、表現したり、毎日を平和に人間らしく暮らせること、 一人ひとりの人間が、個人として大切にされるべきことが謳われています。 でも、こんなことは当たり前すぎて、普段なかなか実感する機会がありません。 私たちは、たくさんの市民の方々に、普段身近に感じることのない憲法に触れ、考えるきっかけを持ってもらえたら、という思いで、企画しました。
9月14日(金) 15時開演、19時開演
9月15日(土) 13時開演、17時開演
9月16日(日) 11時開演、15時開演
9月17日(月) 11時開演、15時開演
チケット:前売り 一般3500円 大学生高校生3,000円 中学生以下、障がい者2000円 (当日券は+500円)
https://osakakenpomusical.amebaownd.com/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2018年9月9日(日) 

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-374.html



●9月9日(日) 西宮市勤労会館ホール(阪神西宮駅より徒歩5分/阪急今津駅より徒歩8分 https://maps.google.co.jp/maps?q=34.736244,135.345064
証言ドキュメンタリー「福島は語る」西宮上映会 *短縮版(2時間51分)
(土井敏邦監督トークあり)
原発事故から既に8年目になります。国は、汚染の実態や健康被害の事実を隠し、事故は、もう終わったかのように帰還を進めています。さらに、私たちのような放射能測定を続けることや低線量被ばくの危険を語ることを、福島「差別」や風評被害を助長し、福島県民を苦しめているというキャンペーンを行っています。
このような中で、この「福島は語る」というドキュメンタリー映画に出会いました。原発事故は、人々の生活も人権も生きがいも全て丸ごと奪ってしまうという現実が、私たちの胸に突き刺さってきます。原発事故は、人災であり放射能汚染という何世代にもわたる最悪の公害を引き起こしました。国はすべての被災者を長期にわたって賠償・補償していく責任があります。原発事故がもたらした真実をもう一度とらえなおすために、是非この映画をご覧いただきたいと思います。
<監督からのメッセージ>
原発事故から7年が過ぎました。日本は、2020年の東京オリンピックに向けて浮き足立ち、福島のことは「終わったこと」と片づけようとしているように感じます。しかし、原発事故によって人生を変えられてしまった十数万人の被災者たちの心の傷は疼き続けています。100人近い被災者たちから集めた証言を丹念にまとめました。その“福島の声”を、忘却しつつある日本社会に届けたいと願い、この映画を制作しました。ぜひ、多くの方々に彼らの声を広げてください。(ジャーナリスト、記録映画監督 土井敏邦)
【タイムスケジュール】
・10時30分開場 展示企画(測定結果から見る汚染の実態・福島の今など)
・12時30分~1回目上映
・15時30分~監督トーク&だるま森+えりこさんの歌と演奏・測定所紹介
・17時30分~2回目上映
入場料:一般1000円 学生(中学生以上)500円
主催:阪神・市民放射能測定所(〒662-0916 西宮市戸田町5-21 つむぎの家内) 
TEL 050-5317-4016 FAX:0798-34-2315  
https://www.facebook.com/events/211608882998097/permalink/234846224007696/
https://www.facebook.com/証言ドキュメンタリー福島は語る上映会-1680227978713091/



●9月9日(日) 14:00~16:30 神戸市勤労会館 404号室(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html
ひょうご訴訟原告勉強会
来たるべく本人尋問に備えて、模擬尋問を弁護士の先生が用意してくれてます。 先に一部勝訴判決を勝ち取った京都訴訟からは原告共同代表の萩原ゆきみさんが来てくださり、本人尋問に臨むにあったって、アドバイスを、していただく予定です。原告勉強会ですが、お手伝いも兼ねて、サポーターの方の参加も呼びかけてます。
(事前申込)
勉強会の後は毎回恒例の懇親会も近くの居酒屋であります。
参加される方は、原告は担当弁護士に、サポーターの方は松本rrikka.san5pum@gmail.comまで
https://www.facebook.com/209871206025633/photos/a.209880322691388/699575360388546/?type=3&theater



●9月9日(日) 13時30分~16時30分 京都市男女共同参画センター ウィングス京都 ビデオシアター(定員30名)(地下鉄烏丸御池駅 (5番出口) または地下鉄四条駅・阪急烏丸駅(20番出口)徒歩約5分 https://www.wings-kyoto.jp/ )
区域外避難者の声を聴く会IN京都
この意見交換会は、原発事故によって区域外から避難された方を対象としています。参加される方は、できるだけ事前に申し込みをしてください。もちろん当日参加もOK です。
東日本大震災・福島第一原発事故から7年半が経とうとしています。住み慣れた故郷を離れて避難生活を送るなかで、いくつもの困難があったことと思います。
避難の協同センターは、区域外避難者を中心に、住宅問題をはじめ避難者の生活問題全般にわたる支援の仕組みをつくろうと2016年7月に設立しました。住宅・健康・就労・子育て・生活相談や生活サポート資源を活用した支援、孤立化防止と支えあいの場づくり、国に対し「避難の権利」保障のための総合的な支援策を、自治体に対し貧困・孤立化を防ぐ施策を求めてきました。
福島県は、来年3月末で区域外避難者の民間賃貸家賃補助制度を終了する方針を示しています。生活の基本である「住まいの不安」がさらに強まる事が懸念されます。避難者に対する新たな被害を発生させないようにしなければならないと考えています。避難の協同センターでは、4月以降、東京・新潟・福島各地域で「避難者の声を聴く会」を開催、並行して原発事故子ども被災者支援法国会議員連盟と協同し、政府や福島県との「話し合い」をすすめてきました。
急なお知らせで申し訳ありませんが、今回は福島県生活拠点課担当者をお呼びして、京都で開催する事としました。来年3月末での「民間賃貸家賃補助制度」終了を中心とした「住まいの不安」にどのように対応していくかなど説明を頂くと共に、避難されている皆さんの声を直接伝え、意見交換する場といたします。お茶とお菓子もご用意してお待ちしています。お気軽にお越しください。
申し込み先:e-mail : rentai@s3.dion.ne.jp 電話:090-8232-1664
主催:避難の協同センター setodaisaku7@gmail.com 090-1437-3502(瀬戸)
共催:うつくしま☆ふくしまin京都 rentai@s3.dion.ne.jp 090-8232-1664(奥森)
http://fukushimakyoto.namaste.jp/event/180909kansai.html



メディア
●9月9日(日) 14時~16時半 エルおおさか606号室(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html
グループZAZA連続講座
メディアの現場から「なぜ『反骨』を書くのか、その今日的意義を考える」

講師:中村尚徳さん(朝日新聞)
中村尚徳記者は『反骨の記録』を朝日新聞夕刊に2016年4月19日から6月24日まで42回にわたって連載されました。中江兆民、与謝野晶子、幸徳秋水、大石誠之助、宮武外骨、黒島伝治ら侵略戦争に反対した人々や米騒動等民衆の闘いを知らせ復権するものでした。これら『反骨』の闘いの歴史から学び、安倍政権の愛国主義、国家主義の教育や憲法改悪・再びの戦争に対してNOをつきつける闘いの道を考えたいと思います。
参加費:500円
※第4回も、朝日新聞・中村尚徳記者の講演です。ご予定下さい。
 10月8日(月)南館734号室   
「『反骨の記録』から考える憲法問題―改憲に抗うために」
主催:グループZAZA(090-6067-0560)
https://blog.goo.ne.jp/zaza0924/e/7e5cdca22f0eefcf8e1c6445f732cf89




朝鮮半島
●9月9日(日) 午後2時~新長田勤労市民センター大会議室(3階)(JR・地下鉄新長田駅南西5分、東急プラザビル3階  http://www.mapion.co.jp/m2/34.65648126,135.14462034,16/poi=0786432431-002
2018西神戸憲法集会
朝鮮半島をめぐる動きと北東アジアの平和

講師:宋世一(ソン・セイル)さん《在日本韓国民主統一連合副議長》
ピョンチャンオリンピックではためいた朝鮮半島の統一旗、その後南北首脳の抱擁に朝鮮半島の平和的統一が近づいていると多くの人が考えたことでしょう。朝鮮戦争終結に向けて努力がなされていますが、日本政府は北への制裁一辺倒の政治を続けており、平和へ向けた動きのカヤの外と言われています。米国防総省は 6 月に、米韓合同軍事演習を「無期限に中止する」と発表し、朝鮮半島の非核化・平和協定締結に向けた動きが活発です。今、北東アジアの平和に必要なことは対話です。日本も積極的に対話をすすめる外交をすべきではないでしょうか。朝鮮半島の平和的統一の意義、現状、そして日本はどうあるべきか、韓国社会の民主化と祖国統一をめざして活動を続けてきた宋世一(ソン・セイル)さんのお話をぜひ、お聞きください。
参加費:800円(学生無料)
主催:憲法を生かす会・西神戸連絡会
連絡先:090-2289-6481(小谷)
https://www.freeml.com/kdml/11505/latest



辺野古新基地建設
●9月9日(日) 午後1時半~4時半 西成区民センター(地下鉄四ツ橋線「岸里」下車すぐ 地下鉄堺筋線、南海本線・高野線「天下茶屋」下車 徒歩5分 http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016683.html)
リブインピース@カフェ「『本土』からも声を上げよう 辺野古基地建設阻止!」
主催:リブ・イン・ピース☆9+25
http://www.liveinpeace925.com/schedule/schedule.htm



消費税
●9月9日(日) 13:30~本町カーニープレイス7F(本町駅 23番出口 徒歩0分 https://www.kaigishitu.com/detail/13404/
消費増税STOP!消費税10%中止!デモOSAKA「プレ学習会」
講師:井上伸(福祉国家構想研究会)
主催:消費税10%中止デモ実行委員会
http://bund.jp/?event=26618



消費税
●9月9日(日) 16:00~新阿波座公園(https://www.navitime.co.jp/poi?spt=02402.281559)16:30~デモ出発
消費増税STOP!消費税10%中止!デモOSAKA
主催:消費税10%中止デモ実行委員会
http://bund.jp/?event=26618



ドキュメンタリー上映会
●9月9日(日) 18時半~大阪市北区民センター(地下鉄堺筋線「扇町」2号-B出口北へ3分/JR環状線「天満」西へ3分 北区役所隣 http://www.osakacommunity.jp/kita/b1_hall.html)
ドキュメンタリーを視て語るつどい 
韓国民衆の蜂起「その時、市民は軍と闘った 韓国の夜明け光州事件」と
日本陸軍の無謀な侵略作戦「戦慄の記録 インパール」を上映。
参加費:300円
主催:映像で現代を語る会(090-5151-9763中森)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0909.pdf



都市整備
●9月9日(日) 13:30~16:30 神戸市勤労会館 308号室(JR阪神阪急三宮駅東南5分 http://bb-building.net/tatemono/hyogo/h098.html
シンポジウム「三宮再整備」構想を考える
- みんなで考えるまちづくり!本当に今の構想で大丈夫? -

今、神戸市は30年後を見据えて「三ノ宮再整備」を進めようとしています。皆さんはご存知ですか?本当に市民が願う再整備なのでしょうか?まちづくりの専門家と神戸市会議員をお招きして、市民の常識と市民の立場で学び、考えるシンポジウムです。ぜひ、ご参加いただけますよう、ご案内いたします。
パネラー:松本 誠(市民まちづくり研究所 所長)竹山 清明(建築家)あわはら 富夫(神戸市議会議員 / 新社会党)平野 章三(神戸市議会議員 / 無所属)森本 真(神戸市議会議員 / 日本共産党)1名予定(神戸市議会議員 / 共創・国民民主)
資料代:500円
主催:神戸再生フォーラム、神戸をほんまの文化都市にする会、神戸をよくする会、モトコーを守る会
問い合わせ先:Mail: frs@kcc.zaq.ne.jp Tel: 090-6667-0830
http://civilesociety.jugem.jp/?eid=38866



関西新空港
●9月9日(日) 13時~泉南市岡田浦浜(岡田漁協となり)
関西新空港反対!泉州現地集会
主催:泉州沖に空港をつくらせない住民連絡会
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0909-1.pdf



政 治
●9月9日(日) 10:00~ひとまち交流館 1、2会議室 (京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html)
福山さんを囲んで 京都のこと、原発のこと、これからのこと
参加費¥300
主催:下京原発ゼロネット/新日本婦人の会下京支部
https://jimmin.com/events/event/福山さんを囲んで%e3%80%80京都のこと、原発のこと、こ/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村


続きを読む

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2018年9月8日(土)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報



『沖縄スパイ戦史』(2018年/日本/114分/東風 配給)
「もう、忘れていいよ。わたしがここで、覚えてるから」
戦後70年以上語られなかった陸軍中野学校の「秘密戦」、明らかになるのは過去の沖縄戦の全貌だけではない――。
第二次世界大戦末期、米軍が上陸し、民間人を含む24万人余りが死亡した沖縄戦。第32軍・牛島満司令官が降伏する1945年6月23日までが「表の戦争」なら、北部ではゲリラ戦やスパイ戦など「裏の戦争」が続いた。作戦に動員され、故郷の山に籠って米兵たちを翻弄したのは、まだ10代半ばの少年たち。彼らを「護郷隊」として組織し、「秘密戦」のスキルを仕込んだのが日本軍の特務機関、あの「陸軍中野学校」出身のエリート青年将校たちだった。
1944年の晩夏、大本営が下した遊撃隊の編成命令を受け、42名の「陸軍中野学校」出身者が沖縄に渡った。ある者は偽名を使い、学校の教員として離島に配置された。身分を隠し、沖縄の各地に潜伏していた彼らの真の狙いとは。そして彼らがもたらした惨劇とは……。
「散れ」と囁くソメイヨシノ
「生きろ」と叫ぶカンヒザクラ
長期かつ緻密な取材で本作を作り上げたのは、二人のジャーナリスト。映画『標的の村』『戦場ぬ止み』『標的の島 風かたか』で現代の闘いを描き続ける三上智恵と、学生時代から八重山諸島の戦争被害の取材を続けてきた若き俊英、大矢英代。
少年ゲリラ兵、軍命による強制移住とマラリア地獄、やがて始まるスパイ虐殺……。戦後70年以上語られることのなかった「秘密戦」の数々が一本の線で繋がるとき、明らかになるのは過去の沖縄戦の全貌だけではない。 映画は、まさに今、南西諸島で進められている自衛隊増強とミサイル基地配備、さらに日本軍の残滓を孕んだままの「自衛隊法」や「野外令」「特定秘密保護法」の危険性へと深く斬り込んでいく。
●8/4~シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html
9/8(土)~14(金) 16:00
9/15(土) 14:50
9/16(日) 休映
9/17(月祝)~21(金) 13:55
http://www.nanagei.com/movie/data/1255.html



『人生フルーツ』(2016年/日本/91分/東海テレビ放送 配給)
■好評につき、ロングラン上映中!
人生は、だんだん美しくなる。
むかし、ある建築家が言いました。家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない。

愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てた家。四季折々、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実が、妻・英子さんの手で美味しいごちそうにかわります。刺繍や編み物から機織りまで、なんでもこなす英子さん。ふたりは、たがいの名を「さん付け」で呼び合います。長年連れ添った夫婦の暮らしは、細やかな気遣いと工夫に満ちていました。そう、「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」とは、モダニズムの巨匠ル・コルビュジエの言葉です。
かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきました。1960年代、風の通り道になる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウン計画。けれど、経済優先の時代はそれを許さず、完成したのは理想とはほど遠い無機質な大規模団地。修一さんは、それまでの仕事から距離を置き、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめました─。あれから50年、ふたりは、コツコツ、ていねいに、時をためてきました。そして、90歳になった修一さんに新たな仕事の依頼がやってきます。
本作は東海テレビドキュメンタリー劇場第10弾。ナレーションをつとめるのは女優・樹木希林。ふたりの来し方と暮らしから、この国がある時代に諦めてしまった本当の豊かさへの深い思索の旅が、ゆっくりとはじまります。
●8/26(日)~シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
9/8(土)~14(金) 13:50(~15:26終)
http://www.theater-seven.com/2017/movie_jinsei-fruits.html



『ゲンボとタシの夢見るブータン』 2017年/ブータン、ハンガリー/74分/サニーフィルム 配給
いつの世も、どこの国の親も、子どもの幸せを願ってる。
子供たちはどのような未来を描くのだろうか
ブータンの小さな村に暮らす長男ゲンボ(16歳)は、家族が代々受け継いできた寺院を引き継ぐために学校を辞め、戒律の厳しい僧院学校に行くことについて思い悩む。自らを男の子だと思い、ブータン初のサッカー代表チームに入ることを夢見る妹のタシ(15歳)は、自分の唯一の理解者である兄に、遠く離れた僧院学校に行かないでほしいと願う。父は、子供たちが将来苦労することなく暮らせることを願い、ゲンボには出家し仏教の教えを守ることの大切さを説き、タシには女の子らしく生きる努力をすることを諭す。思春期の子供たちは自分らしい生き方を模索するが、それが何かはまだわからない。急速な近代化の波が押し寄せるブータンで、子供たちの想いと、親の願いは交差し、静かに衝突する――
・ネットを典型として変わりゆく社会、その中での父と子、性同一性、個人の選択、こうした人生の普遍的な問題を、ブータンの風土を背景に上手に描いています。強いて結論を出さない、とても気持ちのいい映画です。
日本人が百年以上前に、良かれ悪しかれ通過した時代を、アジアの国々がいま通っているという気がします。ではわれわれは真摯に過去に向き合ってきたか。それをあらためて考えさせる作品でもあります。
養老孟司(解剖学者/東京大学名誉教授)
・幸福の国ブータン"のゆくえは
映画の舞台はブータンの巡礼の地、中部ブムタン。家族が代々受け継いできた古刹チャカル・ラカンは、1000年以上の歴史を持つ重要な寺院のひとつである。GNH(国民総幸福量)を提唱し、それを目標に建国を進めてきたブータンの人々は、急速な近代化に伴い、多様な価値観を持つようになる。伝統社会の急激な変化に戸惑いながらも決断せねばならない最後の仏教王国ブータン。ゲンボとタシの家族が直面している寺院の継承問題は、ブータンで暮らす人々だけの問題でなく、どの世界にもある家族の葛藤でもある。
・世界で初めて劇場公開されるブータン人作家によるドキュメンタリー
監督のアルム・バッタライ(ブータン)とドロッチャ・ズルボー(ハンガリー)は、若手ドキュメンタリー制作者育成プログラム(ドック・ノマッド)で出会い、世界7つのドキュメンタリー・ピッチング・イベントに参加し、国をまたがる6つの財団から資金を獲得して、国際共同製作の枠組みで本作品を完成させる。文化背景の異なる若手作家が手を取り合い、世界を旅し、世界中の支援者に支えられて完成した、友好と情熱に満ちた"クロッシング・ボーダー"な映画。
公式サイト
https://www.gembototashi.com/
●8/25(土)~第七藝術劇場・シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html http://www.theater-seven.com/access.html
9/8(土)~14(金) 16:40 第七藝術劇場(6階)
http://www.nanagei.com/movie/data/1261.html



『国家主義の誘惑 』
天皇 - 憲法 - 沖縄 - 原発 - 自衛隊 
彼らをいざなう政治の正体 異色のフランス発ドキュメンタリー

(2017年/フランス/54分/きろくびと 配給)
国益・国家の名の下に秘密裏に決裁、反対意見には耳を貸さず、新造語を連発し、嘘を通す─
日本社会の“いま”を浮き彫りにしたフランス発ドキュメンタリー
明治維新から今日までに見られる日本人の天皇・憲法・戦争観は歴史的にどのように“熟成” されてきたのか?
世界にナショナリズムの風が吹き荒れる中、2015年の公開作『天皇と軍隊』(2009年)で話題を呼んだフランス在住の渡辺謙一が、国際関係史・地政学の観点から国内外の論客によるインタビューも交え、日本社会を誘ういざなう政治の正体、日本人にとってのナショナリズムを問いかける。
果たして、取り戻さなければならないものは何なのか。本当に知らなければいけないことは何か。日本社会を俯瞰することで見えてくるものとは――
●9/1~9/21 第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
9/8~9/14 10:00(~11:00終)
9/15~9/21 10:00(~11:00終)
※9/17(月)の上映…シアターセブン(5階)受付は第七藝術劇場(6階)
http://www.nanagei.com/movie/data/1263.html



渡辺謙一監督 最新作『国家主義の誘惑』公開記念アンコール上映
『天皇と軍隊』(2009年/フランス/90分)
9条はなぜ必要だったのか? なぜ天皇制は存続したのか?
昭和天皇と自衛隊を正面から見据えたフランス制作ドキュメンタリー

天皇制、戦争放棄、靖国、東京裁判、自衛隊、日米安保・・・、
日本の戦後史で議論され続ける問題に、貴重なアーカイブ映像とインタビューでストレートに切り込んだ異色作
冷戦期アメリカの庇護のもとで、日本は第二次世界大戦の荒廃から経済的復興を遂げた。ソ連の崩壊、中国の市場開、欧州統合とグローバリゼーションの波は、日本の政治に舵を切らせた。世界の中の日本のプレゼンスを高めるための“国際貢献”である。
日本は矛盾と曖昧さの国であるとよく言う。憲法一つをとってもその矛盾は見てとれる。自衛隊の存在と、戦争および軍の保持を禁じた9条。主権在民と天皇の地位の曖昧さ。本作はこれら3本の軸と言える、9条、天皇そして軍隊について、天皇の貴重な映像をはじめ世界中から集めたアーカイブと、いまや鬼籍に入った政治家の田英夫氏や中川昭一氏など国内外の論客による秘蔵インタビューを交え、日本の戦後史を問い掛ける。
●9.1(土)~9.14(金) シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html
■渡辺謙一 監督 舞台挨拶予定 9/1(土)15:40の回・9/2(日)13:50の回
9/8(土)~9/14(金) 11:30(~13:05終)
http://www.theater-seven.com/2018/mv_tennou18.html



●9月8日(土) 14:00~17:00 西中島センター(西中島南方駅北改札口から3分 https://map.goo.ne.jp/place/27002898060/)(市営西中島住宅の中にあります。わかりにくいときは宇野田までお電話ください)
「福島わかもの国際交流キャンプ」報告会
参加費:無料(資料代カンパ歓迎)
問い合わせ:090-8169-9693(宇野田)
主催:福島わかもの国際交流キャンプ(代表水戸喜世子)



●9月8日(土) 14:00~15:30 生涯学習まちづくりセンター(マナビータ)3階大ホール(新西脇駅 https://map.goo.ne.jp/place/28002726881/map/
東京電力福島第1原発事故による被曝 福島からの自主避難者の声を聴く
「原発事故自主避難者の訴え」

講 師:森松明希子さん(福島から大阪へ母子で自主避難)
2011年3月11日の東日本大震災、その後の巨大津波、そして東京電力福島第一原子力発電所の爆発事故…。私たちは、これまでに見たことも経験したこともない天災と人災に遭遇しました。
あの日から7年余り経過しましたが、この間、原因の究明も曖昧にし、再発防止策もないまま、誰も責任を取らず、原発再稼働に向かう現状です。
そんな今だからこそ、被災地住民が強いられてきた状況や自主避難された方の思いや願いを聴くことで、私たちが現状をどう捉え、それに対して何ができるのかを考えることは、誰もが安心して暮らせる場所を守る大きな一歩になるのではないでしょうか。私たちは、これを人権問題としてとらえています。福井県の大飯原発が再稼働された今、フクシマは決して遠く離れた場所の話ではないのです。
そこで、「灯りの会」では一人でも多くの方と、この問題について考えたいと、下記の要領で公開学習会を開催することにしました。講師には原発事故後、自主避難され、その実態を知らせ支援を得るために精力的に活動されている森松さんをお招きしています。この機会を共有できますよう、多くの方の参加をお待ちしています。
主催:人権学習サークル『灯りの会』
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1953.html



●9月8日(土) 午後4時半~伏見港公園(京阪中書島駅下車、徒歩3分) 5時~パレードスタート
ふしみ原発ゼロパレード
コース:伏見港公園→中書島駅→龍馬通商店街→納屋町商店街→大手筋→御香宮
ちょーちんもってこーい!
提灯はこちらで用意してある分もあったりするので、持ってほしいのよん。むしろ手ぶら参加も大歓迎!!!
そして、言わずもがなでモチのロンロンですが、自分なりのメッセージを認められました提灯を持参いただけるようであれば、これまた大大大大大歓迎でございますですわ。
http://nonukesfushimi.blog.fc2.com/blog-entry-355.html



●9月8日(土) 12時半~JR天満駅前 13時半~天満国労会館(天満駅出口徒歩約2分 扇町駅4出口徒歩約4分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/
泊原発が電源停止中!大惨事危機!今すぐ原発廃止!
Go West3.11避難者たち緊急アピール
改めて福島原発事故の健康被害を考える
※17~21時避難移住の来所・電話相談受付開始
https://www.gowest-comewest.net/311death



●9月8日(土) 13:30~JR膳所駅前
高浜原発うごかすな!脱原発 市民ウオークin滋賀
どなたでも自由に参加できます。ご都合のつく方はぜひ足をお運びください。
主催:21世紀脱原発市民ウオークin滋賀実行委員会
https://blog.goo.ne.jp/datugenshiga



●9月8日(土) 14:00~16:00 兵庫県保険医協会(元町駅から南 徒歩10分 http://www.hhk.jp/pages/access.php
非核の政府を求める兵庫の会 市民学習会
元プロ野球選手・張本勲の姉が語る 被爆の実相と核兵器廃絶の願い
講師:小林 愛子 さん(広島被曝体験語り部)
小林 愛子(こばやし・あいこ)さん
小学1年生の時に、広島で爆心地から1.5㌔の自宅で被爆。5歳だった弟・張本さんの手を引き逃げたが、小学高学年だった姉は死亡。加古川市在住。県内の小学校や市民団体の集まりなどで被爆体験の語り部として活動。核兵器禁止条約を求める「ヒバクシャ国際署名」運動で自ら先頭にたち、400筆近い署名を集めている。今年80歳。
参加費:1000円
主 催:非核の政府を求める兵庫の会
問合先:電話078-393-1833 shin-ok@doc-net.or.jp)
協 賛:市民社会フォーラム 
http://shiminshakai.net/post/4610



安倍退陣
●9月8日(土) 17:30~19:00 梅田阪急ナビオヘップ前
梅田解放区
安倍首相はもちろん、誰が勝っても改憲・戦争・アジア差別・沖縄の基地や原発を作る自民党そのものがもういらない!自民を倒し、私達の力で私達の社会を、未来を創ろう!若者達へアピールします。参加を!
https://twitter.com/ryota1981/status/1037907537138352129



朝鮮半島
●9月8日(土) 18:20~20:50 堺市産業振興センター(南海高野線中百舌鳥駅・地下鉄なかもず駅300m http://www.sakai-ipc.jp/about/access.html
南北・米朝合意と日本社会の役割
~北東アジアにおける恒久的平和体制の構築に向けて~

講師:李柄輝(リビョンフィ)さん(朝鮮大学校)
朝鮮半島情勢は、アメリカ側が朝鮮戦争終結宣言の前に、非核化の工程表を出せと迫る中、膠着状態に入っていますが、9月5日には韓国側特使が平壌を訪れ、文在寅大統領の9月平壌訪問・南北首脳会談開催に向けた協議が行われようとしています。アメリカ政府内のネオコンの巻き返しにより、事態は予断を許さない緊迫した状況です。しかし一度扉が開かれた冷戦構造解体の歴史的動きを止めることはもはや不可能です。9月9日朝鮮建国70周年、9月18~30日国連総会などをにらんだつばぜり合いの情勢が続きます。沖縄辺野古新基地建設問題と表裏一体をなしています。この情勢をどう見るか、日本社会の役割は何か、朝鮮大学校の若き俊才であり、朝鮮情勢に最も詳しい論客、BS放送やにも出演され、日本国際特派員協会でも講演された、李柄輝(リ・ビョンフィ)准教授を迎え、共に考えあいたいと思います。
資料代:1000円・学生・障がい者無料
主催:いま9条と私たち 非戦の市民講座
連絡先:072-229-6331(前田)
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0908-2.pdf



憲 法
●9月8日(土) 13:30~16:30 大阪弁護士会館2階(京阪「なにわ橋駅」出口1徒歩約5分 地下鉄・京阪「淀屋橋駅」1号出口から徒歩約10分 地下鉄・京阪「北浜駅」26号階段から徒歩約7分 http://www.osakaben.or.jp/06-access/
憲法を使い倒せ! ~生きるために、幸せになるために~
(法律家とソーシャルワーカーのコラボ 公開企画 第5弾)
学校の教科書に出てきた「憲法」。わたしたちの日々の生活には縁のないものだと思いこんでいませんか? でも憲法は、社会保障、医療、福祉などと切っても切れない関係にあります。
近ごろ世間では、弱い者いじめ、他者を傷つける攻撃、お互いの足の引っ張り合いなど、悲しくなる話が多いです。こんな世の中だからこそ、憲法を大事にしまっておくのはもったいない!なぜなら、「みんなに生きる権利、幸せになる権利がある」と、憲法が保障しているからです(生存権:憲法25条1項、個人の尊厳・幸福追求権:憲法13条)。憲法が国に、暮らしやすい世の中を作るよう義務付けているからです(憲法25条2項)。
さあ、みんなで憲法を使って、よりよく生きましょう。みんなで幸せになりましょう!
基調講演:木村草太さん(首都大学東京大学院教授)
リレートーク:貧困、病気、障害などの当事者、支援者が体験と思いを語ります。
※手話通訳、要約筆記あり
※視覚障害のある方には、資料の電子データを提供できます。下記の人権課へご連絡ください。
問い合わせ:大阪弁護士会人権課
(TEL 06-6364-1227 FAX 06-6364-7477メール i-yoshiharaあっとosakaben.or.jp)
参加無料 申し込み不要 どなたでも参加できます
(2階の会場は先着約300人。来場者が多数の場合は、別のフロアでライブ映像をご覧いただくかもしれません)
主催:大阪弁護士会・大阪医療ソーシャルワーカー協会・大阪社会福祉士会・大阪精神保健福祉士協会
http://www.osakaben.or.jp/event/2018/2018_0908_2.php



憲 法
●9月8日(土) 午後2時~メセナひらかた5階視聴覚室(京阪枚方市駅 http://www.mecenathirakata.com/access/
「ここが問題9条「加憲」論」(午後2時半~)
※当日は、主催団体の平和憲法枚方市民の会の総会に引き続き講演会を開催しますが、参加は自由です。
主催:平和憲法枚方市民の会
連絡先:TEL:072-841-2997 FAX:072-846-5855(枚方・交野平和人権センター)
https://calendar.google.com/calendar/event?eid=MDc5dTAxYzBubHRqa3U2MHF2NmZ2dGZjY2Mga29iYXlhc2hpMjU2OTRAbQ&ctz=Asia/Tokyo



人種差別
●9月8日(土) 午後6時30分~8時30分 ドーンセンター大会議室3(京阪・地下鉄「天満橋」1番出口東へ350m http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
緊急報告集会―人種差別撤廃委員会日本政府審査   
『求む!実効性のある人種差別撤廃政策 - 国連日本審査の勧告をうけて』 

8月16・17日、ジュネーブにて人種差別撤廃委員会による第10・11回日本政府報告書の審査が行われました。今回で4度目になる日本審査では、最近の動きである「ヘイトスピーチ解消法」「部落差別解消推進法」の施行そして法務省外国人住民調査などを踏まえ、多岐にわたる人種差別の課題について委員会より政府に対して質問が出ました。とくに、包括的差別差別禁止法および救済機関という重要な制度が不在の日本において、政府の差別撤廃に向けた姿勢が厳しく問われました。8月30日には審査の結果である総括所見が発表されます。委員会へのレポート提出、審査会場でのロビー活動など、積極的に審査のプロセスに関わってきた人種差別撤廃NGOネットワークより、総括所見と勧告を踏まえた緊急報告集会を東京と大阪で開催します。奮ってご参加ください。
プログラム
・全体報告:審査および総括所見の概要
・課題別報告:差別禁止法の制定、ヘイトスピーチ、永住外国人の地方参政権・公務就任権・教員資格・年金受給などに係る問題、朝鮮学校の子どもたちの教育の権利、部落差別、琉球・沖縄の人びと、技能実習制度および移住者の権利、「慰安婦」問題、複合差別、他(順不同)
有田芳生参議院議員報告(予定)
参加資料代:500円
要参加申込:erd@imadr.org
主催:人種差別撤廃NGOネットワーク(ERDネット)
共催:アジア・太平洋人権情報センター  
連絡先:反差別国際運動(IMADR)電話:03-6280-3101 mailto:erd@imadr.org
http://imadr.net/cerd_co_jpn/



辺野古新基地問題
●9月8日(土) 15時30分~(毎週土曜日)JR大阪駅南バスターミナル
「辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動」
辺野古の海が埋め立てられないように活動しています。
お時間の許す範囲で、少しでも皆様のご参加お待ちしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/henoko_osaka



辺野古新基地問題
●9月8日(土) 13:00~14:00 神戸マルイ前
HENOKO NO! 沖縄に基地はいらない 
   辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動

沖縄県民に対する不正を止めるために、共に声を上げて下さい。
ツイター・FaceBookで情報発信中{辺野古・神戸}で検索して下さい。
土曜の午後はいつもの時間、いつもの場所で、はじめての方、ちょっとだけ参加、見学、大歓迎。
https://twitter.com/kobekodo/



辺野古新基地問題
●9月8日(土) 毎週土曜日17:00~18:30ごろ 京都市 三条河原町交差点(三条河原町商店街のアーケード前スペース)
沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、
     普天間基地の撤去を求める京都行動

アピール、チラシ配り、新基地建設に反対する署名集めなどなど
http://kyoto-action.jugem.jp/?pid=1
https://twitter.com/ALALALED/status/551165696185344000



モリカケ問題
●9月8日(土) 午後2時~クレオ大阪中央(地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ケ丘駅」1・2号出口北東へ徒歩約3分 http://www.creo-osaka.or.jp/chuou/access.html) 
9月のうずみ火講座「政治の私物化とモリカケ問題」
森友問題で検察審査会への審査申し立てを行った神戸学院大教授の上脇博之さんが「政治の私物化とモリカケ問題」について語る。来月の自民党総裁選で3選を目指す安倍首相。この政権が何をしてきたのか、「ものを言う」法学者がわかりやすく解説してくれる。
終了後に懇親会あり
資料代:読者1000円、一般1200円、学生・障がい者700円
https://www.facebook.com/events/247016169472077/



戦没者遺族
●9月8日(土) 18:30~ひと・まち交流館京都 第1会議室(2階) (京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html)
9・8「京都平和遺族会」からお話を聞く会
戦没者遺族の立場から 今 自衛隊員の命と人権を考える

日本が突き進んだ軍事侵略により世代を超えて今もなお多くの傷跡が残っています。今、戦没者遺族はどのような想いなのでしょうか。「平和を願い戦争に反対する京都戦没者遺族の会(京都平和遺族会)」事務局長の大坪政明さんと世話人の中本サガ子さんにお話ししていただき、自衛隊員の命と人権について一緒に考えたいと思います。ぜひご参加ください。
お話し:大坪政明さん(京都平和遺族会 事務局長)
    中本サガ子さん(京都平和遺族会 世話人)
参加費:500円
主催:自衛隊員の命と人権を守る京都の会 jinkensongen@gmail.com
https://www.facebook.com/events/2184361561634022/



ナショナリズム
●9月8日(土) 18:00~守口市中部エリアコミュニティセンター(京阪守口市駅徒歩5分 谷町線守口駅徒歩6分 https://moriguchi-comm.jp/chubuarea/access/
愛国心を教えることは必要か?
「無国籍者の視座から見える愛国心」丁章(チョンヂャン)さん
「“ぼくらのナショナリズム”をなんとかしたい」岡本朝也さん
参加費:500円
主 催:もりナビ 090-3724-9646(岡田さん)



朝鮮学校補助金問題
●9月8日(土) 14:00~尼崎市立中央公民館大ホー(阪神バス「西難波北」 http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/map/1000380/1000418/1000824.html
兵庫県による朝鮮学校への補助金カットに抗議し、復活を求める尼崎市民集会
主 催:同実行委 06-4950-0071
http://www17.plala.or.jp/kyodo/0908-1.pdf



裁判員制度と陪審制度
●9月8日(土) 毎回13時半~16時半 西本願寺津村別院(北御堂会館)ホール(地下鉄御堂筋線「本町」駅A階段・②番出口 左側スグ www.kitamido.or.jp/html/n1c6.html)
陪審制度を復活する会連続セミナー第19弾 
権力と刑事司法~権力の介入を放置してよいか~
第5回「裁判員制度と陪審制度~伊佐千尋さんを偲んで~」

講師:浅田和茂氏・石田文之祐氏(当会共同代表)
参加費:1回1000円〔学生500円〕
主 催:陪審制度を復活する会
連絡先:樺島法律事務所 TEL. 06‐6365‐1847 E-mail: m-kaba@kabashima-law.jp
http://baishin.blog.fc2.com/blog-entry-24.html



演 劇
●9月8日(土) 14:00~アイ ホール(伊丹市立演劇ホール)(JR伊丹駅前・阪急伊丹駅東へ徒歩7分 http://www.aihall.com/access/
Pカンパニー 第24回公演『白い花を隠す』
小さなドキュメンタリー制作会社に、あるテレビ番組の企画が持ち込まれる。それは旧日本軍による従軍慰安婦制度を裁く民衆法廷を追う番組だった。スタッフたちは、民衆法廷が持つ歴史的な意義を伝えようと番組製作に取りかかるが、テレビ局側から異例の指示が相次ぎ、番組の改ざんを迫られる。意見を翻す者。沈黙する者。逃げる者。少しずつ見えない圧力に絡め取られていくなかで、残されたディレクターはなにを見たのか。
石原燃:作 小笠原響:演出
公演料金(全席自由/前売・当日共/税込)一般4,000円 /シニア割・ 学生割 3,000円
公演の詳細や、お問い合わせ
http://p-company.la.coocan.jp/performance24.html



ピース・フェスタ
●9月8日(土) 10:30~ 14:30~ 18:00~(3回上映)箕面市民会館(グリーンホール&ホワイエ)(牧落駅 http://www.city.minoh.lg.jp/halltanto/green_hall.html) 
みのおピース・フェスタ2018(10:00~)
映画「コスタリカの軌跡」上映会
スペシャルゲスト:川口 真由美さんのライブ演奏(14:30~17:30)
反骨の歌姫!ファンの方も、まだ知らないという方も、ぜひ、お運びください。当日、CD販売もあります。
報告会:「カンボジア・ベトナムスタディーツアー」箕面高校OBの若者たちによる
そのほか、朝鮮舞踊、紙芝居、コーヒーや綿菓子コーナー、フリーマーケット、パネル展示など、もりだくさんです。ご家族・ご友人をお誘いあわせて、(もちろん、おひとりでも?)お出かけください。
前売り:700円(当日1000円)高校生以下・障がい者 前売当日とも500円 小学生以下無料
問合せ先:みのおピースフェスタ2018実行委員会 072-747-2717(黒田)
https://www.cinemo.info/theater_detail.html?ck=1673



資本論
●9月8日(土) 10時~11時半 京都市下京いきいき市民活動センター第2会議室(JR京都駅(北側)塩小路通りを東に約15分 京都市下京区上之町38番地 http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/cmsfiles/contents/0000099/99788/simogyo-map.GIF
「資本論」を読む会 京都
第3篇第5章第2節「価値増殖過程」(続き)
参加費:200円
主催:「資本論」を読む会 京都(090-5241-5052)
http://www.kinyobi.co.jp/event/20180831_002635.php



■9月9日(日) 午前04:55~05:25 ABCテレビ、テレビ朝日系列
テレメンタリー2018「検証・西日本豪雨(2) ダムに沈められた町」
西日本豪雨で死者5人を出した愛媛県西予市野村町。甚大な被害の最大の理由は清流・肱川の氾濫。町の広範囲が浸水した。この町の多くの人々が、いま思うこと。「救える命があったのではないか」 町が水没した大きな要因には町の上流にある「野村ダム」の安全基準の約6倍もの水を流した“緊急放流”にある。町が出した避難指示の発表はその緊急放流のわずか1時間前。
ダムの管理者そして自治体は「適切に対応した」と主張するが、避けることが出来なかった被害なのか。それはダムによる治水の限界だったのか。 「人災ではないのか」そんな疑念を抱きながら、復旧作業を続ける野村町の人々。“ダムによる治水”を考える。
http://www.tv-asahi.co.jp/telementary/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村



9/6(木)18時半~戦争あかん!ロックアクション御堂筋デモ@新町北公園 

#ケチって火炎瓶 
が、Twitterのトレンドワードで1位になり、突然消去されたと思ったら、今度は、
#安倍とヤクザと火炎瓶 
が1位に。

総理大臣が、過去に暴力団に選挙妨害の仕事を依頼して、火炎瓶を投げ込まれ。
事件を記事にしたジャーナリストが、謎の事故で大けが。

これってどこの国の話ですか。

こんな人物が総理大臣って、そんなのあり得ますか?

このニュースは海外では報道されているようですが、日本の大マスコミはまともに報道していません。

森友加計問題
公文書改ざん問題
お友達のレイプもみ消し事件
安倍自民亭
被災地ほったらかしでカジノ強行

今の日本は民主主義どころではありません。犯罪者が堂々と国のトップに居座り、やりたい放題。
これって、もう立派な独裁国家ですよね。

マスコミが口封じをされ、本当に大事なことが隠されているいま、街に出て、わたしたちの声を届けましょう。人通りの多い御堂筋で、心に染みいる音楽と共に。


●9月6日(木) 18時半~新町北公園(オリックス劇場(旧厚生年金会館)前)(四つ橋②・西大橋②5分) 19:10~デモ出発

9.6戦争あかん!ロックアクション御堂筋デモ

音楽:Swing Masaさん、川口真由美さん、まっすん

★サウンド隊大募集!

主催:戦争あかん!ロックアクション


アクセス
四つ橋②・西大橋②5分 https://www.mapion.co.jp/m2/34.67799788,135.49510914,16/poi=KP706707



20180906.jpg





クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

(9/6更新)脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2018年9月3日(月)~7日(金) 

★9/6追加情報
●9/7(金)までのイベント情報を追加しました。


【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-370.html




メキシコ麻薬戦争
●9月3日(月) 19:30~21:30頃 スタンダードブックストア心斎橋(大阪市中央区西心斎橋2-2-12 クリスタグランドビルBF)
メキシコ麻薬戦争の真実 行方不明の家族を探す人々
メキシコの「麻薬戦争」
2006年12月に当時の大統領が、軍や警察を動員し、麻薬組織の撲滅を宣言しました。その「戦争」に市民が巻き込まれ、この11年半の間に公式発表で死者は25万人に達し、行方不明者は3万7000人を超えています。届け出ない人も多いことからその数はもっと多いとみられます。
警察や軍は多くの場合、裏で犯罪組織と結託しており、捜査はほとんど行われず、逆に脅迫や嫌がらせを受けることすらあるのです。行方知れずの人を探すのは、もっぱら被害者自身の家族、なかでも母親たちです。愛する家族の亡骸を探し、ショベルや探査棒を手に、山野に分け入って秘密墓地を捜索しているのです。
この夏、国連強制失踪者デーの8月30日に合わせ、メキシコ東部ベラクルス州の行方不明者家族の会「ソレシートの会」代表ルシア・ディアスさんをお招きし、講演会を催します。
皆さま、どうぞご参加ください!
参加費:¥1,000 (1ドリンク付き)
お申し込み:E-mail:ochangalapachanga@gmail.com、または、TEL:090-2208-6035(担当:高松)
※「麻薬戦争トークイベント予約申し込み」とお伝えください。
主催:日本ラテンアメリカ協力ネットワーク
協力:慶應義塾大学「ラテンアメリカの人権を考える」研究会
後援:アムネスティ・インターナショナル日本、カトリック正義と平和協議会
お問い合わせ:akiyo@flamenco.plala.or.jp, ojalaquelluevacafe03@gmail.com (担当:山本)
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/event/2018/0903_7520.html



日本政治
●9月3日(月) 18:30~21:00 西宮市民交流センター(阪急「西宮北口」東南5分)
第5期 日本・ドイツ現代史研究会~戦後日本政治史
「55年体制の終焉と、新自由主義・国家主義の政治」 

テキスト:中野晃一『右傾化する日本政治』第4回~第3章「自由」と「民主」の危機
講師:石塚 健
本来自民党政治は保守・反動的な面と社会的平等性を保証することで長く政権を維持してきました。しかし1989年からのソ連・東欧の崩壊、バブルの崩壊の過程で急速に新自由主義政党へと変質し、中川昭一・安倍晋三など自虐史観の極右政治家が登場します(「創生日本」)。その後、憲法改悪論をまとめ、自民党綱領を改定し、「新右派転換」(中野晃一)を進めます。こうして旧来の自民党とは違う、新自由主義(資本が世界で最も自由に活動できる国)と国家主義(強い日本をとり戻す)の政権として第二次安倍政権が姿を現すのです。安倍政権の本質と、その強さと弱さを探るため、上記の著作を中心に、学問的営為を吸収できるよう研究・学習していきたいと思います。誰でも自由に参加できます。ともに研究・学習をしましょう。
主催:日本・ドイツ現代史研究会
連絡:阪神社会運動情報資料センター(尼崎市南塚口町2丁目38-6 090-9213-5291)
https://jimmin.com/events/event/第%ef%bc%95期%e3%80%80日本・ドイツ現代史研究会%ef%bd%9e戦後日本政/



ネット上での確認ができていません。
●9月4日(火) 13:00~16:00 茨木市大池コミュニティセンター(JR 茨木から14分阪急茨木市駅から7分)
エンパワーメント茨木の仲間「避難者 U さんの話を聞く会」
主催:つながろう避難者つながろうフクシマの会 
連絡:山下(090-4300-2958)山本080-9603-1032


台風のため中止
朝鮮高級学校無償化
●9月4日(火) 12時~1時 大阪府庁南側通用出入口前(谷町4丁目駅1A出口から北東、天満橋駅3番出口から南東、いずれも徒歩約7分)
朝鮮学校への補助金復活を求める火曜行動
主催:朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪




●9月5日(水) 15:00~18:00 キッチン・ハリーナ/ Kitchen Halina
京都府, 606-8267 京都市左京区北白川西町85-4
守田俊也さんの南仏サマーキャンプ報告会
守田俊也さんの南仏反核サマーキャンプの報告を行います。今回のキャンプは8月6日9日と広島・長崎の日を守田さんの提案で組み込み、祈りのパフォーマンスや原爆についてのしっかりとした講演を行ってきたそうです。昨年に続いて参加された反核サマーキャンプには、今回守田さんの呼びかけで数名同行されました。ブログ等で、タイムリーな報告をしておられますが、やはりご本人から直接お話をお聞きしたいです!平日の昼間になりますが、お時間を作って、ぜひぜひご参加ください。
参加費:1000円
https://www.facebook.com/events/719134575091876/



日本軍「慰安婦」問題
●9月5日(水) 19時~20時 梅田ヨドバシカメラ前東南角
日本軍「慰安婦」問題の解決を求める水曜行動
主催:日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク
歌や踊りをまじえ、道行く人々に「慰安婦」問題の真の解決に
ついて訴えます。
今回は、大阪の中学校道徳教科書採択状況に関する報告などもあります。
ぜひご参集ください。



憲法フェス
●9月5日(水) 18:30~エルモ西淀川
西淀川憲法フェス 第3弾!
GUEST:松元ヒロ
参加協力券:¥500
主催:3000万署名推進委員会/戦争あかん西淀川実行委員会/淀協/ファルマ/西淀川医療生協/西淀川・淀川健康友の会
連絡:TEL06-6474-5477
https://jimmin.com/events/event/西淀川憲法フェス%e3%80%80第%ef%bc%93弾%ef%bc%81/



実行委員会
●9月5日(水) 19:00~丹南健康福祉センター2階・研修室 
11.17望月衣塑子さん講演会の成功に向けた賛同人集会(第3回実行委員会)
特別報告:米軍経ヶ岬通信所(Xバンドレーダー基地)撤去のたたかい
ゲスト:永井友昭さん(米軍基地建設を憂う宇川有志の会事務局長)
<いま伝えたい真実~望月衣塑子さん講演会>
2018年11月17日(土)午後1時 開場、1時半 川口真由美さんミニライブ、2時 望月衣塑子さん講演@篠山市・四季の森生涯学習センター多目的ホール
主催:望月衣塑子さん講演会実行委員会 連絡TEL0795-73-3969
https://www.facebook.com/events/175747139765679/



●9月6日(木) 16時~19時 滋賀県庁正面噴水前(JR大津駅から徒歩5分 大津市京町四丁目1番1号 http://www.pref.shiga.lg.jp/guide/chosha/index.html
滋賀県庁前すわりこみ
https://nonukesiga.exblog.jp/27074551/



安倍退陣
●9月6日(木) 18時半~新町北公園(オリックス劇場(旧厚生年金会館)前)(四つ橋②・西大橋②5分)(四つ橋②・西大橋②5分 https://www.mapion.co.jp/m2/34.67799788,135.49510914,16/poi=KP706707) 19:10~デモ出発
9.6戦争あかん!ロックアクション御堂筋デモ
#ケチって火炎瓶 
が、Twitterのトレンドワードで1位になり、突然消去されたと思ったら、今度は、
#安倍とヤクザと火炎瓶 
が1位に。
総理大臣が、過去に暴力団に選挙妨害の仕事を依頼して、火炎瓶を投げ込まれ。
事件を記事にしたジャーナリストが、謎の事故で大けが。
これってどこの国の話ですか。
こんな人物が総理大臣って、そんなのあり得ますか?
このニュースは海外では報道されているようですが、日本の大マスコミはまともに報道していません。
森友加計問題  文書改ざん問題 お友達のレイプもみ消し事件 安倍自民亭 被災地ほったらかしでカジノ強行
今の日本は民主主義どころではありません。犯罪者が堂々と国のトップに居座り、やりたい放題。
これって、もう立派な独裁国家ですよね。
マスコミが口封じをされ、本当に大事なことが隠されているいま、街に出て、わたしたちの声を届けましょう。人通りの多い御堂筋で、心に染みいる音楽と共に。
音楽:Swing Masaさん、川口真由美さん、まっすん
★サウンド隊大募集!
主催:戦争あかん!ロックアクション
http://himitsulock.hatenablog.com/entry/2018/09/05/003600
https://www.facebook.com/events/2275514619395321/



●9月7日(金) 関西電力本社前(「肥後橋駅」4番出口徒歩約5分「渡辺橋駅」徒歩約4分 http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/honten.html
関電本店前包囲行動 17:00頃~19:00頃 関西電力本社前(南西角)
http://stop-kanden.seesaa.net/
関電前星空交流会 19:00~20:30 関西電力本社前(北西側)
【星空交流会】
http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp



●9月7日(金) 18:00~19:00 阪急茨木市駅東口  
「再稼動反対、全ての原発をゼロに」茨木金曜日行動



●9月7日(金) 17:00~京都関電前(京都駅前北西)
関電京都へのスタンディングアピール(キンカン行動)
毎週キンカン行動は午後5時から午後7時まで



●9月7日(金) 18:00~関電神戸支店前 19時~パレード予定(「三宮駅」南へ約1km、神戸税関交差点を西へ約15分 http://www1.kepco.co.jp/office/kobe/kobe.html
カンキン行動(関西電力神戸支店前抗議行動)&パレード



●9月7日(金) 17:30~関電姫路支店前→piole前 (山陽電車姫路駅 http://www.kepco.co.jp/corporate/info/community/himeji/index.html
関西電力抗議金曜姫路行動 脱原発にむけてあなたの声を関電に!



演 劇
●9月7日(金)・8日(土) 19:00 アイ ホール(伊丹市立演劇ホール)(JR伊丹駅前・阪急伊丹駅東へ徒歩7分 http://www.aihall.com/access/
Pカンパニー 第24回公演『白い花を隠す』
小さなドキュメンタリー制作会社に、あるテレビ番組の企画が持ち込まれる。それは旧日本軍による従軍慰安婦制度を裁く民衆法廷を追う番組だった。スタッフたちは、民衆法廷が持つ歴史的な意義を伝えようと番組製作に取りかかるが、テレビ局側から異例の指示が相次ぎ、番組の改ざんを迫られる。意見を翻す者。沈黙する者。逃げる者。少しずつ見えない圧力に絡め取られていくなかで、残されたディレクターはなにを見たのか。
石原燃:作 小笠原響:演出
公演料金(全席自由/前売・当日共/税込)一般4,000円 /シニア割・ 学生割 3,000円
公演の詳細や、お問い合わせ
http://p-company.la.coocan.jp/performance24.html



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫 2018年9月2日(日)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。



映画情報
http://madameeiffel.blog2.fc2.com/blog-entry-370.html




■9月2日(日) 午前04:55~05:25 ABCテレビ、テレビ朝日系列
テレメンタリー2018「検証・西日本豪雨(1) 道は濁流になった」
7月、西日本を襲った豪雨災害。広島県では死者が100人を超えている。広島市・矢野地区にある防犯カメラはいつもの道が濁流に覆われ、車がなす術なく流れていく様子を捉え続けていた。その上流で発生していた土石流。どのように発生し、流れ出したのか。防ぐことはできなかったのか。専門家のシミュレーションで当時何が起きていたかを検証する。
また濁流に巻き込まれながら助かった運転手の証言やドライブレコーダーの映像も確認し、想定外の災害に私たちがどう向き合うべきかを考える。
http://www.tv-asahi.co.jp/telementary/



●9月2日(日) 14:00~16:30 とよなか男女共同参画推進センター・すてっぷ 視聴覚室(阪急宝塚線豊中駅すぐ エトレ豊中5F http://www.toyonaka-step.jp/02_use_guidance/access.html
『防災!! もし若狭湾で原発事故が起きたら、、、 その時、どうする?』
”防災の日”(9月1日)に因んで、翌日9月2日(日)標記のを開催します。
お話し:森松明希子(もりまつ・あきこ)さん(福島→大阪・2児を連れて母子避難中)
「知って被ばくすることと何も知らされずに被ばくさせられることは全然意味が違うのです」
「被ばくを避け健康を享受することは基本的人権です」
「放射能は県境では止まらない」
「『避難の権利』は『平和のうちに生きる権利』なのです」
「被ばくからまぬがれいのちと健康が守られる権利の大切さを世界のみなさんに伝えたい」
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表 原発賠償関西訴訟原告団代表 原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表
参加費:500円
要申し込み:090-8980-2436/ tj5tymd@gmail.com(山田) 定員42人
主催:放射能から豊中の市民・子どもを守る会
http://nonuketoyonaka.blog.fc2.com/blog-entry-178.html



●9月2日(日) 14時~大阪市中央会館第1・2会議室(地下鉄長堀橋駅徒歩5分 http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016607.html
「Go West, Come West!!! 3.11東北・関東 放射能汚染からの避難者と仲間たち集会」vol.6
①特別報告―8.6ヒロシマで何を訴えたか、どう弾圧されたか(参加した避難者から)、救援活動・海外からの反応
②「東日本と全国へ広がる放射能汚染 調査・公表と避難者支援を!」
「首都圏から避難して」下澤陽子さん(東京→神戸)
「首都圏も覆う放射能タブー」園良太(東京→大阪)、他避難者アピール
「全国にも広がる放射性廃棄物と被ばく」渡辺悦司(市民と科学者の内部被ばく研)
「倒れる首都圏の労働者、全国の仕事への影響」りょう(関西住民)
主催:Go West
参加費:500円(避難者・学生・障がい者無料)
http://www.gowest-comewest.net/



●9月2日(日) 14:00~16:30 宝塚市立男女共同参画センター1AB(JR・阪急宝塚駅下車すぐ「ソリオ2」4階)
原発の危険性を考えるつどい「福島復興の掛け声のもとに」
~早く帰還させて、オリンピックまでに〝何もなかったこと”にしたい~
講師:寺西 清さん(ヒバク反対キャンペーン)
参加費:300円
保育スペースあり
予約不要・当日参加大歓迎
主催:原発の危険性を考える宝塚の会
問合せ:0797-74-6091(たなか)



大阪大空襲
●9月2日(日) 13:30~国労大阪会館1階ホール(天満駅出口から徒歩約2分 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-1hwEthTP5Ko/map/
ピースを取り戻す会講演会
大阪大空襲と香里〈爆弾〉製造所~久保三也子さんの証言をきく

2015年4月30日、ピースおおさかが橋 下・松井維新市府政によってリニューアル され、加害の展示が全面的に撤去され た。撤去されたのは加害の展示だけでな く悲惨な被害の実相も撤去された。侵略 戦争や軍国主義教育を容認するような 映像や展示物が場所を占め、貴重な大 阪空襲の証言映像や絵画は、端に追い やられている。 久保三也子さんは、自身が受けた大阪 大空襲の被害体験を、一貫して語り伝えてこられた。戦争から 73 年が過ぎ、加害・ 被害を問わずリアルな戦争体験をきくこと が難しくなる中、久保さんの証言をじっくり と聞きたいと思います。また久保さんは戦争中、香里〈爆弾〉製造所に学徒動員さ れていました。大阪はアジア・太平洋地域 の人々を殺すための武器を作る「加害」の都市でもあったのです。 私たちは久保さんの証言から被害の実相を知り、そして私たちの足元にある加害を見つめなおしたいと思います。
・大阪大空襲の証言 久保三也子さん(大阪大空襲の体験を語る会代表)
・久保さんが動員された香里爆弾工場 文箭祥人さん(大阪空襲訴訟を伝える会)
・ピースおおさか改悪リニューアル裁判報告 竹本昇さん(裁判原告)
参加費:800円(学生・ご事情のある方は申し出てください)
主 催:設置理念に則ったピースおおさかを取り戻す会
http://regainpeace.blog.fc2.com/blog-entry-11.html



都構想
●9月2日(日) 14:00~大阪市中央区谷町2-2-22 NSビル 9F(1Fにスターバックスのあるビルです 谷町4丁目 1A番 出口・谷町筋沿いを北へ3分 天満橋 3番出口・谷町筋沿いを南へ5分 http://www.mapion.co.jp/address/27128/38:2:2:6/)
都構想で一兆円って、それ本当?ー都構想をファクトチェックー
-大阪を知り・考える市民学習会 PART14-
大阪市を廃止し特別区を設置する大阪都構想の経済効果が最大で約一兆円という試算が発表されました。
大阪万博・IRの経済効果が2兆6千億円、サッカーW杯が3兆円、それらに匹敵する効果額。前回の住民投票では2700億円とも1億円とも言われた効果額。大幅アップの理由とは?その根拠は? 経済・財政・行政の専門家が今回、試算された経済効果を検証します。
講師:松尾匡(立命館大学教授) 森裕之(立命館大学教授) 村上弘(立命館大学教授)
特別ゲスト:川嶋 広稔(大阪市議会議員)
コーディネーター:平松 邦夫(公共政策ラボ代表)
会費:資料代500円 ※公共政策ラボ会員無料(事前申し込み制)
定員:60名 ※資料作成の都合により、出来る限りの事前の申し込みのご協力をお願いします。
申し込み先:osakacitizen1000@gmail.com https://www.facebook.com/events/1868211583485102/
主催:大阪を知り・考える市民の会
共催:公共政策ラボ、市民社会ファーラム
http://shiminshakai.net/post/4674?doing_wp_cron=1535726063.0342950820922851562500



沖縄基地問題
●9月2日(日) 10:20の回上映終了後 元町映画館2Fイベントルーム(JR・阪神電車「元町」駅西口より、南西へ徒歩6分/神戸高速鉄道「花隈」駅東口より南東へ徒歩6分/神戸市営地下鉄海岸線「みなと元町」駅2出口より北へ1分 神戸市中央区元町通4-1-12(元町商店街) http://www.motoei.com/access.htm
市民社会フォーラム第100回映画鑑賞会
『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』上映&トーク
トーク②「今の日本映画界ってどうなってるの?」
登壇者:西岡琢也さん(脚本)、岸野令子さん(映画パブリシスト)
アメリカの統治下にあった沖縄から核兵器を撤去させ、ベトナム戦争の出撃拠点とならないようアメリカと激しい外交交渉を重ね「鬼の千葉なくして沖縄返還なし」と称された伝説の外交官・千葉一夫。沖縄に人生をかけた男の生き様を描いた『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』。公開を記念して、公開初日と2日目に連続でスペシャルトークを開催することが決定しました!
※いずれも当日映画を観られた方対象、参加無料
https://www.facebook.com/events/2224141311151253/



■9月2日(日)(再放送) 午後01:00~02:30 NHK BSプレミアム
美しき海の墓場トラック島~戦時徴用船の悲劇~
美しきミクロネシアの海底に眠る日本の沈没船の墓場に潜入。最新の4Kカメラで初の大規模潜水撮影に挑む。迷宮のように入り組んだ船内へのダイビングは超高難度。わずかなミスで、命は危険にさらされる。カメラが捉えたのは、戦争の生々しい爪痕。零戦や戦車の残骸。そして乗組員と思われる大量の遺骨。なぜ故郷から遠く離れた南の島で最期を迎えたのか?スクープ映像と新資料が明かすトラック島空襲と知られざる戦時徴用船の悲劇
http://www4.nhk.or.jp/P5015/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村





脱原発イベント情報 大阪・京都・兵庫・滋賀 2018年9月1日(土)

【お願い】
個人でやっているブログなので、情報等に誤りがある場合があります。最近はブログ更新に多大な時間をとられて、丁寧に校正する余裕がまったくありません。イベントの開催日、開催時間などは、必ずリンク元の情報を確認してください。


映画情報


『沖縄スパイ戦史』(2018年/日本/114分/東風 配給)
「もう、忘れていいよ。わたしがここで、覚えてるから」
戦後70年以上語られなかった陸軍中野学校の「秘密戦」、明らかになるのは過去の沖縄戦の全貌だけではない――。
第二次世界大戦末期、米軍が上陸し、民間人を含む24万人余りが死亡した沖縄戦。第32軍・牛島満司令官が降伏する1945年6月23日までが「表の戦争」なら、北部ではゲリラ戦やスパイ戦など「裏の戦争」が続いた。作戦に動員され、故郷の山に籠って米兵たちを翻弄したのは、まだ10代半ばの少年たち。彼らを「護郷隊」として組織し、「秘密戦」のスキルを仕込んだのが日本軍の特務機関、あの「陸軍中野学校」出身のエリート青年将校たちだった。
1944年の晩夏、大本営が下した遊撃隊の編成命令を受け、42名の「陸軍中野学校」出身者が沖縄に渡った。ある者は偽名を使い、学校の教員として離島に配置された。身分を隠し、沖縄の各地に潜伏していた彼らの真の狙いとは。そして彼らがもたらした惨劇とは……。
「散れ」と囁くソメイヨシノ
「生きろ」と叫ぶカンヒザクラ
長期かつ緻密な取材で本作を作り上げたのは、二人のジャーナリスト。映画『標的の村』『戦場ぬ止み』『標的の島 風かたか』で現代の闘いを描き続ける三上智恵と、学生時代から八重山諸島の戦争被害の取材を続けてきた若き俊英、大矢英代。
少年ゲリラ兵、軍命による強制移住とマラリア地獄、やがて始まるスパイ虐殺……。戦後70年以上語られることのなかった「秘密戦」の数々が一本の線で繋がるとき、明らかになるのは過去の沖縄戦の全貌だけではない。 映画は、まさに今、南西諸島で進められている自衛隊増強とミサイル基地配備、さらに日本軍の残滓を孕んだままの「自衛隊法」や「野外令」「特定秘密保護法」の危険性へと深く斬り込んでいく。
●8/4~第七藝術劇場・シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html http://www.theater-seven.com/access.html
9/1(日)~7(金) 
①10:00 第七藝術劇場(6階)②14:00 シアターセブン(5階)
http://www.nanagei.com/movie/data/1255.html



『人生フルーツ』(2016年/日本/91分/東海テレビ放送 配給)
■好評につき、ロングラン上映中!
人生は、だんだん美しくなる。
むかし、ある建築家が言いました。家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない。

愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。雑木林に囲まれた一軒の平屋。それは建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てた家。四季折々、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実が、妻・英子さんの手で美味しいごちそうにかわります。刺繍や編み物から機織りまで、なんでもこなす英子さん。ふたりは、たがいの名を「さん付け」で呼び合います。長年連れ添った夫婦の暮らしは、細やかな気遣いと工夫に満ちていました。そう、「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」とは、モダニズムの巨匠ル・コルビュジエの言葉です。
かつて日本住宅公団のエースだった修一さんは、阿佐ヶ谷住宅や多摩平団地などの都市計画に携わってきました。1960年代、風の通り道になる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウン計画。けれど、経済優先の時代はそれを許さず、完成したのは理想とはほど遠い無機質な大規模団地。修一さんは、それまでの仕事から距離を置き、自ら手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育てはじめました─。あれから50年、ふたりは、コツコツ、ていねいに、時をためてきました。そして、90歳になった修一さんに新たな仕事の依頼がやってきます。
本作は東海テレビドキュメンタリー劇場第10弾。ナレーションをつとめるのは女優・樹木希林。ふたりの来し方と暮らしから、この国がある時代に諦めてしまった本当の豊かさへの深い思索の旅が、ゆっくりとはじまります。
●8/26(日)~シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html TEL/FAX:06-4862-7733)
9/1(土) 休映
9/2(日)~5(水) 11:55(~13:31終)
9/6(木)、7(金) 19:00(~20:36終)
9/8(土)~14(金) 13:50(~15:26終)
http://www.theater-seven.com/2017/movie_jinsei-fruits.html



『ゲンボとタシの夢見るブータン』 2017年/ブータン、ハンガリー/74分/サニーフィルム 配給
いつの世も、どこの国の親も、子どもの幸せを願ってる。
子供たちはどのような未来を描くのだろうか
ブータンの小さな村に暮らす長男ゲンボ(16歳)は、家族が代々受け継いできた寺院を引き継ぐために学校を辞め、戒律の厳しい僧院学校に行くことについて思い悩む。自らを男の子だと思い、ブータン初のサッカー代表チームに入ることを夢見る妹のタシ(15歳)は、自分の唯一の理解者である兄に、遠く離れた僧院学校に行かないでほしいと願う。父は、子供たちが将来苦労することなく暮らせることを願い、ゲンボには出家し仏教の教えを守ることの大切さを説き、タシには女の子らしく生きる努力をすることを諭す。思春期の子供たちは自分らしい生き方を模索するが、それが何かはまだわからない。急速な近代化の波が押し寄せるブータンで、子供たちの想いと、親の願いは交差し、静かに衝突する――
・ネットを典型として変わりゆく社会、その中での父と子、性同一性、個人の選択、こうした人生の普遍的な問題を、ブータンの風土を背景に上手に描いています。強いて結論を出さない、とても気持ちのいい映画です。
日本人が百年以上前に、良かれ悪しかれ通過した時代を、アジアの国々がいま通っているという気がします。ではわれわれは真摯に過去に向き合ってきたか。それをあらためて考えさせる作品でもあります。
養老孟司(解剖学者/東京大学名誉教授)
・幸福の国ブータン"のゆくえは
映画の舞台はブータンの巡礼の地、中部ブムタン。家族が代々受け継いできた古刹チャカル・ラカンは、1000年以上の歴史を持つ重要な寺院のひとつである。GNH(国民総幸福量)を提唱し、それを目標に建国を進めてきたブータンの人々は、急速な近代化に伴い、多様な価値観を持つようになる。伝統社会の急激な変化に戸惑いながらも決断せねばならない最後の仏教王国ブータン。ゲンボとタシの家族が直面している寺院の継承問題は、ブータンで暮らす人々だけの問題でなく、どの世界にもある家族の葛藤でもある。
・世界で初めて劇場公開されるブータン人作家によるドキュメンタリー
監督のアルム・バッタライ(ブータン)とドロッチャ・ズルボー(ハンガリー)は、若手ドキュメンタリー制作者育成プログラム(ドック・ノマッド)で出会い、世界7つのドキュメンタリー・ピッチング・イベントに参加し、国をまたがる6つの財団から資金を獲得して、国際共同製作の枠組みで本作品を完成させる。文化背景の異なる若手作家が手を取り合い、世界を旅し、世界中の支援者に支えられて完成した、友好と情熱に満ちた"クロッシング・ボーダー"な映画。
公式サイト
https://www.gembototashi.com/
●8/25(土)~第七藝術劇場・シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html http://www.theater-seven.com/access.html
9/1(土)~7(金) 13:40 第七藝術劇場(6階)
9/8(土)~14(金) 16:40 第七藝術劇場(6階)
http://www.nanagei.com/movie/data/1261.html



『国家主義の誘惑 』
天皇 - 憲法 - 沖縄 - 原発 - 自衛隊 
彼らをいざなう政治の正体 異色のフランス発ドキュメンタリー

(2017年/フランス/54分/きろくびと 配給)
国益・国家の名の下に秘密裏に決裁、反対意見には耳を貸さず、新造語を連発し、嘘を通す─
日本社会の“いま”を浮き彫りにしたフランス発ドキュメンタリー
明治維新から今日までに見られる日本人の天皇・憲法・戦争観は歴史的にどのように“熟成” されてきたのか?
世界にナショナリズムの風が吹き荒れる中、2015年の公開作『天皇と軍隊』(2009年)で話題を呼んだフランス在住の渡辺謙一が、国際関係史・地政学の観点から国内外の論客によるインタビューも交え、日本社会を誘ういざなう政治の正体、日本人にとってのナショナリズムを問いかける。
果たして、取り戻さなければならないものは何なのか。本当に知らなければいけないことは何か。日本社会を俯瞰することで見えてくるものとは――
●9/1~9/21 第七藝術劇場(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.nanagei.com/access/access.html
■9/1(土) 12:20の回 上映後トークイベント開催予定
 登壇者:白井 聡さん(京都精華大学人文学部専任講師 <政治学・社会思想>) 渡辺謙一監督
■9/2(日) 17:15の回をシアターセブンBOX1にて追加上映
 上映後トークイベント開催予定
 登壇者:木戸衛一さん(大阪大学大学院国際公共政策研究科 准教授 <現代ドイツ政治>) 渡辺謙一監督
9/1(土)・9/3(月)~7(金) 12:20(~13:20終)
9/2(日)のみ ①12:20~ / ②17:15~
9/8~9/14 10:00(~11:00終)
9/15~9/21 10:00(~11:00終)
※9/17(月)の上映…シアターセブン(5階)受付は第七藝術劇場(6階)
http://www.nanagei.com/movie/data/1263.html



渡辺謙一監督 最新作『国家主義の誘惑』公開記念アンコール上映
『天皇と軍隊』(2009年/フランス/90分)
9条はなぜ必要だったのか? なぜ天皇制は存続したのか?
昭和天皇と自衛隊を正面から見据えたフランス制作ドキュメンタリー
天皇制、戦争放棄、靖国、東京裁判、自衛隊、日米安保・・・、
日本の戦後史で議論され続ける問題に、貴重なアーカイブ映像とインタビューでストレートに切り込んだ異色作
冷戦期アメリカの庇護のもとで、日本は第二次世界大戦の荒廃から経済的復興を遂げた。ソ連の崩壊、中国の市場開、欧州統合とグローバリゼーションの波は、日本の政治に舵を切らせた。世界の中の日本のプレゼンスを高めるための“国際貢献”である。
日本は矛盾と曖昧さの国であるとよく言う。憲法一つをとってもその矛盾は見てとれる。自衛隊の存在と、戦争および軍の保持を禁じた9条。主権在民と天皇の地位の曖昧さ。本作はこれら3本の軸と言える、9条、天皇そして軍隊について、天皇の貴重な映像をはじめ世界中から集めたアーカイブと、いまや鬼籍に入った政治家の田英夫氏や中川昭一氏など国内外の論客による秘蔵インタビューを交え、日本の戦後史を問い掛ける。
●9.1(土)~9.14(金) シアターセブン(阪急十三駅徒歩約5分 http://www.theater-seven.com/access.html
■渡辺謙一 監督 舞台挨拶予定 9/1(土)15:40の回・9/2(日)13:50の回
9/1(土) 15:40(~17:15終)
9/2(日)~9/7(金) 13:50(~15:25終)
9/8(土)~9/14(金) 11:30(~13:05終)
http://www.theater-seven.com/2018/mv_tennou18.html



●9月1日(土) 15:00~17:00 枚方市民センター(サンプラザ生涯学習市民センター)5階第3会議室(京阪本線「枚方市駅」東改札口すぐ http://www.city.hirakata.osaka.jp/0000009332.html
緊急学習会「プルトニウムと核のごみ」
報告:プルトニウム問題 中嶌哲演
   核のごみ問題   末田一秀
   新署名について  池島芙紀子
参加費:500円(飲み物付き)
主催:脱原発政策実現全国ネットワーク関西・福井ブロック
http://ksueda.eco.coocan.jp/event.html
ksueda.eco.coocan.jp/0901.pdf



●9月1日(土) 18:00~20:00 大阪市生涯学習センター(大阪駅前第2ビル5・6階 http://osakademanabu.com/umeda/access
核のごみキャンペーン関西例会
内容:幌延核のゴミを考える全国交流会参加報告 ほか
http://ksueda.eco.coocan.jp/event.html



国民投票法
●9月1日(土) 午後2時30分~午後4時30分 大阪弁護士会館 10階 1001・1002会議室(京阪「なにわ橋駅」出口1徒歩約5分 地下鉄・京阪「淀屋橋駅」1号出口から徒歩約10分 地下鉄・京阪「北浜駅」26号階段から徒歩約7分 http://www.osakaben.or.jp/06-access/
憲法市民講座
「超早わかり国民投票法 -現行法のまま、憲法改正手続をすすめることの是非-」

講 師:南部 義典 氏(シンクタンク「国民投票広報機構」代表)
参加費:無料(定員:150名 ※定員を超過しますとお断りすることもございます。)
申込方法:当ページのフォームからお申込みいただくか、チラシを印刷して所定事項を記入しFAXにてお申込みください
【参加申込フォームはこちら】
https://www.osakaben.or.jp/web/entry/p_form.php?id=id_5b3b2bf9975fc
必要事項を入力して「確認」ボタンを押していただくと、申込が完了します。
http://www.osakaben.or.jp/event/2018/2018_0901.php



沖縄基地問題
●9月1日(土) 10:20の回上映終了後 元町映画館2Fイベントルーム(JR・阪神電車「元町」駅西口より、南西へ徒歩6分/神戸高速鉄道「花隈」駅東口より南東へ徒歩6分/神戸市営地下鉄海岸線「みなと元町」駅2出口より北へ1分 神戸市中央区元町通4-1-12(元町商店街) http://www.motoei.com/access.htm) 
第100回映画鑑賞会
『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』上映&トーク

初日・2日目連続スペシャルトーク開催決定!
アメリカの統治下にあった沖縄から核兵器を撤去させ、ベトナム戦争の出撃拠点とならないようアメリカと激しい外交交渉を重ね「鬼の千葉なくして沖縄返還なし」と称された伝説の外交官・千葉一夫。沖縄に人生をかけた男の生き様を描いた『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』。公開を記念して、公開初日と2日目に連続でスペシャルトークを開催することが決定しました!
トーク①「沖縄基地問題の報道をファクトチェックする」
登壇者:立岩陽一郎さん(ジャーナリスト/ファクトチェック・イニシアティブ副理事長)
・9/2(日) 10:20の回上映終了後 トーク②「今の日本映画界ってどうなってるの?」
登壇者:西岡琢也さん(脚本)、岸野令子さん(映画パブリシスト)
※いずれも当日映画を観られた方対象、参加無料|
http://shiminshakai.net/post/4682



経済学
●9月1日(土) 13:40~16:40 大阪府労働福祉会館506号(谷町6丁目・谷町9丁目 http://www.fine-osaka.jp/syakaifukusi/map.html
みんなが得する"愛"の経済政策
講師:松尾匡さん
私たちは世界でも有数の豊かな国に住み、多くのものに囲まれて生きています。なのになぜかひどく多くのものが足りず、不安を感じてはいませんか?仕事の不安、結婚への不安、子供を持つことへの不安、老いることへの不安、そして自分らしく生きること、将来への不安。それは一人一人の力で埋められるようなものでしょうか。それこそ多くの力、国家ほどの大きな繋がりによる助けが必要なものだと私は思います。
 でも国の偉い人たちは言います。「助ける力なんてもうこの日本にはない」なぜなら「お金がないから」だと。でも本当はあるのだとしたら。
ーお互いがお互いを認め尊重できる社会をお金を使ってつくるー
 この勉強会を通じ、「お金がある」なら、どんな社会を作りたいのか、誰もが安心して暮らし、お互いを最大限認め合い尊重し合える"愛"のある社会はどんなものか、それを皆さんと考えていきたいと思います。
資料代:500円(カンパ歓迎あめあられ)
講師:松尾匡(まつお・ただす)-略歴-
1964年、石川県生まれ。1992年、神戸大学大学院経済学研究科博士後期課程修了。1992年から久留米大学に奉職。2008年から立命館大学経済学部教授。数理マルクス経済学学者
著作に「そろそろ左派は〈経済〉を語ろう――レフト3.0の政治経済学」(ブレイディ みかこ氏、北田暁大氏との共著.2018)「この経済政策が民主主義を救う: 安倍政権に勝てる対案」(2016)
<こんなキーワードに興味のある人は是非ご参加ください>
#経済政策 #成長 #脱成長 #自然 #福祉 
https://www.facebook.com/events/241502959766308/



トランプ
●9月1日(土) 14:00~16:30 こうべまちづくり会館3階多目的室(地下鉄海岸線「みなと元町駅」西1出口から北へ1分 神戸高速 「花隈駅」東口から南へ3分「西元町」東口から東へ5分 JR・阪神 「元町駅」西口から西へ8分 http://www.kobe-machisen.jp/access/
市民社会フォーラム第224回学習会
立岩陽一郎『トランプ王国の素顔』出版記念講演会
米朝関係報道をファクトチェックする

講 師:立岩陽一郎 さん(ジャーナリスト)
 立岩陽一郎さんの新著『トランプ王国の素顔』(あけび書房)の出版を記念し、講演会を開催します。
 6月12日に史上初の米朝首脳会談が行われ、朝鮮半島の非核化が約束され、朝鮮戦争終結の可能性も視野に入ってきました。しかしながら、日本の政府やメディアがこのような歴史的意義ある変化を予測していたでしょうか?
 「米政府が北朝鮮を限定攻撃する計画を策定した」などという大手メディアの報道もあったように、トランプの米国がいまにも北朝鮮への先制攻撃が目前であるかのような情報が流されもいました。
 なぜ、日本のメディアは政府の情報で、国民をミスリードさせたりするのでしょうか?
 ひいては私たち市民も、根拠薄弱な陰謀論ではなく、客観的事実に基づいて情報をチェックすることを積み重ねることが大切です。
 こうした問題を考えるために、米国と北朝鮮での取材経験もあり、日本でファクトチェックを推進している立岩さんにお話しいただきます。
・立岩陽一郎(たていわ よういちろう)さん
FactCheck Inititative Japan(FIJ)発起人。「ニュースのタネ」編集長、公益法人「政治資金センター」の理事として独自の調査報道に取り組む。アメリカン大学(米ワシントンDC)フェロー。NHKでテヘラン特派員、社会部記者、国際放送局デスクに従事。政府が随意契約を恣意的に使っている実態を暴き随意契約原則禁止のきっかけを作ったほか、大阪の印刷会社で化学物質を原因とした胆管癌被害が発生していることをスクープ。以後、化学物質規制が強化される。「パナマ文書」取材に中心的に関わった後に2016年暮NHKを退職。ワシントンのアメリカン大学で客員として半年過ごし、トランプ政権の対応について、岩波「世界」やサンデー毎日に執筆。毎日放送「ちちんぷいぷい」にレギュラー出演。
著書に『NPOメディアが切り開くジャーナリズム 「パナマ文書」報道の真相』『ファクトチェックとは何か』など
参加費:1000円 
※お申込みなしでどなたでもご参加できますが人数把握のためご連絡くださればありがたいです。
メール:civilesocietyforum@gmail.com まで。
http://shiminshakai.net/post/4527



環境問題
●9月1日(土) 午後2時~4時 とよなか男女共同参画推進センター「すてっぷ」視聴覚室(阪急宝塚線豊中駅すぐ エトレ豊中5F http://www.toyonaka-step.jp/02_use_guidance/access.html
地球があぶない! 私たちにできること
~スーパーのビニール袋と温暖化とのつながりは~  

台風、大雨、地震、猛暑…・今、わたしたちは過酷な環境のもとにいます。その要因について考えようというまさにタイムリーな企画です。ぜひ、ご参加ください。
↓現在の地球環境の現象と私たちの生活との関係を映像や資料をもとに、地球環境市民会議専務理事・早川光俊さんにお話しいただきます。また、自然エネルギー財団研究員・大久保ゆりさんから太平洋の島々の現状をうかがいます。
<講 演> 
1.地球温暖化とパリ協定、そして人類の未来
 講師:早川光俊さん(認定NPO法人地球環境市民会議専務理事、自然エネルギー市民会議事務局長、弁護士)
2.南太平洋マーシャル諸島が直面する地球温暖化と環境問題
 大久保 ゆりさん(自然エネルギー財団・研究員)
参加費:無 料
主 催:豊中市民エネルギーの会・女性部
連絡先:090-1143-6158(衛藤) FAX 06-6843-3568
http://toyonaka-step.jp/events/grant/biz180901/   



防 災
●9月1日(土) 午後1時15分~兵庫県弁護士会・本館(JR神戸駅北東へ8分。高速神戸駅北東へ6分。地下鉄大倉山駅南東へ4分。湊川神社の東、神戸地方裁判所の東隣 http://www.hyogoben.or.jp/access/index.html
兵庫県弁護士会~防災の日イベント~
<プログラム内容>
各パネリストからの基調報告
・渡辺 実氏(防災・危機管理ジャーナリスト)
・安富 信氏(神戸学院大学現代社会学部社会防災学科教授)
・永井幸寿氏(兵庫県弁護士会所属)
鼎談
津久井進氏(兵庫県弁護士会所属)進行による3名のパネリストによる鼎談
阪神・淡路大震災から23年が経ち、阪神・淡路大震災を経験していない市民の方も多くなっています。
そのような中、平成30年6月18日に発生した大阪北部地震、平成30年7月豪雨など、今年も多くの災害が発生しています。阪神・淡路大震災時の災害報道や法的課題は何だったのか、そして、現在はどのように変わったのか、あるいは変わらなかったのか。防災の日に、これらのテーマを通じて、災害復興について一緒に考えてみませんか。
入場無料、予約不要
主催:兵庫県弁護士会災害復興等支援委員会
http://www.kenpou-hyougo.sakura.ne.jp/



韓国市民社会
●9月1日(土) 午後2時~大津市生涯学習センター4階視聴覚室(京阪膳所本町駅から徒歩約10分 http://www.city.otsu.lg.jp/manabi/lifelong/c/
河かおる講演会
「関東大震災の日に考える:分断と虐殺の歴史を乗り越える韓国市民社会」

入場無料
主催:治安維持法犠牲者国賠同盟滋賀県本部
問い合わせ:077-515-7100
https://shigaminpo.com/event.shtml



在日外国人の人権
●9月1日(土) 14:30~17:00 神戸生活創造センター5階セミナー室(JR神戸駅南出口徒歩3分 神戸高速鉄道「高速神戸駅」東改札徒歩7分 地下鉄「ハーバーランド駅」徒歩5分 クリスタルビル5階 http://www.sozoc.pref.hyogo.jp/access.html
在日外国人人権セミナー 外国籍教員差別・国籍条項問題を考える
~国連人権差別撤廃委員会(ジュネーブ)報告~」

韓裕治(ハンユチ)さん(神戸市立中学校教員)
孫敏男(ソンミンナム)さん(川西市職員)
資料代:500円
主 催:兵庫在日外国人人権協会 jinkenkyo★hotmail.com
https://www.freeml.com/kdml/11470/latest



遺伝子組み換え
●9月1日(土) 13:30~15:30 山二地区公民館大会議室(千里丘 https://suita-city.mamafre.jp/archives/facility/山二地区公民館/ )
「遺伝子組み換えルーレット」上映会
上映会開催をWA紙面上で募集しました。一昨年から上映会を開催していますが。まだご覧になられていない方、もう一度見たいと思われている方、ぜひお近くであればお越し下さい。興味を持たれているご近所さんや友人、知人をお誘い下さいね。
参加費:組合員、組合員以外共に300円(中学生~)
定 員:25名
託 児:なし
子どもの同伴:可
但し、上映中に騒がれる場合は外に出ていただく場合がありますことご了承願います。
〆切:8/24(金)←過ぎてます。問い合わせてみてください。
※応募者多数の場合は抽選(外れた方のみ連絡します)
イベントID:07180665
主催:理事会
お申込み方法:メール kodama07@shizenha.co.jp
FAX:072-635-0776 フリーダイアル 0120-408-300 携帯・IPフォン 088-603-0080
http://www.shizenha.ne.jp/osaka/detail/5/index.html?articleId=23230



メキシコ麻薬戦
●9月1日(土)  13:30~17:00 ひと・まち交流館京都 (京阪電車「清水五条」徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」徒歩10分 京都市下京区河原町五条下ル http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html)
メキシコ麻薬戦争の真実 行方不明の家族を探す人々
映画『ある捜索の記録』上映会&ルシア・ディアスさん講演会

メキシコ東部・ベラクルス州の行方不明の家族を探す人々の会「ソレシート」代表、ルシア・ディアスさん(写真)をお招きして、メキシコでの暴力の現状についてお話しいただきます。
ルシアさんは、2013年、息子が誘拐され行方不明になり、2014年から同じ立場の女性たちと会を立ち上げました。ベラクルス市郊外では2016年、大規模な秘密墓地が発見され、会のメンバーが自ら発掘作業を行い、これまでに300体近い遺体を発掘しています。これは秘密墓地としては中南米でも最大規模のものです。
ルシアさんは、メキシコ人権委員会の「メキシコ人権賞」特別賞を受賞、同年オランダ・ハーグにおける人権活動家に対する「シェルターシティ」プログラムに招へいされました。またソレシートの会は、ベラクルス大学から「栄誉賞」を受賞しています。
参加費無料
主催:日本ラテンアメリカ協力ネットワーク
https://readyfor.jp/projects/mexicodesaparecidos



●9月1日(土) 18:00~宝塚市立東公民館ホール(阪急電鉄宝塚線「山本駅」徒歩5分 http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/about/1014688/shisetsu/kyoikukanren/1010939/1004610.html
劇団石2人芝居「キャラメル」
チケット:前売¥2,000・当日¥2,500・高校生¥1,000
主催:朝鮮問題を考える宝塚市民の会/日本軍「慰安婦」被害女性と共に歩む大阪・神戸・阪神連絡会
連絡:090-1480-8764(田中)
https://jimmin.com/events/event/劇団石2人芝居「キャラメル」/



ライブ
●9月1日(土) 13:00~京都教育文化センターホール(京阪丸太町駅5番出口から徒歩3分。京都大学向かい http://www.kenn.co.jp/kaijo/kyo_bunk.htm
未来を見つめ未来を語る表現者のPEACE LIVE
出演者:高石ともや、雑花塾、松元ヒロ、ジュスカ・グランペール、川口真由美
入場料:前売3,000円、当日3,500円
主催:2018京都ピースライブ実行委員会
問合せ:090-7363-6015(坪さん)
https://shigaminpo.com/event.shtml



政 治
●9月1日(土) 18:30~ 会場:アステホール(阪急「川西能勢口」 アステ川西6階)
「谷正充と共に歩む会」報告会2018
「みんなで考え、一緒に歩む。共に川西の未来を!」
高齢者、障がい者、性的少数者、大人も子どもも、誰もが自己肯定できる社会を
講演:福島みずほ(社民党)
ゲスト:北上哲仁(川西市会議員)他
主催:谷正充と共に歩む会
https://www.facebook.com/events/2123796801214896/



■9月1日(土)(再放送) 午後01:00~02:00 NHK Eテレ
こころの時代~宗教・人生~ アンコール「イエスと歩む沖縄」
牧師・平良修さんは人間の尊厳を大切にしたイエスの道を沖縄で実践し続けている。そこに至るには、さまざまな転機があった。故郷宮古島で出会った恩師、60年代のアメリカで触れた公民権運動の黒人たちの叫びと歌声。それらを経て、本土復帰前の沖縄で絶大な権力者だった高等弁務官の就任式で「これが最後の弁務官になるように」と祈り、波紋を呼ぶ。平良さんにとってのイエスとは何か、聞く。【初回放送2013年12月22日】
http://www4.nhk.or.jp/kokoro/x/2018-09-01/31/13865/2008319/



クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村




プロフィール

Akko

Author:Akko
清志郎大好き。
旅行大好き。
ドイツ大好き。
でも最近忙しくて、旅行に行けません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR